« 2017年7月23日 - 2017年7月29日 | トップページ | 2017年8月6日 - 2017年8月12日 »

2017年7月30日 - 2017年8月5日

2017年8月 5日 (土)

BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。(2) '17.08.05

【BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。(2)】 '17.08.05

 BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。2017年8月4日

 セキュリティ会社、Kryptowireが、BLUのスマートフォンが、ユーザのデータを収集し、中国に送っていることを見つけた後に、Amazonは、BLUのスマートフォンの販売を、一時的に中止した。

Eweek41_2
 By Don Reisinger、eWEEK

 セキュリティ会社、Kryptowireは、BLU Productsという名前の、小さなベンダの、スマートフォン上で、実行しているアプリが、ユーザのデータを収集し、中国に送っている方法を紹介した。

 BLU Productsが、中国に、データを送信していることが、Kryptowireにより、紹介された後、Amazonは、直ちに、同社のスマートフォンの販売を、一時的に中止した。

 Amazonのマーケティング・パートナーであった、BLU Productsは、このAmazonの対応に対し、「何も誤ったことを行っていない」と、この問題を否定した。

 eWEEKは、AmazonとBLUの紛争の起源について紹介する。

   (続き)

4.上海の、Adups Technologyが、問題のソフトウェアの提供元である。

Eweek45
 スマートフォンのユーザのデータを、無断で、収集し、中国のサーバに送る、問題のソフトウェアの提供元は、中国を拠点とする、Shanghai Adups Technologyである。

 このShanghai Adups Technologyは、スマートフォンや、モノのインターネット(IoT)デバイス上で実行する、ソフトウェアを、無線ネットワーク経由で、アップデートできるようにする、ソフトウェアのプロバイダである。

 Shanghai Adups Technologyは、同社のソフトウェアが、ユーザのデータを収集して、中国のサーバに転送している、という問題があることを認めたが、この問題は、故意ではなく、プログラム上の誤りであると説明した。

5.セキュリティの研究者が、BLUのスマートフォンで、このユーザのデータを転送する問題を見つけた。
Eweek46
 2016年に、セキュリティの研究者は、特定のBLUスマートフォンが、ユーザのデータを、中国に転送する、Shanghai Adups Softwareと呼ばれる、ソフトウェアを持っていることを見つけた。

 Shanghai Adups Technologyは、BLUスマートフォンの、同社のソフトウェアの問題が、プログラム上の誤りであると主張し、このソフトウェアを修正すると述べた。

 BLUは、同社のスマートフォンが、ソフトウェアをアップデートした後には、これ以上、ユーザのデータを、中国に送信しなくなると説明していた。

6.スマートフォンのユーザのデータを、収集し、転送する機能は、どのように作用するか?

Eweek47
 Kryptowireは、Shanghai Adups Technologyのソフトウェアを分析し、このスマートフォンのソフトウェアが、ユーザのデータを収集して、中国に送信し、ユーザのプライバシーを侵害していることを発見した。

 このソフトウェアは、スマートフォンと、制御サーバ間で、通信ラインを開くこともできるので、悪意のあるユーザが、他人のスマートフォンの制御を横取りし、ユーザのデータを、中国に転送することを可能にする。

 例えば、悪意のあるユーザは、ユーザのスマートフォンの制御を横取りし、情報を盗み出したり、データを消去したり、あるいは、改ざんしたりできようになる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。(1) '17.08.05

【BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。(1)】 '17.08.05

 BLUのスマートフォンに関する、プライバシーの心配は、一時的なAmazonの販売中止を促す。2017年8月4日

 セキュリティ会社、Kryptowireが、BLUのスマートフォンが、ユーザのデータを収集し、中国に送っていることを見つけた後に、Amazonは、BLUのスマートフォンの販売を、一時的に中止した。

Eweek41
 By Don Reisinger、eWEEK

 消費者の注目を引くことに、失敗している、多くのスマートフォンのメーカで、スマートフォン市場が混雑している。

 セキュリティ会社、Kryptowireは、BLU Productsという名前の、小さなベンダの、スマートフォン上で、実行しているアプリが、ユーザのデータを収集し、中国に送っていることを紹介した。

 BLU Productsが、中国に、スマートフォンのユーザのデータを送信していることが、Kryptowireにより、紹介された後、直ちに、Amazonは、同社のスマートフォンの販売を、一時的に中止した。

 Amazonのマーケティング・パートナーであった、BLU Productsは、このAmazonの対応に対し、「何も誤ったことを行っていない」と、この問題を否定した。

 eWEEKは、AmazonとBLUの紛争の起源を紹介する。

1.BLU Productsとは、どのようなスマートフォン・メーカか?

Eweek42
 BLUは、フロリダ州、マイアミを拠点とする、小さな米国のスマートフォン・メーカである。

 このBLUは、ブラジル人の起業家、Samuel Ohev-Zion氏により、設立されていた。

 このBLUは、さまざまなデザインと価格帯の、何種類かの、異なったスマートフォンを作成し、販売している。

 しかし、BLUは、50ドルから60ドルという、手頃な価格帯の、スマートフォンを作成し、主に、米国内のラテンアメリカ人や海外に販売している。

2.Amazonオンライン販売サイトは、BLEにとって、どれぐらい重要か?

Eweek43
 Amazonは、BLUのビジネスに、重要である。

 例えば、昨年、BLUは、Amazonのプレミアム・スマートフォン・プログラムの一部であった。

 このAmazonのプレミアム・スマートフォン・プログラムで、Amazonが、BLUが、スマートフォンを作成するのを支援すると共に、BLUが、Amazonのオンライン販売サイトで、注目を浴びることを支援していた。

 BLUは、Amazonオンライン販売サイトで、最も人気のある、スマートフォンのメーカの1社になった。

 BLUのAdvance 5.0は、最近、Amazonオンライン販売サイトで、3番目に、人気のある、スマートフォンになった。

3.Kryptowireは、BLUのスマートフォンを調査した。

Eweek44
 最近、論争を引き起こした、セキュリティ会社のKryptowireは、BLUのスマートフォンを分析し、調査した。

 ラスベガスにおいて、開催された、Black Hatコンファレンスで、セキュリティ会社のKryptowireは、BLUのスマートフォンをテストし、このスマートフォンのアプリが、ユーザの同意なく、知らないうちに、中国の上海にある、サーバに、ユーザのデータを収集し、送信していることを明らかにした。

 セキュリティ会社のKryptowireによると、3種類のBLUスマートフォンのソフトウェアの問題を見つけたという。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2020年まで、デジタルな変革とIoTは、IT運用管理ツールにおける投資を促す。 '17.08.05

【2020年まで、デジタルな変革とIoTは、IT運用管理ツールにおける投資を促す。】 '17.08.05

 Gartnerによると、2020年まで、デジタルな変革とIoTは、IT運用管理(ITOM)ツールにおける投資を促すという。2017年7月26日

 ロンドンとラスベガスで開催された、Gartner IT Infrastructure, Operations Management & Data Center Conferencesにおいて、IT運用管理(ITOM)のトレンドが、議論される。

 Gartnerによると、デジタル・ビジネスとモノのインターネット(IoT)市場の成長は、2020年まで、IT運用管理(ITOM)ツールにおける、大きな投資を促すという。

 企業が、IT運用管理(ITOM)オープンソース・ソフトウェア(OSS)に移行する、主な要因は、所有コストの削減である。

 オープンソース・ソフトウェア(OSS)IT運用管理(ITOM)ソフトウェアの受け入れが進んでいるが、従来のクローズド・ソースのITOMソフトウェアでは、今日、最も大きな、予算の割り当てが行われている。

 それ以上に、OSS ITOMツールのユーザが直面する、複雑さやガバナンスの問題は、無視できない。

 これらの問題は、ITOMベンダーに、ビジネス機会をもたらす。

 ITOM機能を市場に出すのに遅れている、ベンダーでも、この分野で競争することができるだろう。

 Gartnerは、多くの企業が、オープンソース技術によって可能になる、3rdパーティによって提供される、ITOM、または、「サービスとしてのITOM」(ITOMaaS)に、目を向けるだろうと信じている。

 オープンソース・ソフトウェア(OSS)で、ベンダは、クラウドを通して、より費用対効果が高く、容易に利用可能な、IT運用管理(ITOM)機能を、スケーラブルな方法で、提供することができる。

 2020年までに、パブリック・クラウドとマネージド・サービスは、ITOMツールで、より頻繁に利用されるようになることが期待されている。

 ITOMツールは、クラウドとオンプレミスのITOMツールの両方の、契約ビジネス・モデルの成長を促すだろう。

 ただし、引き続き、オンプレミスの展開は、ITOMツールの、最も一般的な配信方法になるだろう。

 これは、ITOMベンダに、複数の課題を課すことになる。

 第1に、クラウド配信モデルを提供していないベンダは、クラウドとオンプレミスの両方を介して、ITOMツールを配信できる、ITOMベンダからの継続的な食い違いに直面するだろう。

第2に、Microsoft AzureやAmazon Web Services(AWS)などのクラウド・サービス・プロバイダは、パブリック・クラウドに、いくつかのネイティブなITOM機能を提供している。

 これらのクラウド・サービス・プラットフォームでのみ、ワークロードを実行している顧客は、これらのネイティブな機能を好むかも知れない。

 ITOMツールには、クラウド環境と、オンプレミス環境の両方を、シームレスに管理できる「ハイブリッド」の要件もある。

 クラウド(SaaS製品)と商用OSS(無料ライセンスと有償サポートの両方)からの競争圧力により、ITOMプロバイダは、クラウドとオンプレミスの両方の展開で、契約ベースのビジネス・モデルに移行するようになるだろう。

 従来のITOMベンダは、自分たちの製品が、どのように適合するかを変えることによって、対応すると共に、自分たちのソリューションの販売方法を変更する必要があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoftは、Windows 10 Fall Creators Updateにおいて、電話フレンドリな機能を紹介する。 '17.08.05

【Microsoftは、Windows 10 Fall Creators Updateにおいて、電話フレンドリな機能を紹介する。】 '17.08.05
Eweek6
 Microsoftは、Windows 10 Fall Creators Updateにおいて、電話フレンドリな機能を紹介する。2017年7月28日

