« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

2020年1月

2020年1月31日 (金)

CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(1)'20.01.31

【CES 2020における、最良のコンセプト・カー:Audi、Sony、Mercedes(1)】'20.01.31

  CES 2020年において、Audi、Sony、Mercedesが披露した、最良のコンセプト・カーを紹介する。2020年1月9日

 By Nick Mokey、digitaltrends

 ショールームに展示されていた、技術やガジェットなどと共に、CES 2020で、披露されていた、コンセプト・カーを紹介する。

 CES 2020年で披露されているようなコンセプト・カーは、バットマン・カーのような、車を披露していた、1950年以来、モーター・ショーの定番になっている。

 最近の消費者向けのエレクトリニクス・ショー(CES)では、モーター・ショーのような感じの展示も増えている。

 CES 2020年では、例えば、Audi、Sony、Mercedesが、通常のコンセプト・カーとは異なった、最良のコンセプト・カーを披露していた。

 AudiやSonyからの、コンセプト・カーといった、CES 2020の車のスターを紹介する。

Dtecs2a2

1)Audiのコンセプト・カー、AI:ME

Dtecs2a


 Audiは、毎年、いくつかのハイコンセプト・カーを、CESに、もたらしている。

 CES 2020では、Audiは、コンセプト・カー、AI:MEで、レベル4の自動運転車の可能性を示した。

 Audiの完全自動運転車(レベル4)のコンセプト・カー、「AI:ME」には、ハンドルも、ブレーキも、アクセルもない。

 完全(レベル4や5)自動運転車には、人間が操作する、必要はなくなるが、自動車メーカは、人が運転するよりも、安全で確実に走行できることを、統計的に実証する必要があり、万が一の事故が発生した場合も、メーカが責任を負う、必要がある。

 「Audiのコンセプト・カー AI:MEの紹介」ビデオ

 Audiは、タッチ操作、音声コマンド、ジェスチャーに加え、視線でも、操作できるようにした、視線を検出できる、インフォテインメント・システムを構築した。

 これにより、例えば、乗客は、窓を見つめることにより、音楽番組を選択できるようになるようになる。

   (続く)

デル株式会社

ASUSは、CES 2020で、AMD Ryzen 4000と、ドット・マトリックス・ディスプレイを搭載した、ラップトップ、ROG Zephyrus G14を紹介する。'20.01.31

【ASUSは、CES 2020で、AMD Ryzen 4000と、ドット・マトリックス・ディスプレイを搭載した、ラップトップ、ROG Zephyrus G14を紹介する。】'20.01.31

 ASUSは、CES 2020で、AMDの8コアのRyzen 4000シリーズと、ドット・マトリックス・ディスプレイを搭載した、ゲーム向けのラップトップ、ROG Zephyrus G14を紹介する。2020年1月7日

Ces2020arm1j_20200131170401

 By RICHARD DEVINE、windows central

 ASUSは、CES 2020で、AMDの8コアのRyzen 4000シリーズと、ドット・マトリックス・ディディスプレイを搭載した、ゲーム向けのラップトップ、ROG Zephyrus G14を紹介する。

 ROG Zephyrus G14は、処理プロセッサ(CPU)として、AMDの8コア400シリーズ・ラップトップ、APUを搭載しており、グラフィクス・プロセッサ(GPU)として、RTX 2060を搭載している。

 ROG Zephyrus G14ラップトップのディスプレイは、高解像度、あるいは、高リフレッシュ・レートの、選択肢がある。

 ROG Zephyrus G14には、カスタマイズ可能な、LEDドット・マトリックス・ディスプレイが付いている。

 このゲーム向けの、ラップトップ、ROG Zephyrus G14には、AMDの最新の7nm Zen 2プラットフォーム上に構築された、8コア、16スレッドのプロセッサが、搭載されている。

 ASUSとAMDは、ROG Zephyrus G14とG15にのみ搭載される、カスタマイズ版のRyzen 7 4800HSで、提携している。

 ROG Zephyrus G14は、高速LANの「Wi-Fi 6」をサポートしており、Intelのプロセッサ(CPU)を使用していないにも関わらず、ASUSは、最新かつ最高の無線技術へのアクセスを保証している。

 ASUSによると、ROG Zephyrus G14は、Intelのプロセッサではなく、AMDの最新の7nm Zen 2プラットフォーム上に構築された、8コア400シリーズ・ラップトップ、APUを搭載した、世界で、最も、強力な、14インチのラップトップの1つであり、ゲームをするだけでなく、ゲームやコンテンツを制作するのにも適した、優れた、処理性能と、グラフィクス性能を特徴にしているという。

 ROG Zephyrus G14ラップトップの、他の便利で、有用な機能には、統合された指紋スキャナー、Dolby Atmosオーディオ、USB-C充電がある。

 「ASUS ROG Zephyrus G14ラップトップの紹介」ビデオ

・ディスプレイ

14インチ(1080p 60Hz/120hzか、1440p 60Hz)

・プロセッサ

最高、AMD Ryzen 7 4800HS
8コア、16スレッド

・グラフィクス

最高、NVIDIA RTX 2060

・メモリ

・32GB DDR4 3200MHz

・ストレージ

最高、1TB PCIe 3.0 ソリッド・ステート・ドライブ(SSD)

・セキュリティ

指紋スキャナー

・無線

Wi-Fi 6

・ポート

第2世代のUSB-C 3.2
第2世代のUSB-C 3.2
第1世代のUSB-A 3.2
HDMI 2.0

ヘッドセットのジャック、3.5mm

・オーディオ

Smart AMP技術を採用した、2.5Wのスピーカ x 2
Dolby Atmos

・重さ

1.6 kg(3.52オンス)

 高速LANの「Wi-Fi 6」をサポートしており、Intelのプロセッサ(CPU)を使用していないにも関わらず、ASUSは、最新かつ最高の無線技術へのアクセスを保証している。

 ASUSによると、ROG Zephyrus G14は、世界で、最も、強力な、14インチのラップトップの1つであり、ゲームをするだけでなく、ゲームやコンテンツを制作するのにも適した、優れた、処理性能と、グラフィクス性能を特徴にしているという。

 ROG Zephyrus G14ラップトップの、他の便利で、有用な機能には、統合された指紋スキャナー、Dolby Atmosオーディオ、USB-C充電がある。

 ROG Zephyrus G14は、2020年1Qに、ROG Zephyrus G15は、2020年2Qに、発売される予定である。

デル株式会社

2020年1月30日 (木)

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(9)'20.01.30

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(9)】'20.01.30

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

   (続き)

9)ASUSは、CES 2020で、AMDのRadeonプロセッサとNVIDIA GeForceグラフィクスを搭載した、Windows 10ベースの、新しいROG Zephyrus G14ラップトップを紹介した。

Ces2020arm1j


 ASUSは、CES 2020で、コンパクトな、ROG Zephyrus G14、ラップトップを紹介した。

 「ASUS ROG Zephyrus G14の紹介」ビデオ

 このROG Zephyrus G14は、AMDのブランドの、Ryzen 4000シリーズのラップトップ用のAPUにより駆動されている。

 このAMDブランドのAPUは、AMDの最新の7nm Zen 2プラットフォーム上に構築された、8コア、16スレッドのプロセッサが、組み込まれている。

 最大、NVIDIA RTX 2060、32GBのDDR4 RAM、1TB PCIe 3.0 SSD、印象的なモバイル・パワーハウスを構築することにより、達成される。

 このROG Zephyrus G14ラップトップ上には、カスタマイズ可能な、LEDドット・マトリクス・ディスプレイがある。

デル株式会社

HP Spectre x360 15は、低消費電力で、よりバッテリー寿命の長い、ビジネス向けの、コンバーチブルなラップトップである。'20.1.30

【HP Spectre x360 15は、低消費電力で、よりバッテリー寿命の長い、ビジネス向けの、コンバーチブルなラップトップである。】'20.1.30

 HPは、CES 2020で、より低消費電力と、より長いバッテリ寿命、および、5Gへの接続性を提供する、ビジネス向けの、コンバーチブルなラップトップである、HP Spectre x360 15を発表した。2020年1月5日
Ces2020k

 By window scentral

 HPが、CES 2020で発表した、Spectre x360 15は、より低消費電力で、よりバッテリ寿命が長く、5Gへの接続性を提供する、ビジネス向けの、コンバーチブルなラップトップである。

 HP Spectre x360 15には、第10世代のIntel Core i7プロセッサと、NVIDIAのGeForceグラフィックス・プロセッサが、搭載されている。

 HP Spectre x360 15は、2020年3月にリリースされる予定であり、価格設定は、1,600ドルからのようだ。

 このラップトップ、Spectre x360 15には、Uシリーズ用のNVIDIA MXチップと、45ワットCPU用のNVIDIA GeForceグラフィックス・プロセッサが、搭載されているモデルもある。

 HP Spectre x360 15ラップトップは、2020年にリリースされ、基本価格は、1600ドルからである。

 HP Spectre x360 15ラップトップは、15.6インチの4K OLEDディスプレイ、または、DCI-P3色域範囲の4K IPSディスプレイを装備している。

 HPは、HP Spectre x360 15ラップトップの、スクリーン画面の上部と下部のベゼルを減らし、画面の、本体に対する比率を、90%にした。

 HPによると、HP Specter x360 15は、「Wi-Fi 6」をサポートしており、「Wi-Fi 5」のほぼ3倍のファイル転送速度を実現している。

 「HP Spectre x360 15ラップトップの紹介」ビデオ

「HP Spectre x360 15の仕様」

・ディスプレイ

15.6インチの4K OLED

・プロセッサ

最高で、第10世代のIntel Core i7

・グラフィクス

最新のNVIDIA GeForce

・ポート

HDMI
microSD
USB 2x Thunderbolt 3 USB-C

・Webカメラと赤外線(IR)カメラ

・オーディオ

クアッド・ファイアリング・スピーカ

・セキュリティ

指紋リーダー

HPのWebカメラの完全オフ・スイッチ

マイクのミュート・ボタン

・無線

「Wi-Fi 6」のサポート

・バッテリー寿命:17時間

・スタイラス・ペンのサポート

デル株式会社

2020年1月29日 (水)

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(8)'20.01.29

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(8)】'20.01.29

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

Ces2020i_20200129194401

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

   (続き)

8)HPは、CES 2020で、Intelの最新の第10世代のプロセッサを搭載した、Windows 10ベースの、新しいSpectre x360 15ラップトップを紹介した。

 HP Spectre x360 15は、2020年のエンハンスで、低消費電力で、長寿命のバッテリー、および、最新の、G5移動通信ネットワークへの接続性をもたらす。

 HPの最新のコンバーチブルなラップトップ、Spectre x360 15は、ハードウェア仕様の予約リストと共に、CES 2020で発表された。

 これは、15.6インチの4K OLEDディスプレイ、または、4K IPSディスプレイを詰め込んでおり、ベゼルが縮小されて、スクリーン画面の、本体との比率が、90%になっている。

 また、Uシリーズ用のNVIDIA MXチップと、45ワットのCPU用のNVIDIA GeForceグラフィックスを備えた、第10世代Intelプロセッサーを採用している。

 「HP Spectre x360 15の紹介」ビデオ

デル株式会社

2020年1月28日 (火)

Samsungは、Galaxy Book Flex αを、QLEDディスプレイを装備しながら、830ドルで販売する。'20.01.28

【Samsungは、Galaxy Book Flex αを、QLEDディスプレイを装備しながら、830ドルで販売する。】'20.01.28

 Samsungは、標準のGalaxy Book Flexのフル機能を必要としていないユーザに、Galaxy Book Flexの機能や性能を落とした、廉価版である、 Galaxy Book Flex αを、手頃な価格で販売する。2020年1月2日

Ces2020h2_20200128210601

 By windows central

 CES 2020で、Samsungは、Galaxy Bookのラインナップを増やし、QLED(Quantum Dot LED)ディスプレイを装備しながら、より手頃な価格で、Galaxy Book Flex αを販売する。

 「Samsung Galaxy Book Flexの紹介」ビデオ

 Galaxy Book Flex αは、2019年10月に発表した、標準のGalaxy Book Flexの仕様から、多くを継承しているが、フル機能を必要としていないユーザに、仕様を落として、より手頃な価格の830ドルで販売する。

 しかし、Samsungは、Galaxy Book Flexの機能を落としたにも関わらず、Galaxy Book Flex αに、何とか、QLED(Quantum Dot LED)ディスプレイを装備した。

 Galaxy Book Flex αは、Intelの最新の、第10世代のIntelのプロセッサ・チップを搭載して、発売される。

 Galaxy Book Flex αには、Intelの第10世代の、プロセッサ・チップである、Core i5-10210UとCore i7-10510Uを、オプションで搭載する。

 さらに、ユーザは、Galaxy Book Flex αに、最大で、12GBのDDR4と、最大で、1TBのNVMe SSDストレージを、オプションで、選択することもできる。

 スクリーン画面の表示を鮮明にする必要があるので、最大で、600ニットの明るさを持つ、13.3インチの、1080ピクセルの解像度を持つ、QLED(Quantum Dot:量子ドット)と呼んでいディスプレイにより、補完される。

・ディスプレイ

13.3インチのQLED(解像度:1920x1080dpi)

・プロセッサ

Intel Core i5-10210U
Intel Core i7-10510U

・グラフィクス

・統合メモリ

8GB DDR4
12GB DDR4

・ストレージ

256GB
512GB
1TB NVMe SSD

・カメラ

720pのWebカメラ

・セキュリティ

指紋スキャナー

・接続性

Wi-Fi 6 (802.11ax)

・ポート

USB-C 1ポート
USB 3.0ポート 2ポート
HDMIポート 1ポート

3.5mmヘッドフォン+マイク・ジャック
macroSDポート

・オーディオ

ステレオAKGスピーカ(1.5W)x 2

・バッテリー(容量54Wh)

・サイズ

横 304.9㎜ x 幅 202.9mm x 厚さ 13.9㎜

・重さ

1.19Kg

・カラー

ロイヤル・シルバー

 Galaxy Book Flex αは、指紋センサー、スタイラスペン入力、720ピクセルの解像度のWebカメラと共に、Wi-Fi 6(802.11ax)無線LANをサポートする。

 ポートには、USB-Cポート x 1、USB 3.0 x 2、HDMIポート x 1、および、microSDカード・スロットが装備されている。

 Thunderbolt 3は、すべてに対応できる、コンパクトなポート1つで、Thunderbolt - USB-C間を、最大40Gbpsで接続する。

標準のGalaxy Book Flexと比較すると、このGalaxy Book Flex αには、Thunderbolt 3が、装備されておらず、僅かに小さな、54Whのバッテリーが、搭載されている(ちなみに、Galaxy Book Flexには、69.7Whのバッテリーが、搭載されている)。

 このGalaxy Book Flex αラップトップは、標準のGalaxy Book Flexと比較すると、より重くて、より厚く、重さが、1.191Kg、13.9mmの厚さである。

 Samsungによると、Galaxy Book Flex αラップトップは、2020年の前半に、基本価格、830ドルで、販売が開始されるという。

デル株式会社

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(7)'20.01.28

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(7)】'20.01.28

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

      (続き)

7)Samsungは、CES 2020で、Intelの最新の第10世代のプロセッサを搭載した、Windows 10ベースの、新しいGalaxy Book Flexαラップトップを紹介した。

Ces2020h2


Galaxy Book Flexαは、既存のGalaxy Bookラインナップを拡張し、2020年前半に向けてGalaxy Book Flexの、より手頃な価格の代替品を提供する。

 Galaxy Book Flexαは、ユーザが、Intelの最新の第10世代チップである、Core i5-10210U、および、Core i7-10510Uを選択できるようにする。

 Galaxy Book Flexαは、最大12GBのDDR4 RAMと、最大1TBのNVMe SSDストレージの、ペアになっている。

 Galaxy Book Flexαは、13.3インチの1080pのスクリーン画面を搭載し、販売価格は、830ドルからである。

 「Galaxy Book Flexラップトップの紹介」ビデオ

      (続く)

デル株式会社

2020年1月27日 (月)

Lenovoは、CES 2020で、世界初の5G PCである、Lenovo Yoga 5Gを発表した。’20.01.27

【Lenovoは、CES 2020で、世界初の5G PCである、Lenovo Yoga 5Gを発表した。】'20.01.27

 Lenovoは、CES 2020で、世界初の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、5G移動通信サービスをサポートした、Windowsベースの、ラップトップ、Lenovo Yoga 5Gを発表した。2020年1月6日

 By windows central

 Lenovoは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップに、5G移動通信サービスのサポートをもたらす、最初のメーカの1社である。

 Lenovoは、CES 2020で、世界初の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、5Gをサポートした、Windowsベースの、コンバーチブルなラップトップ、Lenovo Yoga 5Gを発表した。

Ces2020arm1g

 この「Lenovo Yoga 5G」は、ARMアーキテクチャのプロセッサ、QualcommのSnapdragon 8cxと、X55 5Gモデムを搭載し、高速なインターネット接続をもたらす、ミリ波フルバンドと、サブミリ波、6GHzの、5G移動通信サービスをサポートした、Windows 10ベースの、コンバーチブルなラップトップである。

 現在、価格情報は、Lenovoから提供されていないが、「Lenovo Yoga 5G」は、2020年春に利用可能になる。

 5Gのサポートを表明した、PCベンダのラップトップは、信じられないほど高速な移動通信サポートへの接続を備えている。

 仕様

・ディスプレイ

14インチの-inch FHD IPS

・ARMアーキテクチャのプロセッサ

Qualcomm Snapdragon 8cx

・グラフィクス

Qualcomm Adreno 680

・メモリ

8GB LPDDR4X

・ストレージ

256GB
512GB

・Webカメラ

 赤外線(IR)カメラ

・セキュリティ

・指紋リーダ

・無線ネットワーク

5G移動通信システム
Bluetooth 5.0

・ポート

USB-C

オーディオ・ジャック

ナノSIMカード・スロット

サポートe-SIM

・オーディオ

ステレオ・スピーカ(Dolby Atmos)

・バッテリー(60whr)

・重さ、1.35Kg

 Yoga 5Gは、他のYogaラップトップと似ている。

 Yoga 5Gは、テント、ディスプレイ、タブレット、あるいは、ラップトップ・モードで、使用できる、14インチのディスプレイを持っている。

 Yoga 5は、低消費電力の、ARMアーキテクチャのQualcomm Snapdragon 8cxを搭載しており、また、冷却ファンも、必要としていないので、バッテリーの寿命が、長くなる。

 Lenovoによると、Yoga 5は、フル充電で、最大24時間のビデオの再生を行えるという。

デル株式会社

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(6)'20.01.27

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(6)】'20.01.27

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

   (続き)

6)Lenovoは、CES 2020で、5Gをサポートし、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースの、Yoga 5Gラップトップを紹介した。

 Lenovoは、CES 2020に、ラップトップで、5G移動通信システムをサポートする、レースに参加し、高速な、常時インターネット接続を可能にする、14インチのスクリーン画面を持つ、コンバーチブルなラップトップを、Lenovo Yoga 5Gを発表した。

Ces2020arm1g


 Lenovo Yoga 5Gは、ARMアーキテクチャのプロセッサ、QualcommのSnapdragon 8cxと、X55 5Gモデムを搭載し、ミリ波フルバンドと、サブミリ波、6GHzの、5G移動通信サービスをサポートした、Windows 10ベースのラップトップである。

 また、Lenovoが、モバイル・ユーザ向けに、Windows 10を採用し、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップを提供することを考えると、低消費電力のARMアーキテクチャのプロセッサは、最大24時間のバッテリ寿命を実現するのに、実際に、役に立ったようだ。

 Lenovo Yoga 5Gは、市場で最初の、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windows 10ベースの、5G移動通信サービスをサポートした、市場で最初の、ラップトップの1つになる可能性がある。

 「Lenovo Yoga 5Gの紹介」ビデオ

 LenovoのYoga 5Gラップトップは、2020年春に、発売されることが、予定されているが、価格は、まだ、明らかにされていない。

 参照:【Lenovoは、CES 2020で、世界初の5G PCである、Lenovo Yoga 5Gを発表した。】'20.01.27

デル株式会社

2020年1月26日 (日)

HP Elite Dragonflyは、世界で最初の、5Gをサポートした、ビジネス向けの、ラップトップである。'20.1.26

【HP Elite Dragonflyは、世界で最初の、5Gをサポートした、ビジネス向けの、ラップトップである。】'20.1.26

  HP Elite Dragonflyは、世界の最初の、5G移動通信システムをサポートした、ビジネス向けの、コンバーチブルなラップトップである。2020年1月5日

 By windowscentral

  HPは、CES 2020で、世界の最初の、5G移動通信システムをサポートした、ビジネス向けの、コンバーチブルなラップトップである、HP Elite Dragonflyを発表した。

Ces2020arm1f2jpg


 HP Elite Dragonflyは、常時、高速なインターネットに接続できるよう、5G移動通信システムをサポートしている。

 また、HP Elite Dragonflyは、「タイル」統合機能を組み込んでいる、最初のラップトップの1つである。

 5Gサポートをしていない、HP Elite Dragonflyは、2020年2月にリリースされ、5Gをサポートしている、HP Elite Dragonflyは、2020年の夏にリリースされる予定である。

 HPは、コンバーチブルな、ビジネス向けのラップトップ、HP Elite Dragonflyを、アップデートし、5Gのサポートと、「タイル」統合機能のオプションを追加した。

オプションで、「タイル」統合機能を持つ、バージョンの、HP Sure View Reflectは、2020年2月にリリースされ、また、5Gをサポートした版の、HP Sure View Reflectは、2020年の夏にリリースされるようだ。

 ユーザは、統合したいタイルを、スタート・メニュの上にドラッグ&ドロップすることができる。

Ces2020arm1f2


 「HP Sure View Reflect」機能は、F2キーを押すことで、周囲の人に、スクリーン画面を、覗かれないように、スクリーン画面を横から見ると、暗くて、見えないようにする。

 モバイル・ユーザは、2020年の夏に、発売される予定のラップトップ、HP Elite Dragonflyの、5Gサポート版を、待つ必要があるだろう。

 オリジナルのHP Elite Dragonflyは、HPのコンバーチブルなデザインのなめらか外観と、HP Sure View Reflectのような、ビジネス向けの機能を持っている。

 HP Elite Dragonflyは、HPのコンバーチブルなデザインと、HP Sure View Reflectのような、ビジネス向けの機能を結合している、2-in-1ラップトップである。

 HP Elite Dragonflyの仕様

・ディスプレイ

13.3インチ FHD IPS (400 nits)
13.3インチ FHD IPS(HP SureView Reflect機能付き)
13.3-inch 4K IPS

・プロセッサ

第10世代のIntel Core i7
第10世代のIntel Core i5
第10世代のIntel Core i3

・グラフィクス

統合Intel UHDグラフィクス

・メモリ

最大、16GBのLPDDR3-2133 SDRAM

・ストレージ

128GB SATA-3 SSTLC
256GB PCIe NVMe Value
256GB PCIe Gen3x4 NVMe SS TLC
256GB SATA TLC SED OPAL 2
256GB Intel PCIe NVMe QLC M.2 SSD(16GBを持つ)とIntel OptaneメモリH10
512GB PCIe NVMe S Value
512GB PCIe Gen3x4 NVMe SS TLC
512GB SATA TLC SED OPAL 2
512GB SATA-3 55 TLC FIPS-140-2
512GB Intel PCIe NVMe QLC M.2 SSD(32GBを持つ)とIntel OptaneメモリH10
1TB PCIe Gen3x4 NVMe SS TLC
2TB PCIe Gen3x4 NVMe SS TLC

・Webカメラ

720pの解像度
HP Privacy赤外線(IR)カメラ

・セキュリティ

絶対持続性モジュール

HP DriveLockとAutomatic DriveLock
HP Secure Erase
電源オンの認証
再起動の認証

Windows 10で出荷される、TPM 2.0、組み込みセキュリティ・チップ

HP Sure Click
HP Sure Start
HP Sure Run
HP Sure Recover
HP BIOSphere
HP Sure Sense

32GB eMMC Onboard Sure Recoverモジュール(オプション)

内臓された統合タイル(オプション)

・無線

Intel XMM 7360 LTE Advanced Cat 9

Qualcomm X55 LTE+5G (近い将来)

Intel AX200 Wi-Fi 6 (2x2) とBluetooth 5 Combo、非vPro

Intel AX200 Wi-Fi 6 (2x2) とBluetooth 5 Combo, vPro

(Miracast認証デバイスと互換性がある)ポート

・第1世代のUSB 3.1

・ヘッドフォン・マイク

HDMI 1.4

外部Nano SIM

・オーディオ

Bang & Olufsenチューニング

4台の、プレミアム・ステレオ・スピーカ

・重さ:0.99Kg(2.2ポンド)

・サイズ:縦:11.98インチ、横:7.78インチ、高さ:0.63インチ

 HPによると、機械部品の、82%以上が、リサイクルされた材料から、作成されているという。

 「HP Elite Dragonflyの紹介」ビデオ

デル株式会社

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(5)'20.01.26

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(5)】'20.01.26

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

     (続き)

5)HPは、2020 CESで、5Gをサポートした、ラップトップ、Elite Dragonfly 5Gを発表した。

Ces2020arm1f2jpg


 HPのElite Dragonflyは、2020の変身を受け取り、ビジネス向けの、コンバーチブルなラップトップであり、仕様が強化され、機能が追加されている。

 HPは、Elite Dragonflyの、一部のモデルで、5G移動通信システムをサポートし、外出先での、インターネットへの接続性を改善している。

 また、HPは、Elite Dragonflyラップトップに、ビルトインのタイルトラッカーや、スクリーン画面上のアクティビティから、詮索好きな人たちの目を遠ざける、統合プライバシー・スクリーン機能を追加した。

 HPは、Elite Dragonflyラップトップを、2020年2月にリリースする予定であり、5Gをサポートしたモデルは、2020年の夏に発売される予定である。

     (続く)

デル株式会社

2020年1月25日 (土)

Acerは、コンバーチブル・ラップトップと、強力なデスクトップを発表した。'20.01.25

【Acerは、コンバーチブル・ラップトップと、強力なデスクトップを発表した。】'20.01.25

 Acerは、芸術家とクリエータ向けに、構築された、コンバーチブル・ラップトップと、強力なデスクトップを発表した。2020年1月5日

 By windows central

 AcerのConceptD 7 Ezelは、フォールド、フリップ、および、フロップできる、種類のラップトップの1つである。


Ces2020arm1e

  Acerは、CES 2020で、芸術家やクリエータ向けの、コンバーチブル・ラップトップのConceptD 7 Ezelシリーズ、「ConceptD 7 Ezel」と「ConceptD 7 Ezel Pro」、および、「ConceptD 700」ワークステーションを発表した。

 Acerの「ConceptD 7 Ezel」コンバーチブル・ラップトップは、折り畳んだり、ひっくり返したりできるように設計された、蝶番付きの、15.6インチの、4Kディスプレイを装備し、クリエイティブな作業向けに設計された、ラップトップであり、いくつかのモードに変化(フリップ、フォールド、フロート)させることができる。

 「AcerのConceptD 700デスクトップの紹介」ビデオ

 「ConceptD Exel」の販売価格は、2699ドルであるが、「ConceptD 7 Ezel Pro」の販売価格は、3099ドルである。

 「Concept 700」は、2020年3月に、1699ドルで、発売される予定であるが、Acerは、「ConceptD 7 Ezel」の、発売日を明らかにしていない。

 「Acerは、ConceptD 7 Ezelの紹介」ビデオ

 「ConceptD 7 Ezel」シリーズは、市販されている、従来のラップトップとは、デザインが異なっている。

 多くのWindows 10を搭載した、コンバーチブルなラップトップのように、ユーザは、スクリーン画面やタブレットにフリップできたり、キーボードから、フロート・モードに、ポップアップしたり、できるようになる。

 このデザインは、柔軟性を提供し、クリエータが、作業をしている、スクリーン画面の角度や高さを調整できるようになる。

 Acerと他のベンダは、折り畳んで、調整できる、いくつかのデバイスを作成したが、ConceptD 7 Ezelシリーズは、従来のラップトップのように見える。

 「ConceptD 7 Ezelのコンセプト」の紹介ビデオ

デル株式会社

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(4)'20.01.25

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(4)】'20.01.25

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

   (続き)

4)Acerは、CES 2020で、Acer ConceptD 7 Ezelラップトップを発表した。

Ces2020arm1e


 Acerは、CES 2020で、クリエーター向けに設計された、Acer ConceptD 7 Ezelラップトップを発表した。

 ConceptD 7 Ezelは、折り畳んだり、ひっくり返したりできるように設計された、蝶番付きの、15.6インチの、4Kディスプレイを装備し、クリエイティブな作業向けに設計された、ラップトップであり、いくつかのモードに変化させることができる。

 多くのWindows 10ベースの、コンバーチブル・ラップトップのように、ラップトップ・モードや、タブレット・モードに、切り替えることができることに加え、フロート・モードにポップアップすることもできる。

 AcerのConceptD 7 Ezelは、クリエータが、作業する、スクリーン画面の、高さや、角度を調整できるような、柔軟性のあるデザインになっている。

 AcerのConceptD 7 Ezelは、第10世代の、Intel Core H-シリーズを搭載しており、ConceptD 7 Ezel Proは、Intel Xeon CPUと、NVIDIA Quadro RTX GPUを搭載している。

 「AcerのConceptD 7 Ezel(Pro)の紹介」ビデオ

 【Acerは、コンバーチブル・ラップトップと、強力なデスクトップを発表した。】'20.01.25

          (続く)

