« 2017年7月2日 - 2017年7月8日 | トップページ | 2017年7月16日 - 2017年7月22日 »

2017年7月9日 - 2017年7月15日

2017年7月15日 (土)

Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。 (1) '17,07.15

【Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。(1)】 '17,07.15

 Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。2017年7月13日

 Microsoft 365は、Microsoftが、さまざまな規模の、企業顧客の忠誠心を維持する、ソフトウェアを、クラウド・コンピューティングに移行するのを確実に助ける、アプリとクラウド・サービスのバンドルである。

Eweek20
 By Don Reisinger、eWEEK

 Microsoftは、生産性を向上させ、従業員、顧客、および、パートナーをつなぐための、中小企業向け、エンタープライズ・クラウド・サービス・パッケージを持っている。

 Microsoft 365と呼ばれる、このクラウド・サービス・パッケージには、大企業向けのMicrosoft 365 Enterpriseと、中小企業向けの、Microsoft 365 Businessの、2つの版がある。

 これらのクラウド・サービス・パッケージは、特定の顧客のニーズに基づいた、異なった機能を提供し、従業員の関心に対応する、Microsoftのクラウド・サービスを結合するが、これらのパッケージは、Windows 10、Office 365、Enterprise Mobility + Securityを含む、多くのスタンドアローンのクラウド・サービスを結合する。

1.Microsoft 365とは、何か?

Eweek21
 Microsoftは、2017年7月10日に、Inspire Worldwide Partnerコンファレンスで、Microsoft 365を発表した。

 Microsoft 365は、基本的に、企業が、包括的なクラウドや、デスクトップ生産性プラットフォームを構築できるようにするために購入できる、クラウド・サービスのバンドルである。

 Microsoft 365は、1つのパッケージに、Office 365、Windows 10、および、Enterprise Mobile + Securityを結合する。

2.Microsoft 365には、大企業と小企業向けの、異なった版がある。

Eweek23
 Microsoftは、Microsoft 365の、2つの版を提供する。

 最初に、Microsoft 365 Enterpriseと呼ばれた、Microsoft 365は、数千名の従業員を持つ、大企業向けに、設計されている。

 Microsoft 365 Businessと呼ばれる、他のMicrosoft 365は、あまり高度なサービスを必要としない、中小企業向けに、設計されている。

3.Microsoft 365 Enterpriseは、分析、セキュリティ・コンポーネントを含んでいる。

Eweek24
 Microsoft 365 Enterpriseには、チャット・ベースのワークスペース、Microsoft Teamsを含む、Microsoftのエンタープライズ・グレードの、Office 365サービスが含まれる。

 さらに、Microsoft 365 Enterpriseには、Enterprise Mobile + Security features経由で、マシン学習により、強化された、完全な脅威保護が、実装されている。

4.Microsoft 365 Enterpriseには、2つの版がある。

Eweek25
 2つの版の、Microsoft 365 Enterpriseが、計画されている。

 最初の版は、E3と呼ばれる、より安価な版になるようだ。

 E3は、多くのサービスの間で、Office 365統合、Azure Active Directory P1、および、Office 365 Data Loss Protectionと共に提供される。

 しかし、他の版とは違い、E5は、Cloud PBXを、サポートしていない。

 E5は、Windows Defender Advanced Threat Protection、Azure Active Directory P2を追加し、Power BI Proをサポートする。

5.生産的な企業を、安全にするには、何が起きているか?

Eweek26

 Microsoftによると、同社のクラウド・ベースのバンドル、Secure Productive Enterpriseは、Microsoft 365 Enterpriseに、置き換わるという。

 また、Microsoftによると、Secure Productive Enterpriseが、急速に、成長してきたという。

 Microsoft 365 Enterpriseは、成長している、顧客ベースにアピールする、新たなサービスを追加する。

6.Microsoftは、Microsoft 365 Enterpriseの価格設定を、明確にしていない。

Eweek27
 Microsoft 365 Businessとは異なり、Microsoftは、Microsoft 365 Enterpriseの価格設定を、明確にしていないが、2017年8月1日に、これらのソリューションを、企業に提供できるようにする、意向を表明した。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(3) '17.07.15

【LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(3)】 '17.07.15

 LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。2017年7月12日

 By Don Reisinger、eWEEK

 LG ElectronicsのG6スマートフォンは、2017年に、リリースされた、最良のスマートフォンの1つになった。

 しかし、LG Electronicsは、より低コストの代替スマートフォンを、新たに提供するだろう。

 この代替製品は、韓国のLG Electronicsが、2017年7月11日に発表した、LG Q6スマートフォンである。

    (続き)

7.Q6スマートフォンには、デュアル・レンズの、背面カメラが搭載されていない。

Eweek18
 コストを低減させるため、LG Q6スマートフォンには、1台の、シングル・レンズの背面カメラが、搭載されている。

 最近の、ハイエンドのスマートフォンの殆どに、デュアル・レンズの背面カメラが、搭載されているが、コストを低減させるために、LG Q6スマートフォンには、シングル・レンズの背面カメラが、搭載されているようだ。

 LG Q6スマートフォンは、標準アングルの、13メガピクセルのカメラ(標準的なリアフェーシング・シュータ)を提供する

8.LG Q6スマートフォンは、安全機能が考慮されている。

Eweek19
 LGによると、LG Q6スマートフォンには、ハイエンドのスマートフォンで見られる、安全機能が装備されているという。

 安全機能の1つは、LG Q6スマートフォンには、耐久性と、耐ショット性を持たせるための、金属フレームが、使用されていることである。

 LGによると、LG Q6スマートフォンには、ハイエンドのスマートフォンに見られるような、安全機能が装備されているという。

 また、LG Q6スマートフォンに搭載される、バッテリーは、20種類以上のテストを使って、安全性が、確認されているようだ。

9.Q6スマートフォンには、3つのモデルがある。

Eweek110
 LGは、3モデルのQ6スマートフォンを提供するようだ。

1)ローエンドのQ6aスマートフォンは、2GBのRAMと、16GBのストレージを装備している。

2)スタンダードのQ6スマートフォンは、3GBのRAMと、32GBのストレージを装備している。

3)ハイエンドのQ6+スマートフォンは、4GBのRAMと、64GBのストレージを装備している。

10.LGは、Q6スマートフォンを、手頃な価格にする意向を示しているが、販売価格を、まだ、明らかにしていない。

Eweek111
 LGは、それぞれの国で、Q6スマートフォンのリリースを発表する段階で、販売価格を明らかにする予定である。

 さらに、LGは、Q6スマートフォンで、より手頃な価格のオプションを提供する計画だという。

 LGは、2017年8月に、手頃な価格の、ミッドレンジの、Q6スマートフォンを、最初に、アジアで発売し、その後、北米、中南米、欧州へと、展開していくようだ。

 「LG Q6スマートフォンの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、AI自動運転車のコンピュータを発表した。(2) '17.07.15

【NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、AI自動運転車のコンピュータを発表した。(2)】 '17.07.15

 NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、自動運転車用の、新しいAIプラットフォームを紹介した。 2017年3月16日

 By NVIDIA

  世界の最大手の自動車部品サプライヤ、Boschは、ベルリンで開催された、Bosch Connected Worldコンファレンスの参加者に、DRIVE PXと呼ばれる、自動運転車用の、新しいAIプラットフォームを紹介した。

Denso2
 Bosch Connected Worldコンファレンスで、NVIDIAのCEO、Jen-Hsun Huang氏は、自動車産業において、深層学習が、どうように、AI革新を促すかを解説した。

 DRIVE PXと呼ばれる、小さなAI車載スーパーコンピュータが、BoschのCEO、Volkmar Denner博士の基調講演において、発表された。

   (続き)

 Xavier技術を、初めて、採用した、新しいAIプラットフォーム、DRIVE PXの特徴

1)AIパイプラインを高速化する。

 深層学習は、自動運転車の、コンピュテーショナル・パイプライン全体を通して、重要な役割を果たし、自動運転車は、経験に基づいて、学習することで、ますます賢くなっていく。

・検出:車の周囲の世界を理解する。

・地域化:詳細なローカルマップを作成するために、知覚されるものを使用する。

・占有グリッド:車の周囲に、リアルタイムな3D環境を構築する。

・経路計画:マップされたルートに沿って、進行する方法を決定する。

・車載力学:スムースに運転する方法を計算する。

 カメラ、レーダー、ライダー、超音波など、さまざまなセンサーから収集される、膨大なデータを、リアルタイムに分析し、理解するために必要な、車載コンピュータの処理能力を考えてみよう。

 NVIDIA DRIVE PXシステムは、データセンターにおいて、深層ニューラル・ネットワークを最初に開発し、訓練することで、車の周りで起こっている、すべてのことを、リアルタイムで、理解できるようになる。

2)クラウドから車へ

 NVIDIAとBoschは、クラウドのGPUのパワーも使用している。

 NVIDIA HGX-1は、新しいAIスーパーコンピュータ標準であり、データセンターでの、深層学習、および、すべての主な業界で、使用するために設計されています。

3)AIカーの革新

・現在の、多くの車は、高度運転補助システム(ADAS)として知られる、基本的な安全機能を持っている。

 高度運転補助システム(ADAS)は、しばしば、スマート・カメラをベースにしており、障害物の基本的な検出や、車線標識の識別といった機能を提供する。

 高度運転補助システム(ADAS)の機能は、自動車メーカが、車の評価プログラムの安全性を向上させるのを支援できる。

 高度運転補助システム(ADAS)は、車をより安全にする、足がかりになるが、自動運転車を実現するには、遠い道のりがある。

 自動運転車に必要な、カメラや他のセンサーで収集する、データの処理量は、桁違いに多い。

・将来の、NVIDIA AIコックピット技術は、車内のAIアシスタントとしての役割を果たすだけでなく、車外の潜在的な危険性を警告する。

 NVIDIA AIコックピットは、運転手と車の周囲を、360度完全に監視することにより、車の乗員を安全な状態に保つ。

 NVIDIA AIコックピットは、深層学習によって、運転手の顔を認識し、車の特定の機能を、自動的に設定することができる。

 NVIDIA AIコックピットは、運転手が見ている場所を見て、運転者の心の状態を理解するために、運転手の顔の表情を検出することもできる。

 これらの情報を、車の周囲で発生しているものと組み合わせることにより、NVIDIA AIコックピットは、目に見えない潜在的な危険を、運転者に警告することができる。

 さらに、NVIDIA AIコックピットは、音声コマンドだけでなく、読唇能力も持っているので、運転手の指示を理解することができる。

 「NVIDIA AIカーのデモ」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月14日 (金)

LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(2) '17.07.14

【LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(2)】 '17.07.14

 LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。2017年7月12日

 By Don Reisinger、eWEEK

 韓国のLG ElectronicsのG6スマートフォンは、2017年に、リリースされた、最良のスマートフォンの1つになった。

 しかし、LG Electronicsは、より低コストの代替スマートフォンを、新たに提供するだろう。

 この代替製品は、LG Electronicsが、2017年7月11日に発表した、LG Q6スマートフォンである。

   (続き)

4.長寿命のバッテリーは、期待されない。

Eweek15
 LGは、Q6スマートフォンが、どれぐらいのバッテリー寿命を持っているを、明確にしていないが、Q6スマートフォンは、Snapdragon 435プロセッサと共に、3,000mAhのバッテリーを搭載しており、1回の充電で、1日使用できるとしている。

5.Q6スマートフォンは、Android 7.1.1 Nougatオペレーティング・システムを搭載して、出荷される。

Eweek16
 Q6スマートフォンは、Googleのモバイル・オペレーティング・システムの最新版である、Android 7.1.1 Nougatを搭載して、出荷される。

 Q6スマートフォンには、最新のAndroidオペレーティング・システムで利用できる、GoogleのChromeや、標準のGoogleアプリを含む、人気のあるアプリが、プレインストールされている。

 Q6スマートフォンの、ユーザは、AppleのSiriや、MicrosoftのCortanaに対抗する、音声対応デジタル・アシスタントである、Google Assistantも、利用できるようになる。

6.Q6スマートフォンは、顔認証機能をサポートする。

Eweek17
 LG Q6スマートフォンは、顔認証機能をサポートし、セキュリティ強化のニーズに対応するるようだ。

 LG Q6スマートフォンの、前面カメラは、ユーザの顔をスキャンし、デバイスを利用できるようにしたり、特定のアプリの利用を許可したりするためにも、使用されるだろう。

 Appleも、この顔認証機能を、新しいiPhoneスマートフォンで、提供することを計画していると噂されている。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(1) '17.07.14

【LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(1)】 '17.07.14

 LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。2017年7月12日

 LG Electronicsは、ハイエンドのLG G6スマートフォンと同じデザインであるが、それほど強力でない、プロセッサを搭載し、わずかに小さいスクリーンを持つ、ミッドレンジの、LG Q6スマートフォンを紹介した。

Eweek10
 By Don Reisinger、eWEEK

 韓国のLG Electronicsの、ハイエンドの、G6スマートフォンは、2017年に、リリースされた、最良のスマートフォンの1つになった。

 しかし、同程度の機能を利用できる、より低価格なスマートフォンを探している、ユーザもいるので、LG Electronicsは、より手軽な価格の、代替スマートフォンを、新たに提供する。

 この代替製品は、LG Electronicsが、2017年7月11日に発表した、ミッドレンジの、LG Q6スマートフォンである。

 このLG Q6スマートフォンの特徴は、よりハイエンドのG6スマートフォンと、同じデザインになっているが、より手頃な価格で購入できることである。

 ただし、Q6スマートフォンは、より手頃な価格であるが、ハイエンドのG6スマートフォンほど、性能が高くなく、スクリーンのサイズも、わずかに小さい。

 LGは、Q6スマートフォンの、プロセッサの性能を落とし、スクリーンと、背面カメラのサイズを、わずかに小さくして、コストを低減させている。

 LGは、ミッドレンジの価格のスマートフォンを探している、ユーザに、アピールできる、Q6スマートフォンの、3つの版を提供する。

 スマートフォンの分野も、国や地域や用途により、ユーザのニーズは、さまざまなので、ローエンドから、ハイエンドまで、機能や性能、利用できるサービス、通信ネットワーク基盤のサポート、デザイン、セキュリティ、耐久性、サポート体制、価格などが異なる、あらゆるタイプの製品が、さまざまなスマートフォン・ベンダから、提供されている。

 ユーザのニーズは、さまざまなので、特定のユーザのニーズに、焦点を合わせた、ニッチなマーケットを狙った、スマートフォンもあれば、手頃な価格で、多機能で、さまざまな用途に使用したい、一般ユーザ向けに設計され、マスマーケットを狙った、スマートフォンもあり、さらに、あらゆる面で、最高級を目指した、スマートフォンもある。

 また、モジュール化され、使用する目的に応じて、モジュールを、追加したり、交換したりできる、スマートフォンも、登場したが、使い勝手や、コスト高のため、あまり普及していかなかった。

1.Q6スマートフォンのデザインは、G6スマートフォンのデザインよりも、わずかに小さい。

Eweek11
 LG Q6スマートフォンは、2017年の初旬にリリースされた、ハイエンドのLG G6スマートフォンと同じデザインをしている。

 仮想ボタンを持つ、タッチ・スクリーンが、LG Q6スマートフォンの本体の、ほぼ全体を占めている。

 ただし、Q6スマートフォンの、スクリーンのサイズは、G6スマートフォンのスクリーンより、わずかに小さい。

2.Q6スマートフォンのプロセッサは、G6スマートフォンのプロセッサよりも、処理パワーは、比較的低い。

Eweek13
 LG G6スマートフォンは、ハイエンドのQualcomm Snapdragon 835プロセッサを搭載しているが、Q6スマートフォンは、比較的、処理パワーが小さい、Qualcomm Snapdragon 435プロセッサを搭載している。

 しかし、主に、最も基本的なアプリやゲームを使用するのであれば、Q6スマートフォンのプロセッサ性能で、十分だろう。

3.Q6スマートフォンは、フルHDディスプレイを持っている。

Eweek14

 LGのQ6スマートフォンは、5.5インチのフルHDディスプレイを持っており、ミッドレンジのスマートフォン市場では、より大きなスクリーンを持つ、スマートフォンの1つになっている。

 Q6スマートフォンのスクリーンは、2,160 x 1,080で、442ピクセル/インチのフルHDD+の解像度を持っている。

 Q6スマートフォンは、ミッドレンジのデバイスとしては、しっかりした視覚性能を提供する。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、AI自動運転車のコンピュータを発表した。(1) '17.07.14

【NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、AI自動運転車のコンピュータを発表した。(1)】 '17.07.14

 NVIDIAとBoschが、DRIVE PXと呼ばれる、自動運転車用の、新しいAIプラットフォームを紹介した。2017年3月16日

 By NVIDIA

 世界の最大手の自動車部品サプライヤ、Boschは、ベルリンで開催された、Bosch Connected Worldコンファレンスの参加者に、DRIVE PXと呼ばれる、自動運転車用の、新しいAIプラットフォームを紹介した。

 Bosch Connected Worldコンファレンスで、NVIDIAのCEO、Jen-Hsun Huang氏は、自動車産業において、深層学習が、どうように、AI革新を促すかを解説した。

 DRIVE PXと呼ばれる、小さなAI車載システムのコンピュータが、BoschのCEO、Volkmar Denner博士の基調講演において、発表された。

 自動車部品サプライヤ、Boschは、センサー、ソフトウェア、および、サービスの分野において、2016年の1年間に、776億ドルの売上を上げている。

 現在、Boschは、大衆市場向けの、AI車載システムのコンピュータを構築している。

 NVIDIAとBoschは、NVIDIAのXavier技術を組み込んだ、自動運転車用の、新しいAIプラットフォーム、DRIVE PXを発表した。

 NVIDIAのXavier技術は、30ワットの電力で、1秒間に、最大30兆もの、深層学習オペレーションを処理することができる。

 車載システムのコンピュータの処理パワーは、人間の運転手がいなくても、自動運転できる、「レベル4の自律性」を実現するために、必要になる。

 「NVIDIAのXavier技術を搭載した、BoschのAI車載システムのコンピュータ」紹介ビデオ

 世界で、すべてのレベルの自動運転車の、合計台数は、2025年までに、1億5000万台に達することが予想される。

 NVIDIAは、2017年末までに、「レベル3の自律性」を実現するための、2018年末までに、「レベル4の自律性」を実現するための、処理パワーを提供できる技術を完成させることを目標にしている。

 現在、Audi、Ford、および、BMWのような、従来の自動車メーカから、Teslaのような、新たな自動車メーカ、および、Waymo、Uber、Baiduといった、IT革新者まで、さまざまなブランドが、自動運転車ソリューションの提供に取り組んでいる。

 自動運転車には、カメラやレーダ、および、加速度、速度、位置、温度など用の、さまざまなセンサーから得られる、膨大なデータを、リアルタイムに分析するために、強力な処理パワーを持つ、車載システムのコンピュータが必要になる。

 例えば、自動運転車の車載システムのコンピュータは、カメラやレーダで捉えた、映像を処理し、周囲の車や人、障害物、路面標識、道路標識、交通信号、路面状態などを、リアルタイムに認識し、さまざまなセンサーで、速度や加速度や位置などをデータを収集し、リアルタイムに分析して、フィードバックする必要がある。

 現在でも、カメラやセンサーを搭載した車は、前方の車や障害物などを検出し、必要に応じて制動することができるが、自動運転車の要件は、劇的に厳しくなっている。

 深層学習技術で、自動運転車は、運転を学習できるようになり、最終的に、より安全に、運転できるようになることが期待されている。

 「自動運転車の車載システム用の、NVIDIAのGPUの紹介」ビデオ

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

新しいIDC MarketScapeレポートが、モノのインターネット(IoT)ソフトウェア・プラットフォーム・プロバイダを評価する。 '17.07.14

【新しいIDC MarketScapeレポートが、モノのインターネット(IoT)ソフトウェア・プラットフォーム・プロバイダを評価する。】 '17.07.14

 IDCは、世界のモノのインターネット(IoT)ソフトウェア・プラットフォーム・プロバイダの分析を提供する、新レポート「IDC MarketScape: Worldwide IoT Platforms (Software Vendors) 2017 Assessment」の発行を発表した。 2017年7月10日

 このレポートで評価している、IoTソフトウェア・プラットフォーム・プロバイダには、Amazon Web Services(AWS)、Ayla Networks、Bosch Software Innovations、Fujitsu、GE Digital、HPE、IBM、LogMeIn、Microsoft、Oracle、PTC、および、SAPがいる。

