« 2017年6月18日 - 2017年6月24日 | トップページ | 2017年7月2日 - 2017年7月8日 »

2017年6月25日 - 2017年7月1日

2017年7月 1日 (土)

BlackBerryは、IoTに焦点を合わせた、Enterprise Mobility Suiteトをアップデートした。 '17.07.01

【BlackBerryは、IoTに焦点を合わせた、Enterprise Mobility Suiteをアップデートした。】 '17.07.01

 BlackBerryが、Enterprise Mobility Suiteをアップデートした、最新の機能には、改善された、ユーザ分析と共に、Microsoft Office 365ユーザ用の、保護ポリシーを作成する能力が含まれている。 2017年6月21日

Eweek1
 By Todd R. Weiss、eWEEK

 BlackBerryは、ユーザに、安全に、企業が、Microsoft Office 365モバイル・アプリ向けに、ユーザのポリシーを適用できるようにしながら、Windows、あるいは、iOSを搭載した、ラップトップ上のビジネス・データに、アクセスできるようにする、BlackBerry Enterprise Mobility Suiteに、新たな機能を付加している。

Bb
 この拡張能力は、2017年6月20日に、BlackBerryにより、発表された。

 発表によると、BlackBerry Enterprise Mobility Suiteを使用して、IT管理者は、BlackBerry Unified Endpoint Management(UEM)を使用している、Word、Excel、および、PowerPointを含む、Microsoft Office 365モバイル・アプリに、保護ポリシーを管理し、適用できるようにするという。

 さらに、BlackBerry AccessセキュアWebブラウザのユーザは、Windows 10を搭載した、自分のラップトップか、Apple MacOSを搭載した、コンピュータを使用して、ビジネス・データを、安全に、処理することができるようになる。

 BlackBerry Workspacesのユーザは、他のユーザと協調して、コメントや警告を、ドキュメントに付加することができるようになる。

 他のエンハンスには、ユーザに、主なワークフローを追加する能力を与える、DocuSign能力の統合が含まれている。

 ワークフローは、ユーザが、ローン・アプリや、財務取引といった、法律的なドキュメントを提供し、共有できるようにする。

 BlackBerryによると、BlackBerry Analyticsは、毎日や、毎月のアクティブなユーザ、OSタイプや版による使用、毎日の出荷台数、および、ユーザのエンゲージメントを追跡するために、使用できるという。

 分析を付加することにより、エンタープライズIT管理者や、開発者は、ユーザ経験、トレーニング、あるいは、保守のスケジュールへの変化を通して、ビジネスを増加させるために使用される、洞察へのアクセスを持っている。

 2016年12月に提供された、BlackBerry Enterprise Mobility Suiteは、スマート・グラス、3rdパーティのアプリといった、エンタープライズ・ワークフォース・デバイスで使用される、エンドポイント管理ソフトウェア能力を含んでいる。

 BlackBerryによると、自動的なアップデートにおいて、追加される、新たな能力は、ユーザにより、要求されていたという。

 BlackBerry Secureプラットフォームの一部である、このBlackBerry Enterprise Mobility Suiteは、企業が、安全な、管理ポリシーを作成し、デバイス、および、iOS、Android、Windows 10、macOS、および、Samsung Knoxに渡り、制御できるようにする。

 BlackBerry Secureプラットフォーム、および、その一部である、BlackBerry Enterprise Mobility Suiteは、プレミス、あるいは、クラウド・サービスとして提供されるようになる。

 BlackBerry Unified Endpoint Management(UEM)は、以前、同社のモバイル・プラットフォーム、BES12として知られていた。

 2016年9月に、BlackBerryは、スマートフォンのデザインや製造を、3rdパーティのメーカに、ライセンスし、モバイル・セキュリティ・サービスに、焦点を当てるために、自社での、スマートフォンの製造や販売を減少させていた。

 2016年10月に、BlackBerryは、中国のTCLにより、製造され、販売される、DTEK60 Androidスマートフォンの設計や製造の、最初のライセンス契約を発表した。

 BlackBerryは、10年前には、まだ、エンタープライズ・モバイル・デバイス市場における、明らかなリーダであったが、エンタープライズ・スマートフォン市場において、驚くほど、速く、支配的な立場から逸脱し、Appleと、韓国や中国のスマートフォン・ベンダに、世代交代していった。

 2006年初めに、世界で出荷された、すべてのスマートフォンの約半数は、BlackBerryのモデルであったが、2007年には、Appleから、最初のiPhoneスマートフォンの出荷が開始された。

 2009年には、AppleのiPhoneの出荷台数が、急激に増加したので、BlackBerryの、スマートフォンの、世界での出荷台数が占める割合は、20%に減少していった。

 eWEEKによると、2017年6月初めに、BlackBerryは、同社の最新のスマートフォン、KEYoneの設計や製造を、中国のTCLにライセンスしているという。

Bb2
 ベストセラーのアプライアンス

Amazon Echo Showのカメラとスクリーン画面は、どのように、有用なのだろうか? '17.07.01

【Amazon Echo Showのカメラとスクリーン画面は、どのように、有用なのだろうか?】 '17.07.01

 Amazon Echo Showのカメラとスクリーン画面は、Alexaデジタル・アシスタントのユーザにとって、どのように、有用なのだろうか? 2017年6月28日

 By Geoffrey A. Fowler、Dow Jones Newswires

 Amazonは、消費者のショッピングの方法や習慣を変えてきた。

 Amazonは、衣服を、オンラインで購入するとか、スマートフォンで、あらゆるものを購入できるとか、スピーカに話しかけて、自然な会話で、商品を購入できるとか、さまざまな、ショッピング方法を、消費者に提供してきた。

 また、Amazonは、スマートフォンでスキャンすることで、商品を購入できる、Amazon Goと呼ばれる、コンビニ(実店舗)の試験的な運営も実施している。

 「コンビニ、Amazon Goの紹介ビデオ」

 230ドルのAmazon Echo Showデバイスは、Amazonの最も大胆な製品である。

Wsj1a
 例えば、Amazonは、キッチンのカウンタに、7インチのタッチスクリーンとカメラを装備し、マウスやキーボードを必要とせず、音声と、タッチ操作で利用できる、コンピュータを提供し、ユーザが、料理するのを補助できるようにしたいと考えている。

 しかし、実際に、使用してみると、キッチンのカウンタで、Echo Showデバイスを、タッチ操作するのは、あまり簡単なことではない。

 AmazonのEcho Showデバイスは、搭載された、Alexaデジタル・アシスタントを通して、ユーザが、自然言語の音声コマンドで利用できる、AmazonのオリジナルのEchoスピーカの、すべての機能を持っている。

Wsj1b
 ユーザは、音声コマンドで、Echoスピーカに搭載された、Alexaデジタル・アシスタントと対話することで、好みの音楽を再生したり、部屋の照明やエアコンなどを設定したり、ニュースや天気予報などを確認したり、チャットボットと世間話したりすることができる。

 AmazonのEcho Showデバイスのスピーカの音質は、オリジナルのEchoスピーカよりも、わずかに改善されている。

 ユーザは、オリジナルのEchoスピーカ、Google Homeスピーカ、Apple HomePodデバイスとは異なり、Amazon Echo Showデバイスで、同じデバイスを持つ人と、ビデオ・チャットしたり、タブレットのように、音声コマンドで、インターネットをブラウズして、スクリーン画面に表示させたり、TVなど、他のデバイスと連携することなく、映画やビデオやTV番組を見たりすることも可能である。

 ただし、Echo Showの初版では、Alexaデジタル・アシスタントの、スクリーン「スキル」は、制限されており、特に、目新しい機能を持っていない。

 Amazon Echo Showデバイスは、お年寄りにも使い易い、ビデオ電話になり、ユーザは、同じ、Amazon Echo Showデバイスを持っている人や、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマートフォンを持っている人と、手軽に、ビデオ・チャットすることができる。

 Echo Showデバイスで、ユーザは、音声コマンドで、レシピを出したり、Amazon.comから購入する、商品をスキャンしたりすることができる。

 Echo Showデバイスで、ユーザは、Amazonビデオや、YouTubeビデオを視聴することもできる。

 Echo Showデバイスは、音楽を再生しながら、歌詞を表示し、ユーザに、歌唱を促す。

 Echo Showデバイスは、Ringのビデオ・ドアベルと連携でき、「Alexa、玄関のドアの外を見せて」と依頼することで、ユーザは、ビデオ・ドアベルで捉えた映像を、Echo Showデバイスで見ることができる。

 Echo Showデバイスは、Nestの監視カメラを含む、他の代表的な、Wi-Fi接続カメラとも、今夏に、連携できるようになるようだ。

 筆者が、初めて、Echo Showデバイスを起動した時に、スクリーン画面には、「AmazonのAudibleサービスを契約しませんか?」というメッセージが表示された。

 このことで、筆者は、第一印象として、Echo Showデバイスが、Amazonの販売キオスクであると感じた。

 次に、Echo Showデバイスは、一連のカレンダ・イベント、ニュースの見出し、使用方法のヒントの表示を開始した。

 筆者は、勝手に、使用方法のヒントや、サービスの案内を、Echo Showデバイスのデフォルトにしないで、知りたい時だけ、知りたいことを聞ける方が、煩わしくなくて良いと感じた。

 また、筆者は、Amazon Alexaデジタル・アシスタントに、音声認識や、顔認識能力を持たせ、家族を認識し、セキュリティ能力を向上させることを期待している。

 「Echo Showは、キッチンのコンピュータか、Amazonのキオスクか?」ビデオ

 Echo Showデバイスは、ユーザが、家の室内の状況を、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマートフォンで、外出先から、Echo Showデバイスのカメラが捉えた映像で、確認できるようになっているが、権限のないユーザから、絶対に、カメラをオンにできないようになっていると思うが、大丈夫だろうか?