デル株式会社

ASUSは、CES 2020で、ZenBook Duoを発表した。'20.01.25

【ASUSは、CES 2020で、ZenBook Duoを発表した。】'20.01.25

 ASUSは、CES 2020で、キーボードの上にある、セカンダリ・スクリーンを特徴にしている、ラップトップ、ZenBook Duoを発表した。2020年1月6日

 By windows central

 ASUSには、いくつかのカテゴリで競争できる、2種類の、ユニークなラップトップがありる。

 ASUSは、キーボードの上にある、セカンダリ・スクリーンを特徴にしている、ラップトップ、ZenBook Duoを、2020年の1Qに、発売する計画であることを、CES 2020で発表した。

 ASUSは、「ZenBook Pro Duo」の、価格の詳細を、まだ明らかにしていないが、2020年の1Qに発売する予定である。

 「ZenBook Duo」の主な特徴は、キーボードの上の、セカンダリ・スクリーンである。

 ユーザは、ZenBook Duoで、アプリを、トップ・スクリーンから、セカンダリ・スクリーンに拡張したり、複数のアプリを、2つのスクリーンに並べて、実行したりすることができる。

Ces2020arm1c_20200125135701


 ASUSのラップトップ、「ZenBook Duo」は、「ZenBook Pro Duo」よりも、遥かに小さくて、軽く、幅が12.6インチで、重さが3.3ポンド(Pro Duoは、5.5ポンド)である。

 ZenBook Duoラップトップの、超ポータブルで、小さくて、軽いことの利点は、バッグに入れて、持ち運ぶのに、遥かに便利なことである。

 幅が、13インチのクラスのラップトップ、「ASUS ZenBook Duo」は、「HP Spectre 13」や「Dell XPS 13」といった、他の超ポータブル・ラップトップと競合する。

 ZenBook Duoの、マイナス要因は、コストを下げるため、内部スペックを、下げていることである。

 ZenBook Duoには、「NVIDIA GeForce MX250」グラフィクス・カードが搭載されている。

 NVIDIA GeForce MX250は、特に、強力なグラフィクス・カードではないが、ほぼすべての日常の業務で使用するアプリと、一部のゲーム、および、編集アプリを、ストレスなく、使用することができる。

 「ASUS ZenBook Duoラップトップの紹介」ビデオ

 第10世代のIntelプロセッサと16GBのRAMを組み合わせると、「ZenBook Duo」は、日常的な作業を完了するのに、最適なラップトップになる。

 「ZenBook Pro Duo、ラップトップの紹介」ビデオ

デル株式会社

2020年1月24日 (金)

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(3)'20.01.24

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(3)】'20.01.24

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

     (続く)

3)ASUS ZenBook Duo

Ces2020zen


 世界の大手のメーカは、CES 2020で、最新のラップトップを発表した。

 2020年の、ラップトップのトレンドは、モバイル・ユーザ向けに、薄くて、軽く、頑丈で、極めて、「よりポータブルなデザイン」になり、常時接続で、「5Gをサポート」することだろう。

 また、CES 2020では、これまで紹介した、Dellのコンセプト・デバイス、Concept OriやConcept Duet、および、LenovoのThinkPad X1 Foldのような、コンパクトにして、持ち歩くために、スクリーン画面を、折り畳むことができるようにした、ラップトップや、タブレットが、披露されている。

 このCES 2020で、紹介される、最新のラップトップは、モバイル・ユーザだけではなく、クリエイティブ作業な、ゲーム、娯楽、職場での作業など、さまざまなユーザの使い方に合わせた、ラップトップのフォームファクターへの、継続的な推進も続けている。

 2019年の、「ZenBook Pro Duo」の出荷に続き、ASUSは、2インチと2ポンドを切る、ポータブルで、軽量の、ラップトップ「ZenBook Duo」の出荷を開始する。

 キーボード・デッキの上には、2つ目のディスプレイにより、差別化された、「ZenBook Duo」は、プリプロセッサの署名を保持しており、12.6インチと、重さはわずか3.3ポンドである。

 ASUSは、よりポータブルな、ワークステーションを提供し、HP Spectre 13とDell XPS 13のような、他の超ポータブルなラップトップと並んでいる。

 しかし、ASUSは、コストを下げるために、10世代のIntelプロセッサと、最大16GBのRAMに挟まれて、NVIDIA GeForce MX250グラフィクス・カードに、仕様を落としている。

 参照:「【ASUSは、CES 2020で、ZenBook Duoを発表した。】'20.01.25

      (続く)

デル株式会社

2020年1月23日 (木)

Lenovoは、CES 2020で、ThinkPad X1 FoldフォルダブルPCを発表する。'20.01.23

【Lenovoは、CES 2020で、ThinkPad X1 FoldフォルダブルPCを発表する。】'20.01.23

 ThinkPad X1 Foldは、世界で最初の、フォルダブルPCの1つである。

Ces2020arm2

 By SEAN ENDICOTT、windows central

 ThinkPad X1 Foldは、世界の最初のフォルダブルPCである。2020年1月6月

 Windows 10を搭載した、ThinkPad X1 Foldは、2020年の中旬に、2499ドルで、提供される。

 Lenovoは、CES 2020で、フォルダブルなラップトップ、ThinkPad X1 Foldを発表した。

 フォルダブルPCは、異なったモードで、利用できるようになる、折り畳み可能な、OLEDスクリーン画面を搭載している。

 LonovoのThinkPad X1 Foldは、本来、Windows 10を搭載しているが、Windows 10X版も、搭載することを検討している。

 「LenovoのThinkPad X1 Foldラップトップの紹介」ビデオ

 Lenovoは、2019年5月に、最初に、ThinkPad X1 Foldを発表したが、CES 2020で、より詳細を明らかにした。

 このThinkPad X1 FoldデバイスのWindows 10版は、2020年中旬に、2499ドルで、提供を開始する予定である。

 ThinkPad X1 Foldは、スクリーン画面を折り畳むことのできる、フォルダブルPCであり、タブレットにもなる。

 このThinkPad X1 Foldの、スクリーン画面を広げると、13.3インチのOLEDスクリーンを持つ、タブレットになる。

 このThinkPad X1 Foldの、スクリーン画面を、閉じると、書籍のような、形になり、電子書籍を読むのにも、適している。

 また、このThinkPad X1 Foldの、スクリーン画面を、ノートPCのように、広げると、より従来のラップトップのようになり、スクリーン画面の上に、仮想キーボードを表示したり、あるいは、添付されている、物理キーボードを接続して、入力することもできる。

 さらに、このThinkPad X1 Foldには、統合キックスタンドも、添付されているので、このデバイスを、横向きにして、使用すると、小さな、ポータブル・デスクトップのようになる。

 Lenovoは、ThinkPad X1 Foldの、2つのスクリーン画面を合わせて、1つの大きなスクリーン画面にしたり、2つのスクリーン画面の、それぞれを、独立的に使用したり、書籍のように、折り曲げて使用することもできるよう、設計している。

 これにより、ユーザは、大きなスクリーン画面の、タブレットにしたり、書籍のように使用したり、一方のスクリーン画面で、メールを読みながら、片方のスクリーン画面で、メモを取ることもできるようになる。

 ユーザは、両方のスクリーン画面で、複数のアプリを、同時に実行させて、使用することも可能になる。

 また、ユーザは、1つのアプリを、2つのスクリーン画面をつなげて、1つのスクリーン画面にして、表示させ、使用することもできるようになる。

 「ThinkPad X1 Foldの仕様」

・OS

 Windows 10 Pro

 Windows 10X (将来、搭載されることが期待される)

・ディスプレイ

 13.3インチの柔軟性のある、QXGA OLED

 4対3のアスペクト比

・プロセッサ

 Intel Hybrd Technologyを持つ、Intel Coreプロセッサ

・グラフィクス

 統合Intel UHD Gen 11

・メモリ

 8GB LPDDR4X(4267MHz)

・ストレージ

 最大1TBのPCIe-NVMe M.2 2242 SSD

・Webカメラ

 5MP HD RGB+IR

・ポート

 USB-C Gen 1 x 1

 USB-C Gen 2 x 1

 SIMカード

 USB-C経由のディスプレイ・ポート

・無線ネットワーク

 移動体通信ネットワーク 5G/LTE/4G対応

 無線LAN 802.11 AX

 LTE CAT 20

 Bluetooth 5.0

・オーディオ

 Dolbyのオーディオ・スピーカ・システム

・バッテリー

 容量50Wh

 急速充電サポート

・重さ

 999Kg(21ポンド)

・サイズ

 スクリーン画面を広げると、カバーなしで、299.4mm x 236㎜ x 7.8mm

 スクリーン画面を折り畳むと、カバー付きで、152.2mm x 236mm x 7.8mm

・スタイラスペン:新しいActive Pen

 多用途のフォルダブルPCに加え、ThinkPad X1 Foldは、常時、インターネット接続PCである。

 Lenovoは、ThinkPad X1 Foldデバイスを、Intelと、コエンジニアリング(異なる分野のエンジニアが、共同で新製品の開発にあたる)する。

 ThinkPad X1 Foldには、Intel Coreプロセッサや、Intel Hybrid Technologyを採用されるが、Lenovoは、まだ、どのプロセッサを採用するのかは、まだ、明らかにしていない。

 Lenovoは、ThinkPad X1 Foldは、ThinkPadに対し、ユーザが、期待している、性能、信頼性、および、耐久性がある。

 Lenovoは、ThinkPad X1 Foldに、カーボン・ファイバーを採用して、軽量化すると共に、耐久性を向上させた。

 また、Lenovoは、ThinkPad X1 Foldに、革製のカバーを付けた。

 ThinkPad X1 Foldには、Bluetooth Mini Foldキーボードが、添付されており、必要に応じて、このキーボードを取り付けて、入力することもできる。

 このキーボードは、ThinkPad X1 Foldの内側に、格納することができ、さらに、充電することもできる。

 ThinkPad X1 Foldは、Lenovoの、新たなActive Penをサポートしており、ユーザに、他の入力方法を利用できるようにする。

デル株式会社

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(2)'20.01.23

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(2)】'20.01.23

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

   (続く)

2)Lenovo ThinkPad X1 Fold

Ces2020arm2


 Lenovoは、2019年5月に、最初のWindowsベースの、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、デュアル・スクリーン・デバイス技術を発表していたが、CES 2020では、公式に、フォルダブルなスクリーン画面を持つ、2-in-1ラップトップである、ThinkPad X1 Foldが、披露された。

 このフォルダブルなラップトップThinkPad X1 Foldは、柔軟性があり、折り畳むことのできる、13.3インチのOLEDスクリーンを持ち、タブレットにも、ラップトップにもなる、2-in-1ラップトップであり、デバイスを、さまざまなモード(タブレット、テント、スタンド、ラップトップ)に切り替えることができる。

 また、このLenovo ThinkPad X1 Foldは、初期の「常時インターネット接続PC」の1つであり、基本価格は、2,499ドルからであり、2020年半ばに発売される予定である。

 このLenovo ThinkPad X1 Foldには、Intelと協力して、モバイルPC向けの、Intel Coreプロセッサと、Intel Hybrid Technologyを登載するようだ。

 Lenovo ThinkPad X1 Foldには、モバイルPC向けの、Intelの、次世代のCoreプロセッサであり、Intel Hybrid Technologyが組み込まれている、「Lakefield」プロセッサが採用されるようだ。

 「Intelの新ハイブリッドCPUアーキテクチャのプレビュー」ビデオ

 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、Windows 10 Proを搭載して、発売されたが、LenovoはWindows 10Xを搭載することも検討されるようだ。

       (続く)

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(4)'20.01.23

【「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(4)】'20.01.23

Idciotgb_20200123135501

 
「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介ブログ 2019年12月18日

 By Vint Cerf、CIE、Grant Erickson

 Googleは、既存のZigbee 3.0/PROプロトコルとは別に、Amazon、Apple、Zigbee Allianceなどの業界パートナーと共に、新しいワーキング・グループである、「Connected Home over IP」で、新たな「接続プロトコル」の標準化を推進していく。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマート・ホーム・デバイス、モバイル・アプリ(例えば、デジタル・アシスタント)、クラウド・サービス間での、IPベースの、シームレスな相互接続を可能にする、新しい「接続プロトコル」の標準仕様の構築を目指している。

 デバイス・メーカ、半導体メーカ、および、他の開発者は、この「Connected Home over IP」ワーキング・グループに参加し、既存のオープンソース技術を、イニシアチブに提供して、開発を加速し、顧客とデバイス・メーカが、より早く利益を得られるよう、招待される。

 このブログの投稿では、筆者らは、スマート・ホームの接続プロトコルに関する、Googleの考え方と、これらの技術が、業界で、どのように収束する可能性があるかを、さらに深く掘り下げる。

    (続き)

4)スマートフォンで、スマート・ホーム・デバイスを、簡単に接続して、セットアップできるようにする。

 最近のスマートフォンは、ほぼすべてのデバイスで、Bluetooth Low Energy(BLE)をサポートしており、ユーザは、Bluetooth対応デバイスを、簡単に接続して、セットアップすることができる。

 BLEは、Bluetooth対応デバイスを、簡単に接続できるだけでなく、ダイレクト・ツー・モバイルへの近接リンクとしても機能する。

 BLEは、便利であるだけでなく、安全やセキュリティのアプリの、規制「近隣」要件を満たすことにも役に立つ。

 「実績のある技術」と「オープンソース開発」により、ベンダ中立な、新しい接続プロトコルの標準化が、推進され、3rdパーティの、スマート・ホーム・デバイスのベンダは、ユーザが、スマートフォンなどで、デジタル・アシスタントや、コンパニオン・アプリを使用して、自分たちのスマート・ホーム・デバイスを、音声コマンドやタッチ操作などで、容易に、制御できるようにすることが可能になる。

 「Connected Home over IP」プロジェクトは、GoogleのOpenWeaveのような、実際に、市場で実証済みの、接続プロトコルと技術を、利用できるようになる。

 GoogleのOpenWeaveは、インターネットに接続された、スマート・ホーム用の、安全で、信頼性の高い、Google Nest製品向けの、通信バックボーンである、「Weave」ネットワークの、アプリケーション層のオープンソース実装であり、低電力なデバイス向けの、多目的で、軽量な、オープンソースの、接続プロトコルである。

Idciotgb_20200123115201


 筆者らは、「Connected Home over IP」プロジェクトのアプローチが、ユーザや、3rdパーティのデバイス・メーカに、新たな利益をもたらすことを望んでいる。

 「スマート・ホーム・デバイスを、Google Assistantデジタル・アシスタントで統合する。」

 これにより、ユーザは、要件にあった、スマート・ホーム・デバイスを選択し、この接続プロトコルをサポートした、任意のベンダのスマート・ホーム・デバイスと相互運用させたり、スマートフォンなどで、デジタル・アシスタントや、コンパニオン・アプリを通して、どこにいても、音声コマンドやタッチ操作などで、簡単に、制御できるようになる。

Idciotgc_20200123115501

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介ブログ(3)'20.01.23

【「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(3)】'20.01.23

 「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介ブログ 2019年12月18日

 By Vint Cerf、CIE、Grant Erickson

 Googleは、既存のZigbee 3.0/PROプロトコルとは別に、Amazon、Apple、Zigbee Allianceなどの業界パートナーと共に、新しいワーキング・グループである、「Connected Home over IP」で、新たな「接続プロトコル」の標準化を推進していく。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマート・ホーム・デバイス、モバイル・アプリ(例えば、デジタル・アシスタント)、クラウド・サービス間での、IPベースの、シームレスな相互接続を可能にする、新しい「接続プロトコル」の標準仕様の構築を目指している。

 デバイス・メーカ、半導体メーカ、および、他の開発者は、この「Connected Home over IP」ワーキング・グループに参加し、既存のオープンソース技術を、イニシアチブに提供して、開発を加速し、顧客とデバイス・メーカが、より早く利益を得られるよう、招待される。

 このブログの投稿では、筆者らは、スマート・ホームの接続プロトコルに関する、Googleの考え方と、これらの技術が、業界で、どのように収束する可能性があるかを、さらに深く掘り下げる。

     (続き)

3)プラットフォームやエコシステムに依存しない技術

 IP上に構築することにより、1回限りのゲートウェイとトランスレータを削減する。

デバイス、モバイル、クラウド向けの、一貫したプログラミング・モデルを提供する。

Idciotga_20200123091701


「Connected Home over IP」アプリ層を示す、ピラミッド図

 「Connected Home over IP」プロジェクトで提案されている、アプリケーション・プロトコルで、現在のスマート・ホームのニーズに対応する、これらのネットワーク層技術を紹介する。

・ネットワーク層のサポート

 Googleによると、「Thread」、「Wi-Fi」、および、「Bluetooth Low Energy」が、家庭での主要な適用事例のロックを解除する、3つの補完的な、無線接続技術であるという。

 「Thread」は、IP上を運ぶ、低消費電力のメッシュ・ネットワーキング・プロトコルであり、特に、低帯域幅のネットワーク・アプリとネットワーク基盤向けに、設計されている。

 また、「Thread」は、クラウドのアクセスや、モバイル・インタラクション用に、移動体通信ネットワーク、イーサネット、または、Wi-Fiを、補完的に利用できるようにする。

 「Thread」は、自己修復メッシュを備えているので、停止を許容できない、高信頼なアプリケーションに適している。

 「Nest Detect」や「Nest x Yale Lock」などの製品では、現在、「Thread」を使用している。

 Wi-Fiは、通常、Google Playストアから、最新のコンテンツを、モバイル・デバイス、Pixel、あるいは、Nest Hub Maxといった、スマート・デバイスに、ストリーミングするために使用される。

 また、Wi-Fiは、家庭用の監視カメラのNest Cameraや、スマート・サーモスタットのNest Learning Thermostatといった、GoogleのNest製品にも、使用される。

 「Thread」などの、IPキャリング技術と組み合わせると、Wi-Fiは、低消費電力の接続デバイス向けの、高速なモバイル、インターネット、あるいは、クラウド・サービスへのパスになる。

 Bluetooth Low Energは、Wi-Fiと比べて、通信速度は、遅いが、より低消費電力の、通信手段になる。

    (続く)

デル株式会社

2020年1月22日 (水)

DellのConcept OriとConcept Duetは、フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を特徴にしている。'20.01.22

【DellのConcept OriとConcept Duetは、フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を特徴にしている。】'20.01.22

 フォルダブルなスクリーン画面とデュアル・スクリーン・デバイスが、CES 2020で、紹介された。2020年1月6日

 By windows central

 Dell Concept Duetに関して、知っている必要のあること。

 CES 2020で、Dellは、フォルダブルなスクリーン画面と、デュアル・スクリーンの分野に、2種類のコンセプト・デバイスを紹介した。

 Concept Duetは、MicrosoftのSurface Neoに似た、折り畳むことのできる、2つの大きなスクリーン画面を持っている、タブレットにもなる、ラップトップである。

 「DellのConcept Duetの紹介」ビデオ

 Concept Oriは、折り畳むことのできる、2つの小さなスクリーン画面を持ち、広げると、タブレットとして、利用できるようになり、折り曲げると、小さなラップトップとして、利用できるようになる。

 「DellのConcept Oriの紹介」ビデオ

 Dellは、同社の「Concept UFO」ハンドヘルド・ゲーミングPCと一緒に、CES 2020で、2つのコンセプト・デバイスを披露する。

Ces2020arm3f

 1つは、「Concept Duet」で、Microsoftの将来のSurface Neoに似ており、蝶番で、接続された、デュアル・ディスプレイを特徴にしている。

Ces2020arm3


 もう1つは、「Concept Ori」で、Lenovoが、最近、発表した、ThinkPad X1 Foldに、よく似ており、折り畳むことのできる、スクリーン画面を持ち、LenovoのThinkPad X1 Foldよりも、改善されている。

Ces2020arm3b_20200122203901

 「Concept Duet」は、2つの、大きな13.4インチのスクリーン画面を持っている、ノートブックのように見える、

 Dellによると、Concept Duetの焦点は、マルチタスクを、より効果的にすることであるという。

 スタイラスペンとタッチ操作で、ユーザは、Concept Duetの、2つのスクリーン画面の、一方で、画像、あるいは、ドキュメントを参照し、もう片方で、画像やドキュメントを編集したり、することができるようになる。

 ユーザは、Concept Duetの、2つのスクリーン画面の、一方で、メールをチェックするような、簡単な作業を行い、もう片方の第2スクリーン画面で、ノートを取ることができるようになる。

 これに対し、Concept Oriには、書籍のように、折り畳むことのできる、13インチのスクリーン画面が、装備されており、コンパクトにして、容易に持ち運ぶことができるようになっている。

 Dellによると、この「シームレス」な経験は、Concept Oriを、縦にすると、記事を読むのに適しており、横にすると、ページをスクロール・ダウンしたり、映画を見たりするのに、適しているという。

 ユーザは、Concept Oriで、1つのスクリーン画面に、好みのアプリを、見やすく表示したり、優れた、スタイラスペン経験を体験したり、できるようになる。

Ces2020arm3c


 ユーザは、Concept Oriで、同時に、複数の作業をしたり、ノートを取ったり、できるようにする、デュアル・スクリーン経験を体験できるようになる。

 Dellは、コンセプト・デバイスである、Concept DuetとConcept Oriの両方に、どのような種類のプロセッサを搭載しているか、明確にしていない。

 これらのデバイスは、あくまでも、コンセプトを示すものであり、実際の商品ではないことに注意しよう。

 Dellから、デュアル・スクリーン・デバイスと、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、デバイスが、将来、市場に提供されることは、確かである。

 Dellから、実際に、商品として、提供される、デュアル・スクリーン・デバイスは、ここで示した概念とは、異なる場合がある。

 しかし、確かなことは、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面と、デュアル・スクリーン画面は、タブレットや、ラップトップだけでなく、ノートPCや、デスクトップPCの、次の大きな、フロンティアになる。

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(2)'20.01.22

【「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(2)】'20.01.22

 「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介ブログ 2019年12月18日

Idciotga_20200122085801

 By Vint Cerf、CIE、Grant Erickson

 Googleは、既存のZigbee 3.0/PROプロトコルとは別に、Amazon、Apple、Zigbee Allianceなどの業界パートナーと共に、新しいワーキング・グループである、「Connected Home over IP」で、新たな「接続プロトコル」の標準化を推進していく。

Idciotgb


 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマート・ホーム・デバイス、モバイル・アプリ(例えば、デジタル・アシスタント)、クラウド・サービス間での、IPベースの、シームレスな相互接続を可能にする、新しい「接続プロトコル」の標準仕様の構築を目指している。

 デバイス・メーカ、半導体メーカ、および、他の開発者は、この「Connected Home over IP」ワーキング・グループに参加し、既存のオープンソース技術を、イニシアチブに提供して、開発を加速し、顧客とデバイス・メーカが、より早く利益を得られるよう、招待される。

 このブログの投稿では、筆者らは、スマート・ホームの接続プロトコルに関する、Googleの考え方と、これらの技術が、業界で、どのように収束する可能性があるかを、さらに深く掘り下げる。

    (続き)

2)「Connected Home over IP」プロジェクトは、ユーザが、任意のスマート・ホーム・デバイスを、家庭に設置して、利用できるようにする。

 スマート・ホーム業界は、現在、単一の接続プロトコルに集約し、最終的に、ユーザに、好みのエコシステムで、スマート・ホーム・デバイスをセットアップし、制御できるようにする選択肢を提供したいと、強く望んでいる。

 筆者らは、「Connected Home over IP」プロジェクトの、IPベースのソリューションで、ユーザが、この「接続プロトコル」をサポートした、任意のスマート・ホーム・デバイスを、セットアップし、制御できるようにするという、ビジョンが実現されることを願っている。

 「Connected Home over IP」プロジェクトは、ユーザが、この「接続プロトコル」をサポートし、自分たちの要件に合った、任意のベンダのスマート・ホーム・デバイス製品を購入し、セットアップして、自分たちの要件に合った、デジタル・アシスタントや、コンパニオン・アプリを通して、制御できるようにすることに取り組んでいく。

Idciotgc


 これにより、ユーザは、気に入った、デジタル・アシスタントを通して、自分たちの要件に合った、スマート・ホーム・デバイスを利用できるようになる。

 「Connected Home over IP」プロジェクトは、実際に市場で実証された、スマート・ホーム関連の技術を組み合わせて、IPベースのソリューションを構築していく。

 また、開発者は、「Wi-Fi」、Googleが、主導する無線通信規格である、「Thread」、および、「Bluetooth Low Energy(BLE)」を含む、家庭やオフィス向けの、ネットワーク技術のセットを、自分たちの製品に、簡単に、組み込むことができるようになる。

 ユーザは、家庭内とモバイル・デバイス、および、クラウド・サービス間の、エンドツーエンドのデータのセキュリティとプライバシーを、保護できるようになる。

   (続く)

デル株式会社

2020年1月21日 (火)

CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(1)'20.01.21

【CES 2020で、最大のラップトップや、新しいPCが発表された。(1)】'20.01.21

 軽量のラップトップから、高性能なPCまで、CES 2020で、新しいPCが発表された。 2020年1月7日

 By MATT BROWN、RICH EDMONDS、Windows Central

 CES 2020では、2020年に出荷が開始される予定の、最新の消費者向けのエレクトロニクス製品や、コンセプト製品が、披露される。

 スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブルな、パーソナル・デバイスは、CES 2020において、ホットなトピックになる。

 CES 2020では、フォルダブルな、パーソナル・デバイスには、デュアル・スクリーン画面を持つ、WindowsベースのPCや、Androidベースのタブレットが、代表的なブランドから、紹介される。

 折り畳むことのできる、フォルダブルなスクリーン画面や、サポートしている技術は、まだ、初期の段階にある。

 2020年に、ラップトップは、モバイル・ユーザ向けに、より軽量化され、スリム化し、折り畳めるようにもなり、携帯性を向上させ、5G移動通信システムをサポートするようになるだろう。

1)Dell OriとConcept Duet

 Dellは、CES 2020で、実験的なコンセプトの2つのスクリーン画面を持つ、ラップトップPC、Dell OriとConcept Duetを発表した。

Ces2020arm1c


 Dellは、この実験的なコンセプトのフォルダブルなラップトップで、折り畳むことのできる、2つのスクリーン画面を持つ、ラップトップPCの形態の有用性や有り方を調査する。

Ces2020arm1b


 DellのConcept Duetは、Microsoftが、将来提供する、Surface Neoに似ている。

 このSurface Neoは、蝶番で接続され、折り畳むことのできる、2つの13.4インチのスクリーン画面を持っており、大きな、ノートPCの形をしている。

 このSurface Neoは、マルチタスクが可能で、スタイラスペンでも、タッチ操作でも、入力でき、頑丈な、折り畳むことのできる、スクリーン画面を特徴にしている。

 一方、Concept Oriは、シングルの13インチの、折り畳むことのできる、スクリーン画面に、焦点を合わせており、より軽量で、生産性の高い、より携帯性のある、シングル・スクリーン経験を提供している。

Ces2020arm3b


 しかし、Dellは、このコンセプト・デバイスに搭載されている、プロセッサや、ハードウェアの性能に関しては、説明していない。

 Dellは、これらのコンセプト・デバイス、Dell Concept OriとConcept Duetを、将来、市場に出す前に、進化させて、同様のデバイスを、2020年に、発売するだろう。

 DellのConcept OriとConcept Duetは、フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面に、焦点を合わせている。

 参考 : 【DellのConcept OriとConcept Duetは、フォルダブルな、デュアル・スクリーン画面を特徴にしている。】'20.01.22

      (続く)

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(2)'20.01.21

【「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(2)】'20.01.21

 「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介ブログ 2019年12月18日

Idciotga

 By Vint Cerf、CIE、Grant Erickson

 Googleは、既存のZigbee 3.0/PROプロトコルとは別に、Amazon、Apple、Zigbee Allianceなどの業界パートナーと共に、新しいワーキング・グループである、「Connected Home over IP」で、新たな「接続プロトコル」の標準化を推進していく。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマート・ホーム・デバイス、モバイル・アプリ(例えば、デジタル・アシスタント)、クラウド・サービス間での、IPベースの、シームレスな相互接続を可能にする、新しい「接続プロトコル」の標準仕様の構築を目指している。

 デバイス・メーカ、半導体メーカ、および、他の開発者は、この「Connected Home over IP」ワーキング・グループに参加し、既存のオープンソース技術を、イニシアチブに提供して、開発を加速し、顧客とデバイス・メーカが、より早く利益を得られるよう、招待される。

 このブログの投稿では、筆者らは、スマート・ホームの接続プロトコルに関する、Googleの考え方と、これらの技術が、業界で、どのように収束する可能性があるかを、さらに深く掘り下げる。

   (続く)

1)モノのインターネットに、インターネットを置く。

 「IP +(UDPやTCP)」は、インターネット、Web、および、モバイルの革命の豊かさを、我々にもたらし、スマートホームを構確実に相手に送る機能が成し、「モノのインターネット」に「インターネット」を置くものに、適用できる。

 インターネットを実現している、ネットワーク層の通信プロトコルである、「インターネット・プロトコル(IP)」は、単一の、あるいは、相互接続された、複数のネットワーク上で、エンドツーエンドで、データを送り届ける役割を担っている。

 トランスポート層のプロトコル(例えば、UDPやTCP)は、仮想回線の対応、言い換えれば基礎的なパケット指向のデータグラムネットワーク越しのコネクション型通信を提供する。

 TCPは、上位プロトコルであるアプリ層と、下位プロトコルである、ネットワーク層の橋渡しをする。

 TCPには、データを、安全で、確実に、相手に送る機能がある。

 TCPには、Webページを閲覧するためのHTTPや、メールを転送するためのSMTPなど、多くのアプリがある。

 「インターネット・プロトコル(IP)」には、異種のネットワーク技術を統合する、独自の能力があるため、IPは、家庭における、ネットワークの統合に理想的なプラットフォームを提供することができる。

 さらに、IPベースのソリューションは、製品、および、アプリ固有の基盤を必要とすることなく、多くのアプリや製品で共有できる、ネットワーク基盤を活用できるようにする。

 これにより、今日の、複数のスマートホーム・ソリューションにおいて、一般的なゲートウェイやハブによって発生する、配線やパックの混乱を軽減できるようになる。

 「Connected Home over IP」といった、IPベースのソリューションは、デバイス、モバイル、クラウド・サービス間の、安全で、確実な、エンドツーエンドの通信をサポートし、一貫した開発や、プログラミング・モデルにより、開発者が、このIPベースのソリューションを活用しやすくする。

 このアプローチは、セキュリティが、終了、および、再開される、攻撃ポイントや脆弱性を低減させる。

 IPの利点を、アプリ層とネットワーク層にもたらす、IPベースのIPキャリング技術には、GoogleのIoT向け通信プラットフォームである、「Weave」や、Googleが主導する無線通信規格である、「Thread」がある。

 スマート・ホーム業界は、現在、単一の接続プロトコルに集約し、最終的に、ユーザに、好みのエコシステムで、スマート・ホーム・デバイスをセットアップし、制御できるようにする選択肢を提供したいと、強く望んでいる。

   (続く)

デル株式会社

2020年1月20日 (月)

AmazonとWalmartは、どちらが、オンライン食料品店で、実際に勝つか?'20.01.20

【AmazonとWalmartは、どちらが、オンライン食料品店で、実際に勝つか?】'20.01.20

 オンライン食料品店の、消費者の採用は、AmazonとWalmartにより、導かれるだろう。2020年1月15日

 by Blake Droesch、eMarketer

 両オンライン食料品店をリードしている、AmazonとWalmartは、この市場を制御している。

 消費者は、どこで、オンラインで、食料品を購入するのを好むだろうか?

