« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

2018年6月

2018年6月30日 (土)

Gartnerによると、5Gネットワークは、自動運転車(AV)において、重要な役割を演じているという。 '18.06.30

【Gartnerによると、5Gネットワークは、自動運転車(AV)において、重要な役割を演じているという。】 '18.06.30

Gartner5g_3
 通信サービス・プロバイダ(CSP)は、自動運転車(AV)の安全な設計に、貢献する必要がある。2018年6月21日

 By Gartner

 5G通信ネットワークは、4G通信ネットワークよりも、10倍、効果的で、高速になるかも知れない。

 Gartnerは、新たなレベルのネットワーク機能を提供することで、通信サービスプロバイダ(CSP)は、ドライバーの安全性、データ処理、および、管理の分野における、自動運転車(AV)のメーカとの、将来の市場機会を確保することができると見ている。

 自動運転車(AV:autonomous vehicle)の車載システムやセンサーは、これまでにない、膨大なデータを生成するだろう。

 これにより、自動運転車(AV)のOEMは、関連するプロビジョニング・コストを抑えながら、価値のあるデータの洞察を抽出することができる。

 2025年までに、AVの車載システムは、カメラやセンサーからのデータを、1ヶ月当たり、1テラバイト(TB)以上、クラウドへアップロードするようになるだろう。

 これは、2018年に、先進的なAVの車載システムのカメラやセンサーから、もたらされる、データの量は、30ギガバイト(GB)よりも増加するようになることを示している。

 5G通信ネットワークは、AVの乗客に、高品質な車載システムも提供する。

 5G通信ネットワーク技術が、既存のAV安全システムを拡張し、強化するので、5G技術のビジネスの機会が増えている。

 これは、AVの安全性能の、規制当局の検証により、育成されている。

 「自動運転車の歴史の紹介」ビデオ

 AVによる、最近の事故は、否定的な報道を引き起こし、自動運転車における、公的な安全の重要性を強調した。

 人間に導かれた、AVの遠隔制御の安全な実行には、高速な5G通信ネットワークが提供できる、低遅延、高信頼性、高速応答性が要求される。

 この5G通信ネットワーク技術は、遠隔施設にいる、人間の技術者が、AVからのライブのビデオを見て、車を診断できるようにしたり、AVの運転の制御を仮想的に、引き継いだりできるようにする。

 AVに対する、規制環境が、継続して進化しているので、規制当局は、AVのOEM、あるいは、オペレータから、遠隔制御能力が、公道での安全な運転を改善することを要求し始めがちである。

 カリフォルニアを拠点とする、スタートアップの、Phantom Autoは、5G通信ネットワーク接続を使用して、AV用の、遠隔制御ソリューションを開発している。

 同様に、スウェーデンのトラックやバスのOEMである、Scaniaは、公共の乗り合いバス用の、5G通信ネットワークでの、遠隔制御技術を提供する、Ericssonと、テストを実施している。

 5G通信ネットワークは、現在、まだ、世界中に、完全に展開できる技術ではない。

 5G通信ネットワークが、世界中で、完全に利用できるには、まだ、数年かかるので、Gartnerは、次の5年間に、5G通信ネットワークが、AVに対し、制限された利便性しか、もたらさないだろうと予測している。

 通信サービス・プロバイダ(CSP)は、5G通信ネットワークが、AVの設計プロセスの一部であることを、確かにすることにより、将来の市場機会を得られるよう、行動する必要がある。

 AVのOEMは、自分たちの、AVの車載システムの、データ接続、ストレージ、および、分析の管理を効率化するために、包括的なエンド・ツー・エンドのソリューションを必要とするだろう。

 通信サービス・プロバイダ(CSP)は、5G通信ネットワーク技術のサポート体制を確立し、業界標準の通信サービスとして、5G通信ネットワーク技術を確立しなければならない。

 これは、標準委員会を支援し、地方自治体と協調し、大都会の交通管理システムなどの高度な使用事例の開発を促すことにより、達成される。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Hull大学とVISRが、Microsoft HoloLensサマー・スクールを開始する。 '18.06.30

【Hull大学とVISRが、Microsoft HoloLensサマー・スクールを開始する。】 '18.06.30

 Hull大学とVISRは、混合現実(MR)アクセラレータと呼ばれる、世界で最初のMicrosoft HoloLensサマー・スクール・プログラムを開始する。 2018年6月19日

Int9a
 By Andrew Hobbs、Internet of Business

 Hull大学と、混合現実(MR)アプリ開発プラットフォームを提供する、VISRは、混合現実(MR)アクセラレータ(Mixed Reality Accelerator)と呼ばれる、世界で最初のMicrosoft HoloLensサマー・スクール・プログラムを開始する。

 このプログラムは、自分たちのビジネスに、混合現実(MR)技術を採用している、業界の専門家を支援し、新たに出現している分野における、経験が得れれるよう、作成されている。

  Hull大学、VISR、および、Microsoftのパートナーシップは、MicrosoftのHoloLens技術、MicrosoftのAzure Cloudプラットフォーム、VISRの混合現実(MR)アプリ開発用の空間認識オペレーティング・システム・プラットフォーム、VERTEX、および、Hull大学の学生で構成されている。

 VISRは、Hull大学のEnterprise Centreという研究施設に所属し、Microsoft HoloLensと空間コンピューティング用の、商用アプリの開発を行っている。

 VISRのMRアプリ開発用の空間認識オペレーティング・システム・プラットフォーム、VERTXは、ユーザが、同じツールを使用している、環境の、現実とデジタルな視点をモデル化し、操作できるように設計されている。

 このMRアプリ開発用の空間認識オペレーティング・システム・プラットフォーム、VERTXを、MicrosoftのHoloLens技術と組み合わせることにより、開発者は、カメラ、IoTデバイス、および、プログラマブル・ロジック・コントローラ(PLC)といった、物理的な資産と共に、デザインや3D資産を操作できるようになる。

 このプログラムの主要な支持者である、Microsoftの製品マーケティング担当のLeila Martine氏によると、深刻なデジタル混乱の時代に、殆どの業界は、2年以内に、大きな変化を経験するという。

 このため、技術パートナーや大学が集まり、手早くテストし、投資利益率(ROI)を検証できる、意味のある、概念証明方法を確立するために、効率化されたアプローチを作成することが不可欠になる。

 このスキームは、学生にコラボレーションの機会を提供し、学生の雇用を促しながら、混合現実(MR)技術の実世界の問題を解決することを望んでいる。

 Hull大学は、新しい、MRアクセラレータ・プログラムに投資し、ビジネス環境における、複合現実の潜在的な応用に対応して、MicrosoftのHoloLens用のアプリの開発を効率化するための、独自の専門施設を構築した。

 Hull大学の、ICTのディレクタ、John Hemingway氏によると、教育だけでなく、産業や民間の事業も、このMRアクセラレータ・プログラムの可能性を、強く信じているという。

Int9b
 正確が要求される、パーツやツールを持っている、ロボットといった、知的なデバイスと組み合わせることで、技術者と協力して、効率を上げ、コストを低減でき、生産性を向上させることが可能になる。

 MRアクセラレータ・プログラムに、現在登録している企業には、自動車メーカのAudi、世界のドリンク・ブランドのAB InBev、エネルギー会社のCentrica、インドのデジタル学習ベンダのLearningMateが含まれる。

 Audiは、MRアプリ開発用の空間認識オペレーティング・システム・プラットフォーム、VERTXの技術を使用して、ワークフローの文脈認識を向上させることを模索している。

 Hull大学によると、同大学は、デジタル革新の、代表的なハブとして、自らを確立し続けており、同社の「Enterprise Centre」研究施設には、既に、高性能コンピュータ(HPC)が導入されているという。

 ただし、現在、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)、および、混合現実(MR)といった技術には、話題性と潜在性はあるが、さまざまな産業に、まだ、広く導入されていない。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月29日 (金)

MicrosoftのエンタープライズIoTは、知的なエッジに移行する。 '18.06.29

【MicrosoftのエンタープライズIoTは、知的なエッジに移行する。】 '18.06.29

 顧客は、Microsoftの新たな、「Azure IoT Edge」サービスを使用して、エッジにおいて、AI、分析、および、他の知的なサービスを展開できるようになる。 2018年6月28日

Eweek1
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftの、企業向けの、モノのインターネット(IoT)製品戦略は、大きな転換期を迎えている。

 Microsoftが、2018年6月27日に発表した、一般に利用できる、「Azure IoT Edge」サービスは、知的なエッジを可能にする、IoTデバイスの展開に要求された、保証をサポートする。

 クラウド・ベースのサービスは、企業が、エッジIoTデバイスやシステムにおいて、AIとデータ分析ワークロードを展開し、セキュアにし、実行するために、使用できるようにする。

 知的なエッジは、IoTデータが処理され、どこで生成されたかを分析する、コンピューティング・モデルを表しており、それらの機能を処理するために、使用されている、オンプレミス、あるいは、データセンターに、転送され、戻される。

 これは、低遅延や、高度に採用可能な、IoTシステムを構築している、安全な方法を模索している、企業に、アピールしている。

 これは、ほぼリアルタイムに、状態が変化することに、応答できる、工場にある、産業機器、あるいは、故障する前に、警告する、予測的な保守システムに似ている。

 IoTやセンサー・データのストレージや、大量の処理のために、クラウド・プロバイダに支払う代わりに、企業は、さらに分析を望む、データのサブセットのみを、アップロードするために選択できる。

 このサービスを試してみることができるので、企業は、β段階のため、Azure IoT Edgeを使用するのを差し控えるようになる。

 このサービスが、さまざまな展開オプションと使用事例に対応できるようにする、新たなアップデートを完了した。

 これらのサービスには、Modyコンテナ管理システムのサポートが含まれる。

 Microsoftによると、Modyは、クラウドから、エッジにある、IoTデバイスまで、コンテナ化し、隔離し、管理する概念を拡張できるようにする、オープンソースのプラットフォーム、Dockerであるという。

 Microsoftは、企業のIoTエコシステムと互換性のある製品用の、同社のAzure Certified for IoTプログラムを拡張していると発表した。

 デバイスに焦点を合わせ、このプログラムは、エッジで、セキュリティやデバイス管理能力を提供する、ハードウェアやソフトウェアのソリューションを歓迎している。

 開発者に対し、このサービスは、C#、C、Node.js、Python、および、Javaといったプログラミング言語をサポートしている。

 このサービスは、プログラマーに、自分たちが、最も気に入っている、プログラミング言語を使用して、エッジ・ソフトウェア・モジュールを構築するための、能力を提供する。

 このサービスにおいて、サポートされているのは、Visual Studio Team Servicesの、CI/CDパイプラインである。

 このサービスは、開発者が、アプリのライフサイクル全体を通して、自分たちのエッジ・ソリューションをガイドするのを支援する。

 2018年のBuild開発者コンファレンス中に、Microsoftにより、約束されたように、同社は、Azure IoT Edgeランタイムを、オープンソースにした。

 この動向は、より優れた柔軟性と、知的なエッジ・アプリを制御できるようにする能力を、開発者に提供できることである。

 Azure IoT Edgeは、Visual Studio Code用に、開発者が、無償で利用できる、Microsoftの、エッジ・モジュールをテストし、デバッグし、展開できるようにする、新たなツールを提供する。

 一般に利用できるようになる、Azure IoT Edgeへの参加は、MicrosoftのIoTデバイス管理サービス、Azure IoT Hubへの、新たな追加である。

 新しい自動デバイス管理、モジュールの特定、モジュールの複製といった機能は、Microsoftにより、正式にサポートされており、ユーザが、多くの構成作業を自動化できるようにする。

 Microsoftによると、これらの機能は、開発者が、IoTデバイスを、よりきめ細かく制御できるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

FordとBaiduが、よりスマートなコネクティッド・カー用の、AIを開発することで、パートナーを組む。 '18.06.29

【FordとBaiduが、よりスマートなコネクティッド・カー用の、AIを開発することで、パートナーを組む。】 '18.06.29

 Fordは、AIとよりスマートなコネクティッド・カー、および、人工知能(AI)技術を開発するために、中国のインターネット検索サービス・プロバイダ、Baiduと、パートナー契約を交わしたと発表した。2018年6月28日

Dis2
 by disruptive

 米国で、No.2の自動車メーカである、Fordは、同社の中国のオーナ向けに、Baiduの音声対話システム、DuerOSをベースにした、新しい車載システムとデジタルなサービスを開発することで、Baiduと、パートナーを組む。

 Fordのアジア・パシフィックの社長、Peter Fleet氏は、Fordが、「中国では、中国のためになる。」戦略の一部として、中国の人たちの暮らしを良くし、よりスマートな製品やソリューションを提供することを模索していると述べた。

 DuerOSは、Fordの車の、中国のオーナーが、自然言語を使用して、自分たちの、コネクティッド・カーと、コミュニケートできるようにする。

 また、DuerOSは、中国のFord車の顧客が、毎日の生活に必要な、情報やサービスを、容易に、アクセスできるようにする。

 FordとBaiduは、中国において、自動運転車や、モバイル・ビジネスと、クラウド・コンピューティングの探査に渡り、革新的な機会に投資し、共同で、これらの技術を開発する準備を模索している。

 FordとBaiduは、ターゲット・デジタル・マーケティングに関連した、ビジネス機会を模索するために、技術やビッグデータを評価していく。

 Baiduの社長、Ya-Qin Zhang氏によると、Fordは、モバイル・エコシステムを変革し、中国の消費者向けに、次世代の車載システム経験を作成していくという。

 FordとBaiduは、以前、2016年に、自動運転車の、主なコンポーネントを作成する、Velodyneに、1億5000万ドルを、共同で投資することで協調していた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

宅配ボックス、「Amazon Hub」が、アパートの小包管理置き場に設置される。 '18.06.29

【宅配ボックス、「Amazon Hub」が、アパートの小包管理置き場に設置される。】 '18.06.29

 Amazonは、同社の顧客が、オンラインで購入した商品を、何時でも受け取ることができるようにする、宅配ボックス、「Amazon Hub」を利用できるようにする。 2018年6月22日

Int2
 By Malek Murison、Internet of Business

 Amazonで購入された商品のパッケージを配達する、宅配業者は、顧客が、外出していると、顧客の家に、いつ配達したらよいかを尋ねる、「不在カード」を残す。

 これに対し、顧客は、帰宅したあとに、不在カードに記載された、連絡先に、電話などで、再度配達して欲しい、日時を通知する必要がある。

 また、商品のパッケージを、顧客の家の玄関のドアの外などに置く、宅配業者もいるが、この場合、商品が盗難される可能性がある。

 昨年、英国の消費生活センターが実施した調査によると、英国の大人の28%は、「オンライン販売で購入した商品のパッケージが、玄関のドアの外の、安全でない場所に、置かれていたことを経験したことがある。」と回答していたという。

 このような商品のパッケージが、盗難された場合、売り手は、その商品が配達されたことの記録が残っていると主張するため、紛争が発生する。

 このような問題があるので、オンライン・ショッピングの顧客は、重要な商品のパッケージを受け取るために、仕事を休んだり、あるいは、仕事の帰りなどに、地域の集積所(例えば、コンビニ)に、商品のパッケージを受け取り行ったりする、必要がある。

 これに対する、対策の1つとして、Amazonは、顧客が不在で、配達できなかった商品を、安全に保管できるようにし、顧客に利便性を提供するよう、身近な場所(例えば、アパート内の、小包管理置き場など)に、パッケージを安全に保管できる、宅配ボックス、「Amazon Hub」を設置する。

 現在、不動産会社や資産運用管理会社、AvalonBay、Fairfield Residential、Pinnacle、JP Morgan Asset Management、WinnResidential、および、Equity Residentialは、この宅配ボックス、「Amazon Hub」を、管理、あるいは、所有する、建物内に設置し、その建物(アパートなど)に住む、50万人以上の住人が、利用できるようにしている。

 駅やコンビニに設置されている、「Amazon Locker」とは異なり、宅配ボックス「Amazon Hub」は、宅配業者が、配達した、商品のパッケージを、安全に保管し、その建物を利用、あるいは、住んでいる人が、24時間いつでも、取りに行けるようにしている。

 「Amazon Locker」の紹介ビデオ

 これにより、宅配業者も、顧客も、昼夜を問わず、商品のパッケージの配達と、受け取りに、宅配ボックス、「Amazon Hub」を、利用できるようになる。

 宅配業者が、宅配ボックス「Amazon Hub」に、パッケージを配達すると、配達されたことが、顧客のスマートフォンなどに通知される。

 顧客は、宅配ボックス「Amazon Hub」の、タッチ・スクリーン画面コンソールを操作して、自分のボックスを開け、配達された、パッケージを取り出すことができる。

 「Amazon Hub」紹介ビデオ

 資産運用管理会社、JP Morgan Asset Managementは、2018年に、同社が管理する、85ヶ所の新しい建物の中に、宅配ボックス「Amazon Hub」を設置するための、資金を提供し、合計で、2万3000世帯のアパートの住人に、この宅配ボックス「Amazon Hab」を利用した、パッケージ配達ソリューションを利用できるようにすることを発表した。

 JP Morgan Asset Managementは、宅配ボックス「Amazon Hab」のような、革新的な、パッケージ配達ソリューションを、アパートの住人が、利用できるようにすることで、住人と宅配業者の両方に、利便性がもたらされることを期待している。

 Amazonは、顧客の変化する、ライフスタイルや期待を反映して、商品の配達サービスを進化させている。

 今回、Amazonは、宅配ボックス「Amazon Hub」を、アパートなどの建物の中に設置して貰うことで、アパートなどの住人の利便性を向上させることに取り組んでいる。

 Amazonは、既に、商品のパッケージを、顧客の家の玄関のドアの内側まで、配達できるようにする、「Amazon Key」と呼ばれる、サービスとソリューションも提供し、顧客の利便性を向上させている。

 「Amazon Key」の紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月28日 (木)

Microsoftは、混合現実を、学校や公共の図書館にもたらしている。 '18.06.28

【Microsoftは、混合現実を、学校や公共の図書館にもたらしている。】 '18.06.28

 Microsoftは、ヘッドセットとPCを提供する、新たなMicrosoftのプログラムで、学校や公共の図書館に、混合現実をもたらすことを模索している。 2018年6月26日

Eweek1
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 2018年6月24日から27日に開催された、International Society for Technology in Education(STE)コンファレンスで、Microsoftは、公共や学校の図書館に、混合現実をもたらす事例を紹介した。

 拡張現実と仮想現実において、MicrosoftのWindowsベースで利用する、混合現実は、既に、企業に浸透している。

 新たな無制限の図書館のグラント・プログラムを通して、Microsoftは、学習環境を提供し、没入的な環境に、生徒を置くことを目指している。

 Microsoftは、米国の中学や高校(6学年から12学年)の図書館や、公共の図書館に、学習環境を提供する。

 応募者である、学校や図書館は、Microsoftから、技術的なトレーニングを受けたスタッフと共に、2台の混合現実ヘッドセットと、2台のコンピュータを受け取る。

 2018年6月25日の発表によると、承認された応募者は、メールのサポートを受けたり、新たなコンテンツを更新したり、他の助成金を利用したり、できるようになるという。

 Microsoftは、2018年6月9日まで、応募者の申し込みを受け付けた。

 Microsoftの学習環境の導入を望んでいる、応募者は、STEM(理科、技術、工学、数学)を促すことに、焦点を当てており、恵まれない子供たちを援助する、学校は、優先されて承認されている。

 Microsoftは、学校の教師や管理者が、ビジネス向けの生産性ツール、Office 365を、今日の学校で、どのように活用できるかを、理解できるようにするために、このイベントを使用した。

 1つの例は、Microsoftが、2017年5月に、学校向けに提供する、チャット・ベースのコラボレーション・アプリ、Microsoft Teamである。

 「Microsoft Teams」の紹介ビデオ

 このMicrosoft Teamは、教師に、割り当ての管理と格付けの、新たな方法を提供する。

 Office 365教育プランにおいて、利用できる、最近の更新において、Microsoft Teamは、学習到達度の格付けをサポートする。

 Microsoftの教育チームの担当者によると、学習到達度の格付けと、スキル・ベースの格付けを使用することで、生徒への、フィードバックの提供を、より容易にするという。

 生徒は、割り当ての作業を開始する前に、先験的に評価されたかどうかを、知ることができるようになる。

 教師は、一度に、複数の割り当てを、容易に適用される、格付けツールを使用することで、多くの時間を節約できるようになる。

 Microsoftによると、Wordや、他のOfficeアプリにおける、AI補助ソフトウェア・ヘルパーである、Microsoftの「Learning Tools」は、既に、1300万人以上のユーザにより使用されているという。

 MicrosoftのLearning Toolsは、ユーザが、名詞、動詞、および、その他の品詞を表す、Immersive Readerシンボルを表示するよう、構成できるようにする。

 このシンボル表示は、色分けされたテキストを表示を見ることが、難しい、色弱者にとって便利である。

 教師のフィードバックに応え、Microsoftは、Immersive Readerが、10種類以上の言語における、ハイライトである、スピーチの一部として、副詞を追加した。

 他の新たな追加には、OneNote Onlineにおける、新たな「数学アシスタント」の機能が、含まれている。

 デジタルな数学の教師としての役割を演じる、スタイラス・ペンに対応した、「数学アシスタント」機能は、生徒が、ステップ・バイ・ステップの手順を使用して、正確な答えに導くのを支援する。

 教師は、数学の練習問題、クイズ、アンケートなどを、作成したり、配布したりするために、「Microsoft Form」を使用することができる。

 「Microsoft Formsのチュートリアル」の紹介ビデオ

 生徒が、地球について学習するのを支援するために、Microsofは、BBC EarthとOCEANXからのフィルム、「Oceans: Our Blue Planet」と関連付けられた、新たなSTEM(理科、技術、工学、数学)学習計画において、BBC Learningと、パートナーを組んだ。

 「Blue Planet II」紹介ビデオ

 Microsoftは、教室において使用される、人気のある、舞台となる、世界を自由に動き回って、探索し、攻略できるよう設計された、「サンドボックス」と呼ばれる、ビデオ・ゲームの版である、「Minecraft: Education Edition」を得た。

 「Minecraft: Education Edition」の紹介ビデオ

 このビデオ・ゲームには、生徒が、他の水中での活動の中で、サンゴ礁の維持や、漁業に関して学習するのを支援するための、更新が成されている。

 「Blue Planet II」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Googleが、ガーナの首都アクラに、新たなAI研究センターを開設する。 '18.06.28

【Googleが、ガーナの首都アクラに、新たなAI研究センターを開設する。】 '18.06.28

 Googleは、ガーナの首都アクラに、人工知能(AI)研究センターを開設する計画を発表した。 2018年6月15日

Int7
 By Malek Murison、Internet of Business

 アフリカに本拠を置く、Googleの最初のAI研究センターでは、マシン学習のエキスパートやエンジニアが、AI技術と、そのアプリに特化した、プロジェクトに集結した。

 ガーナの首都アクラに開設される、新しいAI研究センター、Google AI Centreの責任者のJeff Dean氏と、上級フェローのMoustapha Cisse氏は、アフリカが、AIのような新興技術への投資に、どのように準備しているかを概説した。

 近年、アフリカにおいても、マシン学習の研究に、関心が高まっている。

 タンザニアで開催された、Data Science Africa 2017や、南アフリカで開催された、2017 Deep Learning Indabaといったイベントは、アフリカにおける、コンピュータ・サイエンス研究コミュニティの継続的な成長を示している。

 2034年までに、アフリカでは、労働年齢人口が、世界で最多の、約11億人になることが、予測されている。

 Googleが、ガーナの首都アクラに、AI研究センターを開設し、AI技術を探検する、最近の動きは、アフリカ大陸のデジタル・スキルを育成し、その巨大な可能性と才能を、最大限に生かすための、同社の次のステップになる。

 アフリカ大陸の、Googleの最初のオフィスは、10年前に開設されていた。

 Googleが、アフリカ大陸に、オフィス、教育施設、研究施設などを開設することは、同社のデジタル・スキルのトレーニング・プログラムを通して、1000万人を雇用することが目的であった。

 これまで、既に、200万人の人が、デジタル・スキル・トレーニング・コースを修了している。

 Googleは、同社のデジタル・スキルのトレーニング・プログラム、Launchpad Accelerator Africaを通して、アフリカ大陸全体で、10万人以上の開発者と、60社以上の技術スタートアップをサポートしている。

 また、Googleは、アフリカのモバイル・ネットワーク基盤において、同社のサービス製品(Googleマップ、YouTube、Google検索など)の利用を促すためのリソースも提供している。

 低メモリのスマートフォンや、不安定なネットワーク接続を持つ、アフリカの人々は、より効率化された、透過的な機能を利用している。

 Googleの、ガーナへの進出は、同社が、ガーナの大学の卒業生の質を、高く評価していることを示している。

 東京、パリ、ニューヨークなどの都市に次いで、ガーナの首都アクラに、AI関連技術に焦点を合わせた、GoogleのAI研究センターが開設される。

 Googleによると、ガーナの首都アクラへの進出は、新しいAIアプリを民主化するためにも必要な方法であるという。

 Microsoft、IBM、Salesforce、Facebookといった、最大手のITベンダも、アフリカ大陸に投資しており、また、中国も、アフリカ大陸への、莫大な投資を続けているようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

予測的な保守は、未来の工場を、どのように支援するか? '18.06.28

【予測的な保守は、未来の工場を、どのように支援するか?】 '18.06.28

 Magic Softwareは、予測的な保守が、Industry 4.0のスマート工場を、どのように支援するかを明らかにした。 2018年6月19日

Int11
 By Internet of Business

 大きな進歩にも関わらず、「産業モノのインターネット(IIoT)」は、まだ青年期の段階にある。

 先進的な分析、ビッグデータ、エッジ・コンピューティング、および、クラウドの間で、未来の工場が、どのように見えるのか、および、メーカが、Industry 4.0への変革を、どれぐらい、完了する必要があるか?に関して、良いアイデアがある。

 「Industry 4.0」の紹介ビデオ

 コストを削減し、効率を向上させるために、これらの進歩が、すべて集まって、実現できるものには、予測的な保守がある。

 工場のフロアにある、マシンは、自分の性能や状態を監視し、評価できるようになり、必要に応じて、交換部品を注文することも可能になる。

 予測的な保守を実施することで、メーカは、産業IoT(IIoT)の安全性を向上させ、ダウンタイムを短縮し、マシンの寿命を延ばすことができるようになる。

・進化する保守

 メーカは、マシンの保守の効率や、効果を向上させるために、大きなインセンティブを持っている。

 マシンの保守が不十分だと、工場の生産性が、5~20%低下し、計画外の生産の中断が発生し、米国のメーカは、毎年、500億ドルの損失を被ることになる。

 生産の中断の頻度が少なく、信頼性の高い製品の製造が実現すれば、顧客からの信頼を得て、顧客の忠実度を維持することもできるようになるだろう。

 これは、高い、顧客の保持率や、売上の増加につながる。

 以前、メーカは、マシンの故障を予防するために、予防的な保守を実施していた。

 メーカの目標は、早過ぎる部品の交換ではなく、マシンが、まだ良好な状態にあるときに、摩耗などの状況を検出し、本当に必要な状態のときに、適切に、部品を交換したり、マシンを修理したりすることである。

 予測的な保守は、例えば、走行距離ではなく、オイルの汚れや、ベルトの摩耗の程度などに基づいて、部品の交換や修理を行うよう、自動車のようなものである。

 メーカが、マシンの不要な保守と生産の中断の両方を、最小限に抑えることで、全体的な製造コストを大幅に低減できるようになる。

 予測的な保守は、平均で、9ドル/時間、予防的な保守は、平均で、13ドル(44%増)のコストがかかる。

 最近では、赤外線サーマル・イメージング、振動解析、オイル分析といった、高度な技術を使用して、予測的な保守を行うことができるようになった。

 経験則として、機械特有の誤動作の70%は、センサーを使用して、マシンのデータを監視し、収集して、分析することで、マシンの故障がいつ発生するかを予測できるようになる。

 新しい部品の注文や交換などに関連する、管理手続きが、すべて自動化されると、メーカは、バックオフィスにおいて、コスト削減を実現できるようになる。

 例えば、マシンは、ドリルの歯が摩耗したことを検出すると、自動的に、新しいドリルを注文し、技術サービス部門の、フィールド・サービス担当者に、警告メッセージを送ると共に、新しいドリルの購入依頼を、ERPシステムに転送することができるようになる。

 このように、手作業で、エラーが発生しやすく、労働集約的な管理機能を、自動化することによって、メーカは、作業を、より効率的に進めることができるようになる。

 しかし、工場のフロアを、バックオフィスに接続することは、必ずしも容易なことではない。

 既存のビジネス・プロセスにおいて、使用されるマシンは、データを生成しがちであるが、この情報にアクセスして、評価することが課題になる。

 製造工場からのデータは、企業アプリに統合される必要がある。

 マシン、センサー、および、人間は、互いにシームレスに、相互接続し、通信できる必要がある。

 また、すべてのデータを理解し、情報を概念化するために、物理的なオペレーションの仮想的なコピー(デジタル・ツイン)が必要になる場合もある。

 サイバー・システムを、可能な限り、自律的にして、意思決定や問題の解決をサポートできるようにするために、人工知能(AI)などの技術を、展開する必要もあるかもしれない。

・克服すべき、特定のハードル

 メーカの独自情報は、データのフィルタリングを使用して、プライバシーを保護する必要があり、ハッカーから、財務データや顧客データを保護するために、追加的なセキュリティ対策が必要になるだろう。

 データ管理プラットフォームにおいて、最も重要なことは、極めて高いレベルの性能と信頼性を持つ、膨大な量のデータを、収集、フィルタリング、処理、および、共有するための、スケーラビリティがあることである。

・未来の工場

 マシンのデータが、高精度で、予測的な保守を実行するために使用される場合、メーカは、自己認識などの、デジタル機能を使用して、製品を差別化することに、焦点を合わせることができるようになる。

 メーカの価値は、製造プロセスの品質だけでなく、資産をどのように保護しているかといた、セキュリティのレベルによっても、評価できるようになる。

 これは、予測的な保守を使用することで、マシンの寿命を延ばし、保守手続きの効率を改善することによって、達成されるだろう。

 予測的な保守は、未来の工場にとって、不可欠である。

  Magic Softwareによると、製造プロセスだけでなく、マシンの保守も自動化する、メーカは、まったく新しいレベルの、生産効率から、利益を得ることができるようになるという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月27日 (水)

世界のクラウド・サービスのリーダは、パブリック・クラウド・サービス市場を支配する。 '18.06.27

【世界のクラウド・サービスのリーダは、パブリック・クラウド・サービス市場を支配する。】 '18.06.27

 IDCによると、トップ16のパブリック・クラウド・サービス・プロバイダは、2017年に、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上の、約半分を占めているという。2018年6月22日

 IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Trackerによると、2017年に、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上は、前年から、29%増加し、1170億ドルに達したという。

 2017年における、世界のトップ16のプロバイダのパブリック・クラウド・サービスの売上の合計の増加率は、2016年から低下していたが、パブリック・クラウド・サービス市場における、市場シェアを支配し続けるだろう。

 トップ16のクラウド・サービス・プロバイダの累積的な売上シェアは、2016年の47.9%から、2017年の50.7%に、増加し、半分以上を占めるようになった。

 地域的な観点から、米国は、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上の、大半を占め続けている。

 米国による、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上の、シェアは、2017年の62%から、2018年には、60%へと、僅かに減少した。

 IDCは、グローバルなクラウド・サービス・プロバイダが多い、米国による、パブリック・クラウド・サービスの売上のシェアは、全体の60%近くを占めるという、この傾向は、今後、数年間を通して、続くだろうと予測している。

 2017年は、パブリック・クラウド・サービスは、継続して、安全で、クラウド・サービスの使用料が安くなるので、より高価な、オンプレミスやプライベート・クラウド・サービスよりも、コスト効果の高い、パブリック・クラウド・サービスへの移行が増える、重要な年であった。

 「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」分野は、クラウド・サービス・プロバイダの整理統合、クラウド・サービスの顧客の採用の成熟、および、安定した成長により、特徴付けられた。

・エンタープライズ・リソース管理(ERM)、顧客関係管理(CRM)、および、協調的なアプリは、SaaSの成長に、最も貢献し、すべてのSaaS提供アプリの64%を占めている。

・サプライ・チェーン管理(SCM)とコンテンツ・アプリは、売上の増加率が、それぞれ、27%と28%と、SaaSアプリの中で、売上の増加が、最も速い分野である。

・SaaSは、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上全体の、68%を占める、モデルである。

 SaaSアプリは、継続して、22%の高い割合で、売上の増加が続き、2017年に、750億ドルに達しており、2022年までに、1630億ドルに達すると予測している。

 システム基盤ソフトウェア(SIS)の分野において、セキュリティ関連のSaaSの売上は、すべてのSaaSの売上の42%を占めており、2022年までの5年間に、13%の年間平均増加率(CAGR)になる。

 IDCによると、新たなSaaS会社は、定期的に、設立され、Salesforce、Microsoft、および、Oracleのような、技術ベンダは、SaaSプロバイダのリストのトップに残っているという。

 「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」分野の、1年間の売上は、2016年における、48%から、2017年の47%の増加へと緩やかに増えており、2017年には、170億ドルに達していた。

 IDCは、パブリック・クラウドの採用に対する障壁が減少しながら、新たな開発方式の認識が広がるにつれて、継続して、成長していくと予測している。

 アプリに対する需要が続き、PaaSサービスの成長を促し、開発者の生産性を向上させていた。

 コンテナや、サーバ・レスのコンピューティングのような、新たに出現した技術は、PaaSサービスの配信や消費モデルを変えている。

 より多くの企業は、プラットフォームからの価値を実証したので、採用率が、近い将来、高く残るだろう。

 「サービスとしての基盤(IaaS)」分野における、企業の採用と成長は、IaaSの売上の、世界的な増加を促し続けている。

 売上の増加にも関わらず、売上の増加自体は、2016年の45%から、2017年の40%に、緩やかになる。

 パブリック・クラウドの企業の利用は、まだ、初期のフェーズにある。

 企業のIT部門には、パブリック・クラウド・サービスの使用を増やす、強い興味がある。

 これらの要因は、パブリック・クラウドにおける、ワークロードの展開を促し続けるだろう。

 このパブリック・クラウド・サービスの売上は、次の2年間に、現在の率で、増加を続けることが期待されている。

表1)2017年の世界のパブリック・クラウド・サービスの売上、年間増加率、シェア、

  (売上の単位:100万ドル)

         2017年    2016年     年間   クラウド・サービス
セグメント   売上       売上     増加率   市場シェア(%)

IaaS            $24,886        $17,795        39.9%              21.3%
PaaS           $17,026        $11,572        47.1%              14.6%
SaaS           $74,781        $61,112        22.4%              64.1%

合計         $116,693        $90,479        29.0%            100.0%

グラフ1) 2013年から2017年の世界のパブリック・クラウド・サービスのセグメントごとの売上(単位:100万ドル)

Idc1
 ソース:IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Tracker、2017年後半

 IDCのWorldwide Semiannual Public Cloud Services Trackerは、世界のパブリック・クラウド・サービス市場の17分野以上の、ベンダのシェアや市場規模を提供する。

 この市場トラッカーは、パブリック・クラウドのサービス(SaaS、PaaS、および、IaaS契約の売上を含む)の売上を測定している。

 この市場トラッカーは、49ヶ国の世界の、500社のクラウド・サービス会社を紹介している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

UK-RASは、ロボット技術に対する、一般市民の考えや意見に関する、調査結果を発表した。 '18.06.27

【UK-RASは、ロボット技術に対する、一般市民の考えや意見に関する、調査結果を発表した。】 '18.06.27

 UK Robotics Weekレポートで、UK-RASは、ロボット技術に対する、一般市民の支持を得た、調査結果を発表した。2018年6月20日

Int1
 By Chris Middleton、internet of business

 UK-RASの新たな調査によると、英国の大人の約10%は、人間とロボットが共存していると信じていると回答していた。

 また、英国の大人の24%は、日常的な社会に、ロボットが参加するための範囲が広がると信じていると回答していた。

 英国の大人の35%は、家庭の中に、ロボットを持つことで、暮らしが、快適になると思うと、回答していた。

 英国の大人を対象に実施した、今回のUK-RASの調査で、分かったことは、企業が主張する、肯定的な結果と、大きく異なっていることが分かった。

 最初に、よりきめ細かな詳細をいくつか示す。

 UK-RASによると、この調査で、ロボットの限界に関する、いくつかの興味深い認識が明らかになった。

 例えば、英国の大人の22%は、ロボットが行うことのできる仕事を支配する、倫理法があるべきだと考えていると回答していた。

 一方、英国の大人の13%は、ロボットが、1日に働くことができる、時間に上限があると回答していた。

 英国の大人の21%は、家庭に、ロボットが、食料や荷物を配達することを、快く感じていると回答していた。

 英国の大人の、8%は、手術を行うロボットを受け入れていると回答していた。

 UK-RASは、英国の大人の、ロボットの支援やロボット技術に好意的な回答の、上位3つを以下に示す。

・英国の大人の37%が、ロボットは、疲れを知らないので、人間よりも長く、作業を行うことができると回答していた。

・英国の大人の34%が、ロボットは、必要に応じて、作業を正確に実行できる能力を持っていると回答していた。

・英国の大人の32%が、ロボットには、仕事に支障をきたす、感情的な関与がないと回答していた。

 UK-RASによると、世界のロボット産業に、目覚しい成長が期待されており、英国の大人の、約20%は、英国のロボットを取り巻く産業が、ここ数年 進歩を続けるだろうと回答していたという。

 さらに、55才以上の、英国の大人の、24%は、ロボットと、ロボット工学が、社会に大きな利益をもたらすと考えていると回答していたという。

 UK-RASが、実施した、これらの調査結果は、一般的な英国の大人は、ロボット技術の進歩が、社会にとってどのような意味を持ち、自分たちの生活や働き方の将来に、どのような影響を及ぼすかを、かなり深く考えていることも示していた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Googleは、パートナーの専用ネットワークとの、相互接続オプションである、「Partner Interconnect」を、一般的に利用できるようにする。 '18.06.27

【Googleは、パートナーの専用ネットワークとの、相互接続オプションである、「Partner Interconnect」を、一般的に利用できるようにする。】 '18.06.27

 Googleの専用ネットワークと、パートナーの専用ネットワークの間に、プライベートで、物理的な接続を必要とする企業は、自社のネットワーク経由で、Googleの、Cloud Platform(GCP)に接続するための、広帯域幅の専用ネットワーク相互接続オプションである、「Partner Interconnect」を、一般的に利用できるようになる。 2018年6月18日

Eweek5
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleのネットワークと、自社のネットワーク間に、プライベートで、物理的な接続を必要とする企業は、自社のネットワーク経由で、Googleのクラウド・プラットフォームである、「Cloud Platform(GCP)」に接続するための、広帯域幅の専用ネットワーク相互接続オプションである、「Partner Interconnect」を、一般的に利用できるようになる。

 今週から、企業は、自社のデータセンターや、オンプレミスのリソースを、Googleのクラウド・プラットフォームである、Cloud Platform(GCP)に接続するために、広帯域の専用ネットワーク相互接続オプションである、「Partner Interconnect」を使用できるようになる。

 一般的に利用できる、広帯域幅の専用ネットワーク相互接続オプションである、Partner Interconnectのβ版の顧客は、Googleの標準サービス・レベル契約(SLA)、および、料金設定の対象になる。

 「Partner Interconnect」は、Googleのデータセンターから、地理的に離れていても、自社のデータセンターや、オンプレミスのリソースを、GoogleのCloud Platform(GCP)に、物理的に直接、相互接続したい、企業向けに、設計されている。

 また、「Partner Interconnect」は、Cloud Platform(GCP)への、高帯域幅の専用ネットワーク相互接続性を望んでいるが、Googleの高価な10Gbpsの専用回線を必要としない、あるいは、購入する余裕がない企業を対象としている。

 Partner Interconnectを使用することで、企業は、50Mbpsから10Gbpsの範囲で、部分的に、Googleの専用回線を購入できるようになる。

 Googleは、2018年4月に、Cloud Platform(GCP)に接続するための、広帯域の専用ネットワーク相互接続オプション、Partner Interconnectを発表している。

 このGoogleのクラウド・プラットフォームに接続するための、広帯域の専用ネットワーク相互接続オプション、Partner Interconnectは、世界中のGoogleのCloud Platform(GCP)の顧客が、利用できるようになる。

 Googleは、現在、AT&T、Verizon、Orange、Softbank、Tataなど、15社のパートナーのベンダと提携している。

 これらのパートナーのベンダの専用ネットワークは、既に、Googleの専用ネットワークに、直接、物理的に接続しているので、専用ネットワーク相互接続オプションで、GoogleのCloud Platform(GCP)に相互接続することができる。

 Googleのクラウド・プラットフォーム、Cloud Platform(GCP)に接続した、パートナー・ベンダは、世界のどこからでも、「VPC(Virtual Private Cloud)」などの、高度なGoogleのネットワーキング技術にアクセスできるようになる。

