« LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(3) '17.07.15 | トップページ | Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。(2) '17,07.16 »

2017年7月15日 (土)

Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。 (1) '17,07.15

【Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。(1)】 '17,07.15

 Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。2017年7月13日

 Microsoft 365は、Microsoftが、さまざまな規模の、企業顧客の忠誠心を維持する、ソフトウェアを、クラウド・コンピューティングに移行するのを確実に助ける、アプリとクラウド・サービスのバンドルである。

Eweek20
 By Don Reisinger、eWEEK

 Microsoftは、生産性を向上させ、従業員、顧客、および、パートナーをつなぐための、中小企業向け、エンタープライズ・クラウド・サービス・パッケージを持っている。

 Microsoft 365と呼ばれる、このクラウド・サービス・パッケージには、大企業向けのMicrosoft 365 Enterpriseと、中小企業向けの、Microsoft 365 Businessの、2つの版がある。

 これらのクラウド・サービス・パッケージは、特定の顧客のニーズに基づいた、異なった機能を提供し、従業員の関心に対応する、Microsoftのクラウド・サービスを結合するが、これらのパッケージは、Windows 10、Office 365、Enterprise Mobility + Securityを含む、多くのスタンドアローンのクラウド・サービスを結合する。

1.Microsoft 365とは、何か?

Eweek21
 Microsoftは、2017年7月10日に、Inspire Worldwide Partnerコンファレンスで、Microsoft 365を発表した。

 Microsoft 365は、基本的に、企業が、包括的なクラウドや、デスクトップ生産性プラットフォームを構築できるようにするために購入できる、クラウド・サービスのバンドルである。

 Microsoft 365は、1つのパッケージに、Office 365、Windows 10、および、Enterprise Mobile + Securityを結合する。

2.Microsoft 365には、大企業と小企業向けの、異なった版がある。

Eweek23
 Microsoftは、Microsoft 365の、2つの版を提供する。

 最初に、Microsoft 365 Enterpriseと呼ばれた、Microsoft 365は、数千名の従業員を持つ、大企業向けに、設計されている。

 Microsoft 365 Businessと呼ばれる、他のMicrosoft 365は、あまり高度なサービスを必要としない、中小企業向けに、設計されている。

3.Microsoft 365 Enterpriseは、分析、セキュリティ・コンポーネントを含んでいる。

Eweek24
 Microsoft 365 Enterpriseには、チャット・ベースのワークスペース、Microsoft Teamsを含む、Microsoftのエンタープライズ・グレードの、Office 365サービスが含まれる。

 さらに、Microsoft 365 Enterpriseには、Enterprise Mobile + Security features経由で、マシン学習により、強化された、完全な脅威保護が、実装されている。

4.Microsoft 365 Enterpriseには、2つの版がある。

Eweek25
 2つの版の、Microsoft 365 Enterpriseが、計画されている。

 最初の版は、E3と呼ばれる、より安価な版になるようだ。

 E3は、多くのサービスの間で、Office 365統合、Azure Active Directory P1、および、Office 365 Data Loss Protectionと共に提供される。

 しかし、他の版とは違い、E5は、Cloud PBXを、サポートしていない。

 E5は、Windows Defender Advanced Threat Protection、Azure Active Directory P2を追加し、Power BI Proをサポートする。

5.生産的な企業を、安全にするには、何が起きているか?

Eweek26

 Microsoftによると、同社のクラウド・ベースのバンドル、Secure Productive Enterpriseは、Microsoft 365 Enterpriseに、置き換わるという。

 また、Microsoftによると、Secure Productive Enterpriseが、急速に、成長してきたという。

 Microsoft 365 Enterpriseは、成長している、顧客ベースにアピールする、新たなサービスを追加する。

6.Microsoftは、Microsoft 365 Enterpriseの価格設定を、明確にしていない。

Eweek27
 Microsoft 365 Businessとは異なり、Microsoftは、Microsoft 365 Enterpriseの価格設定を、明確にしていないが、2017年8月1日に、これらのソリューションを、企業に提供できるようにする、意向を表明した。

   (続く)

 ベストセラーのアプライアンス

« LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(3) '17.07.15 | トップページ | Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。(2) '17,07.16 »

eWEEK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/71148705

この記事へのトラックバック一覧です: Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。 (1) '17,07.15:

« LG Q6スマートフォンは、ミッドレンジの価格で、ハイエンドのデザインを提供する。(3) '17.07.15 | トップページ | Microsoft 365は、デスクトップから、クラウドへ移行し、ビジネスITのニーズをカバーする。(2) '17,07.16 »

最近の記事

ウェブページ

広告2