« 2018年6月3日 - 2018年6月9日 | トップページ | 2018年6月17日 - 2018年6月23日 »

2018年6月10日 - 2018年6月16日

2018年6月16日 (土)

Gartnerによると、2018年に、世界のアプリ基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェアの売上が、2017年から、12%増加したという。 '18.06.16

【Gartnerによると、2018年に、世界のアプリ基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェアの売上が、2017年から、12%増加したという。】 '18.06.16

 By Gartner

 デジタル変革(DX)の取り組みは、2018年に、アプリの基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェアへ、300億ドル以上の支出を促すだろう。

 クラウド・コンピューティング、「モノのインターネット(IoT)」、分析、および、AIといった、技術のトレンドを使用する、デジタルなビジネス・モデルに向かって、大きくシフトし、「アプリ基盤とミドルウェア(AIM:Application Infrastructure and Middleware)」ソフトウェアへの、世界の支出を促している。

Gartner1
 Gartnerは、AIMソフトウェア市場の売上が、2016年から、12.1%増加し、2017年に、285億ドルに達することを示している。

 アプリ基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェア市場を促している、技術のトレンドは、ほぼリアルタイムに、データを分析するための需要が増加し、APIエコノミーに向かってシフトし、IoTのエンドポイントが高速に増殖し、さらに、AIの展開クラウド・プラットフォームやサービスへ移行することを、一般的に、受け入れている。

 多くの企業は、新たなデジタル・サービス、または、製品を提供する、方法において、データ、ソフトウェア、ユーザ、および、ハードウェアを接続するための、最近のアプリ基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェアに対する、より大きなニーズと、新たなビジネス・モデルに向かっている。

表1) 2016年と2017年における、世界のAIMソフトウェアの売上とシェア、トップ5ベンダ

            2016年   2017年    年間      2017年
ベンダ         売上    売上      成長率    シェア

IBM              5,963       6,124           2.7%           21.5%

Oracle           3,127       3,147           0.6%           11.1%

Salesforce     1,353       1,785          31.9%            6.3%

Microsoft       1,239       1,325           6.9%            4.7%

Amazon           382          839        119.3%            2.9%

他のベンダ   13,297      15,221         14.5%           53.5%

合計             25,361     28,440         12.1%         100.0%

 ソース:Gartner、2018年6月

 Gartnerは、AIMソフトウェアへの支出が、2018年に、緩やかに、増加した後、より速く成長し、2022年には、5%増加すると予測している。

 それ以上に、AIMソフトウェア市場における、勢いが、この市場を産み出したベンダから、新たに参入した、挑戦者に、シフトしてきた。

 IBMやOracleといった、AIMソフトウェア市場を産み出したベンダが、より大きな市場セグメントを形成する、ライセンスされた、オンプレミス・アプリ統合スイートの売上は、2016年と2017年に、1桁だけ増加していた。

 Gartnerは、このAIMソフトウェア市場の成長が、2022年まで、継続すると期待している。

 小さな挑戦者は、クラウドと、オープンソース・ベースのアプリ統合スイートの売上が、2桁の増加を続けている。

 「統合サービスとしてのプラットフォーム(iPaaS:integration Platform as a Service)」のセグメントは、全体的なAIMソフトウェア市場の、一部であり、2016年に、前年から、60%増加し、2017年に、前年から、72%増加して、初めて、売上が、10億ドルになった。

 iPaaSは、最も速く成長する、AIMソフトウェア分野の1つになった。

 Gartnerの顧客は、「Forecast Overview: Application Infrastructure and Middleware Software, Worldwide, 2018 Update」レポートで、AIMソフトウェア市場における、デジタル化の効果における、より多くの情報を見つけることができる。."

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

IDCによると、デジタル変革(DX)に対する、世界の支出は、製造業により導かれ、2018年に、1兆ドルに急上昇するという。 '18.06.16

【IDCによると、デジタル変革(DX)に対する、世界の支出は、製造業により導かれ、2018年に、1兆ドルに急上昇するという。】 '18.06.16

Idc
 IDCは、ビジネス・プラクティス、製品、および、企業のデジタル変革(DX)を可能にする、技術とサービスに対する、世界の支出が、2017年の9580億ドルから、16.8%増加し、2018年には、1兆1000億ドルを上回ると予測している。2018年6月12日

 デジタル変革(DX)への支出は、DXソリューションを最大限に活用するだけでなく、多くのDXの優先順位、プログラム、および、ユースケースのアジェンダを設定する、個別製造業界と、プロセス製造業界によって導かれることが期待される。

 「IDC Worldwide Semiannual Digital Transformation Spending Guide」には、2016年から2021年の予測期間における、世界8地域の、19業界に渡る、130分野の、デジタル変革(DX)のユースケースや、DXへの支出の実績と予測が、解説されている。

 「IDC Worldwide Semiannual Digital Transformation Spending Guide」によると、2018年の、デジタル変革(DX)技術やサービスへの、世界の支出は、1兆1000億ドル以上になるという。

 個別製造とプロセス製造は、2018年に、デジタル変革(DX)ソリューションに結合され、3330億ドル以上を費やすことが、予測されている。

 技術の観点から、製造業が、デジタル経済に挑戦するための、デジタル・プラットフォームを構築するにつれ、アプリ、接続サービス、および、ITサービスが、支出の最大のカテゴリになる。

 個別製造とプロセス製造における、デジタル変革(DX)の主な目的と、支出の優先順位は、材料の最適化、スマート資産管理、および、自律的な運用に焦点を合わせた、プログラムを含む、スマート製造である。

 IDCは、2つの産業(個別製造とプロセス製造)が、スマート製造イニシアティブに、1150億ドル以上を支出すると、予測している。

 両産業(個別製造とプロセス製造)は、革新の加速に、330億ドル、デジタル・サプライ・チェーンの最適化に、280億ドル、支出することが期待される。

 2018年における、デジタル変革(DX)は、製造産業からの投資により促された、スマート製造業への支出が、1600億ドルになり、デジタル・サプライ・チェーンの最適化への支出が、1010億ドルになる見込みであり、デジタル変格(DX)の戦略的な優先事項であり、最も支出が見込まれている。

 2018年に、重要な資金調達を受ける、他の戦略的優先事項には、スマート・グリッド、オムニ顧客経験関連、オムニチャネル商取引、および、革新の促進などがある。

 2016年から2021年の予測期間中に、最も速い、支出の増加が予測される、戦略的優先事項には、オムニ顧客経験連関(38.1%のCAGR)、財務と臨床のリスク管理(31.8%のCAGR)、および、スマート建設(25.4%のCAGR)がある。

 デジタル変革(DX)の戦略的優先事項を達成するために、企業は、これらの目標に向けた、長期的な行動計画を表すプログラムを開発する。

 2018年に、最も多くの資金を調達する、デジタル変革(DX)プログラムは、デジタル・サプライ・チェーンとロジスティクスの自動化が、930億ドル、スマート資産管理が、910億ドル、予測的なグリッドと、製造オペレーションが、それぞれ、400億ドルになる見込みである。

 IDCは、今後5年間の予測で、最も支出が増加する、デジタル変革(DX)プログラムは、建設作業(38.4%のCAGR)、コネクティッド・カー(37.6%のCAGR)、臨床結果管理(30.7%のCAGR)になると、予測している。

 それぞれの戦略的な優先順位には、ユースケースで構成された、多数のプログラムが含まれている。

 ユースケースは、ハードウェア、ソフトウェア、ITサービスといった、基幹業務とITリソースを使用する、特定のプロジェクトと考えることができる。

 2018年に、最も多くの資金を調達する、ユースケースには、運輸管理の560億ドル、ロボット製造の430億ドル、資産計上の430億ドル、自律的な運用の350億ドルが含まれる。

 2016年から2021年の予測期間中に、最も速い支出の増加を見せる、ユースケースには、ロボット建設(38.4%のCAGR)、自動運転車(37.6%のCAGR)、および、保険業界のロボットのプロセス自動化ベースのクレーム処理(35.5%のCAGR)が含まれる。

 「Worldwide Semiannual Digital Transformation Spending Guide」には、2016年から2021年の予測期間における、世界8地域の、19産業に渡る、139種類のデジタル変革(DX)ユースケースへの支出の実績と予測が紹介されている。

 「IDCは、DXを、どのように定義しているか?」の紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

AIは、一部の企業で、雇用を削減している。 '18.06.16

【AIは、一部の企業で、雇用を削減している。】 '18.06.16

 AIは、あらゆる人間の仕事を奪うことはないが、一部の人間に取って代わる。2018年3月2日

 By eMarketer

 Infosysは、2018年1月に、世界の企業のIT意思決定者を対象に、「職場において、AIの影響に対応するために、企業は、どのような行動を取っているか?」に関する、アンケート調査を実施した。