 Amazonは、現在、オンライン食料品の売上で、最大の売上シェアを確保している。

 Amazonは、米国の食料品や飲料水の売上が、前年同期から、23.7%増加して、2019年には、61億3000万ドルに達していた。

 しかし、2019年9月に、The Retail Feedback Groupにより、実施された調査によると、米国のデジタル・ショッパーの37%は、最近、Walmartから、食料品を購入していると回答していた。

 これに対し、米国のデジタル・ショッパーの、29%が、最近、Amazonから、食料品を購入していると回答していた。

グラフ1)2019年9月に、最近の30日間に、米国のデジタル・ショッパーにより、使用される、オンライン食料品店か、オンライン販売サービス (回答の割合)

 米国のデジタル・ショッパーが、食料品の購入に使用する場所

食料品の購入場所    ショッパーの割合

Walmart              37%
Amazon              29%
スーパーマーケット       22%
その他               12%

Em1a_20200120213301

 ソース:The Retail Feedback Group、2019年12月11日

 しかし、すべての消費者のデータは、同じ結果を示していない。

 CPG調査会社とTABS Analyticsにより、実施された、調査によると、米国のインターネット・ユーザの、36%が、2019年に、Amazonから、オンラインで、食料品を購入したと回答したという。

 これに対し、米国のインターネット・ユーザの、29%が、2019年に、Walmartから、オンラインで、食料品を購入したと回答していた。

グラフ2)米国のインターネット・ユーザが、オンラインで、食料品を購入していると回答した、場所の割合
             オンラインで、食料品を購入していると回答した割合

オンライン食料品店  2015年 2016年 2017年 2018年 2019年

Amazon         14%    16%   25%   24%   36%
Walmart         12%    12%   14%   15%   29%
Target           7%     5%   9%    9%   16%
Grocery banner    16%    11%   7%    9%   10%
jet             -     1%   5%    2%    3%
Peapod          2%     1%   2%    2%    2%
Netgrocer        0%     0%   2%    1%    1%
FreshDirect       2%     2%   2%    1%    2%
その他          2%     0%   1%    2%    2%
購入しない       66%    69%   65%   62%   44%

Em1b_20200120213501

 

 ソース:TABS Analytics、2019年9月11日

 米国のインターネット・ユーザが、オンラインで、食料品を購入している場所と回答した割合で、Amazonは、2019年に、まだ、大きくリードしていた。

 この調査によると、Walmartの、食料品の売上は、2019年に、前年から、2倍近く、増加していたことが分かった。

 両方の調査は、2019年9月に、実施されたが、結果は、僅かに異なっていた。

 Amazonを好んでいる、The TABS Analyticの調査は、米国のインターネット・ユーザに、食料品を、オンラインで、どこで購入するかを尋ねていた。

 この回答には、Amazonで販売されている、パッケージに包まれた、食料品や飲料水の購入している、米国のインターネット・ユーザも、含まれている。

 また、この回答には、生鮮食品を販売している、AmazonFresh、Prime Now、あるいは、Prime Pantryのような、Amazonの食料品サービスから、販売される、食料品を購入している、米国のインターネット・ユーザも、含まれている。

 これに対し、The Retail Feedback Groupの調査は、米国のインターネット・ユーザに、最近の30日間に、使用した、食料品サービスを尋ねていた。

 Walmartを、より好んでいる、調査の結果は、2019年に、オンライン食料品店、Walmartが、勢いを得ていることを示している。

 Amazonは、ネットで購入し、店舗で受け取る、クリック&コレクト経由で、オンライン・ショッピングを促すために、実店舗で購入する、ブリック&モルタル・フットプリントを活用している。

 Bloombergからの、最近のレポートによると、このオプションは、3000店舗で、利用できるようになるが、2016年に、約400店舗でのみ、提供されていた。

 AmazonとWalmartは、継続して、2020年にも、オンライン食料品で、リードを続けるだろう。

 Walmartは、実店舗のフットプリントを活用し続けている、態勢が整っているようだ。

 Walmartは、実店舗の、倉庫での作業を自動化するために、食料品などの商品をピックアップするのに、ロボットを使用している。

 Amazonは、無料で、速く、食料品を、顧客の家まで届ける、ことを強みにしている。

 Amazonは、AmazonFreshの月額料金14.99ドルを廃止し、今回、食料品を配達するサービスを、追加料金なしで、Primeメンバーに提供する。

 2019年の末に、AmazonFreshは、売上の3倍増加させ、最もメジャーな米国市場において、食料品を配達するサービスを利用できるようにした。

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(1)'20.01.20

【「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介(1)】'20.01.20

 「Connected Home over IP」プロジェクトの紹介ブログ 2019年12月18日

 By Vint Cerf、CIE、Grant Erickson

 Googleは、既存のZigbee 3.0/PROプロトコルとは別に、Amazon、Apple、Zigbee Allianceなどの業界パートナーと共に、新しいワーキング・グループである、「Connected Home over IP」で、新たな「接続プロトコル」の標準化を推進していく。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマート・ホーム・デバイス、モバイル・アプリ(例えば、デジタル・アシスタント)、クラウド・サービス間での、IPベースの、シームレスな相互接続を可能にする、新しい「接続プロトコル」の標準仕様の構築を目指している。

 デバイス・メーカ、半導体メーカ、および、他の開発者は、この「Connected Home over IP」ワーキング・グループに参加し、既存のオープンソース技術を、イニシアチブに提供して、開発を加速し、顧客とデバイス・メーカが、より早く利益を得られるよう、招待される。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、家庭用のUSBのような、「プラグ&プレイ」プロトコルを作成する可能性を説明する、キーワード投稿もある。

 筆者らは、この新しい標準プロトコルにより、デバイスの開発者が、信頼性、安全性、プライベート性、相互運用性、および、インターネットで強化された、デバイスを、容易に作成できるようになることを期待している。

 このイニシアチブを加速するために、Googleは、安全で、信頼性のある、スマート・ホーム用のコミュニケーション・バックボーンを提供する、「OpenWeave」プロジェクトのコア技術で、この「Connected Home over IP」プロジェクトに貢献し、Threadのような、IPを搭載した、低電力のメッシュ・ネットワーク・プロトコルの専門知識も提供するようだ。

 このブログの投稿では、筆者らは、スマート・ホームの接続プロトコルに関する、Googleの考え方と、これらの技術が、業界で、どのように収束する可能性があるかを、さらに深く掘り下げる。

   (続く)

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクト(4)'20.01.20

【「Connected Home over IP」プロジェクト(4)】'20.01.20

Idciot4_20200120130501


 「Connected Home over IP」プロジェクトに関する、いくつかの質問の答えを示す。

 By Connected Home

     (続き)

11)接続プロトコルの標準化は、市場でテスト済みの、スマートホーム技術に、どのような貢献をしているのだろう?

 「Connected Home over IP」プロジェクトは、次のような、既存の異なったスマート・ホーム・システム同士が、シームレスに連携し、相互運用できるようにする。

Idciot2e


1. AmazonのAlexa Smart Homeは、Alexa対応のスマート・ホーム・デバイスを、Alexaを搭載したデバイスで、簡単かつ安全に操作できるようにする。

2. AppleのHomeKitは、HomeKit対応のスマート・ホーム・デバイスを、Siriを搭載した、Appleデバイスで、簡単かつ安全に操作できるようにする。

3. GoogleのWeaveは、Google Assistant対応のスマート・ホーム・デバイスを、Google Assistantを搭載したデバイスで、簡単かつ安全に操作できるようにする。

4.Zigbee Allianceは、スマート・ホーム・デバイス用の、Dotdotと呼ばれる、共通言語や、データ・モデルを提供する。

 「Connected Home over IP」プロジェクトは、任意のデジタル・アシスタント(AmazonのAlexa、AppleのSiri、Google Assistant)で、家庭用のネットワークに接続された、既存の、任意のスマート・ホーム・デバイスを、簡単かつ安全に操作できるようにする、接続プロトコルの標準仕様を構築する。

12)「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマート・ホームのユーザ・インターフェイスの標準化を試みるだろうか?

 「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマート・ホームのユーザ・インターフェイスの標準化を試みることはない。

 現時点では、「Connected Home over IP」プロジェクトは、音声対応デジタル・アシスタント、スマート・ディスプレイか、デスクトップか、モバイルのアプリなどの、スマート・ホームのユーザ・インターフェイスを、標準化するつもりはない。

13)オープンソース

 新しい標準プロトコルの参照実装のオーブンソースや、そのサポート・ツールは、仕様のすべての側面に対し、GitHubオープンソース・プラットフォームで、開発され、保守されるようになる。

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクト(3)'20.01.20

【「Connected Home over IP」プロジェクト(3)】'20.01.20

 「Connected Home over IP」プロジェクトに関する、いくつかの質問の答えを示す。

 By Connected Home

    (続き)

7)「開発者」に、どのように、利益をもたらすのだろう?

Idciot2b_20200120062901

 
「Connected Home over IP」プロジェクトの目的は、開発者が、AmazonのAlexa、AppleのSiri、Google Assistantといった、デジタル・アシスタントと、互換性のあるデバイスを、簡単に構築できるようにすることである。

 これには、プロビジョニング/オンボーディング、削除、エラーの回復、ソフトウェアの更新といった、ライフサイクル・イベントの標準化も、含まれるだろう。

8)開発者に、どのような影響を与えるのだろう?

 「Connected Home over IP」プロジェクトで標準化する、接続プロトコルは、既存の技術を補完するものであり、ワーキング・グループのメンバーは、デバイス・メーカが、今日利用可能な技術を使用して、革新を続けることを奨励している。

 開発者は、「Connected Home over IP」プロジェクトのワーキング・グループに参加して、計画されている、接続プロトコルの詳細仕様と、いつ利用可能になるかを確認しよう。

 開発を迅速化するために、「Connected Home over IP」プロジェクトは、市場でテストされた技術のコンポーネントを、必要に応じて変更し、提供を開始する予定である。

9)開発者は、この接続プロトコルの仕様は、いつ、利用できるようになるのだろう?

 「Connected Home over IP」プロジェクトワーキング・グループは、2020年後半に、接続プロトコルの仕様の草案と、参照オープンソース実装をリリースすることを目標としている。

10)ワーキング・グループが取ろうとしている、オープンソースのアプローチとは何だろう?

 接続プロトコルの開発を加速し、メーカと消費者に、より速く利益を提供するために、「Connected Home over IP」プロジェクトのワーキング・グループは、Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceといった、既に、市場でテスト、実績のある技術のコンポーネントから、提供を開始する。

Idciot2e


 ワーキング・グループが組み込むことを選択した、すべてのオープン・ソースコードは、Connected Home over IPプロジェクトにコピーされ、必要に応じて変更される。

 接続プロトコルの標準化仕様の作成と併せて、オープン・ソースコードを開発することにより、開発者は、実際の適用事例において、このアーキテクチャを、プロトタイプ化して、テストできるようになる。

 最終的に、開発者は、このオープン・ソースコードを使用して、製品開発をスピードアップできるようになる。

 「Connected Home over IPプロジェクトの紹介」ビデオ

       (続く)

デル株式会社

2020年1月19日 (日)

「Connected Home over IP」プロジェクト(2)'20.01.19

【「Connected Home over IP」プロジェクト(2)】'20.01.19

 「Connected Home over IP」プロジェクトに関する、いくつかの質問の答えを示す。

 By Connected Home

      (続き)

3)なぜ、インターネット・プロトコル(IP)か?

 今日、インターネット・プロトコル(IP)上に構築されている、スマート・ホーム用の、オープンな接続プロトコルの標準は、あまり広く採用されていない。

 IPは、家庭やオフィスにおいて、最も、一般的に、使用されている、ネットワーク層である。

 IPで、その下にある物理層やリンク層から、独立したネットワーク全体に渡り、メッセージを、ルーティングできる、ルーティング、スイッチング、ファイアウォール用の基盤があり、テストされた、アルゴリズムがある。

 ネットワーク層のIPの上には、TCPとUDPのような、トランスポート層のプロトコルがある。


Idciot2a


 IPは、デバイスと、他のデバイス、アプリ、あるいは、サービス間での、コミュニケーションにおいて、エンドツーエンドのセキュリティとプライバシーを提供するための、理想的な方法である。

 今日、異なった、適用事例のために、設計された、多くの、IPベアリング・ネットワークがある。

 この接続プロトコルは、IPの上に構築されているので、このメッセージのトラフィックは、異なった種類のネットワークに渡り、シームレスに、流れることのできるべきである。

 多くのスマート・ホーム・デバイスは、専用のプロトコルを使用しており、専用のプロキシとトランスレータを使用して、ホーム・ネットワークに接続される必要がある。

 IP上に構築することにより、これらのデバイスのいくつかは、標準化された、ネットワーキング装置と、直接、接続できるようになる。

4)IPベースのネットワーキング技術において、「Connected Home over IP」プロジェクトは、どの接続プロトコルに、焦点を合わせるか?

Idciot2d


5)デバイスを認証するために、どのIPベースのネットワーキング技術の、特定なセットを定義するか?

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、デバイスを認証するための、IPベースのネットワーキング技術の、特定なセットを定義する。

 我々は、コンプライアント・デバイスが、必ずしもすべてではなく、少なくとも1つ、サポートされている技術を実装する必要があると思っている。

 最初の仕様のリリースの目標は、802.11a/b/g/n/ac/axである、802.11axを含む、Wi-Fi用の実装になるだろう。

 Bluetooth用の実装には、ネットワークと物理的な無線プロトコル用の、4.1、4.2、および、5.0版がある。

 「Connected Home over IP」ワーキング・グループは、イーサーネット、セルラー通信ネットワーク、ブロードバンドのような、他のIPべアリング技術を擁護する。

 いくつかの企業は、Wi-Fi/Ethernetを介した、プロトコルへの製品の提供に焦点を合わせるかも知れない。

 将来の製品サポートに対する、意図は何かを確認するために、個々の企業にコンタクトしよう。

6)「消費者」に、どのように、利益をもたらすのだろう?

 この「Connected Home over IP」プロジェクトの目的は、互いに互換性のない、スマート・ホーム製品を使用するために、消費者のユーザ経験を改善することである。

 我々は、この接続プロトコルが、スマート・ホーム・デバイスや、AmazonのAlexa、AppleのSiri、Google Assistantといった、デジタル・アシスタントに渡り、広く採用されると信じている。


Idciot2e


 「Connected Home over IP」ワーキング・グループの目的が、達成されれ、接続プロトコルが、標準化されれば、ユーザが、購入した、スマート・ホーム・デバイスの互換性が保証され、、自分たちの家庭で、確実に、利用できるようになるだろう。

 これにより、ユーザは、自分たちが採用した、スマート・ホーム・システムや、デジタル・アシスタントで、どこからでも、スマート・ホーム・デバイスをセットし、制御できるようになる。

 現在のスマート・ホーム製品は、将来、サポートされ、引き続き機能が、保証される。

 Amazon、Apple、および、Googleは、ユーザの、既存の製品のサポートを続けることを約束する。

    (続く)

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクト(1)'20.01.19

【「Connected Home over IP」プロジェクト(1)】'20.01.19

Idciot2b

 By Connected Home over IP

1)「Connected Home over IP」プロジェクトとは何だろう?

 「Connected Home over IP」プロジェクトは、セキュリティを基本的な設計方針として、スマート・ホーム製品間の互換性を高めるための、新しいロイヤリティ・フリーの、接続プロトコル標準規格を開発し、採用を促すことを計画している、新しいワーキング・グループである。
Idciot2b_20200120062901
2)「Connected Home over IP」は、どのように機能するか?

 Amazon、Apple、Google、および、Zigbee Allianceが、協力して、ワーキング・グループの形成を促進した。

 Zigbee Allianceのボード・メンバーの企業、IKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify(以前のPhilips Lighting)、Silicon Labs、Somfy、および、Wulianも、この「Project Connected Home over IP」ワーキング・グループに参加し、このプロジェクトに貢献している。


Idciot1a_20200119113901


 Connected Home over IPプロジェクトの目標は、メーカの開発を簡素化し、接続プロトコルを、インターネット・プロトコル(IP)上に構築することにより、「スマート・ホーム・デバイス」、「モバイル・アプリ」、および、「クラウド・サービス」間のコミュニケーションを可能にし、デバイス認証のための、IPベースのネットワーキング技術の特定セットを定義することである。

 このConnected Home over IPプロジェクトは、スマート・ホーム・デバイスは、安全で、信頼性が高く、シームレスに使用できる必要があるという、共通の信念に基づいて、構築されている。

 スマート・ホーム・デバイスには、家庭用監視カメラ、サーモスタット、スマートTV、スマート冷蔵庫などがある。

 モバイル・アプリには、音声対応デジタル・アシスタントや、デバイスのコンパニオン・アプリなどがあり、ユーザは、例えば、スマートフォンなどで、どこにいても、家のスマート・ホーム・デバイスを制御できるようになる。

 クラウド・サービスには、例えば、ストリーミング・メディア・サービスや、ストレージ・サービスなどがある。

 業界ワーキング・グループは、新しい接続プロトコルの開発と実装のために、オープンソースのアプローチを採用する。

 このプロジェクトは、Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceなどの、既に、市場で、実際にテストされ、使用されている、実績のある、スマート・ホーム技術を使用する予定である。

 これらのスマート・ホーム技術を活用するという決定は、接続プロトコルの標準化を加速し、メーカと消費者に、より速く利益をもたらすことが、期待される。

 この接続プロトコルは、インターネット・プロトコル(IP)上に構築される。

  Idciot4b_20200120002501

 このプロジェクトの目的は、デバイス・メーカが、AmazonのAlexa、AppleのSiri、GoogleのAssistantといった、デジタル・アシスタントなどと、互換性のあるデバイスを、簡単に構築できるようにすることである。

 この接続プロトコルは、既存の技術を補完するものであり、ワーキング・グループのメンバーは、デバイス・メーカが、今日利用可能な、スマート・ホーム技術を使用して、革新を続けることを奨励している。

   (続く)

デル株式会社

「Connected Home over IP」プロジェクトは、消費者向けのデバイス・メーカの開発を簡素化し、デバイスの互換性を向上させることを目的としている。'20.01.19

【「Connected Home over IP」プロジェクトは、消費者向けのデバイス・メーカの開発を簡素化し、デバイスの互換性を向上させることを目的としている。】'20.01.19

 Amazon、Apple、Google、および、Zigbee Allianceは、セキュリティを、基本的な設計方針として、スマートホーム製品間の互換性を向上させるための、新しいロイヤリティ・フリーの、接続プロトコルの標準規格を開発し、採用を促すことを計画している、ワーキング・グループを発表した。2019年12月18日

Idciot2b

 By Zigbee Alliance

 IKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify(以前のPhilips Lighting)、Silicon Labs、Somfy、WulianなどのZigbee Allianceのボードメンバー企業も、このワーキング・グループに参加して、「Connected Home over IP」プロジェクトに貢献している。

Idciot4


 「Connected Home over IP」プロジェクトの目標は、メーカの開発を簡素化し、消費者向けのデバイスの互換性を高めることである。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマートホーム・デバイスが、安全で、信頼性が高く、シームレスに使用できる必要があるという、共通の信念に基づいて、構築されている。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、接続プロトコルを、インターネット・プロトコル(IP)上に構築することにより、「スマート・ホーム・デバイス」、「モバイル・アプリ」、および、「クラウド・サービス」間のコミュニケーションを可能にし、デバイス認証のための、IPベースのネットワーキング技術の特定セットを定義することを、目指している。

Idciot2a

 この業界ワーキング・グループは、新しい統合接続プロトコルの開発と実装のために、オープンソースのアプローチを採用する。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceといったベンダの、市場でテストされ、実績のある、スマートホーム技術を使用する予定である。

Idciot2e

 これらの技術を活用するという決定は、接続プロトコルの開発を加速し、メーカと消費者に、より速く利益をもたらすことが、期待される。

 このプロジェクトの目的は、3rdパーティのデバイス・メーカが、「AmazonのAlexa」、「AppleのSiri」、「GoogleのAssistant」といった、音声対応デジタル・アシスタント、および、スマート・ホーム・デバイスと、互換性のあるデバイスを、簡単に構築できるようにすることである。

 計画された、接続プロトコルは、既存の技術を補完するものであり、ワーキング・グループのメンバーは、3rdパーティのデバイス・メーカが、今日、利用可能な技術を使用して、革新を続けることを奨励している。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトは、スマート・ホーム・デバイスのメーカ、スマート・パーソナル・デバイスのメーカ、半導体メーカ、モバイル・アプリ・ベンダ、および、クラウド・サービス・プロバイダといった、スマート・ホーム業界全体の、他の開発者が、この接続プロトコルの標準化作業に参加し、貢献することを歓迎する。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトに参加したい、あるいは、アップデートを受け取りたい場合は、connectedhomeip.comに、アクセスのこと。

 「Connected Home over IPプロジェクトの紹介」ビデオ

・Appleは、1984年に、Macintoshを紹介し、パーソナル技術を革新した。

 今日、Appleは、スマートフォンのiPhone、タブレットのiPad、パーソナル・コンピュータのMac、スマートウォッチのApple Watch、スマートTVのApple TVの革新で、世界をリードしている。

 Appleには、4つのオペレーティング・システム・プラットフォーム、iOS, macOS, watchOS and tvOSがあり、デバイスに渡り、シームレスなユーザ経験が提供されている。

 また、Appleは、App Store、Apple Music、Apple Pay、および、iCloudといった、サービスを提供している。

・Googleの使命は、世界中の情報を整理し、世界中の情報にアクセスし、世界中のユーザが、情報を、より見つけやすく、より利用しやすく、より有用にすることである。

 検索、マップ、Gmail、Android、Google Play、Chrome、YouTubeなどの、サービス製品や、オペレーティング・システム・プラットフォームを通して、Googleは、何10億人もの、世界のユーザの日常生活において、重要な役割を果たしている、世界で最も有名な企業の1つになった。

 Googleは、Alphabetの子会社である。

・Zigbee Allianceは、「モノのインターネット」の基盤であり、未来である。

 2002年に設立された、幅広い、グローバルなメンバーシップを持つ、Zigbee Allianceは、世界の人たちの生活、仕事、遊びの方法を変革する、コネクティッド製品に必要な、ユニバーサルで、オープンな、接続プロトコル標準を作成し、発展させるために、協調している。

 メンバーの、深くて多様な専門知識、堅牢な認証プログラム、オープンIoTソリューションのフル・スイートで、より直感的で、想像力に富み、有用な世界への動きをリードしている。

Idciot1a_20200119113901


 Zigbee Allianceの取締役会は、Amazon、Apple、Comcast、Google、IKEA、Kroger Co.、LEEDARSON、Legrand、Lutron Electronics、MMB Networks、NXP Semiconductors、Resideo、Schneider Electric、Signify(以前のPhilips Lighting)、Silicon Labs、SmartThings、Somfy、Texas Instruments、および、Wulianの幹部で構成されている。

デル株式会社

2020年1月18日 (土)

Amazonは、ドイツのDeutsche Postの子会社の電気自動車メーカ、StreetScooterから、電気バンを注文する。'20.01.18

【Amazonは、ドイツのDeutsche Postの子会社の電気自動車メーカ、StreetScooterから、電気バンを注文する。】'20.01.18

 フランスのBovesの、同社の物流センターの、Amazonのロゴ

Reu1_20200118211501


 Amazonは、2040年までに、カーボン・ニュートラル(排出される二酸化炭素と吸収される二酸化炭素が同じ量にする)計画の一部として、ドイツのMunichの、Deutsche PostのStreetScooterから、40台の電気バンを注文した。2019年11月5日

 By Reuters

 郵便局を起源とする、物流会社Deutsche Postによると、同社の子会社の電気自動車メーカ、StreetScooterは、Munichの郊外にある、Amazonの配送センターに、60台の電気バンの充電ステーションを設置したという。

 最近、Amazonは、同社の2番目に大きな市場である、ドイツに、独自の配達サービスのビジネスを構築した。

 Amazonは、 Deutsche Post DHLのような、ドイツの物流会社に挑戦する。

 物流会社のDeutsche Post DHLは、2014年に、電気自動車メーカ、StreetScooterを完全に買収し、StreetScooterが生産した、1万2000台の電気バンの内、約1万台を使用している。

 この利益を上げていない、電気自動車メーカ、StreetScooterは、新たな投資家や、電気自動車の顧客を探している。

 Deutsche Post DHLは、2019年11月に、子会社の電気自動車メーカ、StreetScooterの二酸化炭素の排出量をゼロにする、「Work L」電気配達バンを、2020年春に、米国市場に売り込むと発表した。

Reu1a_20200118212001

 Amazon Europeの、Adam Elman氏は、Amazonが、既に、他の電気自動車のサプライヤから、200台の電気自動車を注文していたという。

Reu1c_20200118211901


 DaimlerのMercedes-Benzは、「eVito」電気トランスポーターを、Amazonに、10台販売したと述べた。

Reu1d


 Amazonは、2021年に、商用に生産が開始され、販売される前に、スタートアップの、Rivian Automotive LLCから、10万台の電気バンを注文したと発表した。

デル株式会社

Apple、Amazon、Google、および、Zigbee Allianceが、新しいスマート・ホーム標準を検討する。'20.01.18

【Apple、Amazon、Google、および、Zigbee Allianceが、新しいスマート・ホーム標準を検討する。】'20.01.18

Idciot1c


 Apple、Amazon、Google、および、Zigbee Allianceが、新しいスマート・ホーム標準を調査する。2020年1月2日

 By IoT News

 Apple、Amazon、Google、および、Zigbee Allianceは、「Connected Home over IP」に焦点を当てた、新しいワーキング・グループを形成した。

 この新しいワーキング・グループは、スマート・ホーム・デバイス製品間の、互換性を促すための、新しいロイヤリティ・フリーの「接続プロトコル」の開発と推進を検討している。

 この「接続プロトコル」は、セキュリティを基本原理として、設計されている。

 相互に接続された、スマート・ホーム・デバイスを、安全で、信頼性が高く、相互に接続され、シームレスに使用できるという、共通の信念に基づいて設立された、「Connected Home over IP」プロジェクトの目的は、スマート・ホーム・デバイスのベンダが、他のベンダのデバイスと、互換性を持たせられるようにする、ロイヤリティ・フリーの「接続プロトコル」を開発し、標準化を推進することである。

Idciot1b

                     プロジェクト「Connected Home over IP」                        

                アプリケーション層   Connected Home over IPアプリ層

                トランスポート層      TCP      UDP

                ネットワーク層           IPv6

                ハードウェア層         インターネット

Idciot4b


 「Connected Home over IPプロジェクトの紹介」ビデオ

 デバイス認証用の、特定のIPベースのネットワーク技術のセットを定義するために、この「Connected Home over IP」プロジェクトは、「スマート・ホーム・デバイス」、「パーソナル・デバイスとアプリ(例えば、デジタル・アシスタント)」、および、「クラウド・サービス」間での、コミュニケーションを可能にする。

 この「Connected Home over IP」プロジェクトの目標は、Amazon、Apple、Google、Zigbee Allianceなどの、スマート・ホーム技術を使用して、異なったベンダの、スマート・ホーム・デバイス、パーソナル・デバイスとアプリ、および、クラウド・サービス間で、コミュニケートできるようにする、ロイヤリティ・フリーの「接続プロトコル」を開発し、標準化を推進することである。

Idciot1djpg


 Zigbee Allianceの役員であるIKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify、Silicon Labs、Somfy、および、Wulianもこの「Connected Home over IP」プロジェクトに貢献する。

