« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »

2017年5月14日 - 2017年5月20日

2017年5月20日 (土)

Googleは、IoTデバイスの位置の認識を可能にすることで、Particleとパートナーを組む。 '17.05.20

【Googleは、IoTデバイスの位置の認識を可能にすることで、Particleとパートナーを組む。】 '17.05.20

 Googleは、IoTデバイスの位置の認識を可能にすることで、Particleとパートナーを組む。2017年5月17日
Eweek2
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 GoogleとParticleのアプローチは、エネルギーを消費する、GPSモジュールを、IoTデバイスに設置する、必要性をなくす。

 一般的に、IoTデバイスの位置を認識できるようにするためには、各デバイス上に、GPSモジュール、あるいは、センサーを設置する必要がある。

 今週、Googleは、IoTプラットフォーム・ベンダ、Particleと、パートナーを組んで、Google Maps Geolocation APIを使用する代わりに、同じ機能性を達成するための、新たなアプローチを発表した。

 潜在的に、高価で、電力を消費する、GPSモジュールに、投資する必要なく、企業は、単に、セルラー・ネットワークやWi-Fiネットワークの、Googleの地理空間データベースに、IoTデバイスを接続するだけで、自分たちのIoTデバイスの位置を認識できるようになる。

 企業は、既存のGPSモジュールにおける、位置情報の精度を向上させ、GPSモジュールが故障しても、Google Maps APIを使用して、位置データを、確実に利用できるようになると、Googleのソリューション・アーキテクト、Ken Nevarez氏は述べた。

 Ken Nevarez氏によると、1行のコードで、ネットワーク・エッジ上の、Particle IoTデバイスは、Googleの地理空間データベースをアクセスできるようになり、位置を特定できるようになるという。

 IoTデバイスのセンサーにより、可能になる、資産の追跡は、従来、衛星に設置されたGPSモジュールを含む、基礎の上に構築されている。

 このようなシステムは、しばしば、屋内や都会の密集地帯における、IoTデバイスのセンサーによる、位置情報の収集に失敗する傾向がある。

 高いビルや、屋根は、衛星の信号を妨害するので、しばしば、このようなシステムの、位置を特定する、IoTセンサーの能力を混乱させる。

 Geolocation APIは、GPSモジュールが、位置情報の取得に失敗しても、運用を続けることのできる、セルラー・タワーや、Wi-Fi信号をベースにしている。

 これにより、GPSモジュールが、位置情報の取得に失敗しても、屋内と、密集地帯にある、資産を追跡できるようになる。

 Particleプラットフォーム上の、Wi-Fi製品は、自動的に、タイムゾーンを構成し、他の位置を認識できる、構成の設定を行うために、Google Maps Geolocation APIを使用することができる。

 例えば、位置を認識する窓のブラインドは、利用可能な日照時間を参照できるようにし、積極的に、部屋を温める方法を決定できるようにする。

 Particle IoTデバイス上の、地理空間能力を可能にすることは、比較的、簡単なプロセスである。

 このプロセスは、地理空間用に可能になる、Maps APIキーを得ることが含まれ、Particleデバイス上の、Google Mapsファームウェアをフラッシュする。

 Google Mapsは、Particle管理コンソールに、統合される必要がある。

 これは、Googleが、今週、行った、2番目の、IoT関連の発表である。

 他の発表には、企業が、IoTデバイスを、Googleクラウドに接続し、集中管理できるように設計された、完全に管理されたサービスである、Cloud IoT Coreのβ提供が含まれる。

 このCloud IoT Coreサービスは、ネットワーク・エッジ上の、IoTデバイスからの、データを収集するための方法を、企業に与え、Cloud DataFlowやBig Queryといった、Googleの、分析サービと統合される、中央Googleシステムに、データを収集する。

 ベストセラーのアプライアンス

Dell EMCが、オープンなネットワーキング・ポートフォリオへの移行を続ける。(2) '17.05.20

【Dell EMCが、オープンなネットワーキング・ポートフォリオへの移行を続ける。(2)】 '17.05.20

 Dell EMCは、ユーザ・コンファレンスにおいて、企業が、ネットワーク仮想化技術を採用するのを支援することを狙った、新しいスイッチとサービスを発表する。2017年5月8日

Eweek5_3
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 ユーザ・コンファレンスにおいて、Dell EMCは、新たなスイッチを発表し、3年前に開始した、オープンなネットワーキングへの移行を続けていることを紹介した。

   (続き)

 オープン・ネットワーキングの利点

 ネットワーキングのオープン化への移行は、伝統的なネットワーキング・ベンダを、より低価格で、より簡素化された、システムで脅かす、ODMからの、低価格のホワイト・ボックスの脅威に対応するための方法であった。

 Dell EMCから提供される、オープン・ネットワーキングは、OEMの独自システムよりも、低価格であり、ODMのホワイト・ボックスよりも、高価である。

 しかし、エンドユーザは、Dell EMCの信頼できる、オープンなネットワーキング・システムを、採用することで、安心して使用でき、Dell EMCのサポートとサービスを受けることができる。

 この取り組みは、ユーザが、よりフラットで、より多くの、仮想ネットワーキング基盤を構築できるようにすることも目的としている。

 この仮想ネットワーキング基盤には、業界標準のサーバや、VMwareのNSXネットワーク仮想化プラットフォーム、仮想スイッチ、ラック内スイッチ、ラック上スイッチといった、さまざまなオプションで実行できる、ソフトウェア・ベースのネットワーク・コントローラが含まれる。

 Dell EMCは、従来のデータセンター環境において、Cisco SystemsやArista Networksのような、ネットワーク・ベンダと、パートナーを組み、より多くの企業が、オープン・ネットワーキングを採用するよう促していく。

 S5100-ONスイッチは、現在のスイッチの、10GbEのスループットの、2倍以上の、25GbEネットワーキングをサポートする。

 S5100-ONスイッチは、25GbEミラーと、14世代のPowerEdgeサーバをサポートする。

 S5100-ONスイッチは、100GbEファブリック接続に、100GbEアップリンクを提供し、ネットワーク・トラフィックを高速化した。

 これは、アプリの性能を向上させたい、企業、クラウド・サービス・プロバイダ、Webサービス会社、Webコンテンツ・プロバイダなどに、重要な要素である。

 高密度の環境向けの、ラック上スイッチ

 S4100-ONスイッチのシリーズは、10GbEファイバーか銅線、Fibre Chanel 8/16/32サーバ、統合LAN、および、ラック内SANを使用する、高密度の環境向けの、ラック上スイッチである。

 このS4100-ONスイッチは、100GbEアップリンク・ポートをもたらし、ストレージ・ソリューションの数を増加させるための、イーサーネットと、ファイバー・チャンネルの両方向けの、S4148Uスイッチを含む。

 N1100-ONスイッチ・シリーズのラインアップには、ハーフとフルの幅の形態の、イーサーネット、および、ポート構成を含む、いくつかの冷却ファンのない、スイッチも含まれる。

 このN1100-ONスイッチ製品は、AerohiveのHiveManager NG管理ソリューションと共に、提供され、より大きなキャンパス・ネットワークにおいて、新たなN3100-ONとN2100-ONスイッチを補完する。

 Dell EMCは、企業が、ネットワーク仮想化の採用を計画することを容易にする、NFV Advisory ServicesとIoT Technology Advisory Servicesを提供する。

 Dell EMCによると、自分たちのアーキテクチャで、センサー、ウェアラブル・デバイス、モバイル・デバイス、および、他の接続性デバイスといった、さまざまなIoTデバイスから収集される、データを利用できるようにする必要があるという。

 IoTサービスは、現在、利用できるが、NFVサービスやスイッチは、今年の後半に利用できるようになる。

 ベストセラーのアプライアンス

Dell EMCが、オープンなネットワーキング・ポートフォリオへの移行を続ける。(1) '17.05.20

【Dell EMCが、オープンなネットワーキング・ポートフォリオへの移行を続ける。(1)】 '17.05.20

 Dell EMCは、ユーザ・コンファレンスにおいて、企業が、ネットワーク仮想化技術を採用するのを支援することを狙った、新しいスイッチとサービスを発表する。 2017年5月8日

Eweek5_2
 By Jeffrey Burt、eWEEK

 ユーザ・コンファレンスにおいて、Dell EMCは、新たなスイッチを発表し、3年前に開始した、オープンなネットワーキングへの移行を続けていることを紹介した。

 この新たなスイッチには、Dell EMCの、ネットワーク・オペレーティング・システムの最新版が搭載されている。

 オープンなネットワーキングへの移行における、発表には、Dell EMCの、ネットワーク・オペレーティング・システムの最新版を搭載し、オープンな、ソフトウェア定義ネットワーキング環境を採用した、新たなスイッチと、企業が、オープンな、ソフトウェア定義ネットワーキング環境を採用するのを、支援するよう設計された、新たなサービスが含まれる。

 2017年5月8日に開催された、Dell EMC World 2017ショーにおいて、Dell EMCの役員は、ラック内に設置される、スイッチ、S5100-ONシリーズと、ラックの上に設置される、スイッチ、S4100-ONシリーズを発表した。

