« 2017年5月21日 - 2017年5月27日 | トップページ | 2017年6月4日 - 2017年6月10日 »

2017年5月28日 - 2017年6月3日

2017年6月 3日 (土)

Google Compute Engineサーバが、先進のIntel Skylakeプロセッサ上で実行する。 '17.06.03

【Google Compute Engineサーバが、先進のIntel Skylakeプロセッサ上で実行する。】 '17.06.03

 Google Compute Engineサーバが、先進のIntel Skylakeプロセッサを搭載する。2017年6月1日
Eweek1_2
 By Jaikumar Vijayan、eEWEEK

 Googleのクラウド・サービスのユーザは、IntelのSkylakeプロセッサを搭載した、システム上で、自分たちの仮想マシン(VM)を実行する、オプションを持つようになる。

 今週、GoogleのCompute Engine(サービスとしての基盤)は、ユーザが、Intelの次世代Skylakeプロセッサを搭載した、クラウド・サーバ上で、自分たちのワークロードを実行できるようになるようだ。

 Googleによると、Skylakeベースの仮想マシン(VM)インスタンスは、最大64個の仮想CPUと、455GBのメモリをサポートできるようになるという。

 Skylakeベースの仮想マシン(VM)インスタンスは、高度な、ゲノムの研究、3Dレンダリング、ビッグデータ&分析といった、コンピュート集約型のワークロードを実行するよう設計されている。

 Googleは、Compute Engine(IaaS)用のクラウド・サーバに、IntelのSkylakeプロセッサのβを採用すると発表した。

 他のクラウド・サービス・プロバイダのように、Googleは、ユーザが、自分たちの要件に適合するよう、さまざまなタイプの仮想マシン(VM)を作成できるようにしている。

 Googleのクラウド・サービスは、高性能な、メモリ構成、CPUのタイプ、カスタム・マシンのタイプ、および、プレエンティブなVMを含む、オプションをサポートする。

 Googleによると、ユーザは、Skylakeベースのクラウド・サーバ上に、これらのタイプの、VMインスタンスのオプションを持つようになるという。

 次の2ヶ月間に、この技術に興味を持つ、ユーザは、追加料金なしで、Skylake VMを、実行できるようになる。

 また、プロモーション期間の終了後は、Skylake VMを望む、ユーザは、以前の世代のVWを実行するのと比較して、6%から10%プレミアム料金を支払うようになるようだ。

 Skylake VMは、現在、米国、西欧、および、東アジア・パシフィックのクラウド地域にいる、Googleのクラウド・サービスのユーザが、利用できるようになる。

 Googleは、最終的に、この技術を、他のクラウド地域のユーザに、利用できるようにする。

 Googleによると、Skylake VMに対する、ユーザの需要は、極めて強いという。

 Googleは、近い将来、他のクラウド地域をサポートするようになる。

 今週、Googleは、仮想マシン(VM)のインスタンス用に、メモリキャップを取り除いた。

 仮想マシン(VM)用に、以前の6.5GBの制限の代わりに、ユーザは、VM当たり、最大の455GBのメモリを持てるようになる。

 これにより、ユーザは、Googleのクラウド・サービス基盤において、インメモリのデータベースや、高性能なリレーショナル・データベースなどを実行するために、より柔軟性が与えられるだろう。

 Googleのクラウド・サービス基盤(IaaS)用のクラウド・サーバは、現在、Sandy Bridge、Ivy Bridge 、および、Broadwellを含む、さまざまなIntelプロセッサをベースにし、ユニークな機能と能力を提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

Andy Rubin氏のEssential Homeデジタル・アシスタント・デバイスが、Siri、Alexa、および、Cortanaデジタル・アシスタントを実行できるようになる。'17.06.03

【Andy Rubin氏のEssential Homeデジタル・アシスタント・デバイスが、Siri、Alexa、および、Cortanaデジタル・アシスタントを実行できるようになる。】'17.06.03

 Andy Rubin氏によると、Essential Phone-1(PH-1)は、ハイエンドのAndroidスマートフォンであり、Essential Homeを、AmazonのEcho音声対応デジタル・アシスタントのライバルにしたいと思っているという。 2017年6月1日

Wi0
 By Jeremy White、Wired
Wi1
 Android OSの生みの親、Andy Rubin氏により、設立された、Playground Studios(Essential)は、新たなハイエンドのAndroidベースのスマートフォン、Essential PH-1と、スタンドアロンのデジタル・アシスタント・デバイス、Essential Homeを明らかにした。

1)Essential PH-1スマートフォンの価格は、699ドルで、ベゼル・フリーなディスプレイ画面を持つ、ハイエンドな仕様を特徴としている。

 Essential PH-1スマートフォンのデザインは、業界でも最高のデザインのスマートフォンに、対抗できるよう設計されている。

 Essential PH-1スマートフォンの金属シャーシは、アルミニウム製ではなく、チタニウム製なので、丈夫で、キズが付きにくく、落下のショックにも強い。

 Essential PH-1スマートフォンは、Qualcomm 835プロセッサ、4GBのRAM、および、128GBのストレージを搭載し、最初は米国内で出荷される。

 Essential PH-1スマートフォンの重さは、185グラムで、背面はセラミック製であり、スクリーン画面には、丈夫で、キズの付きにくい、Corning Gorilla Glass 5ガラスを採用している。

 Essential PH-1スマートフォンの、5.7インチのQHDスクリーンは、4Kビデオを再生して、きれいに見るために、2560 x 1312ピクセルの解像度を持っている。

 Essential PH-1スマートフォンには、13MPデュアルRGBカラーとモノクロの、背面カメラ(HuaweiのP9とP10に似ている)と、前面の8MPの自撮りカメラが装備されており、スナップ写真を取ることができる。
Wi2_2
 Essentialは、磁気コネクタや無線データ転送を利用する、PH-1スマートフォンをサポートする、モジュラー・アクセサリのエコシステムも計画している。

Wi3
2)Essential Homeは、ユーザが、呼びかけたり、質問したり、タップしたり、あるいは、視線を向けたりすることで起動される、デジタル・アシスタント・デバイスであり、関連情報や通知メッセージなどを表示するための、円形のカラーのスクリーン画面を持っている。
Wi4
 Essential Homeデジタル・アシスタント・デバイスは、AmazonのEcho Showデジタル・アシスタント・デバイスの仕様と似ている。
Echoshow
 Essential Homeデジタル・アシスタント・デバイスのオペレーティング・システムは、Ambientと呼ばれる、独自のOSである。

 例えば、ユーザは、Ambient OSを搭載した、Essential Homeデジタル・アシスタント・デバイスを通して、音声コマンドで、タイマーを設定したり、居間の照明を制御したりすることができる。

 このAmbient OSは、ユーザが必要とするものを予測して、家をスマートにしようとすることはなく、その代わりに、ユーザの行動や質問から、ユーザの要求や、好みなどを学習し、ユーザの行動を示唆するようになるという。

 このため、ユーザは、Essential Homeデジタル・アシスタント・デバイスを使う程、自分に合ったアシスタントになるようだ。

 Andy Rubin氏によると、Ambient OSは、AndroidのようなオープンソースのOSになるという。

 Andy Rubin氏は、Ambient OSを搭載したデバイスで、独自のエコシステムを構築したいという望みを持っている。

 Essential Homeデジタル・アシスタント・デバイスのAmbient OSを、オープンソースにすることで、ライバルのデジタル・アシスタントである、AmazonのAlexa、GoogleのAssistant、MicrosoftのCortana、および、AppleのSiriを、Essential Homeデジタル・アシスタント・デバイスで動作させることも可能になるようだ。

Wi5
 Essentialによると、セキュリティに配慮して、Essential Homeデジタル・アシスタント用の情報処理は、クラウドではなく、デバイス上で、ローカルに処理され、大多数のデータを保持するようになるという。

 Essential Homeデジタル・アシスタント・デバイスに関する、詳細は、これから明らかになるようだ。

 Essential Homeデジタル・アシスタント・デバイスに、代表的なデジタル・アシスタントである、AmazonのAlexa、GoogleのAssistant、MicrosoftのCortana、あるいは、AppleのSiriを移植し、完全に利用でき、サポートできるようになれば、すごい戦略だと思う。

 スマート・ホーム市場に、新たなプラットフォームが提供され、中国などのハードウェア・ベンダが、Amazon Alexaや、Google Assistant、Microsoft Cortanaなどを利用できる、デバイス・アシスタント・デバイスを提供し、スマート・ホーム市場で、Ambient OSを搭載した、Essential Homeによる、エコシステムが確立されるかもしれない。

Reuter1
3)Essential PH-1スマートフォンの仕様のまとめ

・チタニウム製のボディ、セラミック製の背面、Corning Gorilla Glass 5ガラスのスクリーン画面

・高さ:141.5㎜

・幅:71.1㎜

・重さ:185グラム

・ツール:Archie VPN

・ディスプレイの解像度:2560 x 1312 QHD

・背面カメラ:13MP Dual RGB + モノクロ・カメラ、13MP Trueモノクロ・モード、f/1.85レンズ、30fpsでの、4Kビデオ、60fpsでの、1080p、120fpsでの、720p

・前面カメラ:16:9のアスペクト比を持つ、8MP、f/2.20固定超焦点レンズ、30fpsでの、4Kビデオ、60fpsでの、1080p、120fpsでの、720p

・バッテリー:高速に充電できる、3040mAhバッテリー

 「Essential PH-1スマートフォンの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

Googleは、8月までに、ショッピング・サービスで、EUから罰金を科せられるかもしれない。 '17.06.03

【Googleは、8月までに、ショッピング・サービスで、EUから罰金を科せられるかもしれない。】 '17.06.03

 EUの独占禁止規制当局は、2017年8月の夏休み前に、AlphabetのGoogleのショッピング・サービスに、多額の罰金を科すことを目指しているようだ。 2017年6月1日