Idciot1a


 2019年5月に、Zigbee Allianceは、IoTデバイスと、消費者や商用の、主要なプラットフォーム間の相互運用性を改善するための、「All Hubs Initiative」を公開した。

 Zigbee Allianceには、Amazon、Comcast、IKEA、Legrand、OSRAM、Schneider Electric、Exegin、Kwikset、Landis + Gyr、LEDVANCE、LEEDARSON、Microchip、MMB Networks、NXP、Silicon Labs、Somfy、Xylem、Yaleなど、多くの主要なIoTベンダが、参加しており、開発者が、エコシステム全体で、スマート・ホーム・デバイス、および、他のIoT製品を、簡単に開発、展開、販売できるようにする。

デル株式会社

2020年の、9つの将来のIT&トレンドと予測(3)'20.01.18

【2020年の、9つの将来のIT&トレンドと予測(3)】'20.01.05

 コンピューティング・パワーが、59年間に渡り、1兆倍も向上された。

 By financesonline

 新しい技術は、他の技術の基礎になってきた。

 新しい技術は、より新たな技術に対する、基礎になり、このサイクルは、永久に続く。

 結果として、ITのトレンドについていくことが、より難しくなる。

 トレンドが、将来、どのようにシフトするかを、紹介する。

   (続き)

2)モノのインターネット(IoT)

 「モノのインターネット(IoT)」デバイスは、とんでもない速度で増加している。

 2019年、現在、約260億台のIoTデバイスが、世界中に設置されている。

 専門家によると、その数は、754億4千万という、驚異的な数になるという。

 IoTデバイスは、現在、世界のほぼ、どこにでもある。

 2020年までに、各ユーザは、平均4台の、IoTデバイスを、2030年までに、平均15台の、IoTデバイスを、所有することになる見込みである。

 実際、いくつかの調査によると、現在、IoTデバイスには、約1500億ドルの市場価値があるという。

 これまでのところ、IoTデバイスは、スマート照明やスマート冷蔵庫といった、スマート・ホーム・デバイスの形態で、スマート・ホームの分野に、多く見られる。

 スマート・グラスや、アクティビティ・トラッカーといった、ウェアラブル技術も、IoTデバイスの、一般的な適用分野である。

 さらに、交通の管理システム、都市の安全監視システム、送電ネットワークや上下水道などの、維持管理は、スマート・シティにおける、IoTデバイスの適用分野の一部である。

 このIoTデバイス分野における、課題には、セキュリティ、信頼性、互換性、オープン性、柔軟性、拡張性などがある。

 IoTベンダは、ユーザが、ハッキング、データ侵害、情報漏洩などの脅威に直面しないよう、セキュリティや、信頼性を強化する必要があるだろう。

 問題は、殆どのIoTデバイスには、すぐに使用できる、セキュリティ機能が、ないことである。

 従って、IoTデバイスのベンダは、セキュリティ機能を組み込み、セキュリティを強化する必要がある。

 IoT Analyticsのアンケート調査によると、代表的なIoTデバイスの適用分野のトップ5に挙げた分野には、スマート・ホーム(回答者の全員)、ウェアラブル・デバイス(回答者の63%)、スマート・シティ(回答者の34%)、スマート・グリッド(回答者の28%)、産業インターネット(回答者の25%)があるという。

 ソース:IoT Analytics 2018

デル株式会社

過去数年に渡り、Googleは、CESにおいて、ますます、大きな存在感を示してきた。(2)'20.01.18

【過去数年に渡り、Googleは、CESにおいて、ますます、大きな存在感を示してきた。(2)】'20.01.18


Cesg0


 過去数年に渡り、Googleは、CESにおいて、ますます、大きな存在感を示してきたが、今年も、状況は変わらず、Googleは、CES 2020で、巨大なブースを提供し、多くの製品を紹介し、「Google Assistant」デジタル・アシスタントに重点を置きながら、それをデモし、楽しい、ユーザ体験を提供する。2020年1月8日

 By 9to5google

 CES 2020の初日に、Googleのブースでは、スマート・ディスプレイ用の、家族の連絡帳、コンテンツを朗読する、Google Assistantデジタル・アシスタントなど、次版のGoogle Assistantの追加、あるは、エンハンスされる、機能やサービスが、紹介されていた。

 Googleブースの中央では、来場者が、Nest Hubスピーカや、Pixel 4スマートフォンで、新しい、Google Assistantデジタル・アシスタントを、体験できるようになっていた。

    (続き)

 2階にある、「Google Assistant Journey」をテーマとする、Google CES 2020ブースは、本当に楽しいところである。

 「ツアーガイド」は、来場者が、料理を試食するために、予約することを体験できるよう、案内してくれる。

 このGoogleブースには、「Google Assistant」デジタル・アシスタントを搭載した、さまざまなスマート・デバイスが、置いてある。


Cesg6


 最初のシーンは、来場者が、友人のグループを、自分の家に招待し、料理を作るという、ストーリの体験になる。

 次のシーンでは、来場者は、Google Assistantデジタル・アシスタントに、「料理の仕方を教えて」ということで、レシピを見つけることを体験できる。

Cesg12


 次に、来場者は、Pixel 4スマートフォンが陳列されている、偽物の食料品店に入り、Google Assistantデジタル・アシスタントに、レシピの材料を見つけるのを、手伝って貰うことを体験できる。

Cesg9

Cesg10


 ちなみに、Googleは、実際に、レストランのTastyと提携して、Google Assistantデジタル・アシスタントをサポートした、料理のレシピを作成した。

 来場者は、偽物の食料品店で、料理の材料をそろえ、Pixel 4スマートフォンに搭載された、Google  Assistantデジタル・アシスタントに、「家のオーブンを予熱するよう」依頼するのを体験できる。

 また、来場者は、「スマート冷蔵庫で、シャンパンのボトルを冷やし、スマート炊飯器で、ご飯を炊き、フード・プロセッサを実行するよう」、Google  Assistantデジタル・アシスタントに、依頼するのを体験できる。


Cesg13


 これらは、数分間の、楽しい体験であり、率直に言って、巧妙な技術のデモである。

デル株式会社

2020年1月17日 (金)

Gartnerによると、2020年に、世界のIT支出が、3兆9000億ドルに達するという。'20.01.17

【Gartnerによると、2020年に、世界のIT支出が、3兆9000億ドルに達するという。】'20.01.17

 経済的、および、政治的な不確実性が減少するにつれて、企業は、IT支出を再考する。2020年1月15日

 By Gartner

 Gartnerによると、世界のIT支出は、2019年から3.4%増加し、2020年に、合計で、3兆9000億ドルに達する見込みであるという。

 世界のIT支出は、2021年までに、4兆ドル近くになると予測している。

 世界のソフトウェアへの支出は、2020年に、最も速く、10.5%と、2桁増加する見込みである。

 Gartnerによると、企業向けのソフトウェアの市場セグメントの殆どは、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」により、促されているという。

 Gartnerのアナリストによると、企業のソフトウェアへの支出は、クラウド・ベースではなく、ソフトウェアの形態での支出が、緩やかな増加を続けるという。

 ライセンス・ベースのソフトウェアは、依然として、購入されており、2023年まで、支出が増加するが、企業は、ソフトウェアよりも、SaaSへの、新たな支出を増やす見込みである。

表1)世界のIT支出の予測 (支出の単位:10億ドル)

            2019年 2019年  2020年 2020年 2021年 2021年
支出の分野     支出  増加率  支出  増加率 支出  増加率

データセンター・  205   -2.7%  208  1.9%   212  1.5%
システム

エンタープライズ・ 456    8.5%  503  10.5%   556   10.5%
ソフトウェア

デバイス      682   -4.3%  688   0.8%  685   -0.3%

ITサービス    1,030   3.6%  1,081  5.0%  1,140   5.5%

通信サービス   1,364   -1.1%  1,384  1.5%  1,413   2.1%

ITへの支出    3,737   0.5%  3,865  3.4%  4,007   3.7%
の合計

  ソース:Gartner、2020年1月

 強力な米国のドルのおかげで、スマートフォンなどのデバイスや、データセンターの装置の価格が上昇しているので、世界の国で、ITへの支出が、抑止されている。

 強力な米国のドルで、例えば、日本における、スマートフォンへの支出は、2020年に、減少するだろう。

 英国の、PC、プリンタ、サーバ、および、外部ストレージ・システムへの支出は、2020年に、前年から、3%減少する見込みである。

 IT業界の見通しにおける、より詳細な分析は、補足的な、ウェビナ、「IT Spending Forecast, 4Q19 Update: Emerging Technologies in 2020」で、提供される。.

デル株式会社

過去数年に渡り、Googleは、CESにおいて、ますます、大きな存在感を示してきた。(1)'20.01.17

【過去数年に渡り、Googleは、CESにおいて、ますます、大きな存在感を示してきた。(1)】'20.01.17

Cesg0


 過去数年に渡り、Googleは、CESにおいて、ますます、大きな存在感を示してきたが、今年も、状況は変わらず、Googleは、CES 2020で、巨大なブースを提供し、多くの製品を紹介し、「Google Assistant」デジタル・アシスタントに重点を置きながら、それをデモし、楽しい、ユーザ体験を提供する。2020年1月8日

 By 9to5google

 CES 2020の初日に、Googleのブースでは、スマート・ディスプレイ用の、家族の連絡帳、コンテンツを朗読する、Google Assistantデジタル・アシスタントなど、次版のGoogle Assistantの追加、あるは、エンハンスされる、機能やサービスが、紹介されていた。

 いつものように、Googleブースは、Google Assistantデジタル・アシスタントで動作する製品で、溢れていた。

Cesg1


 Googleブースには、Androidベースのスマートフォン、Wear OSベースのスマートウォッチ、Android TV、サウンドバー、スマート・ホーム・デバイス(照明製品など)を展示した壁があった。

Cesg2


 BelkinやKonkaのスピーカ、新しいWear OSベースのスマートウォッチ、および、TCLや、他のブランドの、新しいスマートフォンなど、いくつかの新製品も、Googleブースに登場した。

Cesg3


 Googleブースの中央では、来場者が、Nest Hubスピーカや、Pixel 4スマートフォンで、新しい、Google Assistantデジタル・アシスタントを、体験できるようになっていた。

 Googleブースでは、Android Autoの簡単なデモの体験から始まった。

Cesg5


 Googleブースでは、Androidベースの、Wireless Android Autoを使用している、BMWのコネクティッド・カーが、紹介された。

 また、Googleブースには、Android Autoのネイティブ・バージョンを使用した、Volvoのコネクティッド・カー、Volvo XC40も、紹介された。

 Volvoは、同社の、他のコネクティッド・カーにも、Android Autoのネイティブ・バージョンを使用していくようだ。

    (続く)

デル株式会社

トヨタ自動車の、実験的な未来の都市を構築する計画で、思ったこと。'20.01.17

【トヨタ自動車の、実験的な未来の都市を構築する計画で、思ったこと。】'20.01.17

 トヨタ自動車が、水素燃料電池、自動運転車や電気自動車、スマート・ホーム、人工知能(AI)など向けの機能や技術を研究するための、施設を建設すると共に、実験的な未来の都市を構築し、実践的に、スマート・シティの研究を進めていくことで、これまでの記事を参考にして、素人的に、思ったこと。2020年1月17日

Toyota


 【トヨタは、日本に、未来の実験的な都市を構築する。】'20.01.15

 トヨタ自動車の「織り込まれた都市(Woven City)」のアイデアは、素晴らしいと感じた。

 未来の都市を織り込むには、さまざまな技術やサービスを利用する必要があり、システムの統合能力が必要になると思う。

 他の能力や技術を持つ、企業とパートナーを組み、エコシステムを拡大させていく必要があるだろう。

 需要があり、実現できそうな分野から、スマート・シティの構築を開始するのだと思う。

 これには、さまざまなコンポーネントを、相互接続し、相互運用できるよう、IoT関連の技術を標準化したり、あるいは、国際的な標準技術を採用したりする、必要があるだろう。

 「スマート・シティを構成する要素」

 スマート・シティの構成要素には、住宅、ビル、ユーティリティ、移動手段、道路、市役所、学校、医療機関、企業、小売店などがある。

・住宅では、スマート・ホーム分野において、デジタル・アシスタントを通して、スマートフォンなどで、スマート・デバイスを制御できるようになるかも知れない。

 これには、煙検知器や、家庭用監視カメラといった、各種センサーが、必要になる。

 また、スマート照明、スマート冷蔵庫、スマートTVといった、スマート・デバイスで、外出先からでも、スマートフォンなどで、制御できるようになるかも知れない。

 これには、「モノのインターネット(IoT)」の標準化が必要になり、さまざまなメーカのスマート・デバイス同士が、相互に接続し、相互連携できるようになる、必要がある。

 さらに、お年寄りのいる家庭には、介護ロボットや、遠隔医療機器などが、利用できるようになるかも知れない。

・ビルでは、ビル管理システム分野において、よりスマートな空調、エレベータ、照明などが、一元的に管理されるようになるかも知れない。

 これにも、各種センサーや、IoTの標準化が必要になる。

・交通システムには、渋滞や事故を減らすために、各種センサーと、交通制御システム、膨大なデータのリアルタイムな分析などが必要になり、IoTの標準化が必要になる。

 また、交通システムには、例えば、バスと電車のシームレスな連携といったことも、要求されるだろう。

 交通システムでは、移動手段の分野において、自動運転車や電気自動車が、利用できるようになり、配車サービスや配達サービスといった、さまざまなサービス(「サービスとしての移動」(MaaS)」が、利用できるようになるかも知れない。

 例えば、お年寄りが、スマートフォンで、デジタル・アシスタントを通して、配車サービスを利用したり、配達サービスを利用して、スーパーで買い物をしたり、できるようになるかも知れない。

 また、スーパー、小売店、食堂なども、配達サービスをレンタルして、配達コストを低減できるようになるかも知れない。

 さらに、配達サービスに、ドローンを使用する業者も出現するかも知れない。

・自動運転車や運転補助車には、各種センサー、車載システム、膨大なデータのリアルタイムな分析などが、必要になる。

 これにも、IoTの標準化が必要になり、さまざまなメーカのセンサーや他のコンポーネントが、相互に接続し、相互連携できるようにする必要がある。

 自動運転車の乗客は、デジタル・アシスタントを通して、より便利に、移動できるようになるかも知れない。

・ユーティリティの分野では、例えば、スマート・グリッドで、電力の流れを最適化できるようになるだろう。

 また、ユーティリティの設備の保守に、ドローンが使用されたり、検針が自動化されたり、してくるだろう。

・ただし、現在、IoTの標準化は、米国やドイツが、先行しているようだ。

 また、一般の市民が、スマートフォンなどで利用している、多国語をサポートし、さまざまな国向けに、ローカライズされている、国際的なデジタル・アシスタントも、米国が、先行しており、GoogleのGoogle Assistant、AmazonのAlexa、AppleのSiriがあり、Connected Home over IPと呼ばれる、プロジェクトで、IoTのオープンな標準化が、進められている。

・将来、さまざまな職場で、自動配達サービスが利用されたり、ロボットやスマート・デバイスが、導入されたりすると、ワーカは、より高度な作業にシフトされるだろう。

 また、ワーカは、デジタル・アシスタントのように、ロボットを、作業のアシスタントとして、利用できるようになるだろう。

 このように、トヨタが模索する、あらゆるモノやサービスが、インターネットに接続される、「織り込まれた、未来の都市」では、さまざまなことが、より容易に利用でき、便利になるのかも知れない。

 しかし、これらすべてのことが、本当に、我々の生活を、より豊かで、快適にするかどうかは、実際に、使用してみなければ、実証できないので、トヨタの「織り込まれた都市(Woven City)」は、究極の、実証実験の空間になると思う。

 この実験都市で、さまざまな企業が、技術やサービスを試行し、一般の市民が、実際に利用してみて、フィードバックを重ね、実際に、他の都市で、利用できるような技術やサービスに、ブラッシュアップしていくのだろう。

 この「織り込まれた都市(Woven City)」では、それぞれの分野で、さまざまな企業が連携して、標準のプラットフォームを整備し、エコシステムを拡大させ、未来の都市を構築していくのかも知れない。

 このような意味で、トヨタの「織り込まれた都市(Woven City)」のアイデアは、素晴らしいと思った。

デル株式会社

 

2020年1月16日 (木)

Dellの新しいフォルダブル・ラップトップ、Concept Oriは、いつ頃、正式に商品化されるのだろうか?(2)'20.01.16

【Dellの新しいフォルダブル・ラップトップ、Concept Oriは、いつ頃、正式に商品化されるのだろうか?(2)】'20.01.16

 2020年には、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブル・ラップトップが、トレンドになるので、今年に、発売される、フォルダブルなラップトップ、DellのConcept Oriだけではない。2020年1月8日

 By Ryan Jones、trusted reviews

 フォルダブル・ラップトップは、2020年の新たなトレンドになるようなので、Dell Concept Oriだけが、今年、提供される、フォルダブル・ラップトップではない。

 Dellは、これまで、デスクトップだけでなく、ラップトップの分野でも、リードしていた。

 Dellは、今回、フォルダブル・ラップトップのコンセプトを示す、プロトタイプのフォルダブルなラップトップ、Concept Oriを発表したが、正式な製品を提供する時期は、明確にしていない。

   (続き)

 フォルダブルなラップトップ、Concept Oriの素晴らしい点は、それを使用する方法が、沢山あることである。

 Concept Oriのスクリーン画面を、本のように広げ、1つの大きな、13インチのスクリーン画面を持つ、タブレットとして、使用することができる。

 Concept Oriのスクリーン画面を、本のように広げ、2つのスクリーンのタブレットにし、左側のスクリーンで、画像を検索し、右側のスクリーンで、画像を、スタイラスペンを使用して、スケッチすることができる。

Ces2020dell4


 Concept Oriのスクリーン画面を、縦に広げ、上のスクリーンを、タッチスクリーンにして、下のスクリーンを、仮想キーボードにして、ラップトップのように使用することができる。

 Concept Oriを、使い終わったら、スクリーン画面を、本のように閉じて、折り畳み、コンパクトになったデバイスを、カバンに入れて持ち運ぶことができ、携帯性に優れている。

 Dellの担当者によると、Oriは、Origami(日本の折り紙の略語)であり、「さまざまな形に、折り曲げることができる」という意味で、デバイスの汎用性を暗示しており、極めて、適切な名前だと説明した。

Ces2020dell5

 このConcept Oriは、Windows 10を搭載し、さまざまな複数のモードを持ち、これらのモード間を切り換えることができる。

 筆者は、このConcept Oriを、タブレット・モードから、ラップトップ・モード、ミニ・デスクトップ・モードに、変化させる

 このConcept Oriは、まだ、コンセプトのデバイスであり、正式な製品として、リリースするまで、時間がかかるだろう。

 2020年には、スクリーン画面を折り曲げることのできる、フォルダブルなデバイスが、代表的なベンダから、市場に投入されるので、Microsoftは、近い将来、フォルダブルなデバイス用の、Windows 10を最適化する可能性が高い。

 DellのConcept Oriフォルダブル・ラップトップのような、フォルダブルなデバイスを開発し、紹介している、他のベンダとデバイスには、MicrosoftのSurface Neoラップトップ、LenovoのThinkPad X1 Foldラップトップがある。

 また、他のフォルダブルなデバイスには、SamsungのGalaxy Foldフォルダブルなスマートフォンがあるが、フォルダブル・スクリーンの脆弱性に問題があった。

 DellのConcept Oriは、筆者が、このフォルダブル・ラップトップを、試用してみた時に、スクリーン画面の脆弱性はなかったが、長時間の耐久テストを実施した場合に、スクリーン画面に問題があるかは、まだ分からない。

Ces2020dell6


 Concept Oriフォルダブル・ラップトップは、どのような種類の仕様をしているか?

 DellのConcept Oriが、搭載している、プロセッサ、RAM、あるいは、ストレージを明確にしていない。

 DellのConcept Oriと競合する、フォルダブル・ラップトップには、LenovoのThinkPad X1 Foldや、MicrosoftのSurface Neoといった、フォルダブル・デバイスがある。

 Concept Oriは、Intelのハイブリッド技術を使用した、プロセッサを採用する、可能性が高い。

 DellのConcept Oriの性能は、タブレットとノートブックの性能の中間である。

 現在、プロトタイプであるDellの、Concept Oriには、2つのUSB-Cポート、ヘッドフォン・ジャックが装備されている。

 同梱されている、スタイラスペンで、ユーザは、スクリーン画面に、描画したり、手書き文字入力したり、できるようになり、Concept Oriを、デジタル・スケッチパッドとして使用できるようになる。

 Dell Concept Oriを購入すべきだろうか?

 残念ながら、ユーザは、Dell Concept Oriを、まだ、購入することは、できない。

 Dell Concept Oriは、コンセプトを示すデバイスであるだけでなく、一般の消費者に、リリースされないかも知れない。

 Dell Concept Oriが、出荷されることになり、新たに製品化される、Oriは、折り紙のような、さまざまな形に、折ることができることを、最もアピールしている。

 Dellのフォルダブルなコンセプトは、明らかに、汎用性があり、ユーザは、2つのタッチスクリーン画面を開閉することで、さまざまな形にして、異なった用途に利用することができるが、2つのタッチスクリーンに、別々に、書き込むような使い方は、あまりないだろう。

 2つのスクリーン画面は、一方で、画像を表示し、もう片方で、スタイラスペンで、描画できるようにする。

 Dellは、Concept Oriを、2020年に、最も期待される、フォルダブル・ラップトップになるかも知れない。

 Dell Concept Oriは、ユニークではないが、フォルダブルなデバイスは、2020年の新たなトレンドになる。

 Dellは、PCの初期の頃から、ノートブックや、デスクトップを生産している、老舗のPCメーカであるが、Concept Oriで、フォルダブルなラップトップの、コンセプト・モデルから、改善され、正式な製品として、発売する予定である。

デル株式会社

CES 2020:Manta5の水中翼電気自転車は、水の上を走る。20,01.16

【CES 2020:Manta5の水中翼電気自転車は、水の上を走る。】20,01.16

 Manta5は、商用の水中翼自転車を、市場に投入するのに、10年近くかかった。2020年1月8日

 By BBC

 ついに、ニュージーランドを拠点とする、Manta5は、ついに製品を発売し、消費者向けの電子製品のショーである、CES 2020に出展した。

 BBC ClickのSpencer Kelly氏は、ラスベガス湖で、この水中翼自転車を試してみた。

 「Manta5の水中翼電気自転車の紹介」ビデオ by BBC


 BBCのビデオを見ると、この水中翼自転車に乗るには、やはり、バランス感覚や慣れが必要なようです。

デル株式会社

CES 2020:Google Assistantデジタル・アシスタントが、よりスマートになる。'20.01.16

【CES 2020:Google Assistantデジタル・アシスタントが、よりスマートになる。】'20.01.16

 Googleは、CES 2020の来場者に、Google Assistantデジタル・アシスタントが、どのように進化するかを、紹介している。2020年1月10日

Cesgoogle

 By thestar

 Googleは、CES 2020の初日(2020年1月7日)に、ユーザが、自宅、移動中、外出先など、どこにいても、Google Assistantデジタル・アシスタントが、ユーザを、さらに支援できるようになることを発表した。

 自宅で、Google Assisantデジタル・アシスタントを使いやすくするために、ユーザは、Google Nest Hubなどの、スマート・デバイスのアプリ内で、自分のスマート・デバイスを、Google Assistantデジタル・アシスタントに接続するよう、自動的に求められる。

 2020年の後半に、Googleは、ユーザが、Google Assistantデジタル・アシスタントが、特定のデバイスを、アクティブ、あるいは、非アクティブにする時間を、選択できるようにする、「アクション」と呼ばれる、ツールを起動して、利用できるようにする。

 これにより、例えば、ユーザが、「Google、午前6時に、コーヒーを沸かして」と、依頼できるようになるという。

 複数の人が使用できる、Google Nest Hubのような、スマート・ディスプレイを備えた家庭に、Googleは、まもなく「家庭用のノートの共有機能」を提供し、家族間で、デジタル・ノートを共有できるようにする。

 この「家庭用のノートの共有機能」の伝言機能は、例えば、ユーザが、「Google、今日は、午後4時ぐらいに帰宅するよ。」と、言うことで、Google Assistantデジタル・アシスタントが、この伝言を、「家庭用のノート」に記入してくれるようになる。

 CES 2020で、Googleは、エンハンスした、Google Assistantデジタル・アシスタントが、ブログの投稿やニュースの記事などの、コンテンツを、自然で、表現豊かなトーンで、朗読してくれるような、新たなユーザ経験を提供する、デモを披露していた。

 さらに、Googleは、ユーザが、残されたくない、内容の会話を聞いた場合、記録しないよう、Google Assistantデジタル・アシスタントに指示できるような、新しい機能も紹介した。

 スマート技術が、家庭やオフィスに浸透し続ける中、Googleは、エンハンスされた、Google Assistantデジタル・アシスタントの技術が、他のベンダの、スマートフォン、タブレット、PCだけでなく、より多くのスマートTV、スマート・スピーカ、スマート・ディスプレイ、車のインフォテイメント・システムなどに、組み込まれるようになることを示唆していた。

デル株式会社

2020年1月15日 (水)

トヨタは、日本に、未来の実験的な都市を構築する。'20.01.15

【トヨタは、日本に、未来の実験的な都市を構築する。】'20.01.15

 トヨタ自動車は、月曜日に、CES 2020で、富士山の裾野にある、同社の東富士工場の跡地に、実験的な未来の都市を構築する。2020年1月7日

 by Lanhee Lee、David Shepardson、reuters

 トヨタは、水素燃料電池や、自動運転車や電気自動車、スマート・ホーム、人工知能(AI)など向けの機能や技術を研究するための、施設を建設すると共に、実験的な未来の都市を構築し、実践的に、スマート・シティの研究を進めていく。

 トヨタの豊田章男社長は、「日本の富士山の裾野の、175エーカーの、同社の東富士工場の跡地に、実験的な未来の都市を構築する、計画がある。」と、2020年1月6日に、ネバダ州のラスベガスで開催された、CES 2020のニュース・コンファレンスで発表した。

Reu1a_20200115211301


 トヨタは、「織り込まれた都市(Woven City)」と呼ばれる、大胆な計画を発表した。

 これは、トヨタが、本来、織機工場として、設立されたことにもよるようだ。

 トヨタは、このさまざまな技術やサービスを織りなし、スマート・シティを構築するという意味で、この実験的な未来の都市を、「織り込まれた都市(Woven City)」と呼んでいる。

 「単に、スマート・シティの構築に必要な、コンポーネントを作成するだけでは、スマート・シティに関する、事柄を学習するのは、難しいので、実際に、そこに生活する住人が、実際に、暮らしてみて、住人の要望をフィードバックすることで、より暮らしやすい都市にすることを、学ぶことができるようになる。」と、トヨタの研究所である、「Toyota Research Institute-Advanced Development」の、CEO、James Kuffner氏は述べた。

 「織り込まれた都市(Woven City)」のアイデアは、2020年に、議論されていく。

 このアイデアは、より安全で、よりクリーンで、より楽しい都市を構築することを目指している。

 トヨタは、このアイデアを、実践的に、実現していき、世界の国に適用できるようにする上で、教訓を学ぶことを目的にしている。

 この「織り込まれた都市」には、警察、消防署、救急サービス、学校などもある。

 このスマート・シティには、トヨタの従業員や退職者の家族、および、この実験的な未来の都市のプロジェクトに参加する企業の従業員も、住むことができる。

 トヨタは、同社の東富士工場を、2020年の末までに閉鎖し、未来の都市を構築することを計画している。

 この実験的な未来の都市には、当初、2000名の住人が、生活を開始することが、計画されており、研究者の家もある。

 トヨタは、2021年に開始される、このプロジェクトの、費用を明らかにしていないが、さまざまなことを吟味しており、予算も用意している。

 175エーカの、トヨタの工場の跡地に、未来のコミュニティを構築する計画は、スマート・シティを構築する上での、最初の大きなステップである。

 多くの主な自動車メーカの役員は、未来の都市を、どのように設計し、構築するかについて、話し合っている。

 未来の都市は、CO2の排出を低減させ、渋滞を減らし、毎日の暮らしに、インターネット技術を適用することで、安全で、便利にするよう設計される。

 トヨタの豊田章男社長は、この「コネクティッド・シティ」プロジェクトの有り方を、提案するだけでなく、トヨタは、財務的な資源や政治的な資源を、もたらすことができるという。

 豊田章男社長は、この「コネクティッド・シティ」プロジェクトを、個人的に、「夢のフィールド」と呼んでいる。

 「CES 2020での、Woven Cityプロジェクトの紹介」ビデオ

 トヨタハウスは、37年間に、日本で、10万軒の家を販売している。

 トヨタは、デンマークの建築家、Bjarke Ingels氏に、この「織り込まれた都市」の設計を依頼した。

 Bjarke Ingels氏は、ニューヨークに、2棟のWorld Trade Centerと、シリコン・バレーとロンドンの、Googleのオフィスを設計している。

 トヨタは、このプロジェクトをオープンにすることで、他の企業が、スマート・シティの、さまざまな技術をテストし、実用化できるようにするようだ。

 ただし、トヨタは、まだ、このプロジェクトに、どれぐらい費用がかかり、どれぐらい長くなるかの見積もりを、明らかにしていない。

デル株式会社

Lenovo ThinkPad X1 Foldのレビュー(3)'20.01.15

【Lenovo ThinkPad X1 Foldのレビュー(3)】'20.01.15

 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、世界で最初に実用化され、製品化された。2020年1月10日

 By trusted reviews

 筆者の、Lenovo ThinkPad X1 Foldの最初の印象を紹介する。

Dtfold_20200115152001


 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、筆者が、これまで、試用したことのある、スクリーン画面を折り畳むことのできる、最良のフォルダブルな、ラップトップである。

 このWindows 10を搭載した、フォルダブルな、Lenovo ThinkPad X1 Foldラップトップの価格は、極めて高く、将来は、Windows 10Xを搭載することも検討されている。

 Lenovoのフォルダブルなラップトップ、ThinkPad X1 Foldは、よく工夫されており、実用的で、斬新なデザインである。

   (続く)

 スクリーン画面を折り畳むことのできる、Lenovoのフォルダブル・ラップトップ、ThinkPad X1 Foldは、Windows 10を搭載しているが、同社は、Microsoftの、デュアル・スクリーン・デバイス用のオペレーティング・システムである、Windows 10Xを搭載できるようにすることも、検討しているようだ。

 おそらく、Lenovoは、フォルダブル・ラップトップ、ThinkPad X1 Foldを、できるだけ早く、発売して、世界初のタイトルを獲得できるようにするために、オペレーティング・システムとして、Windows 10を採用したのだろう。

 ちなみに、MicrosoftのWindows 10Xの正式版は、2020年後半まで、提供されないようだ。

 従来のWindowsベースのモバイル・ユーザは、フォルダブル・ラップトップを、実際の業務で、使って見ようと思ったときに、まったく、新しく構築された、Microsoftの、デュアル・スクリーン・デバイス用のオペレーティング・システム、「Windows 10X」ではなく、まずは、従来の、「Windows 10」を搭載した、フォルダブル・ラップトップ(例えば、ThinkPad X1 Fold)を使用したいと思うだろう。

 では、Lenovo ThinkPad X1 Foldを、購入すべきだろうか?

