« 2017年8月6日 - 2017年8月12日 | トップページ | 2017年8月20日 - 2017年8月26日 »

2017年8月13日 - 2017年8月19日

2017年8月19日 (土)

Samsung Galaxy Note 8上に、インストールすべき、Androidアプリ、ベスト10(2) '17.08.19

【Samsung Galaxy Note 8上に、インストールすべき、Androidアプリ、ベスト10(2)】 '17.08.19

 Samsungは、最終的に、2017年8月23日に、Galaxy Note 8スマートフォンの出荷を発表する。 2017年8月18日

 Galaxy Note 8スマートフォン上に、インストールすべき、最良のAndroidアプリを紹介する。

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 SamsungのGalaxy Note 8スマートフォンは、デザインや、バッテリーが改善され、強力なCPUを搭載し、および、S Penスタイラス・ペンをサポートしている。

 Galaxy Note 8スマートフォンを購入したら、ユーザは、次のステップとして、高品質のアプリをインストールしよう。

 高品質の推奨、Androidアプリを紹介する。

    (続く)

5.Apple Musicアプリは、ユーザが、4000万以上の楽曲を楽しめるようにする。

Eweek36
 アナリストによると、何人かの、iPhoneスマートフォンのユーザは、新しい、SamsungのGalaxy Note 8スマートフォンに切り換えるだろうという。

 Galaxy Note 8スマートフォンのユーザも、Apple Musicアプリをダウンロードする意味があるだろう。

 iOSベースのスマートフォンの機能のすべてを提供し、プレーリストのサポートを含む、このApple Musicアプリは、4000万以上の楽曲を流す能力を持っている。

6.Taskerは、生産性をもたらす、アプリである。

Eweek37
 Taskerは、作業を迅速かつ効率的に行うための、生産性アプリである。

 99セントで販売される、このTaskerアプリは、ユーザが、自分たちのスマートフォンの設定やアプリを自動的に変更したり、テキスト・メッセージを送信したりできるようにする。

 これらの自動化された、作業は、ユーザが居る場所に基づいて、トリガーされる。

 スマートフォンの設定には時間がかかるだろうが、長期的には時間を節約することができる。

7.HotSchedulesアプリで、作業の順番を追跡管理する。

Eweek38
 企業ユーザにとって、HotSchedulesアプリで、スマートフォンから、作業のスケジュールを追跡する方が良いだろう。

 2.99ドルの価格の、HotSchedulesアプリで、管理者は、スタッフが作業する必要のある時間を、設定することができる。

 HotSchedulesアプリで、管理者は、スタッフが、オフィスで作業する時間を、入力できるようになる。

 HotSchedulesアプリで、管理者は、スタッフの作業シフトを、手早く受け入れることもできるようになる。

 HotSchedulesアプリで、管理者は、スタッフが、作業している時を追跡することもできる。

8.Tiny Scanner Proアプリは、PDFファイルを作成する。

Eweek39
 時々、ユーザは、紙のドキュメントをスキャンする必要のある場合でも、スキャナーを利用することができない場合がある。

 このような場合に、ユーザは、4.99ドルのTiny Scanner Proアプリを使用することができる。

 ユーザは、このTiny Scanner Proアプリを使用して、スマートフォンのカメラで、ドキュメントの写真を撮り、紙のドキュメントをPDFファイルに変換することができる。

 ユーザは、Tiny Scanner Proアプリで、紙のドキュメントを、PDF形式のドキュメントに変換して、保存し、メールに添付して、送信することもできる。

 ユーザは、この写真を、カラー、グレースケール、または、モノクロで、保存することもできる。

9.AccuWeather Platinumアプリで、ユーザは、天気予報を確認することができる。

Eweek310

 Samsungのモバイル・ソフトウェアに組み込まれる、この天気予報アプリ、AccuWeather Platinumは、Galaxy Note 8スマートフォンに、標準で提供される。

 ユーザは、2.99ドルで、AccuWeather Platinumアプリを購入すると良いだろう。

 AccuWeather Platinumアプリで、ユーザは、リアルタイムなレーダなどで捉えた、天気予報の情報を、手早く利用できるようになり、非常に便利である。

10.Nova Launcherアプリで、ユーザは、より多くのことを行うことができる。

Eweek311
 Nova Launcherは、Androidユーザ・インタフェースを望む、ユーザに、優れたアプリである。

 4.99ドルのNova Launcherアプリで、ユーザは、ホームページのレイアウトや画面上のウィジェットを含む、Androidのユーザ・インターフェイスを変更することができる。

 Nova Launcherアプリで、ユーザは、ソフトウェア・アイコンの表示方法や、レイアウト方法などを変更できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

Samsung Galaxy Note 8上に、インストールすべき、Androidアプリ、ベスト10(1) '17.08.19

【Samsung Galaxy Note 8上に、インストールすべき、Androidアプリ、ベスト10(1)】 '17.08.19

 Samsungは、最終的に、2017年8月23日に、Galaxy Note 8スマートフォンの出荷を発表する。 2017年8月18日

 Galaxy Note 8スマートフォン上に、インストールすべき、最良のAndroidアプリを紹介する。

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 SamsungのGalaxy Note 8スマートフォンは、デザインや、バッテリーが改善され、強力なCPUを搭載し、および、S Penスタイラス・ペンをサポートしている。

 大きなスクリーン画面を持つ、スマートフォン、Galaxy Note 7が、昨年、バッテリーから発火して、リコールされたことで、Samsungは、代替モデルとして、Galaxy Note 8スマートフォンの提供を進めていた。

 Galaxy Note 8スマートフォンを購入したら、ユーザは、次のステップとして、高品質のアプリをインストールしよう。

 ユーザは、何百万種類もの、Androidアプリを利用できる。

 高品質の推奨、Androidアプリを紹介する。

1.Powerful Cleanerアプリは、スマートフォンの性能を改善するのを支援する。

Eweek32
 Powerful Cleanerは、Galaxy Note 8スマートフォンの性能を改善することを支援できる、無料のAndroidアプリである。

 このPowerful Cleanerアプリは、デバイスをスキャンし、プロセッサの性能を低下させる可能性のある、不要なファイルを探し出す。

 Powerful Cleanerアプリは、メモリの性能を改善したり、CPUの負荷を減らしたりする方法を示唆する。

 Powerful Cleanerアプリは、特定のプログラムを維持するための、AppLock機能も提供する。

2.Photo Editorアプリで、ユーザは、写真に、さまざまな効果を追加できるようになる。

Eweek33
 Galaxy Note 8は、デュアル・レンズのカメラを搭載して出荷される、最初のSamsungのスマートフォンになることが期待される。

 Photo Editorアプリは、ユーザに、グラフィクスをオーバーレイしたり、髪の色を変えたり、絵文字を追加したりするための能力を持つ、写真編集ツールを提供する。

 ユーザは、Photo Editorアプリで編集した写真を、ソーシアル・メディア、あるいは、チャット・アプリ経由で、友達と共有できるようになる。

3.DFNDR Securityアプリで、スマートフォンを安全に保護する。

Eweek34
 Galaxy Note 8スマートフォンは、ハッカーが、コンスタントに標的にしている、オペレーティング・システム、Androidを搭載している。

 このため、マルウェア対策アプリを実行するのは、良いアイデアである。

 Android用の、より優れた、セキュリティ・オプションの1つは、DFNDR Securityアプリである。

 DFNDR Securityアプリは、スマートフォンをスキャンし、スパイウェアやウィルスを見つけたり、除去する。

 また、このFNDR Securityアプリは、不要なファイルを削除することもできる。

 このFNDR Securityアプリは、多くのシステム・メモリを使用している、アプリを特定することもできる。

4.Wazeアプリは、ユーザが、渋滞や事故を避けて、市街を巡るのを支援する。

Eweek35
 Google独自のWazeアプリは、ユーザが、標準のGoogle Mapsにおいて、見つけられる、マピング・アプリである。

 ターンバイターン(ナビゲーション・システムのユーザ・インタフェースの一種で、交差点などでの進行方向を、音声や矢印アイコンなどで表示する方式)機能を持つ、このWazeアプリは、旅行者が、ルートを確認したり、渋滞の状況を把握したりするのを支援する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

3輪電気自動車が、1万2000ドルで、販売開始される。 '17.08.19

【3輪電気自動車が、1万2000ドルで、販売開始される。】 '17.08.19

 Arcimotoは、1万2000ドルの、3輪電気自動車の販売を開始する準備をしている。2017年8月18日

 By Jane Ross、reuters

 「ヤマハの3輪バイク Tricity 155」の紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10 (3) '17.08.19

【個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10(3)】 '17.08.19

 個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10  2017年8月17日

 By Don Reisinger、eWEEK

 個人の健康を測定し、追跡するための、Apple Watchアプリのいくつかを紹介する。

Eweek41
 Appleは、この数年間に、HealthKitのような、サービスで、ヘルスケア市場において、存在感を増した。

 HealthKitのような、サービスは、ユーザが、健康に関連した情報をアップロードし、ヘルスケア・プロバイダと、共有できるようにする。

 Appleは、Aetnaのような、大手のベンダとパートナーを組み、ユーザが、ヘルスケア・ツールとして、Apple Watchを使用することを望んでいる。

 ユーザのカロリー摂取を追跡するアプリや、フィットネス計画を提供できるアプリなど、Apple Watchで、健康を改善するための、いくつかの方法がある。

 Apple Watch用の、最高のアプリのいくつかを紹介する。

    (続き)

6.AskMDアプリで、Apple Watchのユーザは、病気の兆候を追跡することができる。

Eweek47
 何らかの健康上の問題を持つ、Apple Watchのユーザは、AskMDアプリで、病気の兆候を追跡することができる。

 時間の経過と共に、病気の兆候が記録され、ユーザは、Apple Watchの音声サポートで、現在の感じを、ノートに追加することができる。

 また、AskMDアプリは、可能性のある診断を列挙し、症状に基づいて、医師に相談すべきことを提案する。

 AskMDアプリが提供する、情報には、プロバイダの連絡先情報や、ユーザが、地元の医師の診療所を探すのに役立つ地図などが、含まれている。

7.My Diet Coachアプリで、Apple Watchのユーザは、水分の摂取を追跡する。

Eweek48
 MyFitnessPalやLose Itが、一部のユーザに、あまり適切でない場合、My Diet Coachは、適切な機能を備えている可能性がある。

