« 2017年7月30日 - 2017年8月5日 | トップページ | 2017年8月13日 - 2017年8月19日 »

2017年8月6日 - 2017年8月12日

2017年8月12日 (土)

Facebookは、ビデオ・チャンネル「Watch」の提供を開始する。 '17.08.12

【Facebookは、ビデオ・チャンネル「Watch」の提供を開始する。】 '17.08.12

 Facebookは、ビデオ・チャンネル「Watch」の提供を開始する。 2017年8月10日

 By disruptive

Dis1
 今週、Facebookは、女子プロバスケットボールの試合から、サファリのショー、子育て番組まで、さまざまな番組を提供する、この「Watch」と呼ばれる、ビデオ・チャンネルを提供することにより、TV市場に参入することを発表した。

 Facebookの「Watch」ビデオ・チャンネルが、Facebookのモバイル・アプリ、Webサイト、および、TVアプリで、米国において、限定されたグループに提供される。

 「Facebookが、Watchで、TV市場に、本格的に参入する。」紹介ビデオ

 この世界最大のSNSサイト、Facebookは、2016年に、ビデオ・タブを追加しており、ユーザにより作成される、ビデオだけでなく、同社が、制作したビデオの提供元になることを望んでいる。

 Reutersによると、2017年5月に、Facebookは、Vox Media、BuzzFeed、ATTN、Group Nine Mediaといった、ニュースやエンターテインメント番組の制作会社と、契約を交わしたという。

 Facebookの製品ディレクタによると、Facebookのユーザは、ニュース・フィードで、意外性のあるビデオを発見することを好んでいるという。

 Facebookによると、同社が提供する番組には、Women's National Basketball Associationの女子プロバスケットボールの試合のビデオ、Timeの子育て番組、National Geographicのサファリのショーなどがあるという。

 Facebookは、既に、いくつかのメジャー・リーグの野球の試合のビデオも放送している。

 最終的に、このFacebookのWatchプラットフォームは、ビデオを配信する場所として、さまざまな番組の制作者に公開される。

 Facebookは、従来のTVネットワークだけでなく、NetflixやYouTube、TwitterやSnapといった、多くのSNSサイトが、既に、プレゼンスを確立している、TVやビデオの市場に、本格的に参入するようだ。

 FacebookのTVやビデオ市場における、ビジネス・モデルは、広告、SNSサービス、コミュニケーション、コミュニティといった特徴があるようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

NTTと、6ベンダーが、国際標準の直径のガラスを使用した、マルチコア・ファイバーの開発を紹介する。 '17.08.12

【NTTと、6ベンダーが、国際標準の直径のガラスを使用した、マルチコア・ファイバーの開発を紹介する。】 '17.08.12

 NTTと、6ベンダーが、国際標準の直径のガラスを使用した、マルチコア・ファイバーの開発を紹介する。2017年8月10日

Dis3
 By disruptive

 NTTと、6社のパートナー・ベンダ(KDDI Research、Sumitomo Electric Industries、Fujikura、Furukawa Electric、NEC、Chiba Institute of Technology)は、既存の光ファイバーと同じ直径を持ち、118.5Tbpsの、世界最大の伝送容量を達成した、4つのオプティカルなパスを持つ、マルチコアの光ファイバーの開発を紹介した。

 NTTと、6社のパートナー・ベンダは、複数のベンダの技術からなる、マルチコアのファイバー・ベースの、大きな容量を持つ、伝送システムの概念を証明することに取り組んでいる。

 これらのベンダは、マルチコアの光ファイバー技術の、実用化を進めていく。

 特に、データセンター間で、情報を高速に転送するために、伝送容量の需要が増加するので、研究者は、複数のオプティカルなパスを持つ、マルチコアの光ファイバーを開発することの可能性に投資してきた。

 これらのベンダは、10のコアを持つ、マルチコアの光ファイバーを使用している、超大容量の伝送実験を紹介した。

 しかし、より太いファイバー・グラスが必要になる、10のコアを持つ、マルチコアの光ファイバーを、現在の国際標準(125マイクロメータ)に準拠した、従来の直径を持つ、マルチコアの光ファイバーにするには、製造工程における進歩が必要になる。

 NTTによると、このような多くのコアを持つ、国際標準(125マイクロメータ)に準拠した、従来の直径を持つ、マルチコアの光ファイバーを実用化させるには、10年以上かかるという。

 このマルチコアの光ファイバーの実用化を加速させるために、NTT、KDDI Research、Sumitomo Electric、Fujikura、Furukawa、NEC、および、CITは、既存のオプティカル・ファイバー技術を使用でき、既存の光ファイバーと同じ、伝送品質を維持しながら、現在の国際標準(125マイクロメータ)に準拠した、従来の直径を持つ、マルチコアのファイバーを開発している。

 これらのベンダは、0.21dBの平均損失、マルチコアの光増幅器、および、既存の光コネクタで、複数のベンダにより製造される、光ファイバーの、316Kmのマルチコアの伝送ラインを使用することで、118.5Tbpsの伝送速度を達成した。

 NTTと、6社のパートナー・ベンダによると、2020年までに、国際標準(125マイクロメータ)に準拠した、直径を持つ、マルチコアの光ファイバーを実用化させる計画であるという。

 この計画は、特に、National Institute of Information and Communications Technology(NICT)により依頼された、作業に基づいている。

 ベストセラーのアプライアンス

Amazonが、家庭に配達するために開発している、新たなフード技術の紹介ビデオ '17.08.12

【Amazonが、家庭に配達するために開発している、新たなフード技術の紹介ビデオ】'17.08.12

 By Reuters

 Amazonが、家庭に配達するための、新たなフード製品の開発に取り組んでいる。2017年8月10日

 ベストセラーのアプライアンス

IoT標準とプロトコル(1) '17.08.12

【IoT標準とプロトコル(1)】 '17.08.12

 IoT標準とプロトコル

 By postscapes

 モノのインターネット(IoT)対応デバイスやアプリに含まれる、プロトコルの概要を紹介する。

 モノのインターネット(IoT)は、単一の制約されたデバイスから、組み込み技術とクラウド・システムの大規模なクロスプラットフォーム展開までを、リアルタイムに接続する。

 IoT標準化は、デバイスとサーバが、相互に、新しい方法で、互いに会話できるようにする、多数のレガシーと最新の通信プロトコルを、すべて、一緒にすることに取り組んでいる。

 同時に、さまざまな通信プロトコルを統一するために、数多くの提携や連合が形成されている。

・IoTプロトコル

 OSIモデルのような、既存のアーキテクチャ・モデルの上に、すべてのIoTプロトコルを適合させるのではなく、あるレベルの機関に提供するために、プロトコルを、下記のレイヤに分割した。

1)基盤(6LowPAN、IPv4/IPv6、RPLなど)

2)識別(EPC, uCode, IPv6, URIなど)

3)通信・トランスポート(Wi-Fi、Bluetooth、LPWANなど)

4)発見(Physical Web、mDNS、DNS-SDなど)

5)データ・プロトコル(MQTT、CoAP、AMQP、Websocket、Nodeなど)

6)デバイス管理(TR-069、OMA-DMなど)

7)セマンティック(JSON-LD、Web Thing Modelなど)

8)マルチ層フレームワーク(Alljoyn、IoTivity、Weave、Homekitなど)

・セキュリティ

1)垂直業界(Connected Home、Industrialなど)

1.基盤

1)IPv6は、パケット・スイッチ相互ネットワーキング用の、インターネット層プロトコルであり、複数のIPネットワークに渡り、エンドツーエンドのデータグラム伝送を提供する。

2)6LoWPANは、「IPv6 over Low power Wireless Personal Area Networks」の略語であり、各ノードが、IPv6アドレスを持つ、低消費電力でオープンな、無線メッシュ・ネットワークである。

3)UDP(User Datagram Protocol)は、IPベースの、クライアント・サーバ・ネットワーク・アプリケーション用の、シンプルなOSIトランスポート層プロトコルである。

 UDPは、TCPの主な代替であり、1980年に紹介された、最も古い、ネットワーク・プロトコルの1つである。

 UDPは、しばしば、リアルタイムな性能に、最適化された、アプリにおいて、使用されている。

4)QUIC (Quick UDP Internet Connections)は、UDP上で、2つのエンドポイント間における、マルチプレクサ接続のセットをサポートし、TLS/SSLと同等のセキュリティ保護を提供するように設計されている。

5)Aeronは、効率的で、高信頼性の、UDPユニキャスト、UDPマルチキャスト、および、IPCメッセージ転送である。

6)uIPは、8ビット、および、16ビットの、小型マイクロコントローラで使用できる、オープン・ソースのTCP/IPスタックである。

7)DTLS(Datagram Transport Layer)は、DTLSプロトコルは、クライアント・サーバ・アプリが、高信頼で、セキュアに通信できるようにし、データグラム・プロトコルの通信プライバシーを提供する。

 DTLSプロトコルは、Transport Layer Security(TLS)プロトコルをベースにしている。

7)NanoIPは、TCP/IPのオーバーヘッドなく、インターネット的なネットワーキング・サービスを、組み込みデバイスや、センサー・デバイスにもたらすために、作成された、概念である。

8)Content-Centric Networking(CCN)は、コンテンツの配信、スケーラビリティ、モビリティ、および、セキュリティにおける、課題を解決するための、次世代ネットワーク・アーキテクチャである。

9)Time Synchronized Mesh Protocol(TSMP)は、モテスと呼ばれる、無線デバイスの、自己編成ネットワーク用の、コミュニケーション・プロトコルである。

2.発見

1)mDNS(multicast Domain Name System)は、ローカル・ネーム・サーバを含まない、小さなネットワーク内の、IPアドレスに、ホスト名を決定する。

2)Physical Webは、Bluetooth Low Energy(BLE)ビーコンを使用して、周囲の環境内のオブジェクトによって、ブロードキャストされている、URLのリストを表示できるようにする。

3)HyperCatは、URIのコレクションを公開するための、オープンな、JSONベースの、ハイパーメディア・カタログ形式である。

4)UPnP(Universal Plug and Play)は、Open Connectivity Foundationにより管理されている、ネットワーク・デバイスが、ネットワーク上で、他の存在を発見できるようにし、データの共有、コミュニケーション、および、エンターテインメントのために、機能的なネットワーク・サービスを確立できるようにする、ネットワーキング・プロトコルのセットである。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC(3) '17.08.12

【エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC(3)】 '17.08.12

 エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC 2017年8月10日

 デスクトップPCは、最もファッショナブルなPCモデルではないかも知れないが、企業ユーザに、大きな価値をもたらしている。

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 デスクトップPCには、通常、モニタ、キーボード、マウス、および、他のアクセサリーが必要であるが、予算に応じて、さまざまな価格帯のPCがある。

 eWEEKは、ユーザが、適切なデスクトップPCを見つけることができるように、ベスト10モデルを概説する。

    (続き)

8.Appleのポピュラーな、macOSベースのデスクトップPC、iMac

Eweek39
 iMacのオペレーティング・オペレーティングは、Windowsではなく、Apple独自の、macOSである。

 iMacには、21.5インチのディスプレーと、最大で、3.6GHzのクアドコア、Intel i7プロセッサが搭載されている。

 iMacは、最大で、32GBのメモリと、1TBの半導体ストレージを搭載することができる。

 Appleは、AMD Radeon Pro 560グラフィクス・チップを、オプションとして提供している。

 AppleのiMacの販売価格は、1099ドルからである。

9.Acerの、低電力で、手頃な価格のデスクトップPC、Acer Veriton X

Eweek310
 Acerの、Acer Veriton Xには、Intel Core i3プロセッサと、HD Graphics 630が搭載されている。

 Acer Veriton Xは、最大で、8GBのメモリ、1TBのハード・ドライブを搭載することができる、手頃な価格の、デスクトップPCである。

Eweek3
 Acer Veriton Xには、Windows 7、または、Windows 10が、プレインストールされて、出荷される。

 Acer Veriton Xには、3.4GHz Intel Core i7を搭載したモデルもある。

 Acer Veriton Xの販売価格は、400ドルからである。

10.Chrome OSユーザ向けの、デスクトップPC、Acer Chromebox

Eweek312
 AcerのAcer Chromeboxは、GoogleのChrome OSオペレーティング・システムを搭載した、デスクトップPCである。

 Acer Chromeboxは、通常のネットワーク・ルータと同じぐらいの大きさである。

Eweek32
 Acer Chromeboxには、Intel Celeronプロセッサと、Intel HDグラフィクスが搭載されている。

 Acer Chromeboxには、2GBか4GBのメモリと、最大で、16GBのストレージを搭載することができる。

 Acer Chromeboxの販売価格は、180ドルからである。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月11日 (金)

エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC(2) '17.08.11

【エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC(2)】 '17.08.11

 エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC 2017年8月10日

 デスクトップPCは、最もファッショナブルなPCモデルではないかも知れないが、企業のユーザに、大きな価値をもたらしている。

Eweek31_3
 By Don Reisinger、eWEEK

 デスクトップPCには、通常、モニタ、キーボード、マウス、および、他のアクセサリーが必要であるが、予算に応じて、さまざまな価格帯のPCがある。

 eWEEKは、ユーザが、適切なデスクトップPCを見つけることができるように、ベスト10モデルを概説する。

    (続く)

5.Lenovoのモバイル・フレンドリな、デスクトップPC、ThinkCentre M910

Eweek36

 ThinkCentre M910は、584.10ドルの、手頃な価格のデスクトップPCである。

 LenovoのThinkCentre M910は、Intel Core i3、Core i5、または、Core i7プロセッサを搭載しており、半導体ドライブをサポートしている。

 ThinkCentre M910の前面には、ロック可能な隔室があるので、ハード・ドライブを盗み出すのを困難にしている。

 Lenovo ThinkCentre M910は、セキュリティ保護レイアを装備するために、Trusted Platform Module(TPM) 2.0をサポートしている。

 ThinkCentre M910の上部には、持ち運びを、容易にする、取っ手が付いている。

6.Lenovoの、極めて小さな、デスクトップPC、ThinkCentre M710 Tiny

Eweek37
 ThinkCentre M710 Tinyは、最小のデスクトップPCの1つであり、約7インチの幅と奥行き、1.4インチの高さしかない。

 ThinkCentre M710 Tinyは、最大、Intel Core i7プロセッサと32GBのメモリを搭載した、強力なボックス型の構成になる。

 ユーザは、半導体ドライブ上に、オプションとして、最大で、512GBのストレージを、搭載することができる。

 ThinkCentre M710 Tinyのグラフィクスには、Intel HD Graphicsが搭載されている。

 モバイル・ユーザに、アピールするために、ThinkCentre M710 Tinyを、801.11ac WiFi接続性で構成することもできる。

 ThinkCentre M710 TinyデスクトップPCの価格は、404.10ドルからである。

7.Velocity Microの高パワーのデスクトップPC、ProMagix HD60

Eweek38
 すべてのユーザが、大手のブランドの、高パワーのデスクトップPCを探している訳ではない。

 Velocity Microのようなベンダは、ProMagix HD60と呼ばれる、ワークステーションPCを提供している。

 このワークステーションPCは、第7世代のIntel Coreチップ、Nvidiaのグラフィクス、および、複数のハード・ドライブ・ベイを搭載している。

 ただし、Velocity MicroのProMagix HD60、ワークステーションPCには、ソフトウェアが添付されていない。

 このワークステーションPC、ProMagix HD60の基本価格は、1,269ドルからである。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC(1) '17.08.11

【エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC(1)】 '17.08.11

 エンタープライズ・ワークロードを追跡するための、ベスト10デスクトップPC 2017年8月10日

 デスクトップPCは、最もファッショナブルなPCモデルではないかも知れないが、企業のユーザに、大きな価値をもたらしている。

Eweek31_2
 By Don Reisinger、eWEEK

 デスクトップPCは、最もファッシュナブルなPCモデルではないかも知れないが、企業のユーザに、大きな価値をもたらす。

 タワー型や2-in-1型のデスクトップPCは、一般的に、ノートPCよりも、大きな処理パワーを提供する。

 デスクトップPCには、通常、モニタ、キーボード、マウス、および、他のアクセサリーが必要になるが、予算に応じて、さまざまな価格帯のPCがある。

 デスクトップPCは、さまざまなメーカから提供されており、メーカは、堅実な顧客サービス&サポートを提供している。

 多くのデスクトップPCのモデルは、コンピュータ・ショップでも販売されているが、最適なPCを決定するのは、一般の消費者や企業のユーザには、難しいだろう。

 eWEEKは、ユーザが、適切なデスクトップPCを見つけることができるように、ベスト10モデルを概説する。

1.HPのオールインワンPC、EliteOne 800

Eweek32
 HPのオールインワンPC、EliteOne 800は、23.8インチのフルHDディスプレイを特徴としている。

 このオールインワンPCは、Intel HDグラフィクス・チップを搭載しているが、AMD Radeon離散的なグラフィクス・チップのオプションも提供している。

 HPのEliteOne 800は、ハードウェアで実装された、多要素認証を含む、いくつかのセキュリティ機能を持っており、ユーザが、カメラによる顔認識、指紋センサー、あるいは、スマートカード・リーダで、ログインできるようにする。

 HPのオールインワンPC、EliteOne 800は、自己修復BIOSを搭載している。

 このオールインワンPCの価格は、997ドルからである。

2.HPの省スペースPC、EliteDesk 800

Eweek33
 より小さなデスクトップPCを探している、企業は、省スペースPC、HP EliteDesk 800 Desktop Miniを考慮しよう。

 この約7インチの幅と、7インチの奥行を持つ、HPの省スペースPC、HP EliteDesk 800 Desktop Miniは、Intelの第7世代のCoreプロセッサを搭載している。

 ユーザは、Intel Optaneメモリを選択したり、Sure StartとSecurity Suiteを含む、HPのエンタープライズ・サービスを利用したりすることもできる。

 このHP EliteDesk 800 Desktop Miniは、ミリタリー級のセキュリティ保護能力を装備することもできる。

 このEliteDesk 800 Desktop Miniの価格は、704.65ドルからである。

3.DellのポピュラーなミッドレンジのPC、Precision Tower 5000

Eweek34
 DellのPrecision Tower 5000は、処理パワーと、手頃な価格の、より良いバランスを提供している。

 このデスクトップPCは、Intel Xeonプロセッサを搭載し、最大で、2つのグラフィクス・カードと、4台のハード・ドライブを構成することができる。

 このデスクトップPCの、基本モデルには、8GBのRAMが搭載されており、最大で32GBまで拡張することができる。

 ユーザは、Precision Tower 5000デスクトップPCを構成する場合、NvidiaかAMDの、どちらかのグラフィクス・カードを選択することができる。

4.Dellの魅力的なタワー型デスクトップPC、XPS Tower

Eweek35
 より高性能な、タワー型デスクトップPCを望んでいる、ユーザは、ハイエンドのDell XPS Towerを考慮しよう。

 Intel Optaneメモリを搭載した、このタワー型のデスクトップPCの価格は、1,199ドルからである。

 このデスクトップPCは、Intel Core i5かIntel Core i7プロセッサのどちらかと、Nvidia GeForce GTX 1080グラフィクス・チップを搭載している。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

SK Telecomは、Nugu AIスピーカのmini-me版をリリースする。 '17.08.11

【SK Telecomは、Nugu AIスピーカのmini-me版をリリースする。】 '17.08.11

 SK Telecomは、Nugu人工知能(AI)スピーカのミニチュア版である、mini-me版をリリースした。 2017年8月9日

 By disruptive

Dis2
 SK Telecomは、映画情報、金融サービス、オーディオ書籍サービスといった、新機能を提供する、Nugu人工知能(AI)スピーカのミニチュア版である、mini-me版のリリースを発表した。

 Nugu AIスピーカは、音声認識技術に基づいた、SK TelecomのAIサービスと、韓国語の音声コマンドをサポートする、音声コマンド対応スピーカである。

 これは、AmazonのAlexa音声対応デジタル・アシスタントと、Echoスピーカの関係と似ている。

 SK Telecomによると、Nugu AIスピーカは、2016年9月に発売されて以来、2017年7月には、販売累積台数が15万台を超えたという。

 Nuguは、音声認識の正確さを向上させるためなどに、クラウド・ベースの深層学習技術を使用している。

 SK Telecomによると、1億3000万以上の会話が、Nuguのクラウド・サーバに保存されており、Nuguの音声認識率が、子供の声と韓国の方言に対し、増加したという。

