« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年6月25日 - 2017年7月1日 »

2017年6月18日 - 2017年6月24日

2017年6月24日 (土)

効果的な災害復旧プランの、10の基本的なコンポーネント(2) '17.06.24

【効果的な災害復旧プランの、10の基本的なコンポーネント(2)】 '17.06.24

 効果的な災害復旧プランの、10の基本的なコンポーネント 2017年6月6日

Eweek50
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 データは、企業の生命線である。

 eWEEKは、データやシステム基盤などの、効果的な災害復旧(DR)プランが持つべき、基本的なコンポーネントを紹介する。

   (続き)

4.最小の重要な基盤

Eweek54
 災害復旧(DR)プランは、完全に、機能的で、オペレーショナルなシステムを持つために、復旧サイトで、要求される、基盤をリストすべきである。

 このDRプランには、ファイアウォール、スイッチ、ルータ、ストレージ、LAN、および、インターネットの接続性といった、装置が含まれる。

 このDRプランは、バックアップやリストアの、ソフトウェア、セキュリティ、および、仮想的なホスト・サーバ用の、サーバのリストも提供する。

5.重要なアプリとシステムの、優先付けられたリスト

Eweek55
 ユーザのアプリのすべてが、ビジネスに重要な分けではない。

 DRプランには、リカバリされるべき、アプリやデータベースのリストが含まれるだけでなく、リストアされるべき、シーケンスも含まれる。

 ユニークな会社のニーズに、依存する、Expected Recovery Point Objective(RPO)とRecovery Time Objective(RTO)は、各システムに対し、掲載されるべきである。

 ハードウェアのリストは、各システムが、ドキュメント化されることが要求される。

6.ランブック

Eweek56
 ユーザは、災害が発生している最中に、頭を傷つけたくないと思っている。

 このプランのセクションには、ITスタッフが、優先リストに基づいた基盤、アプリ、および、重要な基盤に基づいたシステムを、復旧するための、詳細なステップを含めるべきである。

7.詳細な説明とアクション・アイテム

Eweek57
 DRプランが、アクティベートされると、復旧チームのリーダにより、実行される、詳細な説明を含めるべきである。

 この説明には、復旧に含まれる各作業と、それらの仕事を実行する上で、責任のある人を含めるべきである。

8.DRプランをテストする。

Eweek58
 災害復旧(DR)プランには、プランが、テストされる日付のリストと共に、テスト後のドキュメントへのリンクと、このプランが、テストされるべき方法を特定するセクションが、含まれるべきである。

 DRのステップは、リストア・オペレーションを、DRテストの後に、主マシンか、設備に、フェールバックする必要がある。

9.役割と責任

Eweek59
 DRプランに含まれる、さまざまなチームの、各メンバーは、定義された役割を、よく理解しているべきである。

 災害復旧(DR)プロセスに含まれる、人たちのリストには、自分たちの役割や責任と共に、ドキュメントも、含まれるべきである。

 また、副担当者も、各メンバーごとに、記載されるべきである。

10.ネットワーク・ダイヤグラムと在庫リスト

Eweek510
 生産サイトと、復旧サイトの、装置のすべての、在庫リストは、このDRプランに、含まれるべきである。

 回路のIDを含む、全ネットワークの、現在、詳細な図は、このDRプランの一部でもある。

 ベストセラーのアプライアンス

どのように、さまざまな業界での、モノのインターネットの利用が、誇大宣伝から、現実になっているか?(1) '17.06.24

【どのように、さまざまな業界での、モノのインターネットの利用が、誇大宣伝から、現実になっているか?(1)】 '17.06.24

 どのように、さまざまな業界での、モノのインターネット(IoT)技術の利用が、誇大宣伝から、現実なものになっているか? 2017年6月23日

Eweek40
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界の、製造業、農業、ロジスティクスといった、さまざまな業界が、IoT技術を使用して、さまざまな、センサーやデバイスを、インターネットで、相互に接続し、相互に運用できるよう、新たなITの実装を開始しており、各業界における、モノのインターネット(IoT)技術の利用が、以前よりも、理解されてきた。

 GE、Comcast、AT&T、および、Honeywellといった、より多くの、異なったベンダのデバイスが、相互接続し、相互運用できるようにする、IoTソリューションを提供しており、統合の世界において、我々の日常的な生活で、IoT技術を利用する概念は、誇大宣伝から、現実なものになってきている。

 APIやマイクロ・サービスの使用を通して、さまざまな業界で、産業的なIoT技術の採用が、増えている。

 eWEEKは、Built.ioから提供される、業界情報を使用して、近い将来、より多くの、インターネットに接続された、生活様式を、我々が、どのように経験するかを紹介する。

 1.農業

Eweek41
 多くの農業技術は、数10年間も変化していない。

 センサー、よりスマートなハードウェア、および、予測可能なモデリングを含む、技術の組み合わせにより、農業の分野にも、IoT技術が採用され、農作業の効率を向上させ、生産コストを低減させ、農業生産量を増大させている。

 農業分野における、IoT技術の導入に関しては、Agralogicsの事例を参照のこと。

 「IoTデジタル農業の紹介ビデオ」

 2.大気の質

Eweek42
 国が工業化するにつれて、大気の汚染は、引き続き問題になるが、センサーは、手頃な価格になり、政府や民間の機関が、リアルタイムに、大気の汚染状況を追跡し、収集したデータに基づいて、汚染の原因や場所を特定し、改善できるようになってきた。

  大気汚染の監視は、都市全体で行うことができ、特定の地域が、他の地域よりも、汚染している場合、市民が、公共の交通機関を使用するよう、インセンティブを与えたり、職場まで、歩いて行くことを奨励したりして、CO2などの排出を低減させる。

  「産業IoTでの、大気の質の監視の紹介ビデオ」

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年における、世界最大のITベンダ '17.06.24

【2017年における、世界最大のITベンダ】 '17.06.24

 2017年における、世界最大のITベンダでは、AppleとSamsungがリードしている。2017年5月24日

 By Kristin Stoller、Forbes Staff

 アジアのITベンダからのプレッシャーにも関わらず、米国のITベンダが、世界にIT業界を支配している。

 2017年における、世界最大のITベンダ、100社の内、49社は、米国のITベンダである。

 Appleは、iPhoneの販売が、期待程ではなかったが、株価は、2017年5月2日に、1株147ドルに達した。

・Appleは、2016年に、2170億ドルの売上を上げ、450億ドルの利益を達成し、3310億ドルの資産があり、時価総額は、7520億ドルであった。

 Appleは、2017年における、世界最大のITベンダであるだけでなく、世界で9番目(2016年は、世界で8番目)に大きな企業である。

 2017年における、世界最大のITベンダ、トップ10社の内、トップ8社は、米国のITベンダ(Apple、Microsoft、Alphabet、IBM、Intel、Cisco Systems、Oracle、および、Facebook)である。

 2017年も、韓国の、Samsungが、世界最大のITベンダの内、2位である。

・Samsungは、2016年に、1740億ドルの売上を上げ、190億ドルの利益を達成し、2170億ドルの資産があり、時価総額は、2540億ドルであった。

・Hon Hai Precision Industryは、アジア太平洋地域から、世界最大のITベンダのトップ10に入る、唯一の他の企業であった。

・Microsoftは、2016年に、850億ドルの売上を上げ、167億ドルの利益を達成し、2240億ドルの資産があり、時価総額は、5075億ドルであり、2017年における、世界で3位の、ITベンダである。

 2017年に、株式を公開した、最大のソーシアル・メディア、IPOである、Snapは、世界最大のITベンダのリストの、101位にランクされ、世界で、1693番目に大きな企業である。

・NVIDIAは、2017年における、世界最大のITベンダのリストで、41位になり、世界で、379番目に大きな企業である。

・Nokiaは、2017年における、世界最大のITベンダのリストで、33位になり、世界で、248番目に大きな企業である。

・スイスの半導体メーカ、STMicroelectronicsは、2017年における、世界最大のITベンダのリストで、816位(2016年は、2315位)になり、世界で、1499番目に大きな企業になった。

 FORBES Global 2000のランキングは、売上、利益、資産、および、時価総額の均等加重測定による、複合スコアに基づいている。

 2017年のFORBES Global 2000のリストには、58ヵ国の株式公開会社があり、合計で、35.3兆ドルの売上、2兆5,000億ドルの収益、169.1兆ドルの資産を持ち、合計の時価総額は、48.8兆ドルで、前年度から、10%増加している。

Forbes
 Forbes Global 2000リストを参照のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月23日 (金)

世界の統合システムの売上は、2017年1Qに、前年同期から、4.6%増加した。 '17.06.23

【世界の統合システムの売上は、2017年1Qに、前年同期から、4.6%増加した。】 '17.06.23

 世界の統合システムの売上は、2017年1Qに、前年同期から、4.6%増加し、267億ドルになった。2017年6月22日

 IDC Worldwide Quarterly Converged Systems Trackerによると、世界の統合システム市場の売上は、2017年1Qに、前年同期から、4.6%増加し、267億ドルになったという。

 この統合システム市場において、2017年1Qに、新たなストレージ容量の消費が、7.1%だけ増加し、1.48エクサバイトになった。

 統合システムは、革新の重要な源になり、データセンター基盤市場において成長した。

 これらのソリューションは、ソフトウェア定義基盤や、プライベートなクラウド・プラットフォームといった、主な技術を導き、データセンターの近代化に必要になる。

 統合システム・セグメント

 IDCの統合システム市場は、4セグメント(統合基盤、認定参照システム、統合プラットフォーム、および、超統合システム)への視野を提供する。

 統合基盤と認定参照システムは、予め統合された、サーバ・ハードウェア、ディスク・ストレージ・システム、ネットワークキング装置、および、基本的な要素/システム管理ソフトウェアを含む、ベンダ認定システムである。

