« 2017年6月25日 - 2017年7月1日 | トップページ | 2017年7月9日 - 2017年7月15日 »

2017年7月2日 - 2017年7月8日

2017年7月 8日 (土)

Google Pixel 2スマートフォンに、新たなプロセッサと、大きなスクリーンが計画されている。(2) '17.07.08

【Google Pixel 2スマートフォンに、新たなプロセッサと、大きなスクリーンが計画されている。(2)】 '17.07.08

 Google Pixel 2スマートフォンに、新たなプロセッサと、大きなスクリーンが計画されている。2017年7月5日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Googleは、2016年に、Googleブランドの、最初のAndroidスマートフォン、Google Pixelを紹介することにより、デザインと技術の両方で、モバイル市場において話題になった。

   (続き)

5.Google Pixel 2スマートフォンに、Qualcommプロセッサを採用する。

Eweek55
 Googleは、チップメーカ、Qualcommとパートナーを組み、Google Pixel 2スマートフォンに、QualcommのSnapdragonプロセッサを採用する。

 Googleが、Snapdragon 835、あるいは、Snapdragon 836の、どちらのプロセッサを採用するかは、不明である。

 レポートによると、Snapdragon 836プロセッサの方が、Snapdragon 835プロセッサよりも、もう少し大きな処理パワーと、バッテリー効率を提供するという。

6.Google Pixel 2スマートフォンの、オペレーティング・システムに、Android Oを採用する。

Eweek56
 Googleは、準公式のAndroidスマートフォンとして、Pixelブランドを使用する。

 Googleは、Pixel 2スマートフォンに、Android Oオペレーティング・システムを、採用したからといって、驚くべきことではない。

 このAndroid Oオペレーティング・システムは、2017年後半に、提供される予定である。

 Google Pixel 2スマートフォンは、最初に、Android Oを採用する、スマートフォンになるだろう。

7.Googleは、Google Pixel 2スマートフォンのカメラを、さらに改善する。

Eweek57
 Googleは、昨年、同社のPixcelスマートフォンが、世界で最高級のカメラを搭載していると述べた。

 噂によると、Googleは、Pixel 2スマートフォンにおいて、カメラのアップデートを計画している。

 Googleは、Pixel 2スマートフォンの、最も大きなモデルで、デュアル・レンズのデザインを提供するだろう。

8.Pixel 2スマートフォンのバッテリーの寿命は、十分だろう。

Eweek58
 バッテリーの寿命は、他のAndroidスマートフォンから、差別化する上で、Pixel 2スマートフォンの重要な特徴になるだろう。

 少なくとも、Googleには、同社のPixel 2スマートフォンの中で、最大のサイズのバッテリーを提供する可能性が十分にある。

 Pixel 2スマートフォンのバッテリーの寿命が、どれぐらい長いかの噂はないが、最大のバッテリー・パックは、3500mAhで、トップになる可能性がある。

9.Pixel 2スマートフォンは、オーディオ品質を改善するだろう。

Eweek59
 批評家は、オリジナルのGoogleのPixelスマートフォンの、オーディオ品質が、標準以下であると批評していた。

 いくつかのレポートによると、Googleは、より強力で、よりハイエンドのスピーカと、音質の優れたイヤフォンをバンドルすることで、オーディオ品質を改善しているという。

10.Pixel 2スマートフォンの価格は、Apple iPhoneスマートフォンと、同じぐらいになるだろう。

Eweek510
 Googleは、Pixel 2スマートフォンを、2017年10月に、リリースする予定である。

 Googleは、Pixel 2スマートフォンの価格を発表していないが、噂によると、Pixel 2スマートフォンの価格は、昨年のPixelスマートフォンの価格(小さいモデルの650ドルと、大きなモデルの770ドル)と同じぐらいになるという。

 また、Pixel 2スマートフォンの、最大のモデルの価格は、50ドル高い、820ドルになるという噂もある。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Pixel 2スマートフォンに、新たなプロセッサと、大きなスクリーンが計画されている。 (1) '17.07.08

【Google Pixel 2スマートフォンに、新たなプロセッサと、大きなスクリーンが計画されている。(1)】 '17.07.08

 Google Pixel 2スマートフォンに、新たなプロセッサと、大きなスクリーンが計画されている。 2017年7月5日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Googleは、2016年に、最初のAndroidスマートフォンを紹介することにより、デザインと技術の両方で、モバイル市場を驚かせた。

 Google Pixcelと呼ばれる、スマートフォンは、アップデートされた、Google Pixel 2と呼ばれる、モデルにより、リプレースされ、数ヶ月で、モバイル市場から消えていくだろう。

 Googleは、LG Electronicsと、パートナーを組み、より高速なプロセッサと、より大きなスクリーンを持ち、カメラなど、他の機能や能力をアップグレードした、Pixel 2スマートフォンを、2017年秋に、提供する予定である。

Eweek50_2
 Googleは、3つの異なったサイズのスマートフォンを提供し、最高の性能を提供する予定である。

 Googleは、Androidベースのスマートフォンで、最高級の、Samsung Galaxy S8スマートフォンから、いくつかのデザインの手がかりを得ている。

 eWEEKは、2017年秋に提供される、新モデルの、Google Pixel 2スマートフォンを取り巻く、噂を紹介する。

1.Googleは、スマートフォンの設計や開発における、パートナーを持っている。

Eweek51
 Googleは、独自に、Pixel 2スマートフォン全体を、設計、開発、製造していない。、

 Googleは、LG Electronicsと、契約を交わし、Pixel 2スマートフォンを開発し、製造している。

 Google Pixel 2は、Googleブランドで、販売されるが、このスマートフォンのデザインは、LGから、いくつかのインスピレーションを得ている。

2.3つのサイズと特徴を持つ、Pixel 2スマートフォンの版を提供する。

Eweek52_2
 噂によると、Googleは、3つのサイズと、異なった特徴を持つ、スマートフォンの、それぞれに、Pixel 2を付けた、コード名を使用するという。

 Googleは、昨年、2つのPixelモデルを発表したが、今年は、さまざまな予算を持つ、各ユーザに、アピールすることを望み、3つのPixel 2モデルを提供する。

3.ユーザは、大きなスクリーンを持つ、スマートフォンのモデルを探している。

Eweek53

 Pixel 2スマートフォンの最高級のモデルには、6インチを超える、大きなサイズのスクリーンが装備されるようだ。

 最大のスクリーンを持つ、Pixel 2スマートフォンの、スクリーンのサイズは、どれぐらいの大きさが良いかに関する、討議があるが、殆どのレポートでは、6.4インチのスクリーン・サイズが良いとされている。

 この6.4インチの大きなサイズにも関わらず、このスマートフォンのスクリーンは、高い解像度を持ち、OLED技術を使用している。

4.Pixel 2スマートフォンは、SamsungのGalaxy S8スマートフォンから、いくつかのデザインの手がかりを得るだろう。

Eweek54
 噂によると、GoogleのPixcel 2のスクリーンは、上の写真の、Galaxy S8のスクリーンのデザインのように、スマートフォン本体の、ほぼ全面を占めるようになるという。

 このため、Googleは、Pixcel 2スマートフォンの指紋センサーを、このデバイスの裏側に移動させるようだ。

 また、スマートフォンの本体から、物理的なホーム・ボタンをなくし、仮想的なホーム・ボタンは、このスマートフォンのAndroidオペレーティング・システムに、組み込まれた。

 これらは、現在、Samsung Galaxy S8スマートフォンに、見られる特徴と同じである。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

HomePodサイト(1) '17.07.08

【HomePodサイト(1)】 '17.07.08

 ようこそ、HomePodサイト

 HomePadは、世界で最大の音楽カタログの1つである、Apple Musicと連携し、ユーザに合った音楽を、素晴らしいサウンドで、楽しむことのできる、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・スピーカである。

Homepad1_2
 ユーザは、AppleのSiriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカと、自然言語の音声コマンドで、会話することができ、気に入った楽曲を見つけて、再生したりして、新たなレベルのリスニング経験を体験できるようになる。

 HomePodは、Appleのオーディオ技術と、先進のソフトウェアを結合し、ユーザ・フレンドリーで、豊かなサウンドを、室内で、体験できるようにする、コンパクトなスピーカである。

 HomePodスピーカの特徴を、以下に示す。

・AppleのA8チップを搭載している。

・シームレスなメッシュ・ファブリックで包まれている。

・ハイエクスカーション・ウーファーのスピーカを装備している。

・6個のマイクを装備し、部屋の何処にいても、ユーザの声を拾うことができる。

・7つのツイータのスピーカのアレイを装備している。

 「AppleのHomePodスピーカの紹介」ビデオ

1.ハイエクスカーション・ウーファー

Woofer
 Appleは、豊富な深みのある豊かな低音を演奏する、カスタム・アンプを搭載した、ハイエクスカーション・ウーファーのスピーカ(20mm)を作成した。

 HomePodスピーカは、音楽を継続的に分析し、低周波を動的に調整して滑らかで歪みのないサウンドを得る高度なアルゴリズムを使用している。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Appleが、HomePodスマート・スピーカを紹介した。 '17.07.08

【Appleが、HomePodスマート・スピーカを紹介した。】 '17.07.08

 Appleが、デジタル・アシスタント、Siriを組み込んだ、HomePodスマート・スピーカを紹介した。 2017年6月5日
Em3_2
 By Romain Dillet、techcrunch

 Appleが、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Echoスピーカの、競合デバイスになる、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカを紹介した。

 AppleのCEO、Tim Cook氏は、WWDCの基調講演で、「Appleは、家の音楽を改革したいと思っている。」と述べた。

 AppleのHomePodスピーカは、スマート・ホーム・ハブの分野よりは、Apple Musicと、密に連携する、音楽ストリーミング・サービスに、焦点を合わせているようだ。

 Appleは、このHomePodスピーカを、2017年後半に、出荷する予定である。

Em2_2
 HomePodスピーカは、次のような特徴を持っている。

・丸い円形のスマート・スピーカーである。

・白と、スペースグレーの、2色のタイプがある

・7つのビーム・フォーミング・トゥイータ・アレイを持っている。

・カスタム・メードのウーファと、Apple A8チップを搭載している。

・マルチ・チャンネルのエコー・キャンセラーや、リアルタイムな音響モデリングなどの機能を持っている。

・オーディオを最適化するために、周りの空間をスキャンできる。

・音楽ストリーミング・サービス、Apple Musicと、うまく連携できる。

Em2_3
 ユーザは、Apple Musicライブラリの楽曲を、再生するよう、音声コマンドで、依頼することができる。

 ユーザは、「これと似た、楽曲を再生して」とか、「この楽曲が好きだ」と、自分の好みを、HomePodスピーカのSiriデジタル・アシスタントに、覚えて貰うことができる。

