« エネルギー取引とリスク管理(ETRM) '13.04.15 | トップページ | Microsoftのタッチ対応ウォッチ '13.04.16 »

2013年4月15日 (月)

世界のIT支出 '13.04.15

【世界のIT支出】 '13.04.15

 IDC Financial Insightsによると、世界のIT支出が、2017年には800億ドルに達する見込みである。 2013年4月3日

 IDC Financial Insightsは、2013年から2017年における、世界のリスク管理ソフトウェア、ハードウェア、サービスに対するIT予測を提供する新レポート、「Pivot Table: Worldwide IT Spending 2013-2017 Worldwide Risk IT Spending Guide, 1H13 (Doc #FIN240400)」を発表した。

 リスク技術やサービスにおける、世界のIT支出は、以前の予測よりも、成長率が年平均5.45%減少するが、さらに成長を続け、2017年には、800億ドルを超える見込みである。

 全体的なマクロ経済の要因は、予測を控えめにして、金融サービス市場におけるIT支出を下げるのに貢献していく。

 リスク再建時代の2009年から2012年の大企業のリスク計画の多くは、実装の中間段階にある。

 より多くの予算は、ビジネスの生産性を生み出し、フロント、ミドル、およびバック・オフィースの運用における、IT基盤や3rdプラットフォーム技術の統合を最適化する、イニシアティブを割り当てる。

 控えめな予測に関わらず、リスクの支出は、IT支出全体の成長を、まだ上回っており、IT支出全体の15%と17%の間になると見積もっている。

 多くのホットスポットの支出は、クレジット分析、コンファレンス、アジア/パシフィック地域におけるERM、詐欺、金融犯罪管理、および北米と西欧の会社の情報セキュリティ・サービスやソフトウェアを含み、世界の各地域において続いている。

 同時に、役員は、あらゆる戦略、ビジネスIT、ITイニシアティブ、リスク管理を構築するための標準を確立することにより、長期間に渡って、リスク技術の投資価値を探し続ける。

 競争力を維持し、リスクに対応するために、IDC Financial Insightsは、金融犯罪管理、運用コントロール、サイバー・セキュリティ、重要な基盤保護を含む、リスク機能の分析的なバックボーンを強化する重要性を主張する。

 さらに、 CROとCIOは、規制コンファレンスの義務を無視できず、リスク管理の専門家を育成し、ビッグデータ、モバイル、および他の能力の利用の広がりによる、リスク管理機会を活用する。

 このレポートの特徴は、以下を含む。

・同期化:この支出予測を開発するために使用される分類法は、IDCにより発行される、すべてのと同期される。

 「IDC Banking, Insurance, and Capital Markets IT spending guides」は、同じ「Risk IT」分類法を参考にしている。

・地域化:7つの主なリスク・サブマーケットに渡る、リスク支出は、地域化された。
 各サブマーケットにおける支出は、北米、ヨーロッパ、アジア/パシフィックなどの各地域ごとにレポートされた。

・層レベル:デファクトのFederal Deposit Insurance Corporation (FDIC)層構造を使用すると、サブマーケットと地域に渡る、すべての支出は、機関の規模によりソートされる。

・セクター・ブレークアウト:きめ細かなレベルは、ピボット・テーブルに追加され、ユーザが、特定のセクター支出を選択できるようにする。
 セクターには、銀行、売り手、買い手、為替、保険、信用金庫、専門金融が含まれる。

ベストセラーのアプライアンス

« エネルギー取引とリスク管理(ETRM) '13.04.15 | トップページ | Microsoftのタッチ対応ウォッチ '13.04.16 »

プレスリリースの紹介」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1643802/51244576

この記事へのトラックバック一覧です: 世界のIT支出 '13.04.15:

« エネルギー取引とリスク管理(ETRM) '13.04.15 | トップページ | Microsoftのタッチ対応ウォッチ '13.04.16 »

ウェブページ

広告2