« 2017年5月14日 - 2017年5月20日 | トップページ | 2017年5月28日 - 2017年6月3日 »

2017年5月21日 - 2017年5月27日

2017年5月27日 (土)

Gartnerは、世界のスマートフォンの出荷台数が、2017年1Qに、前年同期から、9%増加した。 '17.05.27

【Gartnerは、世界のスマートフォンの出荷台数が、2017年1Qに、前年同期から、9%増加した。】 '17.05.27

 Gartnerは、世界のスマートフォンの出荷台数が、2017年1Qに、前年同期から、9%増加した。2017年5月23日

 トップ3の中国のブランドが、2017年1Qに、出荷台数を、継続して、増加させている。

Ms02
 Oppoは、トップ5のスマートフォン・ベンダの中で、最高の性能を達成した。

 Gartneによると、スマートフォンの世界の出荷台数は、2017年1Qに、前年同期から、9.1%増加し、3億8000万台に達したという。

 買い手の好みが、手頃な価格のスマートフォンにシフトしていることは、Huawei、Oppo、および、Vivoといった、中国のスマートフォンのメーカに、プラスの影響を与えている。

 2017年1Qにおける、これらの中国のスマートフォン・ベンダの出荷台数の合計は、前年同期から、7%増加し、世界全体の24%を占めた。

 このトップ3の中国のスマートフォン・ベンダは、競争力のある価格設定で、高品質で、革新的な機能を持つ、スマートフォンを製造している。

 それ以上に、積極的なマーケティングと、販売プロモーションは、これらの中国のブランドが、インド、インドネシア、および、タイといった市場において、他のブランドから、販売シェアを奪うのを助けている。

表1)2017年1Qにおける、ベンダごとの、世界のスマートフォンの出荷台数とシェア

 (単位:1000台)

          2017年1Q  2017年1Q  2016年1Q  2016年1Q
ベンダ    出荷台数    シェア     出荷台数     シェア

Samsung    78,671.4       20.7%           81,186.9        23.3%
Apple         51,992.5      13.7%           51,629.5        14.8%
Huawei       34,181.2       9.0%            28,861.0         8.3%
Oppo         30,922.3        8.1%            15,891.5          4.6%
Vivo          25,842.2        6.8%            14,001.0         4.0%
その他    158,367.7    41.7%           156,654.2       45.0%

合計        379,977.3    100.0%           348,224.2     100.0%

ソース:Gartner、2017年5月

 Samsungのスマートフォンの出荷台数は、2017年1Qに、前年同期から、3.1%減少した。

 2017年1Qに、Huaweiは、スマートフォンの出荷台数が、3400万台になり、Appleの出荷台数に近づいた。

 Oppoは、継続して、Huaweiに追いついてきた。

 2017年1Qに、Oppoの、世界のスマートフォンの出荷台数は、前年同期から、94.6%増加した。

 Oppoは、2017年1Qに、スマートフォンの出荷台数で、最高の性能を達成し、中国において、スマートフォンの出荷台数が、最も増加した。

 Vivoは、2017年1Qに、約2600万台のスマートフォンを販売し、前年同期から、出荷台数を、84.6%増加させ、6.8%のシェアを達成した。

 スマートフォンのOS市場において、モバイルOSのシェア争いは、明らかに、AndroidとiOSの間で行われている。

表2)エンドユーザへの、世界のスマートフォンの、オペレーティング・システムごとの、出荷台数 (単位:1000台)

       2017年1Q  2017年1Q  2016年1Q   2016年1Q
OS         出荷台数   シェア      出荷台数     シェア

Android     327,163.6     86.1%          292,746.9        84.1%
iOS           51,992.5      13.7%            51,629.5        14.8%
他のOS          821.2       0.2%              3,847.8         1.1%

合計         379,977.3    100.0%          348,224.2       100.0%

ソース:Gertner、2017年5月

 ベストセラーのアプライアンス

GoogleのAIが、中国の囲碁の名人を破る。 '17.05.27

【GoogleのAIが、中国の囲碁の名人を破る。】 '17.05.27

 中国の浙江省武昌市で開催された、Future of Go Summitで行われた、最初の囲碁の試合で、中国の囲碁の名人、Ke Jie氏が、Googleの人工知能(AI)プログラムのAlphaGoに敗れた。 2017年5月23日

Reutor1
 By Cate Cadell、Reuters

 Googleの人工知能プログラムが、囲碁の試合で、中国の囲碁の名人打ち負かした。

 中国の浙江省武昌市で、3回計画されている、囲碁の試合の、最初の試合で、GoogleのAIプログラム、AlphaGoは、囲碁の世界チャンピオン、Ke Jie名人を、中国のオフィシャルや、AlphabetのCEO、Eric Schmidt氏らの目の前で破った。

 これらの囲碁の試合は、Google所有のYouTubeに、ライブ・ストリーミング配信された。

 AlphaGoプログラムと、中国の囲碁の名人との、公式な試合は、中国での、Googleにとって、大きな橋渡し運動になるだろう。

 Googleは、Google Playストアを含め、一部のサービスを、中国で再開する計画を発表した。

 2017年3月に、Googleは、これまで禁止されていたサービスを再開し、中国のユーザは、Googleの翻訳モバイル・アプリを利用できるようになる。

 AlphaGoプログラムのように、翻訳サービスも、DeepMindのAIソフトウェアを使用している。

 北京は、人工知能(AI)の主要プレーヤになることを目指している。

 中国の検索エンジンの大手、Baiduは、2017年3月に、中国の国家計画立案者である、National Development and Reform Commissionと、AIの研究所を開設した。

 中国、韓国、日本などの国で最も人気のある、囲碁は、2名のプレーヤが、正方形の碁盤の木目に、白と黒の石を動かし、最も多くの領域を占領することを競う。

Reuters1b
 囲碁の起源は、数千年も前のものだといわれている。

 西洋のチェスのような他のゲームと比較して、囲碁は、打てる手の数が、桁違いに多いため、AI研究者によって好まれている。

 AlphaGoプログラムは、昨年、韓国の囲碁のチャンピオンを倒し、歴史を作った。

 ベストセラーのアプライアンス

ノートPCとデタッチャブル・タブレットの出荷台数が、2019年に回復する。'17.05.27

【ノートPCとデタッチャブル・タブレットの出荷台数が、2019年に回復する。】'17.05.27

 IDCは、PCとタブレットの、世界の出荷台数が、2021年には、4億520万台に減少すると予測している。 2017年5月25日

 IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Trackerによると、PC(デスクトップ、ノートブック、ワークステーション)とタブレット(スレート型と、デタッチャブル型)から成る、パーソナル・コンピューディング・デバイス(PCD)の世界の出荷台数は、2016年の4億3500万台から、2021年には、4億520万台に減少するという。

 2017年1Qにおける、世界のパーソナル・コンピューディング・デバイス(PCD)の出荷台数は、ヨーロッパ、中東&アフリカ(EMEA)、および、アジア/パシフィック地域により導かれ、2012年1Q以来、初めて、プラス成長に戻った。

 2017年1Qに、デスクトップの出荷台数が、依然として、減少を続けたが、ノートブックの出荷台数は、緩やかに増加した。

 ビジネス向け市場は、ウルトラスリムと、コンバーチブル・ノートブックへの移行を続けている。

 タブレットの分野では、2017年における、スレート型のタブレットの出荷台数は、前年から、2桁減少する見込みであるが、キーボードを取り外し可能な、デタッチャブル型のタブレットの出荷台数は、堅実に増加を続けることが期待されている。

表1)2016年と2021年における、パーソナル・コンピューティング・デバイス(PCD)の出荷台数の実績と予測 (単位:100万台)

                  2016年   2016年  2021年   2021年  年間平均
                 出荷台数  シェア  出荷台数   シェア     増加率
デスクトップ&
ワークステーション   103.3        23.8%        88.6          21.9%         -3.0%

ノートブック&
高級ノートブック     156.8        36.0%       163.7          40.4%          0.9%

デタッチャブル型
タブレット            21.5          4.9%        45.9          11.3%         16.4%

スレート型
タブレット                  153.4        35.3%       107.1          26.4%         -6.9%

PCDの全合計          435.0       100.0%       405.2        100.0%         -1.4%

従来のPC        260.1         59.8%      252.3           62.2%         -0.6%

従来のPC+
デタッチャブル型    281.6        64.7%       298.1          73.6%           1.1%

スレート型+
デタッチャブル型    174.9        40.2%       153.0          37.8%          -2.6%

ソース:IDC Worldwide Quarterly Personal Computing Device Tracker、2017年5月24日
・従来のPC:デスクトップ&ワークステーション+ノートブック&高級ノートブック

・従来のPC+デタッチャブル型:デスクトップ&ワークステーション+ノートブック&高級ノートブック+デタッチャブル型

・スレート型+デタッチャブル型:デタッチャブル型タブレット+スレート型タブレット

グラフ1) 世界のパーソナル・コンピューティング・デバイスの、製品カテゴリごとの出荷台数シェア(%) 2016年~2021年

 ベストセラーのアプライアンス

Google、IBM、Lyftが、Istioオープン・マイクロサービス技術で協調する。 '17.06.27

【Google、IBM、Lyftが、Istioオープン・マイクロサービス技術で協調する。】 '17.06.27

 Google、IBM、Lyftが、Istioオープン・マイクロサービス技術で協調する。 2017年5月24日

Eweek3
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 オープンソースのマイクロサービス環境、Istioは、開発者が、サービス間のトラフィックを管理、監視、および、セキュアにするのを支援する。

