« 2017年7月9日 - 2017年7月15日 | トップページ | 2017年7月23日 - 2017年7月29日 »

2017年7月16日 - 2017年7月22日

2017年7月22日 (土)

IICコンソーシアムが、Journal of Innovationのスマート・シティ版を発行する。 '17.07.22

【IICコンソーシアムが、Journal of Innovationのスマート・シティ版を発行する。】 '17.07.22

 IICコンソーシアムが、Journal of Innovationのスマート・シティ版を発行する。 2017年7月19日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Journal of Innovationは、産業インターネットにおいて出現している、革新的なアイデア、アプローチ、製品、および、サービスを紹介している。

 Industrial Internet Consortium(IIC)は、スマート・シティの背景にある、主な技術の推進団体の1つである。

 Industrial Internet Consortium

Eweek4_2
 将来のスマート・シティが、どのように運用されるかに関する、書籍や記事を検索し、ブックマークに追加し、この話題へリンクした。

 Industrial Internet of Things(IIoT)を専門とする、世界の支持団体、Industrial Internet Consortium(IIC)は、スマート・シティに焦点を合わせた、Journal of Innovationの第4版を発行した。

 スマート・シティは、市の資産を管理するために、情報と通信技術(ICT)、および、モノのインターネット(IoT)技術を、安全に統合した、都市開発モデルである。

 スマート・シティには、地方自治体の情報システム、学校、図書館、輸送システム、病院、発電施設、法執行機関、および、他のコミュニティ・サービスが含まれる。

 Journal of Innovationは、産業インターネット内で出現している、革新的なアイデア、アプローチ、製品、および、サービスを強調する。

 IICは、スマート・シティの背景になる、主な技術の推進団体の1つになった。

 IIoTアプリは、スマート・シティに、利便性をもたらしながら、異なった技術、プロセス、ビジネス、社会、および、規制領域を統合する、複雑なセキュリティ、プライバシー、および、相互運用性の取り組みを示している。

 昨年、IICは、世界の産業オペレーションで実行する、さまざまな、産業モノのインターネット(IIoT)、コネクティッド・システム、および、相互接続システムに対応するためにデザインされた、青写真である、「Industrial Internet Security Framework」を発行した。

 「産業インターネットの青写真」紹介ビデオ

 Journal of Innovationのスマート・シティ版には、IICのメンバーである、Bosch、Deloitte、富士通、Huawei、InterDigital、NEC、SAP SE、および、TCSといった、貢献ベンダの記事が掲載されている。

 Journal of Innovationのスマート・シティ版の記事のリスト

1)Intelligent Transport Solutions for Smart Cities and Regions: Lessons Learned from an 18-month Trial

・Rafael Cepeda、InterDigital Europe

・Ken Figueredo、InterDigital Solutions

2)How IoT Can Significantly Improve Healthcare in the Context of Smart City

・Nitin Gupta、TATA Consultancy Services

3)Spotlight on the Business Strategy & Solution Lifecycle Working Group

4)Neuromarketing - The Art and Science of Marketing and Neurosciences Enabled by IoT Technologies

・Christopher Arthmann、NEC Innovation Division

・I-Ping Li, Deloitte Consulting

5)Outcomes,Insights and Best Practices from IIC Testbeds: Track and Trace Testbed

・Michael Dietz, SAP SE

・Andreas Mueller, Bosch

・Dirk Slama, Bosch Software Innovations

・Joseph Fontaine, Industrial Internet Consortium

6)What's New at the Industrial Internet Consortium

 Journal of Innovationの現在と過去の版は、ダウンロードすることができる。

 ベストセラーのアプライアンス

センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。(2) '17.07.22

【センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。(2)】'17.07.22

 センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。 2017年7月4日

Dis2_2
 By disruptive

 データは、人工知能(AI)の知識になるので、そのデータを収集するセンサーは、信頼性が高く、正確であることが、ますます重要になっていく。

 これは、不正確なデータは、役に立たず、逆に、eHealthなどにおいて、最悪の場合、致命的な結果をもたらすからである。

   (続き)

2.センサーで得られたデータの品質を改善する、知的なソフトウェアを作成する。

 センサーで得られたデータの品質を改善するために、使用されている、ソフトウェアのアルゴリズムは、さまざまである。

 例えば、自動車の分野では、タイヤ、車輪、ショックアブソーバ、ブレーキ、および、ステアリング・ホイールの状態を追跡するために、さまざまなセンサーが使用されているが、これまで、優れたセンサーのハードウェアが、発明されてきただけでなく、センサーの分野では、ソフトウェアで、どれがノイズであるかを考え、データをどのように分析し、データの品質を、どのように改善するかが、検討されている。

 Phillipsは、センサー技術の分野で、リードしており、同社のヘルス・ウォッチは、優れた品質のデータを生成していることが、認識されている。

 より優れたハードウェア・センサーと、ノイズを除去し、信号を解釈するための、より優れたソフトウェアを組み合わせ、ハードウェアとソフトウェアの両方から、データの品質の問題を低減させることによって、正確なデータを導いていく、必要がある。

 センサー技術は、モノのインターネット(IoT)の時代において、医療、環境管理、自動運転、スマート・シティ、スマート・グリッド、スマート・ハウス、生産システム、ウェアラブル・デバイス、交通システム、資源探索、航空宇宙、ロボット、など、あらゆる分野で、これまで以上に重要になる。

 センサーの種類は、位置、形状、圧力、重量、ひずみ、速度、加速度、回転数、音、振動、熱、温度、湿度、光、電磁気、ガスなど、多岐に渡る。

 さらに、センサー技術の分野では、カメラで撮影した画像を分析し、顔や、他のオブジェクトを認識したり、指紋や虹彩や音声を認識したりすることにも、AI技術が利用されている。

 例えば、スマートフォンのカメラで撮影した、オブジェクトを認識し、関連する情報を検索したり、顔の表情を分析し、感情を認識したり、出かけるときに着て行く洋服を推奨したりすることにも、AI技術が使用されている。

 センサーは、世界が、ますます依存している、マシンの目や耳になるため、重要である。

 このため、筆者は、センサー技術が、激しい投資の対象分野として、残ると考えている。

 実際の見通しを持った、センサー・ソリューションと、誇大宣伝、および、安易な投資の波に乗った、センサー・ソリューションとを、分離することが重要になる。

 ベストセラーのアプライアンス

センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。(1) '17.07.22

【センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。(1)】 '17.07.22

 センサーは、より良いデータを必要としている、AIの目や耳になる。 2017年7月4日

Dis2
 By disruptive

 データは、人工知能(AI)の知識になるので、そのデータを収集するセンサーは、信頼性が高く、正確であることが、ますます重要になっていく。

 これは、不正確なデータは、役に立たず、逆に、eHealthなどにおいて、最悪の場合、致命的な結果をもたらすからである。

 Fitbit、Apple、Xiaomi、Garminの、ウェアラブル・デバイスのようなものが生成するデータは、実際には、レクリエーション・フィットネスにしか使用できないような低品質であるため、医療用に使用するには、問題があるだろう。

 このため、極めて、正確で、信頼性の高い、極めて高価な医療用モニタリング装置の市場は、まだ、これから大きくなっていくだろう。

 医療用モニタリング・デバイスのセンサーが生成するデータを改善するための、2つの方法がある。

1.医療用モニタリング・デバイスのセンサー自体の品質を向上させる。

 光心拍センサーが、ECGと同じくらい正確に、データを収集できるならば、心臓薬に大きな影響を及ぼすだろう。

 光心拍センサーは、装置のコストを削減できるだけでなく、高リスクの患者を継続的に、かつ、適切に監視することができ、心臓病の事象の発生を予測できるようにする。

 センサー業界は、より正確で、信頼性の高い、詳細な情報を提供することを約束した、最新の製品を提供することに、熱狂的に取り組んでいる。

 ただし、筆者は、FDAの認定を受けることができるような、品質を達成したと主張している、心臓のセンサー会社に、まだ、出会ったことがない。

 小さなスタートアップ、Leman Micro Devicesが、専門としている、血圧の分野でも、同様に、精度や、信頼性の高い、情報を提供することが必要である。

 Leman Micro Devicesは、FDAの承認を得て、医療グレードで血圧を測定するのに、十分近い、精度や、信頼性を備えている、スマートフォンにフィットする、正確で、小さな血圧センサーを開発した。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月21日 (金)

ビジネス・アプリのベンダは、人工知能(AI)プラットフォームを提供する。 '17.07.21

【ビジネス・アプリのベンダは、人工知能(AI)プラットフォームを提供する。】 '17.07.21

 Inforの「Coleman」は、他の大手のクラウド・サービス・プロバイダのサービスと共に、最新のAIプラットフォームである、IBMのWatsonや、SalesforceのEinsteinといった、AIプラットフォームに加わる。 2017年7月14日

 By Scot Petersen、eWEEK

・IBM Bluemiガレージ
Eweek2_2
 このAIメタファーは、Inforum 2017、ERPベンダ、Inforのユーザ・コンファレンスで、紹介される。

 InforのDuncan Angove社長によると、AIは、新たな蒸気エンジン、新たな電力であり、あらゆるものを変えるという。

 AIは、新たなユーザ・インタフェース(UI)である。

 Inforの「Coleman」人工知能(AI)プラットフォームは、NASAで、宇宙プログラムで働いていた、数学者、Katherine Coleman Johnsonの賞に選ばれた。

 Coleman賞を受賞することにより、上昇した知名度は、今日の、SalesforceのEinsteinや、IBMのWatsonを含む、他のAIブランドの知名度と同様になった。

 しかし、Amazon Web Services(AWS)、Microsof、および、Googleといった、クラウド・サービス・プロバイダから利用できる、数十種類もの、他のクラウド・サービスや、Oracleのような、ビジネス・アプリ・プロバイダからの、同様のプラットフォームがある。

