« MakerBotが、Replicator Z18 3Dプリンタを発表 '14.03.14 | トップページ | 2014年の世界のビジネス・コンサルティング・サービス市場のベンダ評価 '14.03.14 »

2014年3月14日 (金)

2014年の世界のタブレット市場の成長予測 '14.03.14

【2014年の世界のタブレット市場の成長予測】 '14.03.14

 IDCによると、世界のタブレット市場の成長は、成熟市場における、新規や置き換えの購入が緩やかになるという。2014年3月6日

 IDC Worldwide Quarterly Tablet Trackerによると、タブレットと2-in-1(タブレットとしてもPCとしても利用できる)デバイスの両方を含む、トータルのタブレット市場は、2014年に、19.4%成長すると予測している。

 ちなみに、トータルのタブレット市場は、2013年には、51.6%成長していた。

・過去2年間に、タブレット市場における、平均販売価格(ASP)は、急速に減少したが、減少する割合は緩やかになってきた。

・2012年に、ASPは、前年同期から18.3%減少したが、2013年に、ASPは14.6%減少した。

 IDCは、ASPの減少が、いくつかの理由でゆっくりになり、2014年には、ASPが、3.6%だけ減少すると予測している。

 消費者は、ハイエンドのデバイスへシフトするので、2014年には、ホワイトボックス・タブレット市場の成長が緩やかになると期待している。

・成熟市場において、多くの買い手は、市場のリーダから、ハイエンドの製品を購入したが、消費者は、自分たちに現在のタブレットに、十分満足しているという。

・消費者へのタブレットの出荷台数は、多くの市場で緩やかに増加しているが、ビジネス向けのタブレットの出荷台数は、全体的に、比較的速く増加している。

・教育市場といった分野における、タブレットの出荷台数が増加している。

・IDCは、タブレットが、世界のあらゆる規模の企業に浸透し続けるだろうと予測している。

 このビジネス分野での成長は、時間がたつにつれた、MicrosoftのWindowsに利益をもたらすだろう。

 AndroidやiOSは、タブレット市場での優位を維持するだろうが、2-in 1(タブレットとしてもPCとしても利用できる)Windowsベースのデバイスが、より多くの市場シェアを獲得するだろうと期待している。

 トータルなタブレット市場の予測、2013年から2018年

年        ビジネス向け  消費者向け
2013  実績      11%          89%
2014  予測      14%          86%
2018  予測      18%          82%

Source: IDC Worldwide Quarterly Tablet Tracker, March 6, 2014

注:トータルなタブレット市場には、従来のタブレットと2-in-1タブレットが含まれる。

IDC : http://www.idc.com/

ベストセラーのアプライアンス

« MakerBotが、Replicator Z18 3Dプリンタを発表 '14.03.14 | トップページ | 2014年の世界のビジネス・コンサルティング・サービス市場のベンダ評価 '14.03.14 »

プレスリリースの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/55371131

この記事へのトラックバック一覧です: 2014年の世界のタブレット市場の成長予測 '14.03.14:

« MakerBotが、Replicator Z18 3Dプリンタを発表 '14.03.14 | トップページ | 2014年の世界のビジネス・コンサルティング・サービス市場のベンダ評価 '14.03.14 »

ウェブページ

広告2