 LenovoのThinkPad X1 Foldは、筆者が、これまで見た中で、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、最高の「フォルダブル・ラップトップ」であり、美しい革のデザインを採用し、標準化された、コンポーネントで作成され、さまざまなモード(タブレット、ラップトップ、あるいは、ミニデスクトップ)で、使用することができる、仕様になっている。

Dtfold3_20200115152801

Dtfold2_20200115152201

Dtfold1
Dtfold4_20200115152301


 また、LenovoのThinkPad X1 Foldには、無線キーボードや、スタイラスペンも、同梱されており、ユーザは、目的に応じて、利用するモード(タブレット、ラップトップ、あるいは、ミニデスクトップ)や、入力方法(タッチ操作、スタイラスペン、仮想キーボード、無線キーボードなど)を選択することができる。

 ユーザは、折り畳むことのできる、OLED製のスクリーン画面を持つ、LenovoのThinkPad X1 Foldを、さまざまな用途に使用することができるが、販売価格は、2499ドルからと、信じられない程、高価である。

 このため、一般のWindowsユーザは、もし、Windows 10を搭載した、フォルダブル・ラップトップを購入したいと思っても、モバイル・ユーザに評価されるまで、待つべきだろう。

 また、一般のWindowsユーザは、もし、Windows 10Xを搭載した、フォルダブル・ラップトップを購入したいと思っても、MicrosoftのSurface Neo、DellのConcept Ori、IntelのHorseshoe Bendといった、フォルダブル・ラップトップが、正式に商品化され、市場に投入されて、モバイル・ユーザに評価されるまで、待つべきだろう。

 この新しい、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブル・デバイスの技術の出現は、依然として、非常にエキサイティングであると、認めなければならない。

 筆者は、ユーザの観点から、LenovoのThinkPad X1 Foldは、2020年の、最も刺激的な、パーソナル・デバイスの1つだと感じている。

デル株式会社

2020年1月14日 (火)

Dellの新しいフォルダブル・ラップトップ、Concept Oriは、いつ頃、正式に商品化されるのだろうか?(1)'20.01.14

【Dellの新しいフォルダブル・ラップトップ、Concept Oriは、いつ頃、正式に商品化されるのだろうか?(1)】'20.01.14

 2020年には、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブル・ラップトップが、トレンドになるので、今年に、発売される、フォルダブルなラップトップ、DellのConcept Oriだけではない。2020年1月8日

 By Ryan Jones、trusted reviews

Ces2020dell1

 フォルダブル・ラップトップは、2020年の新たなトレンドになるようなので、Dell Concept Oriだけが、今年、提供される、フォルダブル・ラップトップではない。

 Dellは、これまで、デスクトップだけでなく、ラップトップの分野でも、リードしていた。

 Dellは、今回、フォルダブル・ラップトップのコンセプトを示す、プロトタイプのフォルダブルなラップトップ、Concept Oriを発表したが、正式な製品を提供する時期は、明確にしていない。

1)Dell Concept Oriは、何だろう?

 Dell Concept Oriは、フォルダブル・ラップトップのトレンドに従い、開発した、新たなプロトタイプである。

 この折り畳むことのできる、スクリーン画面を、完全に広げると、フラットになり、13インチ以上のサイズのスクリーンを持つ、タブレットのようになり、折り畳むと、別の特徴を持つ、デバイスになる。

 Dellのフォルダブルなデバイス、Concept Oriは、一度に、2つのスクリーン画面を表示できるようになる。

 「Concept Oriの紹介」ビデオ

 Dellは、このConcept Oriは、コンセプト・デバイスであると強調したので、将来、正式に製品化し、発売する時期を保証していない。

 Microsoft、Lenovo,および、Intelを含む、フォルダブル・ラップトップを開発した、 Dellのライバル・ベンダは、このフォルダブル技術を独自に採用している。

 Dellは、2020年内に、正式に、フォルダブル・ラップトップ、Concept Oriをリリースする可能性が強い。

Ces2020dell2

2)DellのConcept Oriの価格は、いくらだろう?

 Dell Concept Oriは、コンセプト・デバイスなので、販売価格は、明らかにされていない。

 Lenovoは、小売価格が、2499ドルになる、Lenovo ThinkPad X1 Foldと呼ばれる、DellのConcept Oriのコンセプト・デバイスと似た、フォルダブル・ラップトップを出荷する。

 Concept Oriが、利用できるようになると、Lenovoのフォルダブル・ラップトップと同様の、極めて高い価格設定になるだろう。

3)DellのConcept Oriの発売時期はいつだろう。

 Dellは、Concept Oriを、発売するか、明確にしておらず、発売時期を、決まていない。

 Concept Oriが、最終的に、正式に商品化されたとしても、すぐに発売されることはないだろう。

 2020年4Qが、筆者が、予想する、Concept Oriの発売時期である。

 ちなみに、Lenovoは、ThinkPad X1 Foldを、2020年の中旬に、発売する予定である。

Ces2020dell3


 Dellチームは、CES 2020が開催される前に、筆者を、ニューヨークに招待し、筆者に、極めて、エキサイトして、Concept Oriを試用させてくれた。

 筆者が、最初に、Concept Oriを見た時に、広げられた、このデバイスは、13インチのタブレットに見えた。

 次に、筆者は、このデバイスを、折り畳んでみた。

 フォルダブルなタブレットとスマートフォンでの、筆者の、以前の経験から学んだことに関わらす、Concept Oriのスクリーン画面は、造りが頑丈で、どのような使い方をしても、割れたり、折れたりすることなく、異なったタイプの、デバイスに変わった。

 筆者が、スクリーン画面を、90度の角度に、折り曲げると、Concept Oriは、従来のクラムシェル型のラップトップのように見えた。

 このクラムシェル型のラップトップは、2つ目のスクリーン画面が、仮想キーボードになる。

 筆者は、Concept Oriの、2つのスクリーン画面を、別のことに使用できるようになった。

 例えば、ユーザは、一方のスクリーン画面で、Netflixで、ストリーミング・ビデオを見ながら、もう片方のスクリーン画面で、ビデオのレビューを、書くことができるようになる。

   (続く)

デル株式会社

Lenovo ThinkPad X1 Foldのレビュー(2)'20.01.14

【Lenovo ThinkPad X1 Foldのレビュー(2)】'20.01.14

 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、世界で最初に実用化され、製品化された。2020年1月10日

 By trusted reviews

 筆者の、Lenovo ThinkPad X1 Foldの最初の印象を紹介する。

 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、筆者が、これまで、試用したことのある、スクリーン画面を折り畳むことのできる、最良のフォルダブルな、ラップトップである。


Dtfold2


 このWindows 10を搭載した、フォルダブルな、Lenovo ThinkPad X1 Foldラップトップの価格は、極めて高く、将来は、Windows 10Xを搭載することも検討されている。

 Lenovoのフォルダブルなラップトップ、ThinkPad X1 Foldは、よく工夫されており、実用的で、斬新なデザインである。

    (続く)

 LenovoのThinkPad X1 Foldが、2020年半ばに発売される、世界初の、実用的な、フォルダブル・ラップトップになるかも知れない。

 CES 2020で、筆者が、LenovoのThinkPad X1 Foldを試用した感触で、コンセプトの同等品と比べて、より目的に合った方法で、作業できるよう、工夫されており、実用的で、デザインも洗練されていると感じた。

 筆者は、Windows 10を搭載した、ThinkPad X1 Foldを、「タブレットとして、スタイラスペンで」、「ラップトップとして、仮想キーボードで」、「ノートPCとして、無線キーボードで」、「スタンドを付けて、ミニ・デスクトップPCとして、無線キーボードで」、試用してみたが、比較的、ストレスを感じることなく、操作できそうだと感じた。

Dtfold3
Dtfold_20200114144101
Dtfold4


 筆者が、Dell Oriを試用していたときに、物理的なケースとソフトウェアに、不具合があり、まだ、まだ、改善の余地があると感じた。

 ThinkPad X1 Foldラップトップのカバーは、革製のフォリオカバーで、スクリーン画面の開閉時に、信じられないほど、スタイリッシュにできていると思う。

 筆者は、Lenovoに、同社のThinkPad X1 Foldラップトップの、折り畳むことのできる、スクリーン画面のしわの問題を防ぐために、どのように取り組んできたかを尋ねた。

 Lenovoは、何度も何度も、折り畳むことのできる、スクリーン画面の開閉テストなどを実施し、スクリーン画面に、しわや、脆弱性の問題がないことを確認した。

 ただし、X1 Foldの開始価格は、何と、2499ドルもするようだ。

 CES 2020では、X1 Foldを見てみたいと、思っている人が大勢いるので、試用は、数分しか許可されなかった。

 そのため、X1 Foldの性能やソフトウェアの使い心地を体感できなかった。

 Lenovoによると、2つの独立した、スクリーン画面を、同時に表示できる、X1 Foldの機能は、「マルチタスク時に、効果を発揮する」という。

 同社によると、ユーザは、例えば、X1 Foldの上のスクリーン画面で、ビデオ通話をしながら、下のスクリーン画面で、プレゼンテーションを編集したり、できるようになるという。

 また、ユーザは、X1 Foldの上のスクリーン画面で、オンラインで講義を受けながら、下のスクリーン画面で、メモを取ったり、できるようになる。

 ユーザは、スタイラスペンで、手書きで、簡単なメモをとったり、仮想キーボードか、同梱されている、Bluetoothキーボードで、キー入力したり、することもできる。

 Lenovoは、「IntelのHybrid Technologyを採用した、Intel Coreプロセッサ」を搭載することを発表した後、X1 Foldの仕様について、まだ、完全には発表していない。

 筆者は、Lenovoが、MicrosoftのSurface Neoで採用されることが確認された、「IntelのLakefield Hybrid Technologyを採用した、Intel Coreプロセッサ」の採用も検討していると思う。

 X1 Foldには、8GB RAM、最大1TBのSSDストレージ、USB-CやSIMカード・スロットといった、さまざまなポートが搭載されており、5G通信サービス接続も、オプションとして、提供されていることが、確認されている。

   (続く)

デル株式会社

Manta5の、水中翼自転車を試乗した感想を紹介する。'20.01.14

【Manta5の、水中翼自転車を試乗した感想を紹介する。】'20.01.14

 筆者は、CES 2020で、多くの奇妙な乗り物に乗ったが、Manta5の、水中翼自転車を試乗した感想を紹介する。2020年1月8日

 By Digital Trends

 筆者は、CES 2020で、自分でバランスをとる一輪車のスケートボードや、ロケット・スケートに試乗した。

 筆者は、中でも、Manta5の水中翼自転車、「Hydrofoiler XE-1」が、最も奇妙で、最も楽しい、乗り物かも知れないと思った。

 筆者が、気に入ったのは、陸上で、車輪付き自転車に乗るのと同じように、水の上に乗ることができる、ペダルで動く、Manta5の水中翼自転車、「Hydrofoiler XE-1」である。

 水中翼自転車「Manta5 Hydrofoiler XE-1」は、CES 2020の「乗ることのできる(Rideable)」の分類で、最高の製品として、編集者によって選ばれた。

 この水中翼自転車、「Manta5 Hydrofoiler XE-1」には、車輪の代わりに、水の上を走れるように機能する、水中翼のセットが装備されている。

 ペダルを踏み込んで、水中翼自転車のプロペラを回し、前進させると、水中翼のセットが、揚力を生み出す。

 これは、飛行機の翼が、空中を移動するときに、揚力を生み出すのと同じである。

 これにより、水中翼自転車は、水の上を、一定の速度で、移動できるようになるようだ。

 ペダルを、速く漕いで、水中翼自転車を、速く前進させると、揚力がつくので、より簡単に、水の上を移動できるようになる。

 manta5の水中翼自転車

Dtecs1


 もちろん、唯一の問題は、ハイドロフォイルを機能させるのに、十分な速度を得るには、ペダルを漕ぐ力が必要なことである。

 これには、通常、普通の人以上の脚力が必要になる。

 この問題を解決するために、Manta5は、現代の「e-バイク」に見られる、技術的なトリックである、「ペダルアシスト」を採用した。

 水中翼自転車のフレームに組み込まれた、モーターは、脚力を倍増させる。

 これにより、普通の人でも、ゆったりと、リラックスして、水中翼自転車を漕げるようになる。

 この水中翼自転車を漕ぐ体験は、筆者が、これまで感じたことのないものである。

 筆者は、水中翼自転車を漕ぐのは、確かに、サドルに座って、ハンドルを握り、ペダルを踏むので、3輪自転車に乗るのと比較的似ていると感じた。
Dtces1b


 ただし、この水中翼自転車を、操縦するのは、ドリフトが多く、3輪自転車を操縦するよりも、滑りやすく、難しい。

 しかし、その流体ステアリングに加えて、「Manta5 Hydrofoiler XE-1」は、サーフボードから得られる、非常に滑らかな滑走感覚と組み合わされた、マウンテンバイクの遊び心のある感覚も備えている。

 「Manta5 Hydrofoiler XE-1」の紹介ビデオ

 筆者の記憶では、一般ユーザ向けの、乗り物の分野で、最も刺激的な新規参入商品の1つだと感じた。

 確かに、安くはないし、特に実用的でもないが、Manta5の水中翼自転車、「Hydrofoiler XE-1」は、これらの欠点を、娯楽的な要素で補っていると思う。

 筆者は、Manta5の「Hydrofoiler XE-1」のような、水中翼自転車が、世界中の湖のレクリエーション・スポットで、レンタルされるようになることを期待している。

 そして、将来は、より実用的で、安全で、一般のユーザが、乗ることのできる、水中翼自転車が誕生すると思っている。

デル株式会社

2020年1月13日 (月)

Lenovo ThinkPad X1 Foldのレビュー(1)'20.01.13

【Lenovo ThinkPad X1 Foldのレビュー(1)】'20.01.13

 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、世界で最初に実用化され、製品化された。2020年1月10日

 By trusted reviews

 筆者の、Lenovo ThinkPad X1 Foldの最初の印象を紹介する。

Dtfold


 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、筆者が、これまで、試用したことのある、スクリーン画面を折り畳むことのできる、最良のフォルダブルな、ラップトップである。

 このWindows 10を搭載した、フォルダブルな、Lenovo ThinkPad X1 Foldラップトップの価格は、極めて高く、将来は、Windows 10Xを搭載することも検討されている。

 Lenovoのフォルダブルなラップトップ、ThinkPad X1 Foldは、よく工夫されており、実用的で、斬新なデザインである。

 ThinkPad X1 Foldは、2020年に、最もエキサイティングなデバイスの1つになるだろう。

 「Lenovo ThinkPad X1 Foldの紹介」ビデオ

「ThinkPad X1 Foldの主な仕様」

・13.3インチのOLEDスクリーン画面(解像度、2048 x 1536)
・Intel Hybrid Technologyプロセッサ
・8GB RAM
・最大で、1TBの容量のソリッド・ストレージ・ドライブ(SSD)
・オプションで、5G移動体通信サービスのサポート
・サイズ:299mm x 236mm x 7.8mm
・重さ:999g

 LenovoのThinkPad X1 Foldは、CES 2020で、発表された、フォルダブルなラップトップである。

 Lenovoは、スクリーン画面を折り畳むことのできる、フォルダブルなラップトップを開発している、唯一のメーカではないが、同社のフォルダブル・ラップトップは、最も、実用的で、2020年の中旬に、販売される予定である。

 LenovoのThinkPad X1 Foldは、筆者が、実際に試用した中で、コンセプトではなく、最も実用的な、フォルダブル・ラップトップである。

 筆者は、他のフォルダブルなラップトップの、試作機である、Dell Concept OriとIntel Horseshoe Bendを、試用してみたこともあるが、これらは、いずれも、正式に、製品化される保証はない。

 Lenovo ThinkPad X1 Foldは、最も速く、発売される予定の、フォルダブルなラップトップであるが、新たな技術に対する、標準を設定するだろう。

 Lenovo ThinkPad X1 Foldの価格は、どのぐらいだろう?

 このフォルダブルなラップトップの、基本価格は、2499ドルになるようだ。

 このフォルダブルなラップトップには、複数の構成があり、メモリやストレージの容量などを、アップグレードできるようになる。

 Lenovo ThinkPad X1 Foldのリリースは、いつ発売されるのだろう?

 Windows 10を搭載した、Lenovo ThinkPad X1 Foldは、2020年中旬に、出荷を開始される、予定である。

 Microsoftのデュアル・スクリーン・デバイス用の、Windows 10Xを搭載した、Lenovo ThinkPad X1 Foldの他のモデルは、Windows 10を搭載したモデルが発売された後に、発売されるようだ。

 Windows 10Xオペレーティング・システム自体は、2020年秋に、提供されることが期待されている。

 CES 2020の主な話題1つは、コンセプトとして、プロトタイプが紹介されている、DellとIntelのフォルダブルなラップトップの、新たに出現した技術だろう。

  (続く)

デル株式会社

筆者は、ThinkPad X1 Foldに、フォルダブルPCの将来を期待している。(2)'20.01.13

【筆者は、ThinkPad X1 Foldに、フォルダブルPCの将来を期待している。(2)】'20.01.13

 筆者らは、新しいラップトップの、実験的なデザインとして、スクリーン画面を折り畳むことのできる、フォルダブルPCを、CES 2020で紹介された。2020年1月9日

 By Luke Larsen、digital trends

 CES 2020で、筆者らは、実験的なデザインの、新しいラップトップを評価した。

 モバイル・ユーザは、いつでも、どこにいても、スワイプ操作で作業したり、キーボードからタイプ入力したり、できるようになりたいと思っている。

 LenovoのThinkPad X1 Foldは、Windowsタブレットにも、ラップトップPCにもなる、真の2-in-1ラップトップである。

 CES 2020において、筆者は、初めて、デュアル・スクリーン・デバイス、ThinkPad X1 Foldを見た。

 筆者は、ThinkPad X1 Foldを、数分間、試用した後、何か特別なものであることを知った。

Dt12a_20200113141201


 ThinkPad X1 Foldは、折り畳むことができ、広げると、13インチのスクリーン画面になる、デュアル・スクリーン・デバイスであり、磁石で取り付けることのできる、キーボードも用意されている。

   (続き)

Dt12b


 ThinkPad X1 Foldは、キーボーにも、こだわりがある。

 ThinkPad X1 Foldは、筆者が、私が今まで見た、リムーバブル・キーボードの最もスマートな実装である。

 スクリーン画面を、ラップトップのように、折り畳むと、キーボードは、スクリーン画面の下半分に、埋め込まれる。

 重要なことに、これには、下部に、小さなタッチパッドを置くスペースがあることだ。

 無線キーボードは、所定の位置にロックされると、充電される。

Dt12key


 この無線キーボードの文字キーは、従来の、ThinkPadラップトップのキーボードの文字キーと、同じ標準サイズである。

 標準サイズのキーボードであることは、Windows文化のモバイル・ユーザには、不可欠である。

 結局のところ、ThinkPad X1 Foldは、ThinkPadであり、仕事にも、趣味にも、娯楽にも、利用することができる。

Dt12c


 ThinkPad X1 Foldは、折り畳むことのできる、スクリーン画面を、完全に広げて、ユーザは、ThinkPad X1 Foldを、13インチのスクリーン画面の、Windows 10ベースの「タブレット」として、使用でき、スタイラスペンで入力できる。

 13インチの大きなスクリーン画面を、「書籍」のように、少し曲げて閉じて、電子書籍を読むこともできる。

Dt12f


 また、ThinkPad X1 Foldは、スクリーン画面を、完全に広げて、「無線キーボード」を装着すれば、Windows 10ベースの「ノートPC」のように、タイプ入力することもできる。

Dt12note


 あるいは、メールなどの短い文章を書く場合は、片方のスクリーン画面に、「仮想キーボード」を表示させて、Windows 10ベースの「ラップトップPC」のように、タイプ入力することもできる。

Dt12k


 さらに、ThinkPad X1 Foldは、スクリーン画面を、完全に広げて、スタンドに立て、その前に、無線キーボードを置き、Windows 10ベースの「ミニ・デスクトップPC」のように、使用することもできる。

Dt12desk

 筆者は、ThinkPad X1 Foldを、ミニ・デスクトップPCとして、デスクで仕事をしてみたが、あまり、ストレスなく、仕事をすることができた。

 モバイル・ユーザは、LTEをサポートした、ThinkPad X1 Foldを、Windows 10ベースのパーソナル・デバイスとして、どこでも、使用することができる。

 筆者は、ThinkPad X1 Foldは、あらゆる方法で、我々の生活の、あらゆるシーンで、利用できるデバイスだと感じた。

デル株式会社

2020年1月12日 (日)

トヨタのハイテク・シティは、自動運転車、スマート・ホーム、ロボットで、満たされるだろう。'29.01.12

【トヨタのハイテク・シティは、自動運転車、スマート・ホーム、ロボットで、満たされるだろう。】'29.01.12

 トヨタの「Woven City」が、CES 2020で紹介された。2020年1月6日

 By Stephen Edelstein、digital trends

 トヨタは、小規模であるが、実際のハイテク・シティを構築して、新たな技術を、実証するだけでなく、実際の暮らしに適合するよう、改善していく。

 日本の最大手の自動車メーカ、トヨタは、自動車の技術だけでなく、家庭や基盤のための技術をテストするために、日本に、極めて小規模な、実験都市を構築する計画を発表した。

 この野心的な技術の研究所を持つ、画期的な、小規模な実験都市は、「織り込まれた都市(Woven City)」と呼ばれ、富士山の裾野に構築される。

Dt119


 トヨタのCEO、Akio Toyoda氏は、2021年に、計画した、実験都市である、「織り込まれた都市(Woven City)」について、CES 2020で発表した。

 トヨタは、生活について研究するために、「織り込まれた都市(Woven City)」と呼ばれる、実験都市を、富士山の裾野にある、同社の東富士工場の跡地の、175エーカの土地に構築する。

 このプロジェクトの目標は、自動運転車、スマート・ホーム、ロボット、および、人工知能(AI)を含む、さまざまな技術を、この未来の都市で、実践的にテストし、改善していくことである。

 CES 2020には、自分たちが生活する環境に、車を接続できるようにする、技術をアピールする、多くの企業が、参加している。

 「織り込まれた都市(Woven City)」は、これらのことを、実証するために、富士山の裾野にある、東富士工場の跡地に、ゼロから構築される。

 トヨタによると、人々、建物、および、乗り物は、これらに、組み込まれている、センサーと、接続されるという。

 トヨタは、World Trade Centerや、デンマークのLego Houseといった、都市を設計した、デンマークの建築家、Bjarke Ingels氏のアイデアをベースに、「織り込まれた都市(Woven City)」と呼ばれる、実験都市を設計した。

 この計画には、異なったことに使用される、3つのタイプの通りも含まれる。

 トヨタによると、通りの、1つタイプは、車とトラック用で、2つめタイプは、より低速な乗り物と歩行者用で、3つめのタイプは、歩行者専用だという。

 これら3タイプの通りは、一緒に織り込まれているという。

 これが、豊田自動織機として設立された、トヨタが、この実験都市を、「織り込まれた都市(Woven City)」と呼んでいる理由である。

 「Woven Cityのイメージ・ビデオ」の紹介

 トヨタは、「織り込まれた都市(Woven City)」の大通りに、SuprasとSequoiasを、展開することはないが、自動運転車の電気自動車、「e-Palette」を、展開する計画である。

 CES 2018で、最初に見た、箱のような、「e-Palette」と呼ばれている、乗り物は、配車サービスにも、配達サービスにも、利用できるように、設計されている。

Dt11c_20200112211701


 トヨタによると、「織り込まれた都市(Woven City)」の主要な通りで、許可されているのは、自動運転電気自動車を含む、電気自動車と、水素燃料電池車だけだという。

 トヨタによると、「織り込まれた都市(Woven City)」の住人(特に、高齢者)は、健康を管理して貰ったり、日常の作業を支援して貰ったりできるようになるという。

 トヨタは、現在、在宅介護ロボットのラインを開発している。

 あらゆる建物は、都市のCO2の排出を減少させるために、太陽光発電のソーラーパネルや、水素燃料電池で、発電することができる。

 トヨタは、同社の従業員と、その家族、および、退職者の夫婦を、「織り込まれた都市(Woven City)」の住人にする、計画である。

 トヨタは、この実験都市のプロジェクトに、参加したい、他の企業の、従業員も、「織り込まれた都市(Woven City)」の住人になることができるよう、オープンにしている。

 トヨタは、当初、約2000名を、「織り込まれた都市(Woven City)」 の住人にすることを、予定している。

デル株式会社

CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(5)'20.01.12

【CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(5)】'20.01.12

 Consumer Electric Show(CES)は、世界の最大の消費者向け技術のショーの1つである。2020年1月6日

 By Digital Trends Staff

 世界最大の消費者向けの技術ショー、CESは、2020年1月6日(月)に開催される。

 CES 2020で、紹介された、新製品やコンセプト製品をリストする。

    (続き)

13)QualcommとLenovoは、5G対応のラップトップ、「Yoga 5G」を発表した。

 Qualcommは、CES 2020での記者会見で、同社が、Lenovoと提携して、超高速な、5G対応のラップトップPCである、「Yoga 5G」を発表した。

Dt7d2


 Lenovoの「Yoga 5G」は、ARMアーキテクチャのプロセッサ、QualcommのSnapdragon 8cxと、X55 5Gモデムを搭載し、ARMプロセッサ用のWindows 10を搭載し、低消費電力で、LTEと5Gをサポートしていることを特徴にした、モバイル・ユーザ向けのラップトップである。

 Lenovoの「Yoga 5G」は、ARMプロセッサと5Gモデムを搭載し、低消費電力で、薄くて、軽く、コンパクトなデザインで、5Gをサポートし、携帯性に優れたことを、特徴にしている。

 ただし、Lenovoの「Yoga 5G」のような、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、Windowsベースのラップトップには、これまで使用していたアプリの互換性、性能、および、利用できる、64ビットWindowsアプリの数といった課題がある。

 このため、消費者は、モバイル・ユーザに、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップが、どれだけ、受け入れられているかを、確認してから、購入を検討しよう。

14)CESでの、3Dサウンドの最初のヒット

 Vizioは、CES 2020で、印象的なTVを披露しただけではなく、サウンド・バーの製品ラインを改革した。

 新しい「Elevate」サウンド・バーには、「Dolby Atmos」または「DTS:X」信号を検出すると、上方に回転するスピーカがあり、最終結果は、天井から跳ね返る、より没入感のあるサウンドになる。


Dt7e_20200112135401

 CESでは、「Elevate」サウンド・バーのような、「3Dオーディオ」が、今後数日に、紹介されることが期待される。

15)Teslaキラーが、現れるだろう。

 Digital Trendsの編集長、Jeremy Kaplan氏は、代表的な電気自動車メーカ、Teslaキラーを探している。

 Jeremy Kaplan氏は、Faraday Future 「FF91」を試乗した。

 Faraday Futureの電気自動車、「FF91」は、2.3秒で、60 mphに達することができる、極めて優れた、1,050馬力の性能を持っている。

 Faraday Futureによると、「FF91」はプロトタイプだが、年末までに発売される車の走行距離は、約400マイルになるという。

Dt7f_20200112134301


 Faraday Futureは、「FF91」を開発するのに約10億ドルを費やしているようだ。

16)Ringが、CESに戻ってきた。

Dt7f2


 「スマート・ホーム」と「セキュリティ」は、セキュリティの懸念と、最近のサイバー攻撃の波で、CESにおいて、ますます大きな存在感を、維持している。

 現在、Amazonが所有する、スマート・ホーム・ベンダで、監視カメラ付き、スマート・ドアベルで有名な、「Ring」は、屋外での使用を目的とした、頑丈なスマート・バルブの製品ラインと、ソーラーパネル、「Ring Solar Floodlight」を含む、6つの新製品で、CESに戻ってきた。

 「Ring」は、最初のアクセス制御製品である、「Ring Access Controller Pro」も披露した。

Dt7f3


 これにより、Ringユーザは、スマートフォン、タブレット、PCなどに搭載された、Amazon Alexaデジタル・アシスタントとの会話を通して、誰がゲートにいるのか確認できるだけでなく、ゲートを開閉したり、操作できるようになる。

 また、「Ring Video Doorbell」は、人の動きを検知して、ユーザのスマートフォンなどに通知したり、ユーザのスマートフォンなどからの指示を受けて、周囲の映像を写したり、あるいは、ユーザが、スマートフォンなどで、来訪者と会話したり、できるようにする。

Dt7f4

デル株式会社

2020年1月11日 (土)

LenovoのYoga 5Gは、5G移動体通信サービスをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサをベースにした、Windowsベースのラップトップである。'20.01.11

【LenovoのYoga 5Gは、5G移動体通信サービスをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサをベースにした、Windowsベースのラップトップである。】'20.01.11

 LenovoのYoga 5Gは、5G移動体通信サービスをサポートした、ARMアーキテクチャのプロセッサをベースにした、Windowsベースのラップトップである。2020年1月6日

 LenovoのYoga 5Gには、Qualcommの、ARMアーキテクチャの8cxプロセッサと、X55 5Gモデムが、搭載されている。

 By Chaim Gartenberg@cgartenberg、theverge

 Computex 2019で、Lenovoは、QualcommのSnapdragon 8cxプロセッサ(コード名「Project Limitless」)を搭載し、5Gをサポートした、ラップトップ、Yoga 5Gを発表していた。

 Lenovoは、CES 2020で、この5Gをサポートした、ラップトップ、Yoga 5Gの、最初の製品を発表した。

 このYoga 5Gは、Lenovoの他のミッドレンジのラップトップとは、あまり変わらない、デザインをしているが、5Gをサポートし、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、低消費電力で、薄くて、軽く、コンパクトな、モバイル・ユーザ向けの、Windows 10ベースのラップトップである。

 LenovoのYoga 5Gには、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサの代わりに、ARMアーキテクチャの、QualcommのSnapdragon 8cxプロセッサと、QualcommのX55 5Gモデムが搭載されていおり、LTEと共に、ミリ波、サブ6GHzの5Gネットワークをサポートしているという、特徴がある。

 「LenovoのYoga 5Gラップトップの紹介」ビデオ

 現在、ARMアーキテクチャの、QualcommのSnapdragonプロセッサを搭載している、ラップトップは、まだ、あまり多くない。

 しかし、果たして、Yoga 5Gは、スマートフォンやタブレットと同じ、Qualcommの、Snapdragonプロセッサを搭載し、同様のバッテリー寿命を持ち、同様の性能を達成しているのだろうか?