 悪意のある、ハッカーなどから、勝手に、Echo Showデバイスのカメラを、オンにされることを、確実で、簡単に、防げるようになっている必要がある。

 Amazonには、Echo Lookと呼ばれる、Echoスピーカに、カメラが付いたタイプのデバイスも提供されているが、このデバイスも、同様な、セキュリティ対策が必要だろう。

Wsj1c
 「Echo Lookの紹介」ビデオ

 勿論、Echo ShowやEcho Lookデバイスは、安価なベビー・モニタや、マルウェアに感染した、セキュリティ・カメラよりは、確かに、安全である。

 Echo Showは、有望な、家庭用コンピュータであり、既に、Alexaの世界に、多額の投資をしているユーザに、アピールするかもしれないが、消費者が、安心して、使用できるよう、セキュリティを、さらに、向上させ、スキルが充実し、押しつけがましさをなくし、より洗練されてくれば、Echoスピーカではなく、Echo Showデバイスを選択する、ユーザが増えるだろう。

 Echo Showデバイス同士、あるいは、Echo Showデバイスと、Amazon Alexa搭載デバイス間だけで、ビデオ・チャットができるのと、SkypeやHangoutsといった、他のビデオ電話、ビデオ・チャット、ビデオ会議アプリも使えるのでは、どちらが良いかは、セキュリティだけでなく、ユーザの必要性や、使い方、使う目的などに、依存するだろう。

 Echo Showデバイスのユーザには、Echo Showデバイスや、Amazon Alexa搭載スマートフォンを持っていない、友達や家族など共、SkypeやHangoutsといった、ビデオ電話アプリを使用できると良いと思う、ユーザもいるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月30日 (金)

世界のクラウドIT基盤の売上が、2017年1Qに、前年同期から、80億ドル増加した。'17.06.30

【世界のクラウドIT基盤の売上が、2017年1Qに、前年同期から、80億ドル増加した。】 '17.06.30

 IDCによると、世界のクラウドIT基盤の売上が、2017年1Qに、前年同期から、80億ドル増加した。2017年6月29日

 IDC Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Trackerによると、パブリック・クラウドとプライベート・クラウドを含む、クラウドIT向けの基盤製品(サーバ、ストレージ、および、Ethernetスイッチ)の販売からの、ベンダの売上は、2017年1Qに、前年同期から、14.9%成長し、80億ドルに達した。

 クラウドIT基盤の売上は、2017年1Qに、前年同期から、39%増加した。

 クラウドIT基盤から、プライベート・クラウドまでの売上は、2017年1Qに、前年同期から、6.0%増加し、31億ドルに達した。

 プライベート・クラウドの売上は、2017年1Qに、前年同期から、21.7%増加し、48億ドルになった。

 2017年1Qに、従来の(非クラウド)IT基盤セグメントにおける、売上は、前年同期から、8.0%減少した。

 プライベート・クラウド基盤の売上の成長において、Ethernetスイッチの売上は、前年から、15.5%増加し、ストレージの売上が、10.0%増加し、続いて、サーバの売上が、2.1%だけ増加した。

 パブリック・クラウドの売上の成長は、2017年1Qに、前年同期から、49.5%増加した、ストレージにより導かれ、前年同期から、22.7%増加した、Ethernetスイッチが続いた。

 従来のIT展開において、Ethernetスイッチの売上は、4.4%減少し、サーバの売上は、6.1%減少した。

 地域的には、クラウドIT基盤の売上から、ベンダの売上は、2017年1Qに、カナダで、最も速く成長し、59.1%成長した。

 クラウドIT基盤の売上からの、ベンダの売上は、アジア/パシフィック(日本を除く)で18.7%、日本で15.3%、米国で15.1%、中東&アフリカで13.2%、西欧で8.9%、ラテン・アメリカで7.8%、および、中央&東欧で7.2%の増加で続いた。

表1)2017年1Qと、2016年1Qにおける、世界のクラウドIT基盤の売上、トップ5ベンダ

 (単位:100万ドル)

ベンダ       2017年1Q  2017年1Q  2016年1Q  2016年1Q    売上
グループ      売上       シェア       売上      シェア    増加率

Dell               $1,289          16.2%           $1,292          18.6%            -0.2%
HPE/H3C       $1,118          14.0%           $1,223          17.7%            -8.6%
Cisco               $902         11.3%            $830          12.0%             8.7%
ODM直接      $1,976           24.8%           $1,204          17.4%            64.1%
その他          $2,678           33.6%           $2,379          34.3%            12.6%

合計            $7,963         100.0%          $6,928        100.0%             14.9% 

 IDC's Worldwide Quarterly Cloud IT Infrastructure Tracker、2017年6月

 HPEの売上は、買収した、New H3C Groupの売上の合計である。

グラフ1) 2017年1Qと2016年1Qにおける、世界のクラウドIT基盤、クラウド・ベンダの、売上シェアのトップ3

 このトラッカーは、ハードウェア技術市場による、ベンダの売上を、履歴的なデータ用に、パブリックと、プライベート・クラウド環境に分けて追跡している。

 パブリック・クラウド・サービスは、無関係な企業や、消費者の間で、共有される。

 ベストセラーのアプライアンス

Amazonは、食料品の配達を変えるために、さらに多くの倉庫を必要としている。 '17.06.30

【Amazonは、食料品の配達を変えるために、さらに多くの倉庫を必要としている。】 '17.06.30

 Amazonは、食料品の配達を変えるために、さらに多くの倉庫を必要としている。2017年6月24日

 By Jeffrey Dastin、Reuters

 Amazon.comが、食料品の配達を革新させることを望んでいるなら、Whole Foods Marketを、137億ドルで買収することは、Amazonの、食料品ビジネスの革新の、長くて、大きな投資が必要なプロセスの始まりに過ぎないだろう。

 AmazonFreshの元ロジスティクス担当者によると、Amazonは、食料品ビジネスを革新していくために、食料品の流通に特化した倉庫の、大規模なネットワークを確立する必要があるという。

 これは、Wal-Mart Storesや、他のAmazonの競合小売店が、既に、実施していることである。

 比較的小さな、独自の流通施設を持つ、Whole Foodsは、Amazonの戦略を、少し変えていく。

 ロジスティクスのコンサルティング会社、MWPVL Internationalによると、Amazonは、米国に、既存のAmazonFreshとPrime Pantry食料品プログラム専用の、300万スクエア・フィート以上の倉庫を持っている。.

 一般的な小売販売における、Amazonの成功への、1つのカギは、米国内に戦略的に、倉庫を配置することにより促される、商品を、消費者に、配達する上でのスピードであった。

 2016年に、Amazonは、約1億スクエア・フィートの広さを持つ、フルフィルメントや、データセンターを持っており、これらの施設では、ロボットが採用され、効率を上げていた。

Reuter1
 生鮮食料品などを流通するための倉庫は、通常の倉庫よりも、かなり複雑であり、食品に適した、さまざまな温度に設定し、安全で、衛生的に保管する必要がある。

 生鮮食料品などを保存するために、Amazonは、アメリカ食品医薬品局から、倉庫に対して、認可を受ける必要がある。

 このために、Amazonは、食料品を、最適な温度に保ったり、倉庫の棚の衛生を維持、管理したり、害虫が食品を汚染するのを防いだりする必要がある。

 Whole Foodsは、市場に、食料品を流通するために、100万スクエア・フィートの倉庫を持っており、サプライヤから、店舗に、直接、食料品をもたらし、在庫を調節している。

 Amazonが、オンラインでも注文を受け、地域の家庭に、食料品を配達できる、食料品の小売ビジネスを展開したければ、大きな投資が必要になるだろう。

 Amazonは、Whole Foodsを買収する計画の理由を、明確にしていないが、地域の家庭に、生鮮食品を含む、食料品を配達できるようにするために、大きな、食料品倉庫を必要としている。

 このため、Amazonは、Whole Food食料品店を買収する意向を示しているが、買収金額は、明確にしていない。

 Amazonは、Whole Foodsに対し、扱いが難しい食料品を供給するために、United Natural Foodsに頼っているが、食料品の流通コストを低減させる方法を模索している。

 Amazonによると、何千ものオンライン注文を処理し、都会の住人に、新鮮な食料品などを配達するためには、Whole Foodsの食料品倉庫を使用しても、倉庫の床スペースが、十分ではないという。

 オンライン注文が増えれば、生鮮食品のような、食料品の在庫を、適切に管理し、調節するのが困難になり、さらに多くの倉庫の床スペースが必要になるようだ。

 「Amazonの、Whole Foodsの買収計画に関する」ビデオの紹介

 ベストセラーのアプライアンス

IDCによると、2020年には、1年間の、世界のICTへの支出が、5兆5000億ドルに達するという。 '17.06.30

【IDCによると、2020年には、1年間の、世界のICTへの支出が、5兆5000億ドルに達するという。】 '17.06.30

 「3rd Platform Edition of IDC Black Book」によると、1年間の、世界の情報通信技術(ICT)への支出の合計は、第3プラットフォーム(クラウド、モバイル、ビッグデータ&分析、および、ソーシアル・ビジネス)と、革新アクセラレータ(モノのインターネット(IoT)、ロボット、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、セキュリティ、認識/人工知能(AI)、および、3D印刷)により促され、2020年には、5兆5000億ドルに達する見込みだという。 2017年6月28日

 世界の、従来のICT(クライアント・デバイス、データセンター基盤、ソフトウェア、サービス、および、通信)への支出は、クラウド・ベースのソリューションへの移行に直面し、減少し始めている。

 IDCが、「革新のアクセラレータ」と呼ぶ、新たな技術(モノのインターネット(IoT)、ロボット、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、セキュリティ、認識/人工知能(AI)、および、3D印刷)への支出の増加で、2015年から、2020年にかけて、ICTへの支出の合計は、約7兆4000億ドルになる見込みである。

 2020年までに、最も速く成長する、IoT分野への年間支出は、約1兆3000億ドルに達することが予想されている。

 2020年における、従来のICT(クライアント・デバイス、データセンター基盤、ソフトウェア、サービス、および、通信)以外の、新たな機会は、1兆ドル以上になる見込みである。

 ICT市場において、2020年までに、従来のICT(クライアント・デバイス、データセンター基盤、ソフトウェア、サービス、および、通信)の年間売上は、これまでよりも、緩やかに増加、あるいは、減少していくだろう。

 これに対し、ICT市場において、2020年までに、最も速く成長する、カテゴリは、IDCが、「革新のアクセラレータ」と呼ぶ、ロボット、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、セキュリティ、認識/人工知能(AI)、および、3D印刷になるだろう。

 また、2020年までに、ICT市場への支出に、最も貢献する、カテゴリは、IDCが、「3rdプラットフォーム」と呼ぶ、クラウド、モバイル、ビッグデータ&分析、および、ソーシアル・ビジネスになるだろう。