 ベンダは、AIが、デジタルな変革の、次の波をもたらすことのできる、方法を取り巻く、マインドシェアのために戦う。

・InforのColeman

 これまで何年か、計画中であった、InforのColeman AIは、最後に、リリースされた。

 Inforは、2014年以来、クラウド・サービス・プロバイダ、Amazon Web Services(AWS)、の、主なパートナーであった。

 AWSは、Inforが、業務アプリのCloudSuiteプラットフォームを構築した、クラウド・サービス基盤(IaaS)を提供している。

 AWSとの契約で、Inforは、マサチューセッツ州、CambridgeのMITの直ぐ近くに、Dynamic Science Labsを設立した。

 この研究所は、MITのデータ・サイエンティストにより、導かれた。

 Ziad Nejmeldeen氏は、資産予測保守や、資産のスケジュール最適化といった、自動化プロセスを支援するために、ERP特有の、AIサービスに取り組んでいる。

 他は、Inforの人事管理、小売、ヘルスケア、および、資産管理アプリのために働いている。

 AWSとの関係は、重要であるが、AWSは、Inforに、AWSのAIサービスを使用するための方法を提供し、CloudSuiteとともに、AWSのIaaSで、Inforのアプリを実行する。

 また、Inforは、Coleman内でも、「会話的なユーザ経験」を作成している。

 AWS Polly音声認識サービスを使用している、音声コマンドは、Outlookの管理、あるいは、顧客情報のアクセスといった、機能を実行するために、AWS Lexボットに中継されている。

 Inforは、AWS Rekognitionベースの、資産追跡といった、アプリに、画像認識サービスを統合することを計画した。

・IBMのWatson

 明らかに、Watsonは、映画「2001: A Space Odyssey」に登場する、AIコンピュータ、HALではない。

 IBMは、ビデオで、Watsonについて、やさしく説明することを試みている。

 IBMのBluemixクラウド・サービス基盤(IaaS)上に構築された、Watsonの成功のカギは、APIを、開発者に、利用できるようにすることである。

 これが、IBMのBluemix Garageプロジェクトが、成長している理由である。

 IBMのBluemixクラウド・サービス基盤(IaaS)は、開発者により、利用される、クラウド・サービスや、APIの集合である。

 最新のBluemix Garageは、今週、New Yorkで開催される。

 Bluemix Garagesで、スタートアップは、Watsonサービスの周りに、新たなアイデアで、業務を開始する。

 投資会社や銀行といった、会社は、ポートフォリオ分析を自動化するのを支援する、新たな金融サービス、Watson Financial Servicesのテストを開始する。

 「IBM Bluemixの概要」紹介ビデオ

・SalesforceのEinstein

 Salesforceは、2013年から、2016年に、AI技術やベンダの買収に力を入れており、10億ドル以上を支出し、Einsteinとして知られる、AIプラットフォームとソリューションを確立した。

 最も大きな買収は、データ・リカバリのBeyondCore、深層学習のMetaMind、マシン学習のPredictionIOの3社である。

 Salesforceは、昨年、さまざまなクラウド・プラットフォームに、Einsteinサービスを提供してきた。

 これらには、Lead Scoring(Sales Cloud)、Social Insights(Marketing Cloud)、および、Discovery(Analytics Cloud)といった、ソリューションが含まれる。

 画像認識や感情分析を、任意のアプリに追加するための、プラットフォーム・サービスもある。

・OracleのAIA

 Oracleは、昨年、Einsteinに似た、クラウド・プラットフォーム、Adaptive Intelligent Apps(AIA)を発表した。

 AIAは、既存のOracle ERP、CRM、マーケティング、人事管理アプリに、価値を付加することを支援することができる。

 Oracleは、Crosswise、Datalogix、Bluekai、および、AddThisを買収し、Data Cloud上に、AIAの多くの基礎を築いた。

 これらのベンダは、Oracle ERP内で分析法を増大させるために、数10億の顧客データ・ポイントへのアクセスを、Oracleのユーザに与えている。

・AWS、Google、および、Microsoft

 ビジネス・アプリ・ベンダ間の活動が激しくなっているにも関わらず、主なクラウド・プロバイダにより構築されている、AIプラットフォームは、企業が、AIサービスで。長期的に生き残る上でのカギになる。

 AWS、Google、および、Microsoftと、IBMは、すべて、画像認識といった、AIサービスを提供しているが、より重要なものは、データ・サイエンティストや開発者が、カスタム・アプリのための、マシン学習モデルを作成するのに利用できる、エンジンである。

 クラウド・ベンダからの、AIサービス消費の主な利点は、AIトレーニングを実行するために、コンピュート・パワーを持ち、クラウドにおける、大量のデータへのアクセスを持つことである。

 ITサービスに関して、覚えておくべき最後のことは、人間のような推論と対話を伴う、真のAIはないということである。

 これらは、既存のプロセスを最適化し、自動化できる、ヘルパー・アプリである。

 AIが、ベンダと、その顧客のボトムラインに有意義な影響を及ぼすためには、時間と、多くの革新的なユースケースが必要になる。

 ベストセラーのアプライアンス

Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(3) '17.07.21

【Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(3)】 '17.07.21

 Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。 2017年5月22日

 By disruptive

 「モバイル・ファーストから、AIファーストへ」

Dis3_2
 Googleは、I/O年次開発者コンファレンスの基調講演で、できるだけ多くのデータを収集して、分類しながら、ユーザへの関与を維持するために、エコシステムを確立し、ビジュアル検索機能を改善していくことを強調した。

 Googleは、この基調講演において、現在、行われている、あらゆることに、同社の優れた専門知識を実装していくことを紹介した。

   (続き)

3.Android O

 Googleは、Androidオペレーティング・システムの次版である、Android Oを含む、現在の製品やサービスの、アップデートを提供する。

1)Androidのアップデート

 多くのユーザが、スマートフォンなど、複数のモバイル・デバイスを所有しており、世界には、アクティブなAndroidベースのモバイル・デバイスは、現在、20億台以上あるといわれている。

 これは、ブラジルなどの、多くの新興市場でも見られる傾向である。

 しかし、Googleのアプリやサービスを利用する、ユーザ数が多い程、Googleに、広告料、サービスやコンテンツの使用料などの、収益が増えるため、ユーザ数を増やすことが、Googleにとって重要である。

 現在、モバイル・デバイスの、世界のユーザ数は、AppleのiOSベースのモバイル・デバイスのユーザを含め、10億人近いようだ。

 AndroidのOSシェアは、65%近くあるので、Androidベースのモバイル・デバイスの世界のユーザ数は、6億5000万人近くあるだろう。

 世界のモバイル・デバイスにおける、iOSのOSシェアは、33%であり、Windows PhoneのOSシェアは、1%である。

2)Android Go

 Android Goは、手頃な価格の、ローエンドのスマートフォンを、より多くのユーザに、普及させることに取り組んで失敗した、Android Oneプロジェクトの再展開である。

 Android Goは、512MBのRAMを搭載した、ローエンドのモバイル・デバイス向けに、最適化された方法で実行する、Android Oのスモール・フットプリント版のOSのようだ。

 重要なのは、Android Goに、モバイル・デバイスで、使用するデータを、完全に制御できるだけでなく、データの使用量を節約できることに、重点を置いた機能が、追加されていることである。

 低所得層のユーザにとっても、モバイル・デバイスで使用するデータは、通貨のように、重要な存在になっており、ユーザは、使用するデータを、セキュアに制御できるなることを望んでいる。

 Android Goは、モバイル・デバイスのメーカにとって、極めて制限的だった、Android Oneよりも、遥かに良い提案のように見える。

4.AI技術の展開

 今回の、I/Oイベントは、最もエキサイティングなものではないが、Googleの見通しに、最も大きな影響を与えるのはAI技術の展開だろう。

 Googleは、同社のAI技術を、文脈に依存した、テキスト検索サービス、画像認識、画像検索サービス、デジタル・アシスタント、自動運転、音声認識、自然言語処理、自動翻訳、顔認識、表情認識など、あらゆる分野に組み込み、より直感的なサービスを提供している。

 Googleは、これにより、ユーザを増やし、広告料、サービスやコンテンツの使用料などで、売上が伸びることを期待している。

 ベストセラーのアプライアンス

Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(2) '17.07.21

【Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(2)】'17.07.21

 Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。 2017年5月22


 モバイル・ファーストから、AIファーストへ

Dis3
 By disruptive

 Googleは、I/O年次開発者コンファレンスの基調講演で、できるだけ多くのデータを収集して、分類しながら、ユーザへの関与を維持するために、エコシステムを確立し、ビジュアル検索機能を改善していくことを強調した。

 Googleは、この基調講演において、現在、行われている、あらゆることに、同社の優れた専門知識を実装していくことを紹介した。

   (続き)

2.AutoML:

 AutoMLは、Google.aiイニシアティブ内の、研究プロジェクトであり、すべてが特定の作業のために訓練されている、大きなグループのニューラル・ネットワークから、最良のものを選択することができる、ニューラル・ネットワークである。

 Googleは、AutoMLの詳細を、ほとんど、明らかにしていないが、これまでの成果が奨励されていると述べた。

 AutoMLは、Googleが、マシンが独自に、AIモデルを構築できるようにするための、第1歩になる、同社にとって、極めて重要な開発である。

 今日の、AIモデルを構築することは、大量の時間とプロセシング能力を必要とする作業であるが、これは主に、手作業で行われ、非常に高価である。

 マシンが、独自のAIモデルを構築して、学習し、訓練できるなら、開発のスピードだけでなく、AIに実行を依頼できる、スコープ作業に関して、全く新しい可能性が開かれてくる。

 顧客の過去の購買履歴を分析する手法である、RFM(Recency、Frequency、Monetary)分析は、AIの主要な課題の1つとして、自動モデルの構築を強調している。

 RFM分析における、Googleの進歩は、同社の競合他社との差別化を意味している。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(3) '17.07.21

【Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(3)】 '17.07.21

 Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、10種類の多機能デバイス 2017年7月19日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、Amazon以外のベンダにより、作成された、10種類の多機能デバイスを紹介する。

   (続き)

7.Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーが、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

Eweek17
 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーは、Android 5.0以降を搭載した、スマートフォンをセットして使用することができる。

 Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーにセットした、スマートフォンで、ZeroTouchアプリを起動することにより、ドライバーや乗客は、車で移動中に、Alexaデバイス・アシスタントを通して、音声コマンドで、カーナビに問い合わせたり、電話を受けたり、予定を確認したり、ニュースをチェックしたり、できるようになる。

