« Facebookが、社会に、どのように影響したか '14.05.19 | トップページ | 米国の空軍が、戦場で使うために、Google Glassをテスト '14.05.20 »

2014年5月19日 (月)

Axedaが、IoT用のマシンとセンサー・データのストリーミング・サービスを発表 '14.05.19

【Axedaが、IoT用のマシンとセンサー・データのストリーミング・サービスを発表】 '14.05.19

 Axedaが、モノのインターネット(IoT)用のマシンとセンサー・データのストリーミング・サービスを発表した。 2014年5月6日

 IoTプラットフォーム用のAxeda Machine Cloudの新リリースが、ビッグデータを、アプリケーションや分析ソリューションに、効果的に供給する。

・モノのインターネット(IoT)ソリューション用のクラウド・ベースのサービスやソフトウェアのプロバイダ、Axedaは、Axeda Machine Cloud 6.8リリースを発表した。

 このAxeda Machine Cloud 6.8リリースは、 Machine Streams、Connected Builder、アクセス制御用のAxeda Policy Serverへのエンハンス、および、開発者イネーブラやIDE統合のためのAxeda Artisan、および、IDE統合を含む、新機能を提供する。

・Axeda Machine Cloud 6.8は、企業に、マシンやセンサーのデータを統合するための、スケーラビリティ、性能、および、セキュリティの新たなレベルをもたらす。

・Machine Streamサービスは、ビッグデータや分析システムに、マシンやデバイスを接続するために、理想的である。

・物理的な世界の、正確なリアルタイム・データは、製品が接続される前に、可能でなかった、ビジネスや顧客との対話への洞察を提供する。

 このデータからのインテリジェンスは、運用効果を改善したり、保守を予測可能にしたり、製品のデザインを改善したりする。

・Axedaは、エンタープライズ・システムに、転送され、処理される、時間や位置ベースの数十億のメッセージをサポートするための、ソリューションをデザインした。

・Axedaの顧客は、ビッグデータ・システムや、分析システムに供給するために、マシンが生成するデータや、センサーで得られるデータへの、リアルタイムなアクセスを要求している。

・SASは、SAS Event Stream ProcessingとAxedaプラットフォームの組み合わせで、企業が、モノのインターネット(IoT)環境から、大量のリアルタイム・データの洞察を得るための、強力なソリューションを提供する。

・2020年には、世界で、240億台のモノが、インターネットに接続され、さらに、膨大なデータが、絶えることなく、生成されるようになる。

・Software AGのビジュアライズな能力と、AxedaのMachine Streamsプラットフォームは、表現情報に、効果的なツールになるだろう。

・Machine Cloud 6.8リリースには、以下のものが含まれる。

・Axeda Machine Streamsは、ビッグデータ分析を含む、他のシステムへの、Axedaからのデ大量なデータのストリーミング用のAPIを持つ、新たなサービスである。

・Axedaプラットフォームに接続する、すべての資産は、Machine Streamsを供給できる。
・ストリームは、データ、モバイル位置、アラーム、および、記録の処理やフィルタリング用に構成される。

・Axedaプラットフォームは、エラー処理、リトライ、ヘルス監視を含む、標準と独自のプロトコルをサポートする。

・Axeda Connected Builderは、Axedaのインテリジェント・ゲートウェイ・エージェントを構成し、管理するための、新たなクラウド・ベースのツールである。

・Connected Builderで、顧客は、エージェント・プロバイダの管理において、より柔軟性を持つようになる。

・使いやすい、インタフェースで、顧客は、エージェントのプロジェクトの詳細を指定できるようになる。

・ユーザは、資産のセットを指定するために、特定のエージェントを送る、Axeda Connected Content経由で、エージェント・プロジェクトを展開するために、選択できるようになる。

・Axedaのクラウド製品の残りで、Connected Builderは、顧客が、Axeda Consoleで、エージェントの構成を管理したり、履歴の記録を保存したり、アーカイブしたりできるようになる。

・Artisanは、Artisan開発ツールへの、主な変更を含み、ユーザが、構成データを、 Axedaのインスタンスに、インポートできるようにする。

・開発者は、開発環境とステージング環境間の移行を記述できるようになる。

・顧客は、スクリプト、ルール、地域、位置、組織、拡張データ、ユーザ特権といった、構成データを取得することができる。

・構成データは、ボタンのプッシュで、移動でき、参照統合と他のチェックは、運用がスムースに行えるよう、実行されるようになる。

・Policy Serverのエンハンスメントは、主な機能性やユーザのリファインを、金融機関といった、セキュアな環境にもたらす。

 これらの会社は、料金を追跡、編集、および、ログインを試みるために、よりきめ細かな監査を持っている。

 監査ログを、エキスポートする能力は、ペンディングする要件を承認するために、ワークフローを単純化し、オペレータが、より優れた意志決定を行えるように、より詳細な提供をストリーミングした。

 Axedaは、接続製品やマシンを管理し、最も先進のクラウド・ベースのサービスを提供する。

Axedahttp://www.axeda.com/

ベストセラーのアプライアンス

« Facebookが、社会に、どのように影響したか '14.05.19 | トップページ | 米国の空軍が、戦場で使うために、Google Glassをテスト '14.05.20 »

プレスリリースの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/56250770

この記事へのトラックバック一覧です: Axedaが、IoT用のマシンとセンサー・データのストリーミング・サービスを発表 '14.05.19:

« Facebookが、社会に、どのように影響したか '14.05.19 | トップページ | 米国の空軍が、戦場で使うために、Google Glassをテスト '14.05.20 »

ウェブページ

広告2