 Lenovoは、Yoga 5Gラップトップが、1回の充電で、24時間、使用することができると約束しているが、5G移動体通信サービスを利用しているときに、24時間使用できるかどうかは、明確にしていない。

 Lenovoの、Yoga 5Gラップトップは、ARMアーキテクチャのプロセッサと、X55 5Gモデムが搭載されているという、特徴があるが、他の仕様は、従来と同じ価格帯の、ラップトップと同様の、14インチのFHD IPSディスプレイ、8GBのRAM、および、256GBか512GBのストレージが搭載されている。

 Lenovoの、Yoga 5Gラップトップは、eSIMとも連携する。

 また、このラップトップには、2つのUSB-Cポート、ヘッドフォン・ジャック、および、5Gをサポートするための、Nano SIMスロットがある。

Dt0a


 ただし、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップは、まだ、極めて少なく、消費電力は、低いが、x86アーキテクチャのプロセッサ用の、32ビットWindowsアプリを、エミュレータで実行する上で、互換性と性能に課題があり、64ビットWindowsアプリは、再コンパイルして、テストし、動作を確認する必要がある。

 MicrosoftのSurface Pro Xは、Windows上での、ARMアーキテクチャのプロセッサをサポートしている、開発者に対して、ソフトウェアに、まだ、課題があることを示した。

 同じく、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、SamsungのGalaxy Book Sは、性能やアプリの互換性に問題があり、リリースが、遅れているようだ。

 QualcommのSnapdragonのような、ARMアーキテクチャの、8cxプロセッサを搭載した、消費者向けの、Windowsベースのラップトップは、まだ、十分に、市場を確立していない。

 Lenovoは、まだ、Yoga 5Gラップトップをサポートする、移動体通信キャリアを発表していない。

 低消費電力で、コンパクトで、薄くて軽く、5Gをサポートし、携帯性に優れた、Windows 10を搭載した、Lenovo Yoga 5Gラップトップは、Windows文化に馴染みのある、モバイル・ユーザ向けのラップトップであり、2020年の春に、1499ドルで、リリースされる予定である。

 ユーザは、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、5Gをサポートした、Lenovoの野心的な、Yoga 5Gラップトップの有用性やコストパフォーマンスを評価し、購入を決定する前に、他のベンダが提供する、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、5Gをサポートした、ラップトップも考慮しよう。

 アプリの互換性、利用できるアプリ、性能といった、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップの課題が、克服され、同価格帯の、5Gをサポートした、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、ラップトップよりも、低消費電力、携帯性、有用性などが、優れていれば、同程度の性能があれば、Windows文化のモバイル・ユーザを獲得することが、できるかも知れない。

デル株式会社

CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(4)'20.01.11

【CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(4)】'20.01.11

 Consumer Electric Show(CES)は、世界の最大の消費者向け技術のショーの1つである。2020年1月6日

 By Digital Trends Staff

 世界最大の消費者向けの技術ショー、CESは、2020年1月6日(月)に開催される。

 CES 2020で、紹介された、新製品やコンセプト製品をリストする。

    (続き)

10)5Gは、普及するのだろうか?

 我々は、10年ぐらい前から、5G移動体通信サービスの未来について、耳にしてきた。

 拡張現実(AR)や仮想現実(VR)、デジタル・アシスタント、ストーリーミング・メディア、ビッグデータ&分析といった、高速な、5G移動体通信サービスや、高性能なコンピューティング基盤を必要とする、適用事例が増えてくると、2020年には、5Gが主流になるかも知れない。

Dt7n


 QualcommのCristiano Amon社長は、2020年には、2億台の、5G対応のスマートフォンが出荷されると予測している。

 Lenovoは、CES 2020で、ARMアーキテクチャのプロセッサを搭載し、5Gをサポートした、Windowsベースのラップトップ、Lenovo Yoga 5Gを紹介した。

 また、HPは、5G対応のラップトップ、Elite Dragonflyと、5G対応のスマートフォン、TCL 10 5Gを紹介した。

12)Qualcommは、車を、よりスマートにしたいと思っている。

Dt7f


 現在の、我々の車は、さまざまな技術のごちゃまぜであり、それらの技術が、どのように、相互運用するかについて、あまり考えられていない。

 Qualcommによって、自動運転車向けに開発され、CES 2020で発表された、Snapdragon Rideソリューションをベースにした、自動運転車に、試乗してみよう。

 「Qualcommの自動運転車ソリューション、Snapdragon Rideの紹介」ビデオ

 2023年に、車に展開するように設定された、Qualcommの自動運転車プラットフォームは、車載システムの、さまざまな技術を、シームレスに統合し、相互運用できるようにする。

 車に装備された、レーダー、ライダー、各種カメラ、および、他のセンサーなどが、膨大なデータを収集して、他のコンポーネントと、相互に連携し、リアルタイムに分析して、フィードバックするようになる。

 また、完全自動運転車は、状況に応じて、走行ルートを最適化できるようになるだろう。

 移動体通信サービス、さまざまなセンサーやカメラ、車載システムのプラットフォーム、自動運転、および、デジタル・アシスタントといった、さまざまな技術で、ロボット・タクシーや、配達ロボット、ライドシェアリングなどを可能にする、完全自動運転車が、実現されるのだろう。

 完全自動運転車は、スマートフォンなどと連携し、「配車サービス」や「配達サービス」といった、移動をサービスとして捉え、必要に応じて、利用できる、さまざまな、「サービスとしての移動(MaaS)」を、提供できるようにするのだろう。

 代表的な自動車メーカは、真の完全自動運転車(レベル4と5)が、公道を走行できるようになる、世界を模索している。

     (続く)

デル株式会社

2020年1月10日 (金)

筆者は、ThinkPad X1 Foldに、フォルダブルPCの将来を期待している。(1)'20.01.10

【筆者は、ThinkPad X1 Foldに、フォルダブルPCの将来を期待している。(1)】'20.01.10

 筆者らは、新しいラップトップの、実験的なデザインとして、スクリーン画面を折り畳むことのできる、フォルダブルPCを、CES 2020で紹介された。2020年1月9日

 By Luke Larsen、digital trends

 CES 2020で、筆者らは、実験的なデザインの、新しいラップトップを評価した。

 モバイル・ユーザは、いつでも、どこにいても、スワイプ操作で作業したり、キーボードからタイプ入力したり、できるようになりたいと思っている。

 LenovoのThinkPad X1 Foldは、Windowsタブレットにも、ラップトップPCにもなる、真の2-in-1ラップトップである。

 デュアル・スクリーン画面を持つ、ラップトップPCを開発している、ベンダは、何社か、出現した。

 これまで開発された、デュアル・スクリーン・デバイスには、コンセプトを示す、プロトタイプとして紹介された、Lenovo Yoga Bookがあるが、失敗した製品になった。

 これまで、Lenovo Yoga Bookのような、デュアル・スクリーン・デバイスを、使用したいと思うユーザは、殆どいなかった。

 CES 2020において、筆者は、初めて、デュアル・スクリーン・デバイス、ThinkPad X1 Foldを見た。

 筆者は、ThinkPad X1 Foldを、数分間、試用した後、何か特別なものであることを知った。

Dt12a_20200110210801


 ThinkPad X1 Foldは、折り畳むことができ、広げると、13インチのスクリーン画面になる、デュアル・スクリーン・デバイスであり、磁石で取り付けることのできる、キーボードも用意されている。

Lenovoは、何年間か、デュアル・スクリーン・デバイスの開発を続けていた。

ThinkPad X1 Foldは、スクリーン画面を閉じると、コンパクトになり、手触りがよく、持ち運びやすく、さまざまなことに利用でき、毎日の暮らしに、役立つよう、すべてが考慮されている、デュアル・スクリーン・デバイスである。

 このThinkPad X1 Foldを閉じると、キーボードは、2つのスクリーン画面の間に、挟んで、仕舞うことができる。

 このキーボードは、磁石が付いているので、しっかりと、本体につけることができ、安心して、バッグに放り込むことができる。

 このThinkPad X1 Foldは、革の素材でできた、カバーで覆われており、手帳カバーのような形をしており、スクリーン画面の背面は、プラスチックでできており、手触りがよく、軽くて、持ち運びやすい。

Dt12ejpg


 このThinkPad X1 Foldは、スタイラス・ペンを、格納する場所もあり、細部へのこだわりがある。

 「Lenovo ThinkPad X1 Foldの紹介」ビデオ

   (続く)

デル株式会社

2020年の7つの技術予測(6)'20.01.11

【2020年の7つの技術予測(6)】'20.01.11

 RPA、AI、5G、量子コンピューティング、サイバー・セキュリティなどの今後の展望を
予測する。2019年12月18日

 By Carla Rudder、Enterprisers Project

 ITリーダーは、将来に備えるために、ロボティック・プロセス・オートメーション
(RPA)、第5世代移動通信システム(5G)、人工知能(AI)、拡張現実/仮想現実(AR/
VR)などの技術の有用性を調査し、どこに何を、どのように、適用するかを検討しており、
サイバー・セキュリティを強化することを模索している。

 新しい技術は、我々の暮らし、ビジネス、社会に、どのような影響を与えるのだろう?

 2020年の技術の展開を予測してみよう。

   (続き)

15)高度な暗号化は、革新を加速する。

 準同型暗号化を習得する競争がある。

 準同型暗号化は、データの分析、または、操作中にデータを暗号化したままにする、暗号化の方法である。

 現在の状態では、準同型暗号化は、計算能力の大きなオーバーヘッドを必要とするので、非常に遅い。

 このタイプの暗号化を完成させることは、クラウド・セキュリティの強化から、保険や金融サービスといった、厳しく規制された業界で、AIやデータ分析を使用できるようにすることまで、広範囲に影響を及ぼすだろう。

 この暗号化方法は、研究者が、多くのデータセットにアクセスできるようにすることで、AIの進歩の触媒として機能するだろう。

 また、伝統的に、リスクを嫌う組織のイノベーションへの意欲を高めるかも知れない。

16)より多くのブロックチェーンの適用事例が、明らかになるだろう。

 これまでの企業には、実験を超えた、適用事例にデータを利用するための、適切なリソースがなかった。

 機械学習の採用が、すべての業界で拡大するにつれて、ブロックチェーンの、新しい適用事例が、実現できるようになるだろう。

 機械学習とブロックチェーン・アプリの両方で、特定のプロセスと結果を開始するために、大量のデータを消化する必要があり、企業は、これまで、実験以外の適用事例で、データを利用するための適切なリソースを持っていなかった。

 2020年は、機械学習とブロックチェーンの利点が、実際に、企業の技術イニシアチブの一部として見られる年になるだろう。

17)ARとVRは、より多くの垂直産業に拡大するだろう。

 過去数年間、企業は、仮想現実(VR)、および、拡張現実(AR)アプリで、実験を行ってきたが、これらの技術の可能性が、十分に見え始めている。

 2020年には、消費者と企業ユーザの両方に、利益をもたらす、新しい、ARやVRの適用事例が登場するだろう。

デル株式会社

2020年の7つの技術予測(5)'20.01.10

【2020年の7つの技術予測(5)】'20.01.10

 RPA、AI、5G、量子コンピューティング、サイバー・セキュリティなどの今後の展望を
予測する。2019年12月18日

 By Carla Rudder、Enterprisers Project

 ITリーダーは、将来に備えるために、ロボティック・プロセス・オートメーション
(RPA)、第5世代移動通信システム(5G)、人工知能(AI)、拡張現実/仮想現実(AR/
VR)などの技術の有用性を調査し、どこに何を、どのように、適用するかを検討しており、
サイバー・セキュリティを強化することを模索している。

 新しい技術は、我々の暮らし、ビジネス、社会に、どのような影響を与えるのだろう?

 2020年の技術の展開を予測してみよう。

   (続き)

12)開発者の、テーブルの席を増やす。

 ビジネス・リーダーが、開発者に、テーブルの席を与えるときである。

 技術を中心とした、ビジネスの成長と成功の大部分により、開発者とビジネス・リーダーの関係は進化している。

 私たちが見た、最大の変化の1つは、開発者が、DevOpsに対する洞察を共有するために、より多くの会話に引き込まれていることである。

 ビジネス・リーダーは、チームが、新しい製品を迅速に構築して、出荷するのに役立つ、新しい開発ツールや、最も効率の良い方法をもたらすよう求められている。

 ビジネス・リーダーは、技術チームがもたらす、専門知識を受け入れる必要があるだろう。

13.企業は、AIを使用してさらに、パーソナライズする。

 消費者の好みに関する情報が限られているため、企業は、個人を複合的な集合体と見なすことを余儀なくされている。

 このため、例えば、「24歳から35歳の男性」といった、分類がされている。

 特に、確立された企業は、個人向けの、顧客経験を、大規模に実現できるようにする、AIや機械学習などの技術の活用を、真剣に模索し始めている。

14.人間は増強される。

 ワーカーが、肉体的、感覚的、または、認知的な体験を向上させるために使用できる、技術である、「人間の増強」に対する、企業の継続的な関心に期待しよう。

 例えば、ユーティリティ業界の企業は、運用や保守などの作業の、生産性や安全性を向上させるために、ドローン、スマート・グラスといった、ウェアラブル・デバイス、AR(拡張現実)技術、あるいは、ロボットなどを、試験的に導入することを検討している。

  「ユーティリティ業界での、ドローンの適応事例の紹介」ビデオ

        (続く)

デル株式会社

2020年1月 9日 (木)

CES 2020で、LenovoのThinkPad X1 Foldは、世界で最初の、フォルダブル・ラップトップを紹介した。'20.01.09

【CES 2020で、LenovoのThinkPad X1 Foldは、世界で最初の、フォルダブル・ラップトップを紹介した。】'20.01.09

 CES 2020で、Lenovoは、世界で最初の、フォルダブル・ラップトップを、2020年内に、発売すると発表した。2020年1月6日

 By Cohen Coberly、techspot

Dt16a_20200109213401


 CES 2020において、Lenovoは、タブレット、あるいは、ラップトップの形態になり、これらのモードを切り換えることのできる、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、フォルダブル・ラップトップ、ThinkPad X1 Foldを紹介した。

 Samsungは、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、Galaxy Foldの、ヒンジで接続された、スクリーンの脆弱性を、ジャーナリストから指摘され、論争の的になった。

 Lenovoは、2019年に、SamsungのGalaxy Foldに続いて、スクリーン画面を、折り畳むことのできる、ThinkPad X1 Foldラップトップを発表した。

 不幸にも、Lenovoは、ThinkPad X1 Foldのハードウェアの仕様や機能を、明らかにしていなかった。

 筆者らは、CES 2020で、Lenovoの、ThinkPad X1 Foldのデザインを垣間見ることができた。

 このイベントで、Lenovoは、ThinkPad X1 Foldの価格、機能、OSに関する情報を明らかにした。

 筆者らは、Lenovoは、ThinkPad X1 Foldの進捗状況に関する、簡単な要約を作成した。

 Lenovoによると、このThinkPad X1 Foldは、OLEDスクリーン画面を持つ、世界で最初のフル機能の、フォルダブル・ラップトップである。

Dt16b_20200109213501


 ThinkPad X1 Foldは、完全に平らなタブレット、Bluethoothキーボードを接続した、ミニ・ラップトップ、仮想キーボードを表示した、ミニ・ラップトップのような、デバイスのモード間を、切り換えることができる。

 ユーザは、ThinkPad X1 Foldを、どのようなことに、どのように使用するかで、モード間を、切り換えることができる。

 ユーザは、ThinkPad X1 Foldを、自分の好みや、使用する目的などで、さまざまな形態で、使用することができるようになる。

 例えば、ユーザは、ThinkPad X1 Foldで、メモを取るときには、タブレット・モードにして、スタイラス・ペンで、手書き入力することができる。

Dt16c


 また、ユーザは、ThinkPad X1 Foldで、メールを書くときには、ラップトップ・モードにして、仮想キーボードで、タイプ入力でき、文章を書くときには、Bluethoothキーボードを接続して、タイプ入力することもできる。

 ユーザは、タブレット・モードにして、ビデオを再生したり、スタイラス・ペンで、描画したりすることも、できるようになる。

 「Lenovoのフォルダブルなデバイスの紹介」ビデオ

 折り畳むことのできる、スクリーン画面の、適用事例のいくつかには、片方のスクリーン画面で、講義を視聴しながら、もう一方のスクリーン画面で、メモを取ることもできる。

 また、ユーザは、スクリーン画面を、本の様に折り畳んで、従来の書籍のように、好みの小説の、数章を読むこともできるようになる。

 ビジネスの世界において、ユーザは、ThinkPad X1 Foldのスクリーン画面の、上半分で、ビデオ通話をしたり、ビデオ会議に参加したり、できるようになり、スクリーン画面の、下半分で、プレゼンを管理することもできるようになる。

 ThinkPad X1 Foldは、オプションで、5G移動体通信ネットワークもサポートする。

 ThinkPad X1 Foldは、折り畳むことのできる、OLEDスクリーン画面を持つ、最初の「フル機能のPC」としても、使用することができる。

 Lenovoは、Windows 10のフル・バージョンを搭載した、ThinkPad X1 Foldを、リリースするだろう。

 ThinkPad X1 Foldでの、Windows 10Xのサポートは、後日、説明されるようだ。

 ThinkPad X1 Foldは、頑丈な素材で作られている。

 このThinkPad X1 Foldにカバーを付け、折り畳むと、ノートのような形になり、驚くほどコンパクトになり、バッグに入れて、持ち歩けるようになる。

 このThinkPad X1 Foldは、まだ、予約注文できないが、Lenovoは、2499ドルで販売するようだ。

 筆者は、このThinkPad X1 Foldの仕様や機能が、この価格で、ユーザを失望させないことを願っている。

デル株式会社

Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」は、折り畳むことのできる、OLEDスクリーンを搭載した、2-in-1ラップトップPCである。'20.01.09

【Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」は、折り畳むことのできる、OLEDスクリーンを搭載した、2-in-1ラップトップPCである。】'20.01.09

 Lenovoの「ThinkPad X1 Fold」は、折り畳むことのできる、OLEDスクリーンを搭載した、2,499ドルの、2-in-1ラップトップPCである。2020年1月6日

 By Sam Byford、theverge

 2019年5月に、Lenovoは、「折り畳むことのできる(フォルダブル)ラップトップ」と呼ばれる、スクリーン画面を、本のように折り畳むことのできる、2-in-1ラップトップPC、「ThinkPad X1 Fold」を発表していた。

Dt15a_20200109170001


 今回、CES 2020で、Lenovoは、本やノートのように、折り畳むことのできる、OLEDスクリーンを搭載した、フォルダブルな、2-in-1ラップトップPC、「ThinkPad X1 Fold」の新版を、再度、紹介した。

 ThinkPad X1 Foldは、2020年内に、発売される予定である。

 今回、CES 2020で紹介された、新しい「ThinkPad X1 Fold」は、内側のベゼルに、「Windows Hello」互換のカメラを追加したことを除いて、以前に見たものと、あまり変わらない。

 新しい「ThinkPad X1 Fold」は、きちんとした革の外観を持ち、ヒンジが開くと、前後にスライドし、スクリーン画面は、13.3インチのサイズの、4:3のアスペクト比を持つ、OLEDスクリーンである。

 スクリーン画面の解像度は、2048dpi x 1536dpiで、9.7インチのiPadタブレットと同じで、見栄えがとてもいい。

 LG Displayは、Lenovoと、4年間以上のコラボレーションで、OLEDスクリーンを供給しているいる。

 良く見ると、スクリーン画面を広げたときに、ヒンジで結合された、スクリーンの真ん中に、識別可能なしわができるが、普通に使っている場合、しわに気付くことは、正直に言って、困難である。

 「ThinkPad X1 Fold」には、Windows 10 Proが、搭載されており、Lenovoは、スクリーン画面の、折り畳み方法に対して、独自のソリューションを展開する必要があった。

 (「Surface Neo」のような、折り畳むことのできる、デュアル・スクリーン・デバイス向けの、Microsoftの今後のOSである、「Windows 10X」を搭載する版は、後日、不特定で公開されるようだ。)

 ポートレート・モードでは、スクリーン画面の下部に、仮想キーボードを表示するための、追加オプションもある。

 これにより、スクリーン画面を斜めに折り畳んで、仮想キーボードで、ノートPCのように、入力することもできる。

 「ThinkPad X1 Fold」には、多くの文字を、タイプ入力する場合に、スクリーン画面の下半分に、磁気でスナップする、「Bluetoothキーボード」も同梱されている。

Dt15b


 この「Bluetoothキーボード」は、極めて、入力しやすい。

 「ThinkPad X1 Fold」を折り畳んだときに、この「Bluetoothキーボード」が、スクリーン画面の、2つの半分の間の隙間を埋めるようになっている。

 「ThinkPad X1 Fold」の設計の主な利点は、柔軟性があり、タブレット、ラップトップPC、あるいは、ミニ・デスクトップPCとして、使用できることだろう。

 また、物理キーボード、仮想キーボード、マウス、スタイラスペン、タッチ操作を、必要に応じて、使い分けることもできる。

 例えば、「ThinkPad X1 Fold」のスクリーン画面を、フルサイズで開き、組み込みのキックスタンドで支え、「Bluetoothキーボード」を接続すると、ラップトップPCと、ほぼ同じユーザ経験を得ることができる。

 「ThinkPad X1 Fold」を、世界最小のオールインワンPCのような感じで、利用できるようにする、イーゼル・スタイルのスタンドさえ、用意されている。

 理論的には、「ThinkPad X1 Fold」を、折り畳むと、ハードカバーの短編小説と同じくらい大きさになり、薄くて、軽いので、バッグに入れて、持ち運ぶことができ、携帯性に優れている。

 「ThinkPad X1 Fold」の性能については、現時点では、いくぶん未知の要素である。

 Lenovoは、「ハイブリッド技術」を使用する、新しいIntelプラットフォームで実行されるとのみ言及しており、大手の半導体メーカが、今週、CES 2020で共有するより、多くの情報を持っていることを示唆している。

 バッテリーの寿命は、最大11時間と記載されているが、詳細を待つ必要があるだろう。

 筆者らが知っていることは、「ThinkPad X1 Fold」のWindows 10 Pro搭載版は、2020年半ばに、出荷され、基本価格は、2,499ドルからだということである。

 「ThinkPad X1 Fold」には、明らかに、多くのアイデアが盛り込まれており、2020年に、このようなデバイスのプロトタイプが、実際に市場に出回ることが期待されている。

デル株式会社

購入する製品の検索は、実際に、Amazonサイトにおいて開始される。(2)'20.01.09

【購入する製品の検索は、実際に、Amazonサイトにおいて開始される。(2)】'20.01.09

 歴史的に、殆どのマーケッタは、Googleのような、一般的な検索エンジンを利用している。2020年1月7日

 by eMarketer

 消費者の問い合わせの多くは、Googleのような、一般的な検索エンジンではなく、Amazonのような、オンライン小売サイトで、製品の検索を行いがちである。

 殆どのインターネット・ユーザに対し、Amazonサイトは、購入する製品の、デフォルトの検索開始ポイントとして、機能してきた。

    (続く)

 CivicScienceによると、2015年に、米国のインターネット・ユーザが、Amazonで、製品を購入している割合は、年齢層によって、大きく異なっていたが、すべての年齢層に渡り、過半数を占めていたという。

 2019年6月に、米国のインターネット・ユーザの、49%が、「Amazonサイトで、製品の検索を開始としている。」と回答していた。

 また、2019年6月に、米国のインターネット・ユーザの、22%が、「Google検索エンジンで、製品の検索を開始としている。」と回答していた。

 2019年6月に、AmazonのPrime会員で、少なくとも週に1度は、Amazonで、ショッピングしている、ユーザの内、80%が、Amazonで、製品の検索を開始していたが、これに対し、Googleで、製品の検索を開始している、ユーザの割合は、12%であった。

 2019年に、米国の家庭の51.6%が、Amazon Prime会員であると、見積もっている。

グラフ2)2019年6月に、米国のオンライン・ショッパーへの、「製品を購入するときに、製品の検索を開始する場所(検索エンジン)はどこか?」の質問に対する、回答者の割合(%)

                   製品の検索を開始する場所(検索エンジン)

米国のオンライン・ショッパー      Amazon   Google   その他

Amazon Primeを毎週、使用する。     79%    12%    10%

Amazon Primeを毎月、使用する。     65%    20%    15%

Amazon Primeメンバーではない。     37%    37%    26%

Em1b_20200109094401

  ソース:CivicScience

 Amazonは、Amazonサイトでの、オンライン販売、広告、オンライン販売代行の手数料、フルフィルメントの手数料だけでなく、同社の検索エンジンで得られたデータや、評価などのデータを、マーケッターに提供することでも、売上を上げているようだ。

 一部のマーケッターにとって、Amazonサイトは、明らかに、マーケティングに重要なソースになっている。

 例えば、データ・インテリジェンス会社のJumpshotは、顧客の製品ページでヒットした、製品の検索が、どの検索エンジンから、開始されたかを分析している。

 2015年には、米国のオンライン・ショッパーの、54%が、Googleの検索エンジンを、米国のオンライン・ショッパーの、46%が、Amazonサイトの検索エンジンを、製品の検索を開始する場所にしていた。

 これに対し、2018年には、米国のオンライン・ショッパーの、54%が、Amazonサイトの検索エンジンを、米国のオンライン・ショッパーの、46%が、Googleの検索エンジンを、製品の検索を開始する場所にしていた。

 ちなみに、Amazonの米国での検索広告の売上は、2019年に、米国の検索広告の売上全体の、13%を占めており、2017年における、同社の検索広告の売上の、2倍になったと、見積もっている。

デル株式会社

2020年1月 8日 (水)

購入する製品の検索は、実際に、Amazonサイトにおいて開始される。(1)'20.01.08

【購入する製品の検索は、実際に、Amazonサイトにおいて開始される。(1)】'20.01.08

 歴史的に、殆どのマーケッタは、Googleのような、一般的な検索エンジンを利用している。2020年1月7日

 by eMarketer

 消費者の問い合わせの多くは、Googleのような、一般的な検索エンジンではなく、Amazonのような、オンライン小売サイトで、製品の検索を行いがちである。

 殆どのインターネット・ユーザに対し、Amazonサイトは、購入する製品の、デフォルトの検索開始ポイントとして、機能してきた。

 小売体験会社、Bloomreachの「State of Amazon 2016」レポートによると、2015年に、米国のインターネット・ユーザを対象にした調査において、米国のインターネット・ユーザの、50%近くは、オンラインで、製品を検索するための、開始ポイントとして、Amazonオンライン販売サイトでの、検索機能を使用していた。

 これに対し、2015年に、Googleのような一般的な検索エンジンを使用して、オンラインで、製品を検索すると回答した、米国のインターネット・ユーザは、34%であった。