 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftは、Windows 10 Fall Creators Updateにおいて、ユーザが、WindowsベースのPCで開始した作業を、iOS、または、Androidベースのモバイル・デバイスで再開できるようにする、機能を紹介する。

 この機能は、逆に、ユーザは、iOS、または、Androidベースのモバイル・デバイスで開始した、作業を、WindowsベースのPCで再開することもできる。

 新しい「電話」アイコンが、Windows設定スクリーンに表示され、ユーザが、自分たちのAndroidベースのスマートフォン、または、AppleのiPhoneスマートフォンをリンクさせられるようにする。

 このオプションは、現在、Androidベースのスマートフォンだけを、サポートしている。

 ユーザは、Webサイトを共有し、PC上で、ブラウジング・セッションを再開するために、新たな「Continue on PC」オプションを選択することができる。

 Microsoftのデジタル・アシスタント、Cortanaは、新たな能力を得る。

 例えば、ユーザが、デジタル・アシスタント、Cortanaに質問をすると、Cortanaは、回答を、Webブラウザではなく、拡張されたCortanaペインで表示するようになる。

 このCortanaペインには、ユーザの、さまざまな質問(例えば、株価、天気予報、フライト情報、映画、有名人などに関すること)に対する、Cortanaの回答が表示される。

 ユーザは、各Web示唆の近くに、現れる、矢印をクリックすることで、Cortanaが、収集した、情報をアクセスすることができる。

 Build 16251は、「Hey Cortana、PCをオフにして」と、音声コマンドを発することにより、ユーザが、PCをシャットダウンできるようにする。

 同様に、ユーザは、同様の音声コマンドで、システムをロックしたり、サインアウトしたり、あるいは、再起動したりすることができる。

 Windowsのオンスクリーン・タッチ・キーボードには、大きく表示される、ワンハンド・モードや、誤って周囲の領域をタップしたときに発生する、誤操作の可能性を低くするために、境界線が太くなっているなど、いくつかの機能が改善されている。

 詳細は、「Windows 10 Insider Preview Build 16251 for PC & Build 15235 for Mobile」を参照のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 4日 (金)

世界のタブレットの出荷台数が、2017年2Qに、僅かに減少している。 '17.08.04

【世界のタブレットの出荷台数が、2017年2Qに、僅かに減少している。】 '17.08.04

 世界のタブレットの出荷台数が、2017年2Qに、低コストのタブレットの出荷台数が、一時的に減少し、前年同期から、緩やかに減少している。2017年8月3日

 IDC Worldwide Quarterly Tablet Trackerの主な結果によると、2017年2Qに、世界のタブレットの出荷台数は、引き続き、減少を続けている。

 Appleは、iPadタブレットの価格を下げたが、2017年2Qに、前年同期から、3.4%出荷台数を減少させ、3790万台になった。

 2017年2Qに、AppleやMicrosoftのようなベンダからの、キーボード取り外し可能な、タブレットの出荷台数は、2017年2Qに、減少した。

 トップ5ベンダの内、3ベンダ(Apple、Huawei、Amazon.com)は、タブレットの出荷台数を伸ばしていた。

 タブレット・ベンダのハイライト

・Appleは、2017年2Qに、iOSを搭載した、2種類のiPadを紹介し、ラインアップを統合させた。

・Samsungは、2017年2Qに、AndroidベースとWindowsベースのタブレットの出荷台数を、僅かに減少させたが、シェアは、フラットに推移した。

 Samsungは、キーボード取り外し可能なタブレットの出荷台数で、AppleとMicrosoftに次いで、3位であった。

 Samsungは、WindowsかAndroidのどちらかでも、利用できる、キーボード取り外し可能なタブレットも提供している。

 世界中で、Samsungのスレート型のタブレットは、代表的な存在になってきた。

・Huaweiは、ヨーロッパとアジアにおいて、Androidベースのタブレットの、ブランド・マーケティングに、投資を続けている。

 Huaweiは、低コストで、セルラー通信対応のオプションを持つ、タブレットのシェアを、緩やかに、Lenovoから奪うことができた。

・Amazon,comのFire HDタブレットは、Androidの派生の、独自オペレーティング・システム、Fire OSを搭載しているが、高性能、低価格で、コンテンツやアプリも豊富であり、積極的な価格戦略で、さらに、エコシステムを増大させている。

 Amzonは、同社のタブレットのラインアップをエンハンスし、より手頃な価格のタブレットを提供し、Alaxa音声対応デジタル・アシスタント・サービスを、英国にも拡張している。

 Amazonは、子供向けのタブレット市場をターゲットにしている、主なベンダであり、子供向けの、豊富なコンテンツを利用できるようにした、タブレットを提供している。

・Lenovoは、1年間の、AndroidベースとWindowsベースのタブレットの出荷を減少させたにも関わらず、キーボード取り外し可能なタブレットのシェアを、緩やかに増加させた。

表1)2017年2Qにおける、トップ5のタブレット・ベンダ、世界のタブレットの出荷台数、市場シェア、年間成長率

 (単位:100万台)

           2017年2Q  2017年2Q  2016年2Q  2016年2Q  年間
ベンダ      出荷台数    シェア   出荷台数      シェア   増加率

Apple                 11.4         30.1%            10.0           25.4%          14.7%
Samsung              6.0         15.8%             6.0           15.4%          -0.8%
Huawei                3.0           8.0%             2.1             5.3%          47.1%
Amazon.com         2.4           6.4%            1.6             4.1%           51.7%
Lenovo                2.2           5.7%             2.5             6.5%         -14.6%
その他               12.9         33.9%            17.0           43.4%         -24.6%

合計                  37.9        100.0%            39.3         100.0%          -3.4%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Tablet Tracker、2017年8月3日

・タブレットには、スレート型のタブレットと、キーボード取り外し型のタブレットが含まれる。

・ベンダのタブレットの出荷台数は、OEM販売を除く。

グラフ1)2016年2Qから2017年2Qにおける、トップ5の世界のタブレット・ベンダとベンダのシェア

 ベストセラーのアプライアンス

世界のスマートフォンの出荷台数が、2017年2Qに、僅かに減少している。 '17.08.04

【世界のスマートフォンの出荷台数が、2017年2Qに、僅かに減少している。】 '17.08.04

 IDCによると、2017年2Qに、世界のスマートフォンの出荷台数が、2017年2Qに、僅かに減少しているという。2017年8月2日

 IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackerの主な結果によると、世界のスマートフォンの出荷台数は、2017年2Qに、前年同期から、1.3%減少し、3億4160万台になったという。

 SamsungとAppleの両ベンダは、2017年2Qに、スマートフォンの出荷台数を、前年同期から、僅かに増やし、出荷台数シェアを、比較的コンスタントに維持した。

 2017年2Qに、スマートフォンの出荷台数のトップ5の内の3社、Huawei、OPPO、および、Xiaomiの出荷台数は、前年同期から、2桁増加している。

 Xiaomiは、僅かに、vivoのスマートフォンの出荷台数を上回り、vivoと入れ替わって、5位になった。

 2017年2Qにおける、スマートフォン・ベンダのハイライト

・韓国のSamsungは、2017年2Qに、世界のスマートフォン市場における、リーダとして残り、出荷台数が、前年同期から、1.4%増加し、23.3%のシェアを占めている。

 Samsungの新S8とS8+スマートフォンは、2017年2Qに、重要な役割を演じ、新たなデザインで、スクリーン画面のアスペクト比を、18:9にした。

 新S8とS8+スマートフォン以外に、Samsungは、AシリーズとJシリーズの、ミッドレンジとローエンドのスマートフォンも提供した。

・Appleは、2017年2Qに、4100万台のiPhoneスマートフォンを出荷した。

 AppleのiPhoneスマートフォンは、2017年2Qに、出荷台数を、前年同期から、1.5%増加させ、4040万台に増加させた。

・中国のHuaweiは、2017年2Qに、中国における、スマートフォンの販売が好調で、出荷台数を伸ばすと共に、ヨーロッパ市場も開拓した。

 Huawaiは、2017年2Qに、スマートフォンの出荷台数を、前年同期から、19.6%増加させ、出荷台数のシェアを、2%増加させた。

 Huawaiのミッドレンジとハイエンドのスマートフォンのモデルは、P10、Mate 9と共に、順調に、出荷台数を伸ばした。

 Huawaiは、米国市場で、移動体通信事業者により販売される、スマートフォンの出荷台数を伸ばす必要があるだろう。

・中国のOPPOは、2017年2Qに、世界のスマートフォンの出荷台数を、2780万台に伸ばし、4位を維持した。

 OPPOは、東南アジアにおける、多くの市場をリードし、国際ビジネスを拡大させ続けた。

 2017年2Qに、OPPOは、インドにおいて、顧客のサービス・センターの数を増やし、専用の小売アウトレットを追加した。

 OPPOは、さらに、タイにおいて、同社の販売チャンネルとビルボードでの広告を増やし続けた。

・中国のXiaomiは、スマートフォンの出荷台数を、2017年2Qに、前年同期から、58.9%増加させ、中国のvivoを抜いて、世界でトップ5に戻った。

 Xiaomiは、インド市場に、極めて積極的に進出し、Mi Homeと呼ばれる店舗を開店することで、小売店を増やして、インドでの存在感を増している。

 Xiaomiは、過去6ヶ月に、顧客サービス・センターの数を倍増させ、引き続き、マーケティング活動を強化させた。

表1)2017年2Qと2016年2Qにおける、世界のスマートフォンの出荷台数、トップ5ベンダの、出荷台数、シェア、年間増加率

 (単位:100万台)

           2017年2Q   2017年2Q  2016年2Q  2016年2Q   年間
ベンダ     出荷台数      シェア   出荷台数     シェア     増加率

Samsung           79.8           23.3%             78.6           22.7%            1.4%
Apple               41.0           12.0%             40.4           11.7%            1.5%
Huawei             38.5           11.3%             32.2            9.3%           19.6%
OPPO              27.8            8.1%              22.7            6.6%           22.4%
Xiaomi              21.2            6.2%             13.3            3.9%            58.9%
その他           133.4           39.0%            158.8          45.9%          -16.0%
合計             341.6          100.0%            346.1        100.0%           -1.3%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker、2017年8月2日