Reuters1
 By Foo Yun Chee、Reuters

 欧州委員会(EC)の決定は、米国と欧州のライバルの数々の苦情を受け、世界で最も人気のあるインターネット検索エンジンへの、7年間の調査の結果である。

 EUの独占禁止規制当局は、2015年4月に、Googleが、自社のショッピング・サービスに有利なように、インターネットの検索結果を歪曲させ、ライバルや消費者に損害を与えているとして、Googleを批判していた。

 ECとGoogleは、このことに関する、コメントを拒否した。

 Googleは、これまで、オンライン小売業者である、AmazonやeBayからの競争を、EUの規制当局が無視していたことを理由に、この訴訟を拒否していた。

 EUの独占禁止法違反の有罪判決を受けた企業に対する罰金は、世界の売上高(Googleの場合、同社の2016年の売上高は約90億ドル)の10%に達する可能性があるという。

 EUの独占禁止規制当局は、罰金以外に、独占禁止法に違反する行為を停止するよう、Googleに指示するようであるが、競争相手が、インターネット・ショッピングの結果において、同等の扱いを受けることを確実にするために、どのような措置をとるかは明確にしていない。

 オブザーバによると、規制当局は、Googleが従うべき、一般な原則や、具体的な指示を出すことができるという。

 欧州委員会(EC)の判決は、Googleが、ライバルのWebサイトから、レビューや評価などのデータを検索して、収集することを止めるように要求することで、2013年に、GoogleのWeb検索事例に決着をつけた、米連邦取引委員会とは対照的である。

 また、Googleは、Androidモバイル・オペレーティング・システムを使用して、ライバルを搾取し、AdSense for Searchプラットフォームに関連する、オンライン検索広告において、競争相手をブロックしているとして、欧州委員会(EC)から告発されている。

 AdSense for Searchプラットフォームは、Googleが、オンライン小売業者、通信オペレータ、あるいは、新聞社などのWebサイトの、仲介者として機能できるようにしている。

 EUの独占禁止規制当局は、この両ケースにおいて、Googleに対し、大量の罰金を警告している。

 ベストセラーのアプライアンス

Smart algorithmが、Zurichの「living」3Dモデルを構築する。 '17.06.03

【Smart algorithmが、Zurichの「living」3Dモデルを構築する。】 '17.06.03

 Smart algorithmの研究者が、3次元の、Zurich市の生活モデルに、何100万もの画像とビデオを結合することにより、Google Street Viewの「ダイナミック版」として説明するものを構築する。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月 2日 (金)

世界のAR/VRヘッドデットの出荷台数が、2017年1Qに、堅調に増加した。 '17.06.02

【世界のAR/VRヘッドデットの出荷台数が、2017年1Qに、堅調に増加した。】 '17.06.02

 IDCのよると、世界のAR/VRヘッドセットは、2017年1Qに、堅調に増加したという。2017年6月1日

 IDC Worldwide Quarterly Augmented and Virtual Reality Headset Trackerによると、世界の拡張現実(AR)と仮想現実(VR)ヘッドセットの出荷台数は、2017年1Qに、継続して増加し、合計で、230万台になったという。

 IDCは、新製品のリストで、2017年後半における、AR/VRヘッドセットの出荷台数は、3桁成長すると予想している。

 VRヘッドセットは、2017年1Qに、出荷された、AR/VRヘッドセットの98%以上も占めていた。

 VRヘッドセット市場において、すべてのAR/VRヘッドセットの出荷台数の2/3は、SamsungのGear VRや、GoogleのDaydream Viewのような、スクリーン画面のないビューアであった。

 HTC Vive、Oculus Rift、および、SonyのPSVRといった、VRヘッドセットは、このVRヘッドセット市場全体の1/3を占めていた。

 2017年1Qにおける、ARヘッドセットの出荷台数は、新たな製品の出荷が開始され、2016年から、77.4%増加した。

 IDCは、殆どの消費者が、スマートフォンやタブレットといった、既存のモバイル・デバイスのカメラやスクリーン画面を使用して、AR経験を、体験できると期待している。

 AR/VRヘッドセット・ベンダのハイライト

・Samsungは、同社のGear VRヘッドセットで、このVR市場において、最も高い出荷台数を促し続けている。

 Samsungの最大の流通ネットワークと、Oculusと、同社のパートナーシップは、Samsungが、このVR市場をリードすることを可能にした。

・Sonyは、この2四半期に、PlayStation VRヘッドセットのみを出荷したが、トップ5に入った。

 Sonyは、VRヘッドセット、ゲーム機、および、コンテンツを含む、VRエコシステム全体を制御する。

 PlayStation 4sの大きなインストール・ベースと、AAAゲームのサポートで、Sonyは、このVRヘッドセット分野における、リーダとして残るだろう。

・HTC Viveは、最良のVR経験を提供する、ハイエンドのVRソリューションを提供した。

 消費者市場ではなく、商業市場において、HTCは、特に、アジアで増えている、VRカフェといった、商業施設に、VRソリューションを提供することで、成功している。

・Facebookの、Oculus Riftは、VRヘッドセット市場において、最初のプレミアムなVRヘッドセット製品になった。

 しかし、タッチ・コントローラの追加で、改善された、部屋の規模のトラッキングと、599ドルから、499ドルへの値下げで、IDCは、Oculusが、VR愛好家の代替を提供し続けると信じている。

・TCLは、Alcatel Idol 4/sスマートフォンをバンドルした、Alcatel VRヘッドセットの出荷台数で、トップ5になった。、

表1)2017年1Qにおける、世界のARとVRヘッドセット・ベンダの、トップ5の、出荷台数、シェア、 (単位:1000台)

ベンダ     2017年1Q出荷台数  2017年1Qシェア

Samsung             489.5                    21.5%
Sony                  429.0                    18.8%
HTC                  190.9                        8.4%
Facebook              99.3                        4.4%
TCL                     91.3                         4.0%
その他                980.0                       43.0%

合計                2280.0                      100.0%

ソース:IDC Worldwide AR/VR Headset Tracker、2017年6月1日

 この表は、ARとVRヘットセットだけの出荷台数を表しており、付加的なソフトウェア、サービス、あるいは、コンピュート・デバイス(例えば、PC、ゲーム機能、スマートフォンなど)は、含まれない。

 また、この表には、どのような技術も組み込まれていない、単純化な、VRヘッドセットの出荷台数は含まれない。

 このような単純化な、VRヘッドセットの例には、Google Cardboardや、他のCardboardのような、デバイスが含まれる。

グラフ1)2016年1Qから、2017年1Qにおける、世界のVRヘッドセットとARヘッドセットの出荷台数(単位:1000台)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年に、世界のスマートフォンの出荷台数が、回復する。 '17.06.02

【2017年に、世界のスマートフォンの出荷台数が、回復する。】 '17.06.02

 IDCによると、2017年に、世界のスマートフォンの出荷台数が、回復するという。'17.06.02

 IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Trackerkからの予測によると、世界のスマートフォンの出荷台数は、2017年に、僅かに回復し、前年から、3.0%減少するという。2017年5月30日

 2017年に、世界のスマートフォン市場に参入する、いくつかの主なデバイスで、IDCは、出荷台数が、2017年に、15.2億台に成長する見込みである。

 IDCは、2018年に、経済的な状態が改善されることに促され、スマートフォンの出荷台数が、前年から、4.5%増加すると予測している。

 2016年は、スマートフォンの出荷台数が、増加している、いくつかの市場において、興味のある年であった。

 スマートフォンの成熟市場である、米国と中国は、世界のスマートフォンの出荷台数の増加率を上回るペースで、増加している。

 低価格のローエンドのスマートフォンのユーザは、より能力のあるデバイスで、より強固な経験を求め初めている。

 メディアの消費、ゲーム、拡張現実と仮想現実、および、一定の接続は、ローエンドのスマートフォンが、より多くの機能や能力を持つ、傾向を促している。

 スマートフォン業界における、他の主なトピックは、ハイエンドのスマートフォン市場における、競争が激化することである。

 Samsungは、最近、Galaxy S8とGalaxy S8+スマートフォンの出荷を開始した。

 過去数年間で、ローエンドのスマートフォン市場の大きな成長にも関わらず、IDCは、まだ、完全に、ハイエンドのスマートフォン市場に期待し、機能、性能、および、デザインを向上させていると期待している。

 コンピューティング、ディスプレイ技術、カメラ、および、スマートフォンにおける、進歩は、自分たちのデバイスを新しくしたい、ハイエンド・ユーザの需要を促し続けるだろう。

 スマートフォンのプラットフォームのハイライト

・Android:スマートフォン市場の、Androidのシェアを取り巻く議論は、数年間、無関係になった。

 世界で、GoogleのOS、Androidを搭載している、スマートフォンの出荷台数は、スマートフォンの出荷台数全体の約85%を占めている。

 2021年に、出荷される、Androidを搭載した、スマートフォンは、15億台になり、スマートフォンの平均小売価格(ASP)は、198ドルになる見込みである。

 2018年に、中東&アフリカ地域における、Androidを搭載した、スマートフォンの出荷台数は、1年間で、10%増加することが予測されている。

・iOS:iPhoneスマートフォンの出荷台数は、2016年に、初めて減少したが、2017年には、3.8%増加することが期待されている。

 IDCは、2017年における、Appleのスマートフォンの出荷台数が、わずかに減少し、2億2360万台になる、2018年には、2億4040万台に増加すると予測している。