 Infosysが、2018年1月に、世界の企業の、IT意思決定者を対象に実施した、調査によると、IT意思決定者の約40%は、「AI採用後に、冗長になった仕事を排除した。」と回答している。

 また、IT意思決定者の約70%は、「自社の従業員は、AIに置き換えられると懸念している。」と回答している。

グラフ1)Infosysが、2018年1月に、世界の企業の、IT意思決定者を対象に実施した調査における、「職場において、AIの影響に対応するために、どのような行動を取っているか?」という質問に対する、回答の割合

IT意思決定者が取った行動                                    回答の割合

AI展開により、最も影響される、機能における、トレーニングを増やす。     53%

より創造的な分野へ、従業員を再配置する。                         50%

異なったスキルのセットを持つ、新たな従業員を雇用する。              49%

冗長になったポストを排除する。                                     37%

Em1
 ソース:Infosys、2018年1月23日

・IT意思決定者の約半数は、「AIが、人々の仕事を、より効率的にしている。」と回答した。

・IT意思決定者の、ほぼ半数は、「AIが、機械的な作業を自動化することで、人の時間を解放している。」と回答した。

・ほとんどのIT意思決定者は、「AIを、作業に適用すると、AIは、人間よりも、効率よく作業を行い、生産性を向上させる。」と回答した。

・IT意思決定者の45%は、「AIツールは、同じ仕事を行う上で、人間よりも、正確に作業する。」と回答した。

 ちなみに、インドのIT意思決定者は、AIの導入に関して、最も強気であった。

グラフ2)2018年1月のアンケート調査において、「AIの導入で、特定の作業の効率が、従来よりも、向上していると考えている。」と回答した、主な国ごとの、IT意思決定者の割合(%)

国            回答の割合

インド            74%
米国            58%
中国            50%
オーストラリア     47%
英国            39%
フランス          26%
ドイツ            18%

Em1b
 ソース : Infosys

 ただし、AIが、過大評価されている、可能性は、極めて高い。

 従業員は、自分たちの仕事が、AIやロボットに取って代わられるのを見ることに、不安を感じている。

 最近、Gallupが実施した調査では、米国の大人の73%は、「AIは、新たな雇用を創出するよりも、より多くの雇用を排除すると予想している。」と回答した。

 Gartnerのレポートは、「2020年までに、AIは、230万人の雇用を創出し、180万人の雇用を排除する。」と予測している。

 2017年8月に実施された、Dynatraceによる、従業員数が1000名を超える企業のCIOを対象に実施した調査によると、CIOの83%が、「2018年に、AIを導入、または、使用する予定である。」と回答していた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月15日 (金)

HPIは、モバイル専門家向けに、新たなコンバーティブルPCをリリースする。 '18.06.15

【HPIは、モバイル専門家向けに、新たなコンバーティブルPCをリリースする。】 '18.06.15

 HPIが、新たに提供する、2-in-1デバイスは、モバイル専門家が、何時でも、何処でも、使用することのできる、コンバーティブルPCである。 2018年6月14日

Eweek1
 この新たなコンバーティブルPCには、テント、スタンド、タブレット、および、従来のラップトップPCの、4つのモードがある。

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 モバイル専門家は、このコンバーティブルPC、ProBook x360 440 G1を使用して、快適に、何時、何処にいても、ドキュメントを作成したり、プレゼンしたり、他のスタッフと、コラボレートしたりできるようになる。

 「ProBook x360 440 G1の紹介」ビデオ

 現在、多くの、特に若いユーザは、仕事にも、スマートフォンを使用している。

 しかし、ラップトップPCやノートPCの方が、処理しやすい仕事もある。

 世界最大のPCメーカ、HPIは、Dell、Lenovo、Apple、Acerなどと共に、ノートPCやラップトップPCを、新たな時代に適合するよう、進化させている。

 カリフォルニア州の、Palo Altoを拠点とする、HPIは、高性能な2-in-1の、コンバーティブルPC(キーボードを回転させることにより、タブレットにも、ラップトップPCにもなる)をリリースした。

 このコンバーティブルPCは、スマートフォンに依存している、モバイル専門家をターゲットにしている。

 モバイル専門家は、スプレッドシートといった、小さなスクリーン画面では、作業しにくい、アプリを使用するときに、スマートフォンではなく、ノートPCを使用している。

 HPIは、5年も前から、2-in-1デバイスの開発を開始している。

 HPIは、2017年の、Mobile World Congressで、ビジネス・タイプの2-in-1(ラップトップPCとタブレットを切り換えて利用可能)のコンバーティブルPC、HP Pro x2 612 G2を発表していた。

 HPIは、2-in-1デバイスの各製品を、改善し、進化させ続けている。

 HPIは、今回、極めて薄く、14インチのスクリーン画面を持ち、ラップトップPCにも、タブレットにもなる、新たな2-in-1デバイス、ProBook x360 440を発表した。

 このビジネス向け、2-in-1デバイスの、他の特徴には、高性能、高セキュリティ、高耐久性があり、多彩な360度のフォームファクタがある。

 この2-in-1デバイスには、スクリーン画面で、容易に、手書き入力できるようにする、HP Active Penスタイラス・ペンのオプションも用意されている。

 この2-in-1デバイスには、USB-C経由で、ドッキング・ステーションをサポートする、単一ケーブルが添付されている。

 この新たな2-in-1デバイス、ProBook x360 440の特徴を以下に示す。

・HP BIOSphere Gen4の、内臓セキュリティ機能は、悪意のあるハッカーからの攻撃を、防御する。

 HP BIOSphere Gen4は、BIOSの保護を自動化し、耐久性と、保守を容易にする、ファームウェアである。

・高性能な、Intel Coreプロセッサと、長寿命のバッテリーを搭載し、長時間、快適に使用できる。

・USB Type-Cドッキング・ステーションをサポートし、単一のケーブルを通して、高速なデータやビデオの転送、および、電力の供給をサポートできる。

 この2-in-1デバイスは、用途に合わせて、テント、スタンド、タブレット、および、従来のラップトップPCの、4つのモードで使用でき、適用性がある。

 これにより、モバイル専門家は、ドキュメントを作成したり、大画面に表示させて、プレゼンしたり、他のモバイル・プロフェッショナルなどと、コラボレートしたり、ビデオ会議したり、できるようになる。

 HPIは、この2-in-1デバイス、ProBook x460 440を、599ドルで、販売を開始する。

(HP ProBook x360 440 G1ノートPCの仕様)
Eweek1t・利用できるオペレーティング・システム : Windows 10 Pro、Windows 10 Home、FireDOS

・利用できるプロセッサ・ファミリ : 第7世代、Intel Core i5、i7、i3、Celeron

・利用できるプロセッサ : Intel Celeron、Intel Pentium、Intel Core i3、Intel Core i5、Intel Core i7

・最大メモリ    : 16GB DDR4

・メモリ・スロット  : 2SODIMM

・内部ストレージ : 256GBから512GBのPCle NVMe、128GBから256GBのm.2 SATA SSD

・ディスプレイ     : 14インチ diagonal FHD IPS eDP

・利用できるグラフィクス : 統合:Intel HDグラフィクス、個別:NVIDIA GeForce

・無線通信技術    : Intel Dual Band無線

・ブロードバンド通信 : Realtek 10/100/1000 GbE

・拡張スロット     : 1SD

・ポートとコネクタ    :  USB 3.0 x 2、USB 3.1 x 1

・オーディオ      : デュアル・ステレオ・スピーカ、デュアル・アレイ・マイク

・入力デバイス    : HPプレミアム・キーボード

・カメラ          : 720p HDカメラ、HD IR WebCam

・利用できるソフトウェア : HP ePrintドライバ、jetAdvantage、HP Hotkey Supportなど

・セキュリティ管理       : HP Device Access Manager、HP DriveLockなど

・管理機能            :  HP BIOS構成ユーティリティ、HP Client Catalogなど

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

大幅に割引された、GoogleのプリエンプティブなGPUは、企業に、ハードウェアの性能を向上させる方法を提供する。 '18.06.15

【大幅に割引された、GoogleのプリエンプティブなGPUは、企業に、ハードウェアの性能を向上させる方法を提供する。】 '18.06.15

Eweek2
 ハードウェアで加速された性能へ、一時的にアクセスしたい、企業は、通常価格よりも、70%割引きで、プリエンプティブなGPUを、使用できるようになる。 2018年6月12日

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleのクラウド・ユーザに、追加性能に対して、フルの追加価格を支払うことなく、コンピューティング集約的なアプリを実行するために、ハードウェアの性能を向上させる方法を提供する、GPUを使用できるようにするための、新たなオプションを提供する。