 Partner Interconnectに参加している、パートナーのベンダは、レイヤ2(データ)、または、レイヤ3(ネットワーク)接続サービス、あるいは、その両方を提供する。

 レイヤ2サービスにサインアップする、パートナーのベンダは、自分たちの基盤と、クラウド間の接続のいくつかの側面を構成し確立する責任がある。

 Googleは、Partner Interconnectと、オンプレミスのネットワークと、Googleのネットワーク上の単一の地域との間の、VLANアタッチメント、または、仮想ポイントツーポイント・トンネル毎に、利用料金を請求する。

 この利用料金は、VLANの接続容量に依存する。

 例えば、50MbpsのVLAN接続は、1接続当り、39ドル/月から始まる。

 Googleは、10GbpsのVLAN接続の場合、1接続当り、1700ドル/月を請求する。

 Partner Interconnectとの接続を確立する際に、推奨されるトポロジーに従っている企業に対し、Googleは、パートナーのネットワークと、Googleのネットワークとの間の、専用ネットワーク相互接続に対して、99.99%、または、99.9%の可用性保証を提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月26日 (火)

IDCによると、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の市場は、成長を続けているという。 '18.06.26

【IDCによると、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)の市場は、成長を続けているという。】 '18.06.26

 IDC Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Trackerによると、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)ヘッドセットの世界の出荷台数は、2018年1Qに、前年同期から、30.5%減少し、120万台になったという。2018年6月19日

 2017年に、ベンダは、ハイエンドの高級スマートフォンに、VRヘッドセットを、無料で添付していたが、この無料添付を、2018年の初めに終了した。

 2018年1Qに、ベンダが、スクリーン画面のない、VRヘッドセットの、スマートフォンへの添付をやめた後、VRヘッドセットの出荷台数が、大きく減少した。

 2018年に、VRヘッドセットの出荷台数は、減少を開始したが、IDCは、より多くのベンダが、商用のAR/VRヘッドセット市場をターゲットにしたので、AR/VRヘッドセットの出荷台数の増加が戻るだろう。

 2018年の商用のAR/VRヘッドセット市場において、Oculus Goといった、低価格のスタンドアローンのVRヘッドセットが、出荷台数を増加させた。

 IDCは、2018年のAR/VRヘッドセットの出荷台数が、前年から、6%増加し、890万台になると予測している。

 AR/VRヘッドセットの出荷台数は、今後、5年間に、増加を続け、2022年には、6590万台に達する見込みである。

 IDCによると、2018年1Qにおける、拡張現実(AR)と仮想現実(VR)ヘッドセットの、世界の出荷台数は、前年から、30.5%減少し、合わせて、120万台になったという。

 消費者は、より低い価格で、使い易い、ARとVRヘッドセットの出現を期待している。

 既に、多くの消費者が、LenovoのStar Wars: Jedi Challenges製品といった、スクリーン画面のない、ビューアを通して、AR技術を体験している。

Idc3b
 「Star Wars: Jedi ChallengesのLightsaber Battles」紹介ビデオ

 IDCによると、このようなスクリーン画面のないタイプのARヘッドセットが、この市場において、出荷台数で、リードする見込みであるという。

 スマートフォンに装着しない、スタンドアロンのタイプのARヘッドセットは、2019年までに、既存のブランドが、次世代ARヘッドセットを発売することで、市場において、広く利用できるようになるだろう。

 IDCは、2019年と2021年の間に、より多くのベンダが、ARヘッドセットの分野に参入し、ARヘッドセットの出荷台数が、3桁増加すると予測している。

 より多くのベンダが、ARヘッドセットの分野に参入するので、出荷台数が増加を続けることである。

 また、ベンダは、ARヘッドセットのハードウェアの増加を促す、ソフトウェアやサービスを作成するために、必要な作業を開始した。

 業界ウォッチャーは、Magic Leap、Microsoft、および、他のベンダから、新しいVRヘッドセットが、提供されることを期待している。

 これらのVRヘッドセットに対し、開発者は、この市場において、消費者向けと商用の両方に対し、新たなユーザ経験をもたらす、次世代のアプリを作成している。

 多くの消費者の、拡張現実(AR)ヘッドセットにおける、最初のユーザ経験は、スクリーン画面を持たない、ビューアの形態になるだろう。

 Star Warsのような映画が、過去のホリデーシーズンに、ARヘッドセットの利用を促すことに役立っていたが、ARヘッドセットのコアアプリを超えて、機能が制限されているので、ARヘッドセットの出荷台数が、急速に増加することはないだろう。

 IDCは、しばしば、玩具として販売されている、このようなARヘッドセット製品が、ARヘッドセット市場において、残りがちであるが、出荷台数は、減少すると予測している。

 スタンドアロンのARヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)の出荷台数は、2018年に、19万4000台に達する見込みである。

 スタンドアロンのARヘッドマウント・ディスプレイ(HMD)の出荷台数は、今後、5年間に、年間平均増加率(CAGR)、190.9%で、急速な増加を経験するだろう。

 MicrosoftのHololensやMagic LeapのOneといった、より先進的なARヘッドセットは、商用と消費者向けの市場において、採用を促すのを支援するだろう。

 最終的に、「接続された、VRヘットセット」が、今後、5年間で、年間平均増加率(CAGR)、41.8%で増加するだろう。

 この最新カテゴリは、製品のスマートフォンやタブレットに接続された、AppleのARKitや、GoogleのARCoreをベースにして開発された、より低コストのVRヘッドセットになるだろう。

 IDCは、仮想現実(VR)ヘッドセットの出荷台数が、2018年における、810万台から、2022年の末までの、5年間に、年間平均増加率(CAGR)、48.1%で増加し、3920万台に達すると予測している。

 IDCは、商用のVRヘッドセットの出荷台数が、2018年に、24%増加し、2022年に、44.6%に増加すると予測している。

 プラットフォームの観点から、このVRヘッドセット市場は、Oculusにより支配されていた。

 これは、Oculus Goが、より多くの消費者に、VRをもたらしているので、このOculusによる支配は、近い将来も続くだろう。

 Oculusプラットフォームは、現在、HTCのViveプラットフォームと、MicrosoftのWindows Mixed Realityプラットフォームの両方からの圧力に直面している。

 HP、Dell、および、Lenovoといった、ブランドが、企業の顧客の要求を満たす、ユーザ経験をもたらすので、商用市場において、強力なビジネス機会を見るだろう。

表1) 2018年と2022年における、AR/VRヘッドセット市場の、形態ごとのシェア(%)

  技術                  形態           2018年   2022年

拡張現実(AR)   スクリーンなしビューア      5.0%      1.0%

              スタンドアロンのHMD       2.2%         21.1%

                  接続されたHMD                 1.0%         18.4%

仮想現実(VR)   スクリーンなしビューア      34.5%          4.6%

                   スタンドアロンのHMD          14.8%         33.0%

                   接続された HMD                42.5%         21.8%

合計                                           100.0%        100.0%

グラフ1) 2018年~2022年世界のAR/VRヘッドセットの出荷台数(単位:100万台)の予測

Idc3
 ソース:IDC Worldwide Quarterly AR and VR Headset Tracker、2018年6月19日

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

企業は、ビジネス変革に、どのようにIoTを使用しているか?(2) '18.06.26

【企業は、ビジネス変革に、どのようにIoTを使用しているか?(2)】 '18.06.26

 by Chris Preimesberger、eWEEK

 Hitachi VantaraとForbes Insightsは、現在のIoTの取り組みを評価している、世界中の500人以上の上級役員を対象に、IoTの現在の状況を、よりよく理解するのを支援するよう設計された、調査を実施することで、パートナーを組んだ。 2018年6月19日

Eweek8
 「モノのインターネット(IoT)」は、次の産業革命の中核になり、最近、最も影響力のある、技術動向の1つとして浮上している。

 McKinseyは、IoTが、2025年までに、年間に、11兆ドルの節約と、新たな売上をもたらすと予測している。

 企業のビジネス・リーダは、以前のクラウドのように、IoTが、ITやファクトリ・オートメーション(FA)、分析、人工知能(AI)、ロボット工学などの、新しい画期的な進歩を遂げている、アーキテクチャの混乱であることを、認識し始めています。

 しかし、IoTの可能性を、最大限に引き出すために、意思決定者は、IoT戦略を首尾よく実施し、自社のビジネス価値を高めるためのメリット、課題、ベストプラクティス、要件を十分に理解しなければならない。

 Hitachi VantaraとForbes Insightsは、最近、企業が、現在、IoTの現状を、よりよく理解し、IoTイニシアチブに従事している、世界中の500人以上の上級役員を対象にした、調査に協力した。

 「The Internet of Things: From Theory to Reality.How Companies Are Leveraging the IoT to Move Their Businesses Forward?」と呼ばれる、レポートは、企業が、IoTを使用して、ビジネスの価値を、うまく推進していることを示している。

この記事は、このレポートの抜粋を紹介している。

   (続き)

ポイント5) IoTを構築するときの、最も大きな課題は何か?

 「IoT機能を構築するときの、最も大きな課題は何か?」の質問に対し、

・企業の上級役員の32%は、「投資回収率」であると回答した。

・企業の上級役員の32%は、「IoTの安全性」であると回答した。

・企業の上級役員の31%は、「部門間の協調」であると回答した。

・企業の上級役員の29%は、「異種データの統合」であると回答した。

・企業の上級役員の29%は、「熟練したスタッフの利用可能性」であると回答した。

 しかし、質の高いパートナーは、IoTプログラムを構築するために、景観をナビゲートするのに役立つ。

 Hitachi Vantaraによると、「2018年は、閉じたテストや、小規模で、実験的な展開を超えて、企業が、IoT戦略の開発を開始する年になる。」という。

ポイント6) 何が、IoTの構築を促すか?

 企業は、IoTソリューションを導入し続けているので、成功した企業から学ぶことが、重要である。

 IoTイニシアチブが、期待以上の企業を調査することで、この調査結果は、実装の成功を促す、3つの最適な方法を特定した。

1)企業の上級役員の53%は、「IoTの取り組みが、通常、CIOによって推進されている。」と回答した。

2)企業の上級役員の66%は、「外部のベンダが、IoT計画チームに参加している。」と回答した。

3)企業の上級役員の81%は、「企業が、IoTオペレーションの基礎として、3rdパーティのプラットフォームを使用している。」と回答した。

ポイント7) IoTの運命

 Forbesの調査結果によると、

・企業の上級役員の64%は、「IoTが、今日のビジネスにとって、重要である。」と回答した。

・企業の上級役員の91%は、「将来のIoTイニシアティブの重要性を理解している。」と回答した。

 エッジ・デバイスが、よりスマートになり、ITと運用技術システムが、より密接に関係するようになり、IoTの導入が、倍増している。

ポイント8) IoT成功の主な駆動者

 IoTを受け入れる、企業は、将来のために、より良い準備ができている。

 IoTの導入を成功させるための、推奨事項をいくつか示す。

・技術ではなく、ビジネスケースから開始しよう。

・IoTの包括的な戦略を策定しよう。

・小さく開始し、大きく育てよう。

・IoTソリューションの計画、開発、実装を支援する、スキルや知識がある、共同開発パートナーと提携しよう。

・競争優位の源と、競争上の脅威の両方として、IoTを見よう。

・自分自身、チーム、および、会社における、緊急感を覚えよう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月25日 (月)

IDCによると、パブリック・クラウドの拡張として、世界のクラウドIT基盤の売上は、2018年1Qに、2桁増加を続けるという。 '18.06.25

【IDCによると、パブリック・クラウドの拡張として、世界のクラウドIT基盤の売上は、2018年1Qに、2桁増加を続けるという。】 '18.06.25

 IDC Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Trackerによると、パブリック・クラウドとプライベート・クラウドを含む、IT基盤製品(サーバ、ストレージ、および、イーサーネット・スイッチ)の販売からの売上は、2018年1Qに、前年同期から、45.5%増加し、129億ドルに達した。2018年6月21日

 IDCは、2018年における、クラウドIT基盤の、合計売上が、前年から、21.3%増加し、572億ドルになった。

 2018年1Qにおける、パブリック・クラウド基盤の売上は、前年同期から、55.8%増加し、90億ドルに増加した。

 2018年1Qにおける、プライベート・クラウドの売上は、前年同期から、26.5%増加し、39億ドルに達した。

 パブリックとプライベートのクラウドの売上の合計は、2018年に、世界のIT基盤の支出全体の46.1%を占めた。

 ちなみに、2017年における、これらのクラウドの売上の合計は、41.8%であった。

 過去数年間に、従来の(非クラウド)IT基盤の売上は、減少していた。

 2018年1Qにおける、従来の(非クラウド)IT基盤の売上は、前年同期から、22.0%増加し、151億ドルになり、世界のIT基盤の支出全体の53.9%を占めていた。

 2018年1Qに、世界のすべての地域における、クラウドIT基盤の売上が、前年同期から、2桁増加した。

 2018年1Qに、アジア・パシフィック(日本を除く)地域のクラウドIT基盤の売上は、前年同期から、74.7%と、最も速く成長した。

 2018年1Qに、クラウドIT基盤の売上が、前年同期から、次ぎに速く成長した地域の年間成率は、米国の43.6%、中東&アフリカ(MEA)の42.3%、中央&東欧(CEE)の39.2%、ラテンアメリカの37.7%、カナダの29.4%、西欧の26.1%、および、日本の15.0%であった。

表1) 2018年1Qにおける、世界のクラウドIT基盤ベンダの売上、市場シェア、および、年間成長率のトップ・ベンダ (売上の単位:100万ドル)

         2018年1Q  2018年1Q  2017年1Q  2017年1Q  年間
ベンダ      売上     シェア        売上      シェア    成長率

Dell              $2,049         15.9%           $1,217          13.7%         68.3%

HPE             $1,483         11.5%           $1,166          13.2%         27.2%

Cisco              $923          7.2%             $828            9.3%         11.4%

Inspur             $533          4.1%             $193            2.2%        176.5%

Huawei            $453          3.5%             $271            3.1%         67.1%

ODM直接     $4,503        34.9%          $2,899           32.7%        55.3%

その他           $2,952         22.9%          $2,286          25.8%        29.1% 

合計            $12,896        100.0%          $8,861        100.0%        45.5% 

 IDC's Quarterly Cloud IT Infrastructure Tracker、2018年1Q

グラフ1)2018年1Qと2017年1Qにおける、 世界のクラウドIT基盤のトップ5のクラウド・ベンダの売上シェア(%)

Idc5
 ソース、IDC 2018年

 2018年1Qにおける、クラウドIT基盤の売上の予測は、572億ドルであり、パブリック・クラウドの支出は、クラウドIT基盤の合計の67.0%を占める見込みであり、年間成長率、23.6%であった。

 2018年1Qにおける、プライベート・クラウドの売上は、前年同期から、16.7%増加した。

 従来の(非クラウド)IT基盤における、世界の売上は、企業が、自分たちのIT基盤をリフレッシュし続けるので、2018年に、1年間で、4.2%増加することが期待される。

 従来の(クラウドと非クラウドを含む)IT基盤全体の、世界の売上は、2018年に、2017年の57.8%から減少し、IT基盤製品全体における、合計売上の、54.0%を占めるだろう。

 IT基盤製品全体への支出における、クラウドIT基盤の売上のシェアの増加は、あらゆる地域に渡り、共通して増加している。

 長期的に、IDCは、クラウドIT基盤の売上の、5年間の平均増加率(CAGR)は、10.5%成長し、2022年に、クラウドIT基盤の売上は、777億ドルに達し、トータルなIT基盤製品全体の売上の55.4%を占めると期待している。

 パブリック・クラウド基盤の売上は、クラウドIT基盤への支出の、64.7%を占め、10.2%のCAGRで、成長している。

 プライベート・クラウド基盤の売上は、11.1%のCAGRで成長するだろう。

グラフ2)2016年~2022年における、世界のクラウドIT基盤市場の、展開タイプごとの、売上シェアの予測、(%)

Idc5b
 ソース:IDC 2018年

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

スマート・ウォータ '18.06.25

【スマート・ウォータ】 '18.06.25

 ptc

 ThingWorxとパートナーを組み、以下のような、ソリューションを構築することにより、水と廃水の処理、および、配水システムの、全体的な性能、品質、信頼性を向上させることができる。 2018年6月25日

Iot1a
・水道のパイプの監視&水漏れの検出

・水道のポンプステーションの遠隔監視と管理

・集中ネットワーク・インテリジェンス、監視と制御

・雨水の管理

・グレイウォーター(生活廃水)のリサイクル

 Thingworxとのパートナーから、スマート・ウォータ・ソリューション

・Aquamatixは、水と廃水の処理と、資産管理のための、リアルタイム・センサーと、システム・データを統合する、ソリューションを開発した。

・ThingFarmは、リアルタイムの水質と化学物質を監視するための、ソリューションを開発した。

 スマート・ウォータ - スマート・シティ : クリーンテック・イベント

・住民のために、十分な新鮮で、清潔な水を生産するためには、都市が、水道システムの基本的コンポーネントを改善することが重要である。

・専門家は、地下の水道のパイプの位置を特定し、地図を描く方法から、水漏れを追跡して、分析する計器まで、あらゆることを議論している。

 「スマート・ウォータ - スマート・シティ : クリーンテック・イベント」紹介ビデオ

 IoTプラットフォームは、スマート・ウォータ・ソリューションを可能にする。

 ThingWorxは、先進の分析と、データの視覚化を通して、より良い、エネルギーと資産管理を可能にする。

 「IoTプラットフォーム上に開発する理由」紹介ビデオ

 スマート・ウォーター・ソリューションを、以下に示す。

・DNP3のような、代表的な業界標準プロトコルで、機器を制御するための、リアルタイムなアクセスと接続性

・配水ラインの流量や水圧の監視

・水漏れや、水の盗難を検出するための分析

・予測、予防的な保守、および、異常検出

・資産監視とサプライ・チェーンの最適化

・運用データと資産の健全性を、より良く視覚化するための、拡張現実(AR)機能

 ThingWorxは、上水と下水の管理における、専門知識と応用に注力できるようにする、必要なIoTプラットフォームのコンポーネントの、すべてを提供する。

 また、ThingWorxは、都市、ユーティリティ、水道サービス、産業に、最も強固で、コスト効果的なソリューションを提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

企業は、ビジネス変革に、どのようにIoTを使用しているか?(1) '18.06.25

【企業は、ビジネス変革に、どのようにIoTを使用しているか?(1)】 '18.06.25

 Hitachi VantaraとForbes Insightsは、現在のIoTの取り組みを評価している、世界中の500人以上の上級役員を対象に、IoTの現在の状況を、よりよく理解するのを支援するよう設計された、調査を実施することで、パートナーを組んだ。 2018年6月19日

Eweek8
 by Chris Preimesberger、eWEEK

 「モノのインターネット(IoT)」は、次の産業革命の中核になり、最近、最も影響力のある、技術動向の1つとして浮上している。

 McKinseyは、IoTが、2025年までに、年間に、11兆ドルの節約と、新たな売上をもたらすと予測している。

 企業のビジネス・リーダは、以前のクラウドのように、IoTが、ITやファクトリ・オートメーション(FA)、分析、人工知能(AI)、ロボット工学などの、新しい画期的な進歩を遂げている、アーキテクチャの混乱であることを、認識し始めています。

 しかし、IoTの可能性を、最大限に引き出すために、意思決定者は、IoT戦略を首尾よく実施し、自社のビジネス価値を高めるためのメリット、課題、ベストプラクティス、要件を十分に理解しなければならない。

 Hitachi VantaraとForbes Insightsは、最近、企業が、現在、IoTの現状を、よりよく理解し、IoTイニシアチブに従事している、世界中の500人以上の上級役員を対象にした、調査に協力した。

 「The Internet of Things: From Theory to Reality.How Companies Are Leveraging the IoT to Move Their Businesses Forward?」と呼ばれる、レポートは、企業が、IoTを使用して、ビジネスの価値を、うまく推進していることを示している。

この記事は、このレポートの抜粋を紹介している。

ポイント1) IoTの必然的なビジネスへの影響

・上級役員の64%は、「IoTが、現在のビジネスに、重要であると信じている。」と回答していた。

・上級役員の90%は、「IoTが、自分たちのビジネスの将来に、重要になると信じている。」と回答していた。

ポイント2) IoTの受け入れから実装まで

 企業は、IoTに優先順位を付けるだけでなく、行動を取ろうとしている。

・上級役員の51%は、「自社が、重要なIoTプログラムを運用している。」とか、「これらのプログラムが、自社のビジネスに、とって大きな貢献をしている。」と回答していた。

・上級の49%は、「IoTプログラムの初期段階にある。」か、「実験プログラムを運用している。」と回答していた。

ポイント3) IoTが、新たに出現した技術で、金メダルを獲得

・すべての新たに出現した技術のうち、上級役員は、IoTが、人工知能(AI)、および、ロボット技術を含む、他の技術よりも、高い評価を受けると考えている。

・IoTの重要性が増していることは、機械の接続性とデータへの依存性が、多くの産業の未来になっているという認識の高まりから生じる。

 Hitachi VantaraのCTOによると、「IoTは、高度に自動化された製造業者にも、農業のような手作業指向の農業にも、 天候や土壌条件、機器の保守などに関する情報のも、利便性を提供できる、チャンスである。」という。

ポイント4) IoTの保留中のグローバルな支配

 IoTは、新たに出現した技術として、認識されている。

 特に、ヨーロッパ、北米、アジア・パシフィックの、先進国の企業は、IoTを採用している。

・企業の上級役員の55%は、「IoT技術が、顧客経験に影響を与えている。」と回答した。

・企業の上級役員の48%は、「IoT技術が、財務に影響を与えている。」と回答した。

・企業の上級役員の42%は、「IoT技術が、資産管理に影響を与えている。」と回答した。

 この広範な影響の1つの理由は、製品ベースのセンサーが、製造から、流通、および、顧客に至る、ユニットを追跡する場合など、IoTが、多岐に渡る機能に、影響することがよくあることである。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月24日 (日)

IDCによると、世界のストレージ市場は、2018年1Q中に、34.4%増加したという。 '18.06.24

【IDCによると、世界のストレージ市場は、2018年1Q中に、34.4%増加したという。】 '18.06.24

 IDC Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Trackerによると、世界のエンタープライズ・ストレージ・システムの売上は、2018年1Q中に、前年同期から、34.4%増加したという。2018年6月6日

 世界のストレージ・システムのトータル容量は、2018年1Qに、前年同期から、79.1%増加し、98.8エクサバイトになった。

 超大規模なデータセンターへ、直接、販売する、OEMのグループにより、生み出される、売上は、2018年1Qに、前年同期から、80.4%増加し、31億ドルになった。

 超大規模なデータセンターへ、直接、販売する、OEMのグループにより、生み出される、売上は、2018年1Q中における、エンタープライズ・ストレージへの投資の全体の、23.9%を占めていた

 2018年1Qにおける、サーバ・ベースのストレージの売上は、1年前から、34.2%増加し、36億ドルになり、サーバ・ベースのストレージへの投資の、28.0%を表している。

 2018年1Qにおける、外部ストレージ・ストレージ・システムの売上は、前年同期から、19.3%増加し、63億ドルになった。

 パブリック・クラウドのリソースや、世界のエンタープライズ・ストレージのリフレッシュの需要は、世界の、新しいエンタープライズ・ストレージへの投資を促していた。

 今日のエンタープライズ・ストレージ・システムで、最も一般的に求められる、ソリューションは、新たなデータセンターの効率、運用の簡素化、および、次世代の包括的なサポートを促す、ソリューションである。

 1Q18 Total Enterprise Storage Systems Market Resultsレポートによると、Dellは、2018年1Qにおける、最大のサプライヤであり、2017年1Qに、世界のエンタープライズ・ストレージ・システムの売上が、43.0%増加した。

・HPEは、2018年1Qに、エンタープライズ・ストレージ・システムの売上の、17.7%のシェアを占める、2番目に大きなサプライヤであった。

 HPEの、2017年1Qにおける、エンタープライズ・ストレージ・システムの売上は、前年同期から、18.3%増加していた。

・NetAppは、2018年1Qにおける、エンタープライズ・ストレージ・システムの売上が、2017年1Qから、21.7%増加し、売上全体の6.8%を占め、3番目に大きなベンダになった。

・日立やIBMは、2018年1Qにおける、エンタープライズ・ストレージ・システムの売上のシェアが、それぞれ、3.6%と3.0%と、統計的にタイで、4番目に大きなベンダであった。

 2018年1Qにおける、ODMによる、ストレージ・システムの売上は、直接、超大規模なデータセンターの顧客からもたらされ、2017年1Qにおける、売上から、80.4%増加し、世界の支出の23.9%を占めていた。

表1)2018年1Qにおける、トップ5ベンダの、世界のエンタープライズ・ストレージ・システムの売上シェア (売上の単位:100万ドル)

          2018年1Q   2018年1Q  2017年1Q  2017年1Q  年間
ベンダ       売上      シェア       売上      シェア    増加率

Dell              $2,815.0         21.6%         $1,968.2        20.3%         43.0%
HPE             $2,307.2         17.7%         $1,950.1        20.1%         18.3%

NetApp           $890.1          6.8%            $731.6          7.6%         21.7%

日立               $464.4          3.6%            $460.1          4.8%          0.9%

IBM                $387.0          3.0%            $455.3           4.7%       -15.0%

ODM直接      $3,111.5        23.9%          $1,725.0         17.8%        80.4%

その他           $3,035.7        23.3%         $2,392.0         24.7%        26.9%

ベンダ合計   $13,010.9       100.0%         $9,682.4        100.0%        34.4%

 ソース : IDC Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker、2018年6月5日

・Dellは、2018年1Qにおける、世界最大の外部エンタープライズ・ストレージ・システムの売上の32.9%を占めるエンタープライズ・ストレージ・システムのトップ・サプライヤであった。

・NetAppは、2018年1Qに、世界の外部エンタープライズ・ストレージ・システムの売上の14.2%のシェアを占めており、2番目に大きなベンダであった。

・HPEは、2018年1Qに、世界の外部エンタープライズ・ストレージ・システムの売上の10.4%のシェアを占めており、3番目に大きなベンダであった。

・日立とIBMは、2018年1Qに、世界の外部エンタープライズ・ストレージ・システムの売上で、それぞれ、7.3%と5.8%のシェアを占め、5番目に大きなベンダであった。

表2)2018年1Qにおける、トップ5ベンダの、世界の外部エンタープライズ・ストレージ・システムの売上シェア (売上の単位:100万ドル)

          2018年1Q  2018年1Q  2017年1Q  2017年1Q  年間
ベンダ       売上      シェア       売上    シェア      増加率

Dell             $2,060.1        32.9%        $1,424.3          27.2%         44.6%
 
NetApp          $890.1        14.2%           $731.6         14.0%          21.7% 

HPE              $652.2        10.4%            $596.1        11.4%            9.4% 

Hitachi           $457.9         7.3%            $449.1          8.6%            2.0% 

IBM               $364.2          5.8%           $440.6           8.4%         -17.3% 

その他          $1,830.7        29.3%        $1,599.9         30.5%          14.4%
 
ベンダ合計    $6,255.0       100.0%        $5,241.6        100.0%         19.3% 

 ソース : IDC Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker、2018年6月5日

グラフ1) 2017年1Qから、2018年1Qにおける、世界の外部ストレージ・システム・ベンダの、売上シェア

Idc2
 ソース : IDC 2018年

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

調査によると、英国の大人の、自動運転車に対する、好意的な認識が、損なわれているという。 '18.06.24

【調査によると、英国の大人の、自動運転車に対する、好意的な認識が、損なわれているという。】 '18.06.24

Int4
 エンタープライズ情報管理会社、OpenTextが、英国の大人、2000名を対象に実施した、調査は、自動運転技術の公的な支援や、好意的な認識が、低下していることを明らかにしている。 2018年6月21日

 By Andrew Hobbs、internet of business

 エンタープライズ情報管理会社、OpenTextは、英国の大人、2000名を対象に、自動運転車に関する、アンケート調査を実施した。

 この調査は、英国の大人が、自動運転車が、今後、15年間に渡る、自分たちの生活の一部になると、どれぐれい信じているかに、焦点を合わせている。

・英国の大人の60%は、「今後、15年間で、自動運転車の台数が、従来型の自動車より、台数が多くなると思う。」と回答した。

・英国の大人の52%は、「例え、自運転車が、普通の車と、同じ価格であっても、普通の車を購入するだろう。」と回答した。

・英国の大人の48%は、「例え、自運転車が、普通の車と、同じ価格であっても、自動運転車を購入するだろう。」と回答した。

 今回の調査で、英国の大人の、自動運転車に対する認識が衰えたことが分かった。

 今回(2018年6月)の調査では、英国の大人の31%は、「今後10年~15年に、道路を走行している、自動運転車の台数が、従来の普通の車の台数を上回ると考えている。」と回答していた。

 これに対し、前回(2017年6月)の調査では、英国の大人の66%は、「今後10年~15年に、道路を走行している、自動運転車の台数が、従来の普通の車の台数を上回ると考えている。」と回答していた。

 同様に、2017年6月の調査では、英国の大人の24%は、「自動運転車の乗客として、快適に感じる。」と回答していた。

 これに対し、2018年6月の調査では、英国の大人の19%が、「自動運転車の乗客として、快適に感じる。」と回答していた。

 英国の大人を対象に実施された、この調査は、最近実施された、米国の調査結果を受けて行われた。

今回の調査結果で、英国の大人の自動運転車に対する信頼が、低下していることが分かった。

 これは、2018年3月に、自動運転モード(ソフトウェア制御下)で走行していた、UberとTeslaの、2台の自動運転車が、2018年3月に起こした、2人ドライバーの死亡事故を受け、自動運転車に対する、英国の大人の信頼が大幅に低下したことを示している。

 この調査の結果は、我々が、自動運転車の変遷の時代にいることを示している。

 2018年3月の調査では、英国の大人の23%が、「運転手のいない自動運転車の、すべての交通規則に従う能力が、完全自動運転車の安全性を向上させていると思う。」と回答していた。

 これに対し、2017年3月の調査では、英国の大人の42%が、「運転手のいない自動運転車の、すべての交通規則に従う能力が、完全自動運転車の安全性を向上させていると思う。」と回答していた。

 これは、自動運転車の安全性に対する、英国の大人の信頼が低下していることを示している。

 Bridgerは、自動車メーカは、自動運転車が、大きなメリットをもたらすことを認識し、あらゆる条件での、走行テストを続け、データを収集して、フィードバックさせ、顧客を安心させるための、人身事故を減少させる、実績を示し、技術が、安全で信頼できるものであることを保証する、必要があると提案した。

 AI技術は、自動車メーカが、データに基づいて、自動運転ソリューションを分析、適応、提案することを可能にするだろう。

 自動運転車が、より一般的になるにつれて、自動運転車が生み出す、データは、自動車メーカにとって、強力な資産になるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Googleのデータセンター施設のある、サウスカロライナ州地域で、ウォーター・ウォーズが、発生する可能性がある。 '18.06.24

【Googleのデータセンター施設のある、サウスカロライナ州地域で、ウォーター・ウォーズが、発生する可能性がある。】 '18.06.24

Google1a
 大規模データセンターの施設は、膨大な電力や、大量の冷却水を必要としている。2017年4月23日

 By MashableAsia

 Googleは、サウスカロライナ州チャールストンの近くに、複数の大規模なデータセンターの施設があり、水不足の問題を抱えている。

 このため、Googleは、電力と水の消費を減らし、汚水を再利用することに取り組んでいる。

 Googleは、帯水層から、1日当たり150万ガロンの水を引き出して、サウスカロライナ地区のデータセンターのサーバを冷却するのに使用したいと考えている。

 同社のデータセンターでは、既に、1日当たり、約400万ガロンの地表水を使用しているが、Post and Courier新聞によると、居住者、自然保護主義者、地域の水道事業の指導者の中には、サウスカロライナ州政府当局が、Googleの地下水を汲み出す要求に対する、許可を延期すべきだと、主張している人がいるという。

 サウスカロライナ州地域の帯水層は、何十年も何世紀にも渡って、地表から湧き出る水を含んでいるが、この地域の、最近の住宅と商業のブームのために、帯水層の地下水の需要が、大幅に増えている。

 新たな産業、農場、および、住宅や商業施設の増加で、帯水層が補充できる水量よりも早く、水が汲み出されているとみられ、サウスカロライナ州での「ウォーター・ウォーズ」が発生すると報じられた。

 水の需要が増え、帯水層の水が枯渇する可能性がでてきたので、州と連邦の科学者は、サウスカロライナ州地域の帯水層の地下水を枯渇させることなく、どれくらいの水量を採取できるかを把握しようとしている。

 Googleだけが、水の問題に取り組んでいる、ITベンダではない。

 オレゴン州のPrinevilleにある、Facebookのデータセンターは、淡水の確保で、地域の農家や、住宅や商業施設と競合し、水の問題に取り組んでいる。

 6年間の干ばつを迎えたばかりの、ユタ州では、ソルトレークシティのeBayのデータセンターも、淡水を確保することに取り組んでいる。

 Lawrence Berkeley National Laboratoryによると、2014年に、米国内のデータセンターは、サーバの冷却などのために、約6260億リットル(1650億ガロン)の水を消費していたという。

 また、米国内のデータセンターにおける、水の年間の消費量は、2020年までに、約6600億リットル(1740億ガロン)に増加する可能性があります。

グラフ1)米国のデータセンターの水の消費量 直接と間接

Google1b
 ソース:lawrence berkeley national laboratory

 データセンターは、水と共に、大量の電力を消費するので、環境を配慮して、省エネと、再生可能エネルギーで発電した、電力を使用することにも取り組んでいる。

 例えば、Googleは、世界中のデータセンターやオフィスで消費する電力に、風力発電や太陽光発電から得られた電力を、全面的に使用することを計画している。

 カリフォルニア州のITベンダは、データセンターで使用する、冷却技術を定期的に更新し、再設計している。

 また、データセンターは、水道水の使用量を減らすために、海水、河川、工業用水、施設の生活排水をリサイクルした灰色の水、あるいは、雨水などを、再利用している。

 気温の低い地域では、サーバなどを冷却するために、水冷ではなく、外気冷却に頼っている、データセンターもある。

 Googleは、サウスカロライナ州地域のデータセンターで、サーバなどを冷却するための水源として、雨水を蓄えた池の水を利用することを模索している。

Google1c
 Googleの、サウスカロライナ州の保健環境管理局への許可申請によれば、データセンター施設のために、他の水冷の代替案を検討しており、地下水を、ポンプで汲み出して、冷却水として、利用するのが、最も容易に実現できる解決策であると判断したという。

 Post and Courier新聞によると、Googleは、サウスカロライナ州の水と衛生の部門と、非公開の契約を結んでおり、Googleは、使用する水量や支払額に関する情報を公開していないという。

 サウスカロライナ州の保健環境管理局は、2018年5月に、Googleに対する、の地下水の使用許可を決定する予定である。

 反対派は、サウスカロライナ州政府関係者が、米国地質調査所が、地域の地下水の容量に関する調査を完了するまで、Googleに、地下水の利用許可を与えるのを待つことを望んでいる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月23日 (土)

デジタル・アシスタントが、スマート・ホーム・デバイス市場の成長を支配する。 '18.06.23

【デジタル・アシスタントが、スマート・ホーム・デバイス市場の成長を支配する。】 '18.06.23

 IDCによると、デジタル・アシスタントが、スマート・ホーム・デバイス市場の成長を支配するという。2018年6月21日 

 IDCは、2018年に、スマート・スピーカ、デジタル・メディア・アダプタ、スマート照明、および、スマート・サーモスタットといった、世界のスマート・ホーム・デバイスの合計出荷台数は、前年同期から、26.8%増加して、5億4950万台になると予測している。

 このスマート・ホーム市場において、最もホットな分野は、スマート・スピーカと、ビデオ・エンターテインメント分野の製品であり、これらのスマート・ホーム・デバイスの出荷台数は、2018年に、この市場の71%を占める見込みである。

 ビデオ・エンターテインメント分野の、主な製品には、スマートTVやデジタル・メディア・アダプタがある。

 IDC Worldwide Quarterly Smart Home Device Trackerによると、2018年から2022年における、これらのスマート・ホーム・デバイスの、年間平均出荷台数(CAGR)は、12.0%になる見込みであるという。

 IDC Worldwide Quarterly Smart Home Device Trackerによると、スマート・ホーム・デバイスのメーカは、自社のスマート・ホーム・デバイスに、AmazonのAlexaやGoogleのAssistantといった、音声対応デジタル・アシスタントや、他の代表的なサービスを組み込み、スマート・スピーカと、ビデオ・エンターテインメント分野の製品の競争力をつけているという。

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ホーム・デバイスは、今日、この分野をリードしている。

 Googleは、同社のAssistantデジタル・アシスタントを、スマートフォン、PC、スマート・スピーカだけでなく、スマートTVやデジタル・メディア・アダプタ、車載システムなどに組み込む、世界のブランドが増えている。

 これらの世界のブランドのスマート・デバイスを購入する、消費者が増え、GoogleのAssistantデジタル・アシスタントが、将来、この分野で、支配的になることが、予測されている。

 しかし、デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマートTVやデジタル・メディア・アダプタのような、高価なスマート・デバイスの出荷台数は、スマート・アシスタントを組み込んだ、手頃な価格の、スマートフォンや、スマート・スピーカの出荷台数よりも、依然として、少ないままである。

 より多くのベンダが、デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカのような、より手頃な価格のスマート・デバイスを生産し、このスマート・デバイス市場に参入してきているので、この傾向は、近い将来、変化する可能性がある。

 Amazonのデジタル・アシスタント、Alexaを組み込んだ、ストリーミング・プレイヤーFire TV Cubeや、Google Assistantを組み込んだ、スマートTV、LGのSuper UHD LCD TVやOLED TVの製品ラインが、最近、このスマート・デバイス市場に参入している。

 これらデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・デバイスを購入する、消費者が増えている。

 AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカの出荷台数は、依然として、このスマート・デバイス市場において、大きなシェアを占めている。

 しかし、Googleも、スマート・スピーカの出荷台数に、勢いを付けており、Amazonのスマート・スピーカの出荷台数に迫る兆候を示している。

 これに対し、Appleは、HomePodスマート・スピーカは、価格が高く、同社のデジタル・アシスタント、Siriは、AmazonのAlexaやGoogle Assistantほど、ポピュラーでなく、販売や出荷台数を増やすことに苦戦している。

 ビデオ・エンターテインメント分野の製品やスマート・スピーカ以外に、Amazonは、最近、Ringを買収しており、IDCは、Amazonが、家庭用の監視カメラや、スマート・ドア・ロックといった、ホーム・セキュリティ分野において、スマート・ホーム・デバイスの出荷台数を増加させることを期待している、

 Nestのスマート・ホーム・デバイス製品のような、契約サービス・タイプの、スマート・ホーム・デバイスは、従来のスマート・ホーム分野のサービス・プロバイダから、シェアを奪いがちである。

 コネクティッド・サーモスタット、スマート照明、および、他のスマート・ホーム・デバイスが、スマート・ホーム・デバイス市場の、残りの市場を占めるようになる。

 2018年から2022年までの、これらのスマート・ホーム・デバイスの売上は、年間平均増加率、25.3%で増加することが期待されている。

表1)2018年と2022年における、製品カテゴリごとの、スマート・ホーム・デバイスの売上(単位:10億ドル)

製品カテゴリ        2018年売上   2022年売上  2018年~2022年CAGR

家庭の監視カメラ         $7.5               $16.5               21.7%
照明                  $1.8                 $4.6               27.0%
その他               $25.4               $48.2               17.4%
スマート・スピーカ        $11.8               $27.8                23.7%
サーモスタット            $2.9                $8.3                30.1%
ビデオ娯楽          $157.4              $192.1                5.1%

合計                $206.8              $297.5                9.5%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Smart Home Device Tracker、2018年6月

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Salesforceは、新たな電子商取引サービスを、CRMプラットフォーム向けの、Einstein AI機能に付加する。 '18.06.23

【Salesforceは、新たな電子商取引サービスを、CRMプラットフォーム向けの、Einstein AI機能に付加する。】 '18.06.23

 Salesforceは、同社のクラウド・ベースの顧客関係管理(CRM)プラットフォーム用に設計された、新たな電子商取引サービスと、マーケティング・サービスを発表した。 2018年6月14日

Eweek6
 by David Needle、eWEEK

 Salesforceは、2018年6月13日に、シカゴで開催された、Connectionsコンファレンスで発表された、クラウド・サービスのポートフォリオを構築している。

 これらのクラウド・サービスの中には、商用のクラウドの一部で、新しい電子商取引サービスである、Salesforceの「B2B Commerce」がある。

 Salesforceの「B2B Commerce」は、消費者を対象とする、ビジネス・バイヤーのための、豊富な、ブランド化された、電子商取引体験を作成するのに役立つ。

 B2B Commerceが、どのように機能するかを示すために、Salesforceは、Webサイトを通じて、消費者に、スポーツ用品を販売する、メーカの例を挙げている。

 SalesforceのB2B Commerceは、複数のチャネルに渡り、統一された電子商取引経験を提供し、メーカが、B2Cユースケースとして、同じツールで、小売業者や流通業者に、製品を販売できるようにする。

 マーケッターは、同じプラットフォーム上に、ネイティブに構築された、B2B顧客のための、消費者的なショッピング経験を作り出すことができる。

 これは、再販業者や卸売業者にとって、Webサイトでの、消費者ショッピングと同じ、ショッピング経験である。

 「Interaction Studio」は、クラウド・サービスの「Salesforce Marketing Cloud」ポートフォリオへの、新たな追加である。

 マーケッターには、企業のチャネルや、Webサイトでの、オンラインの行動に基づいて、消費者に「次に良い提案」を、いつ提供するかなどの、リアルタイムな管理機能を提供している。

 Interaction Studioは、パーソナライズされた電子メール、アプリの通知、店舗でさえ、顧客のプロフィールを表示して、オファーの推奨事項を見ることができます。

 「キャンペーンのオーケストレーション」の機能には、Interaction Studioの意思決定エンジンを使用して、マーケッターが、ビジネス・ルールやフリークエンシー・キャップで、キャンペーンを、よりうまく管理できるよう支援する機能や、消費者に適切な提案ができるよう支援する機能もある。

 第3の機能である、Lifecycle Insightsは、マーケッターが、顧客エンゲージメントの傾向や、消費者が、電子メールのキャンペーンや、電子商取引サイトでの提案に、反応しているかどうかといった、分析と視覚化を提供する。

 Salesforceは、Einsteinという名前で販売している、AI機能のリストも追加されている。

 新しい「Einstein Segmentation」は、Salesforceデータ管理プラットフォーム内で、数10億人の消費者のシグナルを分析するのに、機械学習とパターン分析を使用している。

 このアイデアは、企業が、自分たちのブランドのために、顧客を特定し、Webサイトを訪問した、すべての人に送信される、同じ内容のメッセージではなく、それぞれの顧客の興味に合った、メッセージを提供するのを、支援することである。

 例えば、アウトドア用品やアパレルの小売業者は、異なったメッセージで、売り出すことができる、Solo BackpackersとGadget Enthusiastsを、別個のペルソナとして識別することができる。

 新しい「Einstein Splits」は、Salesforceの「Journey Builder」に直接組み込まれた、予測的なスプリット・フロー制御機能である。

 「Journey Builder」は、「Salesforce Marketing Cloud」の一部として、顧客が、ブランドとの関係を維持することを考慮している段階を、追跡したり、管理したりできるようにする。

 Journey Builderは、顧客が、オープンしたり、クリックしたり、契約を取り消したり、あるいは、変更したりする、可能性を特定するなど、さまざまな予測機能を提供する。

 マーケッターは、さまざまな販売チャネル、コンテンツ、および、販売戦術を使用して、消費者を引き寄せ、維持すると共に、売上を拡大できるようになる。

 Salesforceによると、ビジネスの専門家やマーケッターは、データ科学者の助けを借りることなく、Journey Builderの、さまざまな予測機能を、容易に利用できるようになるという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Telefonicaによると、5Gネットワークは、自動運転車を変革するという。 '18.06.23

【Telefonicaによると、5Gネットワークは、自動運転車を変革するという。】 '18.06.23

 Telefonicaによると、5Gネットワークは、将来の自動運転車やスマートシティにおいて、重要な役割を演じるようになるという。 2018年6月12日

Int1
 By Sandra Vogel、Internet of Business

 スペインの大手通信会社、Telefonicaの革新責任者である、Mercedes Fernandez氏は、スペインで、エンドツーエンドの5Gネットワーク対応の、スマート・シティの計画を推進している。

・Internet of Business

 Telefonicaの5Gネットワーク技術都市プロジェクトである、スマート・シティ・イニシアティブの目的は何か?

