« デンソーと東芝が、自動運転車用の画像認識AI技術を開発し、利用していくことで提携する。 '17.07.11 | トップページ | Microsoftが、Azureクラウド・サービスのローカル版を提供する。 '17.07.12 »

2017年7月11日 (火)

Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するために、Cloud IoT Coreの価値を売り込む。 '17.07.11

【Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するために、Cloud IoT Coreの価値を売り込む。】 '17.07.11

 Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するために、Cloud IoT Coreの価値を売り込む。 2017年6月30日

Eweek1
 By Jaikumar Vijayan、eWEEK

 GoogleのCloud IoT Coreといった技術は、コネクティッド・カーから、毎日、生成される、大量のデータから、価値を得るために、革新的な方法をサポートできる。

 「GoogleのCloud IoT Coreソリューションの紹介」ビデオ

 Googleは、クラウド・コンピューティング技術が、将来、使用される、コネクッティッド・カーから、膨大なデータを収集し、分析するための、理想的なプラットフォームを提供する。

 Googleは、クラウド・サービスが、コネクティッド・サービスから収集された、データを使用している、使用ベースの保険、予測的な保守といった、新たな自動車用のアプリを実行するために、使用される方法を説明した。

 Googleによると、現在のコネクティッド・カーは、1日に、最大560GBの、データを生成できるという。

 コネクティッド・カーが、収集する、膨大なデータは、有用であるが、克服すべき、さまざまな課題がある。

 例えば、コネクティッド・カーに搭載されている、さまざまなデバイスを、任意のデータを収集し、分析するためのプラットフォームに接続するためには、認証や認可が必要になる。

 また、コネクティッド・カーに搭載されている、さまざまなデバイスの、ソフトウェアをアップデートでき、構成ツールを提供する必要がある。

 さらに、コネクティッド・カーが、収集する、膨大なデータを、分析し、フィードバックするための、信頼できる機構が必要になる。

 収集されたデータから、価値をもたらすために、車載システムは、収集されたデータの、さまざまなタイプの分析を実行する能力を持つ必要がある。

 ビジネス・レベルのロジックを開発し、内部的なソースからもたらされるデータと、統合する必要がある。

 ビジネス・レベルのロジックは、しばしば、3rdパーティ、あるいは、オフプロミスで収集されるデータと、統合される必要もある。

 最終的に、予測モデルが、要求され、アナリストは、データに基づいて、結果を予測できるようになる。

 Google Cloud Platform(GCP)サービスは、このような要件に対応するための、能力を持つ。

 例えば、デバイス管理フロントにおいて、GoogleのCloud IoT Core技術は、既に、企業が、世界に、分散されたデバイスを、GCPへ接続できるようにする。

 Cloud IoTは、Googleが、2017年5月に、企業が、ネットワークに接続された、センサーや、他のIP対応デバイスを、より良く、管理するのを支援するために開始した、サービスである。

 Cloud IoTサービスに組み込まれた、デバイス管理機能は、コネクティッド・カーの環境において、要求されている、デバイスの認証や認可を提供する。

 GoogleのCloud Sub/Pubメッセージ指向のミドルウェア技術は、コネクティッド・カーが生成する、さまざまな種類のデータに対する、データ収集ポイントとして使用される。

 Googleは、Cloud Pub/Subを、分散アプリやサービスが、リアルタイムなメッセージング能力を使用できるようにする、ミドルウェアとして説明した。

 GoogleのBear氏は、コネクティッド・カーのデータから、新たなアプリを可能にするために、適切に作用する、いくつかの、他のGoogleクラウド技術をリストした。

 このGoogleクラウド技術には、複数のソース、Google Compute Engine、Container Engine、および、App Engineから収集される、データを処理するための、Google Cloud Dataflowが含まれる。

 TensorFlowや、Cloud Machine Learningエンジンといった、Googleの、予測的な技術は、洞察や、IoTデータから値を抽出することにおいて、極めて有用になり得る。

 コネクティッド・カーの車載システムは、モバイル技術プラットフォームをベースにした、洗練された、さまざまなIoTデバイスで構成されている。

 3rdパーティは、コネクティッド・カーの車載システムの、モバイル技術プラットフォームに、先進のサービスを提供できるようになる。

 Googleのクラウド技術は、コネクティッド・カーの車載システム向けに、スケーラブルで、信頼性のある、モバイル技術プラットフォームを提供する。

 ベストセラーのアプライアンス

« デンソーと東芝が、自動運転車用の画像認識AI技術を開発し、利用していくことで提携する。 '17.07.11 | トップページ | Microsoftが、Azureクラウド・サービスのローカル版を提供する。 '17.07.12 »

eWEEK」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/71112959

この記事へのトラックバック一覧です: Googleが、コネクティッド・カーのデータを分析するために、Cloud IoT Coreの価値を売り込む。 '17.07.11:

« デンソーと東芝が、自動運転車用の画像認識AI技術を開発し、利用していくことで提携する。 '17.07.11 | トップページ | Microsoftが、Azureクラウド・サービスのローカル版を提供する。 '17.07.12 »

最近の記事

ウェブページ

広告2