 このスマートフォンをセットして使用するタイプの、Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーは、現在、音楽ストリーミングや、Alexaのコーリングとメッセージングをサポートしていない。

 「車載用スマートフォン・ホルダー、Logitech ZeroTouchの紹介」ビデオ

8.Fabriqは、Bluetoothスピーカで、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

Eweek18
 Fabriqは、ハイエンドで、高価格のSonosスピーカの代替である。

 このBluetoothスピーカは、 BluetoothかWiFi経由で、音楽ソースに接続し、部屋に置いて、音楽を楽しむことができる。

 各Bluetoothスピーカで、各部屋のユーザは、Alexaデバイス・アシスタントを通して、音声コマンドで、それぞれ、異なった音楽を再生したり、サウンド・トラックを同期させたり、することができる。

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、FabriqのBluetoothスピーカは、ユーザが、音声コマンドで、異なった音楽サービスを要求したり、スマート・ホーム・デバイスを制御したり、できるようにする。

9.DiminutiveのJam Voiceスピーカが、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

Eweek19
 Jam Voiceスピーカは、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、小さなデバイス製品の1つである。

 この小型のポータブル・スピーカは、側面にコントローラがあり、ユーザは、音楽の再生を管理したり、Bluetooth経由で、他のデバイスへ接続したり、することができる。

 競合する、AmazonのEchoスピーカと同様に、ユーザは、Jam Voiceスピーカでサポートされた、Alexaデバイス・アシスタントを通して、音声コマンドで、他のスマート・ホーム・デバイスを制御したり、音楽を再生したり、Webを検索したり、することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月20日 (木)

Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(2) '17.07.20

【Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(2)】 '17.07.20

 Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、10種類の多機能デバイス 2017年7月19日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、Amazon以外のベンダにより、作成された、10種類の多機能デバイスを紹介する。

   (続き)

4.Vobotは、Alexaデジタル・アシスタントを、目覚まし時計にもたらす。

Eweek14
 Vobotと呼ばれる、小さなベンダは、スマートな目覚まし時計で、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

 ユーザは、起床する時に、アラーム音を出す、目覚まし時計を、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、セットすることができる。

 この目覚まし時計は、ユーザが、起床するときに、アラームの代わりに、ニュースを流すこともできる。

 ユーザは、この目覚まし時計でサポートした、Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、照明を制御したり、他のスマート・ホーム・デバイスを管理したりできるようになる。

5.Guessは、スマート・ウォッチで、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした。

Eweek15
 Guessは、Alexaデジタル・アシスタントをサポートし、統合した、数少ない、スマート・ウォッチ・メーカの1社である。

 ユーザは、Connectスマート・ウォッチをタップすることで、Alexaデジタル・アシスタントを起動し、Alexaデジタル・アシスタントを通した、音声コマンドで、ニュースを聞いたり、3rdパーティのアプリやスキルを使用したり、カレンダーに予定を記入したり、できるようになる。

6.InvoxiaのAlexaデジタル・アシスタントをサポートした、Bluetoothスピーカは、昔のラジオのように見える。

Eweek16
 Invoxiaは、Amazon Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、昔のラジオのようなデザインの、ポータブルな、Bluetoothスピーカを提供する。

 Alexaデジタル・アシスタントを通して、ユーザは、音声コマンドで、SpotifyやAmazon Musicといった、聴きたい、音楽サービスを選択し、利用することができる。

 また、ユーザは、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、質問をしたり、他のスマート・ホーム・デバイスを制御したり、できるようになる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(1) '17.07.20

【Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、多機能デバイス(1)】 '17.07.20

 Alexaをサポートした、Amazonにより、作成されていない、10種類の多機能デバイス 2017年7月19日

 Amazon Alexaデジタル・アシスタントをサポートし、市場で既に提供されている、3rdパーティのスマート・ホーム・デバイスが増えている。

Eweek10
 By Don Reisinger、eWEEK

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートする、Amazon以外のベンダにより、作成された、10種類の多機能デバイスを紹介する。

 Verto Analyticsの調査会社によると、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントをサポートした、多機能デバイスは、これまでの1年間で、急増したという。

 Amazonは、Echoスピーカの製品ラインを拡張し、Echo ShowやEcho Lookといった、製品を追加した。

 しかし、Alexaデジタル・アシスタントは、Amazon以外のベンダにより作成された、多くの多機能デバイス製品でも、サポートされている。

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、これらの多機能デバイスのいくつかは、ユーザを、より生産的にする、効果的な機能を持っており、スマート・ホームを、よりスマートにする。

 Alexaデジタル・アシスタントは、家庭やオフィスにおいてだけでなく、車で移動中にも、利用され、役に立つようになる。

 例えば、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、Logitech ZeroTouchと呼ばれる、車載用スマートフォン・ホルダーに、スマートフォンをセットして、ドライバーや乗客が、車で移動中に、音声コマンドで、カーナビに問い合わせたり、好きな音楽を聴いたり、ニュースをチェックしたり、できるようになる。

 ファッション・デザイナー、Guess氏は、Alexaデジタル・アシスタントを、スマート・ウォッチで、サポートした。

 eWEEKは、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、10種類の多機能デバイスを紹介する。

1.音声コマンドで、Ecobee 4サーモスタットを制御し、屋内の温度を制御する。

Eweek11
 スマート・ホーム・ベンダ、Ecobeeは、Ecobee4と呼ばれる、Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、サーモスタットを提供している。

 このEcobee4と呼ばれる、スマート・ホーム・デバイスは、音声コマンドで、屋内の温度やエアコンを制御でき、ユーザの行動を学習し、ユーザの快適な温度に、維持できるようにする。

 Alexaデジタル・アシスタントをサポートした、Ecobee 4サーモスタットを通して、ユーザは、音声コマンドで、温度を調整したり、タイマーをセットしたり、できるようになる。

2.Huawei Mate 9スマートフォンは、Alexaデジタル・アシスタントをサポートする。

Eweek12
 中国のHuaweiは、大きなスクリーンを持つ、Androidベースの、Huawei Mate 9スマートフォンで、Amazon Alexaデジタル・アシスタントをサポートする。

 ユーザは、スマートフォンに組み込まれた、Alexaデジタル・アシスタントを通して、スマート・ホームを制御したり、カレンダーに予定を記入したり、スポーツの試合のスコアを確認したりできるようになる。

3.Cowin DiDaのBluetoothスピーカは、Alexaデバイス・アシスタントをサポートしている。

Eweek13
 Bluetoothスピーカを探している、ユーザは、Alexaデバイス・アシスタントをサポートした、Cowin DiDaのBluetoothスピーカを、一見する価値がある。

 スマートフォン、タブレット、および、他のデバイスに接続できる、このCowin DiDaのBluetoothスピーカは、音声コマンドで、多くのソースから、音楽を再生することができる。

 Alexaデジタル・アシスタントのサポートした、Cowin DiDaのBluetoothスピーカで、ユーザは、音声コマンドで、音楽サービスを利用したり、ニュースを確認したり、ピザを注文したりできるようになる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(1) '17.07.20

【Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。(1)】 '17.07.20

 Googleは、AI技術を、あらゆるものに組み込むことで、先を見据えている。2017年5月22日

 By disruptive

 モバイル・ファーストから、AIファーストへ
Dis3
 Googleは、I/O年次開発者コンファレンスの基調講演で、できるだけ多くのデータを収集して、分類しながら、ユーザへの関与を維持するために、エコシステムを確立し、ビジュアル検索機能を改善していくことを強調した。

 Googleは、この基調講演で、現在、行われている、あらゆることに、同社の優れた専門知識を実装していくことを紹介した。

1.Google Lens:

 他にも、Google Lensのような、スマートフォンのカメラで捉えた映像のなかにある物体を認識し、それに関する情報を検索し、ユーザに提示する、ビジュアル検索技術を発表している、ベンダもいるが、GoogleのGoogle Lensビジュル検索技術は、より適切に動作すると思われる。

 Google Lensビジュアル検索技術は、スマートフォンのカメラで捉えた映像のなかにある物体を認識し、関連する情報を検索するして、ユーザに提示する。

 ユーザは、興味のあるオブジェクトを、スマートフォンのカメラで撮影することにより、自分たちの周囲にあるオブジェクトに関連した情報を取得でき、適切な行動を取れるようになる。

 例えば、特定のレストランや、ショーのチケットなどの、価格に関するレビューを探しているユーザは、スマートフォンのカメラを使用して、レストランの看板や、イベントのポスターなどを撮影することで、それらに関連した情報を取得できるようになる。

 Google Lensビジュアル検索技術は、ある場所の歴史や背景から、他のユーザが、レストランやお店に与えた評価まで、さまざまな情報を検索し、ユーザに提示する。

 他ベンダのビジュアル検索技術は、オブジェクトを識別する能力だけでなく、そのオブジェクトに関する関連情報を、検索して、掘り出す能力にも欠けている。

 これは、他ベンダが使用している、AI技術が、ビジュアル検索技術に供給する能力が、GoogleのAI技術ほど、進んでいないからである。

 このGoogle Lensビジュアル検索機能は、Googleのすべてのプロパティと、関連づけられ、写真アプリや、地図サービス、拡張現実(AR)アプリなど、Googleの、他のさまざまなアプリやサービスに組み込まれていくようだ。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由(3) '17.07.20

【現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由(3)】 '17.07.20

 現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由  2017年7月18日

 By Don Reisinger、eWEEK

 近年、人々が、スマートフォンを、コミュニケーションやコンピューティング用の、主なモバイル・デバイスとして使用するようになったので、世界で、スマートフォンの出荷台数が、急激に増加してきた。

   (続き)

7.スマートフォンの指紋認識スキャナが、進化している。

Eweek17
 代表的なスマートフォン・メーカは、スマートフォンに、指紋認識スキャナーを実装し、セキュリティ技術で、差別化を試みている。

 OnePlusといった、何社かの、スマートフォン・メーカは、ホーム・ボタンに、従来のセンサーを持つ、スマートフォンを提供しており、Samsungといった、何社かのベンダのスマートフォンは、デュアル・レンズのカメラを搭載している。