・Mercedes Fernandez氏

 5Gネットワーク技術都市プロジェクトは、2018年から、2020年までの、3年計画である。

 Telefonicaは、スペインの2都市(SegoviaとTalavera de la Reina)のモバイル・ネットワークに、5Gネットワークが利用できるようになるまで、現在の4Gネットワークを改善し、進化させていく。

・Internet of Business

 この5Gネットワーク技術都市プロジェクトは、1月に発表されたが、それ以来、どのような進歩があったか?

・Mercedes Fernandez

 Telefonicaは、プラグイン5Gネットワークを、4Gネットワークに、実装することで、5Gネットワーク技術都市プロジェクトの計画を開始した。

 2018年末には、5Gネットワーク自体を導入する予定であり、当初、スタンドアロンの実装ではなく、5Gネットワークは、進化する4Gネットワークにより、サポートされる。

 2019年には、Telefonicaは、5Gネットワークを、スタンドアロンの実装として展開する。

 プラグイン5Gネットワークは、最大1Gbpsのピーク速度を得るために、4Gネットワークの性能を向上させることに重点を置いている。

 Telefonicaは、これを達成するために、新しい周波数帯、キャリア集合、新しい変調、マルチ・アンテナ技術を使用している。

 また、Telefonicaは、「マルチ・アクセス・エッジ・コンピューティング(MEC)」の遅延削減機能の向上にも注力しており、待ち時間を短縮するために、コンテンツ、および、アプリを、顧客が利用する場所の近くに配置する。

 2018年の2Qか3Qに、MECの遅延削減機能などを、スペインの2都市(SegoviaとTalavera de la Reina)で実施したいと考えている。

 2018年4月10日に、Telefonica、Ericsson、EasyMile、CarMediaは、MECの遅延削減機能などを使用する、新たなバンドである3.5GHz帯を使用して、EZ10自動運転シャトルに搭載された、最初の5Gネットワークのデモを披露した。

 このデモでは、ビデオ会議やメールといった、アプリを利用できる、作業環境を持つ、自動運転シャトルで、5Gネットワークが、どのように使用され、役に立つているのかが、披露された。

 スタンドアロンの自動運転シャトルの車載システムは、毎日、数テラバイトのデータを生成し、カメラを含む、さまざまなセンサーやアンテナから得られる、映像を含む、さまざまな情報を収集し、リアルタイムに分析することで、車の制動や車線変更などの、意思決定や対応を、数ミリ秒で完了する必要がある。

・Internet of Business

 EZ10自動運転シャトルのような車両は、ロンドン、パリ、ローマなどの、大都会で、どのようなことに、使用できると思うか?

・Mercedes Fernandez

 自動運転シャトルの未来について、適切な意見を述べるのは、時期尚早である。

 このデモは、自動運転シャトルを例にして、この分野において、5Gネットワークを利用する上での、利点を示すことを目的にしている。

 「Telefonicaの、自動運転シャトルを例にした、5Gネットワークのデモ」の紹介ビデオ

 5Gネットワークは、特に、高スループット、低遅延のアプリに、多くの機能を提供している。

 このデモで紹介した、自動運転シャトルの車載システムには、クラウド・サービスと、エッジ・コンピューティングの両方を使用して、さまざまなセンサーやカメラなどから得られる、膨大な情報を、収集し、転送し、分析して、フィードバックすることが要求されている。

 この膨大な情報の転送には、高速で、低遅延で、信頼性の高い、5Gネットワークが、利用されるようになるだろう。

 5Gネットワークは、モバイル・ユーザのデバイス(スマートフォンや、ノートPCなど)、スマート・シティの基盤(交通制御システムや、スマート・グリッドなど)、および、他の交通システム(電車、バス、船舶、旅客機など)の、インターネット時代の高速セルラー通信ネットワークとして、利用されるようになるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月22日 (金)

IDCが、2018年の世界のウェアラブル市場を予測した。 '18.06.22

【IDCが、2018年の世界のウェアラブル市場を予測した。】 '18.06.22

 IDCによると、世界のウェアラブル市場は、リストバンドの出荷台数が、フラットに推移し、スマートウォッチの出荷台数は、増加を続けた。2018年6月18日

 世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2018年末までに、前年から、8.2%増加して、1億2490万台になった。

 IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Trackerによると、2017年に、世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数は、前年から、10.3%増加したが、このウェアラブル市場は、2019年から2022年まで、2桁の増加に戻ることが期待されているという。

 スマートウォッチは、今日、持っている以上の、機能を持つよう進化するだろう。

 2022年のスマートウォッチは、今日のスマートウォッチを、風変わりなものにするだろう。

 ヘルスケアとフィットネスは、セルラー通信接続機能を持ち、他のモノのインターネット(IoT)デバイスやシステムと統合されると、出荷台数の増加が開始されるだろう。

 このスマートウォッチ市場は、この数年間に、順調な成長を目指している。

 Qualcommの、ウェアラブル・デバイス分野向けの、将来のシリコンの設計は、自分たちの製品を構築するために、ブランドに、プラットフォーム・ソリューションを提供することにより、供給を促すことにも、役立つ可能性が高い。

 カテゴリのハイライト

 スマートウォッチは、2022年の末までに、出荷される、すべてのウェアラブル・デバイスの出荷台数全体の、44.6%を占めると、予測されている。

 Appleは、消費者に、より受け入れられるように、最新のスマート・ウォッチに、セルラー通信接続機能を持たせることを決定した。

 Appleが、セルラー通信接続機能を利用する、開発者と共に、消費者に、この能力を持たせることは、他のベンダよりも、時間がかかる。

 スポーツ・ウォッチ、子供の時計、および、ハイブリッド・ウォッチからなる、今日の、基本ウォッチの出荷台数は、2018年から、2022年まで、年間平均成長率(CAGR)、7.4%で増加する。

 これらの基本ウォッチは、長寿命のバッテリー、シンプルなユーザ・インタフェース、および、高いファッション指向のデザインといった、多くの利点を提供するが、このカテゴリは、2018年の23.7%から、2022年の19.7%に、減少するので、スマートウォッチの影にとどまっている。

 このカテゴリ全体は、多くのスポーツ・ウォッチや、子供用の時計のベンダは、自分たちのユーザ・ベースから、売上を増加させる、より高価なスマート・ウォッチへの移行に、焦点を合わせている。

 リストバンドの出荷台数は、2018年に、6.6%減少することが、期待されており、Fitbitや、Garminのような、このウェアラブル市場をリードしているベンダは、スマートウォッチの出荷台数を伸ばしている。

 2018年以降に、このカテゴリのウェアラブル・デバイスの出荷台数は、フラットに、増加することが期待されている。

表1) 2018年から2022年までの、世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数(単位:100万台)とシェアの予測

スマート       2018年    2018年    2022年    2022年    年間
ウォッチのOS     出荷台数    シェア   出荷台数    シェア    増加率

watchOS               20.2           16.2%         34.5           17.3%        14.3%
Wear OS               5.4             4.3%         19.6             9.8%        38.0%
Android                 8.0             6.4%         17.4             8.7%        21.3%
その他                  9.8             7.8%         17.6             8.8%        15.7%

小計                    43.5            34.8%         89.1           44.6%        19.6%

リストバンド           45.1           36.1%         45.9            23.0%         0.4%
基本ウォッチ         29.6           23.7%          39.3           19.7%         7.4%
イヤウェア              2.2             1.8%         12.6             6.3%        54.4%
衣服                  3.4             2.7%          11.7             5.9%        36.4%
その他                   1.2            0.9%            1.2             0.6%         0.7%
 
合計                   124.9         100.0%       199.8          100.0%        12.5%
 
 ソース: IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Tracker、2018年6月18日

グラフ1) 2018年世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数の予測 (単位:100台) 

 基本ウェアラブルとスマート・ウェアラブル

Idc1
 ソース: IDC 2018年

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

IBMは、地域クラウド・サービス基盤の能力の主な拡張を発表する。 '18.06.22

【IBMは、地域クラウド・サービス基盤の能力の主な拡張を発表する。】 '18.06.22

 顧客は、IBM Cloud Kubernetes Service経由で、複数の区域に渡り、Kubernetesクラスタを展開できるようになるだろう。 2018年6月12日

Eweek4
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 2018年1Qに、世界のクラウド・サービスの売上の33%を占める、トップのAmazon Web Service(AWS)と、売上の13%を占める、2位のMicrosoft Azureを追いかける、売上の8%を占める、3位のIBMは、独自のクラウド・サービス基盤の能力の拡張を発表した。

 ちなみに、Googleは、世界のクラウド・サービスの売上の6%を占め、4位であった。

グラフ1)2015年4Qから2018年1Qにおける、世界のクラウド基盤サービスの売上シェア(%)  (IaaS、PaaS、ホストされたプライベート・クラウド)

Eweek4g
 ソース:Sinargy Research Group

 クラウド・サービス基盤に、30億ドルを投資した、IBMは、北米、ヨーロッパ、および、アジア・パシフィックに渡り、IBM Cloudを利用できるようになる、18区域を開設する計画をしている。

 新たに利用可能になる区域には、クラウド・サービスの需要が多い、ヨーロッパ(ドイツと英国)、アジア・パシフィック(東京とシドニー)、および、北米(ワシントン、DC、ダラス、テキサス)が含まれる。

 新たに利用可能になる区域に構築される、IBM Cloudのデータセンターには、独立した電源、冷却装置、ネットワーキングを持つ、データセンター内のクラウドの、隔離されたインスタンスがある。

 IBM Cloudのデータセンターは、既に、世界の60ヶ所近い場所に構築され、運用されており、付加的なストレージ容量や計算能力を持っている。

 また、顧客は、IBM Cloud Kubernetes Service経由で、利用可能な区域全体に、複数区域のKubernetesクラスタを導入できるようになり、コンテナ化アプリを、展開し、管理する方法を簡素化し、一貫性を向上させることができるようになる。

 現在、IBMの顧客のデータの85%は、オンプレミスに常駐してるが、これらのデータの大半は、時間とともに、クラウドに移行している。

 ワークロードを、クラウドに移行するには、高い復元力、高い冗長性、高い可用性を備えた、着陸点を確保する必要がある。

 特に、より大規模な企業は、顧客や新しい規制要件に応じて、ITシステム用に複数の層を構築している。

 これら複数の区域は、パブリック・クラウド環境において、これらの回復力のあるアプリを配信したり、展開したりする機能を提供するようになる。

 IBMが拡張する、地域のデータセンターの場所の多くは、2018年5月25日に、欧州連合(EU)が制定した、一般データ保護規則(GDPR)への対応が必要な地域である。

 GDPRにより、企業は、特定の国の、国境界内にある、特定のデータセンター内で、ビジネス・データを保存し、維持、管理する必要がある。

 28カ国の欧州連合(EU)には、顧客を持つ多国籍企業の数が多いことから、一般データ保護規則(GDPR)は、実際には国際的なデータ・ストレージ、および、セキュリティの事実上の規則になっている。

 国内のデータプライバシー要件を満たす、多国籍企業の顧客に対応しなければならない。

 例えば、ドイツでは、一般データ保護規則(GDPR)に加え、クラウド・コンピューティングのコンプライアンス・コントロール・カタログや情報セキュリティに関する、C5 Attestationがある。

 これらの新しい規制は、すべて、企業や業界に大きな影響を与える。

 Duvverによると、最大手の多国籍企業、ExxonMobil、Bausch + Lomb、および、Westpacは、ワークロードを、IBM Cloudへ移行するという。

・最大手の石油&ガス会社、ExxonMobilは、同社の、Speedpass+Tモバイル・アプリ向けの基盤として、IBM Cloudを採用した。

 Speedpass+Tアプリは、米国の、1万1000カ所以上のExxon and Mobilガソリン・ステーションで利用される。

・最大手のヘルスケア会社、Bausch + Lombは、次世代の白内障手術システム、Stellaris EliteT用に、IBM Cloudを使用している。

・オーストラリア最大の金融サービス・プロバイダである、Westpacは、オーストラリアにある、IBM Cloudに移行する。

 これにより、Westpacは、データ保護とプライバシー保護に関する、規則を遵守しながら、金融アプリや、顧客ソリューションを迅速に、市場に投入できるようになる。

 2017年に、IBMは、クラウド・サービス関連の売上が、177億ドルになったと報告した。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

消費者協会(Consumers' Association)が、スマート・ホーム・デバイスにおける、個人データの扱いを調査した。 '18.06.22

【消費者協会(Consumers' Association)が、スマート・ホーム・デバイスにおける、個人データの扱いを調査した。】 '18.06.22

Int2
 消費者協会(Consumers' Association)の出版物は、スマート・ホーム・デバイス製品が、ユーザのデータを収集し、メーカなどに渡すことに関する、調査結果を明らかにした。2018年6月5日

 By Malek Murison、internet of business

 消費者協会(Consumers' Association)は、検索エンジンの入力、ソーシャル・メディアでの対話や投稿など、多くの消費者が、疑っているものを追跡し、調査している。

 さらに、消費者協会は、PhilipsやHPなどのメーカの、コネクティッド歯ブラシ、コネクティッドTV、コネクティッド・プリンタといった、19種類のスマート・デバイスを調査した。

 サイバー・セキュリティ・コンサルタント、Context ISの支援を受け、消費者協会は、スマート・デバイスに添付されている、コンパニオン・アプリのデータと共に、毎日、使用する、さまざまなスマート・ホーム・デバイスにより収集され、転送される、データを探索することができた。

 消費者協会の調査によると、これらコンパニオン・アプリの大部分は、様々な度合で、ユーザ情報をアクセスするための、許可を求めていたという。

 現時点では、メーカが、適切ではないと思われる、個人データを収集していた、多くの兆候があった。

 例えば、接続されたスマートフォンを再起動する許可を求める、スマート・ウォッチや、スマートフォンの録音機能にアクセスしたい、スマート掃除機が発見された。

 マーケティング・キャンペーンなど、広告やプロモーション用のアプリが、スマート・デバイスで実行される事例もあった。

 スマートホーム・デバイスは、日常生活に、大きな利便性もたらすことができるが、消費者協会の調査によれば、これらのデバイスは、膨大な量の個人データを収集することもできる。

 スマート・デバイスのメーカは、個人データを、どのように収集し、何に使用しているかを明確に提示し、消費者と共有しているデータを、消費者が制御できるようにする必要がある。

 また、消費者協会の調査において、スマートホーム・デバイスに伴う、データ・セキュリティのリスクも発見された。

 消費者協会が実施した、ieGeek 1080p IP、スマート・セキュリティ・カメラのテストでは、他のユーザのieGeekカメラが、20万以上のパスワードとデバイスIDにアクセスできてしまったという、このieGeekカメラのコンパニオン・アプリケの欠陥も発見された。

 消費者協会によると、ieGeekカメラの、他のユーザの、ライブ・ビデオ・フィードが公開され、さらに、そのカメラのマイクを介して、これらのカメラのユーザ同士が、会話することもできたという。

 スマートホーム・デバイスの、データ・セキュリティは、プライバシーに関する規制や、違反時の制裁を厳しく取り決めている、EUの「一般データ保護規則(GDPR)」などと、照らし合わせて、改善されなければならない。

 「スマート・ホームのデータ・プライバシーを保護する方法の紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月21日 (木)

Microsoftが、Flipgridビデオ・ベースの学習プラットフォームを発表した。 '18.06.21

【Microsoftが、Flipgridビデオ・ベースの学習プラットフォームを発表した。】 '18.06.21

 Microsoftが、ビデオ・ベースの学習プラットフォームとコミュニティを提供する、Flipgridを買収することにより、教育技術市場への参入を拡大させる。 2018年6月18日

Eweek2

 By Pedro Hernandez、eWEEK

 教育市場へのビジネスの拡大において、Microsoftは、新しい、ビデオを主体にした方針を取った。

 Microsoftは、2018年6月18日に、Minneapolisを拠点にする、学習プラットフォームのプロバイダ、Flipgridを買収すると発表した。

 「MicrosoftのCEOが、Flipgrid買収を発表した。」ビデオの紹介

 Flipgripは、教室における、エンゲージメントを促すために、ビデオ・コンテンツを活用できる、ソーシアル学習プラットフォームのプロバイダである。

 Flipgrid学習プラットフォームは、InstagramやSnapchatといった、ポピュラーな、ソーシャル・メディア・アプリにより、もたらされた、ビデオ共有や、コラボレーティブな学習技法を使用して、生徒の、クラスへの参加を促す。

 教師は、仮想的な教室、あるいは、仮想コミュニティである、「グリッド」を作成し、話題を紹介したり、質問を投げたりすることで、生徒の議論を促すことができる。

 生徒は、自分たちの短いビデオ・クリップを録画し、教師や他のクラスメートからの、返信を収集する、Flipgrid学習プラットフォーム上で、共有することにより応答する。

  Flipgrip学習プラットフォームには、クラスを超えて、教師が家族を招待できるような、プライベートな共有制御機能があり、両親が、子供の反応を見ながら、関わっていくことができるという、特徴がある。

 Microsoftは、Flipgridを買収する。

 2017年8月に、両社は、OneNoteユーザが、Flipgrid学習プラットフォームからのコンテンツを、OneNoteクラスのノートブックに埋め込めるようにする、統合を発表した。

 Microsoftは、Flipgridの強固な技術以上に、同社の学習プラットフォームに興味を持った。

 Microsoftに買収された、Flipboardのコミュニティは、競合ベンダが、増えている、教育技術市場において、Microsoftの存在感を広げるのを支援する。

 Flipboard学習プラットフォームは、180ヶ国において、幼稚園の入園前の幼児の教室から、博士課程のプログラムまで、2000万人以上の生徒や学生を持っている。

 Flipboardは、2015年に、設立されて以来、学習プラットフォームの提供している。

 Flipgridは、Microsoftに買収され、Microsoft、Google、および、パートナーのエコシステムに渡り、成長を続けるだろう。

 Flipgrid学習プラットフォームは、MicrosoftのGDPR、FERPA、および、COPPA準拠のプライバシー・アーキテクチャと連携し、生徒と教師が、会話するための安全、場所になり続けるだろう。

・GDPR(General Data Protection Regulation)は、EUの、個人データの保護を目的とした、管理規則である。

・FERPA(Family Educational Rights and Privacy Act)は、学生の教育記録のプライバシーを保護するための、米国連邦法である。

・COPPA(Children's Online Privacy Protection Act)は、子供向けサイトに規制を課すことで、子供のインターネット上の安全を守るための法律である。

 Flipgrid学習プラットフォームは、無償の製品として、提供され、教育者は、Flipgrid Classroomへ、自動的にアップグレードされる。

 学校は、代表的なITベンダの、大きな戦場になっている。

 2018年6月14日に、Googleは、App Makerと呼ばれる、開発ツールの、一般提供を発表した。

 この開発ツールは、カスタム・ビジネス・アプリを作成する、開発者向けに、提供されているが、学校の教育者にも提供される。

 この開発ツールは、教育者が、プログラミングの基礎や、学校の管理を支援する、アプリの作成を教えることができるようにする。

 iOS用のPagesアプリのバージョン4.1の最近のリリースにおいて、Appleは、アプリに、直接、オーディオを録音したり、再生したり、編集したりする能力を付加した。

 このアプリは、教師が、ドキュメントや書籍や教科書などに、注や解説や、補足的なメモを、音声でも、付加きるようにする。

 Appleは、最近、新たなトグルを追加し、教師と生徒が、Pageaの、「描画モード」と、「スマート注釈モード」間を、手早く切り換えられるようにしている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

IoTやAIは、保険業界を、どのように変えるか? '18.06.21

【IoTやAIは、保険業界を、どのように変えるか?】 '18.06.21

 Actuarial AnalyticsのDavide Burlon氏は、機械学習、モノのインターネット(IoT)、および、他の新たに出現した技術が、データ集約的な保険業界を、どのように揺るがしているかを紹介した。 2018年6月11日

Int5
 By Andrew Hobbs、Internet of Business

 Actuarial Analyticsのデータ科学者、Davide Burlon氏によると、保険業界における、機械学習(ML)や、モノのインターネット(IoT)に関する洞察は、常に、興味をそそるものだという。

 IoTやAIなどの革新が、保険業界を、どのように変えるのだろ?

 データ科学者のBurlon氏は、Generaliの、保険の価格設定チームで、仕事始めたが、機械学習が、保険業界を変革し、将来の保険会社のニーズを満たすための、さまざまな方法を探る必要性を認識した。

 機械学習の進歩に応じて、保険を、モデル駆動のビジネスにする、この動きで、GeneraliのActualarial Analyticsチームが結成された。

 このチームは、保険の価格設定チームからのリソースをプールしながら、一般線形モデル(GLM)ではないものを、独立的に検査する方針を維持した。

 一般線形モデル(GLM)は、保険の条件において、合理的で、正確であるが、予め仮定された、統計的分布、および、他の制限要因に基づいている。

 これは、特にニューラル・ネットワークの先駆けとなっている、他のモデルの探求を、価値のあるものにする。

・Internet of Business:

 高度なデータ分析法は、どのように、保険業界を混乱させているのだろうか?

 また、保険会社にとって、および、最終的に、顧客にとって、高度なデータ分析法の利点は何だろう?

・Davide Burlon氏:

 高度なデータ分析法が、保険市場を再構築する、急進的な変化であるという意味で、保険業界において、何かを混乱させているとは思っていない。

 少なくとも、保険の価格設定チームは、データ集約的なチームであり、新しい高度なデータ分析法は、既に存在していた機能を、強化、あるいは、補完していると思う。

 保険業界において、発生している変化は、新たなことを発見するのではなく、保険システムが関連する情報を、迅速にデータから掘り起こすという、考え方と関連している。

・Internet of Business:

 機械学習といった、新たに出現した技術を、従来のシステムに簡単に適用できるのだろうか?

 保険会社は、従来のモデルを再考する必要があるか?

・Davide Burlon氏:

 保険の価格設定チームと、保険の数理チームを、保険業界の一種の研究&開発と考えると、研究から開発に進むには、まだまだ膨大な、データや作業が必要になるだろう。

 また、現代の統計的解決法を見つけることに専念している、別の専用チームも、必要になるだろう。

 私は、市場に投入するまでの時間が、最も重要な問題であることを認識しているため、統計的に、最良のモデルを見つけるよりも、モデルの継続的な適応を可能にすることが、必要だと思っている。

・Internet of Business:

 自動運転車やコネクティッド・カーの技術が、車の保険に、どのように影響するか?

・Davide Burlon氏:

 自動運転車やコネクティッド・カーに対し、専門家は、人間の運転操作ミスが、これらの技術により、大幅に排除されれば、されるほど、事故が少なくなると考えている。

 これは、明らかに、顧客の希望でもある。

 車の保険の観点からは、顧客に影響を与える、追加的なコスト要素がある。

 先進運転支援システム(ADAS)は、一般的に、従来の車載システムよりも、コストが高いが、車に、ADASを装備することで、車の保険料に、どのような影響を及ぼすのかは、まだ、明確になっていない。

・Internet of Business:

 インターネットに接続された、さまざまなデバイスは、我々の社会、都市、生活、ビル、住宅、交通機関などに、どのような影響を及ぼしているのだろう?

・Davide Burlon氏:

 例えば、ウェアラブル・デバイスは、日常的な生活において、健康の問題やリスクを検出できるよう支援している。

 スマート・シティは、極めて興味深いが、スマート・ホームが、どれぐらい普及し、どれぐらい、暮らしに利便性や、安全性をもたらすか、少なくとも私にとって、大きな疑問である。

 スマート・ホーム・システム(煙や熱検知器、監視カメラ、スマート・カギなど)の導入で、火災保険や盗難保険などの保険料が、安くなるという、保険会社もあるが、適正な保険料を計算するためには、より多くのデータを収集して、蓄積し、分析する必要があるだろう。

 しかし、例えば、スマート・ホーム・システムを導入した家庭の、火災保険料の計算方法や、設定方法を、分かり易く、理解しやすいようにし、一般の顧客に納得してもらうのは、極めて難しいことである。

 また、スマート・ホーム・システムの、実際の価値や、火災保険や盗難保険の保険料の計算方法や設定方法を理解し、納得する顧客もいれば、個人データの流出や、システムのセキュリティのレベルに、不安を感じている、顧客もいるだろう。

 保険会社は、保険料金の計算や設定に関して、明確にする責任があり、顧客に、適切に説明し、納得して貰う必要がある。

 このために、保険会社は、蓄積された、実際のデータ収集して、蓄積し、適切な方法で分析する必要があるだろう。

 スマート・ホーム・システムを導入した顧客は、火災保険料が、公正で、差別がなく、市場が許す限り、低くなることを知っていれば、ニューラル・ネットワークの仕組みを理解することには、あまり興味がないと思うし、買った製品を信じるだろう。

 保険会社は、自動車メーカなどから、あらゆる条件での、走行テストなどで得られた、データを収集して、分析し、運転補助車や自動運転車の、適切な車の保険料の計算や設定方法を確立する必要があるだろう。

 <コメント>

 内容を理解して、訳していませんし、保険の知識もありませんが、保険の作成や保険料の計算も難しいでしょうし、より適切になるには、データの蓄積や時間が必要でしょう。

 また、消費者が、保険や保険料の妥当性を理解するのも難しいと思います。

 消費者は、保険料が、従来よりも、どれぐらいやすくなるか、ぐらいが、判断材料になり、スマート・ホームで、暮らしが、本当に、便利で、快適で、安全にならなければ、スマート・ホームを導入したいとは思わないような気もします。

 逆に、損害保険にしても、車の保険にしても、保険料が安ければ、消費者は、スマート・ホーム、運転補助車、自動運転車などが、本当に、安全なんだと考えるかもしれません。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月20日 (水)

IDCによると、2022年までに、IoTに、1兆2000億ドルが、費やされるという。 '18.06.20

【IDCによると、2022年までに、IoTに、1兆2000億ドルが、費やされるという。】 '18.06.20

 新たなレポートによると、2022年までに、モノのインターネット(IoT)に、1兆2000億ドルが、費やされるという。 2018年6月19日

Int6
 By Chris Middleton、internet of business

 市場調査会社のIDCは、最新の「Worldwide Semiannual Internet of Things Spending Guide」レポートの発行を発表した。

 このレポートは、IoTへの支出が、今後、5年間に、年間平均増加率(CAGR)、13.6%で、増加し、世界の合計支出は、1兆2000億ドルに達すると予測している。

 「2017年のIDCのIoTへの支出の予測」の紹介ビデオ

 IoTへの支出の予想のハイライト

・消費者のIoTへの支出は、年間平均増加率(CAGR)、19%で増加し、IoT市場をリードする見込みである。

・IoTへの支出が、次に、多いのは、保険業界と、ヘルスケア業界になるだろう。

・トータルな支出の視点から、個別製造業界と運輸業界は、2022年までに、IoT支出において、1500億ドルを超える見込みであり、IoT支出が最大の分野になる。

 しかし、企業からの、使用事例の観点で、乗り物と乗り物(V2V)、乗り物と基盤(V2I)ソリューションの分野は、IoTへの支出が、最も速く増え、29%のCAGRで増加する見込みであり、交通管理、および、コネクティッド・カーのセキュリティの分野への支出が、次ぎに速く増加する見込みである。

 レポートによると、多様なIoT市場は、広範囲の臨界質量に達し、分析ソフトウェアにおける革新的なオファリング、クラウド技術、および、ビジネスとITサービスは、急速に拡張するという。

 Carrie MacGillivray氏によると、このIoT市場は、転機になっており、IoTのプロジェクトは、概念の証明の段階から、商用的な展開の段階に移るという。

 企業は、彼らのプロジェクトの規模を拡大するにつれて、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および、IoTソリューションを可能にするために、要求される、接続性に対する、支出を促しており、自分たちの投資を拡張することを模索している。

 Marcus Torchia氏によると、複数の技術分野が交わる所は、供給側の製品や、市場開発戦略を理解して、開発することが、重要であるという。

 IDCは、スマート・シティやデジタル変革といった分野における、IoTの使用事例の区分を、積極的にマッピングしている。

 IDCは、IoTにおける、100種類の使用事例に対する、支出の予測も提供する。

 IoTへの投資において、真に重要なことは、IoTが、社会、都市、市民、および、企業へ、真の価値を付加できるかどうかだろう。

 1年前の調査で、IDCは、IoTの支出が、2021年までに、1兆4000億ドルに達するだろうと予測していたが、最新のレポートでは、予測が、一定の調整と再評価の対象になるとしている。

  ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Teslaは、2018年8月に、完全自動運転車の提供を開始することを計画している。 '18.08.20

【Teslaは、2018年8月に、完全自動運転車の提供を開始することを計画している。】 '18.08.20

 By Chris Middleton、internet of business

 電気自動車メーカのTeslaは、2018年8月に、完全自動運転車の能力を持つ、車の提供を開始することを計画している。 2018年6月11日

Int4
 Teslaの安全性の評判を高めることは、財務が安定し始めるにつれて、Teslaにとって、極めて重要になっている。

 2018年3月には、Tesla Model X SUVのドライバーが、カリフォルニア州のHighway 101のコンクリート障壁に衝突して、死亡していた。

 2年前には、Tesla Model Sの、別のドライバーが、トラックの側面に衝突して、死亡していた。

 これらの車は、事故の時に、自動運転モードで走行していたという。

 米国国家交通安全委員会(NTSB)は、Teslaの自動運転車が、2018年3月に起こした、衝突事故の詳細を公表することを拒否している。

 安全性だけでなく、生産上の問題も、Teslaを悩ませている。

 しかし、Teslaによると、同社は、2018年6月末までに、5000台/週の自動運転車を生産できる可能性は、かなり高いと考えているという。

 Teslaは、2018年4月以来、自動運転車の生産台数を、2500台/週から、3500台/週に増やしている。

 また、Teslaは、中国の輸入関税を避けるために、自動運転車を生産する工場を、初めて、米国以外の国(中国の上海)に建設する計画を発表してる。

 ただし、この戦略は、現在進行中の、米中貿易戦争の争いを免れることができると仮定している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Microsoftは、自動店舗ソリューションで、Amazon Goに挑戦する。 '18.06.20

【Microsoftは、自動店舗ソリューションで、Amazon Goに挑戦する。】 '18.06.20

 Amazonは、2018年1月29日に、ワシントン州、Seattleの本社にある、新たな「Amazon Go」ストアで、Amazon Goブランドの、Theoチョコバーの販売を開始した。 2018年6月15日

Dis1
 By disruptive

 Microsoftは、店舗から、POS端末とチェックアウト・ラインを、店舗から排除する、自動店舗ソリューションを開発し、Amazonの自動食料品店に挑戦するようだ。

 ワシントン州のRedmocdを拠点とする、Microsoftは、買物客が、ショッピング・カートに追加した商品を追跡する、システムを開発しているようだ。

 Microsoftは、世界各地の大手の小売業者に、同社の自動店舗ソリューションのサンプル技術を示し、潜在的な協調関係について、Walmartと話し合いをしているようだ。

 Microsoftの自動店舗ソリューションは、Amazonの自動店舗、Amazon Goで使用されている、自動店舗ソリューションに対抗する。

 自動店舗、Amazon Goにおいて、買物客は、スマートフォンのカメラやセンサーで、店舗の棚から、取り出した商品をスキヤンすることで、チェックアウト・ラインに並ぶことなく、商品を購入することができる。

 買物客が、この自動店舗「Amazon Go」を出ると、Amazonは、同社のクラウド・ベースの電子決済システムに、顧客が、あらかじめ登録した、クレジットカード会社に、買物客が、スマートフォンのカメラやセンサーで、スキャンした、商品の代金を請求する。

 Amazonは、ChicagoとSan Franciscoにも、自動店舗「Amazon Go」を、間もなく開店するようだ。

 ただし、Amazonの自動店舗ソリューションも、まだ、初期の実験段階にあり、評価中である。

 Amazonの自動店舗ソリューションは、自動店舗のシステム、買物客が、商品の支払いに使用する、スマートフォン用のアプリ、および、これらのシステムやアプリと連携する、クラウド・ベースの電子決済サービスなどで構成される。

 「Amazon Goの紹介」ビデオ

 ちなみに、Microsoftは、クラウド・サービスの売上において、Amazonに次いで、2位にランクされている。

 Microsoftが、POS端末やチェックアウト・ラインを店舗から排除する、同社の自動店舗ソリューションを、いつまで市場に投入するか、あるいは、同社の自動店舗ソリューションが、実際に小売業者が求めている答えになるかどうかは、まだ明らかになっていないが、ショッピング分野に、大きな革新をもたらすことが期待されている。

 Loup Venturesのリサーチャーによると、Microsoftの自動店舗ソリューションは、コンビニや食料品店における、チェックアウト方法の未来であるという。

 投資会社は、POS端末、チェックアウト・ライン、キャッシャーを店舗から排除する、自動店舗ソリューションの、米国市場における規模は、少なくとも500億ドル以上になると見積っている。

 ちなみに、キャッシャーは、米国で最も一般的に雇用されている仕事の一つである。

 これまでのMicrosoftの、自動店舗ソリューションの取り組みは、人工知能(AI)チームによるものだったという。

 Microsoftは、既に、RedmondのRetail Experience Centerで、自動店舗ソリューションの基本を紹介している。

 「MicrosoftのRetail Experience Center紹介」ビデオ

 Amazonによると、2016年に、同社のSeattleキャンパスで、自動店舗、「Amazon Go」の実験運用を開始するまで、4年かかったており、開店する、14ヶ月前から、データを収集していたという。

 ただし、Amazonは、この自動店舗ソリューションを、2017年に買収した、Whole Foods Market食品チェーンに導入する計画はないという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年を支配する、オンライン・マーケティングのトレンド(4) '18.06.20

【2018年を支配する、オンライン・マーケティングのトレンド(4)】 '18.06.20

Mt2
 2018年を支配する、7つのオンライン・マーケティングのトレンドを紹介する。 2017年12月28日

 By Jayson DeMers、forbes

 顧客が望むもの、顧客の考え方、顧客との相互作用などは、常に変化している。

 デジタル時代に、ソーシャル・メディア・プラットフォームの光と影や、オンライン・マーケティングの世界を進化させる、顧客の好みの包括的な変化が見られている。

 近い将来、デジタル社会に、どのような傾向が現われるのか、どれくらい速く発展するのかを正確に予測することが、困難なこともある。

 2018年の、オンライン・マーケティングの世界を牽引すると思われる、トレンドを紹介する。

   (続き)

7.個々のコミュニケーション

 インターネットでは、消費者は、家電製品などを購入する場合、手軽に、ブランドに質問したり、評判や評価を確認したり、オンラインで注文したり、使い方や、保守の仕方を調べたりすることができる。

 また、消費者は、ブランドとのコミュニケーションを含む、個性的で個人的な顧客経験を好んでいる。

 このため、ブランドは、チャットボットを導入し、顧客サポートを、チャットボットで、対応できるようにすることを模索している。

 チャットボットは、顧客に対応できない、問合せや、要求があると、必要に応じて、適切な担当者に、エスカレーションし、コールセンターのオペレータとして機能する。

 チャットボットは、より知的で、カスタマイズ可能になり始めており、ブランドや消費者にとっても人気が高まっている。

 さらに、音声対応チャットボットは、インターネット経由の顧客だけでなく、電話経由の顧客にも、対応できるようになってきており、ブランドや消費者の人気が高めってきた。

 2018年末までに、チャットボットは、さらに標準化され、個々の顧客に、パーソナライズされた、顧客経験を提供できるようになることが要求されるだろう。

 2018年には、チャットボットが、さらに知的になり、PC、タブレット、スマートフォン、電話だけでなく、スマート・スピーカや、スマートTVからでも、会話できるようになるだろう。

 2018年は、ブランドは、チャットボットの導入で先行する、ブランドの状況を調査し、自社の戦略を立て、予算の準備を開始する年になるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月19日 (火)

Lenovoが、AR、VR開発者向けの、ポータブル・ワークステーションを発表した。'18.06.19

【Lenovoが、AR、VR開発者向けの、ポータブル・ワークステーションを発表した。】 '18.06.19

Eweek1
 従来よりも、メモリの容量が、2倍の128GBになり、PCIeストレージが増加した、ThinkPad P52は、アニメーションや視覚的な効果に必要な、ストレージ容量、大きなデータセット、および、リアルタイムな再生といった特徴がある。2018年6月18日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 ポータブル・ワークステーション、ThinkPad P52が、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)のアプリの開発に適している。

 Lenovoは、2018年6月に、ロンドンのNXTビルで、ThinkPad P52モバイル・ワークステーションを紹介した。

 ThinkPad P52は、基本的に、より強力なThinkPadであり、ポータブルな、15インチのシャーシーに詰め込まれた、デスクトップ・ワークスペースの重要な要素である。

 このThinkPad P52は、最も標準的なラップトップよりも、重いが、頑丈であり、劣悪な環境でも、利用することができる。

 興味深いのは、この「P52」という名称は、米国空軍の最大で、最も強力な、60年前の爆撃機である、「B52」の特徴に、極めて似ていることから命名されたことである。

 重さが、5ポンド以上ある、ThinkPad P52は、ハイエンドの生産性指向のモバイル・ワークステーションであり、新たなNVIDIA Quadro P3200 GPUを搭載しており、VR/AR開発者をターゲットにしている。

 このThinkPad P52は、VR対応の認定を取得しており、ARとVRコンテンツの制作や、モバイルAIの展開に使用されている。

 Lenovoは、ThinkPad P52が、最新のIntel XeonヘクサコアCPUをサポートしており、2倍のメモリと、より多くのPCIeストレージを提供する。

