« 2017年7月16日 - 2017年7月22日 | トップページ | 2017年7月30日 - 2017年8月5日 »

2017年7月23日 - 2017年7月29日

2017年7月29日 (土)

Motorolaは、Moto Z2 Force版のスマートフォンの予約販売を開始する。 '17.07.29

【Motorolaは、Moto Z2 Force版のスマートフォンの予約販売を開始する。】 '17.07.29

 Motorolaは、Moto Z2 Force版のスマートフォンの予約販売を開始する。
2017年7月26日

Eweek5
 By Todd R. Weiss、eWEEK

 Moto Z2 Force版のスマートフォンには、5.5インチの飛散防止のディスプレイ画面が装備されており、オプションで、光学的な360度カメラ、360 Camera Moto Modが搭載される。

Eweek5a
 800ドルで販売される、Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンの、予約注文が、米国で開始された。

 Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンの出荷は、2017年8月10日に開始される予定である。

 Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンは、AT&T、Sprint、T-Mobile、U.S. Cellular、および、Verizonを含む、米国の主な通信キャリアから販売される。

 2017年7月25日に、Motorolaにより、発表された、新たなスマートフォンには、オプションの、光学的な360度カメラ、Camera Moto Modも提供される。

 MotorolaのMoto ShatterShieldディスプレイ・スクリーンを搭載した、4G LTEスマートフォンは、ユーザが、通常使用時に、誤って落としても、亀裂や破砕が生じないことが、保証されている。

 5.5インチのクアドHD Active Matrics Organic(AMO)LEDディスプレイを搭載した、このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンの主な仕様

・Qualcomm Snapdragon 835オクタ・コア・プロセッサ

・4GBのメモリ

・64GBの内臓ストレージ

・最大2TBのストレージ用、microSDカード・スロット

・高速充電可能な、2,730mAのバッテリー

 このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンは、Android 7.1.1、Nougatオペレーティング・システムを搭載している。

 Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンには、デュアル・レンズの、メインの背面カメラが搭載されている。

 この背面カメラには、位相検出自動焦点と、4Kビデオ録画機能を持ち、解像度が、12メガピクセルで、焦点が、f/2.0のレンズが、2つ並んで付いている。

 Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンの、前面カメラは、解像度が、5メガピクセルで、焦点が、f/2.2の85度レンズが付いている。

 Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンには、セキュリティ用に、指紋センサーが付いている。

 Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンは、Bluetooth 4.2と、MIMO接続性オプションを持つ、WiFi 802.11 a/b/g/n/ac 2.4 GHzと5GHzをサポートしている。

 他の機能には、付属の3.5mm USB-Cヘッドフォン・ポート・アダプタ、および、ヘッドフォーン用、バッテリー・チャージ用、および、データ転送用の、USB-Cポートが、含まれている。

 Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンは、ちょっとした水に濡れても大丈夫な、ナノコーティングの防水加工が施されている。

 Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンには、黒とゴールドの2種類が、提供されている。

 T-mobile顧客には、グレーの色の、Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンも、用意されている。

 「Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンの仕様」紹介ビデオ

 ゲーム・パッド、ステレオ・スピーカ、ビデオ・プロジェクタ、バッテリ・パワーハウスを含む、あらゆる、Moto Modsアタッチメントと互換性がある、このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンのサイズは、縦、横、高さが、6.13インチ、2.99インチ、0.24インチ、重さが、5.04オンスである。

Eweek5b

 「Motorola Moto Z2 Forceの機能」の紹介ビデオ

Motorola Moto Z2 Force版のスマートフォンの価格は、Motorolaから、直接が、799.99ドルで、各通信キャリアからは、割引価格で、販売、あるいは、リースされる。

・T-Mobileは、このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンを、750ドルで販売するか、24ヶ月間、1ヶ月あたり、30ドルでリースする。

・Verizonは、このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンを、756ドルで販売するか、24ヶ月間、1ヶ月あたり、15ドルでリースする。

・AT&Tは、このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンを、810ドルで販売するか、24ヶ月間、1ヶ月あたり、27ドルでリースする。

・Sprintは、このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンを、792ドルで販売するか、24ヶ月間、1ヶ月あたり、33ドルでリースする。

 このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンは、Best Buyからも販売されるだろう。

 このMotorola Moto Z2 Force版のスマートフォンは、メキシコ、ブラジル、ヨーロッパ、中東&アフリカのさまざなな国で、2017年の夏に、提供される。

 Moto Mpdアタッチメントの、増加するラインに加え、Motorolaは、2017年8月10日に、世界で提供される、300ドルの、Moto 360 Cameraを紹介した。

 Moto Z2 Force版のスマートフォンに、取り付けられた、360 Camera Moto Modは、このスマートフォンを、イマーシブルな3Dオーディオと共に、対話型360度4Kビデオを録画できる、360度カメラに変える。

 Moto Z2 Force版のスマートフォンは、前面と背面の両方のカメラで、150度の超広角の静止画像を撮影することもできる。

 ユーザは、撮影した、360度写真やビデオを、先進の編集ソフトウェアを使用して、自分のスマートフォンで、編集することができる。

 ベストセラーのアプライアンス

富士通とTelkom Indonesiaが、IoT技術の開発や活用に関する、覚書(MoU)に調印した。 '17.07.29

【富士通とTelkom Indonesiaが、IoT技術の開発や活用に関する、覚書(MoU)に調印した。】 '17.07.29

 富士通は、国有の通信会社、Telkom Indonesia(Telkom)との間で覚書(MoU)を締結し、IoT技術を活用した、デジタル・ビジネスを、インドネシアに展開するために、2年間の戦略的なパートナーシップを組む予定である。 2017年7月28日

Dis2a
 By disruptive

 富士通とTelkomは、共同で、スマート・シティ、ヘルスケア、製造、ロジスティクスを含む、さまざまな分野に、モノのインターネット(IoT)といった、技術を適用させていくことで、覚書(MoU)を交わした。

Dis2b
 MoUに基づいた、富士通とTelkomのパートナーシップ下における、共同イニシアティブは、両社の強みを活かした、デジタル・ソリューションの市場調査、企画&計画、および、レビューから開始される。

 MoUに基づいて、富士通とPT Fujitsu Indonesiaは、IoTなどの高度な技術やソリューションに関連する、技術的な仕様、システム、および、サービス性能の、検証や標準化といった作業に、Telkomと協調して、取り組んでいく。

 また、富士通とTelkomは、MoUに基づいて、市場調査を含む、ビジネス・モデルやサービス・モデルの評価、コンセプトの検証、および、研究やレビューに基づいた、サービスの構築といった作業でも、協調していく。

 <コメント>

 IoTには、各種センサー、さまざまなIoT対応デバイス、デバイス・ハブ、デバイス基盤、ネットワーク基盤、クラウド・サービス(ビッグデータ分析など)といった分野があり、標準化作業が進められているようです。

 IoTの応用分野は、スマート・ハウス、スマート・シティ、スマート・グリッド、スマート・ビル、スマート・ファクトリ、スマート医療、自動運転車など、多岐に渡っています。

 IoTのプラットフォーム分野でも、応用分野でも、システム統合(SI)分野でも、得意な分野で、他のベンダとパートナーを組み、エコシステムを確立していく必要があるようです。

 また、IoTへの取り組みの状況や要件も、IoT対応デバイスのプラットフォーム、ネットワーク基盤などの標準化も、地域や国、および、IoTの応用分野により、さまざまなので、どの業界標準をサポートし、どのベンダとパートナーを組むかの戦略も重要になると思います。

 ベストセラーのアプライアンス

HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。(3) '17.07.29

【HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。(3)】 '17.07.29

 HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。2017年7月27日

 HPが、さまざまなオプションを持ち、低価格の、2種類の、2-in-1デスクトップ、Pavillion、ラインを提供する。

Eweek61_2
 By Don Reisinger、eWEEK

 HPは、2017年7月25日に、機能と価格の両方のバランスをとった、2-in-1デスクトップPCの、Pavilionラインをリリースした。

   (続き)

8.HPの新Pavilionsは、優れたオーディオ機能を持っている。

Eweek69
 HPの新PavilionsデスクトップPCは、高音質のスピーカのデザイナー、Bank Olufsenより、最適化された、スピーカを装備している。

 HPの新Pavilionsのスピーカは、HPが、音響効果を改善すると主張している、布で覆われており、この新Pavilionsは、ユーザに、素晴らしいサウンドを提供するだろう。

9.HPの新Pavilionsは、全体的に、無線接続を主体にした、デザインになっている。

Eweek610
 HPの新PavilionsデスクトップPCには、USBなどの、多くの入出力ポートはあるが、電源ケーブル以外のコードを接続しなくても、利用できるよう、全体的に、無線接続を主体にした、デザインになっている。