 統合プラットフォームと、カスタマイズされ、最適化された、システム・エンジニアリングは、付加的な、予め統合された、パッケージ・ソフトウェアと共に、販売される。

 これらのパッケージ・ソフトウェアは、アプリ開発ソフトウェア、データベース、テスト、および、統合ツールといった機能を可能にする。

 超統合システムは、コア・ストレージや、コンピュータ機能を、単一の、仮想化された、ソリューションを崩壊させる。

 他の統合システムからの、これらのソリューションを差別化する、超統合システムの、主な特徴は、規格外のアーキテクチャであり、同じx86サーバ・ベースのリソースを通して、あらゆるコンピュートやストレージ機能を提供する能力である。

 結合された、統合基盤と、認定された、参照システム市場は、2017年1Q中に、13億7000万ドルの売上を上げる。

 2017年1Qに、参照システム市場は、前年同期から、3.3%減少し、この市場の合計の、51.3%を占める。

 Dellは、2017年1Qに、6億4780万ドルの売上を上げ、この市場セグメントの、47.2%のシェアを占め、この結合された市場セグメントの、最大のサプライヤであった。

表1)2017年1Qにおける、世界の統合基盤と、認定参照システムの売上、トップ3ベンダ、

   (単位:100万ドル)

            2017年1Q   2017年1Q  2016年1Q  2016年1Q  年間
ベンダ        売上       シェア        売上     シェア    増加率

Dell                   $647.8           47.2%          $667.3          47.0%        -2.9%
Cisco/NetApp    $395.6           28.8%           $313.7         22.1%         26.1%
HPE                  $206.2           15.0%           $291.1         20.5%       -29.2%
その他              $122.8             9.0%          $146.9          10.4%       -16.4%
合計             $1,372.5         100.0%         $1,419.1       100.0%         -3.3%

 ソース: IDC Worldwide Quarterly Converged Systems Tracker、2017年6月22日

注)Dellの売上は、DellとEMCの売上の合計である。

 統合プラットフォームの売上は、2017年1Qに、前年同期から、13.3%減少し、6億3590万ドルになり、合計市場の売上の、23.8%を占めた。

 Oracleは、2017年1Qにおける、統合プラットフォームの、トップ・サプライヤであり、3億4870万ドルの売上を上げ、この統合プラットフォーム市場の54.8%のシェアを占めた。

表2)2017年1Qにおける、世界の統合プラットフォームの売上、トップ3ベンダ、

   (単位:100万ドル)

           2017年1Q   2017年1Q  2016年1Q  2016年1Q   年間
ベンダ       売上       シェア       売上      シェア     増加率

Oracle            $348.7            54.8%           $379.6         51.8%          -8.1%
HPE                $61.7              9.7%            $65.8           9.0%          -6.2%
IBM                 $19.9             3.1%             $26.6           3.6%        -25.1%
日立                $19.6             3.1%             $28.0           3.8%        -30.1%
その他          $185.9            29.2%            $233.1        31.3%         -20.2%
合計              $635.9           100.0%           $733.1       100.0%         -13.3%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Converged Systems Tracker、2017年6月22日

 超統合プラットフォームの売上は、2017年1Qに、前年同期から、64.7%成長し、6億6510万ドルの売上を上げ、この合計市場の、24.9%を占めた。

グラフ1) 2016年Q1と2017年1Qにおける、世界の統合システム市場の、製品カテゴリ(統合プラットフォーム、認定参照システム&統合基盤、超統合システム)ごとの売上 (ベンダの売上:単位100万ドル)
 

 IDCは、サーバのハードウェア、ディスク・ストレージ・システム、ネットワーキング装置、および、基本要素/システム管理ソフトウェアを含む、予め統合された、ベンダ特定のシステムとして、統合と、超統合システムを定義している。

 IDCは、コアの標準的な統合システムの一部として出荷される、自動発見、プロビジョニング、物理的と仮想的なコンピュート、ストレージ、ネットワーキング・リソースのプールに最適化された、組み込み、あるいは、統合管理、および、コントロール・ソフトウェアを含んでいる。

 ベストセラーのアプライアンス

効果的な災害復旧プランの、10の基本的なコンポーネント(1) '17.06.23

【効果的な災害復旧プランの、10の基本的なコンポーネント(1)】 '17.06.23

 効果的な災害復旧プランの、10の基本的なコンポーネント 2017年6月6日

Eweek50
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 データは、企業の生命線である。

 しかし、データやシステム基盤などの、バックアップ&リカバリへの投資は、その利益が、容易に明らかにならないため、内部的に評価することは困難である。

 保険の考え方のように、データやシステム基盤などの、バックアップ&リカバリ・システムや、災害復旧プランは、ハリケーン、火災、洪水、地震、サイバー攻撃といった、予測できない状況が発生した時に、最も重要になる。

 データ・セキュリティや、サイバー・セキュリティにおいて、あらゆる規模の企業は、事業に影響を与える、違反、あるいは、その他の事故が発生した場合に、どのように対処するかに、大きな関心を持っている。

 eWEEKは、データやシステム基盤などの、効果的な災害復旧(DR)プランが持つべき、基本的なコンポーネントを紹介する。

1.災害復旧(DR)プランの説明と概要

Eweek51
 企業には、データやシステム基盤などの、災害復旧(DR)の計画、目的、前提条件などを提供する、ドキュメントが必要である。

 ドキュメントには、生産サイトや、災害復旧サイトの、住所と場所を特定し、必要に応じて、地図や方向などが含まれている、必要がある。

 また、何時、災害復旧(DR)プランを開始するかを、説明すべきである。

 災害宣言や、災害復旧(DR)プランの活性化を引き起こす、要因は何だろう?

2.災害復旧(DR)戦略

Eweek52
 災害復旧(DR)戦略の概要は、重要なデータやシステム基盤などを復旧するために、使用される、ツールや方式の、分かりやすい、簡単な説明を提供すべきである。

 これには、バックアップの名前や位置だけでなく、バックアップ・ファイルを取得するために必要な手順も示される。

3.正確で、最新のコール・リストと、コミュニケーション・プラン

Eweek53
 データや、システム基盤と同じくらい重要なのは、これらを使用している、人々である。

 災害復旧(DR)プランは、災害復旧に関係する、さまざまなチームの、メンバー、電話番号、および、メール・アドレスなどの、リストを持つべきである。

 また、災害復旧(DR)プランのドキュメントには、会議のブリッジ・ラインも含める必要があるだろう。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月22日 (木)

家庭向けに、最良なスマート・ホーム・デバイス(2) '17.06.22

【家庭向けに、最良なスマート・ホーム・デバイス(2)】 '17.06.22

 家庭向けに、最良なスマート・ホーム・デバイス  2017年6月20日

 By Don Reisinger、eWEEK

 技術的な世界において、「スマート・ホーム」は、バズワードになり、さまざまな企業にとって、ビッグ・ビジネスになることが期待されている。

 よりスマートになった、ホーム・デバイス製品の種類が増えている。

 これらのスマート・ホーム・デバイスは、インターネットに接続され、互いに接続され、相互に連携し、容易に制御できるようになる。

    (続き)

5.Nestのスマート・サーモスタット

 Alphabetが所有している、Nestには、この数年間に、スマート・サーモスタットを提供してきた実績がある。

 Nestのスマート・サーモスタットは、このスマート・ホーム市場において、最良のデバイスの1つとして、広く認識され、使用されている。

 Nestのスマート・サーモスタットは、標準的なサーモスタットとして役に立つと共に、ユーザの行動を分析し、ユーザの好みに合わせて、エアコンの温度を調節し、スケジュールすることができる。

 Nestのスマート・デバイスは、他のベンダの、Works with Nest対応デバイスと連携することができる。

 Nestのスマート・サーモスタットは、250ドルで、販売されている。

 「Works with Nestの紹介ビデオ」

6.アップデートされた、Ring Doorbell 2デバイス

Eweek36
 RingのDoorbell 2デバイスは、家庭の外側のセキュリティを向上させることができる。

 このRing Doorbell 2デバイスは、199ドルの、ドアベルであり、インターネット経由で、フルHDのビデオをストリーミングできる、カメラを装備している。

 このRing Doorbell 2デバイスは、インターフォンとして、玄関にいる、訪問者と、双方向の会話ができるようにする、マイクと、スピーカを内蔵している。

 「Ring Doorbell 2の紹介ビデオ」

7.Echobee 4、スマート・サーモスタット

Eweek37
 Ecobee 4は、ユーザの行動を学習し、Amazon Alexaデジタル・アシスタントのサポートを追加した、スマート・サーモスタットである。

 ユーザは、Ecobee 4スマート・サーモスタットに、音声コマンドで、自分たちの好みを設定することもできる。

 Ecobee 4スマート・サーモスタットは、家の周囲の、重要な場所の温度を監視できるようにするための、モバイル・センサーを持っている。

 スマート・サーモスタット、Ecobee 4は、249ドルで、販売されている。

8.Chamberlainのスマート・ガレージ・オープナー

Eweek38
 ガレージ・ドアのメーカ、Chamberlainは、MyQと呼ばれる、ガレージのドアをスマートに制御できるようにする、ガレージ・ドア・オープナーを作成している。

 ユーザは、ChamberlainのMyQスマート・ガレージ・ドア・オープナーを、Wi-Fi経由で、インターネットに接続し、スマートフォンのアプリを使用して、ガレージのドアを制御することができる。

 ChamberlainのMyQスマート・ガレージ・ドア・オープナーは、268ドルで販売されている。

 「ChamberlainのMyQスマート・ガレージ・ドア・オープナーの紹介ビデオ」

9.Kwiksetのホーム・ロックは、家のセキュリティを管理し、安全を維持する。

Eweek39
 KwiksetのSmartCode 916デバイスは、家庭のセキュリティ・ソリューションと、ZigBeeプラットフォーム経由で、無線で通信する、ホーム・ロッキング機構を提供する。

 Kwiksetのホーム・ロックは、タッチ操作だけでなく、音声コマンドでも制御できるよう、Amazon Alexaデジタル・アシスタントをサポートしている。

 KwiksetのSmartCode 916ホーム・ロック・デバイスは、249ドルで販売されている。

10.SleepNumberのスマート・ベッド

Eweek310
 SleepNumberは、ユーザが、自分たちの望みに、マットレスの堅さをセットできるようにすることで、スマート・ベットのブランドを確立した。

 SleepNumberは、ベットのマットレスに、ユーザの睡眠を分析し、マットレスの堅さを最適化する、スマートフォンのアプリと接続する、SleepIQと呼ばれる、スマートなオプション機能を追加した。

