« Avnetの新Practice+ for Analytics '13.05.18 | トップページ | 世界のハードコピー・デバイス市場 '13.05.19 »

2013年5月18日 (土)

Digiがモノのインターネットを展開 '13.05.18

【Digiがモノのインターネットを展開】 '13.05.18

 Digi Internationalが、Google I/Oで、Data Sensing Lab向けに、500ノード以上のモノのインターネットを展開する。 2013年5月15日

 Data Sensing Labプロジェクトは、リアルタイムなM2Mデータが、顧客の振舞いや好みへの見識を、どのように提供できるかを紹介する。

 ノードを接続するために、DigiのXBee ZigBeeモジュールやConnectPortの無線ゲートウェイを使用すると、センサー・データは、多くのデバイスを管理し、アプリケーションにデバイスを接続するためのDigiのプラットフォーム、Device Cloud by Etherios経由で、収集され、管理される。

 「Googleは、何百万ドルものグローバルなビューを得るために、モノのインターネットを使用している。」とDigi InternationalとData Sensing Labチームの協調戦略のリーダ、Rob Faludi氏は述べた。

 また、Digi InternationalとData Sensing Labチームは、自分たちのクラウド・ベースのビジネス・システムを、Device CloudのAPIで、M2Mデータと容易に統合する方法を会得している。

 GoogleとDigiは、数週間で、完全なエンドツーエンドのソリューションを作成するために協調した。

 Device Cloudで実行する、このセンサー・ネットワークの4,000以上のデータ・ストリームは、このコンファレンス期間中に、San FranciscoのMoscone Centerで、温度、気圧、光度、空気の汚れ具合、ノイズなどを継続的に測定するために、Arduinoベースのセンサーを接続している、500 XBeeモジュールを使用している。

 Google Cloud Platformチームは、これらの情報を、収集、転送、分析し、Googleマップのチームと協調して、ヒート・マップや他の視覚化したデータを共有する。

 Digi International、Google、O'Reilly Mediaは、趣のある方法で、物理的な世界に関する問い合わせに答えるために、このプロジェクトを作成した。

 Digi Internationalは、ビジネスの効率化を促進する、エンドツーエンドのソリューションとして、製品とサービスを結合する、M2M専門ベンダであり、業界で、最も広範な無線製品やクラウド・コンピューティング・プラットフォームを提供している。

Digi International : http://www.digi.com/

ベストセラーのアプライアンス

« Avnetの新Practice+ for Analytics '13.05.18 | トップページ | 世界のハードコピー・デバイス市場 '13.05.19 »

プレスリリースの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/51677647

この記事へのトラックバック一覧です: Digiがモノのインターネットを展開 '13.05.18:

« Avnetの新Practice+ for Analytics '13.05.18 | トップページ | 世界のハードコピー・デバイス市場 '13.05.19 »

ウェブページ

広告2