 IDCによると、IoTデータを収集し、そのデータを、分析モデルや分析サービスに供給するための、コア技術として、IoTプラットフォームは、IoTエコシステムにおいて、重要な役割を果たしているという。

 世界の企業は、デジタル変革の目標との最適な連帯をもたらす、IoTプラットフォームを、決定しなければならない。

 IoTプラットフォームは、接続管理、デバイス管理、データの収集、処理、管理、視覚化ツール、アプリの有効化、および、分析といった要素の組み合わせを提供する、商用ソフトウェア製品である。

 IDC MarketScapeは、IoTマーケットプレイスにおける、成功に貢献している、IoTプラットフォーム・ソフトウェア・プロバイダの能力や戦略を査定している。

 この調査によると、技術バイヤーは、次の特徴を持つ、IoTプラットフォーム・ソフトウェア・プロバイダを探すべきであるという。

・製品機能の幅
・プロトコル/デバイスのサポート
・統合能力
・エッジ・サポート
・透過的な価格設定

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月13日 (木)

従来のPCの出荷台数は、予想よりも、僅かに良い '17.07.13

【従来のPCの出荷台数は、予想よりも、僅かに良い】 '17.07.13

 IDCによると、従来のPCの出荷台数は、予想よりも、僅かに良いという。2017年7月12日

 IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Trackerによると、2017年2Qに、世界の従来のPC(デスクトップ、ノートブック、ワークステーション)の出荷台数は、前年同期から、3.3%減少し、合計で、6050万台になったという。

 IDCによると、2017年2Qに、従来のPCの、世界の出荷台数は、前年同期から、3.3%減少し、合計で、6050万台になったという。

 過去、数四半期に、半導体ドライブ(SSD)などの、主な部品が足りなくなったので、PCの価格が上がり、買い控えが起きて、世界のPCの出荷台数が減少し、在庫が増えた。

 米国市場は、通貨の価値の影響を受けないので、SSDなどの、主な部品が足りなくなっても、他の地域よりも、比較的、PCの出荷台数が、減少していなかった。

 米国の小中学校への、Chromebooksの出荷台数は、継続して、好調であった。

 地域的なハイライト

・米国:米国における、従来のPCの出荷台数は、継続して、他の地域と比較して、引き続き、堅調に推移した。

 通貨の価値が下がったことにより、もたらされた、PCの価格が、あまり上がらなかったことが、他の地域のように、米国における、製品の出荷台数の合計に、影響を与えていなかった。

・ヨーロッパ、中東&アフリカ(EMEA):EMEAにおける、従来のPCの出荷台数は、2017年2Qに、ノートブックPCの販売が好調で、さらに安定してきた。

・アジア/パシフィック(除く日本):アジア/パシフィック(除く日本)従来のPCの出荷台数は、2017年2Qに、減少した。

 中国において、消費者の需要が、低下して、PCの出荷台数の増加は、より緩やになった。

・日本:日本における、従来のPCの出荷台数は、デスクトップから、ノートブックへ、移行するユーザが増えたので、2015年と2016年に、厳しい状況から、回復した。

 ベンダのハイライト

・HPIは、2017年2Qに、PCの出荷台数で、23%のシェアを確保し、1位に残った。

・Lenovoは、2017年2Qに、PCの出荷台数で、5.3%のシェアを占め、2位を維持した。

 Lenovoは、北米で、出荷台数の増加が、緩やかになった。

・Dellは、2017年2Qに、PCの出荷台数で、3.7%のシェアを占め、3位を維持した。

・Appleは、2017年2Qに、PCの出荷台数で、1.7%のシェアを占め、4位を維持した。

・ASUSは、PCの出荷台数で、Acerを抜いて、5位になった。

表1)2017年2Qにおける、世界の従来のPCの、出荷台数、トップ5ベンダ

 (単位:1000台)

         2017年2Q   2017年2Q  2016年2Q  2016年2Q  年間
ベンダ     出荷台数     シェア    出荷台数    シェア    増加率

HP Inc          13,782         22.8%            12,974           20.7%          6.2%
Lenovo         12,434         20.5%            13,189           21.1%         -5.7%
Dell Inc         10,328         17.1%              9,963          15.9%           3.7%
Apple             4,331          7.2%               4,260           6.8%          1.7%
ASUS             4,112          6.8%              4,500            7.2%         -8.6%
その他          15,555        25.7%              17,721          28.3%      -12.2%

合計          60,543       100.0%              62,607         100.0%        -3.3%

ソース:IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Tracker、2017年7月12日

グラフ1)2017年2Qにおける、トップ5の世界の従来のPCベンダ (出荷台数のシェア)

 ベストセラーのアプライアンス

IDCによると、世界のクラウドIT基盤が、2017年1Qに、前年同期から、14.9%増加し、80億ドルに達するという。 '17.07.13

【IDCによると、世界のクラウドIT基盤が、2017年1Qに、前年同期から、14.9%増加し、80億ドルに達するという。】 '17.07.13

 IDC Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Trackerによると、2017年1Qにおける、IT基盤製品の販売からの、ベンダの売上は、前年同期から、14.9%増加し、80億ドルになったという。 2017年6月29日

 IDC Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Trackerによると、2017年1Qにおける、IT基盤製品(サーバ、ストレージ、および、イーサーネット・スイッチ)の販売からの、ベンダの売上は、前年同期から、14.9%増加し、80億ドルになったという。

 IT基盤には、従来の(非クラウド)IT基盤、プライベート・クラウドIT基盤、および、パブリック・クラウドIT基盤がある。

 クラウドIT基盤の売上は、2017年1Qに、前年同期から、39%増加した。

 クラウドIT基盤の販売からの、プライベート・クラウドの売上は、前年同期から、6.0%増加し、31億ドルになり、パブリック・クラウドの売上は、前年同期から、21.7%増加し、48億ドルに達した。

・2017年1Qに、従来の(非クラウド)IT基盤セグメントにおける、売上は、前年同期から、8.0%減少した。

・2017年1Qに、プライベート・クラウドIT基盤の売上の増加は、イーサーネット・スイッチにより、最も促されており、前年同期から、15.5%増加した。

 プライベート・クラウドIT基盤の売上の増加は、2番目に、ストレージにより、促されており、前年同期から、10.0%増加した。

 プライベート・クラウドIT基盤の売上の増加は、3番目に、サーバにより、促されており、前年同期から、2.1%増加した。

・2017年1Qに、パブリック・クラウドIT基盤の売上の増加は、ストレージにより、最も促されており、2016年1Qから、49.5%増加していた。

 パブリック・クラウドIT基盤の売上の増加は、2番目に、イーサーネット・スイッチにより、最も促されており、2016年1Qから、49.5%増加していた。

 パブリック・クラウドIT基盤の売上の増加は、3番目に、サーバにより、促されており、2016年1Qから、8.7%増加していた。

・2017年1Qに、従来のIT基盤において、サーバの売上は、前年同期から、9.3%減少し、イーサーネット・スイッチの売上は、前年同期から、4.4%減少した。

・地域的には、2017年1Qに、クラウドIT基盤の販売からの、ベンダの売上が、前年同期から、最も速く成長したのは、カナダの59.1%増加であり、1億ドルに達した。

 ベンダの売上が、前年同期から、次に、速く成長した地域は、アジア/パシフィック(日本を除く)の18.7%増加であり、日本が、15.3%増加、米国が、15.1%増加、中東&アフリカが、13.2%増加、西欧が、8.9%増加、ラテンアメリカが、7.8%増加、および、中央と東欧が、7.2%増加していた。

表1)2017年1Qにおける、世界のクラウドIT基盤ベンダの売上、トップ3ベンダ

  (売上の単位:100万ドル)

ベンダ       2017年1Q    2017年1Q  2016年1Q   2016年1Q   売上の
                売上     シェア        売上      シェア       増加率

Dell                 $1,289          16.2%           $1,292         18.6%           -0.2%
HPE/H3C        $1,118          14.0%           $1,223          17.7%           -8.6%
Cisco                $902         11.3%             $830         12.0%            8.7%
ODM直接        $1,976          24.8%           $1,204          17.4%           64.1%
その他            $2,678          33.6%           $2,379          34.3%           12.6%

合計              $7,963        100.0%           $6,928         100.0%          14.9%

 IDC's Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Tracker、2017年7月

グラフ1) 2017年1Qと2016年1Qにおける、世界のクラウドIT基盤、トップ3クラウド・ベンダ

 ベストセラーのアプライアンス

Harmanが、MicrosoftのCortanaを搭載した、スマート・スピーカ、Harman Kardon Invokeを明らかにする。 '17.07.13

【Harmanが、MicrosoftのCortanaを搭載した、スマート・スピーカ、Harman Kardon Invokeを明らかにする。】 '17.07.13

 By HARMAN International

 Samsungの子会社、HARMAN Internationalは、Microsoftのデジタル・アシスタント、音声コマンド対応スマート・スピーカ、Harman Kardon Invokeを紹介した。2017年5月8日

Hk1
 Harman Kardonのオーディオ技術と、MicrosoftのCortanaの知性を結合した、Invokeスピーカは、仕事にも、家庭の日常生活にも、余暇にも使用できる、スマート・スピーカを探している、ユーザ向けに、開発されている。

 Harman Kardonは、Microsoftと協調し、Cortanaの知性と、Harman Kardonの360度サウンドで、新たなユーザ経験を提供する、高級スピーカを開発している。

 Microsoftのデジタル・アシスタント、Cortanaを組み込んだ、音声対応スピーカ、Invokeで、ユーザは、好みの音楽を再生したり、カレンダーや行動を管理したり、リマインダーを設定したり、最新のニュースや天気予報をチェックしたり、できるようになる。

 Invokeスピーカには、Microsoftのインターネット電話サービス、Skypeが統合されており、ユーザは、Invokeスピーカを使用して、携帯電話、固定電話、および、他のSkype対応デバイスのユーザと、会話することができる。

 Invokeスピーカのユーザは、音声コマンドで、スマート・ホーム・デバイスを制御することもでき、音声コマンドで、照明やサーミスタットなどを操作できるようになる。

 自然言語認識と、深層学習を統合した、MicrosoftのCortanaデジタル・アシスタントは、これを組み込んだ、デバイスやプラットフォームに渡る、1億4500万人のユーザにより、使用されている。

