« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

2020年2月

2020年2月29日 (土)

YouTubeは、子供をショッパーにするか?'20.02.29

【YouTubeは、子供をショッパーにするか?】'20.02.29

 子供や10代の若者は、多くの消費力を保有している。2020年2月20日

 By Lucy Koch、eMarketer

 さまざまなことを、視覚的に、知ることのできる、動画共有サービスを提供する、YouTubeは、子供や10代の若者にとって、人気のソーシアル・メディア・サイトになった。

 子供や10代の若者の多くは、このYouTubeのプラットフォーム上に、多くの時間を費やしているが、特に、YouTubeに投稿されている、インフルエンサーのビデオが、自分たちが、購入したい商品を決める上で、参考になっていると思っていがちである。

 YouTube上には、商品などをアピールしている。子供により作成された、子供向けの、多くのビデオ・コンテンツがあると、Sesame Workshopで、Joan Ganz Cooney Centerの、ディレクターをしている、役員のMichael Preston氏は述べた。

 このYouTubeプラットフォームには、検索と発見ツールが、組み込まれているため、子供や10代の若者は、知りたいことを、簡単に見つけることができるようになる。

 プロモーション・ビデオや、ブロガーのレビュー・ビデオは、このYouTubeプラットフォーム上で、検索して発見されやすくして、子供の信頼を得られるようにすることが重要になる。

 Insight Strategy Groupからの2019年3月に、実施された、アンケート調査によると、「子供の3/4以上は、自分たちが、購入する商品の推奨する、YouTubeの広告ビデオやレビュー・ビデオを信頼すると回答した。」という。

 1つの注意点は、より小さな子供が、ブロガーからのレビュー・ビデオと、有料のプロモーション・ビデオや広告ビデオの差異や信憑性を判断することができないことがある。

 インフルエンサーは、効果的に、より若い消費者に、商品の購入を促している。

 Wunderman Thompson Commerceからの、2019年7月に実施された、アンケート調査において、米国と英国の子供と10代の若者は、YouTube、Instagram、および、Snapchat のインフルエンサーやブロガーが、商品の購入に、影響を与えていると回答していた。

 このアンケート調査で、米国と英国の子供や10代の若者は、インフルエンサーが、有名人やアスリートよりも、購入する商品に、大きな影響力を持っていがちであることが分かった。

グラフ1)米国や英国の子供や10代の若者の、代表的なインフルエンサー、2019年7月

代表的なインフルエンサー                         回答者の割合

友達                                         28%
YouTube、Instagram、Snapchatなどのインフルエンサー/ブロガー     25%
家族のメンバー                                  21%
有名人                                        6%
アスリート                                      4%
企業のスタッフ                                   1%
店舗の販売アシスタント                             1%
ジャーナリスト                                   1%
政治家                                       1%
特にない                                      13%
その他                                       2%

Em2_20200229213601

ソース:Wunderman Thompson Commerce

 殆どの子供は、親から、財政的な支援を受けているが、子供は、消費力を持っていない訳ではない。

 また、子供は、家族が買い物をする方法を変えている。

 National Retail Federation (NRF)が、2019年10月に実施した、アンケート調査において、米国の親の約95%は、「子供用の商品を購入するときに、子供の意見を聞くことが、重要である。」と回答していた。

 また、このアンケート調査によると、米国の親の約85%が、「家族や世帯用の商品を購入するときに、子供の意見を聞くことが、重要である。」と回答したという。

 このアンケート調査で、米国の親は、商品を購入する前のプロセスにおいて、インターネットで得られる、商品に関する情報と、子供の意見を参考にしていることが、分かった。

 米国の親の67%が、インターネットで、商品に関する情報を見ていたと回答した。

 米国の親の54%が、商品のレビューを読んだり、評判や評価を確認したりしていると回答した。

グラフ2)米国の親は、自分たちの子供を、どの商品を購入する前のプロセスに含めるか?

「自分たちの子供を、どのような、商品を購入前のプロセスに含めるか?」に関するアンケートに対する、米国の親の回答の割合、2019年5月

商品を購入する前のプロセス          割合         

実店舗で、実際の商品を見る。         69%
インターネットで、商品を見る。         67%
商品のコマーシャルを見ている。        60%
欲しいものリストに、商品を追加する。     56%
商品のレビュー、評判、評価を確認する。   54%

Em2b_20200301091501


 ソース:NatioalRetail Federation、2019年10月1日

 実際、YouTubeは、子供や10代の若者の、商品の購入の決定に、影響を与えている。

デル株式会社

2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(3)'20.02.29

【2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(3)】'20.02.29

Dt14a_20200229110401


 2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか? 2019年12月13日

 by Robert Graham、securityboulevard

 命令セットを簡素化した、「縮小命令セットコンピュータ(RISC)」チップは、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、10万個未満だった、1980年代からの、重要なアーキテクチャだった。

 命令セットを簡素化することにより、10万個未満のトランジスタ数で、レジスタを増やし、パイプラインを改善できるようになる。

 これにより、より多くの簡素化された命令を、パイプラインで、より効率的に実行できるようになるようだ。

 しかし、1995年頃に、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、100万個を超えると、RISCアーキテクチャから、スーパースカラー・アーキテクチャに移行して行き、最早、「命令セットの削減」は、重要ではなくなった。

 それでも、プロセッサ・ベンダは、プロセッサ・チップのアーキテクチャに固執し続けている。

 その理由は、従来のハードウェアやソフトウェア資産の継承だろう。

    (続き)

・2番目の試みは、マルチ・スレッド・チップであった。

 Intelのチップは、プロセッサ・コアごとに、2つのスレッドをサポートしているため、1つのスレッドが、メモリの待機を停止すると、他のスレッドが、キャッシュとレジスタに既に保存されているものの処理を、続行できるようにしている。

 マルチ・スレッドは、プロセッサ・チップに、あまりトランジスタを追加せずに、効果的に、コンピューティング処理速度を向上さるための、より手頃な方法である。

 Intelは、プロセッサ・コア当り、2つのスレッドをサポートしている、チップを作成していた。

 プロセッサ・コア当り、最大8スレッドをサポートした、チップを作成した、ベンダーもいた。

 マルチ・スレッド・チップは、プロセッサ・コアの相互接続の厄介さを、すべて回避できることが期待されていた。

 しかし、この方法も、うまくいかなかった。

・3番目の試みとして、何社かのチップ・ベンダは、Intelと同じワークロード向けに最適化された、サーバ・チップを、高速なシングル・スレッド性能で作成することにより、Intelと直接対決することにした。

 例えば、Qualcommは、CloudFlareが使用することを約束した、ARMアーキテクチャのサーバ向けのチップを作成した。

 しかし、マルチ・スレッド・チップは、わずかな利点しかなく、リスクが有るため、サーバ・メーカには、採用されなかったようだ。

    (続く)

デル株式会社

2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(2)'20.02.29

【2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(2)】'20.02.28

Dt14a_20200229110401


 2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか? 2019年12月13日

 by Robert Graham、securityboulevard

 命令セットを簡素化した、「縮小命令セットコンピュータ(RISC)」チップは、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、10万個未満だった、1980年代からの、重要なアーキテクチャだった。

 命令セットを簡素化することにより、10万個未満のトランジスタ数で、レジスタを増やし、パイプラインを改善できるようになる。

 これにより、より多くの簡素化された命令を、パイプラインで、より効率的に実行できるようになるようだ。

 しかし、1995年頃に、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、100万個を超えると、RISCアーキテクチャから、スーパースカラー・アーキテクチャに移行して行き、最早、「命令セットの削減」は、重要ではなくなった。

 それでも、プロセッサ・ベンダは、プロセッサ・チップのアーキテクチャに固執し続けている。

 その理由は、従来のハードウェアやソフトウェア資産の継承だろう。

   (続き)

 この10年間に、サーバにおける、ARMアーキテクチャのRISCプロセッサの採用を支持する、大学や報道機関もいた。

 しかし、モバイル・デバイスに適した、ARMアーキテクチャのRISCプロセッサが、消費電力を低減させたい、大規模データセンターのサーバのプロセッサとして、本当に、適しているのだろうか?

 筆者は、これは、真実ではないと思っている。

 SPARC、POWER、MIPSのような、Intelに代わるRISCプロセッサの選択肢は、沢山あったが、いずれも電力効率の面で、優位に立つことはできなかった。

 モバイル・チップは、実際に、電力効率が、あまり良くないという、実証結果もある。

 一般的に、RISCプロセッサは、消費電力は少ないが、コンピューティング処理能力は、CISCプロセッサに比べて低い。

 また、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップのワット当りのコンピューティング能力と、Intelの同等プロセッサ・チップの、「ワット当りの、コンピューティング能力」は、ほぼ同じだという、実証結果もある。

 Intelのサーバ・チップと同じ、コンピューティング性能にするには、プロセッサの個数、あるいは、サーバの台数を増やす必要があり、最終的には、同じぐらいの電力を消費するようになるという検証結果もある。

 以前から、何社かのチップ・メーカが、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサ・チップに対抗できる、サーバ用のRISCプロセッサ・チップを開発することを模索していた。

・最初の試みは、強力なCISCプロセッサを1つ使用する代わりに、RISCプロセッサで、並列処理するという、「鶏の群れ(flock of chickens)」アプローチであった。

 この分散並列

 しかし、実際、すべてのRISCプロセッサ・コアを相互接続すると、非常に多くの複雑さと、電力消費が発生するという、検証結果もある。

 消費電力が多い、強力なCISCプロセッサを、分散並列処理させる方法と、消費電力が少ない、あまり強力でないRISCプロセッサを、分散並列処理させる方法を比較するには、全体的な、処理性能、消費電力、発熱量、負荷に応じたサーバの増減、信頼性といったことを、トータルに検証し、総合的に評価する必要があるだろう。

    (続く)

デル株式会社

2020年2月28日 (金)

より多くの小売業者が、ソーシアル広告に投資している。'20.02.28

【より多くの小売業者が、ソーシアル広告に投資している。】'20.02.28

 ソーシアル広告への支出は、継続して増加している。2020年2月27日

 by Rimma Kats、eMarketer

 ソーシアル広告への支出は、継続して増加しており、より多くの米国のマーケッターは、特に、小売業者が、ソーシアル広告のチャネルに、広告費をつぎ込んでいる。

 ソーシアル・メディア広告自動化プラットフォームを提供する、「Smartly.io」からの、2019年11月の調査によると、米国の小売マーケッタの52%が、自分たちは、2020年に、前年度よりも、ソーシアル広告に、より多くを支出することを計画していたと述べていた。

 結局、小売業者のマーケッターは、ソーシアル広告に、支出しているだけでなく、タレントや必要なツールにも投資している。

 米国の小売業者のマーケッターの47%が、「自分たちは、マーケティング・チームを、2020年に拡張し、ソーシアル広告を、より良く管理できるようにする。」と回答した。

 米国のマーケッターの約40%が、「より強固なソーシアル広告ツールに投資することを計画している。」と回答していた。

 Facebookは、これらのソーシアル広告の売上で、大きなシェアを獲得している。

 調査された、マーケティング・チームの96%は、ソーシアル広告を購入していると回答していた。

 ソーシアル広告を購入している、ソーシアル・メディアで多い回答の割合は、Twitter の75%、Instagramの59%、および、Pinterestの16%であった。

グラフ1)米国の小売業者のマーケッターが、現在、ソーシアル広告を購入している、ソーシアル・メディアの割合、2019年11月

ソーシアル・メディア   割合(%)

Facebook          96%
Linkedin           76%
Twitter            75%
Instagram           59%
Snapchat          33%

Em2_20200228211001

ソース:Smartly.io

 Smartly.ioは、小売業者のマーケティングのニーズに対応した、ソーシアル・メディア広告自動化ソリューションを提供している。

 データと分析を使用して、Experian Marketing Servicesは、既存の顧客を、より良く理解し、新たな顧客を見つけるために、見込み顧客との、意味のある関係を開始するのを支援する。

 Smartly.ioは、消費者との関係を促進するために、小売業者に、データの未来を革新している。

 ソーシアル広告への投資は、消費者間で、ソーシアル・コマースの採用が増えているため、増加している可能性がある。

 CivicScienceのトレンドの採用追跡者によると、ソーシアル・メディアのチャネルを通して、製品を直接購入した、インターネット・ユーザの割合(%)は、2018年4Qと2019年3Q間の、各四半期に、13%から21%に増加したという。

 最大の飛躍は、Instagram Checkoutが開始した後に、2019年2Qに始まった。

 ソーシアル広告における、投資で、ソーシアル・メディアが、購入するための、頼りになるチャネルになることはないだろう。

 消費者は、このショッピング方法で、より快適になるだろうが、ソーシアル・チャネルからもたらされる売上は、Webサイトやモバイルでの売上よりも、比較的低い。

 「Instagramのような、ソーシャル・メディアが、消費者に、新しいブランドを紹介し、認知度を高め、時間の経過とともに需要を喚起できるようになる。」と、eMarketerのアナリスト、Debra Aho Williamson氏が、「US Social Trends for 2020」レポートで述べていた。

デル株式会社

2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(1)'20.02.28

【2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか?(1)】'20.02.28

Dt14a_20200228142301


 2020年は、ついにARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの年になるのだろうか? 2019年12月13日

 by Robert Graham、securityboulevard

 命令セットを簡素化した、「縮小命令セットコンピュータ(RISC)」チップは、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、10万個未満だった、1980年代からの、重要なアーキテクチャだった。

 命令セットを簡素化することにより、10万個未満のトランジスタ数で、レジスタを増やし、パイプラインを改善できるようになる。

 これにより、より多くの簡素化された命令を、パイプラインで、より効率的に実行できるようになるようだ。

 しかし、1995年頃に、プロセッサ・チップ(CPU)のトランジスタ数が、100万個を超えると、RISCアーキテクチャから、スーパースカラー・アーキテクチャに移行して行き、最早、「命令セットの削減」は、重要ではなくなった。

 それでも、プロセッサ・ベンダは、プロセッサ・チップのアーキテクチャに固執し続けている。

 その理由は、従来のハードウェアやソフトウェア資産の継承だろう。

 Intelの、x86アーキテクチャの「複合命令セットコンピュータ(CISC)」チップは、サーバ、デスクトップ、ラップトップの分野で、最も使用されており、Intelは、これらの市場で、支配的な立場にいる。

 これに対し、ARMのARMアーキテクチャのような「縮小命令セットコンピュータ(RISC)」チップは、性能よりも、電力の消費や、発熱を少なくすることに焦点を合わせ、4G LTEモデム(あるいは5Gモデム)を組み込んで、モバイル・ユーザ向けの、スマートフォン、スマート・ホーム・デバイス、車載システムのようなデバイスに、最も多く使用されており、ARMは、特に、スマートフォンのような、モバイル・デバイス市場で、支配的な立場にいる。

 現在、Intelは、低消費電力が要求される、モバイル・デバイス、車載システム、スマート・ホーム・デバイス、Iot対応デバイスといった分野向けの、プロセッサ・チップの開発に、投資しているようだ。

 これに対し、Amazon(AWS)、Google、Microsoftといった、大規模なクラウド・サービスを提供している、プロバイダは、Qualcommのような半導体ベンダと提携して、データセンターに設置する、サーバ用の、ARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサを開発し、コンピューティング処理の負荷に合わせて、サーバの稼働台数を増減できるようするために、低消費電力で、発熱が少なく、コンパクトなサーバの構築を模索している。

 「A backward glance and a forward view」レポートの抜粋 (PDF)

表1)2017年における、ARMが設計したチップの、市場シェアと市場価値の実績と、2026年における将来予測

                  2017年    2017年    2026年
    分野           市場シェア    市場価値   市場価値

「モバイル・デバイス」

アプリ・プロセッサ       90%     210億ドル   320億ドル
他のモバイル・チップ     45%     140億ドル   180億ドル

「システム基盤」

ネットワーキング        20%    140億ドル   190億ドル
サーバ               1%    170億ドル   220億ドル

「自動車」

IVIやADAS用プロセッサ     90%     40億ドル   150億ドル
他の車載システムのチップ   10%     80億ドル   150億ドル

「組み込みデバイス」

IoTデバイスのコントローラ    90%     70億ドル   240億ドル
SIMカード              20%    170億ドル   210億ドル

「他の市場」

消費者向け電子機器      40%    210億ドル   270億ドル
他のチップ             40%     70億ドル    10億ドル

「トータル市場」

すべてのプロセッサ・チップ   39%    1300億ドル   2000億ドル
すべてのアドレス可能チップ   25%    1650億ドル   2200億ドル

 ソース、ARM

   (続く)

デル株式会社

2020年2月27日 (木)

これは、Androidアプリを実行できる、Windows 10を搭載したスマートフォンである。'20.02.27

【これは、Androidアプリを実行できる、Windows 10を搭載したスマートフォンである。】'20.02.27

 Microsoftは、同社のスマートフォン用の、Windows 10をベースにした、モバイルOSのプロトタイプの作成を、2020年1月に終了した。2020年2月18日

 By Mayank Parmar、Windows Latest

 このMicrosoftのスマートフォンのプロトタイプは、Windowsアプリだけでなく、リブートすることで、Androidアプリを実行することもできるようだ。

Dt16a_20200227211001


 Microsoftは、同社のスマートフォン用の、Windows 10ベースのモバイルOSのプロトタイプの作成を、2020年1月に終了させた。

 Windows Mobileデバイスの最新の波は、これ以上、アップデートやパッチを受け取らないだろう。

 スマートフォン用のWindowsの展開は、正式に終了したが、英国を拠点にしている、ベンダは、Androidアプリをサポートした、Windows 10 on ARMを搭載した、プロトタイプのスマートフォンを開発している。

 Emperionは、このスマートフォンが、Nebulusと呼ばれる、スマートフォン・サイズのデバイスに、Windows 10 on ARMを搭載したと発表した。

 このスマートフォンは、エミュレートすることなく、Androidアプリを実行させることができ、Androidで、Windowsをデュアル・ブートすることもできる。

 Windows 10 on ARMは、基本的に、Androidベースのスマートフォンやタブレットにおいて、使用されている、プロセッサである、Snapdragonシステム・オン・チップ(SoC)用の、デスクトップ・オペレーティング・システム(OS)の、フル機能版である。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのデバイスは、エミュレータ層を通して、従来の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、デスクトップ用アプリを実行することができる。

 Microsoftのスマートフォン、Nebulus

Dt16b_20200227211201

 Microsoftは、同社のスマートフォン、Nebulusに、オーバークロックのSnapdragon 845プロセッサを採用しており、このスマートフォンのオペレーティング・システムは、Windows 10 on ARMと互換性がある。

 Nebulusスマートフォンは、Androidアプリを実行することもできるようになるが、Emperionは、どのように、Windows 10ベースのスマートフォンが、Androidアプリを、どのように実行するかは、明確にしていない。

 MicrosoftのNebulusスマートフォンは、モバイル・フレンドリにするために、Windows 10 on ARMを実行するようであり、Googleのアプリを実行するために、仮想化技術を使用している。

 英国のスマートフォン・ベンダ、Emperionによると、Microsoftは、同社のスマートフォンの開発で、このスタートアップを支援してきたという。

Dt16c_20200227211401


 この英国のEmperionによると、MicrosoftのNebulusスマートフォンは、2台の13MPのAIリア・カメラと、10.5MPの前面カメラを装備しているという。

 MicrosoftのNebulusスマートフォンは、6.19インチのCosmosディスプレイ、6000mAhのバッテリー、128GBのストレージ(最大、2TBまで拡張可能)、および、Dolbyを使用した、前面1CMスピーカを装備している。

 MicrosoftのNebulusスマートフォンは、8GBのRAM、Wi-Fi、Bluetooth、NFC、および、4G LTEサポートも装備している。

 このMicrosoftのNebulusスマートフォンは、ユーザが、デスクトップ経験を、自分たちのモニタUSB-Cか無線にもたらすことのできる、Continuumのような機能を提供する。

 Continuumとは、Microsoftが、Wndows 10に搭載した操作モード切替機能の名称である。

 「Nebulusスマートフォンの紹介」ビデオ

 Windows on ARMは、携帯電話の機能を意味する、テレフォニーをサポートしていない。

 メーカによると、このプロジェクトは、スマートフォンのプロトタイプを作成し、評価することであり、ユーザは、より詳細を期待できる。

 英国を拠点とする、Emperionは、SIMフリーでスマートフォンを販売することで、移動体通信システム会社と提携している。

 ユーザは、このNebulusスマートフォンを、予約注文できるようになる。

 このNebulusスマートフォンは、OSとしてAndroidとWindows 10を搭載しており、Androidで、Windowsをデュアル・ブートすることもできるようだ。

デル株式会社

Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用のWindowsに組み込む、64ビットWindowsアプリ(x64)のエミュレータの開発に取り組んでいるようだ。(2)'20.02.27

【Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用のWindowsに組み込む、64ビットWindowsアプリ(x64)のエミュレータの開発に取り組んでいるようだ。(2)】'20.02.27

Dt3a_20200227133201


 Microsoftは、2021年前半に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用のWindowsに組み込む、x86アーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(x64アプリ)のエミュレータの開発に取り組んでいるようだ。2019年11月18日

 BY ERIC FREDERIKSEN、techreport

 Microsoftは、2021年前半に、x86アーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(x64アプリ)のエミュレータを開発し、Windowsオペレーティング・システム(OS)に組み込むことを検討しているようだ。

 一般的なPCユーザが、日常的に使用している、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載したPCのWindows環境で使用している、Windowsアプリのほとんどが、x86アーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(x64アプリ)だろう。

 しかし、現在、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPCのWindows環境では、x86アーキテクチャ用の64ビットWindowsアプリ(x64アプリ)を実行させ、利用することはできないので、開発者は、ネーティブのARMアーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(ARM64アプリ)を作成する必要がある。

 このため、アプリの開発者は、既存のx86アーキテクチャ用の64ビットWindowsアプリを、再コンパイルして、ネーティブのARMアーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(ARM64アプリ)にし、動作確認テストを実施し、Microsoftストアで提供する必要がある。

    (続き)

 Microsoftによると、現在、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPCのWindows環境では、ネーティブな、ARM32アプリとARM64アプリが、直接実行され、32ビットのx86アプリ(x86アプリ)は、エミュレータで実行されるが、64ビットのx86アプリ(x64アプリ)を、エミュレータで実行することはできないという。

 ZDNetのEd Bott氏によると、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、MicrosoftのSurface Pro Xラップトップで、32ビットのWindowsアプリ(x86アプリ)は、同レベルの価格帯の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップと比較して、同程度の実行性能があり、あまりストレスなく、同様のユーザ経験を体験できたという。

 ただし、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、PCのWindows環境では、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、64ビットのWindowsアプリ(x64アプリ)は、サポートされていない。

 しかし、QualcommのARMアーキテクチャのプロセッサは、依然として改善されているため、MicrosoftのSurface Pro Xラップトップのようなシステムでの、x86アーキテクチャの64ビットのWindowsアプリ(x64アプリ)のエミュレータも構築され、あまりストレスなく、利用できるようになることが、期待される。

Dt3b_20200227145001


 このようなARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップの優位点は、低消費電力で、バッテリー寿命が長く、薄くて、軽く、コンパクトで、携帯性に優れ、4G LTEや5Gの内臓モデムも組み込めれており、インターネットに常時接続でき、システムを起動して、直ぐに利用できるようになることだろう。

 モバイル・ユーザは、利用したい、Windowsアプリが、Microsoftストアで入手でき、ストレスなく使えるか、また、他のユーザの評価や評判を参考にして、購入を検討するとよいだろう。

デル株式会社

Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用のWindowsに組み込む、64ビットWindowsアプリ(x64)のエミュレータの開発に取り組んでいるようだ。(1)'20.02.27

【Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用のWindowsに組み込む、64ビットWindowsアプリ(x64)のエミュレータの開発に取り組んでいるようだ。(1)】'20.02.27

Dt3a_20200227133201


 Microsoftは、2021年前半に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPC用のWindowsに組み込む、x86アーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(x64アプリ)のエミュレータの開発に取り組んでいるようだ。2019年11月18日

 BY ERIC FREDERIKSEN、techreport

 Microsoftは、2021年前半に、x86アーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(x64アプリ)のエミュレータを開発し、Windowsオペレーティング・システム(OS)に組み込むことを検討しているようだ。

 一般的なPCユーザが、日常的に使用している、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載したPCのWindows環境で使用している、Windowsアプリのほとんどが、x86アーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(x64アプリ)だろう。

 しかし、現在、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPCのWindows環境では、x86アーキテクチャ用の64ビットWindowsアプリ(x64アプリ)を実行させ、利用することはできないので、開発者は、ネーティブのARMアーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(ARM64アプリ)を作成する必要がある。

 このため、アプリの開発者は、既存のx86アーキテクチャ用の64ビットWindowsアプリを、再コンパイルして、ネーティブのARMアーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(ARM64アプリ)にし、動作確認テストを実施し、Microsoftストアで提供する必要がある。

 NeowinのRich Woods氏によると、「このため、Microsoftは、2021年前半に、64ビットのx86アーキテクチャ用のWindowsアプリ(x64アプリ)を、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したPCのWindows環境で実行し、利用できるようにする、x64アプリ用のエミュレータを構築し、Windows環境に組み込むことを検討している。」という。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、PCのWindows環境である、「Windows 10 on ARM」で、ユーザは、Microsoftストアで提供されている、すべての、x86アーキテクチャ用の32ビットWindowsアプリ(x86アプリ)、ARMアーキテクチャ用の、32ビットWindowsアプリ(ARM32)、および、ARMアーキテクチャ用の、64ビットWindowsアプリ(ARM64)を実行し、利用することができるようになる。

 Microsoftは、「ARMアーキテクチャ用の、32ビットと64ビットのWindowsアプリ(ARM32アプリと、ARM64アプリ)は、エミュレータではなく、ネイティブに実行されるのに対し、x86アーキテクチャ用の、32ビットのWindowsアプリ(x86アプリ)は、エミュレータで実行される。」と説明している。

    (続く)

デル株式会社

2020年2月26日 (水)

第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(4)'20.02.26

【第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(4)】'20.02.26

 Qualcommの、第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。2020年2月4日

 By Rahoul Varma、ARM

Dt13q_20200226211001


 2018年の秋に、筆者らは、第2世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 850を搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップ用の利点について話し合っていたことがある。

 ARMにより承認された、ベンチマークの結果によると、ARMのCortex-A76上に構築された、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Qualcomm Snapdragon 8cx(5Gモデム内蔵)を搭載した、2-in-1ラップトップは、バッテリー寿命、常時オン、接続性、および、温度管理といった機能が、同じ価格帯の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップよりも優れているとしている。

 筆者らは、第3世代の、ARMアーキテクチャのCortex-A76上に構築された、QualcommのSnapdragon 8cx 5Gプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップの革新を確認した。

    (続き)

 次回、購入する、ラップトップに必要な機能について、2,000人を超える、米国の消費者を対象とした調査の結果を紹介する。

 このアンケート調査によると、消費者は、バッテリーの寿命、インターネットへの常時接続、および、即時起動性が、ラップトップに必要な機能になるという。

 消費者は、日常的な使用方法で、1回の充電で、1日中、ラップトップを利用できるようになることを望んでいる。

 事実、このアンケート調査で重要なことは、ラップトップにおける、より長い、バッテリー寿命と、より良い性能における、トレードオフを調査することである。

 また、消費者は、自分たちのラップトップを、移動中でも、外出先でも、利用できるようになり、スマートフォンとも連携できるようになることを望んでいる。

 革新は、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップを通して発生している。

 革新で、ラップトップは、さらに、エキサイティングになツールになるだろう。

 技術市場の調査会社、IDCやGartnerは、2011年以来、減少していた、世界のPCの出荷台数が、2019年に、増加に転じたと報告しているた。

 また、代表的な技術アナリスト、Patrick Moorhead氏は、CES 2020において、PCに革新が、もたらされていると述べた。

 他の代表的な技術アナリスト、Bob O’Donnell氏は、USA Todayの記事において、最初の、5G通信システムに対応したラップトップは、「LenovoのYoga 5G」ラップトップになると述べた。

 技術アナリスト、Bob O’Donnell氏によると、PC市場における革新は、QualcommのSnapdragon 8cxのような、より改善された、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、第3世代の「Windows on ARM」ラップトップにより、もたらされるという。