 今週、Googleは、Googleのクラウド基盤プラットフォームで、プリエンプティブな、仮想マシン(VM)に、プリエンプティブに接続されたGPUを、プリエンプティブな価格モデルで、一般的に利用できるようにする。

 Googleは、GPUといった、高性能コンピューティング・リソースを、一時的に、あるいは、まれにしか、アクセスしない、企業に対し、プリエンプティブな価格モデルを提供する。

 このプリエンプティブな価格モデルで、GPUなどの、高性能コンピューティング・リソースを、まれにしか、アクセスしない、企業は、極めて、低い価格で、利用した分だけ料金を支払い、特定のGoogleクラウド・コンピューティング・リソースを、プリエンプティブな仮想マシン(VM)上で、利用できるようになる。

 Googleは、プリエンプティブな仮想マシン(VM)に接続されているGPUを、プリエンプティブなGPUと読んでおり、オンデマンドな仮想マシン(VM)に接続されているGPUを、オンデマンドなGPUと読んでいる。

 企業は、オンデマンドな仮想マシン(VM)に接続された、GPUと比較して、最大、70%安い価格で、プリエンプティブ仮想マシン(VM)に接続された、GPUで強化された、性能を利用できるようになる。

 ちなみに、Googleが、2018年1月に、最初に、プリエンプティブな、GPUオプションを発表したときに設定した、価格の割引率は、50%よりも大きかった。

 当時、Googleは、企業が、Nvidiaの「K80」と「P100」GPUを、それぞれ、0.22ドル/時間と、0.73ドル/時間で、プリエンプティブな仮想マシン(VM)に割り当てることができると言っていた。
Eweek2a
 今週、Googleは、企業が、Nvidiaの「K80」と「P100」GPUを、それぞれ、0.135ドル/時間と、0.43ドル/時間で、プリエンプティブな仮想マシン(VM)に、割り当てることができるようになると発表した。

 これに対し、企業は、同じNvidiaの「K80」と「P100」GPUを、それぞれ、0.45ドル/時間と、1.46ドル/時間で、プリエンプティブな仮想マシン(VM)ではなく、オンデマンドな仮想マシン(VM)に、割り当てることができるようになる。

 また、企業は、ハイエンドのNvidiaの「Tesla V100」GPUを、0.74ドル/時間で、プリエンプティブな仮想マシン(VM)に、2.48ドル/時間で、オンデマンドな仮想マシン(VM)に、割り当てることができるようになる。

Eweek2b
 「NvidiaのTesla V100 GPUの紹介」ビデオ

 プリエンプティブなGPUは、マシン学習(ML)、高性能コンピューティング(HPC)といった、バッチ・ワークロードや、フォールト・トレラントを利用する、顧客に理想的である。

 このプリエンプティブなGPUのオプションは、大規模なGPU命令を、予測可能な低価格で、利用できるようにするための方法を、企業に提供する。

 性能の観点から、プリエンプティブなGPUは、オンデマンドなGPUと、同じ性能を発揮する。

 大きな違いは、Googleが、30秒間の通知で、プリエンプティブなGPUを、シャットダウンできることである。

 企業は、プリエンプティブなGPUを、一度に、最大24時間使用することもできる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

高校の同級生

 高校の同級生が、FBで、同級生を紹介していました。

Project Zeroは、AIを活用して、「都市のインターネット」を可能にすることを目指している。 '18.06.15

【Project Zeroは、AIを活用して、「都市のインターネット」を可能にすることを目指している。】 '18.06.15
Dis2
 「AI for Good Global Summit」において、画期的なチームが設立され、「都市のインターネット」を確立するために、「Project Zero」が開始された。 2018年5月28日

 By disruptive

 「Project Zero」は、スマート・シティが、データを共有し、互いの経験から学習できるようにするために、AIによって強化された、グローバルなネットワークを確立する。

 世界には、それぞれの国の事情に適合した、多くの、異なった、スマート・シティの定義が存在するのを、確認することができる。

 「AI for Good Global Summit」では、AI、スマート・シティ、コミュニティの分野において、画期的なチームが設立され、「都市のインターネット」を確立するために、「Project Zero」が開始された。

 「AI for Good Global Summit」は、AIの革新者と、公共と民間部門の意思決定者を、結びつける場になっている。

 「AI for Good Global Summitのハイライト」ビデオの紹介

 「AI for Good Global Summit」では、4つの分野(「衛星の画像と映像」、「健康と医療」、「スマート・シティ」、および、「AI」)において、画期的なチームが設立された。

 これらの画期的なチームは、政府、産学官、および、市民社会を代表する、専門家により、導かれている。

 マッチメーキングのエクササイズでは、問題の所有者が、ソリューションの所有者に紹介され、有望な戦略を前進させるためのコラボレーションが構築される。

 「AI for Good Global Summit」では、スマート・シティの分野の、画期的なチームは、都市において、複数の言語をサポートし、さまざまな種類の暴力に対抗し、ブロックチェーンをベースとした、意思決定を可能にし、スマート・シティ・プロジェクトのシミュレーションのための、仮想テストベッドを提供する7つのプロジェクトが、紹介された。

 これらのプロジェクトには、世界のどこかで成功した、スマート・シティ・プロジェクトを再現するために必要な、データ、知識、専門知識を共有できる、グローバルなネットワークである、「都市のインターネット」の設立を目標とした、「Project Zero」が含まれる。

 「Project Zero」には、3つの主要な要素がある。

・ベスト・プラクティスを共有するための、グローバルなリポジトリの定義

・都市の環境の、AI駆動のシミュレーションの開発

・これらのベスト・プラクティスと、シミュレーションを、より人間的なアプローチと、接続することで、市民が、地域の問題に対する、ソリューションを特定できるようにする、都市構築ビデオ・ゲームの開発

 「代表的な、都市構築ゲームの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月14日 (木)

GoogleのAnalytics 360が、SalesforceのMarketing Cloudが統合された。 '18.06.14

【GoogleのAnalytics 360が、SalesforceのMarketing Cloudが統合された。】 '18.06.14

 GoogleのAnalytics 360と、SalesforceのMarketing Cloudとの統合は、より良い、顧客の洞察や、より効果的なマーケティングを可能にするという。 2018年6月13日

Eweek1
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 GoogleのAnalytics 360データ分析プラットフォームは、SaleforceのMarketing Cloudと統合された。

 Salesforceによると、この統合は、企業に、マーケティングの取り組みの効果を促すために、自分たちの顧客に関する、より良い洞察を提供するという。

 例えば、企業は、SalesforceのMarketing Cloudと、Google Analytics 360の両方の、複数の販売チャネルから、収集された、顧客のデータを表示するようになる。

 マーケッタは、メール、モバイル、および、Web対話を行う方法や、顧客と互いに影響を与える方法を、視覚化することができる。

 Salesforceの製品管理担当副社長、Armita Peymandoust氏が、GoogleのAnalytics 360データ分析プラットフォームと、SaleforceのMarketing Cloudの統合を発表した。

 Salesforce Marketing Cloudのデータを、Analytics 360に、移入することにより、マーケッタは、自分たちのマーケティングの取り組みを、実施する方法の、より良い理解を得ることができるようになる。

 マーケッタは、自分たちのマーケティング・コンテンツを拡張するために、購入を含む顧客の取引の意思決定に、どの程度、影響を及ぼしているかを正確に見ることができる。

 Analytics 360は、企業が、メールのキャンペーンで使用することのできる、自分たちのマーケティング・コンテンツを、オンライン広告経由や、Webサイト上で、特定するのを支援するのを明確にすることが、マクロな傾向である。

 さらに、2018年3Qに開始する、SalesforceのMarketing Cloudを使用している、マーケティング・チームは、Analytics 360に、忠誠心のある顧客といった、聴衆セグメントを作成できるようになる。

 マーケティング・チームは、次に、SalesforceのMarketing Cloudにおいて、聴衆カテゴリ向けに、標的にされた、マーケティング・プログラムを作成することができる。

 例えば、消費者向けの商品を提供する会社は、自分たちのWebサイトに掲載されている、商品やサービスなどを、頻繁に見る、顧客を特定するために、Google Analytics 360から、移入された、聴衆データを使用することができた。

 この聴衆セグメントに対し、企業は、顧客をターゲットにした、マーケティング・キャンペーンを開発するために、SaleforceのMarketing Cloudを使用することができる。

 マーケッタは、Google Optimize 360を通して、Marketing Cloudキャンペーンとの対話に基づいて、仕立てられた、Webコンテンツを、顧客に提供することができる。

 Googleは、以前、Salesforceと、より良い顧客の洞察を提供するために、広告やマーケティング・データ、および、オフラインとオンラインの販売を、結合するために、協調していたと、紹介していた。