 HPは、無線のキーボードとマウスを再設計し、デスクトップPCでの、作業効率を向上させるよう、従来のPavilionsデスクトップPCを改善した。

 新Pavilionsは、WiFiとBluetoothをサポートしており、コンスタントな無線ブロードバンド接続環境を持つ、ユーザに適した、デスクトップPCである。

10.HPの新PavilionsデスクトップPCの価格は、750ドルからである。

Eweek611
 HPは、HPの新PavilionsデスクトップPCの製品ライン全体の価格構成と、同社のWebサイトで、注文の受け付けを開始する時を明確にしていないが、新PavilionsデスクトップPCの価格は、750ドルからである。

 ベストセラーのアプライアンス

HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。(2) '17.07.29

【HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。(2)】 '17.07.29

 HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。 2017年7月27日

 By Don Reisinger、eWEEK

 HPは、2017年7月25日に、機能と価格の両方のバランスをとった、2-in-1デスクトップPCの、Pavilionラインをリリースした。

 HPが、さまざまなオプションを持ち、低価格の、2種類の、2-in-1デスクトップ、Pavillion、ラインを提供する。

Eweek61
   (続き)

5.HPの新Pavilionsは、背面に、たくさんのポートを持っている。

Eweek66
 HPの新Pavilionsには、マシンの背面に、多くのポートがあり、使い勝手を向上させている。

・USB-Cポート x 1
・USB 3.0ポート x2
・USB 2.0ポート x2

・HDMI入力 x 1
・HDMI出力 x 1

・3-in-1メディア・カード・スロット

6.Webカメラを搭載した、HPの新Pavilionsは、プライバシーやセキュリティを考慮している。

Eweek67
 HPの新Pavilionsには、プライバシーとセキュリティへの配慮だけでなく、重要な機能が含まれている。

 ユーザは、Pailionに搭載された、Webカメラを、使用していないときは、コンピュータの背面に、仕舞うことができる。

 これにより、ユーザは、悪意のあるハッカーが、知らないうちに、Webカメラを制御し、プライバシーを侵害することに関する、懸念を回避することができる。

7.ユーザは、HPの新Pavilionsの、いくつかの構成を選択することができる。

Eweek68
 HPの新Pavilionsには、いくつかの付加的な構成の選択肢がある。

・最大16GBのRAMを構成できる。

・いくつかの容量を持つ、半導体ドライブ・ストレージの選択肢がある。

・グラフィクス性能を向上させるために、AMD Radeon 530チップを構成できる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月28日 (金)

HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。(1) '17.07.28

【HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。(1)】 '17.07.28

 HPの新Pavilionsは、2-in-1デスクトップに、生産性をもたらす。2017年7月27日

 HPが、さまざまなオプションを持ち、低価格の、2種類の、2-in-1デスクトップ、Pavillion、ラインを提供する。

Eweek61
 By Don Reisinger、eWEEK

 HPのPavilionラインは、業界を代表する、パワーを提供することは、あまり知られていない。

 このHPのPavilionラインは、消費者と企業の、両ユーザにアピールできる価格で、企業に、実用的な機能を提供することができる。

 HPは、2017年7月25日に、機能と価格の両方のバランスをとった、2-in-1デスクトップPCの、Pavilionラインをリリースした。

 このPavilionラインは、Intel Core i7プロセッサを搭載し、プライバシーを強化した、優れたセキュリティ機能を提供する。

 このHP Pavilionラインは、仕事をするために、必要な機能を提供する、洗練されたデザインになっている。

 このHP Pavilionラインの特徴を紹介する。

1.HP Pavilionラインは、複数のスクリーン・オプションを持つ。

Eweek62
 HP Pavilionラインには、異なったスクリーン・サイズのオプションがある。

 顧客は、23.8インチと、27インチのサイズのスクリーンのどちらかを、選択することができる。

 HP Pavilionラインの、スクリーンの解像度オプションには、フルHDとクオドHDがある。

2.HP Pavilionラインのスクリーンの傾きは、調整できる。

Eweek63
 ユーザは、HP Pavilionラインのスクリーンの傾きを、見やすいように、調節することができる。

 HP Pavilionラインの、スクリーンは、指やスタイラス・ペンで操作できる、タッチ・スクリーンで、ダイキャスト・アルミフレームの台座が付いており、最大800万ピクセルの解像度を持っている。

3.HP Pavilionラインのスクリーンは、異なったデスクトップ・フットプリントを持っている。

Eweek64
 HP Pavilion 2-in-1マシンのスクリーンは、異なったデザインになっている。

 一方の、HP Pavilionのスクリーンの縁は、厚くて、黒いことが特徴の1つである。

 これに対し、もう片方の、HP Pavilionのスクリーンの縁は、極めて薄く、スクリーン画面のサイズを小さくすることなく、全体のサイズを、小さくすることを可能にした。

4.Intel Core i7 CPUは、大きなパワーを提供する。

Eweek65_2
 HP Pavilionsラインは、Intel Core i7を含む、Intelの第7世代のCoreプロセッサを搭載しており、低消費電力で、高性能である。

 しかし、HPは、これらのプロセッサの、クロック速度を公開していない。

 HP Pavilionsラインは、最大、16GBのRAMを搭載することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Gartnerによると、AI技術は、2020年までに、ほぼすべての、新しいソフトウェア製品に、組み込まれるようになるという。 '17.07.28

【Gartnerによると、AI技術は、2020年までに、ほぼすべての、新しいソフトウェア製品に、組み込まれるようになるという。】 '17.07.28

 Gartnerによると、AI技術は、2020年までに、ほぼすべての、新しいソフトウェア製品やサービスに、組み込まれるようになるという。 2017年7月18日

 Gartnerによると、AI技術への関心が高まり、ソフトウェア・ベンダが、製品戦略に、AI技術を導入すること促しており、この過程で、かなりの混乱を招いているという。

Gartnerのアナリストは、2020年までに、AI技術が、ほぼすべての、新しいソフトウェア製品とサービスに、組み込まれるようになると予測している。

 2016年1月には、"artificial intelligence"という用語を、gartner.comサイトにおける、検索のキーワードとして指定された回数は、トップ10に入っていなかった。

 これに対し、2017年5月には、"artificial intelligence"という用語を、gartner.comサイトにおける、検索のキーワードとして指定された回数は、7位にランクされた。

 これは、Gartnerの顧客は、自分たちのデジタル・ビジネス戦略の一部に、AIを、どのように使用すべきかを理解することに、興味を持っていることを示している。

 Gartnerは、2020年までに、AIが、CIOの30%以上の、投資の優先順位の、トップ5になると予測している。

 AI技術の利用分野は、自然言語処理、音声認識、画像認識、文字認識、感情認識、翻訳などから、音声対応デジタル・アシスタント、運転手補助、医療支援、資源探査といった、応用分野まで、多岐に渡る。

 また、AIのプラットフォームも、クラウド、パーソナル・デバイス、モバイル・デバイス、スマート・ホーム・デバイス、自動運転車、ロボット、医療機器など、さまざまである。

 このため、多くのソフトウェア・ベンダは、AI技術に関連した、ビジネスが、近年における、最大のコールド・ラッシュになると考えている。

 AIは、素晴らしい可能性を秘めているが、残念なことに、多くのベンダは、AIのニーズ、潜在的な用途、および、顧客にとってのビジネス価値を特定することに、あまり焦点を合わせていない。

 AIは、収集し、分析したデータに基づいて、明示的に、プログラムされることなく、自律的に、振舞いを変更する、システムのことである。

 AIが、人間に取って代わる、分野があることは、広く認識されているが、実際には、AIやマシン学習技術は、人間の能力を大きく拡大させることができる。

 マシンは、訓練されれば、人間よりも素早く、いくつかのことを行うことができる。

 マシンと人間の組み合わせで、さらに、多くことを達成することが可能になる。

 AIの機会を、うまく利用するために、技術プロバイダは、3つの重要な問題に、どのように対応するかを、理解する必要がある。

1)差別化できないことは、混乱を招き、顧客による、購入の決定を遅らせる、要因になる。

 実際に、差別化することなく、AI製品を提供すると主張している、スタートアップやベンダーの増加が、購入者の混乱を招いている。

 現在、何らかの分野の、AIアプリや、プラットフォームを持つ、1,000社以上のベンダが、「自分たちは、AIベンダーである」と説明している。

2)実証された、あまり複雑でない、マシン学習機能は、多くのエンドユーザーのニーズに対応できる。

 深層学習といった、AIにおける進歩は、多くの話題を呼んでいるが、より現実的で、実績のある、アプローチの価値を難解にしている。

 Gartnerは、ベンダが、最先端のAI技術で仕事をすることができる、最もシンプルなアプローチを使用することを、推奨している。

3)組織は、AIソリューションを評価、構築、および、展開するための、スキルが不足している。

 Gartnerが、実施した、2017年にける、AI開発戦略の調査において、企業のCIOの50%以上が、必要なスタッフのAI技術に関する、スキルが不足していることが、組織に、AI技術を導入する上での、最大の課題であると回答していた。

 このAI開発戦略の調査で、企業のCIOが、意思決定とプロセスの自動化を改善できる、AIソリューションを、探し求めていることが判明した。

 また、この調査で、殆どの組織は、カスタム・ソリューションを構築することを試みことではなく、組み込み型か、パッケージ化された、AIソリューションを購入することを好んでいることも分かった。