 このMy Diet Coachアプリは、カロリーを追跡し、ユーザが、食べたものの記録を、維持管理し、もっと水を飲むように示唆する。

 My Diet Coachアプリは、定期的な警告を、Apple Watchのスクリーン画面にポップアップし、ユーザが「完了」をクリックするまで、水分の摂取を追跡する。

 My Diet Coachアプリは、ユーザが、その日のカロリーの摂取量に達したときに、ユーザに通知する。

8.7 Minute Workout Challengeアプリで、ユーザは、感情を燃焼させる。

Eweek49
 7 Minute Workout Challengeアプリは、7分間のコースで、一連のインターバル・トレーニングを通して、ユーザをガイドする、人気のiPhoneアプリである。

 7 Minute Workout Challengeは、インターバル・トレーニングを通して、Apple Watchユーザに、各エクササイズの実行方法を示す、簡単なイメージを提供する。

 Apple Watchのユーザは、この7 Minute Workout Challengeアプリを通して、いくつかのインターバル・トレーニングから選択できる。

  (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月18日 (金)

個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10(2) '17.08.18

【個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10(2)】 '17.08.18

 個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10  2017年8月17日

 By Don Reisinger、eWEEK

 個人の健康を測定し、追跡するための、Apple Watchアプリのいくつかを紹介する。

Eweek41_2
 Appleは、この数年間に、HealthKitのような、サービスで、ヘルスケア市場において、存在感を増した。

 HealthKitのような、サービスは、ユーザが、健康に関連した情報をアップロードし、ヘルスケア・プロバイダと、共有できるようにする。

 Appleは、Aetnaのような、大手のベンダとパートナーを組み、ユーザが、ヘルスケア・ツールとして、Apple Watchを使用することを望んでいる。

 ユーザのカロリー摂取を追跡するアプリや、フィットネス計画を提供できるアプリなど、Apple Watchで、健康を改善するための、いくつかの方法がある。

 Apple Watch用の、最高のアプリのいくつかを紹介する。

    (続き)

4.Secondsで、ユーザは、高度な集中力練習とTabataトレーニングに焦点を合わせる。

Eweek45
 このアプリで、ユーザは、複数のトレーニングから、好みのエクササイズを選択したり、各エクササイズの持続時間を選択したりでき、自分の心拍数を追跡することができる。

 このアプリは、ボクシングから、クロス・トレーニングまでの、ガイダンスを提供でき、トレーニング中の性能を測定でき、以前のトレーニング中の測定結果と比較することができる。

 「Apple Watch用Secondsの紹介ビデオ」

5.Lose Itは、ユーザの食事や、カロリーの摂取を追跡する。

Eweek46
 Lose Itは、Appleストアで、最も人気のある、体重を減らすアプリの1つである。

 Lose Itは、1日中の、ユーザのカロリーの摂取を追跡し、ユーザが、体重減少の目標を達成するために、どれぐらいのカロリーを摂取できるか、追跡管理することができる。

 このLose Itのサービスは、ユーザが、自分たちの、1日の食事を追跡できるようにし、時間が来たら、食事を記録するように促す。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10(1) '17.08.18

【個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10(1)】 '17.08.18

 個人の健康を、追跡し、改善するための、Apple Watchアプリのベスト10  2017年8月17日

 個人の健康を測定し、追跡するための、Apple Watchアプリのいくつかを紹介する。

Eweek41
 By Don Reisinger、eWEEK

 Appleは、この数年間に、HealthKitのような、サービスで、ヘルスケア市場において、存在感を増した。

 HealthKitのような、サービスは、ユーザが、健康に関連した情報をアップロードし、ヘルスケア・プロバイダと、共有できるようにする。

 Appleは、Aetnaのような、大手のベンダとパートナーを組み、ユーザが、ヘルスケア・ツールとして、Apple Watchを使用することを望んでいる。

 Aetnaは、Appleのスマートウォッチを、米国の、より多くのユーザにもたらす。

 既に、Apple Watchを所有している、ユーザは、このスマートウォッチが、既に、個人の健康を追跡し、完全にするよう設計された、さまざまなアプリをサポートしていることを知るべきである。

 ユーザのカロリー摂取を追跡するアプリや、フィットネス計画を提供できるアプリなど、Apple Watchで、健康を改善するための、いくつかの方法がある。

 Apple Watch用の、最高のアプリのいくつかを紹介する。

1.MyFitnessPalで、ユーザのカロリー摂取を追跡する。

Eweek42
 MyFitnessPalのカロリー・カウンタとダイエット追跡アプリ、MyFitnessPalは、体重を減らし、自分の目標を達成するのを支援するために必要な、ツールである。

 「MyFitnessPal Apple Watchのコンセプト紹介ビデオ」

 このアプリは、1日の、Apple Watchのユーザのカロリー摂取を追跡する。

 Apple Watchのユーザは、自分が食べた、炭水化物の量のような、重要なデータに、アクセスできるようになる。

 このアプリは、自分の目標を達成できるよう、Apple Watchのユーザの、歩数を追跡し、支援する。

2.Headspace Worksで、ユーザのストレスを低減する。

 ユーザは、落ち着いた心を取り戻すために、瞑想エクササイズを選択できる。

Eweek43
 健康観は、体ではなく、心に関することが多い。

 健康観の管理が、Headspaceの目的である。

 このアプリは、Apple Watchの所有者が、落ち着いた心を取り戻すために、瞑想エクササイズを選択できるようにする。

 例えば、ユーザは、心をストレスから解放し、心を落ち着かせるよう、Apple Watchのスクリーン画面上に、30秒間、自分の指を置くことが、求められる。

3.Sworkitで、毎日のトレーニングを計画する。

 ユーザの心拍数を追跡する。

Eweek44
 Sworkitは、トレーニングしている、ユーザの心拍数を追跡するための、トレーニングとフィットネス計画アプリ用に、設計されている。

 さらに、ユーザは、腕立て伏せ、または、脂肪燃焼トレーニングのような、エクササイズのリストから選択でき、Apple Watchから、トレーニングを開始したり、停止したりできるようになる。

 Apple Watchは、トレーニング中のユーザの、1分当たりの心拍数、カロリーの燃焼などを、測定することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

YouTube TVは、Sinclair放送局とパートナーシップを組み、米国の14の新たな市場に、サービスを拡大させる。 '17.08.18

【YouTube TVは、Sinclair放送局とパートナーシップを組み、米国の14の新たな市場に、サービスを拡大させる。】 '17.08.18

 YouTube TVは、Sinclair放送局とパートナーシップを組み、米国の14の新たな市場に、サービスを拡大させる。 2017年8月18日

Youtubetv
 By Sheila Dang、reuters

 GoogleのYouTube TVは、Sinclair放送局とパートナーシップを組み、米国の家庭の半分以上に到達させるよう、米国の14の新たな市場に、YouTube TVストリーミング・サービスを拡大させる。

 YouTube TVは、今後、数週間で、さらに、米国の17の新たな市場に、YouTube TVストリーミング・サービスを拡大させていく予定である。

 YouTube TVは、より若い、視聴者が、オンラインで、ショー番組を見ることが増えているので、ライブTVストリーミングへのアクセスを拡大させている。

 TV放送局、Sinclair Broadcast Groupは、米国の14の新市場の9市場における、ABC、CBS、FOX、および、NBCの系列局に、放送するために、YouTube TVと契約を交わした。

 Sinclairには、今後、数週間で、YouTube TVストリーミング・サービスが参入する、米国の17の市場の内、11の市場に局がある。

 米国の新たな市場には、Boston、Cincinnati、および、San Antonioや、数週間後に開始される、AustinとIndianapolisが含まれる。

 YouTube TVは、利用可能な市場において、最もローカルな放送局の番組を放映することで、ライバルのTVストリーミング競合会社をリードするという。

 Dish Networkが所有する、ストリーミング・サービスである、Sling TVは、基本的な契約レベル以上のレイヤである、Sling Blue契約でのみ、ローカルなチャネルを提供している。

 ただし、YouTube TVは、ストリーミング・サービスへの加入者数に関する、コメントを避けた。

 YouTube TVは、加入者への、追加料金なしで、短編ビデオのニュース・サイト、Newsy、および、Tennis Channelをラインナップに追加している。

 ベストセラーのアプライアンス

IoT標準とプロトコル(7) '17.08.18

【IoT標準とプロトコル(7)】 '17.08.18

 IoT標準とプロトコル

 By postscapes

 モノのインターネット(IoT)対応デバイスやアプリに含まれる、プロトコルの概要を紹介する。

 モノのインターネット(IoT)は、単一の制約されたデバイスから、組み込み技術とクラウド・システムの大規模なクロスプラットフォーム展開までを、リアルタイムに接続する。

 IoT標準化は、デバイスとサーバが、相互に、新しい方法で、互いに会話できるようにする、多数のレガシーと最新の通信プロトコルを、すべて、一緒にすることに取り組んでいる。

 同時に、さまざまな通信プロトコルを統一するために、数多くの提携や連合が形成されている。

   (続き)

9.IoT-AイニシアティブのIoT通信スタック

1)IoT通信スタック

 この通信モデルは、ドメイン・モデルにおいて、定義された、接続エンティティに対する、主な通信パラダイムを定義することを目標にしている。

 IoT-Aイニシアティブは、ネットワーク用に、ISO OSI 7層モデルに似た、通信スタックを開発した。
Iot9
 IoT-Aイニシアティブは、参照通信スタックを提供し、通信方式が、IoTのネットワークの異なったタイプに適用される方法を説明する。

・David E Culler 「Open Standards Reference Model」

Iot5
・David E. Culler 「The Internet of Every Thing」

Iot6
・Zach Shelby 「Is the Internet Protocol enough?」

Iot7
・EU Butler Project 「Communication Issues」

Iot8
10.同盟と編集

・ETSI (European Telecommunications Standards Institute)

- Connecting Things Cluster

・IETF (Internet Engineering Task Force)

- CoREワーキング・グループ
- 6lowpanワーキング・グループ
- ROLLワーキング・グループ

・IEEE (Institute of Electrical and Electronics Engineers)

- IoT "Innovation Space"

