« Google Assistantを組み込んだ、ベスト・デバイス(4) '18.07.15 | トップページ | スマート・ディスプレイで、Google Assistantデジタル・アシスタントのサポートが開始される。 '18.07.16 »

2018年7月16日 (月)

Gartnerによると、世界のPCの出荷台数は、2018年2Qに、6年ぶりに増加したという。 '18.07.16

【Gartnerによると、世界のPCの出荷台数は、2018年2Qに、6年ぶりに増加したという。】 '18.07.16

 Gartnerによると、世界のPCの出荷台数は、2018年2Qに、前年同期から、1.4%増加し、6210万台になったという。2018年7月12日

 Gartnerによると、世界のPCの出荷台数は、2018年2Qに、2012年以来、初めて、前年同期から1.4%増加し、6210万台になったという。

 2018年2Qにおける、世界のPCの出荷台数の緩やかな増加は、消費者セグメントにおいて、PCの出荷台数が減少していたのに対し、ビジネス・セグメントにおいて、出荷台数が伸びたことによる。

 消費者セグメントにおける、世界のPC出荷台数の減少は、SNSサイトや予定表の確認、ショッピング、バンキングなどに、スマートフォンを使用する、消費者が、増えていることも要因になっている。

 ビジネスの分野では、Windows 10へのアップグレードのピークが過ぎると、PCの出荷台数は、また、減少していくだろう。

 2018年5月に、富士通とのLenovoの合弁事業が完了し、2018年2Qに、世界に出荷されたPCの、4台の内3台が、上位5社のPCベンダにより出荷されていた。

 Lenovoは、富士通との合弁会社の設立により、富士通のPCの出荷台数を含めることで、2018年2Qに、HPに換わり、世界の、PCの出荷台数で、トップになった。

 世界のトップ5のPCベンダは、2018年2Qに、世界のPCの出荷台数の増加を経験した。

表1)2018年2Qにおける、PCベンダの、世界のPCの出荷台数の見積り (単位:1000台)

            2018年2Q  2018年2Q   2017年2Q  2017年2Q   年間
PCベンダ     出荷台数     シェア      出荷台数     シェア    増加率

Lenovo                13,601           21.9%          12,310          20.1%          10.5%

HP                      13,589           21.9%          12,809          20.9%           6.1%

Dell                     10,458           16.8%            9,553          15.6%           9.5%

Apple                    4,395             7.1%           4,266            7.0%           3.0%

Acer Group            3,969             6.4%           3,851            6.3%           3.1%

その他                16,083            25.9%         18,466           30.1%        -12.9%

合計          62,095          100.0%         61,254          100.0%          1.4%

・PCの出荷台数には、デスクトップPC、ノートPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceのような)の出荷台数が、含まれているが、ChromebookやiPadの出荷台数は、含まれていない。

・LenovoのPCの出荷台数には、富士通のPCの出荷台数も含まれている。

 ソース:Gartner、2018年7月

 2018年2Qの、米国における、PCの出荷台数は、前年同期から、1.7%増加し、1450万台になった。

 2018年2Qの、米国市場では、PCの出荷台数で、HPが、リードしており、Dellは、HPとのギャップを埋め、出荷台数を、7.2%増加させた。

 Gartnerによると、2018年2Qは、米国の政府や教育機関における、WindowsベースのビジネスPCの需要が増加し、米国のPCの出荷台数が、増加したという。

 ただし、2018年2Qの米国の教育市場では、Chrome OSベースの、Chromebookの出荷台数が、前年同期から、8%増加したが、Chromebookの出荷台数は、GartnerのPC市場の統計には、含まれていないので、PCの出荷台数の伸びに、マイナスの影響を与えていた。

 ちなみに、2018年2Qにおける、米国のChromebookの出荷台数は、前年同期から、8%増加していた。

表2)2018年2Qにおける、PCベンダの、米国のPCの出荷台数の見積り (単位:1000台)

             2018年2Q  2018年2Q  2017年2Q  2017年2Q   年間
PCベンダ      出荷台数     シェア     出荷台数     シェア     増加率

HP                        4,245         29.3%            4,269           29.9%           -0.6%

Dell                       4,149         28.6%            3,871           27.1%            7.2%

Lenovo                  2,160         14.9%            1,996           14.0%            8.2%

Apple                    1,841         12.7%            1,811            12.7%            1.7%

Acer Group              478           3.3%              380              2.7%           25.7%

その他                  1,637         11.3%            1,936            13.6%         -15.5%

合計                    14,510       100.0%          14,264           100.0%            1.7%

・PCの出荷台数には、デスクトップPC、ノートPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceのような)の出荷台数が、含まれているが、ChromebookやiPadの出荷台数は、含まれていない。

・LenovoのPCの出荷台数には、富士通のPCの出荷台数も含まれている。

 ソース:Gartner、2018年7月

 MM総研によると、2017年の日本国内のPCの出荷台数は、前年から、1.7%増加し、1025.3万になり、出荷台数シェアは、NECレノボが26.0%でトップ、富士通が17.8%、日本HPが14.0%、DELLが13.7%、東芝が9.8%であったという。

Idc1a_2
 ソース:MM総研

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

« Google Assistantを組み込んだ、ベスト・デバイス(4) '18.07.15 | トップページ | スマート・ディスプレイで、Google Assistantデジタル・アシスタントのサポートが開始される。 '18.07.16 »

Gartner」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/73867691

この記事へのトラックバック一覧です: Gartnerによると、世界のPCの出荷台数は、2018年2Qに、6年ぶりに増加したという。 '18.07.16:

« Google Assistantを組み込んだ、ベスト・デバイス(4) '18.07.15 | トップページ | スマート・ディスプレイで、Google Assistantデジタル・アシスタントのサポートが開始される。 '18.07.16 »

ウェブページ

広告2