・アジア/パシフィックが、革新アクセラレータにとって、最大の市場になるだろう。

 2015年から、2020年の間に、革新アクセタレータを除く、世界のICTへの支出は、1%の年間平均増加率(CAGR)で、緩やかに増加していく見込みである。

 これに対し、革新アクセラレータを含む、世界のICTへの支出は、5%の年間平均増加率(CAGR)で、増加していく見込みである。

 また、革新アクセラレータだけの、世界のICTへの支出は、18%の年間平均増加率(CAGR)で、急速に増加していく見込みである。

 2020年までに、アジア/パシフィック(日本を除く)は、革新アクセラレータだけの、ICTへの支出が、最も多く、6000億ドル以上に達することが予測される。

 2020年までに、革新アクセラレータだけの、ICTへの支出が、2番目に多いのは、米国になるだろう。

 2020年までに、革新アクセラレータだけの、ICTへの支出が、最も速く増加するのは、ラテンアメリカ、中央&東欧、および、中東&アフリカになるだろう。

 2020年まで、パブリック・クラウド・サービス、ビッグデータ&分析、および、モバイルのセグメントは、安定して、成長していくだろう。

 2020年まで、パブリック・クラウド・サービスと、ビッグデータ&分析のカテゴリへの支出は、12%の年間平均増加率(CAGR)で増えていき、2020年には、両カテゴリへの支出の合計は、2000億ドル以上になる見込みである。

・古い技術と、新しい技術の機会間には、多くのオーバーラップがある。

 これは、サーバやストレージといった、従来のハードウェア基盤製品への支出の増加は、3rdプラットフォーム(クラウド、モバイル、ビッグデータ&分析、および、ソーシアル・ビジネス)や、革新アクセラレータ(ロボット、拡張現実(AR)/仮想現実(VR)、セキュリティ、認識/人工知能(AI)、および、3D印刷)への需要の増加に、促されていることを意味する。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月29日 (木)

Owl Labsは、360度のカメラ、AIを、ビデオ会議デバイス、Meeting Owlで使用する。 '17.06.29

【Owl Labsは、360度のカメラ、AIを、ビデオ会議デバイス、Meeting Owlで使用する。】 '17.06.29

 ビデオ会議デバイス、Meeting Owlは、現在の発言者と、部屋のパノラマ的な視野に、知的な焦点を合わせ、遠隔地にいる、ビデオ会議参加者に、新たなユーザ経験を提供する。 2017年6月28日
Eweek4
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Amazon Alexaや、Google Assistantといった、デジタル・アシスタントは、居間やキッチンにある、スマート・ホーム・デバイスで、利用できるだけでなく、車載システムや、モバイル・デバイス、あるいは、ビデオ会議システムでも、利用できるようになる。

 ボストンを拠点とし、リモート会議ソリューションを提供する、Owl Labsは、チーム同士が、協調するための、Meeting Owlと呼ばれる、モノのインターネット(IoT)技術を使用した、ビデオ会議デバイスの提供を開始した。

 このビデオ会議デバイス製品、Meeting Owlは、360度のカメラと、知的なフォーカスを特徴にしており、部屋のメンバーの顔に、自動的に焦点を合わせ、識別し、特定することができる。

 また、Meeting Owlは、遠隔地にいる、ビデオ会議の参加者の、包括的な、ユーザ経験や視野を最適化する。

 Meeting Owlは、部屋全体のパノラマ・ビューに加え、会議室にいる、複数の参加者に、同時に焦点を合わせ、各参加者の、仕草や、顔の表情を認識することもできる。

 ビデオ会議デバイス製品、Meeting Owlの主な機能を以下に示す。

1)対面経験

 Meeting Owlは、単一の360度のレンズを採用し、ビデオ・ステッチングなしに、部屋のパノラマ・ビューを作成することができる。

 Meeting Owlの、会議の発言者に、知的に焦点を合わせる機能は、同時に、各メンバーをハイライトすることもできる。

 このMeeting Owlを使用すれば、遠隔地にいる、参加者は、従来のビデオ会議システムを使用しているような、会議室の壁から眺めているような感じになることはなく、向き合って会議をしている感じになるだろう。

2)使い易い、オール・インワンのオーディオと、ビデオ・デバイス

 11インチの高さの、USBプラグ&プレイのビデオ会議デバイス、Meeting Owlは、360度のカメラ、マイク、および、スピーカを装備し、AI技術を使用した、さまざまな機能を提供し、ノートPCなどで利用することができる。

 Meeting Owlは、セットアップが簡単で、柔軟性があり、Zoom、Google Hangouts、BlueJeans、および、Skype for Businessといった、代表的な、Web対応のビデオ会議アプリで使用することもできる。

 このため、ビデオ会議の主催者は、参加者全員に、最も適した、Web対応のビデオ会議アプリを使用することができる。

3)スマートな技術

 Wi-Fi対応IoT技術と、AI技術を使用した、ビデオ会議デバイス、Meeting Owlは、時間の経過とともに、知的に改善されるよう、設計されている。

 Wi-Fi対応IoT技術と、AI技術を使用した、Meeting Owlビデオ会議デバイスは、自動的に、バックグラウンドで、新たな機能を、アップデートすることができる。

 Meeting Owlは、部屋全体のパノラマ・ビューに加え、会議室にいる、複数の参加者に、同時に焦点を合わせたり、各参加者の、仕草や、顔の表情を認識したり、発言者にズームインしたりすることもできる。

 パワー・ユーザ向けに、Meeting Owlは、部屋の特定の領域に、焦点を合わせるための、カメラのマニュアル操作を含む、さまざまな機能を提供する。

 Meeting Owlビデオ会議デバイスの価格は、799ドルである。

 「Meeting Owlビデオ会議デバイスの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(5) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(5)】 '17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

   (続き)

8.Levi's Commuter Truckerジャケットに、Jacquard技術を統合する。

Sw13
 GoogleのProject Jacquardは、Jacquard技術を、特に、都会の自転車通勤者向けにデザインされた、Levi'sのCommuter Truckerジャケットに統合する。

 Jacquardは、このLevi'sのCommuter Truckerジャケットを着た、自転車通勤者が、音楽や地図といった、さまざまなサービスに接続し、モバイル経験を制御できるようにする。

 これは、特に、通勤者が、自転車に乗っている時のように、スマートフォンを使用するのが困難な時に、有用である。

 Project Jacquardは、デザイナーや開発者が、自分たちの製品に、インターネットに接続され、タッチ・センシティブな衣服を作成できるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(4) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(4)】 '17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

   (続き)

6.対話的なデニムを作成する。

Sw11
 Levi'sのアパレルの心と魂は、1873年に、ブルージーンズに初めて導入されて以来、Levi'sブランドの基盤となっている、丈夫で、象徴的な織物、デニムである。

 Levi'sの革新チームと、Googleのチームは、対話的でありながら、本格的な、デニムの現代版を作成するために力を合わせ、100年前のデニム製造の伝統に忠実であった。

7.Jacquard糸の生地で、Levi'sブランドの衣服を作成する。

 Levi's革新チームは、Jacquard糸で織られた生地を使用して、Levi'sブランドの、従来の衣服と区別のつかない、対話的なデニムの衣服をデザインし、作成できるようにする。

Sw12
 Jacquard糸で織られた生地を使用した、対話的なデニムの衣服は、100年以上前から、愛用されている、象徴的な衣服のままであるが、デジタル機能で強化されている。

 デジタル接続は、すべての必要なエレクトロニクスを収容する、スマート・タグを介して提供される。

 Jacquard糸で織られた生地を使用した、対話的なデニムの衣服は、取り外し可能な、スマート・タグを外すことで、衣服全体を洗濯することができ、通常のデニムのように耐久性がある。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(3) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(3)】 '17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

   (続き)

4.コネクティッド衣服を作成する。

Sw8
 衣服を知的にする。

 コネクティッド衣服は、サービス、デバイス、環境と、対話するための、新しい可能性を提供する。

 これらの対話は、いつでも再構成することができる。

 Jacquardは、ファッション業界向けの、何も描かれていないキャンバスである。

 ファッション・デザイナーは、Jacquard織物を、従来の織物と同じように使用でき、エレクトロニクスについて学ぶことなく、デザインに、新しい機能層を追加することができる。

 開発者は、既存のアプリやサービスを、Jacquard対応の衣服に接続し、このプラットフォーム向けに、新しい機能を作成することができる。

 GoogleのProject Jacquardは、カスタム・コネクタ、電子部品、通信プロトコル、および、シンプルなアプリや、クラウド・サービスのエコシステムも開発し、衣服を知的にしていく。

5.Levi'sとパートナーを組む。

Sw9
 Levi'sブランドは、GoogleのProject Jacquardの、最初のパートナーであり、対話的なJacquard衣服を作成し、消費者にもたらすことで協調してきた。

 ゴールドラッシュの時代に、ベイエリアに移り住んで以来、Levi'sは、ファッショナブルで、機能的な衣服のデザインとして知られている、商標になっている。

Levi
 Levi'sは、消費者のニーズに合った製品をデザインして、作成することにより、この150年間に渡り、ジーンズなどの、衣服のデザインの評判を確立してきた。

 今、この革新の伝統は、Jacquard衣服でも、続けられている。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(2) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(2)】 '17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

   (続き)

2.エレクトロニクスを織り込む

 生地に、エレクトロニクスを織り込む。

Sw4
 補完的な、Jacquard糸のコンポーネントは、できるだけ控えめに設計されている。

Sw5
 Project Jacquardは、ジャケットのボタンよりも小さく、導電Jacquard糸を、コネクターや小型回路に取り付ける、革新的な技術を開発した。

 これらの小さなエレクトロニクスは、タッチ的な対話を可能にし、マシン学習アルゴリズムを使用して、様々なジェスチャを推論することができる。

 キャプチャされた、タッチや、ジェスチャのデータは、スマートフォンなどのデバイスに無線で転送され、ユーザを、オンライン・サービス、アプリ、あるいは、スマートフォンの機能に接続し、さまざまな機能を制御し、利用できるようにする。

 LED、センサー、および、他の組み込み出力は、ユーザに、フィードバックを提供し、デジタルな世界に、シームレスに接続する。

3.標準的な産業用織機で、大量生産できる。

 導電Jacquard糸
Sw6
 標準的な産業用織機

Sw7
 導電Jacquard糸は、コスト効果的に生産でき、世界中の紡績工場で使用されている、標準的な標準的な産業用織機を使用して、糸や布を製造することができる。

 導電Jacquard糸は、従来の糸と同様に、標準的な産業用織機を使用して、極めて多くの、異なったテキスタイル・デザインを編み出すことができる。

 また、導電Jacquard糸で、標準的な産業用織機を使用して、対話性のある生地を織ることもできる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Project Jacquardサイトの紹介(1) '17.06.29

【Project Jacquardサイトの紹介(1)】'17.06.29

 Project Jacquardサイト

 GoogleのProject Jacquardは、標準的な産業用織機を使用して、あらゆる織物に、タッチとジェスチャーの対話性を織り込むことを可能にする。

 これにより、衣服や家具といった、あらゆるオブジェクトを、タッチやジェスチャーで、対話できる、表面を持つ、オブジェクトに変えることができるようになる。

 これは、Googleが、産業パートナーのLevi'sなどと、協力して作成した、新しい導電Jacquard糸(スピニング用導電糸)で、可能になった。

 「Project Jacquardへようこそ」ビデオ

 Jacquard糸構造は、薄い金属合金と、綿、ポリエステル、または、シルクなどの天然、および、合成糸とを組み合わせることで、標準的な産業用織機で織り上げるのに、十分な強度を備えている。