 ソフトウェア・ベンダは、最先端の技術でなく、むしろ、ビジネス上の問題に対する、ソリューションを提供することに、専念する必要があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月27日 (木)

1998年に、Nokiaにより設立された、高級スマートフォンのベンダ、Vertuが、清算される。 '17.07.27

【1998年に、Nokiaにより設立された、高級スマートフォンのベンダ、Vertuが、清算される。】 '17.07.27

 Nokiaにより、1998年に設立された、スクリーンに、高価な宝石、サファイアを使用した、ハイエンドの高級スマートフォンを開発した、英国のベンダが、清算される。 2017年7月17日

Eweek6
 By Todd R. Weiss、eWEEK

 10年以上前に、ハイエンドの高級スマートフォンを開発し、6900ドル販売していた、英国のベンダ、Vertuは、極めて高価格の、高級スマートフォンを販売することに失敗した後、清算される。

 Vertuの終焉は、2017年7月13日に、BBC.comにより、明らかにされた。

 BBCニュースによると、Vertuは、2017年3月に、新たなオーナーにより、買収されていたが、事業を立て直すことができず、清算されるという。

 オーナーは、Vertuを清算したあとも、同社のブランド、技術、および、ライセンスを保有している。

 Vettu現象は、10年以上前に、提供された、同社の、オリジナルの高級スマートフォン、Vertu Signatureから始まった。

 Vertu Signatureスマートフォンには、ステンレス・スチール、ジルコニューム、および、他の素材を使用している、25種類以上の異なった、モデルがあり、販売価格は、1万6150ドルからであった。

 Wikipediaによると、Vertuは、1998年に、スマートフォン・メーカの、Nokiaにより、設立されていたという。

 フィンランドのNokiaは、Vertuを、2012年6月に、売却するまで、同社を運営していたが、Vertuの株を、非公開投資会社、 EQT VIに、不特定の価格で売却した。

 2014年後半に、Vertuは、5.1インチの堅いサファイアを使用した、高解像度のスクリーンを装備し、チタニュームのケースに入った、Asterスマートフォンを開発し、販売した。

V
 VertuのAsterスマートフォンの仕様

・オペレーティング・システム:Android 4.4. KitKat

・プロセッサ:Qualcomm SnapdragonクアドコアCPU

・RAM:64GB

・カメラ:13メガピクセルのHasselbladカメラ

 VertuのAsterスマートフォンの価格は、6900ドルからである。

 VertuのAsterスマートフォンには、高品質な部品が使用されているだけでなく、ユーザは、24時間年中無休で、Vertuから、個人的な支援が受けられる、同社の従来のコンシェルジュ・サービスを、6ヶ月間受けることができる。

 Vertuのコンシェルジュ・サービスには、1300万ヶ所以上のホットスポットで、無制限のグローバルなWi-Fiへの、6ヶ月の無料アクセスも含まれる。

 例えば、自動車メーカ、Bentleyは、車のオーナに、VertuのAsterスマートフォンを、無料で提供していた。

 Vertuは、Signature Touchスマートフォン・ラインを提供した。

V2
 VertuのSignature Touchスマートフォンの仕様

・4.7インチの高解像度ディスプレイ

・Qualcomm Snapdragon 2.3GHzクワドコアCPU

・5種類のカラー、8種類の皮、金属の組み合わせで、カスタマイズ可能

 他にも、ハイエンドのスマートフォンを開発し、マーケティングすることを試みている、ベンダもいる。

 例えば、Sirin Labsは、2016年5月に、極めて安全で、高級なスマートフォンを、1万ドルから、2万ドルの価格で、販売を開始していた。

 ベストセラーのアプライアンス

2022年には、輸送と貸し空間の分野が、共有産業を支配し、年間売上が、40億ドルに達する見込みである。 '17.07.27

【2022年には、輸送と貸し空間の分野が、共有産業を支配し、年間売上が、40億ドルに達する見込みである。】 '17.07.27

 By disruptive
Wsj3
 市場調査会社、Juniper Researchによると、2022年には、輸送と貸し空間の分野が、共有産業を支配し、年間売上が、40億ドルに達する見込みだという。2017年6月25日

 Juniper Researchの調査レポートによると、人材、物やリソース、空間、サービスなどを共有する、共有産業は、輸送や貸し空間といった、より確立された分野のプレーヤが、初期の優位性を発揮し、大幅な成長が期待されてるという。

 Juniper Researchの新たな調査によると、共有産業のプレーヤの収益は、2017年の186億ドルから、2022年には、402億ドルに達する見込みだという。

 Juniper Researchによると、共有産業において、成功している企業には、ドライバー、乗り物、および、輸送サービスを共有している、輸送分野の、UberやLyftのような、配車サービス会社がいる。

 Juniper Researchの調査によると、UberとLyftは、確立されたドライバーのネットワークを活用しているため、共有産業において、UberとLyftなどの、輸送分野の、2016年の、年間売上が占める割合は、現在、共有産業の年間売上全体の、約30%を占めているという。

 宿泊施設や別荘などを貸す、Airbnbのような、共有産業における、貸し空間分野の、年間売上の合計は、2015年の200万ドルから、2016年には、300万ドルに増加している。

 Juniper Researchは、ドライバーや乗り物を共有する、輸送分野も、引き続き、共有産業を支配し続けると見ている。

 オフィスや共同作業場を貸し出す、貸し空間分野は、共有産業において、輸送分野の次に、売上を伸ばしている分野である。

 ただし、共有産業では、将来的に、人材やサービスの共有分野において、TaskRabbitのような、人材派遣会社も、売上を伸ばすことが予測される。

 共有産業における、貸し空間分野では、共同作業空間を貸し出す、WeWorkや、オフィスを貸し出す、PivotDeskといった、レンタル会社が、売上を伸ばすだろう。

 2017年2月に、SoftBankは、ハイテク武装した、近代的なオフィスを貸し出す、レンタル会社のWeWorkに、30億ドルを投資することを発表している。

 共有産業において、輸送分野と貸し空間分野は、継続して、売上を伸ばすことが期待されており、人材派遣のような、人材やサービスの共有分野が、続く見込みである。

 共有経済には、人材やリソースの有効利用の観点で、Amazonのように、最寄りの流通センターから、その地域の顧客に、商品を配達するのに、ピザや新聞などを配達する会社の、人や配達車の、空き時間を利用しているようなことも、含まれるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

Oracleは、PaaSとSaaSで、同社の顧客サービス・クラウド、Oracle Cloud at Customerを拡張する。 '17.07.27

【Oracleは、PaaSとSaaSで、同社の顧客サービス・クラウド、Oracle Cloud at Customerを拡張する。】 '17.07.27

 Oracleは、PaaSとSaaSで、同社の顧客サービス・クラウド、Oracle Cloud at Customerを拡張する。 2017年7月19日

Eweek10
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Oracleは、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」と「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」で、同社の顧客サービス・クラウド、Oracle Cloud at Customerを拡張する。

 Oracleの目的は、極めて明確であり、クラウドと、あらゆるショートカットを利用しながら、企業の機密データを、安全に保管することであるが、ハードウェアの投資も、混合している。

1)Orcleのクラウド戦略

 Oracleの目的は、極めて明確であり、クラウドと、あらゆるショートカットを利用しながら、企業の機密データを、安全に保管することである。

 2017年7月19日に、Oracleは、Oracle Cloud at Customerを通して利用できる、顧客サービス・クラウドの幅を拡大させると発表した。

 このポートフォリオは、主なOracle PaaSカテゴリのすべてに広がり、初めて、Oracle SaaSサービスを提供することを特徴としている。

 2016年に、提供が開始されて以来、Oracleの顧客サービス・クラウド、Oracle Cloud at Customerは、AT&TとBank of Americaのような、6大陸と、30ヶ国以上に渡り、事業を展開している組織を持つ、グローバルな企業での利用が、増えている。

2)データ・ストレージの制約を排除する。

 Oracle Cloud at Customerは、企業が、クラウドの採用における、最大の障害の1つである、データが保管されている場所に関連した、データのセキュリティやプライバシーの問題を取り除くことができるよう、設計されている。

 企業は、一般的に、自分たちのエンタープライズ・ワークロードを、パブリック・クラウドへ、移行させることを望んでいるが、多くの企業は、コンプライアンスの要件により、制約されており、データのセキュリティやプライバシーの心配で、パブリック・クラウドへの移行を躊躇している。

 Oracleによると、Oracle Cloud at Customerは、企業に、自分たちのデータやアプリと、ビジネス・クリティカルなアプリを、パブリック・クラウドへ、容易に移行するための、自然なパスにおける、選択肢を提供するいう。

 Oracle Cloud at Customerは、クラウド基盤やプラットフォームが、統合Oracleハードウェア、ソフトウェア定義ストレージ、ネットワーキング、および、サービスとしての基盤(IaaS)に加え、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)をベースにする。