注)ベンダのスマートフォンの出荷台数は、OEM販売を除く。

グラフ1)2016年1Qから、2017年2Qにおける、世界のベンダの、スマートフォンの出荷台数のシェア

 ベストセラーのアプライアンス

Samsungが、IoTデバイス・メーカ向けの「サービスとしてのデータ収益化」ソリューションを提供する。 '17.08.04

【Samsungが、IoTデバイス・メーカ向けの「サービスとしてのデータ収益化」ソリューションを提供する。】 '17.08.04

 By disruptive

 Samasungは、同社のArtik Cloudサービスを通して、IoTデバイス・メーカ向けの、データ収益化ソリューションの提供を開始した。 2017年8月2日

Dis2
 「Samsung Artik Cloud Monetization for the Internet of Things」は、IoTデバイスにより収集され、共有される、データを収益化できるようにする、新たなクラウド・サービスである。

 このクラウド・サービスは、IoT分野のデバイス・メーカやサービス・プロバイダが、IoTデバイスやサービスから、直接、利益を上げるための、オープンなエコシステムに、参加できるようにする。

 また、「Samsung Artik Cloud Monetization for the Internet of Things」クラウド・サービスは、新たなビジネス・モデルで、「サービスとしてのハードウェア」といった、新たなビジネス・モデルも可能にする。

 「Samsung Artik Cloud Monetization for the Internet of Thingsの紹介」ビデオ

 IoTデバイス・メーカの、主な挑戦は、自分たちのビジネス・モデルが、ハードウェアを販売することから、デジタル・アプリケーションに接続される、ハードウェア製品を販売することに、シフトしていることである。

 デジタル・アプリケーションに接続される、ハードウェア製品を販売する上での問題は、IoTデバイス・メーカが、3rdパーティのIoTデバイス、アプリケーション、および、サービスのエコシステムを、すべてサポートすることが、困難なことである。

 IoTデバイス・メーカは、現場において、稼働デバイスのデータ・コストを吸収するか、予想されるデータ・コストを、デバイスの小売価格に、含ませる必要がある。

 デジタル・アプリケーションに接続される、ハードウェア製品を販売する上での問題は、多くのIoTデバイス・メーカが、持続可能なビジネス・モデルを、はっきりと見極めることなく、IoTデバイス製品を製造し、販売していることある。

 データを収益化するために、IoTデバイス・メーカには、多くのプレッシャーがある。

 Samsungによると、Artik Cloud Monetizationは、完全な仲介システム、計量システム、および、支払いシステムを提供することで、この問題に対応しているという。

 Artik Cloud Monetizationは、IoTデバイス・メーカに、自分たちのIoTデバイスが、3rdパーティのIoTデバイスやアプリケーションと相互運用でき、データを収益化できるようにするための、容易な方法を提供する。

 Artik Cloud開発者ポータルにおいて、IoTデバイス・メーカは、自分たちのビジネスのニーズを満たす、サービス・プランを、柔軟に定義することができる。

 スマートフォン産業のように、IoTデバイス産業は、オープンなシステム、標準化、相互運用性、および、革新的なアプリケーションのサポートにより促されるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

GoogleとFacebookが、デジタル広告市場を独占している。 '17.08.04

【GoogleとFacebookが、デジタル広告市場を独占している。】 '17.08.04

 2017年2Qに、Googleと、Facebookが、実質的に、デジタル広告市場を独占していた。 2017年7月31日

 By disruptive
Dis1
 GoogleとYouTubeのオーナである、Alphabetと、世界最大のソーシアル・ネットワーク・サービス・プロバイダ、Facebookは、2017年2Qに、デジタル広告の売上が、大幅に増加している。

 これに対し、SnapやTwitterといった、他の主なデジタル広告プラットフォームのプロバイダは、デジタル広告の売上の増加を維持し、損失を減らすことに奮闘している。

 市場調査会社のeMarketerによると、2017年2Qに、GoogleとFacebookのデジタル広告の売上の合計は、世界のデジタル広告の売上全体の約半分を占めており、米国のデジタル広告の売上全体の60%以上を占めていると見ている。

 これに対し、2017年2Qにおける、GoogleとFacebook以外の、SnapやTwitterといった、他のデジタル広告プラットフォームでの、デジタル広告の売上が、米国のデジタル広告の売上全体に占める割合は、5%未満であった。

 Verizonや他の移動体通信サービス会社が、モバイル広告市場で、競争する努力は、これまでのところ、このモバイル広告市場に影響を及ぼしていない。

 Rubicon ProjectやRocket Fuelといった、独立系のデジタル広告会社も、GoogleやFacebookと競争するのが難しいと判断している。

 広告主は、ターゲット・マーケティング用に展開される、膨大なデータを持っている、数十億人のユーザに到達できる、FacebookやGoogleに群がっている。

 このため、独占禁止法への違反が、懸念されている。

Googleは、今月、27億ドルを備えて、検索サービスにおいて、検索結果にショッピング・サービスに提供する、デジタル広告を販売するために、欧州連合(EU)に、独占禁止法違反の罰金を支払っており、さらに、ヨーロッパにおいて、2つの調査を受けている。

 ビデオは、GoogleとFacebookが、共に、重要な新しいフロンティアとみなす、デジタル広告の分野の1つである。

 ビデオ分野のデジタル広告に、巨額の投資を計画している、GoogleとFacebookは、テレビ広告事業の運営を開始するための準備をしている。

 YouTubeは、Ellen DeGeneresやKevin Hartといった、スターで、新しいTV番組のシリーズを展開しており、TV広告ビジネスの構築に取り組んでいる。

 YouTubeの、15億人のユーザは、スマートフォンやタブレットで、YouTubeにおいて、平均で、約60分間/日、ビデオを視聴している。

 Facebookも、人気がある、スターやビデオの制作会社が、同社のSNSサイトで、ビデオ・シリーズを配信することを促している。

 Facebookは、Vox MediaやBuzzFeedといった、メディア会社と契約を交わし、オリジナルのビデオ・シリーズの提供を開始するようだ。

 FacebookのInstagram部門も、ビデオ広告で、大きな収益を上げる、プロデューサになりつつある。

 既に、多くの広告主は、YouTubeの大きなリーチ度を、無視できないと感じている。

 米国のニュース機関の同盟は、GoogleやFacebookとの交渉を調整できるようにするために、ロビー活動を開始している。

 規模自体に、独占禁止法上の懸念はなく、FacebookとGoogleは、米国の反トラスト調査の対象ではないが、より小さなライバル会社の買収を進めれば、別の問題が発生するだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 3日 (木)

Lenovoが、手頃な価格のスマートフォン、Moto E4 Plusモデルを紹介した。(2) '17.08.03

【Lenovoが、手頃な価格のスマートフォン、Moto E4 Plusモデルを紹介した。(2)】 '17.08.03

 Lenovoが、手頃な価格のスマートフォン、Moto E4 Plusモデルを紹介した。 2017年8月2日

 By Don Reisinger、eWEEK

 ローエンドのMoto E4 Plusモデルは、予算の少ない、ユーザ向けの、ニッチな市場向けの、Androidスマートフォンの、Lenovoの最新の取り組みである。

Eweek31_2
 Lenovoは、スマートフォン市場における、主なベンダであるが、同社は、Moto E4 Plusモデルで、予算の少ないユーザを対象に、手頃な価格のスマートフォンを提供する。

 Lenovoのスマートフォンの製品ラインにおける、最新の取り組みである、Moto E4 Plusモデルは、先のMoto E4モデルよりも、さらに大きなスクリーンと、長寿命のバッテリーパックを特徴にしている。

 eWEEKは、Moto E4 Plusモデルの特徴を紹介する。

  (続き)

5.Moto E4 Plusモデルは、13メガピクセルの背面カメラを搭載している。

Eweek36
 Moto E4 Plusモデルは、f/2.0の焦点を持つ、13メガピクセルの背面カメラを搭載している。

 この背面カメラは、78度のレンズを持ち、720ピクセルの解像度で、ビデオを録画することも可能である。

 この背面カメラは、ダイナミックな広いレンジの、より鮮やかなカラーをサポートしている。

 このMoto E4 Plusモデルの、前面カメラは、基本的な5メガピクセルのカメラである。

6.Moto E4 Plusモデルのケースは、防水加工のコーティングが施されている。

Eweek37
 Moto E4 Plusモデルは、手頃な価格の、ローエンドのスマートフォンには、あまり見られない、防水加工のケースを持っている。

 Lenovoによると、このスマートフォンは、「ナノコーティング」と呼ばれる、水の侵入を防ぐ、撥水性のある、コーティングが施されているという。

 しかし、ナノコーティングが、施されているからといって、Moto E4 Plusモデルを、水に浸すべきではない。

7.Moto E4 Plusモデルは、十分な容量のRAMや、データ・ストレージを装備している。

Eweek38
 Moto E4 Plusモデルは、ユーザに、アピールする、いくつかの特徴を持っている。

 Moto E4 Plusモデルは、2GBのRAMと、最大、32GBのストレージを装備している。

 Moto E4 Plusモデルは、より良い音声やサウンドの音質を持つ、2つのマイクを持っている。

 また、Moto E4 Plusモデルは、セキュリティのために、指紋リーダを装備し、指紋認証能力を持っている。

8.ただし、Moto E4 Plusモデルには、いくつかの重要な機能が装備されていない。

Eweek39
 Moto E4 Plusモデルには、その魅力を損なう可能性がある、いくつかの重要な機能が装備されていない。

 Moto E4 Plusモデルは、近接通信(NFC)をサポートしていないので、ユーザは、このスマートフォンで、店舗において、モバイル決済を行うことはできない。

 また、Moto E4 Plusモデルは、Bluetooth 4.1 LEをサポートしているが、最高速の802.11ac WiFiを、サポートしていない。

9.Moto E4 Plusモデルは、任意のセルラー通信ネットワークで利用できる。

Eweek310
 Moto E4 Plusモデルは、任意のタイプのセルラー通信ネットワークで利用できるよう、設計されている。

 このMoto E4 Plusモデルは、SIMフリーで、契約することなく、任意のセルラー通信ネットワークを利用できるようになるため、セルラー通信ネットワーク間を移動することができる。