 2016年9月に、米国のインターネット・ユーザの、55%は、製品を検索するための、開始ポイントとして、Amazonを選択していると回答した。

 米国のインターネット・ユーザの、検索の開始ポイントは、質問の内容や、目的に依存しがちであり、例えば、製品を探すときは、Amazonオンライン販売サイトの検索機能を利用しがちである。

 例えば、2018年5月に、e-コマースの技術プロバイダ、Adeptmindは、製品を検索するときの、開始ポイントとして、米国のインターネット・ユーザの46.7%は、Amazonを選択すると回答した。

 2番目に多い、製品を検索するときの、開始ポイントとして、米国のインターネット・ユーザの34.6%は、Googleを選択すると回答していた。

 製品を検索するときの、開始ポイントとして、米国のインターネット・ユーザの、4.7%は、別の検索エンジンを選択すると回答していた。

 クラウド小売プロバイダ、Kibo Commerceと顧客体験会社、Watermelon Researchは、2018年1月に、米国のオンライン買い物客に、製品やサービスを検索するときの、開始ポイントを尋ねたときに、米国のオンライン買い物客の、69%は、一般的な検索エンジンを選択したと回答し、61%は、Amazonの検索機能を選択したと回答した。

 CivicScienceからの、オンラインで購入する、製品を検索するときの、開始ポイントとして、回答者の50%未満が、Amazonの検索機能を選択したと回答した。

 2019年6月に、米国の13才以上の、米国のインターネット・ユーザを対象に、製品をオンラインで、購入するときに、どこで、製品の検索を開始するかを尋ねた。

 回答者の50%未満は、Amazonオンライン販売サイトで、製品の検索を開始すると回答していた。

グラフ1)2019年6月に、米国のインターネット・ユーザに、オンラインで買い物をするときに、製品を探すための、検索の開始ポイントはどこかを尋ねた時の、回答の割合

検索の開始ポイント          回答の割合

Amazon              49%
Google               22%
その他               13%
オンラインで買い物をしない     16%

Em1a_20200108211301

   (続く)

デル株式会社

CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(3)'20.01.08

【CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(3)】'20.01.08

 Consumer Electric Show(CES)は、世界の最大の消費者向け技術のショーの1つである。2020年1月6日

 By Digital Trends Staff

 世界最大の消費者向けの技術ショー、CESは、2020年1月6日(月)に開催される。

 CES 2020で、紹介された、新製品やコンセプト製品をリストする。

   (続き)

7.LGのソリューションは、ホワイトボードの代わりになる。

 ホワイトボードの代わりになる、LGのソリューション、「In-Touch Pro」ワークスペースのおかげで、アイデアや会議のメモを書き留めるたびに、マーカーを探す必要がなくなるだろう。

 Digital Trendsのシニア・エディターである、Caleb Denison氏によると、ホワイトボードの代わりとなる、LGの「In-Touch Pro」ワークスペースは、十分な対話機能と、ミラーリング機能を利用できるようになっているという。

8.LGの最新TVは、芸術作品である。

Dt7d_20200108144701


 LGは、CES 2020の、ショールームのフロアに、いくつかの驚きをもたらした。

 LGは、新しい48インチの、「OLED 4K TV」と、Samsungと、志を同じくする、Frame TVからヒントを得た、「GX Gallery Series 4K TV」を発表した。

 従来の通りの外観をした、「GX Gallery Series 4K TV」のフレームは、厚さがわずか、0.79インチで、スクリーン画面のサイズが、55インチ、65インチ、および、77インチの種類があり、それぞれが、マルチ・フォーマットの「High Dynamic Range(HDR)」をサポートし、「Nvidia G-Sync」などのスマートTV機能を搭載している。

 ただし、残念ながら、「GX Gallery Series 4K TV」の価格設定と可用性は、謎のままである。

9.変わった、折りたたみ型のラップトップPCがあった。

 CES 2020には、2020年の夏にリリースされる、かなり変わった、折りたたみ型のラップトップ、「Lenovo ThinkPad X1 Fold」が、展示されていた。

Dt7e_20200108144801


 タブレットにも、ラップトップPCにもなる、「Lenovo ThinkPad X1 Fold」は、基本的には、モレスキン・ノートのように見える。

 革新的なラップトップのデザインを見るのは爽快であるが、この分野への参入には、障壁がある。

 この「Lenovo ThinkPad X1 Fold」の価格は、2,499ドルである。

    (続く)

デル株式会社

CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(2)'20.01.08

【CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(2)】'20.01.08

 Consumer Electric Show(CES)は、世界の最大の消費者向け技術のショーの1つである。2020年1月6日

 By Digital Trends Staff

 世界最大の消費者向けの技術ショー、CESは、2020年1月6日(月)に開催された。

 CES 2020で、紹介された、新製品やコンセプト製品をリストする。

    (続き)

4.CES 2020では、未来的なコンセプト・カーも披露される。

 まだ、CESの初期に、驚くほど未来的な乗り物を、既に見ている。

 マネージング・エディターのNick Mokey氏は、Teslaに、電気自動車の優位性を求めて挑戦するために設定された、最も印象的な車のいくつかを、既に、選択している。

 最近のCESは、電気自動車や自動運転車の、コンセプト・カーを通して、自動車関連技術(センサーやカメラ、車載システム、5G移動体通信ネットワーク、音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、コネクティッド・カー、クラウド・サービス、あるいは、「サービスとしての移動(MaaS)」など)の紹介が多くなっている。

5.AMDは、Ryzen 4000プロセッサを紹介する。

 AMDは、新しいRyzen 4000プロセッサを紹介する。

 Zen 2 CPUは、「世界最高性能の超薄型ラップトップ・プロセッサ」である。

 新しい、Zen 2 CPUは、いくつかの印象的な仕様になっており、高性能ながら、極めて薄くて、コンパクトな、ラップトップPC用の、プロセッサである。

 Zen 2 CPUは、15ワットのプロセッサで、8コアを搭載している。

Dt7a_20200108105901


 ライターのJon Martindale氏によると、このZen 2 CPUは、ゲーム用の、より強力なラップトップや、ワークステーションの、マルチ・スレッドの性能を、大幅に向上させるのに、貢献する、可能性がある。

6.AlienwareのUFOで、ユーザは、Windows 10ベースのPC用のゲームを、どこにでも持ち運べるようになるようだ。

 DellのゲーミングPCブランド、Alienwareは、完全なWindows 10ベースのゲーミングPCを、Nintendo Switchスタイルのフォーム・ファクターに組み込み、取り外し可能なコントローラを備えた、新しいプロトタイプである、「Concept UFO」を紹介した。

 Alienwareの「Concept UFO」は、Nintendo Switchのような形の、ポータブルゲームPCである。

 「Alienwareのポータブル・ゲームPC、「Concept UFO」の紹介」ビデオ

 この「UFO」が、Windows 10ベースの、本格的な高性能のゲーミングPCで、Steamの巨大なライブラリのほとんどすべてを、プレーできるとしたらどうだろう。

Dt7b_20200108110101


 上の写真は、キックスタンドとハンドヘルドの両方の機能を備えた、「Nintendo Switch」での直接的なショットであるが、それでもコンセプトに過ぎない。

 Alienwareの「Concept UFO」の仕様や価格については、あまり知らない。

 Switchを300ドルで、Switch Liteを200ドルで購入できるため、Alienwareは、実際に競争するために、この範囲で、「Concept UFO」の価格を設定する必要があるだろう。

    (続く)

デル株式会社

2020年1月 7日 (火)

CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(1) '20.01.07

【CES 2020ライブ・ブログ:5Gラップトップ、電気自動車、および、Vegasからの、最新のニュース(1)】'20.01.07

 Consumer Electric Show(CES)は、世界の最大の消費者向け技術のショーの1つである。2020年1月6日

 By Digital Trends Staff

 世界最大の消費者向けの技術ショー、CESは、2020年1月6日(月)に開催された。

 CES 2020で、紹介された、新製品やコンセプト製品をリストする。

1)Sonyは、いくつかの理由で、電気自動車を作成した。

 筆者は、このショーで、大きな、変わった発表を聴いたが、Sonyは、電気自動車を披露した。

 ゲーム機のプレイステーションや、スパイダーマンの映画を作成している、Sonyは、今回、新たな電気自動車を披露した。

Dt71


 この電気自動車、Vision Sは、完全な電気自動車で、レーダー、ライダー、カメラなどを含む、33種類のセンサーを持っている。

 Sonyの電気自動車は、近くの障害物を感知でき、優れたサウンド・システムを装備し、大きなパノラマ的な、ダッシュボード・スクリーンを持っている。

 不幸にも、この電気自動車は、販売されない。

 Sonyは、この電気自動車、Vision Sを、同社の車関連の技術を紹介するための、方法の1つにしている。

2.Hyundaiの空飛ぶタクシーを見たことがあるか?

 Hyundaiは、空飛ぶタクシー、S-A1を構築するために、Uberとパートナーを組むと発表した。

 自動車メーカの、Hynndaiは、2023年までに、正式な製品として、空飛ぶタクシー、S-A1を、Uberと連携して、構築することを望んでいると発表していた。

 「Hynndaiの空飛ぶタクシー」の紹介ビデオ

 Hynndaiによると、空飛ぶタクシーは、複数の冗長な、ロータを持っているので、1つのロータが、故障しても、クラッシュして、墜落することはないという。

 この空飛ぶタクシーは、ヘリコプターよりも、静かである。

 この空飛ぶタクシーは、ヘリコプターとドローンの折衷のような見た目である。

Dt73


 Hyundaiは、誰が、空飛ぶタクシーを操縦するかを、明確にしていない。

3.LGの丸めることのできる、有機発光ダイオード(OLED)は、2020年に発売される。

 LGは、高く評価された、丸めることのできる、OLEDを、2019年のCESで紹介していた。

 この丸めることのできる、OLEDは、なめらかな見た目のディスプレイであり、極めて高価である。

 このOLEDで作成した、65インチのディスプレイ、LG Signature Series OLED TV Rは、ボタンのタッチ操作で、キャビネットから、広げることで、65インチのディスプレイにすることができ、4Kの解像度を持ち、より広い明るさの幅を表現できる、ハイダイナミックレンジ(HDR)をサポートしている。

Dt7y


 「LG Signature Series OLED TV Rの紹介」ビデオ

 CNETによると、このLGの、OLEDは、6万ドルで、2020年の3Qに、販売されるという。

 Signature Series OLED TV Rは、2020年の、CESで、披露された、唯一の、丸めることのできる、ディスプレイではない。

 LGは、プロジェクターのように、天井から、広げることのできる、65インチの大きなサイズのOLEDを、CES 2020で披露する。

 この丸めることのできる、OLEDのディスプレイは、まだ、プロトタイプであるが、2年以内に、市場に出現しても、驚くことはないだろう。

    (続く)

デル株式会社

2020年の7つの技術予測(4) '20.01.07

【2020年の7つの技術予測(4)】'20.01.07

 RPA、AI、5G、量子コンピューティング、サイバー・セキュリティなどの今後の展望を
予測する。2019年12月18日

 By Carla Rudder、Enterprisers Project

 ITリーダーは、将来に備えるために、ロボティック・プロセス・オートメーション
(RPA)、第5世代移動通信システム(5G)、人工知能(AI)、拡張現実/仮想現実(AR/
VR)などの技術の有用性を調査し、どこに何を、どのように、適用するかを検討しており、
サイバー・セキュリティを強化することを模索している。

 新しい技術は、我々の暮らし、ビジネス、社会に、どのような影響を与えるのだろう?

 2020年の技術の展開を予測してみよう。

   (続き)

9)気候の良い、米国の小都市には、ハイテクのスタートアップの本社が、増えるだろう。

 オレゴン州のポートランドに住んで、働いているときに、サンフランシスコとシアトルが必要なのは誰だろう?

 2020年には、より多くの創業者、事業者、ベンチャー・キャピタルが、気候のよい、小さな都市に、移住するのが、見られるだろう。

 ノースカロライナ州ローリーのような場所は、一流大学の本拠地であり、優秀な人材が集まり、キャリアを伸ばすこともできるだろう。

10)開発者の雇用は、より専門的になるだろう。

 近年、企業は、フル・スタックのエンジニアを採用している。

 2020年には、開発者が、さらに、自分自身の専門分野を開拓するのを、目にするだろう。

 CIOは、特定の役割がどのようなものであり、どのチームで作業するかを、開発者に明確にする必要があるだろう。

2020年の7つの技術予測(4)】の2

11)現在、北米のサイバー・セキュリティの専門家の平均給与は、9万ドルであるが、地方政府や連邦政府が、熟達した才能を引き付けて維持するために支払う、平均給与よりも低い。

 ただし、ヘルスケア、金融サービス、および、他の大企業が、有資格のサイバー・セキュリティの専門家が、組織で働くことを、より有利にしているため、地方政府は、大きなサイバー・セキュリティのスキル不足に、直面するかも知れない。

 地方政府は、サイバー・セキュリティのニーズを満たすために、現在の、サイバー・セキュリティの専門家を、どのように再教育して、新たなスキルを身に着けることができるかについて、創造的に考える必要があるだろう。

   (続く)

デル株式会社

2020年の7つの技術予測(3)'20.01.07

【2020年の7つの技術予測(3)】'20.01.07

 RPA、AI、5G、量子コンピューティング、サイバー・セキュリティなどの今後の展望を予測する。2019年12月18日

 By Carla Rudder、Enterprisers Project

 ITリーダーは、将来に備えるために、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、第5世代移動通信システム(5G)、人工知能(AI)、拡張現実/仮想現実(AR/VR)などの技術の有用性を調査し、どこに何を、どのように、適用するかを検討しており、サイバー・セキュリティを強化することを模索している。

 新しい技術は、我々の暮らし、ビジネス、社会に、どのような影響を与えるのだろう?

 2020年の技術の展開を予測してみよう。

     (続き)

6)AIの革新は民主化されるだろう。

 開発者は、これまで以上に、容易に、AI技術を利用できるようになる。

 例えば、オーバーヘッドのコストがない、さまざまな能力を持つ、より高度なAI技術が、コンポーネントとして利用できるようになり、アルゴリズムも、改善されていくだろう。

 この傾向は、AIの革新を民主化し、よりコンパクトで、よりニッチな、AI技術を、コンポーネントとして利用して、さまざまなツールの作成を可能にするだろう。

 その結果、音声認識、自然言語処理、画像認識といった、AI技術のコンポーネントを活用した、さまざまなツールが、作成され始めるだろう。

 例えば、AI技術は、カメラやTVの画質を改善したり、家電製品の効率化を支援したり、スマート・ホーム・デバイスを、より容易に制御したり、できるようにする。

7)CIOは、開発者に、新しい技術トレンドを期待している。

 特に、オープンソースの場合、新しい技術の採用率は、劇的に増加するだろう。

 CIOは、新しい技術を、積極的に探求し、開発者が興味を持っているものに、注意を払う必要があり、投資の対象にするとよいだろう。

8)リモートの作業が増えるだろう。

 職種によっては、ワーカは、どこにいても、チームの他のメンバーと協調しながら、仕事ができるようになるだろう。

 CIOは、大規模なリモート・チームを管理するために、コラボレーション・ツールを効果的に活用して、さまざまな場所に分散した、ワーカをサポートする必要があるだろう。

 また、劣悪な環境での、危険な作業などを、ロボットを使用して、オフィスから、遠隔操作して、遂行することもできるようになるだろう。

    (続く)

デル株式会社

2020年1月 6日 (月)

CES 2020において、支配的な、6つのモノ(2)'20.01.06

【CES 2020において、支配的な、6つのモノ(2)】'20.01.06

 健康を促す、新たなヘルスケア・デバイスから、コード・カッティングや、プライバシーを守る、暮らしをより良くできる、便利な、新しい技術がある。2020年1月2日

 By Jason Hiner、cnet

 CES 2020では、技術ベンダが、今年の技術を形成する、製品やトレンドを紹介する。

 勿論、CESで紹介される、製品のいくつかは、実際に利用できる製品であり、他の製品は、市場では販売されない、コンセプトを示す製品(例えば、コンセプト・カー)のようなものである。

 筆者らは、CES 2020で、新しいコンセプト、プロトタイプ、および、実験的な製品が、紹介されるのを、見るだろう。

 CES 2020で、披露される、主な製品を紹介する。

     (続き)

3.ヘルスケアとフィットネス

 近年、CESで、最も急速に拡大しているカテゴリは、ヘルスケアとフィットネスである。

 このカテゴリは、現在、ほとんどの最新かつ最も革新的なベンダが、売り込みをしており、Tech Westのほぼ半分を占めている。

 ヘルスケアとフィットネスの分野は、よりよく食べ、よりよく眠り、より効率的に運動し、健康を、より良く監視し、健康とウェルネスに関する、他の多くのことを、支援してくれる。

 食事を記録するのではなく、摂取したカロリー数を追跡する、リスト・バンドもある。

4.プライバシーとセキュリティ

 技術アナリストは、技術会社が、ユーザの個人データを収集し、利用するのに、警告を発している。

 筆者らは、Apple、Google、Amazon、Facebook、Twitterといった、ITベンダが、ユーザの、個人データの、プライバシーやセキュリティに、注意を払っている、 転換点に達したと見てる。

 これらのITベンダは、ハッカーから、ユーザの個人データを安全に維持することに取り組んでいる。

 CES 2020で、あらゆる技術ベンダは、自分たちの製品を市場に投入する方法に、影響を与えることを模索している。

 米国を含む、より多くの政府は、2020年に、個人データに対する、規制や監視を強化することが期待される。

 ITベンダは、政府の規制に対する、自分たちの行動を、整理し始めているようだ。

5.ストリーミングとコード・カッティング

 CESで、さまざまなベンダが、過去、10年間に、TV、スマートフォン、タブレット、PCなどから、車、フィットネス・デバイス、さらに、スマート・ホーム・デバイスまで、さまざまな展示するようになってきた。

 ただし、以前として、このCESで展示される、中心は、スマートTVである。

 CESは、Samsungのような、消費者向けのエレクトロニクス製品のメーカが、来場者にアピールする、派手なブースを設けることで、有名である。

 ただし、最近の消費者は、スマートTVで、Netflix、YouTube、Hulu、Disney Plus、Apple TV Plusにより、提供される、ストリーミング・ビデオを見るようになってきた。

 これらのストリーミング・ビデオは、スマートTVだけでなく、Roku、Amazon Fire TV Stick、および、Apple TVといった、デバイスを、従来のTVやモニタに接続することで、視聴できるようになる。

 CES 2020で、8つの基調講演の内、2つは、ストリーミング・ビデオで、概要を紹介している。

 Quibi and NBC Universalは、今年の春に、開始される、Peacockストリーミング・ビデオに、焦点を合わせる、予定である。

6.5Gのシナリオ

 5Gの発表の殆どは、 Barcelonaで開催される、Mobile World Congressをターゲットにしているが、5G対応デバイスは、CES 2020でも、紹介されるだろう。

 AT&Tは、低帯域の5G移動体通信サービスを、最近、Las Vegasで開始した。

 このため、CES 2020の出席者は、実際の5G対応のスマートフォンなどのデバイスを、このショーの会場で、使用することができるようになるだろう。

 (T-Mobileも、Las Vegasで、同じ5G移動体通信サービスを提供している。)

 CESでの焦点は、おそらく5Gのために変化しつつある、毎日のシナリオに、合わせられるだろう。

 ビデオの映画のポスターから、ニュースの新しい収集方法、自動運転車から、モバイル・エンターテイメント、さらに、世界のオンライン情報を重ね合わせることのできる、真の拡張現実(AR)まで、将来のストーリを変えるだろう。

デル株式会社

2020年1月 5日 (日)

CES 2020において、支配的な、6つのモノ(1)'20.01.05

【CES 2020において、支配的な、6つのモノ(1)】'20.01.05

 健康を促す、新たなヘルスケア・デバイスから、コード・カッティングや、プライバシーを守る、暮らしをより良くできる、便利な、新しい技術がある。2020年1月2日

 By Jason Hiner、cnet

 CES 2020では、技術ベンダが、今年の技術を形成する、製品やトレンドを紹介する。

T2020ec

 勿論、CESで紹介される、製品のいくつかは、実際に利用できる製品であり、他の製品は、市場では販売されない、コンセプトを示す製品(例えば、コンセプト・カー)のようなものである。

 筆者らは、CES 2020で、新しいコンセプト、プロトタイプ、および、実験的な製品が、紹介されるのを、見るだろう。

 これらの、CES 2020で披露される、製品には、将来のスマートフォンや、コンピュータに関するアイデアも含まれる。

 CES 2020では、構造プレートが、どのように、技術業界に、移動しているかの、および、我々の暮らしに浸透し、暮らしを改善し、変える全体像が、紹介される。

 CES 2020で、披露される、主な製品を紹介する。

1)サービスとしての製品

 技術産業では、2019年に、「サービスとしての製品」が、倍増した。

 「サービスとしての製品」には、レストランからの食事の配達サービス、自分で料理できる、食材キットの配達サービス、試着できる洋服の配達サービス、あるいは、配車サービスなどがある。

 サービスや契約は、物理的な製品よりも、持続可能なビジネス・モデルなので、消費者は、サービスを利用した分だけ、対価を払うことができ、小売店やレストランは、長期に渡り、売上を上げることができるようになる。

 このため、2019年には、技術産業では、商品だけでなく、サービス(配達、配車、レンタルなどのサービス)で、売上や利益を上げる、「サービスとしての製品」が、増えていた。

 しかし、消費者に適した、サービスを見つけることは難しい。

2.アンビエント・コンピューティング

 アンビエント・コンピューティングは、技術が、より微妙な方法で、自分たちの生活に、技術を溶け込んでいるという、考えに対する、専門用語である。

 このアンビエント・コンピューティングのようなものを考えてみよう。

 20年前に、我々は、オンラインの世界を利用するために、PC、マウス、キーボード、モニタを使用していた。

 10年前は、我々は、スマートフォンを、ポケットに入れていた。

 現在は、スマートフォンが、PCや携帯電話を超えている。

 スマートフォンには。AmazonのAlexa、AppleのSiri、Google Assistantのような、音声対応デジタル・アシスタントが搭載されており、ユーザは、音声でも、さまざまなことを質問したり、依頼したり、できるようになる。

 GoogleのNest Hub Maxでは、エア・ジェスチャーのような、新しい、ユーザ・インタフェースが利用できようになる。

 CESに影響を与える可能性のある、UltraSenseのような技術は、さまざまな種類のものの表面を、タッチ・スクリーンに変えることもできる。

 家庭、自動車、および、オフィスは、新たな方法で、よりスマートになるだろう。

 スマート・ウォッチや、インターネットに接続された、衣服といった、ウェアラブル技術は、このトレンドにおいて、存在感を持つだろう。

 CES 2020では、ウェアラブルが、消費者の注意を引くだろう。

     (続く)

デル株式会社

2020年の、9つの将来のITのトレンドと予測(2)'20.01.05

【2020年の、9つの将来のITのトレンドと予測(2)】'20.01.05

T2020t


 コンピューティング・パワーは、59年間に渡り、1兆倍も向上された。

 By financesonline

 新しい技術は、他の技術の基礎になってきた。

 新しい技術は、より新たな技術に対する、基礎になり、このサイクルは、永久に続く。

 結果として、ITのトレンドについていくことが、より難しくなる。

 2020年の、9つの将来のITのトレンドと予測を紹介する。

 ユーザが、遭遇している、各技術の、いくつかの欠点や、トレンドが、将来、どのように変化するかについても、説明する。

   (続き)

 消費者は、例えば、スマートフォン、タブレット、PCなどで、既に、音声対応デジタル・アシスタントといった、AI技術を使用している。

  図3)世界の消費者の77%は、既に、AI技術を使用している。

T2020c

                    ソース:Adobe

「AIの利点は何だろう?」

 AIを搭載した、マシンとアプリは、驚くべき速度と精度で、データを処理することができる。

 このため、専門家が、数時間かけて行うような、情報処理作業を、マシンは、瞬時に行うことができる。

 マシンの情報処理結果は、専門家以上ではないにしても、速くて、正確になる。

 マシンは、ミスが発生しにくい。

 人為的ミスは、最も一般的なタイプのエラーの1つであり、AIソリューションにおける、ミスは、マシンの誤動作というよりも、人間が作った、プログラムのミスや、予測不可能な状況に陥ったときの、マシンのミスだろう。

 マシンには、集中力の低下、疲労、ストレス、他の単純なミスにつながる問題は、発生しないだろう。

 マシンには、感情もなく、マシンがすることは、すべて、論理に基づいており、マシンは、適切に保守作業が行われ、適切に運用している限り、年中無休で、働くことができる。

 丈夫な素材で作成された、AI搭載マシンは、過酷な環境や危険な場所でも、危険な作業を行うことができるようになるだろう。

「AIの課題は何だろう?」

 AI技術は、どちらかというと、実装するのに、高価なソリューションである。

 AmazonのAlexaや、Google Assisantといった、音声対応デジタル・アシスタントといった、スマートフォン、タブレット、PCなどで利用できる、消費者向けの、AI技術は、我々の暮らしを楽にしているため、依存度は、高まり続けている。

 AI技術を搭載した、マシンは、我々の、知性、体力、あるいは、精神力に、影響を及ぼすかも知れない。

 マシンには、人の想像力や創造性がなく、経験によって、精神的に成長することもないが、例えば、ユーザのニーズや好みなどを学習し、ユーザの要求に応える、学習能力はある。

 マシンは、大量のデータを記憶でき、高速に処理することができる。

 ただし、マシンは、想定外の、何か新しいことに直面すると、エラーや故障を引き起こす可能性が、高くなるようだ。

 しかし、マシンは、自動化できる、反復的な単調な作業に向いており、疲れたり、飽きたりすることはないので、人間の作業を補佐することができるだろうが、ワーカの移動や失業が増えるだろう。

「ポピュラーなAIソフトウェア」

・Apache PredictionIOは、データ統合、データ基盤管理、エンジン・バリアントの評価と調整、および、リアルタイムな、問合せに対する応答をサポートする、オープンソースの機械学習ソフトウェアである。

・TensorFlowは、Jupyter Notebooks、Facets、TensorBoard、Debugger、および、Transfer Learningを備えた、機械学オペレーティング用のシンボリック数学ライブラリである。

・IBM SPSSは、ユーザが、複雑なビジネス・データから、実用的な洞察を得ることを支援する、予測的なインテリジェンスを提供する、プラットフォームである。

・OpenCVは、自由に使用できる、オープン・ソースの機械学習、および、コンピュータ・ビジョン・プラットフォームである。。

     (続く)

デル株式会社

2020年1月 4日 (土)

2020年の、9つの将来のITのトレンドと予測(1)'20.01.04

【2020年の、9つの将来のITのトレンドと予測(1)】'20.01.04

T2020t
 コンピューティング・パワーは、59年間に渡り、1兆倍も向上された。

 By financesonline

 新しい技術は、他の技術の基礎になってきた。

 新しい技術は、より新たな技術に対する、基礎になり、このサイクルは、永久に続く。

 結果として、ITのトレンドについていくことが、より難しくなる。

 2020年の、9つの将来のITのトレンドと予測を紹介する。

 この記事は、2019年の、モノのインターネット(IoT)、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、および、人工知能(AI)を含む、最新の情報技術(IT)のトレンドをカバーしている。

 これらの技術の殆どは、しばらく前から、存在していたが、引き続き注目を集めている。

 ユーザが、遭遇している、各技術の、いくつかの欠点や、トレンドが、将来、どのように変化するかについても、説明する。

図1)知っておくべき、3つの主なトレンド

1)サービス業界による、チャットボットの導入が、増えている。

 チャットボットを導入している、サービス業界の割合(%)

サービス業界       割合

オンライン小売      34%
ヘルスケア        27%
テレコミュニケーション  25%
銀行            20%
金融アドバス       20%

2)IoTデバイスのアプリが、増加している。

 IoTアプリが、増加している割合(%)

IoTアプリ       増加率

スマート・ホーム    100%
ウェアラブル       63%
スマート・シティ     34%

3)ITマネージャの代表的な、パブリック・クラウドの課題

パブリック・クラウドの課題   回答の割合

セキュリティ              66%
ガバナンス&コンプライアンス   60%
クラウド経験の欠如         58%
プライバシー             57%
ベンダー・ロックイン         47%

T0202a


 ITは、長い年月をかけて、新しい技術は、より新たな技術に対する、基礎になり、進化していく。

 Mooreの法則によると、18ヵ月ごとに、プロセッサ・チップの集積度が倍増するという。

図2)IDCによると、世界のIT関連製品(ハードウェア、ソフトウェア、サービス、テレコミュニケーション、および、新たに出現した技術)の売上は、2019年に、5.0兆ドルになるという。

 世界の各地域の、IT関連製品の売上が、全体に占める割合(%)

T2020b

                       ソース:IDC

 多くのトレンドは、他のトレンドに影響を与え、置き換わってきた。

 しかし、技術の中には、他の技術よりも、長く続き、進化していく技術もある。

 この良い例は、インターネットである。

 インターネットの先駆け、ARPANETから、World Wide Webまで、極めて長い道のりであった。

 インターネットは、多くの他の技術の進歩の基礎になってきており、さらに改善されてきた。

 2019年のITトレンドに、遅れずについていくために、インターネットにより、影響を与えられた、技術のいくつかをリストする。

 「トップ9のITのトレンドのリスト」

・人工知能(AI)
・モノのインターネット(IoT)
・サイバー・セキュリティ
・クラウド・コンピューティングの代替
・5Gネットワーク
・仮想現実(VR)
・拡張現実(AR)
・チャットボット
・ブロックチェーン

1)人工知能(AI)