 マイクロサービスは、企業に、大きなモノリシックなサービスやアプリを、API経由で、互いにコミュニケートする、より小さく、管理可能なサービスやアプリの集合に分解し、個別に開発された、小さなサービスやアプリを組み合わせて、1つの、大きなサービスやアプリを提供するための方法である。

 サービスやアプリの開発と展開を、より高速で、柔軟にする方法として、マイクロサービスのアプローチを採用することを開始した、ベンダには、オンライン通販のAmazonや、ストリーミング・コンテンツ配信サービスのNetFlixなどがいる。

 オープンソースのマイクロサービス環境の構築プロセスに貢献することを望んでいる、ベンダには、Google、IBM、および、Lyftがいる。

 今週、これらのベンダは、企業が、自分たちのマイクロサービス環境を、インターネットに接続し、セキュアにし、管理するのを支援するための、オープンソース・プラットフォーム、Istioのα版を発表した。

 Istioには、Googleが、大規模な、アプリ・サービスを実行するために、内部的に使用している機能が、組み込まれている。

 Istioは、複数の独立したアプリを、より大きな統合サービスに、結合することを試みる際に、直面する、共通の課題のいくつかに対処する方法を、開発者に提供するよう、設計されている。

 アプリを、統合サービスに結合することを試みる際の課題には、サービスの発見、ロード・バランシング、障害復旧、セキュリティ、および、コンプライアンスが含まれる。

 Istioは、サービスとアプリのコミュニケーションを管理するための、ネットワークと、マイクロサービスの中間にある。

 Istioは、アプリに組み込まれる、ロジックの多くを処理するが、分散された、マイクロサービス環境において、管理するのは難しい。

 アプリ開発者は、マイクロサービス全体の、トラフィック・フローの管理を、Istioに委譲することで、ビジネス・ロジックや新機能に集中することができる。

 Istioのα版は、IBMのBluemixコンテナ・サービスといった、Kubernetes展開環境でのみ、動作する。

 Kubernetesは、Googleが、2015年に、オープンソース・コミュニティへリリースした、自動化された、コンテナ展開、スケーリング、および、管理プラットフォームである。

 Istioは、企業が、マイクロサービスを、容易に展開し、管理するのを支援する、Googleによる、取り組みの1つである。

 例えば、IBMのAmalgam8プロジェクトは、マイクロサービスに、トラフィック・ルーティング・ファブリックを提供し、Google Service Control技術は、ポリシー実施メカニズムを提供し、Lyftは、プロキシ技術、Envoyを開発した。

 IBMは、トラフィック分割サービスを含む、Istioの取り組みにも貢献した。

 Istioのサポートを表明した、ベンダには、Red Hat、Pivotal、Weaveworks、および、Tigeraがいる。

 「オープンソースのマイクロサービス、Istioの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月26日 (金)

AT&Tが、産業IoT向けに、米国に、LTM-Mネットワークの展開を開始した。 '17.05.26

【AT&Tが、産業IoT向けに、米国に、LTM-Mネットワークの展開を開始した。】 '17.05.26

 AT&Tが、産業IoT向けに、米国に、LTM-Mネットワークの展開を開始した。2017年5月19日
Eweek2
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 AT&Tは、全米に、LTE-Mネットワークの展開を開始した。

 LTE-Mネットワークは、新たな世代のIoTデバイス、アプリ、および、サービスを接続できるようにするよう、設計されている。

 現在、産業や、一般的な消費者向けに、いくつかの、モノのインターネット(IoT)プラットフォームが、構築されている。

 GEは、産業のIoT Predixを、Microsoftは、Windows IoT Coreを、C3 IoTは、約25社のグローバルな企業で、既に、動作している、時代を先取りする、IoTプラットフォームを、構築している。

 AT&Tは、2017年5月18日に、全米的なLTE-Mネットワークの展開を開始し、IoTプラットフォームを構築する、グループに加わった。

 このLTE-Mネットワークは、新世代のIoTデバイス、アプリ、および、サービスを、相互に接続できるようにするよう、設計されている。

 LTE-Mという用語において、LTEは、Long Term Evolutionの略語であり、Mは、マシンツーマシン(M2M)のMである。

 LTE-Mは、高速セルラLTEの、M2M版である。

 LTE-Mネットワークは、太陽光発電で充電することで、デバイスのバッテリを、最大で、10年間持続できるようにする、極めて低電力の広域ネットワークである。

 LTE-Mネットワークは、AT&Tの4G LTEネットワーク上に構築され、全米に渡り、展開される。

 これは、AT&Tのロードマップにおける、5GとIoT接続性への、展開ステップを示している。

 AT&Tの4G LTEネットワークは、キャリア・グレードのセキュリティを装備し、3GPP(第3世代のパートナシップ・プロジェクト)標準技術を使用してグローバルに展開される。

 「AT&T LTE Mネットワークキング」の紹介ビデオ

 AT&Tは、San Francisco地域において、2016年10月に、最初のIoTノード・サイトを立ち上げた。

 他の使用事例には、インターネットに接続された、積荷パレットのアイデアがある。

 これを専門分野にした、RM2は、丈夫なプラスチックで作成された、積荷パレットを製造している。

 このプラスチック性の積荷パレットは、積荷の位置を検出したり、重量を測定したりでき、積荷の状態を管理できるようにする、いくつかの機能を持っている。

 また、AT&Tには、北米の4億人の人たちが利用できるような、LTE-Mネットワークを構築するために、2017年末までに、メキシコに、LTE-Mネットワークを展開する計画がある。

 AT&Tは、LTE-Mネットワークで、月間プランの、新たなスイートの提供を開始した。

 この月間プランは、毎月、デバイス当たり、1.5ドルで開始され、デバイスの接続台数による、割引プランもある。

 LTE-Mモジュールは、AT&Tのサプライヤから、SIMカードを含み、約7.5ドルで、提供されるようになる。

 このLTE-Mモジュールは、2016年、AT&Tが紹介した、LTE Cat-1モジュールの半分の価格である。

 AT&Tは、M14A2Aモジュールを持つ、IoTスタータ・キットを提供する。

 このM14A2Aモジュールは、将来のファームウェアのアップデートで、LTE-Mモジュールへ、ソフトウェア・アップグレード可能である。

 M14A2Aモジュールは、最大10Mbpsのダウンリンクと、最大5Mbpsのアップリンクを可能にする、Category 1で運用する、LTEのみのモジュールである。

 従来のIoT接続性オプションと比較した、LTE-Mモジュールの、いくつかの利点を、以下に示す。

・より長いバッテリの寿命(最大10年持つことが期待されている。)を持っている。

・IoTデバイス向けに、地下や、建物の内部を含む、より広い範囲をカバーできる。

・LTE-Mモジュールのサイズを、従来のLTEモジュールのサイズの1/6に、低減できる。

 LTE-Mモジュールと接続性は、スマート・シティ、スマート・メータ、資産の追跡、サプライ・チェーン管理、セキュリティ、および、アラーム監視、パーソナル・ウェアラブルといった、さまざまなIoT展開向けに、使用することができる。

 AT&TのIoTサービスとサポートに関する、より詳細は、AT&Tのサイトを参照のこと。

 「AT&TのIoTソリューションの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

Google Payment APIは、モバイル決済プロセスを効率化することを狙っている。 '17.05.26

【Google Payment APIは、モバイル決済プロセスを効率化することを狙っている。】 '17.05.26

Google Payment APIは、モバイル決済プロセスを効率化することを狙っている。2017年5月23日
Eweek1
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleは、アプリ内広告プラットフォームや、新しいアプリのプロモーション・オプションと共に、新たな決済APIを含む、モバイル決済スイートをリリースした。

 Googleのモバイル決済スイートで、アプリの開発者や販売者は、Androidアプリのユーザが、モバイル・デバイスで、アプリの購入代金を、容易に、モバイル決済できるようすることが可能になる。

 アプリの開発者や販売者は、Google Payment APIを使用して、Androidアプリのユーザが、Googleアカウントに保存した、クレジット・カードやデビット・カードを使用して、アプリの購入に対する、支払いを、モバイル・デバイスで、モバイル決済できるようにすることが可能になる。

 ユーザは、Payment APIか、Chromeブラウザ経由で、クレジット・カードやデビット・カードを使用して、GoogleのPlayストアで、アプリの購入代金を、モバイル決済できるようになる。

 Payment APIは、ユーザが、モバイル決済を、容易にチェックアウトできるようにする機会を、アプリの開発者や販売者に提供するよう、設計されている。

 一般的に、モバイル・デバイスは、オンラインで、商品やコンテンツやサービスを購入するための、便利な方法を提供するが、モバイル決済に、欲求不満を感じているユーザもいる。

 Googleによると、モバイル・トラフィックが、全体的に増加しているにも関わらず、ユーザが、実際に、モバイル・デバイスで、決済トランザクションを完了する場合の割合は、すべての決済トランザクションの、約1/3だという。

 統計によると、しばしば、モバイル・チェックアウトが遅いので、スマートフォンのユーザが、ショッピング・カートを放棄する割合は、デスクトップのユーザが、デスクトップ・ショッピング・カートを放棄する割合は、2倍多かったという。