・Windows Phone:Windows Phoneを搭載した、スマートフォンの出荷台数は、ハードウェアのパートナーや、開発者のサポートの欠如で、減少を続けている。

 IDCは、2017年に、スマートフォンの出荷台数が、80.9%減少し、110万台になると予測している。

表1)世界のスマートフォンのプラットフォーム、ごとの出荷台数、シェア、年間成長率

 (単位:100万台)

             2017年   2017年  年間   2021年   2021年   年間
プラットフォーム  出荷台数   シェア  成長率  出荷台数  シェア  成長率  CAGR

Android            1,290.7      85.1%       3.5%      1,491.1      85.5%       3.1%      3.6%
iOS                 223.6       14.7%      3.8%         252.1      14.5%       1.4%      3.2%
Windows Phone          1.1        0.1%    -80.9%           0.3        0.0%    -18.0%   -44.8%
その他                     1.6         0.1%    -64.4%           1.0        0.1%      -5.3%    

合計                   1,517.0     100.0%       3.0%       1,744.6     100.0%       2.9%     3.4%

ソース: IDC Worldwide Quarterly Mobile Phone Tracker、2017年5月30日

グラフ1)2015年から2021年における、世界のスマートフォンの出荷台数の、スクリーン画面のサイズごとの予測、

 ベストセラーのアプライアンス

MicrosoftのSkypeは、Snapchatの大幅な再設計から、インスピレーションを引き出す。 '17.06.02

【MicrosoftのSkypeは、Snapchatの大幅な再設計から、インスピレーションを引き出す。】 '17.06.02

 MicrosoftのSkypeは、Snapchatの大幅な再設計から、インスピレーションを引き出す。2017年6月1日

Reuters2
 By Salvador Rodriguez、Reuters

 Microsoftのコミュニケーション・サービス、Skypeは、「ハイライト」機能を含む、モバイル・アプリの主な再設計を発表した。

 MicrosoftのSkypeのハイライト機能は、ユーザが、コネクションに、一時的に表示される、スナップ写真やビデオを撮れるようにする。

 MicrosoftのSkypeのハイライト機能は、Snapchatの「ストーリ」機能に、良く似ている。

 Snapchatの「ストーリ」機能は、ソーシャル・ネットワーク・サービスや、メッセージング・サービスにおいて、人気が高まっており、最近は、Facebookのアプリのファミリ(特に、Instagram)に組み込まれている。

 ハイライト機能は、MicrosoftのSkypeの改善に含まれている、重要な機能である。

 ちなみに、Skypeは、2006年に、ビデオ電話機能やサービスの提供を開始して以来、今回のような革新的な機能やサービスの改善を実施していない。

 今回のSkypeの機能やサービスの改善は、Microsoftが、2011年に、Skypeを、85億ドルで買収して以来、最も大規模なアップデートである。

 Skypeは、正確なユーザ数を公開していないが、世界で、数億人の月間ユーザがいると主張しており、この内の50%が、モバイル・デバイスで、Skypeを利用している、モバイル・ユーザだという。

 「ハイライト」機能の他に、新しいSkypeは、グループ・メッセージング機能や、ビデオ会議機能に重点を置いている。

 新しいSkypeにおいて、ユーザは、メッセージ・チャットで、絵文字や、GiphyのAnimated GIFを使用したり、魅力的で、カラフルな背景の上に、メッセージを送信したり、することができるようになる。

 新しいSkypeには、ユーザが、さまざまなことを行えるようにするよう、Microsoftによって作られた、チャットボットが搭載されている。

 チャットボットは、ユーザが、個人的に関心のあるニュースを得られるようする、Scoopや、Microsoftのデジタル・アシスタント、Cortanaが含まれる。

 新しいSkypeでは、ビデオ電話機能が改善され、ユーザ同士が、ビデオ通話中に、写真、ステッカー、絵文字、および、GiphyのAnimated GIFなどを送信できる、機能が追加されている。

 Skypeは、将来、ビデオ電話中に、ユーザ同士が、同じビデオを見たり、ゲームで対戦したりして、経験を共有できるようにしていきたいと考えている。

 「次世代Skypeの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

Waymoが、自動運転トラックの開発に取り組んでいる。 '17.06.02

【Waymoが、自動運転トラックの開発に取り組んでいる。】 '17.06.02

Reuters1
 Waymoが、自動運転トラックの開発に取り組んでいる。2017年6月1日

 Alphabetの自動運転車事業部、Waymoは、自動運転トラックの開発に取り組んでいる。

 Waymoは、自動運転車が、この数年間で、人間の運転手が、現地でのピックアップ、および、配送ルートを処理できるようにしながら、長距離輸送トラックとして利用できるようにする、自動運転トラックを実用化することに取り組んでいる。

 Waymoは、8年間に渡る、自動運転車の、ハードウェアとソフトウェアの構築経験を持っており、同社の技術を、どのように、自動運転トラックに統合するかについての、技術的な調査を実施している。

 他に、自動運転トラックの開発に取り組んでいる、ベンダには、配車サービス会社、Uber Technologiesがいる。

 Uberは、昨年買収した、Otto事業部を通して、自動運転トラックの開発に取り組んでいます。

 ベストセラーのアプライアンス

Andy Rubin氏が、Essential Phoneスマートフォンで、モバイル市場に参入する。(2) '17.06.02

【Andy Rubin氏が、Essential Phoneスマートフォンで、モバイル市場に参入する。(2)】 '17.06.02

 Android OS生みの親の1人である、Andy Rubin氏が、Essential Phoneと呼ばれるスマートフォンで、モバイル市場に参入する。2017年5月31日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Andy Rubin氏は、Androidオペレーティング・システムの生みの親の1人として、よく知られている。

 Andy Rubin氏は、新たなベンチャー、Essentialを設立した。

 Essentialは、ハイエンドのスマートフォンと、スマート・ホーム・ハブの両方を提供する、新たなハードウェア会社である。

   (続き)

6.Essential Phoneは、SIMロックされていない、スマートフォンである。

Eweek16
 Essential Phoneは、SIMロック解除されたスマートフォンである。

 Essential Phoneスマートフォンには、GSM、または、CDMAキャリア・ネットワークを使用するかどうかに関わらず、ユーザが、無線キャリアを選択し、無線ネットワークに接続できるようにする、デュアルラジオが搭載されている。

7.Essential Phoneスマートフォンの、メモリとストレージの容量は、特出している。

Eweek17_2
 メモリとストレージの容量は、スマートフォンの動作に、重要である。

 Essential Phoneスマートフォンには、標準で、4GBのRAMと、128GBのストレージが搭載されており、多くのユーザにとって、どちらも十分な容量だろう。

8.Essential Phoneスマートフォンは、バッテリーの、無線充電をサポートしている。

Eweek18
 Essential Phoneスマートフォンは、USB-Cポートと、3040mAhバッテリーが搭載されている。

 Essential Phoneスマートフォンには、高速充電可能な、長寿命のバッテリーが搭載されているが、1回の充電で、通常、どれぐらい使用できるかは、明確に発表されていない。

 Essential Phoneスマートフォンは、独自のコネクタで、無線充電でき、ユーザは、充電中にも、スマートフォンを使用することができる。

9.Bluetooth、および、Wi-Fiと互換性がある。

Eweek19
 Essential Phoneスマートフォンには、ユーザが、知っておくべき、いくつかの仕様がある。

・Essential Phoneスマートフォンは、Bluetooth 5.0 LE、および、802.11ac WiFiと互換性がある。

・Essential Phoneスマートフォンには、高速の指紋リーダが搭載されている。

・Essential Phoneスマートフォンは、電話や、音声チャット、ビデオ・チャットなど用に、4つのマイクを装備している。

10.ロック解除された、Essential Phonesスマートフォンは、699ドルで販売される。

Eweek110
 Essentialによると、Essential Phonesスマートフォンは、ロック解除され、699ドルで販売されるという。

 このEssential Phonesスマートフォンは、EssentialのWebサイトで、予約注文できるが、何時、出荷が開始されるかは、明らかにされていない。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年6月 1日 (木)

Andy Rubin氏が、Essential Phoneという、スマートフォンで、モバイル市場に参入する。(1) '17.06.01

【Andy Rubin氏が、Essential Phoneスマートフォンで、モバイル市場に参入する。(1)】 '17.06.01

 Android OS生みの親の1人である、Andy Rubin氏が、Essential Phoneと呼ばれるスマートフォンで、モバイル市場に参入する。2017年5月31日

Eweek10
 By Don Reisinger、eWEEK

 Androidオペレーティング・システムの生みの親の1人として、よく知られている、Andy Rubin氏が、新たなベンチャー、Essentialを設立した。

 Essentialは、ハイエンドのスマートフォンと、スマート・ホーム・ハブを提供する、新たなハードウェア会社である。

 Essential Phoneと呼ばれる、スマートフォンは、競争の激しい、スマートフォン市場において、強力なプロセッサや、エッジ・ツー・エッジのディスプレイを装備し、699ドルで販売される、プレミアム・エントリー・デバイスになる。

 Essential Phoneは、そのクラスで最高の、グラフィクス・システムを装備し、標準のAndroidオペレーティング・システムを採用している。

 Andy Rubin氏が、設立した、Essentialは、Essential Phoneスマートフォンで、モバイル市場の有力なハードウェア・ベンダになる。

 Essential Phoneスマートフォンの特徴を紹介する。

1.スマートフォンのスクリーン画面は、Essential Phoneスマートフォンの顔になる。

Eweek11
 Essential Phoneスマートフォンは、クワッドHDの解像度と、19対10のアスペクト比を持つ、5.17インチのスクリーン画面を持っている。