 このSleepNumberのスマート・ベットのオプション機能は、200ドル販売されている。

 「SleepNumberのスマート・ベットのオプション機能の紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

家庭向けに、最良なスマート・ホーム・デバイス(1) '17.06.22

【家庭向けに、最良なスマート・ホーム・デバイス(1)】 '17.06.22

 家庭向けに、最良なスマート・ホーム・デバイス 2017年6月20日

Eweek30
 By Don Reisinger、eWEEK

 技術的な世界において、「スマート・ホーム」は、バズワードになり、さまざまな企業にとって、ビッグ・ビジネスになることが期待されている。

 よりスマートになった、ホーム・デバイス製品の種類が増えている。

 これらのスマート・ホーム・デバイスは、インターネットに接続され、互いに接続され、相互に連携し、容易に制御できるようになる。

 多くのベンダが、スマート・ホーム市場に参入している。

 AppleやAmazonやGoogleを含む、大手のベンダは、Apple HomePod、Amazon Echo、Google Homeデバイスといった、自社のスマート・ホーム製品に、デジタル・アシスタント(AppleのSiri、AmazonのAlexa、GoogleのAssistantなど)を組み込むと共に、他のベンダのホーム・デバイス製品をサポートし、自分たちのエコシステムを拡大させている。

 消費者は、スマート・ホーム・ハブや、スマート・ホーム・デバイスを選択するときに、互換性、および、設置や制御の容易さなどを、製品を購入する前に確認することは難しいので、eWEEKは、スマート・ホーム・ガイドを提供する。

1.新しいAmazon Dash Wandデバイス

Eweek31
 Amazonの、Dash Wandデバイスは、スマート・ホーム市場における、新たな参入デバイスの1つである。

 20ドルの、Dash Wandデバイスは、ユーザが、バーコードをスキャンすることで、その商品を、Amazonのショッピング・カートに、加えることができるようにする。

 Amazon Dash Wandデバイスは、同社のデジタル・アシスタント、Alexaをサポートしている。

 「Amazon Dash Wandデバイスの紹介ビデオ」

2.Amazon Echo Showデバイスで、ユーザは、視覚的になる。

Eweek32
 Amazon Echo Showデバイスは、オリジナルのEchoスピーカ・デバイスを、タッチ・ディスプレイで拡張している。

 Amazon Echo Showデバイスには、Amazon Alexaデジタル・アシスタントのサポートが追加され、ユーザに、スマート・ホームに関する、文脈的な情報を提供できるようになる。

 このEcho Showデバイスは、ユーザが、音声コマンドや、タッチ操作で、スマート・ホーム・デバイスを制御できるようにする。

 また、ユーザは、このEcho Showデバイスを、ビデオ・チャットや、ビデオ会議のツールとして、使用することもできる。

 このEcho Showデバイスは、230ドルで、2017年6月29日に、販売が開始される。

 「Echo Showの紹介ビデオ」

3.Appleの、HomePodスピーカ・デバイス

Eweek33
 Appleの、HomePodデバイスは、音声コマンド対応の、スマート・ホームを、初めて、導入する上で、選択肢の1つになる。

 HomePodデバイスは、スマート・スピーカや、スマート・ホーム・ハブとして使用できる。

 このHomePodデバイスには、AppleのSiriデジタル・アシスタントが、組み込まれている。

 このHomePodデバイスは、AppleのHomeKitプラットフォームと、互換性がある、スマート・ホーム・デバイスと連携できるようになる。

 このHomePodデバイスは、349ドルで、2017年12月に、販売が開始される。

 「Apple HomePodの紹介ビデオ」

4.Google Homeスピーカ・デバイスは、デジタル・アシスタントとしても、スマート・ホーム・デバイスのバブとしても、利用できる。

Eweek34
 Google Homeは、スマート・ホーム・ハブ市場において、129ドルと、最も安いバブの1つである。

 このGoogle Homeデバイスには、Google Assistantデジタル・アシスタントが、組み込まれている。

 このGoogle Homeデバイスは、Google Homeプラットフォームと、互換性がある、スマート・ホーム・デバイスと連携することができる。

 Google Homeデバイスは、YouTube Redや、Google Playを含む、Googleサービスをサポートし、他のベンダの、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを制御できる。

 「Google Homeの紹介ビデオ」

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。(3) '17.06.22

【デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。(3)】 '17.06.22

 By Pedro Hernandez、eWEEK

 デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。2017年6月19日

 Microsoftは、Surface Proラインからナンバリング規則をやめた可能性があるが、Windows PCを、非常に移植性が高く、望ましいハードウェアの形状の規格にすることを、忘れていない。

 Microsoftの、新しいSurface Proハイブリッド・ラップトップの最初の印象を紹介する。

   (続き)

8.新しいSurface Proには、USB-Cポートがない。

Eweek48
 Apple、Dell、および、Lenovoを含む、多くのメーカのラップトップは、USB-Cで充電する方式を採用しているが、Surface Proラップトップは、依然として、独自の充電コネクタを添付して、出荷している。

9.新しいSurface Proは、軽量で、場所を取らない、旅行用のラップトップである。

Eweek49
 USB-Cポートがないにも関わらず、新しい、Surface Proは、旅行者向けの、ラップトップとして使用されるだろう。

 新しいSurface Proラップトップのサイズは、11.5 x 7.93 x 0.33インチである。

 軽量パッケージング(i7モデルは、1.73ポンド)の、Surface Proは、旅行鞄の出入りを容易にし、ホテルの狭いスペースでも、利用できるようにする。

10.新しいSurface Proのバッテリーは、長持ちする。

Eweek410
 Microsoftによると、Core i5モデルのSurface Proラップトップで、ビデオを見ていても、バッテリーが、最大、13.5時間持つという。

 遠距離の飛行機の中で、Netflixの、ストリーミング・ビデオを見る場合は、Core i7モデルのSurface Proラップトップを使用することが、推奨されている。

 ベストセラーのアプライアンス

デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。(2) '17.06.22

【デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。(2)】 '17.06.22

Eweek40_2
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。2017年6月19日

 Microsoftは、Surface Proラインからナンバリング規則をやめた可能性があるが、Windows PCを、非常に移植性が高く、望ましいハードウェアの形状の規格にすることを、忘れていない。

 Microsoftの、新しいSurface Proハイブリッド・ラップトップの最初の印象を紹介する。

  (続き)

4.新しいSurface Proは、強力なプロセッサ・オプションを持っている。

Eweek44
 Microsoftは、新しいSurface Proに、Intelの第7世代のプロセッサ、Core m3、i5、および、i7を採用した。

 eWEEKの評価では、Core i7モデル(2.5GHz)、16GBのRAM、Windows 10 Pro搭載マシンを使用し、基本的なアプリ、描画アプリ、および、マルチメディア・アプリを実行させた。

5.新しいSurface Proの、Windowsデジタル・インク

Eweek45
 Windows 10で、インキングを避けようとしている、ユーザは、新しいSurface Proに、別のショットを与えたいと思うだろう。

 高速なハードウェアの組み合わせを使用して、より正確なSurface Penと、Windowsのネーティブなインキング能力、Surface Proのスタイラス入力は、2番目の性質になる。

6.Surface Proを、「Studioモード」にする。

Eweek46
 Surface Proは、「Studioモード」に、入ることができ、キックスタンドの蝶番が、165度(以前は、150度)の角度に調整できるようになった。

 クリエーティブなプロフェッショナルは、新しいSurface Proで、ドラフト・テーブルの経験を、再現できるようになる。

7.Surface Proの、ボタンの配置を評価する。

Eweek47
 Surface Pro 3は、ヘッドフォン・ジャックの近くの左側に、ボリューム・ロッカーを持っていた。

 Microsoftは、ボリューム・ロッカーを、Surface Proの電源ボタンの近くに移動し、デバイスを、容易に、スリープ状態にできるようにした。

 残念ながら、ボリューム・ロッカーの配置が、新しいSurface Proに残っている。

   (続き)

 ベストセラーのアプライアンス

デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。(1) '17.06.22

【デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。(1)】 '17.06.22

 By Pedro Hernandez、eWEEK

 新しいSurface Proハイブリッド・ラップトップのデザインは、最後の2モデルと、よく似ている。
Eweek40
  デザインが変更された、Surface Proハイブリッド・ラップトップは、依然として、プレミアム・デバイスである。 2017年6月19日

 Microsoftは、Surface Proラインからナンバリング規則をやめた可能性があるが、Windows PCを、非常に移植性が高く、望ましいハードウェアの形状の規格にすることを、忘れていない。

 Microsoftの、新しいSurface Proハイブリッド・ラップトップの最初の印象を紹介する。

1.新しいSurface Proは、依然として、見た目が、シャープである。

Eweek41
 新しいSurface Proは、滑らかな、グラス・オン・マグネシウムのデザインになっている。

 新しいSurface Proの枠は、InfinityEdgeディスプレーを持つ、DellのラップトップPCや、10.5インチのスクリーン画面を持つ、AppleのiPad Proのデザインと似ているが、依然として、プレミアム・デバイスである。

2.新しいSurface Proの、タイプ・カバーは、ユーザのタイプ入力経験を改善する。

Eweek42
 オプションで、Surface Pro Signatureタイプ・カバーが提供される。

 スエード調の合成素材、Alcantaraで覆われた、キーボード・カバーのコンボは、タイピング体験を改善する。

3.新しいSurface Proは、粗いエッジを柔らかくしている。

Eweek43
 新しいSurface Proのシャーシは、微妙にリフレッシュされている。

 このシャーシのデザインは、わずかに丸みを帯びたエッジに、変更されているおり、持ち易くなっている。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月21日 (水)

Amazonは、137億ドルで、Whole Foodsの買収取引を達成したいと考えている。(2) '17.06.21

【Amazonは、137億ドルで、Whole Foodsの買収取引を達成したいと考えている。(2)】   '17.06.21

 Amazonが、137億ドルで、食品チェーン店、Whole Foodsの買収取引を達成したいと考えている理由は、何だろう? 2017年6月19日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Amazonは、食品チェーン店、Whole Foodsを買収して、何をしたいと考えているのだろう?

