« 2017年6月4日 - 2017年6月10日 | トップページ | 2017年6月18日 - 2017年6月24日 »

2017年6月11日 - 2017年6月17日

2017年6月17日 (土)

日立が、スマート・シティIoTツールセットに、アップデートを提供する。 '17.06.17

【日立が、スマート・シティIoTツールセットに、アップデートを提供する。】 '17.06.17

 日立が、スマート・シティIoTツールセットに、アップデートを提供する。 2017年6月16日

Eweek2
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 日立は、ネットワーク・エッジで、状況認識、ワークフロー・オートメーション、分散インテリジェンス、および、リアルタイムなコンピューティングや分析を行うための能力を提供することにより、同社のスマート・シティのポートフィリオを拡張する。

 日立は、IBMや他の主なプレーヤと共に、モノのインターネット(IoT)スマート・シティに、原動力を提供している。

 日立で、世界に、モノのインターネット(IoT)事業を展開している、Hitachi Insight Groupは、2016年5月に、提供を開始した、スマート・シティ・ポートフォリオにおける、新たなソフトウェアのアップデートを紹介した。

 これらのアップデートには、Hitachi Visualization Suite 5.0、Hitachi Digital Evidence Management、および、Hitachi Smart Camera 200が含まれる。

 これらは、ネットワーク・エッジで、状況認識、ワークフロー・オートメーション、分散インテリジェンス、および、リアルタイムなコンピューティングや分析を行うための能力を提供することにより、日立のスマート・シティ・ポートフォリオの能力を拡張する。

 日立によると、これは、洞察力のある時間の短縮、データ転送コストの低減、保存され、管理される必要のある、大量のデータをもたらすという。

 日立は、同社のポートフォリオを、Hitachi City Intelligenceと呼ばれる、スマート・シティに対する、適応性のある、知的なソリューションとして、市場にもたらす。

 Hitachi City Intelligenceには、Hitachi Visualization Suite(HVS)、Hitachi Video Analytics(HVA)、Hitachi Video Management Platform(VMP)、Pentahoビッグデータ統合と分析ソフトウェア・プラットフォーム、Hitachi Visualization Platform、および、Hitachi Smart Camera 200などから成る、ハードウェアとソフトウェアの、全ラインが含まれる。

 これらの技術は、ユーザが、ビデオや他のIoTデータを、より効果的に、収集、統合、管理、および、保存するのを助ける、ソリューションを形成し、リアルタイムに、重要な事業、運用、および、セキュリティの洞察を抽出する。

 Hitachi City Intelligenceの分散インテリジェンス、資産管理、および、先進的な分析能力を向上させるために、Hitachi Insight Groupは、このソリューションを、日立のIoTプラットフォーム、Lumadaと統合することに取り組んでいる。

 Hitachi City Intelligenceは、ビデオやIoTデータから、より多くの価値を得るために、都市のエコシステムに渡る能力を、顧客に提供する。

 このHitachi City Intelligenceは、政府、地方自治体、ユーティリティ、交通機関、小売店、大学などが、システムの運用効率、セキュリティ、顧客経験などを改善するのを支援するよう設計されている。

 このポートフォリオにおける、最新の進歩には、次のものがある。

・Hitachi Visualization Suite(HVS)5.0:

 日立のソフトウェアは、より高い状況認識を可能にするための、対話型マップ・ベースのユーザ・インタフェース上に、複数のデータソースを統合する。

 新たな能力には、新しい機能性や、3rdパーティのソフトウェアとの統合や、HVS機能への完全なアクセスを提供する、新SDKとAPI、および、ユーザが、ワークフロー用のルールを設定できるようにする、資産やイベント管理が含まれる。

 これにより、ユーザは、手作業を減少させ、リアルタイムな需要に対応し、イベントを調査できるようになる。

・Hitachi Digital Evidence Management(DEM)

 デジタルな形式で、多くの、さまざまな証拠が、複雑さを生み出し、アクセスを管理したり、制御したりするための、人材管理リソースの需要が増加する。

 Hitachi DEMは、洗練された、ファイル・タイプに無関係な、デジタルな証拠の保存や管理で、これらの挑戦に対応する。

・Hitachi DEMは、単純なユーザ・インタフェース

 Hitachi DEMは、単純なユーザ・インタフェースや、司法機関、エンタープライズ・セキュリティ、および、運用的なインシデント管理環境向けの、強固な情報漏洩防止ソリューションンを提供する。

 Hitachi Visualization Suite(HVS)との完全な統合で、日立DEMは、証拠への地理空間的な視野を提供し、この視野は、オンプレミスと、クラウドのどちらかで、ホストされる。

・Hitachi Smart Camera 200

 Hitachi Smart Camera 200は、ネットワーク・エッジで、コンピュートとストレージ能力を提供する、ターンキー・セキュリティ・カメラとビデオ・インテリジェンス・センサーである。

 Hitachi Smart Cameraは、任意のセルラー・ネットワーク、あるいは、Wi-Fiネットワークへ、容易に、接続し、簡単にセットアップでき、業界の殆どのビデオ管理システム(VMS)と、完全な相互運用性がある。

 Hitachi Smart Cameraは、インスタントなGPSベースの位置マッピング、侵入アラート、および、ストリーミング・ビデオ洞察向けに、Hitachi Visualization Suite(HVS)との統合を提供する。

 Hitachi Smart Cameraは、最大、1TBのオンボード・ストレージをサポートし、ケーブルやセキュアなWi-Fiネットワークのない、駐車場、チェーン店、公園などにも設置できる。

 Hitachi City Intelligence、ソフトウェア、および、ハードウェア・コンポーネントは、現在、いくつかの地域を除き、世界で利用できるようになった。

 ユーザの地域において、それぞれのソリューションが、利用できるかどうかの確認や、Hitachi City Intelligenceに関しては、Hitachi Insight Groupのホームページを参照のこと。

 ベストセラーのアプライアンス

IBMは、Watson技術、Bluemixクラウド・プラットフォームを、BMWのCarDataプラットフォームにリンクする。 '17.06.17

【IBMは、Watson技術、Bluemixクラウド・プラットフォームを、BMWのCarDataプラットフォームにリンクする。】 '17.06.17

 最大手の自動車メーカ、BMWと提携することで、IBMは、Watson認識コンピューティング技術と、Bluemixクラウド・プラットフォームを、コネクティッド・カー市場に拡張するための、取り組みを行っている。 2017年6月14日

Eweek1
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 IBMは、新しいBMWのCarDataプラットフォームのために、自動車メーカ、BMWと提携することで、急速に成長している、コネクティッド・カー市場において、Watsonの認識コンピューティング技術と、Bluemixクラウド・プラットフォームの範囲を拡大するための取り組みを続けている。

 IBMは、車載システムからのデータを、Watson IoTプラットフォームでホストして、分析し、BMWのCarDataプラットフォームと、Bluemixクラウド・プラットフォームを接続し、保険会社や、自動車販売代理店といった、3rdパーティへ送る。

 このアイデアは、3rdパーティが、改善された、顧客経験を作成できるようにする、新たなサービスを利用するために、ドライバーが、自分たちの自動車により、生成された、テレマティクス・データを使用できるようにする。

 例えば、車により生成された、テレマティクス・データが、ドライバーや、自動車販売代理店が、自動車部品が、故障しそうな時や、修理が必要になる時を知ることができるようにするために使用される。

 IBMは、同社の、Bluemixクラウド・プラットフォームと、Watson IoTプラットフォームが、コネクティッド・カー市場において、データを、安全に管理し、分析できるようにする、オープンで、中立なリソースとして、認識されることを望んでいる。

 2016年10月に、IBMは、OnStar Goと呼ばれる、認識モビリティ・プラットフォームを開発している、最大手の自動車メーカ、General Motors(GM)と、同様のパートナー関係を結んだと発表していた。

 BMWのCarDataプラットフォームと、GMのOnStart Goプラットフォームは、車載システムにより収集される、データを分析し、ドライバーと、周りのビジネス間の対話を提供するために、Watson技術と、Bluemixクラウド・プラットフォームを使用する。

 BMWのCarDataイニシアティブの、実験パートナーである、IBMは、2017年秋に、両社のパートナーシップにおいて、最初のユースケースや、クラウド・サービスが開始される予定だという。

 コネクティッド・カー市場は、今後、5年間で、急速に成長することが、期待されている。

 Technavioとアナリストは、2021年までに、コネクティッド・カー市場の売上が、11%の年間平均増加率(CAGR)で成長し、847億ドルになると予測している。

 Technavioによると、コネクティッド・カー市場の売上は、乗用車市場全体の売上よりも、1年間に、10倍速く、増加する見込みだという。

 Microsoft、Cisco Systems、Google、および、AT&Tといった、トップ・プレーヤは、コネクティッド・カー市場を積極的に推進している。

 BMWと提携した、IBMは、今週、Watson技術と、BlueMixクラウド・プラットフォームを活用して、急速に成長している、コネクティッド・カー市場でのリーチを広げるための、継続的な推進について発表した。

 IBMは、また、同社が、金融機関の財務的な責任を管理するのを支援するために設計された、Watsonの技術を組み込んだ、Watson Regulatory Compliance、Financial Crimes Insight with Watson、Algo One Big Data Foundationといった、認識サービスのスイートを展開していることも紹介した。

 IBMが、Watsonを訓練している分野には、ヘルスケアや、サイバー・セキュリティも含まれる。

 Barronによると、IBMは、Watson技術と、認識的な分析能力に、30億ドルを投資したという。

 ベストセラーのアプライアンス

Mercedes-Benzは、Google HomeやAmazon Alexaで、顧客の暮らしを容易にする。 '17.06.17

【Mercedes-Benzは、Google HomeやAmazon Alexaで、顧客の暮らしを容易にする。】 '17.06.17

 Mercedes-Benzは、Google Homeデジタル・アシスタントや、Amazon Alexaデジタル・アシスタントで、顧客の暮らしを容易にする。2017年4月21日

 By Mercedes-Benz Research & Development North America, Inc.

