« Intelが、CES 2020で、披露したこと(2)'20.02.12 | トップページ | x86またはARMを搭載したChromebookのどちらを購入すべきか? '20.02.13 »

2020年2月13日 (木)

ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(1)'20.02.13

【ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(1)】'20.02.13

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、多くのサーバが、データセンターに設置されるようになるかも知れない。2019年11月27日

 By Kurt Marko、diginomica

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、膨大な数のサーバが、クラウド・サービスを提供するために、データセンターに設置され、HPCに取って代わるようになるかも知れない。

 HPC、および、AIのワークロードを加速する、グラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、ARMサーバに関する、SC19イベントでの、最近のNVIDIAとMicrosoftの発表は、多くの企業の、関心を呼ぶだろう。

 NVIDIAは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、同社のグラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、参照設計サーバを構築した。


Armdt1a_20200213103601

 クラウド・サービスを提供する、データセンターには、コンピューティング処理の負荷に合わせて、稼働台数を増減できるよう、膨大な数の、低消費電力で、コンパクトで、高性能なサーバを設置する必要がある。

 このため、現代のデータセンターに設置される、サーバは、長い間、Intelによって製造されてきたが、ワークロードの多様性の増大、x86プロセッサの性能向上の、この10年間の減速により、サーバ設計者、プラットフォーム開発者、クラウド・サービス・プロバイダなどが、サーバに搭載する、代替プロセッサを探している。

 Intelは、すぐにデータセンターでの支配的な地位を失うことはないと思うが、最近、その地位を侵食されている。

 従来の汎用CPUは、特定のワークロードを高速化するように設計された、カスタム・プロセッサによって、補完、あるいは、置き換えられている。

 APIアクセス可能な、クラウド・サービスと、プロセッサに依存しない、ソフトウェア・ライブラリの組み合わせにより、アプリ開発者と、システム・アーキテクチャの間に、抽象化レイヤーが挿入されたので、さまざまなアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの実験が、容易になった。

 Microsoftは、Microsoft Azureクラウド・プラットフォーム用のサーバに、ARMアーキテクチャに基づいた、SQ1カスタム・プロセッサ・チップを搭載した。

 このARMアーキテクチャに基づいた、MicrosoftのSQ1カスタム・プロセッサは、QualcommのSnapdragonとAIアクセラレータをベースにしている。

 AMDは、Intelよりも優れた、x86アーキテクチャのプロセッサの、価格性能を改善させる、信頼できるロードマップを紹介した。

 膨大な数の、低消費電力で、コンパクトなサーバを、データセンターに設置する傾向は、高性能コンピューティング(HPC)に取って代わる可能性がある。

 膨大な数のサーバを、データセンターに設置するには、より低消費電力で、コンパクトで、高性能なサーバが、必要になるので、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載することを模索している、サーバのベンダも増えている。

 また、実際に、より低消費電力で、コンパクトな、ARMアーキテクチャに基づいた、プロセッサを搭載した、サーバも、増えている。

    (続く)

デル株式会社

« Intelが、CES 2020で、披露したこと(2)'20.02.12 | トップページ | x86またはARMを搭載したChromebookのどちらを購入すべきか? '20.02.13 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2