 AIは、何年も前に、ハイプであったが、今でも、成長している、トレンドである。

 AIは、10年前の人が、SFの映画においてのみ、可能だと考えていた、多くの機能を実現している。

 個人、専門家、および、ビジネスの目的のための、新しいアプリには、機械が、人間のように考え、振る舞う、AI技術が、組み込まれてきた。

 AIの未来は、「無限の可能性」があるというのが、完全な説明である。

 1950年代における、最初のAIプログラムから、この分野は、長い道のりを歩んできた。

 今日のユーザは、日常の生活に、さまざまなAI技術を利用した、アプリ活用するようになってきた。

 AIは、ホーム・アプライアンスや、スマートフォンといった、一般ユーザ向けのデバイスにも、組み込まれるようになってきた。

 また、AIは、医療、農業、軍隊、政府など、さまざまな分野で利用されるようになった。

 AIは、顔の認識、データ処理、音声認識といった、さまざまな、技術の革新を基礎にするようになってきた。

 さらに、AIを利用した、顧客サービスが、ビジネスの前線で使用されるようになってきた。

 しかし、AIがもたらす、多くの利点に加えて、AIの進歩には、多くの論争がある。

 AIやロボットの進歩には、一般的な懸念があった。

 また、AIやロボットには、多くの仕事の消滅といった、より差し迫った問題もあった。

 何人かの専門家によると、2030年には、7300万もの仕事が、時代遅れになるだろうという。

   (続く)

デル株式会社

「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出は、2020年に、1287億ドルに達すると予測している。(2)'20.01.04

【「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出は、2020年に、1287億ドルに達すると予測している。(2)】'20.01.04

 IDC Spending Guideによると、2020年に、「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出が、1287億ドルに達すると見積もっている。2020年1月2日

 by IDC

 IDC Worldwide Robotics and Drones Spending Guideによると、「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出は、2019年から、17.1%増加し、2020年に。1287億ドルになるという。

 2023年までに、IDCは、「ロボット・システムとドローン」への支出は、19.8%の年間平均増加率(CAGR)で増加して、2414億ドルになると予測している。

 IDC Worldwide Robotics and Drones Spending Guideによると、「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出は、2019年から、17.1%増加して、2020年に、1287億ドルになるという。

   (続き)

 2020年における、「ドローンへの支出」は、「ハードウェア」の購入に支配され、カテゴリ全体の90%以上が、消費者ドローン、アフターマーケット(保守や、中古販売など)、および、サービス・ドローンに、費やされる見込みである。

 「ドローン」の「サービス」への支出は、教育やトレーニングに、費やされる見込みである。

 「ドローン」の「ソフトウェア」への支出は、今後、5年間で、最も早く、38.2%のCAGRで増加する見込みである。

 「ドローン」の「サービス」への支出は、37.6%のCAGRで増加する見込みである。

 「ドローン」の「ハードウェア」への支出は、32.8%のCAGRで増加する見込みである。

 「消費者のドローンへの支出」は、2020年に、合計、65億ドルになり、世界のドローンへの支出全体の、40%近くを占める見込みである。

 2020年に、「ドローンへの支出が、最も多い業界」は、ユーティリティの19億ドル、建設の14億ドル、個別製造の12億ドル、資源産業の12億ドルになる見込みである。

 IDCは、2021年には、資源業界が、建設業界と個別製造の両方を追い越し、「ドローンへの支出が、2番目に大きな業界」になると予測している。

 今後、5年間に、「ドローンへの支出が、最も早く増加する業界」は、中央政府で、63.4%のCAGRで増加し、教育業界は、55.9%のCAGRで増加し、地方自治体は、49.9%で増加する見込みである。

 2020年に、地理的には、中国が、「ドローンとロボット・システムへの支出が、最も多い地域」であり、469億ドルになる見込みである。

 2020年に、「ドローンとロボット・システムへの支出」が、2番目に多い地域は、アジア・パシフィック(日本と中国を除く)(APeJC)の、251億ドルである。

 2020年に、「ドローンとロボット・システムへの支出」が、3番目に多い地域は、米国の、175億ドル、4番目に多い地域は、西欧の、144億ドルになる見込みである。

 また、中国は、「ロボット・システム」の主要地域であり、2020年における、「ロボット・システムへの支出」は、434億ドルになる見込みである。

 米国は、「ドローン」の主要地域であり、2020年における、「ドローンへの支出」は、57億ドルになる見込みである。

 「ロボット・システムへの支出」が、最も急速に伸びるのは、中東&アフリカであり、5年間に、24.9%のCAGRで増加する見込みである。

 「ロボット・システムへの支出」が、次いで、急速に伸びるのは、中国であり、5年間に、23.5%のCAGRで増加する見込みである。

 「ドローンへの支出」が、最も急速に伸びるのは、アジア・パシフィック(日本と中国を除く)(APeJC)であり、5年間に、78.5%のCAGRで増加する見込みであり、次いで、日本が、63.0%のCARRで増加する見込みである。

 「Worldwide Robotics and Drones Spending Guide」は、地域、産業、適用事例、および技術の観点から、「ロボット・システム」と「ドローン」のビジネス機会を定量化する。

 「Worldwide Robotics and Drones Spending Guide」における、「ロボット・システムとドローン」への支出に関する、データは、世界の、9つの地域における、20の業界に渡る、60以上の適用事例がから得られた、データである。

 

2020年1月 3日 (金)

「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出は、2020年に、1287億ドルに達すると予測している。(1)'20.01.03

【「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出は、2020年に、1287億ドルに達すると予測している。(1)】'20.01.03

 IDC Spending Guideによると、2020年に、「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出が、1287億ドルに達すると見積もっている。2020年1月2日

 by IDC

 IDC Worldwide Robotics and Drones Spending Guideによると、「ロボット・システムとドローン」への、世界の支出は、2019年から、17.1%増加し、2020年に。1287億ドルになるという。

 2023年までに、IDCは、「ロボット・システムとドローンへの支出」は、19.8%の年間平均増加率(CAGR)で増加して、2414億ドルになると予測している。

IDC Worldwide Robotics and Drones Spending Guideによると、「ロボット・システムとドローンへの、世界の支出」は、2019年から、17.1%増加して、2020年に、1287億ドルになるという。

 ロボティクスのカテゴリのハードウェアへの支出は、「ロボット・システム」への支出全体の、60%を占める見込みである。

 「ロボット・システム」への支出全体で、次に多いのは、アフターマーケット(保守や維持管理)のロボティクス・ハードウェアと、システム・ハードウェアである。

 産業ロボットと、サービス・ロボットへの支出は、合計で、310億ドルになる。

 ロボット関連のソフトウェアへの支出は、コマンドとコントロールのアプリへの支出が、最も多く、ロボティクス特有のアプリへの支出が、次に多い。

 ロボット関連のサービスへの支出は、システム統合、アプリ管理、ハードウェアの展開、および、ハードウェアのサポートを含む、いくつかのセグメントに、広がっていくだろう。

 ロボット関連のサービスへの支出の年間平均増加率(CAGR)は、21.3%になり、ソフトウェアへの支出のCAGRは、21.2%になり、ハードウェアの支出のCAGRは、15.5%になる見込みである。

 ロボット関連のソフトウェアの開発は、ロボット産業を形成している、最も重要なトレンドの1つである。

 ソリューション・プロバイダは、付加的なソフトウェア・ベース、しばしば、クラウドベース、機能性を、ロボット・システムに、序々に、統合している。

 運用中心の例は、リアルタイムに、ロボット装置の性能を監視するために、資産管理アプリである。

 個別製造は、2020年に、世界の、あらゆるロボット・システムへの支出の、半分近くを占め、538億ドルの収益を生み出している。

 「ロボット・システムへの支出」が、個別製造の次に、多い産業は、プロセス製造、資源産業、ヘルスケア、および、小売業界である。

 2019年から2023年に、「ロボット・システムへの支出」において、最も速く増加しているのは、卸売り業の30.5%のCAGR、小売業の29.3%のCAGR、および、建設業の25.2%のCAGRになる見込みである。

 2020年に、「ロボット・システムへの支出」が多い、代表的な応用分野には、溶接の200億ドル、組み立ての149億ドル、および、倉庫管理の123億ドルがある。

 「ロボット・システム」への支出の、年間平均増加率(CAGR)の増加が、最も速いのは、棚卸管理の46.5%のCAGR、顧客サービスの42.0%のCAGRである。

    (続き)

デル株式会社

2020年の7つの技術予測(2)'20.01.03

【2020年の7つの技術予測(2)】'20.01.03

 RPA、AI、5G、量子コンピューティング、サイバー・セキュリティなどの今後の展望を予測する。2019年12月18日

 By Carla Rudder、Enterprisers Project

 ITリーダーは、将来に備えるために、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、第5世代移動通信システム(5G)、人工知能(AI)、拡張現実/仮想現実(AR/VR)などの技術の有用性を調査し、どこに何を、どのように、適用するかを検討しており、サイバー・セキュリティを強化することを模索している。

 新しい技術は、我々の暮らし、ビジネス、社会に、どのような影響を与えるのだろう?

 2020年の技術の展開を予測してみよう。

   (続く)

4)消費者は、より厳しい、プラットフォーム・ガバナンスを要求するだろう。

 技術に重点を置いた、特に、宿泊施設のレンタル・サービスを提供する、Airbnb、ソーシアル・ネットワーク・サービスを提供する、Facebook、配車サービスを提供する、Uberなどのプラットフォーム・ベンダには、2020年に、プラットフォーム・ガバナンスが、大きな焦点になると予測している。

 消費者は、Facebookのような、ユーザが、さまざまな情報を投稿できる、ソーシアル・メディア・プラットフォームに対し、ガバナンスを要求するだろう。

 これらのビジネスが成功し続けるためには、より厳しい、プラットフォーム・ガバナンスを実装して、ユーザを保護し、危険に対する脆弱性を軽減することが不可欠である。

5)量子コンピューティングは、進歩し続けるだろう。

 量子コンピューティングの実用化を実証する使命は、2020年も続くだろう。

 筆者らは、この量子コンピューティング技術が、実世界の問題を解決するための、コンピューティング能力を発揮するのを、まだ見ていない。

 2020年は、量子コンピューティング技術の実用的な、解決策に向けて、より多くの研究と進歩が続くだろう。

  (続く)

デル株式会社

2020年の7つの技術予測(1)'20.01.03

【2020年の7つの技術予測(1)】'20.01.03

 RPA、AI、5G、量子コンピューティング、サイバー・セキュリティなどの今後の展望を予測する。2019年12月18日

 By Carla Rudder、Enterprisers Project

 ITリーダーは、将来に備えるために、ロボティック・プロセス・オートメーション(RPA)、第5世代移動通信システム(5G)、人工知能(AI)、拡張現実/仮想現実(AR/VR)などの技術の有用性を調査し、どこに何を、どのように、適用するかを検討しており、サイバー・セキュリティを強化することを模索している。

 新しい技術は、我々の暮らし、ビジネス、社会に、どのような影響を与えるのだろう?

 2020年の技術の展開を予測してみよう。

1)ロボット・プロセス・オートメーションは、デジタル変革の取り組みのための時間を解放するだろう。

 ロボット・プロセス・オートメーション(RPA)の採用は、2020年も拡大を続けるだろう。

 CIOは、ロボットやAIを、適切な作業に導入して、人間のスタッフを補助したり、支援したりすることで、作業を効率化できるようにすることを模索している。

2)第5世代移動通信システム(5G)は、データの処理方法を変えるだろう。

 低遅延と高速化により、第5世代移動通信システム(5G)は、インターネットの登場以来の、革新の波を提供することが、期待されている。

 5Gは、新しい、製品、サービス、ビジネス・モデル、あるいは、産業の発展に貢献するだろう。

 5Gは、高速な移動体通信ネットワークで、エッジ・コンピューティングの形態における、クラウド・コンピューティングを進歩させ、データの処理方法や処理する場所を変えるかも知れない。

 IoTデバイス、エッジ・コンピューティング、5G、クラウド・サービスの組み合わせは、我々の暮らし、ビジネス、社会を便利にするが、次世代のネットワーク基盤を必要とする。

 例えば、IoTデバイス、エッジ・コンピューティング、5G、クラウド・サービス技術を組み合わせた、自動運転車の車載システムは、さまざまなセンサーで収集した、膨大なデータを、クラウドに送り、処理して、結果を返すようなことが、リアルタイムにできるようになるのかも知れない。

3.第5世代移動通信システム(5G)の拡張は、セキュリティの課題をもたらすだろう。

 第5世代移動通信システム(5G)に対応した、IoTデバイスは、ローカル・ネットワークに接続する必要がない。

 このため、IoTデバイスが、ネットワークの他の部分に対する、攻撃ベクトルとして使用されるリスクが軽減される。

 ただし、ネットワーク基盤に、どのIoTデバイスが接続されているかを把握するのに、苦労している企業にとって、さらに混乱が生じるかも知れない。

 例えば、さまざまなメーカの、建物の電力管理システム、冷暖房空調設備(HVAC)、照明、監視カメラ、各種センサーなどを、5G対応にし、クラウドに、直接接続して、効率的に、運用管理するような、ビル管理システムを構築するには、通信プロトコルなどの標準化が必要であり、簡単にはいかないだろう。

 攻撃者が、デバイスのフィンガー・プリント、バッテリー消費、あるいは、ダウン・グレード攻撃を実行できるようにする、MITM攻撃が、既に見られた。

 今後、5Gが世界中で、利用できるようになり、さまざまなメーカの、5G対応の、IoTデバイスが、5Gネットワークに接続され、実装上の問題が研究者によって、明らかにされるにつれて、新しい攻撃ベクトルの発見が増加することが予想される。

   (続く)

デル株式会社

2020年1月 2日 (木)

Facebook Portalのレビュー(3)'20.01.02

【Facebook Portalのレビュー(3)】'20.01.02

 Facebook Portal(10インチ、2019)のレビュー、2019年12月19日

Dt7b_20200102162701

 By John Velasco、Digital Trends

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、ビデオ通話を容易にするが、Facebookのスーパーファンに対してのみ、有用である。

 FacebookのPortalのスマート・ディスプレイの特徴

利点

・ビデオ通話を、拡張現実(AR)効果で、面白くする。
・オーディオの音質が優れている。
・シャープで、自然な色のディスプレイ
・Amazon Alexaデジタル・アシスタント互換
・手頃な価格である。

 FacebookのPortalは、Amazonで、129ドルで購入できる。

 Facebookは、クールな、ソーシアル・メディア・プラットフォームであることを思い出そう。

 このFacebookにより、作成された、Portalと呼ばれる、スマート・ディスプレイは、カメラを持っており、ビデオ・チャットに、使用することもできる。

 このFacebookのPortalは、同社のSNSのユーザ向けに、作成されている。

 Portalを購入する前に、以下のことを知っておこう。

   (続く)

・エコシステムの拡大

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、不格好なタブレットのように見える。

 タブレットと同じように、ダウンロードして使用できる、アプリ(例えば、組み込みのWebブラウザ)がある。

 ただし、残念ながら、ほとんどのアプリは、Webブラウザへのショートカットであり、Yelpは、その一例である。

 一部のアプリは、ポートレート・ビューをサポートしていなかった。

 最もカジュアルなユーザが、Facebookの、Portalスマート・ディスプレイで、YouTubeのビデオ・クリップを再生するよう、Alexaデジタル・アシスタントに、依頼した後に、AmazonのEcoh Showスマート・ディスプレイよりも、いくつかのステップを要求する。

 ユーザは、実際に、アプリを実行し、Webブラウザを開く必要がある。

 Portalスマート・ディスプレイが、使用されていない時に、Portalは、Facebookから、あるいは、リンクされた、Instagramアカウントから、最近の写真の、スライド・ショーを表示する。

 Portalは、現在、オンラインにいる、友人、家族、同僚などを、ビデオ通話に、推奨する。

 Portalは、スマート・ディスプレイとして、他のライバルの、スマート・ディスプレイに追いつくために、より改善する必要があるだろう。

 例えば、Google Assistantデジタル・アシスタントは、Lenovo Smart Display 7のような、スマート・ディスプレイに、搭載されている。

Dt7e_20200102202801


 Lenovo Smart Display 7スマート・ディスプレイに組み込まれた、Google Assistantデジタル・アシスタントは、ユーザが、朝起きた時に、例えば、交通状態や、今日の予定などを、スクリーン画面に表示する。

 179ドルで販売されている、10インチのスクリーン画面を持つ、スマート・ディスプレイは、筆者の期待よりも、良かった。

 ダイナミックなカメラ、優れたオーディオ性能、および、拡張現実(AR)の効果を使用しているおかげで、FacebookのPortalは、一般のFacebookユーザが、ビデオ・チャットを楽しむのに、最適である。

Dt7g


 Portalは、ユーザが、Facebookに投稿した、デジタル写真を、ユーザが、Portalを使用していない時に、スクリーン画面に表示する。

Dt7a_20200102203101

 Portalスマート・ディスプレイの機能性は、AmazonやGoogleのスマート・ディスプレイよりも、制限されており、利用できるアプリも少なく、Webブラウジングも、あまり強固でない。

 Facebookの、最近のプライバシーの問題は、忘れることができないので、同社は、Portalスマート・ディスプレイのプライバシーやセキュリティの対応を強化していくだろう。

 ユーザは、Portalスマート・ディスプレイを使用して、家族や友達と撮った写真を、Facebookで、自分だけや、友達になった、ユーザだけと、共有できるよう、設定できる。

 価格が、230ドルの、Google Nest Hub Maxは、美しいスクリーン画面、内臓されたNest Camカメラ、強力なサウンド・システム、および、Google Assistantデジタル・アシスタントの知的な行動を持つ、究極のスマート・ディスプレイである。

 Amazonの第2世代の、Echo Showスマート・ディスプレイは、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを使用したい、一般的なユーザに向けであり、230ドルと、手頃な価格で、提供される。

 Facbookファン向けに設計され、家族や友達や同僚などと、コミュニケートする上で、新たなユーザ経験を提供する、FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、どれぐらい、売れるのだろうか?

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、Facebookを通して、利用する、ユーザには、有用であるが、一般的なユーザは、より汎用な、スマート・ディスプレイを好むだろう。

 「FacebookのPortalの紹介」ビデオ

 筆者が、FacebookのPortalの耐久性に関して、心配していることは、電源コード・スタンドの耐久性である。

 Facebookは、Portalスマート・ディスプレイの欠陥に対し、1年間のメーカ保証を提供している。

 <コメント> Facebookは、Portal用のコミュニケーション・アプリ(例えば、ビデオ・チャット)を、他のベンダの、スマート・ディスプレイ(例えば、AmazonのEcho Show)、タブレット(例えば、AmozonのFire HD)、PC、スマートTVなどで、利用できるようにして、ソフトウェア、クラウド・サービス、あるいは、広告?で、利益を上げるような気もします。

デル株式会社

Facebook Portalのレビュー(2)'20.01.02

【Facebook Portalのレビュー(2)】'20.01.02

 Facebook Portal(10インチ、2019)のレビュー、2019年12月19日

 By John Velasco、Digital Trends

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、ビデオ通話を容易にするが、Facebookのスーパーファンに対してのみ、有用である。

Dt7b_20200102162701


 FacebookのPortalスマート・ディスプレイの特徴

利点

・ビデオ通話を、拡張現実(AR)効果で、面白くする。
・オーディオの音質が優れている。
・シャープで、自然な色のディスプレイ
・Amazon Alexaデジタル・アシスタント互換
・手頃な価格である。

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、Amazonで、129ドルで購入できる。

 Facebookは、クールな、ソーシアル・メディア・プラットフォームであることを思い出そう。

 このFacebookにより、作成された、Portalと呼ばれる、スマート・ディスプレイは、カメラを持っており、ビデオ・チャットに、使用することもできる。

 このFacebookのPortalは、同社のSNSのユーザ向けに、作成されている。

 Portalを購入する前に、以下のことを知っておこう。

    (続き)

・拡張現実(AR)ファンと、ビデオ・チャットする。

Dt7c_20200102162201


 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、Facebook Messengerを介して、家族や友達と連絡を取り合うことに、重点を置いており、その分野の、機能やサービスが優れている。

 容易に、適用できる、多数のARフィルターのおかげで、ビデオ通話が、これまで以上に楽しくなる。

 このような、ビデオ通話の機能は、子供たちにとって、特に便利である。

 Portalスマート・ディスプレイは、搭載された、13メガピクセルのカメラと、AIマジック、および、114度の視野を組み合わせることで、ユーザの顔を、動的に追跡できるようになる。

 これは、デジタル・ズームとパンを模倣して、ユーザをフレームに収める、Nest Hub Maxの、ユーザの動きを追跡する機能に、良く似ている。

 Portalスマート・ディスプレイの、動きを追跡する機能は、最先端ではないが、ユーザは、Portalの前に、直接座る必要はない。

 それに加えて、Portalスマート・ディスプレイのマイクは、少し離れた場所にいる、ユーザの声を、正確に拾い上げてくれる。

 筆者の使用した、感じでは、Googleの「Nest Hub Max」デバイスは、ビデオ通話の品質で、Facebookの「Portal」デバイスと競合でき、AmazonのEcho Showデバイスよりも、優れていると思った。

 デバイスには、スイッチがあり、マイクをミュートでき、カメラを覆い、マイクをミュートする。

 カメラがハッキングされるという、最近のプライバシーの懸念を考えると、これは懸念を緩和する、1つの方法である。

・音楽を聴く。

Dt7d


 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、フロント・ファイア・リング・スピーカと、リアウーファーのペアを介して、オーディオを提供する。

 低音がたくさんあるので、重いビートのある曲に、ぴったりであるが、高音域の音は、圧倒され、低くなる。

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイには、大きな部屋を、音で満たすのに十分な、音量と範囲を持つ、優れたスピーカが、装備されている。

   (続く)

デル株式会社

2020年1月 1日 (水)

Facebook Portalのレビュー(1)'20.01.01

【Facebook Portalのレビュー(1)】'20.01.01

 Facebook Portal(10インチ、2019)のレビュー、2019年12月19日

 By John Velasco、Digital Trends

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、ビデオ通話を容易にするが、Facebookのスーパーファンに対してのみ、有用である。

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイの特徴

利点

・ビデオ通話を、拡張現実(AR)効果で、面白くする。
・オーディオの音質が優れている。
・シャープで、自然な色のディスプレイ
・Amazon Alexaデジタル・アシスタント互換
・手頃な価格である。

 FacebookのPortalスマート・ディスプレイは、Amazonで、129ドルで購入できる。

 Facebookは、クールな、ソーシアル・メディア・プラットフォームであることを思い出そう。

 両親や親戚だけでなく、近隣の人も、友達リクエストを送ることができる。

 友達リクエストが、容認されたら、写真、変なコメント、お気に入りの、すべてを見ることができるようになる。

 FacebookのSNSは、クラウドに構築されており、これまで、PC、スマートフォン、あるいは、タブレットなどのみで、利用できていた。

 2019年に、Facebookは、SNSを利用するために、自社で、スマート・ディスプレイ、「Portal」を構築し、提供したが、あまり、一般ユーザには、人気がなく、購入されなかった。

 このFacebookにより、作成された、Portalと呼ばれる、スマート・ディスプレイは、カメラを持っており、ビデオ・チャットに、使用することもできる。

 このFacebookのスマート・ディスプレイ、Portalは、同社のソーシアル・ネットワーキング・サービス(SNS)のユーザ向けに作成されており、SNSを、より効果的に利用できるようにする。

 Portalスマート・ディスプレイのユーザは、アクティブなFacebookユーザになる必要があるだろう。

 FacebookのPortal、スマート・ディスプレイには、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントが、搭載されている。

 FacebookのPortal、スマート・ディスプレイで、Alexaデジタル・アシスタントを使用するには、Amazonアカウントも必要である。

 Alexaデジタル・アシスタントは、FacebookのPortal、スマート・ディスプレイの、頭脳として機能し、音声コマンドで、Portalを利用できるようする。

 FacebookのPortal、スマート・ディスプレイに、Amazonのフル機能の、Alexaデジタル・アシスタント搭載スピーカと同様の機能を持たせるためには、Alexaデジタル・アシスタントとのコラボレーションは、意味のあることである。

 天気予報を確認したり、スマート・ホーム・デバイスを制御したりするために、FacebookのPortal、スマート・ディスプレイに搭載された、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントに、音声コマンドで、質問したり、操作したり、できるようになる。

 Facebookにより、作成された、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ディスプレイは、PCやスマートフォンで、Alexaデジタル・アシスタントを使用するのとは、異なったユーザ経験を提供している。

 FacebookのPortal、スマート・ディスプレイは、Facebook Messenger、SNSを中心に、構築されいる。

 FacebookのPortalは、PCやスマートフォンで、Facebookアプリを使用するのとは異なり、新たなユーザ経験を提供する。

 Portalの箱型の形状やデザインは、他のスマート・ディスプレイと比較して、そんなに洗練されたものではない。

 「Facebook Portalの紹介」ビデオ

・ユーザは、FacebookのPortalスマート・ディスプレイを、フォト・フレームとして、使用できる。

Dt7a_20200101210701


 Facebook Portalスマート・ディスプレイのデザインは、特に、魅力的という訳ではないが、10インチの1,280 x 800ディスプレイは、GoogleのNest Hubスマート・ディスプレイと同様の品質を持っている。

 Facebook Portalのディスプレイは、Nest HubのAmbient EQ技術と同様に、部屋の明るさや色に合わせて、自動的に調節できる。

 これにより、フォトフレームとして、使用した場合、表示する画像は、実際のスナップ写真と間違われるような、リアルに表示される。

 ユーザが、使用していない時に、Facebook Portalは、フォトフレームとして使用できるだけでなく、Facebookで共有している、最新の画像が順番に表示されるよう、工夫されており、表示したくない画像は、モバイル・デバイス用のPortalアプリを使用して、表示されないようにするともできる。

    (続く)

デル株式会社

10年前に、スマートフォンで、出来なかった、10のこと(5)'20.01.01

【10年前に、スマートフォンで、出来なかった、10のこと(5)】'20.01.01

 10年前に、スマートフォンで、出来なかった、10のことを紹介する。2019年12月28日

 By Simon Hill、Digital Trends

 スマートフォンは、この10数年に渡り、進化してきた。

 2007年に、オリジナルのiPhoneスマートフォンの出荷が開始されてきたが、この2年ぐらい後に、Androidベースのスマートフォンの最初の波が続いたが、あまりスマートではなかった。

 これらのスマートフォンは、その時点では、エキサイティングだったが、能力は、その時の技術により、制限されていた。

    (続き)

・厳しいゲームをプレイする。


Dt1g_20200101145201


 友達や見知らぬ人と、オンラインで、銃撃戦のゲームを開始し、敵の死体の山を、スマートフォンのスクリーン画面に積むことは、10年前には不可能だっただろう。

 処理能力が上がり、スクリーン画面が大きくなり、ネットワーク接続速度が向上したので、「Call of Duty: Mobile」のような、1人でやる、シューティング・ゲームが、プレイできるようになった。

 最高のAndroidゲーム、または、最高のiPhoneゲームの選択肢には、まだ多くのシンプルなオプションがあるが、スマートフォンのハードウェアの進化を利用した、グラフィックスが要求される、タイトルも、いくつかある。

 筆者らは、シューティング・ゲームについて、話しているだけでなく、実際のレーシングの課題、複雑な戦略タイトル、移植された、コンソール・ゲームについても、話している。

 モバイル・ゲーミングの質は、10年前に比べて、驚くほど改善された。

・4Kビデオをストリーミングする。

Dt2j_20200101145101


 HTC Evo 4Gスマートフォンは、2010年に発売されたが、実際には、4G接続性はなく、3G技術が高速化されたものだった。

 2010年に、HTC Evo 4Gは、最大10 Mbpsの速度に対応していたが、実際には、運が良くても、3Mbps、または、6Mbpsの速度しか、得られない。

 2010年、当時、ほとんどの人は、ずっと遅い、携帯電話と接続を持っていた。

 高解像度のビデオをストリーミングするには、最低、5Mbpsが必要で、4Kビデオをストリーミングするには、25Mbpsが必要である。

 米国における、4Gの平均ダウンロード速度は、20Mbpsを超えているため、4Kビデオのストリーミング、大きなゲームの比較的高速なダウンロード、アプリやデータの即時更新、あるいは、高品質のビデオ通話を行うことができる。

 改善されたのは、移動体通信ネットワークの速度だけではなく、今日のスマートフォン内部の技術は、より高速なWi-Fiネットワークも可能にしている。

 2010年には、携帯電話が、当たり前になり、インターネットに接続するのも、一般的になっていたが、電話とショート・メッセージ(SMS)の利用が、殆どであった。

 ちなみに、モバイル社会研究所によると、2010年における、日本の携帯電話とスマートフォンの出荷台数の比率は、携帯電話が、95.6%で、スマートフォンが、4.4%であったという。

Dt2m
ソース:モバイル社会研究所


 これに対し、現在、携帯電話は、契約料や通話料が安く、SMSも、契約料金に含まれているので、Webブラウジングする必要が、あまりなければ、携帯電話の方が、かなり安いが、モバイル社会研究所によると、2019年における、日本の携帯電話とスマートフォンの出荷台数の比率は、携帯電話が、16.1%で、スマートフォンが、83.9%になる見込だという。

 このように、現在、モバイル・ユーザには、スマートフォンが、当たり前になっている。

 モバイル・ユーザは、スマートフォンを、電話やメールに、利用するよりも、契約料やパケット料が、高くても、Webブラウジングしたり、ビデオをストリーミングしたり、しがちである。

デル株式会社

« 2019年12月 | トップページ | 2020年2月 »

ウェブページ

広告2