 Mercedes-Benzの顧客は、2016年と2017年の、米国のMercedes-Benzモデルで、Google Homeデジタル・アシスタントか、Amazon Alexaデジタル・アシスタントの機能を通して、Mercedes-Benzの車の車載システムと統合されたサービスを利用できるようになる。

Mb_2
 顧客は、Google Homeデジタル・アシスタントか、Amazon Alexaデジタル・アシスタントと統合された、Mercedes-Benzの車の車載システムを通して、接続された、モノのインターネット(IoT)対応デバイス間で、シームレスで、知的に対話できるようになる。

 Google HomeやAmazon Alexaといった、音声対応デジタル・アシスタントは、ユーザが、人工知能(AI)によりサポートされた、知的な対話を行えるようにする、方法の1つである。

 これらの強力なデジタル・アシスタントを、Mercedes-Benzの車と接続し、統合することにより、顧客は、パーソナライズされた、エンゲージメントや経験が得られるようになる。

・顧客は、米国の、2016年と2017年の、Mercedes-Benzモデルで、Google Homeスピーカの、Google Assistantデジタル・アシスタントを使用できるようになる。

・顧客は、米国の、2016年と2017年の、Mercedes-Benzモデルで、Amazon Echoスピーカの、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを使用できるようになる。

 自然言語を理解することで、このデジタル・アシスタントは、音声コマンドを解釈し、顧客が、車載システムの、さまざまな機能を起動し、利用できるようにする。

 例えば、顧客は、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載したデバイスに、「Ok、Google、Mercedesに、車のエンジンを始動させて、と告げて」と、音声コマンドで、依頼することができる。

 また、顧客は、離れた場所から、車の鍵をロックすることもできる。

 Amazon Alexaデジタル・アシスタント搭載デバイスで、「Alexa、Mercedesに、車に住所を送信するよう、依頼して」と言うことができる。

 Mercedes-Benzの目標は、車に関連した、知的なエコシステムを作成し、顧客の暮らしが、より便利になる、最先端の技術を開発していくことである。

 デジタル・アシスタントを通して、Mercedes-Benzのサービスを利用するために、顧客は、Mercedes meアカウントを持ち、mbracecへ加入することが必要になる。

 自分たちのアカウントをリンクするために、顧客は、Google Homeデジタル・アシスタントか、Amazon Alexaデジタル・アシスタントをダウンロードし、インストールして、Mercedes meと接続する必要がある。

 Mercedes-Benzののサービスは、米国で利用できるようになり、2017年後半には、ヨーロッパでも利用できるようになる。

 2016年12月に、Mercedes-Benzは、Google HomeのGoogle Assistantデジタル・アシスタントを、同社の車載システムと統合すると発表した。

 Mercedes-Benzは、Google Assistantデジタル・アシスタントと、Google Homeデバイスを、自分たちの車載システムと統合する、最初の自動車メーカの1社である。

 この統合は、同社のコネクティッド・カー戦略において、重要な1歩になる。

 カリフォルニアの、Silicon Valleyを拠点とする、Mercedes-Benz Research & Development North America,Inc(MBRDNA)は、1995年以来、車の最先端技術を研究&開発している。

 MBRDNAの主な分野には、自動運転車、先進の対話的デザイン、デジタルなユーザ経験、マシン学習、顧客リサーチ、および、ビジネス革新がある。

 MBRDNAは、顧客に最良なソリューションを見つけ、次世代の快適で、つながりがあり、安全で、信頼性のある、豪華なコネクティッド・カーを創造していく。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月16日 (金)

世界のハードコピー周辺機器の出荷台数は、2017年1Qに、適度な成長を達成する。 '17.07.16

【世界のハードコピー周辺機器の出荷台数は、2017年1Qに、適度な成長を達成する。】 '17.07.16

 IDCによると、世界のハードコピー周辺機器の出荷台数は、2017年1Qに、適度な成長を達成するという。2017年6月9日

 IDC Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Trackerによると、世界のハードコピー周辺機器(HCP)の出荷台数は、2017年1Qに、前年同期から、1.2%増加し、2340万台以上になったという。

 インクジェットとレーザ・ユニットの出荷台数は、2017年1Qに、前年同期から、それぞれ、2.2%と2.1%だけ増加した。

 2017年1Qにおける、ハイライト

 トップ5のHCPベンダの4社の、2017年1Qにおける、出荷台数の増加率は、Epsonの5.6%、HPの3.0%、Canon Groupの0.6%、Brotherの0.6%であった。

 カラー・インクジェット、1~10ppmデバイスの出荷台数は、2017年1Qに、前年同期から、89.2%増加した。

 ハードコピー周辺機器(HCP)の出荷台数の、最も大きな増加は、IDCの地域市場の8地域に渡る成長により促され、50.5%から248.6%増加した。

 Epsonは、半年前に紹介された、Lシリーズの5モデルの採用の増加で、インクジェットの分野の出荷台数が、勢いを得続け、前年同期から、6.9%の増加を達成した。

 HPは、中国市場において、特に好調で、世界のハードコピー周辺機器の出荷台数を、前年同期から、3.0%の増加を達成した。

表1)2017年1Qにおける、世界のハードコピー周辺機器市場、出荷台数、シェア、年間増加率

          2017年1Q  2017年1Q  2016年1Q  2016年1Q  年間
ベンダ    出荷台数   シェア      出荷台数      シェア   増加率

HP           8,633,209     36.9%        8,385,014         36.9%        +3.0%
Canon       4,545,181       19.4%        4,519,431        19.4%         +0.6%
Epson       4,223,698      18.0%        4,000,008        18.0%         +5.6%
Brother      1,787,254       7.6%         1,777,332         7.6%         +0.6%
Samsung      973,048       4.2%        1,015,240          4.2%        -4.2%
その他      3,243,994       13.9%        3,422,673         13.9%        -5.2%

合計      23,406,384     100.0%     23,119,698      100.0%        +1.2%

ソース:IDC Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker、2017年6月
   
 IDCは、四半期ごとのハードコピー周辺機器における、A2からA4のデバイスを追跡している。

 ハードコピー周辺機器には、単一機能プリンタ、多機能システム(MFP)、単一機能のデジタル複写機が含まれる。

グラフ1)2016年1Qから2017年1Qにおける、HCP出荷台数、トップ5の世界のHCPベンダ

 ベストセラーのアプライアンス

最新のMercedes-Benzの車が、Google AssistantやAmazon Alexaを利用できるようになる。 '17.06.16

【最新のMercedes-Benzの車が、Google AssistantやAmazon Alexaを利用できるようになる。】 '17.06.16

 最新のMercedes-Benzの車の車載システムが、Google Assistantデジタル・アシスタントか、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを利用できるようになる。2017年4月21日

Ghome1
 By John Callaham、androidauthority

 米国に提供される、Mercedes-Benzの、2016年か2017年のモデルの車を購入する、ユーザは、車載システムで、Google Assistantデジタル・アシスタントか、Amazon Alexaデジタル・アシスタントを使用できるようになる。

 Google Assistantは、Google Homeスピーカなどを通して、利用でき、Amazon Alexaは、Amazon Echoスピーカのファミリなどを通して利用できる。

 Mercedes-Benzの車の所有者は、Google Homeスピーカなどの、Google Assistant搭載デバイスを通して、「Ok、Google. Mercedesに、車をスタートさせて、と告げて」と、Google Assistantデジタル・アシスタントに、話しかけることができる。

 Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Mercedes-Benzの車の車載システムは、車の所有者が、Google  Homeスピーカを通して依頼された、音声コマンドに従い、ガレージに着くまでに、車のエンジンをスタートさせることができるようになる。

 車の所有者は、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Google Homeスピーカのようなデバイス通して、離れた場所から、車のカギをロックすることもできる。

 また、車の所有者は、目的地までの、ナビゲーションを、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、車載システムに依頼することもできる。

 車の所有者は、Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、車載システムを通して、外出先から、家に戻る前に、家のスマート・ホーム・デバイスを制御することもできる。

 例えば、車の所有者は、外出先から、家に到着するまでに、家の照明を点灯したり、エアコンを点けたりすることもできるようになる。

 「Mercedes-Benzの車載システムの、デジタル・アシスタント統合」紹介ビデオ

 Mercedes-Benzから提供される、2016年か2017年のモデルの車に搭載される、車載システムに組み込まれた、Google Assistantデジタル・アシスタントか、Amazon Alexaデジタル・アシスタントは、車の所有者が、「Mercedes me」アカウントを持っていることに加え、Google Home、または、Amazon Echoスピーカのような、デジタル・アシスタント搭載デバイスを持っている必要もある。

 Google Assistantデジタル・アシスタントを搭載した、Mercedes-Benzの車載システムを使用するには、Mbraceに加入し、280ドル/年の契約料を払う必要がある。

 自動車メーカ、Mercedes-Benzは、2017年後半に、Google AssistantとAmazon Alexaの両方のデジタル・アシスタントを、Europeの車載システムに組み込むようだ。

Mb
 ベストセラーのアプライアンス

Salesforceが、Sales Cloudパートナー関係管理(PRM)アプリを出荷する。 '17.06.16

【Salesforceが、Sales Cloudパートナー関係管理(PRM)アプリを出荷する。】 '17.06.16

Eweek2
 Salesforceが、Sales Cloudパートナー関係管理(PRM)アプリを出荷する。2017年6月1日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Salesforceは、チャンネル販売だけを扱うよりも、クラウド・サービスやアプリを提供することに、より特化してきた。

 2017年5月31日に、Salesforceは、チャネル販売を活性化する、新たな販売アプリ、Sales Cloudパートナー関係管理(PRM)アプリの提供を開始した。

 平均的なIT企業、製造業、通信サービス・プロバイダの収入の2/3以上は、チャネル販売から、もたらされている。

 Salesforceは、製品やサービスを、よりスマートかつ迅速に販売するために必要な、パーソナライズされた、ツールや情報を、すべてのパートナー、流通業者、再販業者に提供したいと考えている。

 新しいSales Cloudパートナー関係管理(PRM)アプリは、企業が、プログラムのコードを作成することなく、クリックするだけで、ブランド化された、パートナー・コミュニティを構築できるようにするという。

 Sales Cloudパートナー関係管理(PRM)アプリは、企業に、以下の機能をもたらす。

・新らなセットアップ・ウィザードは、チャネル管理者が、数週間ではなく、数日間で、自分たちのアプリを構成、カスタマイズ、および、展開できるようにする。

・Lightning CMS Connectは、チャネル管理者が、カスタマイズされ、ブランド化された、パートナー体験を、これまで以上に、迅速に作成できるようにする。

・Einstein Content Recommendationsは、マシン学習を使用して、チャネル担当者の生産性を向上させるよう、ファイルの場所を特定する。

 SalesforceのEinsteinビジネス・インテリジェンス・エンジンは、ロゴ・グラフィクス、製品の配置説明書や、価格設定などのドキュメントを含む、ファイルを特定できるようにする。

・Channel Marketing Automationは、すべてのパートナーに、Marketing Cloudを拡張し、あらゆるデバイスで、1対1の顧客プログラムを配信するための、メール・キャンペーンの構築、追跡、分析を可能にする。

 Sales Cloudパートナー関係管理(PRM)は、Salesforce Quote-to-Cashといった、他のSalesforceアプリと接続する。

 Sales Cloudパートナー関係管理アプリ(PRM)は、Partner Community Cloudライセンスで、1ヶ月当り、25ドルで利用できるようになる。

 Salesforceによると、Guided Setup Wizardは、2017年6月末に、利用できるようになるという。

 Lightning CMS Connectは、2017年6月に、βで提供され、Einstein Content Recommendationsと、Channel Marketing Automationは、2017年後半に、利用できるようになるようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

HTCが、U11スマートフォンで、Google AssistantとAmazon Alexaの両方をサポートする。 '17.06.16

【HTCが、U11スマートフォンで、Google AssistantとAmazon Alexaの両方をサポートする。】 '17.06.16

 HTCが、U11スマートフォンで、Google AssistantとAmazon Alexaの両デジタル・アシスタントをサポートする。 2017年5月16日

Htc
 By Mark Real、Androidheadlines

 HTCの最新スマートフォンの主な特徴の1つは、Google AssistantとAmazon Alexaの両デジタル・アシスタントのサポートである。

 2つのデジタル・アシスタントを組み込むことで、HTC U11スマートフォンのユーザは、目的に応じて、どちらかのデジタル・アシスタントを選択して、使用できるようになる。

 Google Assistantデジタル・アシスタントは、HTCのU11スマートフォンに、プレインストールされ、スマートフォンと共に出荷される。

 ユーザは、デバイスのセットアップが完了したら、Google Assistantを、すぐに利用できるようになる。

 Amazon Alexaデジタル・アシスタントは、U11スマートフォンがリリースされた、約1ヶ月後に、Play Storeアップデートを通してダウンロードし、インストールして、利用できるようになるようだ。