 6テラバイトは、モバイル・ワークステーションとしては、半無限の記憶容量であり、128GBのRAMは、高速なコンピューティング・パワーをもたらすために必要である。

 ThinkPad P52の主な仕様を、以下に示す。

・NVIDIA Quadro P3200 GPU

・第8世代のIntel XeonヘキサコアCPU

・最大128GBのDDR4メモリ

・6TBのPCIeストレージ

・15インチの4K超高品位(UHD)ディスプレイ

・Adobeカラー・ガマット、10ビット色深度

・2つのUSB-C Thunderbolt 3ポート

・新たなThinkPad Thunderboltワークステーション・ドッキング・ステーション

・6セルのバッテリー

・ISV認定

 ThinkPad P52は、BIM、アニメ、および、視覚的な効果のプロジェクトのストレージ、大きなモデル、および、リアルタイムな再生といった、ものに必要である。

 ThinkPad P52を、実際の仕事に使用する準備をした会社は、仮想(VR)や、先進のビジュアライゼーションの、Virtalisである。

 Virtalisは、Lenovoの最新のモバイル・ワークステーションを、自分たちのソリューションを共有できるようにする、最新のポータブル・セットアップである、 CVR2 Solutionを動かすために、使用している。

 あらゆる開発者のニーズをサポートしている、ThinkPad P52は、ミックス・ポートを装備し、2番目のThunderboltポートの追加でき、8Kビデオのディスプレイをサポートでき、ThinkPad Thunderbolt Workstation Dockを利用できるようにする。

 このThinkPad P52の価格付けは、まだ、発表されていないが、2000ドルからになるだろう。

 Lenovoによると、ThinkPad P52は、2018年の6月に、利用できるようになるという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年を支配する、オンライン・マーケティングのトレンド(3) '18.06.19

【2018年を支配する、オンライン・マーケティングのトレンド(3)】 '18.06.19

Mt2_3
 2018年を支配する、7つのオンライン・マーケティングのトレンドを紹介する。 2017年12月28日

 By Jayson DeMers、forbes

 顧客が望むもの、顧客の考え方、顧客との相互作用などは、常に変化している。

 デジタル時代に、ソーシャル・メディア・プラットフォームの光と影や、オンライン・マーケティングの世界を進化させる、顧客の好みの包括的な変化が見られている。

 近い将来、デジタル社会に、どのような傾向が現われるのか、どれくらい速く発展するのかを正確に予測することが、困難なこともある。

 2018年の、オンライン・マーケティングの世界を牽引すると思われる、トレンドを紹介する。

    (続き)

5.ミクロな瞬間(マイクロ・モーメント)

 Googleは、ミクロな瞬間(マイクロ・モーメント)を、「顧客が、何かを学びたい、どこかへ行きたい、何かをしたい、何かを購入したいなどと、思っているときに、スマートフォンなどの、モバイル・デバイスで、インターネットをアクセスする、瞬間である。」と定義している。

 2018年には、顧客の、これらの「ミクロな瞬間」を学び、理解し、活用しようとするのことに、最も時間を費やすブランドは、成功の可能性が、最も高くなるだろう。

 これには、ブランドに、人口統計調査や、モバイル集約的な戦略が必要になるが、新しいツールがあれば、近代的なブランドが、顧客に対して、アプローチするのが、より簡単になるだろう。

6.コンテンツ・マーケティングとインフルエンサーのネットワーク

 コンテンツ・マーケティングは、長年に渡り、最高の戦略であったが、コンテンツが増え過ぎて、過剰飽和の状態になったという、問題に直面している。

 コンテンツ・マーケティングとは、適切で価値ある、一貫したコンテンツを作り、それを伝達することに焦点を合わせた、戦略的なマーケティングの考え方であり、見込み顧客を引き寄せることを目的にしている。

 Webサイトを持つ、すべてのブランドには、何らかのコンテンツ戦略があり、ソーシャルメディア・ネットワークには、コンテンツ・マーケティングを目的とした、コンテンツが、溢れている。

 このため、2018年には、マーケティングへの投資に、大きな変化が見られるだろう。

 新しい、コンテンツ・マーケティングの空間のために、戦い続けようとするのではなく、マーケッターは、既に、獲得している空間を利用する。

 言い換えれば、ブランドは、既に、読者と評判を築いている、インフルエンサーのネットワークを活用することで、認知度を高め、独自の影響力を高めようとしている。

 これらのインフルエンサー・ネットワークは、管理するのに費用がかからず、制作されるコンテンツの量を減らすことができ、ブランドをオンラインで、目立つようにすることができるようになるだろう。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年を支配する、オンライン・マーケティングのトレンド(2) '18.06.19

【2018年を支配する、オンライン・マーケティングのトレンド(2)】 '18.06.19

Mt2_2
 2018年を支配する、7つのオンライン・マーケティングのトレンドを紹介する。2017年12月28日

 By Jayson DeMers、forbes

 顧客が望むもの、顧客の考え方、顧客との相互作用などは、常に変化している。

 デジタル時代に、ソーシャル・メディア・プラットフォームの光と影や、オンライン・マーケティングの世界を進化させる、顧客の好みの包括的な変化が見られている。

 近い将来、デジタル社会に、どのような傾向が現われるのか、どれくらい速く発展するのかを正確に予測することが、困難なこともある。

 2018年の、オンライン・マーケティングの世界を牽引すると思われる、トレンドを紹介する。

    (続き)

3.マーケッターは、さらに、デジタル広告を活用するようになる。

 米国の消費者は、スマートフォン、PC、タブレットなどで、検索サービス、SNSサイト、ストリーミング・ビデオ、地図、ゲームなどのサービスやアプリを使用しているので、マーケッターは、このようなサービスやアプリに、クリック可能な広告(ターゲティング広告など)を購入し、掲載することで、消費者への到達度が向上することを、期待している。

 マーケッターは、検索サービス、SNSサービス、ストリーミング・ビデオ配信サービス、ゲームなどを通して、消費者への到達度を向上させ、有償の広告をクリックされ易くすることに取り組んでいる。

 また、マーケッターは、このような有償の広告だけでなく、無償で、消費者が、検索サービス(Google検索のような)を通して、自社のWebサイトやコンテンツなどを見つけ易くしたり、無償のSNSサイト(FacebookやGoogle+のような)を、マーケティングに活用したり、有償で制作した、プロモーション・ビデオを、動画SNSサイト(YouTubeのような)に、無償で配信したり、より効果的な広告方法を模索している。

4.ネイティブ広告、スマート・コンテンツ

 ネイティブ広告は、2021年までに、全広告Web売上の74%以上を占めることが、予測されている。

 ネイティブ広告とは、記事の内容と広告が、自然に融合している広告のことであり、記事に興味を持った消費者へ、効果的に、到達できるようにする。

 より自然な配置と形式を持つ、ネイティブ広告は、従来のバナー広告よりも、露出度が高く、エンゲージメントが向上する傾向があるが、消費者にとって、その存在が、迷惑にならない。

 ネイティブ広告の、唯一の問題は、広告を見ている人々の固有の好みを利用できるようにするために、キャッチフレーズ(コピー)が必要だということである。

 2018年には、ネイティブ広告への支出が確実に増え、クッキーを使用して、ユーザに適応し、ターゲットのユーザを詳細に理解できる、「スマート・コンテンツ」の登場も見られる。

 スマート・コンテンツは、顧客のニーズに応じて、知的にパーソナライズされた、コンテンツの配信を支援する。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年を支配する、オンライン・マーケティングのトレンド(1) '18.06.19

【2018年を支配する、オンライン・マーケティングのトレンド(1)】 '18.06.19

Mt2
 2018年を支配する、7つのオンライン・マーケティングのトレンドを紹介する。2017年12月28日

 By Jayson DeMers、forbes

 顧客が望むもの、顧客の考え方、顧客との相互作用などは、常に変化している。

 デジタル時代に、ソーシャル・メディア・プラットフォームの光と影や、オンライン・マーケティングの世界を進化させる、顧客の好みの包括的な変化が見られている。

 近い将来、デジタル社会に、どのような傾向が現われるのか、どれくらい速く発展するのかを正確に予測することが、困難なこともある。

 2018年の、オンライン・マーケティングの世界を牽引すると思われる、トレンドを紹介する。

1.オンライン・マーケティングの世界においても、ビッグデータ&分析が重要になるだろう。

 ビッグデータ&分析の利用は、大手の企業が中心であったが、クラウド・サービスとして、専門のサービス・プロバイダが提供する、データ収集や、ビッグデータ&分析サービスを利用する、中堅規模の企業も増えている。

 例えば、小売店は、顧客の嗜好や要求に合った、ターゲティング広告を出したり、その地域の顧客の好み、流行、季節に合った、商品を仕入れたりするために、クラウド・ベースの、ビッグデータ&分析サービスや、顧客関係管理(CRM)や顧客サポート・ソリューションを利用するようになるだろう。

2.オンライン・マーケティングの世界にも、音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカが利用されるようになるだろう。

 音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカなどのスマート・デバイスは、2022年までに、米国の家庭の55%以上に、普及することが予測される。

 米国の消費者は、音声対応デジタル・アシスタントとの会話を通して、購入したい、商品やサービスを探したり、注文したり、小売店やメーカなどに質問したり、顧客サポートを要求したりできるようになる。

 Amazonのような、最大手のオンライン小売店は、このような、音声対応デジタル・アシスタントやチャットボットといった、技術やサービスを構築し、顧客が利用できるようにしている。

 AIを組み込んだ、音声対応デジタル・アシスタントや、チャットボットといった技術は、企業や店舗のマーケッターの、マーケティング方法に、影響を与えるようになるだろう。

 マーケッターは、オンライン販売、顧客関係管理、顧客サポートといった業務に、このような技術を活用し、顧客とのコミュニケーションを円滑にし、顧客の質問や要求に、手早く、適切に対応できるようになるだろう。

 企業や店舗のマーケッターは、このような機能やサービスを構築し、提供する、クラウド・サービス・プロバイダを使用して、このような機能やサービスを提供するようになるだろう。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月18日 (月)

Qualcommは、サーバ用のプロセッサのビジネスを継続するという。 '18.06.18

【Qualcommは、サーバ用のプロセッサのビジネスを継続するという。】 '18.06.18

Eweek5
 Qualcommは、超大規模なデータセンターや、最大手のクラウド・サービス・プロバイダに焦点を合わせ、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサが支配している、サーバ市場に、ARMアーキテクチャのプロセッサで、挑戦を続けるだろう。 2018年6月14日

 By Jeffrey Burt、eWEEK

 世界最大のモバイル分野向けの、ARMアーキテクチャのプロセッサのメーカである、Qualcommは、サーバ分野向けプロセッサのビジネスを諦めることはないが、直接、Intelの支配している、データセンターのサーバ分野に、真向から挑戦することは考えていないようだ。

 QualcommのCEO、Steve Mollenkopf氏によると、2014年に、Qualcommは、サーバ向けの、ARMアーキテクチャのプロセッサの生産を開始していたという。

 Qualcommは、自社を、技術基盤や財務資源を持ち、Intelのx86アーキテクチャの、CISCプロセッサに対抗する、RISCプロセッサを製造する、数少ないベンダの1社として、位置づけている。

 2017年9月に、Qualcommは、Samsungの10ナノメートルのFinFETプロセスを使用して、データセンターのサーバ分野をターゲットにした、ARMアーキテクチャの、48コアのRISCプロセッサ、Centriq 2400を製造すると発表した。

Arm
 このCentriq 2400プロセッサは、Intelの「Skylake」Xeonプロセッサの性能よりも、45%高速で、1ドル当たりの性能が、4倍速く、価格性能比に優れている。

 大規模なデータセンターを持つ、企業は、世界のサーバの90%に搭載されている、Intelアーキテクチャのプロセッサの代替となる、価格性能比に優れた、低消費電力のサーバを探している。

 大手のクラウド・サービス・プロバイダは、データセンターのサーバに、Intelのx86アーキテクチャ以外の、プロセッサを搭載したサーバを導入することを模索している。

 このような企業は、サーバの革新を促し、より高速で、より価格性能比に優れ、より低消費電力のサーバ向けのプロセッサを製造する、Intelの、強力な競合チップ・メーカの登場を望んでいる。

 サーバ向けの、Intelのx86アーキテクチャのCISCプロセッサに対抗する、他のRISCプロセッサには、IBMのPower9プロセッサがある。

 このPower9プロセッサは、OpenPower Foundationを通して提供される。

 他の代替プロセッサには、x86アーキテクチャと互換性のある、Zenアーキテクチャをベースにした、AMD(Advanced Micro Devices)のx86 Epycプロセッサがある。 

 これらのプロセッサ(Power9とx86 Epyc)は、データセンターのサーバ用プロセッサとして、Intelのx86アーキテクチャのプロセッサに挑戦している。

 さらに、ARMは、同社の64ビットARMアーキテクチャに基づいた、サーバ用のプロセッサの知的所有権(IP)を、数年前から提供しており、Qualcommは、その取り組みをリードする態勢を整えていた。

 Caviumは、先月、データセンターや、クラウド・サービス・プロバイダ向けの、ARMアーキテクチャのサーバ用プロセッサ、ThunderX2を提供した。

 しかし、2018年5月に、Bloombergは、Qualcommが、スマートフォンや、他のモバイル・デバイス、モノのインターネット(IoT)、および、ネットワーキングを含む、他の分野に、焦点を合わせ、サーバ用のチップのビジネスから撤退するか、売却することを模索していると報じていた。

 しかし、Qualcommの社長は、今週、同社が、サーバ用のプロセッサの製造を継続することを表明したが、ビジネスの戦略を、いくつか変更することを付け加えた。

 Qualcommは、このサーバ用のプロセッサを製造する事業部の、いくつかの仕事を、カットし、モバイル・デバイス用のプロセッサを製造する、CDMA Technologies事業部に、移管するようだ。

 さらに、Qualcommは、サーバ用のチップを製造する、事業の焦点を、より大規模なデータセンターや、最大手のクラウド・サービス・プロバイダ、Baidu、Alibaba、および、Tencentなど、中国の大手ITベンダに合わせるようだ。

 Qualcommのサーバ用のプロセッサは、中国の同社の合弁会社を通して、販売されるようだ。

 Qualcommの社長によると、中国の合弁会社の潜在的な顧客になる、米国のクラウド・サービス・プロバイダには、Amazon Web Services(AWS)、Facebook、および、Googleがいるという。

 AWS、Facebook、および、Googleといった、最大手のクラウド・サービス・プロバイダは、財力、技術、スキルがあり、自分たちで、サーバのハードウェアをカスタマイズし、x86、Power、および、ARMアーキテクチャのサーバ・システムや、独自のソフトウェアを作成することができる。

 これに対し、一般的な企業は、x86アーキテクチャのプロセッサを搭載した、より一般的なサーバ・ハードウェアやソフトウェアを購入する傾向がある。

 Caviumも、大手のクラウド・サービス・プロバイダや、高性能コンピューティング(HPC)分野を、重要な市場として見ている。

 QualcommのCEOは、5G、自動運転車、IoT、モバイル・デバイス、および、コンピューティングといった分野向けの、ARMアーキテクチャのプロセッサを製造するが、サーバ用のプロセッサのビジネスについては、明確にしていない。

 Qualcommは、地域的なビジネスにも悩まされている。

 Qualcommは、シンガポールを拠点にし、通信分野向けの半導体メーカ、Broadcomの買収入札に、1170億ドルのオファーをした。

 Qualcommは、半導体メーカ、NXPを買収する試みに難航しており、2016年10月以来、440億ドルのオファーをしている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

スマート・パッケージの潜在的な可能性を開拓する。(2) '18.06.18

【スマート・パッケージの潜在的な可能性を開拓する。(2)】 '18.06.18

 モノのインターネット(IoT)技術のおかげで、「スマート・パッケージ」は、自分自身が何で、何処からきて、何処にあり、何処へ行くのかを告げることができるようになる。2018年6月14日
Int6
 By Malek Murison、internet of business

 Malek Murison氏は、スマート・パッケージと、サプライ・チェーンの利便性は、何かについて解説する。

 モノのインターネット(IoT)技術が、「スマート・パッケージ」に適用される。

    (続き)

 Stora Ensoのようなスマート・パッケージ技術は、標準のバーコードIDよりも、多くの情報を転送できる、RFID(Radio Frequency IDentifier)技術を使用しており、また、Microsoft Azureといった、クラウド・サービスと接続し、組み合わせることも可能になる。

 スマート・パッケージ技術には、ハードウェアとして、各種センサー、タグ、および、通信用のアンテナが必要になる。

 また、これらのスマート・パッケージ技術は、より小型で安価になり、パッシブな電源の適用が、より一般的になり、ダンボール箱が、サプライチェーンにおいて、より重要な役割を演じるようになる。

 例えば、荷物の窃盗、被害、および、偽物などは、損害保険の対象になるが、NFC対応のRFIDタグを備えた、荷物は、リアルタイムに、位置情報を提供し、管理者は、どの荷物が、何処にあるかを、追跡できるようなり、盗難を防ぐこともできるようになる。

 各種センサーで、荷物の角度が適切でなかったり、シールが壊れていたり、生鮮食品が腐敗したりしている、といったことを、検出できるようになり、さらに、輸送中の改ざんや損傷を防止することもできるようになる。

 もちろん、正確なパッケージ方法や、センサーの適用は、扱う商品に依存する。

 例えば、アイスクリームには、金塊とは異なる、パッケージング・ソリューションが必要になる。

 何が、輸送されているかに、関わらず、必要なことは、視覚性や説明責任である。

 Amazonは、Seattleに、「チェックアウトのない店舗」、Amazon Goを開店した。

 Amazon Goでは、チェックアウトのない店舗を実現するために、コンピュータ・ビジョン、さまざまなセンサー、深層学習といった技術を結合した、「Just Walk Out」というソリューションを構築し、実装している。

 MicrosoftとWalmartも、同様の「チェックアウトのない店舗」を実現するためのプロジェクトを展開している。

 Mastercardは、英国のCo-opで、「チェックアウトのない店舗」を実現するために、スマートフォンのカメラで、商品をスキャンして、支払う機能を提供するための、いくつかの取り組みを実施している。

 また、メーカは、商品のパッケージに、リサイクル情報を掲載することで、顧客が、スマートフォンのカメラで、不要になった、商品のパッケージをスキャンすることで、廃棄方法を知り、適切に、例えば、再生可能ゴミとして、分別して、廃棄するのを支援している。

 EVRYTHNGは、同社の「生まれながらのデジタル」の概念を、さらに進化させ、個々の商品にデジタル識別を与えることで、メーカが、消費者向けのビジネスを、拡大できるようにする。

 通常、パッケージには、コード(バーコードやQRコードなど)や、タグ(RFタグなど)の、標準化された形式がある。

 原材料、部品、消費者向けの製品、卸売業者、小売業、消費者といった、サプライ・チェーン(供給の連鎖)に渡り、商品を追跡するために、企業は、既に、RFIDを使用しているが、概念を1歩先に進める必要があるだろう。

 多くの場合、企業は、例えば、バッチや、パレットといった、マクロ・レベルで、商品を追跡しており、ほとんどの場合、使用される技術は、サプライ・チェーンを超えて、視野を拡大しない。

 これに対し、マイクロ・レベルの商品の追跡は、遥かに、きめ細かな、商品の追跡を可能にし、サプライ・チェーンを超えて、視野を家庭に拡大する。

 例えば、消費者は、スマートフォンのカメラで、商品の2Dコードをスキャンすることで、その商品が本物かどうか、どのような成分が含まれているか、どこで作られたのか、といった情報を即座に確認することができるようになる。

 よりスマートなパッケージングは、メーカの危機管理にも役立つだろう。

 例えば、品質に問題が発生した場合、メーカは、商品を追跡できるようにすることによって、その品質の問題に影響を受ける商品を特定することで、コストのかかるリコールを、広範囲に避けることができるようになるだろう。

 これら商品の追跡情報のすべては、クラウドに、独自のデジタルIDやプロファイルを持つ、シリアライズされた商品を通して、実現されるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Microsoftは、オフィス向けの大画面ディスプレイ・プラットフォーム、Windows Collaboration Displayを発表した。 '18.06.18

【Microsoftは、オフィス向けの大画面ディスプレイ・プラットフォーム、Windows Collaboration Displayを発表した。】 '18.06.18

Tc1
 Microsoftは、Comutexの基調講演で、オフィス向けの大画面ディスプレイ・プラットフォーム、「Windows Collaboration Display」を発表した。 2018年6月6日

 By Brian Heater、techcrunch

 Microsoftは、Comutexコンファレンスの基調講演で、オフィス向けの大画面ディスプレイ・プラットフォーム、Windows Collaboration Displayを発表したが、このプラットフォームに関する詳細な情報は、まだ、リリースされていない。

 「Windows Collaboration Displayのニュース」のビデオ

 Windows Collaboration Displayシステムの見た目は、Microsoftのデジタル・ホワイト・ボード、「Surface Hub」に似ている。
Tc1b
 「Microsoft Surface Hub 2の紹介」ビデオ 

 Windows Collaboration Displayは、PCデスクトップ経験を、会議室などにもたらし、拡張する、大画面ディスプレイ・プラットフォームである。

 このWindows Collaboration Displayシステムは、Microsoft 365をベースに構築されており、MicrosoftのOffice、Teams、および、Whiteboardのような、Microsoftのソフトウェアを利用できるよう、設計されている。

 このWindows Collaboration Displayシステムのセンサーは、Microsoftの「Azure IoT空間インテリジェンス能力」を使用している。

 例えば、このWindows Collaboration Displayシステムの「Azure IoT空間インテリジェンス能力」で、このデバイスが、会議室の、照明、空調、あるいは、会議室の予約システムなどを管理できるようになる。

 Microsoftは、既に、Windows Collaboration Displayシステムを構築する、SharpやAvocorを含む、3rdパーティのタッチスクリーン・ディスプレイ・メーカと、パートナー契約を結んでいる。

 この「Windows Collaboration Displayシステム」には、大画面タッチスクリーン、スタイラス・ペン入力のサポート、ステレオ・スピーカ、Webカメラ、遠方集音マイクといった特徴があり、オペレーティング・システムには、「Windows 10 IoT Core」を採用しているる。

 Computexコンファレンスで、披露されていた、Windows Collaboration Displayシステムは、Sharpにより構築された、70インチの、タッチスクリーンの大画面を持つ、Windows Collaboration Displayであった。

 「Windows 10 IoT Core」は、スマート・デバイスを構築するために設計された、Windows 10のエディションであり、インテリジェント・エッジ・デバイス向けに、最適化されている。

 「Windows 10 IoT Core」は、既に、Johnson Controls、Askey、Misty Roboticsなどの、ベンダのインテリジェント・エッジ・デバイスの、オペレーティング・システムとして採用されている。

 「Windows IoT Core Services」は、IoTデバイス・ベンダ向けの、有償技術サポート・サービスである。

 Microsoftによると、Windows IoT Core Servicesには、以下の利点があるという。

・Windows Long-Term Servicing Channel(LTSC)を通した、10年間のWindows OSのサポート

・Device Update Center(DUC)と、Device Health Attestation(DHA)での、更新制御

 Device Health Attestation(DHA)は、企業やOEMが、ハードウェア認証セキュリティで、Windows Collaboration Displayなどの、インテリジェント・エッジ・デバイスのセキュリティを強化できるようにする。

 新しいインテリジェント・エッジ・パートナー・コミュニティは、パートナーが、機会を特定し、技術革新でコラボレートし、機会を特定するために、相互に接続できるようにする。

 これにより、パートナー同士が、相互に接続され、ビジネス機会を特定し、技術革新を共同で行い、フォーラムのような環境で、ビジネス目標を共有できるようになる。

 また、コミュニティのメンバーは、トレーニング・セッション、コミュニティのイベント、早期導入プログラムに、参加できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月17日 (日)

グループ・コラボレーション・アプリ、Microsoft Teamは、今回、SAPのプロジェクト管理アプリ、Ruumと連携する。 '18.06.17

【グループ・コラボレーション・アプリ、Microsoft Teamは、今回、SAPのプロジェクト管理アプリ、Ruumと連携する。】 '18.06.17

Eweek1
 SAPのプロジェクト管理アプリ、Ruumは、グループ・チャットを特徴とする、グループ・コラボレーション・アプリ、Microsoft Teamと統合する。2018年6月14日

 By Pedro Hernandez、eWEEK

 プロジェクト管理アプリ、Ruumを、Microsoftのビジネス・アプリ、および、クラウド・サービスと連携する、SAPの製品のリストに追加する。

 2018年6月初めに開催された、SAPPHIREコンファレンス中に、ドイツのソフトウェア・メーカ、SAPは、SAP Cloud Platformの複製である、同社の「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」が、Microsoft Azureクラウド・サービスで、正式に、利用できるようになったと発表した。

 これで、SAPとMicrosoftのパートナー関係は、より深くなった。

 SAPの顧客関係管理(CRM)と統一エンタープライズ・データ・サービスへの取り組みは、ユーザが、リアルタイムな、チャット・ベースのコラボレーションで、プロジェクトを維持するのに役立った。

 Microsoftによると、グループ・チャット・アプリである、Microsoft Teamsは、SAPのプロジェクト管理アプリである、SAP Ruum(ルームと発音)と、密に結合され、チームのビジネス・プロセスと、チームの会話を円滑にし、シームレスなユーザ経験を提供するという。

 「Microsoft Teamsの紹介」ビデオ

 SAPのプロジェクト管理アプリ、Ruumと、グループ・チャット・アプリ、Microsoft Teamをリンクすることで、コンテキストを切り換えることと、データを処理し、会話するための、独自のインタフェースと、特定の方法を使用することで、ユーザの作業が中断されるのを回避するのを支援する。

 例えば、ユーザは、Microsoft Teamsを使用して、製品の出荷に関連した、物流の計画を立てることができる。

 Microsoft Teamsを使用して、グループ・チャットしながら、プロジェクト管理アプリ、SAP Ruumをアクセスできるようにすることで、ユーザは、会話しながら、Ruumを使用して、物流の計画に関する記録を管理できるようになる。

 「SAP Ruumの紹介」ビデオ

 グループ・チャット・アプリ、Microsoft Teamsは、フル機能のリモート会議や、ビデオ会議のプラットフォームに進化している。

 Microsoft Teamsは、同社のエンタープライズ・コミュニケーション・プラットフォーム、Skype for Businessに置き換わる。

 ラスベガスで開催された、InfoComm 2018コンファレンス中に、Microsoftは、同社のグループ・チャット・アプリ、Microsoft Teamsが、2018年6月末までに、会議ソリューション、Skype Room Systemsをサポートすることを明らかにした。

・会議ソリューション、Skype Room Systems(旧名:Lync Room Systems)は、Polycom、Lenovo、 Logitech、Crestron、および、HPといった、パートナーのメーカの会議室用のハードウェアとソフトウェアと、統合されたシステムである。

・2018年後半に、AvocorとSharpは、グループ・チャット・アプリ、Microsoft Teamと互換性のある、大画面ディスプレイ・デバイス、Windows Collaboration Displayを出荷することを計画している。

Eweek1shap
 このWindows Collaboration Displayは、Microsoftのデジタル・ホワイトボード、Surface Hubに似た、大画面ディスプレイ・デバイスである。

Eweek1ms_2

 「Microsoft Surface Hub2の紹介」ビデオ

・PolycomとYealinkは、Microsoft Team対応の会議電話をリリースする準備をしている。

・AudioCodesとYealinkは、Microsoftのチャット・ベースのコラボレーション・アプリと連携する、卓上電話をリリースする準備をしている。

・ADPの給与計算や人事管理アプリを使用している、従業員は、給与情報を見たり、休憩時間を要求したり、休憩時間を見たりするために、ビジネス・チャット・アプリ、Slackを使用することができる。

 SlackとADPは、2018年6月5日に、Slack App Directoryにおいて、ADP Virtual Assistantアプリ経由で、利用できる、統合を発表した。

 2018年3月に、SlackとWorkdayは、ユーザが、同僚の情報を見たり、休憩時間や、他の人事情報を要求したりできるようにするための、同様のパートナーシップを発表した。

 2018年5月に、Slackは、Slackメッセージを使用して、作業を完了する機能、Actionsを公開した。

 ユーザは、作業を作成し、Slackインタフェースを離れることなく、他のアプリにより、トリガーにされる、ワークフローを追求することができる。

 Slack Actionsは、Asana、Jira Cloud、Zendesk、および、他の互換性のある、アプリと連携する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

スマート・パッケージの潜在的な可能性を開拓する。(1) '18.06.17

【スマート・パッケージの潜在的な可能性を開拓する。(1)】 '18.06.17

 モノのインターネット(IoT)技術のおかげで、「スマート・パッケージ」は、自分自身が何で、何処からきて、何処にあり、何処へ行くのかを告げることができる。 2018年6月14日

Int6
 By Malek Murison、internet of business

 Malek Murison氏は、スマート・パッケージと、サプライ・チェーンの利便性は、何かについて、解説する。

 モノのインターネット(IoT)技術が、「スマート・パッケージ」に適用される。

 スマート・パッケージは、デジタルに特定され、他のモノに接続される。

 しかし、スマート・パッケージが、真に価値を発揮する、用途を見つけることは、別の問題である。

 小売やロジスティクス業界では、スマート・パッケージの概念を取り巻く、一貫した方法論が、出現している。

 商品のパッケージは、近距離無線通信を用いた自動認識技術(RFID)、QRコード、近接無線通信(NFC)、および、クラウド・サービスといった技術の組合せの支援で、よりスマートになっている。
Int6b
 この結果である、コネクティッド・ボックス、パレット、および、パッチは、企業が、パッケージを処理する上で、コストやミスを低減させ、作業効率を向上させ、ムダをなくし、環境の改善に貢献するのを支援する。

 現在、サプライ・チェーン管理などの分野において、スマート・パッケージの導入が、開始されている。

 IoT技術を活用した、スマート・パッケージを使用して、商品の移動を追跡することで、腐敗しやすい商品を監視し、最適な状態に保つことができるようになる。

 また、偽造された商品を、選別し、販売しないよう、排除することもできるようになる。

 商品は、海外にも、配達されるので、スマート・パッケージに使用される、無線通信技術や識別技術は、国際的に標準化されなければならない。

 先月、VodafoneとDeutsche Telekomは、ヨーロッパにおいて、最初のNB-IoTローミング・トライアルを完了し、スマート・パッケージが、ローカライズされた接続の洞察を失うことなく、国境を越えることができるようになる、将来を約束した。

 スマート・パッケージは、接続技術や識別技術を使用して、生産者、物流業者、卸売業者、小売業者、および、消費者が、相互に接続され、相互に連携できるようにし、商品の移動を追跡したり、監視したり、管理したりできるようにする。

 これにより、メーカや小売業者は、商品を追跡することで、より適切に、状況を把握し、より良い意志決定を可能にするだけでなく、消費者と、相互に接続し、再注文を容易にしたり、対話的な商品のサポートなどを通して、消費者と関わることを支援したりできるようになる。

 ソフトウェア・ベンダ、EVRYTHNGによると、「スマート・パッケージ」は、メーカ、小売業者、サプライ・チェーンが、ブランドをプロモートしたり、商品の視覚性を向上させたり、在庫管理能力を改善したりするために、使用され始めているという。

 また、スマート・パッケージは、再生可能な素材を使用したパッケージング技術と、Microsoft Azureクラウド・サービス・プラットフォームを組み合わせて使用することで、生産、物流、および、パッケージ使用後のリサイクル・プロセスを、可能な限り、簡素化すると共に、環境に貢献できるようにする。

 木質繊維ベースのパッケージングは、プラスチックや他の再生不可能な素材と比較して、環境面で、優れた選択肢であることは、広く認識されている。

 また、パッケージに、インテリジェンスの層を付加することで、生産者、卸売業者、小売業者などは、商品の在庫管理や、品質管理を改善し、無駄を減らすこともできるようになる。

 これは、商品が、生鮮食品の場合、特に、重要になる。

 小売業者は、センサーを使用した、パッケージング技術を使用することで、在庫管理が、改善され、商品の過剰注文や、腐りやすい商品の廃棄を回避するのに役立つことを、よく認識している。

 WRAP 2016の調査によると、英国の家庭の60%以上が、商品のパッケージが、リサイクル可能かどうか、把握しておらず、多くのリサイクル可能なパッケージを、再生可能なゴミ用の箱ではなく、焼却ゴミ用などの、別の箱に廃棄していることが判明した。

 スマート・パッケージには、再生可能なパッケージかどうかを識別できる、QRコードが付いており、例えば、スマートフォンのカメラでスキャンすることで、消費者は、再生可能なパッケージかどうかを知ることができる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月16日 (土)

Gartnerによると、2018年に、世界のアプリ基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェアの売上が、2017年から、12%増加したという。 '18.06.16

【Gartnerによると、2018年に、世界のアプリ基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェアの売上が、2017年から、12%増加したという。】 '18.06.16

 By Gartner

 デジタル変革(DX)の取り組みは、2018年に、アプリの基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェアへ、300億ドル以上の支出を促すだろう。

 クラウド・コンピューティング、「モノのインターネット(IoT)」、分析、および、AIといった、技術のトレンドを使用する、デジタルなビジネス・モデルに向かって、大きくシフトし、「アプリ基盤とミドルウェア(AIM:Application Infrastructure and Middleware)」ソフトウェアへの、世界の支出を促している。

Gartner1
 Gartnerは、AIMソフトウェア市場の売上が、2016年から、12.1%増加し、2017年に、285億ドルに達することを示している。

 アプリ基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェア市場を促している、技術のトレンドは、ほぼリアルタイムに、データを分析するための需要が増加し、APIエコノミーに向かってシフトし、IoTのエンドポイントが高速に増殖し、さらに、AIの展開クラウド・プラットフォームやサービスへ移行することを、一般的に、受け入れている。

 多くの企業は、新たなデジタル・サービス、または、製品を提供する、方法において、データ、ソフトウェア、ユーザ、および、ハードウェアを接続するための、最近のアプリ基盤とミドルウェア(AIM)ソフトウェアに対する、より大きなニーズと、新たなビジネス・モデルに向かっている。

表1) 2016年と2017年における、世界のAIMソフトウェアの売上とシェア、トップ5ベンダ

            2016年   2017年    年間      2017年
ベンダ         売上    売上      成長率    シェア

IBM              5,963       6,124           2.7%           21.5%

Oracle           3,127       3,147           0.6%           11.1%

Salesforce     1,353       1,785          31.9%            6.3%

Microsoft       1,239       1,325           6.9%            4.7%

Amazon           382          839        119.3%            2.9%

他のベンダ   13,297      15,221         14.5%           53.5%

合計             25,361     28,440         12.1%         100.0%

 ソース:Gartner、2018年6月

 Gartnerは、AIMソフトウェアへの支出が、2018年に、緩やかに、増加した後、より速く成長し、2022年には、5%増加すると予測している。

 それ以上に、AIMソフトウェア市場における、勢いが、この市場を産み出したベンダから、新たに参入した、挑戦者に、シフトしてきた。

 IBMやOracleといった、AIMソフトウェア市場を産み出したベンダが、より大きな市場セグメントを形成する、ライセンスされた、オンプレミス・アプリ統合スイートの売上は、2016年と2017年に、1桁だけ増加していた。

 Gartnerは、このAIMソフトウェア市場の成長が、2022年まで、継続すると期待している。

 小さな挑戦者は、クラウドと、オープンソース・ベースのアプリ統合スイートの売上が、2桁の増加を続けている。

 「統合サービスとしてのプラットフォーム(iPaaS:integration Platform as a Service)」のセグメントは、全体的なAIMソフトウェア市場の、一部であり、2016年に、前年から、60%増加し、2017年に、前年から、72%増加して、初めて、売上が、10億ドルになった。

 iPaaSは、最も速く成長する、AIMソフトウェア分野の1つになった。

 Gartnerの顧客は、「Forecast Overview: Application Infrastructure and Middleware Software, Worldwide, 2018 Update」レポートで、AIMソフトウェア市場における、デジタル化の効果における、より多くの情報を見つけることができる。."