 Invokeスピーカは、洗練されたデザインをしており、パールシルバー(白)と、グラファイト(黒)の2色がある。

 プレミアム素材で作成された、Invokeスピーカは、Harman Kardonの360度サウンドで、広い部屋や空間を満たす。

 Harman Kardonの優れたサウンドは、音楽を、美しく、忠実に、再現する。

 Invokeスピーカは、スピーカ、対話型のCortana照明、および、直感的なボタンのトップに、「touch to surprise」ユーザ・インタフェース・パネルのような、使い易い機能を装備している。

 Invokeスピーカは、Skypeの統合を特徴にしており、ユーザは、携帯電話、固定電話、および、他のSkype対応デバイスのユーザと、明瞭な音質で、ハンズフリーで、電話をすることができるようにする。

 Invokeスピーカには、HARMANの音声認識技術、SONIQUEが装備されている。

 このSONIQUE音声認識技術は、周囲の雑音が多い環境でも、音声コマンドの詳細を、すべて認識できるようにする、7つのマイクを装備した、360度サウンド技術である。

 この音声認識技術は、HARMANのビーム・フォーミング、エコー・キャンセラー、および、ノイズ低減アルゴリズムを使用しており、Cortanaが、ユーザの、音声コマンドを、確実に、聞けるようにする。

 Microsoftのデジタル・アシスタント、Cortanaを搭載した、Harman Kardon Invokeスピーカは、特定の小売店と、Microsoft Storeで、2017年秋に、米国でのみ、提供される予定である。

 「Cortanaを搭載した、Harman Kardon Invokeスピーカの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

Samsungは、韓国において、自動運転車をテストすることを許可された。 '17.07.13

【Samsungは、韓国において、自動運転車をテストすることを許可された。】 '17.07.13

 Samsungは、韓国政府から、同社の電子部品やソフトウェアを搭載した、自動運転車を、国内でテストすることを許可された。2017年5月3日

Dis4
 By disruptive

 自動運転車の分野に力を入れようとしている、Samsungは、韓国政府から、国内において、同社の電子部品や、車載システムのソフトウェアを搭載した、自動運転車をテストすることを許可された。

 韓国政府が、テストを許可する、自動運転車は、Samsungの、カメラや、各種センサーなどの、電子部品と、同社車載システムのソフトウェアを使用して、韓国の自動車メーカにより作成された車を改造した、版に対してである。

 Samsungは、電子部品を搭載した、自動運転車の、自動運転アルゴリズムを開発するために、走行テストを繰り返していくことを計画している。

 Samsungは、同社の電子部品を使用して作成した、車載システムで使用するための、自動運転車用の、深層学習アルゴリズムを開発するために、車を改造し、韓国の公道で、走行テストを実施するが、車を製造するビジネスに、参入する計画は持っていない。

 Samsungは、自動運転車用の車載システムなどの製品を拡大させるための、新たな源として、自動車産業を特定している。

 Samsungは、2017年初めに、自動車部品メーカ、Harman International Industriesを、80億ドルで買収した。

 しかし、Samsungは、まだ、自動車メーカと、主要な供給契約を締結していないので、自動運転車ビジネスが、同社の主力のメモリチップやスマートフォンのビジネスに匹敵するほど、大きなビジネスになるには、数年かかるかもしれない。

 ベストセラーのアプライアンス

Samsungが、Bixbyデジタル・アシスタント搭載、Vegaスピーカを提供する。 '17.07.13

【Samsungが、Bixbyデジタル・アシスタント搭載、Vegaスピーカを提供する。】 '17.07.13

 WSJによると、Samsungが、Amazon Echoスピーカのような、Bixbyデジタル・アシスタントを組み込んだ、Vegaと呼ばれる、スマート・スピーカを提供するという。 2017年7月5日

 By Anirban Ghoshal、guidingtech

Sam1
 Appleは、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodと呼ばれる、スマート・スピーカを発表した。

 Microsoftは、Harman Kardonとパートナーを組み、Cortanaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Invokeと呼ばれる、スマート・スピーカの提供を開始した。

 Bixbyデジタル・アシスタントを組み込んだ、Samsungのスマート・スピーカの出荷が、遅れているのは、米国での英語の理解に問題があるからだという、いくつかの報告もある。

Sam2
 Samsungは、Bixbyデジタル・アシスタントを、高級スマートフォン、Galaxy S8とGalaxy S8 Plusの、主な新機能の1つとして、紹介している。

 しかし、Bixbyデジタル・アシスタントの音声コマンド能力は、まだ、完全ではなく、制約があるようだ。

 Bixbyデジタル・アシスタントは、コンテキスト情報も表示し、アプリの使い方を学習し、情報をカードの形で返すという。

 Bixbyデジタル・アシスタントは、場所に対応した、アラートをセットできる、基本的なリマインダー・ツールを持っている。

 また、ユーザは、Bixbyデジタル・アシスタントで、Google Play Musicを使用することもできる。

 Galaxy S8スマートフォンのカメラは、視覚的な検索ができるよう、Bixbyデジタル・アシスタントで、エンハンスされている。

 Bixbyデジタル・アシスタントには、Galaxy S8スマートフォンのカメラが捉えた画像のランドマークなどを識別して、認識し、似た画像を検索して、表示する能力もある。

 「Bixbyデジタル・アシスタントの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月12日 (水)

Samsungは、Bixby搭載、Vegaスマート・スピーカを開発している。 '17.07.12

【Samsungは、Bixby搭載、Vegaスマート・スピーカを開発している。】 '17.07.12

 SamsungのBixby搭載、Vegaスマート・スピーカは、Amazon Echoスピーカや、Google Homeスピーカなどと競合する。 2017年7月5日

Eweek3
 By Todd R. Weiss、eWEEK

 Samsungは、Amazon EchoスピーカやGoogle Homeスピーカといった、音声対応デジタル・アシスタント搭載スピーカに対抗するために、同社の音声対応デジタル・アシスタント、Bixbyを搭載した、Vegaスピーカを提供する。

 Samsungは、 Bixby音声対応デジタル・アシスタントを組み込んだ、Vegaスピーカを開発しており、スマート・スピーカの分野において、AmazonやGoogleといった競合ベンダがいる市場で、シェアを獲得することを目標にしている。

 Samsungは、1年以上、Vegaスピーカの開発に取り組んでいるが、製品の提供時期は、明らかにしていない。

 Samsungのスマート・スピーカのプロジェクトは、コード名、Vegaで知られているが、技術的な詳細は、明らかにされていない。

 Samsungは、AmazonのEchoスピーカ、GoogleのHomeスピーカ、さらに、AppleのHomePodスピーカ、Harmon KardonのInvokeスピーカといった、2017年後半に提供される予定の、将来製品を含む、他のスマート・スピーカとも連携できる、製品も開発している。

 eWEEKによると、SamsungのVegaプロジェクトは、Bixbyデジタル・アシスタントを、米国の市場向けに、ローカライズし、同社の最高級スマートフォン、Galaxy S8に組み込んでリリースするという。

 「SamsungのBixbyデジタル・アシスタントの紹介ビデオ」

 ビジュアルな検索、および、リマインダー能力といった、Bixbyコンポーネントが、新しいGalaxy S8とS8+スマートフォンで、利用できるようになる。

 音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、音声対応スピーカ製品は、照明をオンオフしたり、他のデバイスを制御したり、食事を注文したり、家のサーモスタットを制御したり、さまざまな能力を提供する。

 Samsungは、この音声対応デジタル・アシスタントを搭載した、Vegaスピーカで、音声対応スマート・スピーカの市場に参入する。

 市場調査会社、eMarketerによると、AmazonのEchoスピーカの出荷台数は、米国における、音声対応スピーカの出荷台数全体の、70.6%のシェアを占めているという。

 また、eMarketerによると、Google Homeスピーカの出荷台数は、米国における、音声対応スピーカの出荷台数全体の、23.8%のシェアを占めており、残りは、Lenovo、LG、および、Matteといった、ベンダの音声対応スピーカにより、占められているという。

 今後、数年間で、Google Homeスピーカの出荷台数が増え、シェアを向上させ、AmazonのEchoスピーカの出荷台数のシェアは、低下するだろう。

 Amazonは、予測期間に、この音声対応スピーカ市場において、支配的なプレーヤとして、残るだろう。

 3560万人の米国の大人は、2017年に、1ヶ月に、1回以上、デジタル・アシスタントを搭載した、音声対応デバイスを使用すると回答した。

 2017年に、1ヶ月に、1回以上、デジタル・アシスタントを搭載した、音声対応デバイスを使用すると回答した、米国の大人の人数は、2016年から、128.9%も増加している。

 Amazonのデジタル・アシスタントは、Alexaであり、Microsoftのデジタル・アシスタントは、Cortanaであり、Googleのデジタル・アシスタントは、Assistantである。

 Harmon Kardon Invokeデバイスは、音声対応デジタル・アシスタントに、MicrosoftのCortanaを使用する予定である。

 Amazonのデジタル・アシスタント、Alexaは、Amazon Echoスピーカなどに搭載されており、Googleのデジタル・アシスタント、Google Assistantは、Google Homeスピーカなどに搭載されている。

 ベストセラーのアプライアンス

HPが、VMwareとAmazon Workspaces用の、新たなゼロ・クライアントの提供を開始する。 '17.07.12

【HPが、VMwareとAmazon Workspaces用の、新たなゼロ・クライアントの提供を開始する。】 '17.07.12

 HPのt310ゼロ・クライアントは、VMwareとAmazon Workspacesの展開を目指している。2017年6月10日

Eweek2
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 HPのt310ゼロ・クライアントは、VMwareとAmazon Workspacesの展開を目指している。