 U11スマートフォンに組み込まれた、Amazon Alexaデジタル・アシスタントは、米国、英国、および、ドイツで、利用できるようになる。

 中国において、HTCは、中国のGoogleとも呼ばれている、Baiduと協調し、Baiduのデジタル・アシスタント、Baidu Duerを、U11スマートフォンに組み込み、中国本土で販売するようだ。

 HTCは、独自のデジタル・アシスタント、Sense Companionを持っており、他の代表的な、オープンなデジタル・アシスタントを、自社のデバイスに移植することで、ユーザが、目的や好みに応じて、デジタル・アシスタントを選択して、使い分けることが、できるようにする。

 例えば、ユーザは、インターネットを検索し、必要な情報を得たい時には、Google AssistantやBaidu Duerを選択して、使用することができる。

 また、ユーザは、オンライン・ショッピングをしたり、ストリーミング・ビデオを視聴したりする時には、Amazon AlexaやGoogle Assistantを、好んで利用するかも知れない。

 ユーザは、チャットボットとして、最も気に入った、デジタル・アシスタントを選択することもできる。

 さらに、ユーザは、自分たちの家のスマート・ホーム・デバイスを制御するために、互換性があり、最も使い勝手の良い、デジタル・アシスタントを使用できるようになる。

 デジタル・アシスタントを提供する、ベンダは、ユーザが、デジタル・アシスタントを通して、より多くの種類のスマート・ホーム・デバイスを制御したり、さまざまな、Webサービスやクラウド・サービスを利用できるようにしたりするために、エコシステムを拡大させていくことに、取り組んでいる。

 HTCは、より多くのデジタル・アシスタントを、自社のデバイスに組み込むことを表明している。

 例えば、常時接続のマイクは、Google Assistantと、Amazon Alexaの両方のキーワードを検出し、ユーザの好みのサービスをトリガーできるようだ。

 また、ユーザは、Google Assistant、または、Amazon Alexaの、どちらかを起動するよう、Edge Senseをプログラムすることができる。

 HTCのSense Companionデジタル・アシスタントが、なくなった分けではない。

 HTCは、ユーザの要求に対応し、ユーザが、Amazon AlexaやGoogle Assistantといった、他ベンダの代表的なデジタル・アシスタントを補完的に利用できるようにする。

 ユーザは、各デジタル・アシスタントの、得意な分野の機能やサービスを使用するために、必要に応じて、デジタル・アシスタントを切り換えて利用できるようになる。

Htc_2
 HTCのU11スマートフォンには、Qualcommの最新チップセットである、Snapdragon 835を使用している。

 HTCのU11スマートフォンには、デバイスの側面の入力を検出する、Edge Sensenoと呼ばれる機能もある。

 また、HTC U11スマートフォンは、IP67認定で、防塵、防水加工が施されている。

 HTC U11スマートフォンは、2017年6月に、世界で、提供が開始される予定であり、現在、米国において、予約注文することができる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月15日 (木)

世界のモノのインターネットへの支出は、2021年に、1兆4000億ドル近くに達すると予測している。 '17.06.15

【世界のモノのインターネットへの支出は、2021年に、1兆4000億ドル近くに達すると予測している。】 '17.06.15

 IDC Spending Guideによると、世界のモノのインターネット(IoT)への支出は、2021年に、1兆4000億ドル近くに達すると予測しているという。2017年6月14日

Iot
 IDC Worldwide Semiannual Internet of Things Spending Guideへの新たなアップデートは、2017年に、世界のモノのインターネット(IoT)への支出が、前年から、16.7%増加すると予測している。

 2021年までに、世界のIoTへの支出は、ハードウェア、ソフトウェア、サービス、および、接続性における、支出の継続で、合計で、1兆4000億ドル近くになることが期待されている。

 2017年に、最大の支出を引き付けることを期待されている、IoTの事例には、製造オペレーション(支出額1050億ドル)、フライト監視システム(支出額500億ドル)、生産資産管理システム(支出額450億ドル)がある。

 2017年に、電気、ガス、水道の、スマート・グリッド技術、および、スマート・ビル技術への支出額は、それぞれ、560億ドルと400億ドルになることが、予測されている。

 これらは、2021年にも、IoTへの支出の最大の分野として残るだろう。

 スマート・ホーム技術への支出は、5年間の予測期間に、19.8%の年間平均増加率(CAGR)で増加することが予測される。

 IoTへの支出が、最も速く増加する、分野には、空港設備の自動化(33.4%のCAGR)、電気自動車の充電システム(21.1%のCAGR)、および、店舗内のコンテキスト・マーケティング(20.2%のCAGR)がある。

 2017年における、最大のIoTへの投資は、製造業(支出額1830億ドル)、運輸システム(支出額850億ドル)、および、ユーティリティ(支出額660億ドル)がある。

 2017年における、他の事例には、コネクティッド・カーや、スマート・ビルがあり、これらへの支出額は、860億ドルになる。

 消費者のIoTへの支出は、2017年に、4番目に大きな市場分野になり、620億ドルの規模になる見込みであるが、2021年には、3番目に大きな市場分野に成長するだろう。

 IoT関連技術への支出を増やしている産業には、保険業界(20.2%のCAGR)、消費者(19.4%のCAGR)、クロスインダストリー(17.6%のCAGR)

 技術の観点から、IoT関連のハードウェアは、最大の支出の分野になるだろう。

・ハードウェアへの支出は、ネットワークに接続する、モジュールやセンサーにより占められる。

・ソフトウェアへの支出は、アプリ・ソフトウェアにより、同様に、支配されるだろう。

・サービスへの支出は、コンテンツ・サービス、ITサービス、および、インストール・サービスなどに分かれるだろう

 最も、技術への支出が増える分野は、ソフトウェア分野である。

 水平ソフトウェアと分析ソフトウェアへの支出は、今後の5年間に、それぞれ、29.0%のCAGRと、20.5%のCAGRで増加していく見込みである。

 セキュリティ・ハードウェアやソフトウェアへの支出は、今後の5年間に、それぞれ、15.1%のCAGRと、16.6%のCAGRで増加していく見込みである。

・2021年に、アジア/パシフィック(日本を除く)(APeJ)は、IoTへの支出のリーダになり、IoTへの支出は、4550億ドルに達する見込みである。

・2021年に、2番目と3番目に、IoTへの支出の大きな地域は、米国の4210億ドル、西欧の2740億ドルになる。

 3地域(APeJ、米国、西欧)のすべてにおいて、製造業は、IoTへの支出の代表的な分野になるだろう。

 次に、IoT支出が多いのは、APeJと、西欧における、ユーティリティと運輸システムの業界であり、次は、米国における、運輸システムと消費者であるる。

・クロスインダストリーIoT支出は、3地域のすべてにおける、代表的なカテゴリになる。

 IoTへの支出が、最も速く成長するのは、ラテンアメリカ(CAGRの21.7%)、中東とアフリカ(CAGRの21.6%)、中央と東欧(CAGRの21.6%)になる。

 Worldwide Semiannual Internet of Things Spending Guideは、世界8地域の52ヶ国における、20の垂直産業に渡る、12技術への支出を予測する。

 ベストセラーのアプライアンス

スクイーズ可能な側面を持つ、HTC U11スマートフォンが、Sprintから提供される。 '17.06.15

【スクイーズ可能な側面を持つ、HTC U11スマートフォンが、Sprintから提供される。】 '17.06.15

 HTC U11スマートフォンは、革新的なスクイーズ可能な側面を持ち、ユーザは、スクリーン画面に触れることなく、アプリを起動したり、写真を撮ったりすることができるようになる。2017年6月13日
Eweek7_2
 By Todd R. Weiss、eWEEK

 HTCの最新の、主力スマートフォン、U11は、ユーザが、複数の機能を操作できるようにする、スクイーズ可能な側面を特徴にしている。

 このU11スマートフォンは、モバイル・キャリア、Sprintの、米国の顧客に、利用できるようになった。

 HTCは、2017年6月9日に、このU11スマートフォンが、696ドルで、Sprintの小売ストアや、Amazon.com、あるいは、HTC.comで、購入できるようになったと発表した。

 また、このU11スマートフォンは、24ヵ月間に、0ドル~29ドル/月の、Sprint支払いプランで、購入することもできる。

 新しいスマートフォンの、HTC Edge Sense機能は、ユーザが、スマートフォンの側面を圧迫することにより、アプリを選択したり、アプリを切り換えたり、写真を撮ったり、できるようにする、新しい操作方法を提供する。

 例えば、写真を撮るために、ユーザは、スマートフォンを持って、スクイーズし、笑顔で写真を撮ることができる。

 また、ユーザは、HTC Edge Sense for Voice-Text機能を使用して、ユーザは、スマートフォンの端を軽く絞ることで、テキスト・メッセージを、音声メッセージに変換したり、テキストを送信したりすることができる。

 ユーザは、スクイーズ・ジェスチャーをカスタマイズし、スクイーズで、メールやアプリを開くようにすることもができる。

 ユーザは、短いスクイーズや、長いスクイーズを使用して、高度なタッチ設定を使用することで、他の機能をプルアップすることもできる。

 HTCのU11スマートフォンは、耐久性のある、Corning Gorilla Glass 5ガラスを採用した、5.5インチのHD Super LCD曲面スクリーン画面(25604 x 1440解像度)を特徴としている。

 HTCのU11スマートフォンの仕様を以下に示す。

・Qualcomm Snapdragon 835オクタ・コア、64ビット・プロセッサ

・4GBメモリ

・64GBの内臓ストレージと、最大2TBのmicroSDカード・スロット

・Optical Image Stabilization、デュアルLEDフラッシュ、および、4Kビデオ機能を持つ、12メガピクセルの背面、HTC UltraPixel 3カメラ(f/1.7の自動焦点レンズ)

・音声と自動自撮り能力を持ち、HD 1080pビデオ録画機能を持つ、16メガピクセルの前面カメラ

・ノイズ・キャンセラー、HTC BoomSound Hi-Fi版のスピーカ、3Dオーディオを録音可能にする、4つのマイク、および、オーディオ録画機能を持つ、HTC USonicイヤフォンを装備した、サウンド機能

・Android 7.1オペレーティング・システムを搭載

・IP67標準の防塵、防水能力を装備

・高速に充電できる、3000Ahの再充電可能なバッテリー

・Bluetooth 4.2、Wi-Fi 802.11 a/b/g/n/ac(2.4 & 5GHz)、NFCを含む、接続オプション

・USB 3.1 Type-Cポート

・サイズ:長さ、6.06インチ、幅、2.98インチ、厚さ、0.31インチ

・重さ:5.96オンス

・色:サファイアブルーかブリリアントブラック

 セルラー通信キャリアのSprintは、HTCのスマートフォンを独占的に、加入者に、販売することができる。

 また、AmazonとHTCからでも、ユーザは、サファイアブルーかブリリアントブラックのHTCのスマートフォンを、購入することができる。

 HTCのU11スマートフォンは、Google Assistantデジタル・アシスタントをサポートし、ユーザは、音声コマンドで、Googleのデジタル・アシスタントを使用することができる。

 HTCのU11スマートフォンでの、Amazon Alexaデジタル・アシスタントのサポートは、2017年7月に期待されている。

 Alexaデジタル・アシスタントの能力が、HTCのU11スマートフォンで、利用できるようになると、ユーザは、「今日の天気は何?」といった、簡単な質問をしたり、「居間の照明を点けて」といったことを依頼したりできるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