 また、ユーザは、ニュース、天気予報、スポーツの試合のスコアなどを、HomePodスピーカのSiriデジタル・アシスタントに、問い合わせることもできる。

 さらに、ユーザは、Siriを搭載した、HomePodスピーカを、スマート・ホーム・デバイス・バブとして、使用することができ、Apple HomeKit対応のアクセサリー・デバイスを持っていれば、例えば、部屋の照明、ガレージのドア、玄関のドアフォン、エアコン、サーモスタットなどを、HomePodスピーカで、制御することも可能である。

Em4_2
 「Apple HomePodの紹介」ビデオ

 興味深いことに、Appleは、複数の部屋にある、複数のスピーカで、音楽を再生できるようにする、AirPlay 2と呼ばれる、無線オーディオ・ストリーミング・プロトコルの次版も発表している。

 Appleは、Siriを組み込んだ、HomePodスピーカで、制御できる、他ベンダの、HomeKit対応、ホーム・デバイスを増やし、エコシステムを拡大させるだけなく、Apple Musicと、密に連携できるようにすることで、音楽に焦点を合わせ、よりスマートなストリーミング・コンテンツ・サービスを提供することで、利益を上げることを狙っているようだ。

 HomePadスピーカは、349ドルで、販売される予定である、白と、スペースグレーの2色から選択でき、米国、英国、および、オーストラリアで出荷が開始される。

 他の国での、HomePadスピーカの販売は、2018年になるようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 7日 (金)

Gartnerによると、世界のパーソナル・デバイスの出荷台数が、2017年に、前年から、0.3%減少するという。 '17.07.07

【Gartnerによると、世界のパーソナル・デバイスの出荷台数が、2017年に、前年から、0.3%減少するという。】 '17.07.07

 パーソナル・デバイスの購入者は、品質、機能性、性能に、重点を置いている。

 Gartnerによると、世界のPC、タブレット、および、スマートフォンの出荷台数は、2016年から、0.3%減少するが、2017年も、23億台を超える見込みであるという。

 世界のパーソナル・デバイス市場において、2018年に、出荷台数が回復し、2017年から、1.6%増加すると予測されている。

表1)2016年から、2019年までの、世界のパーソナル・デバイス市場における、デバイスのタイプごとの、出荷台数の実績と予測 (単位:100万台)

デバイスのタイプ      2016年  2017年  2018年  2019年

従来のPC            220      203     195      191

ウルトラモバイル        50       59       72      82
プレミアム

PC市場合計         270      262      267      272

ウルトラモバイル       169     160      159       158
基本とユーティリティ

デバイス市場の合計     439     424       427       432
(スマートフォン以外)

スマートフォン          1,893     1,904     1,936     1,934

合計デバイス市場      2,332     2,326    2,362      2,363

・従来のPCには、デスクトップとノートPCが含まれる。

・ウルトラモバイル(プレミアム)のカテゴリには、Microsoft Windows 10 Intel x86製品やApple MacBook Airといった、デバイスが含まれる。

・ウルトラモバイル(基本とユーティリティ)カテゴリには、Apple iPadとiPad mini、 Samsung Galaxy Tab S2、Amazon Fire HD、Lenovo Yoga Tab 3、および、Acer Iconia Oneが含まれる。

 ソース:Gartner、2017年7月

 世界のPCの出荷台数は、毎年、緩やかに、減少していく。

 世界のPCの出荷台数は、2017年に、Windows 10の買い換えにより緩和され、3%だけ減少したが、増加率は、近年、緩やかに減少してきた。

 世界のPC市場において、DRAMメモリやSSDハード・ドライブといった、PCの部品の価格が、継続して、上昇を続けており、このため、PCの価格が上昇し、ユーザの買い控えを招いている。

 世界のスマートフォンの出荷台数は、2017年に、大幅に増加する。

 世界のスマートフォンの出荷台数は、2017年に、前年から、5%増加し、16億台に達する見込みである。

 ユーザは、継続して、ローエンドの、ユーティリティ・スマートフォンから、より価格の高い、基本とプレミアムのスマートフォンにシフトしている。

 スマートフォン市場は、ユーザが、購入サイクルを伸ばしているので、新しいデバイスの登場に、依存している。

 基本スマートフォン市場は、2016年から、6.8%増加し、2017年に、6億8600万台に達する見込みである。

 ユーティリティ・スマートフォンや、基本スマートフォンから、より高い価値のプレミアム・スマートフォンに、買い換えている、ユーザが、増えている。

 現在、実際に、使用されている、世界のスマートフォンの台数の合計は、約70億台である。

 ベンダは、継続して、スマートフォンに、新たな機能や能力を追加するための方法を、模索している。

 予測期間を通して、人工知能(AI)やデジタル・アシスタントといった、多くの新技術の、スマートフォンへの採用が、増加している。

 より詳細は、Forecast: PCs, Ultramobiles and Mobile Phones, Worldwide, 2016-2021, 2Q17 Updateで提供されている。

 ベストセラーのアプライアンス

スマート・ホーム・スピーカの新たな競合者 '17.07.07

【スマート・ホーム・スピーカの新たな競合者】 '17.07.07

 スマート・ホーム・デバイス分野における、代表的なベンダである、Appleは、2017年6月2日に、同社のHomeKitスマート・ホーム・デバイス製品ラインに、HomePodスマート・スピーカを追加し、出荷を開始することを計画している。2017年5月3日

Em3
 By eMarketer

グラフ1) 2017年4月の、米国における、音声コマンド対応、スマート・スピーカのユーザのシェア(%)

スマート・スピーカ         シェア

Amazon Echoスピーカ   70.6%

Google Homeスピーカ   23.8%

その他のスピーカ       5.6%

 ソース:eMarketer、2017年4月

 2017年4月の1ヶ月に、1回以上、音声対応のスマート・スピーカを使用している、ユーザが、使用している、スマート・スピーカの割合(%)

Em1
 Appleは、来週、開催される、Worldwide Developers Conference 2017で、同社の、HomeKitスマート・ホーム・デバイス製品ラインの、HomeKitアクセサリーに加わる、HomePodスマート・スピーカを紹介する予定である。

 ユーザは、iPadタブレットや、Apple TVスマートTVを、スマート・ホーム・デバイスのハブとして使用し、AppleのHomeKitスマート・ホーム・デバイス製品ラインの、HomeKitアクセサリーを制御することができる。

Em2
 今回、Appleは、HomePodスピーカに、音声対応デジタル・アシスタント、Siriを組み込み、スマート・ホーム・デバイス・ハブとして、他のHomeKitアクセサリーを制御できるようにする。

 また、Appleは、仮想サラウンド・サウンド技術や、多くの製品との、密な統合といった、他ベンダの、スマート・ホーム製品との差別化を模索し、HomeKitアクセサリーのエコシステムを拡大させている。

 Appleの、新たなHomeKitアクセサリーとして提供される、HomePodスマート・スピーカは、Sitiデジタル・アシスタントを組み込み、音声コマンド対応のデバイス・ハブとして使用できるようにすると共に、Apple Musicに焦点を合わせ、コンテンツ・ビジネスを促すことも、目的にしているようだ。

 Appleには、スマート・スピーカの分野において、先行している、何社かの手強い、競合ベンダがいる。

 例えば、Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echoスピーカの製品ラインで、最も成功しており、2017年4月に、米国のスマート・スピーカのユーザ数において、70.6%のシェアを占め、優位に立っている。

 事実、2017年4月における、AmazonのEchoスピーカの売上は、2016年のクリスマス・シーズンから、9倍も、上昇している。

 eMarketerによると、Appleは、同社のスマート・スピーカが、手頃な価格設定で、説得力のある価値を示せば、他のライバルの製品と競争することができるという。

 長い間、Appleは、iPadとApple TVを、他のスマート・ホーム・デバイスを制御できる、ホーム・デバイス・ハブとして見ていたが、今回、Siriを組み込んだ、HomePodスピーカを、ホーム・デバイス・ハブとして使用できるようにする。

 Appleの戦略は、ブランド・ロイヤリティと、シームレスな製品の互換性である。

 Appleのブランド、デザイン、機能、サービスなどを、気に入り、愛着を持っている、多くのユーザがいる。

 異なったブランドにより、製造される、デバイス間の統合は、主な互換性の問題があり、シームレスな統合が困難である。

 AppleのHomePodスピーカは、iPhoneや、HomeKitアクセサリーと、シームレスに統合される。

 Appleは、製品の互換性戦略を追及し、HomeKitプラットフォームで、他のメーカのスマート・ホーム・デバイスとの互換性を向上させていく。

 AppleのSiriや、AmazonのAlexaのような、デジタル・アシスタンスは、米国で、より広く使用されるようになった。

 eMarketerは、音声コマンドで起動される、デジタル・アシスタンス搭載デバイスを使用している、米国のユーザは、2016年から、128.9%増加し、2017年には、3560万人になると見積もっている。

 eMarketerによると、2017年4月に、米国において、AmazonのEchoスピーカを使用している、ユーザ数は、全体の70.6%を占め、Google Homeスピーカを使用している、ユーザ数は、全体の23.8%を占めていたという。

 2017年4月に、米国における、他のスマート・スピーカを使用している、ユーザ数は、全体の5.6%を占め、ベンダには、Lenovo、LG、Harmon Kardon、および、Mattelといった、小さなプレーヤがいる。

 今回、AppleのHomeKitスマート・ホーム製品ラインに、スマート・ホーム・デバイス・ハブとして利用できる、Siriデジタル・アシスタントを組み込んだ、HomePodスピーカが、加わることで、このHomePodスピーカは、スマート・スピーカの分野において、先行している、他のベンダを脅かす、存在になるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

リセット――Google流 最高の自分を引き出す5つの方法 '17.07.07

リセット――Google流 最高の自分を引き出す5つの方法』(白川部君江訳、あさ出版)という書籍の著者である、Googleのゴーピ・カライル氏の考えに関して、この書籍の訳者が書いた、記事を紹介します。

Reset
 ストレスを軽減し、集中力を向上させるには、インターネットではなく、インナーネット(自分自身に)つなぎ直し、時々、気持ちをリセットするのが良いようで、マインドフルネスは、自分を引き出すために、有効なようです。