 この革新は、コンスタントな生産性、電源オンで即時利用可能、インターネットへの常時接続、および、1回の充電で、1日中利用できる、バッテリー寿命といった、特徴を、ラップトップにもたらすだろう。

 ちなみに、第1世代の「Windows on ARM」で、ユーザは、従来のx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、WindowsベースのPCで使用されていた、Win32アプリを、ARMアーキテクチャの、QualcommのSnapdragon 835プロセッサを搭載したラップトップの、Windows上のエミュレータで実行し、利用できるようになった。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、第1世代のラップトップは、2017年4Qに、リリースされた。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、第2世代のMicrosoftのSurface技術は、システムの処理、スキャニング、および、解釈技術の進歩により、商用利用に、受け入れられ、広く導入されることが期待されていた。

 さらに、QualcommのSnapdragon 8cxのようなARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、第3世代の「Windows on ARM」で、ユーザは、より低消費電力、より長いバッテリー寿命、4G LTEや5Gでの、インターネットへの常時接続性、電源オンで即時利用可能、および、より発熱を抑えることが、できるようになるようだ。

 同時に、第3世代の「Windows on ARM」の処理性能は、急速に改善されているように見える。

 Microsoftが、Qualcommと共同で、設計した、Snapdragon 8cxをベースにした、「SQ1と呼ばれる」カスタム・プロセッサを搭載した、Microsoftの「Surface Pro X」ラップトップには、長寿命バッテリー、4G LTEや5Gでの、インターネットへの常時接続、即時起動などだけでなく、音声対応デジタル・アシスタントや生体認証といった、AI技術を使用した、新たな能力が、ラップトップの、全体的なユーザ経験を向上させるために、追加されている。

 これにより、一般的な消費者は、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップで、これらの機能のすべてを、利用できるようになるようだ。

デル株式会社

第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(3)'20.02.26

【第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(3)】'20.02.26

 Qualcommの、第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。2020年2月4日

 By Rahoul Varma、ARM

 2018年の秋に、筆者らは、第2世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 850を搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップ用の利点について話し合っていたことがある。

 ARMにより承認された、ベンチマークの結果によると、ARMのCortex-A76上に構築された、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Qualcomm Snapdragon 8cx(5Gモデム内蔵)を搭載した、2-in-1ラップトップは、バッテリー寿命、常時オン、接続性、および、温度管理といった機能が、同じ価格帯の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップよりも優れているとしている。

 筆者らは、第3世代の、ARMアーキテクチャのCortex-A76上に構築された、QualcommのSnapdragon 8cx 5Gプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップの革新を確認した。

    (続き)
 
3)Samsung Galaxybook S

Dt13d_20200226153701


 Samsungは、2019年8月に開催された、「Unpacked」イベントで、新しいARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Galaxybook S」ラップトップを発表した。

 Samsungの「Galaxybook S」ラップトップは、新しい「Snapdragon 8cx」SoCを使用しているため、「Windows on ARM」ラップトップに関連する、従来の利点と機能を備えている。

 Windows 10ベースの2-in-1ラップトップである、Samsungの「Galaxybook S」ラップトップで、ユーザは、Microsoftストアで提供されている、従来の32ビットの、x86アーキテクチャのプロセッサ用のWindowsアプリ(Win32)を、エミュレータで実行し、利用できるようになる。

 また、Samsungの「Galaxybook S」ラップトップで、ユーザは、Microsoftストアで提供されている、従来の64ビットの、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネーティブなWindowsアプリを実行し、利用できるようになる。

 Windowsアプリの開発者は、従来の64ビットの、x86アーキテクチャのプロセッサ用のWindowsアプリを、再コンパイルして、動作確認テストを実施し、動作を保証することで、64ビットのARMアーキテクチャのネーティブなアプリとして、Microsoftストアで提供できるようになる。

 Samsungの「Galaxybook S」ラップトップには、特に、一般的なモバイル・ユーザ向けの、次のような特徴がある。

・ARMアーキテクチャの、Qualcommの「Snapdragon 8cx」プロセッサを搭載しており、低消費電力で、発熱も少ない。

・1回の充電で、一般的な使用方法で、1日利用できる。

・4G LTE通信システムをサポートしており、どこでも、インターネットに接続できる。

・「即時オン」機能や「常時接続」機能がある。

・薄くて軽く、コンパクトで、携帯性がよい。

・スタイラスペンをサポートしている。

・Androidベースのスマートフォンと連携できる。

 Samsungは、「Galaxybook S」ラップトップを、基本価格、999.99ドルで、予約注文を受け付けており、アクセサリーも注文できるようにしている。

 また、Samsungは、通信事業者の「Sprint」や「Verizon」と提携し、内臓されたLTEモデムを通して、接続性と利便性のメリットを実現している。

 Samsungによると、「Galaxybook S」ラップトップの形状は、ノートPCのように見えるが、スタイラスペンのサポートといった、タブレット的な特徴も持っているという。

 また、ARMベースのラップトップの重要な特徴として、タブレットのような、ユーザ経験を体験したい、消費者をサポートし、Androidベースのスマートフォンと連携できるようにしている。

   (続く)

デル株式会社

2020年2月25日 (火)

フォルダブルなスマートフォン、「Samsung Galaxy Z Flip」を紹介する。'20.02.25

【フォルダブルなスマートフォン、「Samsung Galaxy Z Flip」を紹介する。】'20.02.25

 基本価格、1400ドル近くで、発売される予定の、フォルダブルなスマートフォン、「Samsung Galaxy Z Flip」を紹介する。2020年2月22日

 By Christian de Looper、Digital Trends

 筆者らは、スクリーン画面を折り畳むことのできる、フォルダブルなスマートフォンに関して、いくつかのことを学んだ。

 Samsungは、同社の「Unpackedイベント」で、新たな「Galaxy S20シリーズ」の他に、スクリーン画面を折り畳むことのできる、フォルダブルなスマートフォン、「Galaxy Z Flip」の提供と、「Galaxy Fold」の発売を紹介した。

・SamsungのGalaxy Z Flipスマートフォン

Dt12b_20200226070401

・SamsungのGalaxy Foldスマートフォン

Dt12f_20200226071401

 
 Samsungの新たなフォルダブルな「Galaxy Z Flip」スマートフォンは、最初に発表された、「Galaxy Fold」スマートフォンと、わずかに形状が異なり、クラムシェルのデザインになっており、Motorolaの「Razr」スマートフォンと形状が似ていた。

・MotorolaのRazrスマートフォン

Dt12d

  一般的に、フォルダブル・スマートフォンには、スクリーン画面を広げると、大きな画面のタブレットになる、タブレット・スタイルと、スクリーン画面を折り畳むと、クラムシェルの形状になる、クラムシェル・スタイルの、2つの形態がある。

・1つの形態は、折り畳むことのできる、スクリーン画面を広げると、タブレットのサイズのデバイスになる。


Dt12f_20200225213701


・もう1つの形態は、スクリーン画面を、折り畳むと、クラムシェル・スタイルのスマートフォンになる。

Dt12b_20200225213101


 ユーザは、Galaxy Z Flipスマートフォンの、スクリーン画面を折り畳むことで、コンパクトになり、ポケットに入れて、容易に持ち運ぶことができるようになる。

 他の殆どのフォルダブルなスマートフォンは、折り畳むことのできる、スクリーン画面に、柔軟性のある、プラスチックを使用している。

 これに対し、Samsungのフォルダブルなスマートフォン、Galaxy Z Flipは、折り畳むことのできる、スクリーン画面に、柔軟性のある、6.7インチの大きさの、ガラスを使用している。

 このSamsungのフォルダブルなスマートフォン、Galaxy Z Flipは、新しいヒンジ(蝶番)を使用して、折り畳むことのできる、ガラス製の、スクリーン画面を装備している。

 Samsungによると、このガラス製の、スクリーン画面は、スマートフォンに、埃や砂などが、スマートフォンの中に入り込まないような、防塵仕様になるという。

 Samsungのフォルダブルなスマートフォン、Galaxy Z Flipの、折り畳むことのできる、スクリーン画面の、「つなぎ目が見えないヒンジ」には、20万回折り畳んでも、変化が見られない、耐久性がある。

 このヒンジは、スマートフォンを斜めに広げたままにできるため、ユーザは、スマートフォンをテーブルの上に置いて、自撮りや、ビデオ・チャットなどが、できるようになる。

 いわゆる「Flex」モードにおいて、このGalaxy Z Flipスマートフォンは、自動的に、4インチのディスプレイのペアに、分割できるようになる。

 このGalaxy Z Flipスマートフォンのスクリーン画面を閉じると、ユーザは、小さな「カバー・ディスプレイ」上に、いくつかの情報を表示させることができるようになる。

 ユーザは、この小さな「カバー・ディスプレイ」上に、日付、時刻、バッテリーの状態などを表示できるようになる。

 この「カバー・ディスプレイ」は、通知を表示し、スマートフォンを広げることなく、これらの情報を、確認できるようにする。

 この「Galaxy Z Flip」スマートフォンは、8GBのRAM、256GBのストレージと共に、QualcommのARMアーキテクチャのSnapdragon 855以上のプロセッサを搭載している。

 言い換えれば、このGalaxy Z Flipスマートフォンは、Galaxy S20スマートフォンほどハイテクではないが、フォルダブルな形態を考慮して、設計されている。

 このGalaxy Z Flipスマートフォンのバッテリーの容量は、3300mAhである。

 このGalaxy Z Flipスマートフォンは、2020年2月14日に、基本価格が、1380ドルで販売される。

 「SamsungのGalaxy Z Flipスマートフォンの紹介」ビデオ

 Samsungによると、スクリーン画面を折り畳むことのできる、このGalaxy Z Flipスマートフォンは、SprintかAT&Tと共に、Samsung自体やBest Buyから、アンロックされて、販売されるようになるという。

 言い換えると、Verizon、あるいは、T-Mobileのユーザなら、アンロックされた、Galaxy Z Flipスマートフォンを購入する必要があるかも知れない。

 このGalaxy Z Flipスマートフォンには、ミラー・パープルとミラー・ブラックの2色が、用意されている。

デル株式会社

第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(2)'20.02.25

【第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(2)】'20.02.25

 Qualcommの、第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。2020年2月4日

 By Rahoul Varma、ARM

 2018年の秋に、筆者らは、第2世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 850を搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップ用の利点について話し合っていたことがある。

 ARMにより承認された、ベンチマークの結果によると、ARMの「Cortex-A76」上に構築された、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Qualcommの「Snapdragon 8cx 5G」(5Gモデム内蔵)を搭載した、2-in-1ラップトップは、バッテリー寿命、常時オン、接続性、および、温度管理といった機能が、同じ価格帯の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップよりも優れているとしている。

 筆者らは、第3世代の、ARMアーキテクチャの「Cortex-A76」上に構築された、Qualcommの「Snapdragon 8cx 5G」プロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップの革新を確認した。

    (続き)

2)Microsoft Surface Pro Xラップトップ

Dt13c_20200225140801


 Microsoftは、2019年10月に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「Surface Pro X」ラップトップの販売を開始した。

 MicrosoftとQualcommは、パートナーを組み、「SQ1」と呼ばれる、ARMアーキテクチャのCPUコアである、Qualcommの「Snapdragon 8cx」をベースにした、カスタム・プロセッサを、協同で設計した。

 この「SQ1」と呼ばれる、カスタム・プロセッサ(SoC)は、Windowsシステムや、Windowsアプリに最適化されている。

 Electronは、開発者が、既存のWindowsアプリを、容易に、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップなどの、Windowsベースのデバイスにもたらすことができるようにする、Election 6 for Windows on ARMを提供する。

 Electron 6で、開発者やISVは、既存のWindowsアプリを、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップなどの、Windowsベースのデバイス向けに移植し、最高の性能とバッテリー寿命を実現できるようになる。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、薄くて、軽く、コンパクトなデザインの、Microsoftの、Windowsベースの2-in-1ラップトップ、Surface Pro Xには、1回の充電で、1日中使用できる、長寿命のバッテリー、インスタント・オン、4G LTEを通した、常時接続といた特徴がある。

 Surface Pro Xラップトップには、高速充電(1時間で80%以上充電可能)できる、ペン・ストレージを持つ、Surfaceスタイラスペンが、同梱されている。

 また、AIを使用して、ユーザの目の外観を調整し、TV会議でカメラをまっすぐ見ているように見える、新しい視線技術も含まれている。

 さらに、Microsoftによると、Surface Pro Xラップトップは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Surfaceラップトップの中で、全体的な性能が、最も改善されているという。

     (続く)

 参考:「Microsoft Surface Pro Xラップトップの紹介」ビデオ

デル株式会社

2020年2月24日 (月)

第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(1)'20.02.24

【第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。(1)】'20.02.24

 Qualcommの、第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 8cxを搭載した、Windows(Windows on ARM)ベースの、2-in-1ラップトップを紹介する。2020年2月4日

 By Rahoul Varma、ARM

 2018年の秋に、筆者らは、第2世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 850を搭載した、Windowsベースの、2-in-1ラップトップ用の利点について話し合っていたことがある。
 

Dt13q


 ARMにより承認された、ベンチマークの結果によると、ARMのCortex-A76上に構築された、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Qualcomm Snapdragon 8cx(5Gモデム内蔵)を搭載した、2-in-1ラップトップは、バッテリー寿命、常時オン、接続性、および、温度管理といった機能が、同じ価格帯の、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップよりも優れているとしている。

 筆者らは、第3世代の、ARMアーキテクチャのCortex-A76上に構築された、QualcommのSnapdragon 8cx 5Gプロセッサを搭載した、2-in-1ラップトップの革新を確認した。

 第3世代の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップには、MicrosoftやLenovoやSamsungから提供される、Windowsベースの、2-in-1ラップトップがある。

 第3世代の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップには、常時接続性、常時オン、5G通信システムのサポート、および、性能の改善といった、特徴がある。

 また、第3世代の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップには、洗練されたデザイン、薄くて、軽量で、コンパクト、携帯性の向上といった、特徴もある。

1)Lenovo Yoga 5Gラップトップ

Dt13a_20200224205601

 Lenovoは、COMPUTEX 2019で、「Project Limitless」と呼ばれる、新しい5G通信システム対応のラップトップを発表していた。

 CES 2020で紹介されたように、この5G通信システムをサポートした、2-in-1ラップトップの正式な名称は、「Lenovo Yoga 5G」と命名された。

 Lenovoによると、世界で最初に、5G通信システムをサポートした、2-in-1ラップトップ、「Lenovo Yoga 5G」は、ARMのCortex-A76 CPUコア上に構築された、Qualcomm Snapdragon 8cxプロセッサ(5Gモデム内蔵)を採用し、ARMアーキテクチャ用のWindows 10を搭載している。

 このラップトップは、4G通信システムよりも、最大10倍高速な、5G通信システムをサポートしており、ラップトップを使用しているときの遅延を、少なくしている。

 これらの利点は、このラップトップが、大きなファイルを、高速にダウンロードしたり、高解像度のビデオをストリーミングしたり、レスポンス性能を向上せたり、できるようにする。

 さらに、これらの利点で、ユーザは、移動しながら、このラップトップで、好みのスポーツの試合を観戦できるようになり、高解像度のスクリーン画面で、サッカーなどの試合のボールの行方を、追いかけることもできるようになる。

 この2-in-1ラップトップ、「Lenovo Yoga 5G」のバッテリー寿命は、1回の充電で、最長24時間と、十分長い。

 筆者らは、この「Lenovo Yoga 5G」ラップトップの評価テストを実施した結果、Lenovoが主張しているのと同様の、評価結果が得られた。

 このラップトップは、移動中のユーザを、常時サポートし、薄くて、軽量で、コンパクトであり、極めて優れた携帯性を特徴にしている。

 また、この「Lenovo Yoga 5G」ラップトップの知的な温度制御は、このラップトップの温度を、低く保つことを可能にし、ノイズの大きな、冷却ファンの必要性を少なくしている。

Dt13b_20200224210001

 ARMアーキテクチャの、プロセッサを搭載した、Lenovo Yoga 5Gラップトップには、従来のWindowsと共に、より高い性能が詰め込まれている。

 この第3世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、「Snapdragon 8cx 5G」SoCを搭載している、「Lenovo Yoga 5G」ラップトップは、第2世代のARMアーキテクチャのプロセッサ、「Snapdragon 850」SoCを搭載している、以前の、「Lenovo Yoga C630」ラップトップと比べて、約2倍の高性能を提供する。

 指紋や顔認証による、セキュリティ機能を持ち、5G通信システムをサポートした、「Lenovo Yoga 5G」2-in-1ラップトップは、実用的なものになり、モバイル・ユーザの生産を向上させる。

 Lenovo Yoga 5Gラップトップは、2020年春に、基本価格、1499ドルでリリースされる予定である。

 「Lenovo Yoga 5Gラップトップの紹介」ビデオ

         (続く)

デル株式会社

Intel、AMD、および、ARMは、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。(3)'20.02.24

【Intel、AMD、および、ARMは、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。(3)】'20.02.24

 Intel、AMD、および、ARMは、ラップトップが、重要であることに、継続して、合意しているが、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。2019年5月29日

 By Vlad Savov@vladsavov、theverge

 Intelは、同社の第10世代のCoreチップを発表し、AMDは、同社の新しい「Ryzen」ラインを発表し、ARMは、ラップトップ向けに、「Cortex-A76」上に構築された、「Snapdragon 8cx」プロセッサと、サーバ向けに、「Cortex-A65」上に構築された、「Neoverse N1」と「Neoverse E1」プロセッサを発表した。

 これら3ベンダ(ARM、Intel、AMD)は、将来のプロセッサ開発の方向を設定する、リーダである。

 これら3ベンダは、将来のWindowsベースのラップトップ、AppleのMac Proワークステーション、および、次世代のゲーム機の、見た目、フィーリング、および、機能が、将来、どのようになるのかの方向を示した。

 プロセッサは、コンピュータの心臓であり、将来、どのように進化するかを確認する、よい機会である。

    (続き)

3)AMD

 x86アーキテクチャ互換のプロセッサを供給している、AMDは、新しい「Ryzen 3000」シリーズに、消費者グレードの12コア・プロセッサを追加し、製造プロセスを7nmにして、集積率を向上させ、Intelの代替品を、より安く供給することで、販売個数を増加させることに取り組んでいる。

Dt0d


 AMDの、PC分野における、プロセッサの販売台数シェアは、着実に増加しており、同社は、Sonyのゲーム機、「PlayStation 5」向けのプロセッサを供給することで、Sonyとパートナー契約を交わしている。

 Microsoftのゲーム機、「Xbox」も、AMDのプロセッサを採用する可能性が高い。

 Microsoftは、2020年後半に、将来の「Surface」ラップトップに、強力なグラフィクス性能や、魅力的な価格設定を特徴にしている、AMDの「Picasso」チップを採用することを検討しているようだ。

 AMDのプロセッサの、強力なグラフィックス性能や、魅力的な価格設定は、特に、Intelがセキュリティの欠陥と、性能の停滞を克服するのに苦労している、消費者とハードウェア・パートナーの両方に人気がある。

4)戦略の違い

・ARMは、当初から軽量性と効率性を重視して、RISCプロセッサを設計しており、より重い負荷に対応できるようにすることに取り組んでいる。

 スマートフォン市場を支配している、ARMは、低消費電力で、バッテリー寿命が長く、4G LTEや5Gをサポートした、薄くて、軽く、コンパクトな特徴を持つ、Windowsベースのラップトップを構築できるようにすることで、Windowsを搭載した、ラップトップへの採用が増えるよう、模索している。

 また、ARMは、デスクトップPCや、サーバ分野にも、ARMアーキテクチャのプロセッサが、採用されるようになることを期待しており、Lenovo、Samsung、Dellなどと、パートナーを組んでいる。

・Intelは、プロセッサの周囲の環境を最適化することに、多くのエネルギーを費やしており、消費電力を下げ、発熱を抑え、4G LTEや5Gモデムなどを組み込むことに取り組んでいる。

・AMDは、ゲームのクリエーターや、ゲーマに焦点を合わせており、主に、ドル当りの性能と、ワット当りの性能の効率を向上させることに、順調に取り組んでいる。

・2020年は、モバイル・ユーザ向けの、Windowsベースのラップトップにおいて、より薄くて、軽く、コンパクトで、バッテリー寿命が長く、携帯性に優れ、ストレスを感じることなく、どこでも利用できる、実用的なラップトップが登場し、競い合うだろう。

デル株式会社

Intel、AMD、および、ARMは、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。(2)'20.02.24

【Intel、AMD、および、ARMは、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。(2)】'20.02.24

 Intel、AMD、および、ARMは、ラップトップが、重要であることに、継続して、合意しているが、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。2019年5月29日

 By Vlad Savov@vladsavov、theverge

Intelは、同社の第10世代のCoreチップを発表し、AMDは、同社の新しい「Ryzen」ラインを発表し、ARMは、ラップトップ向けに、「Cortex-A76」上に構築された、「Snapdragon 8cx」プロセッサと、サーバ向けに、「Cortex-A65」上に構築された、「Neoverse N1」と「Neoverse E1」プロセッサを発表した。

 これら3ベンダ(ARM、Intel、AMD)は、将来のプロセッサ開発の方向を設定する、リーダである。

 これら3ベンダは、将来のWindowsベースのラップトップ、AppleのMac Proワークステーション、および、次世代のゲーム機の、見た目、フィーリング、および、機能が、将来、どのようになるのかの方向を示した。

 プロセッサは、コンピュータの心臓であり、将来、どのように進化するかを確認する、よい機会である。

     (続き)

2)Intel

 Intelは、x86アーキテクチャのプロセッサを、モバイル・デバイスに採用されるようにするために、性能を犠牲にすることなく、消費電力を下げ、発熱を抑え、コンパクトにすることに、多くの時間を費やしている。

 Intelは、10nmの集積度を持つ、Lakeプロセッサのリリースを遅らせていた。

 台北で開催された、Computexで、Intelは、ラップトップの応答性を向上させ、より薄くて軽くし、バッテリーの寿命を長くする、Project Athenaの取り組みを前進させた。

 第10世代のIntel Coreプロセッサは、最初に、以前よりも薄くて、軽いラップトップやタブレットに搭載される。

Dt0c_20200224135201


 PCとサーバ分野向けの、プロセッサの供給で支配的な、Intelは、現在、モバイル・デバイス向けの、プロセッサ・チップの開発や製造に、エンジニアリング・リソースのほとんどを投資しているようだ。

 Intelは、ラップトップのような、モバイル・デバイス向けのプロセッサに、特に、処理性能よりも、内臓Wi-Fi  6、Thunderbolt 3接続、コンテンツ作成や、4K HDR用のグラフィクスの改善といった、多くの機能を追加することに取り組んでいる。

 Intelは、「Twin River」という、デュアル・スクリーンで、ファブリックに包まれた、ラップトップや、閉じるとコンパクトになる、ゲーム用ラップトップ、「Honeycomb Glacier」を開発した。

Dt11a_20200224091901

 

Dt11c_20200224092201


 Intelは、これらのコンセプト的なラップトップの参照設計を、DellやAsusといった、ハードウェア・パートナーに提供し、開発を支援する。

     (続く)

デル株式会社

2020年2月23日 (日)

Intel、AMD、および、ARMは、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。(1)'20.02.23

【Intel、AMD、および、ARMは、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。(1)】'20.02.23

 Intel、AMD、および、ARMは、ラップトップが、重要であることに、継続して、合意しているが、それぞれ、異なった、コンピューティングの未来を見ている。2019年5月29日

 By Vlad Savov@vladsavov、theverge

 Intelは、同社の第10世代のCoreチップを発表し、AMDは、同社の新しい「Ryzen」ラインを発表し、ARMは、ラップトップ向けに、「Cortex-A76」上に構築された、「Snapdragon 8cx」プロセッサと、サーバ向けに、「Cortex-A65」上に構築された、「Neoverse N1」と「Neoverse E1」プロセッサを発表した。

 これら3ベンダ(ARM、Intel、AMD)は、将来のプロセッサ開発の方向を示す、リーダである。

 これら3ベンダは、将来のWindowsベースのラップトップ、AppleのMac Proワークステーション、および、次世代のゲーム機の、見た目、フィーリング、および、機能が、将来、どのようになるのかの方向を示した。

 プロセッサは、コンピュータの心臓であり、将来、どのように進化するかを確認する、よい機会である。

1)ARM

 スマートフォン時代のアーキテクト、ARMは、モバイル・デバイス用の、システム・オン・チップのコア・デザインと、命令セットを設計し、知的財産(IP)を、Qualcomm、Apple、Samsung、Huawei、および、HTCのような、ベンダに、ライセンスとして、販売している。

 ARMから、同社が設計した、システム・オン・チップのコア・デザインや命令セットなどの、知的財産(IP)のライセンスを取得した、Qualcommは、ARMアーキテクチャのプロセッサを製造し、Appleは、iPhoneスマートフォンを開発し、Samsungは、Galaxyスマートフォンなどを開発し、Huaweiは、Mateスマートフォンなどを開発し、HTCは、Googleが開発した、PixelをOEMしている。

 ARMが、発表した、Cortex-A77 CPUとMali-G77 GPUは、特別な能力を付加することなく、性能と効率を向上させた。

Dt0a_20200223210901


 ARMは、スマートフォンなどの、モバイル分野で成功した、ARMアーキテクチャのプロセッサを、ラップトップ、デスクトップ、サーバなどに採用されることを、長年の目標にしている。

 タブレットの多くと共に、殆どのスマートフォンは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載している。

 Intelは、モバイル・デバイス・ベンダに、スマートフォンに、x86アーキテクチャのプロセッサを採用して貰うことに失敗しており、スマートフォンの分野は、ARMが、支配的であった。

 ソフトバンクが所有する、英国の企業である、ARMは、より多くのラップトップや、デスクトップPCに、ARMアーキテクチャのプロセッサが採用されることを望んでいる。

 Qualcommは、Windowsを搭載した、コンピュータ用のチップである、「Snapdragon 8cx」プロセッサを、生産し、PCベンダに供給している。

Dt0b_20200224134901


 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップは、既に、販売されているが、これまで、性能と互換性に課題があった。

 Appleも、2020年に、ARMアーキテクチャのプロセッサを、同社のMacに、Intelのプロセッサの代わりに採用することを計画している。

 2021年には、ARMは、同社のパートナーと、デスクトップ・クラスのx86プロセッサの性能に競合できる、ARMアーキテクチャのプロセッサを供給できるようにすることに取り組んでいく。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、コンバーチブル・ラップトップを提供する、ベンダも増えてきた。

 ARMは、当初から軽量性と効率性を重視して、RISCプロセッサを設計しており、より重い負荷に対応できるようにすることに取り組んでいる。

 スマートフォン市場を支配している、ARMは、低消費電力で、バッテリー寿命が長く、4G LTEや5Gをサポートした、薄くて、軽く、コンパクトな特徴を持つ、Windowsベースのラップトップを構築できるようにすることで、Windowsベースのラップトップへの、ARMアーキテクチャの「Snapdragon 8cx」プロセッサの採用が増えることを期待している。

 また、ARMは、デスクトップPCや、サーバ分野にも、ARMアーキテクチャの「Cortex-A77」プロセッサが、広く採用されるようになることを期待しており、Lenovo、Samsung、Dellなどと、パートナーを組んでいる。

        (続く)

デル株式会社

statcounterの世界のパーソナル・デバイスのオペレーティング・システム(OS)シェア '20.02.23

【statcounterの世界のパーソナル・デバイスのオペレーティング・システム(OS)シェア】'20.02.23

 2019年1月から、2020年1月までの、1年間における、世界のパーソナル・デバイスの種類(デスクトップ、タブレット、スマートフォン)ごとの、出荷台数シェア(%)を紹介する。

 By StatCounter

 2019年の1年間における、オペレーティング・システム(OS)ごとの、世界のパーソナル・デバイスの出荷台数シェアを、次に示す。

・世界のパーソナル・デバイス全体のオペレーティング・システム(OS)シェア、2020年1月

OS       シェア

Android     39.67%
Windows     35.23%
iOS        14.5%
OS X       7.71%
不明         0.93%
Linux       0.88%

Source: StatCounter Global Stats - OS Market Share

・デスクトップは、MicrosoftのWindowsが77.7%(AppleのOS Xが17.04%)

・タブレットは、AppleのiOSが60.63%(GoogleのAndroidが39.13%)