Ciscoは、IPトラフィックとユーザ数が、2021年までに、急増すると予測している。(2) '17.06.15

【Ciscoは、IPトラフィックとユーザ数が、2021年までに、急増すると予測している。(2)】 '17.06.15

 Ciscoは、IPトラフィックとユーザ数が、2021年までに、急増すると予測している。 2017年6月13日

 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 CiscoのVisual Networking Index (VNI) Global IP Traffic Forecastによると、インターネット・ユーザ数は、世界的に増え続け、今後、数年間で、より多くのネットワークの帯域幅を消費するようになるという。

 この予測レポートは、2016年から、2021年までの、5年間の予測をカバーしている。

    (続き)

4.IPv6への移行が進んでいる。

Eweek84
 世界のIPv6対応のデバイス/接続の台数は、2016年が、固定デバイスの16億台と、モバイル・デバイスの34億台で、合計、50億台であったが、2021年には、固定デバイスの81億台と、モバイル・デバイスの84億台で、合計、165億台に増加する見込みである。

・2021年までに、デバイス/接続の61%は、IPv6対応になる見込みである。

IPv6対応デバイスの種類     2016年の台数   2021年の台数

IPv6対応固定デバイス           16億台        81億台

IPv6対応モバイル・デバイス       34億台        84億台

 IPv6は、次世代のIPアドレシング・プロトコルであり、128ビットのアドレス空間を持っている。

 Ciscoは、2021年までに、デバイスの61%が、IPv6対応になると予測している。

5.ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)の使用が増えている。

Eweek85
 2016年から、2021年まで、ソフトウェア定義WAN(SD-WAN)の使用率は、従来のIP WANの使用率の、5%の年間平均増加率(CAGR)を、大きく凌ぎ、44%のCAGRで増加する見込みである。

 2021年までに、SD-WANトラフィックは、2016年の6倍増加し、WANトラフィックの25%になる見込みである。

WANトラフィックの種類      2016年  2021年
                          割合   割合

SD-WANトラフィック          6.4%   24.9%
従来のIP WANトラフィック    93.6%   75.1%

6.世界の平均Wi-Fiスピードが倍になる。

Eweek86
・2021年における、世界の平均Wi-Fiスピードは、2016年の倍になる。

  (単位:Mbps)

地域              2016年  2021年

全世界             18.2      37.1

アジア・パシフィック    19.5      40.7
ラテンアメリカ          7.7      13.9
北米               27.4      52.3
西欧               20.3      35.1
中央&東欧         16.7      31.6
中東&アフリカ       4.9      9.0

 CiscoのVNI Global IP Traffic Forecastは、世界の平均Wi-Fiスピードが、2016年の18.2Mbpsから、2021年には、37.1Mbpsへ向上すると予測している。

7.2021年には、世界で、46億人のユーザが、インターネットを使用するようになる。

Eweek87
 Ciscoによると、2016年に、世界のインターネット・ユーザ数は、33億人であったという。

・世界のインターネット・ユーザ数

 2016年から、2021年まで、世界のインターネット・ユーザ数は、7%の年間平均増加率(CAGR)で増加し、2021年には、46億人に達する見込みである。

地域          2021年までのCAGR

世界全体            7.0%

北米                1.1%
西欧                1.4%
中央&東欧          4.1%
ラテンアメリカ          5.9%
中東&アフリカ        8.4%
アジア・パシフィック      9.3%

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月14日 (水)

Ciscoは、IPトラフィックとユーザ数が、2021年までに、急増すると予測している。(1) '17.06.14

【Ciscoは、IPトラフィックとユーザ数が、2021年までに、急増すると予測している。(1)】 '17.06.14

 Ciscoは、IPトラフィックとユーザ数が、2021年までに、急増すると予測している。2017年6月13日

 Ciscoは、2021年までに、世界のインターネット・ユーザ数は、46億人になると予測していう。
Eweek80
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 CiscoのVisual Networking Index (VNI) Global IP Traffic Forecastによると、インターネット・ユーザ数は、世界的に増え続け、今後、数年間で、より多くのネットワークの帯域幅を消費するようになるという。

 この予測レポートは、2016年から、2021年までの、5年間の、IPトラフィックの予測をカバーしている。

 この予測レポートによると、2021年には、世界のIPトラフィックが、1年間で、合計3.3ゼタバイトになるという。

 2016年における、世界のIPトラフィックは、1年間で、合計1.2ゼタバイトであった。

 世界のIPトラフィックの増加の背景には、モノのインターネット(IoT)対応デバイスの増加、超高品位TVの利用の増加、および、Wi-Fiの速度の高速化などがある。

 CiscoのVNI Global IP Traffic Forecast for 2016-2021の概要を紹介する。

1.世界のIPトラフィックは、2021年には、1年間で、合計3.3ゼタバイトに達する見込みである。
Eweek81
 CiscoのVisual Networking Indexは、2021年には、世界のIPトラフィックが、1年間で、合計3.3ゼタバイトに達すると予測している。

 2016年における、世界のIPトラフィックは、1年間で、合計1.2ゼタバイトであった。

2.IoT、マシン・ツー・マシン(M2M)接続デバイスが増加している。

・世界のコネクティッド・デバイスの設置台数の割合

               2016年  2021年
デバイス           割合    割合

M2Mデバイス       34%     51%
スマートフォン       21%      23%
非スマートフォン     19%       6%
TV              12%      12%
PC              8%      5%
タブレット          3%      3%
その他           1.6%        1.8%

Eweek82
 インターネットに接続された、デバイスの台数が増加しており、Ciscoは、2021年までに、M2M接続デバイスが、世界のすべての接続デバイスの、半分以上を占めるようになると予測している。

3.インターネットに接続された、超高品位TVは、世界のIPトラフィックの増加を促す。

・デバイスごとの、世界の平均IPトラフィック/月

               2016年     2021年
デバイス           MB/月    MB/月

M2Mモジュール      328       1044
スマートフォン       3500      14900
タブレット           9100      25600
STBかドングル      15882      27731
PC             30600      55100
超高品位TV       27375      47804

注)IP VoDトラフィックを含む。

Eweek83
 さまざまなデバイスを使用して、多くのユーザが、インターネットで、ビデオや超高品位TVコンテンツを視聴したり、ビデオ・チャットをしたりするようになるので、帯域幅が消費され、IPトラフィックが増大する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Ciscoによると、モノのインターネットと、ビデオが、IPトラフィックの増加を促すという。 '17.06.14

【Ciscoによると、モノのインターネットと、ビデオが、IPトラフィックの増加を促すという。】 '17.06.14

 Ciscoによると、モノのインターネット(IoT)と、ビデオが、IPトラフィックの増加を促すという。2017年6月8日
Eweek1
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 Ciscoによると、SD-WAN、仮想現実(VR)、および、拡張現実(AR)のような、新たに出現した技術に促され、世界のIPトラフィックの量は、今後5年間で、ほぼ3倍に増え、2021年には、3.3ゼタバイトに増加する見込みであるという。

 CiscoのInternet Visual Networking Index(VNI)の予測によると、2021年には、モノのインターネット(IoT)と、ビデオなどのストリーミング・コンテンツの利用による、IPトラフィックが、世界のIPネットワーク上の、IPトラフィック全体の80%以上を占める要因になるという。

 より多くの人々が、パーソナル・デバイスを持つようになり、マシンツーマシン(M2M)の接続が増加し、ビデオやインターネットTVなどのストリーミング・コンテンツの利用が増え、仮想現実(VR)や拡張現実(AR)のような、トレンドが出現していることが、世界のIPネットワーク上の、IPトラフィックを増大させている。

 Ciscoによると、セキュリティは、世界的なインターネットの普及において、インターネット・サービス・プロバイダの責任になるという。

 次の5年間で、世界のインターネット・ユーザ数は、現在の、33億人から、2021年には、46億人になる見込みである。

 46億人は、世界の人口の58%に相当する。

 今後、5年間で、M2M接続デバイスの設置台数は、271億台になり、あらゆるデバイスの、半分以上を占めるようになる。

 今後、5年間で、M2M接続デバイスによる、IPトラフィックは、世界のIPトラフィック全体の5%を占めるようになる。

 世界のIPトラフィックの増加は、スマート・ホーム、ヘルスケア、コネクティッド・カー、および、スマート・シティなどの分野における、さまざまな、IoT対応デバイスの増加により促される。

 帯域幅を消費する、ビデオなどの、ストリーミング・コンテンツの利用の増加も、世界のIPトラフィックの増加を促しており、現在、ストリーミング・ビデオの利用による、IPトラフィックが、世界のIPネットワーク上の、IPトラフィック全体の67%以上を占めている。

 現在、世界には、14億人のインターネット・ビデオのユーザがいる。

 このインターネット・ビデオのユーザの人数は、今後、5年間で、現在から、80%増加し、約19億人になる見込みである。

 2021年に、1ヶ月間で、世界のユーザが、合計で、3兆タイトルもの、インターネット・ビデオを、視聴するようになる。

 これは、1秒間に、100万タイトルの、数分間のビデオを視聴することに相当する。

 TVアプリのストリーミングTVや、ソーシアル・ネットワーク上での、パーソナルなライブ・ストリーミング・ビデオが、世界のIPトラフィックの67%を占めるようになる。

 2021年には、TVアプリのストリーミングは、世界のIPトラフィックの15%を占め、ソーシアル・ネットワーク上の、パーソナルなライブ・ストリーミングは、世界のIPトラフィックの13%を占めるようになる。

 仮想現実(VR)や、拡張現実(AR)を使用することによる、IPトラフィックは、5年間で、現在の、20倍に増える見込みであり、世界のエンターテイメント分野のIPトラフィックの1%を占める見込みである。

 2021年までに、Wi-Fiホットスポットの数は、世界で、5億4160万ヶ所になる見込みである。

 Wi-Fiとモバイル接続デバイスを使用した、インターネットの利用による、IPトラフィックは、5年間に、世界のIPトラフィックの73%を占めるようになる見込みである。

 最大のネットワーク仮想化分野において、SD-WANは、5年間に、WANトラフィックの25%を占めるようになり、SD-WANトラフィックは、1年間に、44%増加するだろう。

 従来のWANは、年間、5%成長するだろう。

 Ciscoによると、セキュリティ分野において、分散サービスの拒否(DDoS)攻撃の平均規模が、1.2Gbsp近くに増加しているという。

 世界の、DDoS攻撃の数は、2015年と2016年の間に、172%も成長していおり、2021年までに、2.5倍増加する見込みである。

 さまざまな、サイバー攻撃が、インターネット・サービス・プロバイダに、より多くのプレッシャーを与えるだろう。

 インターネット・サービス・プロバイダは、IPトラフィックの増加、DDoS攻撃の脅威、および、無線ネットワークのセキュリティに、対応する必要があるだろう。

 Barnettは、IPv4からIPv6への移行や、5Gへの移行計画の開発、および、長期的な包括的セキュリティ計画の開発といった、推奨された行動を概説した。

 世界のインターネット・サービス・プロバイダは、契約者の要求に適合するために、コンスタントに、自分たちの固定ネットワーク基盤や、モバイル・ネットワーク基盤の、監視、管理、および、革新を実施している。

 ベストセラーのアプライアンス

Amazon Echo Showデバイスは、Alexa音声対応サービスに、双方向のビデオや、タッチスクリーンをもたらす。(2) '17.05.13

【Amazon Echo Showデバイスは、Alexa音声対応サービスに、双方向のビデオや、タッチスクリーンをもたらす。(2)】 '17.05.13

 Amazon Echo Showデバイスは、Alexa音声対応デジタル・アシスタントに、双方向のビデオや、タッチスクリーンをもたらす。2017年5月9日

 By USAToday

 Amazonが、同社の音声対応デジタル・アシスタント、Alexaを組み込んだ、Echoシリーズの、新たなデバイスである、Echo Showスマートホーム・デバイスを発表した。