GoogleとNutanixが、ハイブリッド・クラウドの負荷管理で、チームを組む。 '17.07.07

【GoogleとNutanixが、ハイブリッド・クラウドの負荷管理で、チームを組む。】 '17.07.07

 GoogleとNutanixが、ハイブリッド・クラウドの負荷管理の分野で、提携する。 2017年6月29日
Eweek6
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleと、クラウド・サービス・プロバイダ、Nutanixのパートナー関係は、企業が、ハイブリッド・クラウド展開における、負荷を、容易に管理できるようにする。

 GoogleとNutanixのパートナー関係は、企業が、ハイブリッド・クラウド環境における、エンタープライズ・アプリの負荷を管理するのを支援するよう、設計されている。

 GoogleとNutanixのパートナーシップは、両社の顧客が、ネーティブなクラウド・アプリや、オンプレミスのアプリを、より容易に、アクセスできるようにする。

 この戦略的アライアンスで、GoogleとNutanixは、セキュリティやスケーラビリティを犠牲にすることなく、企業が、ハイブリッド・クラウド・アプリの負荷を管理できるようにしていくことにも、取り組んでいく。

 両社のアライアンスの目的の1つは、アプリの負荷を管理するための、ハイブリッド・クラウド環境を使用することに、興味を持っている、企業のニーズに対応していくことである。

 ハイブリッド・クラウドは、通常、オンプレミスと、パブリック・クラウド基盤の使用を組み合わせている。

 Gartnerによると、クラウド・プロバイダは、アプリの非互換、統合、環境を管理するためのツールの不足を含む、ハイブリッド・クラウド基盤における、複数の課題に対応していく、必要があるという。

 NutanixとGoogleは、これらの、ハイブリッド・クラウド基盤における、課題のいくつかに、対応するよう、設計された、パートナーシップを構築した。

 例えば、NutanixとGoogleの両社の顧客は、NutanixとGoogle Cloudプラットフォームに渡り、アプリを管理できるようになる。

 NutanixのOne-Click Hybrid Operations with Nutanix Calm for Google Cloud Platformダッシュボードは、システム管理者が、簡単な操作で、クラウドと、オンプレミス・システムの、両方のアプリを提供できるようにする。

 両社のパートナーシップの結果として、Nutanixの顧客は、自分たちのデータセンター環境にある、データの移行に、コストをかけることなく、容易に、Googleのクラウド・プラットフォームに展開できるようになる。

 また、Nutanix Enterprise Cloud OSにおいて、Kubernetesコンテナ編成技術がサポートされているので、顧客は、ハイブリッド・クラウドにおいて、コンテナ・ベースのアプリを、容易に、展開したり、管理したり、スケールしたり、できるようになる。

 ハイブリッド・クラウド基盤の分野における、提携に加え、GoogleとNutanixは、リアルタイム性や、クラウド・コンピューティング能力を要求する、モノのインターネット(IoT)アプリの分野においても、提携していくことに合意した。

 例えば、企業は、Nutanixのクラウド・プラットフォームで、オープンソースのTensorFlowマシン学習モデルを実行でき、また、Googleのクラウド・プラットフォームで、処理されたデータを分析できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

Nutanixは、マルチクラウド時代のシングルOSで、ハイブリッド・クラウドを再起動する。 '17.07.07

【Nutanixは、マルチクラウド時代のシングルOSで、ハイブリッド・クラウドを再起動する。】 '17.07.07

 Nutanixは、マルチクラウド時代のシングルOSで、ハイブリッド・クラウドを再起動する。

Eweek4
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Nutanixは、Google、および、石油やガス探査会社のSchlumbergerと、パートナーを組んだことを発表した。

 Google Cloudは、新オペレーティング・システム、Nutanix Calmの、主なユーザになるだろう。

 カリフォルニア州のSan Joseを拠点にしている、クラウド・ソフトウェア・メーカ、Nutanixは、2017年6月28日に、新たなオペレーティング・システム、Nutanix Calmを紹介した。

 Nutanixは、複雑なネットワーク・ストレージ(SANやNAS)を必要とすることなく、エンタープライズ・クラスの仮想化を実装するための、極めて単純なコンピュートとストレージの基盤を提供する、最初のベンダである。

 コンファレンスにおいて、Nutanixは、Google、および、石油やガス探査会社のSchlumbergerと、パートナーを組んだことを発表した。

 GoogleとNutanixのパートナー関係は、Nutanixがもたらす、多くの展開オプションで、Google Cloudの収益化を支援する必要があるだろう。

 Nutanixのハイブリッド・アプローチは、オンプレミスのサーバと、大規模なクラウド・データセンターのマシン間の、ギャップを橋渡しするだろう。

 年内にリリースされる、Nutanix Calmは、管理者が、アプリを、ネットワークのエッジでも、ローカルなデータセンターでも、パブリック・クラウドでも、何処でも実行できる、ソフトウェアの共通スタックに展開できるよう、Nutanix Enterprise Cloud OSマルチ・クラウド戦略を拡張する。

 Nutanix Enterprise Cloud OSは、Nutanixブランドのアプライアンスだけでなく、Dell EMC、Lenovo、および、IBMブランドのアプライアンスにも採用され、CiscoとHPEのプラットフォームにも、ライセンスされる。

 現在、世界のパブリック・クラウド市場の売上において、Amazon Web Services(AWS)は、32%のシェアを占め、Microsoft Azureは、15%のシェアを占め、Google Cloudは、8%のシェアを占めている。

 Microsoftは、パブリック・クラウドとプライベート・クラウドのツールを一致させることに取り組んできたが、AWSは、クラウドへのデータの移行を容易にする、ハードウェアやトラックを開発した。

 Nutanixは、現在は、主に、Googleと連携している。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 6日 (木)

Amazon Echo Showのタッチ・スクリーンは、スマート・ホーム・ハブの機能性を改善する。 '17.07.06

【Amazon Echo Showのタッチ・スクリーンは、スマート・ホーム・ハブの機能性を改善する。】 '17.07.06

 Amazon Echo Showは、デジタル・アシスタントを搭載した、スマート・スピーカが、増えてきた、スマート・ホーム・ハブ市場に、新たに参入した、スマート・ホーム・デバイスである。2017年7月5日

Eweek20
 By Don Reisinger、eWEEK

 数日前に、筆者は、タッチ・スクリーンを持った、スマート・ホーム・ハブ、Amazon Echo Showを、試用する機会があった。

 筆者は、このスマート・ホーム・ハブ、Amazon Echo Showをテストし、従来の、タッチ・スクリーンを持っていない、Amazon Echoのような、スマート・ホーム・ハブよりも、有用であることが分かった。

 タッチ・スクリーンは、デバイスの使用を、より容易にし、ユーザが、家庭に設置されている、他のスマート・ホーム・デバイスを制御したり、互いに、コミュニケートしたり、できるようにする。

 このAmazon Echo Showデバイスは、Amazon Echoよりも、50ドル高く、Google Homeよりも、100ドル高い、230ドルで販売されている。

 Amazon Echo Showデバイスは、スマート・ホーム市場の、スマート・ホーム・ハブに、最良の価値を提供する。

1.Amazon Echo Showデバイスのハードウェアのデザインは、全体的に、平凡である。

Eweek21
 筆者は、Amazon Echo Showデバイスのデザインには失望したが、Amazonが、スマート・ホーム・ハブに、スクリーンを持たせるには、Echoスピーカのシリンダー型のデザインを変える必要があった。

 Amazonは、Echo Showデバイスのルック&フィールについて考えることに、より多くの時間を費やしてきた。

 しかし、Echo Showデバイスのボックス型のデザインは、室内に、置くには、一般的に、あまり魅力的ではないと感じた。

2.Amazon Echo Showデバイスのタッチ・スクリーンは、案外、良い。

Eweek22
 Amazon Echo Showデバイスは、7インチのタッチ・スクリーンを持っている。

 Amazon Echo Showデバイスのタッチ・スクリーンは、明るく、自然な色で、映像を表示する。

 タッチ・スクリーンは、応答性がよく、ユーザが、Alexaデジタル・アシスタントや、Alexaを制御する、アプリと、容易に、対話できるようにする。

 このタッチ・スクリーンは、スマート・ホーム・ハブ経験に、他の要素を付加しているが、筆者は、デザイン的には、あまり洗練されていないと感じた。

3.Amazon Echo Showデバイスのセットアップのプロセスは、あまり簡単ではない。

Eweek23
 筆者は、Echo Showデバイスをセットアップするのに、約20分間かかった。

 筆者は、Wi-Fiネットワークに、Echo Showデバイスを接続した後、スマートフォンの、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを、アップデートする必要があった。

 Echo ShowデバイスのAlexaデジタル・アシスタントは、筆者に、ソフトウェアをアップデートする必要があることを、通知した。

 筆者は、このアップデートを完了させるのに、数分間かかった。

 Echo Showデバイスは、セットアップや、アップデートのやり方を説明する、ビデオを再生した。

4.Alaxaデジタル・アシスタントを忘れてはいけない。

Eweek24
 AmazonのEcho Showデバイスには、Alexaデジタル・アシスタントをインストールし、実行する必要がある。

 Alexaデジタル・アシスタントを、自分たちのiOS、あるいは、Androidを搭載した、スマートフォンに、ダウンロードしていない、ユーザは、まず、最初に、Alexaデジタル・アシスタントを、ダウンロードして、セットアップする必要がある。

 ユーザは、Alexaデジタル・アシスタントの最新版をダウンロードするか、更新する必要がある。

 このAlexaデジタル・アシスタンを、ダウンロードし、セットアップするまで、AmazonのEcho Showデバイスを使用できない。

5.AmazonのAlexaスキルが充実してきた。

Eweek25
 Amazon Echo Showのユーザ経験の向上には、Alexaスキルの数や機能の充実がある。

 筆者は、Nestのサーモスタットや、他のスマート・ホーム・デバイスを制御したり、音楽やビデオのストリーミング・サービスを利用したり、ビデオ・チャットをしたりする能力を提供する、Alexaスキルを追加して、使用してみた。

 筆者は、Alexaスキルを追加し、Echo ShowデバイスのAlexaデジタル・アシスタントに、音声コマンドを発行してみたら、Alexaは、想像していたように応答した。

6.Alexaデジタル・アシスタントの応答性は、実用的なレベルにある。

Eweek26
 Alexaデジタル・アシスタントは、あらゆる要求に対応して、ユーザの問い合わせを理解し、傑出した仕事をする。

 Echo ShowデバイスのAlexaデジタル・アシスタントは、筆者の、音声コマンドや、リクエストを、よく理解しており、さまざまな問い合わせに、応答することができていた。