 Amazonは、ここ数年間に、徐々に、実店舗のプレゼンスを広げており、例えば、Amazon Goと呼ばれる、実験店舗を展開し、運営している。

 Amazonは、Whole Foodsを、137億ドルで買収する計画に向って、大きな一歩を踏み出している。

 Amazonは、Whole Foodsを買収することで、同社の全国の食品チェーン店の基盤を得て、オンライン店舗と実店舗の両方で、力を発揮するという、目標達成に近づくのに役立てる意向のようだ。

 また、Amazonは、Whole Foodsの小売チェーン店を、地域の物流の拠点にすることもできるだろう。

    (続き)

2.Amazonは、Whole Foodsの食品チェーン店の基盤を買収する。

Eweek22
 Amazonは、大手の食品チェーン店、Whole Foodsが、実店舗のビジネス機会をもたらすと信じていると述べた。

 Whole Foodsは、460店舗以上の小売チェーン店を持っており、年間の売上は、160億ドルである。

 Amazonは、国内の食品チェーン店の基盤を提供する、Whole Foodsに、Amazonの小売のノウハウを補完し、相乗効果を狙っている。

3.買収する、Whole Foodsの食品チェーン店が、Amazonの最初の実店舗に対する取り組みではない。
Eweek23
 Amazonは、この数年間に、実店舗における、プレゼンスを確立してきた。

 例えば、Amazonは、米国内に、実験的な店舗として、Amazon Goと呼ばれる、自動的に、支払いのできる、コンビニを展開していた。

 「Amazon Goの紹介」ビデオ

 しかし、Amazonは、Whole Foodsが、所有しているような、大規模な実店舗のチェーン店を持っていない。

4.クラウド・コンピューティングは、Whole Foodsの買収取引に、資金を提供した。

Eweek24
 Amazonは、Whole Foodsの債務を除いて、同社の食品チェーン店を、現金で買収する。

 事実、Amazonは、書店ビジネスに、215億ドルの現金を持っており、クラウド・コンピューティング関連の事業で、年間に、数10億ドルの営業利益を上げている。

 クラウド・コンピューティング事業部の、Amazon Web Services(AWS)の営業利益は、Amazonの営業利益全体の、約90%も占めている。

5.Whole Foodsのブランドや、サプライヤ(食品のメーカや農産物の生産者)を維持する。

Eweek25
 Amazonは、食品チェーン店、Whole Foodsのブランドや、同社のサプライヤのリストに登録されている、食品メーカや農産物の生産者を維持する、意向を表明した。

 Amazonは、Whole Foodsの本社を、継続して、テキサス州のAustinにし、CEOのJohn Mackey氏を、この食品チェーン店のCEOとして残すようだ。

 John Mackey氏は、AmazonのCEO、Jeff Bezos氏に、事業の状況などを報告する。

6.AmazonとWhole Foodsの両社は、文化が違う。

Eweek26
 何人かのアナリストは、AmazonとWhole Foodsが、うまく協調していけるかどうか、疑問を持っている。

 Amazonには、商品の価格や品質に敏感なショッパーなど、さまざまな種類の顧客がいるが、食品チェーン店の、Whole Foodsは、高収入の顧客に、大きく頼っている。

 両社が、うまく協調していけるか、結果を見ることは、興味深いものである。

7.Whole FoodsのJohn Mackey氏は、Amazonが、食料品店の未来を持っていることは確かではないという。
Eweek27
 Mackey氏は、Amazonが、利益が少なく、競争の激しい、食料品ビジネスにおいて、利益を上げる方法を見つけることができることを確信していない。

 Amazonは、高品質の食料品を、顧客に提供するための、使命を拡張することにより、Whole Foodsを支援することができるだろう。

8.Amazonの長期的な計画は、分からない。

Eweek28
 Amazonは、Whole Foodsの名前、同社の食品チェーン店と従業員を残すが、他の計画については、まだ、明確にしていない。

 Amazonが、Whole Foodsの食品の価格設定を、引き下げる計画があるかどうかは、明らかではない。

 例えば、Amazonは、食品メーカや、農産物の生産者を変更することができるが、Jeff Bezos氏は、自分の計画を明らかにしていない。

9.Amazonには、克服すべき、ハードルがある。

Eweek29
 Amazonは、2017年の後半に、この買収取引を完了させると期待している。

 しかし、Amazonは、Whole Foodsの株主の承認を、確保する、必要がある。

 連邦政府の規制当局は、Amazonの買収取引が、完了する前に、取引を見直す必要があるだろう。

10.小売事業における、Amazonの競争相手は、どのように対応するか?

Eweek210
 Amazonの競合者は、この買収取引に、どのように、対応していくのだろうか?

 他の業界では、このような大きな買収取引は、より大きな企業が、魅力を高めることのできる、統合に導くことができる。

 Walmartも、Targetも、このAmazonの買収に、コメントしていないが、何人かのアナリストは、競合者が、Amazonの買収取引に対応するための、いくつかの計画を持っているかどうか、疑問に思っている。

 ベストセラーのアプライアンス

Amazonは、137億ドルで、Whole Foodsの買収取引を達成したいと考えている。 (1) '17.06.21

【Amazonは、137億ドルで、Whole Foodsの買収取引を達成したいと考えている。(1)】 '17.06.21

 Amazonが、137億ドルで、食品チェーン店、Whole Foodsの買収取引を達成したいと考えている目的は、何だろう? 2017年6月19日

Eweek20
 By Don Reisinger、eWEEK

 Amazonは、食品チェーン店、Whole Foodsを買収して、何をしたいと考えているのだろう?

 Amazonは、ここ数年間に、徐々に、実店舗のプレゼンスを広げており、例えば、Amazon Goと呼ばれる、実験店舗を展開し、運営している。

 「実験店舗、Amazon Go」の紹介ビデオ

 Amazonは、食品チェーン店、Whole Foodsを、137億ドルで買収する計画に向って、大きな一歩を踏み出している。

 Amazonは、Whole Foodsを買収することで、全国の小売チェーン店の基盤を得て、オンライン店舗と実店舗の両方で、力を発揮するという、目標達成に近づくのに役立てる意向のようだ。

 Amazonは、実店舗での、新たなショッピングの有り方を模索するだけでなく、Whole Foodsの小売チェーン店を、地域の物流の拠点としても、利用していくのかも知れない。

 Amazonは、買収後も、Whole Foodsブランドで、現行の業務を引き続き、運営していく意向を示している。

1.Amazonは、Whole Foods買収のために、多額のプレミアムを支払うようだ。

Eweek21
 Amazonは、Whole Foodsの買収に関して、あまり多くのことを、公表していないが、137億ドル(1株42ドル)の買収金額を支払う意向を明らかにした。

 買収の意向が発表された、前日の、2017年6月15日における、Whole Foodsの株価は、1株33.06ドルであった。

 これは、Amazonが、食料品チェーン店、Whole Foodsに、多額のプレミアムを支払うことを意味する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(5) '17.06.21

【2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(5)】 '17.06.21

 街の照明から、ゴミの回収まで、都市生活の側面で、大きな進歩があった。 2017年3月2日
Smcity1_2
 2017年における、スマート・シティの技術と、最大のプレーヤを見てみよう。

 By Ekaterina Novoseltseva、dzone

 「スマート・シティ」は、最近のバズワードになっているが、今後、数年間で、多くの事例を見ることになるだろう。

    (続き)

7.オープンなデータ・イニシアティブ

 都市は、オープンなデータ・イニシアティブや、ハッカソン(ソフトウェア技術者の協調作業)をサポートすべきである。

 ニューヨークにおいて、ソフトウェア技術者は、都市を改善し、市民に情報を提供するための、有用なアプリを競う、BigAppsコンペを組織している。

 大気の汚染、ホテルやレストランの衛生、あるいは、建築などの検査のスコア、関連する資料などは、市民が、容易に利用できるようにすべきである。

8.大気汚染センサー

 都市に住んでいると、大気汚染などによる、健康の問題のような、副作用がある。

 都市に住むのは、ストレスも多く、新鮮な空気が、あまり得られないことが多い。

 TZOAは、ウェアラブル・デバイスの内部センサーを使用して、空気の質、温度、湿度、大気圧、周囲光、紫外線(UV)を測定する、環境トラッカーである。

 TZOAは、環境データを、ユーザが、健康に保つための、行動可能な推奨に変え、生活の質を改善するのを支援する。

9.気候のモニタリング

 EverImpactは、衛星と地上のセンサーのデータを組み合わせて、都市のCO2排出量を測定し、温室効果ガス排出源を発見する、都市向けの、気候監視アプリである。

 EverImpactで、都市は、道路や建物レベルでの排出量の、リアルタイムなマップを取得し、都市の環境状況を制御するのに役立ちます。

10.社会的な影響

 ヘルシンキのオープン・データから開発された、デジタル・サービスの成功事例は、モバイルGPSアプリ、BlindSquareであり、環境に関することを説明し、興味深い場所や、危険な場所、路交差点などを、視覚障害者に知らせ、注意を促す。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(4) '17.06.21

【2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(4)】 '17.06.21

 街の照明から、ゴミの回収まで、都市生活の側面で、大きな進歩があった。2017年3月2日

 2017年における、スマート・シティの技術と、最大のプレーヤを見てみよう。

Smcity1
 By Ekaterina Novoseltseva、dzone

 「スマート・シティ」は、最近のバズワードになっているが、今後、数年間で、多くの事例を見ることになるだろう。

    (続き)

5.スマート街灯

 LEDのスマート街灯には、多くの利点がある。

 スマート街灯の、主な利点の1つは、複数の人がいると、自動的に照明が明るくなるため、犯罪が減少することである。

 LEDのスマート街灯の、他の主な利点には、低消費電力で、寿命が長く、投資対効果(ROI)が良いことがある。

 Los Angeles市では、215,000ヵ所の、従来のナトリウム・スマート街灯の約80%を、LEDのスマート街灯に交換するために、5700万ドルを支出するという決定の結果、年間900万ドル近くの電力費用を節約できた。