 Payment APIに加えて、Googleは、モバイル・アプリ用の、AdMobアプリ内広告プラットフォームの、完全に再設計された版を紹介した。

 Googleは、モバイル・アプリ開発者や販売者が、アプリのユーザに、アプリ内広告を提供することで、収益を得るための、別の方法として、AdMobを売り込んでいる。

 Googleの、新たなAdMobは、アプリ開発者や販売者が、アプリに費やす時間や、アプリ内購入を含む、ユーザが、自分たちのソフトウェアと対話している方法を、モニタリングできるようにする、機能をサポートする。

 これにより、アプリ開発者や販売者が、アプリ内広告の掲載を最適化できるようになる。

 Ramaswamyによると、これまで、AdMobは、広告収入の35億ドル以上を、AndroidやiOSの、エコシステムにおいて、約100万のアプリを開発している、アプリ開発者に払っています。

 Googleは、Google Playストアの、ホーム・ページと、アプリ・リスティング・ページで、広告掲載位置決めの、新しいオプションも紹介した。

 Ramaswamyによると、Googleのユニバーサル・アプリ・キャンペーン(UAC)に、サインアップした、アプリ開発者は、新しい広告掲載位置決めオプションを使用して、以前よりも、さらにターゲットを絞った方法で自社のアプリ製品を宣伝することができるようになるという。

 Googleのユニバーサル・アプリ・キャンペーン(UAC)は、モバイル・アプリの開発者が、Google Playストア、YouTube、Gmail、および、検索を含む、複数のプロパティに渡り、自分たちのアプリ製品をプロモートするために、使用することができる。

 Googleは、UACを、開発者が、自分たちのアプリ製品を効果的にプロモートするために、マシン学習技術を使用する技法であると説明した。

 UACの最新の調整機能は、モバイル・アプリの開発者が、Playストアで、アプリを検索したり、ブラウジングしたりしている時に、ユーザと交流し、アプリのダウンロードを促す方法を提供するよう、設計されている。

  「ユニバーサル・アプリ・キャンペーン(UAC)の紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月25日 (木)

Googleは、人工知能(AI)技術で、さまざまな製品に、よりパワーを与える。 '17.05.25

【Googleは、人工知能(AI)技術で、さまざまな製品に、よりパワーを与える。】 '17.05.25

 Googleは、人工知能(AI)技術で、さまざまな製品に、よりパワーを与える。 2017年5月17日

 By Jack Nicas、foxbusiness、DJN

Google
 Googleは、I/O開発者コンファレンスで、人工知能(AI)への投資を倍増させ、デジタル・アシスタント、チャットボット(テキスト、音声、ビデオ)、検索エンジン(テキスト、画像)、データ分析、自然言語処理、音声認識、画像認識、自動翻訳など、あらゆる能力を向上させるために、AI技術を統合していくと発表した。

 Googleは、写真、メール、および、モバイル決済といった、ポピュラーなGoogle機能へ、タッチ・インタフェースや、音声インタフェースを提供し、AI技術を、Google Assistantデジタル・アシスタントや、Google Homeスマート・スピーカなどに組み込んでいる。

 Googleは、検索エンジンという観点から、検索機能を拡張するために、AI技術を使用することを、取り組みの1つにしており、さらに、AI技術を、写真管理アプリのGoogle Photosや、デジタル・アシスタント・アプリの、Google Assistantなどに追加することにも、取り組んでいる。

・Googleは、I/O開発者コンファレンスで、スマートフォンのカメラで撮った、オブジェクトを認識し、そのオブジェクトに関連した情報を表示する、Google Lensと呼ばれる技術を紹介した。

・AppleのSiriと競合する、デジタル・アシスタントである、GoogleのAssistantや、AmazonのAlexaも、AppleのiPhoneで、利用できるようになる。

・Googleは、米国とカナダにおいて、Google Homeスピーカを使用して、ユーザが、ハンズフリーで、固定電話かセルラ・ネットワークを通して、電話サービスを利用できるようにする。

 Amazonも、Echoスピーカで、ユーザが、同様の電話サービスを利用できるようにすると発表した。

・Googleは、Gmailの、新版において、メールを分析するために、AI技術を使用している。

・Googleは、Amazon、Apple、および、Microsoftを含む、ライバルのベンダと、デジタル・アシスタントの分野でも、競争している。

 さらに、これらのベンダは、AI技術を、スマート・ホーム・デバイスや、車載システムなどにも、組み込むことに取り組んでいる。

 eMarketerによると、2016年に、AmazonのEchoスピーカは、米国のスマート・スピーカ市場において、出荷台数で、70%のシェアを占めているのに対し、GoogleのGoogle Homeスピーカの出荷台数は、24%を占めているという。

 eMarketerは、米国において、スマート・スピーカを使用している、ユーザ数は、2016年から、129%増加し、2017年には、3560万人になると予測している。

 また、eMarketerは、米国において、2017年に、スマートフォンで、デジタル・アシスタントを使用するユーザ数が、前年から、23%増加し、6050万人になると見積もっている。

 米国のデジタル・アシスタント市場における、GoogleのAssistant、AmazonのAlexa、AppleのSiri、および、MicrosoftのCortanaのシェアは、明確になっていない。

 Googleは、いくつかの新しい統計情報を示した。

・Googleによると、世界で、Android OSを実行する、アクティブなデバイスの台数は、2015年の14億台から、2016年には20億台に増加したという。

・Googleは、検索、Gmail、Chrome、Webブラウザを含む、月間、10億人以上のユーザを持つ、同社の製品リストに、Google Assistantを追加するという。

・Googleによると、Google Driveオンライン・ストレージ・サービスの、月間ユーザ数は、8億人に達したという。

・Google Photosアプリの、月間ユーザ数は、5億人になったという。

 Googleは、他のベンダが、Google Assistantデジタル・アシスタントの技術やサービスを、自分たちの、冷蔵庫、電子レンジ、TV、監視カメラなどを含む、スマート・ホーム・デバイスに組み込めるようにし、エコシステムの拡大に取り組んでいる。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Lensは、ユーザが、スマートフォンのカメラで撮った画像を認識し、ユーザが、行動を取るために必要な情報や示唆を提供する。 '17.05.25

【Google Lensは、ユーザが、スマートフォンのカメラで撮った画像を認識し、ユーザが、行動を取るために必要な情報や示唆を提供する。】 '17.05.25

 Google Lensは、ユーザが、スマートフォンのカメラで撮った画像を認識し、理解して、ユーザが、行動を取るために必要な、情報や示唆を提供し、ユーザの行動を支援することができる。 2017年5月17日

Lens1
 By Sarah Perez、techcrunch

 GoogleのI/O開発者コンファレンスで、CEOの、Sundar Pichai氏は、Google Lensと呼ばれる、新たな技術を発表した。

 このGoogle Lens技術のアイデアは、スマートフォンのカメラに、スマートさをもたらし、Googleのコンピュータ・ビジョンやAI技術を活用することである。

 Googleによると、スマートフォンのカメラは、Google Lens技術を使用して、ユーザが、見るものを、単に、写すだけでなく、撮った画像を理解し、ユーザに、必要な情報や示唆を提供し、ユーザの行動を支援するようになるという。

 GoogleのI/O開発者コンファレンスでは、Google Lens技術により、ユーザが、スマートフォンのカメラで撮った花を認識し、何という品種の花か、といった情報を、ユーザに伝える、デモが紹介された。

Lens2
 I/O開発者コンファレンスでは、Google Lens技術により、ユーザが、スマートフォンのカメラで、ルータのステッカの写真を撮ると、ユーザは、IDやパスワードを入力することなく、家庭のWi-Fiネットワークに、自動的に接続できるようになるという、デモも紹介された。

Lens3
 他には、ユーザが、スマートフォンのカメラで、企業のビルの玄関や看板の写真を撮ると、Google Lens技術が、企業に関する情報や評価などをスマートフォンの画面に表示することを紹介するデモもあった。

Lens4
 このGoogle Lens技術は、基本的に、スマートフォンのカメラを、消極的なツールから、ユーザと対話して、必要な情報を提供したり、示唆したりする、積極的なツールにする。

 この後、Google Homeスピーカのデモの間に、Googleは、Google Lens技術を、デジタル・アシスタント、Google Assistantにも統合することを紹介した。

 このGoogle Assistantアプリの、新たな、「Lens」ボタンをタップて、ユーザは、Google Lens機能を起動し、写真を含む、データを処理し、Google Assistantとの会話に、写真を挿入することができるようになる。

 このI/O開発者コンファレンスでは、ユーザが、スマートフォンのカメラで、Stone Foxesショーの、コンサートの看板やポスターの写真を撮ると、関連した情報が、画面に表示されるようになる、デモも披露された。

Lens5
 Google Lens技術を、Assistantデジタル・アシスタントに統合することで、ユーザが、スマートフォンのカメラで撮った、看板やポスターなどを、翻訳することもできるようになる。

 Google Lens技術は、ユーザが、スマートフォンのカメラで、日本語の看板などを撮り、「Lens」ボタンをタップすると、看板やポスターなどのテキストを、自国の言語に、翻訳してくれる。

 さらに、Pichai氏は、Google Lens技術のアルゴリズムが、より一般的に、写真から、不要な部分を除去したり、より鮮明にしたり、写真を加工できるようになると述べた。

 例えば、Google Lens技術は、スマートフォンのカメラで撮った、子供が、野球をしている写真から、自動的に、網のフェンスを除去することもできるようになる。

 ユーザが、薄暗い場所で、スマートフォンのカメラで、写真を撮ると、Google Lens技術は、写真をできるだけ見やすくするために、自動的に、写真を加工する。

 Googleは、まだ、Google Lens技術が、何時、正式に、利用できるようになるか、発表していないが、直ぐに、利用できるようになるようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