 Oracleは、完全に、物理基盤と仮想基盤を維持し、管理する。

3)新たなPaaS、SaaSサービスが、利用できる。

 2017年7月19日、現在、顧客は、Oracleの主なPaaSのカテゴリ(データベース、アプリ開発、分析、ビッグデータ、アプリとデータ統合、および、識別管理)のすべてに、アクセスできるようになる。

これらのサービスは、顧客の基盤となる、より高速なCPU、および、NVMeベースのフラッシュ・ストレージといった、Oracle Cloud at Customerプラットフォームに作成された、特定のエハンスを利用している。

 Oracleは、最初に、自分たちのデータセンターにおいて、業務ソフトウェア、人事管理、顧客関係管理、サプライ・チェーン管理といった、Oracle SaaSを使用するための能力を、Oracle Cloud at Customerで、利用できるようにした。

 新たに利用できるのは、専用のノードのパワーと、クラウド提供の柔軟性を持つ、HadoopやSparkプラットフォームを提供する、Oracle Big Data Cloud Machineである。

 企業は、自社のデータセンターのシンプルな、クラウド・サービスの契約モデルで、Hadoop、Spark、および、分析ツールのすべてを利用できるようになる。

4)新たなクラウド・サービスのリスト

 Oracle Cloud at Customerは、以下のOracle Cloudサービスを特徴にしている。

・基盤:Oracleと非Oracleワークロードを、クラウドに移植できるようにするための、エラスティックなコンピュート、コンテナ、エラスティックなブロック・ストレージ、オブジェクト・ストレージ、仮想ネットワーキング、および、識別管理を提供する。

・データ管理:顧客が、Oracle Database Cloudを使用して、クラウド内のデータ基盤を管理するために、Oracle Database Exadata CloudやOracle MySQL Cloudを含む、データベースを使用できるようにする。

・ビッグデータと分析:あらゆる膨大なデータを活用して、洞察力を高めるために、組織全体に、Oracle Big Data Cloud Service、Oracle Analytics Cloud、および、Oracle Event Hub Cloudを含む、ビッグデータ・クラウド・サービスの後半なセットを含む、単一のプラットフォームを使用する権限を与える。

・アプリ開発:企業が、Oracle Java Cloud、Oracle Application Container Cloud、Oracle Container Cloud、および、Oracle WebCenter Portal Cloudを使用して、クラウドに、Javaアプリを開発し、展開できるようにする。

・エンタープライズ統合:Oracle Integration Cloud、Oracle SOA Cloud、Oracle Data Integrator Cloud、Oracle GoldenGate Cloud、Oracle Managed File Transfer Cloud、および、Oracle Internet of Things Cloudを使用している、クラウド・アプリケーションから、クラウド・アプリケーション統合と共に、クラウド・アプリケーションへ、オンプレミス・アプリケーションへの統合を簡素化する。

・セキュリティ:企業が、一貫した同一性と、アクセス管理ポリシーを実装し、管理するために、Oracle Identity Cloudを使用できるようにする。

・サービスとしてのソフトウェア(SaaS):企業に、Oracle ERP Cloud、Oracle CX Cloud、Oracle HCM Cloud、および、Oracle Supply Chain Management Cloudを含む、ビジネスを運営するための、ソフトウェアのスイートを提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月26日 (水)

富士通の「DLU」AIプロセッサが、競合ベンダの、10倍の性能を約束する。'17.07.26

【富士通の「DLU」AIプロセッサが、競合ベンダの、10倍の性能を約束する。】 '17.07.26

 富士通は、深層学習ユニット「Deep Learning Unit(DLU)」と呼ばれる、AIプロセッサの開発を発表した。 2017年6月19日

 By Steven Lynch、tomshardware

 富士通は、2018年までに、競合するプロセッサよりも、ワット当りの性能が、10倍以上速い、 富士通は、深層学習ユニット「Deep Learning Unit(DLU)」と呼ばれる、AIプロセッサを作成する計画を発表した。

 また、富士通は、24のNvidia DGX-1システムを搭載した、AIスーパーコンピュータを構築することも計画している。

 富士通は、AIや関連技術の開発に、30年以上の経験を持っている。

 現在、富士通の京コンピュータ(K Computer)は、世界のトップ10のスーパー・コンピュータの分野で、8位にランクされている。

 Nvidia、Google、Intel、および、AMDといったベンダが、AIプロセッサの開発、AIや深層学習の分野に、大きな投資を実施している。

 富士通で、1993年以来、SPARCプロセッサを開発しており、現在、DLUプロジェクトの推進に取り組んでいる、富士通のTakumi Maruyama氏が、ISC 2017で、同社のDLUチップの計画を概説した。

 Maruyama氏が提供した、チャートによると、富士通のDLUコプロセッサは、深層学習のワークロード用で、低消費電力に設計されているという。

1)深層学習向けに設計された、プロセッサ

 DLUの特徴

・深層学習向けに設計された、アーキテクチャ

・低消費電力設計

・最適化された精度 目標 : 競合チップよりも10倍の高性能

・Tofu相互接続技術を持つ、スケーラブルな設計 : 大規模なニューラル・ネットワークを処理する能力

Dlu1
2)DLUアーキテクチャ

・ドメイン仕様

・最適化された精度

・超並列処理

Dlu2
3)ヘテロジニアスなコア

・少しの大きなコアと、多くの小さな実行コア(DPU)の組み合わせ

Dlu3
4)DPE&ラージRF

・DPUは、オンチップ・ネットワークと接続された、16種類の学習処理要素(DPE)から成る。

・DPEには、大きなRFと、広いSMD実行ユニットを含んでいる。

Dlu4
 このDLUチップは、16種類の深層学習処理要素(DPE)を特徴としている。

 各深層学習処理要素には、Tofu相互接続技術を使用している、スケーラブルなデザインを持つ、8種類の単一命令、複数データ(SIMD)実行ユニットが含まれている。

 このDLUチップは、FP32、 FP16、INT16、および、INT8データのタイプを、ネーティブにサポートしている。

 このDLUチップは、ニューラル・ネットワークを処理するために、性能とエネルギー効果の両方を最適化するために、より低精度の数学に頼っている。

 富士通は、深層学習処理ユニット(DPU)といった、多くの小さな実行コアを持つ、少しの大きなコア(Master)の結合が、現在、このプロセッサ市場における、競合チップよりも、より低電力消費で、より高性能な、DLUチップを作成する方法である。

 富士通が、DLUチップで、競合ベンダの、10倍の性能を達成できれば、AI産業は、2018年に、このチップに、大きな興味を持つようになるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook (3) '17.07.26

【企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook (3)】 '17.07.26

 企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook 2017年6月24日

 By Don Reisinger、eWEEK

 eWEEKは、多くのベンダが、Chromebookを提供しているので、ユーザが、どのChromebookを購入するか、決定する上で、参考になる、リストを提供する。

Eweek21_2
 eWEEKは、ユーザが、Chromebookの購入を検討する上で、参考になる、リストを提供する。

    (続き)

9.Dellの、より手頃な価格のChromebook 3189

Eweek29_2
 Dell Chromebookを望む、ユーザで、手頃な価格のChromebookを購入したいなら、Chromebook 3189を考慮しよう。

 Dell Chromebookは、タブレットとしても、ノートPCとしても使用できる、2-in-1のハイブリッドPCである。

 Dell Chromebookは、IntelのCeleronプロセッサ、最大4GBのメモリ、および、最大64GBのストレージを搭載することができる。

 Dell Chromebookは、11.6インチのディスプレイを搭載している。

 Dell Chromebookは、プロセッサ、メモリ容量、ストレージ容量により異なり、329ドルから、389ドルで販売されている。

10.LenovoのThinkPad 13は、Chromebookを、企業にもたらす。

Eweek210_2
 LenovoのThinkPad 13は、13.3インチのディスプレイを搭載し、フルHD解像度に、設定することができる。

 LenovoのThinkPad 13は、Intel Celeronプロセッサを搭載し、Intel HDグラフィクスで構成されている。

 LenovoのThinkPad 13は、最大4GBのメモリを搭載し、1回のバッテリーの充電で、最大10時間、使用することができる。

 LenovoのThinkPad 13の価格は、395.10ドルからである。

11.頑丈な、LenovoのThinkPad Yoga 11e

Eweek211
 Lenovo Yoga 11eは、ちょっとした、高さから落ちても、クラッシュしないような設計になっている、頑丈な、Chromebookである。

 LenovoのThinkPad Yoga 11eも、タブレットとしても、ノートPCとしても使用できる、2-in-1のハイブリッドPCである。

 LenovoのThinkPad Yoga 11eは、クアッド・コア、Celeron N3450を搭載し、11.6インチのHD、タッチ・スクリーンを装備し、1回のバッテリーの充電で、最大10時間使用、使用することができる。

 LenovoのThinkPad Yoga 11eの価格は、479ドルである。

 ベストセラーのアプライアンス

企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook (2) '17.07.26

【企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook (2)】 '17.07.26

 企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook 2017年6月24日

 By Don Reisinger、eWEEK

 eWEEKは、多くのベンダが、Chromebookを提供しているので、ユーザが、どのChromebookを購入するか、決定する上で、参考になる、リストを提供する。