 Teradic管理ツールは、デバイスの監視や、アップデートに使用することができる。

 仮想デスクトップ基盤(VDI)は、特定のエンタープライズITシステム内に、場所を持っている。

 どのタイプのVDIを展開するかを、具体的に決定する場合、2つの主な選択肢(シン・クライアントと、ゼロ・クライアント)がある。

 現在、シン・クライアントが、仮想デスクトップ基盤(VDI)市場の大部分を占めている。

 シン・クライアントとは、端末側に、データやアプリを置かず、サーバに接続し、サーバ側で、データ処理を行うような形態で使用する端末である。

 VDIビジネスを展開している、ベンダには、Dell Wyse、HP、Citrix、IGEL、Lenovo、および、Acerがいる。

 ゼロ・クライアントとは、ネットワーク経由でデスクトップ仮想化を利用するための専用端末で、CPUやストレージを搭載していない。

 最近のVDI市場では、ゼロ・クライアントが増加している傾向がある。

 ゼロ・クライアントの最新の製品には、2017年7月10日に、提供が開始された、HPの次世代ゼロ・クライアントである、HP t310がある。

 HPによると、同社の次世代ゼロ・クライアント、HP t310は、高性能で、高度なセキュリティを提供することを特徴にしているという。

 ゼロ・クライアント、HP t310は、エンドユーザに、より効果的な、ワークスペースを作成する、内蔵のVESA実装パターンを含んでいる。

 HPによると、t310ゼロ・クライアントは、Amazon Workspaceで、VMwareを、容易に展開できるようにするという。

 Teradici管理ツールは、アップデートや、デバイスの監視に使用することができる。

 ゼロ・クライアントは、構成を必要としない端末である。

 ゼロ・クライアントは、保存するものを、持っておらず、シン・クライアントよりも、セットアップに、時間を必要としない。

 しかし、ゼロ・クライアントは、シン・クライアント程、柔軟ではなく、管理者が、使用するための、デバイスのプロトコルを選択する必要がある。

 ユーザは、デスクトップ・セッションをアクセスするために、資格証明を入力するだけで良いが、ユーザが、実行できるオプションは、限られている。

 オペレーティング・システムの代りに、ゼロ・クライアントは、3つのVDIプロトコル(PCoIP、HDX、あるいは、RemoteFX)の1つ用に、特別に設計された、オンボード・プロセッサを搭載している。

 ほとんどのデコード、および、表示プロセスは、専用のハードウェアで行われるので、結果として、ゼロ・クライアントは、標準のCPUやGPUを搭載した、ソフトウェア・クライアントを使用するよりも、効率的である。

 ゼロ・クライアントは、起動してから、数秒で、使用できるようになり、ウイルスの影響を受けず、デバイスの全体的なダウンタイムを低減させる。

 ゼロ・クライアントは、メンテナンスやアップデートを、ほとんど必要としない。

 VDIプロトコルへの、重要な変更や、BIOS関連のアップデートも、重大な変更が加えられた場合を除き、ほとんど必要としない。

 HP t310ゼロ・クライアントの、新しい機能

・内臓VESAマウンティング・パターン

・ディスプレイ・ポートと、DVIポートを持つ、アップグレードされた、グラフィクス・オプション

・USBポート、6ポート

・4.8から、5.5に、アップグレードされた、ファームウェア

 HP t310ゼロ・クライアントは、2017年6月に、309ドルで、提供が開始される予定である、

HP t310ゼロ・クライアントの仕様:

・オペレーティング・システム:なし

・コ・プロセッサ : TERA2321 PCoIPゼロ・クライアント

・グラフィクス : グラフィクス統合プロセッサ

・システム・メモリ : 512MB DDR3-1333 SDRAM

・ネットワーキング : 10/100/1000 GbE、または、100 Mbps fiber NIC、マジック・パケットを使用した、Wake on LAN(WOL)、DNSとDHCPを持つ、TCP/IP、UDP

・オーディオ : 1/8インチのミニジャックを使用した、ステレオ・オーディオ出力と、マイク入力

・ディスプレイ・サポート : DVI-1と、ディスプレイ・ポートを使用している、最大2つの、ディスプレイ(解像度は、60Hzで、最大1920 x 1200)

・入力デバイス : HP Wired USBキーボード、HP Wired USBマウス

・電力 : 36W、100~240 VAC、50~60 HZ、オートセンス

・前面入出力 : USB 2.0、1ヘッドフォン、1マイク

ポート : 2 USB 2.0、1 RJ-45、1 Fiber NI、1 DVI-I、1 DisplayPort、1 電源コネクタ

・背面入出力 : 4 USB 2.0、1 ヘッドフォン、1 マイク

ポート : 2 USB 2.0、1 RJ-45、1 Fiber NIC、1 DVI-I、1 DisplayPort、1 電源コネクタ

・ザイズ : 6.5 x 13.75 x 18.72 cm

・重さ : 0.6kg

・プロトコル : PCoIPを通した、VMware Horizon View、PCoIPを通した、VMware Horizon DaaS、PCoIP2を通した、Amazon WorkSpaces

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoftが、Azureクラウド・サービスのローカル版を提供する。 '17.07.12

【Microsoftが、Azureクラウド・サービスのローカル版を提供する。】 '17.07.12

 Microsoftは、顧客が、独自のサーバで、クラウド技術を使用できるようにする、Azureクラウド・サービスのローカル版を提供する。 2017年7月10日

Reuter2
 By Salvador Rodriguez、Reuters

 Microsoftは、ライバルの、AmazonやAlphabetのGoogleと、より効果的に競争するために、クラウド・サービスの製品ラインに、再度、焦点を合わせる、同社の取り組みの一部として、顧客が、独自のサーバで、クラウド技術を使用できるようにする、新たなAzureクラウド・サービスを発表した。

 Microsoftは、クラウドと総称される、大規模な共有データセンターに、すべてのコンピューティング・オペレーションを移行できない、あるいは、したくない顧客に、焦点を合わせることを検討している。

 Microsoftによると、クラウド・プラットフォームの分野において、AmazonやGoogleに対抗できる、主な差別化の1つは、真のハイブリッド・ソリューションをサポートし、顧客に提供するための、能力であるという。

 Azureは、Microsoftのクラウド・プラットフォームであり、Amazon Web Services(AWS)に次いで、2番目に大きな、市場シェアを獲得している。

 Microsoftによると、Dell EMC、Lenovo、および、HPEが、Microsoftの、Azureクラウド・サービスを運用するために必要な、サーバ、ストレージ、ネットワーク基盤などを提供するという。

 Microsoftは、真のハイブリッド・ソリューションをサポートした、最初のシステムを、2017年9月に、顧客に出荷する予定である。

 Microsoftによると、Azure Stackと呼ばれる、新たなサービスは、Azureクラウド・サービスを使用したいが、ソフトウェアの、ローカライズされた版に対する、特定のニーズを持っている、企業を対象に提供される。

 Azure Stackサービスは、Azureクラウド・サービスの拡張であり、顧客の、レガシーのプライベート・クラウドを、置き換えるものではない。

 Azure Stackサービスは、石油リグやクルーズ船といった、インターネット接続が困難な遠隔地や、データをローカルに保存することが規制されている地域の企業により、使用されることを特徴にしている。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月11日 (火)

Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するために、Cloud IoT Coreの価値を売り込む。 '17.07.11

【Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するために、Cloud IoT Coreの価値を売り込む。】 '17.07.11

 Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するために、Cloud IoT Coreの価値を売り込む。 2017年6月30日

Eweek1
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 GoogleのCloud IoT Coreといった技術は、コネクティッド・カーから、毎日、生成される、大量のデータから、価値を得るために、革新的な方法をサポートできる。

 「GoogleのCloud IoT Coreソリューションの紹介」ビデオ

 Googleは、クラウド・コンピューティング技術が、将来、使用される、コネクッティッド・カーから、膨大なデータを収集し、分析するための、理想的なプラットフォームを提供する。

 Googleは、クラウド・サービスが、コネクティッド・サービスから収集された、データを使用している、使用ベースの保険、予測的な保守といった、新たな自動車用のアプリを実行するために、使用される方法を説明した。

 Googleによると、現在のコネクティッド・カーは、1日に、最大560GBの、データを生成できるという。

 コネクティッド・カーが、収集する、膨大なデータは、有用であるが、克服すべき、さまざまな課題がある。

 例えば、コネクティッド・カーに搭載されている、さまざまなデバイスを、任意のデータを収集し、分析するためのプラットフォームに接続するためには、認証や認可が必要になる。

 また、コネクティッド・カーに搭載されている、さまざまなデバイスの、ソフトウェアをアップデートでき、構成ツールを提供する必要がある。

 さらに、コネクティッド・カーが、収集する、膨大なデータを、分析し、フィードバックするための、信頼できる機構が必要になる。

 収集されたデータから、価値をもたらすために、車載システムは、収集されたデータの、さまざまなタイプの分析を実行する能力を持つ必要がある。

 ビジネス・レベルのロジックを開発し、内部的なソースからもたらされるデータと、統合する必要がある。

 ビジネス・レベルのロジックは、しばしば、3rdパーティ、あるいは、オフプロミスで収集されるデータと、統合される必要もある。

 最終的に、予測モデルが、要求され、アナリストは、データに基づいて、結果を予測できるようになる。

 Google Cloud Platform(GCP)サービスは、このような要件に対応するための、能力を持つ。

 例えば、デバイス管理フロントにおいて、GoogleのCloud IoT Core技術は、既に、企業が、世界に、分散されたデバイスを、GCPへ接続できるようにする。

 Cloud IoTは、Googleが、2017年5月に、企業が、ネットワークに接続された、センサーや、他のIP対応デバイスを、より良く、管理するのを支援するために開始した、サービスである。

 Cloud IoTサービスに組み込まれた、デバイス管理機能は、コネクティッド・カーの環境において、要求されている、デバイスの認証や認可を提供する。

 GoogleのCloud Sub/Pubメッセージ指向のミドルウェア技術は、コネクティッド・カーが生成する、さまざまな種類のデータに対する、データ収集ポイントとして使用される。

 Googleは、Cloud Pub/Subを、分散アプリやサービスが、リアルタイムなメッセージング能力を使用できるようにする、ミドルウェアとして説明した。

 GoogleのBear氏は、コネクティッド・カーのデータから、新たなアプリを可能にするために、適切に作用する、いくつかの、他のGoogleクラウド技術をリストした。

 このGoogleクラウド技術には、複数のソース、Google Compute Engine、Container Engine、および、App Engineから収集される、データを処理するための、Google Cloud Dataflowが含まれる。

 TensorFlowや、Cloud Machine Learningエンジンといった、Googleの、予測的な技術は、洞察や、IoTデータから値を抽出することにおいて、極めて有用になり得る。

 コネクティッド・カーの車載システムは、モバイル技術プラットフォームをベースにした、洗練された、さまざまなIoTデバイスで構成されている。

 3rdパーティは、コネクティッド・カーの車載システムの、モバイル技術プラットフォームに、先進のサービスを提供できるようになる。

 Googleのクラウド技術は、コネクティッド・カーの車載システム向けに、スケーラブルで、信頼性のある、モバイル技術プラットフォームを提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