 しかし、より重要なことは、Essential Phoneスマートフォンの側面と上部に、極めて薄いベゼルを採用していることである。

 Samsungは、同社のプレミアム・スマートフォン、Galaxy S8ラインは、機能を特徴としている。

 Appleは、プレミアム・スマートフォンとして、iPhone 8を計画している。

2.Essential Phoneスマートフォンは、最新のQualcommプロセッサを搭載している。

Eweek12
 Essential Phoneスマートフォンは、Qualcomm Snapdragon 835プロセッサを採用している。

 このQualcomm Snapdragon 835プロセッサは、Samsungの、Galaxy S8とGalaxy S8+の両スマートフォンに、採用されている。

 Essential Phoneスマートフォンは、710Mhzのクロック速度を持つ、Adreno 540 GPUを採用している。

 Essential Phoneスマートフォンは、Qualcomm Snapdragon 835プロセッサと、Adreno 540 GPUを採用することで、ストリーミング・ビデオ、仮想現実/拡張現実アプリ、3Dグラフィクスの対話型ゲーム、音声や画像の認識などを、よく使用する、ユーザの要求に合った、性能とパワーを提供する。

3.Essential Phoneスマートフォンは、Andy Rubin氏の、AndroidモバイルOSを搭載している。

Eweek13
 Essentialは、このEssential Phoneスマートフォンに、オリジナルをAndy Rubin氏らが作成した、Androidオペレーティング・システムを搭載することを決定した。

 Essentialは、標準のAndroidオペレーティング・システムを選択した。

 これは、カスタマイズされたスキンを細工した、Essentialの競合他社のほとんどの、スマートフォンとは対照的である。

4.Essential Phoneスマートフォンは、丈夫な素材を使用して、作成されている。

Eweek14
 Essentialは、Essential Phoneスマートフォンに、チタニュームとセラミックの素材を使用する。

 Essential Phonesスマートフォンのバックプレートに使用されている、セラミックは、光沢があり、見た目も美しく、丈夫で、スマートフォンに、望ましい素材になった。

 フレームに採用される、チタニュームは、アルミニュームよりも固い素材であり、高い所から落としても、大丈夫な、耐久性がある。

 スクリーン画面にも、丈夫な素材である、Corning Gorillaガラスを採用している。

5.Essential Phoneスマートフォンは、2台の背面カメラを持っている。

Eweek15
 Essential Phoneスマートフォンには、2台の背面カメラが搭載される。

 Essential Phoneスマートフォンのカメラには、競合他社のスマートフォンのカメラより、多くの光を捕獲するために、高感度なカラーとモノクロのセンサーが使用されている。

 Essentialによると、Essential Phoneスマートフォンは、高感度なカメラを持ち、薄暗い場所でも、鮮明な写真を撮影できるという。

    (続く)

 「Essential Phoneスマートフォンの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

次世代の広告測定ソリューション、Ads Data Hubの紹介 '17.06.01

【次世代の広告測定ソリューション、Ads Data Hubの紹介】 '17.06.01

 広告測定ソリューション、Ads Data Hubで、広告主は、より安全で、プライバシーが考慮された環境において、さまざまなデバイス・メディア・キャンペーンに関する、詳細なインプレッション・レベルのデータをアクセスできるようになる。 2017年5月24日

 By Geoff Samek、 Googleの広告チームのブログ

 Googleの広告チームから、企業のマーケッタが、自分たちの広告キャンペーンから、洞察を明らかにするために、Google CloudとBigQueryを使用することができるようになる方法である、広告測定ソリューション、Ads Data Hubに関する、ニュースがあった。

 広告測定ソリューション、Ads Data Hubは、BigQueryが、さまざまな企業の用途に渡り、データのアナリストに提供する、優れたパワー、柔軟性、セキュリティ機能の例である。

 モバイルは、我々の暮らしを、基本的に変えた。

 我々は、モバイル・デバイスを使用して、何時でも、何処に居ても、さまざまな商品やサービスを見つけたり、仕様や価格など評価したり、他の人たちの意見を参考にしたりしながら、注文し、購入できるようになった。

 2017年の初めに、Googleの広告チームは、モバイル向けに設計された、新しいクラウド・ベースの、YouTube用の広告測定ソリューションを開発しているという、ニュースを、同社のブログに投稿した。

 Googleは、今回、この広告測定ソリューションのβ版である、Ads Data Hubを発表し、ユーザのプライバシーを保護しながら、広告主が、キャンペーン全体の詳細な分析結果を、ディスプレイの画面上に表示できるようにした。

 Googleの広告チームは、Ads Data Hubが、YouTubeの広告だけ用の、広告測定ソリューションではなく、より多くのデータへのアクセスを提供し、Google Display NetworkやDoubleClickを含む、Googleの広告プラットフォームに渡り、実用的な洞察を獲得できるよう支援する、ツールであると発表した。

 Googleの広告測定ソリューション、Ads Data Hubは、β版になり、使用できる人を広げている。

 Google BigQueryを含む、Google Cloudの広告プラットフォーム上に構築された、広告測定ソリューション、Ads Data Hubは、広告主や、推奨測定パートナーに、より安全で、プライバシーを考慮した環境において、さまざまなデバイスに渡り、メディア・キャンペーンに関する、詳細なインプレッション・レベルのデータへのアクセスを提供する。

 Ads Data Hub広告測定ソリューションで、広告主は、CRMシステム、あるいは、マーケティング・データベースといった、他のソースからのデータも、取り込むことができるようになる。

 広告主、あるいは、推奨測定パートナーは、データを分析したり、ビジネスに固有の洞察を引き出したりできるようになる。

 例えば、e-コマースの小売業者は、コンバージョンへのパスを理解したい場合、顧客に関する、オンライン・データを、BigQueryに追加することができるようになる。

 また、Ads Data Hub広告測定ソリューションは、小売業者が、顧客に関する、オンライン・データを、自分たちの広告データと、結合できるようにする。

 プライバシーの観点から、安全なクラウド環境から、ユーザ・レベルのデータを、除去することはできない。

 インプレッション・レベルのデータは、分析の目的と、洞察の生成のためにのみ、アクセスできる。

 将来、広告主は、Ads Data Hub広告測定ソリューションから得た、洞察に基づいて行動でき、より正確に、広告メディアを購入することができるようになる。

 初期のαパートナーとして、Omnicom Media Groupは、Ads Data Hub広告測定ソリューションを定義することを支援してきた。

 Omnicom Media Groupは、Ads Data Hub広告測定ソリューションを通して、利用可能なデータ量と、可能になる、さまざまな分析と、カスタム問合せの両方の観点から、大きな価値を見い出している。

 マーケッタは、これまで以上に困難な、マーケティング上の課題を解決しようとしている。

 Googleとのパートナーシップと、Ads Data Hub広告測定ソリューションの活用で、マーケッタは、より幅広い質問に答えることができ、分析サービスを改善することができる。

 モバイルへの移行に伴い、消費者の行動は、変化してきた。

 マーケッタには、この新しいモバイルの世界における、マーケティングを理解するのに役立つツールが必要であり、Ads Data Hubは、重要な広告測定ソリューションへの、最初のステップを提供する。

 「Ads Data Hub広告測定ソリューション」の紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

箱根の湿性花園とガラスの森美術館 '17.06.01

【かみさんと、久々に行った、箱根の湿性花園とガラスの森美術館です。】

 箱根でも、湿性花園の辺りは、暑いです。

 ガラスの森美術館では、日傘も貸し出しており、ソフトクリームで涼をとりました。

  梅雨になり、さらに暑くなりますが、健康に気を付けて、元気にお過ごしください。

 箱根の湿生花園

Img_20170530_113946
Img_20170530_114918
Img_20170530_113425
Img_20170530_112752
 箱根ガラスの森美術館
Img_20170530_124257
Img_20170530_124335
Img_20170530_125922_2
Img_20170530_125423

 ベストセラーのアプライアンス

Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。(3) '17.06.01

【Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。(3)】 '17.06.01

 Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。 2017年5月30日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Googleは、米国の大人が、次の仕事を見つけることを支援するよう、設計された、「Google for Jobs」と呼ばれる、職探しサービスを開発している。

   (続き)

9.Googleは、現在の求人掲示板サービスに取って代わるのだろうか?

Eweek29_2
 大きな疑問の1つは、Google for Jobsが、現在の求人掲示板サービスに取って代わる可能性があるかどうかである。

 Googleは、現在、LinkedIn、CareerBuilder、Facebookといった、リクルート活動に利用できる、いくつかの代表的SNSサイトと提携しているが、最終的に、ユーザは、複数のソースからの求人情報を検索できるようになるので、Googleの職探しサービスを選択する可能性がある。

 Googleによると、Google for Jobs職探しサービスは、既存の、求人掲示板サービスと競合しているわけではないが、他の求人情報検索サービスと、同じぐらい、人気があることが分かった場合、パートナーの求人情報サービスの一部を絞ることができるという。

10.Google for Jobs職探しサービスは、何時ごろ、利用できるようになるか?