 これらのスイッチには、Open Compute Projectと、Linux Foundationのオープンソース技術を使用した、オープンなネットワーキング・オペレーティング・システム(OS)である、Dell EMCのOS10 Enterprise Editionが、初めて採用されている。

 さらに、Dell EMCは、キャンパス・ネットワーク向けに開発された、低消費電力で、コスト効果的なスイッチ、N1100-ONシリーズも紹介した。

 Dell EMCのスイッチは、モノのインターネット(IoT)と、モバイル・ワーカからの要求により、促されている、無線ネットワーク環境への移行の増加をサポートする。

 これらの新製品は、Dellのオープン・ネットワーキング・ポートフォリオの中で、より完全なラインナップを提供する。

 Dell EMCは、2014年に、ソフトウェア定義ネットワーキング(SDN)や、ネットワーク機能仮想化(NFV)を含む、ネットワーク仮想化のトレンドとして、Open Networkingイニシアティブを開始した。

 このOpen Networkingイニシアティブの目標は、オープンな標準と、Intel、Cavium、および、Broadcomといった、半導体メーカからの、商用シリコンをベースにした、ビジネス・ネットワーキング・ハードウェアを提供することである。

 これらのビジネス・ネットワーキング・ハードウェアは、顧客に、より多くのオプションを与えるために、多くの異なった、ネットワーキング OSを実行することができる。

 Open Networkingスイッチは、Dell EMCのOS10を実行することができるだけでなく、Pluribus Networks、Cumulus Networks、および、Big Switch Networksから、ネットワーキング・ソフトウェア・スタックを実行することもできる。

 OS 10は、レイヤ2、および、レイヤ3のネットワーク機能を提供する。

 さらに、製品のオープン性により、特定のワークロード向けに、ソフトウェアをカスタマイズしたり、他のオープンソース機能や、3rdパーティのLinuxソフトウェアを統合したり、LinuxとDevOpsツールを使用して、独自のアプリを開発したりすることもできる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Facebookが、メジャー・リーグの野球の試合を生中継する。 '17.05.20

【Facebookが、メジャー・リーグの野球の試合を生中継する。】 '17.05.20

 Facebookが、メジャー・リーグの野球の試合を生中継する。 2017年5月18日

 By David Ingram、Reuters

 Facebookは、Major League Baseball(MLB)と、今シーズンに行われる、メジャー・リーグの野球の試合内、20試合を、生中継する番組を、ソーシャル・メディアの世界に配信していく契約を結んだ。

 このMLBとの契約により、Facebookは、メジャー・リーグの野球の試合を、1週間に、1ゲーム、ストリーミングし、その生中継番組を、米国のFacebookユーザの誰もが、視聴できるようになるようだ。

 FacebookとMLBは、契約の一部として、週に1試合を、ライブ・ストリーミングするよう協議してきた。
R
 Facebookのライバル会社も、同様のスポーツ番組を提供するようだ。

・Twitterは、2017年5月に、女子のプロ・バスケットボール・リーグ、WNBA(Women's National Basketball Association)と、試合を、ライブ・ストリーミングできるようにする、契約を結んだと発表した。

・Amazonは、2017年4月に、プロ・アメリカン・フットボール・リーグ、NFL(National Football League)と、試合を、ライブ・ストリーミングできるようにする、契約を結んだ発表した。

 Facebookは、野球中継放送のために、参加チームの、地元の放送権利保持者からのフィードを使用すると述べた。

 毎週、Facebook上で、野球の試合の生中継を、1週間に、1試合の割合で、Facebookに流すことで、メジャー・リーグは、北米のFacebookユーザが、このソーシアルな経験を、仮想的に、共有できるようにすることが、可能になる。

 「MLBが、Facebookにやってくる、ニュースの紹介ビデオ」

 Facebookによると、現在、米国とカナダには、毎日の、アクティブなユーザが、約1億8200万人いるという。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月19日 (金)

多くのユーザが、進化する、Androidを、探し求めている。 '17.05.19

【多くのユーザが、進化する、Androidを、探し求めている。】 '17.05.19

 世界で、20億人以上のユーザが、GoogleのAndroidモバイル・オペレーティング・システムを使用している。 2017年5月17日

 By Dan Gallagher、Reuters

 世界で、20億人以上のユーザが、GoogleのAndroidモバイル・オペレーティング・システムを搭載した、デバイスを使用している。

 Androidモバイル・オペレーティング・システムの革新の多くは、I/O開発者コンファレンスで、Googleのキックオフとして、展示されるようになる。

 Googleは、人工知能を、グローバルなネットワークに、組み込むために、数10億ドルを投資した。

 Googleは、仮想現実と拡張現実のような、アプリの要求をサポートするための能力と共に、モバイル・デバイスに、コンピュータ・ビジョンのような機能を追加できるようにした。

 IDCによると、2016年に、世界で、Android OSを搭載した、スマートフォンの割合は、すべてのスマートフォンの85%であったという。

 2016年の夏に、正式にリリースされた、Androidの最新版である、Android 7.0 Nougatは、現在、世界のスマートフォンの7%だけに搭載されている。

 このProject Trebleと呼ばれる、新たな取り組みは、チップ・メーカやスマートフォンのベンダが、デバイスをアップデートすることを必要としている、基本ソフトウェアを提供することにより、このプロセスをスピード・アップするよう、設計されている。

 この取り組みは、より多くのユーザが、Androidの最新のアップデートを、より早期に、利用できるようになるよう支援する。

 Androidの次版である、Android 8.0 Oreo(O) は、今週、β版がリリースされ、正式版は、今夏にリリースされる予定である。
Androidologo
 モバイル・オペレーティング・システムの分野を支配している、Googleは、より効果的な、モバイル広告だけでなく、モバイル・アプリやコンテンツ、さらに、クラウド・サービスの売上から、利益を上げている。

 2017年3月31日に終了する、2016年度に、モバイル広告、モバイル・アプリ、コンテンツ、および、クラウド・サービスを含む、このセグメントの全体の売上は、前年度から、47%増加し、合計で、111億ドルになった。

 ベストセラーのアプライアンス

HPEとSAPが、新たなインメモリの産業IoTパッケージで、チームを組む。(2) '17.05.19

【HPEとSAPが、新たなインメモリの産業IoTパッケージで、チームを組む。(2)】 '17.05.19

 HPEとSAPは、新たなインメモリの産業IoTパッケージで提携する。2017年5月15日

Eweek3_2
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 HPEは、SAPが、8年間、取り組んでいる、インメモリ・コンピューティングへ、移行している。

    (続き)

 HPEの、SAP HANAデータベース環境向けの、新ソリューション

 HPEは、以下を含む、SAP HANAデータベース用の、オンプレミスとプライベート・クラウド・ソリューションのポートフォリオを増加させている。

・最大のS/4 HANAデータベース認定

 20TBで、最大のスケールアップ構成を持つことに加え、HPEは、メモリの80TBで、S/4 HANAデータベースの使用事例用に、最大のスケールアウト構成を持つようになると述べた。

・HPE Synergy用の、新SAP HANAデータベース・ソリューション

 このソリューションは、複数のワークロード・プライベート・クラウド環境を実行する、クラウド・サービス・プロバイダ用に設計された、SAP HANAデータベース用の、認定された、業界の最初の構成可能な基盤である。

・新たなエンタープライズ・アプリの持続可能なソリューション

 このソリューションは、SAPとSAP HANAデータベース用の、高度に利用可能で、災害復旧や、データ保護を確かにすることを狙っている。

 HPE Serviceguard、HPE 3PAR StoreServ All Flash、HPE StoreOnce、および、HPE Recovery Manager Centralの組み合わせは、重要なSAP環境に対し、事業の継続性を提供する。

・SAP HANAデータベース用の、あらゆるフラッシュ・ストレージ・ポートフォリオ

 このストレージ・ポートフォリオには、最大の効率で、事業の性能を加速させるための、HPE 3PAR StoreServ、HPE XP7、および、Nimble Storageが含まれている。

・HPEとAristaの、ネットワーキング・ソリューション

 SAPの顧客は、増大する、柔軟性のために、複数のクラウド環境に渡り、接続できるようになる。

 知的なEdgeデバイスに権限を与える。

 HPEは、エッジ・コンピューティング用の、SAP Leonaldで、Edgeline統合型エッジ・システムを紹介している。

 Edgeline統合型エッジ・システムは、エッジ(リモート・オフィス、IoT、PC、あるいは、モバイル)環境において、実行するよう、最適化された、データ処理ソフトウェアと分析サービスをバンドルする。

 HPE Edgeline統合型エッジ・システムは、業界の環境に耐える、データセンター・クラスのコンピュート・パワーを提供する、この業界のSAP Leonardoに対する、最初のバンドルである。

 HPE Edgeline統合型エッジ・システムは、産業IoT環境において、生成される、大量のデータからの、処理や分析の要件に適合する。

 HPE/SAPソリューションは、ユーザが、ポンプ、工場のフロアにある、組み立てライン、および、他のデータ生成システムといった、産業デバイスから生成される、大量のデータへの、洞察を得ることにより、運用やビジネス・モデルを、アップグレードできるようにする。

