« DDoS攻撃が、ネットワーク・タイミング・プロトコルを悪用 '14.01.16 | トップページ | Googleが、自動車にAndroidをもたらす '14.01.17 »

2014年1月17日 (金)

IoT時代のアプライアンスのOS '14.01.17

【IoT時代のアプライアンスのOS】 '14.01.17

 Googleが、ホンダやGMなど、大手4社と車載コンピューティング・システムを共同で開発すると発表しており、「モノのインターネット(IoT)」の時代のパーソナル・デバイス、モバイル・デバイス、車載コンピューティングなどのアプライアンス用OSの展開に、新たな変化が起きているようだ。

スマートフォン向けのOSの世界シェア(2013年7月~9月)by IDC

OS              シェア
Android                81.0%
iOS                     12.9%
Windows phone       3.6%
BlackBerry             1.7%

 パーソナル・デバイス、モバイル・デバイス、車載コンピューティングなどのアプライアンス用のOSの、メーカの採用基準は、戦略的な思惑を除けば、次のものがある。

・オープン性:柔軟性があり、低コストで採用できる。

・ローカライズ性:画面の表示や文字の入力を、容易に多国語対応できる。

・アプリケーション開発環境(HTML5対応ブラウザを含む)が充実しており、アプリケーションが豊富である。

・基本機能:ネットワーク機能(Wi-Fi、4G LTE、Erthernetなど)やストレージ管理機能などの基本的な機能が優れている。

・ユーザ・インタフェース(UI):タッチインタフェース、音声コマンド、ハンズフリー操作などが優れている。

・接続インタフェース(USB、Bluetooth、NFCなど)のサポートが充実している。

・マルチメディア(静止画像、動画、音声、音楽など)の処理機能が優れており、カメラでの動きの検出、音声認識、画像認識などの機能が利用できる。

・センサー技術:位置、温度、湿度、加速度、重力、ジャイロ、照度、磁気、圧力、近接、CO2、放射能など、さまざまなセンサーを実装したり、利用したりできる。

・OSの信頼性、持続性、応答性などが高い。

・指紋認証や虹彩認証など、さまざまな認証技術や暗号技術をサポートし、高度なセキュリティを実現できる。

・OSの性能:リアルタイム性、マルチスレッドといった、応答性や並列処理が優れていて、同時に複数の事象に対応できる。

 世界のアプライアンス・ベンダの動きに注目したい。

ベストセラーのアプライアンス

« DDoS攻撃が、ネットワーク・タイミング・プロトコルを悪用 '14.01.16 | トップページ | Googleが、自動車にAndroidをもたらす '14.01.17 »

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: IoT時代のアプライアンスのOS '14.01.17:

« DDoS攻撃が、ネットワーク・タイミング・プロトコルを悪用 '14.01.16 | トップページ | Googleが、自動車にAndroidをもたらす '14.01.17 »

ウェブページ

広告2