Eweek210
 Googleは、Google for Jobs職探しサービスを、何時ごろ、開始するかを、明らかにしていない。

 ただし、Googleによると、Google for Jobs職探しサービスは、今後、数週間以内に、利用できるようになるという。

 Google for Jobs職探しサービスは、数多くのパートナーと提携して、開始される予定であり、他のパートナーを追加することもできるようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月31日 (水)

Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。(2) '17.05.31

【Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。(2)】 '17.05.31

 Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。2017年5月30日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Googleは、米国の大人が、次の仕事を見つけることを支援するよう、設計された、「Google for Jobs」と呼ばれる、職探しサービスを開発している。

   (続き)

4.自動位置検出機能は、特定の地域向けに、求人情報を調整できるようにする。

Eweek24
 求人者は、求職者に、特定の地域での、求人情報の検索を促すことができる。

 Google for Jobsは、自動的に、求職者の場所を特定したり、その地域の求人情報を取り込んだりするようになる。

 Google for Jobsは、求職者が、自分たちの地域以外の場所の、求人情報も、検索できるようにする。

5.いくつかのフィルターは、さらに、適切な求人情報を探しやすくする。

Eweek25
 Google for Jobsは、多くのフィルターを提供し、求職者が、より適切な求人情報を見つけられるようにする。

 これらのフィルターは、小売といった、仕事の幅が広い、特定の業界において、特に、有用である。

 求職者は、例えば、小売店の管理者の仕事を探すために、自分たちの検索基準(職種、給料、勤務時間、福利厚生などの求人条件)を、フィルターすることで、最も合った、求人情報を見つけ易くなる。

 フィルターは、求職者が、自分に合った、求人条件の情報を見つけ易くするために、使用される。

6.雇用者は、方針を変える必要はないだろう。

Eweek26
 Google for Jobsは、少なくとも、サービス開始時には、雇用者が、求人方法を変更することを要求しない。

 求職者は、単に、希望する、仕事のポストを選択できるよう、求人リストに登録することができる。

 この求人リストは、Google for Jobsにより、自動的にアクセスされる。

7.Googleは、迅速な適用に関する示唆をした。

Eweek27
 Googleによると、求職者は、Google for Jobsを通して、仕事のポジションを適用できるようになるという。

 Google for Jobsは、手早く、容易に、Googleは、求職者が、より少ない時間で、いくつかの仕事のポジションを適用できるようにする。

8.Google for Jobsサービスは、職探しにおける、大きな問題を解決するために、開発され、提供される。

Eweek28
 Google I/O開発者コンファレンスで、Googleは、現在の、職探しにおける、問題を指摘することにより、Google for Jobsサービスの提供を開始することを正当化した。

 GoogleのCEO、Sundar Pichai氏は、米国の求職者の46%が、才能不足に直面し、雇用情勢を満たしている問題があると指摘した。

 Google for Jobsは、求人者と応募者を、適切につなぎ、職探しの問題を緩和させるよう設計されている。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。(1) '17.05.31

【Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。(1)】 '17.05.31

 Google for Jobsは、仕事を探している人を対象にしている。 2017年5月30日

Eweek20
 By Don Reisinger、eWEEK

 Googleは、米国の大人が、次の仕事を見つけることを支援するよう、設計された、「Google for Jobs」と呼ばれる、職探しサービスを開発している。

 この求人情報の検索サービスは、職探しの過程で、求職者を支援する。

 Google for Jobsは、求職者が、より適切な仕事を見つけられるよう、マシン学習を使用している、求人情報の検索サービスである。

 求人情報の検索サービスは、Monster.com、Facebook、あるいは、CareerBuilderといった、他のITベンダと、パートナーを組んで、求職者向けに提供される。.

 この求人情報の検索サービスは、自動的に、求職者の場所に合った、企業の求人情報を、見つけられるよう支援する。

 Google for Jobsは、求人情報の検索の結果を狭めるために、フィルターを持つようになる。

 Google for Jobsを取り巻く、多くの疑問がある。

 従来の企業の求人が、新たな競争力のある課題になっていることは、明確でなない。

 Google for Jobs求人情報の検索サービスが、開始された時に、求職者に及ぼす影響を検証する。

1.Google for Jobsは、新たな求人情報の検索サービスになるだろう。

Eweek21
 Google for Jobsは、アプリではなく、求職者が、特定の場所において、利用できる仕事を見つけることを助ける、本格的な求人情報の検索機能とサービスである。

 Google for Jobsは、デスクトップPCと、モバイル・デバイスの両方の、Webブラウザで利用できるようになる。

2.Googleは、パートナーと、この求人情報の検索サービスを提供していく。

Eweek22
 地理的に離れた場所の求人情報を見つけるために、Googleの求人情報の検索サービスを提供するために、Googleは、LinkedIn、Facebook、Monster.com、CareerBuilder、および、Glassdoorとパートナーを組むことを計画している。

 LinkedInやFacebookのようなサイトは、Google for Jobsのコンテンツをフィードし、Google for Jobsを、さまざまなサービスに渡る、求人リストのレポジトリにしていく。

3.マシン学習は、Google for Jobsにおいて、重要な役割を演じる。

Eweek23
 このGoogle for Jobs求人情報の検索サービスの人工知能(AI)は、ユーザのスキルに応じて、仕事を分類するようになる。

 コンテンツを探したり、適切でない、いくつかの結果を表示するのではなく、Google for Jobs求人情報の検索サービスは、最も適切な、求人情報の検索結果が、求職者に提供されることを確かにする。

参考 : 【Googleは、人々が、仕事を見つけるのを支援するために、検索機能に、マシン学習技術を使用する。】 '17.05.24

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Andy Rubin氏のEssential Productsが、モジュール型スマートフォンと、Amazon Echoスピーカのライバルを発表した。 '17.05.31

【Andy Rubin氏のEssential Productsが、モジュール型スマートフォンと、Amazon Echoスピーカのライバルを発表した。】 '17.05.31

 By macrumors

 Andy Rubin氏が設立した、Essential Productsが、モジュール型のハイエンド・スマートフォン、Essential Phoneと、Amazon Echoスピーカのライバル、Essential Homeアシスタント・デバイスを発表した。2017年5月30日

 Androidオペレーティング・システムの制作者の1人である、Andy Rubin氏が設立した、新会社、Essential Productsは、エッジ・ツー・エッジのディスプレイを持つ、モジュール型のチタニューム製の、ハイエンド・スマートフォン、Essential Phoneと、Amazon Echoスピーカと競合する、Essential Homeアシスタント・デバイスを含む、同社の製品群を、Codeコンファレンスで発表した。

1)Essential Phoneスマートフォンは、5.71インチのエッジ・ツー・エッジのQHDディスプレイを特徴とし、高性能な、8メガピクセルの前面カメラを装備している。

Cnn1
 Essential Phoneスマートフォンのデザインは、カメラと、関連するコンポーネントを収納する最小のベゼルを保持している、SamsungのGalaxy S8とは、対照的に、モジュール型のデザインになっている。

 Essential Phoneスマートフォンは、アルミニュームではなく、チタニュームとセラミックで構築されており、落下テストに、生き残れるよう、強固に作成されている。

 指紋センサーとカメラ・レンズの他に、Essential Phoneスマートフォンの背面には、磁気ピンのペアを介して動作する、モジュラー・アクセサリ・システムが装備されている。

 Essential Phoneスマートフォンの底には、USB-Cコネクターが付いており、接続性を提供しているので、イヤフォン・ジャックは付いていない。

 Essential Phoneスマートフォンには、Qualcomm 835プロセッサ、4GBのRAM、および、128GBのストレージが搭載されている。

 Essential Phoneスマートフォンの背面にある、13メガピクセルの、デュアル・レンズ・カメラには、モノクロ・センサーが付いており、1秒当たり、30フレームで、4Kの解像度をサポートする。

 Essential Phoneスマートフォンには、Androidのいくつかの版が搭載されるが、Essential Productsは、特に、プレインストールする、ソフトウェアを約束していない。
 Essential Phoneスマートフォンには、黒、グレイ、白、オーシャンデプスの4色が、用意されており、2017年の夏に、米国において、699ドルで販売される予定である。

 「Essential Productsのスマートフォン、Essential Phoneの紹介ビデオ」

2)Essential Productsは、Amazon Echoスピーカの競合デバイスである、Essential Homeアシスタント・デバイスも出荷する予定である。

Cnn2
 Essential Homeアシスタント・デバイスは、丸いタッチスクリーンを持つ、傾斜したトップを特徴とし、比較的目立たない、パック状の形状をしている。

 ユーザは、Essential Homeアシスタント・デバイスを使用して、音声コマンドで、音楽を制御したり、興味のあることや、知りたいことを質問をしたり、スケジュールの時間を設定したり、家の照明や空調などを制御したり、オンライン・ショッピングしたりできるようになる。

 Essential Productsによると、Essential Homeアシスタント・デバイスの、デジタル・アシスタントは、質問したり、タップしたり、一瞥したりすることで、活性化されるという。

 Essential Homeアシスタント・デバイスには、カメラも装備され、ユーザの顔を識別する能力を持つようになることも噂されている。

 Essential Homeアシスタント・デバイスには、同社のオープンなプラットフォームである、Ambient OSが搭載されるようだ。

 これにより、Essential Homeアシスタント・デバイスは、SmartThings、HomeKit、Nest、および、他のポピュラーな標準と共に、既存のスマート・ホーム製品と、相互接続し、相互運用できるようになる。

 このEssential Homeアシスタント・デバイスは、画面上に表示された、コンテキスト情報を使用して、通知やリマインダーもサポートようだ。

 Essential Homeアシスタント・デバイスは、価格設定が、まだ、発表されていないが、2017年の晩夏には、出荷されることが期待されている。

 ベストセラーのアプライアンス

Androidクリエータが、新たなスマートフォンと、ホーム・アシスタント・デバイスを発表する。 '17.05.31

【Androidクリエータが、新たなスマートフォンと、ホーム・アシスタント・デバイスを発表する。】 '17.05.31

 Androidオペレーティング・システムの作成者が、新たなスマートフォンと、ホーム・アシスタント・デバイスを発表する。 2017年5月30日

 By Stephen Nellis、Reuters

 Androidモバイル・オペレーティング・システムの共同開発者、Andy Rubin氏が、ハイエンドのスマートフォンや、ホーム・アシスタント・デバイスを作成し、販売する、Essential Productsと呼ばれる会社を設立した。

