« 2017年10月29日 - 2017年11月4日 | トップページ | 2017年11月12日 - 2017年11月18日 »

2017年11月5日 - 2017年11月11日

2017年11月11日 (土)

Forresterは、2018年に、GDPR、AI、および、採用が、ITベンダの挑戦になると予測している。 '17.11.11

【Forresterは、2018年に、GDPR、AI、および、採用が、ITベンダの挑戦になると予測している。】 '17.11.11

 Forresterは、2018年に、一般データ保護規則(GDPR)、AI、および、採用が、ITベンダの挑戦になると予測している。 2017年11月10日

Eweek31
 By Dennis McCafferty、eWEEK

 Forresterからの、最近の「予測」レポートは、大企業の多くが、最新の情報技術を活用することに、失敗することを示している。

 この「2018年の予測:1年間の見積り」レポートは、多くの企業が、自分たちのオンライン・システムで、品質を低下させている、顧客経験の品質の改善に対処しなければならないことを示している。

 結果として、多くのCEOは、デジタル変革の取り組みの目標を達成することに、失敗するだろう。

 優秀なITのスキルや才能を持つ人材を雇用することに、苦労している、企業は、自分たちの競合会社に遅れを取るだろう。

 多くの企業は、欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)に、完全に準拠できないだろう。

 Forresterの予測レポートは、AI、サイバー・セキュリティ、および、他のITトレンドの実現における、洞察も提供する。

1.多くの企業は、顧客経験の質を改善する必要があるだろう。

Eweek32
 Forresterは、企業の30%が、顧客経験の質の低下を見るだろう。

 顧客経験の質が低下するのは、多くの役員が、市場の混乱に関する証拠や、自分たちのシステムを更新する、必要性を無視するからだろう。

2.多くのCEOは、デジタル変革の実施に遅れるだろう。

Eweek33
 Forresterによると、CEOの20%が、デジタル変革の実施に失敗すると見ている。

 また、Forresterの調査では、CEOの3/5が、現在、自分たちが、デジタル変革に、遅れを取っていると感じていると回答していた。

3.IT技術者の採用は、より高価になるだろう。

Eweek34
 IT技術者を引き付けることに、苦労している、企業は、デジタルなスキルを持つ、専門家を雇用するために、支出を、最大20%増やす見込みである。

 IT技術者への支出の多くは、IT技術者の雇用を容易にする、デジタルなインキュベーション・センターを設立する必要性を促している。

4.知的なエージェントは、顧客の購入の決定に、影響を与えるだろう。

Eweek35
 知的なエージェントは、直接、顧客の購入の決定の、10%に、影響を与えるだろう。

 知的なエージェントは、消費者の好み、行動、トランザクション、および、感情に関する、データを収集するだろう。

5.小売業者の、2/3は、知的なエージェントを使用するための、準備ができていないだろう。

Eweek36
 小売業者の、67%は、知的なエージェントを活用するための、準備ができていないだろう。

 準備された、これらの小売業者は、よりダイナミックなオンラインや、店舗における、購買経験を作成するために、これらの知的なエージェントを使用するだろう。

6.欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)に準拠する、企業は、あまりないだろう。

Eweek37
 欧州連合(EU)の一般データ保護規則(GDPR)は、2018年5月25日に、発行される。

 企業の80%は、EUの一般データ保護規則(GDPR)に、完全には、準拠しないだろう。

 これらの企業の半分は、コストとリスクを測定し、コストをかける価値がないと判断した後、意図的に、EUのGDPRに、完全には、準拠しないだろう。

7.銀行の半分は、オープン・バンキングを活用することに、失敗するだろう。

Eweek38
 銀行の半分は、顧客の口座利用の明細を持つ、オープン・バンキングを活用することに、失敗するだろう。

 しかし、AmazonやGoogleのような、ITベンダは、銀行の適合性に、大きな競争をもたらすだろう。

8.企業の75%が、AIプロジェクトに、近視眼的なアプローチを取るだろう。

Eweek39
 Forresterは、初期のAIプロジェクトの75%が、運用上の見落としのため、2018年に、期待を下回ると見ている。

 多くの投資は、使用事例と、ビジネスの価値を示す、プロジェクトを作成することに、焦点を合わせている。

9.概念の証明は、Blockchainの実装に対する、基礎を作成するだろう。

Eweek310
 概念の証明の、1/3は、Blockchainの実装に対する、基礎を作成するだろう。

 これらの概念の証明は、Blockchain(分散的に、データを管理する仕組み)に対する、サイバー・セキュリティの脅威を、効果的に防御しながら、戦略を促すことができるようになる。

10.セキュリティへの投資は、保護と利益をもたらすだろう。

Eweek311
 Forrestによると、企業の10%が、セキュリティへの投資から、ビジネスの利益を得る見込みだという。

 セキュリティ・チームは、誰が、何にアクセスしているかを把握する必要があり、マーケティング部門は、この情報を分析して、顧客との対話を改善する必要があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Googleは、企業に、クラウド基盤へのプライベートなリンクを直接提供する。 '17.11.11

【Googleは、企業に、クラウド基盤へのプライベートなリンクを直接提供する。】 '17.11.11

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 新しいDedicated Interconnect(専用相互接続)オプションで、企業は、内部ネットワークを、物理的に、Googleのクラウド基盤に接続できるようになる。 2017年11月1日

Eweek2
 Googleは、2017年11月1日に、同社のクラウド基盤への、高速で、プライベートな接続を望む、企業向けの、Dedicated Interconnect(専用相互接続)オプションの、一般提供を発表した。

 今週、米国、ヨーロッパ、および、オーストラリアの企業は、プライベートな基盤と、Googleのクラウド基盤にまたがる、ワークロードを、効果的に実行するための、Dedicated Interconnect(専用相互接続)オプションを使用できるようになる。

 Googleは、同社のクラウド・サービスの特定の構成を使用する、企業に対し、99.9%と99.99%の、クラウド・サービスのアップタイムを保証している。

 Googleは、2017年9月に、Dedicated Interconnect(専用相互接続)オプションを発表し、制限された形態で、テストを開始していた。

 Googleによると、Dedicated Interconnect(専用相互接続)オプションは、企業が、Googleのネットワークに直接接続できるようにするという。

 各回線は、特定の企業のトラフィックにのみ、予約されているため、Googleの他のクラウドの顧客からのトラフィックと競合することはない。

 Googleは、社内ネットワークとクラウド・ネットワークの間で、多くのデータを移動する、企業にとって、このDedicated Interconnect(専用相互接続)オプションを、理想的なものにしている。

 Googleによると、このような企業は、専用のリンクで、コストを削減しながら、高い帯域幅と信頼性を提供することができるという。

 他のクラウド・プロバイダも、同様のDedicated Interconnect(専用相互接続)オプションを提供している。

 例えば、Amazon ServiceのDirect Connectは、企業が、自分たちのデータセンターと、AWSのクラウド基盤間に、プライベートな接続性を確立できるようにしている。

 Microsoftも、Azure Express Routeオプション経由で、同様のDedicated Interconnect(専用相互接続)オプションを提供している。

 Googleは、企業が、Googleのクラウド基盤と、自分たちのネットワークを、物理的に接続するために使用できる、50ヶ所近い、コロケーション施設を、世界各地に構築している。

 このため、ダイレクト相互接続を使用する、企業や他の組織は、これらのコロケーション施設に、独自のルーティング装置を設置する必要がある。

 各ダイレクト相互接続は、最大8つの、10 Gbpsのイーサネット接続、または、相互接続当り、合計で、80 Gbpsの帯域幅をサポートする。

 Googleのネットワークに接続する回線は、暗号化されていないため、セキュリティを強化したい企業は、アプリ・レベルの暗号化を使用するか、独自の仮想プライベート・ネットワーク(VPN)を使用して、Googleクラウドに接続する必要がある。

 Dedicated Interconnect(専用相互接続)オプションは、少なくとも、10Gbpsのバンド幅スピードを必要とする、企業向けに、提供される。

 ネットワークの容量を必要としないが、Googleクラウド・ネットワークへの、より安全な接続を望む、企業には、99.9%のサービスのアベーラビリティの保証を備えた、IPSec VPNサービスの利用が、推奨されている。