・スマートフォンは、GoogleのAndroidが74.3%(AppleのiOSが24.76%)

 2019年1月から、2020年1月までの、1年間における、世界のパーソナル・デバイスの種類(デスクトップ、タブレット、スマートフォン)ごとの、出荷台数シェア(%)を、表とグラフで示す。

1)世界のデスクトップのオペレーティング・システム(OS)シェア、2020年1月

OS        シェア

Windows     77.7%
OS X       17.04%
Linux        1.9%
不明        1.83%
Chrome OS    1.52%
FreeBSD       0%

Source: StatCounter Global Stats - OS Market Share

2)世界のタブレットのオペレーティング・システム(OS)シェア、2020年1月

OS        シェア

iOS        60.63%
Android     39.13%
Windows      0.15%
Linux       0.07%
不明       0.01%
webOS       0.0%

Source: StatCounter Global Stats - OS Market Share

3)世界のスマートフォンのオペレーティング・システム(OS)シェア、2020年1月

OS        シェア

Android     74.3%
iOS       24.76%
KaiOS      0.21%
Samsung     0.2%
不明        0.19%
Windows     0.12%

Source: StatCounter Global Stats - OS Market Share

デル株式会社

ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場(2)'20.02.23

【ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場(2)】'20.02.23

 このARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場の調査レポートは、ARMベースのサーバ市場における、最も代表的なプレーヤの包括的な分析を提供する。

Dt8b_20200223133601

 By marketwatch

 このARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場の調査は、ARMベースのサーバ市場における、最も代表的なプレーヤの、ビジネス・モデル、主な戦略、および、それぞれの市場シェアを提供する。

 また、この調査レポートは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場に、主に影響を与える、売上、セグメントごとのデータ、地域ごとのデータ、国ごとのデータの観点から、サーバ市場の統計分析データを提供する。

 この調査は、進化している、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場のあらゆる観点を提供する、最も包括的なレポートの1つである。

    (続き)

 クラウド・サービスを提供する、大規模なデータセンターのサーバの稼働台数は、コンピューティング処理の負荷に応じて、増減させる必要がある。

 このため、データセンターには、低消費電力で、発熱の少ない、コンパクトな、多くのサーバを、設置することが要求される。

Dt8c_20200223141701


 このような目的で使用するサーバには、x86アーキテクチャの、CISCプロセッサよりも、低消費電力で、集積度が高くて、コンパクトな、ARMアーキテクチャの、RISCプロセッサの方が、適している。

 ただし、ARMアーキテクチャの、RISCプロセッサには、特に、ネーティブではなく、エミュレータで、従来のアプリを実行する時の性能や、ソフトウェアの互換性に、課題がある。

 この調査レポートでは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、デバイス市場を、コアタイプ、オペレーティング・システム(OS)、適用分野、製品、業種、および、地域に分類している。

・コアタイプ別では、ARMベースのサーバ市場を、「ARM Cortex-Aコア」と「ARM Cortex-Mコア」に分類している。

・オペレーティング・システム(OS)のサポートにより、ARMベースのサーバ市場を、32ビットOSと、64ビットOSに、分類している。

・オペレーティング・システム(OS)別では、ARMベースのパーソナル・デバイス市場を、「Android」、「iOS」、および、「Windows」に分類している。

・適用分野別では、ARMベースのデバイス市場を、モバイル・コンピューティング、3Dグラフィクス、「モノのインターネット(IoT)」、スマート・ホーム、ウェアラブル、センサー、エンタープライズ、基盤ネットワーク、移動体通信システムなどに分類している。

・製品別では、ARMベースのデバイス市場を、プロセッサ、グラフィクス&マルチメディア、物理IP、IoTソリューション、無線IP、開発ツール、セキュリティ・ソリューションなどに分類している。

・業種別では、ARMベースのデバイス市場を、自動車、ヘルスケア、医療、通信サービス、石油&ガス、バイオ、産業オートメーションなどに分類している。

・ARMベースのデバイス市場の、代表的なプレーヤーには、Cavium、Applied Micro Circuits、Huawei Technology、IBM、Texas Instruments、Marvell Semiconducto、ARM Holdings、Microsoft、Red Hat、HP、Citrix Systems、SuSE、Canonical、Linaro、Xilinx、LSI、Dell、Advanced Micro Devices、Broadcom、および、QUALCOMMがいる。

・ARMベースのサーバ市場は、現在、北米、西欧、および、中東&アフリカ(MEA)地域により、支配されている。

 特に、北米は、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載したサーバのベンダが多く、技術が、成熟し、普及することにより、ARMベースのサーバ市場における、支配的な地域になることが予想される。

・一方、日本を除く、アジア太平洋(APEJ)は、予測期間中に、ARMベースのサーバ市場が、他の地域と比較して、大幅に成長することが予想される。

 調査レポートは、ARMベースのデバイス市場の、包括的な評価、洞察、事実、履歴データ、統計的にサポートされ、業界で検証された、市場データなどを含んでいる。

 調査レポートは、地域、技術、アプリなどの、市場セグメントに応じた、分析結果や情報を提供する。

注)調査レポートに記載されている事実、意見、または、分析結果の考察に関する、あらゆる記述は、各アナリストのものであり、それらは、必ずしも将来の市場洞察の正式な立場や見解を反映しているわけではない。

 調査レポートは、顧客の要件に合わせて、地域、国、アプリ、製品、および、顧客が持っている情報などで、カスタマイズすることができる。

デル株式会社

2020年2月22日 (土)

ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場(1)'20.02.22

【ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場(1)】'20.02.22

 このARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場の調査レポートは、ARMベースのサーバ市場における、最も代表的なプレーヤの包括的な分析を提供する。

 By marketwatch

 このARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場の調査は、ARMベースのサーバ市場における、最も代表的なプレーヤの、ビジネス・モデル、主な戦略、および、それぞれの市場シェアを提供する。

 また、この調査レポートは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場に、主に影響を与える、売上、セグメントごとのデータ、地域ごとのデータ、国ごとのデータの観点から、サーバ市場の統計分析データを提供する。

 この調査は、進化している、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場のあらゆる観点を提供する、最も包括的なレポートの1つである。

 本来、ARMは、「Acorn RISC Machine」の略であったが、後で、「Advanced RISC Machine(ARM)」に、名称を変更した。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバは、サーバ・ベースのコンピューティングにおける、開発を表している。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバは、低消費電力で、発熱が少なく、x86クラスのプロセッサをベースにした、同様の技術よりも、冷却能力を必要としないので、最近、企業のデータセンターに、導入されるようになってきた。

Dt8b_20200222212301


 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバ市場の成長分析

 この記事のデータは、あくまで、概要を紹介するものである。

 きめ細かなデータや洞察は、詳細レポートで利用できるようになる。

 ARMプロセッサ・チップは、Advanced RISC Machines(ARM)により、開発された、RISC(縮小命令セット・コンピュータ)アーキテクチャに基づいて作成された、CPUチップである。

Dt8c_20200222212501


 ARMは、32ビットと64ビットのRISCマルチコア・プロセッサから成る。

 RISC(Reduced Instruction Set Computer)プロセッサは、より高速に、命令を実行できるように、コンピュータ命令を少なく、単純化することで、プロセッサの集積度を向上させることが可能になる。

 ARMアーキテクチャを搭載したサーバ市場の力学

 ARMアーキテクチャをベースにした、低消費電力で、発熱の少ないチップ、モバイル・デバイス向けのプロセッサである、ARMプロセッサ・チップは、組み込みインテリジェンス、エンタープライズ基盤、コンピューティングなどへの、ARMの採用が、急速に増えており、現在のスマートフォンのほとんどが、ARMプロセッサを採用している。

 このARMプロセッサは、集積度の向上で、エネルギー効率が良く、性能が改善され、よりコンパクトになり、サーバを、より小型化し、より低消費電力にするという特徴を持っている。

 ソフトウェアとハードウェアの性能や互換性の問題は、ARMベースのサーバ市場における、課題になっている。

 スマートフォンなどのモバイル・デバイス、タブレットやPCといった、パーソナル・デバイス、ウェアラブル・デバイス、車載システム、スマート・ホーム・デバイス、スマートTV、「モノのインターネット」(IoT)対応デバイスなどだけでなく、サーバにおける、ARMアーキテクチャのチップの採用の増加は、ARMアーキテクチャのプロセッサの、ビジネス機会を、さらに拡大させる。

 現在、既に、AmazonのAWS、Microsoft、Googleなどが、ARMアーキテクチャのカスタム・プロセッサを開発し、クラウド・サービスを提供するための、サーバのプロセッサとして、採用している。

 さらに、SamsungやLenovoといった、ベンダが、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、5Gをサポートした、Windowsベースのラップトップの提供を発表している。

 このように、モバイル・デバイス市場において支配的である、低消費電力、高エネルギー効率、および、スモール・フットプリントを特徴とする、ARMアーキテクチャのプロセッサが、従来、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサが支配していた分野のデバイス(ラップトップ、ノートPC、サーバ)に、採用されるようになってきた。

    (続く)

 

サーバ・オペレーティング・システム市場シェア '20.02.22

【サーバ・オペレーティング・システム市場シェア】'20.02.22

 サーバ向けに開発された、オペレーティング・システム(サーバOS)、2020年2月18日

 By T4

 「サーバ・オペレーティング・システム(サーバOS)」とは、サーバ上で、動作するよう設計された、ソフトウェア・プラットフォームのことである。

 このソフトウェア・プラットフォーム(サーバOS)上で、アプリケーション・ソフトウェアや、他のソフトウェア・プログラム(ミドルウェア)を実行させることができる。

 サーバOSの役割は、クライアント・デバイスからの要求に応じて、カスタム・アプリや業務アプリなどを実行し、レスポンスを返すだけでなく、「Webサーバ」、「メール・サーバ」、「ファイル・サーバ」、「データベース・サーバ」、「アプリケーション・サーバ」、「プリント・サーバ」といった、一般的なサーバの役割を有効にし、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」として利用できるようにし、運用管理することである。

 サーバOS市場は、代表的なサーバOSが、大きなシェアを占めており、比較的統合されている。

 (ただし、「クライアント・デバイスのユーザ」から見た、「サーバOS」は、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の方向にシフトしており、ユーザから見れば、クラウド・サービスになってきた。)

 ちなみに、クラウドOSという用語があるが、「クラウドOS」とは、クラウド・コンピューティングの各種リソースを管理し、仮想マシン(VM)に割り当てることなどを行う、クラウドの運用管理のための機能を提供する、クラウド基盤ソフトウェアのことであり、「クラウドOS」から見た「サーバOS」とは、さらに、下位層のソフトウェア・プラットフォームのことである。

グラフ1)2016年から2020年における、サーバOSのライセンス数

年        2016年  2017年  2018年   2019年  2020年

サーバOSの
ライセンス数  810万  870万  960万  1060万  1160万

Dt10a_20200222153001

 ソース:T4

 T4によると、2019年における、サーバOSのライセンス数は、前年から、10%増加し、1060万ライセンスになったという。

 また、2020年には、サーバOSのライセンス数は、1160万ライセンスになる見込みである。

グラフ2)2018年における、世界のサーバOSの市場シェア

サーバOS              市場シェア

Microsoft Windows Server     47.8%

Red Hat Linux             33.9%

その他のサーバOS         18.3%


Dt10b_20200222153201

 ソース:IDC、2019年

 サーバOS業界の成長を促しているのは、データセンターに設置される、サーバの台数が増えているからである。

 これは、消費者やビジネス・ユーザが、クラウド・コンピューティング・サービス、ストリーミング・メディア・サービス、および、他のデータ集約的なクラウド・サービスを利用することが増えているためである。

デル株式会社

2019年4Qに、Appleは、2019年4Qに、世界のスマートフォン市場で、トップになった。(2)'20.02.22

【2019年4Qに、Appleは、2019年4Qに、世界のスマートフォン市場で、トップになった。(2)】'20.02.22

 IDCによると、Appleは、2019年4Qに、世界のスマートフォンの出荷台数で、トップになったという。2020年1月30日

 By IDC

 IDCによると、Appleが、2019年4Qに、世界のスマートフォンの出荷台数で、トップになり、中国のHuaweiが、2位になったという。

 IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackeによると、2019年4Qに、世界のスマートフォンの出荷台数は、前年同期から、1.1%減少していたという。

 世界のスマートフォンの出荷台数は、フラットに推移してきた。

 【2019年4Qに、Appleは、2019年4Qに、世界のスマートフォン市場で、トップになった。(1)】'20.02.01

   上記記事の(続き)

・中国のXiaomiは、中国から焦点をインドに移したため、最大のスマートフォン市場は、引き続きインドだった。

 Xiaomiのスマートフォン、Redmi 8/Note 8シリーズは、インドのオンライン・ショッピング・フェスティバル、Diwaliの後も、牽引力を維持し、同社の、スマートフォンの出荷台数全体の増加に貢献した。

 オンラインとオフラインが、コラボした、インドのショッピング・フェスティバルは、消費者が、バーチャルとリアルの空間で、スマートフォンなどの、パーソナル・デバイスを、比較検討しながら、購入できるので、特に、新製品のプロモーションに役立っているようだ。

 それにも関わらず、Xiaomiは、流通チャネル管理の問題や、インドだけでなく、インドネシアでの、Realmeとの競争の激化など、いくつかの課題に直面している。

 中国の国内市場に、Xiaomiは、108MPカメラを特徴にした、CC9 Proモデルを投入したが、比較的低いマージンと、流通チャネル・サポート体制の欠如で、スマートフォンの販売台数シェアの獲得には、あまり貢献しなかった。

・中国のOPPOは、中国以外の国への、スマートフォンの販売台数の割合が、初めて、国内のスマートフォンの販売台数を上回り、50%を超えた。

 OPPOは、クアッド・カメラを、ローエンドのスマートフォンの主要なセールスポイントにした、A11モデルを発売し、5Gをサポートした、Reno 3シリーズを発表した。

表1)2019年4Qと2018年4Qにおける、世界のトップ・スマートフォン・ベンダの、世界の出荷台数(100万台)、台数シェア(%)、年間増加率(%)

        2019年4Q  2019年4Q  2018年4Q   2018年4Q     年間
ベンダ     出荷台数   シェア    出荷台数    シェア     増加率

Apple       73.8     20.0%      68.4     18.3%       7.9%

Samsung     69.4    18.8%     70.3      18.8%      -1.2%

Huawei      56.2     15.2%     60.5      16.2%      -7.1%

Xiaomi      32.8     8.9%      25.0      6.7%      31.1%

OPPO       30.6    8.3%      29.3      7.9%       4.2%

その他       106.0    28.7%     119.5     32.0%      -11.3%

合計       368.8    100.0%    373.1     100.0%      -1.1%

 ソース:IDC Quarterly Mobile Phone Tracker、2019年4Q 2020年1月30日

グラフ1)2018年4Qから2019年4Qの、世界のトップ5のスマートフォン・ベンダ(Apple、Samsung、Huawei、Xiaomi、OPPO)の、出荷台数シェアの推移


Idc6


 ソース:IDC Quarterly Mobile Phone Tracker、2019年4Q 2020年1月30日

表2)2019年と2018年における、世界のトップ・スマートフォン・ベンダの、世界の出荷台数(100万台)、台数シェア(%)、年間増加率(%)

         2019年    2019年  2018年    2018年    年間
ベンダ     出荷台数   シェア  出荷台数    シェア    増加率

Samsung     295.7    21.6%   292.2    20.8%    1.2%

Huawei      240.6    17.6%    206.0   14.7%    16.8%

Apple       191.0    13.9%   208.8    14.9%    -8.5%

Xiaomi      125.6     9.2%   119.1    8.5%     5.5%

OPPO      114.3     8.3%   113.3    8.1%      0.9%

その他      403.6     29.4%   463.2    33.0%    -12.9%

合計      1371.0    100.0%   1402.6   100.0%     -2.3%

 ソース:IDC Quarterly Mobile Phone Tracker、2019年4Q 2020年1月30日

デル株式会社

2020年2月21日 (金)

Samsungの、QualcommのSnapdragon 8cxプロセッサを搭載した、Galaxy Book Sラップトップが、ついに出荷される。'20.02.21

【Samsungの、QualcommのSnapdragon 8cxプロセッサを搭載した、Galaxy Book Sラップトップが、ついに出荷される。】'20.02.21

 Samsungは、ARMアーキテクチャの、QualcommのSnapdragon 8cxプロセッサを搭載した、Galaxy Book Sラップトップを、ついに出荷する。2020年1月25日

 by Sanjiv Sathiah、notebookcheck

 Samsungの、待ちに待った、Galaxy Book Sラップトップの発売日が、オーストラリアで、ついに決定された。

Dt3a_20200221205801


 2019年に、初めて発表された、Galaxy Note 10スマートフォンの他に、Samsungは、2020年1月31日に、正式に、Galaxy Books Sラップトップを発売すると発表した。

 筆者らが、長い間、待っていた、ARMアーキテクチャのプロセッサ向けのWindowsである、Windows on ARM(WoA)を採用した、ラップトップに搭載される、Snapdragon 8cxプロセッサが、ついに、Qualcommから提供された。

 MicrosoftのSurface Pro Xには、QualcommのSnapdragon 8cxプロセッサではなく、Qualcommが、Microsoftと共同で開発した、ARMアーキテクチャのプロセッサをベースにした、カスタムチップである、Microsoft SQ1が、採用されている。

 このMicrosoftのSurface Pro Xラップトップには、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、Windows 10が搭載されている。

 Samsungは、Galaxy Note 10スマートフォンの発売を発表した、イベントで、2019年8月に、初めて、Galaxy Book Sラップトップを発売することを、明らかにした。

 Galaxy Book Sラップトップは、極めて軽量な、13.3インチのスクリーン画面を持ち、重さが、1Kg未満で、1回の充電で、25時間も、ストリーミング・ビデオを再生できることで、筆者らの注目を集めた。

 このGalaxy Book Sラップトップには、QualcommのSnapdragon 8cxプロセッサ、8GBのLPDDR4X RAM、256GBのソリッド・ステート・ストレージが、搭載されている。

 また、このGalaxy Book Sラップトップは、適切なmicroSDカードで、最大1TBまで、ストレージを拡張することができる。

 このGalaxy Book Sラップトップは、高速充電可能な、42 Whバッテリーや、低消費電力のQualcommのSnapdragon 8cxプロセッサのおかげで、例えば、1回の充電で、25時間も、ストリーミング・ビデオを再生できる、長寿命のバッテリーを可能にした。

 このGalaxy Book Sラップトップでは、Wi-Fi 5(802.11ac)とBluetooth 5.0の、標準のMU-MIMOサポートに加え、常時接続の4G LTEもサポートされている。

 このGalaxy Book Sラップトップの、1080ピクセルの解像度を持つ、13.3インチの、TFT液晶ディスプレイ・パネルは、16対9のアスペクト比を持ち、10ポイントのマルチタッチ・ディレクトリのサポートも含んでいる。

 勿論、ARMアーキテクチャのプロセッサ向けのWindowsである、Windows on ARM(WoA)を搭載した、Galaxy Book Sラップトップは、32ビットのx86アーキテクチャのプロセッサ用のWindowsアプリをサポートしている。

 このGalaxy Book Sラップトップは、モバイル・ユーザ向けの、2台目の、極めて軽量なモバイル・デバイスになるだろう。

 モバイル・ユーザは、このGalaxy Book Sラップトップで、Microsoft Officeスイート、Webブラウザ、および、ストリーミング・ビデオやゲームなどの、エンターテインメント・アプリやサービスを利用できるようになる。

 このGalaxy Book Sラップトップには、アース・ゴールドとマーキュリー・グレーがあり、オーストラリアで、1699豪ドルで販売される。

Dt3b_20200221210001

 

Dt3a_20200221205801


 「Galaxy Books Sラップトップの紹介」ビデオ

 筆者らは、Galaxy Book Sラップトップの詳細が、提供されると、この記事をアップデートするだろう。

デル株式会社

世界のICTへの支出は、2020年には、4兆3000億ドルに達する見込みである。(2)'20.02.21

【世界のICTへの支出は、2020年には、4兆3000億ドルに達する見込みである。(2)】'20.02.21

 世界の情報と通信技術(ICT)への支出は、「デバイス」、「アプリ」、および、「ITサービス」への支出により導かれ、2020年には、4兆3000億ドルに達する見込みである。2020年2月18日

 By IDC

 IDCの、新たな予測によると、世界の情報と通信技術(ICT)への支出は、2020年には、2019年よりも、3.6%増加し、4兆3000億ドルになる見込みだという。

 商用と公共セクターの、情報技術(ハードウェア、ソフトウェア、および、ITサービス)、通信サービス、および、ビジネス・サービスへの支出は、2020年には、2兆7000億ドル近くになり、残りを、消費者からの支出が占めるようになる、見込みである。

   (続く)

 消費者のICTへの支出は、遥かに遅い、0.7%の年間平均増加率(CAGR)で成長し、5年間の予測期間に渡り、徐々にシェアを失うだろう。

 消費者のICTへの支出は、「モバイル通信サービス(データと音声)」と、「デバイス(スマートフォン、ノートブック、タブレットなど)」の購入によって支配される。

 4つの産業(銀行業、個別製造業、専門サービス、および、電気通信)のICTへの支出は、2020年に、すべての商用のICTへの支出の、40%をもたらすだろう。

 ITサービスは、銀行業の50%から、専門サービスの26%まで、4つの業界における、支出の、大きな部分を占めるだろう。

 銀行や個別製造業が、アプリに焦点を当てるのに対し、電気通信や専門サービスは、ICTの基盤に投資しがちであり、業界ごとに、投資の優先順位は異なるだろう。

 5年間の予測において、最も速く、ICTへの支出が増加する産業は、「専門サービス」(7.2%のCAGR)と「メディア」(6.6%のCAGR)になる見込みである。

 2020年における、すべてのICTへの支出の50%以上は、大規模な企業(従業員1,000人以上)からのものであり、中小企業(従業員10~99人)、および、中規模企業(従業員100~499人)のICTへの支出は、28%近くを占める見込みである。

 2020年における、あらゆる規模の企業全体の、ICTへの支出の割合は、大規模な企業(従業員1,000人以上)が54%で、中小企業(従業員500人未満)が35%になる見込みである。

 2020年における、ICTへの支出において、大規模な企業(従業員1,000人以上)は、「アプリ」と「基盤」への支出が、ほぼ同じになるが、中小企業は、「アプリ」に、より多くの投資をすることが予想される。

 IDCのWorldwide ICT Spending Guide Industry and Company Sizeは、調査に基づいた、120以上の技術カテゴリと、53カ国に渡る、ICTへの支出の、予想結果を紹介する。

 このIDCの、ICTへの支出ガイドは、国、業界、企業規模、および、技術の観点から、ICTへの支出の詳細な視野を提供する。

 包括的な支出ガイドは、IT意思決定者が、現在、および、今後、5年間における、ICTへの支出の方向を、明確に理解できるように設計されている。

デル株式会社

2020年2月20日 (木)

LenovoのYoga 5Gは、5Gをサポートした。最初の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップである。'20.02.20

【LenovoのYoga 5Gは、5Gをサポートした。最初の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップである。】'20.02.20

 LenovoのYoga 5Gは、5G移動体システムをサポートした、最初の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップである。2020年1月6日

Dt0a_20200220212401

 By Chaim Gartenberg

 Lenovoによると、Yoga 5Gは、Qualcommの8cxプロセッサと、X55 5Gモデムを搭載した、最初の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップになるという。

 CES 2020で、Lenovoは、Yoga 5Gラップトップを提供する、プロジェクトを紹介した。

 Yoga 5Gラップトップの外見は、Lenovoの他の、ミッドレンジのラップトップの外見と、あまり違いはない。

 しかし、筆者は、Yoga 5Gラップトップの内部仕様に、興味を持っている。

 Intelのx86アーキテクチャのプロセッサの代わりに、Lenovoは、Yoga 5Gラップトップに、ARMアーキテクチャの、QualcommのSnapdragon 8cxプロジェクトを採用した。

 LenovoのYoga 5Gは、QualcommのX55 5Gモデムと共に、ARMアーキテクチャのプロセッサである、QualcommのSnapdragon 8cxを採用した、同社の2番目のラップトップである。

 LenovoのYoga 5Gラップトップは、LTEと共に、ミリメートル波と、サブ6GHz 5Gネットワークをサポートするだろう。

Dt0b_20200220212701

 Lenovoによると、同社のYoga 5Gは、QualcommのSnapdragonプロセッサを搭載し、5Gをサポートした、最初のラップトップだという。

 確かに、現在、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップは、まだ、あまり多くないので、一般的なモバイル・ユーザに、受け入れられるかどうかを判断するのは、現時点では、難しいことである。

 一般のモバイル・ユーザにとって、Yoga 5Gは、スマートフォンやタブレットと同じ、ARMアーキテクチャの、Qualcommのプロセッサを搭載した、ラップトップの、興味深いテストケースになるだろう。

 消費電力の少ない、ARMアーキテクチャの、Qualcommのプロセッサを搭載した、Yoga 5Gは、同じプロセッサを搭載した、スマートフォンやタブレットのように、バッテリーの寿命が長く、5Gや4G LTEの移動体通信システムをサポートするので、モバイル・ユーザに、適している。

 Lenovoは、このYoga 5Gラップトップは、1回の充電で、24時間利用できることを、約束しているが、5Gを使用しているときに、24時間利用できるかどうかを、明らかにしていない。

 このYuga 5Gラップトップの仕様で、興味深いのは、プロセッサと、内臓5Gモデムだけで、光沢のない、14インチのFHD ISPディスプレイ、8GBのRAM、および、256GBか512GBのストレージといった、他の仕様は、従来の同じ価格帯のラップトップと、ほぼ、同じである。

 Yoga 5Gラップトップが、eSIMを使用するが、Yoga 5Gには、2つのUSB-Cポート、ヘッドフォン・ジャック、および、5Gをサポートするための、Nano SIMスロットがある。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップの種類や数が、まだ、少なく、普及していないことを考えると、性能や、アプリの互換性に課題があり、ARMアーキテクチャのプロセッサを採用した、ラップトップの技術は、完全かどうか、あるいは、普及するかどうかを判断することは難しい。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、MicrosoftのSurface Pro Xは、Windows 10で、ARMアーキテクチャのプロセッサをサポートする、開発者に、ソフトウェアで、課題を解決する方法を示している。

 ちなみに、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Samsung Galaxy Book Sラップトップは、このARMアーキテクチャのプロセッサを採用した課題を、すべて解決するために、発売日を遅らせている。

 5Gのサポートの不確実性と、ネットワーク標準との競合の課題があるので、Lenovoは、Yoga 5Gラップトップをサポートする、移動体通信キャリアを、まだ、発表していない。

 また、Lenovoの、Yoga 5Gラップトップには、テストされていない、次世代技術の多くが、使用されている。

 Lenovoは、このYoga 5Gラップトップを、2020年の春に、1499ドルで、発売する予定である。

 LenovoのARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップが、発売されたときに、一般的なユーザは、他のベンダが、ARMアーキテクチャのプロセッサを採用した、ラップトップを提供し、モバイル・ユーザの購入が増え、実績や評判が上がるまで、待つ必要があるだろう。

デル株式会社

Dell、HP、Lenovoの、代表的な製品は、何だろう?(3)'20.02.20

【Dell、HP、Lenovoの、代表的な製品は、何だろう?(3)】'20.02.20

 大手IT企業にとって、すべての新しい技術を、1つのデバイスで紹介できるような、決定的な製品を用意することが、なぜ、マーケティングの良いアイデアになるのだろう?2020年1月24日

 By Rob Enderle、eWEEK

 筆者は、今月、開催された、HP Power of Printイベントで、HPの技術の殆どを紹介する、代表的な製品や、コンセプト製品について考察した。

 HPの代表的な製品には、PC分野では、HP Elite Dragonflyラップトップがあり、プリンタ分野には、Color 3Dプリンタがある。

 しかし、HPのDragonflyラップトップとColor 3Dプリンタの2つを、ブレンドした製品はない。

 筆者は、DellとLenovoも、同様の問題を持っていると感じている。

 筆者は、代表的な製品を持っていることは、ITベンダにとっても、重要なことだと考えている。

      (続き)

3)Lenovo

 Lenovoは、2004年に、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載したPCを提供していた、IBMのPC部門を買収しており、2014年には、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載したサーバを提供していた、IBMのサーバ部門も買収している。