 筆者は、Alexaデジタル・アシスタントが、現在のホーム・デバイス市場において、トップのデジタル・アシスタントだと思っている。

7.Amazon Echo Showデバイスのスピーカの音質は、普通である。

Eweek27
 Echo Showデバイスから、オーディオや音楽を、容易に、再生できるが、高音質なサウンドを提供するわけではない。

 筆者は、Echo Showデバイスのスピーカが、低音は迫力に欠け、高音も音質が良いとは感じなかった。

8.Amazon Echo Showデバイスは、どこにでも設置できる。

Eweek28
 スクリーンのない、他のスマート・ホーム・ハブは、家のどこにでも、置くことができるが、タッチ・スクリーンを持つ、Echo Showデバイスは、家のどこにでも、置けるわけではない。

 タッチ・スクリーンを持つ、Echo Showデバイスは、ビジュアルな、Alexaデジタル・アシスタンスを必要としがちな場所に置くのが、最も有用である。

 例えば、Echo Showデバイスのスクリーンで、料理のレシピを、手軽に、見られるようにするには、キッチンに置くのがよいだろう。

9.Amazon Echo Showデバイスは、タッチ・スクリーンを使用するための、価値のある方法を提供する。

Eweek29
 他のスマート・ホーム・ハブには、一般的に、見られない、Echo Showデバイスのタッチ・スクリーンは、このデバイスに、ユーザビリティのレイアを追加している。

 例えば、ユーザは、Echo Showデバイスの他のユーザ、あるいは、Alexaデジタル・アシスタンスをサポートしたデバイスのユーザと、ビデオ・チャットすることができる。

 ユーザは、Echo Showデバイスのスクリーンに、Ringドアベルのカメラで捉えた、玄関のドアの外の映像を、見ることができる。

10.Amazon Echo Showデバイスの価格は、魅力的で、価値がある。

Eweek210
 Echo Showデバイスは、Amazon.comにおいて、230ドルで購入することができる。

 Echo Showデバイスの価格は、Google Homeスピーカより、100ドル高く、Amazon Echoスピーカより、50ドル高いが、価格に見合った機能があり、魅力的な、スマート・ホーム・ハブである。

 「Echo Showデバイスの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

Googleは、2017年9月までに、ノルウェーの、Tellenes風力発電所で得られる電力の使用を開始する。 '17.07.06

【Googleは、2017年9月までに、ノルウェーの、Tellenes風力発電所で得られる電力の使用を開始する。】 '17.07.06

 Googleは、2017年9月までに、ノルウェーの、Tellenes風力発電所で得られる、再生可能電力の使用を開始する。2017年7月5日

Reuters2
 By Lefteris Karagiannopoulos、Reuters

 Googleによると、2017年9月までに、ノルウェーの、Tellenes風力発電所で得られる、再生可能電力の使用を開始する計画だという。

 現在、開発中の、50タービンで、160メガワット(MW)の発電容量を持つ、Tellenes風力発電所は、ノルウェーで、最大の風力発電所になる。

 2016年に、Googleは、このTellenes風力発電所が、完全に、稼働を開始したら、風力発電される、すべての電力を購入する意向があることを表明し、12年契約に署名した。

 ヨーロッパの、4カ所(フィンランド、ベルギー、オランダ、アイルランド)に、データセンターを展開している、Googleは、これらのデータセンターを運営するための電力に、風力発電で得られる、再生可能電力を使用する、意向だという。

 Tellenes風力発電所を構築し、運営する、Zephyrによると、最初のタービンは、来週までに、発電を開始する予定だという。

 Googleが、風力発電所のフル電力容量を受け取るまでの、発電電力は、Nord Pool電力交換で販売される。

 スウェーデンの風力発電会社、Ariseが、Tellenes風力発電所の運営者になる。

 Googleは、2018年に、操業を開始する、スウェーデンの小型風力発電所の将来の発電電力を買収し、欧州での再生可能電力購入の総容量を、500メガワット(MW)にした。

 ベストセラーのアプライアンス

Ciscoが、IoTプロジェクトを加速させるために、ハードウェア、ソフトウェアを強化する。(2) '17.07.06

【Ciscoが、IoTプロジェクトを加速させるために、ハードウェア、ソフトウェアを強化する。(2)】 '17.07.06

 Cisco Liveイベントにおいて、Ciscoは、IoTプロジェクトを加速させるために、エンハンスした、ハードウェアとソフトウェア製品の提供を紹介した。 2017年6月27日

Eweek3_2
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 先週、Cisco Systemsは、クラウド・コンピューティング、モビリティ、ビッグデータ、および、モノのインターネット(IoT)による、負荷を処理するために、改善された、よりオープンで、自動化され、プログラマブルな、エンタープライズ・ネットワークを再構築したことを発表した。

    (続き)

 Ciscoによると、Jasper Control Centerプラットフォームを採用した、ユーザ数が、昨年の3500社から、現在の、1万1000社と、急速に増えているという。

 Ciscoによると、このJasper Control Centerプラットフォームは、現在、合計で、4300万台以上のデバイスを管理しており、このプラットフォームには、毎月、150万台以上のデバイスが追加されているという。

 Ciscoは、トラフィック・セキュリティ向けのサービスを含む、より洗練された、ビジネス用の、Control Center 7.0プラットフォームの先進版を提供している。

 Threat ProtectionとSmart Securityサービスは、マルウェアや、他のサイバー攻撃に対し、IoTデバイスを保護し、脅威から守るために、CiscoのUmbrella技術をベースに、構築されている。

 Traffic Segmentationサービスは、さまざまな種類のトラフィックに対応し、サービス・プロバイダが、顧客のニーズに応じて、カスタマイズされたサービスを提供できるようにする。

 また、Traffic Segmentationサービスは、サービス・プロバイダが、LTE-MやNarrow Band-IoT(NB-IoT)といった、小さな、IoTセンサーに、セキュリティを提供するための、複数のLPWAN技術のサポートも提供できるようにする。

 IoTオペレーション・プラットフォーム、Kineticは、企業が、さまざまなデバイスやセンサーで収集された、さまざまなデータを利用できるよう、設計されている。

 このKineticプラットフォームは、さまざまなデバイスやセンサーで収集された、さまざまなデータを、データセンターやクラウドにある、適切なアプリへ、セキュアに転送し、分析できるようにする。

 Ciscoによると、これには、データを収集する、膨大な数の、デバイスやセンサーを、自動的に管理する必要があるという。

 ベストセラーのアプライアンス

Ciscoが、IoTプロジェクトを加速させるために、ハードウェア、ソフトウェアを強化する。(1) '17.07.06

【Ciscoが、IoTプロジェクトを加速させるために、ハードウェア、ソフトウェアを強化する。(1)】 '17.07.06

 Cisco Liveイベントにおいて、Ciscoは、IoTプロジェクトを加速させるために、エンハンスした、ハードウェアとソフトウェア製品の提供を紹介した。 2017年6月27日

Eweek3
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 先週、Cisco Systemsは、クラウド・コンピューティング、モビリティ、ビッグデータ、および、モノのインターネット(IoT)による、負荷を処理するために、改善された、よりオープンで、自動化され、プログラマブルな、エンタープライズ・ネットワークを再構築したことを発表した。

 また、2017年6月27日に開催された、Cisco Liveイベントにおいて、IoTに焦点を合わせた、Ciscoは、Cisco Jasper Control Center IoT接続プラットフォームの、アップデート版を発表した。

 このCisco Jasper Control Center IoT接続プラットフォームは、低消費電力の接続デバイスのサポートと共に、トラフィックのセキュリティ、および、セグメンテーションに、先進の機能をもたらした。

 さらに、Ciscoは、企業が、コネクティッド・デバイスから、データを引き出すことを、より容易にするよう、デザインされた、IoTオペレーション・プラットフォーム、Kineticの提供を発表した。

 これは、データセンターだけでなく、クラウドや、何10億台もの、コネクティッドIoTデバイスの多くを接続している、ネットワークのエッジへ、同社のリーチを拡大させるために、ネットワーキング経験を使用する、Ciscoによる、新たな取り組みである。

 さらに、Ciscoは、先週、新しいソフトウェア、スイッチ、サービスのリリースを発表し、直感的に接続される、Control Center 7.0とKineticの、インテントベースのネットワーク・ビジョンに、焦点を合わせていた。

 IoTオペレーション・プラットフォーム、Kineticは、Ciscoの新らなCatalyst 9000スイッチを、既存の耐久性のある、システム、および、ネットワークのエッジにある、Ciscoハードウェアと共に、実行できるようにする。

 Ciscoによると、優れたビジネスの洞察を提供する、コネクティッド・デバイスは、大量のデータをもたらすという。

 新規とアップグレードされた、製品は、ビジネスが、データを、より良く管理、セキュアに、分析できるようにするよう、設計されている。

 Ciscoによると、世界に、現在、約84億台の、コネクティッド・デバイスがあり、2020年には、1000億台に増加するという。

 コネクティッド・デバイスの増殖は、スマートフォンや、他のモバイル・デバイスを含むだけでなく、小さなセンサーから、コネクティッド・カーまで、多岐に渡り、これらのデバイスは、Ciscoの新たなネットワーキング・イニシアティブを促している。

 Ciscoは、これまでも、IBMやSalesfrceなどと、パートナーを組み、IoT分野を推進することに、積極的であった。

 また、Ciscoは、Jasper、AppDynamics、および、MindMeldといった、企業を、買収し、より多くの能力を追加している。

 2017年4月に、Ciscoは、IoT市場において重要になる、WAN技術を低電力化する技術を提供する、Actilityに投資した。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 5日 (水)

SamsungのBixbyデジタル・アシスタントは、英語と韓国語を話す。 '17.07.05

【SamsungのBixbyデジタル・アシスタントは、英語と韓国語を話す。】 '17.07.05

 Samsungは、新たなスマートフォン、Galaxy S8とGalaxy S8+を発表した。2017年3月30日

 By Andy Weir、neowin

 Samasungは、最高級のスマートフォン、Galaxy S8とGalaxy S8+を発表した。

Wsj1
 これらのスマートフォンは、大きな、デュアル曲線のタッチ・スクリーンを特徴とすると共に、マウスとキーボードをサポートし、新たなPC的なデスクトップ経験も提供する。