 また、Googleは、より速い接続を、ネットワークに必要とする、企業に対し、ダイレクト・ピアリングと、キャリヤ・ピアリング・オプションも提供する。

 GoogleのDedicated Interconnect(専用相互接続)は、Googleのグローバルなクラウド基盤全体のサブネットを、世界中のオンプレミス・ネットワークにアクセスできるようにする機能をサポートしている。

 Googleは、データセンターとコロケーションのプロバイダ、Equinixと提携して、世界各地のクラウド・サービスの顧客が、Dedicated Interconnect(専用相互接続)オプションを利用できるようにしている。

 Googleとの提携により、Equinixは、企業が、物理的に、自分たちのエンタープライズ・ネットワークを、Googleのクラウド・ネットワークへ、安全に接続するための、基盤やサービスを提供していく。

 Dedicated Interconnect(専用相互接続)サービスの料金は、1つの10Gbpsリンクに対し、1ヶ月当り、1700ドルからである。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Waymoが、無人運転のタクシー・サービスを開始する意向を示した。 '17.11.11

【Waymoが、無人運転のタクシー・サービスを開始する意向を示した。】 '17.11.11

 Waymoが、米国のアリゾナ州で、無人運転のタクシー・サービスを開始する意向を表明した。2017年11月9日
Dis1 by disruptive

 AlphabetのWaymoは、無人運転のタクシー・サービスを開始するために、アリゾナ州の公道で、完全自動運転車の走行テストを実施した。

 運転座席に、人がいないという、完全自動運転車の走行テストは、米国では初めてである。

 自動運転車のメーカは、公道で、走行テストを実施しているが、万が一の自体が発生した場合、運転を引き継ぐために、運転席に、人間を常駐させている。

 Waymoは、Fiat Chrysler Pacificaミニバンを使用して、アリゾナ州のフェニックス地区で、数ヶ月後に、無人運転のタクシー・サービスの運用を開始する予定である。

 Waymoは、まだ雪や大雨の中での、自動運転車の性能改善に取り組んでいる。

 アリゾナ州での、無人運転のタクシー・サービスの試験運用において、最初に、Waymoは、同社の従業員を、後部座席に、同乗させるが、最終的には、乗客だけを載せて移動するようだ。

 乗客は、不測の事態が発生したら、緊急ボタンを押すことで、車を、安全に停止させることができる。

 この無人運転のタクシー・サービスは、初めは無料であるが、Waymoは、ある時点で、乗車料金を請求することを予定している。

 アリゾナ州は、カリフォルニア州や他の州とは異なり、自動運転車に、制限を課していない。

 Waymoは、8年以上、さまざまなテストを実施している、自動運転車技術のパイオニアであり、既に、米国の6州の公道で、自動運転車の走行テストを実施している。

 先週、米国の自動車販売代理店のAutoNationは、Waymoの自動運転車向けに、車両の保守と修理のサービスを提供することで、Waymoと、数年間に渡る、契約を結んだと発表した。

 Cruise Automationを買収した、General Motorsは、近い将来、ロボット・タクシー・サービスの、試験運用を開始する意向を表明している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月10日 (金)

Sageの調査は、AIの影響に、現実的なチェックを提供する。 '17.11.10

【Sageの調査は、AIの影響に、現実的なチェックを提供する。】 '17.11.10

 Sageの調査は、人工知能(AI)の影響に、現実的なチェックを提供する。2017年11月07日

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 Sageの調査は、人工知能(AI)の影響に、現実的なチェックを提供する。

 技術産業は、主な生産性を提供し、世界の経済に渡り、利益を与えることが期待され、AIに、大きな賭けをしている。

 今日、紹介されている、新たな技術的な製品は、AIと、同じ方法で、強化されたように見える。

 産業のプロセス制御、モノのインターネット(IoT)、自動運転車、ビジネス・ソフトウェア、および、スマート・ホーム製品は、すべて、AIアプリの、いくつかのタイプに、統合されている。

 Sage Groupの、新たな調査は、消費者や企業の従業員が、自分たちの暮らしや、仕事に、AIを、どのように、適応しているかを、検証している。

 この調査レポートは、何人かの、人たちが、一般的に、AIを、暮らしや、仕事に、適応することに、エキサイトしているが、多くの人たちが、家庭やオフィスにおいて、AIの意義を認識していないことを見つけた。

1.AIに関して、人々を教育する時である。

Eweek32
 何が、AIで、何が、AIでないかに関する、さまざまな教育が、必要とされている。

 Sageの調査によると、米国人の43%は、AIが何であるか、まったく分かっていないという。

 Sageは、技術産業は、人々を効率化するために、取り組んでいることを示唆している。

2.殆どの人々は、AIを肯定的に見ている。

Eweek33
 多くの人々は、AIが、何であるか、あまり把握していないが、回答者の80%以上は、一般的に、AIが、自分たちの生活に、肯定的であると信じているという。

 米国の技術の熱狂者の18.1%は、AIが、人類を征服することに、何らかの恐れを感じていると回答していた。

3.米国の女性は、AIにエキサイトしている。

Eweek34
 Sageの調査によると、米国の、特に、若い女性は、特に、AIにエキサイトしているように見えるという。

 事実、AI技術のバックグラウンドを持つ、18才から24才の若い女性の、38%は、近い将来、AI技術が、自分たちの暮らしを改善するだろうと信じている。

 今回の調査では、米国の若い女性が、最も高い割合を示していた。

4.AIのワーカの印象は、産業間で異なっている。

Eweek35
 Sageによると、米国の小売ワーカの18.7%は、AIが、自分たちや、同僚に対し、良い機会を与える。

 しかし、ヘルスケアの専門家の、5人に1人以上は、AIが、自分たちのキャリアに、プラスの効果を持つようになると、信じていると回答している。

5.反復的な作業を減らす。

Eweek36
 Sageによると、AIの、初期の利益の1つは、反復的な作業を、減らすかもしれないという。

 米国の技術者の10人に、4人は、AIが、反復的な作業を減らすと回答した。

 米国の技術者の41%は、AIが、反復作業の必要性を減らすだろうと回答した。

6.音声対応デジタル・アシスタントは、AIを使用する、消費者に、人気がある。

Eweek37
 調査によると、AIを使用する、消費者において、AmazonのAlexa、AppleのSiri、MicrosoftのCortana、GoogleのAssistantといった、音声対応デジタル・アシスタントを通して、AIを利用する人が最も多いという。

 Sageの調査で、米国の消費者の21%は、これらのデジタル・アシスタント・サービスを使用していることが分かった。

7.AIは、個人用になるかも知れない。

Eweek38
 Sageの調査データによると、米国の消費者の59.3%は、自分たちの個人的な作業を処理するために、AIを使用するという考えに、肯定的であると回答した。

 しかし、米国の消費者は、専門的な仕事を処理するために、AIを使用する割合は、53.6%に低下していた。

8.AIの開発において、倫理が、重要な課題になる。

Eweek39
 AIを開発する上で、倫理が、最も重要な課題になる。

 米国の10人に6人は、AIは、技術開発会社や研究者が、AIの開発プロセスにおいて、倫理に焦点を当てる必要があると回答した。

9.AIの開発において、セキュリティが、重要な関心事になる。

Eweek310
 米国において、技術専門家の42.1%が、サイバー・セキュリティが、AIの開発を続ける上で、最も重要な関心事であると述べた。

 米国において、技術産業以外で働く、消費者の43%は、セキュリティが、AIの開発を続ける上で、最も重要な関心事であると述べた。

10.AIの5つの基本的な原則

Eweek311
 Sageの調査は、ビジネス用に、AI技術を開発する上での、基本的な原則を紹介していた。

 Sageは、AI技術を開発する上で、AIの5つの基本的な原則に焦点を合わせるべきであることを示唆している。

・ユーザの多様性を考慮すべきである。

・開発者とユーザは、責任を負うべきである。

・動作を明確に示すべきである。

・企業の競争力を高めるべきである。

・古い技術を置き換えると共に、新たな技術を生成することに、焦点を合わせるべきである。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