 Appleなどの他のベンダは、センサーを画面に焼き付けている。

 しかし、これらのスマートフォンの、それぞれのデザインには、利点もあれば、欠点もある。

 指紋センサーは、ヘビー・ユーザ向けの、スマートフォンの機能の1つなので、次期iPhoneスマートフォンの、スクリーン・ベースのオプションが、どのように機能するのかを、見て確認する価値があるだろう。

8.スマートフォンのアップデートは、画期的ではない。

Eweek18
 現在のスマートフォンに満足している人は、コストがかかるが、昨年のモデルに比べて、マイナーなアップデートを提供するデバイスにアップグレードするのではなく、それらに固執する、妥当な議論をすることができる。

 2018年に、スマートフォンの技術トレンドに、大きな変化が起こるという、いくつかの報告もある。

9.ハイエンド・スマートフォンの、高い販売価格は、まだ問題である。

Eweek19
 予算のあるユーザは、今年、新しいハイエンドのスマートフォンを購入することについて、考えがちである。

 しかし、AppleのiPhoneスマートフォンは、高価であり、販売価格が、1000ドル以上になると噂する、レポートもある。

 SamsungのGalaxy S8+スマートフォンの販売価格は、850ドルであるが、2017年9月に出荷が開始される予定の、Galaxy Note 8スマートフォンの販売価格は、1000ドル以上になるという噂もある。

 通信事業者は、時間の経過とともに、これらのスマートフォンをサポートした、支払いプランの契約を提供しているが、ユーザは、このような契約に固執するかどうかを決定する必要があるかもしれない。

10.IFA Tech Showが、2017年9月に、ドイツで開催される。

Eweek110
 2017年9月には、テクノロジー業界のベンダが、IFAでドイツに集まり、今年の後半と、2018年に向けて、この業界の最大手の企業の何社かが、モバイル・プランについて、話し合いを行う予定である。

 テクノロジー業界の企業が、主要な業界イベント、IFA Tech Showで、スマートフォンの将来計画を紹介する前に、ユーザは、先進機能を追求した、スマートフォンを購入すべきではないだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月19日 (水)

現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由(2) '17.07.19

【現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由(2)】 '17.07.19

 現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由 2017年7月18日

 By Don Reisinger、eWEEK

 近年、人々が、スマートフォンを、コミュニケーションやコンピューティング用の、主なモバイル・デバイスとして使用するようになったので、世界で、スマートフォンの出荷台数が、急激に増加してきた。

   (続き)

4.LGは、次の最高級のスマートフォンを提供する。

Eweek14
 LGのスマートフォンのファンは、2017年8月に出荷される予定の、LGの新たな最高級スマートフォン、LG V30が販売されるまで、待つとよいだろう。

Lg30
 このLG V30スマートフォンは、大きなスクリーンを持ち、Qualcomm Snapdragon 835プロセッサを搭載し、十分なメモリと、ストレージ空間を提供し、デュアル・レンズのカメラを持っている。

 このLG V30スマートフォンは、同社の現在の、高級スマートフォン、G6よりも、さらに優れた仕様になっている。

5.Essential Phoneスマートフォンが、出荷されるまで待つことも考えよう。

Eweek15
 Androidオペレーティング・システムの生みの親、Andy Rubin氏が設立した、Essentialは、2017年初めに、最新のハイエンド・スマートフォン、Essential Phoneを発表した。

 このスマートフォン、Essential Phoneは、2017年の、最も万能なスマートフォンになるかもしれない。

 このEssential Phoneスマートフォンは、5.7インチのスクリーンと、優れたデザインを特徴としている。

 このEssential Phoneスマートフォンは、Qualcomm Snapdragon 835プロセッサを搭載し、高速なバッテリー充電を可能にし、大きな容量のバッテリーを持っている。

 このEssential Phoneスマートフォンは、2017年後半に出荷される、より興味深い、スマートフォンの1つである。

6.Google Pixelスマートフォンは、リフレッシュされる。

Eweek16
 Google Pixelスマートフォンを購入することは、悪い考えではない。

 Googleは、LGと提携し、Pixelスマートフォンの後継機として、Pixel 2とPixel XL 2と呼ばれる、スマートフォンを提供する。

 これらのPixelスマートフォンは、本体のほぼ全体を覆う、スクリーンを持ち、Qualcomm Snapdragon 835プロセッサを搭載している。

 Google Pixel 2スマートフォンは、最初に、Android Oオペレーティング・システムを搭載する、スマートフォンになることが期待されている。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由(1) '17.07.19

【現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由(1)】 '17.07.19

 現在が、スマートフォンを購入するのに、適した時ではない、10の理由 2017年7月18日

 2017年の秋までに、いくつかの、新たなスマートフォンが、提供されることが予定されている。

Eweek10
 By Don Reisinger、eWEEK

 近年、人々が、スマートフォンを、コミュニケーションやコンピューティング用の、主なモバイル・デバイスとして使用するようになったので、世界で、スマートフォンの出荷台数が、急激に増加してきた。

 Appleや、Androidベースのスマートフォンのメーカが、さまざまなスマートフォンを提供している。

 ユーザは、秋に、新たなモデルが登場するのを待っているので、今は、スマートフォンを購入するのに、最もよくない時期だと思っている。

 Appleは、新たなiPhoneスマートフォンを、2017年9月に発売する予定である。

 Samsungは、大きなスクリーンを持つ、Galaxy Note 8スマートフォンを、数週間後に、提供すると発表した。

 LG V30スマートフォンといった、他のモデルは、まもなく登場するだろう。

 現在、販売されている、魅力的なスマートフォンもあるので、ユーザは、新たに登場する、スマートフォンを待つべきか、悩むだろう。

1.新たなiPhoneスマートフォンが、登場する。

Eweek11
 今は、新たなiPhoneスマートフォンを購入するのに、最悪の時の1つかも知れない。

 Appleによると、2017年に、OLEDスクリーンや、ガラスのシャーシを持つ、新たなデザインを特徴とした、3種類の新しいiPhoneスマートフォンを提供するという。

 Appleは、これら3種類のiPhoneスマートフォンを、2017年9月に正式に発表し、秋に出荷を開始することを予定している。

 ユーザは、Appleが、2017年9月に正式に発表する、新たなiPhoneスマートフォンを見てから、新たに購入する、スマートフォンを決定するのがよいだろう。

2.ユーザは、Android Oを搭載した、スマートフォンを待つべきだろうか?

Eweek12
 Googleは、2017年後半に、Android Oと呼ばれる、モバイル・オペレーティング・システムの最新版の提供を開始する。

 しかし、この最新版の、Android Oオペレーティング・システムを搭載した、スマートフォンが、いつ頃、提供されるか、現在、明らかになっていない。

 Androidベースのスマートフォンの購入を考えている、ユーザは、最新版の、Android Oオペレーティング・システムを搭載した、スマートフォンが、提供されるのを待つのも良いだろう。

3.Samsungは、新たにアップデートした、Galaxy Note 8スマートフォンを提供する。

Eweek13
 Samsungは、これから数週間後に、Galaxy Note 8スマートフォンを、リリースする。

 このGalaxy Note 8スマートフォンは、2017年8月に発表され、9月に出荷が開始されることが噂されている。

 このGalaxy Note 8スマートフォンには、いくつかの大きなアップデートが行われており、より優れたカメラが搭載されている。

 ユーザは、Samsungが、秋に提供する、Galaxy Note 8スマートフォンを見てから、購入する、新しいスマートフォンを決定するとよいだろう。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

あなたのビジネス・コンテンツが、将来のビジネスセンスを高める理由(3) '17.07.19

【あなたのビジネス・コンテンツが、将来のビジネスセンスを高める理由(3)】 '17.07.19

 あなたのコンテンツが、将来のビジネスセンスを高める理由  2017年6月14日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 理解していないかも知れないが、ビジネス・コンテンツには、極めて高い価値がある。

 ビジネス・コンテンツは、ユーザの獲得、ブランドの認知度の向上、売上の向上など、重要なビジネス目標の達成を促す、資産になる。

 ビジネス・コンテンツを制作する場合、優れた投資効果を得るには、利用しやすく、検索しやすく、見つけやすくなるよう、コンテンツを最適化する必要がある。

 eWEEKは、Data Conversion Laboratory(DCL)の社長、Mark Gross氏の業界情報を使用して、どのように、ビジネス・コンテンツを、構造化されたデジタル形式に変換すべきかを紹介する。

   (続き)

8.ステップ4:QAレビュー

Eweek58

 十分に計画され、実施された、ビジネス・コンテンツのデジタル変換であっても、デジタル変換の成功を検証するには、徹底した品質のチェックが不可欠である。

コンテンツのデジタル変換の品質のチェックの多くは、自動化できるので、時間を節約し、各項目を手動でチェックすることに関連する、問題は軽減される。

9.将来のコンテンツは、検索が可能で、容易にアクセスできなければならない。

Eweek59
 スマートな、コンテンツのデジタル変換戦略を実施し、最も価値の高いコンテンツを、構造化されたデジタル形式に変換することで、コンテンツは、容易に検索できるようになり、見つけやすく、容易に利用できるようになる。

 ビジネス・コンテンツをデジタル変換することで、企業は、将来、コンテンツを有効に利用できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

あなたのビジネス・コンテンツが、将来のビジネスセンスを高める理由(2) '17.07.19

【あなたのビジネス・コンテンツが、将来のビジネスセンスを高める理由(2)】 '17.07.19

 あなたのコンテンツが、将来のビジネスセンスを高める理由  2017年6月14日

By Chris Preimesberger、eWEEK

 理解していないかも知れないが、ビジネス・コンテンツには、極めて高い価値がある。

 ビジネス・コンテンツは、ユーザの獲得、ブランドの認知度の向上、売上の向上など、重要なビジネス目標の達成を促す、資産になる。

 ビジネス・コンテンツを制作する場合、優れた投資効果を得るには、利用しやすく、検索しやすく、見つけやすくなるよう、コンテンツを最適化する必要がある。

 eWEEKは、Data Conversion Laboratory(DCL)の社長、Mark Gross氏の業界情報を使用して、どのように、ビジネス・コンテンツを、構造化されたデジタル形式に変換すべきかを紹介する。

  (続き)