 ベストセラーのアプライアンス

HPEとSAPが、新たなインメモリの産業IoTパッケージで、チームを組む。(1) '17.05.19

【HPEとSAPが、新たなインメモリの産業IoTパッケージで、チームを組む。(1)】 '17.05.19

 HPEとSAPは、新たなインメモリの産業IoTパッケージで提携する。 2017年5月15日

Eweek3
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 HPEは、SAPが、8年間、取り組んでいる、インメモリ・コンピューティングへ、移行している。

 HPEは、クラウド、データ分析、モバイル・デバイスの普及、および、モノのインターネット(IoT)といった、トレンドに促され、大量に生成される、データを処理するよう設計された、新たな技術で、「The Machine」と呼ばれる、野心的なコンピュータを構築すると、2014年に、初めて発表していた。

 HPEは、2017年5月15日に、顧客の、リアルタイムな分析を加速させるのを支援する、SAPのインメモリ、HANAデータベースや、SAP Leonardoマシン学習を実行する、新たな、コンピュート、ストレージ、および、ネットワーキング・ソフトウェア・パッケージを紹介した。

 HPEは、SAPと、28年も前から、パートナー関係にある。

・メモリ駆動コンピューティングの原理で、設計された、SAP HANAデータベースの、次世代、アーキテクチャのプレビューは、企業が、リアルタイムに、デジタル・コアで、大量のデータを分析し、処理できるようにする。

・オンプレミスのIT、および、プライベート・クラウド展開のために、SAP HANAデータベース製品を拡張する、新たなSAP認定ソリューションを提供する。

・顧客に、リアルタイムな洞察を提供する能力を提供する、IoTデータから、実用的な結果を生成する、SAP Leonardoを特徴とした、Intelligent Edgeソリューションは、製品中心のオペレーションを、可視化できるようにする。

 デジタル・コアにおけるリアルタイム解析の高速化

 ビッグデータ&分析の課題に対処するため、重要なビジネス・プロセスの、大規模データセットの、規模と増加に対応できる、インメモリ環境に、データベース基盤を近代化する企業が増えている。

 SAP HANAデータベース用に最適化された、HPEの次世代アーキテクチャは、ビジネスの運営を簡素化できる、高度に構成可能な、ソフトウェア・ソリューションのスイートである、SAP Business Suite 4 SAP HANA(SAP S/4HANA)の要求を処理するための、メモリ駆動コンピューティング原理で設計されている。

 このアーキテクチャは、HPE Integrity Superdome Xサーバと、SGIから買収した、スケーラブルな技術を結合しており、ビッグデータ&分析を加速させる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoftは、Dynamics 365 for Sales用の、ライフサイエンスCRMソリューションを提供することで、Indegeneと提携する。 '17.05.19

【Microsoftは、Dynamics 365 for Sales用の、ライフサイエンスCRMソリューションを提供することで、Indegeneと提携する。】 '17.05.19

 Microsoftは、医療販売担当者向けの、Dynamics 365 for Sales用の、ライフサイエンスCRMソリューションと、統合Omnipresenseプラットフォームを提供することで、Indegeneと提携する。 2017年5月16日

Eweek1
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Microsoftと、医療や製薬技術を提供する、Indegeneは、Dynamics 365 for Sales用の、CRMソリューションと、統合Omnipresenceプラットフォームをもたらすことで、提携すると発表した。

 生命科学機関の専門家や、販売担当者は、IndegeneのOmnipresenceプラットフォームから、顧客関係管理(CRM)、オムニチャネル・エンゲージメント、分析、および、コンテンツ管理能力への、アクセスを得られるようになる。

 両社のCRMソリューションは、規制の厳しい、ヘルスケア業界において、販売担当者に、適切な情報を提供する。

 Microsoftによると、医療デバイス・メーカ、バイオ技術会社、および、製薬会社を含む、生命科学業界における、販売プロセスは、極めて、コンテンツ駆動型であるという。

 例えば、製薬会社の販売担当者は、しばしば、医薬品や、他の医療製品に関する、最新の研究について議論している。

 医薬品や医療製品などの研究に関する情報は、技術的に正確で、医療関係者、規制当局、および、他のヘルスケア専門家から、チェックされ、承認されている必要がある。

 これには、オーサリングや承認ワークフローのための、ツールやコントロールが必要である。

 医療サンプルに、手を加えるときに、ライフサイエンス会社は、一般的に、コンプライアンス規制に順守するためのフォームを収集する必要がある。

 Microsoftは、今夏に、Dynamics 365 for Sales用の、統合Omnipresenseソリューションを提供することにより、ライフサイエンス会社は、クラウド・ベースの、モバイルに対応した、CRMソリューションを、利用できるようになるだろう。

 さらに、Dynamics 365 for Sales用の、Indegeneの統合Omnipresenseソリューションは、生命科学会社が、コンテンツ管理を効率化したり、適切な情報を、医薬品の販売担当者に提供したり、できるようにする。

 この統合Omnipresenseソリューションは、生命科学向けに、特別に設計された、コンテンツ・オーサリング、承認、および、配布ツールを提供することで、コンテンツ作成の障壁を除去する。

 マシン学習能力を装備した、分析機能は、日常の作業やワークフローに組み込まれ、予測的な洞察で、シームレスな、データ駆動型の推奨を作成する。

 MicrosoftのDynamics 365 for Sales用の、Indegeneの統合Omnipresenseソリューションは、2017年7月に、米国の生命科学メーカに提供され、さらに、地域向けに、ローカライズされた、統合Omnipresenseソリューションは、約1カ月後に、世界の主な地域に、提供が開始される予定である。

 「MicrosoftのDynamics 365の紹介ビデオ」

 2017年の初めに、Microsoftは、Pittsburgh大学の医療技術センターと、Healthcare NExTイニシアチブの一環として、パートナーシップを発表した。

 Microsoftと、Pittsburgh大学の医療技術センターとの、コラボレーションには、AIを使用して、医療環境の生産性を高め、臨床医にパワーを与えることが含まれる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月18日 (木)

AWSの展開を安全にするための、重要な、11のコツ(3) '17.05.18

【AWSの展開を安全にするための、重要な、11のコツ(3)】 '17.05.18

 AWSの展開を安全にするための、シンプルながら、重要な、11のコツを紹介する。2017年5月12日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Amazon Web Service(AWS)の展開を安全にするための、シンプルながら、重要な、11のコツ

 eWEEKは、企業が、AWS環境を、安全に利用するのを支援する、重要な、11のコツを紹介する。

    (続き)

6.Bastionホストを実装する。

Eweek46
 Bastionホストは、Linuxインスタンスのセキュア・シェル(SSH)を公開する必要なく、仮想プライベート・クラウド(VPC)のプライベートなサブセットに展開された、Linuxインスタンスへのアクセスを提供し、すべてのシステムへのSSHアクセスを集中管理する。

 Bastionホストは、攻撃対象を低減させ、アクセス制御、監査、および、SSHアクセスの監視を簡素化する。

7.脆弱性に対するスキャン

Eweek47
 ネットワーク・スキャンを開始したり、AWSにおける、浸透テストを実施したりするために、管理者は、最初に、Amazonから、許可を得なければならない。

 システムにログインした後に、脆弱性スキャナが、認証されたスキャンを開始できる限り、管理者は、脆弱性のために、EC2インスタンスをスキャンすることができる。

8.誤った終了を防ぎ、EC2インスタンスを保護する。

Eweek48
 管理者は、新たなEC2(Elastic Compute Cloud)インスタンスを、コンソール、あるいは、API経由で、展開時のデフォルトにより、終了させることができる。

 「終了保護」を有効にすることにより、管理者は、発生しがちな、偶発的な終了を防ぐことができる。

9.リレーショナル・データベース・サービス(RDS)暗号を起動する。

Eweek49
 管理者は、データベースを、Amazon RDSへ展開する時に、「暗号化を有効にする」チェックボックスを、チェックすることを、決して、忘れてはならない。

 管理者は、カスタマイズすることなく、チェックを実施することができ、RDSインスタンスをホストする、サーバ上の、データを暗号化することにより、リレーショナル・データベースのワークロードへ、セキュリティのレイアを追加することができる。

10.ロード・バランスを使用する。

Eweek410
 Webワークロードを展開する時に、Elastic Load Balancersを使用することを、忘れてはいけない。

 Elastic Load Balancersを使用することは、自動スケーリング、トラフィックの暗号化、および、アクセス記録の保存に役立つ。

11.仮想プライベート・クラウド(VPC)フローログを起動する。

Eweek411
 仮想プライベート・クラウド(VPC)フローログは、ネットワーク・インタフェース、サブネット、あるいは、VPC自身から、生成され、ソースとデスティネーション・アドレス、ソースとディスティネーション・ポート、パケット数、バイト数、持続時間を含む、VPCを通して、流れる、ネットワーク・トラフィックへの視覚性を提供する。

 VPCフローログの情報は、不審なトラフィックを検出し、脅威の存在痕跡(Indicators of Compromise:IOC)をチェックし、アクシデントへの対応、あるいは、アクシデント後の分析を支援するために使用される。