 また、Galaxy S8とGalaxy S8+両スマートフォンは、虹彩認識や顔認識といった能力を持ち、ハイエンドの仕様を実装している。

 これらの新スマートフォンは、Samsungのインテリジェントなインタフェースを提供する、デジタル・アシスタント、Bixbyをサポートしている。

 Samsungは、Bixbyを、スマートフォンと対話するための、新たな方法、および、他の音声エージェント、あるいは、市場における、他のデジタル・アシスタントと基本的に異なると、説明している。

 Bixbyデジタル・アシスタントは、スマートフォンのボタンを使用して、アクセスでき、音声コマンド、さまざまなアプリと対話、文脈的な認識、および、視覚的な検索機能などをサポートしている。
Wsj1b
 Samsungは、デジタル・アシスタント、Bixbyの革新的な性質について、紹介したが、このBixbyを、何時、正式に出荷するかは、明確にしていない。

 Galaxy S8とGalaxy S8+の、世界市場へのリリースにも関わらず、Bixbyデジタル・アシスタントは、英語と韓国語しか、サポートしていない。

 Samsungは、将来的に、より多くの国の言語をサポートすることを約束しているが、何時、サポートするかは、明らかにしていない。

 Bixby Visionは、ユーザが、商品をオンラインで購入したり、探したりするために、スマートフォンのカメラを、ユーザが見ているものを検出し、認識するために、使用できることを特徴にしている。

 Bixby Visionは、米国、英国、および、韓国を含む、11ヶ国の市場でのみ、利用できるようになる。

 Samsungは、より多くの市場で、利用できることを、再度、約束したが、タイムフレームに関しては、示唆されていない。

 Samsungによると、スマートフォンのアプリと、音声コマンドを通して、対話するために、Bixbyデジタル・アシスタントを使用する能力は、最初は、同様に、制限されるという。

 出荷時に、Bixbyデジタル・アシスタントのVoice機能は、いくつかのSamsungのネーティブなアプリ、カメラ、コンタクト、ギャラリー、メッセージ、および、セッティングを含む機能と統合し、さらに、近い将来、より多くのSamsungや3rdパーティ・アプリを含むための、能力を拡張するようだ。

 Samsungは、Bixbyのエコシステムを、継続して、拡大させていく。

 Samsungは、Bixbyデジタル・アシスタントが、スマートフォン向けのインタフェースから、生活のためのインタフェースへ、進化していくと信じているという。

 Samsungは、スマートフォンの、Bixbyデジタル・アシスタントの、さまざまな能力を拡張し、サポートすることを必要としていることは、明らかである。

 「Samsungの、Bixbyデジタル・アシスタント」の紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookのドローンが、2回目のテスト飛行を終えた。 '17.07.05

【Facebookのドローンが、2回目のテスト飛行を終えた。】 '17.07.05

 Facebookによる、ドローンの、2回目のテスト飛行が終わり、無事、着地した。2017年6月30日

 By Reuters

 1回目のテスト飛行では、Facebookのドローンは、着地する前に、クラッシュしていた。

 2回目のテスト飛行における、Facebookのドローンの飛行時間は、1時間46分であった。

 Facebookのドローンは、太陽光発電により得られた、エネルギーを使用している。

 Facebookの目標は、ドローンが、数ヶ月間、飛行できることである。

 ドローン同士は、レーザ光線で、互いに、コミュニケートし、地上の、インターネット基盤が整備されていない地域に、インターネット接続性をもたらすことを目的にしている。

 ベストセラーのアプライアンス

効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能(3) '17.07.05

【効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能(3)】 '17.07.05

 効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能を模索する。2017年7月3日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)やオプションの、選択肢が増えたので、企業にとって、適切なシステムを選択することが、複雑になった。

    (続き)

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)ソリューションを使用する、企業は、あらゆるプラットフォームに、不可欠な機能を、最初に評価し、第2ステップとして、特別に補完的な機能を模索している。

 ハイブリッド・クラウド管理プラットフォーム(CMP)に対する、一般的なニーズと、特定のニーズとして、何が考えられるか?

 eWEEKは、この2ステップのプロセスを概説する。

8.一般的な、拡張性

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)は、将来の成長をサポートすべきである。

Eweek28
 クラウド管理プラットフォーム(CMP)は、将来の成長と、クラウド環境に対する、ツールの統合をサポートすべきである。

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)には、ITサービス管理とDevOpsエコシステム、API活用ツール、フレームワーク、ソフトウェア開発キット(SDK)、および、OpenStackベースの環境のサポートが、含まれている。

 企業は、この拡張性と他のシステムへの接続性を可能にする、すぐに使えるコンテンツを考慮する必要がある。

9.特定の、クラウドの消費のコスト計算、測定、および、監視機能

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)は、さまざまな監視、コスト分析ツールを必要とする。

Eweek29
 さまざまな監視、および、コスト分析ツールは、異なった、クラウド管理プラットフォーム(CMP)オプションにおいて、利用できる。

 ただし、すべてに合うサイズの、コスト分析ツールはない。

 例えば、クラウド消費のコスト計算、測定は、ショーバックやチャージバックのプラクティスを持つ、大規模な組織に対し、より重要になるだろう。

 新たなクラウド採用者には、クラウドのコスト比較ツールが必要になるだろう。

10.効果的なクラウド管理プラットフォーム(CMP)は、いくつかの特徴を持っている。

Eweek210
 最適なクラウド管理プラットフォーム(CMP)には、技術の幅、将来の見通し、および、ベンダーの実行可能性を含む、いくつかの、質的な特徴があるだろう。

 これらの特徴は、特定のツール・セットや機能とは、見なされないが、クラウド管理プラットフォーム(CMP)を評価する時に、真剣に考慮しなければならない。

 ベストセラーのアプライアンス

効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能(2) '17.07.05

【効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能(2)】 '17.07.05

 効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能を模索する。 2017年7月3日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)やオプションの、選択肢が増えたので、企業にとって、適切なシステムを選択することが、複雑になった。

   (続き)

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)ソリューションを使用する、企業は、あらゆるプラットフォームに、不可欠な機能を、最初に評価し、第2ステップとして、特別に補完的な機能を模索している。

 ハイブリッド・クラウド管理プラットフォーム(CMP)に対する、一般的なニーズと、特定のニーズとして、何が考えられるか?

 eWEEKは、この2ステップのプロセスを概説する。

5.一般的な、オペレーション

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)ユーザは、性能、容量、および、負荷を管理しなければならない。
Eweek25
 クラウドの価値は、機能を、幅広く、不可欠なカテゴリに分類し、オペレーションを活用することで、サービスの最適化からもたらされる。

 CMPユーザは、プロビジョニングされた、環境の、性能、容量、および、負荷を管理し、ユーザのグループや、クラウドの環境に渡る、異なったコストを理解する必要がある。

6.特定の、セルフサービス・ポータル

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)は、セルフサービス・ポータルを持つべきである。

Eweek26
 厳格なIT統治を必要とする、組織には、セルフサービス・ポータルを持つ、クラウド管理プラットフォーム(CMP)が必要である。

 ITは、それを使用して、すべての受信要求を処理し、必要に応じて、リソースとサービスを分配する。

 ただし、セルフサービス・ポータルは、他の組織の優先順位リストでは、高くない場合がある。

7.一般的な、環境に渡る、シームレスな動き

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)は、マルチ・クラウド環境をサポートすべきである。

Eweek27
 企業は、マルチ・クラウド環境をサポートする、クラウド管理プラットフォーム(CMP)を必要としている。

 Forresterのレポートによると、クラウド管理プラットフォーム(CMP)の採用率は、30%であり、すべてのクラウド展開モデルに対し、急速に成長しているので、異なったベンダのクラウド・エコシステム間を移動することは、障害にはならないという。

 CMPには、複数のベンダをサポートすることが、重要になる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 4日 (火)

効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能 (1) '17.07.04

【効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能 (1)】 '17.07.04

 効果的なハイブリッド・クラウド管理プラットフォームに必要な機能を模索する。 2017年7月3日
Eweek20
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)やオプションの、選択肢が増えたので、企業にとって、適切なシステムを選択することが、複雑になった。

 企業のハイブリッド・クラウドの展開に成功するためには、適切な意思決定を行うことが、重要である。

 いくつかの機能は、企業のハイブリッド・クラウドの展開の特定の部分にとって重要であるが、他の機能は、普遍的に不可欠である。

 クラウド管理プラットフォーム(CMP)ソリューションを使用する、企業は、あらゆるプラットフォームに、不可欠な機能を、最初に評価し、第2ステップとして、特別に補完的な機能を模索している。

 ハイブリッド・クラウド管理プラットフォーム(CMP)に対する、一般的なニーズと、特定のニーズとして、何が考えられるか?

 eWEEKは、この2ステップのプロセスを概説する。

1.一般的な、消費レイア

Eweek21
 ユーザは、基盤やサービスへの、効果的なアクセスを持つ必要がある。

 一般的な消費レイアは、多くのデジタル・エンタープライズが、使用している、DevOpsベストプラクティスのプロモートにおいて、価値がない可能性がある。

2.一般的な、基盤とアプリの配信

 ユーザは、さまざまなアプリに対し、サービスとリソースを配信できるべきである。

Eweek22
 最適なクラウド管理プラットフォーム(CMP)は、ユーザが、「コードとしての基盤」の概念を使用している、単純な基盤と複雑な基盤、および、アプリ・スタックを、プログラマチックに定義できるようにする。

 2015年に、企業の意思決定者の64%が、少なくとも優先順位が高い、アプリの更新や修正を特定した。

 ユーザは、異なったサービスや、さまざまなアプリ、クラウド・ネーティブ、あるいは、従来的な、リソースを提供できるべきである。

3.特定の、オートメーション

 大規模なオートメーションは、あらゆる顧客に対し、要求されない。

Eweek23
 オートメーションは、特定の規模(例えば、300から500の仮想マシン)に達した後に、本当に、役に立つだけでなく、特定のサービス・レベル合意(SLA)を要求している。

 有用性は、存在する、ワークフロー要素の範囲と、環境の複雑さにも、左右される。

4.一般的な、統治

 開発を開始する前に、ビジネスの要件に関して、意思決定を行う。

Eweek24

 クラウド環境は、特定のビジネスの要求に基づいて、編成され、統制されなければならない。

 企業は、クラウドのエコシステムにおける、テナントや資源のプールを管理する時に、ユーザの識別やアクセス、資格、許可、クォータ、通知、および、承認を、管理する必要がある。