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

IDCによると、デジタル変革(DX)に対する、世界の支出は、製造業により導かれ、2018年に、1兆ドルに急上昇するという。 '18.06.16

【IDCによると、デジタル変革(DX)に対する、世界の支出は、製造業により導かれ、2018年に、1兆ドルに急上昇するという。】 '18.06.16

Idc
 IDCは、ビジネス・プラクティス、製品、および、企業のデジタル変革(DX)を可能にする、技術とサービスに対する、世界の支出が、2017年の9580億ドルから、16.8%増加し、2018年には、1兆1000億ドルを上回ると予測している。2018年6月12日

 デジタル変革(DX)への支出は、DXソリューションを最大限に活用するだけでなく、多くのDXの優先順位、プログラム、および、ユースケースのアジェンダを設定する、個別製造業界と、プロセス製造業界によって導かれることが期待される。

 「IDC Worldwide Semiannual Digital Transformation Spending Guide」には、2016年から2021年の予測期間における、世界8地域の、19業界に渡る、130分野の、デジタル変革(DX)のユースケースや、DXへの支出の実績と予測が、解説されている。

 「IDC Worldwide Semiannual Digital Transformation Spending Guide」によると、2018年の、デジタル変革(DX)技術やサービスへの、世界の支出は、1兆1000億ドル以上になるという。

 個別製造とプロセス製造は、2018年に、デジタル変革(DX)ソリューションに結合され、3330億ドル以上を費やすことが、予測されている。

 技術の観点から、製造業が、デジタル経済に挑戦するための、デジタル・プラットフォームを構築するにつれ、アプリ、接続サービス、および、ITサービスが、支出の最大のカテゴリになる。

 個別製造とプロセス製造における、デジタル変革(DX)の主な目的と、支出の優先順位は、材料の最適化、スマート資産管理、および、自律的な運用に焦点を合わせた、プログラムを含む、スマート製造である。

 IDCは、2つの産業(個別製造とプロセス製造)が、スマート製造イニシアティブに、1150億ドル以上を支出すると、予測している。

 両産業(個別製造とプロセス製造)は、革新の加速に、330億ドル、デジタル・サプライ・チェーンの最適化に、280億ドル、支出することが期待される。

 2018年における、デジタル変革(DX)は、製造産業からの投資により促された、スマート製造業への支出が、1600億ドルになり、デジタル・サプライ・チェーンの最適化への支出が、1010億ドルになる見込みであり、デジタル変格(DX)の戦略的な優先事項であり、最も支出が見込まれている。

 2018年に、重要な資金調達を受ける、他の戦略的優先事項には、スマート・グリッド、オムニ顧客経験関連、オムニチャネル商取引、および、革新の促進などがある。

 2016年から2021年の予測期間中に、最も速い、支出の増加が予測される、戦略的優先事項には、オムニ顧客経験連関(38.1%のCAGR)、財務と臨床のリスク管理(31.8%のCAGR)、および、スマート建設(25.4%のCAGR)がある。

 デジタル変革(DX)の戦略的優先事項を達成するために、企業は、これらの目標に向けた、長期的な行動計画を表すプログラムを開発する。

 2018年に、最も多くの資金を調達する、デジタル変革(DX)プログラムは、デジタル・サプライ・チェーンとロジスティクスの自動化が、930億ドル、スマート資産管理が、910億ドル、予測的なグリッドと、製造オペレーションが、それぞれ、400億ドルになる見込みである。

 IDCは、今後5年間の予測で、最も支出が増加する、デジタル変革(DX)プログラムは、建設作業(38.4%のCAGR)、コネクティッド・カー(37.6%のCAGR)、臨床結果管理(30.7%のCAGR)になると、予測している。

 それぞれの戦略的な優先順位には、ユースケースで構成された、多数のプログラムが含まれている。

 ユースケースは、ハードウェア、ソフトウェア、ITサービスといった、基幹業務とITリソースを使用する、特定のプロジェクトと考えることができる。

 2018年に、最も多くの資金を調達する、ユースケースには、運輸管理の560億ドル、ロボット製造の430億ドル、資産計上の430億ドル、自律的な運用の350億ドルが含まれる。

 2016年から2021年の予測期間中に、最も速い支出の増加を見せる、ユースケースには、ロボット建設(38.4%のCAGR)、自動運転車(37.6%のCAGR)、および、保険業界のロボットのプロセス自動化ベースのクレーム処理(35.5%のCAGR)が含まれる。

 「Worldwide Semiannual Digital Transformation Spending Guide」には、2016年から2021年の予測期間における、世界8地域の、19産業に渡る、139種類のデジタル変革(DX)ユースケースへの支出の実績と予測が紹介されている。

 「IDCは、DXを、どのように定義しているか?」の紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

AIは、一部の企業で、雇用を削減している。 '18.06.16

【AIは、一部の企業で、雇用を削減している。】 '18.06.16

 AIは、あらゆる人間の仕事を奪うことはないが、一部の人間に取って代わる。2018年3月2日

 By eMarketer

 Infosysは、2018年1月に、世界の企業のIT意思決定者を対象に、「職場において、AIの影響に対応するために、企業は、どのような行動を取っているか?」に関する、アンケート調査を実施した。

 Infosysが、2018年1月に、世界の企業の、IT意思決定者を対象に実施した、調査によると、IT意思決定者の約40%は、「AI採用後に、冗長になった仕事を排除した。」と回答している。

 また、IT意思決定者の約70%は、「自社の従業員は、AIに置き換えられると懸念している。」と回答している。

グラフ1)Infosysが、2018年1月に、世界の企業の、IT意思決定者を対象に実施した調査における、「職場において、AIの影響に対応するために、どのような行動を取っているか?」という質問に対する、回答の割合

IT意思決定者が取った行動                                    回答の割合

AI展開により、最も影響される、機能における、トレーニングを増やす。     53%

より創造的な分野へ、従業員を再配置する。                         50%

異なったスキルのセットを持つ、新たな従業員を雇用する。              49%

冗長になったポストを排除する。                                     37%

Em1
 ソース:Infosys、2018年1月23日

・IT意思決定者の約半数は、「AIが、人々の仕事を、より効率的にしている。」と回答した。

・IT意思決定者の、ほぼ半数は、「AIが、機械的な作業を自動化することで、人の時間を解放している。」と回答した。

・ほとんどのIT意思決定者は、「AIを、作業に適用すると、AIは、人間よりも、効率よく作業を行い、生産性を向上させる。」と回答した。

・IT意思決定者の45%は、「AIツールは、同じ仕事を行う上で、人間よりも、正確に作業する。」と回答した。

 ちなみに、インドのIT意思決定者は、AIの導入に関して、最も強気であった。

グラフ2)2018年1月のアンケート調査において、「AIの導入で、特定の作業の効率が、従来よりも、向上していると考えている。」と回答した、主な国ごとの、IT意思決定者の割合(%)

国            回答の割合

インド            74%
米国            58%
中国            50%
オーストラリア     47%
英国            39%
フランス          26%
ドイツ            18%

Em1b
 ソース : Infosys

 ただし、AIが、過大評価されている、可能性は、極めて高い。

 従業員は、自分たちの仕事が、AIやロボットに取って代わられるのを見ることに、不安を感じている。

 最近、Gallupが実施した調査では、米国の大人の73%は、「AIは、新たな雇用を創出するよりも、より多くの雇用を排除すると予想している。」と回答した。

 Gartnerのレポートは、「2020年までに、AIは、230万人の雇用を創出し、180万人の雇用を排除する。」と予測している。

 2017年8月に実施された、Dynatraceによる、従業員数が1000名を超える企業のCIOを対象に実施した調査によると、CIOの83%が、「2018年に、AIを導入、または、使用する予定である。」と回答していた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月15日 (金)

HPIは、モバイル専門家向けに、新たなコンバーティブルPCをリリースする。 '18.06.15

【HPIは、モバイル専門家向けに、新たなコンバーティブルPCをリリースする。】 '18.06.15

 HPIが、新たに提供する、2-in-1デバイスは、モバイル専門家が、何時でも、何処でも、使用することのできる、コンバーティブルPCである。 2018年6月14日

Eweek1
 この新たなコンバーティブルPCには、テント、スタンド、タブレット、および、従来のラップトップPCの、4つのモードがある。

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 モバイル専門家は、このコンバーティブルPC、ProBook x360 440 G1を使用して、快適に、何時、何処にいても、ドキュメントを作成したり、プレゼンしたり、他のスタッフと、コラボレートしたりできるようになる。

 「ProBook x360 440 G1の紹介」ビデオ

 現在、多くの、特に若いユーザは、仕事にも、スマートフォンを使用している。

 しかし、ラップトップPCやノートPCの方が、処理しやすい仕事もある。

 世界最大のPCメーカ、HPIは、Dell、Lenovo、Apple、Acerなどと共に、ノートPCやラップトップPCを、新たな時代に適合するよう、進化させている。

 カリフォルニア州の、Palo Altoを拠点とする、HPIは、高性能な2-in-1の、コンバーティブルPC(キーボードを回転させることにより、タブレットにも、ラップトップPCにもなる)をリリースした。

 このコンバーティブルPCは、スマートフォンに依存している、モバイル専門家をターゲットにしている。

 モバイル専門家は、スプレッドシートといった、小さなスクリーン画面では、作業しにくい、アプリを使用するときに、スマートフォンではなく、ノートPCを使用している。

 HPIは、5年も前から、2-in-1デバイスの開発を開始している。

 HPIは、2017年の、Mobile World Congressで、ビジネス・タイプの2-in-1(ラップトップPCとタブレットを切り換えて利用可能)のコンバーティブルPC、HP Pro x2 612 G2を発表していた。

 HPIは、2-in-1デバイスの各製品を、改善し、進化させ続けている。

 HPIは、今回、極めて薄く、14インチのスクリーン画面を持ち、ラップトップPCにも、タブレットにもなる、新たな2-in-1デバイス、ProBook x360 440を発表した。

 このビジネス向け、2-in-1デバイスの、他の特徴には、高性能、高セキュリティ、高耐久性があり、多彩な360度のフォームファクタがある。

 この2-in-1デバイスには、スクリーン画面で、容易に、手書き入力できるようにする、HP Active Penスタイラス・ペンのオプションも用意されている。

 この2-in-1デバイスには、USB-C経由で、ドッキング・ステーションをサポートする、単一ケーブルが添付されている。

 この新たな2-in-1デバイス、ProBook x360 440の特徴を以下に示す。

・HP BIOSphere Gen4の、内臓セキュリティ機能は、悪意のあるハッカーからの攻撃を、防御する。

 HP BIOSphere Gen4は、BIOSの保護を自動化し、耐久性と、保守を容易にする、ファームウェアである。

・高性能な、Intel Coreプロセッサと、長寿命のバッテリーを搭載し、長時間、快適に使用できる。

・USB Type-Cドッキング・ステーションをサポートし、単一のケーブルを通して、高速なデータやビデオの転送、および、電力の供給をサポートできる。

 この2-in-1デバイスは、用途に合わせて、テント、スタンド、タブレット、および、従来のラップトップPCの、4つのモードで使用でき、適用性がある。

 これにより、モバイル専門家は、ドキュメントを作成したり、大画面に表示させて、プレゼンしたり、他のモバイル・プロフェッショナルなどと、コラボレートしたり、ビデオ会議したり、できるようになる。

 HPIは、この2-in-1デバイス、ProBook x460 440を、599ドルで、販売を開始する。

(HP ProBook x360 440 G1ノートPCの仕様)
Eweek1t・利用できるオペレーティング・システム : Windows 10 Pro、Windows 10 Home、FireDOS

・利用できるプロセッサ・ファミリ : 第7世代、Intel Core i5、i7、i3、Celeron

・利用できるプロセッサ : Intel Celeron、Intel Pentium、Intel Core i3、Intel Core i5、Intel Core i7

・最大メモリ    : 16GB DDR4

・メモリ・スロット  : 2SODIMM

・内部ストレージ : 256GBから512GBのPCle NVMe、128GBから256GBのm.2 SATA SSD

・ディスプレイ     : 14インチ diagonal FHD IPS eDP

・利用できるグラフィクス : 統合:Intel HDグラフィクス、個別:NVIDIA GeForce

・無線通信技術    : Intel Dual Band無線

・ブロードバンド通信 : Realtek 10/100/1000 GbE

・拡張スロット     : 1SD

・ポートとコネクタ    :  USB 3.0 x 2、USB 3.1 x 1

・オーディオ      : デュアル・ステレオ・スピーカ、デュアル・アレイ・マイク

・入力デバイス    : HPプレミアム・キーボード

・カメラ          : 720p HDカメラ、HD IR WebCam

・利用できるソフトウェア : HP ePrintドライバ、jetAdvantage、HP Hotkey Supportなど

・セキュリティ管理       : HP Device Access Manager、HP DriveLockなど

・管理機能            :  HP BIOS構成ユーティリティ、HP Client Catalogなど

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

大幅に割引された、GoogleのプリエンプティブなGPUは、企業に、ハードウェアの性能を向上させる方法を提供する。 '18.06.15

【大幅に割引された、GoogleのプリエンプティブなGPUは、企業に、ハードウェアの性能を向上させる方法を提供する。】 '18.06.15

Eweek2
 ハードウェアで加速された性能へ、一時的にアクセスしたい、企業は、通常価格よりも、70%割引きで、プリエンプティブなGPUを、使用できるようになる。 2018年6月12日

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleのクラウド・ユーザに、追加性能に対して、フルの追加価格を支払うことなく、コンピューティング集約的なアプリを実行するために、ハードウェアの性能を向上させる方法を提供する、GPUを使用できるようにするための、新たなオプションを提供する。

 今週、Googleは、Googleのクラウド基盤プラットフォームで、プリエンプティブな、仮想マシン(VM)に、プリエンプティブに接続されたGPUを、プリエンプティブな価格モデルで、一般的に利用できるようにする。

 Googleは、GPUといった、高性能コンピューティング・リソースを、一時的に、あるいは、まれにしか、アクセスしない、企業に対し、プリエンプティブな価格モデルを提供する。

 このプリエンプティブな価格モデルで、GPUなどの、高性能コンピューティング・リソースを、まれにしか、アクセスしない、企業は、極めて、低い価格で、利用した分だけ料金を支払い、特定のGoogleクラウド・コンピューティング・リソースを、プリエンプティブな仮想マシン(VM)上で、利用できるようになる。

 Googleは、プリエンプティブな仮想マシン(VM)に接続されているGPUを、プリエンプティブなGPUと読んでおり、オンデマンドな仮想マシン(VM)に接続されているGPUを、オンデマンドなGPUと読んでいる。

 企業は、オンデマンドな仮想マシン(VM)に接続された、GPUと比較して、最大、70%安い価格で、プリエンプティブ仮想マシン(VM)に接続された、GPUで強化された、性能を利用できるようになる。

 ちなみに、Googleが、2018年1月に、最初に、プリエンプティブな、GPUオプションを発表したときに設定した、価格の割引率は、50%よりも大きかった。

 当時、Googleは、企業が、Nvidiaの「K80」と「P100」GPUを、それぞれ、0.22ドル/時間と、0.73ドル/時間で、プリエンプティブな仮想マシン(VM)に割り当てることができると言っていた。
Eweek2a
 今週、Googleは、企業が、Nvidiaの「K80」と「P100」GPUを、それぞれ、0.135ドル/時間と、0.43ドル/時間で、プリエンプティブな仮想マシン(VM)に、割り当てることができるようになると発表した。

 これに対し、企業は、同じNvidiaの「K80」と「P100」GPUを、それぞれ、0.45ドル/時間と、1.46ドル/時間で、プリエンプティブな仮想マシン(VM)ではなく、オンデマンドな仮想マシン(VM)に、割り当てることができるようになる。

 また、企業は、ハイエンドのNvidiaの「Tesla V100」GPUを、0.74ドル/時間で、プリエンプティブな仮想マシン(VM)に、2.48ドル/時間で、オンデマンドな仮想マシン(VM)に、割り当てることができるようになる。

Eweek2b
 「NvidiaのTesla V100 GPUの紹介」ビデオ

 プリエンプティブなGPUは、マシン学習(ML)、高性能コンピューティング(HPC)といった、バッチ・ワークロードや、フォールト・トレラントを利用する、顧客に理想的である。

 このプリエンプティブなGPUのオプションは、大規模なGPU命令を、予測可能な低価格で、利用できるようにするための方法を、企業に提供する。

 性能の観点から、プリエンプティブなGPUは、オンデマンドなGPUと、同じ性能を発揮する。

 大きな違いは、Googleが、30秒間の通知で、プリエンプティブなGPUを、シャットダウンできることである。

 企業は、プリエンプティブなGPUを、一度に、最大24時間使用することもできる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

高校の同級生

 高校の同級生が、FBで、同級生を紹介していました。

Project Zeroは、AIを活用して、「都市のインターネット」を可能にすることを目指している。 '18.06.15

【Project Zeroは、AIを活用して、「都市のインターネット」を可能にすることを目指している。】 '18.06.15
Dis2
 「AI for Good Global Summit」において、画期的なチームが設立され、「都市のインターネット」を確立するために、「Project Zero」が開始された。 2018年5月28日

 By disruptive

 「Project Zero」は、スマート・シティが、データを共有し、互いの経験から学習できるようにするために、AIによって強化された、グローバルなネットワークを確立する。

 世界には、それぞれの国の事情に適合した、多くの、異なった、スマート・シティの定義が存在するのを、確認することができる。

 「AI for Good Global Summit」では、AI、スマート・シティ、コミュニティの分野において、画期的なチームが設立され、「都市のインターネット」を確立するために、「Project Zero」が開始された。

 「AI for Good Global Summit」は、AIの革新者と、公共と民間部門の意思決定者を、結びつける場になっている。

 「AI for Good Global Summitのハイライト」ビデオの紹介

 「AI for Good Global Summit」では、4つの分野(「衛星の画像と映像」、「健康と医療」、「スマート・シティ」、および、「AI」)において、画期的なチームが設立された。

 これらの画期的なチームは、政府、産学官、および、市民社会を代表する、専門家により、導かれている。

 マッチメーキングのエクササイズでは、問題の所有者が、ソリューションの所有者に紹介され、有望な戦略を前進させるためのコラボレーションが構築される。

 「AI for Good Global Summit」では、スマート・シティの分野の、画期的なチームは、都市において、複数の言語をサポートし、さまざまな種類の暴力に対抗し、ブロックチェーンをベースとした、意思決定を可能にし、スマート・シティ・プロジェクトのシミュレーションのための、仮想テストベッドを提供する7つのプロジェクトが、紹介された。

 これらのプロジェクトには、世界のどこかで成功した、スマート・シティ・プロジェクトを再現するために必要な、データ、知識、専門知識を共有できる、グローバルなネットワークである、「都市のインターネット」の設立を目標とした、「Project Zero」が含まれる。

 「Project Zero」には、3つの主要な要素がある。

・ベスト・プラクティスを共有するための、グローバルなリポジトリの定義

・都市の環境の、AI駆動のシミュレーションの開発

・これらのベスト・プラクティスと、シミュレーションを、より人間的なアプローチと、接続することで、市民が、地域の問題に対する、ソリューションを特定できるようにする、都市構築ビデオ・ゲームの開発

 「代表的な、都市構築ゲームの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月14日 (木)

GoogleのAnalytics 360が、SalesforceのMarketing Cloudが統合された。 '18.06.14

【GoogleのAnalytics 360が、SalesforceのMarketing Cloudが統合された。】 '18.06.14

 GoogleのAnalytics 360と、SalesforceのMarketing Cloudとの統合は、より良い、顧客の洞察や、より効果的なマーケティングを可能にするという。 2018年6月13日

Eweek1
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 GoogleのAnalytics 360データ分析プラットフォームは、SaleforceのMarketing Cloudと統合された。

 Salesforceによると、この統合は、企業に、マーケティングの取り組みの効果を促すために、自分たちの顧客に関する、より良い洞察を提供するという。

 例えば、企業は、SalesforceのMarketing Cloudと、Google Analytics 360の両方の、複数の販売チャネルから、収集された、顧客のデータを表示するようになる。

 マーケッタは、メール、モバイル、および、Web対話を行う方法や、顧客と互いに影響を与える方法を、視覚化することができる。

 Salesforceの製品管理担当副社長、Armita Peymandoust氏が、GoogleのAnalytics 360データ分析プラットフォームと、SaleforceのMarketing Cloudの統合を発表した。

 Salesforce Marketing Cloudのデータを、Analytics 360に、移入することにより、マーケッタは、自分たちのマーケティングの取り組みを、実施する方法の、より良い理解を得ることができるようになる。

 マーケッタは、自分たちのマーケティング・コンテンツを拡張するために、購入を含む顧客の取引の意思決定に、どの程度、影響を及ぼしているかを正確に見ることができる。

 Analytics 360は、企業が、メールのキャンペーンで使用することのできる、自分たちのマーケティング・コンテンツを、オンライン広告経由や、Webサイト上で、特定するのを支援するのを明確にすることが、マクロな傾向である。

 さらに、2018年3Qに開始する、SalesforceのMarketing Cloudを使用している、マーケティング・チームは、Analytics 360に、忠誠心のある顧客といった、聴衆セグメントを作成できるようになる。

 マーケティング・チームは、次に、SalesforceのMarketing Cloudにおいて、聴衆カテゴリ向けに、標的にされた、マーケティング・プログラムを作成することができる。

 例えば、消費者向けの商品を提供する会社は、自分たちのWebサイトに掲載されている、商品やサービスなどを、頻繁に見る、顧客を特定するために、Google Analytics 360から、移入された、聴衆データを使用することができた。

 この聴衆セグメントに対し、企業は、顧客をターゲットにした、マーケティング・キャンペーンを開発するために、SaleforceのMarketing Cloudを使用することができる。

 マーケッタは、Google Optimize 360を通して、Marketing Cloudキャンペーンとの対話に基づいて、仕立てられた、Webコンテンツを、顧客に提供することができる。

 Googleは、以前、Salesforceと、より良い顧客の洞察を提供するために、広告やマーケティング・データ、および、オフラインとオンラインの販売を、結合するために、協調していたと、紹介していた。

 例えば、統合データは、マーケッタが、顧客と、自分たちの製品を、結びつける方法や、マーケティング・プログラムに対応する方法を、より良く、理解するのを支援する。

 統合データは、マーケッタが、自分たちの商品やサービス用のオンライン・リードが、オーガニック検索結果から、より多くの結果を得ているかどうかを、探査できるようにするのを支援することができる。

 この統合は、販売パイプラインを通して、潜在的な顧客の進展により、測定され、マーケティング・プログラムにより、生成される、リードの品質への、視覚性を提供する。

 顧客の視覚性を改善することに加え、SalesforceとGoogle間のコラボレーションの視覚性を改善することに加え、企業が、Analytics 360から、Google Cloudへ、Sales Cloudデータを移出できるようになる。

 また、企業は、BigQuery 360から、Google Cloudへ、Sales Cloudデータを移出できるようになる。

 Google Cloudは、BigQueryのような、他のGoogle分析プラットフォームを利用できる、場である。

 Analytics 360とGoogleのメディア購入プラットフォーム間の統合は、新たな顧客を見つけるために、企業向けに、付加的な方法を提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(3) '18.06.14

【技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(3)】 '18.06.14

Eweek10_2
 技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。2018年6月11日

 By Dennis McCafferty、eWEEK

 KPMGの最近の市場調査レポートは、次の3年間に、「モノのインターネット(IoT)」が、産業をゆるがす、可能性をもたらすことを予測している。

 「The Changing Landscape of Disruptive Technologies,」という題の、KPMGのレポートは、人工知能(AI)や、ロボットが、事業の変革を促す、駆動者として、出現することを示している。

 750社以上の、世界の代表的な技術会社のリーダが、KPMGの市場調査に、参加している。

 このスライドは、IDCから提供された、レポートからの、追加調査と、KPMGから提供された、チャートで、構成されている。

    (続き)

8.ブロックチェーンが、自社を混乱させると思うか?

 「ブロックチェーンが、自社に混乱をもたらすと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの30%は、「ブロッケチェーン技術が、今後、3年以内に、自社を混乱させる可能性が、極めて高い。」と回答した。

・技術会社のリーダの20%は、「ブロックチェーン技術が、今後、3年以内に、自社に混乱をもたらす可能性は、あまり高くない。」と回答した。

グラフ8)「ブロックチェーンが、今後、3年以内に、自社に、混乱をもたらすと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek18
ブロックチェーン技術が、もたらす混乱のレベル     回答の割合

自社に、極めて、大きな混乱をもたらすと思う。        30%

自社に、大きな混乱をもたらすことはないと思う。      20%

9.ゲームが、好きなアプリのカテゴリをリードしている。

・技術会社のリーダの8%は、好きなアプリのカテゴリを尋ねられたとき、「ゲームである」と回答した。

・技術会社のリーダの7%は、好きなアプリのカテゴリを尋ねられたとき、「ビジネス、娯楽、旅行、ライフサイクル、または、SNSである。」と回答した。

グラフ9) 「好きなアプリのカテゴリは何か?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek19
好きなアプリのカテゴリ                           回答の割合

ゲーム                                            8%

ビジネス、娯楽、旅行、ライフサイクル、または、SNS        7%

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(2) '18.06.14

【技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(2)】 '18.06.14

Eweek10
 By Dennis McCafferty、eWEEK

 技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。2018年6月11日

 KPMGの最近の市場調査レポートによると、次の3年間に、「モノのインターネット(IoT)」が、あらゆる業界の企業をゆるがす、可能性があるという。

 KPMGの「The Changing Landscape of Disruptive Technologies,」レポートによると、人工知能や、ロボットが、事業の変革を促す、駆動者として、出現するという。

 750社以上の、世界の代表的な技術会社のリーダが、KPMGの市場調査に、参加している。

 このスライドは、IDCから提供された、レポートからの、追加調査と、KPMGから提供された、チャートで、構成されている。

    (続き)

6.規制政策が、革新を阻害する。

 「現在、何が、革新の、最大の障壁になっていると思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの24%は、「規制政策が、革新の、最大の障壁になっていると思う。」と、回答していた。

・技術会社のリーダの22%は、「専門能力やスキルへのアクセスの欠如が、革新の、最大の障壁になっていると思う。」と、回答していた。

・技術会社のリーダの21%は、「技術の標準化が、確立されていないことが、革新に、最大の障壁になっていると思う。」と、回答していた。

グラフ6) 「現在、何が、革新の最大の障壁になっていると思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek16
革新の最大の障壁                   回答の割合

制限的な規制政策                     24%

専門能力やスキルへのアクセスの欠如        22%

確立されていない、技術の標準化           21%

7.顧客の忠誠心の問題は、商業的成功を制限する。

 「技術革新を商業化する上で、障壁になる、主な要因は、何だと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの22%は、顧客の忠誠心が、得られないことだと、回答した。

・技術会社のリーダの21%は、資金が不足しており、調達できないことだと、回答した。

・技術会社のリーダの21%は、サイバー・セキュリティへの対応が、不十分であることだと、回答した。

グラフ7)「技術革新を商業化する上で、障壁になる、主な要因は、何だと思うか?」 という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek17
技術革新を商業化する上で、障壁になる、主な要因      回答の割合

顧客の忠誠心が、得られないこと                        22%

資金が不足しており、調達できないこと                     21%

サイバー・セキュリティへの対応が、不十分であること          21%

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月13日 (水)

技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(1)'18.06.13

【技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。(1)】 '18.06.13

Eweek10
 By Dennis McCafferty、eWEEK

 技術会社のリーダは、IoTやAIを、トップのビジネスのゲーム・チェンジャーと見ている。2018年6月11日

 KPMGの最近の市場調査によると、今後、3年間に、モノのインターネット(IoT)が、最も、産業をゆるがす可能性が高いことが分かった。

 「The Changing Landscape of Disruptive Technologies,」という題の、KPMGの市場調査レポートは、人工知能や、ロボットが、ビジネスの変革を促す、駆動者になることを示している。

 このレポートは、Alibabaを、最も、ビジネスに混乱をもたらす、技術会社として、位置づけている。

 このレポートは、電子商取引を、最も、社会に、混乱をもたらす、ビジネス・モデルとして、位置付けている。

 このKPMGの調査は、世界の、750社以上の代表的な技術会社のリーダを対象に、実施されている。

 このスライドは、IDCから提供された、追加調査レポートと、KPMGから提供された、チャートで、構成されている。

1.IoTが、ビジネスの変革をもたらす、トップの技術である。

 「何が、次の3年間に、最も、ビジネスの変革を促すと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの17%は、「モノのインターネット(IoT)」が、次の3年間に、最も、ビジネスの変革を促すだろうと回答していた。

・技術会社のリーダの13%は、「人工知能(AI)」が、次ぎの3年間に、最も、ビジネスの変革を促すだろうと回答していた。

・技術会社のリーダの10%は、「ロボット工学」が、次ぎの3年間に、最も、ビジネスの変革を促すだろうと回答していた。

グラフ1) 「何が、次の3年間に、最も、ビジネスの変革を促すと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek11
変革を促す技術          回答者の割合

モノのインターネット(IoT)       17%

人工知能(AI)               13%

ロボット工学               10%

2.社会への利便性が、技術革新からもたらされる。

 「次の3年間に、生活、社会、環境に、最も利便性をもたらすものは何か?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの14%は、「IoT」が、次ぎの3年間に、生活、社会、および、環境に、最も利便性をもたらすと回答していた。

・技術会社のリーダの12%は、AIが、次ぎの3年間に、生活、社会、および、環境に、最も利便性をもたらすと回答していた。

・技術会社のリーダの10%は、ロボット工学が、次ぎの3年間に、生活、社会、および、環境に、最も利便性をもたらすと回答していた。

グラフ2) 「次の3年間に、生活、社会、環境に、最も利便性をもたらすものは何か?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek12
利便性を促す技術         回答者の割合

モノのインターネット(IoT)       14%

人工知能(AI)              12%

ロボット工学               10%

3.ソリューションへの支出の急増が予想される。

 世界規模のIoTへの支出は、2021年までに、合計で、1兆1000億ドルになることが予測されている。

 IDCは、AI/認知技術への支出は、2021年までに、522億ドルに達し、ロボットやドローンへの支出が、2021年までに、2184億ドルになると予測している。

グラフ3) 2021年までの、世界の各技術への支出

Eweek13
・2021年までの、世界の各技術への支出

技術                     支出

モノのインターネット(IoT)     1兆1000億ドル

人工知能(AI)                522億ドル

ロボット工学                2184億ドル

4.Alibabaが、産業軍として、出現するだろう。

 「どの技術会社が、最も、ビジネスを混乱させがちだと思うか?」という、質問に対する、技術業界のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの12%は、Alibabaが、最も、ビジネスに混乱もたらす、技術会社であると、回答していた。

・技術会社のリーダの11%は、Facebookが、最も、ビジネスに混乱もたらす、技術会社であると、回答していた。

・技術会社のリーダの10%は、Airbnbが、最も、ビジネスに混乱もたらす、技術会社であると、回答していた。

グラフ4) 「どの技術ベンダが、最も、ビジネスを混乱させがちだと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek14
ビジネスに、最も混乱をもたらす技術ベンダ    回答者の割合

Alibaba                              12%

Facebook                            11%

Airbnb                              10%

5.電子商取引が、ビジネス・モデルを支配するだろう。

 「次の3年間に、何が、国に、最も大きな混乱をもららすと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

・技術会社のリーダの26%は、電子商取引プラットフォームが、次ぎの3年間に、自分たちの国において、最も大きな混乱をもたらすだろうと回答していた。

・技術会社のリーダの19%は、ソーシアル・ネットワーキング・プラットフォームが、次ぎの3年間に、自分たちの国において、最も大きな混乱をもたらすだろうと回答していた。

・技術会社のリーダの14%は、自動運転車プラットフォームが、次ぎの3年間に、自分たちの国において、最も大きな混乱をもたらすだろうと回答していた。

5)「次の3年間に、何が、国に、最も大きな混乱をもららすと思うか?」という、質問に対する、技術会社のリーダの回答と、その割合

Eweek15
国に、混乱をもたらす技術               回答者の割合

電子商取引プラットフォーム                 26%

ソーシアル・ネットワーキング・プラットフォーム      19%

自動運転車プラットフォーム                 14%

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのように影響を与えるか?(4) '18.06.13

【GDPRは、マーケッタに、どのように影響を与えるか?(4)】 '18.06.13

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。 2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

      (続き)

4.GDPRは、企業に、個人データの使用方法を説明できることを要求する。

 The7starsが、2018年2月に、英国のインターネット・ユーザ、1050人を対象に実施した、アンケート調査の結果の概要を紹介する。

グラフ4)英国のインターネット・ユーザが、GDPRに対する、姿勢に関する質問への回答と、回答者(英国のインターネット・ユーザ)の割合

1)政府は、「GDPRとは、何か?」や、「GDPRは、どのように、企業やユーザに、影響を与えるか?」を明確にする、必要があると思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「必要があると思う」と回答した割合             :75%

・「必要があるとは、思わない。」と回答した割合    : 8%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :17%

2)GDPRにおいて、企業やユーザが、「どれぐらい、他人のデータを保持しているか?」と質問されることに関して、どう思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「適切だと思う」と回答した割合                :58%

・「適切とは、思わない」と回答した割合          :11%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合   :31%

3)GDPRが、データのプライバシーや保護の世界において、適切なステップであると思うか?、の質問に対する回答と、その割合

・「適切なステップだと思う」と回答した割合             :58%

・「適切なステップとは、思わない」と回答した割合    : 9%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :33%

4)一旦GDPRが施行されると、忘れる権利を行使すると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「行使すると思う」と回答した割合                        :34%

・「適切とは、思わない」と回答した割合                  :14%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :52%

5)GDPRは、個人データを、どのように使用するか?、に関して、ブランドを、より信頼できるものにすると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「より信頼できるものにすると思う」と回答した割合              :32%

・「より信頼できるものにするとは、思わない」と回答した割合 :26%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合                 :41%

6)GDPRとは何んで、どのように影響を及ぼすかを、理解していると思うか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「理解していると思う」と回答した割合                  :27%

・「理解しているとは、思わない」と回答した割合      :45%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合    :28%

7)個人データが、アクセスする人により、最良の方法で、使用されていることに、自信を持っているか?、の質問に対する、回答と、その割合

・「最良の方法で、使用されていると思う」と回答した割合               :19%

・「最良の方法で、使用されているとは、思わない」と回答した割合  :55%

・「分からない(特に意見はない)」と回答した割合                         :26%

Em2d
 ソース:The7stars、2018年2月16日

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(3) '18.06.13

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(3)】'18.06.13

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、マーケッタは、個人データを適切に管理しなければならない。

    (続き)

3.GDPRの準備作業を困難にする、多くの問題がある。

 Veritasが、世界の900人のビジネス意思決定者を対象として、2017年の春に実施した、アンケート調査では、GDPRの準備段階で、「企業が、GDPRに備える上での、懸念は、何か?」の質問に対し、「リアルタイムに、データを監視するための、適切なツールがないこと。」と回答した、ビジネス意思決定者の割合は、32%であった。

 ビジネス意思決定者の約40%は、どのデータを、保存すべきか、削除すべきか、決定する方法がないと回答した。

グラフ3)企業のビジネス意思決定者への、「企業が、GDPRに備えることに関する、懸念は、何か?」の質問に対する、回答の割合

 ビジネス意思決定者懸念と、その割合

・データの価値に基づいて、どのデータを保存し、どのデータを削除すべきかを、決定するための方法を持っていないこと。: 42%

・将来的に有用であるかも知れないデータを、システムから削除してしまうこと。          :  39%

・内部検索中に、個人データを、正確に、特定、位置付け、管理するのができないこと。 : 39%

・リアルタイムに、データを監視するための、適切なツールを持っていないこと。            : 32%

・違反、損失、ダメージから、個人的なデータを保護するための準備がされていないこと。: 30%

Em2c
 ソース:Veritas、「2017 Veritas GDPR Report」、2017年4月25日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月12日 (火)

2018年1Qに、世界のサーバの出荷台数が、成長を続け、前年同期から、17.3%増加していた。 '18.06.12

【2018年1Qに、世界のサーバの出荷台数が、成長を続け、前年同期から、17.3%増加していた。】 '18.06.12

 Gartnerによると、2018年1Qに、世界のサーバの売上が、前年同期から、33.4%成長し、出荷台数が、17.3%増加したという。2018年6月11日

 地域的には、2018年1Qに、サーバの売上が、北米が34%、アジア/パシフィックが、47.8%と、それぞれ2桁の増加を経験した。

 地域的には、2018年1Qに、サーバの出荷台数が、北米が、24.3%、アジア/パシフィックが、21.9%、それぞれ2桁の増加を経験した。

 地域的には、2018年1Qに、EMEAが、サーバの売上を、32.1%と、2桁増加させたが、サーバの出荷台数を、2.7%と、1桁だけ成長していた。

 日本は、2018年1Qに、サーバの出荷台数を、5.0%と、1桁減少させ、サーバの売上を、7.3%と、1桁減少させていた。

ラテンアメリカは、2018年に、サーバの出荷台数を、1.8%だけ、減少させ、サーバの売上を、19.2%増加させた。

 Dell EMCは、2018年1Qに、世界のサーバの売上が、51.4%と、2桁の増加した。

 Dell EMCは、世界のサーバの売上で、HPEとのギャップを広げ、21.5%の売上シェアを占め、1位を維持した。

 HPEは、世界のサーバの売上で、19.9%と、2桁増加させ、2位を維持した。

 Inspur Electronicsは、2018年1Qに、サーバの売上で、前年同期から、120.4%も、3桁増加した。

表1)2018年1Qに、世界のサーバ・ベンダの売上の見積り (単位:ドル)

        2018年1Q    2018年1Q  2017年1Q    2017年1Q   年間
ベンダ     売上          シェア      売上       シェア      成長率

Dell EMC   3,593,916,375     21.5%      2,373,171,860       19.0%           51.4%

HPE         3,321,304,736     19.9%       3,009,569,241      24.1%           10.4%

Inspur      1,188,428,802       7.1%          539,259,419       4.3%          120.4%

Lenovo     1,088,922,220      6.5%          731,647,279       5.8%           48.8%

IBM        1,067,701,728       6.4%          831,622,879        6.6%          28.4%

その他     6,432,219,303    38.5%        5,023,547,428       40.2%         28.0%

合計      16,692,493,164   100.0%       12,508,818,106     100.0%         33.4%

 ソース:Gartner、2018年6月

 サーバの出荷台数において、Dell EMCは、2018年1Qに、18.2%の台数シェアを占め、1位を維持した。

 2018年1Qに、サーバの出荷台数において、HPEは、出荷台数を、8.5%減少させ、台数シェアが、13.1%になった。

表2)2018年1Qに、世界のサーバ・ベンダの出荷台数の見積り (単位:台)

         2018年1Q    2018年1Q  2017年1Q   2017年1Q   年間
ベンダ   出荷台数       シェア       出荷台数   シェア     成長率

Dell EMC    555,792         18.2%             466,800        17.9%           19.1%

HPE          400,958         13.1%              428,169       16.8%           -8.5%

Inspur        200,283          6.6%              139,203         5.4%           43.9%

Huawei      182,227          6.0%               156,559         6.0%          16.4%

Lenovo      157,047          5.1%               145,977         5.6%           7.6%

その他    1,555,783         51.0%             1,254,892        48.2%         24.0%

合計      3,052,091        100.0%              2,601,600      100.0%         17.3%

 ソース:Gartner、2018年6月

 2018年1Qに、x86サーバ市場は、売上を35.7%増加させ、出荷台数を17.5%増加させた。

 2018年1Qに、RISC/Itaniumを搭載した、UNIXベースのサーバの出荷台数が、52.8%減少し、売上が46.7%減少した。

 さらに、詳細な情報は、GartnerのServers Quarterly Statisticsで利用できる。

 このデータベースは、世界のサーバの売上、出荷台数、および、シェアを提供する。

 セグメントには、地域、ベンダのブランド、サブブランド、CPUタイプ、CPUグループ、最大CPU、プラットフォーム、価格帯、オペレーティング・システム、および、流通チャネルが含まれる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(2) '18.06.12

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(2)】 '18.06.12

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、広告業界に影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、企業のマーケッタは、個人データを適切に管理しなければならない。

   (続き)

2.北米の企業のマーケッタは、GDPRに、どれぐらい備えているか?

 企業のマーケッタは、個人データを厳重に管理することが、奨励されているが、どれぐらい厳格に、管理するかについての、法律の漠然とした不確実性は、企業が、GDPRに備えることに、あまり関心を持たないような環境を作り出した。

 Erwinによる、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)を対象に実施した、2017年11月のアンケート調査によると、北米の企業の、6%だけが、GDPRに完全に備えているという。

図2)2017年11月における、一般データ保護規則(GDPR)に備えている、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)の、回答の割合

回答                         回答の割合

GDPRに対し、完全な準備をしている。              6%

GDPRに対し、何らかの準備をしている。          39%

GDPRに対する、準備を開始している。            27%

GDPRに対し、何の準備もしていない。             11%

GDPRが、我々に、影響を与えないと思う。        17%

 従業員が、1000名以上の、北米の企業のマーケッタ(ITスキルを持つ)からの回答

Em2b
 ソース:Erwin、2018年2月12日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(1) '18.06.12

【GDPRは、マーケッタに、どのような影響を与えるか?(1)】 '18.06.12

 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う、業界アナリストもいる。 2018年5月25日

 By eMarketer

 マーケッタは、新しい規制、GDPRを順守することに奮闘するだろう。

 業界アナリストによると、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)が、最終的に施行されると、マーケッタに影響を与える可能性があると言う。

 マーケッタにも、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 GDPRは、個人が、会社に、明示的な許可を与える場合にのみ、個人データを使用できるよう規定している。

 GDPRに違反していると判明した企業には、2000万ユーロ(2210万ドル)、または、世界的な売上の4%(いずれか大きい方)の罰金が課せられるので、マーケッタは、個人データを適切に管理し、利用しなければならない。

 しかし、新しい規則、GDPRを順守する能力に、自信を持っていないと感じている、マーケッタもいる。

1.米国の企業のマーケッタは、データ管理能力を、どのように評価しているか?