 ベストセラーのアプライアンス

AWSの展開を安全にするための、重要な、11のコツ(2) '17.05.18

【AWSの展開を安全にするための、重要な、11のコツ(2)】 '17.05.18

 AWSの展開を安全にするための、シンプルながら、重要な、11のコツを紹介する。2017年5月12日

 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Amazon Web Service(AWS)の展開を安全にするための、シンプルながら、重要な、11のコツ

 eWEEKは、企業が、AWS環境を、安全に利用するのを支援する、重要な、11のコツを紹介する。

  (続き)

3.AWS CloudTrailを使用する。

Eweek43
 AWS CloudTrailは、AWSコンソール、SDK、あるいは、コマンド・ライン・ツールから、成される変更や、APIコールを含む、AES基盤に関連する、各イベントを記録する時に、AWS環境を監視する効果的な方法である。

 AWSアカウントのアクティビティに関連する、詳細レベルは、セキュリティの観点から、圧倒的なものになる可能性があるので、CloudTrailイベントの、優れた相関性と、アラート能力を備えた、セキュリティ・ソリューションを活用することは、有益である。

4.IAMの役割と、一時的な資格情報を割り当てる。

Eweek44
 識別とアクセス管理(IAM)の役割は、極めて、きめ細かく設定できる。

 管理者は、Elastic Compute Cloud(EC2)インスタンスで実行する、異なったリソースやアプリに対し、許可レベルを定義するために、IAMの役割を使用することができる。

 IAMの役割を、EC2インスタンスに割り当てると、アプリは、APIリクエストを行うために、AWS資格証明を使用する、必要がなくなる。

5.仮想的なプライベート・クラウド(VPC)を使用する。

Eweek45
 Amazon仮想プライベート・クラウド(VPC)は、AWSアカウントにおいて、実行する、仮想ネットワークである。

 Amazon VPCは、他のリソースから隔離されており、セキュリティの観点から、主要な利点を示す、デフォルトでは、管理者を、インターネットにルートしない。

 また、管理者は、攻撃対象領域を減らすために、セキュリティ・グループと、アクセス制御リストを適用することもできる。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

AWSの展開を安全にするための、重要な、11のコツ (1) '17.05.18

【AWSの展開を安全にするための、重要な、11のコツ (1)】 '17.05.18

 AWSの展開を安全にするための、シンプルながら、重要な、11のコツを紹介する。2017年5月12日

 企業が、クラウドへ移行する時なら、セキュリティの、異なったパラメータについて、必ず、考えよう。
Eweek40
 By Chris Preimesberger、eWEEK

 Amazon Web Service(AWS)の展開を安全にするための、シンプルながら、重要な、11のコツ

 あらゆる規模の企業が、アプリやワークロードを、クラウドに移行してきており、クラウドで処理されるデータ量が、急激に増加し、クラウド・セキュリティが、常に、改善されている。

 Gartner Researchは、世界のパブリック・クラウド・サービス市場の売上が、2016年の、2090億ドルから、2017年には、2470億ドルに増加すると予測した。

 クラウド・コンピューティングが、継続して、企業における、牽引力を得続けているので、Amazon Web Service(AWS)といった、クラウド環境に関連する、セキュリティの課題に気付くことが重要である。

 AWSの売上は、現在、世界のクラウド・サービス市場の売上全体の、約31%を占めている。

 eWEEKは、企業が、AWS環境を、安全に利用するのを支援する、重要な、11のコツを紹介する。

1.ルート・アカウントの資格情報をロックダウンする。

Eweek41
 ルート・アカウントの資格情報は、ユーザに、アカウントのリソースへの、完全なアクセスを提供する。

 最適な手法として、ルート・アカウント・アクセス・キーを削除し、代りに、識別とアクセス管理(IAM)管理ユーザを作成する。

 さらに、保護の他レイヤに対する、多要素認証(MFA)を可能にする。

2.「AWSセキュリティ・グループ」を使用する。

Eweek42
 可能な時に、クラウド・サービスをアクセスできる、ネットワークの範囲を制限すると共に、データベースや管理的な、クラウド・サービスへのアクセスを制限するために、「AWSセキュリティ・グループ」を使用する。

 非アクティブな、AWSセキュリティ・グループを、監視、および、削除し、定期的に監査する必要がある。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

「富士通フォーラム2017」の基調講演の録画ビデオ '17.05.18

【「富士通フォーラム2017」の基調講演の録画ビデオ】 '17.05.18

 「富士通フォーラム2017」の基調講演の録画ビデオを紹介します。

Microsoftは、新たなWindowsと、混合現実機能のアップデートを発表した。 '17.05.18

【Microsoftは、新たなWindowsと、混合現実機能のアップデートを発表した。】 '17.05.18

 Microsoftは、Windows 10オペレーティング・システムへの、次期アップデートの計画を発表した。 2017年5月11日

By Jay Greene、foxbusiness、DJN

 Microsoftは、AppleのiOSや、AlphabetのAndroidを搭載した、異なったデバイスに渡り、アプリを橋渡しするための技術を含む、Windows 10オペレーティング・システムへの、次期アップデートの計画を発表した。

 Windows 10オペレーティング・システムの、秋のCreators Updateには、ユーザが、Windows PCで開始した、ドキュメントの編集作業を、例えば、iPhoneに切り換えても、中断したところから、編集作業を続け、完了できるようにする、自己記述機能、「Pick Up Where Left Off」が含まれる。

 この「Pick Up Where Left Off」機能には、AppleのiOSや、AlphabetのAndroidを搭載した、デバイスで実行する、Microsoftのデジタル・アシスタント・アプリ、Cortanaが必要になる。

 Appleも、iOSを搭載したデバイスでのみ、動作する、Handoffと呼ばれる、作業に着手したデバイスから、近くにある別のデバイスに切り換えても、中断したところから、作業を継続することができる、同様の連携機能を提供するようだ。

 Microsoftは、Build開発者コンファレンスで、新たなWindowsオファリングを発表した。

・Microsoftは、ユーザが、仮想世界で、VR/ARゲームをプレイするために使用できる、Windows Mixed Realityと呼ばれる、モーション・コントローラを紹介した。

Wsj2
 Microsoftの、Windows Mixed Realityモーション・コントローラは、動きを感知するために、ユーザの周りの壁などに、マーカと呼ばれる、ハードウェア取り付けることを必要としない。

 その代わり、このWindows Mixed Realityモーション・コントローラは、このデバイス内のセンサーと、それとペアになった、VR/ARヘッドセット内のセンサーを、組み合わせて使用し、ユーザの動きを追跡するようだ。>

 「MicrosoftのWindows Mixed Realityモーション・コントローラの紹介ビデオ」

 Microsoftによると、Acerは、MicrosoftのWindows Mixed Reality仕様に準拠した、同社のVR/ARヘッドセットに、このモーション・コントローラをバンドルして、2017年のクリスマス・シーズンに、399ドルで販売する計画だという。

 他のメーカも、MicrosoftのWindows Mixed Reality仕様に準拠した、VR/ARヘッドセットに、このモーション・コントローラをバンドルして、提供するようだ。

 Microsoftによると、混合現実アプリを構築したい、北米の開発者は、今夏に提供が開始される予定の、MicrosoftのWindows Mixed Reality仕様に準拠した、AcerのVR/ARヘッドセットを299ドルで、あるいは、HPのVR/ARヘッドセットを329ドルで、注文することができるという。

・新たなWindowsアップデートでは、MicrosoftのWebベースのファイル・ストレージ、OneDriveが、Windows OSに、より深く、組み込まれるようだ。

 Microsoftによると、Windowsアップデートには、ユーザが、Webへ接続されていない時でも、ドキュメントをダウンロードする必要なく、このサービスから、ドキュメントをアクセスできるようにする、「OneDrive Files on Demand」機能が、組み込まれるという。

 Microsoftによると、現在、世界で、約5億台のデバイスが、Windows 10を実行しており、3億人以上のユーザが、毎日、平均、3.5時間以上、Windows 10を使用しているという。

・先週、Microsoftは、Windows 10 Sと呼ばれる、主に、教育市場をターゲットにした、合理化された、Windowsの派生を発表した。

 Windows 10 Sのユーザは、MicrosoftのWindowsストアを通して提供される、アプリのみ、実行できるようだ。

 先週、Microsoftは、音楽ストリーミング・サービス、Spotifyを、Windowsストアに、追加し、Windows 10 Sのユーザが、利用できるようにする計画を発表した。

 Microsoftは、Windowsストアに、AutodeskやSAPなどの、新たなアプリを追加することで、Windows 10 Sを、企業ユーザに、アピールしている。

 Windowsストアには、まだ、GoogleのChromeブラウザはなく、MicrosoftのEdgeブラウザで、Webをブラウズする必要がある。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月17日 (水)