 例えば、統合データは、マーケッタが、顧客と、自分たちの製品を、結びつける方法や、マーケティング・プログラムに対応する方法を、より良く、理解するのを支援する。

 統合データは、マーケッタが、自分たちの商品やサービス用のオンライン・リードが、オーガニック検索結果から、より多くの結果を得ているかどうかを、探査できるようにするのを支援することができる。

 この統合は、販売パイプラインを通して、潜在的な顧客の進展により、測定され、マーケティング・プログラムにより、生成される、リードの品質への、視覚性を提供する。

 顧客の視覚性を改善することに加え、SalesforceとGoogle間のコラボレーションの視覚性を改善することに加え、企業が、Analytics 360から、Google Cloudへ、Sales Cloudデータを移出できるようになる。

 また、企業は、BigQuery 360から、Google Cloudへ、Sales Cloudデータを移出できるようになる。

 Google Cloudは、BigQueryのような、他のGoogle分析プラットフォームを利用できる、場である。

 Analytics 360とGoogleのメディア購入プラットフォーム間の統合は、新たな顧客を見つけるために、企業向けに、付加的な方法を提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(3) '18.06.14

【技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(3)】 '18.06.14

Eweek10_2
 技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。2018年6月11日

 By Dennis McCafferty、eWEEK

 KPMGの最近の市場調査レポートは、次の3年間に、「モノのインターネット(IoT)」が、産業をゆるがす、可能性をもたらすことを予測している。

 「The Changing Landscape of Disruptive Technologies,」という題の、KPMGのレポートは、人工知能(AI)や、ロボットが、事業の変革を促す、駆動者として、出現することを示している。

 750社以上の、世界の代表的な技術会社のリーダが、KPMGの市場調査に、参加している。

 このスライドは、IDCから提供された、レポートからの、追加調査と、KPMGから提供された、チャートで、構成されている。

    (続き)

8.ブロックチェーンが、自社を混乱させると思うか?

 「ブロックチェーンが、自社に混乱をもたらすと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの30%は、「ブロッケチェーン技術が、今後、3年以内に、自社を混乱させる可能性が、極めて高い。」と回答した。

・技術会社のリーダの20%は、「ブロックチェーン技術が、今後、3年以内に、自社に混乱をもたらす可能性は、あまり高くない。」と回答した。

グラフ8)「ブロックチェーンが、今後、3年以内に、自社に、混乱をもたらすと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek18
ブロックチェーン技術が、もたらす混乱のレベル     回答の割合

自社に、極めて、大きな混乱をもたらすと思う。        30%

自社に、大きな混乱をもたらすことはないと思う。      20%

9.ゲームが、好きなアプリのカテゴリをリードしている。

・技術会社のリーダの8%は、好きなアプリのカテゴリを尋ねられたとき、「ゲームである」と回答した。

・技術会社のリーダの7%は、好きなアプリのカテゴリを尋ねられたとき、「ビジネス、娯楽、旅行、ライフサイクル、または、SNSである。」と回答した。

グラフ9) 「好きなアプリのカテゴリは何か?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek19
好きなアプリのカテゴリ                           回答の割合

ゲーム                                            8%

ビジネス、娯楽、旅行、ライフサイクル、または、SNS        7%

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(2) '18.06.14

【技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(2)】 '18.06.14

Eweek10
 By Dennis McCafferty、eWEEK

 技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。2018年6月11日

 KPMGの最近の市場調査レポートによると、次の3年間に、「モノのインターネット(IoT)」が、あらゆる業界の企業をゆるがす、可能性があるという。

 KPMGの「The Changing Landscape of Disruptive Technologies,」レポートによると、人工知能や、ロボットが、事業の変革を促す、駆動者として、出現するという。

 750社以上の、世界の代表的な技術会社のリーダが、KPMGの市場調査に、参加している。

 このスライドは、IDCから提供された、レポートからの、追加調査と、KPMGから提供された、チャートで、構成されている。

    (続き)

6.規制政策が、革新を阻害する。

 「現在、何が、革新の、最大の障壁になっていると思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの24%は、「規制政策が、革新の、最大の障壁になっていると思う。」と、回答していた。

・技術会社のリーダの22%は、「専門能力やスキルへのアクセスの欠如が、革新の、最大の障壁になっていると思う。」と、回答していた。

・技術会社のリーダの21%は、「技術の標準化が、確立されていないことが、革新に、最大の障壁になっていると思う。」と、回答していた。

グラフ6) 「現在、何が、革新の最大の障壁になっていると思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek16
革新の最大の障壁                   回答の割合

制限的な規制政策                     24%

専門能力やスキルへのアクセスの欠如        22%

確立されていない、技術の標準化           21%

7.顧客の忠誠心の問題は、商業的成功を制限する。

 「技術革新を商業化する上で、障壁になる、主な要因は、何だと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの22%は、顧客の忠誠心が、得られないことだと、回答した。

・技術会社のリーダの21%は、資金が不足しており、調達できないことだと、回答した。

・技術会社のリーダの21%は、サイバー・セキュリティへの対応が、不十分であることだと、回答した。

グラフ7)「技術革新を商業化する上で、障壁になる、主な要因は、何だと思うか?」 という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek17
技術革新を商業化する上で、障壁になる、主な要因      回答の割合

顧客の忠誠心が、得られないこと                        22%

資金が不足しており、調達できないこと                     21%

サイバー・セキュリティへの対応が、不十分であること          21%

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月13日 (水)

技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(1)'18.06.13

【技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(1)】 '18.06.13

Eweek10
 By Dennis McCafferty、eWEEK

 技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。2018年6月11日

 KPMGの最近の市場調査によると、今後、3年間に、モノのインターネット(IoT)が、最も、産業をゆるがす可能性が高いことが分かった。

 「The Changing Landscape of Disruptive Technologies,」という題の、KPMGの市場調査レポートは、人工知能や、ロボットが、ビジネスの変革を促す、駆動者になることを示している。

 このレポートは、Alibabaを、最も、ビジネスに混乱をもたらす、技術会社として、位置づけている。

 このレポートは、電子商取引を、最も、社会に、混乱をもたらす、ビジネス・モデルとして、位置付けている。

 このKPMGの調査は、世界の、750社以上の代表的な技術会社のリーダを対象に、実施されている。

 このスライドは、IDCから提供された、追加調査レポートと、KPMGから提供された、チャートで、構成されている。

1.IoTが、ビジネスの変革をもたらす、トップの技術である。

 「何が、次の3年間に、最も、ビジネスの変革を促すと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの17%は、「モノのインターネット(IoT)」が、次の3年間に、最も、ビジネスの変革を促すだろうと回答していた。

・技術会社のリーダの13%は、「人工知能(AI)」が、次ぎの3年間に、最も、ビジネスの変革を促すだろうと回答していた。

・技術会社のリーダの10%は、「ロボット工学」が、次ぎの3年間に、最も、ビジネスの変革を促すだろうと回答していた。

グラフ1) 「何が、次の3年間に、最も、ビジネスの変革を促すと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek11
変革を促す技術          回答者の割合

モノのインターネット(IoT)       17%

人工知能(AI)               13%

ロボット工学               10%

2.社会への利便性が、技術革新からもたらされる。

 「次の3年間に、生活、社会、環境に、最も利便性をもたらすものは何か?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの14%は、「IoT」が、次ぎの3年間に、生活、社会、および、環境に、最も利便性をもたらすと回答していた。

・技術会社のリーダの12%は、AIが、次ぎの3年間に、生活、社会、および、環境に、最も利便性をもたらすと回答していた。

・技術会社のリーダの10%は、ロボット工学が、次ぎの3年間に、生活、社会、および、環境に、最も利便性をもたらすと回答していた。

グラフ2) 「次の3年間に、生活、社会、環境に、最も利便性をもたらすものは何か?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek12
利便性を促す技術         回答者の割合

モノのインターネット(IoT)       14%

人工知能(AI)              12%

ロボット工学               10%

3.ソリューションへの支出の急増が予想される。

 世界規模のIoTへの支出は、2021年までに、合計で、1兆1000億ドルになることが予測されている。

 IDCは、AI/認知技術への支出は、2021年までに、522億ドルに達し、ロボットやドローンへの支出が、2021年までに、2184億ドルになると予測している。

グラフ3) 2021年までの、世界の各技術への支出

Eweek13
・2021年までの、世界の各技術への支出

技術                     支出

モノのインターネット(IoT)     1兆1000億ドル

人工知能(AI)                522億ドル

ロボット工学                2184億ドル

4.Alibabaが、産業軍として、出現するだろう。

 「どの技術会社が、最も、ビジネスを混乱させがちだと思うか?」という、質問に対する、技術業界のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの12%は、Alibabaが、最も、ビジネスに混乱もたらす、技術会社であると、回答していた。