 また、Lenovoのユニークな点は、以前、Motorola製をプロセッサ搭載したPC、サーバ、スマートフォンを所有していたことのある、唯一のベンダであるということだ。

 Lenovoは、サービス・ビジネスへの移行を進んでいる。

 また、Lenovoは、ヘッドマウント・ディスプレイと、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持つ、ラップトップ、ThinkPad X1 Foldを開発した。

Eweek5m

 これは、新しいコンセプトの、最高のビジネス・ラップトップである。

 Lenovoは、Androidベースのスマートフォン、独自のディスプレイ技術、サービス、Windows 10ベースのThinkPad、および、サーバを、1つの製品に統合する必要があるだろう。

 Lenovoは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、5Gをサポートした、Windows 10ベースのラップトップ、Lenovo Yoga 5Gも、提供する予定である。

Eweek5l

参考:【Lenovoは、CES 2020で、世界初の5G PCである、Lenovo Yoga 5Gを発表した。】'20.01.27

 Lenovoは、クラウドを介して、スマートフォンやPCを、シームレスに統合し、例えば、ユーザが、ビデオ会議中に、必要に応じて、スマートフォンとPC間を、シームレスに連携できるようにした。

デル株式会社

2020年2月19日 (水)

世界のICTへの支出は、2020年には、4兆3000億ドルに達する見込みである。(1)'20.02.19

【世界のICTへの支出は、2020年には、4兆3000億ドルに達する見込みである。(1)】'20.02.19

 世界のICTへの支出は、デバイス、アプリ、および、ITサービスへの支出により、導かれ、2020年には、4兆3000億ドルに達する見込みである。2020年2月18日

 By IDC

 IDCの、新たな予測によると、世界の情報と通信技術(ICT)への支出は、2020年には、2019年よりも、3.6%増加し、4兆3000億ドルになる見込みだという。

 商用と公共セクターの、情報技術(ハードウェア、ソフトウェア、および、ITサービス)、通信サービス、および、ビジネス・サービスへの支出は、2020年には、2兆7000億ドル近くになり、残りを、消費者からの支出が占めるようになる、見込みである。

 さまざまな業界に渡る、企業や組織は、ビジネス・プロセスを変革するために、自分たちのデジタル変革プロセス、クラウド、モビリティ、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、ロボット、および、エッジ・コンピューティングにおける、ギアをシフトしている。

 ITへの支出は、デバイス(主に、スマートフォンとPC)、および、エンタープライズ・アプリの購入により、導かれ、2020年における、すべてのICTへの支出の、半分以上を占める見込みである。

 しかし、3種類の、ITサービスのカテゴリ(管理されたサービス、プロジェクト指向のサービス、および、サポート・サービス)は、2020年には、7500億ドル以上になる見込みである。

 アプリの開発&展開のカテゴリへの支出は、2019年から2023年までの、5年間の予測において、最も速く、年間平均増加率(CAGR)、11.1%で、増加することが予想される。

 通信サービスは、2020年に、すべてのICTへの支出の、1/3以上を占める見込みである。

 モバイル通信サービスは、固定電話サービスへの支出の次に多く、8590億ドル以上と、最大のカテゴリになる

 これらのカテゴリは、予測期間に、5%未満の年間平均増加率で、成長する見込みである。

 主な水平ビジネス・プロセスのアウトソーシング、および、ビジネス・コンサルティングを含む、「ビジネス・サービス」への支出は、2020年における、「ITサービス」への支出の、約半分の規模になる見込みである。

   (続く)

デル株式会社

Dell、HP、Lenovoの、代表的な製品は、何だろう?(2)'20.02.18

【Dell、HP、Lenovoの、代表的な製品は、何だろう?(2)】'20.02.18

 大手IT企業にとって、すべての新しい技術を、1つのデバイスで紹介できるような、決定的な製品を用意することが、なぜ、マーケティングの良いアイデアになるのだろう?2020年1月24日

 By Rob Enderle、eWEEK

 筆者は、今月、開催された、HP Power of Printイベントで、HPの技術の殆どを紹介する、代表的な製品や、コンセプト製品について考察した。

 HPの代表的な製品には、PC分野では、HP Elite Dragonflyラップトップがあり、プリンタ分野には、Color 3Dプリンタがある。

 しかし、HPのDragonflyラップトップとColor 3Dプリンタの2つを、ブレンドした製品はない。

 筆者は、DellとLenovoも、同様の問題を持っていると感じている。

 筆者は、代表的な製品を持っていることは、ITベンダにとっても、重要なことだと考えている。

      (続き)

2)HP

 HPは、よりシンプルであるが、代表的な製品は、世界最軽量のコンパクトな、ビジネス・コンバーチブル・ラップトップ、Dragonflyと、HP HP Color 3D プリンティング・ソリューションのブレンドになるだろう。

Eweek5i

 HP Color 3Dプリンティング・ソリューションを、ラップトップに組み込むことは、いつか、一般的になると思う。

Eweek5k



 「HPの3D Colorプリンティング・ソリューションの紹介」ビデオ

 Dragonflyコアを持つ必要はあるが、ラップトップの外観は、ユーザが、クリエーター向けの、HP Elite Dragonflyラップトップを購入する時に定義できる、HP Color 3Dプリンタで、作成できるようなるだろう。

 筆者が想像しているのは、ユーザが、外観を、HPのColor 3Dプリンタで印刷し、カスタマイズできるように設計された、ラップトップである。

 筆者は、これを、ハイパー・パーソナライズと呼んでいる。

 ユーザは、誰が、ラップトップの外観の、ベストのデザインを作成したかを競うことさえできるようになるかも知れない。

 ユーザは、多くのフォロワーを持つ、プロのクリエーターや、ゲーマーになるだろう。

 「HP Elite Dragonflyのレビュー」紹介ビデオ

      (続く)

デル株式会社

Qualcomm Snapdragon 7cを搭載した、Surface Go 2ラップトップの紹介(3)'20.02.19

【Qualcomm Snapdragon 7cを搭載した、Surface Go 2ラップトップの紹介(3)】'20.02.19

 ARMアーキテクチャの、新しいSnapdragon 7cプロセッサを搭載した、Microsoftの「Surface Go 2」は、手頃な価格のラップトップである。2020年1月20日

 By DANIEL RUBINO、Windows Central

Armdt2a_20200219130401

 ユーザが、知っておくべきのこと。

 最初に、Snapdragon 7cプロセッサを搭載した、ラップトップは、極めて、手頃な価格になる。

 2019年12月に、Qualcommは、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon用の、Windows 10を搭載した、ラップトップに搭載する、2種類の新しい、Snapdragonプロセッサ、「Snapdragon 7c」と「Snapdragon 8c」を発表した。

 ARMアーキテクチャのプロセッサ、QualcommのSnapdragon 7c、または、Snapdragon 8cを搭載した、MicrosoftのSurface Go 2は、2020年に発売される予定である。

Armdt2b_20200219131901


 また、Microsoftは、5G移動体通信システムをサポートした、ラップトップ、5G Surface Go 2シリーズも発売する。

 これら2種類の、ARMアーキテクチャのプロセッサ、「Snapdragon 7c」と「Snapdragon 8c」は、エントリ・レベルと、ミッドレンジのPC向けに開発され、AtomプロセッサとPentiumプロセッサに対抗するよう作成された。

 Microsoftは、新たなチップ、Snapdragon 7cを搭載した、エントリ・レベルのSurface Go 2を、約400ドルで、Snapdragon 8cを搭載した、ミッドレンジのSurface Go 2を、500ドルから800ドルで販売するようだ。

 これに対し、Microsoftの「Surface Pro X」は、ARMアーキテクチャの、カスタム・プロセッサ、「Microsoft SQ1」を搭載した、ハイエンドのラップトップである。

Armdt2g

         (続き)

 Qualcommは、Bluetooth 5.1、Wi-Fi 6、GPS、LPDDR4、および、ストレージ用のUFS 3.0を含む、多くの機能を、チップセットに組み込んでいく。

Armdt2d_20200219131301


 これらの機能は、すべて、より効率的なシステムに、付加される。

 Intelの今後の「Lakefield」プロセッサ製品は、Qualcommの「Snapdragon 7c」プロセッサに匹敵する可能性があり、さまざまな機能を、チップセットに組み込んでいくようだ。

 勿論、Microsoftは、さまざまなチップセットとシナリオをテストしており、さまざまな可能性を模索している。

 Microsoftは、当初、「Surface Go」を、「学校、子供、および、企業」に最適なラップトップとして開発した。

 Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサ・ベースのPCの推進は、主に、企業のモバイル・ユーザに焦点を当てていたが、現在では、教育市場にも、焦点を合わせている。

 Microsoftは、ハイエンドのARMアーキテクチャのプロセッサ(SQ1)を搭載した、ハイエンドのラップトップ、Suface Pro Xを、ヘビーなモバイル・ユーザ向けに、(Snapdragon 8c)を搭載した、ミッドレンジのラップトップ、Suface Go 2を、一般的なモバイル・ユーザ向けに、(Snapdragon 7c)を搭載した、ローエンドのラップトップ、Suface Go 2を、学校向けに、焦点を合わせるのかも知れない。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Surface Go 2ラップトップには、性能は劣るものの、低消費電力、薄くて、軽く、コンパクト、長いバッテリー寿命、内臓4G LTEモデム、より手頃な価格、といった、特徴があり、一般的なモバイル・ユーザや、学校の生徒は、あまりストレスなく、普通に、WindowsアプリやWebサービスを利用できるようになるだろう。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Surface Go 2は、今後、非常に興味深い、ラップトップになる可能性がある。

 Microsoftは、QualcommのSnapdragon 8cを搭載した、上位機種の、Surface Go 2や、5G Surface Go 2を提供することもできる。

 これは、Intelが、Core i5やi7プロセッサを持っているのと似ている。

Armdt2f


 また、Microsoftは、ARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサ(SQ1)を搭載した、ハイエンドのラップトップ、Suface Pro Xも提供する予定である。

 Microsoftが、どの戦略を選択するかどうかは、2020年の夏までに分かるだろう。

 筆者は、ARMアーキテクチャのプロセッサが、Windowsベースのデバイスに、より広く、採用されるようになり、より手頃な価格の、低消費電力の、コンパクトなラップトップが、一般的なモバイル・ユーザや学校に、普及することを期待している。

デル株式会社

2020年2月18日 (火)

Dell、HP、Lenovoの、代表的な製品は、何だろう?(1)'20.02.18

【Dell、HP、Lenovoの、代表的な製品は、何だろう?(1)】'20.02.18

 大手IT企業にとって、すべての新しい技術を、1つのデバイスで紹介できるような、代表的な製品を用意することが、なぜ、マーケティングの良いアイデアになるのだろう?2020年1月24日

 By Rob Enderle、eWEEK

 筆者は、今月、開催された、HP Power of Printイベントで、HPの技術の殆どを紹介する、代表的な製品や、コンセプト製品について考察した。

Eweek5_20200218213901


 HPの代表的な製品には、PC分野では、HP Elite Dragonflyラップトップがあり、プリンタ分野には、Color 3Dプリンタがある。

Eweek5e


 しかし、HPのDragonflyラップトップとColor 3Dプリンタの2つを、ブレンドした製品はない。

 筆者は、DellとLenovoも、同様の問題を持っていると感じている。

 筆者は、代表的な製品を持っていることは、ITベンダにとっても、重要なことだと考えている。

 自動車メーカでは、Audiは、同社の完全な能力を示す、Q8という、コンセプト・カーを持っている。

Eweek5a


 GMは、新しい、2020 Corvette、Fordは、Mustang Mach-Eという、代表的な車や、コンセプト・カーがある。

Eweek5b


 代表的なPCベンダは、完全なPC製品をイメージする、代表的なPCや、コンセプトPCを持っている。

1)Dell

 Dellのコンセプト製品は、定義するのが、最も難しい製品である。

 Dellは、最も多様な製品を持つ、最大のPCベンダである。

 Dellのコンセプト製品には、ゲーム向けの能力を持つ、Dell AlienwareゲーミングPCがある。

Eweek5d


 Dell AlienwareゲーミングPCのような、同社のコンセプト製品は、自社のサーバ、ストレージ、クラウド・サービス、Dell Cloudなどを活用している。

 Dellの、代表的な製品は、Dell Alienwareゲーミング・ノートPCや、オールインワン・ラップトップになるだろう。

Eweek5f

 

Eweek5g


 これらのソリューションを提供するために、クラウドにおいて、VMwareも活用するだろう。

 Dellは、モニタにも、焦点を合わせており、プラグ&プレイ経験を提供するためには、大きなスクリーン画面と5G接続が必要になる。

Eweek5h


 Dellは、エンタープライズ・クラスのベンダで、クラウド・サービスのプロバイダであり、ワークステーションにおける、リーダでもある。

 このクラウドとの結合で、オールインワン・ラップトップが、信じられない性能で、ワークステーションとして、機能できるようにするだろう。

 ワークステーション、シンクライアント、オールインワンは、Dellセキュリティで保護された、Dellクラウドと、強力に結合するので、クラウドのリソースを活用することで、ワークステーションとゲームの性能の両方を包括する、デュアル・パーソナリティを備えている。

   (続く)

デル株式会社

Qualcomm Snapdragon 7cを搭載した、Surface Go 2ラップトップの紹介(2)'20.02.18

【Qualcomm Snapdragon 7cを搭載した、Surface Go 2ラップトップの紹介(2)】'20.02.18

 ARMアーキテクチャの、新しいSnapdragon 7cプロセッサを搭載した、MicrosoftのSurface Go 2は、手頃な価格のラップトップである。2020年1月20日

 By DANIEL RUBINO、Windows Central

Armdt2a_20200218153601


 ユーザが、知っておくべきのこと。

 最初に、Snapdragon 7cプロセッサを搭載した、ラップトップは、極めて、手頃な価格になる。

 2019年12月に、Qualcommは、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon用の、Windows 10を搭載した、ラップトップに搭載する、2種類の新しい、Snapdragonプロセッサ、「Snapdragon 7c」と「Snapdragon 8c」を発表した。

 ARMアーキテクチャのプロセッサ、QualcommのSnapdragon 7c、または、Snapdragon 8cを搭載した、Microsoftの「Surface Go 2」は、2020年に発売される予定である。

 また、Microsoftは、5G移動体通信システムをサポートした、ラップトップ、「5G Surface Go 2」シリーズも発売する。

 これら2種類の、ARMアーキテクチャのプロセッサ、「Snapdragon 7c」と「Snapdragon 8c」は、エントリ・レベルと、ミッドレンジのPC向けに開発され、AtomプロセッサとPentiumプロセッサに対抗するよう作成された。

 Microsoftは、新たなチップ、「Snapdragon 7c」を搭載した、エントリ・レベルの「Surface Go 2」を、約400ドルで、「Snapdragon 8c」を搭載した、ミッドレンジの「Surface Go 2」を、500ドルから800ドルで販売するようだ。

 これに対し、Microsoftの「Surface Pro X」は、Qualcommと連携して開発した、ARMアーキテクチャの、カスタム・プロセッサ、「Microsoft SQ1」を搭載した、ハイエンドのラップトップである。

Armdt2g

         (続き)

 ARMアーキテクチャのプロセッサ、「Snapdragon 7c」、または、「Snapdragon 8c」を搭載した、Microsoftの「Surface Go 2」ラップトップには、ハイエンド仕様の、前面スピーカー、マグネシウム・シャーシ、ヒンジ・スタンド、MicroSDスロット、および、「Windows Hello」対応の赤外線カメラなどが、装備されている。

 Microsoftが、100ドルの「Surface Goキーボード」が、同梱されていない、「Surface Go 2」の価格を、400ドルに下げることができるのは驚くべきことである。

 ただし、Qualcommの、ARMアーキテクチャのプロセッサ、「Snapdragon 7c」は、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサ、「Pentium Gold」や、新しい「AMD Athlon」と比較すると、これらのプロセッサ・チップの価格は、同レベルのようだ。

 ただし、Microsoftが、Surface Go 2で、ARMアーキテクチャのプロセッサを採用することを検討している場合、これは重要である。

 ARMを使用した、「Surface Pro X」の設計で見たように、Microsoftは、4G LTEを、オプションで組み込んでも、「Surface Go 2」を、非常に薄く、作成できるようだ。

 また、4G LTEオプションを組み込まないことで、Microsoftは、Surface Go 2を、400ドルに抑えるようだ。

・QualcommのSnapdragon 7cプロセッサ

Armdt2d


 Intel、または、AMDの「x86アーキテクチャ」のプロセッサの代わりに、「ARMアーキテクチャ」の、Qualcommの「Snapdragon 7c」プロセッサを使用する、他の利点は、8コア・チップだということもある。

 ちなみに、IntelのPentium Gold 4415Y、Pentium Gold 6405U、および、AMDの同等のAthlon Gold 3150Uは、デュアルコア・チップである。

・マルチコアのテストでの、ベンチマークの結果

Geekbench 4.0 (CPU) (高いほど良い)

ラップトップ        CPU    シングルコア  マルチコア

Surface Go                Pentium 2,078     3,934
Surface 3                 Atom x7 1,078     2,777
HP Envy x2               (ARM)SD835 2,111     6,314
Samsung Galaxy Book2     (ARM)SD850 2,262     7,405
Samsung Galaxy Book2     (x86)SD850 1,345     4,164
Surface Pro X            (ARM)SQ1 3,505     11,727
Surface Pro X            (x86)i5-8250U 2,182      6,822

 ちなみに、微細加工寸法は、IntelとAMDのx86アーキテクチャのプロセッサ(PentiumやAtom)が、14nmであるのに対し、ARMアーキテクチャの、Qualcommの「Snapdragon 7c」は、わずか8nmである。

   (続く)

デル株式会社

大分マリーンパレス水族館(うみたまご)の紹介

【大分マリーンパレス水族館(うみたまご)の紹介】'20.02.18

 大分県の大分市で、遥か昔、第3代大分市長をされていた、上田 保氏が、市長退任後に設立した、「大分マリーンパレス水族館(うみたまご)」のホームページを紹介します。

 大分マリーンパレス水族館(うみたまご)

 上田氏は、ニホンザルに餌付けを行い、「高崎山自然動物園」を設立し、作物を食い荒らしていたニホンザルを、観光資源にされた、「アイデア市長」として、知られています。

 高崎山自然動物園

 また、大分市の移動手段や輸送手段も、整備されました。

 上田氏は、弁護士で、「趣味の法律」という、法律案内書を出版しています。

 上田氏を紹介した、【「ロマンを追って、元大分市長」上田保物語】という、エッセイもあります。

 「ロマンを追って、元大分市長」上田保物語の紹介

2020年2月17日 (月)

Qualcomm Snapdragon 7cを搭載した、Surface Go 2ラップトップの紹介(1)'20.02.17

【Qualcomm Snapdragon 7cを搭載した、Surface Go 2ラップトップの紹介(1)】'20.02.17

 ARMアーキテクチャの、新しいSnapdragon 7プロセッサを搭載した、MicrosoftのSurface Go 2は、手頃な価格のラップトップである。2020年1月20日

 By DANIEL RUBINO、Windows Central

Armdt2a_20200217205701

 ユーザが、知っておくべきのこと。

 最初に、Snapdragon 7cプロセッサを搭載した、ラップトップは、極めて、手頃な価格になる。

 2019年12月に、Qualcommは、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon用の、Windows 10を搭載した、ラップトップに搭載する、2種類の新しい、Snapdragonプロセッサ、「Snapdragon 7c」と「Snapdragon 8c」を発表した。

 ARMアーキテクチャのプロセッサ、QualcommのSnapdragon 7c、または、Snapdragon 8cを搭載した、MicrosoftのSurface Go 2は、2020年に発売される予定である。

 また、Microsoftは、5G移動体通信システムをサポートした、ラップトップ、5G Surface Goシリーズも発売する。

 2019年12月に、Qualcommは、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon用の、Windows 10を搭載した、ラップトップに搭載する、2種類の新しい、Snapdragonプロセッサ、「Snapdragon 7c」と「Snapdragon 8c」を発表した。

 これら2種類の、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 7cとSnapdragon 8cは、エントリ・レベルと、ミッドレンジのPC向けに開発され、AtomプロセッサとPentiumプロセッサに対抗するよう作成された。

 これら2種類の、ARMアーキテクチャのプロセッサ、Snapdragon 7cとSnapdragon 8cは、Intelのミッドレンジとエントリ・レベルの、Atomプロセッサと、Pentiumプロセッサに対抗するよう、作成された。

 Microsoftは、新たなチップ、Snapdragon 7cを搭載した、エントリ・レベルのSurface Go 2を、約400ドルで、Snapdragon 8cを搭載した、ミッドレンジのSurface Go 2を、500ドルから800ドルで販売するようだ。

 これに対し、Microsoft Surface Pro Xは、ARMアーキテクチャの、カスタム・プロセッサ、Microsoft SQ1を搭載した、ハイエンドのラップトップである。

 ARMアーキテクチャの、新たなSnapdragon 7cと、Snapdragon 8cプロセッサを搭載した、他のベンダの、Windows 10ベースのラップトップも、300ドルから、600ドルと、極めて、手頃な価格で販売されている。

Armdt2b_20200217205801

 例えば、Qualcomm Snapdragon 7cを搭載した、Windows 10ベースのラップトップ、「JP.IK Turn T101」は、300ドルで販売され、Qualcomm Snapdragon 8cを搭載した、Windows 10ベースのラップトップ、「Positivo Wise N1212S」は、575ドルで販売されている。

 これらの、Qualcomm Snapdragon 7cか8cを搭載した、Windows 10ベースの、手頃な価格のラップトップは、主に、教育市場で販売される。

 特に、学校向けに構築された、低価格のWindowsベースのラップトップは、Intelのx86プロセッサではなく、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載しており、ベゼルが厚く、硬いプラスチックの素材を使用し、従来の液晶ディスプレイのような、ローエンドの仕様のスクリーン画面を特徴にしている。

 これらの学校向けの、Windows 10ベースのラップトップは、学校の生徒から、教室で、乱暴に扱われても、大丈夫なように、頑丈な素材で、作成されている。

 ARMアーキテクチャの、Qualcommの、Snapdragon 7cか8cプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのラップトップは、IntelやAMDの、ローエンドのx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップと競合する。

 Intelのx86アーキテクチャの「Pentium Gold 4415Y」プロセッサを搭載した、オリジナルの「Microsoft Surface Go」は、「JP.IK Turn T101」と比較して、ハイエンドな仕様である。

Armdt2c


 Microsoft Surface Goの、1800x1200dpiの液晶ディスプレイ、(IPS:In Plane Switching)ディスプレイは、スタイラスペンで、書き込むことができる。

 このIPSディスプレイは、Microsoft Surface Goラップトップの、最も高価な部品の1つである。

         (続く)

デル株式会社

スマートフォンは、2025年に、どのように見えるのだろう?(2)'20.02.17

【スマートフォンは、2025年に、どのように見えるのだろう?(2)】'20.02.17

 SamsungのGalaxy Foldスマートフォンは、折り畳みできる、スクリーン画面の欠陥が修正され、再度、販売されるようになる。2020年2月3日

 By Simon Hill、digital trend

 スマートフォンは、我々の日常生活において、重要な役割を演じ続けているが、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持つ、スマートフォンのように、従来のデザインから、大きく変化している。

 おそらく、スマートフォンのデザインや機能の進化は、スマートフォンの潜在能力を、最大限に発揮できるようにし、さらに、使いやすくした。

 スマートフォンの、いくつかのトレンドは、2020年に、頂点に達するかも知れない。

 スマートフォンは、今後、5年間で、どのように変化していくのだろう?

    (続き)

5)「ボタンの無い」スマートフォンのデザインが、トレンドの1つになるかも知れない。

 HTC U12 Plusスマートフォンを使用した人は、「ボタンの無い」、スマートフォンの利点について議論できるが、この「ボタンレス経験」を提供するデザインは、急速に採用されている技術の1つである。

 Sentonsは、HTCのU12 Plusスマートフォンの「ボタンレス経験」技術を提供した、ベンダであり、わずか6ヶ月後に、ASUS ROG Phone 2スマートフォンの、「ボタンレス経験」を提供する、タッチ・センシティブ技術を提供していた。

Dt7d_20200217135501


 圧電センサーと超音波、および、ひずみゲージを組み合わせることにより、指の位置を検出し、表面のひずみに基づいて、力を測定できるようにする技術が、利用できるようになったので、スマートフォンの本体から、物理的な「ボタン」(電源ボタンや音量ボタンなど)を、なくすことが、今後の、スマートフォンのデザインの傾向の1つになるかも知れない。

 これにより、スマートフォン・メーカは、従来の「物理的なボタン」の機能を持つ、「仮想的なボタン」を、スマートフォンの周囲に、ソフトウェアで定義し、配置できるようになる。

 CES 2020で、Sentonsのデモを試してみると、「ボタンレス経験」技術は驚くほど、きめ細かく制御できることが分かったが、常に、完全に機能している訳ではなかった。

 「Sentonsのソフトウェア定義ボタン技術の紹介」ビデオ

 ただし、「ボタンのない未来」を、CES 2020で語っているのは、Sentonsだけではなかった。 

6)折り畳むことのできる、スクリーン画面を持ち、タブレット的にも、クラムシェル的にも、スマートフォン的にも、利用できるようになる。

Dt1z


 将来のスマートフォンの、形態の1つには、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持ち、タブレット的にも、クラムシェル的にも、スマートフォン的にも、利用できるようになり、さまざまな目的で、利用できる、フォルダブルなスマートフォンがある。

 ユーザは、タッチ操作、スタイラスペン、キーボード、マウス、あるいは、音声コマンドといった、さまざまな入力方法で、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持つ、スマートフォンを、さまざまな目的に、利用できるようになる。

デル株式会社

2020年2月16日 (日)

Microsoftは、今春、開催されるイベントで、Surface Book 3とSurface Go 2を発表した。'20.02.16

【Microsoftは、今春、開催されるイベントで、Surface Book 3とSurface Go 2を発表した。】'20.02.16

 Microsoftは、今春、開催されるイベントで、Surface Book 3とSurface Go 2を発表した。2020年2月14日

 By Arif Bacchus、digital trends

 Microsoftは、2019年の秋に、発売する予定であった、Surface Pro 7、Surface Laptop 3、および、Surface Pro Xを、数カ月、遅らせて、発売すると発表した。

 Petri.comのBrad Sams氏によると、Microsoftは、今春、ニューヨークで開催される、イベントで、新しいSurfaceラップトップのシリーズを発表した。

 このシリーズで、新たに発売される、モデルには、Surface Book 3とSurface Go 2がある。

 Brad Sams氏のレポートによると、Surface Book 3とSurface Goが、主なデザインのオーバーホールは、特徴としていないが、Surface Book 3には、新たな内部的な変更が、行われているという。

Dt1a_20200216204501


 この変更には、バッテリーの充電方法も、含まれるという。

 このSurface Book 3には、第10世代の、Intelプロセッサと、Nvidiaの16シリーズのGTXグラフィクス・カードが、搭載されている。

 現在、Surface Book 2からSurface Book 3への、大きなアップグレードは、第8世代の、クアッド・コア、Intelプロセッサを採用したことである。

 Microsoftは、2019年4月に、このSurface Book 3を、発売する予定である。

 これは、強力なSurface Book 3モデルの発売の、以前の噂の、確認である。

 Sams氏によると、Surface Book 3ラップトップは、Intelの第10世代のプロセッサと、Nvidia Quadroシリーズのグラフィクスを搭載し、ハイエンドの、15インチのスクリーン画面を持っているという。

 このSurface Book 3ラップトップには、ソリッド・ステート・ドライブのストレージ(最大、1TB)が、RAM(16GBから、32GB)が、装備されている。

 このSurface Book 3ラップトップの価格は、13.5インチのディスプレイを持つ、モデルが、1400ドルからになる見込みである。

 Sams氏によると、より小さな、Surface Go 2には、Intelの、Pentium Goldプロセッサ、または、Intel Core Mシリーズのプロセッサが、搭載される予定だという。

 ただし、Surface Go 2の、最新モデルの価格は、400ドルからであるが、このモデルのデザインは、前世代のモデルと、同じである。

Dt1b_20200216204701


 Sams氏によると、Surface Go 2ラップトップには、ARMアーキテクチャに基づいた、カスタム・プロセッサである、QualcommのSoCが、搭載されているという。