4.ビジネス・コンテンツのデジタル変換戦略を構築する。

 ビジネス・コンテンツのデジタル変換戦略の計画に、時間を費やすことで、より多くの時間やリソースを、節約できるようになる。

Eweek54
 ビジネス・コンテンツのデジタル変換戦略を立てるのに費やす時間が、長くなればなるほど、遅れを取ることになる。

 最終的に、デジタル変換戦略を立てるのに費やす、資金を節約できるようになる。

 次に、ビジネス・コンテンツの変換戦略を構築するための、基本的な4つの手順を説明する。

5.ステップ1:分析

 使用されるべき、ビジネス・コンテンツが、どれぐらい重要であるかを、分析する。

Eweek55
 あなたが所有している、ビジネス・コンテンツの目録を作成し、その再利用の可能性を決定する。

 あなたは、デジタル変換すべき、最も重要なコンテンツを特定してから、このコンテンツが、どのように使用されるか、自問しなければならない。

6.ステップ2:最適化

 ビジネス・コンテンツをデジタル変換する前に、コンテンツを整理しよう。

Eweek56
 「無意味なデータをコンピュータに入力すると、無意味なデータが返される。」という考え方がある。

 これは確かに、ビジネス・コンテンツをデジタル変換するときに適用される、考え方である。

 ビジネス・コンテンツをデジタル変換する前に、コンテンツを整理しよう。

 ビジネス・コンテンツのデジタル変換を実施するには、多くの方法があるが、まず第一に、冗長性を排除することである。

7.ステップ3:自動化

 手作業による、人的ミスの数を低減させるために、デジタル変換のプロセスを、自動化しよう。
Eweek57
 人的ミスを減らすために、自動化することは、コンテンツ変換プロジェクトを成功させるための、長い道のりになるだろう。

 コンテンツのデジタル変換のプロセスを自動化することにより、コンテンツに触れなければならない、人の数が削減され、手動による、人的ミスの数が大幅に削減される。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

あなたのビジネス・コンテンツが、将来のビジネスセンスを高める理由(1) '17.07.19

【あなたのビジネス・コンテンツが、将来のビジネスセンスを高める理由 (1)】 '17.07.19

 ビジネス・コンテンツを制作する場合、優れた投資効果を得るには、利用しやすく、検索しやすく、見つけやすくなるよう、コンテンツを最適化する必要がある。 2017年6月14日

Eweek50
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 理解していないかも知れないが、ビジネス・コンテンツには、極めて高い価値がある。

 ビジネス・コンテンツは、ユーザの獲得、ブランドの認知度の向上、売上の向上など、重要なビジネス目標の達成を促す、資産になる。

 場合により、あなたは、ビジネス・コンテンツの制作費を支払うことになる。

 ビジネス・コンテンツの制作を外部のクリエータに委託する場合でも、内部で制作する場合でも、ビジネス・コンテンツの制作には、時間、コスト、リソースを費やす必要がある。

 ビジネス・コンテンツを制作する場合、優れた投資効果を得るには、利用しやすく、検索しやすく、見つけやすくなるよう、コンテンツを最適化する必要がある。

 eWEEKは、Data Conversion Laboratory(DCL)の社長、Mark Gross氏の業界情報を使用して、どのように、ビジネス・コンテンツを、構造化されたデジタル形式に変換すべきかを紹介する。

 Mark Gross氏は、XML実装や、ドキュメント変換の権威である。

1.ビジネス・コンテンツを変換することの重要性は何か?

 ビジネス・コンテンツの変換における、最初のステップは、構造化デジタル形式に、変換することである。

Eweek51
 印刷されたコンテンツや、他の非構造化形式のコンテンツ(PDFなど)から、構造化されたデジタル形式のコンテンツ(XML)に、変換することは、今日の消費者の行動に対し、ビジネス・コンテンツを最適化するための、重要な最初のステップである。

 これを行うことの目標は、ビジネス・コンテンツの未来を守ることである。

2.あなたのビジネス・コンテンツは、構造化されたデジタル形式に変換できるか?

 ビジネス・コンテンツを、構造化されたデジタル形式に、変換できるようにする。

Eweek52
 消費者は、さまざまな技術を使用して、さまざまな方法で、さまざまな形式のコンテンツを利用している。

 スマートフォンやタブレットから、デスクトップPCや、スマートTVまで、コンテンツの検索方法、配信方法、表示方法、および、利用方法は、進化している。

 あなたのビジネス・コンテンツは、さまざまな方法や形式で、検索され、配信され、表示され、利用されるよう、対応されているか?

3.ビジネス・コンテンツの変換戦略を持つ。

 ビジネス・コンテンツを、構造化されたデジタル形式に変換する方法に、明確な戦略を持つ。

Eweek53
 戦術のない戦略、および、戦略のない戦術では、ビジネス・コンテンツで、効果的なマーケティングを実施し、顧客を獲得することはできないだろう。

 これは、コンテンツが、ビジネスに適用される場合や、具体的に、コンテンツに対する戦略のメリットがある場合に、当てはまる。

 明確な目標や戦略を持つことなく、ビジネス・コンテンツの制作を開始してはいけない。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月18日 (火)

マーケッタは、デジタルな成熟に達するために、克服する必要があること。 '17.07.18

【マーケッタは、デジタルな成熟に達するために、克服する必要があること。】'17.07.18

 デジタルな戦略を改善し、革新し、成熟させることが、依然として課題になっている。2017年7月14日

 By eMarketer

 MIT Sloan Management Reviewのデータによると、多くの役員や管理者は、企業が、デジタルな成熟を促すことに、いくつかの段階があることを知っている。

グラフ1)Executives/Managers Worldwide, Fall 2016レポートによる、企業が、デジタルな成熟を促すために必要なことの、トップ3

1.デジタル戦略と革新を改善する。: 39%

2.より強力な才能モデル(リクルート、管理、開発)を開発する。: 23%

3.デジタル能力(クラウド、分析など)を、より良く、開発し、展開する。: 13%

 ソース:MIT Sloan Management Review、2017年7月13日

Em2a
 何が、企業を、デジタルに成長させるのだろう?

 Sloan/Deloitteレポートによると、企業は、労働力を組織し、開発する方法において、システマティックな変化を展開しているという。

 デジタルに成熟していない企業とは異なり、長期的に焦点を合わせ、よりデジタルに成熟した、アプローチを取る、企業は、今後、5年後に、どのように、デジタルを成熟させていくかを模索している。

 デジタル戦略が、デジタルな成熟を導くために、誰が、必要なビジョンや、適切な能力を持っているかを確かにする。

 しかし、多くのマーケッタの能力は、これらの分野において、不足している。

・企業の役員や管理者の40%近くは、自分たちの企業が、デジタルな戦略や革新を改善する必要があるという。

・企業の役員や管理者の23%は、自分たちの企業が、より強力な才能モデルを開発し、より良い人たちを採用する必要があるという。

・企業の役員や管理者の13%は、これらの企業が、クラウドや分析といった、デジタルな能力を、より良く開発し、展開する必要があるという。

 企業の役員や管理者によると、企業は、デジタル戦略を推進するための、組織を作成しているという。

グラフ2)Executives/Managers Worldwide, Fall 2016レポートによる、役員や管理者の、デジタル・ビジネスにおける課題、トップ3

1.デジタルなトレンドと、企業への影響の理解が、不足している。 : 22%

2.デジタル戦略を展開する方向への理解が、不足している。 : 13%

3.デジタルな変化に対して、抵抗している。 : 11%

 ソース:MIT Sloan Management Review、2017年7月13日

Em2b
 他の二つの批判が、言及したのは、デジタル戦略を展開する方向への理解不足と、デジタルな変化への抵抗である。

 これらのハードルにも関わらず、殆どのマーケッタは、企業の競争力を維持するために、デジタルな変革が必要だと感じている。

 ベストセラーのアプライアンス

米国で、多くの人は、スマート・ホーム技術に、あまり興味を持っていない。 '17.07.18

【米国で、多くの人は、スマート・ホーム技術に、あまり興味を持っていない。】 '17.07.18

 米国のインターネット・ユーザの回答者の、70%以上は、スマート・ホーム技術の利点を、あまり理解しておらず、興味も持っていない。2017年7月13日

 By eMarketer

 スマート・ホームは、自分たちの家庭を管理するのを助ける、さまざまな技術的ソリューションを提供する。

 米国の消費者は、まだ、インターネットに接続された、スマート・ホームの、潜在的な利点を、まだ、理解して、取り入れていないように見える。

 2017年5月の、Hiveの調査によると、米国のインターネット・ユーザの、10人に8人以上は、スマート・ホーム技術の考え方に、馴染んでいないと回答した。

 Hiveの調査によると、米国のインターネット・ユーザの42%は、スマート・ホーム技術が、自分たちの暮らしを、便利にする方法を、あまり理解していないことが分かった。

 2017年5月に、Hiveは、米国のインターネット・ユーザを対象に、どれぐらい、スマート・ホーム技術を理解しているかに関する、アンケート調査を実施した。

グラフ1)米国のインターネット・ユーザで、スマート・ホーム技術を理解している、レベルごとの割合(%)

・スマート・ホーム技術を、聞いたことがあり、日常の生活を、より便利にする方法を、よく理解している。: 24%

・スマート・ホーム技術を、聞いたことがあり、日常の生活を、より便利にする方法を、少し理解している。: 42%

・スマート・ホーム技術を、聞いたことはあるが、日常の生活を、より便利にする方法を、まったく理解していない。: 16%

・スマート・ホーム技術を、まったく、聞いたことがない。: 18%

 ソース:Hive、2017年6月12日

Em1
 さらに、回答者の16%は、スマート・ホーム技術を、聞いたことがあるが、この技術が、何の利点をもたらしているのか、理解していないという。

・米国のインターネット・ユーザの24%が、スマート・ホームの、ポジティブな観点を、より良く理解していると回答した。

・米国のインターネット・ユーザの18%が、スマート・ホームの概念を、まったく聞いたことがないと回答した。

・米国のインターネット・ユーザの91%が、スマート・ホームのような技術に、支出することに対する、優先順位を低くしていると回答した。

・米国のインターネット・ユーザの79%が、スマート・ホームに、必要な機能を、導入、もしくは、設置するために、専門家を必要としていることを心配していると回答した。

 スマート・ホーム・デバイスを使用しないときに、リモートに制御する能力といった、いくつかのスマート・ホームの機能は、消費電力を低減させることに貢献するが、この理由だけでは、米国の消費者が、スマート・ホーム・デバイスの導入を説得するには、不十分である。