 Forresterによると、世界の基盤技術の意思決定者の、約25%が、これらの決定を、開発者に委ねているという。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

中国の検索エンジンの巨人、BaiduとAinemoは、音声コマンド対応の、ファミリー・ロボット「Little Fish」を紹介した。 '17.07.04

【中国の検索エンジンの巨人、BaiduとAinemoは、音声コマンド対応の、ファミリー・ロボット「Little Fish」を紹介した。】 '17.07.04

 中国のGoogleと呼ばれている、検索エンジンの巨人、BaiduとAinemoは、「Little Fish(Xiaoyu Zaijia)」と呼ばれる、AI技術を使用した、音声コマンド対応のファミリー・ロボットを紹介した。2017年1月5日

Wsj3
By Baidu

 中国の代表的な検索エンジンの巨人、Baiduと、中国の大手の、消費者向けエレクトロニクス・メーカ、Ainemoは、CES 2017と、Digital Experience!で、音声コマンド対応のファミリー・ロボット、「Little Fish(Xiaoyu Zaijia)」を、共同で発表した。

 このファミリー・ロボットには、両社が共同で開発した、デジタル・アシスタントが搭載されている。

 ファミリー・ロボット、Little Fishには、「DuerOS」と呼ばれる、BaiduのAIデジタル・アシ・プラットフォームの、オペレーティング・システム(OS)が搭載されている。

 ユーザは、音声コマンドで、ファミリー・ロボット、Little Fishと会話し、音楽を聴いたり、ニュースを確認したり、カレンダーを管理したり、家庭のアプライアンスを制御したり、ビデオ・チャットしたりできるようになる。

 他ベンダのスマート・ホーム・デバイスとは異なり、Little Fishは(AmazonのEcho Showのように)、大きなスクリーンを持っており、DuerOSを搭載した、デバイスのユーザと、ビデオ・チャットをすることができる。

 また、ユーザは、AmazonのEcho Showデバイスのように、Little Fishデバイスのスクリーンで、ビジュアルな、ストリーミング・コンテンツを視聴することもできる。

 BaiduのDuerOSは、自然言語の音声コマンドを通した、Baiduのインターネット・エコシステムへのゲートウェイである。

 このエコシステムには、Baiduのローカルなサービス・プラットフォームが含まれる。

 Baiduのローカルなサービス・プラットフォームでは、何千万人ものユーザが、音声コマンドを使用して、映画のチケットを購入したり、食料品を注文したり、クリーニング・サービスをリクエストしたりしている。

 Baiduのローカルなサービス・プラットフォームで、ユーザは、必要な情報を得たり、さまざまな、デマンド・サービス(中国で、020として知られる)にアクセスしやすく、することができる。

 Baiduは、ファミリー・ロボット、Little Fishが、消費者の家庭の家族の一員になる、大きなカテゴリーになると期待している。

 ファミリー・ロボット、Little Fishは、有用で、信頼性がなければならず、消費者の暮らしにおける、実際の問題を解くことを支援している。

 子供やお年寄りを持つ、中国の家族には、今日の、新たな技術を使用することが難しい。

 中国の家族は、ファミリー・ロボット、Little Fishを、家族のメンバーと接続し、会話できるようにし、毎日の家族の生活を管理する、機会を持つだろう。

Baiduのデジタル・アシスタントは、ユーザに、制御やコミュニケーションの、新たなレベルを提供する。

 ファミリー・ロボット、Little Fishは、家族のメンバーを支援するだけでなく、家族や家のことを、学習することができる、AI技術を特徴としている。

 この革新的なファミリー・ロボット、Little Fishは、定期的な知識を拡張し、毎日、よりスマートで、より効率的になる、

 ファミリー・ロボット、Little Fishで、家族のメンバーは、映画のチケットを購入したり、商品やサービスを注文したり、互いに離れている、家族、友達、同僚などを相互に接続したりしている。

 ファミリー・ロボット、Little Fishは、家族のメンバーに対し、これまでにない、補助を提供する。

 「Baiduのファミリー・ロボット、Little Fish」の紹介ビデオ

 より詳細な情報は、Little Fishのサイトを訪問のこと。

 Baidu DuerOSに関する、より詳細な情報は、Baiduのサイトを訪問のこと。

Amazon Echoスピーカを、中国市場に展開するための、答えの1つは、DingDongスピーカを提供する、LingLongとの提携かもしれない。 '17.07.04

【Amazon Echoスピーカを、中国市場に展開するための、答えの1つは、DingDongスピーカを提供する、LingLongとの提携かもしれない。】 '17.07.04

Wsj2_2
 By wired

 デジタル・アシスタント、Alexaを搭載した、Amazon Echoスピーカは、有用であり、ユーザは、音声コマンドで、音楽を再生したり、オンラインで注文したりすることができるが、方言の多い、中国語を聞いたり、話したりすることはできない。 2016年11月22日。

 LingLongの、DingDongという名前の、クラウド・ベースの、音声コマンド対応の、スマート・スピーカは、方言の多い、中国語を聞いたり、話したりすることができる。

 AmazonやGoogleのような、大手のITベンダは、音声コマンド対応の、スマート・スピーカを、世界の家庭に普及させたいと思っている。

 ユーザが、AmazonのEchoスピーカや、GoogelのHomeスピーカを使用して、音声コマンドで、音楽を再生するだけでなく、天気予報やニュースを確認したり、アラームをセットしたり、商品を注文したり、部屋の照明を調節したり、ドアのカギを開閉したり、できるようになる。

 2016年11月、現在、中国のスマート・ホーム市場の売上は、2018年には、228億ドルに達すると予測されている。

 LingLongの、118ドルの、スマート・スピーカ、DigDongは、ユーザが、中国語の音声コマンドで、ニュース、天気予報、株価などを確認できるようにする。

 また、LingLongの、DigDongスピーカは、質問に答えたり、スケジュールを管理したり、音楽を演奏したり、オーディオ書籍を朗読したりすることもできる。

 DigDongスピーカは、中国の大手オンライン小売店、JD.comと、音声認識技術を提供する、iFlytekとの、ジョイント・ベンチャーである、LingLongの、最初の製品である。

 LingLongのDigDongスピーカの重さは、約3ポンドで、高さは9.5インチであり、外観のデザインは、AmazonのEchoスピーカ似ており、白、赤、黒、紫の4色の製品が用意されている。

 LingLongのDigDongスピーカは、DingDong DingDong、Xiaowei Xiaowei、あるいは、BaiLing BaiLingと呼びかけて、起動することができる。

 LingLongによると、中国には、無数のアクセントや方言があるが、同社のDigDongスピーカは、中国の人口の95%の言葉を理解することができるという。

 DigDongスピーカを開発した、LingLongの技術者は、2014年に、Amazonのデジタル・アシスタントを搭載した、Echoスピーカを、詳しく、調査していた。

 DigDongスピーカのユーザは、300曲の歌のライブラリから、音声コマンドで、音楽を選択して、再生することができる。

 AmazonのEchoスピーカのユーザは、Amazonが提供する、4000種類以上のサービスを、音声コマンドで、利用できるが、LingLongのDigDongスピーカのユーザは、LingLongが提供する、約10種類のサービスしか、利用できない。

 このため、LingLongは、同社の音声サービス・プラットフォームを、3rdパーティの開発者に、公開し、技術サポートを提供して、エコシステムを構築し、サービス(DigDongのスキル)を充実させていくことに、取り組んでいる。

 LingLongのDingDongスピーカは、中国の音楽やドラマなどを、中国語の音声コマンドで、再生することができる。

 LingLongは、DigDongスピーカのデジタル・アシスタントに、AIを組み込み、さらに、スマートにしていく計画である。

 また、LingLongは、DigDongスピーカの設計を、3rdパーティのベンダに、ランセンスし、同じ仕様のスマート・スピーカを製造できるようにしていくことも考えている。

 さらに、LingLongは、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを、DigDongスピーカに、移植することで、Amazonと提携することも望んでいる。

 また、AmazonのEchoスピーカに搭載された、Alexaデジタル・アシスタントのスキルを作成して、Amazonのエコシステムの拡大にも貢献し、中国で、Echoスピーカを販売することも検討している。

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントに、LingLongの、中国語の音声コマンドの認識技術やノウハウを反映することが、有効ならば、LingLongとの提携は、Amazonにとっても有益かもしれない。

 実際、LingLongと提携することは、Amazonに取って、中国市場を、掘り起こす、チャンスになり得る。

 中国政府は、極めて、保護的で、多くの要件を課しており、中国市場は、インド市場ほど、オープンではない。

 Amazonは、LingLongと提携することで、中国市場において、Amazonだけでは行えない場所に、進出することができるかもしれない。

 このため、Alexaデジタル・アシスタントは、いつか、多くのアクセントや方言を持つ、中国語を話せるようになるかもしれない。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 3日 (月)

Samsungが、Galaxy Note 7スマートフォンの改装モデルを販売する。 '17.07.03

【Samsungが、Galaxy Note 7スマートフォンの改装モデルを販売する。】 '17.07.03

 Samsungは、大画面のスマートフォン、Garlaxy Note 7の、改装モデルをリリースした。2017年6月29日

Eweek50
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungは、Garlaxy Note 7のオリジナルのスマートフォンが、バッテリの炎上で、リコールされた後に、10億ドルのコストをかけて、改装モデルを開発した。

 Samsungは、Garlaxy Note 7の改装モデルに、オリジナルのスマートフォンと、同じ機能を持たせ、欠陥のある、バッテリを改善すると共に、高速なプロセッサを搭載したが、外観のデザインは変えていない。

 eWEEKは、Samsungが、オリジナルのGarlaxy Note 7スマートフォンを、Garlaxy Note 7 Fandom Editionに改装した、背景を紹介した。

1.Samsungは、韓国市場を、最も大切にしている。

Eweek51
 Samsungは、リコールされた、Galaxy Note 7スマートフォンを、再度、市場に投入する計画を明らかにした。

 Wall Street Journalの、最近のレポートによると、Samsungは、改装した、Garlaxy Note 7スマートフォンを、最初に、韓国で販売し、その後に、他の国に展開していくという。

2.Garlaxy Note 7スマートフォンに、新たなバッテリを採用する。

Eweek52
 Samsungは、改装モデルに、新しいバッテリーを採用し、決して、炎上しないことを確実にするために、バッテリの安全性を、テストし、分析している。

 Samsungは、バッテリのテストの後、Galaxy S8ラインの、バッテリに関する問題を報告していない。

3.バッテリの炎上は、330台のスマートフォンで、報告されていた。

Eweek53
 Samsungは、オリジナルのGarlaxy Note 7スマートフォンのユーザが、決して、バッテリの炎上を経験しないよう、対処する必要がある。

 事実、Samsungは、300万台のGarlaxy Note 7スマートフォンが、世界で販売されていたが、その内、330台のスマートフォンのユーザが、バッテリの炎上を、経験していた。

4.Garlaxy Note 7スマートフォンの外観のデザインは、変更されていない。

Eweek54
 Samsungは、Galaxy Note 7スマートフォンの外観のデザインを変更していない。

 改装モデルにおいて、異なっていることは、新たなバッテリであり、外観のデザインは変わっていないので、Galaxy Note 7スマートフォンのデザインを、好んでいる人は、Galaxy Note 7の改装モデルのデザインに満足するだろう。

5.Galaxy Note 8スマートフォンは、どうだろう?