・OMG (Object Management Group)

- Data Distribution Service Portal

・OASIS (Organization for the Advancement of Structured Information Standards)

- MQTT Technical Committee

・OGC (Open Geospatial Consortium)

- Sensor Web for IoT Standards Working Group

・IoT-A

・OneM2M

・OSIOT

・IoT-GSI (Global Standards Initiative on Internet of Things)

・ISA (International Society of Automation)

・W3C

- Semantic Sensor Net Ontology
- Web of Things Community Group

・EPC Global

・The IEC(International Electrotechnical Commission)、および、ISO (International Organization for Standardization)

・RRG(Routing research group)

・HIPRG(Host identity protocol research group)

・Eclipse Paho Project

・OpenWSN

・CASAGRAS

11.同盟

1)AllSeen Alliance

 さまざまなエコシステムにより、サポートされた、オープンな開発フレームワークで、IoTをサポートする、製品、システム、および、サービスの採用を促すための、非営利コンソーシアムである。

2)IPSO

 スマート・オブジェクトの接続のための、ネットワークとして、インターネット・プロトコル(IP)を確立することを模索している、さまざまなコミュニティを支援する、グローバルな非営利団体である。

3)Wi-SUN Alliance

 IEEE 802.15.4g標準をプロモートすることにより、シームレスな接続性を推進している。

4)OMA(Open Mobile Alliance)

 相互運用可能なモバイル・サービス・イネーブラを開発するための、業界フォーラムである。

 ベストセラーのアプライアンス

ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由(3) '17.08.18

【ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由(3)】 '17.08.18

 ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由  2017年8月16日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 ビデオと結合された、オンライン・チャットは、アイデアや情報を共有するために、ビジネス用のコラボレーション・ツールとして使用されている。

Eweek31
 ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用するという、アイデアは、会議室の外側にいる人が、会議に参加するのに、最も適している。

 チャットが、ビデオと結合されると、真のコラボレーションが、実現される可能性がある。

 ビデオが、エンタープライズ・コラボレーションの中心になる、10の理由を紹介する。

   (続き)

8.ビデオ会議は、出張のコストを削減する。

Eweek39
 さまざまな場所に、多くの顧客や従業員がいる場合、企業は、作業者が、何処にいても、PCやスマートフォンといった、さまざまなデバイスで、容易に利用できる、コスト効果に優れ、信頼性の高い、コミュニケーションの手段として、ビデオ会議を利用できるようにすることができる。

9.ビデオ会議で、参加者は、話題と作業に、継続的に集中できるようになる。

Eweek310
 作業者は、チームの他のメンバーと、ビデオ会議を通して、より対面的な会話が可能になり、チームは、作業中の課題に集中できるようになる。

10.ビデオ会議は、参加者の注意を維持する。

Eweek311
 Atlassianの調査によると、米国の大人の73%は、音声のみの会議通話中に、メールのチェックといった、他のことをして、会議に集中していないという。

 また、米国の大人の39%は、音声のみの会議通話中に、眠ってしまったことを認めていた。

 ビデオ会議は、チームの関与を維持し、チームメイトが、互いにフィードバックして、より視覚的で、動的、生産的に、対面で会話できるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月17日 (木)

ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由(2) '17.08.17

【ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由(2)】 '17.08.17

 ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由 2017年8月16日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 ビデオと結合された、オンライン・チャットは、アイデアや情報を共有するために、ビジネス用のコラボレーション・ツールとして使用されている。

Eweek31_4
 ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用するという、アイデアは、会議室の外側にいる人が、会議に参加するのに、最も適している。

 チャットが、ビデオと結合されると、真のコラボレーションが実現される可能性がある。

 ビデオが、エンタープライズ・コラボレーションの中心になる、10の理由を紹介する。

   (続き)

5.ビデオは、ワン・クリックのコラボレーションを可能にする。

Eweek36
 ビデオが、チャット・プラットフォームに統合されると、作業者は、何処にいても、簡単な操作で、他の作業者と協調できるようになる。

 作業者は、現在使用している、プラットフォームを切り換える必要なく、ビデオを使用した、コラボレーション・ツールを起動し、他の作業者と、ビデオ・チャットできるようになる。

6.ビデオは、仮想的に、対面で会話するための、コミュニケーション・ツールの、新たな形態である。

Eweek37
 互いに頻繁に会うことのない、作業者同士が、対面で会話するために、ビデオを、コミュニケーション・ツールとして使用するのは、最も良い方法である。

 また、あまり会うことのない、異なったオフィスにいる、チーム同士が、対面で会話するために、ビデオを、コミュニケーション・ツールとして使用するのも、良い方法である。

 ビデオを使用した、コミュニケーション・ツールを使用して、接続されていると感じている、作業者は、一般的に、一貫した作業環境と、積極的な企業文化で育成される。

7.ビデオは、モバイルにも対応し、ハンズフリーで、利用できるメディアである。

Eweek38_3
 ビデオは、作業者が、何処にいても、アクセスでき、コミュニケーション・ツールとして利用できる。

 ビデオは、テキスト・チャットとは異なり、ハンズフリーで、移動中にも使用することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由(1) '17.08.17

【ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由(1)】 '17.08.17

 ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用できる、10の理由 2017年8月16日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 ビデオと結合された、オンライン・チャットは、アイデアや情報を共有するために、ビジネス用のコラボレーション・ツールとして使用されている。

Eweek31_3
 ビデオを、主なコラボレーション・ツールとして利用するという、アイデアは、会議室の外側にいる人が、会議に参加するのに、最も適している。

 ビデオを利用した、コラボレーション・ツールは、休憩室でも、週末に、家庭にいても、利用でき、会議に参加できるようになる。

 ビデオ・チャットを通した、デジタルな接続は、企業に、最適な機会をもたらすだろう。

 企業は、作業者のコラボレーションを改善するための、より効果的な方法を模索している。

 チャットが、ビデオと結合されると、真のコラボレーションが実現される可能性がある。

 ビデオが、エンタープライズ・コラボレーションの中心になる、10の理由を紹介する。

1.ビデオは、コラボレーション・ツールとして、コミュニケーションの自然な形態として、活用される。

Eweek32
 ビデオは、音声と視覚による、コミュニケーションの、最も自然な形態を可能にする。

 一般的に、しゃべることは、タイプ入力するよりも速い。

2.ビデオは、コミュニケーションに、より高い効率をもたらす。

Eweek33
 チャットは、コミュニケーションに、効果的であるが、作業を実際に完了させるために、最も速い方法は、実際に、会話することである。

 コラボレーションには、前後関係が存在するが、ビデオを、コラボレーション・ツールとして利用することにより、誰でも、何処にいても、同じ会議に数分で参加できるようになる。

3、ライブでのスクリーンの共有は、コラボレーションを促す。

Eweek34
 グループでの議論は、しばしば、ドキュメントと、ビデオの両方を使用して、展開される。

 ビデオを、コラボレーション・ツールとして使用し、ライブで、スクリーンを共有することで、作業者同士が、リアルタイムに、協調するのが支援される。

4.ビデオは、互いに離れた場所にいる、作業者同士のコミュニケーションの橋渡しをする。

Eweek35
 Global Workplace Analyticsによると、370万人の作業者が、少なくとも半分の時間は、家庭において、仕事をし、ビデオ会議に参加しているという。

 職場は、さらに、分散されるようになるだろう。

 ビデオを使用した、コラボレーション・ツールは、離れた場所にいる、作業者同士を橋渡し、地域、国、あるいは、タイム・ゾーンに渡り、作業者同士を、互いに接続し、協調できるようにする。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

小さな小売業者が、Amazonのプラットフォームを受け入れる理由(3) '17.08.17

【小さな小売業者が、Amazonのプラットフォームを受け入れる理由(3)】'17.08.17

 小さな小売業者は、なぜAmazonのプラットフォームを受け入れるか? 2017年8月15日

 250名以上の小売業者の役員を対象に実施した調査によると、小さな小売業者は、Amazonのe-コマース・プラットフォームを受け入れがちであるという。

Eweek31_2

 Amazonは、ドローンや、新聞社などの空いている、配達車や配達人を使用して、商品を配達したり、空きデパートを配送センターにしたり、安全で確実に、スマートフォンで電子決済できる、コンビニを運営したり、地域における、商品の売上の向上にも取り組んでいる。

 By Don Reisinger、eWEEK

 データ調査会社、Bluecoreは、2017年5月に、250名以上の小売業者の役員を対象に、実施した調査によると、小さな小売業者は、Amazonのe-コマース・プラットフォームを受け入れがちであることが分かったという。

 小売業者に対する、Amazonの影響や、Amazonの支配への対応については、以下を参照のこと。

   (続き)

7.小売業者は、Amazonのデータ戦略での成功に、どのように対応したか?

Eweek38_2
 小売業者は、独自のデータ戦略で、Amazonのデータ戦略での成功に、対応してきた。

 データ調査会社、Bluecoreの調査によると、小売業者の25%近くは、消費者のトレンドや、購買行動を理解するために収集する、データ・ポイントの数が、増加したと回答したという。

 小売業者の14%は、観察された顧客の購買行動のデータを記録し、使用していると回答した。

 小売業者の6%だけが、独自の顧客情報などに、3rdパーティのマーケティング・データをオーバーレイさせることを開始したと回答した。

 ただし、Bluecoreによると、大半の小売業者は、Amazonとの競争に対抗するための、明確なデータ戦略を持っていないという。

8.小売業者は、どのように、技術に対応したか?

Eweek39_2
 データ調査会社、Bluecoreの調査によると、小売業者のわずか10%だけが、Amazonと競争するために、技術への投資を「大幅に増やした」と回答したという。

 小売業者の25%以上は、技術への投資を、「いくらか増やした」と回答した。

 しかし、小売業者の53%は、技術投資を、「全く促していない」と回答した。

9.小売業者は、消費者に、どのように対応したか?