Eweek21
 eWEEKは、ユーザが、Chromebookの購入を検討する上で、参考になる、リストを提供する。

   (続き)

5.それほど画面サイズが大きくない、Acer Chromebook R 11

Eweek26_2
 AcerのChromebookを購入したいが、それほど大きな画面サイズを必要しない人は、11.6インチのタッチ・スクリーンが搭載された、Acer Chromebook R 11ハイブリッドPCを選ぶとよいだろう。

 Acer Chromebook R 11は、Intel Celeronプロセッサを搭載し、2GBか4GBのRAMを選択することができる。

 Acer Chromebook R 11の価格は、プロセッサとRAMオプションに依存し、279ドルから300ドルである。

6.HPのスタイリッシュな、Chromebook 13

Eweek27
 HPのChromebook 13は、より高価な、Chromebookの選択肢の1つであり、1100ドルで販売されている。

 しかし、パワーやメモリを、あまり必要としない、ユーザには、619ドルの廉価版の、Chromebook 13も提供されている。

 Chromebook 13は、13.3インチのクワッドHDディスプレイを搭載し、プロセッサには、Intel Core m3、m5、m7、あるいは、Pentiumから選択できる。

 Chromebook 13には、最大、16GBのメモリと、32GBのストレージを搭載できる。

7.Dellのプロフェッショナル・ユーザ向けの、Chromebook 13

Eweek28
 Dellは、プロフェッショナル・ユーザ向けの、Chromebook 13を提供する。

 HPのChromebook 13のように、Dellのマシンは、13.3インチのディスプレイを搭載しているが、フルHD解像度は、オプションである。

 DellのChromebook 13には、IntelのCore i5プロセッサを搭載した、モデルもあり、最長で、12時間使用できる、バッテリー寿命を持っている。

 また、DellのChromebook 13には、6秒以内に、マシンを起動できる、クイック・ブート機能もある。

 DellのChromebook 13は、850ドルで販売されている。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月25日 (火)

企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook (1) '17.07.25

【企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook (1)】 '17.07.25

 企業に、パワー、価格、機能のベスト・ミックスを提供する、Chromebook 2017年6月24日

 By Don Reisinger、eWEEK

 eWEEKは、多くのベンダが、Chromebookを提供しているので、ユーザが、どのChromebookを購入するか、決定する上で、参考になる、リストを提供する。

Eweek21

 調査会社Gartnerの最新のデータによると、PC市場は、デスクトップとノートブックの両方に渡り、出荷台数の減少を経験しているが、GoogleのChromebookは、驚くほど、出荷台数を伸ばしている。

 消費者、企業ユーザ、および、教育機関は、手頃な価格で、軽量な、Chromebookを、クラウドに接続して使用している。

 大手のベンダも、小さなベンダも、Chromebookを提供する、ビジネス機会に、跳びついている。

 しかし、ユーザは、Chromebookを購入すべきか、購入するとしたら、どのChromebookを購入すべきか、あるいは、手頃な価格のWindows搭載PCを購入すべきか、検討すべきである。

 eWEEKは、ユーザが、Chromebookの購入を検討する上で、参考になる、リストを提供する。

1.多機能なAsus Chromebook Flip

Eweek22
 Asus Chromebook Flipは、ユーザが、タブレットとしても利用できる、ハイブリッドPCである。

 このハイブリッドPCは、12.5インチのフルHDのタッチ・スクリーンと、最大128GBのストレージを装備しており、IntelのPentiumプロセッサを搭載している。

 また、このハイブリッドPCは、Intel Core Mチップにアップグレード可能である。

 タッチ・スクリーンを持つ、Asus Chromebook Flipの価格は、499ドルである。

2.プロ向けの、Samsung Chromebook Pro

Eweek23

 Samsung Chromebook Proは、550ドルの価格の、プロ向けのChromebookである。

 ユーザは、タッチ・スクリーンを搭載し、スタイラス・ペンがついた、ハイブリッドPC、Samsung Chromebook Proを使用して、スクリーンに、手書きで、テキストを入力したり、絵を描画したりすることができる。

 Samsung Chromebook Proは、Intel Core m3プロセッサを搭載し、12.3インチのLEDディスプレイを装備している。

3.Samsung Chromebook Proに似た仕様を持つ、低価格のSamsung Chromebook Plus

Eweek25
 SamsungのChromebook PlusハイブリッドPCは、タッチ・スクリーンを搭載し、スタイラス・ペンがついた、Chromebook Proと、似たデザインになっている。

 しかし、Samsung Chromebook Plusは、ヘクサ・コア・プロセッサを搭載しており、Chromebook Proほど、強力ではないが、Chromebook Proよりも、100ドル安い、450ドルで販売されている。

4.大きなことが、特徴のAcer Chromebook 15

Eweek27
 Acer Chromebook 15は、Chromebookの中で、最も大きなサイズの選択肢の1つであり、15.6インチのフルHDディスプレイを搭載している。

 このAcer Chromebook 15は、Intel HD 5500グラフィクス・カードと、4GBのRAMを搭載している。

 Acer Chromebook 15には、Intel Celeron、Intel Core i3、あるは、Intel Core i5プロセッサを搭載したモデルがあり、価格は、250ドルから430ドルである。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

世界のパブリック・クラウド・サービスへの支出が、2021年に、2660億ドルに達することが予測される。 '17.07.25

【世界のパブリック・クラウド・サービスへの支出が、2021年に、2660億ドルに達することが予測される。】 '17.07.25

 IDCによると、世界のパブリック・クラウド・サービスへの支出が、2021年に、2660億ドルに達するという。2017年7月18日

 IDC Worldwide Semiannual Public Cloud Services Spending Guideの最新アップデートによると、パブリック・クラウド・サービスと基盤への、世界の支出は、2021年に、2660億ドルに達するという。

 2016年から2021年の予測期間に、世界のパブリック・クラウド・サービスへの支出の、年間平均増加率(CAGR)は、21.0%になることが期待されている。

 世界のパブリック・クラウド・サービスへの支出は、2016年から、25.4%増加し、2017年には、1280億ドルに達する見込みである。

1)2021年における、世界の地域ごとの、パブリック・クラウド・サービスへの支出が、世界のパブリック・クラウド・サービスへの支出全体に占める、割合(%)

・米国のパブリック・クラウド・サービスへの支出は、世界のパブリック・クラウド・サービスへの支出全体の、60%以上を占め、1630億ドルになり、世界最大の市場になるだろう。

・西欧のパブリック・クラウド・サービスへの支出は、520億ドルになり、世界第2位の市場になるだろう。

・アジア/パシフィック(日本を除く)のパブリック・クラウド・サービスへの支出は、520億ドルになり、世界第3位の市場になるだろう。

・アジア/パシフィック(日本を除く)のパブリック・クラウド・サービスへの支出の、年間平均増加率(CAGR)は、26.7%と、最も高くなることが期待されている。

・ラテン・アメリカのパブリック・クラウド・サービスへの支出の、年間平均増加率(CAGR)は、26.2%と、2番目に高くなることが期待されている。

2)2021年までに、パブリック・クラウド・サービスへの支出が、最も速く増加する、米国の産業

・パブリック・クラウド・サービスへの支出が、最も速く増加する、米国の産業は、専門家サービスの21.5% CAGR、メディアの21.0% CAGR、小売の20.9% CAGR、通信の20.9% CAGRである。

・2021年までに、パブリック・クラウド・サービスへの支出が、最も多い、米国の産業は、個別製造、専門家サービス、金融になるだろう。

 また、これら米国の3産業における、パブリック・クラウド・サービスへの支出は、2021年における、パブリック・クラウド・サービスへの支出の、1/3近くを占める見込みである。

3)2021年までに、パブリック・クラウド・サービスへの支出の中で、最も支出が多い、クラウド・サービスのタイプ

・サービスとしてのソフトウェア(SaaS)は、支配的なクラウド・サービスのタイプとして残り、2017年における、すべてのパブリック・クラウド・サービスへの支出の、2/3を占めるだろう。

・SaaSへの支出は、アプリケーションと、システム基盤ソフトウェアから成り、2019年に、すべてのパブリック・クラウド・サービスへの支出の、半分以上を占めるだろう。

4)2019年の、パブリック・クラウド・サービスへの支出における、クラウド・アプリのタイプごとの、支出の割合

・2019年に、顧客関係管理(CRM)アプリと、業務(ERM)アプリは、すべてのクラウド・アプリへの支出全体の、60%以上を占めるだろう。

5)2021年までの、サービスとしての基盤(IaaS)への支出と、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)への支出の、年間平均増加率(CAGR)

・2021年までに、サービスとしての基盤(IaaS)への支出と、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)への支出の、年間平均増加率(CAGR)は、IaaSが、30.0%で、PaaSが、29.7%になる見込みである。