 Openpriseが実施した、201人の米国の企業のマーケッタを対象にした、2018年3月に実施した調査において、マーケッタは、データ管理能力において、GDPRの順守を、5段階で、3.10と評価していた。

 これは、質問された、データ管理能力に割り当てられた、最低の評価であった。

グラフ1)2018年3月における、米国の企業のマーケッタによる、自分たちの企業の、データ管理能力の評価

Em2a
データ管理能力                評価

データの浄化                  3.82

アカウント・ベースのマーケティング        3.53

リード・ルーティング                         3.51

アカウントのマッチング                      3.42

データ・エンリッチメント                     3.39

リード・スコアリング                          3.37

先進のセグメンテーション                    3.36

データの重複排除                            3.35

アカウント・スコアリング                    3.25

GDPRの順守                                  3.10

 評価は、1~5で、5が「最も評価している」である。

 ソース:Openprise、2018年4月24日

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月11日 (月)

Googleが、エンタープライズ・クラウドの顧客用のソロテナントのノードを紹介する。 '18.06.11

【Googleが、エンタープライズ・クラウドの顧客用のソロテナントのノードを紹介する。】 '18.06.11

Eweek1
 企業は、Googleのクラウド・プラットフォーム上の、自分たちのワークロードで、実行するための、専用の物理サーバを得ることができるようになる。2018年6月7日

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleは、自分たちのワークロードで、実行するための、完全な専用サーバを望む、企業向けに、新たな「ソロテナント」ノードを出荷した。

 Googleによると、このオプションは、直接、規制者のコンプライアンスの要件を持つ企業を、ターゲットすると共に、コンピューティング・リソースを使用した、クラウドのワークロードを分離することを、適切に制御したい企業を、ターゲットにもしている。

 「ソロテナント」ノードは、ワークロードを実行するために使用される、コンピューティング・リソースの、物理的な分離を可能にする。

 共有された、物理的なホスト上で動作する、典型的な仮想マシンと異なり、「ソロテナント」ノードは、独自の使用のために、ホスト・システム全体へのアクセスを、企業に、与える。

 企業は、標準的なコンピュート・インスタンス向けに使用する、同じオプションを使用している、インスタンスを開始できる。

 Googleの製品マネージャによると、企業は、専用に、サーバの容量を期待することができる。

 「ソロテナント」ノード・オプションは、企業に、カスタム構成で、仮想マシンのインスタンスを展開するための、柔軟性を提供する。

 言い換えれば、管理者は、特別な仮想マシンのインスタンス用に、望んでいる、CPU、メモリ、および、ストレージの組み合わせを選択することができるようになるだろう。

 いわゆるGoogleの配置アルゴリズムは、自動的に、インスタンスを開始するために、オスト・マシン上に、最適な場所を見つけるだろう。

 企業の管理者は、仮想マシンのインスタンスを開始しすることを望む、ホスト・マシンの位置を、手作業で、切り分けることができるようになる。

 「ソロテナント」ノード上に、開始される、インスタントは、積極的な保守中のダウンタイムを避けるために、ライブの移行を利用することができる。

 Googleの「ソロテナント」ノードは、企業が、他のクラウド・プラットフォームの提供用に使用する、モデルに似ている。

 例えば、企業は、Googleの他のオプション用に利用できる、価格付けのオプションをベースにした、同じ使用を得ている。

 他の言葉でいえば、企業は、実際に使用する、「ソロテナント」のニーズに対してのみ、1秒当たりを基本にして、使用料を支払う。

 他のVMホスティング・オプションと同様に、企業は、持続性のある、利用のための、割引を受けるだろう。

 企業は、コミットされた、使用モデル用に、オプションを持つことができる。

 企業は、値引きの代わりに、毎月、大量のクラウドのリソースを使用することに、コミットしている。

 新たな提供は、クラウド・サービスを、企業に、より魅力的にするために、Googleの取り組みを拡張する。

 企業は、エンタープライズ・クラウド空間における、市場シェアのために、AmazonやMicrosoftと、三つ巴の競走を展開している。

 Amazon Web Services(AWS)は、クラウド・コンピューティング市場における、クラウド・サービスの売上において、MicrosoftやGoogleをリードしている。

 しかし、GoogleとMicrosoftは、過去、数年間に渡り、急速に、クラウド・コンピューティング・サービスの売上シェアを増加させている。

 クラウド・コンピューティングにおける、Googleの勢いは、クラウド・ビジネスへの、最近の投資の結果である。

 Googleは、過去の数四半期、データセンターを運用するために、世界のデータセンターを構築し、拡張すると共に、スタッフを雇用する。

 Googleは、何百もの、新たなクラウド製品を導入し、SAPといった、主なエンタープライズ・プレーヤと、戦略的なパートナーを組んだ。

 この成長において、他の重要な要素は、Googleが、2年前に設立された、CTOかOCTOのGoogleのOfficeであった。

 以前の企業のCTOと、Googleの独自の上級技術役員からなる、OCTOチームは、企業のクラウド製品やサービスが、企業のニーズに合わせることを、確実にするために、顧客の要求を収集し、理解するために、企業と協調している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

ビッグデータ、機械学習、予測分析、および、IoTといった技術が、保険業界を変える。 '18.06.11

【ビッグデータ、機械学習、予測分析、および、IoTといった技術が、保険業界を変える。】 '18.06.11

Int3
 Hitachi Solutionsが、ビッグデータ、機械学習、予測分析、および、IoTといった技術が、保険業界を変えることを紹介する。 2018年3月13日

 By Hitachi Solutions、internet of business

 予測事象、予測される影響、および、全体的なリスクの評価は、保険業界に、新たなに構築されたモデルである。

 損害保険や健康保険の計算は、従来の統計的方法で得られた、過去のデータ・パターンに基づいている。

 新たに出現した、ビッグデータ、機械学習、予測分析、および、IoTといった技術は、保険会社に、無関係なデータセット(構造化、半構造化、または、非構造化された)を分析することで、これまで以上に高い精度で、将来の事象を予測する機会を提供する。

 顧客の期待が進化し、規制が変わり、新しい参入者を含め、競争の圧力が、さらに激しくなるにつれ、保険業界は、大きく変化している。

 保険会社は、ビッグデータ、予測分析、AIといった技術を活用し、監視カメラや、煙検知器など、さまざまなセンサーを持つ、スマート・ホーム・デバイス(IoT技術)と、組み合わせて、利用することで、高い精度で、将来の事象を予測できると共に、顧客の家庭のセキュリティや、安全性を向上させることを支援できるようになる。

 顧客が、監視カメラや、煙や熱や動きなどを検知する、さまざまなセンサーを持つ、スマート・ホーム・デバイスで構成される、家庭用のセキュリティ・システムを購入し、設置することで、家庭のセキュリティや安全性を向上させることにより、保険会社は、火災保険料を割り引くことができるようになる。

 これにより、保険会社は、火災保険料を割り引くことで、保険の契約を増やすだけでなく、セキュリティ・システムの販売、保守、サービスなどでの収益を上げることもできるようになる。

 このような、保険会社は、セキュリティ・デバイス・ベンダや、セキュリティ・サービス・プロバイダと提携して、家庭用のセキュリティ・システムや、セキュリティ・サービスを提供し、顧客を支援できるようになる。

 現在、保険会社は、多くの課題に、直面しているが、新たなビジネス機会にも、直面している。

 Hitachi Solutionsは、機械学習などの技術が、どのように保険業界を変革しているかを解説した、白書を提供している。

 Hitachi Solutions Americaは、10年以上に渡り、保険会社が、最新の技術を利用して、ビジネス・モデルを変革し、成長を促し、顧客の期待に応えることを支援してきた。

 Hitachi Solutions Americaは、保険会社が、MicrosoftのAzureクラウド・サービス上に構築された、保険ソリューションを使用して、コアシステムを近代化し、最適化された運用を行うことを支援している。

 Hitachi Solutions Americaは、「モノのインターネット(IoT)」技術を使用した、家庭向けのセキュリティ・システムや、セキュリティ・サービスが、毎日の暮らしを、より安全にし、ビッグデータ、機械学習、および、予測分析といった技術が、これまで以上に高い精度で、将来の事象を予測する機会を提供し、全体的なリスクを評価できるようにし、保険ビジネスを、大きく変えていくことを理解している。

 これらの技術は、保険会社が、フィットネス・デバイスや、ヘルスケア・デバイスなどから得られた、家族の健康などに関する、個人データを収集し、分析することで、家庭の安全や、家族の健康の管理を支援できるようにする。

 ただし、保険会社は、個人情報保護のフレームワークであり、ルールを定めた、EUの一般データ保護規則(GDPR:General Data Protection Regulation)の、規制事項を順守することが求められるようになる。

 また、保険会社は、GDPRを順守して、顧客関係管理(CRM)システムや、コールセンターなどのアプリで、顧客の情報を使用することで、それぞれの顧客に合った、サービス、情報、ソリューションを提供できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

なぜ、シャープは、東芝のノートPC事業を買収するのだろう? '18.06.11

【なぜ、シャープは、東芝のノートPC事業を買収するのだろう?】 '18.06.11

Eweek2
 シャープは、2018年6月5日に、東芝のノートPC事業を、3600万ドルで買収する意向を表明した。 2018年6月8日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 アナリストによると、東芝のノートPC事業の買収による、シャープのノートPC市場への拡大は、Foxconn Groupのインターネット産業指向のビジョンに基づいているという。

 以前から、優れたノートPCを作成していた、東芝は、世界のApple、HP、Lenovosに対して、十分に競争できず、ノートPC事業を売却し、ノートPC事業から撤退する。

 これに対し、シャープは、2018年6月5日に、東芝のノートPC事業を、3600万ドルで買収する意向を表明した。

 シャープには、東芝のノートPC事業を、安い価格で買収する、理由がいくつかある。

 TrendForceの、WitsViewによると、シャープは、以前、独自のPC事業から撤退していたが、東芝の買収は、同社が、Foxconn Technology Groupの継続的な成長と結びついていることによる、可能性が高いという。

 TrendForceによると、Foxconn Groupのインターネット産業指向のビジョンに基づいた、シャープの、ノートPC市場への拡大は、Foxconn Groupが、ノートPCのOEMのエコシステムを切り離すことを可能にするという。

 中国のFoxconnは、Appleのスマートフォン、iPhoneや、AppleのノートPC、MacBookなど、Appleのパーソナル・デバイスの、最大のOEMの1社である。

 東芝は、以前、ノートPC市場をリードし、プレゼンスを確立していた。

 2011年の1年間における、東芝のノートPCの出荷台数は、1750万台で、8.8%の出荷台数シェアを占めていた。

 しかし、その後、ノートPC市場の競争が、さらに激化し、市場が飽和したことで、東芝は、価格競争で、出荷台数シェアを奪われ、2017年には、東芝のノートPCの出荷台数は、100万台未満に減少し、出荷台数シェアは、0.6%にまで低下していた。

 しかし、確立された日本のブランドとして、東芝は、ノートPCの出荷台数が、減少しているにも関わらず、ビジネス向け、および、ヨーロッパ市場では、同社のノートPCに対する評価が高い。

 東芝のノートPCの品質が高く、ビジネス分野から、高い評価を得ていることが、シャープが、東芝のノートPC事業を買収する、動機の1つのようだ。

 実際、シャープは、ノートPC市場では、不振だったので、この買収は、インターネット関連の事業を、さらに強化したい、Foxconn Groupの戦略的展開に関連する可能性が高い。

 5Gセルラー通信ネットワーク接続が、インターネットの世界に影響を与えようとしていることから、5G接続をサポートした、ノートPCに対する、需要が増加する可能性があるので、シャープによる、東芝のノートPC事業の買収は、世界のノートPC市場に、変化をもたらす可能性がある。

 Foxconn Groupは、AppleのスマートフォンやノートPCのOEMとしての地位を確立しているが、WindowsベースのノートPCのOEMとして、2017年の1年間における、WindowsベースのノートPCのOEM受注台数は、469万台で、世界のノートPCの、OEM受注台数全体の、わずか2.8%しか占めていなかった。

 また、Foxconn GroupのノートPCのOEM受注は、Appleからの、MacBookが主であり、OEM受注台数の増加は、依然として困難であった。

 TrendForceによると、ノートPC市場において、シャープと東芝のブランドを将来統合することで、Foxconn Groupが、WindowsベースのノートPCの、OEM事業を拡大させるための、近道になるという。

 Foxconn Groupにとって、もう1つの重要な市場は、シャープが得意としている、TV事業だろう。

 TrendForceによると、シャープには、Foxconn Groupの支援を得て、2017年に、TVの出荷台数を伸ばした実績があるが、シャープが買収する、東芝のノートPC事業が、シャープのノートPCの出荷台数を伸ばすかどうかを、観察する価値があるという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月10日 (日)

AT&TとNokiaは、IoT接続性を、企業に提供することでチームを組む。 '18.06.10

【AT&TとNokiaは、IoT接続性を、企業に提供することでチームを組む。】 '18.06.10

 AT&Tとフィンランドのエレクトロニクス・メーカ、Nokiaは、世界の企業に、モノのインターネット(IoT)を提供するために、チームを組んだ。 2018年6月8日

Int5
 By Sooraj Shah、internet of business

 AT&TとNokiaは、AT&Tの企業顧客に、コア・ネットワーク、IoTオペレーション、ビリング、セキュリティ、および、データ分析を含む、Nokiaの既存のIoTサービスの使用を提供するために、NokiaのWorldwide IoT Network Grid(WING)を使用している。

 「NokiaのWorldwide IoT Network Grid(WING)の紹介」ビデオ

 AT&Tのクラウド・ベースの複数のネットワーク接続プラットフォームは、WANGへの、接続性を単純化するために、パッケージの部分として、使用されるようになるだろう。

 AT&Tのクラウド・ベースのネットワーク接続プラットフォームは、複数のセルラー通信ネットワークや、通信衛星ネットワーク、オペレータ、および、地域に渡り、IoTデバイスを管理するために、使用されるようになる。

 AT&TとNokiaは、運輸、医療、製造、小売、農業、ユーティリティ、家電、および、スマート・シティを含む、さまざまな業界をカバーしている、IoTサービスの、新たな範囲の開発、テスト、および、提供を開始する。

 企業は、顧客のために、性能、柔軟性、および、より低遅延を改善し、5Gネットワークといった、能力を通して、ビジネスの要件に対応することを狙っている。

 2つの組織は、パートナーシップが、ビジネスが、IoTデバイス用の、地域の規制の要件に適合するのを支援するようになる。

 AT&TとNokiaは、2018年後半に、Nokiaにより開発されたWINGを、2020年1Qまでに、ヨーロッパ、アジア、北米、南米、および、中東に渡る、20ヶ国以上において、利用できるようになる。

 AT&TとNokiaは、これまでの数年間で、自分たちの、IoTポートフォリオをランプアップするようになった。

 最近、Nokiaは、カリフォルニアを拠点にしている、分析会社、SpaceTime Insight、を買収していた。

 Nokiaは、エネルギー、ユーティリティ、および、運輸といった業界に、IoT技術を展開することに、焦点を合わせている。

 AT&Tによると、同社は、NokiaのWINGと協調することで、大規模なIoTの採用の複雑さを、一掃するのを支援できるようになるので、顧客は、IoTの潜在性を解き放つことができるようになるという。

 Nokiaのグローバルに展開された、「ワンストップ・ショップ」ネットワーク技術により、促され、AT&Tは、顧客のニーズに、合わせることに、責任を持つようになることができる。

 Nokiaによると、このAT&Tとの協調は、世界のIoT市場へのコミットメントを示すものである。

 AT&Tによると、顧客のニーズに合った、ユーザ経験の提供で、AT&TとNokiaは、グローバルなIoTの能力を強化し、IoT分野において、リードし、優位に立つ上で、良いパートナーになるだろうという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

MicrosoftのGitHub買収が、開発者に対し、安定した本拠地を提供する。 '18.06.10

【MicrosoftのGitHub買収が、開発者に対し、安定した本拠地を提供する。】 '18.06.10

 Linuxの創造者である、Linus Torvalds氏が、独自開発したオープンソースのGitツールに基づいて、開発者が、独自のツールを使用しないようにするために、GitHubは、Gitが、本来意図していたやり方と、反対のことをしている。 2018年6月4日

Eweek1
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 Microsoftが、オープンソースのすべてのものに、対立していた時があった。

 2018年6月4日に、Microsoftは、同社が、世界最大のオープンソース・コード・リポジトリの、オープンソース、および、運営者としての地位を確立するのを支援することを目的とした、75億ドルの取引で、GitHubを買収すると発表した。

 Microsoftの買収を賞賛している、開発者もいるが、オープンソースやGitHubコミュニティには、熱狂的ではない開発者もいる。

 Microsoftは、オープンソースの世界に、数10年間に渡り、偏見を抱いており、近年、オープンソースに、戦略をシフトさせたにも関わらず、Microsoftの、オープンソースへの取り組みには、恐れ、不確実性、および、疑問が残っている。

 GitHubは、開発者が、コード開発を主催して、共同作業できるようにする、開発プラットフォームである。

 GitHubは、2005年に、Linuxの生みの親、Linus Torvalds氏によって開発された、オープンソースの、Git版数制御システムを使用している。

 GitHubは、オープンソースと、コミュニティの取り組みのための、無料のgitリポジトリのホスティングを提供し、プライベート・レポジトリと、エンタープライズ・サポートを提供して、収益を生み出している。

 Torvaldsは、Bitkeeperの版数管理システムの背後にある、商用ベンダーとの紛争の後、Linuxを開発できるようにするために、Gitを作成した。

 Torvaldの目標は、分散開発を可能にする、無料のオープンソースの版数管理システムを持つことであった。

 Gitで、開発者は、コード・リポジトリを、開発者自身のシステムやサーバを含む、複数の場所に、置くことができるようになる。

 Microsoftは、これまでにオープンソースのコード・リポジトリを運用しようとしたが、失敗していた。

 2006年に、Microsoftは、Codeplexコード・リポジトリを立ち上げた。

 このCodeplexコード・リポジトリは、オープンソース・コードの本拠地としての寿命を追求していた。

 Codeplexコード・リポジトリは、Microsoft自身の限られた、最初のオープンソースの取り組みを遥かに上回る、大きな牽引力を、実際に得たことはなく、このサイトは、2017年12月に正式に閉鎖された。

 2018年に、Microsoftは、Red HatとCanonicalを含む、複数のLinuxベンダと提携している。

 2016年11月、Microsoftは、Linux Foundationに参加し、オープンソース・コミュニティを成長させるビジョンを支持することに、正式にコミットした。

 Microsoftは、現在、Linuxディストリビューションを、Windows Subsystem for Linux(WSL)を持つ、Windows上で動作できるようにすることに、取り組んでいる。

 この開発者コミュニティにおいて、Microsoftは、Kubernetesコンテナ編成システムを含む、複数の取り組みの主な貢献者である。

 近年、オープンソースの開発者コミュニティにもたらした、多くのイニシアティブや投資に関わらず、Microsoftには、依然として、かなりの不信が持たれている。

 Linux Foundationのような、組織や、商用ベンダは、Microsoftを受け入れているが、過去に、Microsoftのオープンソース攻撃を忘れていない、多くの開発者がいる。

 何らかの理由で、Microsoftを嫌ったりする、開発者や組織が、GitHubから離れようとしているようだ。

 Gitのオープンソースの性質は、開発者や組織が、GitHubから離れることを可能にし、ベンダのロックインを防止している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Amazonが、英国に、2500の新たな雇用をもたらす。 '18.06.10

【Amazonが、英国に、2500の新たな雇用をもたらす。】 '18.06.10

 Amazonが、英国に、Alexa、カメラ、ロボット、保険の分野を加え、2500の新たな雇用をもたらす。2018年6月7日

Int1
 By Chris Middleton、internet of business

 Amazonは、2018年に、英国に、2500以上の雇用をもたらし、トータルで、2万8000人近い従業員を雇用することを計画している。

 Amazonが、英国のRugbyにある、同社のフルフィルメント・センターで、400の新たな仕事を創出すると発表した。

 Amazonによると、2010年以来、英国における、フルフィルメント事業に、93億ポンド(125億ドル)以上を投資してきたという。

 Amazonが、英国のスーパーマーケット、Waitroseを買収しようとしたという噂もある。
 Amazonは、Whole Foods Marketを買収しており、PCやスマートフォンを使用した、従来のオンライン販売だけでなく、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echoスピーカや、Dash Buttonを使用した、簡単な操作でも、食料品を注文し、購入できるようにすることに取り組んでいる。

 「Amazon Dashの紹介」ビデオ

 2018年6月に、Amazonは、フランスで、Echoスピーカの予約注文を開始し、米国で、Echo Lookファション・カメラの販売を開始した。

 Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echo Lookファション・カメラは、ユーザの服装の写真やビデオを撮影し、スマートフォンのコンパニオン・アプリで、ファッションをチェックしたり、着て行く服装を決めたりするのに、使用することができる。

 「Echo Lookの紹介」ビデオ

 Echo Lookファション・カメラや、Cloud Camカメラのようなデバイスの、セキュリティやプライバシーの観点で、Amazonのデータの取り扱い方法やアクセス権についての保証を含め、慎重に確認することも必要だろう。

 また、Amazonが、「家庭向けの保険サービス」の提供を検討していることも報告されている。

 「AmazonのCloud Camカメラといった、セキュリティ・デバイスや、セキュリティ・サービスを、自宅に導入することで、Amazonが、家の損害保険の金額を下げる可能性があり、他の損害保険会社を圧迫するのではないか?」という考えもある。

 Amazonには、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、家庭用ロボット「Vesta」を、自宅に導入することで、同社の家の損害保険の金額を下げるという考えもあるようだ。

 The Informationによれば、Amazonの、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、家庭用ロボット「Vesta」には、煙、一酸化炭素、過剰な熱、大きな騒音、人の動きなど検出することのできる、監視カメラと、センサーが搭載されており、家庭用セキュリティ・デバイスとして機能することができるという。

 家庭用ロボット「Vesta」は、設定された、条件の事象(煙、CO、熱、騒音、見知らぬ人の侵入、お年寄りやペットなど状況の変化)が発生すると、ユーザのスマートフォンなどに通知したり、警察や消防署に通報したり、できるようになるようだ。

 AmazonのEcho Lookファション・カメラ、Cloud Cam監視カメラ、家庭用ロボット「Vesta」といった、スマート・ホーム・デバイスは、保険、セキュリティ、ヘルスケア、ファッション、介護など、家庭生活を、さまざまな側面から支援する。

 「Amazon Cloud Camのレビュー」ビデオ

 Amazonは、ユーザが、Key Home Kit(Cloud Cam監視カメラ、スマート・キー、スマートフォン)を使用して、家が留守の時にも、配達スタッフが、玄関のカギを開け、ドアの内側に、商品を配達する「Amazon Key」サービスの提供を開始している。

 「Amazon Keyのレビュー」ビデオ

 Amazonは、スマート・ホーム分野においても、自社のデバイスと、3rdパーティのデバイスを連携させ、Alexaデジタル・アシスタントを通して、さまざまなサービスやソリューションを提供することで、エコシステムを拡大させている。

 従来から参入している、エンターテインメントの分野でも、Amazonは、コンテンツ・プロバイダと契約を交わし、TV番組、ビデオ、映画、音楽、電子書籍、ゲームなどを配信している。

 このように、Amazonは、スマートフォン、スマート・スピーカ、スマート・ホーム・デバイス(監視カメラ、スマート・キー、煙や熱検知器など)を連携させ、さまざまなサービス、ソリューション、コンテンツを提供し、Amazonデジタル・アシスタントを通して、利用できるようにすることで、エコシステム、価値の連鎖、雇用を拡大させている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 9日 (土)

TCLは、セキュリティを強化した、新しいBlackBerry KEY2スマートフォンを発表した。 '18.06.09

【TCLは、セキュリティを強化した、新しいBlackBerry KEY2スマートフォンを発表した。】 '18.06.09

 TCL Communicationにより、ライセンスされ、製造された、BlackBerryスマートフォンの、セキュリティを強化し、2018年6月末に、649ドルで、販売が開始される。2018年6月8日

Eweek5
 By Todd R. Weiss、eWEEK

 BlackBerryは、独自に、スマートフォンを製造することはやめるかもしれない。

 BlackBerryは、中国のTCL Communicationに、同社のスマートフォンの設計をライセンスする。

 最新のBlackBerryのスマートフォンの設計をライセンスした、中国のTCL Communicationは、セキュリティを強化して、BlackBerry KEY2スマートフォンを製造する。

 この最新のBlackBerry KEY2スマートフォンの仕様を次に示す。

・3対2のアスペクト比を持つ、4.5インチのタッチ・スクリーンLCDディスプレイ

・再設計された、インテリジェントな物理キーボード

・Qualcomm Snapdragon 660プロセッサ

・6GBのメモリ

・64GBか128GBの内臓ストレージ

・拡張可能なストレージ・カード用のmicroSDスロット

・1回の充電で、2日間使用できる、バッテリー

・強化ガラスCorning Gorilla Glassを採用した、ディスプレイ・カバー

・デュアル・レンズの前面カメラ

・オペレーティング・システムには、Android 8.1 Oreoを採用

 TCLは、BlackBerryから、初めて、ライセンスし、製造した、KEYoneスマートフォンを、2017年6月に紹介していた。

 今回、TCLは、次にライセンスして、製造した、KEY2スマートフォンを、2018年6月7日に発表した。

 米国において、TCLは、KEY2スマートフォンを、649ドルで、2018年6月初めに、販売を開始し、6月後半に、世界で販売を開始する。

 KEY2スマートフォンは、企業ユーザ向けの、新機能を提供する。

 「BlackBerry KEY2スマートフォンの紹介」ビデオ

 BlackBerryが、同社の歴史を通して提供した、スマートフォンの特徴の1つは、アイコン的な物理キーボードである。

 従来の、KEY2スマートフォンは、Speed Keyと呼ばれる、新たなキーを含んでいた。

 このSpeed Keyと呼ばれるキーは、ユーザが、最大52種類のアプリや機能に、即座に、アクセスできるようにする、ユニバーサルなショートカット・キーである。

 KEY2スマートフォンのキーボードの、キーは、タイプ入力経験が、改善されている。

 KEY2スマートフォンの背面には、12メガピクセルのデュアル・レンズのカメラが、装備されている。

 この背面のカメラは、より高速なオート・フォーカス機能を持っており、画像の安定性が改善されており、BlackBerryデバイスには、新たな写真モードも用意されている。

 このKEY2スマートフォンには、ユーザが、より多くの情報を検索できるようにする、Google Lensが、組み込まれている。

 KEY2スマートフォンは、BlackBerryの購入者が期待する、エンハンスされた、セキュリティ機能を含んでいる。

 このセキュリティ機能には、強化された、オペレーティング・システムから、ユーザに、デバイスのセキュリティのステータスを示す、BlackBerryアプリによって、DTEKに送信さる。

 DTEK by BlackBerryは、ユーザが、潜在的な脆弱性や、セキュリティの最適化における、フィードバックを得られるようにする、Proactive Healthチェック機能を含んでいる。

 このKEY2スマートフォンは、強度を向上させ、ソフトなタッチのために、アルミのフレームを持っている。

 TCLは、SamsungやAppleを含む、より大手のベンダのスマートフォンよりも、企業のユーザのニーズに、よく合うよう、設計し、このKEY2スマートフォンを構築した。

 アナリストによると、TCLは、顧客サポートが、制限されているという。

 TCLは、米国のどのセルラー通信サービス・キャリヤでも、KEY2スマートフォンを、販売できるようにする。

 ユーザは、KEY2スマートフォンを購入する、セルラー通信サービス・キャリヤの、サービス・プランを契約する必要がある。

 セキュリティやプラーバシーは、常に、価値のある機能であるが、BlackBerryは、スマートフォンの製造を撤退した。

 BlackBerryは、2016年9月に、同社は、スマートフォンを、最早、製造しないと発表していた。

 BlackBerryは、同社のスマートフォンの設計をベースに製造する、OEMに、同社のブランド名「BlackBerry」をライセンスすると述べた。

 このOEM、TCLは、は、BlackBerryスマートフォンで動作していた、ソフトウェアを、KEY2スマートフォンに、移行できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

ARMが、7億7500万ドルの契約で、中国での事業の支配権をあきらめたようだ。 '18.06.09

【ARMが、7億7500万ドルの契約で、中国での事業の支配権をあきらめたようだ。】 '18.06.09

 SoftBankグループ配下の、英国のプロセッサ・チップのデザイン会社、ARM Holdingsは、7億7500万ドルの契約で、中国での事業の支配権を、中国の投資家グループに譲渡するようだ。2018年6月6日

 by disruptive

 ARMは、中国に設立する合弁会社、ARM Technology Chinaの株の51%を、中国の投資家グループ、Hou An Innovation Fundが率いる、コンソーシアムに売却するようだ。

Dis3
 Reutersによると、Hou An Innovation Fundは、ARMと、中国の非公開株式会社、Hopu Investmentsにより、共同で運営されているという。

 ARMは、このコンソーシアムと、合弁会社、ARM Technology Chinaを設立するようだ。

 SoftBankによると、この契約は、中国での、ARMのビジネス機会を拡大させるのに役立つだろうという。

 ARMは、同社のチップの設計や半導体技術の知的所有権(IP)を、中国企業にライセンスし、中国で、ARM技術を開発する、この合弁会社、ARM Technology Chinaが、中国市場における、ARMのビジネス機会を拡大すると考えている。

 Hou An Innovation Fundが率いる、コンソーシアムが、この合弁会社、ARM Technology Chinaの支配株主になるようだ。

 中国の科学技術省によると、Hou An Innovation Fundの支援者には、中国投資公社、Silk Road Fund、シンガポールのTemasek Holdings、シンセンのShum Yip Group、および、Hopuがいるという。

 SoftBankによると、ARM Technology Chinaは、ARMとの契約で取得した、ARMチップに関連した、知的所有権(IP)、著作権使用料、ソフトウェア、および、サービスの、かなりの部分を引き続き獲得していくという。

Dis3b
 ARMの、中国における、半導体技術のIP事業の売上は、2017年度の同社の売上全体の、約20%を占めていた。

 SoftBankは、英国で、最も価値のある、技術会社、ARMを、2016年に、320億ドルで買収していた。

 ARMアーキテクチャのチップは、スマートフォン用のプロセッサ・チップ全体の、95%以上のシェアを占めており、モバイル・デバイス市場を支配している。

 また、低消費電力、かつ、高性能が要求されている、サーバ用に、ARMアーキテクチャのチップを採用する、サーバ・ベンダも増えてきており、さらに、車載システム、スマート・ホーム・デバイス、あるいは、IoT対応デバイスなど、さまざまなデバイスで、ARMアーキテクチャのチップの採用が進められている。

 日経新聞によると、ARMは、中国における事業の統制を、中国と中国のパートナーを含む、新たな合弁会社、ARM Technology Chinaに移管する計画だという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

IDCによると、2018年1Qに、ウェアラブル・デバイスの出荷台数の増加が、緩やかになるという。 '18.06.09

【IDCによると、2018年1Qに、ウェアラブル・デバイスの出荷台数の増加が、緩やかになるという。】 '18.06.09

 IDCによると、2018年1Qに、基本ウェアラブル・デバイスが、よりスマートになり、ウェアラブル・デバイスの出荷台数の増加が、緩やかになるという。 2018年6月4日

 IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Trackerによると、2018年1Qに、ウェアラブル・デバイスの出荷台数が、前年同期から、1.2%だけ増加し、2510万台に達したという。

 2018年1Qに、Apple、Fitbit、および、他の多くのファッション・ブランドの、高級ウェアラブル・デバイスの出荷台数は、消費者の好みが、よりスマートなデバイスに移行し続けているため、28.4%増加した。

 ちなみに、2018年1Qに、リスト・バンドは、ウェアラブル・デバイスの出荷台数全体の、95%を占めていた。

・2018年1Qに、Appleから出荷された、Apple Watchの出荷台数に、セルラー通信接続をサポートしたタイプが加わり、前年同期から、出荷台数が、13.5%増加し、16.1%の出荷台数シェアを獲得し、Xiaomiから、1位の座を奪った。
Idc1b
・2018年1Qに、Xiaomiは、前年同期から、2.3%だけ、出荷台数を伸ばし、14.8%の出荷台数シェアを獲得したが、ウェアラブル・デバイスの出荷台数シェアで、Appleと入れ換わり、2位に転落した。

・2018年1Qに、Fitbitは、ウェアラブル・デバイスの出荷台数を、前年同期から、28.1%も減少させたが、デザインが良く、価格も手頃な、スマート・ウォッチ、Versaが好調で、ウェアラブル・デバイスの、8.7%の出荷台数シェアを獲得し、3位を維持した。

表1)2018年1Qと、2017年1Qにおける、トップ5ベンダの、ウェアラブル・デバイスの出荷台数、出荷台数シェア、年間増加率

          2018年1Q   2018年1Q    2017年1Q   2017年1Q    年間
ベンダ     出荷台数     シェア      出荷台数      シェア      増加率

Apple              4.0             16.1%               3.6            14.3%           13.5%
Xiaomi             3.7             14.8%               3.6            14.6%            2.3%
Fitbit               2.2              8.7%               3.0            12.2%         -28.1%
Huawei            1.3               5.2%               0.5             2.1%         147.0%
Garmin            1.3               5.0%               1.1              4.6%            9.1%
その他           12.6             50.3%             12.9             52.1%          -2.3%

合計              25.1            100.0%             24.8           100.0%            1.2%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Wearables Tracker、2018年6月4日

グラフ1) 2017年1Qから、2018年1Qにおける、世界のトップ5のウェアラブル・デバイス・ベンダのウェアラブル・デバイスの出荷台数シェア(%)

Idc1
 ソース:IDC 2018年

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 8日 (金)

米国の消費者は、スマートフォンで、音声対応デジタル・アシスタントを使用しがちである。 '18.06.08

【米国の消費者は、スマートフォンで、音声対応デジタル・アシスタントを使用しがちである。】 '18.06.08

 スマートフォンは、スマート・スピーカと同様、米国の消費者に、急速に普及している、音声対応デジタル・アシスタント搭載デバイスである。

 By eMarketer

 最新の予測によると、米国のスマート・スピーカのユーザ数は、2016年と2020年の間に、47.9%の年間平均増加率(CAGR)で増加し、2016年の1600万人から、2020年には、7650万人になるという。

 2018年に、米国のスマート・スピーカのユーザ数は、ウェアラブル・デバイスのユーザ数を、上回るだろう。

 平均的なスマート・スピーカの、米国のユーザは、より古い、ミレニアルの男性である。

 音声対応デジタル・アシスタント、Alexaを搭載した、AmazonのEchoスピーカは、米国で、最も人気のある、スマート・スピーカであるが、米国において、2番目に人気のある、Google Homeスピーカの出現で、AmazonのEchoスピーカは、出荷台数シェアを減少させた。

 Google Homeスピーカは、2017年に、より低価格のモデルを出荷し、Amazonから、出荷台数シェアを奪い、米国において、2番目のスマート・スピーカになった。

 AppleのHomePodスピーカは、米国のスマート・スピーカ市場において、価格が高いため、出荷台数シェアを伸ばすことはできなかった。

図1)2018年と2020年における、ブランドごとの、米国のスマート・スピーカのユーザの割合(%)の予測

スマート・スピーカ       2018年         2020年
のブランド        ユーザの割合    ユーザの割合

Amazon              66.6%            60.8%

Google               29.5%             32.9%

その他                8.3%             14.0%

Em1_2
 ソース:eMarketer、2018年4月

 スマート・スピーカは、2020年まで、米国の音声対応デジタル・アシスタント市場において、最も成長する、スマート・デバイスになるだろう。

 消費者は、スマート・スピーカだけでなく、スマートフォンで、音声対応デジタル・アシスタントを使用しがちであるが、この技術は、PC、タブレット、他のスマート・ホーム・デバイス、車載システム、スマート・グラスといった、ウェアラブル・デバイス、医療用デバイスなど、さまざまなスマート・デバイスに、組み込まれ、統合される。

 例えば、ユーザは、さまざまなスマート・デバイスに組み込まれた、デジタル・アシスタントとの会話を通して、音声で、Webを検索したり、オンライン・ショッピングしたり、カーナビや地図アプリを操作したり、マニュアルなどの資料を確認したり、電子カルテにデータを入力したりできるようになる。

 eMarketerは、2018年に、米国の人口の27.6%に相当する、約9000万人が、音声対応デジタル・アシスタントを通して、スマート・デバイスを、1ヶ月に、少なくとも1回以上、使用するようになると予測している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

SAPのPaaSが、Microsoftと、Googleの超大規模なクラウド・プラットフォームに、複数のクラウドを展開する。 '18.06.08

【SAPのPaaSが、Microsoftと、Googleの超大規模なクラウド・プラットフォームに、複数のクラウドを展開する。】 '18.06.08

Eweek2
 SAPのPaaSソリューションは、MicrosoftのAzureのクラウド・プラットフォーと、Googleのクラウド・プラットフォームで、利用できるようになった。 2018年6月6日

 By Pedro Hernandez、eWEEK

 SAPは、企業が、自分たちの分散データベース・アプリ上で、ビジネスのスピードを向上させるのを支援する、ブロックチェーン・サービス、SAP Cloud Platform Blockchainを紹介した。

 SAPは、同社の「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」、SAP Cloud Platformが、MicrosoftのAzureクラウド・プラットフォームと、Googleのクラウド・プラットフォームで、利用できるようになったことを、Orlandoで開催された、SAPPHIRE 2018コンファレンスで発表した。

 SAPのPaaS、SAP Cloud Platformは、ビジネス・アプリ用に提供される、同社のインメモリ・データベース技術である。

 SAPは、2017年に、Amazonのクラウド・プラットフォーム、Amazon Web Services(AWS)のサポートを発表していた。

 これにより、SAPの顧客は、AWS、Microsoft、および、Googleのクラウド・プラットフォームで、同社のPaaSである、SAP Cloud Platformを、利用できるようになった。

 ビジネス・ソフトウェアの世界において、クラウド・プラットフォームの相互運用性は、勢いを増しており、企業が、データが処理される場所、開発チームの場所、および、規制の懸念の要因などに基づいて、自分たちのアプリ環境を、仕立て上げることを可能にしている。

 Azureクラウド・サービスにおける、より大きな、SAP HANAインスタンス向けに、空間を確保する、Microsoftは、ヨーロッパにおいて開始される、SAPベースのクラウド・ワークロードを歓迎する。

 SAPは、SAPクラウド・プラットフォームの、プライベート・クラウド版で、Microsoftとパートナーを組んだことを発表した。

 両社の協同ソリューションとして提供される、SAPクラウド・プラットフォームのプライベート・クラウド版は、主に、金融、運輸、および、ヘルスケアといった業界をターゲットにしている。

 SAPの新たな「サービスとしての、ブロッチェーン(SaaB)」、SAP Cloud Platform Blockchainは、企業が、Hyperledger FabricとMultiChainを使用している、独自の分散データベース・アプリで、スピードを向上させるのを支援する。.

