« ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(1)'20.02.13 | トップページ | 消費者は、クリック&コレクト販売サービスに、誘惑され続けている。'20.02.14 »

2020年2月13日 (木)

x86またはARMを搭載したChromebookのどちらを購入すべきか? '20.02.13

【x86またはARMを搭載したChromebookのどちらを購入すべきか?】'20.02.13

 ユーザは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookか、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookのどちらを購入すべきか? 2019年6月20日

 by JERRY HILDENBRAND、androidcentral

Armdt2a


 最良の答えは、負荷のかかるアプリを使用するためには、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを購入すべきである。

 最も良い、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookは、Lenovo C3330(Amazonで、260ドル)である。

 最も良い、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookは、ASUS Chromebook Flip C434(Amazonで、530ドル)である。

・ARM対x86

 命令の少ないシンプルな、RISCである、ARMアーキテクチャのプロセッサと、命令の複雑な、CISCである、x86アーキテクチャのプロセッサの主な違いは、ARMアーキテクチャのプロセッサの方が、大幅に、低消費電力であり、性能は、x86アーキテクチャのプロセッサの方が、明らかに、高速であることである。

 ちなみに、x86アーキテクチャのプロセッサは、通常、ARMアーキテクチャのプロセッサよりも、高性能であるが、同じアプリを実行するために、x86アーキテクチャのプロセッサの方が、最大10倍の電力を消費し、発熱も多い。

 x86アーキテクチャのプロセッサと、ARMアーキテクチャのプロセッサの違いに関する、より詳細な情報を紹介する。

 基本的には、x86アーキテクチャのプロセッサは、パワーがあり、ARMアーキテクチャのプロセッサは、効率的である。

 これまで、通常のアプリを、普通に使用する、モバイル・ユーザなら、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを選択すべきであった。

 また、これまで、Chromeベースのアプリだけでなく、Androidベースのアプリを、頻繁に使用する、ユーザは、スマートフォンなどのモバイル・デバイスに、最も搭載されている、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを選択すべきであり、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookは、購入すべきではなかった。

 今日、これらのことは、最早、真実ではない。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookは、以前よりも、パワーが付き、高速になってきており、Chromeは、より、ARMアーキテクチャのプロセッサに、最適化されてきた。

 これとは逆に、x86アーキテクチャのプロセッサは、Androidベースのアプリを、正常に実行できるようになったので、ユーザは、多くのAndroidベースのアプリを、x86アーキテクチャのプロセッサが搭載された、Chromebookで利用するようになってきた。

 x86とARMアーキテクチャの、どちらのプロセッサのタイプの、Chromebookでも、通常のユーザが、一般的なアプリを利用するなら、あまり違いはなく利用できる。

 あくまでも、ユーザが、普通に利用するなら、x86アーキテクチャのプロセッサとARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Cromebookには、消費電力、性能、価格に、少しの違いがあるだけだろう。

 このため、重いアプリを、いくつも、同時に利用するようなユーザは、より高速なx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを、選択すべきだろう。

Armdt2b


 ユーザは、どのようなアプリを、どのように、使用するかを考えてから、購入する、Chromebookを選択すべきである。

 Chromebookの、ヘビー・ユーザは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、機種を選択すべきであるが、すべてのx86アーキテクチャのプロセッサが、パワフルである訳ではない。

 事実、ローエンドのx86アーキテクチャのチップを搭載した、Chromebookよりも、ARMアーキテクチャのチップを搭載した、Chromebookの方が、性能が良い機種もあるので、ユーザは、性能や使い勝手を確認してから、購入しよう。

 しかし、殆どのx86ベースのChromebookは、最近では、可能になった、チップを使用している。

 ユーザは、実際に、Chromebookを、ハードに利用して見なければ、本当の違いは、分からないだろう。

 例えば、音楽を聴きながら、あるいは、Androidベースのゲームをプレーしながら、10以上のWebブラウザを起動しているような、ヘビー・ユーザは、より高速な、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを購入しよう。

 ARMアーキテクチャを搭載した、チップは、ソフトウェアを、コンパイルしたり、コンパイルされたスクリプトを実行したりするのに、十分、強力になってきている。

 しかし、それらをコード化したり、コンパイルしたりするために、使用する、ソフトウェアは、通常、x86アーキテクチャに最適化される傾向がある。

 ソフトウェアの開発者が、Android Studio、あるいは、Oracleか、Microsoftなどのソフトウェア・ベンダのIDEを使用しているかどうか、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、マシン上で、最もよく実行できるようになるだろう。

 勿論、ユーザが、最新の仕様を持つ、Pixelbookのような、究極のChromebookを欲しいのなら、Intel Core x86 CPUを搭載した、モデルを購入したいと思うようになるだろう。

 Chromeアプリは、x86アーキテクチャのプロセッサと、ARMアーキテクチャのプロセッサの両方で、動作する。

 結局、どちらのアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookでも、一般的なユーザには、あまり変わりはないだろう。

・最良のARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebook

 筆者らは、Lenovo Chromebook C330が、ユーザが、購入できる、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、最良のChromebookだと考えている。

 このChromebookは、高速で、デザインを良く、1日中、持ち運ぶのに、適したサイズである。

 Lenovo Chromebook C330は、Amazonで、260ドルで販売されている。

・最良のx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebook

 筆者らは、ASUS Chromebook Flip C434が、ユーザが、購入できる、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、最良のChromebookだと考えている。

 このポータブルなChromebookは、どこでも、持ち運ぶことができるよう、軽くて、コンパクトなサイズになっており、14インチのタッチスクリーンが装備されている。

 このChromebookで、ユーザは、複数のアプリを、同時に実行でき、ストリーム・ビデオを、視聴することができるようになる。

 このChromebookの基本的な構成は、パワー・ユーザにとっても、十分パワフルである。

 ASUS Chromebook Flip C434は、Amazonで、530ドルで販売されている。

デル株式会社

« ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(1)'20.02.13 | トップページ | 消費者は、クリック&コレクト販売サービスに、誘惑され続けている。'20.02.14 »

IT関連の記事」カテゴリの記事

ウェブページ

広告2