10.Lenovoは、Moto E4 Plusモデルを、2017年8月に出荷する予定である。

Eweek311
 LenovoのMoto E4 Plusモデルは、180ドルと、より手頃な価格の、スマートフォンである。

 LenovoのMoto E4 Plusモデルは、移動体通信サービス会社のVerizon、オンライン小売店のBest BuyとAmazon、および、他の選択された、小売業者から、2017年8月3日に、販売が開始される予定であり、移動体通信サービス会社のSprintや、他の小売業からは、8月11日に、販売が開始される予定である。

 移動体通信サービス会社、Republic Wirelessは、2017年8月14日から、Moto E4 Plusモデルの販売を開始する予定である。

 ベストセラーのアプライアンス

Lenovoが、手頃な価格のスマートフォン、Moto E4 Plusモデルを紹介した。(1) '17.08.03

【Lenovoが、手頃な価格のスマートフォン、Moto E4 Plusモデルを紹介した。(1)】 '17.08.03

 Lenovoが、手頃な価格のスマートフォン、Moto E4 Plusモデルを紹介した。 2017年8月2日

 ローエンドのMoto E4 Plusモデルは、予算の少ない、ユーザ向けの、ニッチな市場向けの、Androidスマートフォンの、Lenovoの最新の取り組みである。

Eweek31
 By Don Reisinger、eWEEK

 Lenovoは、スマートフォン市場における、主なベンダであるが、同社は、Moto E4 Plusモデルで、予算の少ないユーザを対象に、手頃な価格のスマートフォンを提供する。

 Lenovoのスマートフォンの製品ラインにおける、最新の取り組みである、Moto E4 Plusモデルは、先のMoto E4モデルよりも、さらに大きなスクリーンと、長寿命のバッテリーパックを特徴にしている。

 事実、Moto E4 Plusモデルは、スマートフォン市場において、より手頃な価格のスマートフォンの1つであるが、Qualcomm Snapdragon 427プロセッサを搭載しており、スピーディーに動作する。

 eWEEKは、Moto E4 Plusモデルの特徴を紹介する。

1.Moto E4 Plusスマートフォンは、5.5インチのスクリーンを持っている。

Eweek32
 Moto E4 Plusモデルは、Moto E4モデルの、5インチのスクリーンより大きな、5.5インチのスクリーンを特徴としている。

 Moto E4 Plusモデルは、HD解像度(267ピクセル/インチ)を持ってる。

 Moto E4 Plusモデルのスクリーンは、SamsungのGalaxy S8スマートフォンや、他のハイエンドのスマートフォンに搭載されている、曲面ディスプレイとは、異なり、フラットなディスプレイである。

2.Moto E4 Plusモデルは、ハイエンドの処理パワーを提供する。

Eweek33
 ハイエンドのパワーを望んでいる、ユーザには、Moto E4 Plusモデルが適しているだろう。

 Moto E4 Plusモデルは、1.4GHzのクアドコア、Qualcomm Snapdragon 427プロセッサを搭載しており、あまりリソースを使用しない、基本的で、シンプルなアプリを使用する、ユーザに、手頃なスマートフォンの選択肢になる。

3.Moto E4 Plusモデルは、最新版の、Androidを搭載している。

Eweek34
 Moto E4 Plusモデルは、ユーザが、希望している、セキュリティの機能を強化した、Androidの最新版である、Android 7.1.1 Nougatを搭載している。

 さらに、Lenovoは、一般的に、あまり使用されない、不要なアプリを、Moto E4 Plusモデルに、プレインストールしていない。

4.Moto E4 Plusモデルのバッテリー・パックの容量は、Moto E4モデルのものより、比較的大きく、長寿命である。

Eweek35
 多分、Moto E4 Plusモデルの最大の特徴は、バッテリーだろう。

 Moto E4 Plusモデルには、1回の充電で、2日間使用できる、5,000mAhの、長寿命なバッテリーパックを装備している。

 また、Moto E4 Plusモデルのバッテリーは、急速な充電が可能である。

   (続き)

 ベストセラーのアプライアンス

GPUで加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? (3) '17.08.03

【GPUで加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? (3)】 '17.08.03

 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? 2017年7月27日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 AI技術は、グラフィクス処理ユニット(GPU)のおかげで、研究室の成果を、実際の世界に適用できるようにする。

Eweek81_2

 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか?

 人工知能(AI)は、この10年間に、異なった形態で、存在しているが、真に、新たな時代を迎え、研究室から出て、代表的な技術ベンダにより、実際の世界に展開されている。
 例えば、Amazonは、購入する商品の推奨に、Facebookは、自動的な顔の認証に、Netflixは、映画の推奨に、AI技術を使用している。

 これらのAI技術には、より大きなパワーと、優れた性能を持つ、コンピュータが必要になる。

 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、AIのような、データ集約的なアプリを実行するために必要になる、大きなパワーを提供し、先進的なコンピューティングを支援する。

 eWEEKは、KineticaのCEO、Amit Vij氏からの、トピックで、いくつかの専門家の業界データを紹介する。

   (続き)

6.GPUで加速された、データベースは、AIアルゴリズムを、より高速に展開することができる。

 GPUで加速された、データベースは、AIアルゴリズムを、ユーザに、より速く、利用できるようにする。

Eweek87
 AIアルゴリズムは、遥かに短い時間で、ビジネス・ユーザに、利用できるようになる。

 例えば、Kineticaといったツールを使用することで、ビジネス・ツールは、REST APIを通して、直接、ユーザ定義関数(UDF)を呼び出すことができるようになる。

 これにより、ユーザは、ポイント&クリック・インターフェイスを通して、ビジネス・ツールで、カスタム・アルゴリズムを利用できるようになりる。

7.CPUは、多くの大規模な分析システムにおいて、ボトルネックになっている。

 GPUで加速された、データベースは、サーバ・ハードウェアの性能を向上させ、ハードウェアのフットプリントを縮小できるようにする。

Eweek88
 CPUは、多くの大規模な分析システムにおいて、ボトルネックになっており、結果として、複雑な分析ワークロードを処理するために、サーバが不規則になる。

 GPUで加速された、データベースで、クラウド・コンピューティングの処理効率が改善されるので、クラウド・サービス・プロバイダは、自分たちの、サーバ・ハードウェアのフットプリントを、従来のシステムのサイズの、1/4から1/5に縮小させることができるようになる。

8.GPUで加速された、データベースには、いくつかの可能性がある。

 GPUで加速された、データベースは、クラウド・サービス・プロバイダの、大規模なデータセンターのサーバのクラウド・サービス・プラットフォームで、採用されるようになった。

Eweek89
 ハードウェアのコストは、ビジネスの結果に関連付けることができる。

 GPUで加速された、データベースを搭載した、ハードウェアが、ビジネスで、利用できるようになると、AI用のハードウェアへの投資の利点は、より速く分かるだろう。

 GPUで加速された、データベースは、データセンターのサーバの、大きな魅力として受け入れられており、Amazon Web Services(AWS)、Microsoft Azure、および、Google Cloudといった、代表的なクラウド・サービス・プラットフォームに採用され、利用できるようになっている。

 「Microsoft Azureクラウド・プラットフォームに採用された、NVIDIAのGPUの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

GPUで加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? (2) '17.08.03

【GPUで加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? (2)】'17.08.03

 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? 2017年7月27日

 AI技術は、グラフィクス処理ユニット(GPU)のおかげで、研究室の成果を、実際の世界に適用できるようにする。

Eweek81
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか?

 人工知能(AI)は、この10年間に、異なった形態で、存在しているが、真に、新たな時代を迎え、研究室から出て、代表的な技術ベンダにより、実際の世界に展開されている。
 例えば、Amazonは、購入する商品の推奨に、Facebookは、自動的な顔の認証に、Netflixは、映画の推奨に、AI技術を使用している。

 これらのAI技術には、より大きなパワーと、優れた性能を持つ、コンピュータが必要になる。

 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、AIのような、データ集約的なアプリを実行するために必要になる、大きなパワーを提供し、先進的なコンピューティングを支援する。

 eWEEKは、KineticaのCEO、Amit Vij氏からの、トピックで、いくつかの専門家の業界データを紹介する。

   (続き)

3.グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、人工知能(AI)とビジネス・インテリジェンス(BI)を統合できる。

 GPUで加速された、データベースは、ユーザに、大幅な性能改善をもたらす。

Eweek84
 ビデオゲームの世界向けに、開発され、最適化されてきた、GPU加速は、ビジネス分析に、10倍から100倍の性能をもたらす。

 ストリーミング・データと、ますます増大する、大規模データセットで、多くのビジネス・ユーザは、性能の低下と、分析ソリューションの複雑さに苦しんでいる。

 GPUで加速されたデータベースは、大幅な性能改善をもたらし、IT基盤を簡素化する。

4.生のデータを使用して、AIモデルを開発する。

 GPUで加速されたデータベースは、データ科学者が、生のデータを使用して、AIモデルを開発するのを支援する。

Eweek85
 データ科学者は、生のデータを使用し、ユーザ定義関数を通して、AIモデルを開発することができる。

 GPUで加速された、データベースは、AIワークロードと共通の、行列演算とベクトル演算を、特に高速にする。

 ユーザ定義関数は、BIDMach、Caffe、および、TensorFlowといった、3rdパーティのマシン学習や深層学習のライブラリを呼び出すことができる。

5.GPUで加速された、データベースは、別個のシステムから、データを抽出できる。

 GPUで加速された、データベースは、データ科学者が、ビジネス分析で使用されるのと同じデータを使用して、AIモデルを展開できるようにする。

Eweek86
 データ科学者は、GPUで加速された、データベースを使用している場合、別個のシステムから、データを抽出する必要がなくなるため、時間を節約し、結果を改善することができる。

 データ科学者は、ビジネス分析に使用されているのと同じ、ハードウェアとデータを使用して、モデルを構築し、訓練し、展開することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 2日 (水)

GPUで加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? (1) '17.08.02

【GPUで加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? (1)】 '17.08.02

 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか? 2017年7月27日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 AI技術は、グラフィクス処理ユニット(GPU)のおかげで、研究室の成果を、実際の世界に適用できるようにする。

Eweek81
 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、どのように、先進のコンピューティングを支援しているか?