 Jacquard糸は、今日の生地製造に使用されている、従来の糸と区別がつかない。

1.対話的な織物

 対話的な織物用のJacquard糸

Sw1
 Jacquard糸を使用して織られた、対話的な織物

Sw2
 導電Jacquard糸を使用すると、特注で、タッチ、および、ジェスチャに敏感な部分を、織物のどこにでも、正確な位置に織り込むことができる。

 また、導電Jacquard糸を使用すると、センサー格子を、織物全体に織り込むことができ、生地に、大きな対話的な表面を形成することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月28日 (水)

Nokia 6スマートフォンは、手頃な価格で、質の良い機能を提供する。 '17.06.28

【Nokia 6スマートフォンは、手頃な価格で、質の良い機能を提供する。】 '17.06.28

 Nokia 6スマートフォンは、手頃な価格で、質の良い機能を提供する。 2017年6月27日

Eweek40
 By Don Reisinger、eWEEK

 HMD Globalが、2017年6月26日に、米国において、Nokia 6スマートフォンを、229ドルで販売開始することで、Nokiaブランドの、米国市場への、復帰を試みている。

 Nokiaとパートナーを組む、フィンランドのHMD Globalは、Nokiaブランドで、スマートフォンを製造し、販売する、権利をライセンスした。

 Nokia 6は、同社のミッドレンジのスマートフォンの、最高のモデルである。

 229ドルの価格で、大きなスクリーン画面と、十分なプロセッサのパワーを持つ、Nokia 6スマートフォンに、重要な価値を見つけた。

 HMD Globalは、Nokia 6で、米国において、最も人気のある、スマートフォンのブランドに復帰することを期待している。

1.Nokia 6は、229ドルのスマートフォンには見えない。

Eweek41
 消費者は、Nokia 6が、安いスマートフォンであることに、驚いている。

 このNokia 6スマートフォンのスクリーン画面は、大きく、デザインは、ハイエンドのスマートフォンのように見える。

 このスマートフォンは、薄く、極めてポータブルである。

2.Nokia 6のスマートフォンのスクリーン画面は、驚くほど、高品質である。

Eweek42
 Nokia 6は、極めて良いスクリーン画面を特徴としている。

 Nokia 6のスクリーン画面は、5.5インチで、403ピクセル/インチの密度を持つ、フルHD解像度である。

 Nokia 6のスクリーン画面には、保護として、CorningのGorillaガラスを使用している。

3.Nokia 6は、16メガピクセルの解像度のカメラを持っている。

Eweek43
 Nokia 6は、スマートフォン市場において、最適なカメラを提供するわけではないが、多くのユーザにとって、十分である。

 このスマートフォンの背面カメラは、デュアルトーンのフラッシュを装備し、16メガピクセルの解像度を持っている。

 このスマートフォンの前面カメラは、8メガピクセルの解像度のレンズと、より広角な自撮りショットが可能な、84度の視野角を持っている。

4.Nokia 6は、Android Nougat 7.1.1を搭載する。

Eweek44
 HMD Globalは、Nokia 6スマートフォンのオペレーティング・システムに、Nokia独自のオペレーティング・システムではなく、Android Nougat 7.1.1を使用する。

 Android Nougat 7.1.1は、Googleの最新のオペレーティング・システムである。

 Gmail、Chrome、Google Playなどを含む、標準のGoogleサービスのすべてが、Nokia 6スマートフォンで、利用できるようになる。

5.Nokia 6には、HMD Globalや、Nokiaの、ブロートウェアは、含まれていない。

Eweek45
 より多くのユーザ向けに、より重要なことは、Nokia 6が、HMD Global、あるいは、Nokiaからの、ブロートウェアは含まれていないことである。

 このスマートフォンは、標準のGoogleサービスだけが、プレインストールされ、出荷される。

 これは、殆ど使用しない、ソフトウェアを、スマートフォンに、プレインストールされて欲しくない、ユーザにとって、好ましいことである。

6.Nokia 6には、ミッドレンジのQualcommプロセッサが搭載されている。

Eweek46
 Nokia 6スマートフォンには、ハイエンドのSnapdragon 835よりも、あまり強力でない、モバイル・プロセッサ、Qualcomm Snapdragon 430プロセッサが搭載されている。

 HMD Globalは、このスマートフォンに、どのグラフィクス・プロセッサを採用するかを、明確に述べていなかった。

7.Nokia 6スマートフォンには、多くのRAMやストレージが搭載されている。

Eweek47
 Nokia 6は、高速なプロセッサを持っていないが、いくつかの強力なコンポーネントを持っている。

 このスマートフォンの、Arte Black版に、4GBのRAMを搭載しており、他の版は、3GBのRAMを搭載している。

 Arte Black版は、640GBのストレージを搭載しており、他の版は、32GBのストレージを搭載している。

 Nokia 6スマートフォンの仕様は、この価格帯では、十分である。

8.Nokia 6は、指紋センサーを搭載している。

Eweek48
 他の多くのミッドレンジのスマートフォンとは異なり、Nokia 6は、デバイスへのアクセスを安全にするために、指紋センサーを装備している。

 指紋センサーは、異なった、3rdパーティのアプリをセキュアにするために、使用されるようだ。

9.Nokia 6のオーディオ技術

Eweek49
 HMD Globalは、Nokia 6スマートフォンが、Dolby Atomsオーディオ技術を使用し、2台のスピーカを搭載して、音質を改善していると、述べている。

 また、Nokia 6スマートフォンは、国際的に使用するために、シングルとデュアルのSIMバリアントで、利用できるようになるようだ。

10.Nokia 6の価格の手頃さは、魅力的な特徴である。

Eweek410
 Nokia 6は、米国において、2017年6月初旬に、利用できるようになる。

 このNokia 6は、T-Mobileのネットワークと互換性があり、AT&Tのネットワーク上で、動作するようだ。

 この229ドルの価格設定は、Nokia 6スマートフォンの、セールス・ポイントの1つだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

ソーシアル・メディアをうまく利用しているブランドもいれば、使い方が下手なブランドもいる。 '17.06.28

【ソーシアル・メディアをうまく利用しているブランドもいれば、使い方が下手なブランドもいる。】 '17.06.28

 ブランドのソーシアル・メディアでの行動を、好ましく感じている、ユーザもいれば、煩わしく感じている、ユーザもいる。2017年6月28日

 By eMarketer

 ブランドは、ソーシャル・メディアを、広告、マーケティング、顧客関係管理などのために利用し、顧客との関係を向上させるために、できることを模索している。

 しかし、ブランドの努力に関わらず、ソーシアル・メディアにおける、ブランドの行動を、好ましく感じている、ユーザよりも、煩わしく感じている、ユーザの方が多い、傾向がある。

 GIF、あるいは、最新のスラングを使用していても、ブランドは、ソーシャル・メディアに、関連性を保つために、できることをしている。

 しかし、ブランドの、最良の努力にも関わらず、多くの人たちは、これらの振る舞いが、好ましく感じていると回答するよりも、煩わしく感じていると回答するユーザの方が多い。

 事実、2017年4月に、ソーシアル・メディアの分析サービス会社、Sprout Socialにより調査された、米国のインターネット・ユーザの、10人に、7人近くが、ブランドが、ソーシアル・メディア上で、スラングを使用したときに、煩わしく感じていると回答していた。

表1)米国のインターネット・ユーザの主な振舞いは、ソーシアル・メディアにおける、ブランドの行動を選択

 ソーシアル・メディアにおける、ブランドの行動を、米国のインターネット・ユーザは、どのように感じているか?

ブランドの行動                      良いと思う  煩わしいと思う

ビデオ・クリップを使用している。             83%      17%

顧客の質問に答えている。                83%      17%

顧客同士の会話に、参加している。         63%      32%

タイムリーなイベントについて、語っている。    66%      34%

GIFを使用している。                      58%      42%

競合他社との会話を楽しんでいる。         33%      67%

スラングを使用している。                  31%      69%

政治について語っている。                 29%      71%

顧客との会話を楽しんでいる。              12%      88%

Em1
 同様に、米国のインターネット・ユーザの10人に4人(42%)は、ブランドが、GIFを使用した時に、煩わしいと感じたと回答したことが分かった。

 米国のインターネット・ユーザの67%は、ブランドが、ソーシアル・メディア上で、自分たちの競合ブランドとの会話を楽しんでいることを、煩わしいと感じたと回答した。

 米国のインターネット・ユーザの71%は、ブランドが、政治について、語っていることを、煩わしいと感じたと回答した。

 米国のインターネット・ユーザの、10人に7人以上は、ブランドが、ソーシアル・メディアにおいて、政治について語っていることを、煩わしいと感じていると回答した。

 すべてのブランドの、ソーシアル・メディアにおける、ブランドの振る舞いが、悪化しているわけではない。

 事実、米国のインターネット・ユーザの83%は、ブランドが、ビデオ・クリップを使用した時に、好ましいと感じていることが分かった。

 米国のインターネット・ユーザの83%は、ブランドが、自分たちの質問に回答することを、好ましいと感じていると回答していた。

 米国のインターネット・ユーザの回答の2/3は、ブランドが、ソーシアル・メディアにおいて、会話に加わることと、タイムリーなイベントについて語っていることを、好ましいと感じているよと回答していた。

 ベストセラーのアプライアンス

Googleは、AmazonのEcho Showデバイスに、どのように対抗するのだろう? '17.06.28

【Googleは、AmazonのEcho Showデバイスに、どのように対抗するのだろう?】 '17.06.28

 Amazonは、スマート・スピーカに、カメラと、タッチ・スクリーンを追加し、視覚性を持たせた、Echo Showデバイスの提供を開始した。 2017年5月9日

 By JR Raphael、Computerworld

 Amazonは、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echoスピーカの製品ラインに、カメラと、タッチ・スクリーンを装備し、視覚性を持たせた、Echo Showデバイスを加え、230ドルで、販売を開始した。

 スピーカとマイクに加え、カメラとタッチ・スクリーン画面を装備した、Echo Showデバイスには、従来のEchoスピーカの機能に加え、音声だけでなく、タッチ操作もできる、特徴があり、さらに、ビデオ・チャットやビデオ会議、あるいは、家庭用の監視カメラとしても利用できる、視覚性がある。
Cw1
 例えば、Echo Showデバイスを使用して、ユーザ同士が、ビデオ・チャットや、音声チャットで、会話できるようになるが、相手のユーザも、Echoデバイスか、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、互換性のある、デバイスを使用する必要がある。