 LEDのスマート街灯には、寿命が長い、耐久性がある、さまざまな色の光を灯すといった、他の利点もある。

 デンマークのDOLLは、将来のLED照明ソリューションを開発するための、新しいプラットフォームで、エネルギー効率の良い、スマートな屋内と屋外の照明ソリューションを提供することを目指しています。

6.駐車場のセンサー

 都市には、駐車場に関連した問題がある。

 都市では、多くの企業が、実際に車を駐車するプロセスを単純化する、ソリューションに取り組んでいる。

 今日では、ユーザが、最寄りの、空き駐車場を、見つけ易くする、スマートフォン用のモバイル・アプリの人気が上がっている。

 このソリューションは、駐車場に設置された、センサーを使用して、駐車場の空きを、追跡管理し、駐車場を探している、ユーザに、利用できる、駐車場を通知する。

 Ciscoによると、例えば、フランスのパリに住む、平均的な市民は、駐車場を探すことに、極めて苦労を感じているという。

 駐車場センサーが普及し、最寄りの、利用可能な駐車場が、見つけ易くなったことで、パリの交通量は、大幅に減少した。

 また、ユーザが、駐車場を見つけるための、時間、燃料消費、排気ガスなどが低減した。

 駐車場アプリには、ParkWhizがある。

 このアプリは、スマートフォンなどを使用して、ユーザが、駐車場の空きを見つけ、予約するのを支援することを目的としている。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月20日 (火)

Gartnerが、IT業界のトップ100ベンダを発表する。 '17.06.20

【Gartnerが、IT業界のトップ100ベンダを発表する。】 '17.06.20

 2016年に、Appleは、断然、トップのITの売上(通信サービスを除く)を上げ、Samsungと、Googleが、続いた。2017年6月19日

 Gartnerは、IT(通信サービスを除く)と、コンポーネントの分野の、売上げをベースに、2016年における、ITの売上の、世界のトップ100ベンダを発表した。

 これによると、2016年に、Appleは、ITの売上が、2180億ドル以上に達し、トップのベンダであった。

 AppleのITの売上は、2位のSamsung Vendor GroupのITの売上よりも、790億ドルも多かった。

 Gartnerは、初めて、IT業界の売上のトップ100ベンダのランキング、「Gartner Global Top 100」を発行した。

 ITの売上には、通信サービスの売上は含まれておらず、コンポーネントの売上は含まれている。

表1)2016年における、ITとコンポーネントの売上による、世界トップ5のベンダ

 (単位:10億ドル)

2016年  2015年  ベンダ      2016年    2015年
ランク   ランク              ITの売上   ITの売上

1       1     Apple        218.1         235.0
2       2     Samsung     139.1        142.0
3       5     Google        90.1          74.9
4       3     Microsoft       85.7         88.1
5       4     IBM          77.8          79.6

 ソース:Gartner、2017年6月

 Microsoftは、PC、Web、および、e-ビジネスの時代に、IT市場のリーダに成長し、力の連鎖を開始し、最も大きな影響を与えていた、ベンダであった。

 IBMは、サーバ、ストレージ、および、コンサルティング・サービスを支配していた時代に、極めて初期のIT市場において、優位に立ち、IT市場を支配していた。

 スマートフォンやPCと共に、これらのデバイスやサービスに対するニーズは、クラウドに、残るだろう。

 モバイルの時代になり、スマートフォンやPCは、より日常化され、新たなプロジェクトや、ITへの支出を促すことは、以前よりも、少なくなるだろう。

 製品やサービスをデジタル化する、企業が増えると、IT業界の巨人は、デジタルな経験に、関与できるようになる。

 Gartnerは、2021年までに、あらゆるIT活動の20%に、少なくとも、トップ7のIT業界の巨人(Apple、Samsung、Google、Microsoft、IBM、Facebook、Amazon)の1社が、関与するようになると予測している。

 IT業界の巨人は、B2Bに、あまり焦点を合わせておらず、主に、世界の消費者、市民、および、従業員の世界に、焦点を合わせている。

 ベストセラーのアプライアンス

ARとVRヘッドセットの出荷台数が、2021年まで、57.7%のCAGRで増加する。 '17.06.20

【ARとVRヘッドセットの出荷台数が、2021年まで、57.7%のCAGRで増加する。】 '17.06.20

 IDCによると、世界の拡張現実(AR)と、仮想現実(VR)のヘッドセットの出荷台数が、2016年から2021年まで、57.7%のCAGRで増加するという。 2017年6月19日

 ARとVRが、主な技術メディアにおいて、継続して、勢いを得る。

 IDC Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Trackerからの、最近の予測データによると、ARとVRヘッドセットの出荷台数は、2016年の約1000万台から、2021年には、約1万台になるとしており、今後、5年間で、57.7%のCAGRで増加するとしている。

 2016年から2021年に、VRヘッドセットの出荷台数方が、ARヘッドセットの出荷台数より、かなり多いが、年間平均増加率(CAGR)では、VRヘッドセットが、2桁なのに対し、ARヘッドセットは、3桁も増加している。

 スマートフォンとペアで使用する、VRヘッドセットは、最も安く、利用できる、VRヘッドセットの形態である。

 2016年後半には、代表的なVRヘッドセット製品である、SonyのPlayStation VR、HTCのVive、および、FacebookのOculus Riftの出荷台数が増えていた。

 今後、6ヶ月から、18ヶ月間に、Microsoftと共に、PCベンダがAR/VR市場を刺激するだろう。

 Microsoftは、低価格のコード付きのVRヘッドセットと、ハイエンドのVRヘッドセットを提供し、AR/VR市場に参入した。

 低価格のコード付きのVRヘッドセットは、PCを必要とし、ハイエンドのVRヘッドセットは、単体で利用できる。

 MicrosoftのハイエンドのVRヘッドセットは、ユーザの体の動きを追跡したり、手の動きを追跡したりでき、デジタルの世界と、現実の世界の境界を、さらに曖昧にする。

 VRヘッドセットの出荷台数は、依然として、ARヘッドセットの出荷台数を大きく上回るが、年間増加率では、VRヘッドセットが、2桁のCAGRになるのに対し、ARヘッドセットは、3桁のCAGRになる見込みである。

 消費者は、専用のAR/VRヘッドセットを使用するよりも、スマートフォンやタブレットを使用して、最初のAR/VR経験を、体験しがちである。

 Appleは、ARKitの導入で、AR経験をさらに、サポートしている。

 IDCは、商用のセグメントにおいて、専用のARヘッドセットに、大きなビジネス機会があると信じている。

 AR/VRヘッドセットへの、大きな関心と投資は、ヘルスケア、製造業、フィールド・サービス、および、デザインといった、業界で増えている。

 例えば、製造業では、製品の組み立て作業に、フィールド・サービスでは、修理や保守・点検作業に、ARヘッドセットが、使用されている。

 また、デザインの分野では、デザインの確認や評価の作業に、AR/VRヘッドセットが、使用されている。

 「ARヘッドセットのデザイン分野での使用例」紹介ビデオ

表1)2016年から2021年における、世界のARとVRヘッドセットの出荷台数、シェア、CAGR

                  2016年   2016年   2021年      2021年  2016年2021年   
製品カテゴリ     出荷台数   シェア   出荷台数      シェア      CAGR

AR商用               110,512      68.0%      20,454,162        83.3%          184.1%

AR消費者向け        51,946        32.0%       4,114,598        16.7%          139.7%

合計 AR               162,458      100.0%      24,568,760      100.0%          172.9%

VR商用          1,838,074        19.9%      18,141,760        27.0%           58.1%

VR消費者向け    7,399,360        80.1%      48,963,870        73.0%           45.9%

合計  VR           9,237,434      100.0%      67,105,530      100.0%           48.7%

グラフ1)2016年と2021年の、製品のタイプごとの、世界のAR/VRヘッドセットのシェア

 ベストセラーのアプライアンス

2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(3) '17.06.20

【2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(3)】 '17.06.20

 街の照明から、ゴミの回収まで、都市生活の側面で、大きな進歩があった。 2017年3月2日
Smcity1_2
 2017年における、スマート・シティの技術と、最大のプレーヤを見てみよう。

 By Ekaterina Novoseltseva、dzone

 「スマート・シティ」は、最近のバズワードになっているが、今後、数年間で、多くの事例を見ることになるだろう。

    (続き)

3.セキュリティ

 ShotSpotterは、都市の犯罪率を減らすことに取り組んでいる会社である。

 銃の発砲は、間違いなく、都市生活における、最も危険な側面の1つである。

 銃声が聞こえても、これが、確実に、銃声であるかどうか、分からないため、常に、警察に、報告されているとは限らない。

 ShotSpotterといった会社の、サウンド・センサー・システムは、銃声を検出し、自動的に、警察に報告することができる。

 街灯などに設置された、このサウンド・センサー・システムのソフトウェアは、何回、銃が発砲されたかを、決定することができ、発砲に対応する、警察官を助けることができる。

4.デジタル・キオスク

 現在、我々は、多くのことが、スマートフォンで行える世界に住んでおり、例えば、観光、地域、公共交通機関などの情報を得たり、ホテルやレストランを予約したりするために、あまり時間を費やしたくないと思っている。

 我々は、スマートフォンで、Google検索を使用するか、あるいは、Tripadvisorや、Foursquareなどの、訪問者向けのWebサイトを訪問して、観光情報を見つけることができる。

 観光情報や、地域の情報などを得るために、デジタル・キオスクは、訪問者にとって、良いアイデアである。

 デジタル・キオスクは、観光、公共交通機関、レストラン、小売店、地域のイベントなどに関する、訪問者向けの情報を提供することもできる。

 また、デジタル・キオスクは、訪問者のスマートフォンに、地域の地図を提供し、必要に応じて、目的地への行き方といった、付加的なデータを、スマートフォンに転送することもできる。

 例えば、Citymapperは、スマートフォンに、地域の地図や、公共交通機関などの情報を提供し、マルチモードの輸送オプションを提供して、訪問者を、目的地まで誘導する。

 訪問者は、多くの記事を読んだり、多くのWebサイトを訪問したりすることなく、デジタル・キオスクで、観光、地域、公共交通機関などの情報や、地域の地図などを、ワンストップで、容易に得ることができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(2) '17.06.20