IoTプラットフォームのメーカ、infiswiftは、農業の近代化を狙っている。 '17.05.25

【IoTプラットフォームのメーカ、infiswiftは、農業の近代化を狙っている。】 '17.05.25

 infiswift IoTプラットフォームは、農業や、エネルギーの消費者に対して、最高の性能をもたらすことを可能にする。 2017年5月17日

Eweek4
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 エンタープライズIoTプラットフォームのプロバイダ、infiswiftは、IoT時代の、新世代の農業のリーダとして、農業分野における、生産性を向上させるための技術を提供することを望んでいる。

 San Franciscoを拠点とする、infiswiftは、リアルタイムな性能を要求する、IoTソリューションを強化する、製品の新ビジョンの提供を発表した。

 infiswift IoTプラットフォームは、農業分野向けに、優れた性能をもたらす、いくつかの技術を展開する。

 infiswift IoTプラットフォームは、ブローカを使用して、受信者に、300マイクロ秒で、メッセージを配信する。

 この性能は、1つのクラウド・ベースのブローカを介して、最大で5万台まで、性能を維持しながら、アクティブなデバイスを処理できるようにする。

 クラウド・ベースのブローカは、高速で、高スケールの、IoTデバイスの、相互接続であり、infiswift IoTプラットフォームに、電力を供給するエンジンとして機能する。

 このIoT基盤は、Raspberry PiやArduinoのような、エッジ・デバイス上で動作するように、クラウドからスケールダウンすることもできる。

 この能力は、多くの使用事例が、エッジ・デバイスで、いくつかのオペレーションを実行し、クラウドに、データのサブセットのみを送信するため、最も効率的であり、重要である。

 エッジ・デバイスでの、infiswift IoTプラットフォームの、効率的なオペレーションは、IntelのIoTゲートウェイを通して、3000デバイスを仲介することで、最近、テストされている。

 このIntelのIoTゲートウェイは、920マイクロ秒で、受け手に、メッセージを配信することができる。

 このinfiswift IoTプラットフォームの、付加的な能力には、内臓TLS暗号での、セキュリティの負荷を分散させ、性能を維持するための、ロード・バランサー、および、カスタム・アラートをトリガーにするための、ルール・エンジンが含まれる。

 Acuitus Agを使用して開発した、農作物の収穫用機器の、データ駆動型農業ソリューションでは、infiswift IoTプラットフォーム技術が、既に、実用化されている。

 Acuitus Agは、農場を、より効率的に運用し、農作物の生産コストを低減させるために、農場が、性能を、接続、管理、分析するのを支援するために、infiswiftプラットフォームを使用している。

 infiswiftは、2017年5月18日に、Santa Claraで開催される、IoT World 2017において、このinfiswift IoTプラットフォームの技術を紹介する。

 「infiswiftの概要」 紹介ビデオ

 ベストセラーのアプライアンス

Android Goは、ローエンド・デバイス向けの、Googleの、新たに、軽量化された、オペレーティング・システムである。 '17.05.25

【Android Goは、ローエンド・デバイス向けの、Googleの、新たに、軽量化された、オペレーティング・システムである。】 '17.05.25

 Android Goは、ローエンド・デバイス向けの、Googleの、新たに、軽量化された、オペレーティング・システムである。 2017年5月18日

 By Napier Lopez、thenextweb

 Googleは、低パワーで、ローエンドのデバイスが、Android OSを、スムースに実行できるようにする、Android Goと呼ばれる、Androidの軽量化版をリリースする。

Googlego1_2
 Android Goは、基本的に、Android Oの、軽量化版であり、低パワーのデバイス向けに、最適化されている。

 Googleの主なアプリは、Android Go向けに、より少ないメモリやストレージやデータを使用する、より軽量化された版が提供される。

 Android Goでは、Androidカーネルが、合理化される。

 Android Goでは、Chromeのデータ・セーバーが、デフォルトでオンになる。

 Android Goには、メニュー・ボタンから、保存されたデータ量を示す、新しいグラフィック表示もある。

 Google Play Storeでは、メモリ容量が、10MB未満の、ローエンド・デバイスに最適化され、省電力設計の、Android Go向けの軽量アプリが、提供されるようになる。

 YouTube Goアプリは、さまざまな画質のオフラインで視聴するために、ビデオを、容易に、ダウンロードできるようにする。

 Googleによると、Android Goは、RAMの容量が、1GB未満のデバイスに、デフォルトとして、インストールされるようになるという。

 Androidは、世界で、最もポピュラーな、モバイルOSであるが、Googleは、Android Oneのような、プログラムを通して、新興市場に、Androidを搭載した、モバイル・デバイスをもたらすことにも取り組んできた。

 Android Goを搭載した、モバイル・デバイスには、最適化され、軽量化された、アプリしか、使用できないという制限がある。

 Googleは、Androidの標準リリースと比較して、Android Goに、どのような制限があるかどうかを、まだ、明確にしていない。

 ちなみに、Microsoftも、特に、教育市場をターゲットにして、Chromebookに対抗するために、ローエンド・デバイス向けに、Windows 10 Sと呼ばれる、軽量化された、Windows 10オペレーティング・システムを提供するようだ。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月24日 (水)

Googleは、人々が、仕事を見つけるのを支援するために、検索機能に、マシン学習技術を使用する。 '17.05.24

【Googleは、人々が、仕事を見つけるのを支援するために、検索機能に、マシン学習技術を使用する。】 '17.05.24

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

Eweek5
 Googleの新たな検索機能、Google for Jobは、あらゆるスキルや経験のレベルを持つ、人々が、仕事を見つけるのを支援するよう、設計されている。2017年5月22日

 Googleの、何年にも渡る、主な強みの1つは、核となる、基本的な検索エンジンの上に、ビジネスのリスティング、画像検索、および、Google Lensといった、さまざまなサービスを提供する能力であった。

 今後、数週間で、Googleは、さまざまなカテゴリ、年令、スキルや経験のレベルの人たちが、仕事を探すことができるよう、基本的な検索エンジンに、Google for Jobと呼ばれる、新たなサービスを追加する。

 GoogleのCEO、Pichai氏は、Google I/O開発者コンファレンスの基調講演中に、Googleが、LinkedIn、Monster.com、Facebook、CareerBuilder、および、Glassdoorといった、ベンダと、パートナーを組み、同社の基本的な検索エンジンに、Google for Jobと呼ばれる、マシン学習を使用した、仕事を探すことを容易にする、サービスを追加していると紹介した。

 「仕事を探すことを容易にする、Google for Jobの紹介ビデオ」

 職探しを開始する時に、多くの人々が行う、最初のステップは、Googleの検索エンジンに、キーワードを入力し、検索結果リストから、Webリンクをたどって、必要な情報を探することである。

 新たなGoogle for Jobサービスの、主な機能の1つは、人々が、小売店や医療機関といった、一般的な求人サイトをアクセスして、分類が、遥かに困難な職種の仕事を、容易に探せるよう支援することである。

 職種に、標準的な用語を使用しない、小売店の分野の、多くの雇用者は、小売店の業務に、店員、店舗管理者、営業担当者といった用語を使用している。

 Google for Jobは、求職者が、自分のスキルや経験と、ぴったり一致することを可能にするような仕事を分類し、容易に探せるようにするのに、マシン学習技術を使用している。

 Google for Jobは、求職者の位置情報を、自動的に取得し、求職者に、さまざまな基準に適合した仕事を探す機会を提供する。

 求職者が、興味のある、いくつかの求人情報を見つけると、簡単な操作で、仕事を申請できるようにする。

 Google for Jobは、人々が、仕事を見つけるのを支援するために、Googleの、検索エンジンと、マシン学習技術を使用することへのコミットメントを反映している。

 Pichai氏は、さまざまな分野の求職者向けに、職探しサービスを提供するために、2016年に、Googleが、Cloud Jobs APIの提供を開始していることを指摘した。

 Cloud Jobs APIは、企業が、求人Webサイト、および、応募者の追跡システムやプロセスを強化するのを支援するよう、設計されている。

 例えば、Cloud Jobs APIを統合した、企業の求人Webサイトには、過去の応募者に対し、求人している仕事があることを通知する能力もある。

 Johnson & JohnsonやFEDEXを含む、何社かの企業は、既に、GoogleのCloud Jobs APIを、自社の、求人Webサイトに統合している。

 Google for Jobは、最初に、米国において、数週間で、利用できるようになり、さらに、数ヶ月間で、他の国でも、利用できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

Google Lensは、Googleの未来である。 '17.05.24

【Google Lensは、Googleの未来である。】 '17.05.24

 GoogleのCEO、Sundar Pichai氏が、Google I/O開発者コンファレンスの基調講演で、Google Lensと呼ばれる技術を紹介する。 2017年5月19日

 By Tess Townsend、Recode

 GoogleのCEO、Sundar Pichai氏が、Google I/O開発者コンファレンスの基調講演で、Google Lensと呼ばれる技術を紹介する。

Googlel
 人工知能(AI)、拡張現実(AR)は、Googleの開発者コンファレンスで、最も興味が持たれる、テーマのようだ。

 Googleによると、同社は、「AIファースト」に移行しているという。

 Googleは、最初に、テキストや、Webページを理解することを開始し、ユーザの検索キーワードに基づいて、関連する、Webページの検索結果をリストし、広告で売上を上げることで、ビジネスを展開してきた。