 Echo Showデバイスを、家庭の監視カメラとして、使用して、幼児やお年寄り、ペットなどを、職場や、外出先から、Echo Showデバイスや、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマートフォンといった、他の互換性のあるデバイスで、状況を確認したり、会話したりできるようになる。

Cw2
 ただし、これは、Amazon独自のコミュニケーション・サービスであり、Amazon Alexaデジタル・アシスタントをサポートしていない、非互換のデバイスで、このサービスを使用して、会話することができないことを意味しており、このサービスを使用して、会話できる相手は、かなり限定される。

 Echo Showデバイスで、SkypeやMessengerといった、他ベンダの、代表的なコミュニケーション・アプリや、メッセージング・アプリを利用できるようになるかは、不明であるが、スマート・スピーカの購入を考えているユーザにとって、ビデオ・チャットできることに、魅力を感じるだろう。

 Googleは、AmazonのEchoスピーカの後に、同様の、スマート・スピーカとして、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカの提供を開始した。

Cw3
 Googleは、Google Homeスピーカを、今後、どのように、発展させていくのだろう。

 Googleは、独自の仮想電話サービスとして、最初に、Google Voiceを提供し、Project Fi無線サービスに拡張している。

 また、Googleは、既に、新たな電話番号を発行し、既存のVoiceとFi番号を、補助デバイスやサービスに接続するための、能力を持っている。

 さらに、Googleは、Duo、Hangouts、および、GoogleのAndroidメッセージといった、メッセージング製品のおかげで、ビデオ会議電話用の設定も可能にしている。

 モノのインターネット(IoT)の技術が、成熟していくと、コミュニケーションや、メッセージングの技術も、固定電話、携帯電話、PCやスマートフォンだけでなく、スマート・スピーカ、スマートTV、あるいは、車載システムのようなデバイスを使用して、ユーザ同士が、音声電話、ビデオ電話、ビデオ会議、ビデオ・チャット、メッセージ・チャットといった、さまざまな形態で、コミュニケートできるよう、発展していくだろう。

 Googleは、固定電話、携帯電話、PCやスマートフォンだけでなく、スマート・スピーカ、車載システム、監視カメラなど、さまざまなデバイスを使用して、ユーザが、さまざまな形態で、他のユーザや、デジタル・アシスタント、あるいは、チャットボットと、コミュニケーションや、メッセージングを、できるようにしていくだろう。

 また、スマート・スピーカを、スマート・ホーム・ハブとして使用する場合、制御できる、3rdパーティのスマート・ホーム・デバイスが増えていけば、Googleは、スマート・スピーカ、あるいは、スマート・ホーム・ハブの分野において、優位に立っている、Amazonを捕えることができるかもしれない。

 Google Homeスピーカを使用して、ユーザは、Googleアカウントで、固定電話、携帯電話、あるいは、Androidメッセージ、Hangoutsなど、さまざまな形態で、さまざまなデバイスを持つ、ユーザと、コミュニケートできるようになる可能性がある。

 Googleが、Google Homeデバイスを、どのように発展させていくのかは、明らかにされていないが、スマート・スピーカの分野で、Amazonの一歩を行くことは、Googleにとって、目標であることは明らかである。

 Googleは、最近、Google Homeスピーカに、音声認識技術を使用して、複数のユーザの音声を検出し、特定する機能を追加している。

 理由は、完全には明らかではないが、Googleは、2017年初めに、何年もの間、無視していた、Google Voiceを、突然リニューアルしていた。

 Googleは、視覚指向の広告ビジネスを、オーディオ中心の、Google Homeデバイスに適合させる方法を模索しているので、Google Homeデバイスに、タッチスクリーンを追加することで、解決することを考えいる可能性もある。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月27日 (火)

IDCによると、世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数が、2021年までに、2倍近くになるという。 '17.06.27

【IDCによると、世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数が、2021年までに、2倍近くになるという。】 '17.06.27

 IDCによると、世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数が、2021年までに、2倍近くになるという。 2017年6月21日

 ウェアラブル・デバイスの出荷台数が、増加の勢いを維持することが期待されている。

 IDC Worldwide Quarterly Wearable Device Trackerによると、2017年に、世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数は、前年の1億430万台から、20.4%増加し、1億2550万台になるという。

 このウェアラブル・デバイスの出荷台数は、2021年に、までに、2倍近く増加し、2億4010万台になることが期待されており、今後、5年間に、年間増加率、18.2%で成長する見込みである。

 ウェアラブル・デバイスは、第2世代から、第3世代に、移行しており、家と職場の両方において、デジタル・アシスタントとの統合、セルラー通信ネットワークへの接続、および、より大きなシステムとの連携が期待されている。

 同時に、さまざまなウェアラブル・デバイスが、市場にもたらされることが予測され、価格が低下し、消費者が、より手軽に購入できるようになる。

 さまざまなウェアラブル・デバイスが作成され、開発者や、チャンネル・パートナーに、アプリ、サービス、および、流通に、ビジネスの機会がもたらされる。

 ウェアラブル・デバイスの利益は、生産性、より低コスト、および、ROIの増大をもたらす。

 ウェアラブル・デバイス製品タイプごとの予測

・ウォッチ型 : IDCは、ウォッチ型のデバイスが、予測期間中に出荷される、あらゆるウェアラブル・デバイスの殆どを占める予想している。

 しかし、基本的なウォッチ(ハイブリッド・ウォッチ、フィットネス/GPSウォッチ、および、子供向けのウォッチ)は、スマート・ウォッチ(Apple Watch、Samsung Gear、および、あらゆるAndroid Wearデバイスのような、3rdパーティのアプリを実行する能力を持つ、デバイス)の台数を上回り続けるだろう。

 従来のスマート・ウォッチのメーカは、より多くのリソースを、ハイブリッド・ウォッチを開発することにシフトさせている。

 ウォッチ型デバイスは、セルラー通信ネットワーク接続が、より一般的になる、2019年に、出荷台数が増大する見込みである。

・リストバンド型 : ウェアラブル市場をリードしていた、リストバンド型デバイスは、これから緩やかに成長していく見込みである。

 リストバンド型デバイスの出荷台数は、2016年の末に、緩やかに、増加することが期待される。

 このリストバンド型デバイスの分野では、大衆市場向けに、十分な機能を持つ、低コストのウェアラブル・デバイスが、増えてきた。

 さらに、ユーザは、付加的なユーティリティや、多目的な使用向けの、スマート・ウォッチに、移行していくだろう。

・イヤウェア型 : ユーザに、音声電話ができる、Bluetoothのヘッドセットは、出荷台数に、含めていないが、付加的な機能をもたらし、スマートフォンのアプリと情報を交換できる、デバイスを、出荷台数に含めている。

 この例には、BragiのDashとSamsung Gear Icon Xがある。

 殆どの場合、ユーザに関する、フィットネス・データを収集する、付加的な機能を中心にしているが、リアルタイムなオーディオ・フィルタリング、あるいは、言語の翻訳も含む。

・衣服型 : スマート衣服の分野は、スマート・シャツ、ベルト、靴などを提供する、中国のさまざまなベンダのおかげで、堅調に、成長している。

 GoogleやLeviのProject Jacquared対応ジャケットの将来リリースは、スマート衣服を変えていくだろう。

・その他 : IDCは、チップ・オン・デバイス型、非AR/VRのアイウェア型などを、その他のカテゴリに含めている。

表1) 製品ごとの、トップのウェアラブル・デバイス

   (単位:100万台)

            2021年    2021年    2017年    2017年    年間
製品タイプ   出荷台数   シェア    出荷台数   シェア     成長率

ウォッチ型          71.4          56.9%            161.0         67.0%         26.5%
リストバンド型     47.6          37.9%              52.2        21.7%           1.2%
衣服型            3.3            2.6%              21.6          9.0%         76.1%
イヤウェア型        1.6            1.3%               4.0          1.7%         39.7%
その他              1.6             1.3%               1.4          0.6%        -16.0%

合計            125.5          100.0%            240.1       100.0%         18.2%

ソース:IDC Worldwide Quarterly Wearables Device Tracker、2017年6月21日

グラフ1)製品タイプごとの、世界のウェアラブル・デバイスの出荷台数の割合、2016年~2021年

 ベストセラーのアプライアンス

求人情報検索サービスにおける、Web上の、Google検索の結果リスト '17.06.27

【求人情報検索サービスにおける、Web上の、Google検索の結果リスト】 '17.06.27

 求人情報検索サービスにおける、Web上の、Google検索の結果リスト 2017年6月20日

Eweek3
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleの求人情報検索サービスにおいて、求職者向けに、自分の興味、要件、資格に合った仕事を探すための、オプションが追加された。

 今週から、企業のWebサイト、ソーシアル・メディア・サイト、および、さまざまな求人情報サイトに渡り、掲載されている、求人情報を探すために、求職者は、Google検索を使用できるようになる。

 求職者は、Google検索で、自分の希望や要件などに適合した、求人情報を、 CareerBuilder、LinkedIn、Monster、Glassdoor、および、Facebookを含む、ソーシアル・メディア・サイト、さまざまな求人情報サイト、および、企業のWebサイトから、仕事を探すことができるようになった。

 Google検索に、基本的な求人情報関連の問合せを入力することにより、求職者は、ソーシアル・メディア・サイト、さまざまな求人情報サイト、および、企業のWebサイトから、自分の要件や希望に合った情報のリストを得ることができるようになる。

 求職者は、会社の勤務場所、通勤時間、就業時間、仕事の専門分野など、特定の細かい要件に基づいて、検索結果を絞り込むことができる。

 Googleは、GlassdoorやIndeed.comといった、信頼できる、オンライン・ソースから選び出した、内定者に関する査定や評価を、求職者に提供する。

 求職者が、自分のGoogleアカウントにログインしている場合、求人広告のすぐ隣に、通勤時間の見積りが表示される。

 今後、数ヶ月間で、Googleは、求人情報検索サービスに、新しいフィルタを追加し、求職者が、自分の特定のスキルに合った求人に、絞り込むことができるようにする。

 新しく導入された、Googleの求人情報検索サービスは、求職者が、新しい求人情報を入手できるようになるような、メール通知を設定できる機能をサポートしている。

 Googleは、LinkedIn、Monster、および、Facebookと協調し、これらのプラットフォームに掲載された、求人情報が、索引付けされるようにする。

 これにより、求人情報が投稿されるや否や、Google検索経由で、求人情報が、求職者に、利用できるようになる。

 この取り組みの一部として、Googleは、今週、自分に合った求人情報を、どのように収集するかのコツを提供する、ドキュメントを発行した。

 また、Googleは、求職者が、求人広告を、Googleの検索ボットで、容易に見つけられるようにした。

 自分たちのWebサイトに、求人広告を投稿することを計画している、企業に対し、Googleは、今週、同社の検索サービスと、求人情報検索サービスを、直接的に、統合する方法を提供する、APIを提供した。