Eweek310
 データ調査会社、Bluecoreの調査によると、Amazonの顧客対応機能の影響を理解しているにも関わらず、多くの小売業者は、同じような顧客対応機能に従っていないという。

 Bluecoreの調査によると、小売業者の役員の18%が、自分たちのオンライン販売サイトに、顧客の推奨機能を追加したと回答したという。

 また、小売業者の役員の16%が、商品の、無料、または、迅速な発送サービスを提供していると回答していた。

 これに対し、小売業者の役員の44%が、顧客のエンゲージメントを改善するために、何が行われたかを「知らない」と認めているろいう。

10.Amazonのサービスやサポートを利用すべきだろう。

Eweek311
 データ調査会社、Bluecoreのレポートは、小売業者は、実際の店舗での販売を補完するために、Amazonのe-コマース・プラットフォームやフルフィルメントセンターの、サービスやサポートを利用して、オンラインで商品を販売し、競合会社ではなく、Amazonのパートナーになるべきだと提案している。

 小売業者は、自社のWebサイトで、顧客サービス&サポートや、コールセンター機能を提供し、顧客に、きめ細かな対応を取ると良いだろう。

 Facebookのような、膨大なユーザがいる、SNSサイトを、顧客サービス&サポートや、マーケティングに活用している、小売業者は、コスト効果的に、顧客の満足度を向上させている。

 また、小売業者は、Amazonのような、e-コマース・プラットフォームや、Facebookのような、SNSプラットフォームを活用することで、自分専用の、プラットフォームを持つことなく、コスト効果的に、地域の顧客だけでなく、全国の顧客への到達度を向上させることができる。

 ただし、Bluecoreの調査によると、小売業者の68%は、現在、Amazonで、商品をオンライン販売していないことが分かったという。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月16日 (水)

小さな小売業者が、Amazonのプラットフォームを受け入れる理由(2) '17.08.16

【小さな小売業者が、Amazonのプラットフォームを受け入れる理由(2)】 '17.08.16

 小さな小売業者は、なぜAmazonのe-コマース・プラットフォームを受け入れるか? 2017年8月15日

 250名以上の小売業者の役員を対象に実施した調査によると、小さな小売業者は、Amazonのe-コマース・プラットフォームを受け入れがちであるという。

Eweek31_3
 By Don Reisinger、eWEEK

 データ調査会社、Bluecoreは、2017年5月に、250名以上の小売業者の役員を対象に、実施した調査によると、小さな小売業者は、Amazonのe-コマース・プラットフォームを受け入れがちであることが分かったという。

 小売業者に対する、Amazonの影響や、Amazonの支配への対応については、以下を参照のこと。

   (続く)

4.Amazonの成功には、他に貢献している要因がある。

Eweek35_2
 データ調査会社、Bluecoreによると、小売業者は、Amazonの成功には、配送料が無料であることの他に、同社のe-コマース・プラットフォームの安全性や信頼性、ワン・クリックのチェックアウトの便利さ、ユーザの評価やコメントの有用性、および、フルフィルメントセンターでのサービスや、オンライン販売における、小売業者のサポートといった、多くの理由があると考えてがちであるという。

 また、この調査で、小売業者は、Amazonの推奨が、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを通して、商品を注文できる、ユーザの買い物に、影響を与えていると思いがちであることも分かった。

5.小売業者は、Amazonの、小売市場への浸透を、どのように見ているか?

Eweek36_2
 データ調査会社、Bluecoreは、小売業者が、2015年以来、Amazonの、小売市場への浸透を、どのように見ているかを、アンケート調査した。

 小売業者の10人に、4人近くは、小売市場において、Amazonが、自分の地位を、大幅に向上させたと回答した。

 これに対し、小売業者の27%は、Amazonの、小売市場での地位は、やや上昇しているに過ぎないと回答した。

 小売業者の3%だけが、Amazonは、小売市場において、影響のいくつかを失ったと信じていると回答した。

6.Amazonは、競合会社か、パートナーか?

Eweek37_2
 データ調査会社、Bluecoreは、小売業者の役員が、どのように、Amazonを見ているかということを、アンケート調査した。

 小売業者の役員の、29%は、Amazonを、直接の競合会社と見ていると回答していた。

 小売業者の役員の、他の29%は、Amazonは、小売市場において、より小さな小売店が、商品を販売できる、パートナーにも、競合会社にも、どちらにもなり得ると回答していた。

 驚くことに、小売業者の役員の42.5%は、Amazonを、競合会社と見ておらず、Amazonのe-コマース・プラットフォームでのオンライン販売や、フルフィルメントセンターのサービスを利用することを考えていると回答していた。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

小さな小売業者が、Amazonのプラットフォームを受け入れる理由(1) '17.08.16

【小さな小売業者が、Amazonのプラットフォームを受け入れる理由(1)】 '17.08.16

 小さな小売業者は、なぜAmazonのe-コマース・プラットフォームを受け入れるか? 2017年8月15日

 250名以上の小売業者の役員を対象に実施した調査によると、小さな小売業者は、Amazonのe-コマース・プラットフォームを受け入れてがちであるという。

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 データ調査会社、Bluecoreは、2017年5月に、250名以上の小売業者の役員を対象に実施した調査によると、小さな小売業者は、Amazonのe-コマース・プラットフォームを受け入れていることが分かったという。

 Amazonの規模は、一般的な小売業者が、競争しようとするには、大き過ぎる。

 Amazonのe-コマース・プラットフォームを活用することは、小さな小売業者にとって、極めて魅力的である。

 この調査によると、多くの一般的な小売業者は、Amazonのプラットフォームを活用するという考えをを受け入れることに消極的であり、Amazonのプラットフォームを活用するという、考えを受け入れている、一般的な小売業者は、比較的少ない。

 これに対し、小さな小売業者は、自分で、e-コマース・プラットフォームを持ち、運用管理するよりも、Amazonのe-コマース・プラットフォームを活用した方が、多くの見込み顧客に、到達でき、効率的にマーケティングできるので、得策だと考えてがちである。

 また、小さな小売業者は、自分で、倉庫を持ち、注文を受けた、商品を配送するよりも、Amazonのフルフィルメントセンターを利用した方が、得策だと思いがちである。

 小売業者に対する、Amazonの影響や、Amazonの支配への対応については、以下を参照のこと。

1.小売業界に対する、Amazonの影響ついて、的確に見通す。

Eweek32
 Amazonの影響を理解するために、小売業者は、実際に物理的な店舗を持つ、小売業界において、発生している問題を理解しなければならない。

 データ調査会社、Bluecoreによると、2017年に、米国に全体で、あまり賑わっていないモールにある、約7000店舗が、閉店する可能性があるという。

 このような小売店は、何らかの方法で、売上の損失を埋め合わせる必要がある。

2.殆どの小売業者は、オンライン販売の売り上げを向上させる必要がある。

Eweek33
 物理的な店舗の空間に、問題があるかもしれないが、殆どの小売業者にとって、e-コマース空間でのオンライン販売は、うまくいくように見える。

 データ調査会社、Bluecoreのレポートによると、小売業者の36%は、自分たちの、e-コマースの売り上げが、2年間に、10%以上増加しているという。

・小売業者の86%は、この1年間に、e-コマースの売り上げが、増加するか、または、フラットに推移しているという。

・小売業者の16%は、この1年間に、e-コマースの売り上が、減少しているという。

3.Amazon Primeの無料の配送料は、Amazonの成功の、トップの要因である。

Eweek34
 Amazon Primeの配送料は、無料のため、顧客は、地域の小売店で、商品を購入する必要性がなくなる。

 小売業者の63%は、Amazon Primeプログラムを通して提供される、配送料が、無料なことが、Amazonの成功の主な要因であると回答した。

 さらに、小売業者の44%は、Amazon Primeの期待されたショッピングのオファーが、顧客を引き付けていると回答した。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

IoT標準とプロトコル(6) '17.08.16

【IoT標準とプロトコル(6)】 '17.08.16

 IoT標準とプロトコル

 By postscapes

 モノのインターネット(IoT)対応デバイスやアプリに含まれる、プロトコルの概要を紹介する。

 モノのインターネット(IoT)は、単一の制約されたデバイスから、組み込み技術とクラウド・システムの大規模なクロスプラットフォーム展開までを、リアルタイムに接続する。

 IoT標準化は、デバイスとサーバが、相互に、新しい方法で、互いに会話できるようにする、多数のレガシーと最新の通信プロトコルを、すべて、一緒にすることに取り組んでいる。

 同時に、さまざまな通信プロトコルを統一するために、数多くの提携や連合が形成されている。

    (続き)

8.垂直仕様

1)IEEE 1451は、マイクロプロセッサ、計測システム、制御ネットワークを、変換器に接続するための、オープンなネットワーク独立の通信インタフェースのセットを記述する、スマート変換器インタフェース標準である。

2)IEEE 1888.3-2013は、Ubiquitous Green Community Control Networkのセキュリティに対する、IEEE標準である。

3)IEEE 1905.1-2013は、ヘテロジニアルな技術用の、統合デジタル・ホーム・ネットワークに対する、IEEE標準である。

4)IEEE 802.16p-2012は、ブロードバンド無線アクセス・システム用の、エアー・インタフェースに対する、IEEE標準である。

5)IEEE 1377-2012は、ユーティリティ業界の計量通信プロトコルのアプリケーション層に対する、IEEE標準である。

6)IEEE P1856は、エレクトロニクス・システムの予後診断とデバイス管理に対する、標準フレームワークである。

 アーキテクチャ/グラフィク

 「IoTのIは、InternetのIである。」
Iot2

インターネット・プロトコル・スイート(TCP/IP)  IPスマート・オブジェクト・プロトコル・スイートIot3

図1)TCP/IPスタックとIPスマート・オブジェクト・プロトコル・スタック

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

IoT標準とプロトコル(5) '17.08.16

【IoT標準とプロトコル(5)】 '17.08.16

 IoT標準とプロトコル

 By postscapes

 モノのインターネット(IoT)対応デバイスやアプリに含まれる、プロトコルの概要を紹介する。

 モノのインターネット(IoT)は、単一の制約されたデバイスから、組み込み技術とクラウド・システムの大規模なクロスプラットフォーム展開までを、リアルタイムに接続する。

 IoT標準化は、デバイスとサーバが、相互に、新しい方法で、互いに会話できるようにする、多数のレガシーと最新の通信プロトコルを、すべて、一緒にすることに取り組んでいる。

 同時に、さまざまな通信プロトコルを統一するために、数多くの提携や連合が形成されている。

    (続き)