 コンピュータは、音声や自然言語を理解したり、画像やビデオを理解したりできるようになってきた。

 コンピュータが、あらゆることを認識できるようになってきたという事実は、Googleの使命に、深い意味を持つようになった。

 Googleは、検索エンジンという観点から、検索機能を拡張するために、AI技術を使用することを、取り組みの1つにしており、さらに、AI技術を、写真管理アプリのGoogle Photosや、デジタル・アシスタント・アプリの、Google Assistantなどに追加することにも、取り組んでいる。

 Googleは、Google Photosに、写真に写っている人の顔を認識できるようにする機能を持たせることに取り組んでおり、Google AssistantやGoogle Photoなどに、Google Lens機能を統合していく。

 Google Lensは、Androidユーザが、場所や興味に基づいて、スマートフォンで、自分たちの周囲にある、オブジェクトの写真を撮ることで、関連した情報を、即座に、得られるようにする技術である。

 Google Lensは、ユーザが、スマートフォンのカメラで撮った写真を認識するために、マシン学習を使用している。

 Google Lensは、ユーザが、スマートフォンのカメラで撮った、花の写真を認識し、花の品種などを教えてくれる。
Lens2
 Google Lensは、ユーザが、Wi-Fiルータのステッカーの写真を撮ると、手動で、ネットワーク・パスワードを入力する必要なく、ユーザは、自動的にネットワークに接続できるようになる。
Lens3
 Google Lensは、ユーザが、スマートフォンのカメラで、レストランや小売店などの写真を撮ると、店に関する情報や、他のユーザのレビューなどを表示してくれる。

Lens4
 Google Assistantは、質問をテキスト入力することで、ユーザに、別のウィンドウで、Google Searchを使用して、キーワードを指定し、Webページの検索結果をリストするような感じを与えることができる。

 質問をテキスト入力する、ビジュアルな検索オプションが、音声による検索と比較して、どのよう利点や欠点があるか、評価してみよう。

 Googleは、写真管理アプリ、Google Photosや、デジタル・アシスタント・アプリ、Google Assistantなどに、Google Lens技術を組み込んでいく。

 Google Lensの背後にある技術は、特に、新しいものではないが、Googleの、「AIファースト」への移行の一貫である。

 ベストセラーのアプライアンス

Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。(3) '17.05.24

【Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。(3)】 '17.05.24

 Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。2017年5月22日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Googleは、Google I/O開発者コンファレンスで、さまざまなモバイル、クラウド・コンピューティング、および、モノのインターネット(IoT)関連の製品やサービスを開発する能力を披露する。

   (続く)

8.Google Photosに、新たな顔認識機能が、組み込まれる。

Eweek39
 5億人ものユーザがいる、Google Photosアプリに、新たな顔認識機能といった、いくつかの大きなアップデートが実施された。

 顔認識機能をエンハンスした、Google Photosは、写真に写った人を、自動的に特定し、設定に応じて、その人たちに、写真を送ることができる。

 Google Photosの新たなエンハンスには、ユーザ間で、知的に、コンテンツを共有できる、共有ライブラリ機能もある。

9.Androidベースのデバイスは、世界で、20億台以上、使用されている。

Eweek310
 Googleによると、Androidオペレーティング・システムは、現在、世界で、20億台以上のデバイス(スマートフォン、タブレット、スマートTV、ウェアラブル・デバイス、スマート・ホーム・デバイス、車載システムなど)に搭載されているという。

 この数字は、現在、世界で、実際に使用されている、Androidベースのデバイスの台数である。

10.Google、今後、数年間で、10億人以上の、新規Androidユーザを獲得するだろう。

Eweek311
 Googleは、世界で、実際に使用されている、Androidベースのデバイスの台数は、今後、数年間で、30億台に達するペースで、増加すると見積っている。

 Googleは、今後、数年間に、世界で、新たに約10億人の人たちが、Androidベースのデバイスの市場に、もたらされると期待している。

 これは、1GB未満のメモリを搭載した、デバイス向けの、軽量版のAndroidオペレーティング・システムである、Android Goにより、もたらされるだろう。

 軽量版の、Android Goは、最適化された、Googleアプリを使用し、Google Playストアにおいて、同様に最適化された、3rdパーティのアプリをサポートするようになる。

 Googleは、軽量版の、Android Goを、2018年に、リリースすることを計画している。

 ベストセラーのアプライアンス

Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。(2) '17.05.24

【Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。(2)】 '17.05.24

 Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。2017年5月22日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Googleは、Google I/O開発者コンファレンスで、さまざまなモバイル、クラウド・コンピューティング、および、モノのインターネット(IoT)関連の製品やサービスを開発する能力を披露する。

  (続く)

5.Google Homeスマート・スピーカで、Bluetoothがサポートされる。

Eweek36_2
 Google Homeスマート・スピーカで、Bluetoothがサポートされ、ユーザは、iPhoneやAndroidデバイスで、音楽をストリーミングできるようになる。

 Google Homeスピーカは、HBO NowやCBS All Accessを含む、さまざまなサービス向けの、音声対応コマンドもサポートしている。

 ChromecastスティックTVと、Google Homeスピーカを一緒に使用すると、Google Assistantデジタル・アシスタントへの、音声での問い合わせに対する回答が、TVの画面に表示されるようになる。

6.Googleは、Daydream VRヘッドセットを構築する、3rdパーティのベンダと、パートナーを組む。

Eweek37
 仮想現実(VR)市場に対する、取り組みの1部として、Googleは、Daydream互換のVRヘッドセットを構築する、3rdパーティのベンダと提携した。

Daydreamview_3
 GoogleのDaydream VRプラットフォームを組み込んだ、Daydream互換のVRヘッドセットを開発する、最初のベンダには、HTCとLenovoがいる。

7.Googleは、ビジュルなボジショニング・システムに投資する。

Eweek38
 Googleは、位置情報測位システム(GPS)に似ているが、さらに改善された、位置情報サービスを提供する、ビジュルなボジショニング・システムに投資する。

 Googleは、ビジュアルな認識プラットフォーム、Tangoと、ユーザの周囲にある、オブジェクトを認識し、数センチメートル以内の精度で、オブジェクトの位置を決定できるようにする、ビジュアルなポジショニング・システムを作成するために、3D技術と結合する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月23日 (火)

Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。 (1) '17.05.23

【Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。(1)】 '17.05.23

Android O、Google Lensは、Google I/O開発者コンファレンスで、注目を集める。 2017年5月22日
Eweek30
 By Don Reisinger、eWEEK

 Googleは、Google I/O開発者コンファレンスで、さまざまなモバイル、クラウド・コンピューティング、および、モノのインターネット(IoT)関連の製品やサービスを開発する能力を披露する。

 Googleは、I/O開発者コンファレンスで、Android Oモバイル・オペレーティング・システムの詳細を紹介する。

 Googleは、Androidデバイスのユーザが、スマートフォンを使用して、自分たちの周囲のオブジェクトの写真を撮り、そのオブジェクトや場所などに関連する、多くの情報を取得できるようする、Google Lens技術を紹介する。

 例えば、ユーザは、道路で見かけた、新しい車の写真を撮ることで、その車の、特徴、価格、および、最寄りのディーラなどの、詳細な情報を取得できるようになる。

 Googleは、企業が、各デバイスに、GPSモバイルを設置することなく、IoTデバイスの、地理的な位置を認識できるようにすることで、モノのインターネット(IoT)プラットフォームの開発者、Particleと、パトナーを組んだ。

 Googleが、I/O開発者コンファレンスで紹介される、テーマを以下に示す。

1.Googleは、Android Oの詳細を明らかにする。

Eweek31
 Googleの、Android Oは、Google I/O開発者コンファレンスで、最も大きな発表の1つであった。

 Googleは、オペレーティング・システムが、2017年の後半に、利用できるようになるという。

 Android Oは、ユーザが、1度に、複数の作業ができるようにし、バッテリや性能を改善する、機能も提供する。

2.Google Lensは、スマートフォンのカメラで撮った映像に、関連する情報をリンクする。

Eweek32
 Googleは、Google Assistantや、Google Photoなどと統合される、Google Lensと呼ばれる機能を追加する。

 Google Lensは、Androidユーザが、場所や興味に基づいて、自分たちの周囲にある、オブジェクトの情報を、即座に、呼び出せるようにする技術である。

 Google Lensは、ユーザが、スマートフォンのカメラで、オブジェクトを撮影すると、そのオブジェクトに関連した情報を提供する、Bixby Visionに似ている。

 例えば、ユーザが、スマートフォンのカメラで、店の玄関の看板の写真を撮ると、Google Lensは、この店に関連した情報を、スマートフォンに表示する。

 また、ユーザが、スマートフォンのカメラで、映画やコンサートなどの、ポスターの写真を撮ると、Google Lensは、上映されている映画や、コンサートになどに関連した情報を、スマートフォンに表示する。

3.AppleのiPhoneで、Google Assistantを、利用できるようになる。

Eweek33
 Googleは、デジタル・アシスタント、Google Assistantを、AppleのiPhoneで利用できるようする。

 Googleは、デジタル・アシスタント、Apple Siriの代替として、Google Assistantを、iOS 9.1以降を搭載した、AppleのiPhoneで利用できるようにする。

 Google Assistantデジタル・アシスタントを使用して、iPhoneユーザは、音声による、自然言語で、インターネットを検索したり、質問への回答が得られるようにしたり、カレンダーのイベントを作成したりできるようになる。