 ベストセラーのアプライアンス

新たな、Microsoft PowerPointアドインは、リアルタイムに翻訳する。 '17.07.18

【新たな、Microsoft PowerPointアドインは、リアルタイムに翻訳する。】'17.07.18

 Microsoft PowePointの新たなアドインは、プレゼンテータが、聴衆に合わせて、適切な言語を選択することで、プレゼンテータの発言を、リアルタイムに翻訳し、プレゼンテーションの字幕として表示する。 2017年7月14日

Eweek1
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftは、PowerPointで、プレゼンテーションを行っている、プレゼンテータの発言を、リアルタイムに翻訳し、プレゼンテーションの字幕として、表示できるようにする、Presentation Translatorと呼ばれる、Officeアドインを提供することで、多言語の視聴者や聴覚障害者が、読めるようにしたいと考えている。

 Microsoftの実験アプリ部門、Microsoft Garageは、プレゼンテーション・ツール、PowerPointの、Windows版用のOfficeアドイン、Presentation Translatorをリリースした。

 このPresentation Translatorと呼ばれる、Officeアドインは、プレゼンテータの発言を、リアルタイムに翻訳し、ライブで、プレゼンテーションの字幕として表示できるようにする、翻訳サービスを提供する。

 この翻訳サービスは、OfficeアドインのMicrosoft Translator、AI対応APIの集合、および、MicrosoftのCognitive Servicesスレートにより、提供される。

 プレゼンテーション中に、Microsoft Translatorは、プレゼンテータの発言を、Microsoft Skypeのリアルタイム翻訳機能と同じ様に、10種類以上の国の言語のいずれかに翻訳し、ライブで、字幕として表示する。

 このPresentation Translatorと呼ばれる、Officeアドインは、プレゼンテータの発言を、アラビア語、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、イタリア語、日本語、ポルトガル語、ロシア語、および、スペイン語の10言語をサポートし、リアルタイムに翻訳する。

 OfficeアドインのMicrosoft Translatorをインストールして設定すると、PowerPointで作成した、プレゼンテーションの、最初のスライドに、QRコード、または、5文字の会話コードが生成される。

 このQRコードか、会話コードは、ユーザが、Microsoft Translatorを使用して、自分のネーティブ言語で、プレゼンテーションを行ったり、Microsoft Translatorを使用している、iOSやAndroidデバイスで、プレゼンテーションをフォローしたり、できるようにする。

 これにより、最大500人の視聴者が、複数の国の言語で、Q&Aセッションに、参加できるようになる。

 また、ユーザは、Presentation Translatorを使用して、PowerPointスライド内に表示されるテキストを、元の書式を維持しながら翻訳することもできる。

 「Presentation TranslatorのYouTubeビデオガイド」

・Googleも、2016年11月に、同社の翻訳サービスへの、AIのアップグレードを発表している。

 Googleは、同社のニューラル・マシン翻訳技術を使用して、中国語、英語、フランス語、ドイツ語、スペイン語などを含む、いくつかの言語に対して、より正確で自然な発音での、通訳サービスを提供している。

 Googleは、同社の翻訳技術を、Chromeブラウザに組み込み、選択された言語のペアに対して、より豊富で、フルページの翻訳を可能にしている。

 Googleは、20種類以上の国の言語の、ニューラル・マシン翻訳言語サービスを、他のポピュラーなWebブラウザで、利用できるようにしている。

・Appleは、次期、iPhone、iPad、および、iPod Touch用のiOS 11アップデートで、同社のデジタル・アシスタント、Siriを、翻訳者に変えることを計画している。

 Appleによると、ユーザが、英語、中国語、スペイン語、フランス語、ドイツ語、イタリア語で、Siriに、何かを語りかけると、Siriは、ユーザの言葉を翻訳するようになるという。

 Appleによると、この翻訳サービスを使用する場合、ユーザは、Siriの言語を、英語に設定する必要があるという。

・IBMのBluemixクラウド・プラットフォームには、Watsonの能力を利用した、言語翻訳サービスがある。

 IBMのBluemixクラウド・プラットフォームで、サポートされている翻訳モデルには、会話、ニュース、特許などがある。

 IBMによると、特許の翻訳モデルは、特許出願を、中国語、スペイン語、および、ポルトガル語から、英語に翻訳するために使用できるという。

 ベストセラーのアプライアンス

Gartnerによると、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数は、4.3%減少したという。 '17.07.18

【Gartnerによると、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数は、4.3%減少したという。】  '17.07.18

 Gartnerによると、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数は、前年同期から、4.3%減少し、6110万台になったという。 2017年7月12日

 世界のPCの出荷台数は、11四半期、連続して、緩やかに減少している。

 この要因の1つには、DRAM、半導体ドライブ(SSD)、および、LCDパネルといった、部品が不足し、値上がりしたことによる、PCの価格の上昇がある。

 消費者市場では、PCの価格設定は、PCの購入に、大きな影響を持っており、買い控えの要因になっている。

 2017年2Qに、HPIは、世界のPCの出荷台数で、Lenovoを抜いて、1位に復帰した。

 2017年2Qに、HPIは、世界の殆どの地域で、PCの出荷台数を増加させたが、米国市場において、PCの出荷台数が、前年同期から、6.5%も増加した。

表1)2017年2Qと、2016年2Qにおける、世界のPCベンダの出荷台数

 (単位:1000台)

          2017年2Q  2017年2Q  2016年2Q  2016年2Q   年間
ベンダ     出荷台数   シェア     出荷台数      シェア   増加率

HPI         12,690     20.8%      12,285       19.2%        3.3%
Lenovo      12,188     19.9%      13,305       20.8%      -8.4%
Dell          9,557     15.6%         9,421       14.7%        1.4%
Apple         4,236       6.9%        4,252        6.7%      -0.4%
Asus        4,036       6.6%       4,501          7.0%      -10.3%
Acer Group       3,850          6.3%           4,402              6.9%        -12.5%
その他      14,546     23.8%     15,710         24.6%      -7.4%

合計        61,105    100.0%      63,876       100.0%       4.3%

注)PCには、デスクトップPC、ノートブックPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceなど)が、含まれるが、ChromebooksとApple iPadsは、含まれない。

 ソース:Gartner、2017年7月

・2017年2Qにおける、LenovoのPCの出荷台数は、前年同期から、8.4%減少し、1218万8000台になった。

・DellのPCの出荷台数は、5四半期、連続して増加している。

・2017年2Qにおける、米国での、PCの出荷台数は、前年同期から、5.7%減少し、合計1400万台であった。

・2017年2Qにおける、教育市場では、Chromebookに対する需要が強く、教育市場への、PCの出荷台数は、減少している。

 2016年に、世界のPCの出荷台数は、前年から、6%減少したが、世界のChrombookの出荷台数は、38%も増加した。

表2)2017年2Qと、2016年2Qにおける、米国のPCベンダの出荷台数

 (単位:1000台)

         2017年2Q  2017年2Q  2016年2Q  2016年2Q   年間
ベンダ     出荷台数   シェア      出荷台数     シェア   増加率

HPI        4,270     30.5%        4,008      27.0%       6.5%
Dell         3,874     27.7%        3,801      25.6%       1.9%
Lenovo      1,848     13.2%        2,207       14.9%     -16.3%
Apple      1,649     11.8%        1,825       12.3%       -9.6%
Asus         447       3.2%          754         5.1%     -40.7%
その他      1,921       13.7%        2,257       15.2%     -14.9%

合計      14,009     100.0%        14,852      100.0%       -5.7%

注)PCには、デスクトップPC、ノートブックPC、ウルトラモバイル・プレミアム(Microsoft Surfaceなど)が、含まれるが、ChromebooksとApple iPadsは、含まれない。

 ソース:Gartner、2017年7月

・EMEA地域における、PCの出荷台数は、2017年2Qに、前年同期から、3.5%減少し、1700万台になった。

・ドイツにおける、PCの出荷台数は、企業における、Windows 10ベースのPCへの買い換えにより促されて増加した。

・ロシアにおける、PCの出荷台数は、経済の安定により促され、緩やかに増加を続けている。

・2017年2Qに、アジア/パシフィック市場において、PCの出荷台数は、前年同期から、5.1%減少し、2150万台になった。

・2017年2Qに、中国市場において、PCの電子部品の供給不足で、PCの価格が上がり、PCの出荷台数は、大きく減少した。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月17日 (月)

MicrosoftのCortanaとSkype for Businessが、Volvoのダッシュボードに、組み込まれる。 '17.07.17

【MicrosoftのCortanaとSkype for Businessが、Volvoのダッシュボードに、組み込まれる。】 '17.07.17

 MicrosoftのCortanaとSkype for Businessが、Volvoのダッシュボードに、組み込まれる。2017年5月

Wsj3
 By Rebekah Carter、commstrader

 MicrosoftのCortanaとSkype for Businessが、Volvoの最新の90シリーズ(S90、XC90、V90)の、ダッシュボードに、組み込まれる。

 これにより、Volvoの最新の90シリーズの、乗客は、Skype for Businessを使用して、電話をかけたり、音声会議に参加したりできるようになる。

 Volvoは、2017年1月に、ラスベガスで開催された、Customer Electronics Show(CES)で、ビジネス・ドライバー向けに、Volvo車のダッシュボードに組み込まれる、Skype for Businessアプリを提供することを明らかにした。

 Microsoftによると、Skype for Businessアプリは、あらゆる車載システムに実装され、VolvoのV90 Country WagonとXC90 SUVと共に、高級S90セダンのダッシュボードに組み込まれるという。

 ドライバーや乗客は、車内で、Office 365ライセンスで提供された、Skype for Businessアカウントを利用できるようになる。

 ドライバーや乗客は、車で移動しながら、ダッシュボードから、Skype for Businessアプリを起動し、会議に参加したり、電話を受けたり、スケジュールをアクセスしたり、できるようになる。