 Surface Go 2ラップトップには、Qualcommの、7cチップセットが、使用されている。

 発売のタイミングは、明らかにされていないが、Microsoftは、2019年4月に、Surface Book 2ラップトップを、リフレッシュした。

 オリジナルの、Surface Book 2ラップトップは、2017年11月に発売され、Surface Goラップトップは、2018年7月に発売された。

 これらの、Surface Book 2と、Surface Go 2の、ラップトップには、より古い世代の、Intelプロセッサが搭載されている。

 Surface Book 2と、Surface Go 2のアップグレードは、長い間、延期されている。

 Surface Book 3と、Surface Go 2に加え、Sams氏は、Microsoftが、今春の、ハードウェア・イベントを使用して、新たなラップトップだけでなく、Surface Earbuds、無線イヤフォンなど、他のデバイスを紹介すると報告した。

 本来、2019年10月に、発売される予定であった、Surface Book 3の発売は、遅れており、発売日は、発表されていない。

 Microsoftは、Surface Book 3の発売に続いて、Surface Headphoneを発売する。

デル株式会社

ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(4)'20.02.16

【ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(4)】'20.02.16

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、多くのサーバが、データセンターに設置されるようになるかも知れない。 2019年11月27日

 By diginomica

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、膨大な数のサーバが、クラウド・サービスを提供するために、データセンターに設置され、高性能コンピューティング(HPC)に取って代わるようになるかも知れない。

 高性能コンピューティング(HPC)、および、AIのワークロードを加速する、グラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、ARMサーバに関する、SC19イベントでの、最近のNVIDIAとMicrosoftの発表は、多くの企業の、関心を呼ぶだろう。

Armdt1a_20200216110201

 NVIDIAは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、同社のグラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、参照設計サーバを構築した。

 クラウド・サービスを提供する、データセンターには、コンピューティング処理の負荷に合わせて、稼働台数を増減できるよう、膨大な数の、低消費電力で、コンパクトで、高性能なサーバを設置する必要がある。

 このため、現代のデータセンターに設置される、サーバは、長い間、Intelによって製造されてきたが、ワークロードの多様性の増大、x86プロセッサの性能向上の、この10年間の減速により、サーバ設計者、プラットフォーム開発者、クラウド・サービス・プロバイダなどが、サーバに搭載する、代替プロセッサを探している。

 これまで、サーバ市場を支配してきた、汎用CPU(Intelのx86アーキテクチャのプロセッサ)は、特定のワークロードを高速化するように設計された、カスタム・プロセッサによって、補完、あるいは、置き換えられている。

   (続き)

 「Appereed Micro」の64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサ「X-Gene」を搭載した、サーバの設計を復活させた、スタートアップである、「Ampere」は、間もなく、7nmプロセス・ノードを活用して、最大80コアを実現可能にする、第2世代の製品を紹介する。

Armdt1a_20200216110401


 この第2世代の製品で、Ampereは、単に、エントリー・レベルのアプリをターゲットにするだけでなく、データベースや分析といった、クラウド・ワークロードの要求も、ターゲットにする。

 DataCenter Knowledgeの製品担当副社長によると、クラウド・オペレーターは、より低消費のサーバを望んでおり、「x86アーキテクチャのプロセッサ・チップの性能効率(ワット当り)が、十分に改善されていない。」と述べたという。

 同製品担当副社長によると、ARMアーキテクチャのRISCプロセッサは、x86アーキテクチャのCISCプロセッサよりも、消費電力や発熱が少なく、コンピューティング処理の負荷に応じて、サーバの稼働台数を増減でき、超大規模なクラウド展開における、スケーリングのニーズを満たしているという。

 また、ARMアーキテクチャをベースにした、カスタム・プロセッサは、性能が改善されてきた。

 Marvellは、最近、「ThunderX」と呼ばれる、ARMアーキテクチャに基づいた、サーバ用のカスタマイズ可能なプロセッサ、「システム・オン・チップ(SoC)」のロードマップをアップデートして、第3世代の「7nm製品」を、おそらく、2020年前半に、また、第4世代の製品を、2年後に、供給する予定であることを発表した。

Armdt1c


 同社の目標は、プロセスのスケーリング、より大きなキャッシュサイズ、より良い分岐予測、および、より洗練された電力管理といった、アーキテクチャと命令セットの改善を組み合わせることで、第4世代のカスタマイズ可能な、「システム・オン・チップ(SoC)」製品の性能を、第3世代の製品の性能の、2倍以上にすることである。

   (続く)

デル株式会社

2020年2月15日 (土)

スマートフォンは、2025年に、どのように見えるのだろう?(1)'20.02.15

【スマートフォンは、2025年に、どのように見えるのだろう?(1)】'20.02.15

 SamsungのGalaxy Foldスマートフォンは、折り畳みできる、スクリーン画面の欠陥が修正され、再度、販売されるようになる。2020年2月3日

Dt7a_20200215212601

 By Simon Hill、digital trendsT

 スマートフォンは、我々の日常生活において、重要な役割を演じ続けているが、2019年には、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持つ、スマートフォンのように、従来のデザインから、大きく変化している、機種も登場した。

 おそらく、スマートフォンのデザインや機能の進化は、スマートフォンの潜在能力を、最大限に発揮できるようにし、さらに、どこに居ても、ユーザは、さまざまな用途に利用できるようになるだろう。

 スマートフォンを、さまざまな目的で、便利に利用できるようにする、いくつかのトレンドは、2020年に、頂点に達するかも知れない。

 「スマートフォンは、今後、5年間で、どのように変化していくのだろう?」

1)オーディオ・ジャックやヘッドフォン・ポートを排除する。

 Appleは、標準の3.5mmのオーディオ・ジャックを排除する、プロトタイプを作成し、iPhone 7で、ヘッドフォン・ポートを排除した。

Dt7b_20200215212501


 この後に、他のスマートフォンのベンダも、これに従い、オーディオ・ジャックを排除した。

 標準のヘッドフォンのポートは、新しく作成される、スマートフォンには、なくなるようだ。

 AppleのAirPodsや他のBluetoothヘッドフォンが、多くのユーザに利用されるようになれば、Appleが、標準の3.5mmのオーディオ・ジャックを排除したことで、恩恵を受けるのは、メーカだけではない。

 オーディオの品質の他に、無線のイヤフォンやヘッドフォンが、従来のコードの付いた、イヤフォンやヘッドフォンよりも、快適に、利用できるようになる。

2)無線のバッテリー充電が、より一般的になる。

 Androidベースのスマートフォンのメーカ、特に、Samsungは、無線のバッテリー充電への移行で、リードしている。

 無線のバッテリーが、改善されてきので、今日の無線のバッテリー充電は、最早、正確な配置を必要とせず、より高速に充電できるようになる。

 Appleは、無線のバッテリー充電のトレンドに乗ったので、無線のイヤフォンやヘッドフォンのように、他のスマートフォンのメーカも、無線のバッテリー充電を採用するようになるだろう。

 我々の多くは、既に、家庭で、無線のバッテリー充電を使用している。

 筆者は、これからのスマートフォンには、無線のイヤフォン、ヘッドフォン、スピーカ、無線のバッテリ充電などが、利用されるようになるので、イヤフォン・ジャックや、充電ポートがなくなると考えている。

 我々は、既に、指紋センサーを持つ、スマートフォンを利用しているので、スマートフォンには、ボタンやスイッチが、不要になる。

 同様に、無線のバッテリー充電や、Bluetoothヘッドフォンが、よりポピュラーになり、ポートが排除されるようになる。

 物理的なボタンは、イヤフォンのポートと、同様の問題の多くを、持っている。

3)スマートフォンの本体から、ボタンやセンサーなどのデコボコが無くなる。

 指紋センサーも、スクリーン画面の中に、埋め込まれるようになるので、ボタンやデコボコがなくなり、スッキリしたデザインになる。

 顔認証で、スマートフォンを、アンロックする方法は、指紋認証で、スマートフォンを、アンロックする方法よりも、摩擦がなく、認証が、容易で、確実になる。

4)顔認証による、アンロックが、より一般的になる。

 Pixel 4スマートフォンは、存在の検出や、顔認証による、アンロックの組み合わせを、特徴にしている。

Dt7c_20200215212901


 顔認証機能で、ユーザは、顔の前に、Pixel 4スマートフォンをかざすだけで、スマートフォンを、アンロックできるようになるので、ボタンを押す必要はなくなる。

 勿論、ユーザは、従来のスマートフォンのスクリーン画面で、行うことのできるのと、同じ、ジェスチャー操作やタッチ操作で、Pixel 4スマートフォンを操作することができる。

5)Google Assistantデジタル・アシスタントといった、 音声対応デジタル・アシスタントが、より適切に、ユーザを補助し、支援するようになる。

 より文脈的に、ユーザの要求を認識し、ユーザの行動に関して、学習するので、ハードウェア、ソフトウェア、および、物理的なユーザ・インタフェースが、オンデマンドになる。

     (続く)

デル株式会社

ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(3)'20.02.15

【ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(3)】'20.02.15

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、多くのサーバが、データセンターに設置されるようになるかも知れない。2019年11月27日

 By diginomica

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、膨大な数のサーバが、クラウド・サービスを提供するために、データセンターに設置され、HPCに取って代わるようになるかも知れない。

 高性能コンピューティング(HPC)、および、AIのワークロードを加速する、グラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、ARMサーバに関する、SC19イベントでの、最近のNVIDIAとMicrosoftの発表は、多くの企業の、関心を呼ぶだろう。

Armdt1a_20200215114901
 NVIDIAは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、同社のグラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、参照設計サーバを構築した。

 クラウド・サービスを提供する、データセンターには、コンピューティング処理の負荷に合わせて、稼働台数を増減できるよう、膨大な数の、低消費電力で、コンパクトで、高性能なサーバを設置する必要がある。

 このため、現代のデータセンターに設置される、サーバは、長い間、Intelによって製造されてきたが、ワークロードの多様性の増大、x86プロセッサの性能向上の、この10年間の減速により、サーバ設計者、プラットフォーム開発者、クラウド・サービス・プロバイダなどが、サーバに搭載する、代替プロセッサを探している。

 これまで、サーバ市場を支配してきた、汎用CPU(Intelのx86アーキテクチャのプロセッサ)は、特定のワークロードを高速化するように設計された、カスタム・プロセッサによって、補完、あるいは、置き換えられている。

 例えば、Microsoftは、Microsoft Azureクラウド・プラットフォーム用のサーバに、ARMアーキテクチャに基づいた、SQ1カスタム・プロセッサ・チップを搭載した。

 このARMアーキテクチャに基づいた、MicrosoftのSQ1カスタム・プロセッサは、QualcommのSnapdragonとAIアクセラレータをベースにして、構築されている。

 また、実際に、より低消費電力で、コンパクトな、ARMアーキテクチャに基づいた、プロセッサを搭載した、サーバも、増えている。

     (続き)

 コア技術は、CPUのリソースを必要とせずにできる、GPUノード間の新しい通信プロトコルである。

 NVIDIAとの連携により、Microsoftは、最も強力なGPUアクセラレーション・コンピューティングを導入することで、クラウドにとって、負荷が大きすぎないことを実証した。

 「NDv2」インスタンスには、NVLinkを介して接続された、8つのNVIDIA V100 TensorコアGPUが含まれ、それぞれ、32GBのメモリ、40 Xeon Platinum 8168プロセッサ・コア、672 GBのシステム・メモリが搭載されている。

 「NDv2」インスタンスを組み合わせて、途方もない大きさの、スーパー・コンピュータを作成できる。

 例えば、MicrosoftとNVIDIAは、クラスター内の64個のNDv2インスタンスを使用して、一般的な会話型言語処理AIモデルである、「BERT」を、約3時間で、トレーニングすることができた。

 また、データセンター・プラットフォームとして、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの導入が増えていることを示しており、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの実装技術が、大幅に改善されてきている。

 例えば、Amazon Web Services(AWS)は、Webサーバ、コンテナ化された、マイクロ・サービス、コンテンツのキャッシュ、分散データベース、クラウド・ストレージ、および、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネーティブなアプリといった、さまざまなワークロード向けに、従来のx86アーキテクチャのプロセッサ・ノードよりも、最大45%安い、ARMアーキテクチャをベースにした、専用の「Graviton」カスタム・プロセッサを使用した、「AWS A1」インスタンスが、一般的に、利用できるようになる。

Armdt1b

AWSのGravitonプロセッサ

・AWSの最初のARMアーキテクチャ・ベースのカスタム・プロセッサである。
・EC2のファースト・クラスの市民である。
・50億個のトランジスターを搭載している。
・16nm

AWSのGraviton 2プロセッサ

・vCPU x 4倍
・CPU性能 x 7倍
・vCPU当りの性能 2倍
・300億個のトランジスター
・7nm

 この「AWS A1」インスタンスは、Red Hat、SUSE、Ubuntu、Amazon Linux 2といった、多くのLinuxディストリビューション、および、いくつかのコンテナ・ランタイムでサポートされている。

   (続く)

デル株式会社

ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(2)'20.02.15

【ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(2)】'20.02.15

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、多くのサーバが、データセンターに設置されるようになるかも知れない。2019年11月27日

 By diginomica

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、膨大な数のサーバが、クラウド・サービスを提供するために、データセンターに設置され、HPCに取って代わるようになるかも知れない。

 高性能コンピューティング(HPC)、および、AIのワークロードを加速する、グラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、ARMサーバに関する、SC19イベントでの、最近のNVIDIAとMicrosoftの発表は、多くの企業の、関心を呼ぶだろう。

Armdt1a_20200215114901 NVIDIAは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、同社のグラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、参照設計サーバを構築した。

 クラウド・サービスを提供する、データセンターには、コンピューティング処理の負荷に合わせて、稼働台数を増減できるよう、膨大な数の、低消費電力で、コンパクトで、高性能なサーバを設置する必要がある。

 このため、現代のデータセンターに設置される、サーバは、長い間、Intelによって製造されてきたが、ワークロードの多様性の増大、x86プロセッサの性能向上の、この10年間の減速により、サーバ設計者、プラットフォーム開発者、クラウド・サービス・プロバイダなどが、サーバに搭載する、代替プロセッサを探している。

 これまで、サーバ市場を支配してきた、汎用CPU(Intelのx86アーキテクチャのプロセッサ)は、特定のワークロードを高速化するように設計された、カスタム・プロセッサによって、補完、あるいは、置き換えられている。

 例えば、Microsoftは、Microsoft Azureクラウド・プラットフォーム用のサーバに、ARMアーキテクチャに基づいた、SQ1カスタム・プロセッサ・チップを搭載した。

 このARMアーキテクチャに基づいた、MicrosoftのSQ1カスタム・プロセッサは、QualcommのSnapdragonとAIアクセラレータをベースにして、構築されている。

 また、実際に、より低消費電力で、コンパクトな、ARMアーキテクチャに基づいた、プロセッサを搭載した、サーバも、増えている。

    (続き)

 最近、サーバやラップトップPCに、サーバ、デスクトップPC、および、ラップトップPCの分野で、支配的であった、x86アーキテクチャ(CISC)のプロセッサではなく、スマートフォンやタブレットといった、モバイル・デバイスの分野で、支配的であった、ARMアーキテクチャ(RISC)のプロセッサを採用する、ベンダが、増えてきた。

 x86アーキテクチャ(CISC)には、性能の利点があり、ARMアーキテクチャ(RISC)には、低消費電力の利点がある。

 また、データセンターのサーバには、コンピューティング処理の負荷に合わせて、サーバの稼働台数を増減できること、低消費電力で、発熱が少ないことが、要求されているので、アプリを再コンパイルする必要はあるが、ARMアーキテクチャ(RISC)のプロセッサを採用することが、模索されている。

 さらに、ARMアーキテクチャのプロセッサは、カスタマイズすることができ、性能も改善され、4G(LTE)や5Gのモデムを、組み込まれている、チップ・セットもあるので、「WindowsベースのラップトップPC」にも、採用され始めている。

 データセンターのサーバは、ビッグデータ&分析、科学技術計算、ソーシアル・ネットワーク、オンライン・マーケティングなど、さまざまな、クラウド・ベースのアプリの実行に使用されており、コンピューティング負荷は、常に、変化している。

 このため、データセンターでは、負荷に合わせて、コンピューティング・リソースを増減させている。

 高性能コンピューティング(HPC)は、プロセッサ、分散ソフトウェア管理、アプリ開発フレームワーク、ライブラリなどの分野において、革新を促してきた。

 しかし、最近、Crayが支配していた、HPC市場は、NVIDIA、ARM、および、クラウド・ベンダによって、混乱されている。

 x86アーキテクチャのプロセッサが、支配してきた、サーバ分野も、ARMアーキテクチャのプロセッサを使用する、ワークフロー最適化システムの出現により、ハードウェアが、多様化されることが、期待されている。

 CUDA-Xソフトウェア・ライブラリと開発ツールを、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバに移植する作業に基づいて、NVIDIAは、HPCアプリを高速化するために、NVIDIA GPUを使用し、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、「サーバの参照デザイン」を作成した。

 EBACと呼ばれる、「サーバの参照デザイン」は、イーサネットI/Oカードや、SSDドライブ・コネクタを含む、シャーシ内のNVLinkファブリックを介して、8つのトップエンドの「V100 Volta GPU」を搭載しており、クラウド・オペレータ向けのNVIDIAの「HGXラック・システム」に、非常に似たものになっている。

 NVIDIAは、ARMアーキテクチャのプロセッサを採用したサーバに、「NVIDIA GPU」を搭載することで、超大規模なクラウド基盤を構築し、運用できるよう、コンピューティング処理性能を、さらに向上できるようにする。

 NVIDIAによると、「Magnum IO」と呼ばれる、高速I/Oアーキテクチャと、サポート・ソフトウェア、および、「NVIDIA GPU」を搭載したサーバを使用することで、分散クラスタで実行されるデータ集約型のアプリの性能を、最大20倍向上させることができるようになるという。

   (続く)

デル株式会社

2020年2月14日 (金)

消費者は、クリック&コレクト販売サービスに、誘惑され続けている。'20.02.14

【消費者は、クリック&コレクト販売サービスに、誘惑され続けている。】'20.02.14

 クリック&コレクト販売サービスは、これを試みている、消費者間で、急速に、人気が上がっている。2020年2月12日

 by Rimma Kats、eMarketer

 クリック&コレクト販売サービスとは、オンラインで、商品を注文して、実店舗や宅配ボックス、ドライブ・スルー、歩道など、自宅以外の場所で、商品を受け取る、ショッピング方法である。

 National Retail Federation(NRF)が、2019年10月に実施した、アンケート調査によると、米国のインターネット・ユーザの、90%近くが、オンラインで注文した商品を、実店舗のレジで、受け取ることに、興味を持っているという。

 クリック&コレクト販売サービスを試みた、米国のインターネット・ユーザの回答の中で、最も多かったのは、「オンラインで注文した商品を、実店舗のレジで、受け取ることに興味を持っていること」であり、2番目に多かったのは、「オンラインで注文した商品を、カーブサイド(歩道)で、受け取ることに、興味を持っていること」であった。

 カーブサイド・ピックアップとは、例えば、スマートフォンなどで注文して、実店舗の外の歩道で、商品を受け取ることである。

グラフ1)クリック&コレクト販売サービスの中で、米国のインターネット・ユーザは、どの方法で、商品を受け取ることに、興味を持っているか?

商品を受け取る場所       試みたことがある    試みてみたい

実店舗のレジ                78%         88%

実店舗の前の歩道             43%         81%

車のトランクまで商品を配達       32%         74%

暗証番号付きの宅配ボックス      28%         63%

Em1a_20200214211201


 ソース:National Retail Federation(NRF)  2020年1月14日

 これは、National Retail Federation(NRF)により、2019年10月に実施された、アンケート調査の結果に基づいている。

 このアンケート調査では、オンラインで注文した商品を、実店舗のレジで受け取ることを試みたことのある、米国のインターネット・ユーザは、78%と最も多く、関心を持っている、米国のインターネット・ユーザも、88%と最も多かった。

 このアンケート調査において、車のトランクや、宅配ボックスで、商品を受け取ることを試みた、米国のインターネット・ユーザは、比較的、少なかったが、関心を持っている、米国のインターネット・ユーザは、多かった。

 米国のインターネット・ユーザの、74%は、車のトランクまで、商品を配達して貰うのを試すことに、興味を持っていると回答した。

Em1c_20200214212201


 米国のインターネット・ユーザの、63%は、宅配ボックスで、商品を受け取るのを試すことに、興味を持っていると回答した。

Em1d_20200214212201


 同様に、2019年9月の調査によると、米国のオンライン・ショッパーの51%が、「ホリデー・シーズンに、クリック&コレクト方式を使用することを考えている。」と回答していた。

 こっらのクリック&コレクト販売サービスは、大手の小売店、Walmart、Target、Best Buy、および、Kohl’sで、提供されている。

グラフ2)トップ10の、複数の販売チャネルを持つ、大手の小売店の、米国でのクリック&コレクト販売サービスによる、売上シェア

 大手の小売店、トップ10の、米国でのクリック&コレクト販売サービスによる、期間ごとの、売上のシェア

 期間       売上シェア

2017年4Q      19.1%
2018年1Q      19.3%
2018年2Q      19.7%
2018年3Q      19.0%
2018年4Q      21.5%
2019年1Q      23.6%
2019年2Q      22.2%
2019年3Q      22.5%

Em1b_20200214211401

 クリック&コレクト販売サービスには、スピード、利便性、および、信頼性が重要になる。

 「クリック&コレクト販売サービスの事例紹介」ビデオ

 筆者らは、米国のクリック&コレクト販売サービスを使用する、買い物客の数は、2020年の末までに、1億3770万人になり、2023年までには、1億4710万人になると予測している。

デル株式会社

2020年2月13日 (木)

x86またはARMを搭載したChromebookのどちらを購入すべきか? '20.02.13

【x86またはARMを搭載したChromebookのどちらを購入すべきか?】'20.02.13

 ユーザは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookか、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookのどちらを購入すべきか? 2019年6月20日

 by JERRY HILDENBRAND、androidcentral

Armdt2a


 最良の答えは、負荷のかかるアプリを使用するためには、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを購入すべきである。

 最も良い、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookは、Lenovo C3330(Amazonで、260ドル)である。

 最も良い、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookは、ASUS Chromebook Flip C434(Amazonで、530ドル)である。

・ARM対x86

 命令の少ないシンプルな、RISCである、ARMアーキテクチャのプロセッサと、命令の複雑な、CISCである、x86アーキテクチャのプロセッサの主な違いは、ARMアーキテクチャのプロセッサの方が、大幅に、低消費電力であり、性能は、x86アーキテクチャのプロセッサの方が、明らかに、高速であることである。

 ちなみに、x86アーキテクチャのプロセッサは、通常、ARMアーキテクチャのプロセッサよりも、高性能であるが、同じアプリを実行するために、x86アーキテクチャのプロセッサの方が、最大10倍の電力を消費し、発熱も多い。

 x86アーキテクチャのプロセッサと、ARMアーキテクチャのプロセッサの違いに関する、より詳細な情報を紹介する。

 基本的には、x86アーキテクチャのプロセッサは、パワーがあり、ARMアーキテクチャのプロセッサは、効率的である。

 これまで、通常のアプリを、普通に使用する、モバイル・ユーザなら、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを選択すべきであった。

 また、これまで、Chromeベースのアプリだけでなく、Androidベースのアプリを、頻繁に使用する、ユーザは、スマートフォンなどのモバイル・デバイスに、最も搭載されている、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを選択すべきであり、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookは、購入すべきではなかった。

 今日、これらのことは、最早、真実ではない。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookは、以前よりも、パワーが付き、高速になってきており、Chromeは、より、ARMアーキテクチャのプロセッサに、最適化されてきた。

 これとは逆に、x86アーキテクチャのプロセッサは、Androidベースのアプリを、正常に実行できるようになったので、ユーザは、多くのAndroidベースのアプリを、x86アーキテクチャのプロセッサが搭載された、Chromebookで利用するようになってきた。

 x86とARMアーキテクチャの、どちらのプロセッサのタイプの、Chromebookでも、通常のユーザが、一般的なアプリを利用するなら、あまり違いはなく利用できる。

 あくまでも、ユーザが、普通に利用するなら、x86アーキテクチャのプロセッサとARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Cromebookには、消費電力、性能、価格に、少しの違いがあるだけだろう。

 このため、重いアプリを、いくつも、同時に利用するようなユーザは、より高速なx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを、選択すべきだろう。

Armdt2b


 ユーザは、どのようなアプリを、どのように、使用するかを考えてから、購入する、Chromebookを選択すべきである。

 Chromebookの、ヘビー・ユーザは、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、機種を選択すべきであるが、すべてのx86アーキテクチャのプロセッサが、パワフルである訳ではない。

 事実、ローエンドのx86アーキテクチャのチップを搭載した、Chromebookよりも、ARMアーキテクチャのチップを搭載した、Chromebookの方が、性能が良い機種もあるので、ユーザは、性能や使い勝手を確認してから、購入しよう。

 しかし、殆どのx86ベースのChromebookは、最近では、可能になった、チップを使用している。

 ユーザは、実際に、Chromebookを、ハードに利用して見なければ、本当の違いは、分からないだろう。

 例えば、音楽を聴きながら、あるいは、Androidベースのゲームをプレーしながら、10以上のWebブラウザを起動しているような、ヘビー・ユーザは、より高速な、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookを購入しよう。

 ARMアーキテクチャを搭載した、チップは、ソフトウェアを、コンパイルしたり、コンパイルされたスクリプトを実行したりするのに、十分、強力になってきている。

 しかし、それらをコード化したり、コンパイルしたりするために、使用する、ソフトウェアは、通常、x86アーキテクチャに最適化される傾向がある。

 ソフトウェアの開発者が、Android Studio、あるいは、Oracleか、Microsoftなどのソフトウェア・ベンダのIDEを使用しているかどうか、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、マシン上で、最もよく実行できるようになるだろう。

 勿論、ユーザが、最新の仕様を持つ、Pixelbookのような、究極のChromebookを欲しいのなら、Intel Core x86 CPUを搭載した、モデルを購入したいと思うようになるだろう。

 Chromeアプリは、x86アーキテクチャのプロセッサと、ARMアーキテクチャのプロセッサの両方で、動作する。

 結局、どちらのアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebookでも、一般的なユーザには、あまり変わりはないだろう。

・最良のARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebook

 筆者らは、Lenovo Chromebook C330が、ユーザが、購入できる、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、最良のChromebookだと考えている。

 このChromebookは、高速で、デザインを良く、1日中、持ち運ぶのに、適したサイズである。

 Lenovo Chromebook C330は、Amazonで、260ドルで販売されている。

・最良のx86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、Chromebook

 筆者らは、ASUS Chromebook Flip C434が、ユーザが、購入できる、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、最良のChromebookだと考えている。

 このポータブルなChromebookは、どこでも、持ち運ぶことができるよう、軽くて、コンパクトなサイズになっており、14インチのタッチスクリーンが装備されている。

 このChromebookで、ユーザは、複数のアプリを、同時に実行でき、ストリーム・ビデオを、視聴することができるようになる。

 このChromebookの基本的な構成は、パワー・ユーザにとっても、十分パワフルである。

 ASUS Chromebook Flip C434は、Amazonで、530ドルで販売されている。

デル株式会社

ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(1)'20.02.13

【ARMベースのサーバが、x86ベースのサーバやHPCに取って代わるかも知れない。(1)】'20.02.13

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、多くのサーバが、データセンターに設置されるようになるかも知れない。2019年11月27日

 By Kurt Marko、diginomica

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、膨大な数のサーバが、クラウド・サービスを提供するために、データセンターに設置され、HPCに取って代わるようになるかも知れない。

 HPC、および、AIのワークロードを加速する、グラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、ARMサーバに関する、SC19イベントでの、最近のNVIDIAとMicrosoftの発表は、多くの企業の、関心を呼ぶだろう。

 NVIDIAは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、同社のグラフィカル処理ユニット(GPU)を装備した、参照設計サーバを構築した。


Armdt1a_20200213103601

 クラウド・サービスを提供する、データセンターには、コンピューティング処理の負荷に合わせて、稼働台数を増減できるよう、膨大な数の、低消費電力で、コンパクトで、高性能なサーバを設置する必要がある。