デンソーと東芝が、自動運転車用の画像認識AI技術を開発し、利用していくことで提携する。 '17.07.11

【デンソーと東芝が、自動運転車用の画像認識AI技術を開発し、利用していくことで提携する。】 '17.07.11

 デンソーと東芝は、運転補助や、自動運転技術向けに、両社により開発される、画像認識システムにおいて使用される、人工知能(AI)技術を、共同で開発し、利用していくことで、基本的な合意に達した。 2016年10月18日

Denso1a
 By MH Themes

 デンソーと東芝は、Deep Neural Network-Intellectual Property(DNN-IP)と呼ばれる、自動運転車用の画像認識AI技術を開発し、利用していくことで提携する。

 このDNN-IPと呼ばれる、AI技術は、人間の脳の、ニューラル・ネットワークをモデルにした、アルゴリズムである。

 両社は、このAIアルゴリズムを、プロセッサに組み込むことで、車載システムが、カメラで捉えた映像を、人間の頭脳よりも、正確で、高速で、リアルタイムに、画像認識できるようになると期待している。

 運転補助や自動運転を可能にするために、車載システムは、カメラ、レーダ、および、位置、速度、加速度などのセンサーから得られた情報を、リアルタイムに分析し、フィードバックする必要がある。

 例えば、車載システムは、カメラやレーダで捉えた、映像を、リアルタイムに分析し、他の車、歩行者、障害物、道路標識、路面標示、信号機、潜在的に危険な状況、および、交通渋滞といった、さまざまな状況を識別し、認識できる必要がある。

 従来のパターン認識と、マシン学習に基づく、画像認識では、コンピュータで認識される必要がある、オブジェクトを、事前に、特徴を抽出する必要があった。

 これに対し、Deep Neural Network(DNN)ベースの画像認識では、コンピュータが、オブジェクトの特性を独自に抽出して、学習することができるので、広範囲のオブジェクトを検出できると共に、識別の精度が大幅に向上している。

Denso1b
 DNN技術における、急速な進歩により、両社は、このDNN技術を、さまざまなネットワーク構成に、柔軟に拡張できるようにしていくことを計画している。

 東芝は、小型・軽量化、低消費電力化、および、他の最適化された機能を搭載した、車載システム用のプロセッサに、このDNN技術を実装することにも取り組んでいる。

 デンソーは、車載アプリに、DNN-IP技術を使用していく。

 デンソーと東芝は、車載カメラに、DNN-IP技術を組み込むことでも協調し、DNN-IP技術を商用化するためのプロセスを加速させていく。

 先進の運転補助システムや、自動運転システムの開発において、デンソーは、車載カメラに、DNN-IP技術を組み込むことで、運転手や乗客だけでなく、車社会全体を、より安全で、セキュアにしていくことに、貢献していく。

 東芝は、デンソーと、共同で開発した、DNN-IP技術を、ハードウェア・コンポーネントに分割し、デジタル・シグナル・プロセッサ(DSP)、あるいは、グラフィクス処理ユニット(GPU)を採用した、従来の画像処理システムよりも、少ない電力消費で、画像処理性能を向上させるために、このDNN技術を、車載システム用の画像認識処理プロセッサに、実装していく。

 ベストセラーのアプライアンス

FacebookのOculusが、仮想現実(VR)ヘッドセットの価格を下げる。 '17.07.11

【FacebookのOculusが、仮想現実(VR)ヘッドセットの価格を下げる。】 '17.07.11

 FacebookのOculusが、ライバルに対抗して、仮想現実(VR)ヘッドセットの価格を下げる。2017年7月10日
Reuter1
 By David Ingram、Reuters

 FacebookのOculusは、イマーシブなゲーム用の、仮想現実(VR)ヘッドセットが、思った程、消費者に、浸透していかないので、市場を活性化させるために、ハードウェアの価格を、一時的に下げている。

 Oculusは、SonyのPlayStation VRに対抗し、Riftヘッドセットと、Touchコントローラのセット価格を、6週間、399ドルに値下げする。

 HTCにより、開発された、VRヘッドセット、Viveは、現在、799ドルで販売されており、値下げされていない。

 Facebookは、2014年に、Oculusを、30億ドルで買収した。

 FacebookのCEO、Mark Zuckerberg氏は、OculusのVRヘッドセットを通した、360度のパノラマビューを提供するメディアが、数十億人の人々の日常生活の一部になることを期待している。

 販売価格の値下げは、時には、製品の弱さを示しているが、Oculusによると、同社が、VRヘッドセットの価格を下げるのは、製造コストを下げることができ、さらに、3rdパーティのコンテンツ制作会社が、ユーザに、魅力的なコンテンツやゲームを制作するのを促すことを狙っているという。

 Oculusによると、VRヘッドセットの価格を下げることで、3rdパーティのコンテンツ制作会社が、コンテンツやゲームをリリースする、ペースが速くなったという。

 Oculusは、2017年3月に、VRヘッドセットの価格を、798ドルから、598ドルに値下げした。

 2017年5月に、Oculusは、外部のコンテンツ制作会社に、焦点を合わせ、エコシステムを拡大させるために、2年前に、開設された、同社のコンテンツ制作会社、Story Studioを閉鎖した。

 また、2017年2月には、FacebookとOculusを、著作権の侵害で訴えた、ビデオゲーム制作会社、ZeniMax Mediaに、有利な判決があり、FacebookとOculusに、5億ドルの賠償が、求められていた。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月10日 (月)

2017年のベスト・スマート・ホーム・ハブ(2) '17.07.10

【2017年のベスト・スマート・ホーム・ハブ(2)】 '17.07.10

 2017年のベスト・スマート・ホーム・ハブ、2017年7月6日

 By Mike Prospero、tomsguide

 照明、ドア・ロック、監視カメラ、ドアフォン、サーモスタットなど、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスが、増えているので、ユーザは、これらを集中的に制御し、管理できる、スマート・ホーム・ハブが必要になる。

1.Samsung SmartThingsハブ

H1
・最適なスマート・ハブ

・極めて良い

・価格:49ドル

・サイズ:4.2 x 4.9 x 1.3インチ

・IFTTT、Z-Wave、ZigBee、Wi-Fi、Bluetooth、Nest、Amazon Echoをサポートし、連携できる。

・ポート:イーサネット、USB x 2

・バッテリー・バックアップ有り

 第2世代の、Samsung SmartThingsハブは、他のハブより多い、200種類以上のデバイスをサポートし、接続することができる。

 また、ユーザは、家庭に設置されている、すべてのスマート・ホーム・デバイス用に、さまざまなシナリオを作成することができる。

 しかし、これらのオートマチック・アクションをセットアップするための、このプロセスは、少し複雑である。

 競合するハブと異なり、SmartThingsハブは、電力が途絶えたときのための、バッテリ・バックアップを持っている。

 従来のスタンドアローンのハブを購入したくないなら、SmartThingsインテグレーションを組み込んだ、Samsungの新たなConnect Homeメッシュ・ルータを購入するのが良いだろう。

2.Amazon Echo Dotスピーカ
H2
 手頃な価格で、購入できる、音声コマンド対応の、スマート・ホーム・ハブである。

・優れている。

・価格:49ドル

・サイズ:1.3 x 3.3 x 3.3インチ

・Wi-Fi、Blueroothをサポートする。

・ポート:3.5mmオーディオ

・バッテリー・バックアップなし

 たった49ドルの、Echo Dotスピーカは、他の競合するハブの価格の、約半分なので、スマート・ホーム・バブを購入したいが、予算の少ない、ユーザに最適である。

 しかし、Amazon Echo Dotスピーカは、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを制御することができる。

 Amazon Echo Dotスピーカは、Echoスピーカのブーミング・スピーカを搭載していないが、Echo Dotスピーカの、指向性がある、高感度マイクは、部屋の何処にいても、ユーザの声をうまく拾うことができる。

 ユーザは、音声コマンドで、Amazon Echo Dotスピーカで、照明、ドアのカギ、ドアフォンなどを制御したり、ニュースのヘッドライン、天気予報、スポーツの試合のスコアなどを確認したり、することもできる。

 Amazon Echo Dotスピーカの、使い方、コツ、および、トリックは、Amazon Alexa Guideで、紹介されている。

3.Google Homeスピーカ

H3
・音声コマンドで、制御できる、最良のスマート・ホーム・ハブ

・全体的に、価値がある。

・価格:129ドル

・サイズ:5.62 x 3.79インチ

・Chromecast、Nest、Philips Hue、SmartThings、IFTTT、WeMo、Honeywellをサポートし、連携できる。

・ポート:なし

・バッテリー・バックアップなし

 Amazon Echoスピーカの競合ハブである、Google Homeスピーカは、内臓スピーカを持ち、音声コマンドに応答でき、スマート・ホーム・デバイスと、ストリーミング音楽の両方を制御できる。

 Google Homeスピーカが、競合ハブと差別化できる特徴は、ユーザが、あらゆるものを検索できる、Google Assistantデジタル・アシスタントと統合できることである。

 さらに、ユーザが、TVストリーミング・デバイス、Chromecastも持っていれば、ユーザは、Google Homeスピーカを介して、音声コマンドで、このChromecastを制御することもできる。

 Google Homeスピーカの価格は、129ドルで、180ドルの、Amazon Echoスピーカよりも、安い。

4.Wink Hub 2ハブ
H4
・極めて良い

・価格:99ドル

・サイズ:7.25 x 7.25 x 1.5インチ

・Zigbee、Z-Wave、Wi-Fi、Bluetooth LE、Lutron Clear Connect、Kidde、Thread、Alexa、Google Homeをサポートしている。

・ポート:イーサーネット

・バッテリー・バックアップなし

 Winkの第2世代のスマート・ホーム・ハブ、Wink Hub 2は、Alexa搭載Amazon Echo、Google Home、Z-Wave、Zigbee、Lutron Clear Connect、および、Kiddeといった、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを接続し、サポートすることができる。