 Nugu Mini版は、従来のNugu AIスピーカより小さく、バッテリ駆動時間は、4時間であり、屋内でも、室内でも使用できる。

 Nugu AIスピーカと、同じ機能を提供する、Nugu Mini版は、音楽(SK TelecomのMelonサービス)、IoTホーム制御、スケジュール・マネージャ、天気予報、IPTVコントロール、交通情報、食べ物の注文配達を含む、30種類以上の機能をサポートしている。

 また、Nugu Mini版は、5種類の新機能、金融サービス(KB Kookmin Bank、KEB Hana Bank)、映画情報、韓国語-英語辞書、オーディオ書籍サービス(Audien)、および、エンハンスされた、双方向コミュニケーション・サービスをサポートする。

 Nugu Mini版は、デジタル・オーディオ・プレーヤを作成している、iRiverにより、製造されている。

 ベストセラーのアプライアンス

Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。(3) '17.08.11

【Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。(3)】 '17.08.11

 Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。 2017年8月9日

 Moto G5S Plusは、予算のない、ユーザに、人気のある、230ドルと、手頃な価格のスマートフォンである。

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungが、同社のGalaxy Note 8をリリースする準備をしたり、Appleが、同社のiPhone 8をリリースする準備をしたりしているので、より小さなスマートフォン・ベンダは、ミッドレンジのスマートフォンの提供を計画している。

 eWEEkは、Moto G5 Plusが、ハイエンドのスマートフォンを求めている、ユーザに、手頃な価格のスマートフォンである、理由を紹介する。

   (続き)

8.Moto G5 Plusスマートフォンには、ほとんどのニーズに対応できる、データ・ストレージが装備されている。

Eweek39
 Moto G5 Plusスマートフォンは、ミッドレンジのスマートフォンであるが、Motorolaは、驚くほど強力なストレージを、デバイスに提供している。

 このMoto G5 Plusスマートフォンは、microSDカードの、最大128GBのストレージと共に、オンボード・ストレージの、32GBか64GBのオプションを持っている。

9.Moto G5 Plusスマートフォンは、ロック解除されたスマートフォンである。

Eweek310
 Moto G5 Plusスマートフォンは、CDMAとGSMネットワークの両方で動作できる、ロック解除されたスマートフォンである。

 これは、米国のユーザが、自分が選択したネットワークで、Moto G5 Plusスマートフォンを使用して、電話をかけられることを意味している。

10.Moto G5 Plusスマートフォンの価格は、魅力的である。

Eweek311
 しかし、最終的に、一部のユーザとって、Moto G5 Plusスマートフォンが、魅力的なのは、230ドルという、低価格である。

 Motorolaによると、64GBのストレージを搭載した、Moto G5S Plusスマートフォンは、300ドルで、2017年8月に、海外市場で、2017年秋に、米国で、発売される予定だという。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月10日 (木)

Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。(2) '17.08.10

【Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。(2)】 '17.08.10

 Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。 2017年8月9日

 Moto G5S Plusは、予算のない、ユーザに、人気のある、230ドルと、手頃な価格のスマートフォンである。

Eweek31_3
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungが、同社のGalaxy Note 8をリリースする準備をしたり、Appleが、同社のiPhone 8をリリースする準備をしたりしているので、より小さなスマートフォン・ベンダは、ミッドレンジのスマートフォンの提供を計画している。

 eWEEkは、Moto G5 Plusが、ハイエンドのスマートフォンを求めている、ユーザに、手頃な価格のスマートフォンである、理由を紹介する。

   (続き)

4.Moto G5 Plusスマートフォンには、Android Nougat版が搭載される。

Eweek35
 Moto G5 Plusスマートフォンには、最近の、新しいソフトウェアを使用したい、ユーザ向けに、Android Nougatが搭載されている。

 このMoto G5 Plusスマートフォンには、セキュリティ機能を修正した、古い版のAndroid Nougat 7.0版をアップデートした、Android Nougat 7.1版をインストールして、使用することもできる。

 Android Nougat 7.0版をアップデートした、このAndroid Nougat 7.1版は、セキュリティを意識した、ユーザ向けに提供される。

5.Moto G5 Plusスマートフォンには、シングル・レンズのカメラを搭載している。

Eweek36
 このMoto G5 Plusスマートフォンの、シングル・レンズのカメラは、オートフォーカス機能を持ち、12メガピクセルの解像度の写真を撮ることができる。

 Moto G5 Plusスマートフォンで、ユーザは、4K Ultra HDの、ビデオを録画することができる。

 Moto G5 Plusスマートフォンの前面には、標準の5メガピクセルの広角レンズのカメラが付いている。

6.Moto G5 Plusスマートフォンには、ミッドレンジのバッテリー容量を持っている。

Eweek37_2
 Moto G5 Plusスマートフォンには、3000 mAhのバッテリーが搭載されてる。

 このバッテリーは、8時間の充電で、1日使用することができる。

 また、Moto G5 Plusスマートフォンには、6時間で充電できる、TurboPower充電機能が付いている。

7.Moto G5 Plusスマートフォンには、ハンド・ジェスチャー機能がある。

Eweek38
 このMoto G5 Plusスマートフォンは、Moto Experiencesと呼ばれる、ショート・カット機能を持っている。

 このショート・カット機能は、ユーザが、スマートフォンを持ってカメラを起動しながら、カメラ、メール、および、アプリを、例えば、手首をひねるといった、ハンド・ジェスチャーで、素早くアクセスできるようにする。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。(1) '17.08.10

【Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。(1)】 '17.08.10

 Motorola Moto G5S Plusは、強力で、手頃な価格のスマートフォンである。 2017年8月9日

 Moto G5S Plusは、予算のない、ユーザに、人気のある、230ドルと、手頃な価格のスマートフォンである。

Eweek31_2
 By Don Reisinger、eWEEk

 Samsungが、同社のGalaxy Note 8をリリースする準備をしたり、Appleが、同社のiPhone 8をリリースする準備をしたりしているので、より小さなスマートフォン・ベンダは、ミッドレンジのスマートフォンの提供を計画している。

 Motorolaは、このような、ミッドレンジ処理パワーを持つ、スマートフォンを提供する、最新のベンダであり、230ドルで、Moto G5S Plusスマートフォンの販売を開始する。

 このMoto G5S Plusスマートフォンは、コンピューティング・リソースに欠けているが、よりハイエンドのスマートフォンを求めている、予算のない、ユーザに対し、魅力的なデザインと、アピールできる、オプションを提供する。

 このMoto G5S Plusスマートフォンは、どのセルラー通信サービス・プロバイダのネットワークでも使用できるよう、SIMカード・フリーで提供される。

 eWEEkは、Moto G5 Plusが、ハイエンドのスマートフォンを求めている、ユーザに、手頃な価格のスマートフォンである、理由を紹介する。

1.Moto G5 Plusスマートフォンのデザインは、従来のスマートフォンのデザインを採用している。

Eweek32
 Moto G5S Plusスマートフォンは、Galaxy S8やEssential Phoneのような、ハイエンド・スマートフォンのデザインを真似ている。

 Moto G5S Plusスマートフォンは、従来のスマートフォンのデザインを採用しており、スクリーンの周囲に、厚いベゼルを持つデザインになっている。

 また、このスマートフォンには、ソフトウェアを制御するための、物理的なホーム・ボタンが付いている。

 このスマートフォンの、背面に、カメラの出っ張りがあるので、スマートフォンの見た目をより厚いものにしている。

2.Moto G5S Plusスマートフォンは、5.2インチのフルHDスクリーンを持っている。

Eweek33
 Moto G5 Plusスマートフォンには、5.2インチのスクリーンを持っている。

 Moto G5 Plusのスクリーンは、1,920 x 1,080の、フルHD解像度を持っている。

 Moto G5 Plusのスクリーンは、CorningのGorilla Glass 3ガラスにより、保護されている。

 ただし、このスクリーン保護ガラス、Gorilla Glass 3は、Gorilla Glass 4、または、5ほど、丈夫でなない。

3.Qualcomm Snapdragon 625プロセッサは、ミッドレンジのパワーを提供する。

Eweek34
 Moto G5 Plusスマートフォンには、Qualcommのプロセッサ・チップが、搭載されている。

 ミッドレンジのSnapdragon 625チップは、2GHzのクロック速度を持っている。

 Moto G5 Plusには、650MHz Adreno 506 GPUが搭載されており、最大4GBのRAMを構成することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

モノのインターネット(IoT)における標準化への対応 '17.08.10

【モノのインターネット(IoT)における標準化への対応】 '17.08.10

 組み込みソフトウェア技術の分野も、モバイル、ウェアラブル、車載システム、スマートホームなどから、スマート・ビル、スマート・ファクトリー、スマート・グリッド、スマート・シティなど、さまざまな分野で、モノのインターネット(IoT)化が進み、現実的になってくると、各種センサーや、さまざまなIoT対応デバイスのインタフェース、IoT対応デバイスのプラットフォーム、ネットワーク基盤、アプリやクラウド・サービスのプラットフォームや開発環境などの標準化が、さらに要求されている。

 IoTのハードウェア基盤分野には、各種センサー、スマート・デバイスや車載システムなどの、さまざまなIoT対応デバイス、スマート・デバイス・ハブなどがあり、インタフェースなどの標準化が進められている。

 IoTのプラットフォーム分野には、IoT対応デバイスのプラットフォーム、ネットワークのプラットフォーム、アプリやサービスのプラットフォームなどがあり、ミドルウェアやAPIの標準化や、ネットワーク・プロトコルの標準化が進められている。

 IoTの応用分野には、消費者向けのスマート・デバイスやスマート・ハウス対応デバイス、車載システムから、企業向けの、スマート・ビル、スマート・ファクトリ、スマート倉庫、スマート医療、自動運転車など、および、公共機関向けの、スマート・シティ、スマート・グリッドなどがある。

 IoTを展開している業界には、小売、製造業、流通、金融、交通機関、医療機関、ユーティリティ、公共機関などがある。

 IoTのプラットフォーム分野でも、応用分野でも、システム統合(SI)分野でも、得意な分野で、他のベンダとパートナーを組み、エコシステムを確立していく必要があるようだ。

 また、IoTへの取り組みの状況や要件も、IoT対応デバイスのプラットフォーム、ネットワーク基盤などの標準化の要件も、地域や国、および、IoTの応用分野や業界により、さまざまなので、どの業界標準をサポートし、どのベンダとパートナーを組むかの戦略も重要になるだろう。