SalesforceとGoogleが、グローバルな、戦略的パートナーシップを形成する。 '17.11.10

【SalesforceとGoogleが、グローバルな、戦略的パートナーシップを形成する。】 '17.11.10

 SalesforceとGoogleが、新たなグローバルな、戦略的パートナーシップを組む。 2017年11月06日

 By Ryan Aytay、salesforce

 世界の各企業は、顧客の情報を管理し、顧客と対話することで、顧客のニーズを理解し、問題を解決して、ビジネス機会を特定したいと思っている。

 顧客関係管理(CRM)における、グローバルなリーダとしての、Salesforceの使命は、企業が、顧客と、新たな方法で、つながるのを支援することである。

 この使命を達成するために、Salesforceは、顧客に、よりコラボレーティブな経験を提供する上で、Googleと、新たな戦略的なパートナーシップを組む。

 特に、このパートナーシップは、Salesforceの、販売とマーケティング・ソリューションと、Googleのマーケティング統合スイート、Google Analytics 360、および、Googleの生産性統合スイート、G Suiteを、シームレスに結合する。

Sf0
 Google Analytics 360には、データ管理プラットフォーム(DMP)、テスト&パーソナライズ、データ分析&視覚化、タグ管理、アクセス解析、アトリビューションの、6つのツールが含まれている。
Sf3
 G Suiteには、カレンダ、ドキュメント、シート、スライド、シートといった、生産性アプリや、メールのGmail、ストレージのGoogleドライブなどがある。

 企業は、広告、ホーム・ページ、アプリ、メール、SNSサイト、コールセンター、営業チームを含む、さまざまな、販売とマーケティング・ソリューションを利用して、新たな顧客経験を提供すると共に、顧客を理解する必要がある。

 Salesforceと、Google Analytics 360との統合で、企業は、Salesforce Sales Cloud、Salesforce Marketing Cloud、および、Google Analytics 360に渡る、データを活用して、販売、マーケティング、および、広告を、シームレスに結合できるようになる。

 この統合で、企業は、完全な顧客の分析結果を得られるようになり、顧客の満足度や、忠誠度を、向上させることができるようになる。

Sf1
 企業は、以下のようなデータを使用して、顧客の分析を行い、販売やマーケティングに活用できるようになる。

1)Salesforce Marketing Cloudにおいて、活性化に利用できる、Analytics 360の、顧客やキャンペーンのデータ:

 マーケッタは、Analytics 360に、カスタマイズされた、顧客データを作成し、メールやモバイルといった、ダイレクト・マーケティング・チャンネルにおいて、活性化するために、Marketing Cloudに、顧客データを転送することができるようになる。

2)ターゲティング広告を、より最適化するために、Analytics 360において、利用できる、Sales Cloudの販売データ:

 Sales Cloudの販売データを、Analytics 360へ、統合することにより、マーケッタは、販売サイクルへの、新たな視覚性を得て、より最適化された広告を提供できるようになる。

 この統合で、広告主は、Googleの広告プラットフォームを活用することにより、新たな顧客を見つけることができるようになる。

 両社の統合で、ユーザは、G Suiteと、Salesforce LightningとQuipの間で、シームレスに、強力な顧客インテリジェンスを利用できるようになる。

Sf4
3)Gmail用の、Salesforce Lightning:

 Salesforce LightningとGmailは、深く統合され、顧客が、Gmailにおいて、SalesforceのCRMデータを利用できるようにする。

4)Googleシート用の、Salesforce Lightning:

 Googleシートと、Salesforce Lightningの統合は、顧客が、Salesforce内に、シートを組み込むことができるようにする。

5)GoogleドライブとGoogleカレンダ用の、Quip Live Apps:

 Quip Live Appsと、GoogleドライブやGoogleカレンダの統合で、チームは、Googleドキュメント、スライド、および、シートを含む、Googleドライブ・ファイルのリスト、あるいは、Googleカレンダを、Quipの内部に、組み込むことができるようになる。

 これにより、ユーザは、よりコラボレーティブで、オープンなクラウド環境にある、情報をアクセスできるようになる。

6)GoogleのHangouts Meet用の、Salesforce:

 ユーザは、Hangouts Meetインタフェース内で、Salesforce CRMからの、サービス・ケースの履歴や、適切な顧客やアカウントの詳細を、表示できるようになる。

 これにより、マーケッタは、顧客のサービスの要求を処理するために、エスカレーションしたり、解決したりすることを促すために必要な、洞察を得ることができるようになる。

 さらに、Salesforceの顧客が、これらのソリューションで、生産性の向上を、迅速に実現できるようにするために、Salesforceの顧客は、Googleの生産性ツール、G Suiteを、無償で、最大1年間使用できるようになる。

 この契約の一部として、Googleは、クラウド顧客と関わるための、好ましい、顧客関係管理(CRM)ソリューション・プロバイダとして、Salesforceを指名し、同社の、販売とマーケティングや、CRMソリューションを、使用し続ける。

 また、Salesforceは、好ましい、メールや、生産性ツールのプロバイダとして、Googleを指名し、同社の、GmailやG Suiteを、使用し続ける。

 さらに、Salesforceは、好ましい、パブリック・クラウド・プロバイダとして、Googleを指名した。

 Salesforceは、同社のコンピューティング基盤を拡張する、一部として、コア・サービス用に、Google Cloudプラットフォーム(「サービスとしての基盤(IaaS)」)を使用する計画である。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月 9日 (木)

Googleが、Salesforceの、Cloud CRMと、Google Suite、および、Analytics 360を統合する。 '17.11.09

【Googleが、Salesforceの、Cloud CRMと、Google Suite、および、Analytics 360を統合する。】 '17.11.09

 Googleが、Salesforceの、Cloud CRMプラットフォームと、Google Suite、および、Analytics 360を統合する。 2017年11月07日

Eweek8
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleは、同社のG Suiteオフィス生産性ソフトウェア・ツールと、Google Analytics 360技術を、2社間の契約の拡張下で、SaleforceのコアCRMプラットフォームと統合した。

 GoogleのG Suiteと、SaleforceのCRMプラットフォームの統合は、企業が、Salesforce Sales CloudからのCRMデータと統合して、参照するために、GoogleのGmail、スプレッドシート、ドライブ、および、他のG Suiteを使用できるようにする。

 両社によると、企業は、Google分析を使用している、Salesforceのマーケティングと販売クラウドから得られる、販売、マーケティング、および、広告のデータの分析を実施し、接続できるようになるという。

 この統合の結果として、企業は、カスタマイズされた、参加者のデータや、Analytics 360のキャンペーンを作成できるようになり、Salesforceの、マーケティング・クラウド、または、メールやモバイルといった、ダイレクト・マーケティング・チャンネルで、直接、利用できるようになる。

 企業は、SalesforceのSales Cloudからの、データを取得することができるようになると共に、企業が、より個人や地域にターゲットを絞った、広告キャンペーンを作成するために、Analytics 360において、SalesforceのSales Cloudからの、データを利用できるようになる。

 Googleのグローバルな技術的なパートナーの担当マネージャ、Nan Boden氏は、Salesforce CRMからのマーケティング、サービス、および、販売データを、行動可能な洞察に変えるための機会を、企業に与えることで、計画された統合を説明した。

 G Suiteを、Salesforce CRMと連携させることで、企業が、クラウド・ネーティブなコラボレーション・プラットフォームを利用できるようになる。

 これらの統合は、企業が、Gmail、スプレッドシート、カレンダ、ドライブ、ドキュメント、および、ハングアウト内から、直接、Salesforceの顧客に関する、情報を利用できるようにする。

 GoogleとSalesforce間の、新たなパートナーシップは、Gmailと、Salesforce Lightningアプリの開発フレームワークとの、より深い統合を可能にする。

 この統合は、ユーザが、Gmail内から、Salesforce CRMデータと、対話できるようにし、Gmailから、顧客対話データを、Salesforceに、引き出すことができるようにする。