 Wink Hub 2ハブは、Bluetooth LEに接続し、GoogleのThreadインタフェースを内臓サポートしている。

 さらに、Wink Hub 2ハブは、より強力なプロセッサ、8倍い大きなメモリ、5GHz Wi-Fi、および、イーサーネット・ポートを持っている。

 Wink Hub 2ハブの直感的なインタフェースは、スマート・ホームを、初めて導入する、ユーザに適しているが、パワー・ユーザには、先進的な機能が欠けている。

5.Samsung Connect Home

H5
・価格:169ドル

・サイズ:4.7 x 4.7 x 1.2インチ

・Amazon Alexa、Belkin WeMo、GE、Google Assistant、Honeywell、Hue、Iris、Keen Home、Kwikset、Lutron、Rachio、Ring、Schlage、SmartThings、Yale、ecobee、iHomeをサポートしている。

・ポート:イーサーネット

・バッテリー・バックアップなし

 Connect Homeデバイスでは、Samsungは、スマート・ホーム・ハブを、メッシュ・ネットワーク・ルータと組み合わせている。

 Connect Homeデバイスは、SmartThingsハブでできる、すべてのことができるようになるが、家庭全体に、Wi-Fiをよく展開することができる。

 Connect Homeデバイスは、3つの版(169ドルの、1個のAC1300 Connect Homeバブ、379ドルの、3個のAC1300 Connect Homeハブ、249ドルの、Connect Home Pro AC2600)で、販売される。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年のベスト・スマート・ホーム・ハブ(1) '17.07.10

【2017年のベスト・スマート・ホーム・ハブ(1)】 '17.07.10

 2017年のベスト・スマート・ホーム・ハブ、2017年7月6日

 By Mike Prospero、tomsguide

 照明、ドア・ロック、監視カメラ、ドアフォン、サーモスタットなど、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスが、増えているので、ユーザは、これらを集中的に制御し、管理できる、スマート・ホーム・ハブが必要になる。

 スマート・ホーム・ハブは、互換性のある、あらゆる、スマート・ホーム・デバイスを、クラウドに接続することができ、スマート・ホーム・ハブの、コンパニオン・アプリを通して、制御することができる。

 さらに、スマート・ホーム・ハブは、他のスマート・ホーム・デバイスを自動化する、能力も提供する。

 例えば、ユーザは、ドアの鍵を開けると、入り口の照明が、自動的に点灯するようにしたり、サーモスタットを、ユーザの好みの温度に設定したりする、アプリ(スキル)を設定することができる。

 スマート・ホーム分野は、まだ、揺籃期にあるので、この分野には、どのスマート・ホーム・ハブで、どのスマート・ホーム・デバイスを制御できるかといった、互換性の問題や、サポート体制などに、多くの混乱がある。

 また、スマート・ホーム・ハブや、スマート・ホーム・デバイスの、セットアップ・プロセスも、まだ、複雑な製品が多い。

・第1世代の、スマート・ホーム・ハブとして、これまで、Nest Learning Thermostatや、Logitech Harmony Eliteリモコンといった、特定のスマート・ホーム・デバイスが、他のスマート・ホーム・デバイスとクラウド間の、ブリッジとして機能していた。

 しかし、今後、このような、スタンド・アローンのスマート・ホーム・デバイスが、スマート・ホーム・バブとして、使用され続けることはないだろう。

・第2世代の、スマート・ホーム・ハブである、AppleのHomeKitや、GoogleのThreadの出現で、ユーザは、スマートフォン、タブレット、あるいは、スマートTVを、スマート・ホーム・デバイスと、クラウド間のブリッジとして、使用するようになり、これらのデバイスで、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになった。

・第3世代の、デジタル・アシスタントを組み込んだ、音声コマンド対応の、スマート・ホーム・ハブ(Samsung SmartThingsハブ、Amazon Echoスピーカ、Google Homeスピーカなど)が、スマート・ホーム市場に出現してきた。

 ユーザは、これらの、音声コマンド対応の、デジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ホーム・ハブ(Samsung SmartThingsハブ、Amazon Echoスピーカ、Google Homeスピーカなど)で、さまざまなスマート・ホーム・デバイスを接続し、容易に、セットアップし、音声コマンドといった、容易なユーザ・インタフェースで、制御できるようになってきた。

・Samsung SmartThingsハブは、業界標準のWebサービス、IFTTTをサポートし、現在、最も多くの、他のスマート・ホーム・デバイスと、互換性があり、200種類以上のデバイスをサポートし、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを使用して、制御することもできる。

Hub1
・Google Homeスピーカと、他のスマート・ホーム・デバイスとの統合は、まだ、揺籃期にあるが、家で、音声により、インターネットで、あらゆるものを検索できるようにしたいならば、Google Home(129ドル)が、最高の賭けになるだろう。

Hub2
・Winkのスマート・ホーム・ハブの、第2世代、Wink Hub 2(99ドル)は、Thread、Alexa、Google Homeなどをサポートし、さまざまなスマート・ホーム・デバイスと連携することができ、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを使用して、制御することもできる。

Hub3
・AmazonのEcho、Echo Dot、Echo Show、および、Fire TVといった、Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ホーム・ハブは、IFTTTのような業界標準のWebサービスをサポートしていなが、他のベンダのスマート・ホーム・デバイスをサポートし、独自のエコシステムを確立しており、互換性が確認され、サポート体制もあるので、Amazonのハブの購入を検討する価値はあるだろう。

Hub4
 ユーザは、AmazonのEcho、Echo Dot、Echo Showといった、スマート・ホーム・ハブを通して、音声コマンドで、Alexaと互換性のある、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを、制御できるだけでなく、ピザを注文したり、天気予報やニュースをチェックしたり、オンライン・ショッピングしたり、できるようになる。

 ユーザは、機能、サービス、セキュリティだけでなく、他のスマート・ホーム・デバイスとの、互換性、動作の保証、サポート体制、使い易さ、他の付加価値を考慮して、スマート・ホーム・ハブを選択すべきだろう。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

中国のBaiduが、50社のパートナーと、自動運転技術を推進する。 '17.07.10

【中国のBaiduが、50社のパートナーと、自動運転技術を推進する。】 '17.07.10

 Baiduの自動運転技術を搭載した、自動運転車が、中国の浙江省、Wuzhenの公道で、走行テストを実施している。

Reuters1
 By Paul Lienert、Reuters

 中国で、インターネット検索エンジンを提供する、Baiduは、Alphabetの車載プラットフォームに対抗して、同社のApollo車載プラットフォームを採用した、自動運転車をプロモートするための、アライアンスの形成に取り組んでいる。

 Baiduは、2019年までに、中国で、自動運転車を実用化させたいと思っている。

 Baiduのアライアンスには、自動車メーカ、サプライヤ、スタートアップ、大学、および、地方自治体との、パートナーシップが含まれる。

 このアライアンスは、カリフォルニアのシリコンバレーにある、技術センターで、開発された、BaiduのApollo車載プラットフォームをベースに構築されている。

 Apollo車載プラットフォームの、主な開発パートナーには、マイクロプロセッサ、人工知能(AI)、および、マッピングのエキスパート、TomTomがいる。

 自動車メーカでは、Ford Motorと、Daimler AGが、サプラーヤでは、Delphi Automotiveが、チップメーカでは、Intelが、Baiduのパートナーになった。

 Baiduの、中国の自動車メーカのパートナーには、Chery Automobile、BAIC Motor、FAW Group、Chongqing Changan Automobile、および、Great Wall Motorがいる。

 ドイツのサプライヤ、Robert Bosch、Continental Automotive、および、ZF Friedrichshafenが、Baiduのパートナーになった。

 Baiduによると、同社の目標は、2019年までに、中国の公道で、自動運転車を実用化させることであり、米国など、他の市場にも展開していくことであるという。

 Baiduは、中国のTencent HoldingsやLenovoにより、支援されている、シリコンバレーの電気自動車のスタートアップ、Nioに、投資している。

 Nioは、2020年までに、米国の公道で、自動運転車を、実用化させたいと思っている。

 また、BaiduとChery Automobileは、コネクティッド・カーの開発で、協調していくことで、契約を交わしている。

 Chery Automobileは、同社の、いくつかの、自動運転車のプロトタイプに、Baiduの自動運転ソフトウェアを組み込み、製造を含み、両社のパートナー携関係を、さらに深めていくようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 9日 (日)

Lenovo X1 Yoga Gen 2ビジネス・ラップトップが、改善される。(2) '17.07.09

【Lenovo X1 Yoga Gen 2ビジネス・ラップトップが、改善される。(2)】 '17.07.09

 Lenovo X1 Yoga Gen 2ビジネス・ラップトップが、改善される。2017年7月5日

 By Wayne Rash、eWEEK

 Lenovoの2-in-1ビジネス・ラップトップの第2世代、ThinkPad X1 Yoga Gen 2は、2016年のオリジナルのLenovo X1 Yogaの改善版である。

  (続く)

5.Lenovo X1 Yogaは、タブレットにもなる。

Eweek75
 X1 Yogaのスクリーンが、完全に、折り畳まれると、X1 Yogaは、タブレットになる。

 X1 Yogaは、iPadよりも、厚くて、重いが、スクリーンは、より大きく、iPadにはない、通信ポートもある。

 例えば、X1 Yogaの側面には、Kensington Lock、HDMIポート、USB 3.0ポート、および、mini-RJ45と共に、ヘッドフォン/マイクのプラグ、電源/スリープ・ボタン、ThinkPad Pen Proがある。

6.Lenovo X1 Yogaの側面の反対側には、USBポートがある。

Eweek76
 X1 Yogaの、側面の反対側には、Always On USB 3.0ポート、USB 3.0ポート。および、2つのThunderbolt 3 USB-Cポートがある。

 蝶番に、最も近いポートは、X1 Yogaの電源供給プラグである。

7.Lenovo X1 Yogaのキーボードは、使い易い、ウルトラブック・キーボードである。

Eweek77
 X1 Yogaのタッチ・スクリーンの前には、使い易い、ウルトラブック・キーボードがある。

 ラップトップを、実際の仕事に使用する場合、ユーザは、使い易い、X1 Yogaのウルトラブック・キーボードで、生産性を上げることができる。

 使い易い、ウルトラブック・キーボードを特徴とする、X1 Yogaは、薄くて、軽いので、旅行に携帯するのに最適である。

 ウルトラブック・キーボードのスペースバーの下には、マウス・ボタンがあり、キーボードの中央には、スクロール・ボタンがある。

 キーボードの前には、操作がスムーズで、反応のよい、タッチパッドがある。

8.X1 Yoga Gen 2は、ユーザのアート・ワークを支援する。

Eweek78
 ThinkPad X1 Yogaに、添付されている、ThinkPad Pen Proペンは、画面のデジタル化レイヤが不要になる、アクティブ容量技術を使用している。