 さらに、さまざまなベンダのスマート・デバイス同士が会話し、協調するために、安全性、信頼性、保守性と共に、相互接続性、相互運用性、セキュリティ、低消費電力が、さらに重要になる。

 このため、主に、相互運用や通信プロトコルの標準仕様を作成する、Internet Protocol for Smart Objects (IPSO) Alliance、Industrial Internet Consortium (IIC)、AllSeen Alliance、Thread Group、Open Interconnect Consortium (OIC) といった、いくつかのIoT標準化グループが設立されている。

 IoTの分野では、独自仕様で囲い込みを図ることは、好ましくなく、オープンなエコシステムを確立することが重要になるので、デバイス・ベンダ、ネットワーク機器ベンダ、アプリケーション・ベンダ、システム統合(SI)ベンダなどは、インタフェース、プラットフォーム、開発環境、および、ネットワーク基盤などの標準化の動向や状況を把握して、適切なベンダとパートナを組み、開発や展開を進める必要があるだろう。

 参考 : 「【モノのインターネット(IoT)における標準化戦争】 '14.09.02

 ベストセラーのアプライアンス

オーストラリアの通信会社、Telstraが、NSWの政府運輸部門で、自動運転シャトルの運用を開始した。 '17.08.10

【オーストラリアの通信会社、Telstraが、NSWの政府運輸部門で、自動運転シャトルの運用を開始した。】 '17.08.10

 オーストラリアの通信会社、Telstraが、NSWの政府運輸部門で、自動運転シャトルの運用を開始した。 2017年8月9日

Dis1
 By disruptive

 オーストラリアの通信会社、Telstraは、New South Wales(NSW)の政府運輸部門のプロジェクトに参加し、他のパートナーと共に、NSWの自動運転シャトルの、最初の試験運用を開始する。

 2年間のトライアルで、このプロジェクトは、自動運転シャトルを軌道に乗せ、New South Wales(NSW)の他の地域に展開していくことを計画している。

 Telstraによると、Sydney Olympic Parkのオフォス・ワーカは、このトライアルの一貫として、2018年に、時々、この自動運転シャトルを利用できるようになるという。

 このトライアルが成功すれば、この自動運転シャトルは、New South Wales(NSW)に渡り展開される予定である。

 このトライアルでは、自動運転技術と、モノのインターネット(IoT)の進歩によって、将来の輸送業界やシステムが、どのように形成され、展開されていくかが、考察される。

 トライアルの目標は、New South Wales(NSW)における、輸送手段の、安全と信頼性を向上させるためと、次世代の自動運転車技術を利用するための、最良の方法を見つけることである。

 2週間前に、オーストラリアの電話会社は、セルラー通信ネットワーク上で、(乗り物と歩行者)技術のトライアルを開始している。

 今回のトライアルは、V21(乗り物と基盤)および、V2V(乗り物と乗り物)技術で、以前のTelstraトライアル上に構築され、Cohda Wirelessと南オーストラリア州政府とのパートナーシップで、南オーストオラリアにおいて実施された。

 Telstraのトライアルでは、オーストラリアで、日常的に、行われるいくつかの一般的なシナリオを使用して、乗り物と歩行者、乗り物と基盤、および、乗り物と乗り物の技術が、テストされている。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ(4) '17.08.10

【2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ(4)】 '17.08.10

 2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ  2017年8月4日

 2017年7月に、数多くのサイバー・セキュリティ・ベンダが、セキュリティ市場に参入するために、新たな資金を調達していた。

Eweek31
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 2017年7月に、数多くのサイバー・セキュリティ・ベンダが、セキュリティ技術サポートしたり、セキュリティ技術を向上させたりして、セキュリティ市場に参入するために、新たな資金を調達していた。

 eWEEKは、2017年7月に、資金を工面した、12社のセキュリティ・ベンダーを紹介する。


   (続き)

10.「Unknown Unknown」攻撃と戦う、Nyotronは、920万ドルの資金を調達した。

 2017年7月24日に、サイバー・セキュリティ・ベンダ、Nyotronは、2100万ドルの資金の調達を完了した。

Eweek311
 Nyotronは、「Unknown Unknown」攻撃から、企業を保護するための、完全な、異なったアプローチを提供する。

11.Bricataは、緊急のサイバー・セキュリティ問題を解決するのを支援するために、800万ドルの資金を調達した。

Eweek312
 Network侵入検知と保護ベンダ、Bricataは、2017年7月25日に、Series Aで、800万ドルの資金を調達したと発表した。

 Bricataは、実際に、緊急のサイバー・セキュリティの問題を解決するための、製品を開発し、商用化することに取り組んでいる。

12.PerimeterXは、バトルボットと戦うために、2300万ドルの資金を調達した。

Eweek313
 2017年7月24日に、次世代の、自動化されたWeb攻撃の問題に取り組む、サイバー・セキュリティ・ベンダ、PerimeterXは、Series Bで、2100万ドルの資金の調達を完了したと発表した。

 次世代の、自動化されたWeb攻撃は、人間を装い、システムを破壊するよりも、むしろ、システムに侵入し、ビジネス・ロジックを悪用することによって、Webの完全性を脅かす。

 人工知能(AI)とマシン学習(ML)を使用した、PerimeterXのセキュリティ・プラットフォーム技術は、リアルタイムに、あらゆる種類の、悪意のあるボットを検出して、ブロックすることで、次世代の、自動化されたWeb攻撃の問題に対処する目的で、構築されている。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 9日 (水)

Samsungが、Galaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。(3) '17.08.09

【Samsungが、Galaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。(3)】 '17.08.09

 Samsungが、頑丈なデザインのGalaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。 2017年8月8日

 Samsungが、大きなスクリーンを持つ、Galaxy S8 Activeスマートフォンを紹介する。

Eweek51_3
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungは、最新スマートフォンのGalaxy S8 Activeの提供を発表した。

 Galaxy S8 Activeスマートフォンの特徴を紹介する。

 Samsungが、大きなスクリーンを持つ、Galaxy S8 Activeスマートフォンを紹介する。

   (続く)

8.Galaxy S8 Activeスマートフォンには、SamsungのKnoxセキュリティ機能が含まれている。

Eweek59
 Samsungは、Galaxy S8 Activeスマートフォンには、Knowモバイル・セキュリティ・プラットフォームが、搭載されている。

 このSamsungのKnoxセキュリティ機能には、指紋スキャナ認識や、虹彩スキャナ認識と共に、防衛グレードのモバイル・セキュリティ機能が含まれている。

 Samsungによると、Knoxセキュリティ機能は、世界で、29の政府により使用されているといる。

9.Galaxy S8 Activeスマートフォンは、AT&Tのネットワークで提供される。

Eweek510
 SamsungのGalaxy S8 Activeスマートフォンは、AT&Tのネットワークで、2017年8月11日に提供される。

 Galaxy S8 Activeスマートフォンは、メテオール・グレー、または、チタン・ゴールドの2色があり、約850ドルで販売される。

10.ユーザは、Galaxy S8 Activeスマートフォンを、AT&Tで割り引いて購入できる。

Eweek511
 AT&Tで、SamsungのGalaxy S8 Activeスマートフォンを、購入すると、特典がある。

 ユーザは、Galaxy S8 Activスマートフォンを、AT&T Next支払いプランと、DirecTVの両方に、サインアップすると、Samsungのテレビを、500ドル割り引きで、購入することができるようになる。

 AT&Tで、Galaxy S8 Activeスマートフォンを購入すると、ユーザは、このスマートフォン購入時に、最大200ドル、割引される。

 ベストセラーのアプライアンス

Samsungが、Galaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。(2) '17.08.09

【Samsungが、Galaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。(2)】 '17.08.09

 Samsungが、頑丈なデザインのGalaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。 2017年8月8日

 Samsungが、大きなスクリーンを持つ、Galaxy S8 Activeスマートフォンを紹介する。

Eweek51_2
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungは、最新スマートフォンのGalaxy S8 Activeの提供を発表した。

 Galaxy S8 Activeスマートフォンの特徴を紹介する。

  (続き)

4.Galaxy S8 Activeスマートフォンは、大容量のバッテリーを装備している。

Eweek55
 Samsungは、Galaxy S8 Activeスマートフォンに、4,000mAhのバッテリーを採用した。

 ただし、Samsungは、1回の充電で、どれぐらい長く利用できるかは、明確にしていない。

5.Galaxy S8 Activeスマートフォンには、Samsungのデジタル・アシスタント、Bixbyが、プレインストールされている。

Eweek56
 Galaxy S8 Activeスマートフォンには、Samsungのデジタル・アシスタント、Bixbyが、完全に、サポートされている。

 ユーザは、予定表を設定したり、Webを検索したり、あるいは、問い合わせに関する、コンテキスト情報を得たりするために、このSamsungのデジタル・アシスタント、Bixby使用することができる。

 Galaxy S8 Activeは、Galaxy S8とGalaxy S8+の次に、Bixbyをサポートした、スマートフォンになる。

6.Galaxy S8 Activeスマートフォンのカメラは、シングル・レンズを搭載している。

Eweek57
 SamsungのGalaxy S8 Activeスマートフォンは、まだ、デュアル・レンズのカメラをサポートしていない。

 Galaxy S8 Activeスマートフォンには、デュアル・ピクセル技術を採用した、12メガピクセルのシングル・レンズのカメラが搭載されている。

 デュアル・レンズのカメラは、次期Galaxy Note 8スマートフォンに、搭載されるようだ。

7.Galaxy S8 Activeスマートフォンは、Android Nougatと、一般的なアプリを実行する。

Eweek58
 Galaxy S8 Activeスマートフォンは、Android Nougatを実行し、ユーザは、馴染みのある、Samsungのソフトウェアを利用できる。

 ユーザは、Samsungの独自のWebブラウザといった、同社のアプリと共に、Google Chromeブラウザや、Google Play、および、Google Playで提供されている、標準的なAndroidアプリを、Galaxy S8 Activeスマートフォンで利用することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Samsungが、Galaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。(1) '17.08.09

【Samsungが、Galaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。(1)】 '17.08.09

 Samsungが、頑丈なデザインのGalaxy S8 Activeスマートフォンを提供する。 2017年8月8日

 Samsungが、大きなスクリーンを持つ、Galaxy S8 Activeスマートフォンを紹介する。

Eweek51
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungは、最新スマートフォンのGalaxy S8 Activeの提供を発表した。