   (続き)

 Echo Showスマートホーム・デバイスの魅力的な機能の1つには、「ドロップ・イン」と呼ばれる機能がある。

 ドロップ・イン機能で、承認できる、人数に制限はなく、ユーザは、Echo Showスマート・ホーム・デバイスやAlexaアプリから、信頼できる、他のユーザを、ホワイト・リストに、追加登録することができる。

 このドロップ・イン機能で、ユーザは、Echo Showスマート・ホーム・デバイスを持っている、「ホワイト・リストされ」、承認された、信頼できる、他のユーザと、ビデオ・チャットなどで会話できるようになる。

 ユーザは、Echo ShowからEcho Showへ、あるいは、AlexaアプリからEcho Showへ、ドロップ・インすることもできる。

Wsj1d
 ユーザは、連絡が取れなければ、相手のEcho Showデバイスや、Alexaに対応した、スマートフォンなどに、音声メッセージを残すことができるようになる。

 Amazonは、Echo、Echo Dot、および、Alexaアプリなどの間で、音声チャットできるようにしていくようだ。

 Echo Showスマート・ホーム・デバイスには、白と黒のタイプがある。

 Echo Showスマート・ホーム・デバイスには、ボリュームと、カメラ/ミュート・ボタンが付いている。

 Echo Showスマート・ホーム・デバイスは、8マイクアレイ、ノイズキャンセレーション、および、いわゆるビーム・フォーミング技術を採用している。

 また、Echo Showスマート・ホーム・デバイスは、Bluetoothをサポートしているので、ユーザは、スマートフォンから、Echo Showデバイスへ、あるいは、Echo Showデバイスから、他のBluetoothスピーカへ、音楽を流すこともできる。

 筆者が、Echo Showスマート・ホーム・デバイスのデモで体験した、2台の2インチのスピーカの音質は、低温に重点を置き、まともに聞こえ、音楽を再生するのに適していると思った。

 家庭用のネットワーク監視カメラのように、Echo Showスマート・ホーム・デバイスは、何かの動きや、音を検知したり、他のセンサーと連携して、ユーザのスマートフォンなどに、警告メッセージを通知したりすることもできるようになるだろう。

 これにより、ユーザは、外出先から、Echo Showスマート・ホーム・デバイスで捉えた映像を、スマートフォンなどで確認し、適切な対応が取れるようになるかもしれない。

 ユーザは、外出先から、スマートフォンなどで、Echo Showスマート・ホーム・デバイスで捉えた、幼児、お年寄り、ペット、あるいは、玄関などの映像をチェックすることもできるようになるだろう。

 また、離れた所に住む、お年寄りは、Echo Showスマート・ホーム・デバイスを通して、孫たちと、ビデオ・チャッチできるようになるだろう。

 Echo Showスマート・ホーム・デバイスは、予測できないような、まったく新しい、ユーザ経験を、家庭や職場にもたらすだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

Salesforceが、Einsteinアカウント・ベース・マーケティングで、営業担当者を支援する。 '17.06.14

【Salesforceが、Einsteinアカウント・ベース・マーケティングで、営業担当者を支援する。】 '17.06.14
Eweek4
 Salesforceが、Einsteinアカウント・ベース・マーケティング(ABM)で、営業担当者を支援する。2017年6月8日

 By David Needle、eWEEK

 Salesforceは、マーケティング部門と販売部門の、両方のニーズに適合した、統合ソリューションを提供することは、難しいことであり、同社は、新しいEinsteinアカウント・ベース・マーケティング(ABM)アプリを提供していくという。

 Salesforceは、企業に、従来よりも、包括的な、統合アカウント・ベース・マーケティング(ABM)システムを提供するよう、設計されている、いくつかの、新たなABMアプリを発表した。

 Salesforceは、さまざまなマーケティング・ソリューションを提供し、ABMシステムへシフトしている。

 企業が使用している、システムと、うまく統合されない、多くの、ニッチなABMアプリがあるという。

 Einsteinアカウント・ベース・マーケティング(ABM)アプリは、販売とマーケティング活動の、両方のニーズに対応するよう、設計された、エンド・ツー・エンドのソリューションを提供することを目指している。

 例えば、EinsteinABMは、顧客に、タイムリーに、よりパーソナライズされた、コンテンツを提供する。

 ABMには、Einstein Lead Scoringといった機能が含まれており、会社の見通しの履歴、過去の購入実績などに基づいて、主に、換算する可能性が高い、アカウントを自動的に識別する。

 マーケッタ向けに、Advertising Studioは、オンラインの行動とCRMデータに基づいて、従来の顧客と、類似したプロファイルを持つ、見込み顧客を特定する。

 Engagement Studioは、マーケッタや営業担当者が、リアルタイムな買い手の行動に基づいて、パーソナライズされた、メールを送信するために使用できる。

 Einstein Opportunity Insightsアプリは、取引の進行状況を判断するために、顧客の感情や、競合他社の関与などを分析する。

 他の機能には、販売担当者に、M&A活動や財務業績といった、最新の見通し情報を提供する、Einstein Account Insightsアプリがある。

 Salesforceによると、Einstein Account Insightsアプリは、コンテンツがクリックされた割合を含む、メッセージの効果を追跡するための、対話型ダッシュボードも提供するという。

 販売担当者は、キャンペーンの効果を、B2B MarketingやSales Analyticsを使用して、1つのダッシュボード・ビューで、測定することもできる。

 Salesforceは、2017年後半に、マーケッタが、マーケティング・キャンペーンの、どの部分を担当しているかを特定し、目標とする、アカウントの売上を高める可能性が最も高い、Multi-Touch Campaign Insightsアプリをリリースする予定である。

 マーケティングのために、利用できる、追跡可能な、顧客の行動には、たとえば、広告をクリックしたり、電子書籍をダウンロードしたり、あるいは、ウェビナーを見たりするなど、いくつかの組み合わせがある。

 Einstein Account Insightsと、Einstein Opportunity Insightsは、すべてSales Cloud Einsteinの一部であり、Sales Cloud Enterprise Editionのライセンス料金は、ユーザ当り、月額、50ドルである。

 B2B Marketing Analticsのライセンス料金は、ユーザ当り、月額、300ドルである。

 Multi-Touch Campaign Insightsのライセンス料金は、まだ発表されていない。

 Engagement Studioと、Salesforce Pardot B2Bマーケティング版のライセンス料金は、組織当り、月額、1,000ドルからである。

 Salesforce Engageは、Salesforce Pardot版を使用すると、ユーザ当り、月額、50ドルの追加料金がかかる。

 Advertising Studioのライセンス料金は、組織当り、月額、2,000ドルである。

 ベストセラーのアプライアンス

Samsungは、Galaxy Note 8と呼ばれる、ハイエンドのスマートフォンを提供する。(2) '17.06.13

【Samsungは、Galaxy Note 8と呼ばれる、ハイエンドのスマートフォンを提供する。(2)】 '17.06.13

 Samsungは、Galaxy Note 8と呼ばれる、ハイエンドのスマートフォンを提供する。2017年6月12日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungは、Android市場において、Galaxy S8とGalaxy S8+の最も先進的なスマートフォンを販売している。

   (続き)

7.Galaxy Note 8スマートフォンのユーザは、同じ、Android経験を持つだろう。

Eweek37
 Galaxy Note 8スマートフォンのソフトウェア経験は、Galaxy S8ラインと同じようにすべきである。

 最新のレポートによれば、Samsungは、Android Oを待つことを好んでおらず、Android Nougatを、Galaxy Note 8スマートフォンに搭載することを選択しているという。

8.Bixbyデジタル・アシスタントが、Galaxy Note 8スマートフォンのユーザを支援する。

Eweek38
 Samsungのデジタル・アシスタント、Bixbyは、Galaxy S8ラインで、排他的に、利用できが、Samsungは、Bixbyを、今年の後半に、Galaxy Note 8スマートフォンにもたらすようだ。

 しかし、Bixbyが、Galaxy Note 8スマートフォンの、S Penスタイラスのサポート機能を備えているかどうかは不明である。

8.新機能は、Galaxy Note 8スマートフォンを、Apple iPhoneの競合製品にする。

Eweek39
 Samsungは、なぜ、ハイエンドのGalaxy S8+と、ほぼ同等の機能を備えたスマートフォンを発売するのだろう?

 Samasunによると、より大きなスクリーン画面を持ち、スタイラスをサポートした、ハイエンドのファブレットを使用したいという、顧客もいるという。

 Samasunは、Galaxy Sラインがリリースされたときに利用できなかった、いくつかの高度な機能を装備した、別のデバイスを、2017年後半にリリースすることを考えているようだ。

 Samsungは、Appleが、新しいiPhoneを発売する、数週間前に、新たなGalaxy Note 8スマートフォンをリリースし、Appleの最新のiPhoneのライバルにするようだ。

9.Galaxy Note 8スマートフォンには、いくつかの疑問が残る。

Eweek310
 依然として、Galaxy Note 8スマートフォンには、いくつかの疑問が残っている。

 SamasunのGalaxy Note 8スマートフォンの価格が、どれぐらいになるかは、言及されていないが、Galaxy S8+の850ドル以上になるという憶測もある。

 Samsungは、Galaxy Note 8スマートフォンの発売時期を明らかにしていないが、一部のレポートでは、8月下旬か、9月上旬だろうと、噂されている。

 何れにしても、Appleの新たなiPhoneが、店の棚に並ぶ前に、Samsungは、Galaxy Note 8スマートフォンの発売を開始するだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月13日 (火)

Samsungは、Galaxy Note 8と呼ばれる、ハイエンドのスマートフォンを提供する。 (1) '17.06.14

【Samsungは、Galaxy Note 8と呼ばれる、ハイエンドのスマートフォンを提供する。(1)】 '17.06.14

 Samsungは、Galaxy Note 8と呼ばれる、ハイエンドのスマートフォンを提供する。 2017年6月12日
Eweek30
 By Don Reisinger、eWEEK

 Samsungは、Android市場において、Galaxy S8やGalaxy S8+といった、最も先進的なスマートフォンを販売している。

 さらに、Samsungは、Galaxy Note 8と呼ばれる、他のハイエンドのスマートフォンを、Android市場に提供することを計画している。

 より大きなスクリーン画面を持つ、ファブレットと呼ばれる、Galaxy Noteモデルは、Samsungが、Galaxy Note 7モデルが、バッテリーの発火事故を起こし、リコールされるまで、ユーザに人気があった。

 Samsungは、実際に、Galaxy Note 8の機能を確認した後、2017年後半に、Galaxy Note 8スマートフォンを出荷することを確認した。

 Samsungは、Galaxy Note 8スマートフォンにおいて、大きな画面、高速なプロセッサ、および、強力なカメラを含む、似た機能を提供する。

 Galaxy Note 8と、Galaxy S8ラインの比較を提供する。

1.Garaxy Note 8スマートフォンは、Galaxy S8モデルを真似る。

Eweek31
 噂によると、Samsungは、Galaxy Note 8スマートフォンで、Galaxy S8ラインの、主なデザインを変えることは、計画していない。

 Galaxy Note 8スマートフォンのスクリーン画面は、これまでのGalaxy S8モデルよりも大きいようだが、Galaxy Note 8スマートフォンの基本デザインは、Galaxy S8やGalaxy S8+と、似たデザインにし、曲面スクリーン画面を採用している。

