« 顧客に焦点を合わせたデジタル化 '13.11.10 | トップページ | G-Mobiが、ソフトウェアの更新にRed BendのPaaSを利用 '13.11.11 »

2013年11月10日 (日)

3D Systemsが、消費者向け3Dスキャナーを提供 '13.11.10

【3D Systemsが、消費者向け3Dスキャナーを提供】 '13.11.10

 3D Systemsが、消費者向け3Dスキャナーを提供する。 2013年11月8日

 3D Systemsは、消費者向け3Dプリンタ用に設計された、3Dスキャナー、Sense 3Dの出荷を発表した。

Sense3dscannernews_2

 Sense 3Dは、正確なインスタント写真を提供する、3Dスキャナーであり、誰でも、対象物の瞬間をスキャンして、3Dオブジェクト・データを作成できるようにする。

 Sense 3Dは、柔軟性のあるスキャン・サイズを持ち、カップケーキのサイズから人間の体ぐらいサイズまでの対象物を、3次元スキャンでき、スキャンしたデータを、3Dプリンタに出力できるファイル形式に変換できる。

 Sense 3Dには、直感的なユーザ・インタフェースを持ち、自動ズーム、トラック、フォーカス、エンハンス、および、シェアできるツールも添付されている。

 Sense 3Dでスキャンしたデータを元に作成されたデータを、CubeとCubeX 3Dプリンタへ送ったり、クラウド・プリンティングのCubify.comに直接アップロードしたりして、Ceramix、Aluminix、Clearを含む、さまざまなマテリアルで、3Dオブジェクトを作成できる。

 Sense 3Dの価格は、399ドルで、Cubify.comで購入できる。
 Sense 3Dは、Staples.comでも購入でき、Staplesの小売店でも、2013年11月18日から販売が開始される。

 製品の特徴

・ハンドヘルド・タイプの3Dスキャナー、Sense 3Dは、Microsoft Surface Pro 2タブレットと、モバイル・スキャニング互換である。

・Sense 3Dは、本のような小さなオブジェクトから、人間や自転車ぐらいの大きさ(最大約3m×3m)のオブジェクトまで、あらゆるサイズのオブジェクトを、3Dスキャンできる。

・自動オブジェクト認識は、背景から、精密なターゲットを抽出し、欲しいオブジェクトだけをスキャンできる。

・Senseソフトウェアは、直感的で、正確で、速くて、使い易い。

・3Dスキャンしたデータを、STL(Standard Triangulated Language)編集、マッシュアップ、および、オーガニック・モデリングするための消費者向けソフトウェア、Cubify Sculptにマージできる。(STLは、3D形状を表現するデータを保存するファイル形式の一つ)

・SenseとCubify Sculp間の統合は、スキャンをインポートするための自由を提供する。

 Senseは、3DS独自のGeomagicソフトウェアを搭載しており、Sense 3Dを、高品質で、高速で、容易に編集できる、消費者向けの3Dスキャナーである。

3D Systems : http://www.3DSystems.com/

 Sense 3Dの紹介ビデオ

ベストセラーのアプライアンス

« 顧客に焦点を合わせたデジタル化 '13.11.10 | トップページ | G-Mobiが、ソフトウェアの更新にRed BendのPaaSを利用 '13.11.11 »

プレスリリースの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/53894451

この記事へのトラックバック一覧です: 3D Systemsが、消費者向け3Dスキャナーを提供 '13.11.10:

« 顧客に焦点を合わせたデジタル化 '13.11.10 | トップページ | G-Mobiが、ソフトウェアの更新にRed BendのPaaSを利用 '13.11.11 »

ウェブページ

広告2