6)2021年における、パブリック・クラウド・サービスへの支出全体の、企業規模ごとの、支出が占める割合

・パブリック・クラウド・サービスへの支出全体の、50%以上は、従業員数が、1000名以上の、最大企業からもたらされる見込みである。

・パブリック・クラウド・サービスへの支出全体の、約22.8%は、500名から999名の、大企業からもたらされる見込みである。

・パブリック・クラウド・サービスへの支出全体の、約20%は、100名から499名の、中企業からもたらされる見込みである。

 ベストセラーのアプライアンス

Lyftが、自動運転車の開発レースに加わる。 '17.07.25

【Lyftが、自動運転車の開発レースに加わる。】 '17.07.25

 Lyftが、自動運転車の開発レースに加わる。 2017年7月21日

Eweek2
 By Wayne Rash、eWEEK

 世界で2位の配車サービス会社、Lyftは、2017年末までに、自動運転車で、配車サービスの提供を開始すると発表した。

 Luc Vincentによると、Lyftのエンジニアリング担当役員は、同社が、新たな自動運転車部門を開設したという。

 Lyftの自動運転車への取り組みへの、より深い洞察で、同社の計画とモチベーションが、かけ離れていることが明らかになった。

 Uberの、自動運転車への取り組みは、同社の配車サービスに携わる、人間のドライバーを減らして、人件費を削減し、同社が、より利益を上げられるようにすることを目的にしている。

 これに対し、Lyftは、より多くの人たちが、車を運転することをやめ、配車サービスや、カー・シェアリング・サービスを利用するようになり、車を減らすことに貢献することを目的にしている。。

 さらに、Lyftは、誰でも使用できる、オープンなネットワークを作成し、誰でも、オープンな自動運転プラットフォームへ接続できるようにする、APIを提供する。

・Lyftは、コミュニティの責任のあるメンバーとして、自動運転車による、配車サービスを運営する。

・Lyftは、人間のドライバーが運転する、配車サービスと、自動運転車を使用した、配車サービスを、混合させた、ハイブリッド・ネットワークと呼ばれるものを開発している。
 このハイブリッド・ネットワークは、人間のドライバーと、自動運転車の両方を、養護するよう、設計されている。

・Lyftは、新たなエンジニアリング・センターを、シリコンバレーに開設する。

 Lyftは、自動運転車の開発に専念するために、カリフォルニア州のPalo Altoに、Level 5 Engineering Centerと呼ばれる研究&開発施設を開設している。

・Lyftは、人間のドライバーを乗せた、車から取集した、データを活用することを開始している。

 収集される、データには、道路のトラフィック・パターン、要求ホットスポット、および、ドライバーの使用率が含まれる。

・Lyftは、同社の車に、高解像度の3Dマップを作成するのを支援できる、新たなセンサーを搭載することを計画している。

・Lyftは、General Motorsといった、最大手の自動車メーカを含む、同社の開発パートナーと、収集したデータを共有することを計画している。

 Lyftは、自動運転車を実用化できるようにする、開発パートナーとの、コラボレーションで、必要な技術を構築することに取り組んで行く。

 Uberと異なり、Lyftは、将来的に、自動運転車が増え、長時間、運転できる、自動運転車が、実用化されることを期待している。

 最終的に、自動運転車は、我々の暮らしを変えるだろう。

 市場調査会社、Vincentは、自動運転車の安全性が、劇的に改善され、交通事故が低減されると期待している。

 Vincentによると、配車サービス、乗り合いサービス、カー・シェアリングの利用が増えることで、走行している、あるは、公共の駐車場の車の台数を減らすことで、車の渋滞を減らし、公害と温室効果ガスの排出を大幅に減らし、公共の駐車場の数やスペースを減らすことができるようになるという。

 Lyftは、同社の配車サービスの未来の展開において、自動運転車の共有を増やすことで、自動運転車を効率的に利用することに貢献していく。

 Lyftは、自動運転車の共有を増やすことで、道路を走行する、車の台数を減少させ、渋滞を減らしたり、駐車場の数や空間を減らしたりすることに貢献していく。

 Lyftの自動運転車の取り組みは、Uberの自動運転車の取り組みよりも、成功する、チャンスを持っている。

 Lyftには、自動運転車の開発に必要な、データやリソースがある。

 Lyftは、AlphabetのWaymoなどと、パートナーを組み、自動運転車の取り組みにおいて得られた、価値のあるデータやリソースを提供する。

 Lyftは、また、自動運転車のソフトウェアを開発している、Nutonomyや、Jaguar Land Roverとも提携している。

 Googleの自動運転車の取り組みの一環として、Waymoは、この分野において、7年以上の経験を持ち、Lyftに、Uberや他の配車サービス会社にはないレベルの経験を提供している。

 Uberは、これに懸念しており、Lyftが、Waymoとの取り決めの詳細を公開することを要求している。

 しかし、残念なことに、裁判所は、Uberが、Lyftの企業秘密を入手するのを防ぐために、保護命令を出している。

 Lyftは、自動運転車の開発と、自動運転車の有効で、社会に、貢献していく意向を示している。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月24日 (月)

富士通とHuaweiが、AIチップの開発を計画しているという。 '17.07.24

【富士通とHuaweiが、AIチップの開発を計画しているという。】 '17.07.24

 By Jeffrey Burt、eWEEK

 富士通とHuaweiは、Intel、Nvidia、Advanced Micro Devicesといった、半導体メーカと協調して、深層学習ワークロードのために、AIチップの開発を計画している。 2017年7月18日

Eweek8
 システム・メーカ、富士通とHuaweiは、AIワークロードに、最適化された、プロセッサを開発する計画があるようだ。

 技術ベンダは、ビッグデータの分析から、自動自動車まで、さまざまなワークロードによって、もたらされる需要の増加に対応するために、自分たちのポートフォリオに、人工知能(AI)と、深層学習能力をもたらすことを、推進している。

 Microsoft、Google、IBMといった、技術ベンダは、AIビジネスの事業部を設立し、AI技術を活用した、製品やサービスを構築している。

 また、チップメーカも、AIと深層学習に焦点を合わせ、AIチップのエコシステムを拡大させることに取り組んでいる。

・Intelは、先週、最新世代のXeonサーバ・チップを発表した。

 Intelは、他の改善として、深層学習の訓練と、推論の作業の性能を、従来チップの性能の、2.2倍に引き上げた。

 Intelは、AIの将来における、役割を増加させる、フィールド・プログラマブル・ゲートアレイ(FPGA)も提供する。

 また、Intelは、ディープ・ラーニング・コードを目指した、次期プロセッサである 、「Lake Crest」の計画もある。

 過去数年間、Nvidiaは、AIと深層学習に、同社のビジネスの焦点の多くを移した。

・AMDは、AIワークロード用のRadeon GPUの開発者を探している。

・Googleは、AIワークロード用に、特別に設計された、テンソル処理ユニット(TCU)を持っている。

・スタートアップのGraphcoreは、インテリジェント処理ユニット(IPU)と呼ばれるものを開発している。

 Gartnerのアナリストは、2020年までに、基本的に、あらゆるソフトウェアとサービスに、AI技術が含まれると予測しているが、すべてが、実際のAI技術ではないので、AI市場に、混乱をもたらす要因になると見ている。

 富士通とHuaweiは、AI専用のプロセッサで協調している。

 富士通の技術者は、この数年間、深層学習ユニット(DLU)と呼ばれる、プロセッサ技術の開発に取り組んできた。

 同社は、先月、International Supercomputingショーにおいて、この深層学習ユニット(DLU)の詳細を発表した。

 富士通のDLUチップは、性能とエネルギー効率の両方を向上させるために、低精度フォーマットを当てにしている。

 このDLUチップには、16の深層学習処理要素が含まれ、各要素には、8つの単一命令、複数データ実行ユニットが収容されているという。

 富士通は、このDLUチップが、競合他社製品の、ワット当たり、10倍の性能を提供すると期待している。

 同社関係者によると、この計画は、来年、最初に、従来のCPUのコプロセッサとしてリリースし、次に、DLUをCPUに統合することを計画しているという。

 DLUチップは、急速に成長するAI分野において、プレゼンスを確立するための、富士通の大きな取り組みの一部である。

 昨年秋に、富士通は、Human Centric AI Zinraiプラットフォーム用に、新たなAIサービスを発表している。

 2017 China Internet Conference1で、HuaweiのCEO、Yu Chengdong氏は、AIに焦点を合わせた、プロセッサを構築していると発表したが、チップの詳細は、説明していない。

 HuaweiのHiSIliconチップは、シリコンの上に、CPU、GPU、および、AI機能を統合する。

 このチップは、今年、ARMにより、設計された、新たなAIに焦点を合わせた、チップをベースにしている。

 Cortex-A75とCortex-A55システム・オン・チップ(SoC)は、ARMの新たなDynamIQアーキテクチャをベースにしており、AI特有の命令や拡張セキュリティ機能を持っている。