 今週の発表は、求人市場における、Googleの、最近の取り組みに基づている。

 Googleは、以前、よりスマートな職探しを可能にするために、マシン学習のアプローチを適用する計画を、紹介していた。

 Googleは、求職者に、さまざまな賃金や経験のレベルに渡り、仕事を容易に見つけられるようにする方法を提供すると述べた。

 Googleは、典型的な求職サイトで、見つけることが難しい、小売店や、サービス業の仕事を、求職者が、同社の求人情報検索サービスで、容易に見つけられるようにする。

 Googleは、2016年に、企業が、自社の求人Webサイトを、Google検索サービスやマシン学習能力を使用して、求職者が、見つけ易くするための、Cloud Jobs APIをリリースしている。

 この目的は、企業が、自社のWebサイトの求人情報を、求職者が、Google検索サービスで、容易に見つけられるようにすることである。

 例えば、企業は、このAPIを使用して、求職者が、同社のWebサイトの求人情報を、通勤時間、年功、および、同様の職業のカテゴリといった、フィルタを使用して、検索できるようにすることが可能になる。

 ベストセラーのアプライアンス

VRツールを使用すると、建物のデザインの中に入ることができる。 '17.06.27

【VRツールを使用すると、建物のデザインの中に入ることができる。】 '17.06.27

 仮想現実(VR)ツールを使用すると、デザインの中に入ることができる。 2017年6月26日

 By Matthew Stock、Reuters

 仮想現実(VR)プログラムは、建物が完成する前に、ユーザや設計者が、仮想的に、建物の内部に踏み込めるようにする。

 これにより、ユーザは、予め、仮想的に、建物のデザインや使い勝手などを確認できるようになり、設計者は、工事を開始する前に、ユーザの要望や意見を聞き、デザインを調整できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(5) '17.06.27

【Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(5)】 '17.06.27

 Google Homeスピーカが、ホーム・デバイス・ハブとして、スマート・カギやスプリンクラーを含む、新たなパートナーの、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになる。 2017年3月28日

 By Andrew Gebhart、CNET

 今回、新たに、12社のパートナーが、自分たちのデバイスを、Google Homeホーム・デバイス・バブと統合し、サポートしたと発表した。

    (続き)

10.Geeni
Cn10
 よりスマートな照明製品をテーブルに置くことで、GeeniのAlexaスキルと同様に、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカで、Geeniのスマート・スイッチや電球を制御できるようになる。

 「Geeniのスマート・ホームの紹介ビデオ」

11.First Alert
Cn11_2
 First Alert Wi-Fiサーモスタットと連携した、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカで、ユーザは、音声コマンドで、温度を制御できるようになる。

 First AlertのAlexaスキルのように、ユーザは、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカの、Googleアクションで、温度をセットしたり、チェックしたり、できるようになる。

12.Logitech Harmony
Cn12
 ユーザは、Google Homeスピーカと、GoogleのChromecastドングル、および、Logitech Harmonyのリモコンとアプリを使用して、TVを、ある程度制御することができるようになる。

 Logitech Harmonyは、Googleのデジタル・エンターテインメントのレパートリーに、多くの機能をもたらす。

 Logitechアプリにおいて、Googleアクションを作成することで、ユーザは、Netflixをオンにしたり、あるいは、特定のチャンネルに切り換えたり、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカに指示したり、することができるようになる。

 Logitechの互換のハブ、 Harmony Hub、Harmony Companion、および、Harmony Eliteは、さまざまな、3rdパーティのホーム・デバイスを制御することができるので、ユーザは、スマート照明の明るさを調節したり、HBOアプリを起動したりできるようになる。

 「Amazon Alexaと、Logitech Harmonyの連携」紹介ビデオ

 Googleは、Google Assistantデジタル・アシスタントをサポートした、デバイスを開発する、同社のパートナーを増やし、エコシステムを拡大させることで、ホーム・デバイス・ハブ市場において、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを搭載した、Amazon Echoスピーカに、追い付くことに取り組んでいる。

 Google Homeスピーカに組み込まれている、Google Assistantデジタル・アシスタントは、Amazon Echoスピーカに組み込まれている、Amazon Alexaデジタル・アシスタントよりも、柔軟な言語サポートを提供している。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(4) '17.06.27

【Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(4)】 '17.06.27

 Google Homeスピーカが、ホーム・デバイス・ハブとして、スマート・カギやスプリンクラーを含む、新たなパートナーの、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになる。 2017年3月28日

 By Andrew Gebhart、CNET

 今回、新たに、12社のパートナーが、自分たちのデバイスを、Google Homeホーム・デバイス・バブと統合し、サポートしたと発表した。

   (続き)

7.Best Buy Insignia
Cn7
 Best Buy Insignia Wi-Fiスマート・プラグに、ファンやランプを接続し、Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドで、デバイスを制御することができる。

 他のGoogle Homeの互換性のある、スマート・プラグのように、Insigniaは、AmazonのAlexaスキルも持っている。

8.Frigidaire
Cn8
 Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカの、既存の能力を使用して、ユーザは、サーモスタットを制御し、Frigidaire Cool Connecで、部屋の温度を、快適に、維持することができる。

 ユーザは、Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドや、Googleアクションで、Frigidaireのスマート・エアコンの、温度設定を制御することができるようになる。

 ユーザは、Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドや、Googleアクションで、Frigidaireのスマート・ファンのスピードを設定することも、現在の設定を、問い合わせることもできる。

 Frigidaireは、Amazon Alexaを搭載した、Amazon Echoスピーカを通して、同様の制御が行える、Alexaスキルを持っている。

9.Anova
Cn9
 Anova Precision Cookerを、BluetoothかWi-Fiに接続し、ユーザは、Google Homeスピーカを通して、さまざまなハイテクの料理を作ることができる。

 AnovaのAlexaスキルのように、ユーザは、Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドで、温度を設定したり、炊飯器の状態を確認したり、レシピを検索したりすることもできるようになる。

 「Anova Precision Cookerで、エビを料理する。」紹介ビデオ

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月26日 (月)

Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(3) '17.06.26

【Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(3)】 '17.06.26

 Google Homeスピーカが、ホーム・デバイス・ハブとして、スマート・カギやスプリンクラーを含む、新たなパートナーの、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになる。 2017年3月28日

 By Andrew Gebhart、CNET

 今回、新たに、12社のパートナーが、自分たちのデバイスを、Google Homeホーム・デバイス・バブと統合し、サポートしたと発表した。

    (続き)

4.Rachio
Cn4
 Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカを通して、ユーザは、音声コマンドで、Rachio Smart Sprinkler Controllerを操作し、庭のスプリンクラーを、制御できるようになる。

 ユーザは、Rachio Smart Sprinkler Controllerを、家庭のWi-Fiに接続し、天気の状態を監視しながら、より効率的に、スプリンクラーで、散水できるようになる。

 Rachio Smart Sprinkler Controllerは、最大で、16区域にある、スプリンクラーを制御でき、Google Homeスピーカを通して、スプリンクラーを起動したり、停止させたりすることができる。

 また、Rachio Smart Sprinkler Controllerは、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Amazon Echoスピーカとも、連携することができる。

5.TP-Link
Cn5
 Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドで、TP-Link電球の色を変えることができる。

 Googleは、Google Homeスピーカで制御できる、電球やスイッチのレパートリーを広げたので、ユーザは、TP-Linkのスマート照明製品を、音声コマンドで、制御することもできるようになる。

 ユーザは、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドで、TP-Link電球の、色を変えたり、明るさを調節したり、点けたり、消したりできるようになる。

 ユーザは、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドで、TP-Link電球の色を、黄色、赤、青、紫、オレンジ、緑、および、ピンクに変えることができる。

 TP-Link電球は、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Amazon Echoスピーカとも連携することができる。

6.Vivint
Cn6
 このリストの他の商品とは異なり、ユーザは、Google Homeスピーカと、Vivintの商品との、新しい統合を、利用することができる。

 Vivintは、DIY型のスマート・ホーム製品ではなく、専門家により、家に設置される、スマート・ホーム・システムである。

 Vivintのカスタム・セットアップで、ユーザは、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドで、監視カメラ、セキュリティ・システム、および、ガレージのドアを含む、さまざまなタイプの、スマート・ホーム・デバイスを制御することができるようになる。

 また、ユーザは、専門家が設置する、スマート・ホーム・パッケージを選択することができ、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドで、照明、カギ、サーモスタットの制御といった、基本的なことを行うことができるようになる。

 Vivintは、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Amazon Echoスピーカを含む、スマート・ホーム・パッケージを通して、同様の能力を提供する。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(2) '17.06.26

【Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(2)】 '17.06.26

 Google Homeスピーカが、ホーム・デバイス・ハブとして、スマート・カギやスプリンクラーを含む、新たなパートナーの、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになる。2017年3月28日

 By Andrew Gebhart、CNET

 今回、新たに、12社のパートナーが、自分たちのデバイスを、Google Homeホーム・デバイス・バブと統合し、サポートしたと発表した。

   (続き)

1.August
Cn1
 Augustは、Google Homeスピーカと連携できるようになった、最初のスマート・カギである。

 ユーザは、Google Homeスピーカに搭載された、Google Assistantデジタル・アシスタントに、ドアのカギをロックしてとか、ドアのカギの状態をチェックしてとか、聞けるようになる。

 AmazonのAlexaデジタル・アシスタントと異なり、ユーザは、Googleの、Assistantデジタル・アシスタントに、ドアのカギを開けてと、依頼することもできる。

 Augustは、GoogleのAssistantデジタル・アシスタントの機能をサポートすることを、約束していた。

 Amazon Echo Dotスピーカに搭載された、Alexaデジタル・アシスタントを使用して、ユーザは、ドアのカギを開けるときに、PINコードを、Alexaに通知しなければならない。

 ユーザは、3rdパーティ・ベンダのセキュリティ対応デバイスである、Augustのスマート・カギを、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカで、サポートすることで、音声コマンドで制御できるようになる。

 August Connect Wi-Fi Bridgeを持っていれば、ユーザは、第1世代と、第2世代の、両方のAugustのスマート・カギを、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeを通して、音声コマンドで制御することができる。