 AT&Tから提供される、このスマートフォン、Galaxy S8 Activeは、大きなスクリーンと高性能なコンポーネントを装備し、Galaxy S8のデザインをベースにしている。

 このスマートフォンは、通常の高さから、落としても、水の中に落としても、ダメージを受けにくい、頑丈なデザインになっている。

 また、このスマートフォンには、データ・セキュリティを心配する、消費者や企業向けに、SamsungのKnoxと呼ばれる、強力なセキュリティ機能が搭載されている。

 このため、Galaxy S8 Activeは、ハイエンド・スマートフォンの購入を検討している、多くのユーザにとって、適切な選択肢になる。

 Galaxy S8 Activeスマートフォンの特徴を紹介する。

1.Galaxy S8 Activeスマートフォンは、他のGalaxy S8ファミリーと似ている。

Eweek52
 SamsungのGalaxy S8 Activeスマートフォンは、Galaxy S8スマートフォンに、よく似ている。

 Galaxy S8スマートフォンの姉妹機種のように、Galaxy S8 Activeスマートフォンは、物理的なホーム・ボタンがなく、幅の狭い、スクリーンの枠を特徴にしている。

 このスマートフォンは、ほぼ全面が、スクリーンでおおわれており、薄くできている。

2.Galaxy S8 Activeスマートフォンは、頑丈なデザインになっている。

Eweek53
 Galaxy S8 Activeスマートフォンの最も重要な機能は、頑丈なことである。

 このGalaxy S8 Activeスマートフォンは、軍事級の素材で、作成されており、落とした時にも、保護される設計になっている。

 このGalaxy S8 Activeスマートフォンは、金属のフレームとバンパーを搭載しており、ショックやねじれを吸収するようになっている。

 Samsungによると、このGalaxy S8 Activeスマートフォンは、衝撃を吸収し、防塵、防水仕様になっているという。

3.Galaxy S8 Activeスマートフォンは、大きな、Super AMOLEDスクリーンを搭載している。

Eweek54
 Galaxy S8 Activeスマートフォンは、アスペクト比が、Galaxy S8やGalaxy S8+スマートフォンと同じ、18.5対9の、5.8インチのクワドHD Super AMOLEDスクリーンを搭載している。

 ただし、アスペクト比が大きくなると、16:9のワイドスクリーンのコンテンツで、レターボックス(映画のような横長の画面サイズ)が必要になることに注意しよう。

  (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ(3) '17.08.09

【2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ(3)】 '17.08.09

 2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ  2017年8月4日

 2017年7月に、数多くのサイバー・セキュリティ・ベンダが、セキュリティ市場に参入するために、新たな資金を調達していた。

Eweek31_3
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 2017年7月に、数多くのサイバー・セキュリティ・ベンダが、セキュリティ技術サポートしたり、セキュリティ技術を向上させたりして、セキュリティ市場に参入するために、新たな資金を調達していた。

 eWEEKは、2017年7月に、資金を工面した、12社のセキュリティ・ベンダーを紹介する。

   (続き)

6.Flashpointは、ビジネス・リスク・インテリジェンス(BRI)の取り組みを強化するするために、2800万ドルを調達した。

Eweek37
 ビジネス・リスク・インテリジェンス(BRI)のベンダ、Flashpointは、セキュリティ市場への参入と技術の取り組みを促進するために、Series Cで、2800万ドルの資金を調達した。

7.Deep Instinctは、深層学習で、セキュリティをさらに前進させるために、3200万ドルを調達した。

Eweek38
 2017年7月12日に、深層学習セキュリティ・ソリューションを提供する、Deep Instinctは、Series Cで、3200万ドルの資金を調達した。

 Deep Instinctは、エンドポイント保護プラットフォーム(EPP)の一部として、セキュリティ脅威を防御するために、人工知能(AI)機能を適用する。

8.Nok Nok Labsは、認証ツールを開発するために、800万ドルを調達した。

Eweek39
 2017年7月12日に、Nok Nok Labsは、セキュリティを強化し、リスクを軽減するための、強力な認証技術を開発ために、Series Dで、800万ドルの資金を調達した。

9.Corelightは、インシデントの解決を促すために、920万ドルを調達した。

Eweek310
 2017年6月18日に、ネットワーク・セキュリティ可視ベンダ、Corelightは、インシデントの解決を促すために、Series Aで、920万ドルの資金を調達した。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ(2) '17.08.09

【2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ(2)】 '17.08.09

 2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ  2017年8月4日

 2017年7月に、数多くのサイバー・セキュリティ・ベンダが、セキュリティ市場に参入するために、新たな資金を調達していた。

Eweek31_2
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 2017年7月に、数多くのサイバー・セキュリティ・ベンダが、セキュリティ技術サポートしたり、セキュリティ技術を向上させたりして、セキュリティ市場に参入するために、新たな資金を調達していた。

 eWEEKは、2017年7月に、資金を工面した、12社のセキュリティ・ベンダーを紹介する。

    (続き)

3.RiskLensは、サイバー・リスクの定量化を推進するために、500万ドルを調達した。

Eweek34
 サイバー・リスクの定量化ベンダである、RiskLensは、2017年7月11日に、同社の定量化技術の市場を成長させるために、500万ドルの資金を調達したと発表した。

 リスクとセキュリティの専門家が、Cスイートの役員に、リスク姿勢を効果的に伝え、セキュリティ投資のROIを評価し、企業の有限のリソースに優先順位を付けるための、リスク定量化ソリューションに対し、RiskLensは、これまでにない需要を経験している。

4.クラウド・ワークロード・セキュリティ・ベンダ、HyTrustは、3600万ドルの資金を調達した。

Eweek35
 クラウド・ワークロード・セキュリティ・ベンダ、HyTrustは、2017年7月11日に、Series Eラウンドで、3600万ドルの資金を調達した。

5.ZeroFoxは、ソーシャル・メディア・セキュリティを推進するために、4000万ドルの資金を調達した。

Eweek36
 2017年7月12日に、ZeroFoxは、Series Cの資金調達で、4000万ドルを調達したと発表した。

 ZeroFoxの技術は、ユーザや組織が、さまざまな形態のサイバー攻撃から、ソーシャル・メディアのアカウントを保護するのを、支援することを目的としている。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ(1) '17.08.09

【2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ(1)】 '17.08.09

 2017年7月に、新たな資金調達をもたらした、12社のセキュリティ関連スタートアップ  2017年8月4日

 2017年7月に、数多くのサイバー・セキュリティ・ベンダが、セキュリティ市場に参入するために、新たな資金を調達していた。

Eweek31
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 2017年7月に、数多くのサイバー・セキュリティ・ベンダが、セキュリティ技術サポートしたり、セキュリティ技術を向上させたりして、セキュリティ市場に参入するために、新たな資金を調達していた。

 2017年7月11日と12日には、8社が新しい投資を発表した。

 2017年6月には、1億ドル以上の資金調達を行った、セキュリティ・ベンダが、何社かあったが、2017年7月に、資金調達額が、最も多かったのは、マシン学習サイバー・セキュリティ・ベンダ、Darktraceの、7,500万ドルと、少額であった。

 8社のセキュリティ・ベンダーが、Nyotron、Bricata、PerimeterXなどの、新しい資金調達を発表するために、Black HatとDefConのセキュリティ・コンファレンス開催の週を利用していた。

 eWEEKは、2017年7月に、資金を工面した、12社のセキュリティ・ベンダーを紹介する。

1.Lastlineは、マルウェア対策のために、2850万ドルを確保する。

Eweek32
 マルウェア対策ベンダ、Lastlineは、2017年7月11日に、新たに2850万ドルの資金を調達したと発表した。

 Lastlineによると、投資コミュニティからの、この強力な支持は、極めて低コストで、優れたエンタープライズ・セキュリティを提供する、ソリューションに対する、市場ニーズを示しているという。

2.Darktraceは、サイバー攻撃の脅威を検出するために、7500万ドルを調達した。

Eweek33
 2017年7月11日に、サイバー・セキュリティ・ベンダのDarktraceは、Series Dの資金調達で、7500万ドルを調達したと発表しました。

 Enterprise Immune Systemと呼ばれる、同社のコア・プラットフォームは、人工知能(AI)アルゴリズムを利用して、サイバー攻撃の脅威を自動的に検出し、修復する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 8日 (火)

次期Apple Watchは、LTE音声電話をサポートする。 '17.08.08

【次期Apple Watchは、LTE音声電話をサポートする。】 '17.08.08

 Appleは、2017年後半に、同社のスマート・ウォッチ、Apple Watchの新版をリリースする計画である。2017年8月7日

Dis1
 By disruptive

 Bloombergによると、Appleのスマート・ウォッチ、Apple Watchの新モデルのいくつかは、LTEに対応し、セルラー通信ネットワークに、直接、接続することができるという。

 Bloombergによると、LTEチップを搭載した、Appleのスマート・ウォッチ、Apple Watchの、新モデルのいくつかは、iPhoneスマートフォンに接続することなく、多くの機能を利用することができるという。

 従来の、Appleのスマート・ウォッチ、Apple Watchは、メッセージを送信したり、地図を表示したり、ストリーミング音楽を再生したりするためには、iPhoneスマートフォンに接続する必要があった。

 Bloombergによると、Intelは、LTEに対応し、音声電話をサポートできる、新たなAppleのスマート・ウォッチ、Apple Watch用に、LTEチップとモデムを供給するという。

 iPhoneスマートフォンのメーカ、Appleは、スマート・ウォッチの、セルラー通信対応版を提供することで、米国やヨーロッパのセルラー通信事業者と話し合いを開始しているようだ。

 「AppleのLTE対応Apple Watchの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

Ovumが、音声コマンド対応デジタル・アシスタント市場を評価した。 '17.08.08

【Ovumが、音声コマンド対応デジタル・アシスタント市場を評価した。】 '17.08.08

 Ovumが、音声コマンド対応デジタル・アシスタント市場を評価した。 2017年8月2日

Iot1
 By Ronan de Renesse、IoTi

 Ovumは、これらの、AI技術を使用した、スマート・デバイスの中でも、スマートTVが、スマート・スピーカよりも、大きなビジネス機会をもたらすと、予測している。

 Ovumは、2021年には、75億台のアクティブな、スマート・デバイス(スマート・スピーカ、スマート・ホーム・ハブ、スマートTV、スマートフォン、タブレット、PCなどを含む)に、代表的なベンダの、音声コマンド対応デジタル・アシスタントが、搭載されると見ている。