6.マルチ層フレームワーク

1)Alljoynは、デバイスやアプリが、互いに、発見したり、通信したりするのを、容易するための、オープンソースのソフトウェア・フレームワークである。

 IoTivityは、Linux Foundationによりホストされた、オープンソースのプロジェクトである。

2)IEEE P2413は、IoT用のアーキテクチャ・フレームワークの標準である。

3)Threadは、6LoWPANと共に、オープンな標準と、IPv6技術上に構築されている。

4)IPSO Application Framework(PDF)は、RESTインタフェースのセットを定義している、フレームワークである。

5)OMA LightweightM2M v1.0のモチベーションは、M2Mサービスを提供するための、展開可能な、クライアント・サーバ仕様を開発することである。

6)LightweightM2Mは、デバイス管理プロトコルであるが、アプリの要件に合わせて、拡張できるように、設計されるべきである。

7)Weaveは、デバイスのセットアップ、デバイスとクラウドのコミュニケーション、および、モバイル・デバイスからの、ユーザ対話を可能にする、IoTデバイス用の、通信プラットフォームである。

7.セキュリティ

1)Open Trust Protocol(OTrP)は、Trusted Execution Environment(TEE)において、セキュリティ構成を管理したり、アプリを、インストールしたり、更新したり、削除したりするための、プロトコルである。

2)X.509は、デジタル認証や、公開鍵暗号を管理するための、公開鍵基盤(PKI)の標準であり、Webやメールのコミュニケーションを安全にするために使用される、トランスポート層セキュリティ・プロトコルの主な部分である。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを狙っている。(3) '17.08.16

【Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを狙っている。(3)】 '17.08.16

 Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを目的にしている。 2017年8月14日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Facebookは、同社のSNSのユーザに、Facebook Watchビデオ・チャンネル・サービスを紹介した。

Eweek41
 何年か前に、Facebookは、ビデオが、自分たちのビジネスに、より重要になる方法について説明していた。

 Facebookは、ビデオに、大きな投資を実施し、ユーザに、同社のビデオ・チャンネル・サービスに渡り、コンテンツを作成し、共有するための機会を提供する。

 2017年8月10日に、Facebookは、ビデオ制作者が、自分たちの最新のコンテンツを投稿できる、新たなビデオ・チャンネル・プラットフォーム、Facebook Watchを発表した。

 このFacebook Watchビデオ・チャンネル・サービスは、あらゆるFacebookのアプリで、利用できるようになる。

 Facebook Watchビデオ・チャンネル・サービスの特徴を紹介する。

   (続き)

7.Facebook Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームは、さまざまなユーザ経験を提供する。

Eweek48
 Facebookは、Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームへのアクセスを、効率化することを試みている。

 これは、アプリ内の専用セクションに、Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームを配置することで実現される。

 Watchビデオ・チャンネル・サービスが開始されると、ユーザは、Facebookにより、プロモートされた、特集番組やエピソードのリストを見ることができるようになる。

 また、ユーザは、容易に、ビデオ・コンテンツを探したり、さまざまなショーを視聴したり、できるようになる。

 見たいショー番組は、ユーザが、最新のエピソードを見つけることのできる、ウォッチリストにおいて、容易にアクセスできるようになる。

 ユーザが、視聴したい、番組を選択すると、ビデオ・コンテンツのストリーミングが開始される。

 ユーザは、ビデオ・コンテンツを視聴しながら、コメントを投稿したり、予告編を見たり、あるいは、ビデオ・コンテンツを再生、停止、巻き戻したり、できるようになる。

8.Facebookのユーザは、ビデオ・コンテンツに、反応することができる。

Eweek49
 ビデオ・コンテンツへのユーザの反応が、ビデオ・コンテンツ制作者、他のFacebookユーザ、および、Facebookにとって、重要な要素となる可能性がある。

 ユーザは、ビデオ・コンテンツを再生しながら、リアクションを投稿したり、コメントを残したり、他のユーザの反応を見たりできるようになる。

 Facebookは、各ビデオ番組に、専用のグループを提供するので、ユーザ同士は、エピソードなどについて、議論できるようになる。

 これらのリアクションのすべては、Facebookが、Watchビデオ・チャンネル・サービスの発見機能を改善するためにも、使用される。

 これにより、ユーザは、最良のビデオ・コンテンツを、さらに容易に見つけることができるようになる。

9.Facebook Watchビデオ・チャンネルの、潜在的なインパクトは何か?

Eweek410
 Facebook Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームは、コンテンツ制作者と、同社のSNSサイトに、大きなビジネス機会をもたらし、Netflix、Hulu、Funny、あるいは、Dieといった、競合する、ビデオ配信サービスに、大きな打撃を与える可能性がある。

 この主な理由は、Facebookの規模にある。

 月間ユーザ数が、20億人以上いる、Facebookは、ビデオ・コンテンツのための、世界で最大のビデオ・チャンネル・プラットフォームを提供できるようになる。

 ビデオ・コンテンツの制作者は、売り上げが増えるなら、膨大なユーザに到達できる、Facebook Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームで、コンテンツを配信したいと思うだろう。

 また、ユーザは、慣れ親しんだ、FacebookのSNSサイトで、ビデオ・コンテンツを視聴し、コメントを投稿したり、番組のコンテンツなどに関することで、友達と会話したりできることを望むだろう。

10.Facebookは、Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームを、段階的に展開していく。

Eweek411
 Facebookは、最初に、米国の限定されたグループに、ビデオ・チャンネル・サービスを利用できるようにし、徐々に、他のユーザに提供を広げていく。

 また、Facebookは、最初に、コンテンツ制作者の限定されたグループに、Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームを利用できるようにし、徐々に、他のコンテンツ制作者が利用できるよう、広げていく。

 ただし、Facebookは、Watchビデオ・チャンネルが、すべてのユーザと、コンテンツ制作者に利用可能になるとは、述べていない。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月15日 (火)

Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを狙っている。(2) '17.08.15

【Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを狙っている。(2)】 '17.08.15

 Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを目的にしている。 2017年8月14日

 Facebookは、同社のSNSのユーザに、Facebook Watchビデオ・チャンネル・サービスを紹介した。
Eweek41_2
 By Don Reisinger、eWEEK

 何年か前に、Facebookは、ビデオが、自分たちのビジネスに、より重要になる方法について説明していた。

 Facebookは、ビデオに、大きな投資を実施し、ユーザに、同社のビデオ・チャンネル・サービスに渡り、コンテンツを作成し、共有するための機会を提供する。

 2017年8月10日に、Facebookは、ビデオ制作者が、自分たちの最新のコンテンツを投稿できる、新たなビデオ・チャンネル・プラットフォーム、Facebook Watchを発表した。

 このFacebook Watchビデオ・チャンネル・サービスは、あらゆるFacebookのアプリで、利用できるようになる。

 Facebook Watchビデオ・チャンネル・サービスの特徴を紹介する。

    (続き)

4.Facebook Watchビデオ・チャンネル・サービスに期待すること。

Eweek45
 Facebookは、同社のWatchビデオ・チャンネル・サービスが、コンテンツのあらゆるタイプを消費しようとしている、ユーザに、アピールすることを示した。

 Facebookは、同社のWatchビデオ・チャンネル・サービスで提供されるコンテンツが、ファンとコミュニティの、人気を呼ぶと述べた。

 Facebookは、同社のWatchビデオ・チャンネル・サービスで、連続ドラマ番組と共に、ファンと直接接続する、ライブ番組も提供するという。

 Facebookは、このWatchビデオ・チャンネル・サービスを通して、1週間に1試合を、ライブ中継放送することで、メジャーリーグと契約を交わした。

5.コンテンツ制作者は、自分たちのコンテンツで、売り上げを上げることができるようになる。

Eweek46
 Facebookによると、コンテンツ制作者は、このWatchビデオ・チャンネル・プラットフォームで、ビデオ・コンテンツを提供し、視聴者を増やすことで、売り上げを上げることができるようになるという。

 Facebookは、コンテンツ制作者が、自分たちの番組で、どのように、売り上げを上げることができるようになるかは、詳説していないが、より多くのFacebookのユーザにアピールし、視聴者を増やすことで、売り上げを上げられるようにする。

6.Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームは、さまざまなデバイスで、利用できるようになる。

Eweek47
 Facebookは、Watchビデオ・チャンネル・プラットフォームを、可能な限り、より多くの、コンテンツ制作者に利用できるようにすると共に、さまざまなデバイスで、利用できるようにする。

 このWatchビデオ・チャンネル・プラットフォームは、iOSや、Androidベースのスマートフォン用の、Facebookのアプリに、統合される。

 また、このWatchビデオ・チャンネル・サービスで配信される、ビデオ・コンテンツは、代表的なWebブラウザで、視聴できるようになる。

 さらに、Facebookは、このWatchビデオ・チャンネル・サービスで配信される、ビデオ・コンテンツを、スマートTVや、セットトップ・ボックス用のTVアプリで、利用できるようにする。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを狙っている。(1) '17.08.15

【Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを狙っている。(1)】 '17.08.15

 Facebookは、Facebook Watchで、ビデオ・チャンネルのプロバイダになることを目的にしている。 2017年8月14日

 Facebookは、同社のSNSのユーザに、Facebook Watchビデオ・チャンネル・サービスを紹介した。

Eweek41
 By Don Reisinger、eWEEK

 何年か前に、Facebookは、ビデオが、自分たちのビジネスに、より重要になる方法について説明した。

 Facebookは、ビデオに、大きな投資を実施し、ユーザに、同社のビデオ・チャンネル・サービスに渡り、コンテンツを作成し、共有するための機会を提供する。

 2017年8月10日に、Facebookは、ビデオ制作者が、自分たちの最新のコンテンツを投稿できる、新たなプラットフォーム、Facebook Watchを発表した。