・技術会社のリーダの11%は、Facebookが、最も、ビジネスに混乱もたらす、技術会社であると、回答していた。

・技術会社のリーダの10%は、Airbnbが、最も、ビジネスに混乱もたらす、技術会社であると、回答していた。

グラフ4) 「どの技術ベンダが、最も、ビジネスを混乱させがちだと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek14
ビジネスに、最も混乱をもたらす技術ベンダ    回答者の割合

Alibaba                              12%

Facebook                            11%

Airbnb                              10%

5.電子商取引が、ビジネス・モデルを支配するだろう。

 「次の3年間に、何が、国に、最も大きな混乱をもららすと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの26%は、電子商取引プラットフォームが、次ぎの3年間に、自分たちの国において、最も大きな混乱をもたらすだろうと回答していた。

・技術会社のリーダの19%は、ソーシアル・ネットワーキング・プラットフォームが、次ぎの3年間に、自分たちの国において、最も大きな混乱をもたらすだろうと回答していた。

・技術会社のリーダの14%は、自動運転車プラットフォームが、次ぎの3年間に、自分たちの国において、最も大きな混乱をもたらすだろうと回答していた。

5)「次の3年間に、何が、国に、最も大きな混乱をもららすと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek15
国に、混乱をもたらす技術               回答者の割合

電子商取引プラットフォーム                 26%

ソーシアル・ネットワーキング・プラットフォーム      19%

自動運転車プラットフォーム                 14%

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのように影響を与えるか?(4) '18.06.13

【GDPRは、マーケッタに、どのように影響を与えるか?(4)】 '18.06.13

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。 2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

      (続き)

4.GDPRは、企業に、個人データの使用方法を説明できることを要求する。

 The7starsが、2018年2月に、英国のインターネット・ユーザ、1050人を対象に実施した、アンケート調査の結果の概要を紹介する。

グラフ4)英国のインターネット・ユーザが、GDPRに対する、姿勢に関する質問への回答と、回答者(英国のインターネット・ユーザ)の割合

1)政府は、「GDPRとは、何か?」や、「GDPRは、どのように、企業やユーザに、影響を与えるか?」を明確にする、必要があると思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「必要があると思う」と回答した割合             :75%

・「必要があるとは、思わない。」と回答した割合    : 8%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :17%

2)GDPRにおいて、企業やユーザが、「どれぐらい、他人のデータを保持しているか?」と質問されることに関して、どう思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「適切だと思う」と回答した割合                :58%

・「適切とは、思わない」と回答した割合          :11%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合   :31%

3)GDPRが、データのプライバシーや保護の世界において、適切なステップであると思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「適切なステップだと思う」と回答した割合             :58%

・「適切なステップとは、思わない」と回答した割合    : 9%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :33%

4)一旦GDPRが施行されると、忘れる権利を行使すると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「行使すると思う」と回答した割合                        :34%

・「適切とは、思わない」と回答した割合                  :14%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :52%

5)GDPRは、個人データを、どのように使用するか?、に関して、ブランドを、より信頼できるものにすると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「より信頼できるものにすると思う」と回答した割合              :32%

・「より信頼できるものにするとは、思わない」と回答した割合 :26%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合                 :41%

6)GDPRとは何んで、どのように影響を及ぼすかを、理解していると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「理解していると思う」と回答した割合                  :27%

・「理解しているとは、思わない」と回答した割合      :45%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :28%

7)個人データが、アクセスする人により、最良の方法で、使用されていることに、自信を持っているか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「最良の方法で、使用されていると思う」と回答した割合               :19%

・「最良の方法で、使用されているとは、思わない」と回答した割合  :55%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合                         :26%

Em2d
 ソース:The7stars、2018年2月16日

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(3) '18.06.13

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(3)】'18.06.13

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、マーケッタは、個人データを適切に管理しなければならない。

    (続き)

3.GDPRの準備作業を困難にする、多くの問題がある。

 Veritasが、世界の900人のビジネス意思決定者を対象として、2017年の春に実施した、アンケート調査では、GDPRの準備段階で、「企業が、GDPRに備える上での、懸念は、何か?」の質問に対し、「リアルタイムに、データを監視するための、適切なツールがないこと。」と回答した、ビジネス意思決定者の割合は、32%であった。

 ビジネス意思決定者の約40%は、どのデータを、保存すべきか、削除すべきか、決定する方法がないと回答した。

グラフ3)企業のビジネス意思決定者への、「企業が、GDPRに備えることに関する、懸念は、何か?」の質問に対する、回答の割合

 ビジネス意思決定者懸念と、その割合

・データの価値に基づいて、どのデータを保存し、どのデータを削除すべきかを、決定するための方法を持っていないこと。: 42%

・将来的に有用であるかも知れないデータを、システムから削除してしまうこと。          :  39%

・内部検索中に、個人データを、正確に、特定、位置付け、管理するのができないこと。 : 39%

・リアルタイムに、データを監視するための、適切なツールを持っていないこと。            : 32%

・違反、損失、ダメージから、個人的なデータを保護するための準備がされていないこと。: 30%

Em2c
 ソース:Veritas、「2017 Veritas GDPR Report」、2017年4月25日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月12日 (火)

2018年1Qに、世界のサーバの出荷台数が、成長を続け、前年同期から、17.3%増加していた。 '18.06.12

【2018年1Qに、世界のサーバの出荷台数が、成長を続け、前年同期から、17.3%増加していた。】 '18.06.12

 Gartnerによると、2018年1Qに、世界のサーバの売上が、前年同期から、33.4%成長し、出荷台数が、17.3%増加したという。2018年6月11日

 地域的には、2018年1Qに、サーバの売上が、北米が34%、アジア/パシフィックが、47.8%と、それぞれ2桁の増加を経験した。

 地域的には、2018年1Qに、サーバの出荷台数が、北米が、24.3%、アジア/パシフィックが、21.9%、それぞれ2桁の増加を経験した。

 地域的には、2018年1Qに、EMEAが、サーバの売上を、32.1%と、2桁増加させたが、サーバの出荷台数を、2.7%と、1桁だけ成長していた。

 日本は、2018年1Qに、サーバの出荷台数を、5.0%と、1桁減少させ、サーバの売上を、7.3%と、1桁減少させていた。

ラテンアメリカは、2018年に、サーバの出荷台数を、1.8%だけ、減少させ、サーバの売上を、19.2%増加させた。

 Dell EMCは、2018年1Qに、世界のサーバの売上が、51.4%と、2桁の増加した。

 Dell EMCは、世界のサーバの売上で、HPEとのギャップを広げ、21.5%の売上シェアを占め、1位を維持した。

 HPEは、世界のサーバの売上で、19.9%と、2桁増加させ、2位を維持した。

 Inspur Electronicsは、2018年1Qに、サーバの売上で、前年同期から、120.4%も、3桁増加した。

表1)2018年1Qに、世界のサーバ・ベンダの売上の見積り (単位:ドル)

        2018年1Q    2018年1Q  2017年1Q    2017年1Q   年間
ベンダ     売上          シェア      売上       シェア      成長率

Dell EMC   3,593,916,375     21.5%      2,373,171,860       19.0%           51.4%

HPE         3,321,304,736     19.9%       3,009,569,241      24.1%           10.4%

Inspur      1,188,428,802       7.1%          539,259,419       4.3%          120.4%

Lenovo     1,088,922,220      6.5%          731,647,279       5.8%           48.8%

IBM        1,067,701,728       6.4%          831,622,879        6.6%          28.4%

その他     6,432,219,303    38.5%        5,023,547,428       40.2%         28.0%

合計      16,692,493,164   100.0%       12,508,818,106     100.0%         33.4%

 ソース:Gartner、2018年6月

 サーバの出荷台数において、Dell EMCは、2018年1Qに、18.2%の台数シェアを占め、1位を維持した。

 2018年1Qに、サーバの出荷台数において、HPEは、出荷台数を、8.5%減少させ、台数シェアが、13.1%になった。

表2)2018年1Qに、世界のサーバ・ベンダの出荷台数の見積り (単位:台)

         2018年1Q    2018年1Q  2017年1Q   2017年1Q   年間
ベンダ   出荷台数       シェア       出荷台数   シェア     成長率

Dell EMC    555,792         18.2%             466,800        17.9%           19.1%

HPE          400,958         13.1%              428,169       16.8%           -8.5%

Inspur        200,283          6.6%              139,203         5.4%           43.9%

Huawei      182,227          6.0%               156,559         6.0%          16.4%

Lenovo      157,047          5.1%               145,977         5.6%           7.6%

その他    1,555,783         51.0%             1,254,892        48.2%         24.0%

合計      3,052,091        100.0%              2,601,600      100.0%         17.3%

 ソース:Gartner、2018年6月

 2018年1Qに、x86サーバ市場は、売上を35.7%増加させ、出荷台数を17.5%増加させた。

 2018年1Qに、RISC/Itaniumを搭載した、UNIXベースのサーバの出荷台数が、52.8%減少し、売上が46.7%減少した。

 さらに、詳細な情報は、GartnerのServers Quarterly Statisticsで利用できる。

 このデータベースは、世界のサーバの売上、出荷台数、および、シェアを提供する。

 セグメントには、地域、ベンダのブランド、サブブランド、CPUタイプ、CPUグループ、最大CPU、プラットフォーム、価格帯、オペレーティング・システム、および、流通チャネルが含まれる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(2) '18.06.12

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(2)】 '18.06.12

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、企業のマーケッタは、個人データを適切に管理しなければならない。

   (続き)

2.北米の企業のマーケッタは、GDPRに、どれぐらい備えているか?