【2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(2)】 '17.06.20

 街の照明から、ゴミの回収まで、都市生活の側面で、大きな進歩があった。2017年3月2日
Smcity1
 2017年における、スマート・シティの技術と、最大のプレーヤを見てみよう。

 By Ekaterina Novoseltseva、dzone

 「スマート・シティ」は、最近のバズワードになっているが、今後、数年間で、多くの事例を見ることになるだろう。

   (続き)

2.廃棄物管理

 私たちの暮らしに革命をもたらし、この世界を、もっと生活しやすい場所にする、有望なスタートアップを見てみましょう。

 今日、殆どの都市で、問題を抱えている、廃棄物管理に取り組む、企業を紹介する。

 Bigbellyは、米国の主要都市と、世界中の50カ国において、実装されている、スマートな廃棄物管理や、リサイクル・システムを提供している、スタートアップである。

 Bigbellyは、従来のビンの最大5倍の廃棄物を処理可能にする、太陽光発電式のビン圧縮型廃棄システムを提供している。

 Bigbellyのビン圧縮型廃棄システムの特徴は、圧縮したビンがいっぱいになり、ビン圧縮型ゴミ箱を空にする必要があると、適切な市の担当部門に、通知メッセージを送ることである。

 これにより、街のビン圧縮型ゴミ箱の数を、70%~80%削減することができるため、街の美観を改善することができ、圧縮されたビンを回収する回数を減らすこともできる。

 もう1社の興味深い、スタートアップには、廃棄物管理にも取り組んでいる、Zerocycleがいる。

 Zerocycleは、ごみを収集して分析し、都市の各地域のリサイクル率を決定する。

 Zerocycleは、カスタマイズされた近隣の廃棄物レポートで、これらの洞察を共有しており、これらのレポートは、サービス区域内のすべての世帯に送信される。

 筆者は、個人的に、このリサイクル率のレポートで、多くの人たちが、リサイクルに、もっと注意を払い、関心を持つようになることを期待している。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月19日 (月)

2017年における、スマート・ホーム・ハブのベスト5 '17.06.19

【2017年における、スマート・ホーム・ハブのベスト5】 '17.06.19

 2017年における、スマート・ホーム・ハブのベスト5の紹介 2017年6月14日

 By Mike Prospero、tomsguide

 Google Homeは、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、音声コマンド対応の、スピーカ型の、スマート・ホーム・ハブである。

 現在、Staplesでは、Google Homeハブを、20ドル割り引いて、109ドルで販売されている。

 Google Homeハブを通して、制御できる、スマート・ホーム・デバイスは、照明やデジタル鍵から、監視カメラや、サーモスタットまで、増えている。

 Google Homeハブは、あらゆるホーム・デバイスを、クラウドに接続でき、機能性と、遠隔制御できる、コンパニオン・アプリも提供する。

 さらに、Google Homeハブは、スマート・ホーム・デバイスを、自動化されるよう設定できる、能力も持っている。

 例えば、ユーザは、ドアを開けたり、玄関の照明を、自動的に点けたり、家のサーモスタットを、好みの温度に設定したりできるようになる。

 しかし、スマート・ホームの分野は、まだ、揺籃期にあるので、スマート・ホーム・デバイスが、ハブと互換性があるかどうかを確認するのに、多くの混乱がある。

 代表的なスマート・ホーム・ハブをレビューし、アプリの使い方の分かりにくさや、複雑なセットアップ・プロセスといった問題を持っていることを見つけた。

 Nestの学習サーモスタット、Logitech Harmony Eliteのリモコン、Almondのルータ、Samsungの最新のスマートTVといった、スマート・ホーム・デバイスは、他のスマート・デバイスとクラウド間の、橋渡しとして機能する。

 AppleのHomeKitや、GoogleのThreadの出現で、あらゆるユーザは、将来的に、自分たちのスマートフォンを必要とする。

 Samsung SmartThingsハブは、スマート・ホーム・ハブを探している、ユーザにとって、最適なオプションであり、さまざまな製品を接続できるようにし、他のスマート・ホーム・デバイスを容易にセットアップできるようにする。

 家庭において、音声コマンドで、スマート・ホーム・デバイスを検索できるようにしたいと思うなら、Google Home(129ドル)ハブが、最良の選択肢になるが、他のスマート・ホーム・デバイスとの統合は、まだ、完全でなく、互換性の確認に混乱がある。

 Google Homeハブは、Google Cast対応のTVに、ストリーミング・コンテンツを流すことができる。

 Winkのハブの第2世代である、Wink Hub 2(99ドル)ハブは、さまざまなスマート・ホーム・デバイスと連携でき、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントや、Google Homeハブと連携して使用できる。

 Amazonの、Echo、Echo Dot、Echo Show、および、Fire TV Editionといった、Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ホーム・バブの購入を検討する価値がある。

 Alexaデジタル・アシスタントを搭載した、スマート・ホーム・バブのユーザは、音声コマンドを使用して、さまざまなスマート・ホーム・デバイスを制御したり、ピザを注文したり、天気をチェックしたり、できるようになる。

1.Samsung SmartThings
Sh1_2
・最良のスマート・ホーム・ハブ

・価格:49ドル

・サイズ:4.2 x 4.9 x 1.3インチ

・IFTTT、Z-Wave、ZigBee、Wi-Fi、Bluetooth、Nest、Amazon Echoをサポートし、連携できる。

・Ethernetポート、USBポート x 2

・バッテリー・バックアップ有り

 第2世代のSamsung SmartThingsハブは、他のハブよりも多い、200種類以上のデバイスに接続し、サポートできる。

 しかし、これらのオートマチックな行動をセットアップするための、プロセスは、少し複雑である。

 他の競合するハブとは異なり、Samsung SmartThingsハブは、バッテリー・バックアップを持っている。

 Samsungの2016 SUHD TVには、Samsung SmartThingsハブの統合機能が、組み込まれている。

 例えば、監視カメラが、動きを検出すると、ユーザは、TVやスマートフォンなどで、監視カメラが捉えた映像を見ることができる。

2.Amazon Echo Dot
Sh2_2
・最良のスマート・ホーム・ハブ

・価格:49ドル

・サイズ:1.3 x 3.3 x 3.3インチ

・Wi-Fi、Bluetoothをサポートする。

・3.5㎜のオーディオ・ポート

・バッテリーのバックアップなし

・価格:49ドル

 Echo Dotバブは、他のハブの価格の約半分なので、ユーザは、スマート・ホーム・オートメーションを、手頃な価格で、家庭に導入することができる。

 Amazon Echo Dotハブは、さまざまなスマート・ホーム・デバイスを制御することができる。

 Amazon Echo Dotハブは、179ドルのEcho Dotバブよりも、スピーカの音質が、悪いが、Dotハブのマイクは、部屋の中にいる人たちの声を拾うことができる。

 ユーザは、Amazon Echo Dotハブを通して、照明を点けたり、他のデバイスをオンオフにしたりすることができる。

 ユーザは、Amazon Echo Dotハブで、ニュースのヘッドラインを読んだり、天気予報、スポーツの試合のスコアを確認することもできる。

3.Google Home
Sh3_2
・最良の音声制御スマート・ホーム・ハブ

・価値のある、スマート・ホーム・ハブ

・価格:129ドル

・サイズ:5.62 x 3.79インチ

・Chromecast、Nest、Philips Hue、SmartThings、IFTTT、WeMo、Honeywellをサポートし、連携できる。

・バッテリーのバックアップなし

 Google Homeハブは、内臓スピーカを持ち、音声コマンドで答えることができ、スマート・ホーム・デバイスや、ストリーミング・メディアを制御するこもできる。

 Google Homeハブは、あらゆるものを検索できるようにする、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載している。

 ユーザは、Chromecastを持っていれば、Echoよりも安い、129ドルのGoogle Homeハブを通して、音声コマンドで、Chromecastを制御し、TV番組やビデオや映画を視聴することもできる。

4.Wink Hub 2
Sh4_2
・価格:99ドル

・サイズ:7.25 x 7.25 x 1.5インチ

・Zigbee、Z-Wave、Wi-Fi、Bluetooth LE、Lutron Clear Connect、Kidde、Thread、Alexa、Google Homeをサポートし、連携できる。

・Ethernetポート

・バッテリー・バックアップなし

 スリムで、洗練されたデザインの、Winkの第2世代のスマート・ホーム・ハブは、さまざまなスマート・ホーム・デバイス(Alexa、Google Home、Z-Wave、Zigbee、Lutron Clear Connect、および、Kidde)に接続できる。

 Wink Hub 2スマート・ホーム・ハブは、Bluetooth LEへ接続でき、Threadインタフェースをサポートする。

 Winkは、より多くの強力なプロセッサ、8倍多くのメモリ、5GHz Wi-Fiと、Ethernetポートを追加した。

 オリジナルのWink Hubスマート・ホーム・ハブで、Hub 2ハブの直感的なインタフェースは、スマート・ホームを初めて導入する、ユーザに向いている。

5.Samsung Connect Home

Sh5

・価格:169ドル

・サイズ:4.7 x 4.7 x 1.2インチ

・Amazon Alexa、Belkin WeMo、GE、Google Assistant、Honeywell、Hue、Iris、Keen Home、Kwikset、Lutron、Rachio、Ring、Schlage、SmartThings、Yale、ecobee、iHomeをサポートし、連携できる。

・Ethernetポート

・バッテリー・バックアップなし

 Connect Homeスマート・ホーム・ハブで、SamsungのSmartThings Hubスマート・ホーム・ハブと、メッシュ・ネットワーク・ルータを結合できる。

 Connect Homeスマート・ホーム・ハブは、3つの版(169ドルのAC1300 Connect Home ハブ、379ドルの3パック、および、249ドルのConnect Home Pro AC2600)で、販売されている。

 「2017年のベスト・スマート・ホーム・デバイス」紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(1) '17.06.19

【2017年の、代表的なスマート・シティ・プロジェクトの紹介(1)】 '17.06.19

 街の照明から、ゴミの回収まで、都市生活の側面で、大きな進歩があった。2017年3月2日
Smcity1
 2017年における、スマート・シティの技術と、最大のプレーヤを見てみよう。

