« 2019年以降の、Gatnerのトップ10技術予測(5) '18.12.07 | トップページ | Gartnerは、2019年に、IT基盤、運用における、トップ10のトレンドを特定した。 (2) '18.12.08 »

2018年12月 7日 (金)

世界における、拡張現実と仮想現実への支出は、2019年に、200憶ドルを超える。 '18.12.07

【世界における、拡張現実と仮想現実への支出は、2019年に、200憶ドルを超える。】 '18.12.07

 IDCによると、世界における、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)への支出は、2019年に、200億ドルを越えるという。2018年12月6日

 IDCは、世界のARとVRへの支出が、2019年に、204億ドル近くに達すると予想している。

 IDCは、2018年における、世界のARとVRの支出は、前年同期から、68.8%増加し、121億ドルに増加すると見積もっている。

 IDCのWorldwide Semiannual Augmented and Virtual Reality Spending Guideへの、最新のアップデートは、AR/VR製品やサービスにおける、世界の支出は、2017年から、2022年までの予測期間を通して、強力な増加を続ける見込みである。

 IDCは、世界のARとVRの売上が、2017年から、2022年までの、予測期間に、年間増加率(CAGR)、69.6%で増加すると見積っている。

 さまざまな業界の役に立つ、革新者は、ハードウェアとソフトウェアのソリューションの、拡大する、成長のオプションを通して、動的なエンドユーザのニーズをサポートする、

 Customer Insights & Analysisの調査ディレクタ、Marcus Torchia氏によると、「我々は、世界のARとVR市場が成熟すると、企業が、ARとVRへの投資において、より著名な役割を演じると、信じている。」という。

 AR/VRソリューションに対する、世界の支出は、商用セクターにより導かれ、2019年における、64.5%の支出のシェアから、2022年に、80%以上の支出のシェアに拡大する見込みである。

 2019年に、AR/VRへ最も、支出のシェアが高いことが期待される、業界には、個人と消費者サービス(16億ドル)、小売業界(15億6000万ドル)、および、個別製造(15億4000万ドル)が含まれる。

 10業界は、今後、5年間に、年間平均増加率(CAGR)が、100%以上になると予測されている。

 10業界には、州政府や地方自治体(123.7%のCAGR)、資源業界(120.9%のCAGR)、および、卸売業界(120.9%のCAGR)が含まれる。

 消費者が、AR/VRへ支出する、金額は、任意の単一業界が、AR/VRへ支出する金額(2019年における、72億ドル)よりも、依然として、多いだろう。

 しかし、消費者が、AR/VRへの支出の、年間平均増加率は、36.6%のCAGRで、より緩やかに増加する。

 2019年に、消費者が、AR/VRへ支出する分野で、最も多い、4分野の内の3分野は、仮想現実(VR)のゲーム(40億ドル)、360度などのビデオ(20億ドル)、および、拡張現実(AR)のゲーム(6億1600万ドル)になる見込みである。

 2019年の商用分野における、AR/VRへの支出の、トップ4の用途は、トレーニング(18億ドル)、他の2種類の商用アプリである、オンライン小売店のショーケース・アプリ(5億5800万ドル)、および、産業メンテナンス(4億1300万ドル)が、確立されるだろう。

 5年間の119.2%のCAGRで、産業メンテナンスの、AR/VRへの支出は、2022年に、消費者の拡張現実ゲームへの支出を上回るだろう。

 いくつかの他の商用の適用事例(研究と現場、小売店のショーケース、解剖的な診断、内部ビデオ撮影など)における、AR/VRへの支出は、2017年から、2022年までの予測期間に、100%以上のCAGRで増加することが予測される。

 IDCによると、先進的な考え方の企業は、継続して、積極的に、ARとVR技術の両方を、擁する。

 2018年に、提供が開始された、新たなハードウェアやソフトウェアは、既存のものの実行可能性を改善し、新たな適用事例を促している。

 IDCは、主なベンダからの、新たな製品が、2019年に出現し、より大規模な、革新を促すだろうと期待している。

 AR/VR関連のハードウェアへの支出は、AR/VRへの支出全体の、半分以上を占める見込みである。

 次に多くなるのは、AR/VR関連のソフトウェアへの支出と、サービスへの支出になるだろう。

 AR/VR関連のハードウェアの、最大のカテゴリーは、スマートフォンやゲーム機のような、ホスト・デバイスではなく、今後、ARビューアへの支出の増加率が、128.3%のCAGRと、より大きな利益を上げるだろう。

 ARソフトウェアへの支出は、今後、5年間に、121.8%のCAGRで、増加する見込みであるが、2021年までには、VRソフトウェアへの支出が、上回るだろう。

 サービスへの支出は、ARカスタム・アプリ開発(133.0%のCAGR)、ARシステム統合(130.4%のCAGR)、および、ARコンサルティング・サービス(121.9%のCAGR)によって、促される。

 AR関連のハードウェア、ソフトウェア、および、サービスへの支出が、予測期間が終わるまでに、強力に増加し、AR関連の支出を押し上げるだろう。

 地理的には、米国が、2019年に、AR/VRへの支出を促し、66億ドルになる見込みであり、中国が、60億ドルで続く見込みである。

 2019年に、日本の、AR/VRへの支出は、17億6000万ドルになり、西欧の、AR/VRへの支出は、17億4000万ドルになる見込みである。

 しかし、西欧は、2020年には、日本を抜いて、AR/VRへの支出が、3番目に多い地域になるだろう。

 今後、5年間に、AR/VRへの支出が、最も増加する国は、カナダ(83.7%のCARG)、米国(77.1%のCAGR)、中国(76.2%のCAGR)になる見込みである。

 予測期間が終了するまでに、カナダは、AR/VRへの支出が、4番目に大きな国になることが期待されている。

 Worldwide Semiannual Augmented and Virtual Reality Spending Guideは、AR/VRの市場機会を検証し、急速に成長する、このAR/VR市場への洞察を提供する。

 売上データは、世界8地域、12産業、26種類の適用事例、および、11技術のカテゴリが、提供される。

 この業界における、他の研究とは異なり、この包括的な支出ガイドは、IT意思決定者が、産業特有のスコープや、AR/VRの支出の方向を、明確に理解するのを支援するために、作成されている。

デル株式会社

« 2019年以降の、Gatnerのトップ10技術予測(5) '18.12.07 | トップページ | Gartnerは、2019年に、IT基盤、運用における、トップ10のトレンドを特定した。 (2) '18.12.08 »

IDC」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/74731030

この記事へのトラックバック一覧です: 世界における、拡張現実と仮想現実への支出は、2019年に、200憶ドルを超える。 '18.12.07:

« 2019年以降の、Gatnerのトップ10技術予測(5) '18.12.07 | トップページ | Gartnerは、2019年に、IT基盤、運用における、トップ10のトレンドを特定した。 (2) '18.12.08 »

ウェブページ

広告2