 Samsungによると、Galaxy Note 8スマートフォンのスクリーン画面の下に、仮想ボタンを表示し、物理的なホーム・ボタンを廃止するという。

2.Galaxy Note 8スマートフォンの、高解像度のスクリーン画面は、Galaxy S8+の画面よりも大きいだろう。

Eweek32
 Galaxy Note 8スマートフォンのスクリーン画面のサイズに関する、いくつかの議論があった。

 いくつかの記事では、Galaxy S8ラインは、6.3インチのサイズのスクリーン画面を持ち、Galaxy S8+は、6.2インチのサイズのスクリーン画面を持つようになるとしている。

 他の記事によると、Galaxy S8ラインは、6.4インチよりも大きなサイズのスクリーン画面を持つようになるとしている。

 どちらの記事も、消費者には、大きなサイズのスクリーン画面を持ち、ハイエンドの解像度で、18.5対9のアスペクト比を持つ、スマートフォンが、好まれるようになるとしている。

3.Galaxy Note 8スマートフォンは、高性能なQualcommプロセッサを持つだろう。

Eweek33
 この数週間の記事では、Samsungは、Galaxy S8やGalaxy S8+スマートフォンと同様、Galaxy Note 8スマートフォンにも、Qualcomm Snapdragon 835プロセッサが搭載されているとしている。

 いくつかの記事は、Qualcommは、Snapdragon 835プロセッサを改善した、Snapdragon 836プロセッサを提供するという。

 Samsungは、Galaxy Note 8スマートフォンに、より強力で、より消費電力の低い、Snapdragon 836プロセッサを搭載するという。

4.Galaxy Note 8スマートフォンの、デュアル・レンズのカメラは、AppleのiPhone 7 Plusと競合する。

Eweek34
 何人かの、業界ウォッチャーは、単一レンズのカメラを搭載した、Galaxy S8やGalaxy S8+スマートフォンに、失望していたという。

 何人かの、業界ウォッチャーは、Samsungが、Galaxy Note 8スマートフォンに、デュアル・レンズのカメラを搭載すると述べていた。

 Galaxy Note 8スマートフォンは、デュアル・レンズを搭載した、最初のSamsungのスマートフォンになるという。

 このGalaxy Note 8スマートフォンは、デュアル・レンズを搭載した、Appleの、iPhone 7 Plusスマートフォンと競合するようになる。

5.Galaxy Note 8スマートフォンは、S Penスタイラスをサポートするだろう。

Eweek35
 S Penスタイラスは、Galaxy S8ラインでは、サポートされていないが、Samsungは、Galaxy Note 8スマートフォンで、S Penスタイラスをサポートし、スマートフォン市場において、差別化を図るようだ。

 いくつかの記事によると、Samsungは、新たなS Penスタイラスを、Galaxy Note 8スマートフォンで、サポートし、スクリーン画面上で、より正確で、詳細に、手書きで、文字を書いたり、絵を描画したりできるようにするという。

6.Samsungは、Galaxy Note 8スマートフォンのバッテリをより安全にする。

Eweek36
 顧客が、Galaxy Note 8スマートフォンを購入ことを考えているなら、2016年に、Galaxy Note 7スマートフォンのバッテリーが、発火事故を起こし、リコールされたので、Samsungは、将来のスマートフォンのバッテリーに、信頼性のあることを、明確にしなければならない。

 Galaxy Note 7スマートフォンのバッテリーが、発火事故を起こして以来、Samsungは、バッテリー改善した。

 Samsungは、Galaxy Note 8スマートフォンに、より安全に、改善されたバッテリーを採用する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookのテレパシー的な表現が、達成される方法 '17.06.13

【Facebookのテレパシー的な表現が、達成される方法】 '17.06.13

 Facebookのテレパシー的な表現は、どのように達成されるのだろう? 2017年6月11日

 By  Christopher Mims、foxbusiness、DJN

 2017年4月中旬に、F8コンファレンスで紹介された、「考えたことが、テキスト・メッセージになる、Facebookのテレパシー的な表現が、どのように達成されるのか」は、かなり曖昧であった。
Wsd1
 この方法はクレージのように見えるが、この計画には、人間の脳の研究方法に革命をもたらす、技術を構築することも含まれている。

 Facebookの外部の、神経科学者や技術者は、考えたことが、テキスト・メッセージになるようにする、同社の計画が、成功するかどうか、疑問に思っているようだ。

 Facebookは、外部の声を気することなく、消費者向けのガジェットを作り出せる、多くの研究に投資している。

 例えば、VRヘッドセットを付けているときに、ユーザは、キーボードやマウスなどを使うことができないので、Facebookは、ユーザに、ハンズフリーで、システムを制御するための、いくつかの方法を提供することを研究している。

 Facebookは、考えたことが、テキスト・メッセージになる、テレパシー的な表現の研究を、開始したばかりである。

 Facebookは、脳の活動を測定するために、脳インプラント方式は使用せず、ヘッドバンドを使用するようだ。

 Facebookは、この研究を進めるために、米国内の研究機関の科学者と技術者60人を補充し、社内の小さな研究チームを支援している。

 この研究チーム目標は、「高速光散乱」と呼ばれる、あまり知られておらず、見限られた技術を更新することである。

 基本的に、この技術は、被験者の頭を通して、脳に光を照らし、その反射した光を測定するようだ。

 これは、クレージのように聞こえるかもしれないが、ある意味では、科学者や医師などは、1世紀近くに渡り、生物や物に光を当て、さまざまな観察を実施してきた。

 「高速光散乱」と呼ばれる技術を実験動物に使用してきた、研究者によると、動物が、何かを考えると伸縮する、脳細胞を直接観察することができることが分かってきたという。

 Chevillet博士のチームの課題は、途中に、頭蓋骨、皮膚、髪の毛がある場合に、無傷の人間で、同じように、脳細胞を観察するのを、達成することである。

 これは、今日まで克服することが、不可能であった問題である。

 懐中電灯を、手に押し当てて、見たことがある人なら、光が人間の肉体を通して、伝わることを、体験的に知っている。

 Facebookの研究者らは、光が、頭蓋骨を貫通して、ニューロンから跳ね返った後、あらゆる方向に散乱することなく、検出器に戻る、少数の光子を特定できるような、センサーを開発しているようだ。

 Johns Hopkins大学の応用物理研究所で開発され、ほぼ全面的に、米国国防総省の資金提供を受けた、センサー技術は、脳の活動を、脳インプラントほど正確に感知できないかもしれないが、ソナー、宇宙探査、空中から、密集した森林まで、さまざまな環境や状況の調査に利用できる可能性がある。

 Shenoy博士とチームは、思考するだけで、仮想キーボード上にカーソルを移動させられるようにすることで、1分間に、8単語を入力することを実験したが、それでも脳インプラントを必要としていた。

 思考の仕組みを観察するために、米軍の技術を再利用している、Facebookの研究チームの課題は、仮想キーボード上で、カーソルを動かすのではなく、脳で考えている言葉を、テキスト・メッセージに変えることである。

 脳の処理方法に、8年間、取り組んできた、California大学Berkeley校のAlexander Huth氏の研究によると、言葉と、それを支配する概念が、脳の表面に広がっていることが明らかになった。

 脳のどの部分が、アクティブであるかを観察することによって、その人が、考えている、言葉、あるいは、少なくとも、概念を判断できるようになるようだ。

 Huth博士によると、脳で考えている言葉を、認識する上で、最大の課題は、言語の仕組みについて、まだほとんど分かっていないことだという。

 Chevillet博士によると、脳の適切な部分から、十分なデータを得ることができれば、神経活動を、言語と関連付けて、脳から単語を抽出する、マシン学習アルゴリズムを訓練することができるという。

 この方法は、科学者が、コンピュータを訓練して、話し言葉を理解できるようにする方法と似ている。

 光ベースの脳画像技術を専門とする、NIRx Medical Technologiesの副社長、Richard Barbour氏によると、Facebookのアプローチは、不可能であるとは、言わないまでも、自分のアプローチではないという。

 Facebookは、秘密主義ではなく、Building 8での、研究プログラムは、DODから来た、Regina Dugan氏により管理されている。

 Facebookにおける、大規模なプロジェクト予算には、2年の厳格な期限があるが、同社は、画期的な技術の進歩をもたらしてきている。

 ベストセラーのアプライアンス

家庭を、スマート・ホームに変えるための、最も容易な方法 '17.06.13

【家庭を、スマート・ホームに変えるための、最も容易な方法】 '17.06.13

 最も適したSmartThings製品を見つける。

1)SmartThingsハブ     : スマート・ホームの頭脳

2)SmartThingsキット     : 家庭を、スマート・ホームにする、最も容易な方法

3)SmartThingsセンサー   : 家庭において、発生することを検出する。

4)SmartThingsアウトレット : さまざまな家電に、少しの賢さを付加する。

1.SmartThingsハブ
Sh1_3
 スマート・ホームの頭脳

 照明、スピーカ、鍵、サーモスタット、センサーなどを含む、互換性のある、スマート・デバイスを、無線で接続する、SmartThingsバブで、家庭に、賢さを付加し、これらのスマート・デバイスが、互いに連携できるようにする。

2.SmartThingsキット
Sh2
 家庭を、スマート・ホームにする、最も容易な方法

 ホーム・モニタリング・キットで、家庭に、賢さを付加する。

 SmartThingsキットには、SmartThingsハブ、2個の多目的センサー、動きセンサー、および、アウトレットが含まれる。

3.SmartThingsアプリ
Sh5_2
 スマートフォンに、SmartThingsアプリをダウンロードし、インストールすることで、スマートフォンを、スマート・ホームと接続する。

4.SmartThingsセンサー
Sh3_2
 家庭において、発生することを検知する。

 ドア、窓、食器棚などが、開いたり、閉じたりする時、家に、出入りの動きがあった時、水漏れが発生した時などを検知する。

5.SmartThingsアウトレット
Sh4
 さまざまな家電に、少しの賢さを付加する。

 SmartThingsアウトレットで、さまざまな家電に、少しの賢さを付加し、照明、エレクトロニクス、アプライアンスなどの電源をオン・オフする、時間やタイミング(例えば、ドアが開いた時、玄関に動きがあった時など)を設定できるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月12日 (月)

世界のエンタープライズ・ストレージ市場が、2017年1Qに、フラットに推移するという。 '17.06.12

【世界のエンタープライズ・ストレージ市場が、2017年1Qに、フラットに推移するという。】 '17.06.12

 IDCによると、世界のエンタープライズ・ストレージ市場が、2017年1Qに、フラットに推移するという。 2017年6月8日

 IDC Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Trackerによると、世界のエンタープライズ・ストレージ・システムの売上は、2017年1Qに、92億ドルに達する。