 Skype for Businessアプリを、ダッシュボードに組み込むことにより、Volvoは、ドライバーが、運転中に、Skype for Businessを使用して、電話を受けたり、音声で会議に参加したりするための、操作上の問題を、効果的に取り除くことができる。

 電話が終わると、ドライバーは、車から、電話の完全な記録を含む、ノートを送ることもできるようになる。

 MicrosoftのSkype for Businessアプリで、ドライバーは、UK PSTN(英国の固定電話の公衆交換電話網)コールを利用できるようになる。

 Volvoは、車で移動中に、ドライバーや乗客が、生産性や柔軟性を向上させることができるよう、ダッシュボードに、Skype for Businessを組み込む。

 VolvoのVP、Anders Tylman-Mikiewicz氏によると、これにより、さまざまな業界の人たちが、オフィスにおいて費やす、多くの時間を低減できるようになり、オフィス以外の場所での、仕事の効率を向上させることができるようになるという。

 これは、ドライバーや乗客が、車で移動中に費やす時間を、有効に利用できるようにする、Volvoの、新しい洞察の始まりである。

 Volvoは、車で移動している時の、ユーザ経験を改善するための取り組みにおいて、Microsoftとの提携を開始した、自動車メーカの1社である。

 1年以上前に、Volvoは、車の設計、開発、製造、マーケティング、保守などに、HoloLens拡張現実(AR)ヘッドセットを利用することで、Microsoftと協調していた。

 「Microsoft HoloLensで、MicrosoftとVolvoが提携した。」紹介ビデオ

 HoloLens拡張現実(AR)ヘッドセットで、Microsoftと協調している、他の自動車メーカには、トヨタ、BMW、および、日産がいる。

 未来の車

 最近、Microsoftは、BMWと提携し、車上において、ネーティブなモバイル・アプリや、革新的なダッシュボードのディスプレイで体験できる、ユーザ経験や、ユーザの、企業や製品、ブランドなどへの愛着心を促すようにデザインされた、ソフトウェアを披露した。

 BMWは、Azure IoTを使用して、最新の能力と、データ分析用のAzureサービスを作成した。

 Volvoのスポークスマンによると、2017年に、MicrosoftのSkype for Businessアプリは、90シリーズのモデルにおいてのみ、利用できるようになるという。

 Volvoは、音声コマンドを可能にするために、車載システムに、MicrosoftのCortanaデジタル・アシスタントを組み込む、可能性を模索している。

 Microsoft Band 2において、MicrosoftとVolvoは、ドライバーが、Volvo on Callアプリを使用して、音声コマンドで、車のエアコン、カーナビ、ドアのカギ、警笛、ライトなどを制御できるようにする能力を紹介していた。

 「Volvo On Callの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoft Skype for Businessが、BMW 5シリーズの車で、利用できるようになる。 '17.07.17

【Microsoft Skype for Businessが、BMW 5シリーズの車で、利用できるようになる。】 '17.07.17

 BMW 5シリーズの車の乗客は、Microsoft Skype for Businessで、ビデオ会議ができるようになる。 2017年7月13日

Eweek3
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 MicrosoftとBMWは、BMW 5シリーズの車の乗客が、BMWの車載システムに組み込んだ、Microsoft Skype for Businessを使用して、電話やビデオ電話をしたり、ビデオ会議に参加したりできるようにする。

 Microsoftは、ドイツの自動車メーカ、BMWと提携し、Microsoft Skype for Business、コミュニケーション・プラットフォームを、BMW 5シリーズの車の、車載システムに統合する。

 今回の、MicrosoftとBMWの提携は、ドライバーを補助する、パーソナライズされたスイート、BMW Connectedと、モバイル・アプリにより提供される、サービスを実行するために、Microsoftのクラウドを使用する、プラットフォーム、Open Mobilityを含む、以前のパートナーシップ上に構築される。

 BMWは、昨年末に、更新された、5シリーズの車に搭載される、Exchangeソフトウェアとクラウド・サービス・プラットフォームを使用している、車載システムで、Office 365のコミュニケーションとコラボレーション・ツールを利用できるようにする、Microsoftの取り組みにおける、初期サポーターになった。

 BMWは、乗客が、渋滞のために、会議に遅れても、Microsoft Skype for Businessコミュニケーション・プラットフォームを使用して、車内で、会議に参加できるようにしたいと思っている。

 2017年7月13日に、シカゴで開催された、BMW Innovation Daysイベント中に、MicrosoftとBMWは、いくつかのSkype for Business機能が、BMWの車載システム、iDriveに追加されることを紹介した。

Eweek3b
 これにより、乗客は、BMWの車載システム、iDriveに組み込まれた、いくつかのSkype for Businessの機能を使用して、他のユーザと電話したり、Skypeを使用している、ビデオ会議に参加したり、他のSkypeユーザと、ビデオ電話をしたり、今後の会議の予定や変更のアラートを受けたりすることが、可能になる。

 BMWの車載システム、iDriveに組み込まれた、Skype for Businessは、スケジュールされた会議を開始するよう、ユーザを促すこともできる。

 さらに、BMWの車載システム、iDriveと、コミュニケーション・プラットフォーム、Skype for Businessの統合で、乗客は、自分たちのコンタクト、予定リスト、および、カレンダーをアクセスすることもできるようになる。

 BMWとMicrosoftは、モビリティのあらゆる面で、ユーザ経験を継続的に拡張し、強化していくことを目標にしている。

 車載システムにおける、生産性機能(ExchangeやSkype for Businessのような)と、パーソナライズされた、コンテキスト・サービスの統合は、ユーザが、車に乗っているときも、日々の仕事や計画を遂行するのに役立つ。

 Skype for Businessは、ドイツ、フランス、英国の、新たなBMW 5車の、車載システムに組み込まれる。

 BMWは、MicrosoftのSkype for Businessの機能の一部を、自社の車載システムに導入する、初期のサポータであるが、Volvoも、MicrosoftのSkype for Businessの機能の一部を、自社の車載システムに導入する意向を示している。

 Volvoは、Skype for Businessの機能の一部を、90シリーズ車の、車載システムに、追加すると発表している。

 さらに、VolvoとMicrosoftは、Microsoftのコミュニケーション・プラットフォーム、Skype for Businessに加え、音声対応デジタル・アシスタント、Cortanaを、Volvoの車載システムに、組み込む方法を模索している。

 これにより、運転手は、音声コマンドを使用して、ハンズフリーで、車載システムに組み込まれた、MicrosoftのSkype for Businessを通して、電話を受けたり、他のSkypeユーザと、音声チャットをしたりできるようになり、また、他の乗客は、車で移動しているときにも、ビデオ会議に参加したり、ビデオ電話をしたり、できるようになる。

 「Volvoの車載システムに組み込まれた、MicrosoftのSkype for Businessの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月16日 (日)

世界のPCの出荷台数は、HPとDellのPCの出荷台数が伸びたにも関わらず、減少した。(2) '17.07.16

【世界のPCの出荷台数は、HPとDellのPCの出荷台数が伸びたにも関わらず、減少した。(2)】 '17.07.16

 世界のPCの出荷台数は、HPとDellのPCの出荷台数が伸びたにも関わらず、減少した。 2017年7月14日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Gartnerの最新のレポートによると、2017年2Qまでの、11四半期に、PCユーザは、スマートフォンや、タブレット、あるいは、Chromebooksを使用するようになったこともあり、世界のPC出荷台数は、継続的に、緩やかに、減少を続けている。

   (続き)

5.2017年2Qに、AppleのMacintoshの出荷台数は、わずかに減少した。

Eweek15
 AppleのMacintoshの世界の出荷台数は、2017年2Qに、前年同期から、0.4%減少し、425万台になり、市場シェアは、6.9%になった。

6.2017年2Qに、AsusのPCの出荷台数は、継続して減少した。

Eweek16
 Asusは、2017年2Qに、ノートブックの出荷台数が、好調であったが、PCの合計出荷台数を減少させた。

 Asusは、2017年2Qに、PCの出荷台数を、10.3%減少させ、400万台のPCを出荷し、6.6%の出荷台数シェアを確保した。

7.Acerは、2017年2Qに、前年同期から、出荷台数を減少させた。

Eweek17
 Acerは、2017年2Qに、前年同期から、12.5%、PCの出荷台数を減少させ、他のPCベンダよりも、最も、PCの出荷台数を減少させた。

 Acerは、出荷台数を、2017年2Qに、前年同期の、440万台から、390万台に減少させ、6.3%の出荷台数シェアを確保した。

8.米国における、PC市場の出荷台数は、どれぐらいか?

Eweek18
 Gartnerは、世界と、米国のPCの出荷台数のパフォーマンスを分析した。

 Gartnerは、米国におけるPCの出荷台数は、2016年2Qから、5.7%減少し、2017年2Qに、1400万台になったと見ている。

 Gartnerは、米国市場は、消費者のPCの需要が低迷したことで、PCの出荷台数を減少させたという。

9.HPは、米国市場において、トップのPCベンダであった。

Eweek19
 HPは、米国において、2017年2Qに、430万台のPCを出荷し、30.5%のシェアを占め、トップのPCベンダであった。

 米国市場において、Dellは、2107年2Qに、390万台のPCを出荷し、27.7%のシェアを占めた。

 米国市場において、Appleは、2107年2Qに、160万台のPCを出荷し、9.6%のシェアを占めた。

 米国市場において、Asusは、2107年2Qに、前年同期から、41%近く、PCの出荷台数を減少させた。

10.PC市場において、Chromebookは、人気が高まってきた。

Eweek110
 PCの市場における、部品の不足といった、さまざまな問題にも関わらず、Chromebookの出荷台数は、順調に増加している。

 Gartnerによると、Chromebooksの出荷台数は、PC市場全体の、出荷台数の増加率よりも、速く増加している。

 2017年2Qに、前年同期から、従来のPCの出荷台数は、減少しているが、Chromebooksの出荷台数は、2桁の増加を経験している。

 ベストセラーのアプライアンス

世界のPCの出荷台数は、HPとDellのPCの出荷台数が伸びたにも関わらず、減少した。(1) '17.07.16

【世界のPCの出荷台数は、HPとDellのPCの出荷台数が伸びたにも関わらず、減少した。(1)】 '17.07.16

 世界のPCの出荷台数は、HPとDellのPCの出荷台数が伸びたにも関わらず、減少した。 2017年7月14日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Gartnerの最新のレポートによると、2017年2Qまでの、11四半期に、PCユーザは、スマートフォンや、タブレット、あるいは、Chromebooksを使用するようになったこともあり、世界のPC出荷台数は、継続的に、緩やかに、減少を続けている。