Microsoftは、ビデオ電話へ、Skypeボットのサポートを追加する。 '17.05.17

【Microsoftは、ビデオ電話へ、Skypeボットのサポートを追加する。】 '17.05.17

 Microsoftは、ビデオ電話へ、Skypeボットのサポートを追加する。 2017年5月15日

Eweek2
 By Pedro Hernandez、eWEEK

 Skypeのユーザは、Webカメラを使用して、他のユーザと、ビデオ・チャットするだけでなく、次世代のSkypeボットと会話できるようになる。

 Skypeボットは、Skypeの、初期のチャット・ボットから進化している。

 Skypeボットは、Skypeのユーザが、レストランやホテルなどを予約するの支援してくれる、オンライン・デジタル・アシスタントと会話できるようにする。

 Skypeコミュニケーション・プラットフォームの、次世代チャット・ボットは、ユーザの、ビデオ・チャットや、ビデオ会議に、参加できるようになる。

 来週、Seattleで開催される、Build開発者コンファレンスにおいて、Microsoftは、同社のボット・プラットフォームが、ユーザと対話する方法を拡張すると発表した。

 Microsoftのボット・プラットフォームには、1対1、あるいは、グループ・ビデオ会議で、Skypeボットと、対話できるようにする、ソフトウェア開発キットが含まれている。

 Microsoftのボット・プラットフォームは、開発者が、サービスやブランドとの、個人的で、没入的なコミュニケーション経験を構築できるようにする、Skypeコールの、リアルタイムな、音声とビデオ・ストリームを提供する。

 Microsoftのボット・プラットフォームで、開発者は、ユーザ経験に、組み込まれた、豊富で、対話的なメディア・コンテンツを持つ、エンターテインメントや、教育向けの、アシスタンス・ボットを作成するための、創造的な才能を利用できるようになる。

 Microsoftは、Skypeボットを作成するための、動機づけを、ビジネスに提供していく。

 Microsoftの安全な支払い処理サービス、Microsoft Checkoutを使用して、開発者は、Skypeボットとの、チャット・セッション中に、支払いを受け付けることができるようになる。

 これにより、ユーザは、Skypeアプリを離れることなく、商品やサービスの支払いを完了させることが可能になる。

 Microsoftのボットの取り組みは、単に、Skypeだけに、焦点を合わせている分けではない。

 今日、Microsoftは、Bingの、新たなチャット・ボット検索機能を発表した。

 ユーザは、適切なチャット・ボットを検索し、Facebook Messenger、Slack、Telegram、および、Skypeといった、代表的なメッセージング・プラットフォームに、直接、これらのチャット・ボットを追加することができるようになる。

 レストラントの訪問者は、食事のオプションを調べるために、Bing内で、レストランのチャット・ボットを使用することができるようになる。

 Bing内で、レストランのチャット・ボットは、メニュー、支払い方法、および、場所などに関する、質問に答えることができる。

 Bingのレストランのチャット・ボットは、最初に、Seattle地域のレストラン向けに、利用できるようになるようだ。

 Microsoftは、今後、数ヶ月間で、米国の他の地域のレストラン向けの、Bingのレストランのチャット・ボットを利用できるようにする計画である。

 Microsoftは、既存のWebコンテンツから、チャット・ボットを、自動的に作成できるようにするために、人口知能(AI)技術を使用する、Bing InfoBotを公開する。

 Bingの広範なWeb索引における、データやマシン学習の組み合わせを使用して、Bing InfoBotは、開発者が、カスタム開発することなく、自分たちのWebサイトに、会話的な能力を、追加するできるようにする。

 現在、Bing InfoBotは、ebMD、Stack Overflow、および、Wikipediaといった、特定のWebサイトにおいて、何人かのユーザにより、テストされている。

 Skypeボットとは別に、開発者が、Skypeのエコシステムに、プラグインできる、方法がある。

 Microsoftは、Webサイトの所有者が、2行のコードで、任意のWebサイトへ、Skypeボットを追加できるようにする、新たなSkype Web Controlを開発した。

 次の数ヶ月で、Microsoftは、開発者が、Skypeボットとの会話に、アプリを統合できるようにする、Skype Addアドインを提供していく。

 Microsoftは、Skypeを、オプション共有のリストに追加するために、最近、Webサイト用の、ソーシアル・ボタン・サービスのプロバイダ、AddThisと提携した。

 ベストセラーのアプライアンス

Googleが、IoTデバイスを管理するための、クラウド・サービスを開始する。 '17.05.17

【Googleが、IoTデバイスを管理するための、クラウド・サービスを開始する。】 '17.05.17

 Googleが、モノのインターネット(IoT)デバイスを管理するための、クラウド・サービスを開始する。 2017年5月16日

Eweek1
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 自分たちのIoT環境を管理するために、支援を求めている企業に対し、Googleは、Cloud IoT Coreと呼ばれる、モノのインターネット(IoT)デバイスを管理するための、新たなクラウド・サービスの選択肢を提供する。

 Googleは、企業が、IoTセンサーや、IoT対応デバイスを、集中管理できるよう、クラウド・プラットフォームへ接続できるようにする、Cloud IoT Coreと呼ばれる、クラウド・サービスを開始した。

 このCloud IoT Coreサービスは、企業が、自分たちのIoT環境を管理するのを支援するために、Google Cloud Platform上の、DataflowやBigQueryといった、Googleの分析サービスと統合される。

 Googleの他のクラウド・サービスと統合された、Cloud IoT Coreサービスは、企業に対し、リアルタイムに、IoTデータを、収集、処理、分析、および、視覚化することにより、ワンストップ能力を提供する。

 Cloud IoT Coreサービスは、ユーザが、自分たちの、グローバルに分散されたデバイスを、容易で、安全に、接続できるようにする。

 Googleの新たな、Cloud IoT Coreサービスは、IoTデバイスに依存する、企業を対象に、提供される。

 例えば、電力などの、ユーティリティ会社は、消費者により使用される、エネルギーを監視し、分析し、予測するために、Cloud IoT Coreサービスを利用できるようになる。

 同様に、運輸やロジスティクス会社は、石油、ガス、および、製造分野の企業が、装置のメンテナンスの、知的なスケジューリングを可能にしながら、フィリート管理を改善するために、このCloud IoT Coreサービスを使用することができる。

 Googleが、提供を開始した、Cloud IoT Coreサービスに対する、企業のニーズは、IoTデバイスを展開、保守、および、管理する上での、複雑さや、コストにより促されている。

 Googleによると、セキュリティと、データの断片化が、IoTデバイスに依存する、企業における、他の考慮すべき、課題だという。

 IoTデバイスから、収集されたデータは、しばしば、サイロに保存されており、決して、分析システムに到達しないので、多くの企業は、IoTデバイスから得られる、データから、フルに価値を抽出することはできない。

 機能的な立場から、Cloud IoT Coreサービスは、企業が、高度に分散された、IoTデバイスから、データを収集し、Googleのデータ分析サービスと統合された、中央システムへ引き込むことを助けるだろう。

 企業は、多くのIoTデバイスから、Googleのネットワーク上の、プロトコル・エンドポイントを通して、どこにでも接続することができる。

 Cloud IoT Coreサービスは、IoTデバイスと、クラウド管理インタフェース間における、双方向のコミュニケーションをサポートする機能を持っている。

 企業は、Cloud IoT Coreサービスで、セキュリティ・アップデートや、他のパッチを、リモート・アップデートをサポートする、IoTデバイスに展開するための、能力を使用することができる。

 Cloud IoT Coreサービスは、Cloud Dataflow、Cloud Machine Learning Engine、および、GoogleのBigQueryビッグデータ分析サービスを含む、複数のGoogleクラウド分析サービスと統合される。

 Cloud IoT Coreサービスは、現在、特定の参加者に対してのみ、公開され、プライベートβとして利用される。

 Cloud IoT Coreサービスの一部として、Googleは、今週、何社かの、IoT関連の、ハードウェア・ベンダ、および、ソフトウェア・ベンダとの、パートナーシップを発表した。
 GoogleのCloud IoT Coreサービスのパートナーには、Intel、NXP、Sierra Wireless、および、ARMがいる。

 GoogleのIoTアプリ・ソフトウェアのパートナーには、Mnubo、Helium、および、Losantがいる。

 ベストセラーのアプライアンス

HP Elite X2:ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと(3) '17.05.17

【HP Elite X2:ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと(3)】 '17.05.17

 HP Elite X2:ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと。 2017年5月12日

 By Don Reisinger、eWEEK

 タブレットの最近の市場調査において、タブレットとノートブックPCの両方の使い方ができる、2-in-1ハイブリッド・デバイスに、極めて、人気のあることが証明されている。

 潜在的な買い手が、HP Elite X2のような、2-in-1ハイブリッド・デバイスを購入する前に、考慮すべき、いくつかの観点がある。

    (続き)

7.ディスプレイも悪くない。

Eweek19_2
 2-in-1ハイブリッド・デバイス、HP Elite X2は、最大の競合デバイスである、MicrosoftのSurface Pro 4と同じサイズの、12.3インチのスクリーン画面を装備している。

 HP Elite X2のスクリーン画面は、技術的には、4Kではないが、2,736 x 1,824ピクセルと、十分な解像度を持っている。

8.IT管理機能の内臓

Eweek110
 2-in-1ハイブリッド・デバイス、HP Elite X2は、企業ユーザ向けに、いくつかの機能を組み込んでいる。

 HP Elite X2は、IT部門が、企業の、あらゆるPCを、セットアップしたり、スケールしたりできるようにする、HPのTouchpoint Manager、あるいは、Landesk機能をサポートする。