 企業のマーケッタは、個人データを厳重に管理することが、奨励されているが、どれぐらい厳格に、管理するかについての、法律の漠然とした不確実性は、企業が、GDPRに備えることに、あまり関心を持たないような環境を作り出した。

 Erwinによる、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)を対象に実施した、2017年11月のアンケート調査によると、北米の企業の、6%だけが、GDPRに完全に備えているという。

図2)2017年11月における、一般データ保護規則(GDPR)に備えている、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)の、回答の割合

回答                         回答の割合

GDPRに対し、完全な準備をしている。              6%

GDPRに対し、何らかの準備をしている。          39%

GDPRに対する、準備を開始している。            27%

GDPRに対し、何の準備もしていない。             11%

GDPRが、我々に、影響を与えないと思う。        17%

 従業員が、1000名以上の、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)からの回答

Em2b
 ソース:Erwin、2018年2月12日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(1) '18.06.12

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(1)】 '18.06.12

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。 2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、マーケッタは、個人データを適切に管理し、利用しなければならない。

 しかし、新しい規則、GDPRを順守する能力に、自信を持っていないと感じている、マーケッタもいる。

1.米国の企業のマーケッタは、データ管理能力を、どのように評価しているか?

 Openpriseが実施した、201人の米国の企業のマーケッタを対象にした、2018年3月に実施した調査において、マーケッタは、データ管理能力において、GDPRの順守を、5段階で、3.10と評価していた。

 これは、質問された、データ管理能力に割り当てられた、最低の評価であった。

グラフ1)2018年3月における、米国の企業のマーケッタによる、自分たちの企業の、データ管理能力の評価

Em2a
データ管理能力                評価

データの浄化                  3.82

アカウント・ベースのマーケティング        3.53

リード・ルーティング                         3.51

アカウントのマッチング                      3.42

データ・エンリッチメント                     3.39

リード・スコアリング                          3.37

先進のセグメンテーション                    3.36

データの重複排除                            3.35

アカウント・スコアリング                    3.25

GDPRの順守                                  3.10

 評価は、1~5で、5が「最も評価している」である。

 ソース:Openprise、2018年4月24日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月11日 (月)

Googleが、エンタープライズ・クラウドの顧客用のソロテナントのノードを紹介する。 '18.06.11

【Googleが、エンタープライズ・クラウドの顧客用のソロテナントのノードを紹介する。】 '18.06.11

Eweek1
 企業は、Googleのクラウド・プラットフォーム上の、自分たちのワークロードで、実行するための、専用の物理サーバを得ることができるようになる。2018年6月7日

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleは、自分たちのワークロードで、実行するための、完全な専用サーバを望む、企業向けに、新たな「ソロテナント」ノードを出荷した。

 Googleによると、このオプションは、直接、規制者のコンプライアンスの要件を持つ企業を、ターゲットすると共に、コンピューティング・リソースを使用した、クラウドのワークロードを分離することを、適切に制御したい企業を、ターゲットにもしている。

 「ソロテナント」ノードは、ワークロードを実行するために使用される、コンピューティング・リソースの、物理的な分離を可能にする。

 共有された、物理的なホスト上で動作する、典型的な仮想マシンと異なり、「ソロテナント」ノードは、独自の使用のために、ホスト・システム全体へのアクセスを、企業に、与える。

 企業は、標準的なコンピュート・インスタンス向けに使用する、同じオプションを使用している、インスタンスを開始できる。

 Googleの製品マネージャによると、企業は、専用に、サーバの容量を期待することができる。

 「ソロテナント」ノード・オプションは、企業に、カスタム構成で、仮想マシンのインスタンスを展開するための、柔軟性を提供する。

 言い換えれば、管理者は、特別な仮想マシンのインスタンス用に、望んでいる、CPU、メモリ、および、ストレージの組み合わせを選択することができるようになるだろう。

 いわゆるGoogleの配置アルゴリズムは、自動的に、インスタンスを開始するために、オスト・マシン上に、最適な場所を見つけるだろう。

 企業の管理者は、仮想マシンのインスタンスを開始しすることを望む、ホスト・マシンの位置を、手作業で、切り分けることができるようになる。

 「ソロテナント」ノード上に、開始される、インスタントは、積極的な保守中のダウンタイムを避けるために、ライブの移行を利用することができる。

 Googleの「ソロテナント」ノードは、企業が、他のクラウド・プラットフォームの提供用に使用する、モデルに似ている。

 例えば、企業は、Googleの他のオプション用に利用できる、価格付けのオプションをベースにした、同じ使用を得ている。

 他の言葉でいえば、企業は、実際に使用する、「ソロテナント」のニーズに対してのみ、1秒当たりを基本にして、使用料を支払う。

 他のVMホスティング・オプションと同様に、企業は、持続性のある、利用のための、割引を受けるだろう。

 企業は、コミットされた、使用モデル用に、オプションを持つことができる。

 企業は、値引きの代わりに、毎月、大量のクラウドのリソースを使用することに、コミットしている。

 新たな提供は、クラウド・サービスを、企業に、より魅力的にするために、Googleの取り組みを拡張する。

 企業は、エンタープライズ・クラウド空間における、市場シェアのために、AmazonやMicrosoftと、三つ巴の競走を展開している。

 Amazon Web Services(AWS)は、クラウド・コンピューティング市場における、クラウド・サービスの売上において、MicrosoftやGoogleをリードしている。

 しかし、GoogleとMicrosoftは、過去、数年間に渡り、急速に、クラウド・コンピューティング・サービスの売上シェアを増加させている。

 クラウド・コンピューティングにおける、Googleの勢いは、クラウド・ビジネスへの、最近の投資の結果である。

 Googleは、過去の数四半期、データセンターを運用するために、世界のデータセンターを構築し、拡張すると共に、スタッフを雇用する。

 Googleは、何百もの、新たなクラウド製品を導入し、SAPといった、主なエンタープライズ・プレーヤと、戦略的なパートナーを組んだ。

 この成長において、他の重要な要素は、Googleが、2年前に設立された、CTOかOCTOのGoogleのOfficeであった。

 以前の企業のCTOと、Googleの独自の上級技術役員からなる、OCTOチームは、企業のクラウド製品やサービスが、企業のニーズに合わせることを、確実にするために、顧客の要求を収集し、理解するために、企業と協調している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

ビッグデータ、機械学習、予測分析、および、IoTといった技術が、保険業界を変える。 '18.06.11

【ビッグデータ、機械学習、予測分析、および、IoTといった技術が、保険業界を変える。】 '18.06.11

Int3
 Hitachi Solutionsが、ビッグデータ、機械学習、予測分析、および、IoTといった技術が、保険業界を変えることを紹介する。 2018年3月13日

 By Hitachi Solutions、internet of business

 予測事象、予測される影響、および、全体的なリスクの評価は、保険業界に、新たなに構築されたモデルである。

 損害保険や健康保険の計算は、従来の統計的方法で得られた、過去のデータ・パターンに基づいている。

 新たに出現した、ビッグデータ、機械学習、予測分析、および、IoTといった技術は、保険会社に、無関係なデータセット(構造化、半構造化、または、非構造化された)を分析することで、これまで以上に高い精度で、将来の事象を予測する機会を提供する。

 顧客の期待が進化し、規制が変わり、新しい参入者を含め、競争の圧力が、さらに激しくなるにつれ、保険業界は、大きく変化している。

 保険会社は、ビッグデータ、予測分析、AIといった技術を活用し、監視カメラや、煙検知器など、さまざまなセンサーを持つ、スマート・ホーム・デバイス(IoT技術)と、組み合わせて、利用することで、高い精度で、将来の事象を予測できると共に、顧客の家庭のセキュリティや、安全性を向上させることを支援できるようになる。