 By Ekaterina Novoseltseva、dzone

 「スマート・シティ」は、最近のバズワードになっているが、今後、数年間で、多くの事例を見ることになるだろう。

 2020年までに、世界で、1年間に、4000億ドルが、スマート・シティを構築するために、支出される見込みである。

 スマート・シティのトレンドと、スマート・シティの景観を紹介し、その後に、いくつかのスマート・シティの分野やプロジェクトを紹介する。

 世界の、殆どの人たちが、自然環境や、生活環境、あるいは、社会の問題を、多少なりとも、意識していると思う。

1.スマート・シティのトレンドと景観

 スマート・シティは、最早、将来の波ではない。

 モノのインターネット(IoT)が拡大し、世界中の地方自治体のサービスに影響を与えるようになるにつれ、スマート・シティは、世界の都市に、構築され、展開されていくだろう。

 McKinseyによると、スマート・シティ関連に、2020年まで、世界の600都市で、1年間に、合計で、4000億ドルが支出される見込みであるという。

 McKinseyは、世界の600都市が、2025年までに、世界のGDPの60%を生成するようになると予測している。

 McKinseyは、2050年までに、先進国の人々の約86%、途上国の人々の64%が、都市に住むようになり、人口が、さらに集中するようになると予測している。

 これは、大きな変化であり、かなり、短期間に発生するだろう。

 このため、今、あらゆる資源を、より効率的に使用し、よりスマートに生きるための、新しい方法を考え出すことが重要になっている。

 スマート・シティは、現在、世界的に、極めてポシティブなイメージが、持たれている。

 政治、経済、環境、資源などに、問題や課題を抱えている、途上国も、資源を効率的に利用できるような、ツールやリソースが必要であり、スマート・シティの技術を導入することに前向きであり、世界の多くの都市で、スマート・シティが、バズワードになっている。

 人口が多い、あるいは、人口が増加している、世界の都市の多くが、専門家、開発者、戦略家、革新者など協調し、エネルギーなどの資源の消費を低減させ、都市の暮らしを改善することに取り組んでいる。

 世界の都市では、例えば、市民の移動のニーズに合うよう、交通信号のタイミングを改善したり、公共交通機関を、より効率的にしたりしている。

 また、多くの都市において、スマートフォンの普及率が、増加を続けており、スマートフォンを使用して、行政の手続きを行ったり、モバイル・ショッピングしたり、サービスや施設などを予約したり、役所、企業、店舗などに、質問、疑問、要望などを問い合せたり、あるいは、市民同士がコミュニケートしたりする、市民が増えており、市民の暮らしを便利にすると共に、エネルギーの消費を低減させることにも貢献している。

 CiscoやIBMといった、大手のベンダは、大学や都市計画機関などと連携し、運輸、廃棄物管理、法の執行、エネルギーの使用などの効率化のための、データ駆動型システムを開発し、市民の生活を、より効率的にし、改善することに取り組んでいる。

 スマート・シティのプロジェクトは、地方自治体が、より効率的に活動し、市民の生活の質を向上させることを、支援することができる。

 公共の安全や、公共サービスは、スマート・シティの主な要素である。

 スマート・シティのイベントでは、現在、スマート・シティの開発段階にある、さまざまなプロジェクトの取り組みが、紹介されている。

 世界のスマート・シティ・プロジェクトに参加している、大手のベンダには、Cisco、IBM、Schneider Electric、Siemens、Microsoft、日立、Huawei、Ericsson、東芝、Oracleなどがいる。

 スマート・シティの、さまざまな分野の状況を紹介する。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Googleが、オープンソースの、マシン学習コンピュータ・ビジョン技術を提供する。 '17.06.19

【Googleが、オープンソースの、マシン学習コンピュータ・ビジョン技術を提供する。】 '17.06.19

 Googleが、オープンソースの、マシン学習コンピュータ・ビジョン技術を提供する。2017年6月16日

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

Eweek4_2
 TensorFlow Objection Detection APIと、効率的なニューラル・ネットワーク、MobileNetsで、Googleは、マシン学習と、コンピュータ・ビジョンに関連した、研究を加速させることに取り組んでいる。

 Googleは、オープンソース・コミュニティが利用できる、マシン学習と、コンピュータ・ビジョンに関する、広範な研究の多くを行ってきた。

 Googleは、開発者や研究者が、単一画像で、複数のオブジェクトを、自動的に検出し、特定したり、探索したりするために、Googleコンピュータ・ビジョン・システムを、使用できるようにする。

 Googleは、社内で、オブジェクト検出システムを開発しており、画像のオブジェクトを検出するための、洗練された、マシン学習モデルを作成している。

 Googleは、現在、Nest Camネットワーク・カメラや、Google Image Searchの「類似アイテムや、類似のスタイルを探し出す機能」などを使用して、Street Viewにおいて、通りの番号や名前、地名などを、知的に検出している。

 TensorFlow Objection Detection APIを使用して、広範な研究コミュニティが、このオブジェクト検出システムを利用できるようにするため、Googleは、コンピュータ・ビジョン技術に関する、研究や調査を促進したいと考えている。

 Googleによると、複数のオブジェクトを認識でき、ローカライズできるようにする、マシン学習モデルを作成することが、オブジェクト検出システムの分野における、主な課題として残っているという。

 Googleの研究者たちは、オブジェクト検出システムのトレーニングと実験に、かなりの時間を費やし、能力の改善に取り組んでいる。

 TensorFlow Objection Detection APIは、Googleが、オープンソース・コミュニティへ、リリースした、コンピュータ・ビジョン関連技術の1つである。

 もう1つの、コンピュータ・ビジョン関連技術には、TensorFlow用の、モバイル指向のコンピュータ・ビジョン・モデルの集合である、MobileNetsがある。

 TensorFlowは、深層学習や、マシン学習アプリの開発活動に拍車をかけるために、2015年に、Googleが、オープンソース化した、マシン学習技術である。

 Googleによると、MobileNetsモデルは、モバイル・デバイスの、視覚的な認識能力を提供するよう、設計されているという。

 Google Cloud Vision APIと呼ばれる技術は、現在、開発者に、例えば、写真に写っている、人たちの顔を検出して、認識し、特定したり、似た特徴を持つ、オブジェクトを検索して、特定したり、写真に写っている、標識や看板やポスターなどのテキストを読んだりできるような、強力な画像認識能力を、自分たちのアプリに統合するための方法を提供する。

 MobileNetsは、比較的制限された、電力や計算能力を持つ、モバイル・デバイスにおける、これらの能力の提供を最適化します。

 MobileNetsは、モバイル・デバイスのリソースの制約を回避すると共に、コンピュータ・ビジョンの能力を改善するよう、設計されている。

 MobileNetsは、さまざまなユースケースの、リソース制約に適合するよう、パラメータ化された、小さく、低遅延で、低電力の、マシン学習モデルである。

 研究者や開発者は、モバイル環境向けに、洗練された、画像の分類、検出、および、セグメンテーション能力を構築するために、このコンピュータ・ビジョン技術を使用できる。

 このコンピュータ・ビジョン技術のユースケースの例には、以下のものも含まれる。

・画像のオブジェクト検出

・ランドマークの認識

・カテゴリごとの、画像の分類

・顔の特徴の認識や特定

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月18日 (日)

2017年の2-in-1ラップトップのベスト10 '17.06.18

【2017年の2-in-1ラップトップのベスト10】 '17.06.18

 TechRadarが、2017年の2-in-1ラップトップのベスト10を紹介する。

 TechRadarが、2017年における、Windows 10を搭載した、トップの2-in-1の、ハイブリッド・ラップトップを紹介する。

Cnet0
 Windows 10を搭載した、ハイブリッド・ラップトップPCは、Chromebookや、AppleのMacBookと競合する。

 Microsoftは、多面的で、多機能な、マルチスレッド、マルチウィンドウのオペレーティング・システム、Windows 10を提供する。

 いくつかのWindows 10搭載、ハイブリッド・ラップトップPCは、スタイラスペンをサポートし、デザイナーや、アーティスト向けに、AppleのMacBookに対抗できる、創造的な機能を提供する。

 また、いくつかの2-in-1の、ハイブリッド・ラップトップは、360度の蝶番を持つ、スクリーン画面を特徴としており、キーボードが取り外し可能になっているので、タブレットとして利用することもできる。

1.HP Spectre x360

Cnet1
・特徴:薄くて、軽く、デザインも洗練されている。

・CPU : Core i5~i7

・グラフィクス : Intel HD Graphics 620

・RAM : 4GB~16GB

・スクリーン画面 : 13.3インチ

 スクリーン画面の解像度 : FHD (1,920 x 1,080)、UHD (3,840 x 2,160)