 リモートBIOS構成を使用して、IT部門は、オフィスに渡り、HP Elite X2を展開し、維持・管理することができる。

9.魅力的なサービス・オプション

Eweek111
 HPは、企業が、業務を運営するのを、支援するための、Elite X2デバイス用の、さまざまな、サポート・オプションを提供している。

 ユーザは、24時間年中無休の、技術的なサポート、HP CareのHelpdeskを利用することができる。

 さらに、HPは、現場での修理や、同じ日の修理を提供することができる、23万のベンダ・パートナーを通して、180ヶ国において、グローバルなサポートを持っている。

10.価格設定と有用性に関する注意事項

Eweek112
 HPのElite X2の価格設定は、版と構成によって、大きく異なる可能性がある。

  HPのElite X2のG1版の価格設定は、909ドルから、いくつかのカスタマイズで、1980ドルまである。

  HPのElite X2のG2版は、7月に発売される予定で、価格設定は、1,099ドルからのようだ。

 「HP Elite x2 1012の紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

HP Elite X2:ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと (2) '17.05.17

【HP Elite X2:ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと(2)】 '17.05.17

 HP Elite X2:ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと。 2017年5月12日

 By Don Reisinger、eWEEK

 タブレットの最近の市場調査において、タブレットとノートブックPCの両方の使い方ができる、2-in-1ハイブリッド・デバイスに、極めて、人気のあることが証明されている。

 潜在的な買い手が、HP Elite X2のような、2-in-1ハイブリッド・デバイスを購入する前に、考慮すべき、いくつかの観点がある。

   (続き)

3.セキュリティ機能

Eweek13
 HP Elite X2のセキュリティ機能は、ちゃんとしている。

 この2-in-1ハイブリッド・デバイス、HP Elite X2には、BIOSを構成し、リカバリするための、HP Sure Start Technologyと、HP BIOSphereが採用されている。

 HP Elite X2デバイスは、HP Client SecurityとIntel vProを実行し、Trusted Platform Moduleと、自己暗号化ドライブを構成できる。

4.スタイラス・ペンのサポート

Eweek14
 他の多くの、2-in-1ハイブリッド・デバイスとは異なり、HP Elite X2は、スタイラス・ペンを、サポートしている。

 ユーザは、スタイラス・ペンを使用して、スクリーン画面で、アプリを操作したり、描画したり、手書きで、文字を入力したりすることができる。

5.Windows 10 Proを実行する。

Eweek15
 HPは、2-in-1ハイブリッド・デバイス、HP Elite X2に、Windows 10 Proをバンドルした。

 Windows 10 Proには、標準のMicrosoft Windows 10のソフトウェアに、セキュリティ・コントロールが追加されている。

 また、HP Elite X2デバイスには、バンドルされた、ソフトウェアには、HPのソリューションのいくつかが、内蔵されている。

6.接続性機能

Eweek16
 HP Elite X2デバイスは、Wi-Fiだけでなく、セルラー通信ネットワークへの接続性も可能にする。

 これにより、ユーザは、Wi-Fiが利用できる環境にいない時に、4G接続機能をオンにすることで、セルラー通信ネットワークへ、HP Elite X2デバイスを、容易に接続することができる。

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月16日 (火)

HP Elite X2:ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと (1) '17.05.16

【HP Elite X2:2-in-1ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと (1)】 '17.05.16

 HP Elite X2:2-in-1ハイブリッド・デバイスを購入する前に考慮する、10のこと。 2017年5月12日

Eweek10
 By Don Reisinger、eWEEK

 タブレットの最近の市場調査において、タブレットとノートブックPCの両方の使い方ができる、2-in-1ハイブリッド・デバイスに、極めて、人気のあることが証明されている。

 多くのPCメーカは、2-in-1ハイブリッド技術に、大きな投資をしている。

 HPは、最近、2-in-1ハイブリッド・デバイス、HP Elite X2ラインへのアップデートを発表した。

 この2-in-1ハイブリッド・デバイス、HP Elite X2ラインは、洗練されたデザインで、大きなスクリーン画面と、十分なパワーを持っている。

 このHP Elite X2は、企業ユーザ向けに、設計されており、企業に、多くのセキュリティやIT管理機能を備えている。

 まだ、他の2-in-1ハイブリッド・デバイスのように、HP Elite X2は、少し高価である。

 潜在的な買い手が、2-in-1ハイブリッド・デバイスを購入する前に、考慮すべき、いくつかの観点がある。

1.ビジネス向けの、ハイブリッドなデザイン

Eweek11
 HP Elite X2は、ノートブックPC、あるいは、タブレットとして、使用できる、2-in-1ハイブリッド・デバイスである。

 このHP Elite X2は、トラックパッドを装備した、物理キーボードを持っている。

 このHP Elite X2は、このデバイスを、タブレットとして使用するときで、かつ、キーボードに接続しないときに、それを支えるための、キックスタンドを持っている。

 HPは、この2-in-1ハイブリッド・デバイスの機能が、企業のユーザに、理想的であるという。

2.HP Elite X2デバイスの、いくつかの優れた仕様

Eweek12
 HP Elite X2デバイスは、IntelのCoreプロセッサを搭載しているが、さまざまなオプションは、顧客が、パワーの観点で、求めている、ことに依存して、さまざまなオプションが利用可能である。

 HP Elite X2デバイスのスクリーン画面には、CorningのGorilla Glassが採用されている。

 情報を、手早く、転送できるように、USB-Cポートを装備し、2台のスクリーン画面をサポートし、4Kモニタを接続できるようにしている。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

デジタルへの移行とは何んで、何を要求するか? '17.05.16

【デジタルへの移行とは何んで、何を要求するか?】 '17.05.16

 技術は、デジタルへの移行を意味しているが、技術の革新自体が、目標ではない。 2017年5月15日

 By eMarketer

 殆どのIT担当役員は、デジタルへの移行が、競争力を維持し、新しい技術に対応し、変化する消費者の期待を応えて進化することに、必要であることに、合意している。

 多くのIT担当役員は、デジタルへの移行のプロセスを、どのように開始するかを、あまり明確に示していない。

 eMarketerは、デジタルへの移行を、ビジネス・リーダが、能力と、企業の運用、製品、マーケティング、文化、および、将来成長の目標に対し、デジタル的に改革する、新たな技術の進歩を使用することによる、プロセスとして、デジタルへの移行を定義している。

表1)2016年11月に、世界のIT担当役員によると、企業は、デジタルを定義する、主な方法

 世界のIT担当役員が、デジタルを定義した回答の割合

・デジタルとは、あらゆる技術革新関連の活動である。: 32%

・デジタルとITは、同義語である。: 29%

・デジタルとは、あらゆる顧客が、直面している、技術的な活動である。: 14%

・デジタルとは、ビジネスのあらゆる部分に投資した、技術を統合することである。: 14%

・デジタルとは、コンスタントな革新、フラットな意思決定を擁護し、考え方を反映するために、ビジネスのあらゆるフェーズに、技術を統合することである。: 6%

・デジタルは、あらゆるデータと分析活動である。: 5%

 ソース:PwC、2017年2月28日

Em1
 技術は、デジタルへ移行するための、手段であり、技術の革新自体が、目標ではない。

 焦点を合わせる代わりに、将来に対する、明確な目標を設定すべきであり、次に、ビジョンに基づいて、戦略を設定すべきである。

 eMarketerの最新レポート、「Digital Transformation 2017: Disrupting ‘Business as Usual,」によると、デジタルへの移行が、どのようなものであるのか、および、デジタルへの移行に、どのようにアプローチするのかは、必ずしも明確ではないが、殆どの役員は、デジタルへの移行は、必要だと信じている。

 事実、IT担当役員の、デジタルの定義は、さまざまであり、20名の役員に、デジタルの定義を尋ねると、20種類の異なった答えが返ってくるだろう。

 PwCが、IT担当役員を対象に、2016年11月に実施した調査で、企業のデジタルの定義が、それぞれ異なっていることが分かった。

 10人のIT担当役員の内、3人以上は、デジタルを、あらゆる技術革新に関連した活動のことであると回答していた。

 ベストセラーのアプライアンス

今日は、かみさんのお供で、畠山記念館に、初めて行ってきました。'17.05.16

【今日は、かみさんのお供で、畠山記念館に、初めて行ってきました。】 '17.05.16

 春季展、茶の湯の名品というのですが、都営浅草線の高輪台にある、畠山記念館は、狭い路地を入った、住宅地にあります。

そんなに広いところではありませんが、お茶をやる人には有名なようです。

Img_20170516_115054
Img_20170516_112153
Img_20170516_112206
Img_20170516_114950
Img_20170516_114759














2017年5月15日 (月)

世界のタブレットの出荷台数が、2017年1Qに、前年同期から、8.5%減少した。 '15.05.15

【世界のタブレットの出荷台数が、2017年1Qに、前年同期から、8.5%減少した。】 '15.05.15

 IDCによると、スレート型タブレットから、キーボード取り外し可能なタブレットへの移行が緩やかになったので、世界のタブレットの出荷台数が、2017年1Qに、前年同期から、8.5%減少したという。2017年5月4日