 この統合は、ユーザが、より容易に、顧客サービスを改善することを支援する、優先順位の高いメールを、より容易に特定できるようにし、メール内のコンテンツに基づき、追跡している行動に対する示唆を受けることができるようにする。

 Salesforce CRMを、G Suiteと統合することで、ユーザは、Salesforceの記録やレポート内から、データを、Googleのスプレッドシートに、直接、転送できるようになる。

 ユーザは、Googleのスプレッドシートから、双方向に、意味のあるデータを更新できるようになり、Salesforceの記録やレポートに、直接、提供できるようになる。

 Salesforceの、Quip Live Appsは、Googleのドライブや、カレンダと統合される。

 結果として、販売チームは、Googleのドキュメント、スライド、スプレッドシート、および、Quip内の、他のGoogleドライブのファイルをリストできるようになる。

 Googleは、G Suiteへの無償アクセスを、最大、1年間、Salesforceの顧客に提供する。

 最大、3か月間、より小さな企業は、無償提供の対象になる。

 プロモーションの提供の一部として、受け取ることのできる無料のG Suiteのアカウントの数は、サインアップする、Salesforceのアカウント数と等しい。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

世界のパブリック・クラウド・サービスの売上が、2017年前半を通して堅調に増加した。 '17.11.09

【世界のパブリック・クラウド・サービスの売上が、2017年前半を通して堅調に増加した。】'17.11.09

 IDCによると、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上が、2017年前半を通して堅調に増加したという。2017年11月06日

Idc1_2
 「IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Tracker」レポートによると、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上は、2017年前半に、2016年前半から、28.6%増加し、632億ドルになったという。

 2017年前半に、世界のすべての地域で、パブリック・クラウド・サービスの売上が、当初の予想よりも、増加した。

 2017年前半に、特に、アジア/パシフィック地域における、パブリック・クラウド・サービスの売上が、38.9%と、地域的に、最も速く増加しており、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上全体の、11.5%を占めていた。

 これは、2017年前半に、前年同期から、55.6%も増加した、中国における、パブリック・クラウド・サービスへの支出により、促されていた。

 2017年前半に、世界のパブリック・クラウド・サービスの、3分野(SaaS、PaaS、および、IaaS)の中で、SaaS分野の売上は、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上全体の、68.7%を占めており、前年同期の売上から、22.9%増加している。

 2017年前半に、最も売上の少ない、PaaS分野は、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上全体の、13.6%を占めていた。

 ただし、2017年前半に、PaaS分野の売上は、前年同期から、50.2%も増加していた。

 IaaS分野は、世界のパブリック・クラウド・サービスの売上全体の、17.8%を占めており、IaaS分野の売上は、前年同期から、38.1%増加していた。

 Amazon Web Services(AWS)は、このIaaS分野を、市場シェアと増加率で、リードしていた。

 さらに、過去3年間、主要なITベンダは、パブリック・クラウドのIaaS分野に焦点を当ていた。

 パブリック・クラウド・サービス市場における、代表的な北米のITベンダには、Microsoft、Google、Oracle、および、IBMがおり、代表的なアジア/パシフィックのITベンダには、Fujitsu、Alibaba、および、Huaweiがいる。

表1)世界のパブリック・クラウド・サービスの売上、シェア、年間増加率

  (売上の単位:100万ドル)

       2017年前半   2017年前半   2016年前半  2016年前半    年間 
分野      売上        シェア        売上         シェア       増加率

IaaS         $11,236           17.8%               $8,138            16.6%            38.1%
PaaS          $8,567           13.6%                $5,702            11.6%            50.2%
SaaS        $43,400           68.7%              $35,310             71.8%            22.9%

合計        $63,260            100.0%             $49,179            100.0%           28.6%

 ソース:IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Tracker、2017年前半

 IDCのWorldwide Semiannual Public Cloud Services Trackerレポートは、世界のパブリック・クラウド・サービス市場の、7以上の分野における、市場の規模と、ベンダのシェアを提供する。

 この「IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Tracker」レポートは、SaaS、PaaS、および、IaaSの契約の売上を含む、パブリック・クラウド・サービスの売上である。

 このレポートは、世界の49ヶ国の全体に渡る、500社以上のクラウド・サービス・プロバイダを公開する。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

IDCは、世界のデジタル変革の予測を明らかにする。 '17.11.09

【IDCは、世界のデジタル変革の予測を明らかにする。】 '17.11.09

 IDCは、世界のデジタル変革の予測を明らかにした、「IDC FutureScape: Worldwide Digital Transformation 2018 Predictions (Doc #US43154617)」レポートを発行した。2017年11月01日
Idc1
 世界のデジタル変革(DX)への支出は、2017年から、42%増加し、2019年末には、1兆7000万ドルに達する見込みである。

 IDCは、世界の、あらゆる地域と産業に渡る、デジタル変革(DX)の勢いや、影響を追跡している。

 IDCによると、企業の59%は、デジタル変革(DX)の成熟の、第2、あるいは、第3の段階にあるという。

 2018 DXレポートの予測は、IDCのデジタル変革(DX)の成熟モデルの5本の柱(リーダーシップ、オムニ経験、情報、運用モデル、および、人材)に対して、編成されている。

 さらに、この2018 DXレポートは、2018年から2020年までに、デジタル変革(DX)に、6兆3000万ドル投資されると予想している。

 IDCの「IDC FutureScape: Worldwide Digital Transformation 2018 Predictions」レポートで解説されている、予測を以下に示す。

・予測1 : 2019年末に、デジタル変革(DX)への投資は、2027年から42%増加して、世界で、1兆7000億ドルに達する見込みである。

・予測2 : 2019年に、デジタル変革した企業は、「Future of Commerce」のビジネス・モデルからの売上の、少なくとも、45%を産む見込みである。

・予測3 : 2020年までに、投資家は、企業の評価の75%を超える、プラットフォームへの参加、データの価値、顧客エンゲージメント会計に基づく、測定を実施して、デジタル・ビジネスを、異なった方法で見るだろう。

・予測4 : 2018年の末までに、企業の、少なくとも40%は、フル・スタッフの、デジタル変革(DX)のリーダーシップ・チームと、1人のデジタル変革の(DX)上級リーダーを抱え、企業全体の、デジタル変革(DX)イニシアチブを加速させるだろう。

・予測5 : 2019年までに、デジタル・アシスタントやボットは、トランザクションの、1%しか、処理しないが、売上の10%に影響を与え、デジタル・アシスタントやボットの活用方法を習得した企業の、成長を促すだろう。

・予測6 : 2020年までに、グローバル2000企業の半分以上は、情報ベースの製品やサービスで、製品/サービスのポートフォリオのバランスの成長率を倍増させるだろう。

・予測7 : 2020年までに、データ集約的な、デジタル変革(DX)プロジェクトの開発を可能にするために、新たに雇用する、運用ベースの技術者の85%は、分析やAIスキルを持つ技術者が占める見込みである。

・予測8 : 2020年までに、グローバル2000企業の25%は、より効果的に競争力を向上させるために、デジタル・トレーニング・プログラムや、デジタル・コーポラティブを開発するだろう。

・予想9 : 2019年までに、新たな、収益モデルのための、タイムリーで、クリティカルな洞察を提供する、デジタル変換イニシアティブの40%は、認識/AI能力により、サポートされるだろう。

・予測10 : 2020年までに、あらゆる企業の60%は、組織全体のデジタル・プラットフォーム戦略を明確にし、その戦略を実行するプロセスに入るだろう。

 IDC FutureScapesのシリーズに関する、詳細は、参加のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月 8日 (水)

Microsoftは、Officeのアップデートにおいて、Wordの翻訳ツールを強化するのに、AI技術を使用する。 '17.11.08

【Microsoftは、Officeのアップデートにおいて、Wordの翻訳ツールを強化するのに、AI技術を使用する。】 '17.11.08

 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoft Officeアップデートの最新のバッチには、ユーザを、同僚と接続し、コンテンツを共有するのを支援する、Wordの翻訳と、検索能力が含まれる。2017年11月03日