 このため、現代のデータセンターに設置される、サーバは、長い間、Intelによって製造されてきたが、ワークロードの多様性の増大、x86プロセッサの性能向上の、この10年間の減速により、サーバ設計者、プラットフォーム開発者、クラウド・サービス・プロバイダなどが、サーバに搭載する、代替プロセッサを探している。

 Intelは、すぐにデータセンターでの支配的な地位を失うことはないと思うが、最近、その地位を侵食されている。

 従来の汎用CPUは、特定のワークロードを高速化するように設計された、カスタム・プロセッサによって、補完、あるいは、置き換えられている。

 APIアクセス可能な、クラウド・サービスと、プロセッサに依存しない、ソフトウェア・ライブラリの組み合わせにより、アプリ開発者と、システム・アーキテクチャの間に、抽象化レイヤーが挿入されたので、さまざまなアーキテクチャのプロセッサを搭載した、サーバの実験が、容易になった。

 Microsoftは、Microsoft Azureクラウド・プラットフォーム用のサーバに、ARMアーキテクチャに基づいた、SQ1カスタム・プロセッサ・チップを搭載した。

 このARMアーキテクチャに基づいた、MicrosoftのSQ1カスタム・プロセッサは、QualcommのSnapdragonとAIアクセラレータをベースにしている。

 AMDは、Intelよりも優れた、x86アーキテクチャのプロセッサの、価格性能を改善させる、信頼できるロードマップを紹介した。

 膨大な数の、低消費電力で、コンパクトなサーバを、データセンターに設置する傾向は、高性能コンピューティング(HPC)に取って代わる可能性がある。

 膨大な数のサーバを、データセンターに設置するには、より低消費電力で、コンパクトで、高性能なサーバが、必要になるので、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載することを模索している、サーバのベンダも増えている。

 また、実際に、より低消費電力で、コンパクトな、ARMアーキテクチャに基づいた、プロセッサを搭載した、サーバも、増えている。

    (続く)

デル株式会社

2020年2月12日 (水)

Intelが、CES 2020で、披露したこと(2)'20.02.12

【Intelが、CES 2020で、披露したこと(2)】'20.02.12

 Intelは、CES 2020で、新たなユーザ経験を促すために、インテリジェンスを使用する方法を紹介した。2020年1月7日

 By Chuong Nguyen、Digital Trends

 Intelは、CES 2020で、AI、VR、フォルダブルなラップトップといった、新たなユーザ経験を促すために、使用できる、いくつかの技術の利用方法を紹介した。

 AIは、Intelのプレゼンテーション中の、主なテーマであり、アスリートを訓練したり、飛行機の整備士などを、現場で補助したり、ビデオ・フィードを配信したりするために、AIが、どのように、使用できるようになるかを発表した。

 また、Intelは、CES 2020で、新しい「Tiger Lake」シリコンを強化する方法を強調した。

   (続き)

2)ゴーグルなしで、仮想現実(VR)を体験できるようにする。

Dt3b_20200212210501


 AIを使用することにより、複数のカメラのアングルを、ゴーグルなしで、仮想現実を体験できるように、フレームに結合するために、Intelは、どのように、拡張ビデオ経験を促すことができるかを、示している。

 この新たな経験は、カメラを、さまざまな位置に設定して、いろいろな角度から、撮影し、一つの画面に、結合することで、スポーツの試合を、さまざまな観点から観戦できるようになるので、スポーツの中継に適している。

 複数のカメラで、さまざまな角度から、スポーツの試合を中継するとにより、放送局は、データを結合でき、視聴者に、拡張ビデオ・フィードを配信できるようになる。

 スクリーン画面に、2次元ピクセルを表示するよりも、AIは、あらゆる異なったカメラの映像を、3次元ボクセルに結合する。

 視聴者は、バスケットボールの試合を観戦する時に、サイドラインから、空中から、コートの選手の視点から、気に入った視点を選択でき、試合を楽しむことができる。

 これらの任意の観点から見た映像を捉える、特定のカメラが、ない場合があるが、ビデオのフィードは、あらゆる、異なったカメラからの、データを使用して、推論によって作成される。

 「Intel freeD技術の紹介」ビデオ

3)Chromebookを作成する、Project Athena

Dtcesd


 Intelは、同社の厳しい基準に適合する、Windows 10を実行する、Ultrabooksを紹介した。

 このUltrabookは、高性能、長いバッテリーの寿命、および、Project Athena革新プロジェクトの要件に適合している。

 Intelは、Chromebookに、Intelの第10世代のIce Lakeプロセッサを搭載した。

 Project Athena認定を受けるために、新に提供される、Chrome OS搭載デバイスは、同じ、スリムで、薄くて、軽く、持続性のある性能を達成し、1日のバッテリー寿命を持つという、形態の要件に適合しなければならない。

 今日まで、Intelは、合計で、25種類の、新しいProject Athenaデバイスを認定したという。

 消費者は、Project Athena認定を受けた、信頼性があり、高性能で、最低9時間利用できる、バッテリー寿命を持つ、ラップトップを購入すべきだろう。

4)フォルダブルなラップトップ

 Intelのフォルダブルな、Horseshoe Bendコンセプト

Dt3c_20200212210701


 SamsungのGalaxy FoldやHuaweiのMate Xのような、デバイスのおかげで、スマートフォンの分野において、スクリーンを折り畳むことのでき、タブレットにもなる、フォルダブルな、スマートフォンが、注目を集めている。

 Intelは、このような、スクリーンを折り畳むことのできる形態のスマートフォンを、一般的な、モバイル・デバイスとして、使用する方法を示したいと考えていた。

 Intelは、次世代のTiger Lakeプロセッサを搭載した、折り畳むことのできる、17インチの柔軟なスクリーン画面を持つ、Horseshoe Bendプロトタイプを発表した。


Dt3d_20200212210901


 ラップトップのマザーボードに搭載された、Intel Tiger Lakeプロセッサ

 Intelは、性能を2桁向上させた、同社のTiger Lake CPUを発表した。

 これらのチップは、Thunderbolt 4、Wi-Fi 6、および、Intelの新しいXeグラフィクス・アーキテクチャをサポートする。

 Tiger Lakeは、グラフィクス・アプリ、および、カジュアルなゲーム、および、家庭のユーザに、最大の影響を与えている。

 Tiger Lakeを搭載した、薄くて、軽い、ラップトップは、HDゲームをプレイすることにも、適している。

 クリエーティブは、AI技術を使用することで、最小の努力で、ぼやけた画像、あるいは、低解像度の画像を、手早く最適化できるようになる。

 Tiger Lakeラップトップは、2020年の後半に、出荷されることが、期待される。

 Intelは、DG1として知られている、個別のグラフィクス・ソリューションを、Destiny 2を実行している、デモで、紹介した。

デル株式会社

2020年2月11日 (火)

Amazonは、米国のスマート・スピーカ市場のリードを維持する。'20.02.11

【Amazonは、米国のスマート・スピーカ市場のリードを維持する。】'20.02.11

 Amazonは、米国のスマート・スピーカ市場における、リードを維持する。2020年2月10日

 By Amy、emarketer

 米国のスマート・スピーカ市場において、既に、支配的な地位を占めている、Amazonは、2021年を通して、リーダーシップを維持することが期待される。

 筆者らは、米国のスマート・スピーカのユーザ全体の、約70%が、AmazonのEchoスピーカを使用していると見積もっている。

 2020年に、米国のスマート・スピーカのユーザの、69.7%が、AmazonのEchoスピーカを使用する見込みである。

 ちなみに、2019年は、米国のスマート・スピーカのユーザの、72.9%が、AmazonのEchoスピーカを使用していた。

 これに対し、2020年に、スマート・スピーカのユーザの31.7%が、Googleブランドの、スマート・スピーカに、買い換えることが予測される。

 また、2020年に、スマート・スピーカのユーザの18.4%が、Apple HomePod、Harmon Kardon Invoke、および、Sonos Oneを含む、他のスマート・スピーカ・ブランドを使用するだろう。

 ただし、これらのパーセンテージの合計は、複数のブランドのスマート・スピーカを使用しているので、100%以上になる。

グラフ1)2017年から2021年までの、ブランドごとの、米国のスマート・スピーカのユーザの割合(%)


ブランド  2017年  2108年  2019年  2020年  2021年

Amazon   82.4%  70.9%  72.9%  69.7%  68.2%

Google   25.7%  30.4%  31.1%  31.7%  32.0%

その他   9.7%  14.9%   17.9% 18.4%  18.8%

Em1_20200211212701

 ソース:eMarketer、2019年11月

 Amazonは、音声対応デジタル・アシスタントを提供した、最初のベンダではないが、2014年後半に、米国で、Amazonは、音声対応デジタル・シスタントのAlexaを、Echoスピーカに組み込んだことで、ユーザを獲得し、スマート・スピーカ市場で、先駆者になった。

 その時以来、Amazonは、スマート・スピーカを、より容易で、直感的に使用できるようにする、新たな機能を、常に、追加している。

 Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントの技術を、外部の開発ベンダに公開し、自分たちのスマート・スピーカなどの、スマート・デバイスを、多くのAmazonブランド、および、3rdパーティのスマート・ホーム・デバイスと互換性を持たせられるように、育成した。

 しかし、AmazonのEchoスピーカは、英語以外の言語のサポートが少ないので、サポートしていない国では、主要な競合ベンダよりも、競争力が低い

 eMarketerによると、Amazonは、Echoスピーカを、最初に、紹介して以来、米国において、他のベンダからの挑戦に打ち勝ち、スマート・スピーカ市場を、大きくリードしてきたという。

 筆者らは、以前、GoogleやAmazonが、このスマート・スピーカ市場に、参入することを予想しており、Amazonは、引き続き積極的に、スマート・スピーカの機能やサービスを追加してきた。

 より手頃な価格のスマート・デバイスを提供し、多くのAmazonスキルを構築したり、より多くの国の言語をサポートすることにより、Amazonは、Echoスピーカの人気を維持してきた。

 米国のスマート・スピーカのユーザは、絶対的な数を増やし続けるだろう。

 筆者らは、今後、数年間に、米国のスマート・スピーカの出荷台数は、緩やかに成長する。

 特に、Alexaや、他の音声対応デジタル・アシスタントは、スマート・スピーカから、スマートフォン、タブレット、PCだけでなく、車載システム、さらに、スマート・ホーム・デバイスなどに、組み込まれるようになってきた。

 筆者らは、2020年に、スマート・スピーカのユーザ数は、前年から、13.7%増加して、8310万台になると見積もっている。

 筆者らは、2021年に、スマート・スピーカのユーザ数は、2020年から、1桁の増加率になると予測している。

 筆者らは、現在、インターネット・ユーザの28.9%が、スマート・スピーカを使用していると見積もっている。

 さらに、2021年は、インターネット・ユーザの、30.5%が、スマート・スピーカを使用する見込みである。

 スマート・スピーカは、音声対応デジタル・アシスタントに慣れる人を、増やすために、より多くの人たちに、利用できるような、エントリ・レベルのデバイスとして、設計されている。

 筆者らは、家庭や車内の、さまざまなデバイス(スマートフォン、タブレット、PC、スマート・ディスプレイなど)に、音声対応デジタル・アシスタントが組み込まれるので、スマート・スピーカの出荷台数の伸びが、緩やかになると予想している。

 Amazonの次の挑戦は、これらの他の環境において、優位性を維持することである。

 

Intelが、CES 2020で、披露したこと(1)'20.02.11

【Intelが、CES 2020で、披露したこと(1)】'20.02.11

 Intelは、CES 2020で、新たなユーザ経験を促すために、インテリジェンスを使用する方法を紹介した。2020年1月7日

 By Chuong Nguyen、Digital Trends

 Intelは、CES 2020で、AI、VR、フォルダブルなラップトップといった、新たなユーザ経験を促すために、使用できる、いくつかの技術の利用方法を紹介した。

 AIは、Intelのプレゼンテーション中の、主なテーマであり、アスリートを訓練したり、飛行機の整備士などを、現場で補助したり、ビデオ・フィードを配信したりするために、AIが、どのように、使用できるようになるかを発表した。

 また、Intelは、CES 2020で、新しい「Tiger Lake」シリコンを強化する方法を強調した。

1)Intelは、CES 2020で、AIを使用して、アスリートを追跡するデモを披露した。

Dt3a_20200211143001


 Intelは、AI技術と、Intel Deep Learning Boost(DL Boost)技術を使用して、2018年平昌オリンピック冬季競技大会の、アスリートの動きやパフォーマンスを追跡できるようにした。

 IntelのAI技術と深層学習技術は、特別なセンサーやスーツを必要とせずに、ロングジャンプ、短距離レースなどのイベントにおける、アスリートの動きや、パフォーマンスを追跡し、分析するために、カメラが、人間の骨格をマッピングできることを示すのに役立った。

 Intelによると、2020年の後半にリリースされる、第3世代のXeonチップセットと、Intel Deep Learning Boost(DL Boost)技術の改善により、追跡と推論が、60%向上するという。

 このアスリート・トラッキング技術を使用すると、骨格モデルがレンダリングされ、データがすぐに、スポーツ放送局に送信されるため、視聴者が見ることができるよう、リプレイが可能になる。

 「Intelのアスリート・トラッキング技術の紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

2020年2月10日 (月)

CES 2020では、技術ベンダが、未来の車が、どのようなものになるかを提示する。(2)'20.02.10

【CES 2020では、技術ベンダが、未来の車が、どのようなものになるかを提示する。(2)】'20.02.10

 シリコンバレーの技術ベンダは、スマートフォンの次にあるものを模索しており、その答えは、車かもしれない。2020年1月11日


Dtces

 By Lisa Eadicicco、business insider

 CES 2020で、Sonyは、歩行者や車の周囲を監視したり、インフォテインメント・システムを構築したりするための、センサーやデバイスを搭載した、未来的な車のプロトタイプ、「Vision-S」を披露した。

Dtcesc


 Sonyは、自動車自体ではなく、自動車の分野へ、ビジネスを拡張するために、未来の車に必要な、カメラ、センサー、ライダー、インフォテインメント・システム(カーナビやサウンド・システムを含む)、および、運転支援システムなどの技術を提示すると発表した。

 重要なことは、技術ベンダが、未来の車が、どのように見えるかを決定することに、ますます関与していることである。

 これにより、技術ベンダは、基礎となる「モノのインターネット(IoT)」、「自動運転」、「移動体通信システム」、あるいは、「サービスとしての移動」といった技術の向上にも貢献する。

 そして、技術ベンダが、自動車の未来がどうなるかということに、ますます関与するようになっているという、より一般的な概念がある。

    (続く)

 スマートフォン、スマート・ハウスに次いで、車が、なぜ、最有力な候補になるかの、良い理由がある。

 1つ目は、この自動車業界が、コネクティッド・カーや、自動運転車が、今後、3年間以上で、成長することが期待されていることである。

 調査会社、Prescient & Strategic Intelligenceによると、世界のコネクティッド・カーの売上は、2023年までに、2017年における、519億ドルから、急速に増加して、1561億ドルになるという。

 調査会社、Kenneth Researchによると、世界の自動運転車の売上は、2023年までに、1731億5000万ドルになることが期待されているという。

 Gartnerは、74万台の、自動運転車が、2023年までに、世界の市場に、販売されると予測している。

 技術ベンダと自動車メーカは、ドライバーが、運転席に、座っている必要がなくなったら、車の役割が、どのように変化するかに関して、考えている。

 CES 2020では、配達車から、移動店舗や、移動図書館まで、さまざまな目的で使用できる、自動運転車をイメージして、LG、トヨタ、Hyundai、Bytonから、コンセプト・カーが披露されている。

 例えば、LGは、2030年まで、実現されないような、巨大なOLED TVスクリーンを装備した、自動運転車の、コンセプト・カーを、CES 2020で披露していた。

 また、LGは、ローリング・スナック・カートをイメージした、コンセプト・カーや、移動しながら、ドライ・クリーニングし、洗った衣服をプレスするような、コンセプト・カーを、CES 2020で披露した。

 Vision-Sは、Sonyが、未来の車が、どのように見えるべきかを考えており、エンターテインメント、オーディオ、および、安全を中心に考えられた、コンセプト・カーである。

 CES 2020で、披露されている、SonyのVision-SとLGのコネクティッド・カーや、LGのコネクティッド・カーを含む、さまざまなセンサーを装備した車や、自動運転車の多くは、プロトタイプ、あるいは、コンセプトの段階なので、実際に、市場にいつ登場するかは、分からない。

 「CES 2020で披露される、ベスト・カー」の紹介ビデオ

 技術の巨人である、Amazonは、既に、スマートフォンのユーザに、音声で操作できる、独自のユーザ経験を体験できるようにするために、同社のAlexaデジタル・アシスタントを提供しているように、未来の車のユーザが、インフォテインメント・システムで、音声でも操作できる、独自のユーザ経験を体験できるようにするために、戦うのだろうか?

 Amazonは、既に、スマート・ハウスのユーザに、音声で操作できる、独自のユーザ経験を体験できるようにするために、同社のAlexaデジタル・アシスタントを、スマート・スピーカなどの、スマート・ハウス・デバイスに提供している。

デル株式会社

CES 2020では、技術ベンダが、未来の車が、どのようなものになるかを提示する。(1)'20.02.10

【CES 2020では、技術ベンダが、未来の車が、どのようなものになるかを提示する。(1)】'20.02.10

 シリコンバレーの技術ベンダは、スマートフォンの次にあるものを模索しており、その答えは、車かもしれない。2020年1月11日

Dtces

 By Lisa Eadicicco、business insider

 CES 2020で、Sonyは、歩行者や車の周囲を監視したり、インフォテインメント・システムを構築したりするための、センサーやデバイスを搭載した、未来的な車のプロトタイプ、「Vision-S」を披露した。

 Sonyは、自動車自体ではなく、自動車の分野へ、ビジネスを拡張するために、未来の車に必要な、カメラ、センサー、ライダー、インフォテインメント・システム(カーナビやサウンド・システムを含む)、および、運転支援システムなどの技術を提示すると発表した。

 重要なことは、技術ベンダが、未来の車が、どのように見えるかを決定することに、ますます関与していることである。

 これにより、技術ベンダは、基礎となる「モノのインターネット(IoT)」、「自動運転」、「移動体通信システム」、あるいは、「サービスとしての移動」といった技術の向上にも貢献する。

 そして、技術ベンダが、自動車の未来がどうなるかということに、ますます関与するようになっているという、より一般的な概念がある。

 AppleとGoogleは、既に、ドライバーが、それぞれのCarPlay、および、Android Autoサービスを介して、車内に設置された、ディスプレイに、スマートフォンをミラーリングできるようにしている。

 Amazonの音声対応デジタル・アシスタント「Alexa」は、Audi、Ford、および、トヨタなどの車に、搭載されており、ハンズフリーの音声コマンドを可能にしている。

 また、Amazonは、CES 2020で、RivianやLamborghiniとの、新しい提携を発表した。

 大手の技術ベンダは、どちらも、今後、数年間で、自動車が、どのように変化するかについても考えている。

 Appleは、自動運転車用のソフトウェア・プラットフォームに取り組んでいると噂されている。

 Googleの親会社のAlphabetは、子会社のWaymo子会社を通して、長年に渡り、自動運転技術に取り組んでいる。

 Samsungは、CES 2020で、自動運転車に関する、いくつかの発表を行い、いつかは、車が周囲の都市基盤と、通信できるようにする技術を紹介した。

 シリコンバレーの、最大手の技術ベンダは、スマートフォンを超えた、次のものを模索しているが、答えは、車かもしれない。

 シリコンバレーの巨人たちは、次の大きな、コンピューティング・プラットフォームを模索しており、車に焦点を当てて、自動車メーカと連携して、技術やサービスを開発し、提供している。

 Apple、Amazon、Google、Facebookなどの、技術ベンダは、すべて、スマート・ホームや拡張現実(AR)などの分野に進出するという野心を表明している。

    (続く)

デル株式会社

2020年2月 9日 (日)

多くの消費者に、実店舗での買い物経験の課題に関する、アンケート調査を実施した。'20.02.09

【多くの消費者に、実店舗での買い物経験の課題に関する、アンケート調査を実施した。】'20.02.09

 多くの消費者に、実店舗での買い物経験の問題点や要望に関する、アンケート調査を実施した。2020年2月9日

 by Rimma Kats、eMarketer

 Capgeminiは、2019年10月に、小売業者が、消費者が、最も楽な方法で、買い物をしたいことを理解するために、いくつかの実店舗での、買い物経験の問題点や要望を知るためのアンケート調査を実施した。

 世界の大人のインターネット・ユーザの50%近くは、「商品が、倉庫にストックされておらず、購入できないことに、フラストレーションを感じている。」と回答していた。

 世界の大人のインターネット・ユーザの40%が、問題としていることは、「商品が、実店舗のどこにあるかを、見つけるのが難しいことである。」と回答していた。

グラフ1)世界の大人のインターネット・ユーザが、実店舗で買い物をするときに感じる、主な問題点は何か?

 Adults Worldwideは、世界の大人のインターネット・ユーザが、実店舗で買い物をするときに感じる、主な問題点を調査した。

 主な問題点                            回答の割合

「商品の代金を支払うのを待つ列が長いこと」          60%

「実店舗を訪れた時に、商品が、売り切れていたこと」     48%

「実店舗で、商品の場所を見つけるのが困難なこと」      40%

「買い物客を助ける、店舗のスタッフを見つけられないこと」  26%

「商品を選択したときに、商品の情報が不足していること」   24%

Em1a_20200209211901

 ソース:Capgemini、2020年1月9日

 上記以外、大人のインターネット・ユーザの60%は、「商品のチェックアウトの列が、長いことに、イライラしている。」と回答していた。

 iVend Retailが、2019年1月に実施した、アンケート調査において、大人のインターネット・ユーザの80%以上は、2019年1月の調査において、買い物中に、容易にチェックアウトできることを、最も重視すると回答していた。

 大人のインターネット・ユーザが、重視する、他の代表的な回答には、「ポイントの獲得」、「スマートなチェックアウト」、「大幅な割引」がある。

グラフ2)インターネット・ユーザは、最も重視する、小売店での買い物経験

 2019年1月に実施した、アンケート調査において、インターネット・ユーザが、最も重視することは何かに対する、回答の割合

 最も重視すること                               回答の割合

「手早く、容易に、商品をチェックアウトできること」             83.0%

「報酬を得るか、または、ポイントを獲得できること」             58.7%

「無償で、容易に、商品を返品できること」                   56.7%

「クリック&コレクト/オンラインでも、購入できること」             44.3%

「AR、音声対応デジタル・アシスタン、仮想試着室のような技術」     17.7%

Em1b_20200209212001

 ソース:IVend Retail、2019年2月19日

注)クリック&コレクトとは、オンラインで注文した商品を受け取るために、専用のピックアップ・ポイント(例えば、宅配ボックスなど)で、消費者自身が受け取ること。

 インターネット・ユーザの回答で、最も多いのは、「店舗のスタッフを見つけるのが、難しいこと」が42%、「商品を見つけるのが、難しいこと」17%、「商品が売り切れていること」が12%であった。

 2019年2月に、米国の食料店の買い物客は、チェックアウトするために、長蛇の列に並ぶことを辞めたが、米国の食料店の買い物客の11%は、2018年4月に同じ状況で、購入を放棄したと回答した。

 Capgeminiの調査によると、自動化は、米国の食料品店の買い物客が、買い物をする上で、問題にしたことに対する、1つの可能なソリューションであるという。

 この自動化の技術は、実店舗での、買い物の問題を解決するのを役立つかどうか、尋ねたときに、ほとんどの回答者は、同意していた。

 大人のインターネット・ユーザの60%以上は、「自動化により、チェックアウトの長い、待ち行列の問題が、緩和される。」と回答した。

 多くの小売業者は、機械学習やAIのような、新たに出現した技術に、投資することを計画している。

 Isobarにより実施された、2019年5月の調査において、企業の29%が、「現在、買い物経験を合理化するのを支援するために、AIを使用している。」と回答した。

 企業の46%が、「将来的に、この買い物経験を合理化するための技術を、活用する予定である。」と回答した。

 デジタル・インテリジェンスのプラットフォームのCEO、Mario Ciabarra氏は、「自動化、機械学習は、小売の分野において、大きな役割を演じ続けるだろう。」と述べた。

デル株式会社

Sonyは、CES 2020で、プロトタイプの車を披露して、来場者を驚かした。(2)'20.02.06

【Sonyは、CES 2020で、プロトタイプの車を披露して、来場者を驚かした。(2)】'20.02.06

 代表的な技術ベンダは、将来の車が、どのように見えるかを、コンセプトで示すために、CES 2020で、コンセプト・カーを披露した。2020年1月11日

 By Lisa Eadicicco、business insider

 「Sonyのコンセプト・カー、Vision-S」

 CES 2020で、Sonyは、歩行者や車の周囲を監視したり、インフォテインメント・システムを構築したりするための、センサーやデバイスを搭載した、未来的な車のプロトタイプ、「Vision-S」を披露した。

 Sonyは、自動車自体ではなく、自動車の分野へ、ビジネスを拡張するために、未来の車に必要な、カメラ、センサー、ライダー、インフォテインメント・システム(カーナビやサウンド・システムを含む)、および、運転支援システムなどの技術を提示すると発表した。

 しかし、最も重要なことは、技術ベンダが、未来の車が、どのように見えるかを決定することに、ますます関与している。

 これにより、技術ベンダは、自動運転技術の向上にも、貢献する。

   (続き)

 CSE 2020で、Sonyが、プロトタイプ車を披露することは、確かに予想外だった。

 Sonyにとって、自動車分野の市場に、さらに深く入り込むことが、理にかなっている、重要な理由が、いくつかある。

 まず、オーディオ、カメラ、各種センサーの技術は、既に、既存の車に採用されているため、独自のプロトタイプ車を作成することは、ある意味で、これらの努力の自然な拡大である。

 Fiesta、Fusion、および、Taurusなど、Fordの特定の車種には、例えば、Sonyの優れた、オーディオ技術が組み込まれている。

 2018年に、Sonyは、自動車用の画像センサーも商品化することを発表した。

 CES 2020で、Sonyは、未来の車の集大成として、自社のオーディオだけでなく、各種センサーや、インフォテイメント・システムといった、既に、商品化されている、技術を組み込んだ、プロトタイプ、「Vision S」を披露した。

 未来の車には、これまで以上に、高度な、各種センサー、カメラ、車載システム、移動体通信システム、ビッグデータ&分析やデジタル・アシスタントなどの、ソフトウェアやクラウド・サービス、および、電気自動車、ハイブリッド車、あるいは、自動運転車に必要な、他のさまざまな技術が、不可欠になる。

デル株式会社

2020年2月 8日 (土)

2020年における、ARMアーキテクチャ上のWindows(3)'20.02.08

【2020年における、ARMアーキテクチャ上のWindows(3)】'20.02.08

 2020年における、ARMアーキテクチャ上の、Windowsのエコシステムについて紹介する。

 By Robert Triggs、androidau thority

 筆者は、従来のIntelアーキテクチャのPC用のプロセッサから、スマートフォンなどで使用されている、ARMアーキテクチャのモバイル・プロセッサに移行した、ラップトップを試用した。

 何社かのPCベンダは、消費電力を低減させ、バッテリーの寿命を長くするために、ARMアーキテクチャのプロセッサを、ラップトップに採用している。

 Microsoftの使命は、ARMアーキテクチャ用のWindowsをサポートすることである。

 このため、Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップの供給者として、Qualcommと提携した。

 Qualcommは、これまで、スマートフォンやタブレットなどの、モバイル・デバイス向けに、低消費電力を特徴にしている、ARMアーキテクチャの、RISCプロセッサ・チップを生産している。

    (続き)

 MicrosoftのSurface Pro Xは、ARMアーキテクチャのプロセッサを組み込んだ、最新のハイエンドPCであり、このラップトップは、4G LTE移動通信システムをサポートしている。

Ces2020arm8c

 Surface Pro Xは、ARMアーキテクチャ用のWindowsの世界へ、PCベンダを導く、参照デザインになる、ラップトップである。

 「Microsoft Surface Pro Xの紹介」ビデオ

 Qualcommは、ラップトップ専用の、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップ、Snapdragon 8cxチップセットを作成した。

 ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、最新のWindowsベースの、ARMラップトップは、MicrosoftのSurface Pro Xである。

 Surface Pro Xに搭載された、Microsoft SQ1は、基本的に、Qualcomm Snapdragon 8cxをベースに、Microsoftの要求に合わせて、カスタマイズされた、ARMアーキテクチャの、カスタム・プロセッサ・チップである。