4.Google Homeスマート・ホーム・ハブは、ユーザが、ハンズフリーで、電話できるようにする。

Eweek35
 Google Homeスマート・ホーム・ハブは、ハンズフリーの電話をサポートする。

 音声コマンドを使用して、ユーザは、米国とカナダの、固定電話や携帯電話の番号に接続し、Google Homeスマート・ホーム・ハブを通して、ハンズフリーで、電話できるようになる。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Googleは、カメラの画像をベースにした、検索技術を、Google Lensを紹介する。 '17.05.23

【Googleは、カメラの画像をベースにした、検索技術、Google Lensを紹介する。】 '17.05.23

 Googleは、カメラの画像をベースにした、検索技術、Google Lensを紹介する。2017年5月18日

 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 Googleは、Google Assistantや、Google Photoなどと統合される、Google Lensと呼ばれる機能を追加する。

 Google Lensは、Androidユーザが、場所や興味に基づいて、自分たちの周囲にある、オブジェクトの情報を、即座に、呼び出せるようにする技術である。

 Androidユーザは、興味のあるモノを、スマートフォンのカメラで撮影することにより、自分たちの周囲にあるオブジェクトに関連した情報を取得でき、適切な行動を取れるようになる。

 例えば、特定のレストランや、ショーのチケットなどの、価格に関するレビューを探しているユーザは、Androidベースのスマートフォンのカメラを使用して、レストランの看板や、イベントのポスターなどを撮影することで、それらに関連した情報を取得できるようになる。

 例えば、花の写真を撮ると、Google Lensは、その花に関する情報を表示してくれる。

Eweek1a
 また、店の写真を撮ると、Google Lensは、その店に関する情報を表示してくれる。

Eweek1b
 同様に、WiFiルータのステッカーの写真を撮ると、手動で、ネットワーク・パスワードを入力する必要なく、ユーザは、自動的にネットワークに接続できるようになる。

Eweek1c
 2017年5月17日に、GoogleのI/Oコンファレンスで発表された、AIやマシン学習を使用した、ビジョン・ベースのコンピューティング技術、および、Google Lensの能力は、2017年内に、利用できるようになる。

 Googleは、Google Lensを、音声対応デジタル・アシスタント、Google Assistantや、Google Photoと統合して出荷する。

 Google Lensの能力は、他のGoogle製品にも、統合されていくようだ。

 「Google Lensの紹介ビデオ」

 同様に、Google Homeユーザは、自然言語による会話を使用して、LG、Honeywell、TP-Link、Logitech、および、Augustを含む、広範な技術ベンダが、スマート・ホーム技術を制御し、対話するために、音声対応デジタル・アシスタント、Assistantを使用できるようになる。
Gh
 数ヶ月後に、Google Homeユーザは、スマート・ホーム・デバイスを、米国やカナダの、セルラー・ネットワークや、固定電話に、接続するよう、デジタル・アシスタント、Assistantに、依頼できるようになる。

 例えば、毎日のスケジュールを、Google Homeに尋ねる、ユーザは、家庭のTVに、表示される、自分たちのカレンダーを見ることができるようになる。

  「Google Homeの紹介ビデオ」

 HuffmanとChandraによると、Googleは、3rdパーティの開発者が、ユーザが、自然言語の会話を使用して、自分たち製品と対話できるように、これらの製品で、Google Assistantをサポートするのを支援することに取り組んでいるという。

 数1億台の、Androidベースのデバイスに、現在、Assistantが、組み込まれている。

 今週、Appleの、iOSユーザが、自分たちのiPhoneやiPadで、Google Assistantを使用できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

将来のスマートフォンに期待される、5つの主な機能(2) '17.05.23

【将来のスマートフォンに期待される、5つの主な機能(2)】 '17.05.23

 将来のスマートフォンに期待される、5つの主な機能を紹介する。

 By Michael Poh

 スマートフォンは、メール、Webブラウザ、カメラ、マルチメディア・エンターテインメント、および、ゲームのような基本機能を提供し、携帯電話よりも、スマートな能力を持っている。

Fsp1
 これまでのトレンドを観察して、スマートフォンの将来が、どこに向かうか、想像してみよう。

   (続き)

4.シームレスな音声制御と、音声対応デジタル・アシスタント

Fsp5
 音声対応デジタル・アシスタントは、AppleのSiri以来、注目されている、分野の1つになっている。

 音声制御技術を採用した、携帯電話もあるが、音声認識機能は、粗雑であった。

 音声認識技術は、進歩してきたが、高度な技術を必要とする仕事であることが判明した。

 Siriは、音声制御と、音声認識を行うべき方法を、突破口にしたかもしれない。

 Siriは、人が、語句を認識するのと同様の方法で、語句の文法や意味を解釈する。

 このような自然言語のユーザ・インタフェースは、より効果的で、正確になっていく。
 Siriは、シームレスな音声制御を実現することが目標のようだ。

 これには、ジェスチャーと組み合わせることで、スマートフォンとユーザの、新たなレベルの対話がもたらされる、可能性がある。

 クラウド・ベースの、主な音声対応デジタル・アシスタントには、AppleのSiriの他に、AmazonのAlexa、GoogleのAssistant、MicrosoftのCortanaなどがあり、スマートフォン、スマート・スピーカ、PC、車載システムなどに組み込まれ、チャットボットとして、ユーザの質問に答えたり、ユーザの要件に対応したり、あるいは、他のスマート・デバイスを制御したり、オンライン・ショッピングしたり、さまざまなことを支援できるようになる。

5.3Dスクリーン&ホログラム

Fsp6
 3Dスクリーン&ホログラムには、ジェスチャーと組み合わせることで、スマートフォンのユーザにとって、新たなレベルの対話がもたらされる可能性がある。

スマートフォンは、人が知覚できる、十分な鮮明さを提供する、AppleのRetina Displayで、スクリーン画面の解像度において、既に、ピークに達しているかも知れない。

 モバイル・デバイス・ベンダは、スマートフォンのスクリーン画面の、2Dから、3Dへの移行を試みている。

 現在、市場には、LG Optimus 3D、Motorola MT810、Samsung AMOLED 3Dといった、3Dスマートフォンが登場している。

Fsp7
 3Dの次は、何だろう?

 次は、ホログラフィック投影システムかもしれない。

 Mobile World Congressにおいて、MasterImage 3Dは、スマートフォンが、3Dホログラムを表示できるようにする、投影システムの開発状況を継続的に展示していた。

 「Microsoft HoloLensの紹介ビデオ」

 スマートフォンは、タッチ・ディスプレイ、カメラ、マイク、GPSなどの各種センサー、無線通信手段を持ち、極めて柔軟で、汎用性があり、さまざまな機能を提供し、メール、電話、Webブラウザ、生産性アプリ、SNSアプリ、チャット、カメラ、ゲームなどに利用でき、音楽や映画や書籍だけでなく、VRや360度ビデオなどのコンテンツを楽しむこともできる。

 スマートフォンを装着して、使用する、VRヘッドセットは、VRや360度の映像などを体験できる、手頃な手段を提供する。

Fsp8
 ユーザは、スマートフォンを使用して、音声やジェスチャーで、他のデバイスを操作したり、デジタル・アシスタントと会話し、対話できる。

 ユーザは、スマートフォンで、他のユーザや、チャットボットと、音声チャット、メッセージ・チャット、ビデオ・チャットができる。

 さまざまな目的や機能を利用するために、スマートフォンには、必要に応じて、モジュールを、追加したり、取り換えたり、更新したりできる、モジュール・タイプのスマートフォンも開発されている。

 AmazonのEchoのような、スマート・スピーカのシリーズにも、カメラやマイクが付いた、Echo Lookや、さらに、タッチ・ディスプレイも装備し、汎用性を増した、Echo Showも登場し、多機能化されているが、スマートフォンには、柔軟性、汎用性、多機能性、拡張性、ポータブル性といった特徴がある。

Fsp9
 モバイル・デバイス、スマート・スピーカ、スマート・ハウスのデバイス・ハブ、スマートTV、スマート監視カメラなど、用途や目的に合わせて使用されるだろう。

 Project Araのような、柔軟性、拡張性、カスタマイズ性、多機能性、製品寿命などを狙った、モジュール・タイプのスマートフォンは、コスト、デザイン、ポービリティ、使い易さなどの観点で、あまり人気を得られなかったという経緯もある。

Fsp10
 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月22日 (月)

将来のスマートフォンに期待される、5つの主な機能(1) '17.05.22

【将来のスマートフォンに期待される、5つの主な機能(1)】 '17.05.22

 将来のスマートフォンに期待される、5つの主な機能を紹介する。

 By Michael Poh

 スマートフォンは、メール、Webブラウザ、カメラ、マルチメディア・エンターテインメント、および、ゲームのような基本機能を提供し、携帯電話よりも、スマートな能力を持っている。

Fsp1
 スマートフォンは、携帯電話の代替として、20年近く前に、市場に登場した。

 スマートフォンで、ユーザは、電話やメールだけでなく、テキスト・チャットやビデオ・チャットで、双方向のコミュニケーションをしたり、Webナビゲートしたり、SNSサイトで、友達と、情報やコンテンツを共有したり、さまざまなクラウド・サービスを利用したりすることができる。

 今日のスマートフォンには、高品質のレンズや高度な機能を持つカメラ、生産性アプリ、仮想現実(VR)、音声対応デジタル・アシスタント、ビデオやオーディオ・ストリーミング、多くのユーザとの接続性など、さまざまな機能を拡張できる、能力が装備されている。