Eweek5
 Microsoftが、ソフトウェアのリリースを早めたおかげで、Wordは、ユーザが、海外の同僚から、送られてきた、ドキュメントを理解するのを支援できる、改善された、翻訳ツールを組み込んだ。

 Microsoftは、ソフトウェアのアップデートに、クラウド的なアプローチを取っている。

 Microsoftの、クラウド的なアプローチは、Office 365ユーザが、定期的に実施される、新たな機能や強化された機能のアップデートを、Wordなどに、直ちに反映し、確認できるようにする。

 最新のアップデートは、日常的に、多国語で書かれた、ドキュメントを解読するために、Wordの翻訳ツールを使用する仕掛けを、ユーザに提供する。

 Googleのように、Microsoftは、テキストの翻訳品質を向上させるために、ニューラル・ネットワーク・システムを使用する。

 また、Microsoftは、同社のソフトウェア・エコシステムに渡り、AI技術を採用する。

 ユーザは、アップデートした、Wordの、新たな言語の翻訳機能を、「レビュー」メニューの項目の下に、見つけることができる。

 Microsoftは、最新のアップデートにより、Word、PowerPoint、および、Excelで、より柔軟な翻訳ツールに加え、「Tell Me」機能、検索機能、および、サポート・ツールを、ユーザに、利用できるようにする。

 商用のOffice 365プランの対象ユーザは、「Tell Me」機能を使用して、企業に渡り、人やファイルを検索したり、自分たちドキュメントを共有したりできる。

 Office 365は、見栄えのよい、Wordドキュメントや、参加者の目を奪う、PowerPointプレゼンテーションを、作成できるようにする、3次元オブジェクトをサポートする。

 また、Microsoftは、OneDriveクラウド・ストレージや、共有サービスを使用して、容易に、3次元のコンテンツを編成し、共有できるようにする。

 ユーザは、OneDriveクラウド・ストレージに、3次元オブジェクトを開いて、見ることができる。

 ブラウザ・ベースのOneDrive.comサービスは、ユーザが、Webブラウザに、プラグインを追加しなくても、3次元オブジェクトを見ることができるようにする。

 Outlook.comサービスは、ユーザは、Webブラウザに、プラグインを追加しなくても、同僚と、絶えず、メールをやりとりできるようにする。

 このWebベースのメール・アプリは、ユーザが、受信トレイを離れることなく、LinkedInプロフィール情報を見ることができるようにする。

 以前は、MyAnalytics(Office 365のアドオン、Delve Analytics)ダッシュボードは、ユーザが、自分の時間を最大限にするのを支援できる、3種類の新たなチャートを利用できるようにする。

 ユーザが、会議や、その他の作業活動で、同僚とのメールのやりとりに、どれぐらい、多くの時間を使用するかを示す、可視化された、週間スナップショットを構築できるようにする。

 「Your Time Investments」と呼ばれる、他のチャートは、ユーザの連絡先を表示する。

 最終的に、「Your Groups」チャートは、トップ6の「Office 365 Groups」を表示する。

 MyAnalytics機能を、ビデオで紹介する。

 Office 365の、MyAnalytics機能への、アップデートの紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

クラウド・ベースのグループウェア、cybozu Liveは、地域SNSサイトの構築プラットフォームになるような気がします。 '17.11.08

【クラウド・ベースのグループウェア、cybozu Liveは、地域SNSサイトの構築プラットフォームになるような気がします。】 '17.11.08

 「cybozu Live」は、掲示板、共有フォルダ、チャット、イベント、ToDoリストといった、シンプルで、基本的な機能を持つ、クラウド・ベースのグループウェアですが、個人、SOHO、商店、学校などが、地域SNS(商店会SNS、クラスSNS、部活SNS、自治会SNSなど)を容易に構築できる、地域SNS構築プラットフォームになるような気がします。

 掲示板や共有フォルダで、自分の作品を、写真付きで、紹介したり、部員が、部活の話題を共有したり、商店が、商品やサービスを紹介したり、顧客の評価やコメントを貰ったりすることもできると思います。

 メッセージ・チャットで、商店が顧客と会話したり、ユーザ同士が会話したりできます。

 参考 : 「昔のパソ通時代のNiftyのような、地域SNS構築プラットフォーム '15.10.24

 技術的なことは、分かりませんし、素人的な発想ですが、cybozu Liveで、地域密着指向のターゲティング広告を掲載できるようにし、地域の店舗などが、サイボーズを通して、cybozu Liveに広告を出せるようになれば、広告収入が得られ、無料で、cybozu Liveのサービスの提供を継続できるのではないかなと思いました。

 あるいは、基本使用を無料にする、フリーミアムにして、オプション・サービスや拡張ストレージを、有償で提供しても良いような気もします。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

AlphabetのWaymoは、運転席に、人が乗っていない、ロボタクシー・サービスの試験運用を開始する。 '17.11.08

【AlphabetのWaymoは、運転席に、人が乗っていない、ロボタクシー・サービスの試験運用を開始する。】 '17.11.08

 AlphabetのWaymoは、完全自動運転車を使用して、運転席に、人が乗っていない、ロボタクシー・サービスの試験運用を開始する。2017年11月8日

Dis2
 By reuters

 Waymoは、ミシガン州のデトロイトで、2017年1月8日に開催された、North American International Auto Showで、自動運転車、Chrysler Pacificaミニバンを発表した。

 AlphabetのWaymoは、アリゾナ州の公道で、完全自動運転車を使用して、運転席に、人が乗っていない、ロボタクシー・サービスの試験運用を開始する。

 Waymoによると、同社は、アリゾナ州、フェニックス地区の公道で、数ヶ月以内に、このロボタクシー・サービスの試験運用を開始するという。

 Waymoは、まだ雪や大雨の中で車の性能の確認に取り組んでいる。

 最初は、不測の事態が発生した時に、対応するために、Waymoのスタッフが、同乗するようだ。

 Waymoのスタッフは、何らかの事故が発生したら、緊急ボタンを押して、安全に、車を停止させ、適切に対処する。

 Waymoは、まだ、このロボタクシー・サービスの正式な運用を、何時開始するかは、明確にしていない。

 このロボタクシー・サービスは、最初は、無料にするが、何時、いくらぐらいの価格設定にし、何時から有料にするかも、明らかにしていない。

 現在、アリゾナ州には、カリフォルニア州や他の州とは異なり、自動運転車に、制限はない。

 Waymoは、自動運転車技術のパイオニアであり、これまで、米国の6州の公道で、自動運転車の走行テストを実施してきた。

 先週、米国の自動車販売代理店、AutoNationは、Waymoの自動運転車の、保守や修理を行うことで、Waymoとパートナーシップを組むことを発表した。

 自動運転技術のスタートアップ、Cruise Automationを、2016年に、10億ドルで買収した、General Motorsは、近い将来、ロボタクシー・サービスを、郊外ではなく、都市の密集地帯で、開始する意向を表明した。

 「Waymoの自動運転車の紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月 7日 (火)

誰が、ニュースに、TVを必要とするか? '17.11.07

【誰が、ニュースに、TVを必要とするか?】 '17.11.07

 米国のSNSユーザを対象にした、Pew Research Centerの調査で、SNSユーザは、ニュースを得るために、Twitter、YouTube、および、Tumblrさえも、利用していることが分かった。2017年11月6日

 By eMarketer

 2017年に、米国のTwitterユーザの74%は、このSNSサイトから、ニュースを得ていると回答した。

 ちなみに、2013年には、米国のTwitterユーザの、52%が、このSNSサイトから、ニュースを得ていると回答していた。

 米国の、多くのYouTubeユーザが、ニュースを得るために、このSNSサイトを利用していると回答した。

 2013年に、YouTubeユーザの20%が、2016年に、YouTubeユーザの21%が、このSNSサイトから、ニュースを得ていると回答していたが、2017年には、YouTubeユーザの32%が、このSNSサイトから、ニュースを得ていると回答していた。

 Snapchatで、ニュースを探していると回答した、Snapchaのユーザは、2016年の17%から、2017年には、29%に増えた。

 SNSユーザは、自分の興味や関心のある分野のニュースを、他のユーザが、投稿した、記事へのリンクや、ニュースのビデオで、知ることができ、さらに、友達や、同じ話題に関心のある人たちと、意見を交換することもできる。