 人工知能(AI)は、この10年間に、異なった形態で、存在しているが、真に、新たな時代を迎え、研究室から出て、代表的な技術ベンダにより、実際の世界に展開されている。

 例えば、Amazonは、購入する商品の推奨に、Facebookは、自動的な顔の認証に、Netflixは、映画の推奨に、AI技術を使用している。

 これらのAI技術には、より大きなパワーと、優れた性能を持つ、コンピュータが必要になる。

 グラフィクス処理ユニット(GPU)で加速された、データベースは、AIのような、データ集約的なアプリを実行するために必要になる、大きなパワーを提供し、先進的なコンピューティングを支援する。

 eWEEKは、KineticaのCEO、Amit Vij氏からの、トピックで、いくつかの専門家の業界データを紹介する。

1.AI技術は、顧客経験、オペレーショナルな効率、売上の改善に必要とされる。

 AI技術は、さまざまな業界が、自分たちのゲームをステップ・アップするのを支援する。

Eweek82
 AI技術は、ショッパーに対し、より完全な顧客経験を提供するのを支援したり、オンライン小売業者に対する、購買の推奨を可能にしたりする。

 また、AI技術は、銀行における、さまざまな取引の、意思決定のリスクを低減させたり、生命科学において、医薬品の安全な開発を加速させたり、流通会社に、よりスマートな計画を提供したりする。

2.ビジネスにおける、AI技術の展開は、容易ではないが、誰も止めるべきではない。

 AIモデルを展開するには、長くて、複雑な道のりがあるだろう。

Eweek83
 データ科学者は、典型的に、高価で、複雑で、特殊化された、ツールやハードウェアに頼っている。

 データ科学者は、自分たちのモデルを構築し、訓練するために、頻繁に、大量のデータを、これらの特殊化された環境に、複製する必要がある。

 AIモデルが、研究室において、機能していれば、ビジネス・ユーザに、その機能性を、利用できるようにすることは困難である。

 最終的に、AIモデルを、開発し、展開し、管理するための、適切なスキルを、人々を見つけて、訓練し、維持することは難しい。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年2Qに、Googleのクラウド・コンピューティング・サービスの売上が、急速に増加している。 '17.08.02

【2017年2Qに、Googleのクラウド・コンピューティング・サービスの売上が、急速に増加している。】 '17.08.02

Eweek2
 2017年2Qに、Googleのクラウド・コンピューティング・サービスの売上が、急速に増加する。2017年6月25日

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 2017年7月24日の、Googleの報告によると、2017年2Qに、同社のクラウド・サービスの売上が、大きく増加したという。

 Googleは、クラウド・サービスを、よりエンタープライズ対応にすることに取り組んでいる。

 Google Cloud Platformは、製品、分野、地域に渡り、急速に、売上を伸ばしている。

 Googleの広告関連以外の「事業」の売上の内、クラウド部門の売上は、2016年2Qの、21億ドルから、2017年2Qには、31億ドルへと、47%近く増加した。

 Googleは、2017年2Qにおける、売上は260億1000万ドルで、利益は35億ドルであったと報告した。

 ちなみに、2016年2Qにおける、Googleの売上は、215億ドルで、利益は、49億ドルであった。

 2017年1Qに、Googleは、クラウドのオペレーションを、同社の、最も重要な戦略の1つとして、優先させ、クラウド・コンピューティングに投資することにコミットしていた。

 2017年度の初め以来、Googleのクラウドのオペレーションの売上は、同社のすべての売上の中でも、最も速く成長していた。

 リソースの殆どは、Googleのクラウド・エンジニアリング、マーケティング、および、販売とサポート・チームを構築することに向けられる。

 Googleは、新たなクラウド・データセンターの構築や展開に投資し、米国、オーストラリア、英国に、新たなクラウド地域を開設した。

 Googleは、既存のSAPとの関係を拡張し、Nutanixと、新たな関係を確立した。

 Googleは、現在、Google Cloud Platformで、SAP、および、Nutanixの両ベンダの製品を統合することに取り組んでいる。

 これらのパートナーシップの目標は、企業の顧客に、ハイブリッド環境、オンプレミス、および、クラウドにおいて、ビジネスのワークロードを実行する、方法を提供することである。

 Googleのクラウド・ビジネスにおける、売上や利益の増加は、同社に、適切なビジネスの機会をもたらす。

 Synergy Research Groupの、新たなクラウド・サービス市場の予測によると、クラウド・サービスと、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」からの、世界の売上は、今後、5年間に、23%から29%増加するという。

 Synergy Research Groupは、クラウド・サービスからの、世界の売上は、2020年の1年間に、2000億ドルになると予測している。

 Synergy Research Groupによると、2017年1Qに、Amazon Web Services(AWS)で、Amazonは、クラウド・サービス市場において、最も支配的なプレーヤで、あり続け、世界のクラウド・サービス市場において、約33%のシェアを占めていたという。

 Microsoft、IBM、および、Oracleと共に、Amazon Web Services(AWS)を追う、クラウド・サービス・プロバイダである、Googleのクラウド・サービスの売上の、年間成長率は、80%以上もあった。

 Synergy Research Groupは、「サービスとしての基盤(IaaS)」や、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」分野における、代表的なクラウド・サービス・プロバイダとして、Amazon Web Services(AWS)、および、Microsoftと共に、Googleを指名し、IBMを、プライベート・クラウド・サービス市場における、リーダとして指名した。

 ベストセラーのアプライアンス

富士通研究所では、ブロックチェーンのトランザクション処理を高速化する方法を検討している。 '17.08.02

【富士通研究所では、ブロックチェーンのトランザクション処理を高速化する方法を検討している。】 '17.08.02

 富士通研究所では、分散型コンピュータ・ネットワークである、ブロックチェーンのトランザクション処理を高速化する方法を検討している。 2017年8月1日

Dis2
 By disruptive

 富士通研究所は、The Linux FoundationのHyperledgerブロックチェーン・フレームワークの1つである、Hyperledger Fabricフレームワークのトランザクション処理を高速化する技術の開発を発表した。

 この技術は、ボトルネックの原因となっていた、ブロックチェーン・プラットフォームとアプリ間の通信の処理を、効率化することで、高速化する。

 ブロックチェーンで、参加者の数に基づいた、ノードのグループは、分散型のネットワークを形成し、ネットワークを通して連携し、トランザクションの実行から、トランザクションの正当性の検証まで、一連のプロセスを実行する。

 分散型のブロックチェーンで、単位時間当たり、実行できる、トランザクションの数は、従来の集中型のシステムと比較して、分散ネットワークにおける、通信ボトルネックによって制限されるので、大量のトランザクションを、即座に処理する機能を含む、高性能を要求する、オンライン・トランザクション・システムに、この技術を適用することは難しい。

 このため、富士通研究所は、ブロックチェーンのトランザクション処理を高速化ために、アプリケーションとブロックチェーン・プラットフォーム間の、通信数を削減することで、トランザクションの性能を向上させるための、2つの技術を開発した。

1.差分更新ステート(DUS)機能

 ブロックチェーン上で、トランザクションを処理する時に、一般的に使用される方法は、指定されたデータを検索してから、ブロックチェーン・プラットフォームに書き戻す前に、アプリケーションで、計算処理を実施することである。

 富士通研究所は、指定されたデータの差分演算のみを実行する機能を、ブロックチェーン・プラットフォーム上の、アクション処理において開発し、通信の回数に直接関連する、計算の回数を減らす機能を提供する。

2.複合要求(CR)機能

 富士通研究所は、バッチ実行用のブロックチェーン・プラットフォームに送信するために、複数のプロセスを集約する機能を開発した。

 この機能は、複数のプロセスを集約することによって、ブロックチェーン・プラットフォームを、より効率化するだけでなく、通信の回数も削減する。

 この機能は、集約されたプロセスにおいて、部分的なエラーが発生し、再処理された場合、バッチ実行の原点に戻すことで、精度を維持する。

 富士通研究所は、Hyperbelger Fabric v0.6.1フレームワークで、この技術を実装し、4台のサーバで構成される、ブロックチェーン・プラットフォームで、トランザクションの性能を測定した。

 以前の方法では、ブロックチェーン・プラットフォームで、Hyperledger Fabricフレームワークは、毎秒500トランザクションを処理できていたが、富士通研究所は、新たに開発した技術を使用して、Hyperledger Fabricフレームワークのトランザクション処理を、約2.7倍、高速化し、毎秒1,350トランザクションの処理性能を達成した。

 これにより、Hyperledger Fabricフレームワークは、新たに開発された技術を使用して、金融機関などから要求されるような、毎秒1,000トランザクションを超える、高性能を必要とする、オンライン・トランザクション・システムに、適用できるようになる。

 富士通研究所によると、同社は、この技術を、Hyperledger Fabricフレームワークの最新版に、適用させると共に、ブロックチェインを、さらに高速化するために、この技術の開発を続けていくという。

 富士通研究所は、このブロックチェーンのトランザクション処理を高速化する技術の商用化を目指して、試験運用を実施し、2017年度内に、富士通株を通して、製品化することを計画している。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年8月 1日 (火)

GoogleのLaunchpad Studioイニシアティブは、AI技術と、マシン学習空間において、スタートアップをサポートする。 '17.08.01

【GoogleのLaunchpad Studioイニシアティブは、AI技術と、マシン学習空間において、スタートアップをサポートする。】 '17.08.01

 GoogleのLaunchpad Studioイニシアティブは、AI技術と、マシン学習空間において、スタートアップをサポートする。 2017年7月27日

Eweek4
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleによると、同社の目標は、Launchpad Studioイニシアティブを、人工知能とマシン学習の分野において、最良のハブにすることであるという。