 既に、60社以上の企業が、ブロックチェーン・アプリに焦点を合わせた、SAPのブロックチェーン・インシアティブに、参加している。

 このブロックチェーン・アプリは、食品、製薬、および、運輸といった業界の、サプライ・チェーンに、透過性を与え、安全性を改善する。

 SAPは、運輸業界において、ブロックチェーンの採用に焦点を合わせる、IntelやHPE共に、コンソーシアムを設立した。

 顧客は、SAP HANA Data Management Suiteの一部として、新たなSAP HANA Blockchainサービスを使用している、ブロックチェーン技術で、企業システムを拡張できるようになる。

 このスイートは、トランザクション的な企業データにおける、データ管理に、統一的な視野を提供する。

 SAP HANA Blockchainサービスで、顧客が、意思決定を迅速にするために、ブロックチェーン・データで、強力な分析を実行できるようになる。

 「SAPの、災害救助のための、Blockchainの紹介」ビデオ

 また、SAPは、ビジネス・データを探索できる、「洞察の探索」と呼ばれる、会話的なAI機能を持つ、SAP Analyticsクラウド・サービスも発表した。

 「洞察の探索」と呼ばれる、会話的なAI機能は、ユーザが、自然言語により、問合せをしたり、PCやモバイル・デバイス上に、問合せ結果を得たり、できるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

デジタル・アシスタントを使用して、病院の電子カルテ記録(EMR)のデータ入力の手間を減少させる。 '18.06.08

【デジタル・アシスタントを使用して、病院の電子カルテ記録(EMR)のデータ入力の手間を減少させる。】 '18.06.08

Eweek7_2
 By Scot Petersen、eWEEK

 音声認識技術のスペシャリスト、Nuance Communicationsは、電子ヘルス記録(EMR)の作成や更新の手間を省くための、EMRシステム向けの、音声対応デジタル・アシスタントを開発している。2018年5月31日

Eweek7a
 Nuance Communicationsによると、医師は、電子ヘルス記録(EMR)システムの成熟度や有用性を向上させながら、EMRにデータを入力することに、時間を費やしている。

 医師には、データ入力に費やす時間で、患者との対話が少なくなるという、マイナスの要因があるので、電子ヘルス記録(EMR)システムの採用は、あまり進んでいない。

 また、医師が、患者と対話している内容を、電子ヘルス記録(EMR)システムに入力するための、専門スタッフを雇っている、医師もいる。

 Nuance Communicationsは、電子ヘルス記録(EMR)のデータ入力には、より良い、方法があると考えている。

 「Nuanceのデジタル・アシスタント・ソリューションの紹介」ビデオ

 Nuance Communicationsは、電子ヘルス記録(EMR)システム向けの、デジタル・アシスタント、「Dragon Medical Virtual Assistant」を提供しており、このEMRシステム向けのデジタル・アシスタント技術を、次の段階に進める作業を開始している。

 2018年3月のHIMSSコンファレンスにおいて、Nuance Communicationsは、電子ヘルス記録(EMR)システム分野をリードする、Epicと提携し、同社のデジタル・アシスタント、「Dragon Medical Virtual Assistant」に、音声認識&応答能力を組み込み、携帯用のEpic Haiku、スケジューリング用Cadence、ドキュメンテーション用のRoverといった、いくつかのEpicモジュールに統合すると発表した。

 「EpicとのNuanceソリューション」紹介ビデオ

 近い将来、Amazon Echoスピーカのようなデバイス、高品位モニタ、「Dragon Medical Virtual Assistant」デジタル・アシスタントを組み込んだ、電子ヘルス記録(EMR)システムは、診察室において、医師の指示に従って、EMRシステムにデータを入力する作業を手伝うようになる。

 電子ヘルス記録(EMR)システムに、自然言語対応デジタル・アシスタントを組み込むことで、Nuance Communicationsは、医者と患者の対話を聞いて、EMRシステムに記録し、医師の作業を支援できるようにする。

 Nuance Communicationsは、「Dragon Medical Virtual Assistant」を、他社の製品に統合するために、少なくとも、3社のEMRベンダと話し合いを行っている。

 Nuance Communicationsによると、電子ヘルス記録(EMR)システムに組み込まれた、同社の「Dragon Medical Virtual Assistant」デジタル・アシスタントは、毎年、3億人の患者と医師の会話を、EMRシステムに入力しており、毎日、約50万人の医師が、このデジタル・アシスタントを搭載した、EMRシステムに話しかけているという。

 ただし、ボストンのPartners Healthcareの担当副社長、Joseph Kvedar博士によると、EpicのEMRシステムは、まだ、評価の段階であり、導入には、EMRシステムをリファインしていく必要があるという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 7日 (木)

Amazonは、プライベート・ラベルの販売を支配していない。 '18.06.07

【Amazonは、プライベート・ラベルの販売を支配していない。】 '18.06.07

 Amazonが、ほとんどのオンライン小売業のカテゴリを支配しているように見えるのには、理由がある。2018年6月5日

 By Krista Garcia、eMarketer

マーケティング分析プラットフォーム、Jumpshotによる、2018年1Qの新たな市場調査によると、Amazonのプライベート・ラベルは、いくつかの平均的なカテゴリで、80%以上の売上シェアを獲得している。

Em1
 カテゴリ別で、Amazonのプライベート・ラベルは、電池が97%、工具が93%、清掃用品が88%の売上シェアを占めている。

Em1b
 消費者は、これらのカテゴリの商品の、価格よりも、ブランドや評判を気にしており、Amazonプライベート・ラベルを信頼しがちである。

 Amazonの最も売上シェアの大きなプライベート・ラベルのカテゴリは、エレクトロニクスので、このカテゴリのトータル売上の45%を占めている。

 Amazonのプライベート・ラベルの、他のカテゴリの売上シェアは、家庭用品が16%、事務用品が14%、ペット用品が5%である。

 Amazonのプライベート・ラベルを、Macy's、Target、Walmartと比べると、Amazonは、61%で、他の小売業者の3社を合わせて、39%のシェアを占めている。

Em1b_2
 しかし、エレクトロニクスのカテゴリを外すと、Amazonのプライベート・ラベルの売上シェアは、26%に縮小する。

 Amazonのプライベート・ラベルは、公式には記録されていないが、2018年3月における、L2の市場調査によると、Amazonには、80種類のプライベート・ラベルがあり、その内の86%がアパレル、シューズ、ジュエリーのカテゴリであったという。

 これに対し、Amazonの、80種類のプライベート・ラベルの内、5%が健康と家事用品が5%で、家庭と台所用品が4%しかなかったという。

グラフ)2018年3月における、Amazonプライベート・ラベル・ブランドの、製品カテゴリごとのシェア

製品カテゴリ       シェア

衣類、靴、宝石      86%

健康と家事用品     5%

家庭と台所用品     4%

食料品と雑貨        3%

庭とアウトドア         1%

クロスカテゴリ         1%

 Amazonの80プライベート・ラベル・ブランド

Em1
 ソース:Gartner、2018年4月

 Coresight ResearchのAmazon Fashionの、2018年2月に実施した調査によると、Amazonのプライベート・ラベルのアパレルは、同社のサイトで販売されている、衣服の0.1%しか占めていないという。

 Amazonサイトに、最も多く掲載されているプライベート・ラベルは、Lark & Roで、Amazonのプライベート・ラベルのリストの54%を占めている。

Em1a
 Coresight Researchの調査によると、昨年、購入した、トップのアパレルとシューズのプライベート・ブランドは、Nikeが16.8%、Under Armourが13.8%、Hanesが12.9%であったという。

・米国のインターネット・ユーザの11%は、Amazonで、プライベート・ラベルのアパレルを購入している。

・米国のインターネット・ユーザの18.8%は、Amazonで、プライベート・ラベルのアパレルを購入することに、関心を持っている。

・米国の18才から29才のインターネット・ユーザの25.2%は、Amazonで、プライベート・ラベルのアパレルを購入することに、より大きな関心を持っている。

 SunTrustは、Amazonのプライベート・ラベルが、2018年に、75億ドルの売上をもたらし、2022年までに、250億ドルの売上をもたらすと見積もっている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

MotorolaのMoto Z3 Playスマートフォンは、米国のセルラー通信サービス・キャリア、Sprintから販売される。 '18.06.07

【MotorolaのMoto Z3 Playスマートフォンは、米国のセルラー通信サービス・キャリア、Sprintから販売される。】 '18.06.07

Eweek2
 このMotorolaのMoto Z3 Playスマートフォンは、6.01インチのディスプレイと、デュアルのカメラを装備し、特定の米国の小売店から、今夏に販売される。 2018年6月6日

 By Todd R. Weiss、eWEEK

 Motorolaは、最新のスマートフォン、Moto Z3 Playを発表した。

 Moto Z3 Playスマートフォンは、米国において、今夏に、セルラー通信サービス・キャリア、Sprintを通して、販売が開始される予定である。

 Moto Z3 Playスマートフォンは、Amazon.comのPrime Exclusive Phoneと共に、Best Buy、Walmart、Target、Fry’s、および、B&H Photoを含む、小売業者を通しても、販売される。

 このMoto Z3 Playスマートフォンは、これらの小売店を通して、特別な拡張バッテリー、Moto Modバッテリー・パックをバンドルして、499ドルで、販売される。

 Sprintや、他の米国のセルラー通信サービス、キャリアから販売される、Moto Modバッテリー・パックなしの、このMoto Z3 Playスマートフォンの価格は、まだ、発表されていない。

 「Moto Z3 Playスマートフォンの紹介」ビデオ

 Moto Z3 Playスマートフォンは、次ぎの特徴を持っている。

・Qualcomm Snapdragon 636プロセッサ(1.8GHz)

・850MHz Adreno 509グラフィクス・チップ

・4GBのメモリ

・32GB、または、64GBのオンボード・ストレージ

・最大2TBまで拡張できる、microSDスロット

・6.01インチのSuper AMOLEDフル高品位HD+ディスプレイ(2016p x 1080pの解像度)

・デュアル・メイン・カメラ

・セキュリティのための、指紋リーダと顔認識のアンロック能力

・3000mAhのLi-ionバッテリ

・USB-C充電ポート

・3.5mmのヘッドフォン・ジャック変換器

 このMoto Z3 Playスマートフォンは、前面と背面に、2.5D強化ガラスと、極めて軽い、高品質のアルミ・フレーム、および、ディスプレイには、Corning Gorilla Glass 3ガラスを採用している。

 また、このMoto Z3 Playスマートフォンは、実用レベルの防水性がある。

 このMoto Z3 Playスマートフォンのデュアル・カメラの特徴を以下に示す。

・f/1.7の12メガピクセルのカメラ+5メガピクセルの深度感知カメラ

・オートフォーカス

・2台のLEDフラッシュ

・シャッター遅延のない、Zero Shutter Lag能力

 背面カメラは、30fpsで、最高4K Ultra HDの解像度で、ビデオを録画できる。

 スマートフォンの前面カメラは、f2.0の広角レンズと、最大1080p(30fpd)で、ビデオ・キャプチャー能力を持っている。

 このMoto Z3 Playスマートフォンが、サポートしている、通信機能を以下に示す。

・LTE、5Gセルラー通信サービス

・Wi-Fi、802.11 a/ac/b/g/n 2.4 GHz + 5 GHz

・Bluetooth 5.0接続

 このMoto Z3 Playスマートフォンの、他のオプションを以下に示す。

・深みある、カラー・オプション

・Moto Modsアクセサリー(長さ6.16インチ、幅3.01インチ、厚さ0.27インチ、重さ5.5オンス)

 2018年4月に、Motorolaは、最新のMoto G6スマートフォン(180ドル)とE5スマートフォン(362ドル)を発表している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

スマート・シティに、データ戦略が、基本的に必要な理由 '18.06.07

【スマート・シティに、データ戦略が、基本的に必要な理由】 '18.06.07

Int9
 スマート・シティ・プログラムは、世界的に、急速に展開されてるが、データ管理に対する、戦略的なアプローチがなければ、失敗する可能性が高い。 2018年5月10日

 By Sandra Vogel、internet of business

 Ciscoによると、スマート・シティ・プログラムは、世界的に、急速に展開されてるが、データの管理に対する、戦略的なアプローチがなければ、失敗する可能性が高いという。

 Internet of Businessは、CiscoのIoT Cisco Kinetic、および、IoT CloudプログラムのTheresa Buiによる、スマート・シティのデータの管理の問題を探究している。

 スマート・シティ・システムは、複雑で、さまざまなソースやプロバイダのデータセットを必要とする。

 スマート・シティへの、IoTの導入を有益な結果にするには、多くの課題がある。

 デジタル革新は、人、データ、デバイス、プロセスなど、あらゆるものを安全に接続するための、適切な技術と戦略をもたらすために、都市の景観の規律ある理解を必要とする。

 すべてのデータを、常に同じアプリに移動させる必要はないが、適切なデータが、適切なタイミングで、適切なアプリに到達する必要がある。

 データから最大限の価値を引き出すために、市当局は、エッジ、データセンター、プライベート・クラウド、パブリック・クラウド、ハイブリッド・クラウドを含む、すべての環境でデータを管理できるようにする必要がある。

 市当局には、スマート・シティへの、IoTの導入や展開コスト、および、資金の調達といった、課題がある。

 低電力広域ネットワーク(LPWAN)用の3GPP規格である「NB-IoT」は、IoT接続における、電力、設置、展開、運用などのコストを、大幅に削減すると共に、IoTサービスを提供できるようにする。

 世界の多くの市当局は、スマート・シティの変革を開始する際に、都市を、よりスマートにするための資金が不足しているため、困難に直面している。

 これに対し、都市が、資金を調達し、地域社会を変える技術を採用するために、都市をより簡単に、より速く、より手頃なものにすることを目指す、融資プログラムが、用意されている。

 市当局は、IoT対応のデバイス、センサー、空間などにより生成される、データの価値を解き放つための、さまざまなソースからの、データを、収集、集計、分析できる、デジタル・プラットフォームを必要としている。

 最良のプラットフォームは、複数のセンサーやセンサーのタイプ、データを収集して統合する能力、意味のある分析を可能にする能力、共通のモデルを構築することによって、集約された、データを理解する能力を持つ。

 さらに、地域と世界のソフトウェア ベンダやアプリ開発者は、都市サービス市場のニーズを満たすことができるようにする、APIを公開する。

 専用に構築された、クラウド・ベースのプラットフォームは、一元的なビューを提供し、迅速に拡張でき、エッジ・コンピューティングを使用して、データを源で処理することにより高速で、より正確な結果を取得できるようになる。

 市当局は、IoTアプリで収集する、データから最高の価値を引き出すことに、どのように取り組んでいるのだろう?

 都市のオペレータは、ネットワーク上のすべての、IoT対応デバイスからデータを抽出し、複数のセンサーからデータを収集して、分析し、リアルタイムに対応できる必要がある。

 第1に、スマート・シティ技術プラットフォームは、多様で高度に分散された、IoT対応デバイスを、安全かつ確実に接続できるようにする必要がある。

 第2に、スマート・シティ技術プラットフォームは、データを抽出し、高度に分散された、コンピューティング環境で使用できるようにし、迅速な意思決定を行うことができるようにする必要がある。

 例えば、新しいデータセットに対応したり、すでに収集されたデータを、新たな用途に使用したりするなど、委任されたシステムの将来性を保証するには、どうすればよいだろう?

 将来的に証明されるためには、市当局は、複数のソリューション、アプリ、および、デバイスの統合をサポートする、オープン・アーキテクチャで、迅速に拡張できるように設計された、プラットフォームを選択し、採用する必要がある。

 現在、欧州連合(EU)における、新しい個人情報保護のフレームワークであり、個人データの処理と移動に関するルールを定めた規則である、一般データ保護規則(GDPR)が切迫していることから、市当局は、データ・コントローラとしての役割が、法律の範囲内に留まることを確実にするために、何を行うとができるだろう?

 スマート・シティ・プロジェクトを計画する場合、市当局は、GDPRを考慮する必要がある。

 データの所有権、プライバシー、セキュリティ、および、主権に関する政策を実行できる、データ管理プラットフォームを選択し、GDPRの景観をナビゲートすることは、長い道のりになるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 6日 (水)

国際運輸フォーラム(ITF)が、自動運転車の安全要求の課題に挑戦する。 '18.06.06

【国際運輸フォーラム(ITF)が、自動運転車の安全要求の課題に挑戦する。】 '18.06.06

 国際運輸フォーラム(ITF)は、「道路での、より安全な自動運転車」というレポートを発行した。 2018年5月23日

Int1
 By Malek Murison、internet of business

 ITF(international transport forum)によると、自動運転車は、運転手のミスを排除し、最大90%まで、道路での致命的な事故を低減させるという。

 ITFのレポートによると、致命的な事故が発生したことが、米国において、運転手のいない、完全自動運転車の技術に対する、消費者の信用が低下している要因になっているという。

 ITFは、人間の運転手のミスを排除することが、道路での、自動運転車の走行を、より安全に導くとしている。

 運転補助的な、半自動運転車は、運転手が、車の運転の主体になっており、事故の責任は、人間の運転手と、運転補助車の両方が、共有する。

 人間の運転手のミスと、自動運転車の安全性に関する、ITFのレポートには、2つのポイントがある。

 最初のポイントは、人間の運転手のミスが、車の事故の原因として、誇張されていることである。

 勿論、自動運転システムは、疲れることはなく、アルコールを飲んで運転することもなく、運転中に、電話をかけることもないが、事故の原因が、自動運転システムの欠陥によるものか、人間の運転手のミスか、外部からの要因(後ろから追突されたとか)によるものかを、完全に特定することは、難しことは、事実である。

 ITFによると、車の事故の90%は、人間の運転手のミスが要因であるとする、統計データは、常に、信用できるとは言えないが、事故後の分析に、部分的に、依存しているという。

 2番目のポイントは、効果的な自動運転車システムが、公道における、致命的な事故を、どれぐらい低減させるかに関して、どのくらい有効であるかについての、不確実性が、依然として残っていることである。

 理由は単純である。

 運転手のいない、完全自動運転車が、致命的な事故を防ぐという考え方は、最終的に、すべての運輸システムが、完全に自動化された時に、おそらく真実になるだろう。

 しかし、この考え方は、車、運転手、他の乗り物、および、交通基盤間の関係について、いくつかの仮定をしている。

 ITFによると、完全自動運転車実現への道は、すべての運輸システムが、完全に自動化されるプロセスにおいて、最も危険な部分になることがあるという。

 例えば、運転への、人間の関与を必要とし、交通事故の責任を、人間の運転手と、自動運転車が共有する、自動運転システムの戦略は、より危険をもたらすように見える。

 自動運転システムと、人間の運転手の両方で、運転や事故の責任を共有することは、100%完全な自動運転車と比較すると、人間の意思決定が、より複雑なる可能性がある。

 このように、運転を安全おいてる、意図しない結果の危険性は、自動運転システムの、運転の安全性を低下させ、意図していない、危険性が増すだろう。

 運転手と自動運転車間で、運転の責任を共有する、初期のテストは、自動車メーカと、規制当局に、必要とされている。

 UberとTeslaの自動運転車の、致命的な事故は、自動運転車と、人間の運転手間の、責任の共有の問題を強調し、関係する、運転車や開発中の基礎技術を完全に免責することはできない。

 人間には、自動運転車の技術を信用し始め、運転の責任の放棄を開始する傾向がある。

 Uberは、あらゆる摩擦のない、運輸のハブになることを、事業の方針にし、完全な自動運転車の未来が到来することはないと考えている。

 ITFのレポートでは、人間の運転手と、自動運転車の責任が明確でない場合、リスクが発生する可能性が最も高いとしている。

 この責任が明確でないことによる、リスクや混乱は、サイバー・セキュリティのリスクを念頭に置いて、自動運転システムを構築しない限り、発生する可能性がある。

 自動運転車が、完全な安全性と効率性の頂点に達し、完全自動運転車になるためには、車のセンサーや、道路のセンサー、あるいは、他の車から得られる、さまざまなデータを、リアルタイムに収集し、分析し、応答する必要がある。

 このような、インターネットで、相互に接続された技術には、サイバー・セキュリティのリスクを回避できる能力が必要であり、ハッカーの侵入を検出し、阻止できるないと、車のコントロールを失い、恐ろしい結果をもたらす可能性がある。

 ITFのレポートは、サイバー・セキュリティの課題への、2つの可能性を示している。

 第1の可能性は、メーカと規制者が、自動運転車に関して、サイバー・セキュリティに対し、共通のフレームワークを採用する必要があることである。

 第2の可能性は、フレームワークや安全システムが、それらの外部ネットワークから独立して、動作できることを保証することである。

 乗り物や、交通システムは、人間のミスで、致命的な事故を引き起こさないように、設計すべきである。

 人的なミスが発生した世界で、安全を確保するためには、機械に、何らかのエラーが発生し、予期しない状況に陥っても、安全に、車を停止できるような、フェイルセーフの設計手法が必要であり、完全自動運転車、交通システム基盤、交通システム管理は、クラッシュを防止すると共に、事故発生時に、その影響が、人体の物理的限界を超えないように設計する必要がある。

 最終的に、自動運転車、運転手、同乗者、歩行者、他の車を含む、道路交通の安全に対する責任の共有と明確化が必要になるだろう。

 これには、車や道路のカメラや、さまざまなセンサーが、連携し、データをリアルタイムに、収集、分析でき、責任の明確化を実現することが必要になる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

米国のBostonに、ロボットの調理スタッフを採用した、レストラン「Spyce」がオープンする。 '18.06.06

【米国のBostonに、ロボットの調理スタッフを採用した、レストラン「Spyce」がオープンする。】 '18.06.06

Int5a
 米国のBostonに、ロボットの調理スタッフを、全面的に採用した、レストラン「Spyce」がオープンする。2018年5月31日

 By Malek Murison、internet of business

 米国のBostonに、ロボットの調理スタッフを全面的に採用した、手頃な値段で、美味しい料理を作る、新しいレストラン「Spyce」がオープンする。

 「ロボット・レストラン、Spyceの紹介」ビデオ

 ロボット寿司バーは、20年も前から、存在しているが、2018年には、ハンバーガー・フリッピング・ロボットが登場し、人気を得ている。

 バーガーチェーン、CaliBurgerは、2019年までに、50軒のレストランで、Flippyロボットと呼ばれる、自律的な、ハンバーガー・フリッピング・ロボットを立ち上げるという試みを開始したが、この野心的な目標は、3月の発表の数日後に頓挫した。

 米国の東海岸では、Miso Roboticsロボットのシェフを採用した、別のレストランが、オープンした。

 今回、MITのロボット工学の卒業生により設計された、調理ロボットを、全面的に採用した、新しいレストラン「Spyce」が、Bostonに登場した。

 マサチューセッツ州Bostonにオープンした、ファースト・フード・レストラン「Spyce」は、CaliBurgerと同様、最新の技術を融合して、素早く、美味しい食事を作ることを目指している。

 ファースト・フード・レストラン「Spyce」では、MITのロボット工学の卒業生により設計された、完全にロボットで構成された、調理スタップが、食事を作る。

 このレストラン「Spyce」の調理スタッフは、カウンターの後ろに座っている、7台の自律的に動作する、調理ロボットで構成されている。

 これらの調理ロボットは、タッチ・スクリーンのメニューを介して、顧客から、注文を受け取る。
Int5_2
 各食事は、3分以内に注文され、料理されるようだ。

 レストラン「Spyce」の調理ロボットは、温度や時間を管理し、一貫して、注文された食事を調理し、調理が終わると、自動的に清掃されるという。

 これらの調理ロボットは、鍋で、絶えず、食べ物を転がし、温度を調節しながら、食事を完全に調理するようだ。

 しかし、すべてが、それほど単純ではないようで、「Spyce」レストランの自律的な調理用ロボットは、印象的であるが、まだ多くの人間の助けに頼っており、初期の段階にあるという。

 まず、「Spyce」レストランのチームは、ミシュランの星を付けたシェフ、Daniel Boulud氏とパートナーシップを組み、この調理ロボットの強みを活かした、メニューを考案しなければならなかったようだ。

 また、現段階では、肉食や野菜を下準備したり、ご飯を炒めたりといった、多くの作業を、人間がやる必要があるという。

Int5b
 「Spyce」レストランでは、人間のスタッフが、料理に装飾を加え、顧客サービスを提供している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

スマート・ビルディングにおける、人間中心の照明(HCL)システムに、定量的な調査が必要とされている。 18.06.06

【スマート・ビルディングにおける、人間中心の照明(HCL)システムに、定量的な調査が必要とされている。】 18.06.06

 Oxford大学のRussell Foster教授によると、人間中心の照明(HCL)システムが、実際に、人間に与える影響を、定量化するための技術を確立する必要があるという。 2018年5月29日

Int4
 By Jessica Twentyman、internet of business

 Oxford大学のRussell Foster教授は、フランクフルトで開催された、「Light + Building 2018」展示会で、「昼と夜のサイクルにおいて、人間中心の照明(HCL)システムが、生物学的に、人間に、どのような影響を与えるかを確認するまで、このHCLシステムを提供すべきでないだろう。」と、一部の出展者から歓迎されないような、意見を表明した。

 この展示会には、照明システムのメーカが、既に販売している、「人間中心の照明(HCL)」システムが、展示されていたので、Foster教授の発言は、議論の余地があると思うかもしれない。

 調整可能な発光ダイオード(LED)を使用して、実現されている、様々な照明のレベルに設定できる、「人間中心の照明(HCL)システム」は、学校、病院、オフィス、工場などにおける、人間の動機づけ、やすらぎ、生産性などに、影響を与える可能性があるという原則に基づいて、開発されている。

 「人間中心の照明(HCL)の紹介」ビデオ

 照明システムのメーカによると、人間中心の照明(HCL)システムの技術は、既に、確立されており、実用的に使用できる準備ができているという。

しかし、Oxford大学のOpthalmologyのNuffield研究所の、Foster博士によると、この人間中心の照明(HCL)システムが、きちんと商品化できるようになるには、より多くの調査や研究が必要だという。

 Foster博士は、Oxford大学のチームを率いて、1991年に、人間の目の第3の光感知細胞を発見している。

 Foster博士によると、人間の目の第3の光感知細胞は、我々の毎日の生活のリズムを制御する、網膜神経細胞であり、我々の毎日の生活サイクルにおける、身体的、精神的、行動的な変化の、日常のリズムを制御するという。

 例えば、電力直接取引プラットフォーム事業を展開している、Innogyは、従業員のモチベーションを高めるために、Philipsのスマート照明システムを導入している。

 Foster博士によると、この事例は、人間中心の照明(HCL)システムが、実際に、従業員のモチベーションを高めることを、完全に証明しているわけではないという。

 Foster博士の見解は、人間中心の照明(HCL)システムが、スマート・ビルディングにおいて、演じる可能性のある、役割を分析した、市場調査会社、Navigant Researchの最近のレポートと、密接に関連している。

 従業員の健康や生産性に重点を置いた、スマート・ビルディングへの関心が高まっていることから、照明業界に、新たなビジネス機会が生まれている。

 インターネットに接続された、LEDを採用した、「人間中心の照明(HCL)システム」と、「スマート制御システム」は、低消費電力による、コスト削減や、エネルギー効率の向上に加えて、従業員の生産性やモチベーションなどに、影響を与える可能性のある、技術の1つである。

 ただし、Foster博士によると、「人間中心の照明(HCL)システム」が、実際に、従業員やビルの住人などに、どのような影響を与えるかについて、定量化するための技術は、まだ、完全に確立されていないので、測定方法について、研究する必要があるという。

 市場調査会社、Navigant Researchによると、「人間中心の照明(HCL)システム」は、照明業界では盛んな流行語になっており、製造業者、ビルのオーナー、ビルの管理者、ビルの住人、および、研究者により、注目されているという。

 「人間中心の照明(HCL)システム」分野における、主なプレーヤーには、Arcluce、Fagerhult、NormaGrup Technology、Osram、Philips、Zumtobel Lightingなどがおり、標準化団体は、さまざまな測定データに基づいて、人間中心の照明(HCL)システムが、人間に与える影響や効果を、正しく理解できるようにするための方法を確立することに取り組んでいる。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 5日 (火)

パナソニック、Qualcomm、Fordが、コネクティッド・カー技術を開発するために協調する。 '18.06.05

【パナソニック、Qualcomm、Fordが、コネクティッド・カー技術を開発するために協調する。】 '18.06.05

Int2_2
 パナソニック、Qualcomm、Fordが、セルラー・ビークル・ツー・エブリシング(C-V2X)技術を開発するために協調する。2018年6月4日

 By Rene Millman、internet of business

 パナソニック、Qualcomm、Fordが、セルラー・ビークル・ツー・エブリシング(C-V2X)技術を開発するために、Colorado州において協調する。

 これは、米国における、Cellular V2X(C-V2X)技術の展開の最初である。

 「セルラーV2Xの紹介」ビデオ

 コロラド運輸省(CDOT:Colorado Department of Transportation)とパナソニックは、この展開において、パートナーシップを結んだと、以前、発表していた。

 コロラド運輸省とパナソニックは、コネクティッド・カーを統合し、全米に渡り展開する。

 コロラド運輸省とパナソニックは、2018年の夏に、Denverにある、パナソニックのCityNOW本社の近くの、特定の公道において、C-V2X技術を展開し、評価するのを支援していく。

 この後、コロラド運輸省とパナソニックは、I-70 Mountain Corridorの、特定のエリアにC-V2X技術を展開していく。

 パナソニックは、CDOTのV2X開発プログラムで、Kapsch TrafficComと協調していく。

 Kapsch TrafficComは、C-V2Xオンボード・ユニット(OBU)を提供するために、ロードサイド・ユニット(RSU)を、Ficosaと共に、このCDOTのV2X開発プログラムに提供する。

 Fordのユーティリティ車は、ビークル・ツー・ビークル(V2V)と、ビークル・ツー基盤(V21)ダイレクト・コミュニケーションを可能にするために、FicosaのCarComプラットフォームを使用している、C-V2X技術が、装備される。

 パナソニックのコネクティッド・カーのデータ・プラットフォームは、道路のオペレータに、改善された、状態認識を提供するために、C-V2Xデータを収集し、配信するようになり、この新たな能力で、安全に、重要な情報を、直接、コネクティッド・カーに送信できるようになる。

 C-V2Xデバイスは、世界中の、5Gセルラー通信サービスと、互換性を持てるように、設計されており、カメラ、レーダー、光画像検出レーダー(LIDAR)といった、他の先進の運転手補助システム(ADAS)センサーを補完する。

 C-V2X直接通信モードは、車に、指定された、5.9GHz ITSスペクトル上で動作する、セルラー・ネットワーク、あるいは、契約を含むことなく、車と車(V2V)用、車と道路沿いの基盤(V21)、車と歩行者(V2P)アプリ用に、低遅延の通信を提供するよう、設計されている。

 C-V2Xデバイスのフィールド・テスト

 コロラド運輸省とパナソニックは、C-V2X技術の、最近のフィールド・テストの結果、このC-V2Xデバイスは、802.11pの無線ネットワーク技術と比べて、信頼性が改善されており、C-V2X直接コミュニケーションの性能の優位性が、示されている。

 コロラド運輸省の役員によると、Colorado州は、先進の安全性への、コネクティッド・カーの技術を展開することに、焦点を合わせており、C-V2X技術の先進性により、奨励されているという。

 Colorado州は、Qualcommとパナソニックのような、技術リーダと、Fordの技術サポートで、先進の車の安全性を支援し、コネクティッド・カーの開発やテストのための、ハブとして機能するという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

アジアにおいて、ロボット&AIは、より多くの仕事を創出する。(2) '18.06.05

【アジアにおいて、ロボット&AIは、より多くの仕事を創出する。(2)】 '18.06.05

 アジアにおいて、ロボット&AIは、奪うよりも、より多くの仕事を創出する。 2018年6月1日

Int10
 By Chris Middleton internet of business

 ロボット、オートメーション、AIが、人間から仕事を奪う、という考えは、アジアでは支持されていない。

 「Asia Development Bank(ADB)」のレポートによると、アジアでは、ロボット、オートメーション、AIは、人間の仕事を奪うよりも、多くの仕事を作成しているという。

 2005年と2015年の間における、アジアの経済を対象にした、ADB分析によると、自動化により、失われた雇用よりも、新たに生まれた雇用の方が多かったという。

 ロボットや、他のコネクディッド・システムの採用で、1億100万の雇用が、喪失されたこと比較して、より高い生産性や、経済の成長が促され、1億3400万の、新たな雇用が創出された。

 これは、ロボットや、他のコネクディッド・システムの採用で、仕事の内容の変化が、促されていることを意味する。

   (続き)

 Asia Development Bank(ADB)によると、アジアでは、多くの低熟練者やルーチン作業者の脅威にも関わらず、楽観主義的な傾向があるという。

 技術は、しばしば、業務全体ではなく、特定のルーチン業務を自動化する。

 業務の自動化は、いくつかのタイプの業務を、マシンに移行することであるが、それ以外の場合、マシンは、ルーチン業務だけを処理し、業務全体を再構成し、人が、より複雑で、創造的な業務に集中できるようにする。

 例えば、ATMの導入は、銀行の窓口業務を、顧客関係管理(CRM)の1つに変える。

 業務の自動化は、技術的にも、コスト的にも、経済的にも可能な場合にのみ進められる。

 アジアの産業ロボットに関するデータによると、産業ロボットを、最も多く導入している産業は、「電気/電子産業」と、「自動車産業」であり、2015年に、これら2産業で使用されている、産業ロボットの台数は、世界全体で使用されている、産業ロボットの台数全体の、39%を占めていたが、製造業の雇用全体の13.4%しか占めていないという。

 これとは対照的に、産業ロボットを、あまり導入していない産業は、「テキスタイル」、「アパレル」、「皮革製品」、および、「飲食品」であり、2015年に、これら4産業で使用されている、産業ロボットの台数は、世界全体で使用されている、産業ロボットの台数全体の、わずか1.4%しか占めていないが、製造業の雇用全体の31.4%も占めているという。

 衣服や履物を作成する、熟練者の賃金が安いことは、自動化の阻害要因であり、熟練者を雇う方が、自動化するよりも、コスト的に安い場合が、よくある。

 地域における、雇用の90%を占めるアジアの発展途上国、12ヵ国において、製造業とサービス業における、仕事全体の約40%が、手作業、または、ルーチン作業である。

 しかし、アジアの発展途上国、12ヵ国において、コスト的、技術的、あるいは、経済的な問題で、これらの仕事(手作業、または、ルーチン作業)の多くは、まだ、自動化されそうにない。

 また、Asia Development Bank(ADB)は、自動化が、ルーチン作業や手作業の作業者を傷つけるだろうと、認めている。

 ADBによると、ルーチン業務や手作業の自動化により、人間の作業者には、システムを管理したり、制御したり、保守したりする、新たな業務が与えられるが、これには、新たな技術やスキルが必要になることもあるという。

 さらに、企業や産業が、商品やサービスの新しい、生産や流通の仕方に移行すると、既存のサプライ・チェーンに混乱をもたらし、失業を引き起こす、可能性もあるという。

 自動化は、より多くの雇用の喪失に加えて、ルーチン作業や手作業の作業者は、賃金の伸び率が低下し、所得の不平等が、もたらされる可能性もある。

 ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界において、業界の専門家は、2016年に、フィリピンのBPOの作業者の47%が、あまり抽象的な考えを必要としない、プロセス主導の業務を行っていたと見積っている。

 新たな技術の出現により、BPO関連のすべての業務の内、あまり抽象的な考えを必要としないような業務の割合は、減少する可能性がある。

 より複雑なBPOサービスへの需要が高まり、新たなビジネス機会が生まれるが、作業者には、より専門的な知識やスキルを取得することが必要になるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

トロント市が、IntelやMicrosoftと協調し、新しいスマート・シティ・ソリューションを実験する。 '18.06.05

【トロント市が、IntelやMicrosoftと協調し、新しいスマート・シティ・ソリューションを実験する。】 '18.06.05

Int2
 カナダのトロント市は、スマート・シティ構想の実験プロジェクトにおいて、数多くの技術を採用した。 2018年5月30日

 By Rene Millman、internet of business

 Microsoft、Intel、QuadReal Property Group、IESO、Fasken Law、および、Build in Canadaイノベーション・プログラムと協調し、カナダのトロント市は、「UPPlift」と呼ばれる、スマート・シティ構想の実験プロジェクトにおいて、いくつかの「モノのインターネット(IoT)」の提案を試行する予定である。

 「トロント市のIoT対応スマート・シティ構想の紹介」ビデオ

 このスマート・シティ・ソリューションは、IoT、高度なセンサー、人工知能(AI)を組み合わせて使用し、都市の施設の効率を向上させ、スマート・シティ構築環境における、市民の経験を改善する。

 スマート・シティ構想の実験技術の中には、人数をカウントし、空間の使用状況を管理し、広告の影響を評価するために使用される、ArgosAIのパーキング・セキュリティと分析システムがある。

 Binnersのゴミ回収サービスは、ゴミの回収処理プロセスを継続的に、整理し、簡素化すると共に、持続可能な、ゴミの処分の実現に重点を置いている。

 Intuitive Roboticsは、正しくゴミを分別し、正確に仕分けする、スマートなAIモジュールを提供する。

 VSETAのビル施設の監視は、都市によって試行されている、別のソリューションである。

 このビル施設の監視ソリューションは、スマートな施設のソフトウェア、センサー、および、他の技術を組み合わせて、プライベートな無線センサー・ネットワークを介して、プロパティのリアルタイムな監視を可能にする。

 トロントでは、Eddy Homeのインテリジェント水害防止システム、および、Spark EVの商用電気自動車のバッテリー充電ステーションも、テストされている。

 トロントは、また、分析システム、Wi-Fi接続、モバイル充電システムなどに、電力を供給する、太陽光発電スマート・ソリューションに、Infranovateを採用した。

 この太陽光発電スマート・ソリューションは、トロント市とQuadReal Property Groupにより、所有される、テスト・ベッドのプロパティに渡り、展開される。

 「UPPlift」スマート・シティ構想の実験プロジェクトの参加者は、Microsoft、Intel、および、Faskenから、法的なアドバイスや、技術的なサポートを受けるようになる。

 トロントは、都市のつながり、市民のつながり、都市の効率や持続性の改善を推進するための、画期的な新しいアイデアや、スマート・シティ・ソリューションの実験が成功することを、楽しみにしている。

 スマート・シティ・ソリューションは、都市生活を、より容易で、包括的にする、可能性を秘めている。

 スマート・シティ構想の実験プロジェクトには、地域の野心、革新、および、優れた管理が不可欠である。

 スマート・シティ・ソリューションを構想し、実現するには、技術革新だけでなく、地域の指導力が、重要になるだろう。

 「トロント市のスマート・シティ構想の紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 4日 (月)

Googleの噂の、第3世代のPixel 3スマートフォン '18.06.04

【Googleの噂の、第3世代のPixel 3スマートフォン】 '18.06.04

 Googleの第3世代のPixelスマートフォンは、2018年の秋に、出荷されることが期待されている。 2018年6月1日

Eweek1
 By Todd R. Weiss、eWEEK

 Googleの第3世代のPixelスマートフォンは、2018年の秋に、販売開始されることが期待されているが、Googleには、多くの競合スマートフォンがある。

 GoogleのPixelとPixel XLスマートフォンは、この2年間、世界における、販売台数とシェアが不調であった。

 Googleのスマートフォンには、スマートフォン市場のリーダである、SamsungとAppleのスマートフォンに、大きな影響を与える、いくつかのアイデアを提供する技術が、組み込まれているが、良く売れているわけではない。

 Pixel 3とPixel 3 XLと呼ばれる、第3世代のGoogle Pixelスマートフォンは、2018年10月に、販売が開始される予定である。

 Pixel 3 XLスマートフォンには、エッジ・ツー・エッジのスクリーン画面が装備されている。

 より小さなPixel 3スマートフォンは、現在の、より大きなPixel 2スマートフォンのようなデザインになっており、Pixel 2スマートフォンと同じノッチを持っている。

 GoogleのオリジナルのPixel XLとPixelスマートフォンは、最初に、2016年10月に出荷されており、次のPixel 2 XLとPixel 2スマートフォンは、2017年10月に出荷されている。

・Pixel 2 XLスマートフォンは、6インチのクアドHDのエッジ・ツー・エッジのプラスチック製の有機発光ダイオード(pOLED)ディスプレイを装備している。

・Pixel 2スマートフォンは、5インチのフルHDアクティブ・マトリクス有機発光ダイオード(AMOLED)を装備している。

 これら両方のスマートフォンには、Corning Gorilla Glass 5ガラスのディスプレイ・カバーと、常時オンのディスプレイが装備されている。

 また、これら両方のスマートフォンには、Qualcomm Snapdragon 835オクタコア・プロセッサと、Adreno 540グラフィクス・チップが搭載されている。

 これら両方のスマートフォンには、4GBのLPDDRメモリと、64GB、または、128GBの内部ストレージのオプションを持っている。

 これら両方のスマートフォンには、Android 8.0 Oreoオペレーティング・システムが搭載されている。

 これら両方のスマートフォンで、ユーザは、Googleフォトを使用して、写真やビデオを保存する、オンライン・ストレージを、無制限の容量利用できる、

 SamsungのGalaxy S9スマートフォンや、AppleのiPhoneスマートフォンと戦うために、Googleは、アンロックされた、64GBのストレージを持つ、Pixel 2 XLスマートフォンを、849ドルで販売し、64GBのストレージを持つ、Pixel 2スマートフォンを、649ドルで販売する。

 これらより低価格のスマートフォンは、ライバルからのスマートフォンよりも、多く販売できるほど、十分ではなかった。

 他のアナリストによると、GoogleのPixelスマートフォンは、いつかは、AppleのiPhoneキラーになるという。

 Google Pixelスマートフォンの売上は、2016年以来、良くも、悪くもない。

 2017年に、Pixel 2 XLとPixel 2の両スマートフォン合わせて、370万台が販売されており、2016年における、オリジナルのPixelモデルの販売台数の、約2倍になった。

 Gartnerによると、Googleは、スマートフォンの市場シェアや売上のためというよりも、業界に、最新の機能や技術を示すために、スマートフォンを構築しているという。

 Googleは、販売と市場シェアを拡大させるというよりも、他のベンダ、開発者、消費者に、イノベーションを示すために、スマートフォンを開発し、販売している。

 Pixel 2スマートフォンにおける、ハードウェアとソフトウェアは、極めて良いが、消費者は、Googleのスマートフォンを、あまり購入していない。

 調査によると、Androidベースのスマートフォンの販売台数は、米国における、スマートフォンの販売台数全体の、53%のシェアを占めているが、Google Pixelスマートフォンの販売台数のシェアは、米国市場において、1%も占めていない。

 Olds氏によると、Googleは、Androidオペレーティング・システムを提供しているベンダであるが、スマートフォンの販売で、売上を上げている、ベンダではないという。

 「Google Pixel 3スマートフォンの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

アジアにおいて、ロボット&AIは、より多くの仕事を創出する。(1) '18.06.04

【アジアにおいて、ロボット&AIは、より多くの仕事を創出する。(1)】 '18.06.04

 アジアにおいて、ロボット&AIは、奪うよりも、より多くの仕事を創出する。 2018年6月1日

Int10
 By Chris Middleton internet of business

 ロボット、オートメーション、AIが、人間から仕事を奪う、という考えは、アジアでは支持されていない。

 「Asia Development Bank(ADB)」のレポートによると、アジアでは、ロボット、オートメーション、AIは、人間の仕事を奪うよりも、多くの仕事を作成しているという。

 2005年と2015年の間における、アジアの経済を対象にした、ADB分析によると、自動化により、失われた雇用よりも、新たに生まれた雇用の方が多かったという。

 ロボットや、他のコネクディッド・システムの採用で、1億100万の雇用が、喪失されたこと比較して、より高い生産性や、経済の成長が促され、1億3400万の、新たな雇用が創出された。

 これは、ロボットや、他のコネクディッド・システムの採用で、仕事の内容の変化が、促されていることを意味する。

 新しい技術は、より少ない労働者で、これまでの、製品の生産量や、生産の質を維持できるようにする。

 生産性の向上と、生産コストの低減で、製品の価格を下げることが可能になり、結果として、製品の需要を促す要員にもなる。

 生産性を、幅広い技術の進歩の指標として用いて、アジアの12の経済における、ADBの入出力分析によれば、新しい技術を導入することで、生産の量や、生産の質を維持しながら、生産にかかる時間を短縮できるようになり、生産性が向上することで、雇用が、66%減少する可能性がある。

 しかし、出力と技術の変化に関連した、商品やサービスの需要の増加は、これを相殺する以上の効果をもたらし、新たな雇用が、88%増加することが期待される。

 これは、1年間に、1億3400万人の、新たな雇用が創出されることに相当する。

 ロボット、AI、および、モノのインターネット(IoT)は、新たな企業、新たな産業、および、新たな雇用を創造する。

 新たな技術により、雇用の喪失がもたらされるが、近代的な生産の複雑化と、医療、教育、財政などにおける、新たな個人サービスの需要の高まりは、新たな雇用の創造をもたらし、仕事の内容に、変化がもたらされる。

 新しいタイプの仕事は、新技術を扱うようになったという。

 インド、マレーシア、フィリピンにおける、職業の肩書の詳細な分析によると、過去10年間に出現した、新たな役職の43%~57%が、ICTの分野に属していることが分かった。

 インドで最も急速に成長している職種の1つとして、コンピュータ制御マシンで作業するための、熟練した技術を必要とする職業が、新たな役職として出現した。

 Asia Development Bank(ADB)によると、非ルーチン的な業務、社会的、および、ICT関連の業務に対する需要が最も増加しているという。

 ルーチン業務や手作業を必要とする業務は、それほど需要は、多くないだろう。

 これは、発展途上のアジアの5ヵ国の経済を分析した結果、過去10年間で、非ルーチン的な業務、社会的、および、ICT関連の業務での、雇用の伸びが、全雇用の伸びよりも、2.6%速いことを示している

 これらの非ルーチン的な業務の平均賃金は、ルーチン業務、および、手作業を必要とする業務よりも、速く増加している。

 しかし、Asia Development Bank(ADB)は、技術の進歩が生産性を向上させ、需要だけでなく、雇用を脅かすことを認めている。

 ロボット工学、3D印刷、人工知能(AI)、モノのインターネット(IoT)などの新技術は、将来の繁栄を促すのに役立つが、仕事が喪失される要因にもなる。

 例えば、アパレル産業やフットウェア産業では、完全自動化生産を実験している。

 同様に、顧客サポートなど、より複雑なサービス業務を自動化することも、技術的に実現可能になっている。

 「SPEEDFACTORYの紹介」ビデオ

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

さまざまな技術が、小売店において、顧客とつながる上で、重要な役割を担っている。 '18.06.04

【さまざまな技術が、小売店において、顧客とつながる上で、重要な役割を担っている。】 '18.06.04

Int3a
 IoTなどの新しい技術を活用した、小売業界の最新動向について、紹介する。2018年5月28日

 By Scott Thompson、internet of business

 New York市にある、Macyのコンセプト・ストア「Story」の最近の買収を、目の当たりにしているが、現在の小売店の傾向には、体験的な小売店がある。

 Macyのコンセプト・ストア「Story」では、4週間から8週間ごとに、小売店の空間を利用して、新しいテーマ(例えば、香りのあるろうそく、肌着、ハート型の商品など)を強調し、アピールしている。