 今後、5年から10年で、開発される、スマートフォンの機能を予想する。

 ただし、速いペースで、技術が進化しているため、正確に、将来を予想することは困難である。

 これまでのトレンドを考察して、スマートフォンの将来が、どこに向かうか、想像してみよう。

 1.拡張現実(AR)
Fsp2
 拡張現実(AR)とは、コンピューターを利用して、現実の風景に、情報を重ね合わせて表示する技術のことである。

 ARは、コンピュータのデータを、我々が、実生活で、見るものと重ね合わせることにより、我々に、より多くの情報を利用できるようにする。

 例えば、スマートフォンのカメラで撮った、風景や建物などの映像に、これらに関する情報や、GPSで得られる位置情報などが、オーバーレイ表示される。

 スマートフォンは、ARのプラットフォームとして適している。

 ARアプリは、位置に関する情報の検索を促すために、GPSの、いくつかの形態を使用するようになるだろう。

2.折り曲げることができる、スクリーン画面
Fsp3
 スマートフォンは、ポータブル性を維持しながら、映画やビデオを見たり、本を読んだり、ゲームをプレーしたりするために、大きなスクリーン画面を提供できるようになる。

 例えば、有機LED技術を使用することで、スクリーン画面は、折りたたんだり、広げたりできるようになる。

 将来のスマートフォンには、この紙のような薄さの、折りたたむことができる、スクリーン画面を持つものも登場するだろう。

 将来のスマートフォンは、2つのスクリーン画面を持ち、一方を、コントローラとして使用しながら、片方を、写真やビデオなどのコンテンツを見るために使用できるようになる。

 また、何社かのベンダは、消費者向けの、ウェアラブルなスマートフォンを作成することを計画している。

 例えば、Nokiaは、ウェアラブルなスマートフォンである、腕時計型のコンセプト・スマートフォン、Morphを、試験的に作成した。

Nokia

 「Nokiaのコンセプト・スマートフォン、Morphの紹介ビデオ」

3.内臓プロジェクター
Fsp4
 スマートフォンの、小さなスクリーン画面を、補完するために、内臓プロジェクターを統合した、スマートフォンには、2010年後半にリリースされた、Samsung Galaxy Beamがある。

Fsp
 このスマートフォンは、15ルーメンのサイズで、最大、50インチまで、投影できる、内臓DLP(Digital Light Projection)WVGAプロジェクタを搭載している。

 プロジェクターを内臓した、スマートフォンは、TVを必要とすることなく、壁などの平な所に投影することで、大画面で、対話型のゲームや、ビデオなどのコンテンツを楽しめるようになる。

 プロジェクターを内臓した、Microsoftの、動きセンサー、Kinectに似た、スマートなカメラや音声制御機能を持つ、スマートフォンは、ユーザの動きを捉えることができ、音声コマンドで操作することもできる。

 これにより、ユーザは、コントローラに変わりに、スマートフォンを使用して、動きや声で、操作したり、ゲームをプレーしたりできるようになる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Ford Motorが、2016年車に、無線ソフトウェア・アップデートを使用する。 '17.05.22

【Ford Motorが、2016年車に、無線ソフトウェア・アップデートを使用する。】 '17.05.22

 Ford Motorが、2016年車に、無線ソフトウェア・アップデートを使用する。 2017年5月19日

Reuters1
 By Reuters

 Ford Motorは、同社のSync 3を搭載した、2016年製の車に、Android AutoやApple CarPlayを追加し、無線ソフトウェア・アップデートを使用すると共に、無線ソフトウェア・アップデートを利用できるエリアの拡大を詳細に調べている。

 Sync 3への、最新のアップグレード、Fordの対話型タッチスクリーン・システムは、Wi-Fiを使用した、無線ソフトウェア・アップデートによって達成される。

 Teslaは、2015年に、既に、無線ソフトウェア・アップデートの使用を開始しているのに対し、老舗の自動車メーカは、ゆっくりと、新しい技術を受け入れることを、開始し始めている。

 ソフトウェア・アップデート・サービスによる、売上の喪失を懸念している、ディーラからの抵抗と、ソフトウェア・アップデートにおける、セキュリティに対する心配が、従来の自動車メーカにとって、無線ソフトウェア・アップデートの採用の妨げになっている。

 これまでのところ、老舗の自動車メーカは、インフォテイメントのような、重要ではないシステムにおいてのみ、無線ソフトウェア・アップデートを使用しており、運転補助といった、重要な機能を提供する、安全システムには、無線ソフトウェア・アップデートを使用していなかった。

 顧客は、ディーラを訪問し、USBインタフェースなどを使用した、従来の方法で、ディーラの、ソフトウェア・アップデート・サービスを受けていた。

 Googleの車載システム用オペレーティング・システム、Android Autoや、Appleの車載システム用オペレーティング・システム、Apple CarPlayは、運転手が、スマートフォンを、車のダッシュボードに接続できるようにする。

 Ford Motorは、Sync 3車載システム用のオペレーティング・システムとして、BlackberryのQNXを採用している。

 「FordのSync 3車載システムの紹介ビデオ」

 Ford Motorは、スマートフォンのビジネスを撤退した、Blackberryから、約400名の技術者を雇用した、2ヶ月後に、初めて、車載システムのソフトウェアのアップデートに、無線ソフトウェア・アップデートを使用した。

 車載システムのソフトウェアのアップデートが、無線ソフトウェア・アップデートを通して、行われるようになると、顧客は、車載システムのソフトウェアをアップデートして貰うために、ディーラを訪問する必要がなくなる。

 自動車メーカは、車載システムのソフトウェアのアップデートに、ディーラを介する必要がなくなり、保守サービスのコストを低減できると共に、保証の修理の問題や、リコールを、無線ソフトウェア・アップデートを通して、修正できるようになる。

 また、自動車メーカは、カーナビなどの、車載システムのアプリのソフトウェア・アップデートも、ディーラを介することなく、無線ソフトウェア・アップデートを通して、行えるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

HPEは、ビッグデータ・プロジェクトに対処するよう、The Machineを設計した。(2) '17.05.22

【HPEは、ビッグデータ・プロジェクトに対処するよう、The Machineを設計した。(2)】 '17.05.22

 HPEが、ビッグデータ・プロジェクトに対処するよう、The Machineを設計した方法を紹介した。 2017年5月19日

Eweek30
 By Don Reisinger、eWEEK

 スーパー・コンピュータの研究と開発の取り組みを開始した、14年後に、HPEは、The Machineを発表した。

   (続き)

7.The Machineの技術に、コミュニティの支援を求めている。

Eweek37
 HPEは、The Machineの技術に対して、さまざまなコンピューティング・サイエンス・コミュニティの助けを必要としていると述べた。

 The Machineは、すべて、オープンソースであり、コミュニティに公開され、利用でき、時間の経過と共に、フィードバックされ、改善されていく。

 しかし、The Machineの舞台裏で、どれぐらいの数の組織が、協調しているかは、明らかになっていない。

8.The Machineのセキュリティと、問題の検出を改善する。

Eweek38
 HPEは、セキュリティ・コミュニティが、The Machineから、大きく利益を得ることができると述べた。

 また、HPEは、ハッカーが、企業や、多くのモノのインターネット(IoT)対応デバイスをターゲットできるような、方法が増えると指摘した。

 The Machineは、膨大なデータを、より迅速に分析することができるので、問題を検出するための作業を、より手早く、的確に実施することができる。

9.The Machineが、支援することのできる、いくつかの分野がある。

Eweek39
 HPEは、The Machineが、業界に利益をもたらす、いくつかの分野について説明した。

 The Machineは、航空機の遅延を短縮したり、燃料を節約したり、パイロットが悪天候を回避するのを助けたりするために、極めて多くの情報を、リアルタイムに分析できるようにする。

 また、医療の分野では、膨大なデータを分析できる、The Machineの能力は、医師が、適切に診察するのを支援できるようになる。

10.The Machineには、主な問題や課題が、依然として残っている。

Eweek310
 HPEは、The Machineが、世界に、深い影響を与えられると信じているが、The Machineは、まだ、試作機であり、このプロジェクトは、初期段階にある。

 また、The Machineが、どれぐらいの価格設定になるか、いつ頃、発売されるか、何社ぐらいの顧客と契約を交わしているか、といったことに関して、まったく、明らかにされていない。

 一般的に、The Machineのような超高性能マシンは、大衆市場ではなく、米国政府機関、大学の研究センター、最大手のクラウド・サービス・プロバイダ、あるいは、特別なニーズを持つ、医薬品、医療、ユーティリティ、ITサービスといった分野の、特定の企業や機関に販売される。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月21日 (日)

HPEは、ビッグデータ・プロジェクトに対処するよう、Machineを設計した。(1) '17.05.21

【HPEは、ビッグデータ・プロジェクトに対処するよう、Machineを設計した。(1)】 '17.05.21

 HPEが、ビッグデータ・プロジェクトに対処するよう、Machineを設計した方法を紹介した。 2017年5月19日

 By Don Reisinger、eWEEK

Eweek30
 スーパー・コンピュータの研究と開発の取り組みを開始した、14年後に、HPEは、The Machineを発表した。

 HPEは、The Machineを、160TBの主記憶を持つ、スーパー・コンピュータとして、説明している。

 事実、The Machineは、メモリ駆動の、高性能なコンピュータである。

 HPEは、コンピュータ・アーキテクトであり、メモリも作成しているが。プロセッサは作成していない。

 HPEは、ビッグデータの世界により、要求される、コンピューティング作業を、効率的に行うよう、設計された、画期的なコンピュータとして、The Machineを設計した。

 「ビッグデータの時代向けに、構築された、コンピュータ、The Machineの紹介ビデオ」

 The Machineは、1億6000万冊の書籍を含む、大量のデータを処理するために、高速な160TBの主記憶と処理パワーを持っている。

 The Machineは、健康管理のデータを記録し、分析したり、天気を予測したり、石油やガスを探索したり、量子力学の計算をしたりするといった、データ集約的な作業を処理することができるようになる。

1.データのジレンマを理解する。

Eweek31
 The Machineを理解するためには、HPEが、「データのジレンマ」と呼ぶ、ものを理解する必要があるだろう。

 今日のマシンの技術は、60年も前からある、従来の基本的なチップのアーキテクチャに頼っているのに対し、The Machineは、メモリとストレージ間で、データを高速に移動させる、メモリ駆動型で、マルチ・プロセッサを搭載している。

2.メモリ駆動コンピューティングとは、何か?