 Googleは、同社の製品やサービスを、将来的に、よりスマートで、直感的にするために、マシン学習や人工知能(AI)技術を使用することに取り組んでいる。

 この目標を達成するために、Googleは、近年に、マシン学習とAIの分野において、能力を構築するために、大きな投資をしている。

 Googleは、AIやマシン学習技術を開発している、世界のスタートアップを支援したいと、思っている。

 Googleは、今週、Google Developers Launchpad Studioと呼ばれる、新たなイニシアティブを開始した。

 Google Developers Launchpad Studioと呼ばれる、このイニシアティブは、マシン学習やAI技術に貢献している、スタートアップに、投資の機会と共に、技術的な製品のサポートを提供する。

 このイニシアティブのオファーは、AIとマシン学習能力を、自分たちの製品に統合することを計画している、スタートアップの規模に関わらず、この分野において、業務を開始する、スタートアップに公開される。

 Googleによると、このイニシアティブのプログラムに選択された、スタートアップは、自分たち特有の要件に対応するよう設計された、さまざまなリソースにアクセスし、利用できるようになるという。

 このイニシアティブのプログラムには、データセット、環境のテスト、および、シミュレーション・ツール、製品の妥当性検証のサポート、Fortune 500企業の代表者と、AIやマシン学習機能的要求など検討する、共同研究の場が含まれる。

 このイニシアティブにおいて、Googleは、世界の投資家やベンチャー・キャピタリストの前で、スタートアップを紹介する。

 スタートアップの特有の要件を理解するために、Googleは、スタートアップの目標と挑戦の評価を実施する。

 Googleによると、長期的な目標は、Launchpad Studioを、マシン学習やAI分野において、資金や技術的な支援を提供する、最良のイニシアティブ(ハブ)にすることである。

 Launchpad Studioイニシアティブの拠点は、サンフランシスコにある。

 Googleは、Launchpad Studioイニシアティブの拠点を、ニューヨーク、テルアビブ、および、ロンドン、バンクーバー、トロント、および、シンガポールに展開する。

 4年前に、Googleは、マシン学習やAIの分野のスタートアップを指導し、資金と技術の両面で支援する、Google Developers Launchpadと呼ばれるイニシアティブを設立した。

 このイニシアティブのプログラム下で、Googleは、マシン学習やAIの分野のスタートアップを対象に、さまざまな指導や、教育的なプログラムを提供してきた。

 Googleは、マシン学習やAIの分野のスタートアップが、Googleの専門家から、技術的な支援を受けられるようにする、イニシアティブの施設を、サンフランシスコに設立した。

 Googleから選択され、Launchpad Acceleratorプログラムに参加することを許可された、スタートアップは、Googleからの資金を受けられるようになる。

 スタートアップは、Googleの本社で、2週間、訓練を受けることができ、6ヶ月間、Googleの製品チーム、指導者、技術者、および、リソースに、アクセスし、利用することができる。

 プログラムの一部として、Google Developers Launchpadイニシアティブの広報は、スタートアップに、トレーニングを受ける機会を提供し、スタートアップを、グローバルなメディアに紹介する。

 Googlehは、現在、アルゼンチン、ブラジル、インド、フィリピン、ナイジェリア、ポーランド、および、ハンガリーを含む、複数の国において、Launchpad Acceleratorプログラムを運営する。

 Googleは、このLaunchpad Acceleratorプログラム下で、共同作業を実施した、スタートアップ間で、イスラエルのチームは、AI技術を、国の輸送の問題に対応するために、AIを適用している。

 Googleは、このLaunchpad Acceleratorプログラム下で、ブラジルの遠隔医療のスタートアップ、および、インドのオンライン小売ショッピングを最適化する、スタートアップと、共同作業を実施した。

 「Launchpad Acceleratorプログラムのクラスの紹介ビデオ」

 このLaunchpad Acceleratorプログラムに参加することを認められた、スタートアップは、Googleから、次の支援を受けることができる。

・6ヶ月間、Googleと密接に、共同で作業することができる。

・2週間、全費用込みで、Google本社で、トレーニングを受けることができる。

・株式を公開することなく、資金の支援を受けることができる。

・Googleの技術者、リソース、および、指導者をアクセスし、利用することができる。

・マーケティングの機会を得ることができる。

 ベストセラーのアプライアンス

IDCは、2021年に、世界のSD-WAN市場の売上が、80億ドルに達すると予測している。 '17.08.01

【IDCは、2021年に、世界のSD-WAN市場の売上が、80億ドルに達すると予測している。】 '17.08.01

 IDCは、2021年に、企業のブランチ・ネットワークの要件が加速するので、世界のソフトウェア定義広域ネットワーク(SD-WAN)市場の売上が、80億ドルに達すると予測している。2017年7月27日

Sdwan
 ソフトウェア定義広域ネットワーク(SD-WAN)ソリューションは、数年後に、商用利用できるようになるが、エンタープライズ・ネットワーキングのニーズに対応する、技術は、急速に成長している。

 IDCは、SD-WAN市場における、基盤とサービスの売上は、年間平均増加率(CAGR)、69.6%で増加し、2021年には、80億5000万ドルに達すると予測している。

 次の5年間に、SD-WAN市場の成長を促すのは、企業が、顧客経験をエンハンスし、財務パフォーマンスを改善する、革新や創造性の、新たな源を解放するために、クラウド、ビッグデータ&分析、モバイル、ソーシアル・ビジネスを含む、3rdプラットフォーム技術を展開する、デジタル変換(DX)になるだろう。

 SD-WAN市場の成長を促している、他の要因には、パブリック・クラウド・ベースの「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」の利用が増え続けていることがある。

 SD-WANは、動的な接続性最適化や、ポリシー駆動の、分散ネットワーク・アーキテクチャにおける、パスの選択を提供するために、ますます活用されるようになる。

 最終的に、SD-WANは、エンタープライズ全体の、ソフトウェア定義ネットワーク(SDN)の、より広い受け入れや、採用から、利益をもたらすだろう。

 仮想化、クラウド管理、および、SDNは、エンタープライズ・ネットワークを通して、引き続き注目を集めているため、SD-WANは、このパラダイムシフトから恩恵を受け、ますます考慮されるようになる。

 SD-WANは、ハイブリッドのWANを活用するが、アプリケーション・ベースのポリシー・コントローラ、アプリケーションとネットワークの可視性に関する分析、基盤となるネットワークを抽象化する、安全なソフトウェア・オーバーレイ、および、オプションのSD-WANフォワーダを含んでいる。

 これらの技術は、ポリシー・コントローラで定義された、アプリケーション・ポリシーに基づいて、WANリンクに渡り、知的なパス選択を提供する。

 SD-WANには、ビジネス・アプリケーションを、コスト効果的に配信できる、サービスとしてのソフトウェア(SaaS)を最適化できる、および、UC&Cといった、クラウド・ベースのサービスを提供できるといった利点がある。

 ベストセラーのアプライアンス

Lenovoは、PCビジネスから、人工知能(AI)の将来に期待する。 '17.08.01

【Lenovoは、PCビジネスから、人工知能(AI)の将来に期待する。】 '17.08.01

 Lenovoは、PCビジネスから、人工知能(AI)、モバイル、クラウド、モノのインターネット(IoT)の将来に期待しているという。 2017年6月20日

Eweek1
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 Lenovoによると、PCビジネスは、順調に回復するが、同社は、人工知能(AI)、モバイル、クラウド、モノのインターネット(IoT)の未来に期待しているという。 2017年6月20日

 Lenovoは、AI市場に、同社の未来を描いており、2018年度には、基幹のPCビジネスが回復すると期待している。

 7月20日に、上海で開催された、Tech Worldショーにおいて、Lenovoは、いくつかのコンセプト製品を発表した。

 Lenovoが、紹介した、コンセプト製品には、次のものがある。

・CAVAと呼ばれる、デジタル・アシスタント

F1
・daystARと呼ばれる、拡張現実(AR)ヘッドセット

F2
・SmartVestと呼ばれる、スマート衣服

F3
・SmartCast+と呼ばれる、プロジェクターを持つ、スマート・スピーカ

F4
 LenovoのCEO、Yang Yuanqing氏は、Tech Worldショーで、インタビューに答えた。

 PCビジネスにおいて、Lenovoは、2017年2Qに、世界にPCの出荷台数で、HPIに追い越され、2位になったが、2018年には、PCの出荷台数を回復させ、1位に復帰することを期待している。

 Lenovoは、PCビジネスを統合することで、富士通と交渉中である。

 Lenovoは、AI技術の適用範囲を広げながら、従来のPCビジネスの取り組みを強化していく。

 将来、Lenovoは、引き続き、PCビジネスに焦点を合わせながら、パーソナル・コンピュータ(PC)だけでなく、スマートフォン、タブレット、ウェアラブル・デバイスといった、パーソナル・コンピューティング・デバイスにも焦点を合わせていく。

 Lenovoは、スマートフォンといった、既存のデバイスだけでなく、接続性や、パーソナル・クラウドの分野にも、力を入れていく。

 Lenovoは、自然言語で会話ができる技術や、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)技術を使用した、コンテンツやサービスを利用できるようにする、新たなデバイスを開発することに、取り組んでいく。

 Lenovoは、10年以上前に、IBMのPCビジネスを、17億5000万ドルで買収し、代表的なPCベンダになった。

 数年前に、Lenovoは、世界のPCの出荷台数で、HPを抜いて、トップになっていた。

 2014年に、Lenovoは、IBMのx86サーバ事業部を、GoogleのMotorolaのスマートフォン事業部を、合わせて、50億ドルで、買収した

 Lenovoは、PCビジネスを強化するために、これまで、出荷台数の増加に貢献していた、低コストの、ローエンドPCの一部の製造を中止した。

 Lenovoによると、2017年3月末までの1年間の、同社のPCの出荷台数は、前年度から、1%減少し、5570万台になったという。

・参考  : 【Gartnerによると、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数は、4.3%減少したという。】  '17.07.18

 PC、サーバ、モバイル・デバイスのビジネスにおいて、業界が、よりモバイル性や接続性の高い世界へシフトしていく中、Lenovoは、フロントエンド・デバイスから、バックエンド基盤に至るまで、あらゆるコンピューティング製品やサービスのポートフォリオを拡大させていく。