Eweek10_2
 Gartnerによると、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数は、前年同期から、4.3%減少したという。

 PC業界の、最も有名な、ベンダには、AppleやAcerがいるが、2017年2Qに、出荷台数を減少させている。

 2017年2Qに、他の代表的なPCベンダ、HPとDellは、前年同期から、出荷台数を増加させている。

 Googleは、Chromebooksが、学校だけでなく、消費者や企業ユーザにも、人気が出てきたので、出荷台数を増加させている。

 Gartnerから収集された、データに基づいて、2017年2Qにおける、PC市場の状況を紹介する。

1.世界のPC市場の出荷台数は、緩やかに、減少を続けている。

Eweek11
 2017年2Qまでの、11四半期に、世界のPC出荷台数は、継続的に、緩やかに、減少を続けている。

 2017年2Qにおける、世界のPC出荷台数は、前年同期から、4.3%減少し、6110万台になった。

 PCの部品のコストが上昇し、PCメーカが、2017年2Qに、PCの価格を引き上げたので、消費者は、PCをアップグレードすることを躊躇している。

2.2017年2Qに、HPは、堅調に、世界のPCの出荷台数を、プラス成長させている。

Eweek12
 このPC市場が、部品のコストが上昇で、トラブルを起こしているにも関わらず、HPのPCの出荷台数は、2017年2Qに、前年同期から、3.3%増加した。

 HPは、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数を、前年同期から、20.8%増加させ、1270万台のPCを出荷した。

3.2017年2Qに、Lenovoは、世界のPCの出荷台数を、減少させ、出荷台数で、2位に後退した。
Eweek13
 これまで、世界のPCベンダの間で、PCの出荷台数が、トップであった、Lenovoは、2017年2Qに、出荷台数を減少させ、2位に後退した。

 Gartnerによると、Lenovoは、2017年2Qに、世界のPCの出荷台数を、前年同期から、8.4%減少させ、1220万台になったという。

4.2017年2Qに、Dellは、HP以外に、唯一、世界のPCの出荷台数を伸ばした、ベンダではない。
Eweek14
 Dellは、2017年2Qに、HP以外で、世界のPCの出荷台数を引き上げた、唯一のベンダである。

 Gartnerによると、Dellは、2017年2Qに、前年同期から、世界のPCの出荷台数を、1.4%増加させ、9600万台に増加させた。

 2017年2Qに、Dellの、世界のPCの出荷台数の市場シェアは、15.6%であった。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

GMは、Uberとチームを組み、Mavenプログラムを、オーストラリアに拡大させる。 '17.07.16

【GMは、Uberとチームを組み、Mavenプログラムを、オーストラリアに拡大させる。】 '17.07.16

 GMは、Uberとチームを組み、Mavenプログラムを、オーストラリアに拡大させる。 2017年7月15日
R1
 By reuters

 General Motors(GM)は、配車サービスを提供する、Uber Technologiesと提携し、オーストラリアで、カー・シェアリング実験プログラム、Mavenをテストしていることを紹介した。

 GMによると、このリース契約により、Uberの運転手は、GMのオーストラリアでの製造会社である、GM Holdenにより生産された、車を借りることができるようになるという。

 GMのMaven Gigプログラムは、荷物の配達、食料品の配達、乗合サービスのような、独立した車の仕事を、フリーランスの人が、行えるよう、手軽に、車を借りられるようにすることを目的としている。

 GMによると、このMavenプログラムは、現在、San Diegoで、運営されており、2017年の後半に、San FranciscoとLos Angelesに、展開される予定であるという。

 GMは、2016年11月に、このMavenプログラムで、Uberと、北米において、パートナーを組んだと発表している。

 ベストセラーのアプライアンス

Intelは、AIアプリをサポートする、データセンターのサーバを助ける、新たなXeon Scalable Processorチップを発表した。 '17.07.16

【Intelは、AIアプリをサポートする、データセンターのサーバを助ける、新たなXeon Scalable Processorチップを発表した。】 '17.07.16

 Intelは、AIアプリをサポートする、データセンターのサーバ用の、マイクロプロセッサの新ライン、Xeon Scalable Processorを発表した。 2017年6月12日

Dis4
 By News Centre、disruptive

 Intelは、AIアプリをサポートする、クラウド・コンピューティング・サービスを提供する、データセンターのサーバ用の、マイクロプロセッサの新ライン、Xeon Scalable Processorを発表した。
Dis4a
 Xeon Scalable Processorチップは、人工知能(AI)や、ビッグデータ&分析といった、コンピューティング・パワーを必要とする、次世代のソフトウェアのサポートを提供する。

 このXeon Scalable Processorチップは、クラウド・コンピューティング・サービスを提供するために、何千台ものサーバを持つ、データセンターを運営している、Google、Microsoft、Amazon Web Services(AWS)といった、最大手のクラウド・サービス・プロバイダをターゲットにしている。

 これら最大手のクラウド・サービス・プロバイダは、自分で、コンピュータ・システムを所有し、維持・管理したくない、顧客に、コンピューティング基盤や、プラットフォームを提供する、「サービスとしての基盤(IaaS)」や、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」といった、クラウド・サービスを提供している。

 また、これら最大手のクラウド・サービス・プロバイダは、顧客に、ストレージ・サービス、コンピューティング・サービス、データベース・サービス、ビックデータ&分析といった、ある程度、汎用的な、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」も提供している。

 さらに、顧客は、これらのクラウド・サービス・プロバイダが提供する、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の上で実行する、ソフトウェアを作成し、クラウド・サービスとして、利用することもできる。

 3rdパーティのソフトウェア・ベンダは、これらのクラウド・サービス・プロバイダが提供する、「サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)」の上で実行する、業務ソフトウェアなどを作成し、「サービスとしてのソフトウェア(SaaS)」として、自分たちの顧客に、提供することもできる。

 Googleは、Google Cloud Platformを提供する、データセンターのサーバに、IntelのXeon Scalable Processorチップを採用した、最初のクラウド・サービス・プロバイダの1社である。

 「Intel Xeon Scalable Processorファミリ」の紹介ビデオ

 Intelのライバルには、同じアーキテクチャのチップを製造し、提供している、AMDがいる。

 また、大手のサーバ・ベンダには、ARMアーキテクチャのRISCチップを搭載した、サーバを開発し、提供しているベンダもいる。

 Gartnerのアナリスト、Martin Reynolds氏によると、IntelのXeon Scalable Processorは、以前の世代のチップよりも、消費電力が少なく、人工知能(AI)や、ビッグデータ&分析といった、コンピューティング・パワーを必要とする、ソフトウェアを実行する負荷が改善されているという。

 Gartnerのアナリスト、Martin Reynolds氏は、ただし、最大手のクラウド・サービス・プロバイダ以外の、クラウド・サービス・プロバイダや大企業の、データセンターのサーバに、IntelのXeon Scalable Processorチップを搭載したサーバの需要があるかどうかは、不明確であり、これは、Intelにとって、大きなリスクであるとも述べている。

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。(2) '17,07.16

【Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。(2)】 '17,07.16

 Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。 2017年7月13日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Microsoftは、生産性を向上させ、従業員、顧客、および、パートナーをつなぐための、企業向けの、クラウド・サービス・パッケージを提供している。

 Microsoft 365と呼ばれる、このクラウド・サービス・パッケージには、大企業向けのMicrosoft 365 Enterpriseと、中小企業向けの、Microsoft 365 Businessの、2つの版がある。

   (続き)

7.Microsoft 365 Businessサービスへ移行する。

Eweek28
 Microsoft 365 Businessサービスは、基本的に、Office 365 Business Premiumの、より機能が豊富な版である。

 このクラウド・サービスは、Officeアプリへの、フル・アクセスを含んでいるが、ITプロバイダに対する、デバイス管理ソリューションを付加する。

Microsoft 365 Businessサービスは、モバイル・デバイスにおける、ドキュメントをセキュアにするための能力を含む、先代において、利用できない、セキュリティ機能のホストも含んでいる。

8.Microsoft 365 Businessサービスは、どのような企業に、適しているか?

Eweek29
 Microsoft 365 Businesサービスは、最大300人の潜在的な従業員を持つ、中小企業向けに、設計されている。

 より多くの潜在的な従業員を持つ、企業は、Microsoft 365 Enterpriseサービスへ移行する必要があるだろう。

 この制限は、企業の総従業員数ではなく、将来の見込みユーザに基づいている。

9.Microsoftは、Microsoft 365 Businesサービス版の価格設定を、利用できるようにする。

Eweek210
 Microsoft 365 Enterpriseサービス版とは異なり、Microsoftは、Microsoft 365 Businessサービス版の価格設定を、容易に利用できるようにする。

 Microsoft 365 Businessサービスの使用料は、1ユーザ、1ヶ月あたり、20ドルのようだ。

 Microsoft 365 Businessサービスは、2017年8月2日に、公開プレビューとして、利用できるようになり、2017年秋に、正式に、一般提供される予定である。

10.Microsoft 365 Businessサービス版には、クラウド・プレビュー・アプリが含まれる。

Eweek211
 Microsoft 365 Businessサービス版のユーザは、Connections、Listings、および、Invoicingと呼ばれる、3つのクラウド・プレビュー・アプリを使用できるようになる。

・Connectionsは、メール・マーケティング・アプリである。

・Listingsは、企業が、自分たちの情報を、「トップ・サイト」へ発行するのを支援する、アプリである。

・Invoicingは、迅速な、法人向けの請求書の作成と配布を目的として、設計されている。

 「新Microsoft 365クラウド・サービスのデモ」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年7月9日 - 2017年7月15日 | トップページ | 2017年7月23日 - 2017年7月29日 »

ウェブページ

広告2