 The Machineは、特定のアプリに対してのみ、メモリを使用するのではなく、システム内の、すべてのプロセッサに、メモリのプール全体へのアクセスを与える。

 HPEによると、従来のコンピュータの方式は、非効率を生み、データ分析を抑制するという。

 これに対し、HPEは、The Machineを、より高速で、有能なマシンにすることを目指している。

3.The Machineは、ビッグデータ分析の仕事の、最も大きな部分を処理するよう、設計されている。

Eweek32
 HPEは、今日のコンピューティング環境が、ビッグデータに、あまり対応していないと信じている。

 HPEによると、現在のコンピューティング環境は、メモリ容量と、処理パワーが、膨大なデータを処理するには、十分でないという。

 The Machineに搭載された、多くのプロセッサは、世界の最大の単一メモリ・システムを共有し、大量の情報を、確実に保持し、高速に処理するよう、設計されている。

4.The Machineには、160TBの共有メモリが搭載される。

Eweek33
 The Machineの試作機の心臓部には、160TBの主記憶と、40個のプロセッサが搭載される。

 この160TBの主記憶は、40個のプロセッサで構成される、物理ノードで共有される。

、この共有メモリは、これまで作成された、他の単一メモリ・システムよりも、さらに大きな容量を持つことができる。

 160TBのメモリを共有することで、The Machineは、約8億冊の書籍に相当する、膨大な情報を処理できるようになる。

5.The Machineの試作機は、Linuxベースの技術を採用している。

Eweek34
 The Machineの試作機には、Linuxオペレーティング・システムの特別な版が、搭載されている。

 このLinuxオペレーティング・システムの特別な版は、ハイエンドのARMベースのシステム・オン・チップ、Thunder X2上で動作する。

 このLinuxオペレーティング・システムには、The Machineの一貫性のある、共有メモリに対し、開発者が、自分たちのソリューションを最適化できるよう、支援するための、ソフトウェア開発ツールも含まれている。

6.The Machineの将来は、どうなるのだろう?

Eweek35
 The Machineの試作機が、160TBの共有メモリを持つことは、そんなに遠い将来のことではない。

 The Machineのアーキテクチャは、理論的に、4,096TBの共有メモリをサポートするよう、拡張できるようだ。

 HPEによると、4,096TBのメモリ・サイズは、現在の「デジタル・ユニバース」(EMCが提唱する、1年間に、地球上で生成されるデータ全体を指す呼び名)のサイズの約25万倍であるという。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

「RESET(リセット)」というタイトルの書籍を見つけました。 '17.05.21

【「RESET(リセット)」というタイトルの書籍を見つけました。】 '17.05.21

RESET(リセット)

Google流 最高の自分を引き出す5つの方法

ゴーピ・カライル著 (あさ出版

白川部君江訳

Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。(3) '17.05.21

【Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。(3)】'17.05.21

 Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。2017年5月16日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 2016年9月に、DellがEMCを買収し、合併が完了して誕生した、Dell EMCは、Dell EMC Worldにおいて、新たなサーバ、ストレージ・アレイ、および、新世代のデータセンター装置を、積み重ねるだけでなく、顧客が、モノのインターネット(IoT)や、クラウド・ベースのアプリを得るのを支援することを目的にした、サービスのセットも追加したことを紹介した。

Eweek6_3
   (続き)

例3)データの移行は難しい。

 データ移行は、しばしば、新技術を実装する上で、最も困難なステップであることは、周知の事実である。

 Dell EMCは、データの移行に取り組むために、ストレージ・スクリプトから、監査やクリーンアップまで、データの収集や計画を要求する、物理から仮想マッピングへの、Intelligent Data Mobility(IDM)戦略と方法論の改善を続けている。

 Dell EMCには、クラウド統合サービスに特化した、Boomiと呼ばれる、データ移行部門がある。

 新技術の採用を容易にするもう1つの例は、プロセスの展開における、死角を取り除くために、センサー、IoT、分析、セルフ・サービスを使用した、パーソナライズされた制御と、予防による、基盤の採用と生産性の向上である。

 顧客やパートナーからの入力と洞察で、DellとEMCは、共同製品ライン全体に渡り、両社の専門サポートと展開に、一貫性を持たせ、両方の世界の、最良の部分をもたらすようになるだろう。

 ベストセラーのアプライアンス

Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。(2) '17.05.21

【Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。(2)】 '17.05.21

 Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。 2017年5月16日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 2016年9月に、DellがEMCを買収し、合併が完了して誕生した、Dell EMCは、Dell EMC Worldにおいて、新たなサーバ、ストレージ・アレイ、および、新世代のデータセンター装置を、積み重ねるだけでなく、顧客が、モノのインターネット(IoT)や、クラウド・ベースのアプリを得るのを支援することを目的にした、サービスのセットも追加したことを紹介した。

Eweek6_2
   (続き)

例2)AzureとHybrid Cloudの使用の迅速化

 業界のアナリストは、サービスとしての基盤(IaaS)と、サービスとしてのプラットフォーム(PaaS)市場の売上は、今後、数年間で、20%近くの年間平均増加率(CAGR)で成長すると見積っている。

 IaaSやPaaSの管理制御は、クラウドにおける、データ管理プラットフォーム経由で、行われるだろう。

 Dell Technologiesは、今月、Azureクラウド・サービスで、自社のエンタープライズ・クラウドを運用することで、Microsoftと契約したことを発表した。

 この新しいハイブリッド・クラウド・プラットフォームは、Microsoft Azure Stack上で実行する、ハイブリッド・クラウドを、構築し、保守するための、従来と比較して、簡易な手続きを採用することにより、迅速に進めることができるよう、設計されている。

 新しいハイブリッド・クラウド・プラットフォームは、従来のアプリと、クラウド・ネイティブなアプリの両方で、自動化された、ITサービスを提供することで、Microsoft Azureエコシステムを標準化する。

 Dell EMC Cloud for Microsoft Azure Stackは、2017年の後半のプライム・タイムに、提供される予定である。

 Microsoft Azureサービスは、顧客が、Azure Stackを、実装し、既存の環境に統合し、ハイブリッドな運用を最適化するのを支援するだろう。

 例えば、Dell EMCは、Azureクラウド・サービスのユーザが、Microsoft SQL Serverを使用した、サービスとしてのデータベース(DaaS)、新たなアプリAPI、および、新たなIaaSサービスといった、デリバリ能力を構築するのを支援できる。

 ハイブリッド・クラウド・プラットフォームでの経験を活用して、一貫性のある構築を確実にする、最適なラック統合を設計した。

 Dell EMCの技術者は、ハイブリッド・クラウド環境を構成し、サービスを提供する準備ができた、完全にオペレーショナルなプラットフォームに統合する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。 (1) '17.05.21

【Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。(1)】 '17.05.21

 Dell EMCが、Las Vegasで、IoTサービスを紹介する。 2017年5月16日

Eweek6
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 2016年9月に、DellがEMCを買収し、合併が完了して誕生した、Dell EMCは、Dell EMC Worldにおいて、新たなサーバ、ストレージ・アレイ、および、新世代のデータセンター装置を、積み重ねるだけでなく、顧客が、モノのインターネット(IoT)や、クラウド・ベースのアプリを得るのを支援することを目的にした、サービスのセットも追加したことを紹介した。

 おそらく、新しいIoTサービスが、どのように機能するかを説明する、最良の方法は、実際の問題のいくつかの例や、それらが、どのように解決されたかの例を提示することだろう。

例1)IoTで利益を得る。

 IoT戦略に投資した場合、どのように、利益がもたらされるのだろう?

 Internet of Things Instituteによると、IoTは、最終的に、世界の経済に、数兆ドルの影響をもたらす可能性があるという。

 企業は、IoTから得られる、データを、どのように活用していくか?

 企業は、ビッグデータ、分析、イネーブラーを、含むビジネス戦略を必要としている。

 Dell EMCは、数少ない、IoTアプライアンスのプロバイダの1社であり、新しいサービスで、IoTの導入を容易にしている。

 IoT Technology Advisoryサービスは、センサー、ビーコン、スマートフォン、ウェアラブル・デバイス、および、その他の、コネクティッド・デバイスから得られる、ビッグデータを活用するために必要な、IoT能力を識別するのを支援する。

 IoT Monetization Workshopサービスは、企業が、IoTの導入と展開を開始できるようにする、データ、分析、および、技術のロードマップを提供する。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年5月14日 - 2017年5月20日 | トップページ | 2017年5月28日 - 2017年6月3日 »

最近の記事

ウェブページ

広告2