表1)2013年、2016年、2017年に、米国のSNSユーザか、ニュースを得る、SNSサイトとして、回答した割合

SNSサイト    2013年  2016年    2017年

Twitter             52%        59%          74%
reddit               62%         70%           68%
Facebook            47%         66%           68%
Tumblr                29%         31%           39%
YouTube             20%         21%           32%
Snapchat              -           17%           29%
Instagram           13%          23%           27%
Linkedin             13%          19%           23%
WhatsApp            -             -             23%

 各SNSサイトの、米国の18才以上のユーザを対象に実施した、調査結果

Em1
 ソース:Pew Reseach Center、2017年9月9日

 Kantarが、2017年6月に、SNSサイトの、米国のユーザを対象に実施した、調査のデータによると、Facebook経由で、ニュースをアクセスしたと回答した割合は、85%であった。

 これに対し、YouTube経由で、ニュースをアクセスしたと回答した割合は、39%であり、Twitter経由で、ニュースをアクセスしたと回答した割合は 35%であった。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

Googleは、あまりデータを必要としない、AI技術を、より手早く開発している。 '17.11.07

【Googleは、あまりデータを必要としない、AI技術を、より手早く開発している。】 '17.11.07

 Googleは、あまりデータを必要としない、AI技術を、より手早く開発している。2017年11月3日
Dis2
 By disruptive

 GoogleのAI技術のパイオニア、Geoffrey Hinton氏は、コンピュータが、あまりデータを必要とすることなく、現在、画像を正確に認識する、認識率を改善する、技術における、先進性を概説した。

 以前、人工ニューラル・ネットワークの研究に取り組んでいた、学者の、Hinton氏は、先週、マシン学習の商用化への基礎を考慮し、「カプセル化ネットワーク」として知られる、アプローチを、2つの研究論文で詳説し、大学のWebサイトに、匿名で投稿していた。

 この投稿された、研究論文は、コンピュータが、よく知られた、画像バンクにある、さまざまな角度から撮影した、顔写真を認識し、識別するために、学習することを意味していた。

 このマシン学習技術は、音声認識や、ビデオ映像認識にも、適用される。

 Hinton氏は、Googleが主催した、Go North技術サミットの参加者に、このマシン学習が、対象を識別し、特定する、より強力な方法であると説明した。

 Googleの研究者、Sara Sabour氏、および、Nicholas Frost氏との協調において、仮想的なニューロンの小グループを、閉じ込めた、個々のカプセルは、より大きな全体の部分と、それらの間で、固定された関係を特定するように指示された。

 このシステムは、これらの同じ機能が、以前、見たこともない、画像に、存在していた。

 人工的なニューラル・ネットワークは、コンピュータが、人間の脳のように、処理できるようにするために、ニューロンの振る舞いを真似る。

 Hinton氏は、このニューラル・ネットワーク技術の、初期の、テストで、現在の画像認識技術のエラーの半分を修正した。

 機能は、存在するかどうか、および、その性質の両方を、決定するために、一緒に働いている、ニューラルのバンドリングは、このシステムが、予測を行うために、あまり多くのデータを必要としないことを意味している。

 この望みは、対象物の、より良い分類を学習するために、あまり多くのデータを要求しないことである。

 マシン学習と深層学習が、対応を必要とすることは、大きな問題であり、これらの方式は、作用するために、多くのデータを必要とする。

 Hinton氏は、既存の技術に、改善された、ニューラル・ネットワークを使用した、音声認識技術を、2012年に、Androidオペレーティング・システムに組み込んでいた。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

ApeJ地域は、2021年までに、認知やAI技術に、46億ドルを費やす。'17.11.07

【ApeJ地域は、2021年までに、認知やAI技術に、46億ドルを費やす。】 '17.11.07

 ApeJ地域は、2021年までに、認知やAI技術に、46億ドルを費やす。 2017年11月1日

Dis1
 By disruptive

 IDCによると、アジア/パシフィック(日本を除く)(ApeJ)地域は、2017年に、認知やAI技術に、4億5800万ドルを費やし、2021年には、46億ドルを費やすことが予測されるという。

 2017年における、ApeJ地域の、認知やAI技術への支出は、2016年から。53.3%増加し、4億5800万ドルになる。

 また、IDCは、ApeJ地域の、認知やAI技術への支出は、2016年から2021年まで、72.9%の年間平均増加率(CAGR)で増加すると、見積もっている。

 ApeJ地域の、銀行業界とヘルスケア業界は、2017年に、認知やAI技術への支出が、それぞれ、6550億ドルと4730億ドルになる見込みである。

 ApeJ地域の、保険業界、中央政府、および、教育業界は、2016年から2021年に、認知やAI技術への支出が、83%以上のCAGRで、最も速く、成長する見込みである。

 IDCによると、ApeJ地域における、認知やAIソリューションへの支出は、あらゆる業界で、50%以上のCAGRで増加する見込みだという。

 IDCは、「Worldwide Semiannual Cognitive Artificial Intelligence Systems Spending Guide」で、認知とAIの、23のユースケースを特定した。

・認知とAIへの支出が、最もが多い分野は、「デジタル・アシスタント」の4630億ドルと、「診断と治療システム」の4190億ドルである。

・「インテリジェント処理オートメーション」は、10番目に、認知とAIへの支出が多い、分野であるが、2021年までに、認知とAIへの支出が、104.2%のCAGRで、速く増加する分野である。

 他に、2021年までに、認知とAIへの支出が、速く増加する分野には、127.1%のCAGRで増加ことが予測される、「専門のショッピング・アドバイザーと製品の推奨」、111.9%のCAGRで増加することが予測される、「公安と緊急時の対応」、および、109.5%のCAGRで増加することが予測される、「自動化された予測保守対応」がある。

・認知とAI技術への支出の大部分は、ソフトウェアとサービスに支出される。

 2019年以降、認知とAI技術関連の、ソフトウェアへの支出は、緩やかに減少し、サービスへの支出は、86%のCAGRで、順調に増加する、見込みであり、認知とAI技術関連の、ハードウェアへの支出は、最もゆっくりと、42.4%のCARGで増加する、見込みである。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

SalesforceとGoogleが、クラウド・サービスの提供で、パートナーシップを組む。 '17.11.07

【SalesforceとGoogleが、クラウド・サービスの提供で、パートナーシップを組む。】 '17.11.07

 SalesforceとGoogleが、クラウド・サービスの提供で、パートナーシップを組む。 2017年11月07日
Reu1 By reuters

 Salesforceによると、AlphabetのGoogleは、両社間の契約の一環として、Salesforceの顧客に、Google Suiteライセンスを、最大1年間、無料で提供するという。

 また、このパートナーシップは、Salesforceの、CRM分野を中心にした、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」を、顧客が、両クラウド・プラットフォームに渡り、販売、マーケティング、および、広告のデータを結合する、Webページのアクセス解析サービス「Google Analytics」と、統合できるようにする。

 Salesforceは、既に、Amazonのクラウド・サービス部門である、Amazon Web Services (AWS)と、両プラットフォームの統合で、提携している。

 今回、Salesforceは、好ましい、パブリック・クラウド基盤プロバイダとして、Google Cloudを指名した。

 Salesforceによると、AWSも、同社の、好ましい、パブリック・クラウド基盤プロバイダとして残るという。

 ちなみに、2016年に、Salesforceは、AWSを、好ましい、パブリック・クラウド基盤プロバイダとして選択していた。

 最大手の、クラウド・サービス・プロバイダ、AWS、MicrosoftのAzure、および、Google Cloudは、多くの企業が、自分たちのアプリを構築するために、複数のクラウド・サービス・プロバイダを使用するという決定から、利益を得る。

 企業は、自分たちのアプリを構築する上で、複数のクラウド・サービス・プロバイダを使用することで、それぞれのクラウド・サービス・プロバイダが提供する、さまざまな「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」を、シームレスに利用できるようになる。