 Palo Altoを拠点とする、Essential Productsによると、新たなEssentialのスマートフォンは、エッジ・ツー・エッジのスクリーン画面、チタニュームとセラミックのケース、および、2台のカメラを特徴とする。
Cnn
 Androidを搭載した、Essential Productsのハイエンドのスマートフォン、Essential Phoneは、AppleのiPhoneやSamsungのGalaxy S8といった、他のハイエンドのスマートフォンに対抗できる、機能や性能を持ち、699ドルで販売されるようだ。

 「Essential Productsのスマートフォン、Essential Phoneの紹介ビデオ」

 また、Essential Productsは、Homeと呼ばれる、ホーム・アシスタント・デバイスも、作成し、販売する。

 このEssential ProductsのHomeアシスタント・デバイスは、Alexa音声サービスを組み込んだ、Amazon.comのEchoスピーカや、Google Assistant音声サービスを組み込んだ、AlphabetのGoogle Homeスピーカと競合する。

 Essential Productslは、Homeアシスタント・デバイスのユーザが、音声対応デジタル・アシスタントとして、AmazonのAlexsaデジタル・アシスタント、GoogleのAssistantデジタル・アシスタント、あるいは、AppleのSiriデジタル・アシスタントを、選択できるようにするようだ。

 ただし、Essential Productsは、同社のHomeアシスタント・デバイスで、AppleのSiriを、どのように、利用できるようにするのかは、明確にしていない。

 AmazonとGoogleは、他のベンダが、自分たちのデバイスに、両社のデジタル・アシスタントを組み込むために必要な、ソフトウェアやAPIといった、リソースや情報を提供しているが、Appleは、同社のデジタル・アシスタントを、自分たちのデバイスに組み込むための、リソースや情報を公開していない。

 Essential Productsは、AppleのSiriデジタル・アシスタントを、Homeデバイスに組み込む方法について、詳しく説明することを断り、Appleは、コメントすることを控えた。

 Essential ProductsのHomeアシスタント・デバイスは、iPhoneのように、リモート・サーバにデータを送信するのではなく、デバイス自体で、音声や画像の認識処理の多くを行うようだ。

 Essential Productsによると、Homeアシスタント・デバイスは、クラウドを経由することなく、ホーム・ネットワークを介して、直接、照明やサーモスタットのような、ホーム・アプライアンスとコミュニケートするようだ。

 AppleのHomeKitシステムは、Essential ProductsのHomeアシスタント・デバイスと、似たアプローチを取っている。

 Androidオペレーティング・システムを共同で開発し、2005年に、Googleに売却した、EssentialのCEO、Rubin氏は、2013年まで、Googelで、モバイルやロボットの取り組みをリードしていたが、2014年に、Googleを離れ、ハードウェア会社の設立に取り組むことに、焦点を合わせていた。

 ハードウェア会社、Essential Productsの投資家には、中国の技術ベンダ、Tencent Holdings、iPhone契約メーカ、Foxconn、Redpoint Ventures、および、Altimeter Capitalがいる。

 Essential Productsは、数週間後に、Homeアシスタント・デバイスの出荷日程を発表する計画である。

 Essential Productsは、スマートフォンやHomeアシスタント・デバイスを、顧客に、どのように販売する計画であるかは、明確にしていないが、スマートフォン・メーカのHTCに在籍し、北米での販売チャネルの責任者をしていた、Wolfgang Muller氏を、スタッフに採用したことを明らかにした。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月30日 (火)

Googleは、マーケッタに、広告の性能を測定するための、新たな方法を提供する。 '17.05.30

【Googleは、マーケッタに、広告の性能を測定するための、新たな方法を提供する。】 '17.05.30

 Googleは、マーケッタに、広告の性能を測定するための、新たな方法を提供する。2017年5月25日

Eweek3
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Google Ads Data Hubは、広告主に、ユーザが、モバイルや、他のデバイスに渡り、自分たちのWeb広告と対話している方法への、より良い洞察を提供するだろう。

 インターネット広告から、同社の売上と利益の、殆どすべてをもたらすので、Googleは、自分たちのマーケティンング・キャンペーンが、効果的に、Googleのオンライン・プロパティに渡り動作している方法を、より良く理解するのを助けることから、多くを得ている。

 今週、Googleは、広告の性能を測定するための、クラウド・ベースの測定プラットフォームを紹介した。

 Googleによると、この測定プラットフォームは、広告主に、YouTube、DoubleClick、Google Displayネットワーク、および、他の広告プラットフォームに渡る、広告キャンペーンと、モバイル・ユーザとの対話に、詳細な情報を提供するという。

 Ads Data Hubは、Googleのクラウド基盤の上に構築され、同社のBigQueryビッグデータ分析サービスと統合される、

 Googleによると、このAds Data Hubは、広告主に、モバイルや他のデバイスに渡り、自分たちのマーケティング・キャンペーンに関する、印象レベルのデータを見るための方法を提供するという。

 「Ads Data Hubの紹介ビデオ」

 モバイルは、我々の生活の方法を、基本的に変えてきた。

 モバイル・デバイスで、人々は、何時でも、どんなものでも、見つけたり、参照したり、購入したり、できるようになった。

 Ads Data Hubは、マーケッタが、より多くの、モバイル・ユーザを標的にし、モバイル・ユーザへのタイムリーな広告と、デバイスに渡る、ユーザの行動に関する情報や、過去の検索、および、統計情報を結合する方法を提供することを支援するよう、設計されている。

 さらに、Ads Data Hubのユーザは、自分たちのキャンペーンと、エンゲージする方法を、より良く理解するために、マーケティング・データベース、あるいは、CRMシステムといった、他のシステムから、データを引き出し、分析できるようになる。

 Googleが、最初に、Ads Data Hubを開発する、計画を発表したときに、同社は、広告主を、より良く測定するのを支援するための、主なツールは、ユーザが、モバイルや、他のデバイス上の、YouTubeキャンペーンと対話していた方法を測定するのを支援することを説明した。

 今週、提供される、Googleのツールは、複数のGoogleオンライン・プロパティに渡り、広告の性能を測定することができる。

 独自の測定ツールに加え、Googleは、広告主や、広告代理店が、Googleのサイトでの、キャンペーンの効果を測定するのを支援するために、Nielsen、comScore、および、DoubleVerifyを含む、3rdパーティの測定ベンダと協調することに、コミットした。

 広告の測定は、GoogleやFacebook予測のホット・ボタンになった。

 多くの広告主は、GoogleやFacebookにより、提供される、広告の性能指標に、不満を募らせている。

 広告主は、GoogleやFacebookのような、ベンダが、自分たちのプロパティ上の、広告性能を測定するために、このデータや方法への、相対的なアクセスへの欠如に、不満を感じている。

 Googleの最大の広告主の多くは、YouTubeや、Googleのディスプレイ・ネットワーク上に、マーケティング・メッセージを表示する、Googleの自動広告位置づけシステムにも、不満を感じている。

 例えば、2017年はじめに、London Timesによる、投資レポートは、自分たちの広告が、テロリストの組織が投稿したビデオに、掲載されたことを示した後、米国や英国の、主なブランドは、YouTubeから、自分たちの、広告を撤去した。

 ベストセラーのアプライアンス

ソフトウェア定義ネットワーキングは、データセンターの近代化を助ける。(4) '17.05.30

【ソフトウェア定義ネットワーキングは、データセンターの近代化を助ける。(4)】 '17.05.30

 ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)が、データセンターの近代化を支援する、方法を紹介する。2017年5月22日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 最新のソフトウェアや基盤で、データセンターをアップグレードする、企業の数が増えており、企業は、データを移行し、保護するために、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)サービスといった、技術に注目している。

   (続き)

9.SDNは、集中化された管理を可能にする。

Eweek69
 集中化された管理は、より迅速なオペレーションと実行を可能にする。

 集中された管理は、コストの制御を支援する、より迅速なオペレーションや実行を可能にする。

 完全なエンドツーエンドの自動化は、ネットワークのリソースを準備し、エラーを低減させ、サービスのレベルを改善する。

 完全なエンドユーザの自動化は、ネットワークの機能やトラフィックの、シームレスで、ほぼ、リアルタイムな管理を提供するために、APIを使用する。

10.SDNは、より洗練された、ネットワーク機能を提供する。

Eweek610
 ヘルプを近代化することは、機能性を実装することにより、オペレーショナルな効果を改善する。

 このネットワークの変革は、機能性を実装することにより、企業に、オペレーショナルな効果を改善するのを支援する、より洗練されたネットワーク機能セットと、サービス経験へのアクセスを提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

ソフトウェア定義ネットワーキングは、データセンターの近代化を助ける。(3) '17.05.30

【ソフトウェア定義ネットワーキングは、データセンターの近代化を助ける。(3)】 '17.05.30

 ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)が、データセンターの近代化を支援する、方法を紹介する。2017年5月22日

Eweek60
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 最新のソフトウェアや基盤で、データセンターをアップグレードする、企業の数が増えており、企業は、データを移行し、保護するために、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)サービスといった、技術に注目している。

   (続き)

6.より洗練されたネットワーク対策を実施する。

Eweek66
 SDNは、より洗練された、セキュリティ・システムを可能にする。

 セキュリティ上の脅威が増えているため、企業は、複数のセキュリティ対策を実施している。

 SDNでは、分析レイヤと組み合わせて、より洗練されたセキュリティ・システムを使用して、ベンダの囲い込みを排除する。

7.SDNは、ネットワーク境界セキュリティを強化するのを支援する。

Eweek67_2
 SDNは、潜在的なデータ侵害から保護するために、ネットワークへ、セキュリティを、容易に構築できるようにする。

 SDNは、潜在的なデータ侵害から保護するために、パブリック・クラウドに渡り、デバイスやアプリへのセキュアなアクセスを可能にする、「検出不能」アプローチを使用する、ソフトウェア定義境界(SDP)といった、ツールを使用して、ネットワーク層に、容易に、セキュリティを構築できるようにする。