 このFacebookのビデオ・チャンネル・サービスは、あらゆるFacebookのアプリで、利用できるようになる。

 これは、Facebookが、NetflixやHuluといった、他のビデオ・ストリーミング・サービス・プロバイダに、挑戦する、取り組みである。

 Facebookは、ライブ・ショーから、スポーツのライブ中継まで、あらゆる分野の番組を提供することを約束した。

 Facebookは、NetflixやHuluのような有名なビデオ・ストリーミング・サービス・プロバイダの競争相手としての地位を確立することを決定した。

1.Facebookは、同社のSNSサイトのユーザに、ストリーミング・ビデオ・コンテンツをアクセスできるようにする。

Eweek42
 Facebook Watchは、世界で、最も人気のある、ソーシアル・ネットワーク用の、新たなビデオ・プラットフォームである。

 このビデオ・チャンネル・サービスは、ユーザが、新たなコンテンツを追加できる、専用のWatchページから、ビデオ・コンテンツをアクセスできるようにする。

 このビデオ・チャンネル・サービスには、ウォッチリストの機能があるので、ユーザは、好みの連続番組において、新たなエピソードを、直ぐに見ることができる。

 Facebook Watchは、同社のSNSサイトのユーザが、無料で利用できるようになる。

2.Facebookが提供するビデオ・チャンネル・サービスには、ライブ番組も、録画番組もある。

Eweek43
 Facebookが提供する、このビデオ・チャンネル・サービスは、ビデオのライブ番組も、録画番組もあり、NetflixやHuluのような、ビデオ・ストリーミング・サービスの競合サービスになるだろう。

 このライブ・コンテンツには、スポーツのイベントのライブや録画番組も含まれる。

3.Facebookは、さまざまなコンテンツ・プロバイダが、ビデオ・コンテンツを提供できるようにする。

Eweek44
 小さなビデオ制作会社から、大手の放送局まで、あらゆるコンテンツ・プロバイダが、ビデオ・コンテンツの配信チャンネルとして、Facebook Watchビデオ・チャンネル・サービスを利用できるようになる。

 Facebookは、まだ、多くのビデオ番組を提供することを約束していないが、完結編も、連続ドラマ番組も、利用できるようになるという。

 Facebookは、このWatchビデオ・チャンネル・サービスを通して、映画を配信するかどうかは、明確にしていない。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

IoT標準とプロトコル(4) '17.08.15

【IoT標準とプロトコル(4)】 '17.08.15

 IoT標準とプロトコル

 By postscapes

 モノのインターネット(IoT)対応デバイスやアプリに含まれる、プロトコルの概要を紹介する。

 モノのインターネット(IoT)は、単一の制約されたデバイスから、組み込み技術とクラウド・システムの大規模なクロスプラットフォーム展開までを、リアルタイムに接続する。

 IoT標準化は、デバイスとサーバが、相互に、新しい方法で、互いに会話できるようにする、多数のレガシーと最新の通信プロトコルを、すべて、一緒にすることに取り組んでいる。

 同時に、さまざまな通信プロトコルを統一するために、数多くの提携や連合が形成されている。

   (続き)

5.セマンティクス

1)SensorMLは、センサーや測定プロセスを記述するための、標準モデルと、XMLエンコーディングを提供する。

2)Wolfram言語は、各デバイスのシンボリックな表現を提供する。

3)RAML(RESTful API Modeling Language)は、設計から、共有までの、APIライフサイクルを、容易に管理できるようにする。

4)SENML(Media Types for Sensor Markup Language)は、温度センサーといった、シンプルなセンサーは、HTTPかCoAPといった、プロトコルにおいて、このメディア型を使用できるようにする。

5)LsDL(Lemonbeat smart Device Language)は、サービス指向デバイス用の、XMLベースの言語である。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Automotive Edge Computingコンソーシアムは、コネクティッド・カー用のビッグデータのエコシステムを構築することを目指している。 '17.08.15

【Automotive Edge Computingコンソーシアムは、コネクティッド・カー用のビッグデータのエコシステムを構築することを目指している。】 '17.08.15

 Automotive Edge Computingコンソーシアムは、コネクティッド・カー用のビッグデータのエコシステムを構築することを目標にしている。 2017年8月11日

Dis1
 By disruptive

 トヨタ自動車、Intel、および、他の技術ベンダや、自動車会社は、コネクティッド・カーにおいて使用される、ビッグデータのエコシステムを確立するために、Automotive Edge Computingと呼ばれる、コンソーソアムを形成した。

 Ericsson、NTT DoCoMo、および、日本の大手自動車部品のメーカ、デンソーが、Automotive Edge Computingコンソーシアムのグループに加入した。

 このコンソーシアムは、知的なドライブ、リアルタイムなデータでの地図の作成、および、クラウド・コンピューティング・ベースの運転アシスタントといった、サービスを提供し、サポートするために、ビッグデータ&分析能力を活用することを目的にしている。

 車が、走行車線にとどまり、自動走行できるようになるには、さまざなセンサーやカメラを使用して、走行している周囲を含む、さまざまな情報を収集して、フィードバックできるようになる必要がある。

 また、コネクティッド・カーで、ユーザは、音声コマンドなどによる、ハンズフリーで、車載システムを操作したり、インターネットから、必要な情報を、適宜、取得して、利用したりできるようになる。

 これにより、コネクティッド・カーは、自動運転したり、運転を補助したり、予測的な保守サービスを可能にしたりできるようになり、車を、より安全で、快適にできるようになる。

 トヨタ自動車は、車載システムとクラウド間で転送される、データ量が、2025年には、現在よりも、1万倍大きな、1ヶ月当り、10エクサバイトに達すると予想している。

 先週、トヨタ自動車と、マツダ自動車は、電気自動車や、コネクティッド・カーの開発で、提携していくと発表した。

 ベストセラーのアプライアンス

IoT標準とプロトコル(3) '17.08.15

【IoT標準とプロトコル(3)】 '17.08.15

 IoT標準とプロトコル

 By postscapes

 モノのインターネット(IoT)対応デバイスやアプリに含まれる、プロトコルの概要を紹介する。

 モノのインターネット(IoT)は、単一の制約されたデバイスから、組み込み技術とクラウド・システムの大規模なクロスプラットフォーム展開までを、リアルタイムに接続する。

 IoT標準化は、デバイスとサーバが、相互に、新しい方法で、互いに会話できるようにする、多数のレガシーと最新の通信プロトコルを、すべて、一緒にすることに取り組んでいる。

 同時に、さまざまな通信プロトコルを統一するために、数多くの提携や連合が形成されている。

  (続き)

4.コミュニケーション/トランスポート層

1)WirelessHart技術は、フルレンジのプロセスの測定、制御、および、資産管理アプリケーションに対し、強固な無線プロトコルを提供する。

2)DigiMeshは、無線エンドポイント接続ソリューションにおいて、使用するための、ピアツーピアのネットワーキング技術である。

3)ISA100.11aは、International Society of Automation(ISA)により開発された、無線ネットワーキング技術の標準である。

4)IEEE 802.15.4は、低レートの無線パーソナル・エリア・ネットワーク(LR-WPAN)用の、メディア・アクセス制御と、物理層を規定する、標準であり、IEEE 802.15ワーキング・グループにより、維持管理されている。

5)NFCは、標準のISO/IEC 18092:2004をベースにしている。

6)ANTは、2.4GHzの産業、科学、医療への、RFスペクトラムの割り当てにおける、半導体無線オペレーティングを可能にする、無線通信プロトコル・スタックを特徴にしている、無線センサー・ネットワーク技術である。

7)Bluetoothは、2.4GHz ISMバンドで動作し、周波数ホッピングを使用する。

8)Eddystoneは、近接ビーコン・メッセージ用の、Bluetooth低エネルギー(BLE)メッセージ形式を定義する、プロトコル仕様である。

9)ZigBeeは、802.15.4標準を使用する、プロトコルであり、128ビットのAES暗号を使用できる。

10)欧州では868MHz、北米では315MHzの周波数で動作し、エネルギーを収集する、無線技術である。

11)WiMaxは、IEEE 802.16標準をベースにした、無線メトロポリタン・エリア・ネットワークを対象にしている。

 他には、Weightless、NB-IoT(Narrow-Band IoT)、LTE-MTC(LTE-Machine Type Communication)、EC-GSM-IoT(Extended Coverage-GSM-IoT)、LoRaWAN、RPMA (Random phase multiple access)、セルラー(GPRS/2G/3G/4G)がある。

Iot1
   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月14日 (月)

WannaCryは、2017年2Qに、サイバー犯罪者の攻撃を助長する。(2) '17.08.14

【WannaCryは、2017年2Qに、サイバー犯罪者の攻撃を助長する。(2)】 '17.08.14

 2017年2Qは、サイバー犯罪者の攻撃が、最も活発であった。 2017年8月11日

Eweek31_2
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 セキュリティ技術会社、ThreatMetrixのレポートによると、2017年2Qは、サイバー犯罪者の攻撃が、最も活発であったという。

 この「Q2 2017 ThreatMetrix Cybercrime」レポートは、2017年4月から6月に、実際に発生した、サイバー攻撃に関する、データを使用して編集された。

 eWEEKは、ThreatMetrix Cybercrimeレポートのハイライトのいくつかを紹介する。

    (続き)

4.地域により、攻撃の戦術が変化する。

 2017年2Qにおける、大陸ごとの、攻撃の戦術の割合

・北米 : デバイスのなりすまし(6.2%)、識別のなりすまし(4.6%)、IPのなりすまし(1.6%)、ボット(3.1%)

・ヨーロッパ : デバイスのなりすまし(7.1%)、識別のなりすまし(4.5%)、IPのなりすまし(2.3%)、ボット(2.9%)

・アジア : デバイスのなりすまし(7.7%)、識別のなりすまし(11.0%)、IPのなりすまし(2.2%)、ボット(6.8%)

・南米 : デバイスのなりすまし(7.1%)、識別のなりすまし(5.8%)、IPのなりすまし(0.5%)、ボット(2.6%)

・アフリカ : デバイスのなりすまし(6.3%)、識別のなりすまし(12.1%)、IPのなりすまし(9.2%)、ボット(5.1%)

・オーストラリア : デバイスのなりすまし(7.1%)、識別のなりすまし(5.8%)、IPのなりすまし(0.5%)、ボット(2.6%)

Eweek35
 攻撃の戦術は、地域により、多少異なる、サイバー詐欺に対して使用される。

 北米と西欧において、トップの攻撃の戦術は、「デバイスのなりすまし」であり、これに対し、アジアにおける、トップの攻撃の戦術は、「識別のなりすまし」であった。

5.モバイル詐欺は、ますます懸念されている。

 2016年1Qから、2017年2Qの四半期当たりの、モバイル攻撃の割合

・アカウントの生成の割合 : 2016年1Q(4.3%)、2Q(6.2%)、3Q(6.6%)、4Q(7.1%)、2017年1Q(6.8%)、2Q(8.0)