 例えば、小売業者の、Home DepotやTargetは、複数のクラウド・サービス・プロバイダの組み合わせを使用し、各クラウド・サービス・プロバイダから提供されている、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」から、最適なSaaSを選択し、シームレスに利用している。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

折り紙ドローンが、届きにくい場所に、荷物を届ける。 '17.11.07

【折り紙ドローンが、届きにくい場所に、荷物を届ける。】 '17.11.07

 届きにくい場所に、荷物を運ぶ、折り紙からインスピレーションを受けて、制作された、ドローンのプロトタイプは、スイスの博士課程の学生によって、考案された。 2017年11月07日

 By Jim Drury、reuters

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月 6日 (月)

IDCによると、タブレット市場は、2017年3Qに、前年同期から、5.4%減少するという。 '17.11.06

【IDCによると、タブレット市場は、2017年3Qに、前年同期から、5.4%減少するという。】 '17.11.06

 IDCによると、世界のタブレット市場において、2017年3Qに、トップ5ベンダの内、4ベンダが、出荷台数をプラス成長させたにも関わらず、前年同期から、世界のタブレットの出荷台数が、5.4%減少したという。2017年11月3日

 IDC Worldwide Quarterly Tablet Trackerからのデータによると、2017年3Qに、世界のタブレットの出荷台数は、4000万台近くになったという。

 スマートフォンの需要が増加し、タブレットの買い換えサイクルが長くなり、従来のPCの販売が増加し、タブレットの出荷台数が、5.4%減少した。

 タブレットの出荷台数は、12四半期連続して、減少し、2017年3Qに、前年同期から、5.4%減少した。

 キーボードを取り外しできる、デタッチャブル・タブレット市場には、AppleとMicrosoftが、早くから、参入したが、出荷台数の増加率は、期待されたよりも、緩やかであった。

 ノートPCにも、タブレットにもなる、2-in-1 PCの分野において、キーボードを取り外しできる、デタッチャブル・タブレットの、主なサプライヤは、基本的に、AppleとMicrosoftであり、他のPCベンダは、キーボードを、ディスプレイ折りたたみ可能なタブレット(コンバーチブルPC)を開発して、提供を開始した。

 キーボードを取り外しできる、デタッチャブル・タブレットは、ディスプレイが、本体で、厚くて、重く、キーボードは、薄くて、軽い、タブレットをよく利用する、ユーザ向けであり、ノートPCとしても使用できる、タブレットである。

Idc3b
 これに対し、キーボードを折りたたむことのできる、コンバーチブルPCは、キーボードが、本体で、厚くて、重く、ディスプレイが軽くて、薄く、ノートPCをよく利用する、ユーザ向けであり、タブレットとしても使用できる、ノートPCである。

Idc3c
 キーボードを持っていない、従来のタブレットは、スレート型タブレットと呼ばれている。

Idc3a
 タブレットのベンダのハイライト

・Appleは、依然として、プレミアムなタブレットにおいて、代表的なベンダであるが、より低価格の、iPadタブレットを市場に提供し、出荷台数を伸ばした。

 Appleは、iOSの最新版で、従来のアプリを、iPadタブレットで、利用できるようにし、今まで以上に、従来のPCの競合デバイスにした。

・Samsungは、複数のスクリーン・サイズを持ち、複数のオペレーティング・システムを搭載できる、何種類かの、キーボードを取り外しできる、デタッチャブル・タブレットを提供する。

 Samsungの、デタッチャブル・タブレットは、2017年3Qに、この分野のタブレットの、10%近くを占めていた。

 これらの高い価格の、デタッチャブル・タブレットは、Samsungを、プレミアムなイメージに導いたが、同社は、より低コストの、デタッチャブル・タブレット、Tab AとEシリーズに頼っている。

・Amazon.comの、タブレット市場における、積極的なハードウェア戦略は、かなり成功し、2017年3Qに、Amazonの、スレート型のタブレットの出荷台数が、前年同期から、38.7%増加した。

 さらに、Amazonは、プライム・デーのセール期間中に、通常価格49.99ドルの、7インチのスレート型のタブレットを、30ドル未満で提供していた。

・HuaweiとLenovoは、アジア・パシフィックや西欧の市場に対し、低価格のタブレットを提供することに焦点を合わせ、何とか、世界のタブレットの出荷台数で、統計的タイの、4位になった。

 HuaweiもLenovoも、スレート型のタブレットだけでなく、デタッチャブル・タブレットも提供している。

 Huaweiは、何とか、セルラー通信可能なタブレットに、集中させることで、差別化を図った。

 Lenovoは、最近、Huaweiのタブレットと比べて、競争力のある、仕様や機能を提供する、Tab 4タブレットのラインナップの出荷を開始した。

表1)2017年3Qと2016年3Qにおける、世界のタブレットの、出荷台数、シェア、および、年間成長率、

  (単位:100万台)

           2017年3Q  2017年3Q  2016年3Q    2016年3Q   年間
ベンダ      出荷台数    シェア     出荷台数     シェア     成長率

Apple              10.3           25.8%             9.3            21.9%          11.4%

Samsung            6.0           15.0%             6.5            15.4%          -7.9%

Amazon.com         4.4           10.9%             3.1             7.5%           38.7%

Huawei             3.0             7.5%              2.7             6.5%           9.6%

Lenovo               3.0             7.4%              2.5             6.0%           18.0%

その他              13.3            33.3%           18.1            42.8%          -26.3%

合計              40.0          100.0%           42.3          100.0%            -5.4%

 ソース: IDC Worldwide Quarterly Tablet Tracker, November 3, 2017 

・タブレットには、スレート型のタブレットと、キーボードを取り外しできる、デタッチャブル・タブレット)が含まれるが、キーボードを折りたたむことのできる、コンバーチブルPCは、含まれない。

 コンバーチブルPCは、キーボードを折りたたむことのできる、ノートPCのことである。

グラフ1)2016年3Qと2017年3Qにおける、世界のトップ5の、タブレット・ベンダの出荷台数シェア

Idc3
 ソース:IDC、2017年

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

トヨタ自動車は、イスラエルの自動運転車技術やロボット技術への投資を増やすことを模索している。 '17.11.16

【トヨタ自動車は、イスラエルの自動運転車技術やロボット技術への投資を増やすことを模索している。】 '17.11.16

 トヨタ自動車は、イスラエルの自動運転車技術やロボット技術への投資を増やすことを模索している。 2017年11月5日
Reu1_2
 By reuters

 トヨタ自動車は、2017年6月に、イスラエルのIntuition Roboticsに、1400万ドルを投資した後、イスラエルのロボットや自動運転車技術への投資を増やすことを模索している。

 人工知能、ロボティクス、自動運転車、および、データとクラウド・コンピューティングといった技術に投資する、投資会社、Toyota AI Venturesは、イスラエルの高齢者向けロボットのメーカ、Intuition Roboticsに投資した。

 Toyota AI Venturesの、高齢者向けのロボットを作成する、イスラエルのスタートアップ、Intuition Roboticsへの、1億ドルの投資は、同社の、イスラエルのハイテク・ベンダへの、最初の投資である。

 Toyota Research Instituteの関連会社である、カリフォルニアを拠点とする、Toyota AI Venturesは、AI、ロボット、自動運転といった技術を提供する、イスラエルのハイテク・ベンダへの投資を増やす意向のようだ。

 知覚技術は、自動運転車が、周りの世界を理解することを可能にし、予測と計画技術は、交差点などで、予測が困難な、歩行者や暴走車などの行動を、できるだけ瞬時で、正確に、把握するのに役立つ。

 車が、膨大なデータを生成するようになってきたので、イスラエルでも、ビッグデータの分析や知覚といった技術に、革新が起きている。

 AI、ロボット、自動運転車といった技術は、互いに、関連性があり、イスラエルの自動運転技術は、成長しており、世界から注目されている。

 例えば、2017年初めに、Intelは、イスラエルの自動運転車技術会社、Mobileyeを、153億ドルで買収した。

 また、最近、ドイツのContinental AGは、コネクティッド・カーを、ハッキングから守る、セキュリティ技術を提供する、イスラエルのArgus Cyber Securityを買収している。