8.選択的なクラウド接続を通して、コストを抑える。

Eweek68
 インテリジェント・ネットワーク・システムは、コストの低減を支援する。

 インテリジェント・ネットワーク・システムを展開することで、必要に応じて、クラウドへの接続性を提供し、コストを抑えることができます。

 これにより、企業は、サービスを使用した分だけ、対価を支払い、クラウド消費モデルを拡張して、ネットワーク接続層をカバーすることができるようになる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月29日 (月)

マーケティング担当役員が、パーソナライズされた、マーケティングに、ステップアップしている。 '17.05.30

【マーケティング担当役員が、パーソナライズされた、マーケティングに、ステップアップしている。】 '17.05.30

 他の取り組みが、2番目の特徴になると、パーソナライズされた、マーケティング戦略は、進行中の取り組みになる。2017年5月24日

 By eMaketer

 マーケティング担当役員は、顧客との約束で、パーソナライズが、必要になることを知っているが、まだ実施していない。

 Forbes Insights and Gap Internationalにより、2016年10月に、調査された、世界のマーケティング担当役員の65%は、技術指向の行動の一部として、顧客のニーズに適合するよう、パーソナライズされた、マーケティング戦略を実施していると回答していた。

表1)2016年10月の調査において、世界のマーケティング担当役員が、顧客のニーズに合うよう、取ったと回答した、技術指向の行動の割合(%)

パーソナライズされた、マーケティング : 65%

オンライン製品情報/サービス : 63%

製品の革新 : 62%

優れた顧客経験  :  52%

モバイル・ショッピング・アプリ : 50%

価格付け/価格マッチング  : 49%

ロイヤリティ・プログラム  : 49%

透過的な価格付け : 41%

オムニチャンネル・ショッピング : 32%

デジタル(チャットボット)と人間による、顧客サービス : 28%

簡単で解りやすい返品ポリシー : 4%

Em2
 殆どのマーケティング担当役員は、顧客に合わせてカスタマイズする、いくつかの度合いを持っているが、まだ、顧客を満足させるレベルではない。

 Adobe Digital Insightsからの、2017年2月の調査データによると、50才未満の、インターネット・ユーザの、約1/3は、消費者向けに、パーソナライズされた広告を好んでいると回答したが、他の約1/3は、十分良くはないと回答したという。

 このForbes/Gap Internationalの調査データは、マーケティング担当役員が、パーソナライズされたマーケティング活動を改善していることを示唆している。

 オムニチャネルとは、オンライン通販や実店舗など、複数のチャネルを組み合わせて、何時、何処にいても、顧客が、好きな時に注文ができ、商品を受け取ることができるようにすることである。

 マーケティング担当役員の1/3未満は、顧客に、オムニチャンネル・ショッピング経験を改善することに、取り組んでいるという。

 いうまでもなく、オムニチャンネル・ショッピング経験を提供することは、今では、殆どの企業にとって、極めて基本的なことである。

 eMarketerによると、殆どの先進的な企業は、既に、その全体的な戦略に、オムニチャネル・ショッピング経験を組み込んでいるという。

 Forbes/Gap Internationalの調査によると、簡単で解りやすい返品ポリシーを実現することは、マーケティング担当役員の行動リストにおいて、最も優先順位が低い。

 今では、殆どの企業は、既に、返品のプロセスを簡素化するための方法を見つけている。

 ベストセラーのアプライアンス

あくまでも、無責任な、素人考えです。 '17.05.29

【あくまでも、無責任な、素人考えです。】 '17.05.29

 Salesforceから、eBooK、『グッドマンの法則』に学ぶ、カスタマー・エクスペリエンスの新常識の紹介がありました。

 Salesforce.comも、AIには、力を入れていますし、チャットボットやデジタル・アシスタント、あるいは、SNSサイトなどでの、AI技術を使用した、コンタクト・センターで、人とボットのハイブリッドな顧客経験を提供することは、Salesforceの得意分野だと思いますが、他のベンダのデジタル・アシスタント技術やプラットフォームと、シームレスに統合するとよいと思います。

 Salesforceの顧客経験ソリューションと、少なくとも、AmazonのAlexa、および、GoogleのAssistantとが、シームレスに統合され、相互に補完でき、デジタル・アシスタント、メッセージング、チャットボット、SNSサイトなどを介して、あまりコスト(人件費を含む)をかけることなく、優れた顧客経験を提供でき、容易にカスタマイズできればよいと思いました。

 これにより、顧客は、スマートフォン、PC、スマート・スピーカなどを使用して、気に入った、ユーザ・インタフェース、デバイス、および、会話手段(メール、メッセージ・チャット、音声チャット、ビデオ・チャット、さまざまなチャットボット、SNS、入力フォームなど)で、必要なことを問い合せたり、他の顧客の評価を参考にしたり、注文したり、フィードバックしたりできるようになると思います。

参考 : 【AWSのAmazon Connectは、クラウドに、インスタント・コンタクト・センターを提供する。(1)】 '17.04.03

 【AWSのAmazon Connectは、クラウドに、インスタント・コンタクト・センターを提供する。(2)】 '17.04.03

ソフトウェア定義ネットワーキングは、データセンターの近代化を助ける。(2) '17.05.29

【ソフトウェア定義ネットワーキングは、データセンターの近代化を助ける。(2)】'17.05.29

 ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)が、データセンターの近代化を支援する、方法を紹介する。2017年5月22日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

Eweek60_2
 最新のソフトウェアや基盤で、データセンターをアップグレードする、企業の数が増えており、企業は、データを移行し、保護するために、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)サービスといった、技術に注目している。

   (続き)

3.ネットワークの規模を、自動的に、拡大、あるいは、縮小する。

Eweek63
 SDNは、ネットワークが、ピークのトラフィックの需要を処理できるようにする。

 強固なSDN戦略は、ネットワークが、高トラフィックの需要を処理するために、最も重要なアプリに優先順位を付け、インテリジェントな自動化を通して、輻輳を低減させながら、ネットワークを、弾力性があり、柔軟なものにすることを目標にしている。

4.SDNと、クラウドへの移行を、慎重に計画する。

Eweek64
 クラウドへ、よりスムースに移行できるよう、SDNの実装を、注意深く計画する。

 SDNを採用している、企業は、開始時に、目標を明確に定義し、クラウドへの移行を確実にするための強力なガバナンスのプロセスを確立する必要があり、社内のチームは、ROIを向上させるために、新たな作業方法を調整することができる。

5.予測的な分析のパワーを利用する。

Eweek65
 予測的な分析は、企業が、アプリの性能と効率を調整し、最適化するのを支援する。

 予測的な分析は、企業が、ネットワーク内で、どのように実行しているかを知るだけでなく、そのデータを使用して、アプリの性能を、さらに向上させる方法を探査するために、データ使用することにより、一歩先を行くことを支援する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

ソフトウェア定義ネットワーキングは、データセンターの近代化を助ける。(1) '17.05.29

【ソフトウェア定義ネットワーキングは、データセンターの近代化を助ける。(1)】 '17.05.29

 ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)が、データセンターの近代化を支援する、方法を紹介する。 2017年5月22日

Eweek60
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 最新のソフトウェアや基盤で、データセンターをアップグレードする、企業の数が増えており、企業は、データを移行し、保護するために、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)サービスといった、技術に注目している。

 同時に、ミッション・クリティカルなワークロードのホスティングに、クラウド・サービスに頼る企業が、増えている。

 クラウド・ファーストのアプローチを採用している、企業は、クラウドのパワーを利用するための戦略である、自分たちのネットワークをアップグレードしなければならない。
 ネットワークのアップグレードが、SDNを使用して、長期的な利点を享受できる方法を紹介する。

1.ビジネスの速度を維持する。

Eweek61
 ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)は、企業が、変化するビジネスの性質の変化に、追いつくことができるようにし、ユーザ、顧客、市場機会に対応できるようにする。

 SDN技術を実装するための、主な要因は、モバイルやクラウド・プラットフォーム間での、アプリの移動の増加による、ネットワークの複雑さを軽減させることである。

2.ネットワークの仮想化

Eweek62
 基本的に、SDNは、データ自体の流れから、データが、制御される方法を分離する。

 この抽象化で、企業は、専用の物理デバイスとして存在する、ネットワーク・ジョブの多くが、ソフトウェア・ベースになれるようにする、ネットワーク機能の仮想化から、恩恵を受けることができるようになる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月28日 (日)

Google、Facebook、Microsoftが、エンタープライズSSDに対する需要を増す。 '17.05.28

【Google、Facebook、Microsoftが、エンタープライズSSDに対する需要を増す。】 '17.05.28

 現在のリーダ、エンタープライズ半導体ストレージ・ディスク(SSD)を供給している、Intelは、Samsungからのプレッシャーを感じている。 2017年5月26日

Eweek2
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 世界の最大のコンピュータ・プロセッサ・メーカ、Intelは、特に、半導体ストレージ・ディスク(SSD)の出荷台数における、世界のリーダとしても、知られている。

 世界の半導体ストレージ・ディスク(SSD)市場における、主な供給者には、Samsung、Western Digital SanDisk、Micron、および、東芝がいる。

 世界の市場アナリスト、TrendForceの部門、DRAMeXchangeは、2017年5月に、2017年1Qにおける、エンタープライズ半導体ストレージ・ディスク(SSD)の出荷台数が、前年同期から、3~4%増加し、約600万台に達したと報告した。