・アカウントのログインの割合 : 2016年1Q(1.0%)、2Q(1.3%)、3Q(1.4%)、4Q(1.0%)、2017年1Q(1.0%)、2Q(1.5%)

・電子決済の割合 : 2016年1Q(1.0%)、2Q(2.2%)、3Q(4.2%)、4Q(3.3%)、2017年1Q(3.6%)、2Q(3.8%)

Eweek36
 トランザクションの、あらゆる形態に対し、ユーザは、モバイル・デバイスの使用を増加させるので、モバイル詐欺の数は増大する。

 ThreatMetrixは、アカウントの作成と、電子決済トランザクションは、モバイル・デバイスで、特に、脆弱であると報告していた。

6.デバイスのなりすましは、トップの攻撃の戦術であった。

 2016年2Qと比較した、2017年2Qにおける、攻撃の戦術の割合

・「デバイスのなりすまし」の割合 : 2016年2Q(6.1%)、2017年2Q(6.7%)

・「識別のなりすまし」の割合 : 2016年2Q(3.9%)、2017年2Q(4.9%)

・「IPのなりすまし」の割合 : 2016年2Q(2.4%)、2017年2Q(2.0%)

・「ボット」の割合 : 2016年2Q(2.2%)、2017年2Q(3.2%)

Eweek37
 ThreatMetrixによると、「デバイスのなりすまし」は、2017年2Qに、トップの攻撃の戦術であったという。

 「デバイスのなりすまし」攻撃で、ハッカーは、デバイスの識別を変えるために、ブラウザや他のデバイスの設定を変更している。

7.米国のハッカーは、米国の消費者を、標的にしている。

 米国からのサイバー攻撃の、対象トップ5 : 米国、英国、カナダ、オーストラリア、日本

Eweek38
 サイバー攻撃の源を見ると、ThreatMetrixは、米国のハッカーからの攻撃は、米国の犠牲者を、最大の標的にしていることを発見した。

 ベストセラーのアプライアンス

WannaCryは、2017年2Qに、サイバー犯罪者の攻撃を助長する。(1) '17.08.14

【WannaCryは、2017年2Qに、サイバー犯罪者の攻撃を助長する。(1)】 '17.08.14

 2017年2Qは、サイバー犯罪者の攻撃が、最も活発であった。 2017年8月11日

Eweek31
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 セキュリティ技術会社、ThreatMetrixのレポートによると、2017年2Qは、サイバー犯罪者の攻撃が、最も活発であったという。

 この「Q2 2017 ThreatMetrix Cybercrime」レポートは、2017年4月から6月に、実際に発生した、サイバー攻撃に関する、データを使用して編集された。

 ThreatMetrix Digital Identity Networkにより検出された、データは、1ヶ月当たり、約20億トランザクションを分析して作成されていた。

 ThreatMetrixは、2017年2Qに、2016年2Qに検出された、サイバー攻撃の数の倍近くの、1億4400万回のサイバー攻撃を検出した。

 ThreatMetrixは、2017年中旬に、WannaCryランサムウェア攻撃に続く、大きなサイバー攻撃を検出していた。

 eWEEKは、ThreatMetrix Cybercrimeレポートのハイライトのいくつかを紹介する。

1.1億4400万回のサイバー攻撃が、検出され、停止された。

Eweek32
 ThreatMetrixによると、2017年2Qは、最もサイバー攻撃が多い、四半期であり、1億4400万回のサイバー攻撃が、検出され、停止されていた。

2.WannaCryランサムウェアの後に、大きなサイバー攻撃が検出された。

 2015年2Qから、2017年2Qにおける、毎日の攻撃率

Eweek33
 2017年2Qの、毎日の攻撃率を見ることで、ThreatMetrixは、WannaCryランサムウェア事件の後、2017年5月の中旬に、大きなサイバー攻撃を検出し、サイバー攻撃者が、この状況を利用することを狙っているのを発見した。

3.新たなアカウントの作成は、サイバー詐欺を増大させる。

・トランザクションのタイプ当たりのサイバー詐欺回数の割合

 電子決済 : 14%、アカウントのログイン : 83%、アカウントの作成 : 3%

・トランザクションのタイプ当たりのサイバー攻撃率

 電子決済 : 5.0%、アカウントのログイン : 3.1%、アカウントの作成 : 10.5%

Eweek34
 偽りのトランザクションに使用する、新たなアカウントを作成するために、盗んだ識別を使用している、サイバー詐欺の攻撃者が、増えている。。

 ThreatMetrixによると、新たなアカウント・アプリの、10.5%は、不正なアプリであったという。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

バッテリー・フリーのスマートフォンが、周囲から電力を得る。 '17.08.14

【バッテリー・フリーのスマートフォンが、周囲から電力を得る。】 '17.08.14

 シアトルのWashington大学の技術者が、周囲の無線信号や光から、電力を得る、バッテリー・フリーのスマートフォンのプロトタイプを発表した。2017年8月9日

By Amy Pollock、Reuters

 ベストセラーのアプライアンス

Amazonとソフトバンクが、インドの、新たなインターネット市場の1つで戦う。 '17.08.14

【Amazonとソフトバンクが、インドの、新たなインターネット市場の1つで戦う。】 '17.08.14

 Amazonとソフトバンクが、インドの、新たなインターネット市場の1つで戦う。 2017年8月11日

 By Newley PurnellとMayumi Negishi、marketwatch

 インドの消費者の多くは、スマートフォンを使用して、初めて、オンラインで買い物を開始している。
Wsj2_2
 ソフトバンクのCEO、Masayoshi Son氏は、AmazonのCEO、Jeff Bezos氏に、挑戦するために、インドのe-コマースのリーダ、Flipkartに投資するようだ。

 Amazonは、インドの成長する電子商取引市場において、優位性を示している。

 Amazon.comのCEO、Jeff Bezos氏は、インドの、新たな電子商取引市場において、ソフトバンクのCEO、Masayoshi Son氏と戦うように見える。

 中国の、電子商取引市場において、優位に立つことができなかった、AmazonのCEO、Jeff Bezos氏は、インド市場において、Amazon Indiaの事業を拡大させるために、50億ドルを投資している。

 2013年に設立された、Amazon Indiaは、専門的な技術や、広告キャンペーンを使用して、インドのe-コマースのリーダ、Flipkart Groupと戦っている。

 インドの多くの消費者は、手頃な価格のスマートフォンを使用して、初めて、オンライン・ショッピングを開始している。

 Son氏のソフトバンクは、インドのe-コマースのリーダ、Flipkart Groupに、約25億ドルの資金を投入するようだ。

 Flipkartによると、同社は、2017年4月に、Tencent Holdings、eBay、および、Microsoftから、合計で、14億ドルの投資を受けたという。

 これにより、Flipkartの現金レベルは、40億ドル以上になったようだ。

 Flipkartの資金は、ソフトバンクの、1000億ドル近い、Vision Fund(世界最大の技術基金)から、もたらされていた。

 このVision Fundは、Son氏が、新興市場の、新たに出現した、有望な分野に投資するために使用している。

 ベストセラーのアプライアンス

IoT標準とプロトコル(2) '17.08.14

【IoT標準とプロトコル(2)】 '17.08.14

 IoT標準とプロトコル

 By postscapes

 モノのインターネット(IoT)対応デバイスやアプリに含まれる、プロトコルの概要を紹介する。

 モノのインターネット(IoT)は、単一の制約されたデバイスから、組み込み技術とクラウド・システムの大規模なクロスプラットフォーム展開までを、リアルタイムに接続する。

 IoT標準化は、デバイスとサーバが、相互に、新しい方法で、互いに会話できるようにする、多数のレガシーと最新の通信プロトコルを、すべて、一緒にすることに取り組んでいる。

 同時に、さまざまな通信プロトコルを統一するために、数多くの提携や連合が形成されている。

・IoTプロトコル

    (続き)

3.データ・プロトコル

1)MQTT(Message Queuing Telemetry Transport)

 MQTTプロトコルは、極めて軽量な方法で、パブリッシュ/サブスクライブ・メッセージング・モデルを可能にする。

2)MQTT-SN(MQTT For Sensor Networks)

 MQTT-SNは、マシン・ツー・マシン(M2M)やモバイル・アプリ用に、軽量な方法で、特別に設計された、パブリッシュ/サブスクライブ・プロトコルである。

3)CoAP(Constrained Application Protocol)

 CoAPは、WSNノードといった、リソースが制約された、インターネット・デバイスにおいて、使用されることが意図された、アプリケーション層プロトコルである。

 CoAPは、Webと、シンプルに統合するために、HTTPへ、容易に変換するよう、設計されている。

4)STOMP(Simple Text Oriented Messaging Protocol)

 XMPP(Extensible Messaging and Presence Protocol)は、インスタント・メッセージング、マルチ・パーティ・チャット、音声コール、コラボレーションを含む、さまざまなアプリケーションを動かす、リアルタイムなコミュニケーション用の、オープンな技術である。

 Mihini/M3DAエージェントは、M2Mサーバと、組み込みゲートウェイで、実行するアプリケーション間の、仲介として振舞う、ソフトウェア・コンポーネントである。

5)AMQP(Advanced Message Queuing Protocol)

 AMQPは、メッセージ指向ミドルウェア用の、オープンな標準アプリケーション層プロトコルである。

6)DDS(Data-Distribution Service for Real-Time Systems)

 DDSは、リアルタイムと組み込みシステム用の、パブリッシュ/サブスクライブ・コミュニケーションに対応した、オープンな国際ミドルウェア標準である。

7)JMS(Java Message Service)

 JMSは、クライアント間で、メッセージを送信するための、Java Message Oriented Middleware(MOM)APIである。

8)LLAP(lightweight local automation protocol)

 LLAPは、通常のテキストを使用して、知的なオブジェクト間で、送信される、シンプルなショート・メッセージである。

9)LWM2M(Lightweight M2M)

 LWM2Mは、Open Mobile Allianceにおける、システム標準であり、オブジェクト構成と共に、デバイス・サーバ・インタフェースに、DTLS、CoAP、Block、Observe、SenML、および、Resource Directoryを含んでいる。

10)SSI(Simple Sensor Interface)