 現在、さまざまな技術が、小売店において、重要な役割を担っている。

 仮想現実(VR)は、極めてエキサイティングであり、仮想ショールームや、仮想試着室は、素晴らしい技術である。

 小売店の、最も関心の高いことは、顧客について学ぶことや、顧客に対応する方法を改善することである。

 買物客は、オンラインにも、オフラインにも適した、顧客経験を望んでいる。

 消費者ファーストを模索している、大手の小売店は、最高のサプライ・チェーンを開発して、店舗の運営や、空間やリソースの利用を効率化し、オムニチャネルを構築して、顧客に、さまざまな販売チャネルを提供して、顧客経験や顧客エンゲージメントを向上させることに取り組んでおり、激しい競争に巻き込まれている。

 UBSのレポートによると、2025年までに、8万店以上の物理小売店が、閉店に追い込まれるという。

 UBSによると、2025年までに、電子商取引の売上が増加し、小売店の全売上の25%に達すると、3万から8万の店舗が消滅する可能性があるという。

 英国の大手小売業者の、M&Sは、2018年5月に、店舗閉鎖の、新しいプログラムを発表した。

 将来的に、店舗は、ショールームやイベントを開催する場所に似てくるだろう。

 ロボットは、小売店でも、大きな役割を演じるだろう。

 顧客サービス・ロボットのPepperに、その未来を垣間見ることができる。

Int3b
 SoftBank Roboticsによって開発されたPepperは、人間の感情を認識し、顧客の気分に適合させて、行動することができる、最初のヒューマノイド・マシンとして、知られている。

 日本の140店舗以上のSoftBank Mobileの店舗は、現在、この顧客サービス・ロボットのPepperを使用している。

 このSoftBankの顧客サービス・ロボット、Pepperは、フランスのスーパーマーケット・チェーンの、Carrefourなどにも展開されている。

 一方、BTは、「モノのインターネット(IoT)」技術を活用した、デジタル・ストアを展示している。

 BTによると、デジタル・ストアの展示の目的は、インターネットによって可能になる、新しい技術が、顧客にとって、魅力的な小売店との出会いを、いかに促進できるかを強調することだという。

 実店舗は、まだまだ死んでいないが、生き残るために、進化する必要があるだろう。

 電子商取引が普及してきたので、店舗は、オムニチャンネルを構築し、従来の顧客だけでなく、オンラインの顧客の、ユーザ経験も、向上させる必要があるだろう。

 ルーマニアのスタートアップ、Tokinomoは、最近、Retail Business Technology Expo(RBTE)イノベーション賞の受賞者として発表された。

 ルーマニアのスタートアップ、Tokinomoは、店舗に設置された、動きセンサー技術を利用し、買物客の動きに基づいて、商品をアピールする、店舗内の広告ソリューションを開発している。

 「Tokinomo製品デモ」紹介ビデオ

 フランスの小売技術プロバイダ、Occiは、IoT技術、店舗ジオロケーション、データ融合アルゴリズム、および、AIの組み合わせにより、ショッピング体験を、よりカスタマイズできるようにする、ショッピング・ソリューションを開発している。

 Occiの追跡技術を使用して、小売業者は、個々の顧客を追跡し、店舗における、顧客の行動を理解することができるようになる。

 「Occi : 物理店舗における、Webクッキー」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 3日 (日)

IDCによると、2018年に、世界のスマートフォンの出荷台数が、減少し、2019年に再度、増加するという。 '18.06.03

【IDCによると、2018年に、世界のスマートフォンの出荷台数が、減少し、2019年に再度、増加するという。】 '18.06.03

Eweek6
 2017年に、中国のベンダのスマートフォンの出荷台数が増加して、世界の他のスマートフォン・ベンダが影響を受けており、インドは、2019年に、スマートフォンの出荷台数が、回復することが期待されている。 2018年5月31日

 By Todd R. Weiss、eWEEK

 IDCによると、2018年に出荷される、スマートフォンの出荷台数は、減少するが、2019年には、世界のスマートフォンの出荷台数が、再度、増加するという。

 IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackerによると、世界のスマートフォンの出荷台数は、2017年の14億6500万台から、2018年には、約14億6200万台に、緩やかに減少する見込みであるという。

 2019年に、世界のスマートフォンの出荷台数は、1年間で、約3%増加することが期待されており、2022年には、16億5400万台に達する見込みである。

 ちなみに、2017年には、世界のスマートフォンの出荷台数が、前年から、0.3%減少していた。

 IDCによると。2017年に、世界のスマートフォンの出荷台数が、前年から、4.9%減少した、主な理由は、中国でのスマートフォンの出荷台数が、減少したからだという。

 IDCは、2018年も、中国のスマートフォン市場は、低迷し、2019年に、中国のスマートフォンの出荷台数が、前年から、7.1%減少すると予測している。

 IDCは、2018年に、インドのスマートフォンの出荷台数が、前年から、14%増加し、2109年には、16%増加すると予測している。

 IDCのアナリスト、Ryan Reith氏によると、2017年に、世界のスマートフォンの出荷台数は、初めて、減少に転じたという。

 IDCによると、2017年に、世界のスマートフォンの出荷台数が、減少に転じた、主な理由は、人口が極めて多い、中国における、スマートフォンの市場が、低迷したためだという。

 中国は、スマートフォンの出荷台数を、再度、増加させることに取り組んでいる。

 インドは、スマートフォンの普及率が、比較的に低いので、これから、スマートフォンの出荷台数の増加が、期待されている地域である。

 5年前に、インドと中国の、スマートフォン市場には、大きな違いがあった。

 中国政府は、スマートフォンの購入に、助成金を出したため、中国の消費者は、スマートフォンを購入しやすかった。

 インドでは、スマートフォンを購入するための、助成金は、出されていないが、消費者のスマートフォンの購買意欲を促すために、小売店やセルラー通信サービスのキャリアは、スマートフォンの価格を下げて、販売している。

 インドのスマートフォン市場では、スマートフォン・ベンダに、価格設定のプレッシャーがある。

 このため、スマートフォン・ベンダは、インドで、販売する、スマートフォンの価格を、中国で販売する、スマートフォンの価格の半分に、設定している。

 インドでは、スマートフォン・ベンダが、スマートフォンの販売価格を下げるので、Appleは、インドにおいて、適正価格で、スマートフォンを販売することは、難しい。

 ちなみに、古いタイプの、iPhone 6スマートフォンは、インドでは、約450ドルで販売されている。

 インドでは、スマートフォンの平均販売価格は、200ドル弱である。

 スマートフォンの購入に、助成金を出すか、スマートフォンの販売価格を下げるかが、中国とインドにおける、スマートフォン市場の、大きな違いである。

 最新の調査において、IDCは、最初の商用の、5Gセルラー通信サービス対応スマートフォンが、2019年の後半に、販売開始されると予想しており、2020年には、世界の殆どの地域で、5Gセルラー通信サービスが、利用できるようになると見ている。

 IDCは、5G対応スマートフォンの出荷台数が、2020年に、すべてのスマートフォンの、約7%を占めると予測しており、合計で、2億1200万台になるとしている。

 5G対応スマートフォンのシェアは、2022年までに、スマートフォンの出荷台数全体の、最大、18%に増加する見込みである。

 IDCは、2018年のスマートフォンの平均販売価格が、2017年における、313ドルから、10.3%増加し、345ドルになると予測している。

 世界市場において、2018年に人気がでる、スマートフォンは、ハイエンドのスマートフォンになるだろう。

 このハイエンドのスマートフォンは、大きなAMOLEDの、ベゼルのない、ディスプレイ、先進のカメラ機能、および、処理性能の向上を特徴にしており、スマートフォン市場の成長を促している。

 IDCによると、2018年に、スマートフォンに搭載される、Androidのシェアは、比較的、安定しており、世界のスマートフォンの出荷台数の85%を占めるという。

 Appleのスマートフォンの出荷台数は、2018年に、前年から、2.6%増加し、2億2100万台になることが期待されている。

 IDCは、2022年までに、出荷される、Androidベースのスマートフォンの98%が、5インチより大きな、スクリーン画面を持つ、スマートフォンであり、36%が、6インチよりも大きな、スクリーン画面を持つ、スマートフォンになると予測している。

 2018年に、出荷が開始される、スマートフォンは、ベゼルのない、強化ガラスや、高性能カメラ、低消費電力といった特徴を持ち、プロセッサの性能、メモリやストレージのサイズ、デュアル・カメラ、オーディオやディスプレイの映像の品質などで、差違を持たせるだろう。

 また、2019年には、5G対応のスマートフォンが出荷される、見込みである。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Apple、Google、PayPal、Facebook、Snapは、VR/AR分野の技術やコンテンツを提供する。 '18.06.03

【Apple、Google、PayPal、Facebook、Snapは、VR/AR分野の技術やコンテンツを提供する。】 '18.06.03

Int8a
 By Chris Middleton、internet of business

 Apple、Google、PayPal、Facebook、Snapは、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)の分野において、プレゼンスを確立しているか? 2018年5月1日

 Facebookは、「Oculus Go」で、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の分野において、存在を、アピールしている。

 Appleは、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)の両方のアプリを実行できる、無線のヘッドセットを提供することに、取り組んでいる。

 Appleは、PCやスマートフォンとは、独立して利用でき、無線通信ネットワークで通信する、VR/ARヘッドセット向けの、8Kディスプレイを開発しているようだ。

 このAppleのVR/ARヘッドセットは、同社の独自のシリコン・チップを搭載しており、他のコンピュータと通信することなく、単体でも、利用できるようになっているという。

 Appleが、同社のVR/ARヘッドセットに、独自のシリコン・チップを採用するという噂は、Intelが、Vaunt ARグラスの開発を中止するという、同社の最近の発表の後に流れている。

 Appleは、iPhoneスマートフォン向けに開発された、ARアプリやVRアプリを、VR/ARヘッドセット向けに、移植するようだ。

 Appleは、2018年6月に、開発者が、iPhoneスマートフォンや、iPadタブレット用に、拡張現実(AR)アプリを開発できるようにする、開発キット「ARKid」を発表した、

 また、Appleは、Steve VRプラットフォームを、Macのデスクトップとラップトップに、組み込むために、Valveと協調していた。

 AR/VRヘッドセットや、スマート・グラスは、高価であり、制約が多く、プライバシーの課題もあり、一般ユーザに、あまり普及していない。

 また、「Google Cardboard」のような、スマートフォンを装着して使用する、VRヘッドセットは、手頃な価格ではあるが、使用できる、スマートフォンや、機能などに制約が多く、まだ、一般的なユーザの人気や支持を集めていない。

 ほとんどのAR/VRヘッドセットは、スマートフォンを装着して、あるいは、PCやゲーム機などに接続して、使用する。

Facebookの新しいスタンドアロン型の「Oculus Go」ヘッドセットで、いくつかの問題は、解決され、手頃な価格のキット(199ドル)であるという、良い評価を得ているが、この新しい「Oculus Go」ヘッドセットは、ソーシャル・コラボレーション・アプリと共有された、仮想体験に焦点を当てているが、重すぎたり、動作の追跡が制限されていたりして、批判されている。

 一般ユーザ向けの、スマートフォンを装着して使用するタイプの、VR/ARヘッドセットは、より多くのスマートフォンをサポートし、軽量で、機能的な制限がなく、多くのポピュラーな、VR/ARコンテンツを利用できることが必要である。

 現在、VR/ARヘッドセットが、あまり普及していないのも関わらず、市場調査会社のCCS Insightによると、消費者は、2018年に、2200万台のVR/ARヘッドセットや、スマート・グラスを購入する予定であるという。

 また、CCS Insightによると、2022年には、VR/ARヘッドセットや、スマート・グラスの出荷台数は、5倍増加し、1億2千万台に達する可能性があるという。

 VRヘッドセットは、ゲームや教育など分野で、仮想的に、さまざまなことを疑似体験するために、使用されたり、自動車や家などを設計する時に、物理なプロトタイプを作成することなく、デジタルなプロトタイプを作成し、評価するために使用されがちである。

 これに対し、ARヘッドセットや、スマート・グラスは、自動車や航空機など、さまざまな製品の修理や組み立てを補助(必要に応じて、マニュアルなどの情報を得る)ために、使用されがちである。

 「Google Daydream」を搭載した、スマートフォンを装着して使用する、VRヘッドセットに続き、Googleは、「Google Daydream」を搭載した、最初のスタンドアロン型のVRヘッドセット、Lenovoの「Mirage Solo」の発売を発表した。

 この400ドルのスタンドアロン型のVRヘッドセット、Lenovoの「Mirage Solo」は、VRコンテンツをキャプチャできる、300ドルの「Mirage」カメラと一緒に、使用することができる。

 GoogleのDaydream VRライブラリには、350種類以上のゲームやアプリが、登録されている。

 PayPalは、拡張現実(AR)ショッピング体験用に設計された、ARグラスの、2016年の特許を更新した。

 PayPalによると、このARグラスで、ユーザは、価格、支払いオプション、返品ポリシーなどの製品情報を、物理的な対象物に重ね合わせることができるようになるという。

 NBCUniversalは、今週、既存のネットワークや、TV番組に、さまざまな補完的なVRコンテンツをもたらすために、Googleと提携していると発表した。

 NBCUniversalとGoogleの2社は、Saturday Night Live、BravoのVanderpump Rules、Syfy's Wireなどのショーの周囲で、少なくとも10種類の、複数のエピソードを持つ、VRコンテンツの制作を共同で行う予定である。

 今回の発表によると、E Entertainment、NBC、Syfy、Telemundo、USA Networkと提携して開発されたプロジェクトは、Googleの「Jump」プラットフォームを使用して制作され、「YouTube」、「Google Cardboard」、あるいは、「Daydream View」で、利用できるようになるようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

IDCによると、2017年後半に、世界のITサービスとビジネス・サービスの売上は、堅調に推移し、合計で、5020億ドルになったという。 '18.06.03

【IDCによると、2017年後半に、世界のITサービスとビジネス・サービスの売上は、堅調に推移し、合計で、5020億ドルになったという。】 '18.06.03

 IDC Worldwide Semiannual Services Trackerによると、2017年後半に、世界のITサービスとビジネス・サービスの売上は、前年から、3.6%増加し、合計で、5020億ドルになったという。2018年5月15日

 2017年の1年間に、世界のITサービスの売上は、GDPの成長率を、わずかに上回り、約4%増加した。

 2017年に、プロジェクト指向の売上は、継続して、アウトソーシングや、サポート&トレーニングの売上を、上回っていた。

 2017年後半における、プロジェクト指向の売上は、前年から、4.6%増加し、1860億ドルになり、2017年の1年間では、前年から、5%増加し、3660億ドルになった。

 2017年後半において、IT関連プロジェクト・サービス分野における、カスタム・アプリ開発(CAD)、ITコンサルティング(ITC)、システム・インテグレーション(SI)の売上の合計は、プロジェクト指向の売上全体の、2/3以上を占めていた。

 2017年の1年間に、CAD、ITC、SIの売上は、前年から、3.7%増加し、2510億ドルになった。

 2017年後半に、アウトソーシング分野における、売上は、前年から、3.3%増加して、2380億ドルになった。

 基盤分野では、2017年後半に、基盤サービスのホスティングの売上は、クラウドの採用に促され、前年から、4.9%増加していた。

・2017年後半における、ITサービスの売上において、米国の売上は、前年から、3.5%増加しており、米国は、最大のITサービス市場であった。

・2017年後半における、ITサービスの売上において、西欧の売上は、前年から、1%だけ増加しており、西欧は、2番目に大きな、ITサービス市場であった。

・2017年後半における、ITサービスの売上において、新興市場では、ラテンアメリカ、中央&東欧(CEE)、および、中東&アフリカ(MEA)地域の売上は、前年から、それぞれ、7%増加していた。

・2017年後半における、ITサービスの売上において、アジア/パシフィック(日本を除く)(APeJ)地域の売上は、前年から、3.9%増加していた。

・2017年後半における、ITサービスの売上において、中国とインドの売上は、前年から、10%増加していた。

表1)2017年後半における、世界の地域ごとの、ITサービスの売上と、年間増加率(%)

                  2017年後半     年間
世界の地域           売上      成長率

北米                   2583億ドル        3.9%
アジア/パシフィック      85億ドル         6.2%
EMEA                  1585億ドル         2.0%

合計                        5021億ドル         3.6%

 ソース:IDC Worldwide Semiannual Services Tracker、2017年後半 

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 2日 (土)

ARMが、5Gセルラー通信サービスをサポートした、3種類の新たなプロセッサを紹介した。 '18.06.02

【ARMが、5Gセルラー通信サービスをサポートした、3種類の新たなプロセッサを紹介した。】 '18.06.02
Eweek5
 ARMは、新たに、3種類のチップ、Cortex-A76 CPU、Mali-G76 GPU、および、Mali-V76ビデオ処理ユニットを紹介した。 2018年5月31日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 これら3種類のチップは、ハイエンドのモバイル・デバイスや、ラップトップPCを、ターゲットにしている。

 これら3種類のチップは、2018年末に、提供が開始される、5Gセルラー通信サービスをサポートした、モバイル・デバイスに搭載される。

 ITベンダは、常に、ヒット商品としての、次世代スマートフォンの提供を模索している。

 2018年後半に提供が開始される、次世代スマートフォンは、5Gセルラー通信サービスをサポートする。

 5Gセルラー通信サービスの標準仕様に最適化された、ARMの新たな、3種類のチップの登場で、このトレンドは、促されるだろう。

 半導体メーカのQualcommと、プロセッサ設計会社のARMは、2019年に販売が開始される、5Gセルラー通信サービスをサポートした、スマートフォン用のチップの供給で、協調していく。

 ARMは、5Gセルラー通信サービスをサポートした、これらのチップを設計し、知的所有権(IP)として、ライセンスしている。

 これに対し、Qualcommは、ARMから、IPのライセンスを取得し、5Gセルラー通信サービスをサポートした、スマートフォン用の、3種類のチップ、Cortex-A76 CPU、Mali-G76 GPU、および、Mali-V76ビデオ処理ユニット(VPU)チップを製造する。

 Verizonは、5Gセルラー通信サービスの提供を、2018年後半に、開始する予定である。

 また、AT&Tは、5Gセルラー通信サービスの提供を、2018年後半に、米国の12都市で開始する予定である。

 T-Mobile、Sprint、および、Korea Telecomは、2019年初めに、5Gセルラー通信サービスの提供を開始する予定である。

 このため、新たなスマートフォンは、5Gセルラー通信サービスの、すべての機能を利用できるようにする、必要がある。

 2018年5月31日に、ARMは、5Gセルラー通信サービスをサポートする、スマートフォン向けに設計された、3種類のチップ、Cortex-A76 CPU、Mali-G76 GPU、および、Mali-V76ビデオ処理ユニット(VPU)を紹介した。

 世界のスマートフォン用のチップ分野で、35%のシェアを占めている、チップ・メーカ、Qualcommは、最初に、ARMが設計した、5Gセルラー通信サービスをサポートする、スマートフォン向けの、3種類のチップを製造する。

 これら3種類のチップは、ハイエンドのモバイル・デバイスやラップトップPCをターゲットに提供される。

 ARMのCortex-A76 CPUは、ユーザの生産性を向上させるために、スマートフォンの性能を35%向上させる、新たなマイクロ・アーキテクチャを採用している。

 ARMによると、Cortex-A76 CPUが、スマートフォンに、ラップトップPCの性能をもたらすという。

 新たなCortex-A76プロセッサは、スマートフォンの性能を、Cortex-A75プロセッサよりも、35%向上させ、さらに、消費電力を低減させ、バッテリーの寿命を、Cortex-A75プロセッサよりも、40%向上させることが、期待されている。

 このCortex-A76プロセッサは、ラップトップPCの性能を、さらに向上させる可能性を持っている。

 ARMのMali-V76 VPUは、UHD 8Kの参照経験を、より多くのモバイル・デバイスに渡り、体験可能にする。

 この5年間に、ARMは、消費電力を抑えながら、スマートフォンの、CPUの性能を、20%向上させてきた。

 Mali-V76 VPUは、スマートフォンで、60フレーム/秒で、8Kビデオをデコード、あるいは、60フレーム/秒で、4つの4Kストリームをサポートできるようにする。

 Mali-V76 VPUの性能は、新たなスマートフォンにおける、ストリーミング・ビデオの需要を処理するのに十分である。

 Mali-V76 VPUの性能は、高解像度の仮想現実と拡張現実アプリの需要に対応できるだろう。

 新たなスマートフォンの、ユーザは、5Gセルラー通信サービスを利用できる場所では、公共のWi-Fiに、ログオンする必要がなくなる。

 ユーザは、5Gセルラー通信サービスをサポートした、スマートフォンで、より高速にブラウザを使用したり、より高速に、アプリやコンテンツをダウンロードしたり、より高品質のビデオ電話やビデオ会議を利用したり、360度のビデオ・ストリーミングを視聴したり、快適に、クラウドをアクセスしたり、対戦型のゲームをしたり、できるようになる。

 5Gセルラー通信サービスをサポートした、スマートフォンで、ユーザは、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)を、より低コストで、かつ、低遅延で、体験できるようになる。

 高速で、大容量の、モバイル・ブロードバンド(5G)で、スマートフォンは、無制限のデータに対する、消費者の飽くなき需要をサポートできるようになる。

 この5Gセルラー通信サービスをサポートした、スマートフォン製品は、2019年までに、提供されることはないが、性能に対する、消費者の、ニーズに対応できるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Android Oreoを搭載した、LG G7 ThinQスマートフォンが、6月1日に販売開始される。 '18.06.02

【Android Oreoを搭載した、LG G7 ThinQスマートフォンが、6月1日に販売開始される。】 '18.06.02

 Android Oreoを搭載した、LG G7 ThinQスマートフォンが、2018年6月1日に販売開始される。 2018年5月30日
Eweek2
 By eWEEK Staff、eWEEK

 T-MobileとVerizonが、LG G7 ThinQスマートフォンの予約注文を開始した。

 LG G7 ThinQスマートフォンが、3社のセルラー通信ネットワーク・キャリア、Verizon、Sprint、および、T-Mobileから販売される。

 LG G7 ThinQスマートフォンを、Sprintは、594ドルで、VerizonとT-Mobileは、750ドルで、さまざまな通信サービスの支払プランと共に提供する。

Eweek2_2
 LG G7 ThinQスマートフォンの仕様を以下に示す。

・6.1インチのQuad HD+ FullVisionディスプレイを装備

・Qualcomm Snapdragon SDM845プロセッサを搭載

・4GBメモリ

・64GBのオンボード・ストレージ

・最大2TBの拡張ストレージ・カードをサポートしている、microSDスロット

・セキュリティ用の指紋センサー

・LTE無線通信ネットワークをサポート

・Android 8.0 Oreoオペレーティング・システムを搭載

・背面の16メガピクセルのデュアル・レンズ・カメラ(標準レンズと、超広角レンズ)

・8メガピクセルの前面カメラ

 LG G7 ThinQスマートフォンの主な特徴

・明るく、見やすい、ディスプレイ画面

・さまざまな効果を画像や映像に持たせることのできる、AI CAM技術を搭載

・薄暗い場所でも撮影できる高感度カメラ

・広角度レンズのカメラ

・高音質のBoomboxスピーカを装備

・遠くの声を拾える、マイクを装備

・音声対応デジタル・アシスタント、Google Assistantを搭載

 「LG G7 ThinQスマートフォンの製品紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

IDCによると、ノートPCと、デタッチャブル型タブレットの出荷台数が、増加しているという。 '18.06.02

【IDCによると、ノートPCと、デタッチャブル型タブレットの出荷台数が、増加しているという。】 '18.06.02

 IDCによると、デスクトップPCとワークステーションの出荷台数は、緩やかに、減少しているが、ノートPCと、デタッチャブル型タブレットの出荷台数は、増加しているという。 2018年5月31日

 「IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Tracker」レポートによると、2018年に、パーソナル・コンピューティング・デバイス(PCD)の、世界の出荷台数は、前年から、3.5%減少するという。

 IDCは、「パーソナル・コンピューティング・デバイス(PCD)」を、次のように分類している。

・PC:従来のPC(デスクトップPC、ワークステーション)+ノートブックPC+コンバーティブル型タブレット(折り畳み式キーボードを持つ、タブレット)

・タブレット:スレート型タブレット+デタッチャブル型タブレット(取り外し可能なキーボードを持つ、タブレット)

 スレート型のタブレットの出荷台数は、2014年に、ピークを迎えて以来、5年間に、年間平均増加率(CAGR)、-6.2%で、減少している。

 デスクトップPCは、5年間に、年間平均増加率(CAGR)、-2.6%で、減少することが、予測される。

表1)2018年と2022年における、世界のパーソナル・コンピューティング・デバイス(PCD)の製品カテゴリ別の出荷台数、シェア、年間増加率の予測

  (単位:100万台)

              2018年   2018年   2022年   2022年   年間
             出荷台数  シェア  出荷台数   シェア   増加率

従来のPC       95.4       23.4%          86.6         22.4%        -2.4%

ノートPC                160.9       39.4%        161.7         41.9%          0.0%

(PCの合計)           256.3       62.8%        248.4         64.3%        -0.9%

デタッチャブル型      23.9         5.9%          35.0          9.1%          9.8%
タブレット

(PCの総合計)        280.2       68.6%        283.4        73.4%          0.1%

スレート型              128.0       31.4%         102.9        26.6%        -6.2%
タブレット

(タブレットの合計)   152.0       37.2%         137.9        35.7%        -3.4%

(総合計)                408.3     100.0%         386.2       100.0%        -1.8%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Tracker、2018年5月31日

・従来のPCには、デスクトップPCとワークステーションの出荷台数が含まれる。

・(PCの合計)には、従来のPCと、ノートPCの出荷台数が含まれる。

・(PCの総合計)には、従来のPC、ノートPC、デタッチャブル型タブレットの出荷台数が含まれる。

・(タブレットの合計)は、スレート型タブレットと、デタッチャブル型タブレットの出荷台数が含まれる。

グラフ1)2018年から2022年における、世界のノートPCとデタッチャブル型タブレットの出荷台数(単位:100万台)と年間増加率の予測

Idc1
 IDCは、デタッチャブル・タブレットと、ノートブックPC(コンバーティブルNB、ウルトラスリムNB、従来のNB)に分類している。

 ソース:IDC 2018年

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年6月 1日 (金)

IDCによると、2018年1Qも、サーバの売上が、増加を続けているという。 '18.06.01

【IDCによると、2018年1Qも、サーバの売上が、増加を続けているという。】 '18.06.01

 IDCによると、2018年1Qも、最大手のクラウド・サービス・プロバイダや、AIや分析といった、近年のワークロードが、高性能なサーバの需要を促しているという。 2018年5月31日

Eweek4_2
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 IDCによると、2018年1Qも、世界のサーバの売上は、最大手のクラウド・サービス・プロバイダや、AIや分析といった、近年のワークロードからの需要が、サーバの売上の増加を促しているという。

 DellやHPといった、既存の大手のITベンダは、最大手のクラウド・サービス・プロバイダからの、高性能で、低消費電力のサーバの需要に対応している。

 IDCによると、2018年1Qも、データセンター向けの、サーバの需要が増加を続けており、サーバの売上、出荷台数、平均販売価格が、増加したという。

 世界のサーバの売上は、この3四半期を通して、2桁の増加を続けている。

 世界のサーバの売上の2桁の増加は、Google、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft、Facebook、および、Alibabaといった、最大手のクラウド・サービス・プロバイダや、超大規模なデータセンターを所有する、ITベンダからの、高性能で、低消費電力なサーバの需要により、促されている。

 これらの最大手のITベンダは、自分たちのデータセンターのサーバ・システムを、エンハンスし、運用、維持管理し、クラウド・サービスの顧客をサポートする、資金や能力を持っている。

 ODMは、2018年1Qに、世界のサーバの売上において、24.4%のシェアを占めており、前年同期から、売上が、57.1%増加している。

 Lenovoは、2018年1Qに、世界のサーバの出荷台数で、3番目に大きなメーカになった。

 2018年1Qに、Inspurは、サーバの出荷台数を、77.5%増加させ、Supermicroは、サーバの出荷台数を、32.9%増加させた、

 2018年1Qに、サーバの売上のトップ5ベンダは、堅実に、売上を増加させている。

 2018年1Qに、DellとHPEは、サーバの売上で、それぞれ、19.1%、および、18.6%のシェアを占めており、で、サーバの売上で、統計的タイの1位を維持している。

 2018年1Qに、Lenovo、IBM、および、Cisco Systemsは、サーバの売上で、それぞれ、5.8%、5.3%、および、5.2%のシェアを占めており、サーバの売上で、統計的タイの3位であった。

 2018年1Qに、Dellは、サーバの売上が、50.6%増加し、HPEは、サーバの売上が、22.6%増加した。

 2018年1Qに、Lenovoは、サーバの売上が、50%増加し、IBMは、32.9%増加し、Ciscoは、18.8%増加した。

 2018年1Qに、Dellは、サーバの出荷台数のシェアが、20.6%で、トップになり、HPE、Inspur、Lenovo、および、Supermicroが続いた。

 2018年1Qに、ODMに対する、出荷台数が、55.8%に増加し、25.6%のシェアを占めた。

 世界のサーバの売上は、2018年1Qに、38.6%増加し、188億ドルになり、出荷台数が、20.7%増加し、270万台になった。

 再大手のクラウド・サービス・プロバイダと、AIや分析といった、近年のワークロードからの、サーバの需要は、サーバの売上の増加に、大きく貢献している。

・データ・ストレージといった、より多くのワークロードを持つ、ソフトウェア定義基盤の方へ、方向転換する企業が、増加している。

 IDCのアナリストによると、新たなプロセッサに対する、需要が増加しているという。

・2017年に出荷された、IntelのSkylake Xeonスケーラブル・プロセッサを特徴にしている、IntelのPurleyを指摘したが、サーバ・チップ・オプションの数は増えている。

 これらには、2018年6月にリリースされる、Advanced Micro Devices(AMD)のx86ベースのEpycプロセッサ、および、Caviumの新しいThunderX2 ARMベースのチップが含まれている。

・IBMは、OpenPower Foundationを通して、同社のPowerアーキテクチャの到達度を拡張している。

・ARMベースのCentriq 2400プロセッサを提供する、Qualcommは、既存のサーバ・プロセッサのビジネスを模索している。

 IDCのアナリストは、さまざまなサーバが、企業間で、リフレッシュ・サイクルにあることで、出荷台数が増え、サーバの平均小売価格(ASP)が増加したことで、サーバの売上が増加している、要因だという。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年1Qに、世界のサーバの売上は、前年同期から、38.6%増加した。 '18.06.01

【2018年1Qに、世界のサーバの売上は、前年同期から、38.6%増加した。】 '18.06.01

 IDC Worldwide Quarterly Server Trackerによると、2018年1Qに、世界のサーバの売上は、前年同期から、38.6%増加し、188億ドルになったという。2018年5月30日

 IDC Worldwide Quarterly Server Trackerによると、2018年1Qに、世界のサーバの出荷台数は、前年同期から、20.7%増加し、270万台になり、売上は、前年同期から、38.6%増加して、188億ドルになったという。

1)2018年1Qにおける、サーバの売上は、主に、以下のことに、促されている。

・企業のサーバのリフレッシュ・サイクル

・クラウド・サービス・プロバイダからの需要

・ソフトウェア定義基盤用のコア・ビルディング・ブロックとしてのサーバの使用の増加

・IntelのPurelyプラットフォームといった、新たなCPUに対する需要の拡大

2)2018年1Qにおける、サーバの規模ごとの、売上を以下に示す。

・ボリューム・サーバの売上は、前年同期から、40.9%増加し、159億ドルになった。

・ミッドレンジ・サーバの売上は、前年同期から、34%増加し、17億ドルになった。

・ハイエンド・サーバの売上は、前年同期から、20.1%増加し、12億ドルになった。

表1)2018年1Qにおける、トップ5ベンダ、世界のサーバ・ベンダの売上、シェア、増加率 (売上の単位:100万ドル)

          2018年1Q  2018年1Q  2017年1Q  2017年1Q   売上の
ベンダ       売上    シェア         売上     シェア      増加率

Dell            $3,594.0       19.1%           $2,386.6        17.6%          50.6%
HPE            $3,508.6       18.6%           $2,861.7        21.1%           22.6%
Lenovo        $1,088.9         5.8%             $726.0          5.3%           50.0%
IBM              $989.0          5.3%             $744.0          5.5%           32.9%
Cisco            $980.1          5.2%             $824.7          6.1%          18.8%
ODM直接    $4,594.5        24.4%            $2,923.8        21.5%          57.1%
その他        $3,174.2        21.6%            $3,112.1        22.9%          30.7%

合計         $18,823.7       100.0%          $13,578.8       100.0%          38.6%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker、2018年5月30日

グラフ1)2018年1Qにおける、世界トップ5サーバ・ベンダの売上市場シェア

Idc3

 ソース:IDC 2018年

表2)2018年1Qにおける、トップ5ベンダ、世界のサーバ・ベンダの出荷台数、シェア、増加率 (出荷台数の単位:1000台)

            2018年1Q   2018年1Q  2017年1Q  2017年1Q  出荷台数
ベンダ       出荷台数   シェア      出荷台数     シェア       増加率

Dell                555.8           20.6%            467.5            20.9%            18.9%
HPE               430.9           16.0%            460.4            20.6%            -6.4%
Inspur            175.0             6.5%              98.6             4.4%             77.5%
Lenovo           160.7             6.0%            146.2             6.5%              9.9%
Super Micro    156.2             5.8%            117.5             5.3%             32.9%
ODM直截        691.1           25.6%            443.6           19.9%             55.8%
その他           526.8            19.5%            500.5           22.4%               5.3%

合計             2,696.5          100.0%         2,234.4         100.0%             20.7%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Server Tracker、2018年5月30日

 2018年1Qに、サーバの売上が、最も速く、増加したのは、地域的には、アジア/パシフィック(日本を除く)であった。

・アジア/パシフィック(日本を除く)は、サーバの売上が、前年同期から、51.7%増加した。

・ラテンアメリカは、サーバの売上が、前年同期から、41.1%増加した。

・米国は、サーバの売上が、前年同期から、40.6%増加した。

・ヨーロッパ、中東&アフリカ(EMEA)は、サーバの売上が、前年同期から、35.0%増加した。

・カナダは、サーバの売上が、前年同期から、28.3%増加した。

・日本は、サーバの売上が、前年同期から、2.9%増加した。

・中国は、サーバの売上が、前年同期から、67.4%増加した。

 2018年1Qに、x86サーバの売上は、前年同期から、41.0%増加し、174億ドルに達した。

 2018年1Qに、非x86サーバの売上は、前年同期から、15.5%増加し、14億ドルに達した。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年の6つデジタル・マーケティング・トレンドとその適用方法(2) '18.06.01

【2018年の6つデジタル・マーケティング・トレンドとその適用方法(2)】 '18.06.01

 2018年の6つのデジタル・マーケティング・トレンドとその適用方法 2018年1月30日

Mt1_2
 By Michael Tasner、forbes

 広報、メディア戦略、創造的広告会社、広告代理店を成功させるための、幹部向けの招待制コミュニティ、Forbes Agency Councilが、「2018年の6つのデジタル・マーケティング・トレンドとその適用方法」を提示する。

    (続き)

4.レビュー

 検索の結果として、Webサイトを訪問した、顧客を参照するために使用される、検索エンジンの最適化(SEO)から、もたらされる「オーガニック・トラフィック」は、引き続き、多くの企業にとって最適な、Webトラフィックの源の1つになるだろう。

 検索エンジンのランク付けには、多くの要素があるが、レビューの数は、重要な要素である。

 Googleは、ユーザのGoogleレビュー、Facebookレビュー、Yelpレビューなどを調べているようだ。

 Googleが、検索エンジンのランク付けで、「星1つ」の評価を持つビジネスに、優先順位を付けたいと思っているのは、なぜだろう?

 ユーザのレビューは、検索エンジンのランク付けにとって、重要であり、他のユーザの参考になっている。

 調査によると、50歳未満の成人の半数は、新しい商品を購入する前に、定期的に、オンラインの「レビュー」をチェックしているという。

 肯定的なレビューの数が多いことが、ユーザが、購入する商品を決定するのを、促しているように見える。

 ただし、肯定的なレビューを投稿する、ユーザに、インセンティブを与えないように、注意しよう(これは許可されていない行為である)。

5.ビデオ

 Facebookのライブ・ビデオと、WebTVを見る、ユーザは、増えているだろう。

 多くの調査において、消費者は、テキストよりも、ビデオを好む、傾向のあることが判明したと言う。

 ビデオは、ユーザに、より説得力のあるストーリーを、視覚的に伝え、ユーザが、購入する商品を決定する上で、参考にしており、売上に貢献しがちである。

 調査によると、例えば、リンク先ページや販売ページの動画は、コンバージョンを80%も増加させるという。

 月に、4本のビデオを制作し、投稿することから、始めてみよう。

 Facebook Live、YouTubeビデオ、あるいは、自社のWebサイト用のビデオの、どれでも、問題ない。

 プロモーション・ビデオなど、見込み顧客や顧客が、購入する商品やサービスを決定する上で役に立つ、高品質のビデオ・コンテンツを制作できるようにしよう。

6.ブランディングとダイレクト・レスポンス

 Forbes Agency Councilの顧客である、Educators Credit Unionは、メンバーに価値をもたらし、地域社会にブランドをもたらし、プレゼンスを確立するために、さまざまなイベントを、年中開催している。

 例えば、年に数回、Educators Credit Unionは、「シュレッド・デー」を開催し、メンバーが、無料で紙を細断できるようにしている。

 Educators Credit Unionは、地域社会をベースに、メンバーの、楽しい1日を支援することに取り組んでいる。

 Educators Credit Unionは、行動への呼びかけではなく、自分たちの名前(ブランド)を、地域社会に残し、話を伝え続けている。

 消費者の行動を促す言葉に、注意を集中させることなく、まず、消費者に、価値を提供し、話を伝え、可能な限り光を当てて、ビジネスを描写していることを確認しよう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2018年の6つデジタル・マーケティング・トレンドとその適用方法(1) '18.06.01

【2018年の6つデジタル・マーケティング・トレンドとその適用方法(1)】 '18.06.01

 2018年の6つのデジタル・マーケティング・トレンドとその適用方法 2018年1月30日

Mt1
 By Michael Tasner、forbes

 広報、メディア戦略、創造的広告会社、広告代理店を成功させるための、幹部向けの招待制コミュニティ、Forbes Agency Councilが、「2018年の6つのデジタル・マーケティング・トレンドとその適用方法」を提示する。

1.モバイル化

 スマートフォンが、普及し、消費者は、何時でも、何処でも、インターネットで、情報を利用できるようになったので、モバイルは、この数年間、マーケッターの最優先事項事項になっている。

 見込み顧客や顧客と関わるために、モバイル戦略を採用し、実施する。

・モバイル・ユーザ向けのWebサイトを作成、あるいは、利用する。

・顧客の要求、関心、好みなどに合った、カスタマイズされた情報を持つ、メッセージを送る。

 1ヶ月に、2つのメッセージを送信することから始め、顧客の反応を見ると、よいだろう。

2.メディア・プロパティ

 ビジネスの分野に関わらず、メディア会社として、ビジネスについて考えると、よいだろう。

 顧客と会話する時に、顧客が、関心を持っているような、ニュースや話題を提供するために、適切な情報を仕入れておくことで、顧客との会話において、役に立つこともあるだろろう。

3.チャット・ボット

 チャット・ボットは、顧客エンゲージメント、顧客サービス、一般的な質問に対する回答などに使用される。

 筆者は、過去6ヶ月間に、チャット・ボットをテストしてきたが、結果は、並外れていた。

 顧客は、実際の人間と会話しているのか、ボットと会話しているのか、知ることは、難しいだろう。

・顧客や見込み顧客と会話するために、WebサイトやFacebookチャット・ボットを開始する。

 顧客は、チャットを通して、知りたい情報を得ようとするだろう。

 顧客は、商品の仕様や価格を確認したり、他の商品と比較したり、評判や評価を確認したり、使い方や修理の仕方を調べたりするために、チャットを開始するだろう。

 チャット・ボット・ツールを使用して、1000のメッセージを、顧客に送信すると、少なくとも、800人の顧客が、送られてきたメッセージを見る可能性が高くなる。

 チャット・ボットは、メールよりも、顧客にメッセージを送るための、手段として、効率が良い。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

« 2018年5月 | トップページ | 2018年7月 »

ウェブページ

広告2