 Snapdragon 8cxは、スマートフォンには、搭載されない、ラップトップ向けの、高性能な、ARMアーキテクチャの、プロセッサ・チップである。

 Qualcommが、ラップトップ向けに、最初に作成した、ARMアーキテクチャの、プロセッサ・チップは、Snapdragon 850である。

 Qualcommは、ラップトップ向けの、ARMアーキテクチャの、プロセッサとして、Snapdragon 835の性能を向上させた、Snapdragon 850を作成した。

 より高性能なSnapdragon 850は、マルチ・タスキング、x86アーキテクチャのWindowsアプリのエミュレーション、および、従来の、x86アーキテクチャ用のゲームを、エミュレータで、ストレスなく、プレーすることができる。

 より強力な処理能力とハイエンドの、ディスプレイの仕様の欠点は、バッテリーの寿命が、より制限されていることである。

 Surface Pro Xのバッテリーの寿命は、より古い、Lenovo Miix 630のバッテリーの寿命ほど、長くはない。

 高性能を追及することは、消費電力の低い、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップの、バッテリーの寿命を長くすることの、トレードオフである。

 より高性能なSnapdragon 850プロセッサを搭載した、MicrosoftのSurface Pro Xラップトップは、ドキュメントの編集といった、負荷の多いアプリを使用するのに、十分な性能を持っている。

 ARMアーキテクチャのプロセッサ用に作成された、あるいは、再コンパイルされた、ネーティブなWindowsアプリが増えるので、これまで使用されてきた、x86アーキテクチャのプロセッサ用の生産性ツールが、利用できるようになる。

 MicrosoftのSurface Pro Xラップトップには、ネーティブな、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、MicrosoftのEdge Chromiumブラウザも、提供されている。

 Microsoft Edge Chromiumは、Chromiumという、Google Chromeブラウザの根幹部分を利用して作られている、ChromeやFirefoxブラウザの、実行可能な代替のWebブラウザである。

 明らかに、Adobeのソフトウェアに依存している、ジャーナリストは、Adobeのソフトが、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネーティブなサポートが完了するまで、買い換えを伸ばすだろう。

 モバイル・ユーザ向けの、バッテリーの長寿命と、コンパクトな携帯性と、4G LTEや5Gのサポートといった、特徴は、ARMアーキテクチャのプロセッサ用のWindowsを搭載したデバイスが、本当に得意とすることであり、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップほど、クリエーイティブなユーザには、向いていない。、

 ARMアーキテクチャ用のWindows 10を搭載した、ラップトップは、パワーユーザ向けのラップトップに、置き換わるものではないだろう。

 このビジョンを念頭に置いて、MicrosoftのSurface Pro Xラップトップと、ARMアーキテクチャ用のWindowsは、モバイル・ユーザの役に立つだろう。

 MicrosoftのSurface Pro Xラップトップは、本格的なモバイル・ユーザ向けであり、1269ドルと、高価である。

 しかし、2020年には、ARMアーキテクチャのプロセッサ向けのラップトップは、一般的なモバイル・ユーザにも、人気がでるかも知れない。

 本格的なモバイル・ユーザ向けには、高性能な「Snapdragon 8cx」を搭載した、MicrosoftのSurface Pro Xが、プレミアムな製品として提供される。

 Qualcommは、2種類の、手頃な価格のラップトップ向けの、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップセットを、Snapdragon Tech Summit 2019サミットで発表していた。

 「Snapdragon 8c」プロセッサを搭載した、ラップトップは、500ドルから650ドルの価格帯で、販売されることが期待される。

 「Snapdragon 7c」プロセッサを搭載した、ラップトップは、より手頃な価格の、300ドルから500ドルの、価格帯で、販売されることが期待され、IntelのCeleronを搭載した、ラップトップと、競合するだろう。

 この性能は、あまり高くないが、筆者らは、これらの製品を、「Snapdragon 850」よりも、強力な製品と見ている。

 比較的高性能な「Snapdragon 8c」プロセッサ8cを搭載し、高速な4G LTEや5G移動体通信システムのサポート能力を装備し、常時、インターネットに接続された、ラップトップは、魅力的な製品なるかも知れない。

デル株式会社

2020年における、ARMアーキテクチャ上のWindows(2)'20.02.08

【2020年における、ARMアーキテクチャ上のWindows(2)】'20.02.08

 2020年における、ARMアーキテクチャ上の、Windowsのエコシステムについて紹介する。

 By Robert Triggs、androidau thority

 筆者は、従来のIntelアーキテクチャのPC用のプロセッサから、スマートフォンなどで使用されている、ARMアーキテクチャのモバイル・プロセッサに移行した、ラップトップを試用した。

 何社かのPCベンダは、消費電力を低減させ、バッテリーの寿命を長くするために、ARMアーキテクチャのプロセッサを、ラップトップに採用している。

 Microsoftの使命は、ARMアーキテクチャ用のWindowsをサポートすることである。

 このため、Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップの供給者として、Qualcommと提携した。

 Qualcommは、これまで、スマートフォンやタブレットなどの、モバイル・デバイス向けに、低消費電力を特徴にしている、ARMアーキテクチャの、RISCプロセッサ・チップを生産している。

 MicrosoftのSurface Pro Xは、ARMアーキテクチャのプロセッサを組み込んだ、最新のハイエンドPCであり、このラップトップは、4G LTE移動通信システムをサポートしている。

 Surface Pro Xは、ARMアーキテクチャ用のWindowsの世界へ、PCベンダを導く、参照デザインになる、ラップトップである。

    (続き)

 ARMアーキテクチャのプロセッサ用のWindows 10を搭載した、ラップトップには、低消費電力、薄くて、軽く、コンパクトで、持ち運びやすく、4G LTEや5G用のモデム・チップも内蔵されており、常時、インターネットに接続でき、タッチ操作、スタイラスペン、キーボード、マウス、タッチパッドといった、さまざまな入力手段を提供し、モバイル・ユーザは、さまざまな目的(生産性ツール、編集ツール、Webブラウズ、メール、ストリーミング・メディアの再生、読書、ゲームなど)に、利用することができるようになる。

 ただし、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、Windows 10を搭載した、ラップトップのようなデバイスには、処理性能と、Windowsアプリの互換性に、課題があった。

 筆者は、2018年に、第1世代の、ARMアーキテクチャのプロセッサ用のWindows 10を搭載した、ラップトップである、「Lenovo Mixx 630」を使用したことがある。
Ces2020arm8a


 このLenovo Mixx 630には、4GBのRAMと、2017年のスマートフォンで採用されていた、より古い世代の、ARMアーキテクチャの、Snapdragon 835プロセッサ・チップが搭載されていた。

 Lenovo Mixx 630の、初期の性能は、まずまずだったが、複数のアプリを実行している場合、同じ価格帯の、x86プロセッサを搭載した、ラップトップと比較して、特に遅くなった。

 2018年、当時、Firefox for ARMが登場する以前は、互換性のある唯一のWebブラウザは、Microsoft Edgeだけであった。

 2018年には、ARMアーキテクチャのプロセッサ用の、ネーティブな、64ビットのWindowsアプリの数は、非常に少なく、MicrosoftのOfficeスイートのような、代表的な、一部のWindowsアプリだけが、再コンパイルされ、確認テストが実施され、Microsoftストアで、提供されていた。

 2018年に、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、32ビットのWindowsアプリのエミュレーション性能は、同価格帯の、x86プロセッサを搭載した、ラップトップと比較して、複数のアプリを実行する場合、特に遅かった。

 2018年、当時、それでも、低消費電力で、バッテリーの寿命は、十分長くなり、どこでも、4G LTEで、常時接続でき、MicrosoftのOfficeスイートも、あまりストレスなく、利用できたので、「Lenovo Mixx 630」は、ジャーナリストとしての筆者の仕事にふさわしい、ラップトップ製品になった。

 2018年に、筆者は、このARMアーキテクチャのプロセッサ用のWindows 10を搭載した、Lenovo Mixx 630を、Chromebookの代替の、モバイルPCとして使用していた。

Ces2020arm8b


 この2018年に発売された、Lenovo Mixx 630のような、スマートフォン用のARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、比較的、型の古いラップトップは、2020年に改善された、ARMアーキテクチャのプロセッサ用のWindows 10(Windows 10 for ARM)に、アップデートすることで、以前よりも、性能が改善されて、かなり高速に、Windowsアプリを実行できるようになる。

 「Windows 10 for ARMを搭載をした、Lenovo Mixx 630ラップトップの紹介」ビデオ

 筆者は、どこにいても、一般的な軽い作業を行いたい、モバイル・ユーザには、Lenovo Mixx 630のような、低消費で、軽くて、コンパクトで、持ち運びやすい、比較的、手頃な価格のラップトップは、使いやすいと思っている。

 ただし、筆者は、Lenovo Mixx 630のキーボードは、使いにくいと感じている。

 ARMアーキテクチャの性能が向上し、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、32ビットのWindowsアプリのエミュレーションが、より高速になり、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、より多くの、64ビットのWindowsアプリが、再コンパイルされ、動作確認された、ARMアーキテクチャ用の、ネーティブなWindowsアプリが、充実し、Microsoftストアで、提供されるようになれば、「Lenovo Mixx 630」のような、ラップトップは、モバイル・ユーザの、有力な選択肢になるかも知れない。

 また、Microsoftは、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、64ビットのWindowsアプリを、ARMアーキテクチャのプロセッサ用のWindows 10上で、実行できるようにする、64ビット用のエミュレータも提供するようだ。

 MicrosoftとQualcommの、Windows ARMプラットフォームへの共同開発投資は、確実に成果を上げている。

 筆者は、Windows ARMプラットフォームのエコシステムは、Windows x86プラットフォームのエコシステムと、同じように、ほぼ完全になったと感じている。

   (続く)

デル株式会社

2020年2月 7日 (金)

2020年における、ARMアーキテクチャ上のWindows(1)'20.02.07

【2020年における、ARMアーキテクチャ上のWindows(1)】'20.02.07

 2020年における、ARMアーキテクチャ上の、Windowsのエコシステムについて紹介する。

 By Robert Triggs、androidau thority

 筆者は、従来のIntelアーキテクチャのPC用のプロセッサから、スマートフォンなどで使用されている、ARMアーキテクチャのモバイル・プロセッサに移行した、ラップトップを試用した。

 何社かのPCベンダは、消費電力を低減させ、バッテリーの寿命を長くするために、ARMアーキテクチャのプロセッサを、ラップトップに採用している。

 Microsoftの使命は、ARMアーキテクチャ用のWindowsをサポートすることである。

 このため、Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサ・チップの供給者として、Qualcommと提携した。

 Qualcommは、これまで、スマートフォンやタブレットなどの、モバイル・デバイス向けに、低消費電力を特徴にしている、ARMアーキテクチャの、RISCプロセッサ・チップを生産している。

 MicrosoftのSurface Pro Xは、ARMアーキテクチャのプロセッサを組み込んだ、最新のハイエンドPCであり、このラップトップは、4G LTE移動通信システムをサポートしている。

 筆者は、約1カ月間、Windowsを搭載した、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップを試用した。

 筆者らは、ARMアーキテクチャ用のWindowsを搭載した、Surface Pro Xラップトップの完全なレビューを実施する。

Ces2020arm8c


 Microsoft以外のPCベンダは、参照ラップトップとして、MicrosoftのSurface Pro Xを使用する。

 ARMアーキテクチャ用のWindowsとは何だろう?

 ARMアーキテクチャ用のWindowsは、ARMアーキテクチャ・ベースのプロセッサ上で、MicrosoftのWindows 10オペレーティング・システムを実行することを意味している。

 歴史的に、Windowsは、AMDやIntelから供給される、x86アーキテクチャのプロセッサ上で、実行してきた。

 ARMアーキテクチャのプロセッサ用のWindowsは、Microsoftのエコシステムにとって、大きな変化である。

 Windowsベースのデバイスは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載することで、消費電力を低減させることができる。

 64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサで実行する、Windows 10オペレーティング・システムは、64ビットのx86プロセッサ用のWindows 10オペレーティング・システムを、再コンパイルして、作成される。

 32ビットのx86プロセッサ用のWindowsアプリ、および、64ビットのx86プロセッサ用のWindowsアプリを、64ビットのARMアーキテクチャのプロセッサで実行し、利用できるようにするには、再コンパイルし、動作を確認する方法と、32ビットのx86プロセッサ用のWindowsアプリ、あるいは、64ビットのx86プロセッサ用の、Windowsアプリをエミュレートして、使用する方法がある。

 多くの従来のWindowsアプリは、まだ、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsプラットフォームをサポートしていないが、3rdパーティのWindowsアプリは、ARMアーキテクチャのプロセッサ用に、再コンパイルすることができる。

 また、再コンパイルしなくても、32ビットx86アプリを、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースのデバイス上で、優れた性能で、エミュレートすることで、使用することもできる。

 さらに、現在、Microsoftは、64ビットのx86(x64)Windowsアプリのエミュレータを開発中であるが、2021年まで、提供されないようだ。

 このボトムラインは、ARMアーキテクチャ・プロセッサ用の、Windowsが、完全なWindowsエコシステムと経験を、ARMベースのデバイスにもたらす。

 ARMアーキテクチャのプロセッサには、長寿命のバッテリーを可能にするための、デバイスの消費電力効率と、移動体システムへの常時接続を可能にする、モバイル・チップの利点が含まれる。

 これを行うために、Microsoftは、ARMアーキテクチャのプロセッサを供給する、シリコン・パートナーを必要としている。

 Qualcommは、現在、このARMアーキテクチャのプロセッサを供給する、Microsoftのパートナーになった。

 Qualcommは、ARMアーキテクチャのSnapdragon 835プロセッサの、Microsoftへの供給を開始した。

 Surface Pro Xは、ARMアーキテクチャ用のWindowsの世界へ導く、参照デザインになる、ラップトップである。

 筆者は、2018年に、第1世代の、ARMアーキテクチャのプロセッサ用のWindows 10を搭載した、ラップトップである、Lenovo Mixx 630を使用したことがある。

 このLenovo Mixx 630には、4GBのRAMと、2017年のスマートフォンで採用されていた、より古い世代の、ARMアーキテクチャの、Snapdragon 835プロセッサ・チップが搭載されていた。

Ces2020arm8b


 筆者の経験では、ARMアーキテクチャ用のWindows 10を搭載した、ラップトップ、Lenovo Mixx 630には、性能と互換性の課題があった。

   (続く)

デル株式会社

Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来のベストセラーの電動バイクである「RadRover」よりも、ライダーのアクセシビリティを向上させている。(2)'20.02.07

【Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来のベストセラーの電動バイクである「RadRover」よりも、ライダーのアクセシビリティを向上させている。(2)】'20.02.07

 Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来の人気ブランドのベストセラーの電動バイクである「RadRover」よりも、タイヤを太くして、ライダーのアクセシビリティを向上させている。2020年2月3日

Dt1a_20200207110601

 By Bruce Brown、digital trends

 Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来のベストセラーである「RadRover」よりも、太いタイヤを採用して、乗り心地を改善し、さまざまな目的に利用できるようにし、ライダーのアクセシビリティや、ユーザビリティを向上させている。

 「RadRover」のクロスチューブのデザインと、30.5インチのステップオーバー・ハイトにより、Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、より乗りやすい設計になっている。

 頑丈で多用途で、太いタイヤを採用して、乗り心地を良くした、電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来と同じ、1,499ドルの開始価格になっている。

    (続き)

 「RadRover」モデルには、調整可能なプリロードと、80mmの移動量を備えた、フロント・スプリング・フォークがあり、指でフォークを簡単に調整できるようになっている。

 照明には、RadのLEDハロー・フロントライトと、ブレーキをかけると明るくなる、リアライトが装備されている。

 Rad Power Bikesは、主に、電動バイクの購入者に、直接販売されており、送料は販売価格に含まれている。

Dt1b_20200207110701


 Radには、シアトル、バンクーバー、オランダに、ショールームがあり、さまざまなモデルがあり、試乗することもできる。

 Radの電動バイクは、北米、中央アメリカ、ヨーロッパで、人気がある。

 Radは、前輪とシートを取り外し、ハンドルバーを取り外した状態で、大型のカートンに入れて、必要な工具と共に、電動バイクを出荷している。

 ただし、重いので、カートンから、電動バイクを取り出すのが、少し大変である。

 オンライン・マニュアルは、RadのWebサイトからアクセスでき、「電動自転車、Rad Power Bikesの組み立て」説明ビデオが、YouTubeに用意されており、1~2時間で、この電動バイクを組み立てることができるようだ。

 「電動自転車、Rad Power Bikesの組み立て」説明ビデオ

 RadRover Step-Thruの全長は、75インチ、ハンドル・バーの高さは、47.5インチ、シートの高さは、ペダルの底から、28インチから37インチまで調整可能である。

 RadRover Step-Thruの重量は、RadRoverよりも、2ポンド多い71ポンド(32Kg)で、アクセサリを取り付けた後の重量は、83ポンド(37Kg)だった。

 ほとんどの場合、筆者は、ペダルをこぎ、スロットルを使用した。

 スロットルは、交通量の多い道路で、電動バイクをスタートさせる時に、特に役立った。

 平地ならば、時速20マイル(約30Km)を維持することは、さほど困難ではなかった。

 また、RadRover Step-Thruの重量は、タイヤが太いので、道路の端を走行するときの、乗り心地も、通常の自転車と比べれば、悪くなかった。

デル株式会社

2020年2月 6日 (木)

Sonyは、CES 2020で、プロトタイプの車を披露して、来場者を驚かした。(1)'20.02.06

【Sonyは、CES 2020で、プロトタイプの車を披露して、来場者を驚かした。(1)】'20.02.06

 代表的な技術ベンダは、将来の車が、どのように見えるかを、コンセプトで示すために、CES 2020で、コンセプト・カーを披露した。2020年1月11日

 「Sonyのコンセプト・カー、Vision-S」

 CES 2020で、Sonyは、歩行者や車の周囲を監視したり、インフォテインメント・システムを構築したりするための、センサーやデバイスを搭載した、未来的な車のプロトタイプ、「Vision-S」を披露した。

 Sonyは、自動車自体ではなく、自動車の分野へ、ビジネスを拡張するために、未来の車に必要な、カメラ、センサー、ライダー、インフォテインメント・システム(カーナビやサウンド・システムを含む)、および、運転支援システムなどの技術を提示すると発表した。

 しかし、最も重要なことは、技術ベンダが、未来の車が、どのように見えるかを決定することに、ますます関与している。

 これにより、技術ベンダは、自動運転技術の向上にも、貢献する。

 自動車メーカと技術ベンダは、ハンドルの前に、人がいる必要をなくす、未来の車を考えている。

 Sonyは、歩行者や車の周囲を監視したり、インフォテインメント・システムを構築したり、ドライバーに警告したりできるようにする、センサーを持つ、ハイテク自動車で、未来の車のコンセプト・カー、Vision-Sを発表した。  

 Sonyは、このような未来の技術を、車にもたらす、実験的な車を紹介する、最初の技術ベンダではない。

 これは、技術ベンダが、コンピューティングの次の主な波になる技術を提供することで、自動運転車業界に進出する、方法の1つを示している。

 自動運転技術は、CES 2020でも、常に、メジャーなテーマになっている。

 今回も、Ford、トヨタ、ホンダといった、自動車業界のリーダが、コンセプト・カーを披露している。

 未来の車のインフォテインメント・システムには、娯楽的な要素もあるので、CESのような、消費者向けのエレクトロニクス製品を紹介する、ショーで、自動車メーカや、技術ベンダが、コンセプト・カーを披露している。

 SonyのVision-Sは、2つの世界(自動運転や運転補助の、安全性や快適さと、音楽を聴いたり、映画を見たりできる、娯楽的な世界)を橋渡しする。

 2020年に、公道で、未来のプロトタイプ車の走行テストをすることを望んでいる、自動車メーカや、技術ベンダが、車の安全性、快適さ、および、娯楽性などを、実際に、テストして、実証するようになるだろう。

 Sonyのコンセプト・カーには、運転を補助するための技術や、車の周囲を監視する技術を提供するために、車の内部と外部に、33種類のセンサーが装備されている。

 例えば、カメラは、歩行者が、見えるようになる前に、近くの歩行者を捉えて、ドライバーに警告することができるようになる。

 車の、個々の座席に、設置される、Sonyの、空間音響システムや、大きなパノラマ・スクリーンで、映画やTVを見ることができるようになる。

「Vision-Sのプロトタイプ」の紹介ビデオ

     (続く)

デル株式会社

Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来のベストセラーの電動バイクである「RadRover」よりも、ライダーのアクセシビリティを向上させている。(1)'20.02.06

【Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来のベストセラーの電動バイクである「RadRover」よりも、ライダーのアクセシビリティを向上させている。(1)】'20.02.06

 Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来の人気ブランドのベストセラーの電動バイクである「RadRover」よりも、タイヤを太くして、ライダーのアクセシビリティを向上させている。2020年2月3日

Dt1a_20200206171901

 By Bruce Brown、digital trends

 Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来のベストセラーである「RadRover」よりも、太いタイヤを採用して、乗り心地を改善し、さまざまな目的に利用できるようにし、ライダーのアクセシビリティや、ユーザビリティを向上させている。

 「RadRover」のクロスチューブのデザインと、30.5インチのステップオーバー・ハイトにより、Rad Power Bikesの新しい電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、より乗りやすい設計になっている。

 頑丈で多用途で、太いタイヤを採用して、乗り心地を良くした、電動バイク「RadRover Step-Thru e-bike」は、従来と同じ、1,499ドルの開始価格になっている。

 確かに、同じ機能を備えているが、品質を保証しておらず、サポートを提供していない、1,000ドル以下で販売されている、電動バイクもある。

 また、ロードレースや、マウンテントレイル・ライディング用に設計された、5,000ドル以上の、特別な目的の電動バイクもある。

 Rad Power Bikesの他のモデルと同様に、2モデルの「RadRover」は、適正な価格で、期待する品質や耐久性を提供する。

 1,200ドルから1,800ドルの価格帯は、電動バイク市場で、最も急成長しているセグメントであり、「Rad Power Bikes」と「Juiced Bikes」が、現在、電動バイク市場のリーダである。

 汎用性の高い「RadRovers」は、オンロードとオフロード、トレイルやビーチ、キャンプ場の周辺、公園、そして、適切なアクセサリーを装備していれば、用事や買い物をするのに適している、多目的な電動バイクである。

 ただし、比較的重い、「RadRovers」は、マウンテン・バイクには、適していない。

 電動バイクの「RadRover Step-Thru」は、「クラス2」の電動バイクであり、バッテリーの電力を使用して、最高時速20マイルで、走行することができる。

Dt1b_20200206172101


 ライダーは、自転車のペダルをこぐときに、7速のShimanoの変速機を使用して、5段階で、ギアを変えることができる。

 電動バイク「RadRover Step-Thru」の、後輪ハブのバッテリー駆動の電気モータは、2つのモードで機能する。

 右ハンドルには、ツイスト・グリップ・スロットルがあり、ペダル操作の有無に関係なく、電動バイクとして使用できる。

 ペダルをこぐ、電動アシスト・モードは、20マイル/時で停止し、速度が、そのしきい値を下回った場合にのみ、ライダーを支援する。

 「RadRover Step-Thru」の充電式リチウムイオンNCAバッテリーを、フル充電したときに、走行できる距離は、25~45マイルである。

 フル充電したときに、走行できる距離は、貨物の総重量(人と荷物)、速度、傾斜、温度、タイヤの空気圧などにより、ペダルのパワーよりも、バッテリーパワーを使用する、度合いの違いによって異なる。

 付属の充電器で、バッテリー・パックを完全に充電するには、5~6時間かかる。

 この電動バイクには、「Rad Power Bikes」専用に設計された、幅4インチ x 直径26インチの「Kenda Juggernaut」タイヤが、装着されている。

 「Kenda Juggernaut」タイヤは、パンク耐性のあるライナーを備えており、さまざまな地形で、電動バイクに乗ることができるようにしている。

 タイヤの空気圧を調整すると、乗り心地が大幅に向上する。

 「Tektro」のメカニカルな、180mmのディスク・ブレーキは、強力な制動力を提供する。

 油圧式のディスク・ブレーキは、より少ない力で、確実に制動できるが、メカニカル・ブレーキよりも、コストがかかり、より多くのメンテナンスが必要になる。

 「RadRover Step-Thru e-bikeのプロモーション・ビデオ」の紹介

   (続く)

デル株式会社

2020年2月 5日 (水)

Fiat Chrysler Automobiles(FCA)の新しい、Uconnect 5ソフトウェアは、Androidオペレーティング・システム上に、構築された。'20.02.05

【Fiat Chrysler Automobiles(FCA)の新しい、Uconnect 5ソフトウェアは、Androidオペレーティング・システム上に、構築された。】'20.02.05

 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)の、新しい、Uconnect 5ソフトウェアは、Androidオペレーティング・システムの上に構築され、さらに、Alexaデジタル・アシスタントと、より良い、オーバー・ザ・エアー(OTA)アップデートをサポートしている。2020年1月27日

Dtc4a

 By Chaim Gartenberg、theverge

 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)の新しい、Uconnect 5ソフトウェアは、Appleのインフォテインメント・システム用のオペレーティング・システム、CarPlayと、Googleのインフォテインメント・システム用のオペレーティング・システム、Android Autoをサポートしている。

Dtc4b


 CarPlayは、Appleによって開発された、インフォテインメント・システム用のOSで、ドライバーや乗客が、音声コマンドやタッチ操作で、カーナビや、オーディオ、メールなどを、iPhoneスマートフォンを、コントローラとして、操作できるようにする。

 FCAは、車用の、インフォテインメント・システムの、最新版、Uconnect 5を発表した。

 この新しいシステムは、統合Alexaサポート、改善された、OTAファームウェア・アップデート、および、Apple CarPlayとAndroid Autoの、両オペレーティング・システムのサポートを含む、将来の、Chrysler、Dodge、Jeep、Ram、および、Fiatのための、新機能を追加している。

 インフォテインメント・システム、Uconnect 5のコアは、完全に、新たなハードウェアである。

 以前のPowernetを置き換える、Atlantisアーキテクチャは、ソフトウェア側の、Androidオペレーティング・システムの、スキン化された、版と結合される。

 新たなAtlantisハードウェアは、より強力で、より良いプロセッサを、6GBのRAM、最大で、64GBのフラッシュ・メモリを特徴にしており、さらに、大きな、より高解像度のディスプレイ(最大で、12.3インチで、UHDの解像度)をサポートしている。

 FCAは、新しいUconnect 5システムを、改善することで、古いシステムと比較して、最大5倍以上、高速にするという。

Dtc4d


 この新たなソフトウェアは、より良い、OTAファームウェアのアップデートを約束している。

 このアップデートは、FCA用に、過去に、問題になっていたことがある。

 FCAは、OTA Uconnectアップデートで、昨年、トラブルになっていた。

 いくつかの、ファームウェア・アップデートは、バックグラウンッドで、シームレスに、実施されるようになるが、他は、顧客が、ディーラーに依頼する必要がある。

 FCAは、ユーザが、Amazon Echoスピーカを使用して、車をスタートさせたり、ドアのカギをロックしたりするために、Alexaスキルを通して、以前から、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントをサポートしていた。

 Fiat Chryslerの、新しい、Uconnect 5は、インフォテインメント・システムに、ネーティブなAlexaのサポートを追加することにより、さらに、一歩前進する。

 これにより、新しい、Uconnect 5で、ドライバーや乗客が、音楽を制御したり、スポーツの試合や、天気予報などを確認したり、できるようになる。

 Uconnect 5ソフトウェアは、スマートフォンと、よりうまく連携できるようになるだろう。

 ユーザは、2種類のスマートフォン(AppleのiPhoneと、Androidベースのスマートフォン)を、このインフォテインメント・システムに接続できるようになり、ドライバーや乗客が、仕事で使用したり、音楽を選択したり、複数のスマートフォンで、制御できるようになる。

 FCAは、Uconnect 5で、Wi-Fiホットスポット能力を持つ、統合4G LTEをサポートしている。

 これにより、顧客は、車のインタフェースを通して、最寄りのガソリン・スタンドを見つけたり、注文を取ったり、ディーラーで、保守をしたりできるようになる。

 Uconnect 5は、複数のユーザ・プロフィールを追加し、ドライバーや乗客が、オーディオの設定、エアコンの制御、ミラーや座席の設定を、個々のユーザに合わせて、パーソナライズできるようにする。