 Lenovoは、「パーソナライズされた、コンピューティング + パーソナライズされた、クラウド」と呼ばれるものを提供できるようになることを望んでいる。

 Lenovoは、さまざまな企業の、異なったコンピューティングの要件を満足させるために、ソフトウェア定義データセンターにおいて、より知的な「基盤 + クラウド」を構築していく。

 Lenovoは、スマート・デバイス、強力なバックエンド基盤、知的なクラウド・コンピューティングへと、製品やサービスのポートフィリオをシフトさせていく。

 Lenovoは、上海で開催された、Tech Worldショーいくつかの、コンセプト製品を紹介した。

・Lenovoは、独立した「ビジョン処理ユニット」と、40度の視界を持つ、フリー形式のレンズを装備し、LenovoのAR Platformに接続して利用できる、daystARと呼ばれる、ARヘッドセットを紹介した。

・Lenovoは、サウンドやオブジェクトを認識することができ、AR経験を、壁に投影できる、プロジェクターを装備した、SmartCast+と呼ばれる、スマート・スピーカを紹介した。

・Lenovoは、カレンダーの予定などを管理するために、深層学習技術、顔認証、および、自然言語技術を使用した、CAVAと呼ばれる、デジタル・アシスタントを紹介した。

・Lenovoのスマート衣服、SmartVestは、心拍数を監視したり、ECG(Electro Cardio Graphy)信号を記録したり、異常を見つけたりするために、10種類のセンサーを織り込んだ布と、カスタマイズされた、ユーザ経験を作成するための、Xiaole AIプラットフォームを使用している。

 例えば、アスリートは、正確な心拍数の状態を得るために、このLenovoのスマート衣服、SmartVestを使用することができる。

 LenovoのCTO、Yong Rui氏によると、同社は、AI技術、人材、Artificial Intelligence Labといった、研究組織や、リソースに、大きな投資をしているという。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月31日 (月)

Lenovoの新たなAIの取り組みには、デジタル・アシスタントや、プロジェクタを内臓した、スマート・スピーカが含まれている。 '17.07.31

【Lenovoの新たなAIの取り組みには、デジタル・アシスタントや、プロジェクタを内臓した、スマート・スピーカが含まれている。】 '17.07.31

 By Jimmy Westenberg、androidauthority

 Lenovoは、Tech World 2017サミットで、同社が、人工知能(AI)に、焦点を合わせていることを紹介した。

 10人の人に、AIとは何かを尋ねると、10種類の異なった回答が得られた。

 多くのITベンダは、AIに焦点を合わせており、AIの将来に、期待している。

 この中国のITベンダ、Lenovoは、人工知能(AI)や拡張現実(AR)に焦点を合わせた、新たな、コンセプト製品を発表した。

 「Lenovoの、Tech World 2017サミット」の紹介ビデオ

1.Lenovoが、焦点を合わせた、AI技術の、分野の1つは、深層学習に基づいた、顔の認識システムや、自然言語理解を使用した、CAVAと呼ばれる、デジタル・アシスタントである。

F1_2
 このデジタル・アシスタント、CAVAは、ユーザに、予定表やカレンダーなどの管理機能を提供する。

 このLenovoのデジタル・アシスタント、CAVAは、メッセージの意味を理解でき、ユーザに、メッセージの内容に基づいて、カレンダーの推奨を提供することができる。

 このデジタル・アシスタント、CAVAの、他の例には、交通渋滞や、天気予報のデータを分析することにより、ユーザが、何時、出発したら良いかを推奨することがある。

 「デジタル・アシスタント、CAVA」の紹介ビデオ

2.Lenovoが、焦点を合わせた、AI技術の、他の分野には、daystARと呼ばれる、ARヘッドセットがある。

F2
 LenovoのARヘッドセットdaystARは、オプティカルなディスプレイと、LenovoのAR Platformのパワーを利用する、40度の視界を持つ、フリー形式のレンズを持っている。

 ARコンテンツやARアプリの開発者は、Cloud Object Recognition、Remote Assistance、Multiplayer Interaction、および、3D Content Managerのようなサービスを使用して、さまざまな産業に渡る、コンテンツやアプリを作成するために、このdaystARと呼ばれる、ARヘッドセットを使用するようになる。

 「ARヘッドセット、daystAR」の紹介ビデオ

3.Lenovoが、焦点を合わせた、AI技術の、他の分野には、SmartVestと呼ばれる、スマート衣服がある。

F3
 Lenovoのスマート衣服、SmartVestは、心拍数を監視するために、10種類の繊維センサーを使用している。

 このLenovoのSmartVestは、リアルタイムに、ECG(Electro Cardio Graphy)信号を記録することができる。

 このLenovoのSmartVestは、頻脈、または、心房細動といった、問題を特定することができる。

 アスリートは、正確な心拍数の状態を得るために、このLenovoのスマート衣服、SmartVestを使用することができる。

 「スマート衣服、SmartVest」紹介ビデオ、

4.Lenovoが、焦点を合わせた、AI技術の、他の分野には、SmartCast+と呼ばれる、スマート・スピーカがある。

F4
 Lenovoの、スマート・スピーカ、SmartCast+は、サウンドやオブジェクトを認識することができる、

 このLenovoの、スマート・スピーカ、SmartCast+は、AR経験を、壁に投影できる、プロジェクターを搭載している。

 「スマート・スピーカ、SmartCast+」の紹介ビデオ

5.Lenovoが、焦点を合わせた、AI技術の、他の分野には、Xiaoleと呼ばれる、プラットフォームがある。

F5_2
 Lenovoの、Xiaoleプラットフォームは、ビジネス向けに、構築されている。

 このXiaoleプラットフォームは、ユーザとの対話から学習し、パーソナライズされた、ユーザ経験を、24時間、年中無休で提供する。

 基本的に、Xiaoleプラットフォームは、ユーザとの会話を分析し、デバイスで経験する、技術的な問題を解決するのを支援するできるようになる。

 以前、述べたように、これらは、今のところ、すべてコンセプト製品なので、実際に成果を上げるかどうかは分からない。

 ただし、これらのコンセプト製品は、互いに、対話する方法を変えることを支援できることが期待される。

 ベストセラーのアプライアンス

Accentureが、視覚障害者向けの、AIソリューションを開発する。 '17.07.31

【Accentureが、視覚障害者向けの、AIソリューションを開発する。】 '17.07.31

 Accentureが、視覚障害者向けの、AIソリューションを開発する。 2017年7月31日

Dis2
 By disruptive

 Accentureは、視覚障害者が、周囲の世界を体験する方法を改善し、職場での生産性を向上させるための、Drishti(サンスクリット語で「ビジョン」を意味する)と呼ばれる、新たな人工知能(AI)ソリューションを開発した。

 Drishtiと呼ばれる、AccentureのAIソリューションは、視覚障害者が、周囲の環境を認識するのを支援する、画像認識や、テキスト文字列の認識、自然な会話を可能にする、自然言語理解、自然言語発声能力といった、AI関連技術を使用した、スマートフォン・ベースのデジタル・アシスタント能力を提供する。

 Accentureは、インドのNational Association for the Blindとの協調を通して、10人の専門家と共同で、Drishtiと呼ばれる、視覚障害者向けの、AIソリューションを開発し、テストした。

 このAIソリューションは、視覚障害者に、部屋にいる人の、人数、年齢、性別、および、顔の表情に基づいた感情などに関する、ナレーションを提供する。

 また、この視覚障害者向けの、AIソリューションは、書籍やドキュメントのテキスト文字列を認識し、口述したり、通貨を認識し、口述したり、透明なガラスのドアのような、障害物を認識し、注意を促したりする。

 Accentureは、インドの、100人以上の視覚障害者に、スマートフォンで、Drishtiを使用して貰い、このAIソリューションをブラッシュアップしていく予定だという。

 また、このIAソリューションの英語版は、南アフリカのAccentureで、スペイン語版は、アルゼンチンのAccentureで、同社の従業員により、試験的に使用されている。

 Accentureは、Drishtiと呼ばれる、このAIソリューションが、視覚障害者の、日常の生活や、仕事の方法を改善することに役立つと期待している。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月30日 (日)

Microsoftが、HoloLens ARヘッドセットに、AI技術を組み込むための、カスタムAIチップを開発する。 '17.07.30

【Microsoftが、HoloLens ARヘッドセットに、AI技術を組み込むための、カスタムAIチップを開発する。】 '17.07.30

 Microsoftは、同社のHoloLens ARヘッドセットの次世代版に、AI技術を組み込むための、カスタムAIチップを開発する。 2017年6月25日

Eweek3
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftは、拡張現実(AR)ヘッドセット、HoloLensの、AI能力をアップグレードする。

 Microsoftは、同社のARヘッドセット、HoloLensの次世代版に、AI能力を組み込むために、Holographic Processing Unit(HPU)と呼ばれる、AIコプロセッサを開発することに取り組んでいることを明らかにした。

 Microsoftは、ARヘッドセット、HoloLensが、ユーザ環境をマップできるようにし、仮想オブジェクトを、オーバーラップ表示できるようにするために、Holographic Processing Unit(HPU)と呼ばれる、カスタムAIチップ(AIコプロセッサ)を開発している。

 Microsoftは、同社のARヘッドセット、HoloLensの次世代版に、このAIコプロセッサを、搭載し、センサーから得られるデータを使用して、説得力のある、拡張現実(AR)と、仮想現実(VR)の混合経験を提供する。

 Microsoftによると、HoloLensの次世代版のHPUは、深層ニューラル・ネットワーク能力を備えた、AIコプロセッサを特徴としているという。

 このカスタムAIチップは、HoloLensが、このARヘッドセットのセンサーで、リアルタイムに、収集したデータを収集し、AI対応の分析を実行できるようにする。

 Microsoftは、ジェスチャーを認識するシステムにおいて、使用される、手の動きを細分化して、認識する技術を開発した。

 Microsoftは、AI技術を、あらゆる分野に、もたらすことに取り組んでいる。

 Microsoftは、WindowsとLinux開発者に対し、Security Risk Detection(以前のProject Springfield)と呼ばれる、クラウド・ベースのセキュリティ・リスク検出サービスをリリースした。

 Microsoftは、AppleのiPhoneやiPadのカメラで撮影された、映像情報に基づいて、ユーザの周りにある、オーディオの説明を提供する、Seeing AIと呼ばれる、iOSアプリをリリースした。