Eweek55
 Samsungの、Galaxy Note 7スマートフォンの改装モデルの、リリースのタイミングは、奇妙に思える。

 Samsungは、Galaxy Note 7スマートフォンが、売れ残ってしまう、可能性があるので、予定されていた、Galaxy Note 8スマートフォンの出荷時期を延期している。

 Samsungの内部の人によると、Galaxy Note 7スマートフォンが、特定の消費者に、アピールすると信じており、最終的に、Samsungは、リコールによる、何十億ドルもの損失を回収できることを期待しているという。

6.Galaxy Note 5スマートフォンに、何が起きるか?

Eweek56
 興味深いことに、Galaxy Note 7スマートフォンの改装モデルのリリースで、Galaxy Note 5スマートフォンの出荷台数が、減少するかも知れない。

 2015年に、Samsungが、リリースした、Galaxy Note 5スマートフォンは、世界中で、静かに販売された。

 消費者は、大きなスクリーンを持つ、スマートフォンで、スタイラスを使用することを好んでいる。

 改装モデルの、Galaxy Note 7スマートフォンが、市場に復帰すると、Galaxy Note 5スマートフォンは、市場から消えていくのかも知れない。

7.改装モデルの、Galaxy Note 7は、依然として、強力なスマートフォンである。

Eweek57
 改装モデルの、Galaxy Note 7スマートフォンには、Qualcomm Snapdragon 820プロセッサが搭載されている。

 Qualcomm Snapdragon 820プロセッサは、Galaxy S8スマートフォンやGalaxy S8+スマートフォンに搭載されている、Snapdragon 835プロセッサほど、強力ではないが、今日の、最も高度なアプリを、ストレスなく、使用するのに、十分である。

 SamsungのGalaxy Note 7スマートフォンの改装モデルは、バッテリの炎上で、リコールされ、離れていった、多くのユーザに、十分なパワーを提供すべきである。

8.Samsungは、ソフトウェアに関して、詳述していない。

Eweek58
 改装モデルのGalaxy Note 7スマートフォンに、プレインストールされる、Samsungのアプリは、不明であるが、オペレーティング・システムには、Android Nougatを採用して、出荷されるだろう。

 特別に、Samsungは、Galaxy S8ラインで、デビューした、同社のデジタル・アシスタント、Bixbyが、改装モデルの、Galaxy Note 7スマートフォンに、プレインストールされるかどうかは、明らかにしていない。

9.Samsungは、改装モデルの、Galaxy Note 7スマートフォンを、低価格では販売しない。

Eweek59
 Samsungは、改装モデルの、Galaxy Note 7スマートフォンを、低価格で、販売することはない。

 改装モデルの、Galaxy Note 7スマートフォンは、韓国において、今日の市場において、高い価格である、約600ドルで、販売されることが期待されている。

 米国における、改装モデルの、Galaxy Note 7スマートフォンの価格を、Samsungは、発表していない。

10.従来の顧客は、エキサイトしてる。

Eweek510
 従来の顧客は、バッテリのトラブルによる、リコールで、シェアを落とした、Galaxy Note 7スマートフォンが、改装モデルで、市場に復帰することに、エキサイトしている。

 リコールが、報告された後に、Galaxy Note 7スマートフォンを、継続して保有している、ユーザは、少ないが、従来の多くのユーザが、Galaxy Note 7スマートフォンの、改装モデルに、買い換えるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

中国の大手ITベンダ、Alibabaが、AmazonのEchoスピーカに搭載されているのに似た、デジタル・アシスタントを提供することを、計画している。 '17.07.03

【中国の大手ITベンダ、Alibabaが、AmazonのEchoスピーカに搭載されているのに似た、デジタル・アシスタントを提供することを、計画している。】 '17.07.03

 中国の、Alibaba Groupは、AmazonのEchoスピーカに搭載されているのに似た、デジタル・アシスタントを提供することを計画しているようだ。2017年6月30日

 By Liza Lin、morningstar、DJN

・中国の、オンライン・ショッピングの大手、Alibabaは、音声コマンド対応のデジタル・アシスタントを搭載した、ホーム・デバイスを、中国の消費者をターゲットにして、提供することを計画しているようだ。

 このホーム・デバイスは、中国の消費者が、音声コマンドで、Alibabaのショッピング・プラットフォーム、TaobaoとTmallから、商品を購入できるようにする。

 informationによると、Alibabaのホーム・デバイスは、音声対応、デジタル・アシスタント、AmazonのAlexa、AlphabetのGoogle Assistant、あるいは、AppleのSiriを搭載した、ホーム・デバイス(AmazonのEcho、GoogleのHome、AppleのHomePod)と、中国市場において、競合するようになるという。

・中国のGoogleと呼ばれる、検索エンジンを提供する、Baiduは、2017年4月に、Little Fishと呼ばれる、音声対応のホーム・ロボットの販売を開始している。

Bd
 Baiduのホーム・ロボットは、スクリーンを持ち、ユーザが、インターネットを検索したり、食べ物を注文したり、音楽や映画を再生したりできるようにする。

 「Baiduのホーム・ロボット、Little Fishの紹介ビデオ」

・Alibabaのe-コマースにおける、ライバル、JD.comは、既に、Dingdongと呼ばれる、スマート・スピーカを販売している。

Wsj2
 JD.comは、中国の消費者が、英語を練習するために、このデバイスを使用できるよう、英語をサポートしたと、宣伝している。

 「JD.comのDingdongスマート・スピーカの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するための、Google Touts Cloud IoTコア技術を紹介する。 '17.07.03

【Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するための、Google Touts Cloud IoTコア技術を紹介する。】 '17.07.03

 Google Cloud IoT Core技術は、コネクティッド・カーの、センサーなどから、収集される、大量のデータを分析することで、価値をもたらすための、革新的な方法をサポートすることができる。 2017年6月30日

Eweek1
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleは、同社のクラウド・コンピューティング技術が、将来の、さまざまなユースケースにおいて、コネクティッド・カーの、センサーやカメラなどから、データを収集し、分析するための、理想的なプラットフォームを提供したいと考えている。

 Google Cloud IoT Coreは、グローバルに分散された、デバイスからのデータを、簡単かつ安全に、接続、管理、および、取り込むことを可能にする、完全に管理された、クラウド・サービスである。

 Googleは、ソリューション・ガイドにおいて、コネクティッド・カーから収集される、データを使用した、利用ベースの自動車保険、予測的な車の保守、および、新たなユーザ経験といった、車載システム用のアプリで、クラウド・サービスを、どのように、利用できるようにするかを説明した。

 Googleによると、コネクティッド・カーは、1日当たり、最大、560GBのデータを生成するという。

 このデータは、非常に有用なものであるが、そこに到達するためには、克服すべき、複数の課題がある。

 例えば、データの収集、分析プラットフォームへ、コネクティッド・カーの、さまざまなデバイスやセンサーを接続するには、認証や承認の機能が必要になる。

 同様に、コネクティッド・カーから、データを収集&分析し、保管するための、信頼できる機構も必要になる。

 収集されたデータから、価値を引き出すためには、収集されたデータに対し、さまざまなタイプの分析を実行する能力が必要になる。

 さらに、ビジネス・レベルのロジックを開発し、収集し、分析されたデータを、内部ソースから得られるデータと、統合する必要もある。

 最終的に、予測的なモデルが要求され、アナリストは、収集されたデータに基づいて、結果を予測できるようになる。

Eweek6_2
 Google Cloud Platform(GCP)は、コネクティッド・カーの、データの収集&分析の要件に対応するための、能力を持っている。

 例えば、デバイス管理フロントにおいて、GoogleのCloud IoT Core技術は、企業が、グローバルの分散されたデバイスを、Google Cloud Platform(GCP)へ接続できるようになる。

 Cloud IoTは、企業が、ネットワークに接続された、センサーや、IP対応デバイスを、より良く管理できるよう、支援するために、Googleが、2017年5月に開始した、サービスである。

 Cloud IoTサービスに組み込まれた、デバイス管理機能は、コネクティッド・カー環境において、要求される、デバイスの認証や承認の機能を提供する。

 GoogleのCloud Sub/Pubメッセージ指向のミドルウェア技術は、コネクティッド・カーが生成する、さまざまな種類のデータの、取り込みポイントとして使用できる。

 コネクティッド・カーの、新しいアプリを有効にするうえで、利用できる、Googleクラウド技術には、複数のソース、Google Compute Engine、Container Engine、および、App Engineから収集された、データを処理するための、Google Cloud Dataflowが含まれる。

 TensorFlowやCloud Machine Learningエンジンといった、Googleの予測技術は、IoTデータから、洞察や価値を抽出するのに、極めて役に立つ。

 車載システムは、3rdパーティが、オープンなモバイル技術プラットフォームを活用して、IoT対応デバイスを接続できるようにすると共に、先進のサービスを提供できるようにする。

 Googleのクラウド技術は、車載システムにも、スケーラブルで、信頼性の高い、Google Cloud Platform(GCP)を提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年7月 2日 (日)

Microsoftは、Office用の、Dictateプラグインを提供する。 '17.07.02

【Microsoftは、Office用の、Dictateプラグインを提供する。】 '17.07.02

 Microsoftは、口述筆記を可能にする、Office用の、Dictateプラグインを提供する。 2017年6月21日

Eweek2
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftは、2017年6月に、Outlook、Word、および、PowerPointのWindows版と連携して、口述筆記を可能にする、Microsoft Office用の、Dictateプラグインをリリースした。