 Augustのスマート・カギは、AmazonのAlexaを搭載した、Echoスピーカ、AppleのSiriを搭載した、HomeKitスマート・ホーム製品、および、GoogleのAssistantを搭載した、Google Homeスピーカと連携し、音声コマンドで、制御できるようになる。

2.Lifx
Cn2
 Philips Hueのスマート電球のように、ユーザは、Lift電球を、Google Homeスピーカを通して、制御することができる。

 例えば、ユーザは、Google Homeスピーカを通して、音声コマンドで、Lift電球を、オン・オフするだけでなく、明るさを調節したり、色を変えたりすることができる。

 Philips Hue電球とは異なり、Lifx電球は、インターネットに接続するために、ハブを必要としない。

 ユーザは、Lifx電球を設置し、Google Homeアプリに、ユーザのアカウントをリンクし、この電球を、音声コマンドで、制御することができる。

 Lifx電球は、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを搭載した、Echoスピーカとも連携でき、その後に、AppleのSiriデジタル・アシスタントを搭載した、HomeKitスマート・ホーム製品とも連携できるようになる。

3.Wink
Cn3
 あらゆるWink互換の照明製品や、サーモスタットは、Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカと連携できるようになる。

 Winkのスマート照明製品には、電球、スイッチ、調光器、および、アウトレットが含まれる。

 Winkは、2番目の代表的な、スマート・ホーム・プラットフォームとして、SmartThingsを加え、Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカと連携できるようになる。

 Winkは、現在、Amazon Alexaを搭載した、Echoスピーカと連携できるようになったが、AppleのSiriを搭載した、HomeKitとは連携できていない。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(1) '17.06.26

【Google Homeスピーカが、12社の新たなパートナーのデバイスをサポートする。(1)】 '17.06.26

 Google Homeスピーカが、ホーム・デバイス・ハブとして、スマート・カギやスプリンクラーを含む、新たなパートナーの、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようになる。2017年3月28日

 By Andrew Gebhart、CNET

 今回、新たに、12社のパートナーが、自分たちのデバイスを、Google Homeホーム・デバイス・バブと統合し、サポートしたと発表した。

Cn0
 これにより、新たに、12社のパートナーのスマート・ホーム・デバイスが、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカを通して、自然言語の音声コマンドで、制御できるようになった。

 「Google Homeスピーカの紹介ビデオ」

 これにより、ユーザが、Google Homeスピーカを通して、自然言語の音声コマンドで、制御できる、スマート・ホーム・デバイスの種類が、大幅に増加した。

 今回、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカをサポートした、スマート・ホーム・デバイスのパートナーを以下に示す。

・August
・Lifx
・Wink
・Rachio
・TP-Link
・First Alert
・Vivint
・Best Buy Insignia
・Frigidaire
・Anova
・Geeni
・Logitech Harmony

 Google Homeスピーカは、ホーム・デバイス・ハブとして、Nest、Philips Hue、SmartThings、および、IFTTTのプラットフォームと互換性があり、連携して動作する。

 Google Homeスピーカの、主な競争相手は、Amazon Echoスピーカであるが、Amazonは、スピーカとマイクだけでなく、カメラと、タッチ・スクリーン画面を装備し、耳、口、目、および、タッチ画面を持ち、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、Amazon Showと呼ばれる、ホーム・デバイス・バブも提供している。

 Amazon Showは、Amazon Echoスピーカの機能に加え、ビデオ・チャットや、タッチ操作もできるので、対話するデバイスとして、Amazon Echoよりも、人気が出るだろう。

Cn00_2
 他のGoogle Homeスピーカをサポートした、パートナーには、スマート照明を提供する、Belkin WeMoや、スマート・サーモスタットを提供する、Honeywellがいる。

 「Hey, Google」、あるいは、「OK, Google」と言って、Google Assistantを起動して、ボタンを押すことなく、音声コマンドで、他のホーム・デバイスを制御できるようになる。

 Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカは、照明、プラグ、スイッチ、サーモスタット、および、ロボット掃除機などと連携でき、制御できるようになっていた。

 今回、Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカは、カギ、スプリンクラー、エアコン、調理器などとも、連携できるようになった。

 Google Assistantを搭載した、Google Homeスピーカは、英国や、ヨーロッパの他の国でも、利用できるようになる。

 Googleも、Amazon Showのような、スピーカとマイクだけでなく、カメラとスクリーン画面を持つ、ホーム・デバイス・ハブを提供するかも知れない。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Gartnerは、世界のサプライ・チェーン管理市場の売上が、2017年には、130億ドルを超えると予想している。 '17.06.26

【Gartnerは、世界のサプライ・チェーン管理市場の売上が、2017年には、130億ドルを超えると予想している。】 '17.06.26

 Gartnerは、世界のサプライ・チェーン管理市場の売上が、2017年に、前年から、11%増加し、130億ドルを超えると予測している。 2017年6月22日

 世界のSCM市場の売上は、SaaSの展開が増加するので、2021年には、190億ドルに達する見込みである。

 サービスとしてのソフトウェア(SaaS)の売上の、新たな機会が発生し、世界のサプライ・チェーン管理(SCM)市場の売上は、2017年に、前年から、11%増加し、130億ドルを超える見込みである。

 SCMソリューションのプロバイダは、既に、競合ベンダから、差別化を図り、モバイル、マシン学習、インメモリ技術、マルチ・エンタープライズの視覚性、モノのインターネット(IoT)といった、デジタル・ビジネス技術を組み込むことにより、売上の増加を促している。

 エンドユーザの組織は、近代的なサプライ・チェーンを形成する、接続された、ビジネスのネットワークを通して、生成される、大量のデータにおける、価値を発見し、利用することを模索している。

 それ以上に、SaaS提供への移行により、資本支出から、運用支出に、コストがシフトしており、SCM技術は、新興市場の企業に、より魅力的になるだろう。

 SCM市場の売上の予測は、3つのカテゴリ(サプライ・チェーン計画(SCP)、サプライ・チェーン実行(SCE)、および、調達)で構成されている。

 SaaSの売上の増加は、企業のクラウドへの移行、クラウド・セキュリティなどの問題の改善、および、最先端のSaaSソリューションの機能と革新性の評価といった、要因の組み合わせにより促されている。

 2021年までに、SaaSへの支出は、SCMへの支出の合計の、35%以上を占めることが予測されている。

 オンプレミス・ライセンスの売上は、SCMへの支出の合計の、20%未満に減少するだろう。

 クラウド環境とオンプレミス環境が共存する、ハイブリッドSCM環境は、クラウドへの移行を支配している、情報ハブと、サプライヤ・ネットワークで、ますます一般化している。

図1.SCMソフトウェアの支出の割合の、ライセンス、保守/サポート、および、SaaSへの支出の割合 2015年から2021年

 支出の割合  ・ライセンス ・保守/サポート ・SaaS
Gartner1 ソース:Gartner、2017年6月

 デジタル・コマースの影響の増加は、サプライ・チェーン分析における、投資を促すだろう。

 また、より迅速な意思決定の魅力は、スマート・マシン、IoT、および、関連するSCMソフトウェアへの投資を促すだろう。

 詳細は、「Forecast Overview: Supply Chain Management, Worldwide, 2016 Update」を参照のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月25日 (日)

2017年に、スマートフォンの競合ベンダが増えていく。 '17.06.25

【2017年に、スマートフォンの競合ベンダが増えていく。】 '17.06.25

 2017年に、スマートフォンの競合ベンダが増えていく。 2017年6月22日の

 By CK Lu、Gartner

 上海で開催された、Mobile World Congress(MWC)において、GartnerのCK Lu氏は、5G技術、人工知能(AI)、および、行動的な生体認証を含む、将来のスマートフォンの技術における、競争に関する洞察を紹介した。

 CK Lu氏によると、中国のスマートフォンのエコシステムに対し、AppleとQualcomm間の、ロイヤリティ紛争の影響があるという。

Q1)スマートフォン市場における、成長は、何処にあり、5Gネットワークは、この市場に、どのような影響を与えるのだろう?

A1)Gartnerは、エンドユーザへの、スマートフォンの世界的な販売台数は、2017年に、前年から、5%増加し、今後、5年間に、極めて緩やかに成長していくと予想している。

 新興のアジア・パシフィックとサハラ以南のアフリカは、スマートフォンの販売台数が、2017年に、前年から、15%と、2桁増加した地域である。

 最近の予想の更新において、Gartnerは、初めて、5Gネットワーク対応のスマートフォンの販売台数も含めている。

 5Gネットワーク対応のスマートフォンの商用製品は、2020年までは、販売台数が、大きく伸びることはないだろう。

 Gartnerは、2021年までには、5Gネットワークが、世界に展開され、5Gネットワーク対応スマートフォンの世界の出荷台数は、9000万台に達すると見積もっている。

Q2)2017年と2018年における、ホットなスマートフォンの技術は何だろう?

A2)AIが、過去、12ヶ月間に、最も注目されている、技術であった。

 しかし、AIアプリは、まだ、かなり限られている。

 初期のAIアプリは、GoogleのAssistant、AmazonのAlexa、AppleのSiri、MicrosoftのCortanaといった、特定のベンダの、デジタル・アシスタントだけであった。

 Gartnerは、マシン学習が、スマートフォンなどの、デバイスの能力や性能を向上させると信じている。

 例えば、多くのセンサーを持つ、スマートフォンは、アプリを使用する時の、ユーザの行動を、より良く理解でき、学習できるようになる。

 スマートフォンは、頻繁に使用されるアプリを、バックグラウンドで実行することができ、未使用のアプリを、シャットダウンすることで、メモリや、バッテリーを節約することができるようになる。

 AIアプリの他の例には、顔などを認識し、写真の仕分ける上で、コンピュータ・ビジョンを使用する、スマートフォンのアプリがある。

 このような機能は、Google Photoといった、クラウド・ベースのサービスにおいて、既に、利用できるようになっているが、スマートフォンのアプリは、ユーザのプライバシーに対応できるようにする必要がある。

 マシン学習、バイオメトリクス、および、ユーザの行動を結合した、セキュリティ技術は、デジタル識別に、パスワードの必要性を低減させ、スマートフォンで、より豊かなユーザ経験を提供する。

 指紋認証だけでなく、顔や音声の認証といった、生体認証の、新たな方式が、模索されている。

 スマートフォンのベンダは、認証の新たな方法に、スワイプ、キーストローク、スクロール・パターンのような、バイオメトリクス測定の使用を広げていく。

Q3)AppleとQualcomm間の、ロイヤリティ紛争が、中国のスマートフォン・ベンダに、どのような影響を与えるのだろう?