 IPS UWVAバックライト付きの、マルチ・タッチ・スクリーン画面

・ストレージ : 256GB~1TBのSSD

・価格 :1000ドル

・極めて薄く、軽く、洗練されたデザイン

・キーボードは使い易いが、SDカード・リーダはない。

・特に厚いボトムベゼル

・音質の良い、4台のスピーカを装備

・高速なバッテリーの充電や、高速なデータの転送が可能な、USB-Cポート

・1回の充電で、通常、8時間使用可能

・4Kの超高解像度のスクリーン画面

2.Microsoft Surface Book i7

Cnet2
・特徴:Surface Bookと同じデザイン、新たなSurface Bookベンチマーク

・CPU:2.6GHz Intel Core i7-6600U

・グラフィクス:Nvidia GeForce GTX 965M、または、Intel HD Graphics 520

・RAM:4GB~16GB

・スクリーン画面:13.5インチ

 スクリーン画面の解像度:3,000 x 2,000

・ストレージ:256GB~1TBのSSD

・価格:2800ドル

3.Samsung Notebook 7 Spin

Cnet3_2
・特徴:多用途で手頃な価格

・CPU:2.5GHz Intel Core i7-6500U

・グラフィクス:Nvidia GeForce 940MX、または、Intel HD Graphics 520

・RAM:12GB~16GB

・スクリーン画面:15.6インチ

 スクリーン画面の解像度:FHD (1,920 x 1,080)、

 タッチパネル付きのLED

・ストレージ:1TB HDD、128GB SSD

・価格:850ドル

4.Microsoft Surface Book

Cnet4
・特徴:Windows 10を搭載した、究極のハイブリッドのラップトップ

・CPU:Core i5~i7

・グラフィクス:Nvidia GeForce、または、Intel HD Graphics 520

・RAM:8GB~16GB

・スクリーン画面:13.5インチ

 スクリーン画面の解像度:3,000 x 2,000 PixelSense Display

・ストレージ:128GB~256GB、PCIe 3.0 SSD

・価格:1500ドル

5.Asus ZenBook Flip UX360

Cnet5
・特徴:キーボード取り外し可能

・CPU:Intel Core m3

・グラフィクス:Nvidia GeForce、または、Intel HD Graphics 515

・RAM:8GB

・スクリーン画面:13.3インチ

 スクリーン画面の解像度:FHD (1,920 x 1,080)、IPSタッチスクリーン

・ストレージ: 256GB~ 512GB SSD

・価格:750ドル

6.HP Spectre x360 15

Cnet6
・特徴:15インチのハイブリッドは、思ったよりもポータブルである。

・CPU:Intel Core i7

・グラフィクス:Nvidia GeForce 940MX、または、Intel HD Graphics 940MX

・RAM:8GB~16GB

・スクリーン画面:15.6インチ

 スクリーン画面の解像度:Ultra HD (3,840 x 2,160) UWVA eDP BrightView

・ストレージ:256GB~1TB PCIe SSD

・価格:1545ドル

7.Dell Inspiron 13 7000 2-in-1

Cnet7
・特徴:仕事でも娯楽でも利用でき、タブレットとしても使える。

・CPU:Intel Core i5~i7

・グラフィクス:Intel HD Graphics 520~620

・RAM:8GB~16GB

・スクリーン画面:13.3インチ

 スクリーン画面の解像度:FHD(1,920 x 1,080)、タッチスクリーン

・ストレージ:500GB~1TB PCIe SSD

・価格:550ドル

8.Lenovo Yoga 720

Cnet8
・特徴:あらゆる基本的な機能を持ち、キーボード取り外し可能である。

・CPU:Intel Core i7

・グラフィクス:Intel HD Graphics 630

・RAM:8GB~16GB

・スクリーン画面:15.6インチ

 スクリーン画面の解像度:FHD(1,920 x 1,080)、UHD(3,840 x 2,160)IPS反射防止ディスプレー

・ストレージ:256GB~1TB PCIe SSD

9.Lenovo Yoga 910

Cnet9
・特徴:滑らかい回転する、スクリーン画面を持つ、2-in-1デザイン

・CPU:Intel Core i7-7500U

・グラフィクス:Intel HD Graphics 620

・RAM:8GB~16GB

・スクリーン画面:13.3インチ

 スクリーン画面の解像度:FHD(1,920 x 1,080)、UHD(3,840 x 2,160)IPS反射防止ディスプレー

・ストレージ:256GB~1TB SSD

10.Lenovo Yoga 900S

Cnet10
・特徴:最も軽い、2-in-1ラップトップ

・CPU:Intel Core m5~m7

・グラフィクス:Intel HD Graphics 515

・RAM:4GB~8GB

・スクリーン画面:12.5インチ

 スクリーン画面の解像度:FHD(1,920 x 1,080)、QHD(2,560 x 1,440)IPS、マルチタッチ

・ストレージ:128GB~512GB PCIe SSD

 ベストセラーのアプライアンス

IBMは、ドライバーに、新たなサービスを可能にするために、BMWのCarDataプラットフォームと統合する。 '17.06.18

【IBMは、ドライバーに、新たなサービスを可能にするために、BMWのCarDataプラットフォームと統合する。】 '17.06.18

 IBMは、BMWのCarDataプラットフォームと統合し、ドライバー向けに、新しいサービスを提供する。 2017年6月14日

  By Chris Preimesberger、eWEEK

Eweek3
 BMWのデータ・プラットフォーム、CarDataは、顧客に、自分たちの車から得られる、テレマティクス・データを、地元の、修理工場、部品販売会社、および、保険会社などと、共有できるようにするための能力を提供する。

 Silicon Valleyの、多くのITベンダは、自動運転車のビジネスにも、何らかの形で、関わっている。

 自動運転車の分野は、モノのインターネット(IoT)、人工知能(AI)、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)、あるいは、ビッグデータ&分析と共に、今後、数年間に渡り、革新を続ける、ITの分野になるだろう。

 IBMは、2017年6月14日に、BMWのデータ・プラットフォーム、CarDataの、実験パートナーとになった。

 IBM Bluemixは、BMWのCarDataプラットフォームを実行する、クラウド・サービス・プラットフォームになる。

 BMWのCarDataプラットフォームは、BMWの顧客に、自分たちのBMW車の、車載システムののデータを、地元の3rdパーティのベンダ(修理工場、部品販売会社、保険会社など)と共有できるようにする。

 実験パートナーとして、IBMは、Bluemixクラウド・プラットフォームを、CarDataデータ・プラットフォームと統合した。

 車載システムのデータは、IBM Watson IoTプラットフォームによって、エンハンスされ、認識やデータ分析サービスを使用して、地元の3rdパーティ(修理工場、部品販売会社、保険会社など)が、新たな顧客のアプリやインターフェースを開発できるようになる。

 IBMのBluemixクラウド・プラットフォームは、開発者が、新たなサービスを構築し、実行できるようにするために、IBMとパートナーのサービス・カタログへのアクセスを提供する。

 セキュリティに敏感なユーザは、サービス・プロバイダからの、特定のサービスを使用する場合、暗号化された、車載システムのデータを共有することに、合意する必要がある。

 IBMのBluemixクラウド・プラットフォームは、車載システム用の、中立的なサーバとしても機能する。

 これにより、IBMのBluemixクラウド・プラットフォームは、中立的なサーバとして、BMWの車載システムだけでなく、他の自動車メーカの車載システムのデータも、収集できるようになる。

 この機能において、IBMは、多くのプレイヤーにより、要求される、安全で、オープンな、車載システムのデータ・プラットフォームのビジョンを実現するのを支援する。

 IBMのBluemixクラウド・プラットフォームは、Amazon Web Services(AWS)、Google Cloud、および、Azureと共に、世界で、最大の、オープンで、パブリックなクラウド展開として、トップ4のクラウド・プラットフォームとしてランクされている。

 オープンな標準をベースにした、IBMのBluemixクラウド・プラットフォームは、150以上のツールと、認識インテリジェンス、ブロックチェーン、セキュリティ、IoT、DevOpsなどのサービスを特徴としている。

 ベストセラーのアプライアンス

Amazonが、137億ドルで、食料品チェーン店、Whole Foods Marketを買収する。 '17.06.18

【Amazonが、137億ドルで、食料品チェーン店、Whole Foods Marketを買収する。】 '17.06.18

 Amazonが、137億ドルで、食料品チェーン店、Whole Foods Marketを買収し、実店舗の世界に、オンラインのパワーをもたらす。 2017年6月17日

Reutwers2
 By Lauren Hirsch and Jeffrey Dastin、Reuters

 Amazon.comは、Whole Foods Marketを、137億ドルで買収し、高級食料品店を、大衆向けの食料品チェーン店に変える。

 Amazonは、e-コマースの小売業者になるために、積極的な価格設定を採用し、最近は、ブリック&モルタルを試している。

 Amazonは、価格を抑えて、若いハイエンドの買い物客のメッカである、456店舗を持つ、自然食品や有機食品の食料品チェーン店、Whole Foods Marketを引き継ぐ。

 今回の買収は、フレッシュ・サービスを通して、10年間、食料品を提供してきたが、7,000億ドルの食料品市場において、期待していた程、売上や利益を上げていない、Amazonの劇的な戦略を表している。

 このニュースが、金融市場に広がったため、数十のスーパーマーケット、食品メーカ、決済プロセッサ、および、ショッピングモールの株価は、米国の市場価格で、少なくとも350億ドルも損失した。

 食料品店、Kroger Coの株は、9.2%急騰し、Wal-Mart Storesの株は、4.7%減少し、Amazonが、Whole Foods Marketで扱う、製品構成を広げ、販売価格を下げる可能性があることへの憂慮を示した。

 Whole Foods Marketの買収計画を発表した後、Amazonの株価は、2.4%増加して、987.71ドルになり、株の時価総額は、110億ドルになった。

 Amazonは、テキサス州、Austinを拠点とする食料品店、Whole Foods Marketの株を、現金で、1株当たり42ドルで購入することに合意した。

 これは、2017年6月16日の、Whole Foods Marketの株価の終値を、27%上回る金額である。
Reutwers1
 Amazonは、従来の店内購入、店内でのピックアップによるオンライン注文、および、宅配を可能にする、Whole Foods Marketの店舗のレイアウトを検討しており、流通ポイントとして、店舗倉庫スペースを使用することを考えているようだ。

 Amazon Goと呼ばれる、シアトルの本社オフィスにある、Amazonの実験店舗では、センサーや監視カメラを使って、買物客の行動を特定し、Amazonアカウントを請求することを試行している。

 一部のアナリストは、Amazonが、Whole Foods Marketに、購買力をもたらすと考えているが、食料品市場における、Amazonの売上が占める割合は、他の分野に比べて、遥かに少なく、有機の食品の需要が高いことから、農家に、交渉力が与えられるだろう。

 Amazonのスポークスマンによると、同社のWhole Foods Market買収計画には、雇用の削減は含まれておらず、店のキャッシャーの仕事を自動化する計画もないという。

 この食料品店が、Amazonに買収されても、Whole Foods Marketブランドで、店舗の運用を続け、Mackey氏が、CEOとして残るようだ。

 AmazonとWhole Foods Marketは、2017年後半に、買収取引を終了することが期待される。

 【Amazonの実験店舗、Amazon Goの紹介ビデオ】 by Business Insider

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年6月11日 - 2017年6月17日 | トップページ | 2017年6月25日 - 2017年7月1日 »

ウェブページ

広告2