 顧客が、監視カメラや、煙や熱や動きなどを検知する、さまざまなセンサーを持つ、スマート・ホーム・デバイスで構成される、家庭用のセキュリティ・システムを購入し、設置することで、家庭のセキュリティや安全性を向上させることにより、保険会社は、火災保険料を割り引くことができるようになる。

 これにより、保険会社は、火災保険料を割り引くことで、保険の契約を増やすだけでなく、セキュリティ・システムの販売、保守、サービスなどでの収益を上げることもできるようになる。

 このような、保険会社は、セキュリティ・デバイス・ベンダや、セキュリティ・サービス・プロバイダと提携して、家庭用のセキュリティ・システムや、セキュリティ・サービスを提供し、顧客を支援できるようになる。

 現在、保険会社は、多くの課題に、直面しているが、新たなビジネス機会にも、直面している。

 Hitachi Solutionsは、機械学習などの技術が、どのように保険業界を変革しているかを解説した、白書を提供している。

 Hitachi Solutions Americaは、10年以上に渡り、保険会社が、最新の技術を利用して、ビジネス・モデルを変革し、成長を促し、顧客の期待に応えることを支援してきた。

 Hitachi Solutions Americaは、保険会社が、MicrosoftのAzureクラウド・サービス上に構築された、保険ソリューションを使用して、コアシステムを近代化し、最適化された運用を行うことを支援している。

 Hitachi Solutions Americaは、「モノのインターネット(IoT)」技術を使用した、家庭向けのセキュリティ・システムや、セキュリティ・サービスが、毎日の暮らしを、より安全にし、ビッグデータ、機械学習、および、予測分析といった技術が、これまで以上に高い精度で、将来の事象を予測する機会を提供し、全体的なリスクを評価できるようにし、保険ビジネスを、大きく変えていくことを理解している。

 これらの技術は、保険会社が、フィットネス・デバイスや、ヘルスケア・デバイスなどから得られた、家族の健康などに関する、個人データを収集し、分析することで、家庭の安全や、家族の健康の管理を支援できるようにする。

 ただし、保険会社は、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 また、保険会社は、GDPRを順守して、顧客関係管理(CRM)システムや、コールセンターなどのアプリで、顧客の情報を使用することで、それぞれの顧客に合った、サービス、情報、ソリューションを提供できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

なぜ、シャープは、東芝のノートPC事業を買収するのだろう? '18.06.11

【なぜ、シャープは、東芝のノートPC事業を買収するのだろう?】 '18.06.11

Eweek2
 シャープは、2018年6月5日に、東芝のノートPC事業を、3600万ドルで買収する意向を表明した。 2018年6月8日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 アナリストによると、東芝のノートPC事業の買収による、シャープのノートPC市場への拡大は、Foxconn Groupのインターネット産業指向のビジョンに基づいているという。

 以前から、優れたノートPCを作成していた、東芝は、世界のApple、HP、Lenovosに対して、十分に競争できず、ノートPC事業を売却し、ノートPC事業から撤退する。

 これに対し、シャープは、2018年6月5日に、東芝のノートPC事業を、3600万ドルで買収する意向を表明した。

 シャープには、東芝のノートPC事業を、安い価格で買収する、理由がいくつかある。

 TrendForceの、WitsViewによると、シャープは、以前、独自のPC事業から撤退していたが、東芝の買収は、同社が、Foxconn Technology Groupの継続的な成長と結びついていることによる、可能性が高いという。

 TrendForceによると、Foxconn Groupのインターネット産業指向のビジョンに基づいた、シャープの、ノートPC市場への拡大は、Foxconn Groupが、ノートPCのOEMのエコシステムを切り離すことを可能にするという。

 中国のFoxconnは、Appleのスマートフォン、iPhoneや、AppleのノートPC、MacBookなど、Appleのパーソナル・デバイスの、最大のOEMの1社である。

 東芝は、以前、ノートPC市場をリードし、プレゼンスを確立していた。

 2011年の1年間における、東芝のノートPCの出荷台数は、1750万台で、8.8%の出荷台数シェアを占めていた。

 しかし、その後、ノートPC市場の競争が、さらに激化し、市場が飽和したことで、東芝は、価格競争で、出荷台数シェアを奪われ、2017年には、東芝のノートPCの出荷台数は、100万台未満に減少し、出荷台数シェアは、0.6%にまで低下していた。

 しかし、確立された日本のブランドとして、東芝は、ノートPCの出荷台数が、減少しているにも関わらず、ビジネス向け、および、ヨーロッパ市場では、同社のノートPCに対する評価が高い。

 東芝のノートPCの品質が高く、ビジネス分野から、高い評価を得ていることが、シャープが、東芝のノートPC事業を買収する、動機の1つのようだ。

 実際、シャープは、ノートPC市場では、不振だったので、この買収は、インターネット関連の事業を、さらに強化したい、Foxconn Groupの戦略的展開に関連する可能性が高い。

 5Gセルラー通信ネットワーク接続が、インターネットの世界に影響を与えようとしていることから、5G接続をサポートした、ノートPCに対する、需要が増加する可能性があるので、シャープによる、東芝のノートPC事業の買収は、世界のノートPC市場に、変化をもたらす可能性がある。

 Foxconn Groupは、AppleのスマートフォンやノートPCのOEMとしての地位を確立しているが、WindowsベースのノートPCのOEMとして、2017年の1年間における、WindowsベースのノートPCのOEM受注台数は、469万台で、世界のノートPCの、OEM受注台数全体の、わずか2.8%しか占めていなかった。

 また、Foxconn GroupのノートPCのOEM受注は、Appleからの、MacBookが主であり、OEM受注台数の増加は、依然として困難であった。

 TrendForceによると、ノートPC市場において、シャープと東芝のブランドを将来統合することで、Foxconn Groupが、WindowsベースのノートPCの、OEM事業を拡大させるための、近道になるという。

 Foxconn Groupにとって、もう1つの重要な市場は、シャープが得意としている、TV事業だろう。

 TrendForceによると、シャープには、Foxconn Groupの支援を得て、2017年に、TVの出荷台数を伸ばした実績があるが、シャープが買収する、東芝のノートPC事業が、シャープのノートPCの出荷台数を伸ばすかどうかを、観察する価値があるという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月10日 (日)

AT&TとNokiaは、IoT接続性を、企業に提供することでチームを組む。 '18.06.10

【AT&TとNokiaは、IoT接続性を、企業に提供することでチームを組む。】 '18.06.10

 AT&Tとフィンランドのエレクトロニクス・メーカ、Nokiaは、世界の企業に、モノのインターネット(IoT)を提供するために、チームを組んだ。 2018年6月8日

Int5
 By Sooraj Shah、internet of business

 AT&TとNokiaは、AT&Tの企業顧客に、コア・ネットワーク、IoTオペレーション、ビリング、セキュリティ、および、データ分析を含む、Nokiaの既存のIoTサービスの使用を提供するために、NokiaのWorldwide IoT Network Grid(WING)を使用している。

 「NokiaのWorldwide IoT Network Grid(WING)の紹介」ビデオ

 AT&Tのクラウド・ベースの複数のネットワーク接続プラットフォームは、WANGへの、接続性を単純化するために、パッケージの部分として、使用されるようになるだろう。

 AT&Tのクラウド・ベースのネットワーク接続プラットフォームは、複数のセルラー通信ネットワークや、通信衛星ネットワーク、オペレータ、および、地域に渡り、IoTデバイスを管理するために、使用されるようになる。

 AT&TとNokiaは、運輸、医療、製造、小売、農業、ユーティリティ、家電、および、スマート・シティを含む、さまざまな業界をカバーしている、IoTサービスの、新たな範囲の開発、テスト、および、提供を開始する。

 企業は、顧客のために、性能、柔軟性、および、より低遅延を改善し、5Gネットワークといった、能力を通して、ビジネスの要件に対応することを狙っている。

 2つの組織は、パートナーシップが、ビジネスが、IoTデバイス用の、地域の規制の要件に適合するのを支援するようになる。

 AT&TとNokiaは、2018年後半に、Nokiaにより開発されたWINGを、2020年1Qまでに、ヨーロッパ、アジア、北米、南米、および、中東に渡る、20ヶ国以上において、利用できるようになる。

 AT&TとNokiaは、これまでの数年間で、自分たちの、IoTポートフォリオをランプアップするようになった。

 最近、Nokiaは、カリフォルニアを拠点にしている、分析会社、SpaceTime Insight、を買収していた。

 Nokiaは、エネルギー、ユーティリティ、および、運輸といった業界に、IoT技術を展開することに、焦点を合わせている。

 AT&Tによると、同社は、NokiaのWINGと協調することで、大規模なIoTの採用の複雑さを、一掃するのを支援できるようになるので、顧客は、IoTの潜在性を解き放つことができるようになるという。