 Huaweiの新たなチップは、2017年後半に、紹介される。

 ベストセラーのアプライアンス

IBMとSalesforceが、新たなパートナーシップを発表した。 '17.07.24

【IBMとSalesforceが、新たなパートナーシップを発表した。】 '17.07.24

 IBMとSalesforceが、意思決定を迅速化し、顧客の成功を促すことで、新たなパートナーシップを発表した。 2107年3月21日

Dis2
 IBMとSalesforceは、人工知能(AI)技術を活用して、企業が、これまで以上に、迅速で、適切に、意思決定できるように設計された、共同ソリューションを提供する。

 このパートナーシップは、IBMのWatsonの洞察を、SalesforceのEinsteinの深い顧客からの洞察と、医療、金融サービス、小売り、および、天気予報などの、さまざまな産業に渡る、Watsonの構造化データと、非構造化データを結合する、Salesforce Intelligent Customer Success Platformにもたらすだろう。

 「SalesforceとIBMの、パートナーシップの発表」紹介ビデオ

1.IBMとSalesforceの統合

 Watsonは、自信を持って決定し、隠された洞察を発見し、新しい方法で取り組むことを可能にする、コンテンツと業界の専門知識が豊富で、強力な、AI技術のセットである。

2.IBMのWatsonとSalesforceのEinsteinの統合

 企業の内外の非構造化データから、予測的な洞察をもたらすために、SalesforceのEinsteinにより、提供される、顧客データから予測される洞察と共に、IBM Watson APIをSalesforceに統合し、販売、サービス、マーケティング、コマースなどを通じて、よりスマートで迅速な意思決定を可能にする。

3.Salesforce向け、IBMのThe Weather Companyの洞察

 Salesforce AppExchangeの、Lightningコンポーネントで、IBMのThe Weather Companyの気象データを、Salesforceにもたらし、顧客とのやりとりや、ビジネス・パフォーマンスを知らせる、天気予報を提供する。

4.Salesforce向け、IBM Application Integration Suite

 Salesforceの特化した統合製品を使用して、オンプレミスのエンタープライズ・データと、クラウド・データを統合し、Salesforce Intelligent Customer Success Platformで、直接、データの表面を仕上げる。

 ベストセラーのアプライアンス

IBMとSalesforceが、AI技術で提携する。 '17.07.24

【IBMとSalesforceが、AI技術で提携する。】 '17.07.24

 IBMとSalesforceが、AI技術で提携する。 2017年3月9日

Dis1
 By disruptive

 SalesforceとIBMは、両社のAI技術(SalesforceのEinsteinとIBMのWatson)を結合するが、2つのブランド下で、組み合わせ製品を引き続き販売する予定である。

 同時に、IBMは、CRMビジネスを、Salesforceに移行すると発表した。

 IBMとSalesforceは、既に、約5000社の同じ顧客を共有しているが、クロス販売の機会は、それ程、多いとはいえない。

 IBMとSalesforceが、両AI技術を結合する、主な理由は、今日、AI技術が、多くの時間と多くのデータを必要とし、両社が、互いに助け合うことのできる、分野だと考えていることである。

 IBMのAI技術、Watsonは、何年も前から、改善されてきており、かなり洗練されている。

 Salesforceは、AI分野に、比較的、新しく、参入しているが、SalesforceのAI技術、Einsteinは、多くの顧客などのデータを生成し、CRM、販売、マーケティングといった分野を得意としている。

 従って、IBMのWatsonの頭脳と、SalesforceのEinsteinが生成する、顧客などのデータを使用することで、より効果的なAIが、はるかに短期間で、効率的に訓練されるようになる可能性がある。

 エンタープライズAIでは、各企業が、AI技術に、異なるものを求めているため、各企業にとって、極めて扱いにくく、データセットは、極めて特殊になる。

 従って、サプライヤによって訓練されている、より一般的なアルゴリズムが、特定の顧客企業の要件と、特定のデータセットで、カスタマイズされるようになる。

 結果として、IBMとSalesforceの提携において、両社の得意な分野で、互いのAI技術やデータを組み合わせて使用することで、両社は、互いのAI技術の利点を、有効に活用できるようになるだろう。

 同様に、Microsoftは、Facebookと、AI技術において、同様の提携をしていることには、何らかの意味があるかもしれない。

 Facebookは、ソーシアル・ネットワークで、ユーザの膨大なデータを持っており、Microsoftは、AI技術に、いくつかの歴史を持っている。

 このため、FacebookとMicrosoftのAI技術における協力は、両社に、大きな利益をもたらす可能性があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月23日 (日)

ソーシアル・メディア駆動のマーケティング技術が、販売プロセスに使用される。 '17.07.23

【ソーシアル・メディア駆動のマーケティング技術が、販売プロセスに使用される。】 '17.07.23

 新たなLinkedInスポンサーのState of Sales調査によると、ソーシアル・メディアが、ミレニアル世代が主な、購買者と販売者の両方に対する、販売プロセスに、使用される技術になっているという。 2017年7月19日

Eweek5
 By David Needle、eWEEK

 ソーシアル・メディア販売の調査

 Censuswideによる、LinkedInが、スポンサーになった、調査によると、販売プロセスおける、顧客関係管理(CRM)システム、生産性アプリ、および、ソーシアル・メディア・サイトといった、マーケティング技術の使用が、昨年から、急速に増加しているという。

 このCensuswideによる調査で、販売担当者の91%が、販売サイクルを短縮したり、より大きな取引を締結したり、売上を増加させたりするために、顧客関係管理(CRM)システム、生産性アプリ、および、ソーシアル・メディア・サイトといった、マーケティング技術を使用していることが分かった。

 より興味深いことの1つは、購買者、特に、ミレニアル世代が、販売担当者と関わるかどうかの意思決定プロセスの一部として、ソーシアル・メディアを使用していることである。

 この調査において、ミレニアル世代の購買者の62%、より古い、ジェネレーションX世代の購買者の54%、ベビーブーマの購買者の33%が、ソーシャル・メディアで、販売担当者を探して、関わっていると回答していた。

 この調査において、ミレニアル世代の購買者の69%が、ソーシアル・メディアにプレゼンスを持つ、販売担当者と会話しがちであると回答していた。

 この調査において、ジェネレーションX世代の購買者の58%が、ベビーブーマの購買者の33%が、ソーシアル・メディアにプレゼンスを持つ、販売担当者と会話しがちであると回答していた。

 アナリストのJeff Kaplan氏によると、この世代による違いが、購買者の観点から、意味を成すという。

 また、この調査で、どれぐらい多くの販売担当者が、自分たちの会社の、マーケティング技術への投資が増えることを期待していることが分かった。

 2016年の調査において、販売担当者の36%は、2017年に、自分たちの会社が、マーケティング技術への投資を増大させることを期待していると回答していた。

 2017年4月に実施された、最新の調査において、販売担当者の55%は、自分たちの会社が、マーケティング技術への投資を増やすことを期待していると回答した。

 この調査において、Box、Google Docs、Microsoft Office、および、Dropboxといった、確立された、コラボレーション・ツールが、ミレニアル世代の販売担当者の59%により、使用されていることが分かった。

 また、Box、Google Docs、Microsoft Office、および、Dropboxといった、確立された、コラボレーション・ツールが、ベビーブーマの販売担当者の40%により、使用されていることも分かった。

 しかし、より若い世代の販売担当者は、より効率的な生産性アプリを使用しがちである。

 この調査で、Asana、Smartsheet、および、Trelloのようなツールが、より頻繁に、ミレニアル世代の販売担当者の40%により、使用されていることが分かった。

 また、この調査で、Asana、Smartsheet、および、Trelloのようなツールは、ジェネレーションX世代の販売担当者の24%により、ベビーブーマの販売担当者の17%により、使用されていることも分かった。

 この調査で、ミレニアル世代の販売担当者の39%が、Salesforce ChatteやSlackといった、エンタープライズ・コミュニケーション・ツールを使用しており、ベビーブーマの販売担当者の15%が、エンタープライズ・コミュニケーション・ツールを使用していることも分かった。

 Censuswideは、B2B販売に従事している、米国の1086人の販売担当者と、購買の決定に影響を与える、米国の1015人の購買の意思決定者を対象に、調査を実施している。

 2016年に、Microsoftは、LinkedInと、同社の専門家向けのソーシアル・ネットワークを260億ドルで買収している。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(4) '17.07.23

【Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(4)】 '17.07.23

 Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。2017年7月19日

 By Don Reisinge、eWEEK

 Google Glassは、かつては、消費者向けに、新たなユーザ経験を提供することを目的とした、技術であったが、いわゆる「Explorers」により装着された、スマート・グラスは、人々の生活を変える技術として、一般消費者には、やっかいな製品であることが判明した。

 しかし、現在、Google Glassは、企業のワーカの作業効率を、劇的に改善することが期待される、ウェアラブル・デバイス製品として、見直されている。

 Google Glass Enterprise Editionを装着した、ユーザは、フリーハンドで、必要な情報を検索し、スマート・グラスの仮想スクリーンに表示させたり、上司や同僚と会話したり、メールや予定などをチェックしたり、できるようになる。

 Google Glass Enterprise Editionと、企業向けに設計された機能の詳細を紹介する。

     (続き)