 IDC Worldwide Quarterly Tablet Trackerによると、2017年1Qに、世界のタブレットの出荷台数が、前年同期から、8.5%減少し、3620万台になったという。

 IDCによると、キーボード取り外し可能なタブレットの出荷台数が、増加を続けているという。

 キーボード取り外し可能なタブレットの多くは、IDCが、従来的なノートブックPCやラップトップPCとして、定義している製品に似ている。

 他の製品のカテゴリには、キーボード・オプションを持たない、スレート型タブレットがある。

 スレート型タブレットは、2014年に、出荷台数のピークを迎えた。

 このスレート型タブレットの出荷台数は、ピークに達した後、序々に、減少してきた。

 従来のPC市場は、2011年以来、急速に成長してきたが、近年、成長が鈍化すると共に、2017年1Qに、初めて、出荷台数の減少を経験した。

 IDCは、キーボード取り外し可能なタブレットの出荷台数が、コンバーチブル型タブレットの出荷台数を上回ると見ている。

 タブレット・ベンダのハイライト

・Appleは、2017年1Qにおける、タブレット市場のリーダであったにも関らず、13四半期連続して、出荷台数の減少を経験した。

 2016年に、Appleは、より小さく、低価格の、9.7インチのスクリーン画面を持つ、iPad Proの出荷を開始した。

 Appleの製品ラインは、出荷台数が増加している、キーボード取り外し可能なタブレット市場セグメントにおいて、トップになった。

 IDCによると、Appleが、このキーボード取り外し可能なタブレット市場セグメントにおける、出荷台数で、競争力を維持しているという。

・Samsungは、2017年1Qに、前年同期から、1.1%出荷台数を減少させたが、出荷台数で、2位のタブレット・プロバイダとして残った。

 Appleと同様、Samsungも、タブレットのポートフォリオを、キーボード取り外し可能なセグメントに移行し、このセグメントを強化するために、3種類の新製品を出荷した。

 2014年に、Samsungは、PCビジネスを離れた後、Windows 10を搭載した、キーボード取り外し可能なタブレットのモデルで、再び、PC市場に参入した。

・Huaweiは、2017年1Qに、トップ5の間で、唯一、タブレットの出荷台数が、プラス成長を経験し、270万台に達した。

 2016年1Qにおける、Huaweiの、タブレットの出荷台数は、200万台であった。

 Samsungのように、Huaweiは、Androidベースのスレート型タブレットから、緩やかに、キーボード取り外し可能なタブレットのポートフォリオへの移行を開始した。

・Amazonの、低コストのKindle Fireタブレットの出荷台数は、変動を続けている。

 2017年1Qに、Amazonは、極めて積極的な価格設定の、スレート型タブレットを、220万台出荷した。

 Amazonは、どちらかというと、タブレットの売上ではなく、ストリーミング・ビデオやオーディオ、書籍、ゲームやアプリなどの売上の増加や、クラウド・サービスの売上の増加を期待している。

・Lenovoは、2017年1Qに、210万台のタブレットを出荷し、出荷台数で、5位になった。

 Lenovoは、2017年1Qに、出荷台数で、5.7%の市場シェアを占めた。

表1)2017年1Qにおける、世界のタブレットの出荷台数、トップ5ベンダの、出荷台数、シェア、年間成長率

 (単位:100万台)
   
ベンダ     2017年1Q   2017年1Q  2016年1Q   2016年1Q   年間
          出荷台数       シェア   出荷台数      シェア    成長率

Apple           8.9              24.6%             10.3             25.9%         -13.0%
Samsung        6.0             16.5%               6.0             15.2%           -1.1%
Huawei          2.7               7.4%               2.0               5.1%           31.7%
Amazon      2.2                6.0%               2.2              5.6%           -1.8%
Lenovo          2.1               5.7%               2.2              5.5%            -3.8%
その他         14.4             39.8%              16.9            42.7%           -14.7%

合計            36.2            100.0%              39.6          100.0%            -8.5%

 ソース:IDC Worldwide Quarterly Tablet Tracker、2017年5月4日

・タブレット市場には、スレート型タブレットと、キーボード取り外し可能なタブレットが含まれる。

・タブレットの出荷台数には、OEM販売のタブレットの出荷台数は、含まれていない。

グラフ1)2017年1Qにおける、世界のタブレットの出荷台数、トップ5ベンダの、出荷台数シェア (単位:100万台)

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoftが、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。(3) '17.05.15

【Microsoftが、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。(3)】 '17.05.15

 Microsoftが、Build 2017で、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。2017年5月8日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Microsoftは、Build 2017で、アプリ開発者を対象に、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。

 2017年5月10日に、Seattleの、Washington Stateコンベンション・センターで開催される、Build 2017コンファレンスで、Microsoftが紹介する、トピックスを以下に示す。

   (続き)

8.Windows 10 Mobileで、何が起きるのだろう?

Ew9
 Build 2017で、Microsoftが、Windows 10 Mobileに関する話題を、話すのだろうか?

 このモバイル・オペレーティング・システムの分野は、Microsoftの将来にとって重要であるが、iOSとAndroidの、両オペレーティング・システムにより、依然として、支配されている。

 Build 2017で、Microsoftは、Windows 10 Mobileの、新たな機能を紹介できるだろう。

 このWindows 10 Mobile OSの機能は、ますます強力になる、iOSとAndroidの猛攻撃に対抗できるだろう。

9.ボットと人工知能(AI)

Ew10
 Microsoftは、ボットや人工知能(AI)に関する、より詳細を、紹介してきた。

 Microsoftは、このWindows 10 Mobile OSが、モバイル分野で、競争できる、能力を持つと信じている。

 Microsoftは、Build 2017で、開発者が、同社のプラットフォームにおいて、ボットを使用したり、構築したりできる方法と、同社が、ユーザ経験を促すために、いかに人工知能を改善することに取り組んでいるかを説明する。

10.クラウド・ソリューションに関する、さまざまな会話

Ew11
 Microsoftは、ソフトウェア・ベンダであり、クラウド・サービス・プロバイダである。

 Microsoftは、よりユーザを引き付けるために、オンライン・サービスの構築を継続したいと考えている。

 Microsoftは、Azure、Office 365、および、他のプラットフォームが、同社のクラウド・ソリューションをアピールするために、重要であると考えている。

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoftが、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。(2) '17.05.15

【Microsoftが、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。(2)】 '17.05.15

 Microsoftが、Build 2017で、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。2017年5月8日

 By Don Reisinger、eWEEK

 Microsoftは、Build 2017で、アプリ開発者を対象に、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。

 2017年5月10日に、Seattleの、Washington Stateコンベンション・センターで開催される、Build 2017コンファレンスで、Microsoftが紹介する、トピックスを以下に示す。

   (続き)

5.Cortanaを忘れてはいけない。

Eweek26
 現在、AI技術を使用した、音声対応デジタル・アシスタント市場が、過熱してきた。

 代表的な、AI技術を使用した、クラウド・ベースの、音声対応デジタル・アシスタントには、AmazonのAlexa、SamsungのBixby、AppleのSiri、GoogleのAssistant、MicrosoftのCortanaなどがあり、各ベンダは、さまざなデバイス(PC、スマートフォン、タブレット、スマート・スピーカ、スマート・ホーム・ハブなど)で、自分たちのデジタル・アシスタントを利用できるようにしたり、3rdパーティのアプリ(スキルやチャットボットなど)を増やしたり、連携し、制御できる、3rdパーティの対応デバイスを増やしたりして、エコシステムを拡大させることに取り組んでいる。

 Microsoftは、Build 2017で、音声対応デジタル・アシスタント分野において、Cortanaが、優れていると思われる理由を、説明する必要があるだろう。

6.学生や教師など、教育分野向けの、Windows 10 S

Eweek27
 Microsoftは、最近、学生や教師に、人気が高い、Chrome OSの代替オペレーティング・システムとして、Windows 10 Sを紹介した。

 また、新しいSurface Laptopは、Chrome OSを実行することができるようだ。

 このため、教育分野などユーザは、Chrome OSを搭載した、ChromeBookの代替としても、また、Windows 10 S OSを搭載した、Windows文化のラップトップPCとしても、新しいSurface Laptopを、利用することができる。

 Build 2017で、Microsoftは、Windows 10 Sの将来ビジョンと、ユーザの機会を詳述すべきだろう。

7.混合現実の将来

Eweek28
 Microsoftは、仮想現実(VR)と拡張現実(AR)で、混合現実(MR)の未来に、着実に、取り組んでいる。

 Microsoftは、混合現実を議論するために、Buildイベントの機会を逃したことはない。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

Microsoftが、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。 (1) '17.05.15

【Microsoftが、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。(1)】 '17.05.15

 Microsoftが、Build 2017で、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。 2017年5月8日

Eweek21
 By Don Reisinger、eWEEK

 Microsoftは、Build 2017で、アプリ開発者を対象に、Windowsや混合現実などの展開を紹介する。

 Microsoftは、クラウドに大きな投資を行い、オンライン・ソリューションを強化していくようだ。

 また、Microsoftは、ボットや混合現実の改善にも、取り組んでいく。

 Microsoftは、教育分野で人気のある、Chromebookに対抗できる、ラップトップPCに関する話題も提供するようだ。

 2017年5月10日に、Seattleの、Washington Stateコンベンション・センターで開催される、Build 2017コンファレンスで、Microsoftが紹介する、トピックスを以下に示す。

1.Windows 10 Crestorsアップデート

Eweek22
 Windows 10 Creatorsアップデートは、一般的に、好評を得ているが、Bluetooth経由で、コンピュータに接続する、古いアクセサリに、問題が発生しているようだ。

 Microsoftは、Windowsオペレーティング・システムの将来的な計画を概説する。

2.Project NEONについて

Eweek23
 Microsoftは、暫く取り組んできた、新たなデザイン言語、Project NEONについて解説する。

 今年の他の期間に、デザイン言語について、話すことはあまり意味がない。

3.Resstone 3には、何が起きるか?