 FCAは、どの車が、Uconnect 5を搭載するかを、と発表していなかったが、新たなハードウェア・システムは、新しい機能が、より古いモデルでは、利用できない、新たな機能があることを意味している。

 FCAは、2020年の後半に、新たな車に、Uconnect 5を搭載する計画である。

 「FCAは、未来のために、価値を構築する。」紹介ビデオ

デル株式会社

2020年2月 4日 (火)

世界の中古のスマートフォンの売上は、2023年に、670億ドルになることが予想される。'20.02.04

【世界の中古のスマートフォンの売上は、2023年に、670億ドルになることが予想される。】'20.02.04

 IDCによると、世界の中古のスマートフォンの売上は、2023年に、670億ドルになり、販売台数は、3億3290万台になることが予測されるという。2020年1月14日

 By IDC

 IDCは、正式に再生された、スマートフォンと、中古のスマートフォンの両方を、中古のスマートフォンとして、世界の中古のスマートフォンの販売台数と売上を予測している。

 IDCは、世界の中古のスマートフォンの売上は、2019年に、合計で、2億670万台に達したと見積もっている。

 IDCは、2018年に、中古のスマートフォンの販売台数は、前年から、17.6%増加し、1億7580万台になったと見積もっている。

 IDCは、中古のスマートフォンの販売台数は、2023年に、3億3290万台になると予測している。

 IDCは、中古のスマートフォンの販売台数の年間平均増加率(CAGR)は、2018年から、2023年まで、13.6%で増加すると予測している。

 しかし、メーカは、スマートフォンの、新しい機能と、手頃な価格のバランスを取っている。

 IDCは、5Gネットワークの展開と、5Gネットワークをサポートする、スマートフォンの展開に期待している。

 スマートフォンのユーザは、自分たちの、4Gネットワークをサポートした、スマートフォンを、5Gネットワークをサポートした、スマートフォンに買い換えると予測している。

表1)世界の中古のスマートフォンの販売台数(単位:100万台)

地域    2018年   2018年   2023年    2023年   年間平均
       販売数   シェア   販売台数   シェア   増加率

北米     39.0    22.2%     87.2     26.2%    17.4%
他の地域   136.8   77.8%    245.7     73.8%    12.4%

合計     175.8   100.0%    332.9     100.0%    13.6%

 ソース:IDC、2019年12月

 IDCによると、修理をして再生されたスマートフォンとは、ユーザが、買い換えにより、販売代理店などに戻したか、廃棄したスマートフォンのことだという。

 ユーザが、販売代理店などに戻したか、廃棄したスマートフォンは、再生され、初期化された後、テストされ、品質が保証され、中古のスマートフォンとして、販売される。

 IDCのレポート、「Worldwide Used Smartphone Forecast, 2019 - 2023 (Doc #US45726219)」は、世界の再生された、中古のスマートフォンの、5年間の販売台数の年間平均増加率は、2023年まで、13.6%で増加する見込みだとしている。

 この調査は、中古のスマートフォンを販売する、主要なプレーヤ、メーカ、通信キャリア、および、消費者に与える影響についても説明している。

デル株式会社

クッキー(Cookie)をクリアする方法 '20.02.04

【クッキー(Cookie)をクリアする方法】'20.02.04

 次の手順に従って、システムから、クッキー(Cookie)を削除する。2020年2月3日

Dt0a_20200204172601

 By Jon Martindale、digitaltrends

 ユーザは、次の手順に従って、システムから、クッキー(Cookie)を削除することができる。

 クッキー(Cookie)は、特定のWebサイトとのやり取りに関する情報を含む、Webブラウザによって書き込まれた、小さなテキスト・ファイルである。

 クッキー(Cookie)で、Webブラウザに書き込まれる、特定のWebサイトとのやり取りに関する情報には、ログイン用のユーザ名や、オンライン販売Webサイトで購入した、商品やサービスのような情報が含まれる。

 これらは、ユーザにとって、比較的害はないが、プライバシーに影響を与える可能性があり、システム上のスペースを占有するため、これらを削除することは、多くのユーザが、半定期的に行うことを好むものである。

 どのWebサイトが、取り残されているか、広告主が、そのデータに、どのようにアクセスしているのか、心配なユーザは、使用している、Webブラウザの最新バージョンから、クッキー(Cookie)をクリアする方法を見てみよう。

 「Google Chromeブラウザの場合」

 クッキー(Cookie)を簡単に削除したり、閲覧データを制御したり、受け入れたり、ブロックしたりする、ファイルの種類を指定できる。

ステップ1:右上隅にある、3つのドットのメニュー・アイコンをクリックし、「設定」を選択する。

Dt0b_20200204190901

 新しいタブが開いたら、ページの一番下までスクロールし、「詳細設定」をクリックする。

 これにより、追加のオプションを含めるための、「設定」ページが展開される。

ステップ2:最初に表示されるウィンドウは、「プライバシーとセキュリティ」パネルである。

 以下を見て、「閲覧履歴データを削除」をクリックする。

・閲覧履歴データを消去する。

 「データを削除」をクリックする。

Dt0a1

ステップ3:特定のクッキー(Cookie)だけを、消去するのか、それとも、すべてなのかを判断し、ドロップ・ダウン・メニューを使用して、どれくらい前に、消去するかを選択する。

 Googleは、このGoogleアカウントで、サインインしている、他のデバイスと、このアクションを同期することに注意しよう。

 ユーザは、必要に応じて、特定のデバイスのみに影響するよう、切り換えることがでる。

Dt0b_20200205071301


ステップ4:用意ができたら、青い「データを消去(Clear Data)」ボタンをクリックする。

 Googleアカウントが、他のデバイスと同期されている場合、それらのデバイスのクッキー(Cookie)もクリアされる。

 そうしたくない場合(例えば、これらのクッキー(Cookie)の一部は、ビジネスに役立つ可能性がある)、ユーザは、最初に、アカウントからログアウトする必要がある。

 今後のクッキー(Cookie)の保存方法を管理するには、「プライバシーとセキュリティ」に戻り、「コンテンツの設定」をリストして、「Cookie」をクリックする。

 ユーザは、どのクッキー(Cookie)を保存するか、どの3rdパーティのクッキー(Cookie)をブロックするかどうかの、オプションを選択することができる。

Dt0c_20200205071401

デル株式会社

FCAのAirflow Visionは、ユーザ経験(UX)の未来を示している。'20.02.04

【FCAのAirflow Visionは、ユーザ経験(UX)の未来を示している。】'20.02.04

 FCAのAirflow Visionは、新たなChrysler SUVと、ユーザ経験(UX)の未来を示している。2020年1月12日

 By automotivemap

 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)のブランドの特徴の1つは、洗練されたインテリアを持つことだろう。

Dtces3


 ただし、同社の「UConnect」インフォテインメント・システムは、一般的に、ビジネスに適している。

Dtces3b


 FCAの「Airflow Vision」コンセプト・カーは、車内技術とインテリアを引き継いで、次世代の外観や機能の将来を模索している。

 このコンセプト・カーのインテリアや機能は、ユーザが、どのように、利用するかを考慮して、ユーザ経験に合わせて設計されている。

 FCAによると、「Airflow Vision」コンセプト・カーは、ユーザの、外出先でのライフスタイルや、さまざまな環境で、技術のバランスを取りながら、最高の移動体験を望む、ユーザ向けに構築されているという。

 FCAの「Airflow Vision」コンセプト・カーにおける、ユーザ経験(UX)には、多層の高コントラスト・グラフィックスを備えた、スクリーン画面が採用されている。

 FCAによると、「Airflow Vision」コンセプト・カーの「深さ、階層、一貫性、読みやすさの原則」に基づいて設計されている。

 FCAによると、「Airflow Vision」コンセプト・カーは、平均的なユーザが、ユーザ経験(UX)を、簡単に、カスタマイズできるよう、設計されているという。

 この「Airflow Vision」コンセプト・カーは、乗員が、ユーザ・インタフェース(UI)を、パーソナリズできるようにすると共に、情報を、乗員間で共有できるようにする。

 この「Airflow Vision」コンセプト・カーは、明るく、広々としたインテリアを特徴としており、スエードと革を豊富に使用しており、座席には、台座付きのスリムなプロファイルが、備えられている。

 「Airflow Vision」コンセプト・カーの外観は、空気力学に基づいた、滑らかなデザインや広いスタンスを特徴にしており、プレミアム・デザインの未来を示唆している。

 「CES 2020での、FCAのAirflow Visionコンセプト・カーの紹介」ビデオ

 このコンセプトに基づく、車の構築は、数年先のようだが、このコンセプト・カーに示されている技術の、さまざまな要素が、FCAの、これから構築される車に、採用され始める可能性がある。

 FCAは、同社のSport Utility Vehicle(SUV)のラインナップを進化させる必要があるだろう。

デル株式会社

2020年2月 3日 (月)

Gartnerは、世界のスマートフォンの売上が、2020年に、前年から、3%増加すると予測している。'20.02.03

【Gartnerは、世界のスマートフォンの売上が、2020年に、前年から、3%増加すると予測している。】'20.02.03

 Gartnerによると、2020年に、世界のスマートフォンの売上が、前年から、3%増加するという。2020年1月28日

 By Gartner

 中東と北米、成熟したアジア・パシフィック、および、中国は、スマートフォンの売上が、それぞれ、5%以上増加する見込みである。

 Gartnerによると、エンドユーザへの、スマートフォンの売上は、2020年に、前年から、3%増加して、15億7000万台に達する見込みであるという。

 2019年に、世界のスマートフォンの売上は、2008年以来、初めて、2%の減少を経験した。

 2020年に、5G移動通信システムが、整備されて、5Gをサポートした、スマートフォンの価格が、下がるにつれて、5Gをサポートした、スマートフォンの出荷台数が、増えるだろう。

 Gartnerは、5G対応のスマートフォンの出荷台数は、2020年に、合計で、2億2100万台になり、5G対応のスマートフォンの売上は、2021年に、前年から、2倍以上減少した。

 2020年に、5G対応のスマートフォンの売上は、スマートフォンの売上全体の、12%を占める見込みである。

 2020年に、5G対応のスマートフォンの出荷台数は、合計で、2億2100万台になる。

 5G対応のスマートフォンの売上は、スマートフォン全体の売上の12%を占め、2021年に、倍増する見込みであり、5G対応のスマートフォンの出荷台数は、4億8900万台になる。

 5G対応のスマートフォンの商用化は、2020年に、加速される。

 300ドル未満の、価格の、5G対応のスマートフォンが、発表されたので、5G対応のスマートフォンの出荷台数は、4G対応のスマートフォンの出荷台数を超えることが期待される。

 地域的な観点から、「中東と北アフリカ」、「成熟したアジア・パシフィック」、および、「中国(中国、台湾、香港)」における、2020年の、5G対応のスマートフォンの出荷台数は、それぞれ、5.9%、5.7%、5.1%になる見込みである。

表1)世界のスマートフォンの、地域ごとの、エンドユーザへ販売した、スマートフォンの出荷台数、2019年から2021年

  (単位:1000台)

地域        2019年  2020年  2021年

東欧        48,468   48,532   49,121

アジア・パシフィック
の新興国      363,643  376,784 396,394

ユーラシア      48,612  50,915  52,860

中国        411,351 432,328  426,002

日本         31,866  32,273   33,027

ラテンアメリカ   129,830 125,635 122,963

成熟したアジア・
パシフィック     30,095  31,802  31,234

中東と北アフリカ   73,872  78,226  75,604

北米        152,857  155,350  158,618

サハラ以外の
アフリカ       90,103   91,917   93,169

西欧        144,141  147,457  150,206

合計       1,524,838 1,571,219 1,589,198

 ソース:Gartner、2020年1月)

 一般的に、5Gスマートフォンに対する、需要は強い。

 Appleの最初の5G対応のスマートフォン、iPhoneは、特に、アジア・パシフィックと中国において、スマートフォンに対する、需要を促すだろう。

 スマートフォンの売上の観点において、中国と、新興アジア・パシフィックは、2020年に、それぞれ、4億3230万ドルと、3億5680万ドルで、1位と2位を維持するだろう。

 Gartnerの顧客は、「Forecast: Mobile Phones, Worldwide, 2017-2023, 4Q19 Update.」において、スマートフォンの売上を知ることができる。

デル株式会社

CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(5)'20.02.03

【CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(5)】'20.02.03

 この記事は、CES 2020年において、Audi、Sony、Mercedesが披露した、最良のコンセプト・カーを紹介する。2020年1月9日

 By Nick Mokey、digital trends

 この記事は、ショールームに展示されていた、技術やガジェットなどと共に、CES 2020で、披露されていた、コンセプト・カーを紹介する。

 CES 2020年で披露されているようなコンセプト・カーは、バットマン・カーのような、車を披露していた、1950年以来、モーター・ショーの定番になっている。

 最近の消費者向けのエレクトリニクス・ショー(CES)では、モーター・ショーのような感じの、コンセプト・カーの展示も増えている。

 CES 2020年では、例えば、Audi、Sony、Mercedesが、通常のコンセプト・カーとは異なった、最良のコンセプト・カーを披露していた。

 AudiやSonyからの、コンセプト・カーといった、CES 2020の車のスターを紹介する。

    (続き)

5)Fiat Chrysler Automobiles(FCA)は、車の、新たなユーザ経験を提供する。

Dtecs2e


 Fiat Chrysler Automobiles(FCA)は、CES 2020で、電気自動車の、新たなユーザ経験を紹介するためのコンセプト・カー、「FCA Airflow」を披露した。

 FCAのコンセプト・カー、FCA Airflowには、Androidベースの、インフォテイメント・システム、「FCA Uconnect5」が、搭載されており、新たなユーザ経験(UX)を提供する。

 このAndroidベースのインフォテイメント・システム、「FCA Uconnect5」には、AmazonのAlexa、音声対応デジタル・アシスタントが搭載されており、ユーザは、走行中にも、Alexaとの会話を通して、ハンズフリーで、レストランを予約したり、最寄りの充電スタンドを探したり、メールを読んで貰ったり、気になるニュースをチェックしたり、今日の予定を確認したり、できるようになる。

 FCAは、CES 2020での、コンセプト・カー、FCA Airflowの紹介において、気流の概念を説明した。

 FCAのコンセプト・カー、FCA Airflowは、制御と娯楽の両方に対応する、巨大なドアと、4つのスクリーン画面を備えた、非常に空力的なデザインになっている。

 また、「Apple CarPlay」「Android Auto」といった、カーナビ・アプリと連携する機能も追加されており、ユーザは、音声コマンドで、カーナビ・アプリを利用できるようになる。

 ミニバンサイズのフットプリントに、4席しか置けないため、内部はまるで、ラウンジのように感じられる。

 「FCA Uconnect5の紹介」ビデオ

デル株式会社

2020年2月 2日 (日)

Gartnerは、世界のデバイス出荷が、2020年に、前年から、0.9%増加すると予想している。'20.02.02

【Gartnerは、世界のデバイス出荷が、2020年に、前年から、0.9%増加すると予想している。】'20.02.02

 Gartnerは、2020年に、世界のデバイスの出荷台数が、前年から、0.9%増加すると予測している。2020年1月21日

 By Gartner

 5G移動通信システムをサポートした、スマートフォンの出荷台数のシェアは、2020年の、12%から、2022年には、43%に増加する、見込みである。

 Gartnerは、デバイス(PC、タブレット、および、スマートフォン)の、世界の出荷台数が、2019年から、0.9%増加して、2020年には、合計で、2160億台になると予測している。

 2019年に、デバイスの世界の出荷台数は、合計で、21億5000万台になる見込みである。

 5Gをサポートした、より手頃な価格の、スマートフォンの提供が、増加しているので、2020年には、買い換えの需要が増えて、世界のデバイスの出荷台数が、再度、緩やかに増加し始めている。

 世界のスマートフォンの出荷台数は、2020年に、前年から、1.7%だけ増加している。

 スマートフォンの出荷台数は、2019年に、前年から、2%だけ減少していたが、2020年には、特に、中国とアジア・パシフィックの、新たな市場で、増加することが、期待されている。

 Gartnerは、5Gをサポートしたモデルは、2020年には、スマートフォンの出荷台数全体の、12%を占めており、2022年までに、スマートフォンの出荷台数全体の、43%を占めていると見積もっている。

 2020年から、Gartnerは、5Gをサポートした、スマートフォンの価格が、低下するので、5Gをサポートした、スマートフォンの、販売台数が増加すると、予測している。

 5G移動通信システムの対象範囲が拡大するので、ユーザは、5Gをサポートした、スマートフォンで、より良い、インターネットの高速アクセスを、体験できるようになる。

表1)世界のデバイスのタイプごとの、出荷台数、2020年から、2022年(単位:100万台)

デバイスのタイプ      2020年    2021年   2022年

従来のデスクトップ
ノートブック         178.279   169.891  161.672

ウルトラ・モバイル
(プレミアム)         72.529   76.789   80.036

PC市場の合計       250.807   246.680  241.708

ウルトラ・モバイル
(基本とユーティリティ)  138.712  134.255   132.465

コンピューティング・
デバイス市場        389.519  380.935   374.173

スマートフォン       1,776.779 1,771.242  1,756.936

デバイス市場の合計   2,166.298 2,152.177  2,131.109

 ソース:Gartner、2020年1月

 世界のPCの販売台数は、2020年に、減少している。

 2019年に、PCの出荷台数は、再度、増加を経験した後に、2020年には、PCの出荷台数は、減少すると予測されている。

 2020年を通して、このPC市場は、Windows 10への移行の終了により、影響されるだろう。

 専門家向けのPC市場において、この3年間、出荷台数が、増加した後、PCの買い換え台数は、減少してきた。

 今回は、5G移動通信システムの対象範囲が、拡大するので、2020年を通して、専門家向けのPCの、5Gをサポートした機種への、買い換えが増加するだろう。

 中国政府は、2019年に、現地で製造された、「安全で、信頼性のあるPC」イニシアティブを開始した。

 さらに、Microsoftの、Windows 7のサポートが、2020年1月14日に、終了したことに対応して、新興地域に渡り、中小企業から、「ロングテール」アップグレードがあるだろう。

 Gartnerは、現在使用されている、PCの約80%に当たる、約10億台のPCが、2020年を通して、Windows 10へ移行するだろうと、見積もっている。

 結果として、PCのアップグレード・サイクルのピークは、Windowsオペレーティング・システム(OS)のアップグレードにより、促された。

 Gartnerの顧客は、「Forecast: PCs, Ultramobiles and Mobile Phones, Worldwide, 2017-2023, 4Q19 Update」で、詳細を知ることができる。

デル株式会社

CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(4)'20.02.02

【CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(4)】'20.02.02

 この記事は、CES 2020年において、Audi、Sony、Mercedesが披露した、最良のコンセプト・カーを紹介する。2020年1月9日

 By Nick Mokey、digital trends

 この記事は、ショールームに展示されていた、技術やガジェットなどと共に、CES 2020で、披露されていた、コンセプト・カーを紹介する。

 CES 2020年で披露されているようなコンセプト・カーは、バットマン・カーのような、車を披露していた、1950年以来、モーター・ショーの定番になっている。

 最近の消費者向けのエレクトリニクス・ショー(CES)では、モーター・ショーのような感じの、コンセプト・カーの展示も増えている。

 CES 2020年では、例えば、Audi、Sony、Mercedesが、通常のコンセプト・カーとは異なった、最良のコンセプト・カーを披露していた。

 AudiやSonyからの、コンセプト・カーといった、CES 2020の車のスターを紹介する。

    (続き)

4)ホンダは、運転の概念を拡張した。

 ホンダは、CES 2020で、「拡張運転コンセプト(Augmented Driving Concept)」という、コンセプトを紹介した。

Dtecs2d


 世界の自動車メーカは、将来、自動運転車を提供することを模索しているが、ホンダは、「人間が、完全に、自動車の制御を放棄したいと思っている」とは、考えていない。

 ホンダによると、「拡張運転コンセプト(Augmented Driving Concept)」により、乗客は、自律的に移動できるようになるが、周囲の環境に反応できるようになるという。

 CES 2020でのデモで、「拡張運転コンセプト」を紹介するために、ホンダは、自動運転車が、例えば、乗客が、海辺の写真を撮れるように、停車したり、自転車に乗る人とおしゃべりできるように、減速したりできることを示した。

 ホンダは、自動運転車で、乗客が、このような、新たなユーザ経験を体験できるようにすることを考えているようだ。

 このような人間的に振る舞う、自動運転車は、例えば、観光地で、旅行者の観光案内をする、ガイド役として、利用できるようになるかも知れない。

 「ホンダの拡張運転コンセプト(Augmented Driving Concept)の紹介」ビデオ

   (続く)

デル株式会社

CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(3)'20.02.02

【CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(3)】'20.02.02

 この記事は、CES 2020年において、Audi、Sony、Mercedesが披露した、最良のコンセプト・カーを紹介する。2020年1月9日

 By Nick Mokey、digital trends

 この記事は、ショールームに展示されていた、技術やガジェットなどと共に、CES 2020で、披露されていた、コンセプト・カーを紹介する。

 CES 2020年で披露されているようなコンセプト・カーは、バットマン・カーのような、車を披露していた、1950年以来、モーター・ショーの定番になっている。

 最近の消費者向けのエレクトリニクス・ショー(CES)では、モーター・ショーのような感じの、コンセプト・カーの展示も増えている。

 CES 2020年では、例えば、Audi、Sony、Mercedesが、通常のコンセプト・カーとは異なった、最良のコンセプト・カーを披露していた。

 AudiやSonyからの、コンセプト・カーといった、CES 2020の車のスターを紹介する。

    (続き)

3)Mercedes-Benzのコンセプト車、Vision AVTR

 Mercedes-Benzは、CES 2020で、コンセプト車、Vision AVTRを披露した。

Dtecs2c


 なぜMercedesは、James Cameronと提携して、彼の映画「アバター」に基づいたコンセプト車を構築したのだろう?

 理由は、よく分からないが、「アバター」に基づいた、コンセプト車、Vision AVTRの楽しさを損なうことはなかった。

 Vision AVTRは、単一の平らな表面を見つけるのが難しい、曲線的なデザインの、コンセプト車である。

 Mercedesによると、コンセプト車(電気自動車)、Vision AVTRは、リサイクル可能な、環境に優しい材料で作られており、バッテリーには、堆肥化できるグラフェン電池が、使用されていると言う。

 Mercedesは、同社の未来の車(コンセプト車)に、安全性、確実性、快適性、保守性などに加え、より洗練されたデザインと、環境に配慮しているようだ。

 「Mercedes-Benzのコンセプト車、Vision AVTRの紹介」ビデオ

   (続く)

デル株式会社

2020年2月 1日 (土)

2019年4Qに、Appleは、2019年4Qに、世界のスマートフォン市場で、トップになった。(1)'20.02.01

【2019年4Qに、Appleは、2019年4Qに、世界のスマートフォン市場で、トップになった。(1)】'20.02.01

 IDCによると、Appleは、2019年4Qに、世界のスマートフォンの出荷台数で、トップになったという。2020年1月30日

 By IDC

 IDCによると、Appleが、2019年4Qに、世界のスマートフォンの出荷台数で、トップになり、中国のHuaweiが、2位になったという。

 IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackeによると、2019年4Qに、世界のスマートフォンの出荷台数は、前年同期から、1.1%減少していたという。

 世界のスマートフォンの出荷台数は、フラットに推移してきた。

 AppleとHuaweiのスマートフォンの出荷台数の合計は、2019年4Q中に、前年同期から、2.9%増加し、3億6880万台になった。

 結局、中国において、消費者は、5Gをサポートした、スマートフォンの購入を待ち合わせているので、スマートフォンの出荷台数は、減少していた。

 Appleは、2019年4Qに、スマートフォンの出荷台数で、世界のトップになり、Huaweiは、2位になった。

 Samsungは、2019年の1年間では、スマートフォンの出荷台数で、何とか、トップを維持した。

 Huaweiの、中国以外の国における、スマートフォンの出荷台数は、2019年4Qに減少したが、2019年の1年間に、Appleを抜いて2位になった。

 2019年の1年間に、5G移動通信システムをサポートした、スマートフォンや、フォルダブルなスマートフォンが出荷されたにも関わらず、スマートフォンの出荷台数は、減少していた。

 2019年に、スマートフォンの出荷台数が、減少したが、2019年4Qは、Apple、Xiaomi、および、OPPOといった、トップ・プレーヤは、スマートフォンの出荷台数を、増加させていた。

 数年前から、XiaomiとOPPOの両方は、インドにおいて、スマートフォンの出荷台数を、増加させており、Huaweiは、西欧において、スマートフォンの出荷台数を、増加させている。

 Appleは、2019年4Qに、スマートフォンの出荷台数のシェアが、50%を占めていた。

 5Gをサポートしている、スマートフォンを探している、ユーザは、手頃な価格のスマートフォンが、提供されるのを、待っているので、2019年は、5Gをサポートした、スマートフォンの出荷台数は、伸びなかった。

 「スマートフォンのベンダのハイライト」

・Appleは、2019年4Qに、iPhoneを、前年同期から、7.9%増加させて、7380万台出荷した。

・Samsungは、2019年3Qに、スマートフォンの出荷台数が、ピークになる傾向があったので、2019年4Qに、Appleにより、スマートフォンの出荷台数が、追い越された。

・Samsungのスマートフォンの出荷のトレンドは、国内での、5Gサポートのスマートフォンの出荷台数が、減少したので、スマートフォン全体の出荷台数が、減少した。

 最新のGalaxy Sシリーズと、新たなフォルダブルな、スマートフォンの提供で、2020年1Qに、Samsungは、出荷台数を伸ばすことが予想される。

 IDCは、2020年には、SamsungのGalaxy SやNoteシリーズと比較して、より低価格な、5Gをサポートした、スマートフォンの新モデルが、発売されると予想している。

・Huaweiは、2019年3Qに、スマートフォンの在庫を増やし、2019年4Qには、スマートフォンの出荷台数が、減少した。

・Huaweiは、Mate 30シリーズの価格が高いことが、要因になり、中国において、在庫を増やしている。

 それにも関わらず、中国の流通チャネルのプレーヤは、Huaweiと連携することを、望んでいるようだ。

 結果として、Huaweiは、流通チャネルのプレーヤを、財務的にサポートすることで、インセンティブを与えて、スマートフォンの出荷台数を増加させた。

   (続く)

デル株式会社

CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(2)'20.02.01

【CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(2)】'20.02.01

 CES 2020年において、Audi、Sony、Mercedesが披露した、最良のコンセプト・カーを紹介する。2020年1月9日

 By Nick Mokey、digital trends

 ショールームに展示されていた、技術やガジェットなどと共に、CES 2020で、披露されていた、コンセプト・カーを紹介する。

 CES 2020年で披露されているようなコンセプト・カーは、「バットマン・カー」のような、車を披露していた、1950年以来、モーター・ショーの定番になっている。

 最近の消費者向けのエレクトリニクス・ショーである、最近のCES(Consumer Electronics Show)では、モーター・ショーのような感じの、コンセプト・カーの展示も増えている。

 CES 2020年では、例えば、Audi、Sony、Mercedesが、通常のコンセプト・カーとは異なった、最良のコンセプト・カーを披露していた。

 AudiやSonyからの、コンセプト・カーといった、CES 2020の車のスターを紹介する。

   (続き)

2)Sonyの車のコンセプト、Vision S

Dtecs2b


 Sonyが、CES 2020で、車を帽子から引き抜くとは、誰も予想していなかったので、来場者は、Vision Sのコンセプトを、さらに楽しく、見ることができた。

 Sonyが、CES 2020で披露する、「Vision S」コンセプト・カーは、同社が、自動車メーカーに提供できる、電子部品を誇示するよう、設計されており、カメラから、ライダー(LIDAR)まで、33種類以上のセンサーを搭載している。

Dtecs2a2_20200201142801

 雪のように白い、インテリアは、ダッシュ・ボード全体に広がる、スクリーン画面に加え、すべての座席の後ろに、スクリーン画面と、360度のオーディオを備えており、Sonyの独特なデザインが特徴になっている。

 「Sonyの「Vision S」コンセプト・カーの紹介」ビデオ

    (続く)

デル株式会社

« 2020年1月 | トップページ | 2020年3月 »

ウェブページ

広告2