 この75億台という、予想台数は、U.S. Census Bureauの、世界の全人口の見積もりよりも多いことになる。

 音声コマンド対応デジタル・アシスタントは、スマートフォン、スマート・スピーカ、スマートTVなどの、スマート・デバイスに搭載されて使用される。

 Ovumは、音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスの台数の割合は、Google Assistantの23.3%に次ぎ、SamusungのBizbyが14.5%、AppleのSiriが13.1%、AmazonのAlexaが3.9%、MicrosoftのCortanaが、2.3%になると予想している。

 ちなみに、2017年4月の、米国における、音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・スピーカの台数シェアは、Amazon Echoスピーカが70.6%、Google Homeスピーカが23.8%であった。

 OvumのDigital Assistant and Voice AI-Capable Device Forecast: 2016~2021によると、音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスで、最も多いのは、スマートフォンとタブレットになるという。

 2016年に、音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスの台数は、35億台であった。

 2016年に、スマート・デバイスに搭載されている、音声コマンド対応デジタル・アシスタントで、最も多いのは、Google NowとApple Siriであった。

 Ovumによると、2021年に、音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスで、最も多いのは、ウェアラブル・デバイス、スマート・ホーム・デバイス、および、スマートTVになるという。

 Ovumは、2021年には、2016年から、10倍多い、16億3000万台のスマート・デバイスに、音声コマンド対応デジタル・アシスタントが搭載されると見ている。

 Ovumによると、音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスで、最も注目されているのは、現在、スマート・スピーカであるが、2021年には、スマートTVや、スマートSTBが、音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスの57%を占めると予想している。

 AI能力の殆どは、スマート・デバイス上ではなく、クラウドに存在し、スマート・デバイスには、コンテキストやパーソナル・データを収集することが、重要になるだろう。

 SamsungやGoogleから、新たに出荷される、スマート・デバイスは、 これを例示している。

 ベンダの、最も重要な課題は、自分たちの音声コマンド対応デジタル・アシスタントのエコシステムを、世界に展開し、維持していくことである。

 2016年の末に、北米において、AmazonのAlexaやGoogleのAssisutantを搭載した、スマート・デバイスは、全体の95%以上を占めていた。

 2016年末に、AmazonのAlexaとGoogle Assistantを搭載した、スマート・デバイスの95%以上が北米で使用され、AppleのSiriを搭載した、スマート・デバイスの24%が、北米で使用されていた。

 2021年には、音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスの47.6%が、アジアやオセアニアで使用されるようになるだろう。

 2021年における、音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスの台数は、12億台近くになる見込みである。

 2021年に、音声コマンド対応デジタル・アシスタントの内、中国のデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスが、AppleのSiri、あるいは、SamsungのBixbyと同じぐらい、多くなる見込みである。

 2016年に、中国の音声コマンド対応デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・デバイスは、4300万台近くを占めていた。

 中国の音声コマンド対応デジタル・アシスタントを提供している、代表的なベンダには、BaiduとiFlytekがいる。

 代表的な音声コマンド対応デジタル・アシスタントは、エコシステムを確立しており、互換性のある、3rdパーティのデバイスやサービスをサポートしている。

 代表的な音声コマンド対応デジタル・アシスタントの提供ベンダと、ローカルなサービス・プロバイダ間のパートナーシップが、主な差別化要因になるだろう。

 現在の音声コマンド対応デジタル・アシスタントは、消費者が期待している、極めて、パーソナライズされた、デジタル・アシスタント経験の提供を目指している。

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookは、AI技術と外部の事実チェッカーで、偽りのニュースと戦う。 '17.08.08

【Facebookは、AI技術と外部の事実チェッカーで、偽りのニュースと戦う。】 '17.08.08

 Facebookは、3rdパーティの事実チェッカーに、潜在的な偽りの記事を送り、チェックした、オリジナルの記事の下に、3rdパーティの事実チェッカーの調査結果を表示する意向のようだ。 2017年8月4日

Dis2
 By disruptive

 Facebookは、更新された、マシン学習技術を使用して、潜在的な偽りの記事を検出して、3rdパーティの事実チェッカーに送信し、オリジナルの記事の下に、3rdパーティの事実チェッカーの調査結果を表示する意向のようだ。

 Facebookは、特に、米国の多くの有権者から、2016年の米国の大統領選に影響を与えた、いわゆる偽のニュースの、主な配布サイトの1つであると批判されていた。

 フランスで、5月のフランスの大統領選挙に先立って、同国の有権者が、偽りの記事に殺到したことが、ヨーロッパにおいて、大きな政治的な話題になっていた。

 また、ドイツで、9月の大統領選挙に先立って、偽りの記事や、嫌な記事を、FacebookのSNSサイトから、速やかに取り除くことへの、取り組みの支援が実施されていることも、ヨーロッパにおいて、大きな政治的な話題になっている。

 Facebookは、米国、フランス、オランダ、および、ドイツにおいて、新たな事実チェック機能のテストが開始されたことを、ドイツで発表した。

 Facebookの、ニュース・フィード製品マネージャ、Sara Su氏は、「関連記事」機能のテストを継続すると共に、偽のニュースを減らすために、ニュース・フィードの、他の改善にも、取り組んで行くと付け加えた。

 ベストセラーのアプライアンス

Xenomaが、Kickstarterプロジェクトで、動き追跡「e-skin」シャツを発売する。 '17.08.08

【Xenomaが、Kickstarterプロジェクトで、動き追跡「e-skin」シャツを発売する。】 '17.08.08

 アパレル会社のXenomaは、「e-skin」シャツのプレコンシューマ版を提供する、Kickstarterプロジェクトを開始した。 2017年8月3日

Dis3
 By disruptive

 Xenomaは、「e-skin」シャツのプレコンシューマ版の、拡張現実(AR)や仮想現実(VR)アプリで、カメラを使用することなく、動きを追跡できるようにする。

 「e-skin」シャツは、6軸の加速度計とジャイロスコープを備え、ハブを介して、ユーザの動きを検出するための、14個の伸縮可能な、ひずみセンサーが、織り込まれた、衣服型のウェアラブル・デバイスである。

 「e-skin」シャツのハブは、各種センサーで収集した情報を、Bluetooth経由で、スマートフォン、タブレット、ラップトップPC、あるいは、デスクトップPCに転送する。

 また、「e-skin」シャツは、ARヘッドセット、Microsoft HoloLensとインタフェースを取ることもできる。

 東京大学から、スピンオフした、Xenomaによると、「e-skin」アパレルは、ユーザが、VRコンテンツやゲームと対話するための、直感的で、没入的なインプットと共に、運動を分析するための手段を提供するという。

 また、この「e-skin」シャツは、着心地がよく、耐久性があり、一般的なシャツと一緒に、洗濯することができるようだ。

 「e-skin Kickstarterプロジェクト」の紹介ビデオ

 Xenomaの共同創設者でCEOの、Ichiro Amimori氏によると、Kickstarterプロジェクトは、より多くの人々が、ユーザ経験を作成し、共有するための、新しいオープンソース・プラットフォームを提供することを目指しているという。

 Xenomaによると、「e-skin」アパレルは、健康や運動を支援するためのソリューションを提供でき、ヘルスケア、フィットネス、対話型ゲームといった、さまざまなニーズに対応することができるという。

 Xenomaの「e-skin」アパレルと、ソフトウェア開発キット(SDK)は、Microsoft HoloLensとインタフェースを取るために、MacOS、iOS、または、Windowsプラットフォーム用のJava SDK、Visual C#、Unity、および、Unreal Engine上での、アプリケーション開発をサポートする。

 また、XenomaのSDKには、Googleのオープンソースの深層学習ライブラリ、TensorFlowにプラグインする、データと動き可視化ツールを通して、マシン学習機能が、組み込まれている。

 「e-skin」アパレルの、プレコンシューマ版は、最初の100人に、479ドルの支援価格で提供される。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 7日 (月)

Microsoftが、選択された、Azure仮想マシン上に、ネストされた仮想化を可能にする。 '17.08.07

【Microsoftが、選択された、Azure仮想マシン上に、ネストされた仮想化を可能にする。】 '17.08.07

 Microsoftは、顧客に、仮想マシンが、他の仮想マシン内で、実行できるようにする、機能を可能にすることにより、テスト環境の柔軟性を提供する。 2017年7月18日

Eweek9
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 ネストされた仮想化が、現在、展開オプションとして、Microsoft Azureクラウド・サービスの、新たなDv3とEv3シリーズのAzure仮想マシン(VM)上で利用できるようになった。

 Dv3とEv3シリーズのAzure VMは、IntelのHaswellとBroadwellチップ・アーキテクチャで提供される、Hyper-Threading技術を利用している。

 このチップ・アーキテクチャは、Microsoftが、基盤となるハードウェアから、より多くの処理能力を引き出し、より大きな仮想マシン(VM)サイズをサポートできるようにする。

 米国、西欧、および、アジア・パシフィックにおける、多くのAzureクラウド・サービス地域で、現在、利用可能な、新たなDv3は、最大で64個の仮想コアを、Ev3は、最大で431個の仮想コアをサポートしている。

 Dv3とEv3シリーズのAzure VMは、ネストされた仮想化向けに、十分なパワーと、他のVM内で、VMを実行する能力を提供する。

 ネスト化された、仮想化の利点は、何だろう?