Eweek24
 Microsoftは、Windows 10への、次期ビッグ・アップデート、Redstone 3は、2017年9月にリリースされるようだ。

 Microsoftが、Build 2017で、いくつかの機能を紹介することは、あまり意味がないだろう。

 噂によると、このアップデートには、ソーシアルと、生産性機能の向上が含まれるようだ。

4.Universal Windowsプラットフォームの成長

Eweek25
 Microsoftは、デバイスに渡る、完全な互換性を実現することを目指す、Universal Windows Platformの将来についての見解について、口が堅い。

 Build 2017には、アップデート・プログラムと、開発者が、アプリを作成して、どこでも、確実に動作できるよう、支援する計画も含まれているようだ。

    (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

2017年5月14日 (日)

IBMのWatsonは、Bridge Crewに、VR音声対話経験をもたらす。 '17.05.14

【IBMのWatsonは、Bridge Crewに、VR音声対話経験をもたらす。】 '17.05.14

 IBMのWatsonは、Ubisoftの「Star Trek: Bridge Crew」ゲームの将来リリースに、ゲーム内音声コマンド機能を提供する。2017年5月10日

 By StarTrek.com Staff、Ubisoft

 IBMのWatsonは、現在、2017年の夏に、予定されている、Ubisoftの「Star Trek: Bridge Crew」ゲームのβ版に、ゲーム内音声コマンド機能を提供する。

Watson3_2
 Ubisoftの「Star Trek: Bridge Crew」ゲームは、ゲームのプレーヤに、仮想的なStarfleetの宇宙船の乗組員のメンバーと、自然言語による、音声で、対話できるようにする、最初の機会を提供する。
Watson1
 IBMは、ゲームのキャラクタと、音声による、自然言語で会話できるようにする、機能を構築するために使用できる、同社の新しい「VR Speech Sandbox」ソフトウェアを、VRゲームの開発者が、自分たちの仮想現実(VR)アプリの開発に、利用できるようにする。

 VR Speech Sandboxソフトウェアは、IBMのWatson Unity SDKを、2つのサービス、Watson Speech to Text、および、Watson Conversationと結合する。

 VRゲームの開発者は、仮想現実(VR)アプリにおいて、音声による会話の機能を活用できる、新たな、革新的な、ユーザ・インタフェースを構築するための、機会を持つようになる。

 「Star Trek: Bridge Crew」ゲーム用に、IBM Watsonで構築された、ゲーム内の音声による会話経験は、今年の夏にリリースされる、さまざまなプラットフォーム向けの、β版で、利用できるようになる。

 IBM Watsonと、Star Treck: Bridge Crewのパートナーシップは、「Star Trek: Bridge Crew」ゲームのプレーヤが、仮想的なStarfleet宇宙船の乗組員に、直接、音声コマンドを与え、ゲームのキャラクタと、自然言語で会話できるようにする。

 この新たな、音声による会話機能を、この「Star Trek: Bridge Crew」ゲームに組み込むことにより、プレーヤは、ゲームのキャラクタや、人間のパートナと協力して、任務を遂行できるようになる。

 「Star Trek: Bridge Crew」ゲームのプレーヤ、キャラクタ、あるいは、プレーヤ同士が、互いに自然言語で会話し、相互作用する、ゲーム・プレー経験は、仮想現実(VR)技術で、さらに強化される。
Watson2
 IBM Watsonは、Star Trek: Bridge Crewの船長が、乗組員に、自然言語による、音声で、指示できるようにする。

 IBMは、クラウド・ベースの、AIソリューションを、VRゲームに、簡単に、統合できるようにする。

 IBMは、Watson Unity SDKで、最もポピュラーなVR開発者ツールを、サポートする。

 初めて、IBM Watsonは、「Star Trek: Bridge Crew」ゲームのプレーヤやファンが、ゲームに登場する、乗組員などのキャラクタと、自然言語で会話できるようにする、技術を提供する。

 IBMは、ゲームの開発者に、AIや認識時代において、競争力があり、革新に必要な、開発ツールを提供していく。

 より詳細は、Star Trek: Bridge Crewを訪問のこと。

 「Star Trek: Bridge Crewの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

IBM Watsonが、Star TrekのVRゲームで、ゲーム内での、音声による対話を可能にする。 '17.05.14

【IBM Watsonが、Star TrekのVRゲームで、ゲーム内での、音声による対話を可能にする。】 '17.05.14

 IBM Watsonが、Star TrekのVRゲームで、ゲーム内での、音声による対話を可能にする。2017年5月11日

Eweek3
 By Sean Michael Kerner、eWEEK

 「Star Trek: Bridge Crew」仮想現実(VR)ゲームのプレーヤは、IBM WatsonのVR Speech Sandboxソフトウェアにより、可能になる、ゲーム内での、音声による対話の恩恵を受けるだろう。

 IBM Watsonは、2011年に「Jeopardy」という、TVのクイズ番組で、チャンピオンを破り、一躍、有名になった。

 今回、IBM Watsonは、新しいソニーのプレイステーションの、仮想現実(VR)ゲーム、「Star Trek:Bridge Crew」で、最後のフロンティアに行くようだ。

 IBMとゲーム開発会社、Ubisoftは、2017年5月11日に、Watson VR Speech Sandboxソフトウェアは、プレーヤが、音声で、この新しい、VRゲームにおいて、登場するキャラクタとコミュニケートできるようにすると発表した。

 これにより、このVRゲームのプレーヤは、ゲームに登場する、カーク艦長とピカード艦長の両方が、Enterprise宇宙船の操縦や状態に関して、この宇宙船に搭載された、人工知能(AI)に、問い合わせることができたので、架空のStar Trekの宇宙において、音声コマンドは、中心的な役割を演じる。

 Star Trekの映画において、宇宙船に搭載された、コンピュータの声は、長い間、Majel Barrett-Roddenberryの声であったが、それは、IBM Watsonが、「Star Trek:Bridge Crew」にもたらす声ではない。

 IBMは、Watson認識コンピューティング技術を、エンタープライズ・コンピューティングの世界に、着実にもたらしてきたが、Ubisoftとの、新たなコラボレーションで、VRゲームという、新たな分野をターゲットにしている。

 HTC ViveとOculus Riftが発売される前にも、多くのVRヘッドセットには、マイクが付いていた。

 多くの場合、プレーヤは、VRゲームの世界において、歩き回ったり、触れたり、聞いたりすることはできたが、VRゲームのキャラクタと、自然言語の音声で会話し、プレーヤの言うことを理解することはできなかった。

 IBMによると、適切な方法を組み合わせることにより、高度な音声対話システムを、非常に迅速に、作成できるようにする、2つのサービスがあるという。

 VRゲームの開発者は、IBMのWatson Speech-to-Text、Watson Conversation(チャットボット・トレーニングのGUIとサービス)、および、Watson Unity SDKを使用して、先進の音声対話システムを、極めて、手早く、作成し、Unityゲーム開発エンジン内から、これらのサービスを、容易に呼び出すことができるようになる。

 クラウド・ベースの、IBM Watsonは、ゲームのディスクに、インストールされているわけではない。

 対話型のスピーチ機能は、Watson Speech-to-Text、および、Watson Conversation、クラウド・ベースのサービスへ、ライブAPI呼び出しを行う。

 しかし、VRゲーム内に、クラウド・サービスを呼び出す機能を持たせると、タイム・ラグや遅延の可能性が発生するので、ゲーム開発者が望むことではない。

 Horwitz氏によると、「Star Trek: Bridge Crew」ゲームは、リアルタイムな会話をサポートするのに、十分、遅延を短縮するために、効率的に、音声ストリームを配信できるようにするのに、IBMストリーミング機能を利用しているという。

 VR Speech Sandboxは、フリーで、オープンソースなので、IBM Watsonの音声機能の恩恵を受けるのは、ビデオゲーム開発者だけではない。

 「IBM Speech Sandboxの紹介ビデオ」

 ベストセラーのアプライアンス

« 2017年5月7日 - 2017年5月13日 | トップページ | 2017年5月21日 - 2017年5月27日 »

ウェブページ