 世界のエンタープライズ・ストレージ・システムの合計の出荷容量は、2017年1Qに、前年同期から、4.14%増加し、50.1エクサバイトになった。

 超大規模なデータセンターに、販売する、ODMのグループ内で、世界のエンタープライズ・ストレージ・システムの売上が、増加した。

 このエンタープライズ・ストレージ・システム市場の売上は、前年から、78.2%増加し、12億ドルになった。

 サーバ・ベースのストレージ・システムの売上は、前年同期から、13.7%減少し、27億ドルになった。

 外部ストレージ・システムは、最大の市場セグメントとして残ったが、52億ドルの売上は、前年から、2.8%の減少を示した。

 2017年1Qに、合計の世界のエンタープライズ・ストレージ・システムの売上は、前年同期から、0.5%だけ減少した。

 エンタープライズ・ストレージ市場の売上は、2017年1Qに、比較的フラットに推移した。

 あらゆるフラッシュ・ストレージ市場の展開は、堅実に成長したが、従来の外部アレイへの支出は、緩やかに減少した。

 2017年1Qにおける、ベンダごとの、合計のエンタープライズ・ストレージ・システム市場の売上の結果

・Dellは、合計の世界のエンタープライズ・ストレージ・システム市場において、1位を維持し、21.5%を占めた。

・HPEは、2017年1Q中に、エンタープライズ・ストレージ・システムの売上の20.3%のシェアを確保し、2位を維持した。

 HPEのシェアと年間増加率には、2016年5月に、開始した、中国における、H3Cとのジョイント・ベンチャーからの、エンタープライズ・ストレージ・システムの売上の増加を含んでいる。

・NetAppは、2017年1Qに、8.0%のエンタープライズ・ストレージ・システム市場における、売上のシェアで、3位に終わった。

・日立とIBMは、エンタープライズ・ストレージ・システム市場において、統計的にタイの5.0%のシェアを占め、4位であった。

表1)2017年1Qにおける、世界のトータルな、エンタープライズ・ストレージ市場の売上、トップ5ベンダ

  (単位:100万ドル)

           2017年1Q  2017年1Q  2016年1Q  2016年1Q  年間
ベンダ        売上      シェア        売上    シェア     増加率

Dell/EMC     $1,968.5       21.5%           $2,304.2       25.0%        -14.6%
HPE/H3C     $1,865.0       20.3%           $2,289.9         24.8%       -18.6%
NetApp          $731.6         8.0%            $645.5           7.0%         13.3%
Hitachi           $460.1         5.0%            $508.0           5.5%        -9.4%
IBM               $455.3         5.0%            $448.5           4.9%          1.5%
ODM直接     $1,212.9       13.2%            $680.5           7.4%        78.2%
その他         $2,478.6       27.0%          $2,344.4         25.4%          5.7%

全ベンダ       $9,172.0    100.0%           $9,221.0       100.0%      -0.5%

ソース:IDC Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker、2017年6月8日

 2017年1Qにおける、ベンダごとの、外部エンタープライズ・ストレージ・システムの結果

 2017年1Qに、Dellは、外部エンタープライズ・ストレージ・システムの売上で、27.2%を占め、最大の外部エンタープライズ・ストレージ・システム・サプライであった。

 2017年1Qに、NetAppは、外部エンタープライズ・ストレージ・システムの売上で、14.0%のシェアを占め、2位に終わった。

 2017年1Qに、HPEは、外部エンタープライズ・ストレージ・システムの売上で、9.7%のシェアを占め、3位であった。

 2017年1Qに、日立とIBMは、それぞれ、8.6%と8.4%の売上シェアで、統計的なタイで、5位になった。

表2)2017年1Qにおける、世界の外部エンタープライズ・ストレージ・システム市場の、売上のトップ5ベンダ

  (単位:100万ドル)

            2017年1Q   2017年1Q  2016年1Q  2016年1Q   年間
ベンダ          売上       シェア       売上    シェア     増加率

Dell/EMC     $1,424.6           27.2%         $1,696.7       31.5%         -16.0%
NetApp           $731.6          14.0%           $645.5        12.0%          13.3%
HPE/H3C       $511.0            9.7%            $535.7         9.9%          -4.6%
Hitachi            $449.1           8.6%            $497.1         9.2%          -9.6%
IBM                $440.6            8.4%           $429.0         8.0%            2.7%
その他          $1,684.9          32.1%         $1,589.5        29.5%           6.0%

全ベンダ        $5,241.9        100.0%        $5,393.6       100.0%      -2.8%

ソース:IDC Worldwide Quarterly Enterprise Storage Systems Tracker、2017年6月8日

グラフ1) 2016年1Qから、2017年1Qにおける、世界の合計外部エンタープライズ・ストレージ・システム市場における、トップ5ベンダ

 フラッシュ・ベースのストレージ・システムのハイライト

 合計のAll Flash Array(AFA)市場の売上は、2017年1Q中に、前年同期から、75.7%増加し、14億ドルの売上を生成した。

 このAll Flash Array(AFA)市場のHybrid Flash Array(HFA)セグメントの、シェアは、22.0%を占め、売上は、20億ドルであった。

 IDCは、エンタープライズ・ストレージ・システムを、コントローラ、ケーブル、および、ホスト・バス・アダプタを含む、ストレージ要素のセットとして定義している。

 ベストセラーのアプライアンス

スマート・ホームに最適な、Google Homeハブ互換のデバイス(2) '17.06.12

【スマート・ホームに最適な、Google Homeハブ互換のデバイス(2)】 '17.06.12

 スマート・ホームに最適な、Google Homeバブと互換性のある、スマート・ホーム・デバイス 2017年5月10日

 By Husain Sumra、wareable

 Google Homeハブの購入を検討しているなら、どのようなスマート・ホーム・デバイスと、どのように連携できるかを知りたいと思うだろう。

 Google Homeバブと互換性のある、スマート・ホーム・デバイスの推奨を紹介する。

    (続き)

2.サーモスタット

1)Nest Thermostat
Shome13
 Googleの関係会社である、Nestが、Google Homeハブと、うまく連携した、スマート・ホーム・デバイス製品を持っていなければ、残念に思うだろう。

 Nest ThermostatとGoogle Homeハブの連携により、Google Homeハブは、ユーザの習慣を学ぶことができる。

2)Honeywell Wi-Fi Thermostat

Shome14
 Google Homeハブのユーザは、Honeywell Wi-Fi Thermostatと連携させることができる。

 Honeywell Wi-Fi Thermostatは、HoneywellのTotal Connect Comfortプラットフォーム経由で、Google Assistantデジタル・アシスタントとの互換性もあるが、これは米国内でのみ利用可能である。

3.プラグ

1)TP-Link Wi-Fiスマート・プラグ

Shome15
 TP-LinkのWi-Fiスマート・プラグは、ユーザが期待していることを行う。

 ユーザは、エネルギーの監視と、リモート・アクセスにより、デバイスのオン/オフや、スケジューリングが可能になり、外出時に、家のデバイスのスイッチを、必要に応じて、オフにするよう、設定することもできる。

 また、ユーザは、Google Homeハブに組み込まれた、Google Assistantデジタル・アシスタントを通して、音声コマンドで、デバイスをオン/オフすることもできる。

2)Wemo Insightスマート・プラグ

Shome16
 BelkinのWemo Insightスマート・プラグは、リモート・アクセスや、エネルギー監視を行うことができる。

 Wemo Insightスマート・プラグで、ユーザは、Googleのスマート・ホーム製品に組み込まれた、素晴らしい能力を利用できるようになる。

 Wemo Insightスマート・プラグは、例えば、Nest Thermostatに、話しかけることができる。

 Nestは、ユーザが、在宅中か、あるいは、外出中かを、Insightスマート・プラグに伝えることができ、状況に応じて、Insightスマート・プラグが、他のスマート・ホーム・デバイスをオフにすることが可能になる。

4.ストリーミング・デバイス

1)Chromecast Ultra
Shome16_2
 ユーザは、例えば、「OK Google、TVでBladerunner 2049の予告編を再生して」と、Google Homeハブに組み込まれた、Google Assistantに依頼することで、ユーザは、TVで見るものを制御することができる。

 これにより、ユーザは、NetflixやHuluといった、Chromecastでサポートされている、すべてのアプリや、YouTubeのビデオ・コンテンツをアクセスできるようになる。

2)Bang & Olufsen Beoplay A6

Shome18
 Google Homeハブのスピーカの音質に満足していなければ、ユーザは、Google Assistant経由で、Google Homeハブから、外部のWi-Fiスピーカに、音楽を流すこともできるようになる。

 推奨する、Wi-Fiスピーカの1つには、ワイドステージ・サウンドを持っている、Bang & Olufsen Beoplay A6スピーカがある。

 ベストセラーのアプライアンス

スマート・ホームに最適な、Google Homeハブ互換のデバイス(1) '17.06.12

【スマート・ホームに最適な、Google Homeハブ互換のデバイス(1)】'17.06.12

 スマート・ホームに最適な、Google Homeバブと互換性のある、スマート・ホーム・デバイス 2017年5月10日
Shome10
 By Husain Sumra、wareable

 Amazon EchoハブとAlexaデジタル・アシスタントが、スマート・ホーム市場において、優位に立っている。

 Appleは、iPhoneスマートフォンとも連携できる、HomeKitサポートを、徐々に構築してきた。

 Google Homeハブは、後発のスマート・ホーム・バブであり、互換性のある、デバイス製品やサービスを見つけるのが、少し難しい。

 Google Homeハブの購入を検討しているなら、どのようなスマート・ホーム・デバイスと、どのように連携できるかを知りたいと思うだろう。

 Google Homeバブと互換性のある、スマート・ホーム・デバイスの推奨を紹介する。

1.照明

1)Philips Hue
Shome11
 PhilipsのHueは、スマート・ホームにおいて、最も良く利用されている、スマート照明である。

 PhilipsのHueのエコシステムは、さまざまなキットや照明で、絶えず成長している。

 ボウル・ライトから、ライト・ストリップ、電球やランプまで、家のスマート照明を増やしたければ、Philips Hueの購入を検討する価値があるだろう。

2)LIFX
Shome12
 Philips Hueは、スマート照明分野において、最も有名であるが、LIFXのスマート照明は、2番目の選択肢になっている。

 LIFXのスマート照明の特徴は、セットアップが、簡単なことである。

 LIFXのスマート電球は、1600万色の光を提供し、暖かく感じる光や、涼しく感じる光など、1000色もの、さまざまな色で、照明することができる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月11日 (日)

2017年の、最良のスマート・ホーム・ハブ(2) '17.06.11

【2017年の、最良のスマート・ホーム・ハブ(2)】 '17.06.11

 2017年の、最良のスマート・ホーム・ハブ  2017年5月16日

 By Mike Prospero、Tomsguide

 スマート・ホーム・デバイスが、スマート照明やデジタル鍵から、セキュリティ・カメラ、さらに、サーモスタットへ増殖しているので、ユーザは、これらのすべてのデバイスを、集中的に制御できる方法を持ちたいと思うだろう。

   (続く)

2.Amazon Echo Dot
Sh2b
・最良の音声対応スマート・ホーム・ハブ

・評価:優れている

・Amazonでの価格は、49ドルと、他のハブの約半分

・サイズは、1.3 x 3.3 x 3.3インチ

・Wi-Fi、Bluetoothをサポート

・オーディオ・ポート(3.5mm)を装備

・バッテリー・バックアップ無し

 Echo Dotスマート・ホーム・ハブは、49ドルと、殆どの他のハブの、半分の価格であるが、このスマート・ホーム・ハブは、他のスマート・ホーム・デバイスを制御することができる。

 Echo Dotスマート・ホーム・バブの音質は、179ドルのEchoスマート・ホーム・ハブの音質には及ばないものの、Echo Dotのマイクは、部屋にいる人の声を拾うことができる。

 さらに、ユーザは、このスマート・ホーム・ハブに、音声コマンドで、問い合わせることにより、ニュースの見出し、天気予報、スポーツの試合のスコアなどを聞いたり、スマートフォンなどで見たり、部屋の照明や空調などを制御したりできるようになる。