 このようなネスト化されたVM環境は、開発、テスト、顧客のトレーニング、デモといった、さまざまな分野における、需要のサポートにおいて、優れた柔軟性を提供する。

 例えば、オンプレミスにおいて、Hyper-Vホストを使用している、テスト・チームがいるとしよう。

 Hyper-Vホストを使用している、企業は、ネストされたVM環境を、仮想化された、テスト・マシンとして使用することにより、負荷を、Azureクラウド・サービスに、容易に移行できるようになる。

 同様に、開発者は、自分たちのアプリケーション経験に影響を与えることなく、複数のユーザを、既にサポートしている、現在のVM上で、テスト・コードを実行するために、ネストされたVMを使用することができる。

 基本的に、ネストされた、仮想化は、顧客に、クラウド・サービス環境を、編成、管理、および、最適化する観点で、より多くのオプションを提供する。

 ネストされた仮想化が、どのように機能するかについては、ここで利用できる。

Eweek92
 Microsoftは、Stream Analyticsが、3地域のAzureクラウド・データセンターの地域(英国の西部、カナダの中部、および、カナダの東部)で、利用できるようになったと発表した。

 これで、MicrosoftのStream Analyticsは、世界の、26地域で、利用できるようになった。

 Azure Stream Analyticsは、ユーザが、SQL的な言語を使用して、モノのインターネット(IoT)デバイスにより、生成される、データを、リアルタイムに、分析できるようにする。

 MicrosoftのAzure SQLクラウド・データベース製品の顧客は、時間を節約でき、索引を再構築することで、リスクの一部を取り除くことができるようになる。

 このResumable Online Index Rebuildの公開プレビューは、名前が示すように、最初から、再構築を開始する必要なく、前回、索引の再構築を中断した時点から、再構築を再開したい場合に使用できる。

 2017年6月17日の発表において、MicrosoftのSQL Server Securityの上級プログラム・マネージャ、Mirek Sztajno氏は、「この中断可能な、オンライン索引再構築機能は、顧客が、大きなテーブルを含む、索引を再構築する場合、あるいは、データベースのフェイルオーバーのために、再構築の失敗が発生した場合、あるいは、単純にディスク領域がなくなった場合、多くの時間を節約できるようにする。」と説明した。

 Microsoftは、ユーザが、特定のデータベース用と、データベースに接続された、ユーザ・セッション用に、一時的なテーブルを作成できるようにする、機能のプレビューも提供した。

 Database Scoped Global Temporary Tablesの、より詳細な情報は、Microsoftのブログを参照のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookが、AIチャットボットの実験を停止した。(2) '17.08.07

【Facebookが、AIチャットボットの実験を停止した。(2)】'17.08.07

 By Wayne Rash、eWEEK

 Facebookは、人工知能(AI)チャットボットが、人間の理解できない、独自の言語を作成したので、AIチャットボットの実験を停止した。2017年7月31日

Eweek1_2
 Facebookの人工知能(AI)チャットボットに関する、最初のレポートを読むと、ロボットの革命が、人間の文明や文化を打倒しようとしているように、感じられるかもしれない。

 Facebookのレポートは、同社のAIチャットボットが、人間の理解できない、言語を作成し、その言語を使用して、チャットボット同士が、会話していたことを紹介している。

   (続き)

 チャットボット同士の会話のような、特定な目的の言語の開発が、Facebookや、他の研究機関で、行われていることが分かった。

 例えば、Googleの、翻訳AIでは、人間のさまざまな言語間の翻訳を支援するための、メタ言語が作成されているという報告もある。

 メタ言語を作成する理由は、AIソフトウェアが引き継ぐのではなく、その効率性を最大限に発揮するよう、優先順位が設定されるためのようだ。

 Facebookによると、AIプロセスを停止したのは、あくまでも実験システムであって、製品ソフトウェアではないことを強調した。

 チャットボットが、実際の交渉セッションで、人間と会話していたとき、人間は、自分がチャットボットと会話していることを知ることができなかった。

 マシン学習が、さまざまな分野で、使用されるようになってきた。

 マシン学習や、その他のAI特性が、重要なシステムの一部となるにつれて、これらを統合する上で、最も重要なことは、それらを完全にテストすることである。

 さらに、AIシステムが、入力を受け取っているときや、他のシステムに出力を提供しているときに、何が起きているのかを、監視する手段を開発する必要がある。

 システム管理者は、AIシステムで、発生したことを、監視する必要がある。

 また、システム管理者は、監視結果を監査するには、その結果を理解する必要がある。

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookが、AIチャットボットの実験を停止した。(1) '17.08.07

【Facebookが、AIチャットボットの実験を停止した。(1)】 '17.08.07

 By Wayne Rash、eWEEK

 Facebookは、人工知能(AI)チャットボットが、人間の理解できない、独自の言語を作成したので、AIチャットボットの実験を停止した。 2017年7月31日

Eweek1
 Facebookの人工知能(AI)チャットボットに関する、最初のレポートを読むと、ロボットの革命が、人間の文明や文化を打倒しようとしているように、感じられるかもしれない。

 Facebookのレポートは、同社のAIチャットボットが、人間の理解できない、言語を作成し、その言語を使用して、チャットボット同士が、会話していたことを紹介している。

 Facebookが、自動交渉能力の実験用に作成した、同社のチャットボットには、独自の言語を作成したチャットボットが、存在していたのは事実のようだ。

 実際、チャットボットが、独自の言語を作成するようなことが、発生するかもしれないという見解は、Facebook Codeページのブログで、Facebookにより、説明されていた。

 このブログでは、研究者が、チャットボットに、帽子、本、ボールからなる一連のオブジェクトを分割するために、互いに交渉する方法を、どのように教えているのかが、説明されていた。

 各チャットボットには、各アイテムに、互いに知らない、値が割り当てられていた。

 そして、チャットボットは、オブジェクトを分割するために、お互いに話し合い、交渉を進めることができた。

 交渉の目的は、各チャットボットが、最も多くのポイントを蓄積することであった。

 チャットボットは、互いに、英語で、話し合いを開始したが、チャットボット同士が理解できる、意味を反映した一連の、独自の言葉を作成していた。

 チャットボット同士は、英語で会話しているが、実際の意味とは異なる、チャットボット同士だけが分かる、言葉のやりとりが見られた。

 例えば、Bobという名のチャットボットは、「I can i i everything else.」と、Aliceという名のチャットボットに、話しかけていた。

 これに対し、Aliceという名のチャットボットは、「Balls have zero to me to me to me to me to me to me to me to me to,」と答えていた。

 チャットボット同士の会話は、Bobが、「i」をいった回数と、Aliceが、「to me」といった回数のバリエーションで、続いている。

 チャットボットの言葉は、チャットボット同士が、互いに会話しながら、交渉スキルを練習している間に作成されていた。

 チャットボットは、互いに会話することにより、交渉スキルを向上させるよう、プログラムされている。

 研究者は、当初、言語創造のような問題を避けるために、チャットボットに、人間をシミュレートさせることを試みていた。

 学習中に、チャットボットは、他のチャットボットとの会話から、パラメータを改善することを試みていた。

 他のエージェントは、人間でも構わないが、FAIR(Facebook AI Research)は、人間を模倣するよう、訓練される、修正された管理モデルを使用した。

 研究者が、両方のチャットボットのパラメータを更新することで、チャットボットは、自分の言語を使って交渉するようになり、人間の言語との相違が発生したことが分かったので、2番目のモデルは、修正された。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 6日 (日)

ブロックチェーンが、IoTネットワークにおいて、信用を構築するためのカギになり得る理由 '17.08.06

【ブロックチェーンが、IoTネットワークにおいて、信用を構築するためのカギになり得る理由】 '17.08.06

 主な産業、消費者、および、政府機関で、IoTの採用が、増加しているので、IDCは、2019年までに、すべてのIoT展開の20%が、ブロックチェーン・サービス対応の基本的なレベルを持つと予測している。 2017年8月4日

Dis1
 By disruptive

 ただし、規制やコンプライアンスに準拠し、ブロックチェーン・サービスをサポートするために、ヘルスケア、小売、サプライ・チェーン、および、エネルギー管理IoTソリューションは、データの漏えいやプライバシーの侵害などに対応する必要があるだろう。

 IoT対応ネットワークに渡り、ビジネスの一部に接続することにより、もたらされる機会に、大きな関心が集まっている。

 情報における、データの流れや、結果としての成長は、機敏性や応答性を改善する方法として、確立されている。

 しかし、残念なことに、豊富な情報と情報が公開される機会により、IoTソリューションをサポートする、ITや事業部門の脆弱性が特定されている。

 IoTソリューションの展開において、IoTデバイスと、これらのデバイスにより、生成される、データの、物理的な要件と、サイバー・セキュリティの要件の両方が、課題になっている。

 ブロックチェーン・ソリューションは、金融サービス業界において、テストされてきた。

 また、ブロックチェーンの基盤は、IoT展開でテストされている。

 さらに、分散元帳ソリューションに基づいた、ブロックチェーンは、暗号アプリケーションとは、独立的に、市場にもたらされる。

 ヘルスケア、サプライチェーン管理、および、資産追跡に関連する、ユースケースは、特定され、展開されている。

 企業データの違法な使用に、多くの焦点があったが、IoTトランザクションを保護することは、IT部門や企業のセキュリティ管理者の課題になっている。

 IT部門は、分散コンピューティング基盤に渡り、実装された、IoT規模のデータ・ストリームに渡り、ブロックチェーンの負荷を処理できるようにするために、アプリケーション、システム、および、ネットワークの遅延の課題に、対応する必要がある。

 最終的に、IoT環境用の、ブロックチェーン・ソリューションは、記録システム(SOR)の更新と維持の必要性を高めるだろう。

 ブロックチェーンは、主な企業の資産として、データの重要性が認識され、デジタル変革の要素になるだろう。

 デジタル変革を進めるには、企業は、ブロックチェーン・ソリューションのダイナミックな市場環境をナビゲートできる、経験と能力を持つ、ベンダと、パートナーを組む、必要があるだろう。

 さらに、企業は、効果的なブロックチェーン・ソリューションに必要な、分散元帳モデルを決定し、採用するために、パートナー、サプライヤ、および、顧客との関係を交渉する必要があるだえおう。

 また、企業は、IoTデータの信頼性や、セキュリティを確かにするための、全体的な取り組みの一部として、データやトランザクションの漏れを特定するために、脆弱性サービスを使用し、脆弱性を最小化するために、プロセスやシステムを調整する必要があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

デジタル変革プロジェクトは、マーケティング・リーダの重要性に、高いランクを与えている。 '17.08.06

【デジタル変革プロジェクトは、マーケティング・リーダの重要性に、高いランクを与えている。】 '17.08.06

 調査において、顧客サービスを改善することは、デジタル変革プロジェクトの、1つの利点であることが分かった。2017年8月4日

 By eMarketer

 マーケッタは、デジタル変革の、異なった段階にある。

 何人かの、マーケッタは、デジタル変革のプロセスを開始している。

 これに対し、他のマーケッタは、デジタル変革のプロセスに参加していない。

 米国のマーケッタの調査によると、多くのマーケッタは、デジタル変革が、多くの利益をもたらすことに合意しているという。

 オープンソース・ソフトウェア会社、Couchbaseの調査で、顧客経験を改善したり、サービスや製品の利益を向上させたりすることが、デジタル変革の重要な、いくつかの利点であることを、マーケッタは、広く認識していることが分かった。