A3)Qualcommは、同社のロイヤリティをカットさせれば、すべてのスマートフォン・ベンダは、利益や利ザヤを改善することができる。

 これは、中国の小さなスマートフォン・ベンダにとって、良いニュースになるが、長期的に、大きな影響を持つだろう。

 Qualcommのロイヤリティのカットは、Appleに、利益をもたらし、研究&開発や、マーケティングへの投資を促し、スマートフォンの売上の、大きな部分を制御するだろう。

 Appleと、ハイエンドのスマートフォンで競争している、SamsungとHuaweiは、自社で、チップセットを製造しているので、Qualcommのロイヤリティのカットは、両社にとって、利益にはならないが、脅威にもならないだろう。

 OppoやVivoといった、より小さな中国のブランドは、自社で、チップセットを製造しておらず、Qualcommに頼っているので、Qualcommが、ロイヤリティをカットすることで、小さな中国のブランドは、スマートフォンで、利益を上げられるようになるだろう。

 中国ブランドのスマートフォンのエコシステムの影響は、大きく、Qualcommは、小さな中国のスマートフォン・メーカと、ティア1プレーヤである、Apple、Samsung、および、Huawei間に、より大きな技術のギャップをもたらす可能性があるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

どのように、さまざまな業界での、モノのインターネットの利用が、誇大宣伝から、現実になっているか?(4) '17.06.25

【どのように、さまざまな業界での、モノのインターネットの利用が、誇大宣伝から、現実になっているか?(4)】 '17.06.25

 どのように、さまざまな業界での、モノのインターネット(IoT)技術の利用が、誇大宣伝から、現実なものになっているか? 2017年6月23日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界の、製造業、農業、ロジスティクスといった、さまざまな業界が、IoT技術を使用して、さまざまな、センサーやデバイスを、インターネットで、相互に接続し、相互に運用できるよう、新たなITの実装を開始しており、各業界における、モノのインターネット(IoT)技術の利用が、以前よりも、理解されてきた。

   (続き)

10.輸送

Eweek410
 運輸業界は、現在、自動運転車や自動運転トラックのビジネスに、焦点を合わせているが、将来、事故の低減、渋滞の緩和、環境の改善に焦点を合わせていく。

 完全自動運転の輸送システムが、インターネットに接続されると、交通量や、交通事故が低減され、輸送手段も変化していく。

11.公共の空間や建物に対するセキュリティ

Eweek411
 物理的なセキュリティは、継続して、民間の機関と、公共機関の両方に、トラブルをもたらすだろう。

 ユーザは、以前の脅威を、収集し、分析するために、AIを使用できるようになり、リアルタイムなデータ分析に、システムを適用できるようになる。

 センサーを持つ、スマート・セキュリティ・システムは、放射能のような、特定の物質を検出できるようになる。

 ビーコンは、公共の空間や、建物に対し、リアルタイムに、潜在的な脅威を、三角測量するために、使用できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

どのように、さまざまな業界での、モノのインターネットの利用が、誇大宣伝から、現実になっているか?(3) '17.06.25

【どのように、さまざまな業界での、モノのインターネットの利用が、誇大宣伝から、現実になっているか?(3)】 '17.06.25

 どのように、さまざまな業界での、モノのインターネット(IoT)技術の利用が、誇大宣伝から、現実なものになっているか? 2017年6月23日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界の、製造業、農業、ロジスティクスといった、さまざまな業界が、IoT技術を使用して、さまざまな、センサーやデバイスを、インターネットで、相互に接続し、相互に運用できるよう、新たなITの実装を開始しており、各業界における、モノのインターネット(IoT)技術の利用が、以前よりも、理解されてきた。

    (続き)

6.ヘルスケア

Eweek46
 ヘルスケア・システムの夢は、医師と患者が、何処にいても、病歴や治療歴、および、検査結果などのデータの、分析結果が得られ、患者を、全体的に診察し、適切に治療できることである。

 これを達成するために、レガシー・システムと新技術には、長期的な展開スケジュールや、大規模な技術的負債なしに、新しいシステムを試す、柔軟性を提供しながら、iPaaS(サービスとしての統合プラットフォーム)を介して、それらの間で、患者に関する、データをやりとりできる必要がある。

 将来を見てみると、より多くのデータと予測分析と相まって、早期診断、より良い診察、優れたレポートの作成、および、ヘルスケアのあらゆる面での改善が可能になる。

7.道路での輸送や、フリートの管理

Eweek47
 配達車のフリートを監視している、UPSのような宅配会社は、荷物の配達予定表、配達のスピード、燃料のコスト、燃費、天候、および、フリートの保守を含む、要因を分析したり、トラックを運転する、最高速度を決定したりするために、人工知能(AI)を使用すべきである。

8.スマート・ファクトリ/製造

Eweek48
 工場における、すべてのマシン、コネクタ、あるいは、センサーが、互いに、接続されており、相互運用できれば、メーカは、生産性の低下を回避するために、予め、問題を診断できる、連続的な作成/管理サイクルに移行することができる。

9.サプライ・チェーン

Eweek49
 デジタルなタッチのない、サプライ・チェーン・システムは、サプライヤから顧客に、製品やサービスを移動させるために、非常に多くのリソースがあるので、実際には、かなり壊れやすい。

 このため、サプライヤは、機械の年齢と、それぞれの保守スケジュールに基づいて、交換可能な部品の生産を、自動化し、最適化できることを望んでいる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Wall Street Journalが、注目すべき、技術ベンチャーのリストをリリースした。 '17.06.25

【Wall Street Journalが、注目すべき、技術ベンチャーのリストをリリースした。】 '17.06.25

 Wall Street Journalは、業界のゲーム・チェンジャーになる可能性のある、注目すべき、技術ベンチャー、創設者、技術のリストをリリースした。2017年6月15日

 By Steve Severinghaus、DoeJones

 Wall Street Journalは、消費者向けハードウェア、サイバー・セキュリティ、ヘルスケア、金融技術、ビジネス・サービス、e-コマース、教育、ソーシアル・メディアを含む、さまざまな分野向けの技術を提供する、注目すべき、25社の技術ベンチャーを特定する、リストを提供した。

 このリストに掲載された、ベンチャーは、創設されてから、6年以内で、5000万ドルから、5億ドルの価値があると、見積もられている。

 Wall Street Journalは、拡張データ分析を実施し、創設者の経験、投資、投資家、従業員、同社に関する噂などの増加に基づいて、ベンチャーを調査した。

 Wall Street Journalの、注目すべき、技術ベンチャーのリスト

1. Hollar             : e-コマースのディスカウント・ストア

2. Collective Health       : 健康保険のソリューション・プロバイダ

3. August Home         : スマート・ホーム・デバイスのベンダ

4. Clever              : 教育用アプリのベンダ

5. Eero               : ビーコンのベンダ

6. Jibo               : ソーシアル・ロボットのベンダ

7. Ring              : スマート・ドアベルのベンダ

8. Darktrace and Tile     : サイバー・セキュリティのベンダ

10. Lemonade          : マーケットプレイス・サービス・プロバイダ

11. Illusive Networks      : サイバー・セキュリティのベンダ

12. Doctor on Demand     : PCやタブレットなどの修理サービス・プロバイダ

13. AltSchool          : 教育サービス・プロバイダ

14. Cybereason         : サイバー・セキュリティのベンダ

15. Andela Inc.          : 開発技術者の育成サービスのプロバイダ

16. Color Genomics       : ヘルスケア向けのツールなどのベンダ

17. Earnest             : ファイナンシャル・プランナー

18. Zola               : 結婚式プランナー

19. Flexport           : 国際的な貨物運送業者

20. Branch Metrics       : マーケティング・ソリューション・プロバイダ

21. Via Transportation     : 相乗りサービス・プロバイダ

22. Acorns Grow         : 市場調査サービスや投資情報のプロバイダ

23. Life on Air           : ビデオ・ストリーミング・プラットフォームのプロバイダ

24. Argus Cyber Security   : 自動車向けサイバー・セキュリティ・ソリューションのプロバイダ

25. Babylon Healthcare Services : ヘルスケア・ソリューション・プロバイダ

 「注目すべき、25社の技術ベンチャー」のリストは、Wall Street JournalのWebサイトで提供されている。

 ベストセラーのアプライアンス

どのように、さまざまな業界での、モノのインターネットの利用が、誇大宣伝から、現実になっているか?(2) '17.06.25

【どのように、さまざまな業界での、モノのインターネットの利用が、誇大宣伝から、現実になっているか?(2)】 '17.06.25

 どのように、さまざまな業界での、モノのインターネット(IoT)技術の利用が、誇大宣伝から、現実なものになっているか?2017年6月23日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界の、製造業、農業、ロジスティクスといった、さまざまな業界が、IoT技術を使用して、さまざまな、センサーやデバイスを、インターネットで、相互に接続し、相互に運用できるよう、新たなITの実装を開始しており、各業界における、モノのインターネット(IoT)技術の利用が、以前よりも、理解されてきた。

    (続き)

3.空港

Eweek43
 空港は、ビーコンを利用して、場所、および、飛行状況に基づいて、特定の乗客のグループに、ゲート情報や飛行状況のアップデートを、リアルタイムに配信することができる。

 ビーコンは、空港内の、どこからでも、飛行状況のアップデートや、推定飛行時間を、乗客に、自動的に提供するために使用できる。

 さらに、空港は、各乗客に関連した、極めてローカルな方を提供するために、ビーコンに、ナビゲーション技術を実装することもできるようになる。

 これにより、空港は、乗客を、ターミナルを通して、より効率的に移動させることができ、小売業者に、付加価値を提供することができるようになる。

 Miami国際空港は、ビーコン技術を完全に導入する、世界で最初の空港である。

 「空港向けのビーコン技術」の紹介ビデオ

4.都市計画/スマート・グリッド

Eweek44
 スマート・グリッド・システムで、都市は、リアルタイムに、問題を監視し、特定するために、全体論的なアプローチを提供することができ、問題を管理するための保守を提供しながら、基盤やユーティリティを調整できるようになる。

 例えば、スマート・グリッド・システムで、街灯の保守作業を支援することが可能になる。

 また、スマート・シティは、メンテナンスにチケットを送信しながら、駐車場の利用料金や、交通信号のパターンを調整することができる。

 「スマート・グリッドの紹介ビデオ」

5.エネルギー

Eweek45
 スマート・グリッド、スマート・バッテリー、および、予測分析は、電気自動車などの、豊富なパワーを備えた、新しい未来を可能にする。

 スマート・シティは、エネルギーの生産量を増やすことなく、エネルギーの不足を避けるために、エネルギーの保存、管理、消費の効率化を図ることができる。

 「スマート・エネルギーの紹介ビデオ」

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年6月18日 - 2017年6月24日 | トップページ | 2017年7月2日 - 2017年7月8日 »

ウェブページ