3.Google Home
Sh2c
・最良の音声対応スマート・ホーム・ハブ

・評価:全体的に優れている

・Googleでの価格は、129ドル

・サイズは、5.62 x 3.79インチ

・Chromecast、Nest、Philips Hue、SmartThings、IFTTT、WeMo、Honeywellをサポート

・オーディオ・ポート無し

・バッテリー・バックアップ無し

 内臓スピーカを持っている、このAmazon Echoの競合スマート・ホーム・ハブは、音声コマンドに対応し、他のスマート・ホーム・デバイスを制御したり、音楽を流したりすることができる。

 Google Homeは、音声コマンドで、あらゆるものを検索できるようにする、Google Assistantと統合することができる。

 ユーザが、Chromecastを持っていれば、ユーザは、Google Homeハブを使用して、音声コマンドで、制御することもできる。

 Google Homeの価格は、129ドルで、Amazon Echoよりも安い。

4.Wink Hub 2
Sh2d
・最良のスマート・ホーム・ハブ

・評価:極めて良い

・Amazonでの価格は、99ドル

・サイズは、7.25 x 7.25 x 1.5インチ

・Zigbee、Z-Wave、Wi-Fi、Bluetooth LE、Lutron Clear Connect、Kidde、Thread、Alexa、Google Homeをサポート

・イーサネット・ポートを装備

・バッテリー・バックアップ無し

 Winkの第2世代のスマート・ホーム・ハブ、Wink Hub 2は、多くのスマート・ホーム・デバイス(Alexa、Google Home、Z-Wave、Zigbee、Lutron Clear Connect、および、Kidde)をサポートしている。

 Wink Hub 2は、Bluetooth LE、および、GoogleのThreadインタフェースをサポートしている。

 Wink Hub 2は、強力なプロセッサを搭載し、5GHz Wi-Fi、および、イーサーネット・ポートと共に、8倍多くのメモリを付加した。

 Wink Hub 2ハブの、直感的なユーザ・インタフェースは、他のスマート・ホーム・デバイスを、手軽に操作したいユーザに適しているが、パワー・ユーザには、高度な機能不足で、購入を見送るかもしれない。

5.Lenovo Smart Assistant

Sh2e
・最新のスマート・ホーム・ハブ

・小売価格:129ドル

 Lenovo Smart Assistantハブの外見は、Google HomeハブやAmazon Echoハブに似ており、頭脳には、Amazonのデジタル・アシスタント、Alexaが組み込まれている。

 2017年5月に提供された、Lenovo Smart Assistantハブには、さまざまな色のオプションが用意されている。

 より音質の優れた、Harmon Kardon版のスピーカを搭載した、Lenovo Smart Assistantハブの価格は、129ドルである。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年の、最良のスマート・ホーム・ハブ(1) '17.06.11

【2017年の、最良のスマート・ホーム・ハブ(1)】 '17.06.11

 2017年の、最良のスマート・ホーム・ハブ 2017年5月16日

 By Mike Prospero、Tomsguide

 スマート・ホーム・デバイスが、スマート照明やデジタル鍵から、セキュリティ・カメラ、さらに、サーモスタットへ増殖しているので、ユーザは、これらのすべてのデバイスを、集中的に制御できる方法を持ちたいと思うだろう。

 このため、ユーザは、あらゆるスマート・ホーム・デバイスを、クラウドに接続できるようにするための機能性を提供する。スマート・ホーム・ハブを購入する必要がある。

 付加的に、スマート・ホーム・ハブは、スマート・ホーム・デバイスを自動化する能力も提供する。

 例えば、ユーザが、ドアの鍵を開けると、玄関の照明が、自動的に点灯するよう、設定することも可能になる。

 また、ユーザは、家庭のサーモスタットを、ユーザの好みの温度に調節できるよう、設定することも可能になる。

 しかし、スマート・ホーム分野は、まだ揺籃期にあるので、スマート・ホーム分野には、どのスマート・ホーム・ハブと連携できるかに関して、多くの混乱があるだけでなく、ハブを作成しているベンダは、依然として不具合を改善している。

 筆者は、代表的なスマート・ホーム・ハブをレビューした。

 これらのすべてのスマート・ホーム・バブには、複雑なアプリや、セットアップのプロセスがある。

 Nest Learning Thermostatサーモスタット、Logitech Harmony Eliteリモコン、Almondのルータ、SamsungのスマートTVといった、スマート・ホーム・デバイスは、他のスマート・デバイスやクラウド間を橋渡しするような役割を持つことができる。

 AppleのHomeKitや、GoogleのThreadの出現で、ユーザには、スマートフォンが、必要になる。

 ユーザが、所有している、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスをサポートしている、スマート・ホーム・ハブを探しているのなら、Samsung SmartThingsハブは、最良のオプションであり、さまざまな、スマート・ホーム・デバイスを接続し、操作できるようになる。

 ユーザは、ある程度容易に、Samsung SmartThingsハブに、スマート・ホーム・デバイスをセットアップすることができる。

 他のスマート・ホーム・デバイスとの統合は、まだ、揺籃期にあるが、ユーザは、家庭において、音声コマンドで、さまざまなものを検索できる、能力が欲しければ、Google Homeハブ(129ドル)は、ユーザの最良の選択になる。

 Google Homeハブは、Google Cast対応のスマートTVに、自動的に、コンテンツを流すことができる。

 Winkの第2世代のハブは、さまざまなスマート・ホーム・デバイスと連携できる、99ドルのWink Hub 2である。

 ユーザは、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントや、GoogleのAssistantデジタル・アシスタントを使用して、さまざまなスマート・ホーム・デバイスを制御することもできる。

 ユーザは、Echo、Echo Dot、および、Echo Showといった、AmazonのAlexaデジタル・アシスタントを組み込んだ、スマート・ホーム・ハブの購入を考慮する価値がある。

 ユーザは、音声コマンドを使用して、スマート・ホーム・ハブを通して、さまざまなスマート・ホーム・デバイスを制御するだけでなく、ピザを注文したり、天気をチェックしたりすることもできる。

1.Samsung SmartThings
Sh2a
・最良のスマート・ホーム・ハブ

・評価:極めて良い

・Amazonでの価格は、49ドル

・スマート・ホーム・ハブのサイズは、4.2 x 4.9 x 1.3インチ

・IFTTT、Z-Wave、ZigBee、Wi-Fi、Bluetooth、Nest、Amazon Echoをサポート

・PortsEthernet、2 USBを装備

・バッテリー・バックアップ有り

 第2世代のSamsung SmartThingsスマート・ホーム・ハブは、200台以上の、スマート・ホーム・デバイスに接続できる。

 また、ユーザは、家庭の、あらゆるスマート・ホーム・デバイスに対し、異なったシナリオを作成することもできる。

 他の競合スマート・ホーム・ハブとは異なり、SmartThingsスマート・ホーム・ハブは、電源が切れたときのために、バッテリーのバックアップを持っている。

 SmartThingsスマート・ホーム・ハブは、監視カメラが、何らかの動きを検知した時に、ユーザに通知し、ユーザが、スマートTVやスマートフォンなどで、監視カメラで捉えた、映像を見ることができるようにする。

   (続き)

 ベストセラーのアプライアンス

Alphabetが、ドローンを使用した、配達システムを管理するための技術をテストする。 '17.06.11

【Alphabetが、ドローンを使用した、配達システムを管理するための技術をテストする。】 '17.06.11

 Alphabetが、ドローンを使用した、配達システムを管理するための技術をテストする。2017年6月8日

Eweek6
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Alphabetは、ドローンを使用した、配達システムを管理するための、航空無人交通管理(UTM)システム技術の初版のテストを開始した。

 Alphabetは、今後、数年間で、ドローンを使用した、商品のパッケージや荷物の配達システムを構築し、運用しようとしている。

 AlphabetのProject Wingは、自動化された方法で、荷物をドローンを使用して、配達する上で、ドローンの飛行経路を管理するために、NASAと連邦航空局(FAA)が主催する、航空無人交通管理(UTM)システムをテストしている。

 Project Wingのテストは、Virginia TechのMid-Atlantic Aviation Partnership(MAAP)により管理される、FAAテスト・サイトで実施された。

 このテストには、Intelによって運営されるドローンが、2台、MAAPによって運営されるドローンが、1台、および、個人によって運営されるドローンが、3台、参加した。

 このテストの目標は、ドローンのオペレータが、手動による操縦を必要とすることなく、同じ空域内で、複数のドローンを安全に、飛行させることができるような、方法を示すことであった。

 Alphabetは、同社の交通管理(UTM)プラットフォームが、同時に、米国の複数の複雑な飛行経路を管理できることを示した。

このテストで、Alphabetは、Project Wingの無人交通管理(UTM)システムが、同じ空域を飛行するドローンに、競合が発生した場合、ドローンの新しい航空路を自動的に計画する方法を示した。

 無人交通管理(UTM)システムの、このような機能は、複数のオペレータが、同じ空域で、ドローンを、確実に、安全に飛行できるようにする上で重要である。

 Project Wingは、ドローンを使用した、荷物や商品のパッケージなどの、配達システムを開発するために競争している、いくつかのベンダの1社である。

 今後、数年間で、軽量な商品のパッケージを、30分以内に、顧客に、空中配達するために、ドローンを使用することを計画している。Amazonも、この中の1社である。

 Amazonは、既に、ドローンを使用した、Prime Airと呼ばれる、商品のパッケージを空中配達する、サービスの試験運用を実施している。

 また、大手コンビニ・チェーンの、7-Elevenも、ドローンのスタートアップ、Flirteyとパートナーを組んで、店舗の近くに住んでいる、顧客の家に、商品を配達するのに、ドローンを使用することに取り組んでいる。

 7-Elevenは、Amazonに先駆け、2016年7月に、ネバダ州において、顧客に、完全自律型のドローンを使用した、商品を配達するシステムの試験運用を実施した。

 この7-Elevenの、ドローンを使用した、商品の配達システムは、FAAが承認した、最初の試験運用である。

 他に、ドローンを使用して、商品を配達することを模索している、小売店には、Walmart、United Parcel Service、および、Targetがいる。

 Project Wingの無人交通管理(UTM)システムの取り組みは、ドローンの飛行を管理するための、いくつかのコア機能を提供することに、重点を置いている。

 これらの取り組みには、同じ空域内の、航空システムの、リアルタイムな飛行ルートの計画、予期せぬ、危険な状態の、オペレータへの警告通知、および、オペレータが、FAAの飛行禁止区域を回避するための通知が含まる。

 今後、数ヶ月間に、Googleは、無人交通管理(UTM)技術を使用して、現在のテスト環境よりも、複雑な条件において、同じ飛行空域内で、さらに多くのドローンの同時飛行をサポートできるようにする機能を統合する作業を実施していく予定である。

 Googleは、引き続き、ドローンを使用した、配達サービスに取り組んでいる、プロジェクトを実施している、小売店などの、他の企業と協調して、無人交通管理(UTM)システムに、どのような要件があるのかを確認する。

 今後、数年以内に、米国内の、同じ飛行区域内において、何千機もの、ドローンを使用した、商品の配達システムを運営している、小売店などの企業が出現することが予想される。

 Googleによると、ドローン同士だけでなく、有人航空機、建物、地形、フェンス、電線、草木、鳥などと衝突することなく、ドローンが、安全で、的確に、商品のパッケージや荷物を配達できるよう、動的に飛行をルーティングできるような、無人交通管理(UTM)システムが、必要になるという。

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年6月4日 - 2017年6月10日 | トップページ | 2017年6月18日 - 2017年6月24日 »

ウェブページ

広告2