 Nokiaのグローバルに展開された、「ワンストップ・ショップ」ネットワーク技術により、促され、AT&Tは、顧客のニーズに、合わせることに、責任を持つようになることができる。

 Nokiaによると、このAT&Tとの協調は、世界のIoT市場へのコミットメントを示すものである。

 AT&Tによると、顧客のニーズに合った、ユーザ経験の提供で、AT&TとNokiaは、グローバルなIoTの能力を強化し、IoT分野において、リードし、優位に立つ上で、良いパートナーになるだろうという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

MicrosoftのGitHub買収が、開発者に対し、安定した本拠地を提供する。 '18.06.10

【MicrosoftのGitHub買収が、開発者に対し、安定した本拠地を提供する。】 '18.06.10

 Linuxの創造者である、Linus Torvalds氏が、独自開発したオープンソースのGitツールに基づいて、開発者が、独自のツールを使用しないようにするために、GitHubは、Gitが、本来意図していたやり方と、反対のことをしている。 2018年6月4日

Eweek1
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 Microsoftが、オープンソースのすべてのものに、対立していた時があった。

 2018年6月4日に、Microsoftは、同社が、世界最大のオープンソース・コード・リポジトリの、オープンソース、および、運営者としての地位を確立するのを支援することを目的とした、75億ドルの取引で、GitHubを買収すると発表した。

 Microsoftの買収を賞賛している、開発者もいるが、オープンソースやGitHubコミュニティには、熱狂的ではない開発者もいる。

 Microsoftは、オープンソースの世界に、数10年間に渡り、偏見を抱いており、近年、オープンソースに、戦略をシフトさせたにも関わらず、Microsoftの、オープンソースへの取り組みには、恐れ、不確実性、および、疑問が残っている。

 GitHubは、開発者が、コード開発を主催して、共同作業できるようにする、開発プラットフォームである。

 GitHubは、2005年に、Linuxの生みの親、Linus Torvalds氏によって開発された、オープンソースの、Git版数制御システムを使用している。

 GitHubは、オープンソースと、コミュニティの取り組みのための、無料のgitリポジトリのホスティングを提供し、プライベート・レポジトリと、エンタープライズ・サポートを提供して、収益を生み出している。

 Torvaldsは、Bitkeeperの版数管理システムの背後にある、商用ベンダーとの紛争の後、Linuxを開発できるようにするために、Gitを作成した。

 Torvaldの目標は、分散開発を可能にする、無料のオープンソースの版数管理システムを持つことであった。

 Gitで、開発者は、コード・リポジトリを、開発者自身のシステムやサーバを含む、複数の場所に、置くことができるようになる。

 Microsoftは、これまでにオープンソースのコード・リポジトリを運用しようとしたが、失敗していた。

 2006年に、Microsoftは、Codeplexコード・リポジトリを立ち上げた。

 このCodeplexコード・リポジトリは、オープンソース・コードの本拠地としての寿命を追求していた。

 Codeplexコード・リポジトリは、Microsoft自身の限られた、最初のオープンソースの取り組みを遥かに上回る、大きな牽引力を、実際に得たことはなく、このサイトは、2017年12月に正式に閉鎖された。

 2018年に、Microsoftは、Red HatとCanonicalを含む、複数のLinuxベンダと提携している。

 2016年11月、Microsoftは、Linux Foundationに参加し、オープンソース・コミュニティを成長させるビジョンを支持することに、正式にコミットした。

 Microsoftは、現在、Linuxディストリビューションを、Windows Subsystem for Linux(WSL)を持つ、Windows上で動作できるようにすることに、取り組んでいる。

 この開発者コミュニティにおいて、Microsoftは、Kubernetesコンテナ編成システムを含む、複数の取り組みの主な貢献者である。

 近年、オープンソースの開発者コミュニティにもたらした、多くのイニシアティブや投資に関わらず、Microsoftには、依然として、かなりの不信が持たれている。

 Linux Foundationのような、組織や、商用ベンダは、Microsoftを受け入れているが、過去に、Microsoftのオープンソース攻撃を忘れていない、多くの開発者がいる。

 何らかの理由で、Microsoftを嫌ったりする、開発者や組織が、GitHubから離れようとしているようだ。

 Gitのオープンソースの性質は、開発者や組織が、GitHubから離れることを可能にし、ベンダのロックインを防止している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Amazonが、英国に、2500の新たな雇用をもたらす。 '18.06.10

【Amazonが、英国に、2500の新たな雇用をもたらす。】 '18.06.10

 Amazonが、英国に、Alexa、カメラ、ロボット、保険の分野を加え、2500の新たな雇用をもたらす。2018年6月7日

Int1
 By Chris Middleton、internet of business

 Amazonは、2018年に、英国に、2500以上の雇用をもたらし、トータルで、2万8000人近い従業員を雇用することを計画している。

 Amazonが、英国のRugbyにある、同社のフルフィルメント・センターで、400の新たな仕事を創出すると発表した。

 Amazonによると、2010年以来、英国における、フルフィルメント事業に、93億ポンド(125億ドル)以上を投資してきたという。

 Amazonが、英国のスーパーマーケット、Waitroseを買収しようとしたという噂もある。
 Amazonは、Whole Foods Marketを買収しており、PCやスマートフォンを使用した、従来のオンライン販売だけでなく、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echoスピーカや、Dash Buttonを使用した、簡単な操作でも、食料品を注文し、購入できるようにすることに取り組んでいる。

 「Amazon Dashの紹介」ビデオ

 2018年6月に、Amazonは、フランスで、Echoスピーカの予約注文を開始し、米国で、Echo Lookファション・カメラの販売を開始した。

 Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echo Lookファション・カメラは、ユーザの服装の写真やビデオを撮影し、スマートフォンのコンパニオン・アプリで、ファッションをチェックしたり、着て行く服装を決めたりするのに、使用することができる。

 「Echo Lookの紹介」ビデオ

 Echo Lookファション・カメラや、Cloud Camカメラのようなデバイスの、セキュリティやプライバシーの観点で、Amazonのデータの取り扱い方法やアクセス権についての保証を含め、慎重に確認することも必要だろう。

 また、Amazonが、「家庭向けの保険サービス」の提供を検討していることも報告されている。

 「AmazonのCloud Camカメラといった、セキュリティ・デバイスや、セキュリティ・サービスを、自宅に導入することで、Amazonが、家の損害保険の金額を下げる可能性があり、他の損害保険会社を圧迫するのではないか?」という考えもある。

 Amazonには、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、家庭用ロボット「Vesta」を、自宅に導入することで、同社の家の損害保険の金額を下げるという考えもあるようだ。

 The Informationによれば、Amazonの、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、家庭用ロボット「Vesta」には、煙、一酸化炭素、過剰な熱、大きな騒音、人の動きなど検出することのできる、監視カメラと、センサーが搭載されており、家庭用セキュリティ・デバイスとして機能することができるという。

 家庭用ロボット「Vesta」は、設定された、条件の事象(煙、CO、熱、騒音、見知らぬ人の侵入、お年寄りやペットなど状況の変化)が発生すると、ユーザのスマートフォンなどに通知したり、警察や消防署に通報したり、できるようになるようだ。

 AmazonのEcho Lookファション・カメラ、Cloud Cam監視カメラ、家庭用ロボット「Vesta」といった、スマート・ホーム・デバイスは、保険、セキュリティ、ヘルスケア、ファッション、介護など、家庭生活を、さまざまな側面から支援する。

 「Amazon Cloud Camのレビュー」ビデオ

 Amazonは、ユーザが、Key Home Kit(Cloud Cam監視カメラ、スマート・キー、スマートフォン)を使用して、家が留守の時にも、配達スタッフが、玄関のカギを開け、ドアの内側に、商品を配達する「Amazon Key」サービスの提供を開始している。

 「Amazon Keyのレビュー」ビデオ

 Amazonは、スマート・ホーム分野においても、自社のデバイスと、3rdパーティのデバイスを連携させ、Alexaデジタル・アシスタントを通して、さまざまなサービスやソリューションを提供することで、エコシステムを拡大させている。

 従来から参入している、エンターテインメントの分野でも、Amazonは、コンテンツ・プロバイダと契約を交わし、TV番組、ビデオ、映画、音楽、電子書籍、ゲームなどを配信している。

 このように、Amazonは、スマートフォン、スマート・スピーカ、スマート・ホーム・デバイス(監視カメラ、スマート・キー、煙や熱検知器など)を連携させ、さまざまなサービス、ソリューション、コンテンツを提供し、Amazonデジタル・アシスタントを通して、利用できるようにすることで、エコシステム、価値の連鎖、雇用を拡大させている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

« 2018年6月3日 - 2018年6月9日 | トップページ | 2018年6月17日 - 2018年6月23日 »

ウェブページ

広告2