 ユーザは、ThinkPad Pen Proペンで、タッチ・スクリーンに、絵を描画したり、手書きで、メモを書いたりすることができる。

 Lenovoによると、このThinkPad Pen Proペンは、2048レベルの圧力感度を持っているという。

 ThinkPad Pen Proペンには、左と右のマウス・ボタンが付いており、ユーザは、このペンを、ポインティング・デバイスとして使用することができる。

 ベストセラーのアプライアンス

Lenovo X1 Yoga Gen 2ビジネス・ラップトップが、改善される。(1) '17.07.09

【Lenovo X1 Yoga Gen 2ビジネス・ラップトップが、改善される。(1)】 '17.07.09

 Lenovo X1 Yoga Gen 2ビジネス・ラップトップが、改善される。 2017年7月5日

ThinkPad X1 Yogaラップトップは、14インチのスクリーン、キーボード、および、いくつかの通信ポートを持ち、丈夫なカーボン・ファイバーのケースで、覆われている。

Eweek70_2
 By Wayne Rash、eWEEK

 Lenovoの2-in-1ビジネス・ラップトップの第2世代、ThinkPad X1 Yoga Gen 2は、2016年のオリジナルのLenovo X1 Yogaの改善版である。

 Lenovoの、他のビジネス・ラップトップ、X1 Carbonは、X1 Yogaと、多くのDNAを共有している。

 重さが、3ポントのThinkPad X1 Yogaは、Appleの12.9インチのiPad Proよりも、2倍厚く、2倍重い。

 ThinkPad X1 Yoga Gen 2は、AppleのiPadよりも、大きな、14インチのスクリーンを持ち、iPadにはない、キーボードと、通信ポートを持っている。

 ThinkPad X1 Yogaには、ポインティング・デバイスにも、手書きツールにもなる、LenovoのPen Proスタイラス・ペンも同梱されている。

 ThinkPad X1 Yogaには、メモリやストレージの容量と共に、望みのスクリーンのタイプを選択できるよう、さまざまな構成オプションがある。

 ThinkPad X1 Yogaは、Lenovoが、従来から継続して提供してきた、使い易い、優れたキーボードを持っている。

1.ThinkPad X1 Yogaは、軽くて、薄い、ラップトップである。

Eweek71
 LenovoのThinkPad X1 Yogaは、最も基本的な機能に優れている。

 ThinkPad X1 Yogaは、薄くて、軽いだけでなく、丈夫で、使い易いラップトップであり、Intel i7プロセッサを搭載し、高性能であり、半導体ディスク(SSD)ストレージを採用し、極めて速い。

2.ThinkPad X1 Yogaのスクリーンは、小さくても、見やすくできている。

Eweek72
 ThinkPad X1 Yogaは、トップに、2つの蝶番を持っており、テントの形にすることもでき、プレゼンテーションなどのために、使用できる。

 ThinkPad X1 Yogaの、Microsoft Windows 10 Signature Editionを予めインストールした版は、ワークステーション・モードでも、タブレット・モードでも使用できる。

3.ThinkPad X1 Yogaを、テントの形で使用するための仕組み

Eweek73
 Lenovoの、ThinkPad X1 Yogaは、2つの蝶番を持つデザインになっており、ユーザは、キーボードを、スクリーンの後ろに、折り畳むことができる。

4.安定した形にするために、キーボードを折り畳むことができる。

Eweek74
 ThinkPad X1 Yogaは、スクリーンを、フラットにして、安定させるために、スクリーンの裏に、キーボードを折り畳むことができる。

 これにより、キーボードの、ダメージを防ぐことができる。

 ThinkPad X1 Yogaの、スクリーンの下には、5つの四角な冷却孔がある。

 蝶番の隣は、SDカードと、SIMカードのカバーになっている。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

HomePodサイト(4) '17.07.09

【HomePodサイト(4)】 '17.07.09

 ようこそ、HomePodサイト

 HomePodは、世界で最大の音楽カタログの1つである、Apple Musicと連携し、ユーザに合った音楽を、素晴らしいサウンドで、楽しむことのできる、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカである。

Homepad1_2
   (続き)

8.ユーザは、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカに、音声コマンドで、さまざまなことを、問い合わせることもできる。

 Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカは、ユーザから、音楽以外の、ポピュラーなカテゴリ(時刻、測定、翻訳、ニュース、スポーツ、天気予報、公共の交通機関など)に関する、質問を受け、それに答えることもできる。

9.ユーザは、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカに、音声コマンドで、エアコン、ガレージのドア、ドアフォン、監視カメラといった、Apple HomeKit対応のアクセサリー・デバイスを制御することができる。

 例えば、ユーザは、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカに、「部屋の照明を点けて」、「部屋を涼しくして」、「部屋を薄暗くして」などと、依頼することができる。

 ユーザは、HomeKit対応のアクセサリーを追加して、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカに、音声コマンドで、制御することができる。

10.Siriホーム・コマンドの例

 Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカは、ユーザの毎日の行動や、好みなどを学習し、音声コマンドで、Apple Musicサービスを使用して、音楽ストリーミング・コンテンツを楽しんだり、HomeKit対応のアクセサリーを制御したり、知りたいことを問い合わせたりすることができる。

「Siri、2階を涼しくして」

「Siri、Red Soxのサッカーの試合のスコアを教えて」

「Siri、5分間のタイマーを設定して」

「Siri、今日のニュースを教えて」

「Siri、部屋の照明を消して」

11.HomePodスピーカの主な仕様

・HomePodスピーカのサイズ:高さ:172mm、幅:142mm

・HomePodスピーカの重さ:2.5㎏

・HomePodスピーカの色:白か、スペース・グレー

・HomePodスピーカの無線ネットワークのサポート

・MIMOde、802.11a/b/g/n/ac Wi-Fiをサポート

・AirPlay 23で、複数の部屋のスピーカをサポート

・言語サポート:英語(米国、英国、オーストラリア)

 ベストセラーのアプライアンス

HomePodサイト(3) '17.07.09

【HomePodサイト(3)】'17.07.09

 ようこそ、HomePodサイトへ

 HomePodは、世界で最大の音楽カタログの1つである、Apple Musicと連携し、ユーザに合った音楽を、素晴らしいサウンドで、楽しむことのできる、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカである。

Homepad1
    (続き)

5.究極の音楽サービスを提供する。

Em3_2
 Apple Musicにおいて、最高の音質を引き出すために構築された、HomePodスピーカは、何処に置いても、深遠で、直感的な、音楽エコシステムの重要な部分になる。

 Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカは、世界のレコーディングへのアクセスを提供し、聞きたいと思う、すべての曲を発見するのに役に立つ、音楽家のような役割も演じる。

 Apple Musicには、200万人のアーティストの楽曲が、保存されており、これらの楽曲は、ストリーミング音楽として、Siriを組み込んだ、HomePodスピーカ、スマートフォン、タブレットなどで、聴くことができる。

6.HomePodスピーカで、どのように、Apple Musicを利用できるか?

 ユーザは、HomePodスピーカに組み込まれた、Siriデジタル・アシスタントに、「何か、別の曲を再生して」などと、依頼することができる。

 Apple Musicは、ユーザの、音楽の好みを学習し、適切な楽曲を探してくれる。

 Apple Musicは、クラウド・ベースのサービスなので、ユーザが、他のデバイスで、Apple Musicを利用する場合、ユーザのプレイリストや好みは、クラウドに保存され、引き継がれる。

 ユーザは、音声コマンドで、「DJやって」、「何か、別の曲を再生して」、次は、Moanaサウンドトラックを再生して」、「この楽曲のドラマーは、誰?」、「ヒップ・ホップ系の楽曲を再生して」といったことを、HomePodスピーカに組み込まれた、Siriデジタル・アシスタントに、依頼することができる。

 ユーザは、HomePodスピーカの上部をタップして、楽曲を再生したり、一時停止させたり、再生する、音量を調整したりすることもできる。

7.HomePodスピーカは、他に、スマート・ホーム・デバイス・ハブとして、使用することもできる。

 HomePodスピーカは、ユーザの音楽を、再生するだけではなく、ユーザの、日常の作業を補助したり、音楽以外の、さまざまな質問に答えたり、ホーム・アシスタントして、使用したりすることもできる。

 また、HomePodスピーカを、スマート・ホーム・デバイス・ハブとして使用し、ユーザは、音声コマンドで、スマート照明、エアコン、サーモスタット、ドアフォンといった、Apple HomeKit対応のアクセサリー・デバイス(スマート・ホーム・デバイス)を、制御することもできる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

HomePodサイト(2) '17.07.09

【HomePodサイト(2)】'17.07.09

 ようこそ、HomePodサイト

 HomePodは、世界で最大の音楽カタログの1つである、Apple Musicと連携し、ユーザに合った音楽を、素晴らしいサウンドで、楽しむことのできる、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカである。

Woofer2
   (続き)

2.7つのツイータのスピーカのアレイ

 HomePodスピーカは、非常に狭いビームから、一貫性のある360度オーディオまで、正確に音の焦点を合わせる、7つのビームフォーミング・ツイータのアレイを持っており、さまざまな角度から、素晴らしいサウンドを提供する。

 HomePodスピーカは、部屋の、どこにでも置くことができ、サウンド・ビームを部屋全体に向けて狙うことで、ツイータは、没入感のある、空間の感覚を作り出す。

3.A8チップが、HomePodスピーカの頭脳になる。

Em4
 AppleのA8チップは、HomePodスピーカに、最も複雑なオーディオ技術革新をもたらし、これまでにない、素晴らしいサウンドを体験できるようにする。

・リアルタイムな、高速バッファリングが可能になる。

・直接の音声と周囲の音声の、両方のアップミキシングが可能になる。

・高度なエコーキャンセレーションを可能にする。

4.美しいデザイン

Em3
 HomePodスピーカは、美しいデザインと、音響的な性能を両立させることを目的とした、シームレスなメッシュの布(白か、スペース・グレー)に包まれている。

 HomePodスピーカの高さは、7インチで、どんな部屋にもフィットする、シンプルなデザインになっている。

 ユーザは、部屋の何処にいても、どんな音楽でも、あらゆる角度から、優れたオーディオ品質を体験できる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年7月2日 - 2017年7月8日 | トップページ | 2017年7月16日 - 2017年7月22日 »

最近の記事

ウェブページ

広告2