 SSIは、コンピュータ間、または、ユーザ端末とスマート・センサー間で、データを転送するよう、設計された、シンプルな通信プロトコルである。

11)REST(Representational state transfer)

 RESTは、分散システムにおいて、複数のソフトウェアを連携させるのに適した、ソフトウェアのアーキテクチャである。

 HTTP/2は、ネットワーク・リソースの、より効果的な使用を可能にする、Hypertext Transfer Protocolのバージョンの1つである。

12)SOAP(Simple Object Access Protocol)、JSON/XML、WebHooks、Jelastic、MongoDB

 SOAPは、XML Webサービスのための、XMLベースのRPCプロトコル

 Websocketは、HTML5イニシアティブの一部として、開発された仕様で、WebSocket JavaScriptインターフェイスを導入している。

     (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月13日 (日)

Apple Watchに、LTEモデムを搭載するのは、あまり意味がない。 '17.08.13

【Apple Watchに、LTEモデムを搭載するのは、あまり意味がない。】 '17.08.13

 Apple Watchに、LTEモデムを搭載するのは、あまり良いアイデアではないと思う。2017年8月11日

Dis1
 By disruptive

 噂によると、Appleの次版のApple Watchは、LTEモデムを搭載する予定だという。

 LTEモデムを搭載することにより、このApple Watchデバイスは、iPhoneスマートフォンとは、独立して、利用できるようになる。

 これは、ユーザが、このApple Watchデバイスを使用するために、極めて近い場所に、iPhoneスマートフォンを持っている必要がなくなることを意味する。

 しかし、筆者は、LTEモデムを使用することは無意味だと思うし、このApple Watchデバイスが持っている魅力にも、悪影響を与える可能性があると思っている。

 これには、2つの理由がある。

 1つ目の理由は、米国や西欧のユーザは、1日当たり平均300分間、スマートフォンを、使用していることである。

 これは、基本的に、ユーザが、自分たちのスマートフォンを、身近に置くことを意味している。

 このため、スマートフォンが、Bluetoothの範囲外にあるのは、極めて僅かな時間なので、ユーザは、Apple Watchデバイスを、常に、スマートフォンに接続することができる。

 このため、筆者は、Apple Watchデバイスが、セルラー・モデムを搭載することは、あまり意味がないと思っている。

 2つ目の理由として、LTEモデムは、コストがかかるり、スペースを取り、バッテリーを消費することである。

 バッテリーの寿命は、Apple Watchを含む、あらゆるウェアラブル・デバイスにとって、大きな問題である。

 筆者は、LTEモデムが、Apple Watchにおける、ユーザ経験に、悪影響をもたらす要因になると思う。

 Appleが、取り組みべきことは、このApple Watch製品に対する機能、または、ユースケースである。

 筆者は、このApple Watch製品が、決して日の光を見ることはないと考えている。

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoftは、ParticleとElectric Impリンクで、IoTのリーチを拡張する。 '17.08.13

【Microsoftは、ParticleとElectric Impリンクで、IoTのリーチを拡張する。】 '17.08.13

 Microsoft Azure IoT Hubは、ParticleとElectric Imp IoT接続性プラットフォームに接続する。 2017年8月7日

Eweek4
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftのモノのインターネット(IoT)デバイスの接続性と管理サービス、Azure IoT Hubは、企業が、新たな機能性を、IoT展開に付加できるようにする、ParticleとElectric Impプラットフォームに接続できるようにする。

 ParticleとElectric Impプラットフォームは、安全な、クラウド・ベースのIoT接続サービスを、独立的に提供する。

 新たなAzure IoT Hub統合は、顧客が、Microsoftの「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」ソリューションを追加できるようにし、IoTデバイスにより生成される、データから、付加的な価値を利用できるようにする。

 「Azure IoT Hubのデモ」の紹介ビデオ

 IoT Hubを通して、IoTデバイスのデータを得ると、Azure IoT Hub統合は、洞察を、容易に分析できるようになり、予測された保守、遠隔監視、および、Line of Business Applicationsへの完全な統合といった、さまざまな能力を視覚化し、開放する。

 ユーザは、自分たちのParticle Cloud、または、Electric Imp Cloudアカウントが、Azure IoT Hubインスタンスへアクセスするのを、許可することが要求される。

 一度、Microsoftのサービスに、コネクションが、直接確立されると、IoTデバイスのデータは、IoT Hubへ、流れを開始する。

 2017年5月に、Microsoftは、Google Maps APIを使用している、IoTデバイスの、位置情報の正確さを改善するために、Googleとパートナーを組んだ。

 このアプローチは、電力消費する、GPSコンポーネントを必要とすることなく、IoTデバイスの位置を、正確に認識できるようにすると共に、企業が、GPS衛星信号がブロックされる場所でも、IoTデバイスの追跡を維持できるようにする。

 Microsoftクラウド以外の場所で、Microsoftは、ユーザが、何10億ものIoTイベントを分析できるようにする、Azure Time Series Insights、データ・ストレージ、分析、および、視覚的なサービスへのアップデートを発表した。

 このアップデートは、ユーザが、より速い、根本原因の分析と調査を実行し、統計的に有意なパターンを、自動的に表示するのを支援する。

 センサーのデータを使用している、診断の問題を支援するために、Microsoftは、よりきめ細かな制御を提供する、新たな時間間隔スライダを追加した。

 さらに、時間ブラシ・ツールは、ユーザが、センサーのデータを含む、時間範囲間を、ジャンプするための、より直感的な方法を提供する。

 Microsoftのグローバルな分散クラウド・データベース、Cosmos DB向けに、Microsoftは、最近、Change Feed Processor Libraryをデビューした。

 MicrosoftのChange Feed Processor Libraryは、ユーザが、IoTデータを含む、アップデートにおいて、リアルタイムな処理を実行できるようにする。

 Cosmos DB Change Feed Processor Libraryに関する、より多くの情報は、このブログの投稿で提供されている。

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookが、新たなビデオ・プラットフォーム、Watchを紹介した。 '17.08.13

【Facebookが、新たなビデオ・プラットフォーム、Watchを紹介した。】 '17.08.13

 Facebookが、新たなビデオ・プラットフォーム、Watchを紹介した。2017年8月9日

 By Daniel Danker、Facebook

Fb1
 Facebookで、ビデオを見ることは、人をつなぎ、会話を誘発し、コミュニティを育てる力を持っている。

 現在、Facebookにおいて、ビデオは、ニュースフィードや、友達とのコミュニケーションを通して、発見され、コミュニティを形成する可能性を持っている。

 Facebookのユーザは、ニュースフィードで、興味深いビデオを見つけやすく、視聴しながら、友達と会話することができる、専用の場を望んでいる。

 このため、Facebookは、2016年に、米国において、Facebookで、見たいビデオを、容易に発見するための場を提供する、Videoタブを開始した。

1.Watchプラットフォームの紹介

 Facebookは、Facebookで、ビデオを見るための、新たなプラットフォーム、Watchを紹介する。

 Watchプラットフォームは、モバイル・デバイス、デスクトップPC、ノートPC、および、FacebookのTVアプリで利用できるようになる。

 Watchプラットフォームは、パーソナライズされており、友達やコミュニティが、見ているものを中心にして編成された、新しいビデオ番組を発見するために、役に立つだろう。

 例えば、ユーザは、Watchプラットフォームの、「最も話題の」といったセクションで、興味深いビデオ番組を見つけ、このビデオ番組に関する話題の会話に参加できるようになる。

 また、Watchプラットフォームには、「何のビデオが、多くの人を、笑わせているか?」や「友達は、何のビデオを見ているか?」といったセクションもある。

 Facebookは、Facebook Liveにおける、ビデオに対する、ユーザのコメントやリアクションから、さまざまなことを学んできた。

 ユーザは、ビデオ番組を見ているときに、コメントを見たり、コメントしたり、推奨したり、友達と意見を交わしたりすることができる。

 また、ユーザは、ビデオ番組専用のFacebookのグループに参加し、番組や出演者などに関する情報を取得したり、同じビデオ番組に関心のある、友達や、他のユーザと会話したりすることもできる。

 Watchは、ビデオ制作者や放送局が、自分たちのビデオ番組を、Facebookユーザに、見つけやすくし、視聴者を集め、視聴者と対話できるようにするための、プラットフォームでもある。

 Watchプラットフォームは、熱心なファンのコミュニティを構築し、ビデオ番組の視聴者を増やし、番組を改善していくことにも貢献できるだろう。

 「Facebookの、新たなビデオ・プラットフォーム、Watchの紹介」ビデオ

2.Watchプラットフォームを使用する、ビデオ番組の制作者や放送局

・Nas Dailyは、世界中のファンと一緒に、ビデオを制作し、毎日のショー番組を配信するために、Watchプラットフォームを使用する。

・New York Timesのベストセラー作家、Gabby Bernstein氏は、ファンとつながり、リアルタイムに質問に答えるために、Watchプラットフォームで、録画されたエピソードと、ライブのエピソードの組み合わせを使用する。

・Watchプラットフォームで、メジャー・リーグのプロ野球の試合が、1週間に1試合、放送され、Facebookユーザは、友達や他のファンと会話しながら、試合を見ることができるようになる。

 Watchは、ドキュメンタリー番組から、コメディ、スポーツの試合のライブ中継まで、さまざまな、ビデオ番組のプラットフォームになるだろう。

 ビデオ番組の制作者や放送局は、ファンやコミュニティと接続するために、Watchプラットフォームを使用することも可能になる。

 Facebookは、Watchプラットフォームを、米国のユーザの、限定されたグループに紹介し、フィードバックしながら、徐々に、他のユーザに、利用できるようにしていく計画である。

 ベストセラーのアプライアンス

シャクトリムシのように、前進する、新しいポリマー '17.08.13

【光の影響を受けて歩く、新しいポリマーが開発された。】 '17.08.13

 オランダと米国の科学者が、光の影響を受けて歩く、新しいポリマーを発見した。 2017年8月7日 by Reuters

 オランダと米国の科学者が、光の影響を受けて波打ち、シャクトリムシのように、前進する、新しいポリマーを開発した。

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年8月6日 - 2017年8月12日 | トップページ | 2017年8月20日 - 2017年8月26日 »

ウェブページ

広告2