 Microsoftは、AI技術の採用を促進するために、カスタムAIチップを独自に開発している。

 Gartnerは、最近、AI技術が、2020年にリリースされる、新しいソフトウェア製品とサービスのほぼすべてに、組み込まれると予測している。

 Gartnerの調査によると、CIOの約30%は、AI技術が、投資優先事項の、トップ5の1つになると考えていると回答したという。

 Googleは、2017年5月に、同社が、Google Cloudに組み込んでいる、第2世代のTensor Processing Units(TPU)と呼ばれる、カスタムAIチップを発表した。

 当初、GoogleのCompute Engineクラウド仮想マシン・サービスを通じて提供された、新しいTPUは、マシン学習モデルの構築とトレーニングのプロセスをスピードアップする。

 このカスタムAIチップは、Googleが、64のTPUを含む「TPUポッド」を使用して、AIワークロードを加速し、最大11.5ペタフロップの処理能力を提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

Adobeが、Flash Playerを、段階的に廃止する。 '17.07.30

【Adobeが、Flash Playerを、段階的に廃止する。】 '17.07.30

 Adobeが、Flash Playerを、段階的に廃止し、2020年には、サポートを終了する。2017年6月25日

Eweek7
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Adobeによると、Flash Playerを、段階的に廃止することを、Apple、Facebook、Google、Microsoft、および、Mozillaを含む、技術パートナーと協調して、数年前に、決定していたという。

 Adobeは、2017年7月25日に、同社のブログにおいて、2020年末に、Webブラウザに、動画や音声を配信するための専用プラグインである、Flash Playerのサポートを終了すると発表した。

 AdobeとAppleは、シリコンバレーで、一緒に、成長し、30年近く、互いの製品の顧客であり、ビジネス・パートナーであったが、Appleは、Flash Playerに関しては、悪意のあるハッカーに利用される、脆弱性があると、批判的であった。

 代表的なWebブラウザの専用プラグインである、Adobe Flash Playerは、Webブラウザのユーザが、マルチメディア・コンテンツを見たり、リッチなインターネット・アプリを実行したり、ビデオやオーディオをストリーミングしたりすることを含み、Adobe Flashプラットフォーム上で作成された、コンテンツを使用するための、無償のソフトウェア・ランタイムである。

 1996年に、Macromediaにより、作成され、リリースされた、Flash Playerは、Webブラウザのプラグインとして、代表的なWebブラウザで、実行することができる。

 このFlash Playerは、Adobeが、2005年4月に、Macromediaを買収して以来、Adobe Systemsにより、開発され、配信されている。

 Adobeは、Apple、Facebook、Google、Microsoft、および、Mozillaを含む、技術パートナーと協調し、既存のFlashユーザが、移行計画を実行できるようにしていく。

 過去20年の間、Adobeは、クリック可能な広告から、ゲーム、対話的な学習、リッチなインターネット・アプリなど、あらゆるものにFlashコンテンツを使用してきた。

 「モバイル・ファーストへシフトさせていく。」と、Hammond氏は述べていた。

 開発者は、Webから、モバイル・デバイス(特に、iPhone)へ、自分たちの取り組みをシフトさせた時、Appleは、iOSで、Flashをサポートすることを拒否することを決定した。

 Adobeによると、HTML5、WebGL、および、WebAssemblyの様な、Webコンテンツのオープンな標準が、過去数年間に渡り、成熟してきており、多くの能力や機能を提供しているので、Flashコンテンツの代替手段になってきたという。

 2020年12月31日に、Adobeは、Flash Playerの提供やサポートを終了し、2021年10月に、Microsoftは、Microsoft Silverlightの提供やサポートを終了するので、コンテンツ開発者は、HTML5の様な、オープンな標準コンテンツに移行する必要がある。

 コンテンツやアプリには、異なった移行戦略が要求される。

 コンテンツ開発者は、Flashコンテンツを持っていれば、Adobe Animate CC(以前は、Flash Professionalと呼ばれていた)に、Flashコンテンツをロードし、FlashコンテンツをHTML 5コンテンツへ移行することを試みてみよう。

 ユーザが、HTML 5コンテンツへ移行するのは、Flashコンテンツが、複雑であることにも起因している。

 Flexアプリを書き直す。

 企業が、戦略的な、Flexベース、あるいは、Airベースのアプリをサポートするなら、コンテンツ開発者の賭けは、Angular、Ionic、あるいは、Reactといった、近代のWebフレームワークを使用して、書き直すための、計画を立てることである。

 Flexベースや、Airベースのアプリは、API、データ・アクセス・ロジック、および、UIロジック間が、明確に分離されて、構築される。

 さもなければ、下の次のカテゴリを、参考にするのが、良いかもしれない。

 Flexアプリが、十分に、構成されなければ、コンテンツ開発者は、Flexアプリや、Flashコンテンツを使用するのを止めよう。

 コンテンツ開発者者が、HTML5などの標準のコンテンツに移行するために、Adobeは、コンテンツ開発者に、移行方法、移行ツール、移行環境を提供して、移行を支援し、Flash Playerの提供やサポートを終了する日を、明確に提示する必要がある。

 Microsoftが、Visual Basic 6ランタイムの提供やサポートの終了を発表してから、アプリ開発者は、Visual Basic 6ランタイムのサポートが、終了した後に備えるために、10年以上かかっていた。

 今回の場合、Flash Playerランタイムの提供やサポートが終了するまでに、3年半の期間しかないので、コンテンツ開発者は、Adobeの支援を受け、Flashコンテンツや、Flexアプリを、HTML 5などの標準に書き直すための作業を、開始する必要があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

Industry 4.0に移行する際に、デジタルツインを実現する上での課題 '17.07.30

【Industry 4.0に移行する際に、デジタルツインを実現する上での課題】 '17.07.30

 Industry 4.0に移行する際に、多くのメーカは、デジタルツインを実現することに取り組んでいる。 2017年7月27日

Dis1
 By disruptive

 Industry 4.0に移行する際に、多くのメーカは、デジタルツインを実現することに取り組んでいる。

 デジタルツインは、ドイツ政府が推進する、製造業の高度化を目指す、戦略的プロジェクトであり、デジタル技術を駆使した、製造業の革新を示す、「Industry 4.0」を支える、重要な技術の1つであり、工場や製品などに関わる、物理的な世界の出来事を、デジタル技術を使用して、極めて忠実に、リアルタイムに、再現するための手法である。

 言い換えれば、デジタルツインは、例えば、製品を製造する工場を、デジタル技術を使用し、あたかも双子のように再現して、シミュレーション空間を構築し、シミュレートして、実世界にフィードバックすることで、実際の工場の制御や管理を容易にし、効率化する手法である。

 過去10年間における、製造業の変化は、急速ではないが、メーカは、さまざまな改善を行うことで、製造コストを削減し、品質を向上させ、顧客のニーズに柔軟に対応し、市場にグローバルなアプローチを取ることに、取り組んできた。

 メーカの、これらの目標は、IDCの年間、Cスイート調査において、一貫して反映されている。

 アジア太平洋地域の企業のCレベル幹部は、生産性の向上、コストの削減、新しい市場への展開、顧客の要求に対応する必要があると同時に、それらの製品を市場に投入する際の、技術革新を受け入れる必要があると考えている。

 メーカは、現在、技術を使用して、業務を、側面からサポートしている。

 製造プロセスの大半は、技術サポートを必要としている。

 しかし、企業のエコシステムにおいて、これらの製造技術の規模と性質は、大きく異なっている。

 IDCは、他の市場評論家と共に、世界が、第4次産業革命の終焉にあると認識している。

 この変化で、モノのインターネット(IoT)、クラウド、および、ビッグデータの上に提供される、技術的な進歩が、デジタル技術を駆使した、製造業の革新を示す、Industry 4.0にもたらされる。

 これらの変化は、メーカが、モノを、次のレベルに引き上げるのを支援する上で、技術間の整合の欠如をもたらす。

 例えば、「デジタルツイン」を実現するための、企業における、内部システムの準備は、まちまちである。

 企業内のレガシー・システムには、デジタルツインの実現に役立つ、有用な情報が、極めて多く含まれている可能性があるが、IDCの調査によると、メーカは、組織のサイロに渡る、データをアクセスすることが困難なため、不満を感じているという。

 デジタルツインの実現に向け、プラットフォームのアプローチを採用することで、メーカは、組織内のサイロを分離できるようになる。

 デジタルツインの目標は、物理的な製品の経験と区別できない、デジタル世界における、製品の経験を作成することである。

 製品、または、システム全体のデジタルツインは、製品ライフサイクル全体に渡り、ユニークで、信頼でき、一貫性のある、情報源を提供する。

 デジタルツインは、設計されたプロセスと製造をミラーリングすることで、エンジニアリングと製造間の連携を促すことができる。

 デジタルツインは、製品の、コンセプト段階から、市場に投入するまでの、各プロセスにおける、革新の動きを、シミュレートすることができる。

 また、デジタルツインには、設計、エンジニアリング、および、製造プロセスと、製品を製造するために必要なプロセスの最適化と共に、製品を使用している、ユーザからフィードバックされた、データも含まれている。

 メーカは、デジタルツインで、設計から製造までのプロセスの、作業効率を改善することができるので、このプロセス全体の、トータルな時間を短縮することができる。

 また、メーカは、製品を使用しているユーザからフィードバックされた、データを分析し、製品を改善することもできる。

 デジタルツインは、設計から製造までのプロセスに、柔軟性を提供するので、この方式の採用を検討する企業が、増えるだろう。

 デジタルツインを使用して、得られる、製品の、設計、製造、および、サービスの結果は、メーカが、設計、エンジニアリング、および、製造プロセスを最適化する上で、極めて有用である。

 多くのメーカが、自分たちのビジネス・モデル全体を再考している。

 メーカは、デジタルツインを使用して、顧客の要求に合わせて、製品をパーソナライズできるようになるだけでなく、製品に関連した、新たなユーザ経験を、顧客に提供できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年7月23日 - 2017年7月29日 | トップページ | 2017年8月6日 - 2017年8月12日 »

ウェブページ

広告2