 Toyota AI Venturesは、世界の5ベンダに投資しており、今後、20社以上のハイテク・ベンダに投資することを計画している。

 日本も、高齢化しており、20年後には、65才以上のお年寄りが、日本の人口の40%以上を占めるようになることが予想されており、高齢者を、家で介護するのに役立つ技術が求められている。

 トヨタは、高齢化社会において、家での、お年寄りの介護を支援する、介護ロボットの分野において、介護支援の役割を担うことも考えている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

2017年11月 5日 (日)

IDCによると、スマートフォンの出荷台数が、2017年3Qに、前年同期から、2.7%増加する。 '17.11.05

【IDCによると、スマートフォンの出荷台数が、2017年3Qに、前年同期から、2.7%増加する。】 '17.11.05

 IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackerによると、2017年3Qにおける、世界のスマートフォンの出荷台数は、前年同期から、2.7%増加し、3億7310万台に達した。2017年11月02日

 2017年3Qに、スマートフォンの出荷台数は、前年同期から、2.7%増加し、2017年2Qから、7.4%増加した。

 2017年の1年間のスマートフォンの出荷台数の伸びは、緩やかであるが、2017年のクリスマス・シーズンには、増加率が、わずかに上がる見込みである。

 トップ5の、スマートフォンのベンダは、クリスマス・シーズン中に、前年同期から、プラス成長を経験する見込みである。

 2017年3Qにおける、スマートフォンの出荷台数の、トップ5は、2017年2Qから、変わっていない。

・中国や日本を含む、アジア/パシフィック地域は、スマートフォンの出荷台数を増加させた。

 中国本土市場における、スマートフォンの出荷台数の伸びが、緩やかになったにも関わらず、スマートフォンの出荷台数は、2桁成長した。

 スマートフォン・ベンダのハイライト

・2017年3Qに、Samsungは、世界のスマートフォンにおける、リーダの地位を、再度、維持し、スマートフォンの出荷台数を、前年同期から、9.5%増加させ、8330万台に伸ばした。

 2017年3Qに、Samsungは、6.3インチのスマートフォン、Note8の販売を開始し、出荷台数を伸ばした。

・2017年3Qに、Appleの最新のiPhoneスマートフォンの出荷台数は、前年同期の4550万台から、2.6%増加させ、4670万台になった。

 Appleは、同社の歴史において、初めて、今秋のイベントで、3種類のスマートフォン、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone Xの出荷を開始した。

・2017年3Qに、Huaweiは、中国の巨人として、スマートフォンの出荷台数を、前年同期から、6.1%増加させ、3910万台にした。

 2017年3Qに、HuaweiのHonorブランドも、より手頃な価格の、6Xスマートフォンと、Honer 8スマートフォンで成功したが、現在のMate 9とP10スマートフォンは、ハイエンドのスマートフォンで、出荷台数を伸ばし続けた。

 新たなMate 10、Mate 10 Pro、および、Porsche Design Mate 10は、新たなチップ、HiSilicon Kirin 970から、内臓人工知能(AI)と共に、このスマートフォン市場に、プレミアムの、ベセルのないデザインをもたらすだろう。

・2017年3Qに、OPPDは、スマートフォンの出荷台数を、前年同期から、19%増加させ、3070万台にした。

 2017年3Qに、OPPDは、世界で出荷台数において、第4位のスマートフォンのベンダになり、中国本土以外の国で、出荷台数を増加させた。

・2017年3Qに、Xiamiは、世界のスマートフォン・ベンダの中で、前年同期から、最も出荷台数を伸ばしたが、出荷台数では、5位に残った。

 Xiamiは、スマートフォンの出荷台数を、2016年3Qの、1360万台から、2017年3Qの、2760万台に、102.6%も増加させた。

表1)2016年2Qと2017年2Qにおける、世界のスマートフォンの出荷台数、シェア、年間増加率

  (単位:100万台)

          2017年3Q  2017年3Q  2016年3Q  2016年3Q   年間
ベンダ    出荷台数    シェア     出荷台数   シェア     増加率

Samsung         83.3            22.3%            76.1           20.9%            9.5%
Apple            46.7            12.5%            45.5           12.5%            2.6%
Huawei           39.1            10.5%            33.7             9.3%          16.1%
OPPO            30.7             8.2%             25.8             7.1%          19.0%
Xiaomi            27.6             7.4%             13.6             3.7%        102.6%
その他          145.7           39.1%           168.7            46.4%        -13.6%

合計             373.1         100.0%           363.4          100.0%           2.7%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker、2017年11月2日

グラフ1)2017年3Qにおける、世界のトップ5の、スマートフォン・ベンダの、出荷台数シェア

Idc2

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

新たなAmazon Fire TVセットトップ・ボックスで、Alexaスマート・アシスタントをサポートする。(2) '17.11.05

【新たなAmazon Fire TVセットトップ・ボックスで、Alexaスマート・アシスタントをサポートする。(2)】 '17.11.05

 Amazonは、新たなAmazon Fire TVセットトップ・ボックスで、Alexaスマート・アシスタントをサポートする。 2017年11月03日

 By Don Reisinger、eWEEK

 何年間も前から販売されていた、Apple TVやRokuといった、従来のセットトップ・ボックスの代わりとして、Alexaデジタル・アシスタントを実装した、新たなFire TVセットトップ・ボックスの販売を開始した。

 この新たなFire TVセットトップ・ボックスで、ユーザは、ストリーミング・ビデオ、音楽、および、ゲームといった、コンテンツ、アプリ、あるいは、サービスを、HDTVで、利用できるようになる。

 「HDTVで利用できる、Amazon Fire TVセットトップ・ボックス」紹介ビデオ

    (続き)

7.Fire TVセットトップ・ボックスは、無線Wi-Fiネットワークを通して、他のスマート・デバイスに接続できる。

 ユーザは、Fire TVセットトップ・ボックスを、HDTVに差し込むことで、ストリーミング・コンテンツや、ゲームなどを、利用できるようになる。

Eweek38
 Amazonによると、Fire TVセットトップ・ボックスは、既存のホーム・エンターテインメントの設定を損なうことはないという。

 このFire TVセットボックスは、Ethernetアダプタをサポートすると共に、802.11acをサポートし、ユーザが、Wi-Fiネットワークを通して、他のスマート・デバイスに接続できるようにする。

8.Fire TVセットボックスで、ユーザは、多くのエンターテイメント・チャンネルやアプリを利用できるようになる。

Eweek39
 Fire TVセットトップ・ボックスのユーザは、Amazon独自のメディア・サービスに加え、多くの3rdパーティのチャンネルを契約して、利用することができる。

 また、ユーザは、3rdパーティのアプリで、Fire TVセットトップ・ボックスの機能性を拡張することもできる。

9.Fire TVセットトップ・ボックスは、HDアンテンをサポートしている。

Eweek310
 Amazon Fire TVセットトップ・ボックスは、HDアンテナと互換性がある。

 これは、HDアンテナを、Amazon Fire TVセットトップ・ボックスに接続することで、ユーザは、その地域で利用できる、衛星放送番組を視聴できるようになることを意味する。

 HDアンテナを接続することで、ユーザは、ケーブルTVに加入しなくても、Hulu、PlayStation Vue、または、Sling TVに加入することで、Fire TVセットトップ・ボックスを通して、限定された、衛星放送番組を視聴することができるようになる。

10.Amazon Fire TVセットトップ・ボックスの小売価格は、70ドルである。

Eweek311
 Amazon Fire TVセットトップ・ボックスの小売価格は、70ドルであり、最も手頃な価格のセットトップ・ボックスの選択肢になっている。

 Fire TVセットトップ・ボックス+HDアンテナを購入することで、ユーザは、ケーブルTVに加入することなく、75ドルで、限定された、衛星放送番組を視聴できるようになる。

 Amazon Fire TVセットトップ・ボックスは、Amazon.comで販売されている。

 ベストセラーのアプライアンス

デル株式会社

« 2017年10月29日 - 2017年11月4日 | トップページ | 2017年11月12日 - 2017年11月18日 »

ウェブページ

広告2