表1)2017年6月における、米国のマーケッタの、デジタル変革プロジェクトの利点として上げた理由と重要性

 米国のマーケッタが、デジタル変革プロジェクトの利点として、上げた理由と、重要と感じているレベルの回答の割合

  回答の割合(%)

1)顧客経験を改善する。

・極めて重要である。   : 69%
・いくらか重要である。   : 26%
・あまり重要でない。    :  2%
・まったく重要でない。   :  1%
・利点を考慮していない。:  1%

2)競合他社を上回る、サービスや顧客経験を作成する。

・極めて重要である。   : 54%
・いくらか重要である。   : 35%
・あまり重要でない。    :  8%
・まったく重要でない。   :  2%
・利点を考慮していない。:  1%

3)より多くの流通販売チャネルで、より多くの顧客に到達する。

・極めて重要である。   : 57%
・いくらか重要である。   : 32%
・あまり重要でない。    :  6%
・まったく重要でない。   :  3%
・利点を考慮していない。:  1%

4)サービスと製品の利益を増加させる。

・極めて重要である。   : 54%
・いくらか重要である。   : 31%
・あまり重要でない。    :  11%
・まったく重要でない。   :  3%
・利点を考慮していない。:  1%

5)市場に、より速く、新たなサービスや製品をもたらす。

・極めて重要である。   : 55%
・いくらか重要である。   : 31%
・あまり重要でない。    :   7%
・まったく重要でない。   :  4%
・利点を考慮していない。:  3%

6)内部的なプロセス(サプライ・チェーン、財務、人事)をより、効率的にする。

・極めて重要である。   : 51%
・いくらか重要である。   : 38%
・あまり重要でない。    :   8%
・まったく重要でない。   :  3%
・利点を考慮していない。:  1%

Em1
ソース:Cuchbase、2017年7月26日

 例えば、米国のマーケッタの10人に9人以上(95%)は、顧客経験の改善を通して、デジタル変革の、重要な観点であると回答した。

 米国のマーケッタの89%は、競合他社を上回る、サービスや顧客経験を作成することが、デジタル変革の、重要な観点であると回答した。

 事実、米国のマーケッタの殆どは、この調査で引用された、各デジタル変革プロジェクトが、重要であると考えていた。

 オープンソース・ソフトウェア会社、Couchbaseによると、多くの米国のマーケッタは、デジタル革新に立ち向かう、企業が、競合他社に、吸収合併される前に、5年未満の生存期間があるという。

 米国のマーケッタの80%は、既に、自分たちの独自の企業が、ライバルによる追い越されるリスクかあることを心配している。

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoftのデジタル・ノートブック、OneNoteは、学校向けに、ソーシアル学習プラットフォーム、Flipgridのサポートを追加する。 '17.08.06

【Microsoftのデジタル・ノートブック、OneNoteは、学校向けに、ソーシアル学習プラットフォーム、Flipgridのサポートを追加する。】 '17.08.06

 Microsoftは、ビデオ・ベースのソーシアル学習プラットフォーム、Flipgridのサポートを追加することで、学校の新学期向けに、デジタル・ノートブック、OneNoteの機能を向上させている。2017年8月4日

Eweek5
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftは、新学期が始まる前に、OneNoteをアップデートし、教師と生徒が、教室に参加するための、新たな方法を提供する。

 Microsoftのデジタル・ノートブック・アプリ、OneNoteは、生徒が、クラス討議において、ビデオ・クリップを使用する、ソーシアル学習サービス、Flipgridのコンテンツを、デジタル・ノートに埋め込めるようにする。

 OneNoteを使用して、教師は、デジタル・ノートブックに、トピックを追加したり、生徒は、Flipgridのショート・ビデオで応えたりすることが、できるようになる。

 OneNote Desktop Learning Toolsの音節ツールは、音声テキスト変換において、言葉を分割し、単語の認識の精度を向上させると共に、Parts of Speechは、適切な文法をより良く理解するために、名詞、動詞、および、形容詞を識別する。

 OneNote Desktop Learning Tools 1.7.0版の、音節ツールは、新たに、4つの言語(ドイツ語、オランダ語、フィンランド語、および、ポルトガル語)をサポートする。

 Parts of Speechは、新たに、3つの言語(フランス語、ドイツ語、スペイン語)をサポートすると共に、英語で、名詞、動詞、形容詞を検出しながら、単語の認識の精度を向上させた。

 学習管理システムや、学生情報システムのベンダーとの提携を継続させ、Microsoftは、3種類(Infinite Campus、LiveGrades、および、EduPoint Synergy)の、OneNote Class Notebook統合を発表した。

OneNoteアドインの1.8.0版は、Infinite Campus、LiveGrades、および、EduPoint Synergyの、宿題や評価などの管理機能と互換性がある。

 生徒は、OneNoteで、ファイル、クイズ、課題研究などを共有し、デジタル・ノートで利用することができる、

 Googleは、新学期に向け、G Suite for Educationサービス・スイートを用意している。

 Googleは、ClassroomとGoogle Formsツールへの、いくつかの新たなアップデートを発表した。

 Classroomで、教師は、生徒の宿題の状況を確認したり、理解度をチェックしたりすることができ、生徒の学習の決定をパーソナライズしたりすることが可能になる。

 これにより、教師は、生徒が、学習目標を設定し、スキルを構築するのを支援できるようになる。

 Classroomには、10段階で学習の理解度などを評価したり、モバイル・デバイス上で、プロファイルを編集したり、クラスの生徒の学習情報などを、他の教師に移管したり、できるようにする機能もある。

 ベストセラーのアプライアンス

BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。(4) '17.08.06

【BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。(4)】 '17.08.06

 BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。 2017年8月4日

Eweek41_2
 セキュリティ会社、Kryptowireが、BLUのスマートフォンが、ユーザのデータを収集し、中国に送っていることを見つけた後に、Amazonは、BLUのスマートフォンの販売を、一時的に中止した。

 By Don Reisinger、eWEEK

 セキュリティ会社、Kryptowireは、BLU Productsという名前の、小さなベンダの、スマートフォン上で、実行しているアプリが、ユーザのデータを収集し、中国に送っている方法を紹介した。

 BLU Productsが、中国に、データを送信していることが、Kryptowireにより、紹介された後、Amazonは、直ちに、同社のスマートフォンの販売を、一時的に中止した。

 Amazonのマーケティング・パートナーであった、BLU Productsは、このAmazonの対応に対し、「何も誤ったことを行っていない」と、この問題を否定した。

 eWEEKは、AmazonとBLUの紛争の起源について紹介する。

   (続き)

9.Amazonのオンライン販売サイトで、BLUのスマートフォンの販売が再開された。

Eweek410
 この記事の執筆時点には、Amazonは、同社のオンライン販売サイトで、BLUのスマートフォンの販売を再開していた。

 BLUの最も人気のある、スマートフォンの1つである、BLU R1 HDは、現在、Amazon.comの、ベスト・セラーのスマートフォンのリストにおいて、20位にランクされている。

 ただし、Amazonの一時的な、販売中止により、BLUのスマートフォンの全体的な売り上げが、どのような影響を受けたかは、不明である。

10.今後の方向性

Eweek411
 BLUのスマートフォンは、再度、Amazon.comにおいて、販売が、再開されたが、最近の売上高は、以前ほど好調ではないようだ。

  BLUは、スマートフォンが、ユーザのプライバシーを、日常的に侵害しているという、市場における認識を、克服しようとしており、同社のソフトウェアの問題が、プログラム上の誤りであると説明し、問題のソフトウェアを修正すると述べた。

 ただし、BLUが、以前のように、同社のスマートフォンの販売の勢いを取り戻し、製品に関する悪評を、完全に払拭できるかどうかは不明である。

 ベストセラーのアプライアンス

BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。(3) '17.08.06

【BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。(3)】 '17.08.06

 BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。2017年8月4日

 セキュリティ会社、Kryptowireが、BLUのスマートフォンが、ユーザのデータを収集し、中国に送っていることを見つけた後に、Amazonは、BLUのスマートフォンの販売を、一時的に中止した。

Eweek41
 By Don Reisinger、eWEEK

 セキュリティ会社、Kryptowireは、BLU Productsという名前の、小さなベンダの、スマートフォン上で、実行しているアプリが、ユーザのデータを収集し、中国に送っている方法を紹介した。

 BLU Productsが、中国に、データを送信していることが、Kryptowireにより、紹介された後、Amazonは、直ちに、同社のスマートフォンの販売を、一時的に中止した。

 Amazonのマーケティング・パートナーであった、BLU Productsは、このAmazonの対応に対し、「何も誤ったことを行っていない」と、この問題を否定した。

 eWEEKは、AmazonとBLUの紛争の起源について紹介する。

   (続き)

7.Amazonがレポートに対応した。

Eweek48
 Amazonは、Shanghai Adups Technologyのソフトウェアのプライバシー侵害のニュースに、直ちに対応した。

 Amazonは、BLUスマートフォンのレビューと、BLUのプライバシー・ポリシーが発表されるまで、すべてのBLUのスマートフォンを、同社のオンライン販売サイトから迅速に削除した。

 Amazonは、BLU Productsが、スマートフォンのセキュリティに関する誤った報告が発表されたことを、メディアに批判するよう促した。

8.BLU Productsは、同社のスマートフォンに、マルウェアが存在することを否定した。

Eweek49
 2017年7月31日に、BLUは、同社のスマートフォンで実行している、マルウェア、スパイウェア、あるいは、シークレット・ソフトウェアはないという、声明文を発行した。

 BLUは、同社のスマートフォンが、昨年、一部のデータ漏洩に苦しんでいたが、問題を解決したと報告した。

 BLUは、スマートフォンで収集されたデータは、すべて標準的な業界慣行に従い、プライバシー・ポリシーに含まれると主張している。

 また、BLUは、ユーザのプライバシーを維持することを約束した。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年7月30日 - 2017年8月5日 | トップページ | 2017年8月13日 - 2017年8月19日 »

ウェブページ

広告2