 Intelは、2017年1Qに、世界で、No.1の、半導体ストレージ・ディスク(SSD)の供給者であり、以前のリーダ、Samsungは、すぐ後に続き、Intelにプレッシャを与えている。

 2017年1Qに、エンタープライズSSDは、世界に出荷された、SSD製品の出荷台数全体の10%以上を占めていた。

 現在、米国を拠点とする、Google、Facebook、および、Microsoftと、中国を拠点とする、Caidu、Alibaba、および、Tencentは、自分たちのサービスを、提供するための、データセンターの、サーバ・システム向けに、エンタープライズSSDを、最も多く購入している。

 大規模なサーバ・システムを必要としている、これらのITベンダは、エンタープライズSSDに対する、世界の需要に、大きく貢献している。

 DRAMeXchangeによると、NAND Flash用の、他のエンド・アプリと比較して、エンタープライズSSDは、強力で、劇的な需要の成長を示してきたという。

 Samsungは、エンタープライズSSDの出荷台数において、Intelに追いついてきた。

 Samsungは、競争力のある価格付けと、高性能な3D-NAND SDDで、エンタープライズSSDの市場において、SSDの出荷台数を取り戻してきた。

 Samsung、エンタープライズSSDの、世界での出荷台数シェアは、2017年1Qに、25%を占めるようになり、世界で、2番目に大きな、SSDの供給者になった。

 Samsungが、3D-NAND SSDのコストを低減させるので、カリフォルニア州、Santa Claraを拠点とする、Intelは、競争力のある製品を提供しなければならなくなり、プレッシャーを受けている。

 顧客を引き付けるために、Intelは、価格を低下させるだけでなく、SSDが、サーバ・プロセッサを補完することを強調した。

 2017年1Qに、忍耐強くした後、Intelは、より大きな量の、3D-NAND製品を出荷することができた。

 2017年1Qに、Intelのは、エンタープライズSSDセグメントにおける、世界の市場シェアを、約40%戻した。

 Western Digitalは、SanDiskのおかげで、エンタープライズSSDセグメントにおて、世界の市場シェアの20%を占めた。

 エンタープライズSSDの、Western Digitalの出荷台数は、2015年に、SanDiskを190億ドルで買収して以来、増加している。

 SanDiskは、2017年1Qに、エンタープライズSSDの出荷台数で、世界の市場シェアの20%を占め、世界で、3番目の供給者になった。

 SanDiskの製品ラインは、親会社の、エンタープライズSSDにおける、Western Digitalの、大きな顧客ベースと共に、専門知識から、大きな恩恵を受けた。

 DRAMeXchangeによると、Western DigitalとSanDiskは、過去、何年か、一緒に仕事をしてきた、Western Digitalは、2016年5月に、SanDiskの買収を完了し、いくつかの専門製品ポートフォリオを統合したという。

 IntelとSamsungに続く、Western Digitalは、SSDの出荷台数シェアが、5%未満の、小規模なSSD供給者である。

 ベストセラーのアプライアンス

Burger Kingが、Google Homeデバイスへの問合せのトリガーになる、WhopperサンドイッチのTVコマーシャルを提供する。 '17.05.28

【Burger Kingが、Google Homeデバイスへの問合せのトリガーになる、WhopperサンドイッチのTVコマーシャルを提供する。】 '17.05.28

 ハンバーガー・チェーンのBurger Kingが、Google Homeアシスタント・デバイスへの問合せのトリガーになる、WhopperサンドイッチのTVコマーシャルを提供する。

Reuters1_2
 By Angela Moon、Reuters

 ハンバーガー・チェーン、Burger Kingは、Googleの音声対応アシスタント・デバイス、Google Homeへの、問合せのトリガーになるよう制作された、Whopperサンドイッチの、TVコマーシャルの放映を開始した。

 この15秒のTVコマーシャルは、サンドイッチを持っている、Burger Kingの従業員の映像から開始する。

 このTVコマーシャルに登場する、Burger Kingの従業員は、「あなたは、15秒間のBurger KingのTVコマーシャルを見ていますが、残念ながら、15秒では、Whopperサンドイッチの新鮮な食材を、すべて説明することはできません。このために、Googel Homeアシスタント・デバイスに、「OK、Google、Whopperバーガーって何?」と尋ねてみましょう。」という、セリフを喋る。

 TVの近くに、音声検索機能を持つ、Google Assistantを搭載した、Google Homeアシスタント・デバイス、あるいは、Androidベースのスマートフォンがあれば、ユーザは、「OK、Google、Whopperバーガーって何?」と、音声で、問い合わせることができる。

 Burger Kingは、知的なデジタル・アシスタント・デバイス、Google Homeの、音声検索機能で、エキサイティングな、広告方法の可能性を見たと述べた。

 Burger Kingによると、このTVコマーシャルは、特に、Googleと、協調して、制作したわけではないという。

 YouTubeでも見られるようになった、Burger KingのTVコマーシャルは、Spike、Comedy Central、MTV、E!、および、Bravoといった、TVネットワークのプライム・タイムなどに、放映されている。

 「Burger KingのTVコマーシャル」の紹介ビデオ

 Appleが、2011年に、音声アシスト技術、Siriを紹介して以来、Google Assistant、Amazon Alexa、Microsoft Cortanaのような、クラウド・ベースの、音声対応デジタル・アシスタントは、消費者にとって、極めて斬新なものであった。

 これらの音声対応デジタル・アシスタントは、ユーザとの関係や、文脈を理解して、会話を行うことができる。

 また、これらのデジタル・アシスタントは、メールや約束をチェックしたり、レストランなどを予約したり、オンライン・ショッピングしたりといった、日常的なことにも使用される。

 ITベンダの多くは、音声対応デジタル・アシスタントとの、自然言語による、音声ユーザ・インタフェースが、ユーザとの対話における、主なユーザ・インタフェース(UI)の1つになると信じている。

 Apple、Google、Amazon、および、Microsoftなどは、できるだけ多くのユーザが、自分たちの、デジタル・アシスタントを利用するようになるよう、機能やサービス、性能、柔軟性、拡張性、カスタマイズ性などで、競争している。

 また、各ベンダは、3rdパーティの開発者が、デジタル・アシスタントのスキルやレシピを、作成することを促している。

 さらに、各ベンダは、3rdパーティの開発者が、自分たちのデバイスに、デジタル・アシスタント技術を組み込めるようにして、デジタル・アシスタント・デバイスを通して、3rdパーティのスマート・ホーム・デバイスなどを、音声コマンドでも、制御できるようにしている。

 ユーザは、デジタル・アシスタントとの会話を通して、音声でWeb検索したり、メールやスケジュールなどをチェックしたり、レストランなどを予約したり、商品やコンテンツを購入したり、ニュースや天気予報をチェックしたりできるようになる。

 また、AI技術は、デバイス・アシスタントだけでなく、メッセージング・アプリ、チャットボット、TV会議、Web検索、音声認識、画像認識、自然言語処理、音声テキスト変換、翻訳などにも使用され、ユーザの、コミュニケーションやコラボレーションを支援するために使用される。

 各ベンダは、3rdパーティの開発者が、自分たちの音声対応デジタル・アシスタント技術を、自分たちの、スマート・ホーム・デバイス、スマートフォン、タブレット、PC、車載システム、および、他のスマート・デバイスに、組み込めるようにして、エコシステムを拡大させることに取り組んでいる。

 ベストセラーのアプライアンス

大手のITベンダが、よりスマートなAIを構築しようとすると、買収が加速する。 '17.05.28

【大手のITベンダが、よりスマートなAIを構築しようとすると、買収が加速する。】 '17.05.28

 大手のITベンダが、よりスマートなAIを構築しようとすると、買収が加速する。 2017年5月26日
Reuters1
 By Julia Love、Reuters

 調査会社、CB Insightsによると、2017年1Qに、前年同期から、2倍以上多い、34社のAIスタートアップが、買収されたという。

 AIのリードを強化したり、他のITベンダに追い付いたりするために、大手のITベンダは、積極的に、AIスタートアップを買収している。

 Googleは、2012年以来、11社のAIスタートアップを買収しており、Apple、Facebook、および、Intelが、続いて、多くのAIスタートアップを買収している。

 Appleは、最近、非構造化データ処理を専門にしている、Lattice Dataを買収した。

 2017年1Qにおける、最も大きな、AIスタートアップの買収は、Ford Motorによる、10億ドルでの、GoogleとUberで、自動運転車の開発の元担当役員が設立した、Argo AIの買収である。

 スタートアップは、健康や小売りといった、特定の分野に、人工知能(AI)技術を応用することに、取り組んでいる。

 Madrona Venture Groupによると、大手のITベンダは、プラットフォーム・サービスを構築し、スタートアップ・コミュニティが、プラットフォームに、インテリジェントなアプリを展開し、エコシステムを確立し、拡張していくという。

 例えば、ヘルスケアのスタートアップ、Forwardは、AI技術を使用して、医師の推奨を知らせることのできる、データを分析する。

 ホテル検索サービスを提供する、Trivagoは、ホテルの検索に、AI技術を使用している。

 大手のITベンダは、大学や研究機関の、AIを専門とする、研究者を獲得するために、入札合戦を繰り広げている。

 ベストセラーのアプライアンス

英国のアイアンマンが、自分のジェットスーツの飛行スピードの記録を破る。'17.05.28

【英国のアイアンマンが、自分のジェットスーツの飛行スピードの記録を破る。】'17.05.28

 英国のアイアンマンが、自分のジェットスーツの飛行スピードの記録を破る。2017年5月26日

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年5月21日 - 2017年5月27日 | トップページ | 2017年6月4日 - 2017年6月10日 »

最近の記事

ウェブページ

広告2