8.Google Glass Enterprise Editionのユーザ同士の、ライブのビデオのコラボレーションは、リアルタイムな支援に対応する。

Eweek37_2
 Google Glass Enterprise Editionは、ワーカが、誰もいなくても、他のワーカを支援できるようにする。

 アシスタントの必要なワーカは、他のワーカが見ている、ライブのビデオ・ストリームを共有することができる。

 「他のユーザが、見ているものを見る」機能は、問題を修正したり、リアルタイムに、見ているもので、コラボレートしたりする方法を、ユーザに、告げることができるようにする。

9.企業は、作業効率を改善するために、既に、Google Glass Enterprise Editionを、使用している。

Eweek39
 Googleは、さまざまな企業の顧客に、Google Glass Enterprise Editionを公開している。

 企業の顧客は、既に、Google Glass Enterprise Editionをテストし、使用している。

・General Electric(GE)は、製造の効率を改善するために、Google Glass Enterprise Editionの技術を使用している。

・Sutter Healthは、医師の診察時間を低減させるために、Google Glass Enterprise Editionを採用している。

・Even AGCは、農業機械の生産の効率を改善するために、Google Glass Enterprise Editionを使用している。

10.Googleは、Google Glass Enterprise Editionで、顧客企業と、パートナーを組んでいる。

Eweek310
 Googleは、Google Glass Enterprise Editionを生産しているが、個々の顧客のニーズに合った、ソリューションを提供する、多くの顧客企業と提携している。

 Googleは、カスタマイズされた、ソリューションを開発するのを支援するために、企業において、働く、パートナーに、Google Glass Enterprise Editionを提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(3) '17.07.23

【Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(3)】 '17.07.23

 Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。2017年7月19日

 By Don Reisinge、eWEEK

 Google Glassは、かつては、消費者向けに、新たなユーザ経験を提供することを目的とした、技術であったが、いわゆる「Explorers」により装着された、スマート・グラスは、人々の生活を変える技術として、一般消費者には、やっかいな製品であることが判明した。

 しかし、現在、Google Glassは、企業のワーカの作業効率を、劇的に改善することが期待される、ウェアラブル・デバイス製品として、見直されている。

 Google Glass Enterprise Editionを装着した、ユーザは、フリーハンドで、必要な情報を検索し、スマート・グラスの仮想スクリーンに表示させたり、上司や同僚と会話したり、メールや予定などをチェックしたり、できるようになる。

 Google Glass Enterprise Editionと、企業向けに設計された機能の詳細を紹介する。

   (続き)

5.Google Glass Enterprise Editionで、カスタマイズされた、ソフトウェアが、利用できる。

Eweek35
 Googleは、Google Glass Enterprise Editionを採用する企業と、パートナーを組み、カスタマイズされたソフトウェアへのアクセスを持つ。

 Google Glass Enterprise Editionを使用するために、サインアップする企業は、自分たちのオペレーションに適切なパートナーと、ソフトウェアを開発できる。

 例えば、Google Glass Enterprise Editionの採用で、Googleとパートナーを組んだ、物流会社のDHLは、パッケージ・ピッカー用のソフトウェアを作成し、小包がある、ボックスの場所を、容易に見つけられるようにした。

6.Google Glass Enterprise Editionのユーザは、音声コマンドで、アプリを起動できる。

Eweek36
 Googleによると、ユーザは、単純な音声コマンドで、Google Glass Enterprise Editionの機能を起動し、利用できるようになるという。

 このスマート・グラスを装着しながら、ユーザは、単に、「OK Glass」と言い、アクセスしたい、アプリの名前を呼ぶだけで、アプリを起動し、利用できるようになる。

 ユーザは、音声コマンドを使用して、いつでも、このスマート・グラスのアプリや機能を、切り換えることができる。

7.Google Glass Enterprise Editionで、ユーザは、ビデオを再生できる。

Eweek37
 Google Glass Enterprise Editionのユーザは、作業中に、トレーニング用などの、ビデオや写真をアクセスし、参照することができる。

 このスマート・グラスは、ユーザが、参照したい、ドキュメント、ビデオ、写真などの、コンテンツを、目の前に表示される、仮想的なスクリーン画面で見ることができるようにする。

 Googleによると、Google Glass Enterprise Editionのユーザは、この機能で、作業効率や、作業品質レベルを向上させることができるようになるという。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(2) '17.07.23

【Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(2)】 '17.07.23

 Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。 2017年7月19日

 By Don Reisinge、eWEEK

 Google Glassは、かつては、消費者向けに、新たなユーザ経験を提供することを目的とした、技術であったが、いわゆる「Explorers」により装着された、スマート・グラスは、人々の生活を変える技術として、一般消費者には、やっかいな製品であることが判明した。

 しかし、現在、Google Glassは、企業のワーカの作業効率を、劇的に改善することが期待される、ウェアラブル・デバイス製品として、見直されている。

 Google Glass Enterprise Editionを装着した、ユーザは、フリーハンドで、必要な情報を検索し、スマート・グラスの仮想スクリーンに表示させたり、上司や同僚と会話したり、メールや予定などをチェックしたり、できるようになる。

 Google Glass Enterprise Editionと、企業向けに設計された機能の詳細を紹介する。

   (続き)

3.Google Glass Enterprise Editionは、より優れたカメラを装備している。

Eweek33
 Google Glass Enterprise Editionのカメラで、ユーザは、静止画像を撮影することも、ビデオ映像を録画することもできる。

 オリジナルのGoogle Glassとは異なり、Google Glass Enterprise Editionは、周囲にいる人たちに、現在、スマート・グラスのカメラで、ビデオを録画中であることを知らせるために、赤いライトを点灯する。

 消費者向けの、オリジナル版のGoogle Glassが、5メガピクセルの解像度のカメラを搭載していたのに対し、Google Glass Enterprise Editionは、8メガピクセルの解像度のカメラを搭載している。

4.Google Glass Enterprise Editionの、バッテリーの寿命は、十分である。

Eweek34
 Googleは、Google Glass Enterprise Editionを発表したときに、このスマート・グラスのバッテリーを、フル充電することで、ユーザは、このスマート・グラスをかけて、8時間以上、通常に使用できるようになると述べていた。

 就業時間中に、バッテリーを、再充電することなく、ワーカが、このスマート・グラスをかけて、作業を継続できるようにすることで、企業は、生産性を向上させることが可能になる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(1) '17.07.23

【Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。(1)】 '17.07.23

 Google Glass Enterprise Editionが、企業にアピールする。 2017年7月19日

 By Don Reisinge、eWEEK

 eWEEKは、企業が、ワーカの作業を効率化するために、Google Glass Enterprise Editionを、どの様に利用できるかを紹介する。

Eweek30
 Google Glassは、かつては、消費者向けに、新たなユーザ経験を提供することを目的とした、技術であったが、いわゆる「Explorers」により着用された、スマート・グラスは、人々の生活を変える技術として、一般消費者には、やっかいな製品であることが判明した。

 しかし、現在、Google Glassは、企業のワーカの作業効率を、劇的に改善することが期待される、ウェアラブル・デバイス製品として、見直されている。

 Google Glass Enterprise Editionと呼ばれる、新たなウェアラブル・デバイスは、限られたテストであるが、さまざまな規模の企業で、利用できるようになった。

 Google Glass Enterprise Editionは、最初のスマート・グラスと同じ、アイウェアである。

 このGoogle Glass Enterprise Editionは、企業に焦点を合わせ、ワーカが、より効果的に、効率よく、仕事ができるように、フリーハンドで、必要な情報を、スマート・グラスで見られるようにする。

 Google Glass Enterprise Editionを装着した、ユーザは、フリーハンドで、必要な情報を検索し、スマート・グラスの仮想スクリーンに表示させたり、上司や同僚と会話したり、メールや予定などをチェックしたり、できるようになる。

 「企業向けに、カムバックした、Google Glass Enterprise Editionの紹介」ビデオ

 Google Glass Enterprise Editionと、企業向けに設計された機能の詳細を紹介する。

1.Google Glass Enterprise Editionは、オリジナルのGoogle Glassと、同様の、基本的なユーザ経験を提供する。

Eweek31
 Google Glass Enterprise Editionは、ユーザの目の前に現れる、仮想スクリーンに、デジタル情報を表示する、スマート・グラスである。

 拡張現実(AR)のように、物理的な世界の上に、仮想的な要素が、オーバーレイ表示されるため、ワーカは、作業中に、必要な情報(例えば、マニュアルや関連資料など)を検索し、参照することができる。

2.Google Glass Enterprise Editionは、作業を支援し、安全ゴーグルとして使用できる。

Eweek32
 Google Glass Enterprise Editionは、作業指示と安全ゴーグルの両方の役割をサポートした、スマート・グラスである。

 Google Glass Enterprise Editionは、基本的に、ユーザの眼鏡に、クリップして使用するため、ユーザは、このスマート・グラスと対話しながら、目を保護でき、はっきりと見ることができる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年7月16日 - 2017年7月22日 | トップページ | 2017年7月30日 - 2017年8月5日 »

ウェブページ

広告2