 Dictateプラグインは、いくつかの理由で、注目に値する。

 Dictateプラグインは、Microsoftの実験プロジェクト、Microsoft Garageで、テストされ、評価される。

 Dictateプラグインは、MicrosoftのCognitive Servicesスレートと、Cortanaデジタル・アシスタントに実装されている、ユーザが、しゃべる言葉を、テキストに変換し、アプリのテキスト入力手段として、口述筆記技術と、人工知能(AI)を使用している。

 このDictateプラグインで、Microsoft Officeユーザは、メールやドキュメントを、口述筆記できるようになる。

 このDictateプラグインは、ユーザが、OutlookやWordやPowerPointを使用して、20ヶ国以上の言語で、口述筆記でき、最大60ヶ国の言語に、自動翻訳できるようにする。

 Dictateプラグインは、ユーザが、音声コマンドで、改行したり、文字を削除したり、追加したり、変更したりできるようにすると共に、さまざななドキュメント形式で、口述記述できるようにする。

 Microsoftは、YouTubeビデオで、ユーザが、このDictateプラグインで、Wordのドキュメント、PowerPointのスライド、および、Outlookのメールといった、さまざまなドキュメント形式で、口述記述する例を紹介した。

 「Microsoft Garageプロジェクトの、Dictateプラグインの紹介」ビデオ

 また、Microsoftの、このDictateプラグインは、「改行」や「削除」を含む、編集コマンドもサポートする。

 Dictateプラグインは、Windows 8.1以降、Outlook、Word、および、PowerPoint(Office 2013以降)の64ビット版で、使用することができる。

 Dictateプラグインを使用する場合、Microsoftは、NET Framework 4.5、あるいは、それ以降が、インストールされていることも、推奨している。

 口述記述技術は、Microsoft Officeのような、オーサリング・アプリ以外に、さまざまなアプリで使用されている。

 2017年初旬に、Dominoのピザは、オーストラリアとニュージーランドにおいて、モバイル・アプリへ、音声対応チャットボットを追加することで、これらの国における、顧客が、実際の人と会話することなく、ピザを注文できるようにした。

 Dominoのピザのモバイル・アプリは、顧客のサービス要求を満たすために、会話的なAIを使用した、NuanceのDRU Assistエンジンを採用している。

 顧客が、実際の人と会話することなく、ピザを注文できるようにし、ピザを配達する以外に、NuanceのAI対応のDRU Assistエンジンは、ドライバーの運転を補助する、ソフトウェアに、使用されており、安全に、運転できるよう支援している。

 2017年初旬に、Nuanceは、Chrysler Pacificaにおいて、Dragon Drive自動運転補助ソフトウェアの、新たな能力を披露した。

 特定のBMW車は、既に、フロント・シートの乗客が、インフォテインメント・システムを制御できるようにする、いくつかのDragon Drive能力を装備している。

 NuanceのAI駆動Contextual Reasoning Frameworkを使用することで、このシステムは、ドライバーの好みを学習し、パーソナライズされた、ナビゲーション能力を提供できるようにしている。

 NuanceのAI駆動Contextual Reasoning Frameworkは、ドライバーに、価格やポイント・カードに基づいて、最寄のガソリン・スタンドを示唆することができる。

 Dragon Driveシステムは、乗客が、音声コマンドで、車のエアコンなどを、好みに応じて、設定できるようにする。

 また、このDragon Driveシステムは、乗客が、少しの情報に基づいて、ポピュラーな歌の曲名を当てる、Dragon Tunesのゲームを、音声コマンドで、プレーできるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookは、2012年10月から、世界の月間、アクティブ・ユーザ数が倍増し、20億ユーザに達した。 '17.07.02

【Facebookは、2012年10月から、世界の月間、アクティブ・ユーザ数が倍増し、20億ユーザに達した。】 '17.07.02

 Facebookは、2012年10月から、同社のSNSの、世界の、月間、アクティブ・ユーザ数が倍増し、2017年6月には、20億ユーザに達した。 2017年6月27日

Reuter2
 By David Ingram、Reuters

 Facebookによると、2017年6月に、同社のソーシアル・メディア・ネットワークの、世界の、月間、アクティブ・ユーザ数が、20億ユーザに達したという。

 Facebookの現在の、月間、アクティブ・ユーザ数、20億人は、世界の人口、75億人の、1/4以上に相当している。

 Facebookは、1ヶ月間に、1回以上、PCやモバイル・デバイスで、Facebookにログインした、あるいは、Messengerアプリを使用した、ユーザを、月間、アクティブ・ユーザと定義している。

 このアクティブ・ユーザには、Facebookは、使用しないで、Instagram、あるいは、WhatsAppネットワークを使用している、ユーザは、含まれていない。

 ちなみに、Twitterによると、2017年4月の1ヶ月間に、1回以上、PCやモバイル・デバイスで、Twitterにログインした、Twitterの、月間、アクティブ・ユーザ数は、3億2800万人であったという。

 また、Snapによると、2017年1Q末に、1日間に、1回以上、PCやモバイル・デバイスで、Snapchatにログインした、Snapchatのアクティブ・ユーザ数は、1億6600万人であったという。

 中国のTencent Holdingsによると、2017年1Qに、1ヶ月間に、1回以上、同社のWeChatにログインした、WeChatの、月間、アクティブ・ユーザ数は、9億3800万人であったという。

 Facebookは、2017年3月31日における、Facebookのサービスを使用していた、月間、アクティブ・ユーザ数は、前年から、17%増え、19億4000万人であったとしている。

 Facebookによると、月間、アクティブ・ユーザ数が、10億人に、初めて、達したのは、2012年10月であったという。

 Facebookによると、2017年4月における、Facebookの広告主の数は、500社であったという。

 Facebookのユーザ数は、米国、カナダ、および、ヨーロッパ以外の地域で、増加している。

 ちなみに、米国、カナダ、および、ヨーロッパ地域のユーザ数は、2014年1Qに、世界のFacebookユーザ数全体の、38%を占めていたが、2017年1Qには、世界のFacebookユーザ数全体の、約30%であった。

 Facebookは、高速なネットワーク基盤が整備されていない、新興地域のユーザ数を増加させるために、低速なインターネット接続でも使用できる、データ使用量が少ない、軽量版の、Facebook Liteアプリを提供しており、また、新興地域に、インターネット接続基盤を提供するための、太陽光発電のドローンを開発することにも、取り組んでいる。

 「Facebookの太陽光発電のドローン、Aquilaの紹介」ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

Lenovo X1 Yoga Gen 2、ビジネス向けのノートPCの紹介 '17.07.02

【Lenovo X1 Yoga Gen 2、ビジネス向けのノートPCの紹介】 '17.07.02

 Lenovo X1 Yoga Gen 2 Ultrabook、ビジネス向けの、ノートPCの紹介 2017年6月30日

Eweek1b
 By Wayne Rash、eWEEK

 Lenovoの最新の、ノートPC、ThinkPad X1 Yoga Gen 2 Ultrabookは、ビジネス環境において、完璧に実行するために必要な、あらゆる機能や能力を備えている。

Eweek1
 Lenovoが、2016年の秋に出荷した、ThinkPad X1 Yogaには、いくつかの、改善すべき点があった。

 2017年1月に、Lenovoは、CESで、X1 Yoga Gen 2 Ultrabookを紹介した。

 X1 Yoga Gen 2は、転送率が、極めて高い、2つのThunderbolt 3 USB-Cポートを持っており、高速充電が可能である。

 X1 Yoga Gen 2には、以下の特徴がある。

・4Kビデオの配信をサポートしている。

・2つのUSB-Cポートを持っている。

・3つのUSB 3.0ポートを持っている。

・物理的なユーザ・インタフェース、キーボード、ポインティング・デバイス、および、タッチ・スクリーン画面が、改善されている。

 X1 Yoga Gen 2のキーボードは、スクリーン画面の開閉に合わせて、上下に動くよう、設計されており、キーが損傷する可能性が低く、一貫性のある、タッチ&フィールを維持することができる。

・2つのポインティング・デバイスを持っている。

 1つは、1992年に紹介された、IBM ThinPadsに用意されていた、消しゴムのような、ポインティング・デバイスである。

 もう1つは、ノートPCの、標準的な、キーボードの前にある、タッチパッドである。

 Lenovoは、高解像度のOLEDスクリーンから、LEDバックライトを持つ、標準HD LCDスクリーンまで、いくつかのタイプのスクリーンを持つ、X1 Yoga Gen 2を提供している。

・X1 Yoga Gen 2の、14インチのスクリーンの解像度は、1920 x 1080である。

 X1 Yoga Gen 2のスクリーンは、明るく、鮮明な、マルチ・タッチ・スクリーンであり、指や、スタイラス・ペンを、ポインティング・デバイスとして使用できる。

 例えば、ユーザは、タッチ操作で、スクリーンに表示された、写真を、大きくしたり、小さくしたりすることができる。

 さらに、X1 Yoga Gen 2には、スクリーン画面の前端の下に格納できる、ThinkPad Pen Proと呼ばれる、スタイラス・ペンも含まれる。

 ユーザは、このスタイラス・ペンを使用して、タッチ・スクリーンを、メモ用紙、原稿用紙、便箋、画用紙、あるいは、キャンバスにして、手書きで、ノートをつけたり、原稿を書いたり、絵を描いたりすることができる。

 ユーザが、X1 Yoga Gen 2の、タッチ・スクリーンに、手書きで、メモを取ったり、ドキュメントに注釈を付けたりする時に、ThinkPad Pen Proは、驚くほど、有用である。

・X1 Yoga Gen 2のキーボードは、十分大きく、タイピングしやすい。

・X1 Yoga Gen 2の、ハイブリッド・カーボン・ファイバー製のボディは、耐久性のための、MIL-STD 810Gの要件を満たしている。

 X1 Yoga Gen 2には、Microsoft Signature Edition Windows 10が搭載されている。

 「XThinkPad X1 Yoga製品の紹介」ビデオ

 筆者が、評価した、ThinkPad X1 Yoga Gen 2のレビュー版には、2.6GHzのIntel i5プロセッサ、8ギガバイトのメモリ、および、256GBの半導体ストレージ・デバイス(SSD)が、搭載されており、価格は、1772ドルであった。

 筆者の理想とする、X1 Yoga Gen 2の構成は、i7プロセッサ、16GBメモリ、1TBのSSD、および、OLEDスクリーンである。

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年6月25日 - 2017年7月1日 | トップページ | 2017年7月9日 - 2017年7月15日 »

最近の記事

ウェブページ

広告2